コメントを見ます ・・・2件
登録日 11/08/13
ジャンル その他    
カテゴリ 夏    
作詞者コメント 季節感のある作品に仕上がるように心掛けました


向日葵


作詞   Circle
過ぎ行く景色の中に美しい花があった




夏の電車は冷房が効きすぎている



刺すような冷気に

私は肩を抱き抱えながら
窓の外を眺めていた







美しい花があった



それは夏の陽気をちりばめたようなライトイエロー



気づけば私は飛び出していた



あの花を手に入れたいと思った


ケースに閉じ込めて
自分だけのものにしたいと思った






行き先だった宿泊先のことも
もはや頭になかった






花を手に入れた後のことなんて

どうでもよかった



込み上げる胸の高揚
ため息で抑え

走った








花はあった



そびえるように堂々と

稟として輝きながら



そこにあった









私は見ていた


折りとることもせず

近づくこともなく


ただただ

遠くから花を見てた










電信柱の影に
セミが死んでいたよ



あの花の季節はもう

終わってしまうのかな



著作権は作詞者に属します。
©2001〜2007 Interrise Inc. All Rights Reserved