コメントを見ます ・・・6件
登録日 11/08/12
ジャンル その他    
カテゴリ 夏    
作詞者コメント どうしようもない梅雨の焦燥感と不快感に意識を手離したら…。梅雨って微妙に蒸し暑いと言うより焦燥感が合う気がする。消されたらどうしよ


ツユドキサツジン


作詞   居眠り
梅雨時の焦燥感
蒸し暑い以下の狭間
雨の残像は幻覚
足早に立ち去る春の色

薄暮の3秒感
信号機の空 あおぐ
青黄赤 目に焼き付いて
唐突に消え去る春の色


お気に入りの本の帯が折れてしまって
声にならない金切りを
飽和させる



背中を走る負の感情
鳥肌が剥がれ落ちそうだ
逃げ出したいけど己のもの
びくびくとしなるみたいに逃避した




惨殺の解放感
背徳と理性の迷路
血さえ溢さない感覚
足早に立ち去る闇の音

憐憫と罪悪感
焦燥の記憶喪失
知らない叫びが反響
唐突に消え去る闇の音


お気に入りのものの何か壊れてしまって
聞き取れない歯ぎしりを
過信させる



頭を駆ける耳鳴りが
「普通」さえ手離せさせる
掻きむしりたいけど己のせい
ざくざくと刺さるみたいに解離した



背中を走る負の感情
鳥肌が剥がれ落ちそうだ
逃げ出したいけど己のもの
びくびくとしなるみたいに逃避した



著作権は作詞者に属します。
©2001〜2007 Interrise Inc. All Rights Reserved