コメントを見ます ・・・0件
登録日 11/05/18
ジャンル ポップス    
カテゴリ 学校    
作詞者コメント 学校の卒業に関わらず、過去からの脱出とかそういう意味もこめた


卒業


作詞   如月歌音
一つずつ机をなでて
ゆっくり目を泳がせた
独特の匂いが
纏わりつく
騒がしい
疎ましい

無言に顔を埋めて
丸まってみた
外の声は私を引き剥がす
この今日から

ムーンウォークで歩いてた
不器用な私は
綺麗に滑れないけど
それでも今日だけは
顔を上げたくないから

意味もなく口ずさむのは
流行りじゃなくあの民謡
さっきまでの気持ち
溢れだして
騒がしい
疎ましい

誰も聞かないから
張り上げてみた
目の前の情景は
見えなくなる
零れていく

前を向いて歩けないの
不器用な私は
流れ遠くなる今日に
ただ切なくなるだけで
それでも微笑んで
白いハンカチを投げた

後ろはまだ未知数だ
またいつか約束
見えなくなるその前に
エウリディーチェが手を振る
迎えには来ないわ
ただ時々思い出す

ムーンウォークでまたね…



著作権は作詞者に属します。
©2001〜2007 Interrise Inc. All Rights Reserved