歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2019年04月29日)
バックナンバー
最新ニュース
2019/05/08
2019/05/07
2019/05/06
2019/05/05
2019/05/04
2019/05/03
2019/05/02
2019/05/01
2019/04/30
2019/04/29
2019/04/28
2019/04/27
2019/04/26
2019/04/25
2019/04/24
2019/04/23
2019/04/22
2019/04/21
2019/04/20
2019/04/19
2019/04/18
2019/04/17
2019/04/16
2019/04/15
2019/04/14
2019/04/13
2019/04/12
2019/04/11
2019/04/10
2019/04/09
2019/04/08
2019/04/07
2019/04/06
2019/04/05
2019/04/04
2019/04/03
2019/04/02
2019/04/01
2019/03/31
2019/03/30
2019/03/29
2019/03/28
2019/03/27
2019/03/26
2019/03/25
2019/03/24
2019/03/23
2019/03/22
2019/03/21
2019/03/20
2019/03/19
2019/03/18
2019/03/17
2019/03/16
2019/03/15
2019/03/14
2019/03/13
2019/03/12
2019/03/11
2019/03/10
2019/03/09
2019/03/08
2019/03/07
2019/03/06
2019/03/05
2019/03/04
2019/03/03
2019/03/02
2019/03/01
2019/02/28
2019/02/27
2019/02/26
2019/02/25
2019/02/24
2019/02/23
2019/02/22
2019/02/21
2019/02/20
2019/02/19
2019/02/18
2019/02/17
2019/02/16
2019/02/15
2019/02/14
2019/02/13
2019/02/12
2019/02/11
2019/02/10
2019/02/09
2019/02/08
2019/02/07
2019/02/06
2019/02/05
2019/02/04
2019/02/03
2019/02/02
2019/02/01
2019/01/31
2019/01/30
2019/01/29
2019/01/28
2019/01/27
2019/01/26
2019/01/25
2019/01/24
2019/01/23
2019/01/22
2019/01/21
2019/01/20
2019/01/19
2019/01/18
2019/01/17
2019/01/16
2019/01/15
2019/01/14
2019/01/13
2019/01/12
2019/01/11
2019/01/10
2019/01/09
2019/01/08
2019/01/07
2019/01/06
2019/01/05
2019/01/04
2019/01/03
2019/01/02
2019/01/01
2018/12/31
2018/12/30
2018/12/29
2018/12/28
2018/12/27
2018/12/26
2018/12/25
2018/12/24
2018/12/23
2018/12/22
2018/12/21
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
Absolute area、「バズリズム02」〜あの人ランキングコーナー〜にて3週連続O.A決定
Mon, 29 Apr 2019 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月24日に2ndミニアルバム『無限遠点』をリリースしたAbsolute areaが、日本テレビ人気音楽番組「バズリズム02」〜あの人ランキングコーナー〜にて、5月3日より3週連続で楽曲紹介されることが決定した。

現在、全国FM17局でパワープレイを獲得した「パラレルストーリー」「Girl」のO.Aが続々とスタートし、「遠くまで行く君に」のMVもYouTubeが30万再生回数を超え! 「May」がリリース日早々に3つのSpotify公式人気プレイリスト入りを果たすなど、Absolute areaと最新作『無限遠点』への注目が集まっている。

ミニアルバム『無限遠点』

発売中



NACR-1003/¥1,800(税込)
<収録曲>
01.少年
02.May
03.パラレルストーリー
04.発車標
05.遠くまで行く君に
06.Girl



【関連リンク】
Absolute area、「バズリズム02」〜あの人ランキングコーナー〜にて3週連続O.A決定
Absolute areaまとめ
MAN WITH A MISSION、 “平成最後の肉の日"に「FLY AGAIN 2019」配信&MV公開

【関連アーティスト】
Absolute area
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

MAN WITH A MISSION、 “平成最後の肉の日"に「FLY AGAIN 2019」配信&MV公開
Mon, 29 Apr 2019 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

毎月29日は「プレミアムミートデイ」という名の「肉の日」を記念した、おもしろ企画を行っているMAN WITH A MISSIONが、平成最後の肉の日に「FLY AGAIN 2019」の配信シングルと同楽曲のMVを公開した。

新曲「Remember Me」が、フジテレビ系月9ドラマ「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」の主題歌に起用されているが、4月29日放送の第4話では生まれ変わった代表曲「FLY AGAIN 2019」がドラマ内で起用される。

配信シングル「FLY AGAIN 2019」

2019年4月29日配信



・iTunes: https://itunes.apple.com/jp/album/id1459355840?at=10lpgB&ct=4547366406429_al&app=itunes
・レコチョク: http://recochoku.com/s0/flyagain2019/
・mora】 http://mora.jp/package/43000001/4547366406429/
・Apple Music: https://itunes.apple.com/jp/album/fly-again-2019-single/1459355840?l=ja&ls=1
・LINE MUSIC: https://music.line.me/launch?target=album&item=mb0000000001896c93&cc=JP&v=1
・Spotify: http://open.spotify.com/album/43ay0o5GZ9pNgRn5D3XcST



【関連リンク】
MAN WITH A MISSION、 “平成最後の肉の日"に「FLY AGAIN 2019」配信&MV公開
MAN WITH A MISSIONまとめ
The Super Ball、7月にシングル「花火」リリース!東名阪ツアー密着映像も収録!

【関連アーティスト】
MAN WITH A MISSION
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

The Super Ball、7月にシングル「花火」リリース!東名阪ツアー密着映像も収録!
Mon, 29 Apr 2019 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

The Super Ballが4月28日に渋谷チェルシーホテルで開催したワンマンライブにて、6thシングル「花火」をリリースすることを発表した。リリース日は7月17日(水)で、The Super Ballのシングル作品が夏にリリースされるのは、デビューシングル「トモダチメートル」以来となる。

久しぶりの夏作品という事でタイトルも夏を連想させるストレートな「花火」というワードだが、その決定に至るまでには相当な日数をかけて悩み抜き、最終的には変な先入観等なく楽曲を一番分かり易く表現し、制作の初期段階で最初に付けていた仮タイトルを初心に立ち返って本タイトルに決定したとのこと。現在楽曲制作も最終局面を迎えているとのことで、新曲「花火」を会場で聴くことは出来なかったが、叙情的な歌詞の世界観と新たなサウンド構成が融合したミディアム調の楽曲で、そこにThe Super Ball の美しいハーモニーとメロディーが加わることで、新たな夏の代名詞的な1曲になりそう。

カップリング曲に収録されるのはバンドサウンドを前面に打ち出した応援歌「夏の神様」。吉田理幹は野球の強豪高校である桐光学園野球部出身で、甲子園を目指して高校3年間を寮生活で過ごしていた経歴がある。タイトルが示す通り、消えることのないあの当時の情熱や友情、喜びや悔しさなどの汗にまみれた青春の1ページをストレートに書き下したThe Super Ball初の“青春の応援歌"となる新境地の楽曲だ。

そしてもう1曲収録されるのが、先日発表されて現在、すでにフジテレビ「ザ・ノンフィクション」番組内で使用されている「サンサーラ」。錚々たるアーティストが歌い繋いできた名曲なので、抜擢された大きな喜びと同時にその重責を感じたと言う。名曲の世界観を踏襲しつつ、そこにしっかりとThe Super Ballらしさを落とし込んだ楽曲は新たな番組の代名詞になるだろう。

また、今作の初回限定盤に付属されるDVDには、「花火」のMVとMaking Videoに加え、先日開催した「東名阪ワンマンツアー“RHB28"」にカメラが密着したRoad Movieが収録される。現在編集中とのことだが、移動中の車内や会場でのリハーサルの風景、楽屋での姿やライブ打上げの様子などツアーの裏側をカメラが記録しており、当初予定していた尺では収まりきれない状況だそう。メンバーも「5月に入ってからMVの撮影を予定していて、いいMVになるように頑張ります!ツアーのRoad Movieはどのシーンが映像として使われているのか……(笑)でも、ツアーがめちゃ楽しかったことが伝わると思います!」とのことで、仕上がりに楽しみに待ちたい。

令和の新時代となる5月&6月にもすでにライブが数多く決定しているが、6月下旬からはリリース記念のインストアイベントの開催も予定されている。

【セットリスト】
1.ワッペン
2.キラキラ
3.君色の世界
4.I hate you
5.ゴールライン
6.君と夕日と観覧車
7.イヤホン
8.三日月に腰かけて
9.音楽便りメドレー
(LOVE MUSIC/リトルブライト/tomorrow/夜空越しの君/ちょうどいいかもな/Daisy/ゼロのうた/セブカラ)
10.サンサーラ
11.ふたつのかげ
12.はなうたのメロディー
13.君の目盛り
En1.胸いっぱいの愛で
En2.笑顔のカバー

シングル「花火」

2019年7月19日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TKCA-74803/¥1,389+税
【通常盤】
TKCA-74804/¥1,111+税
<収録曲>
■CD
1.花火
2.夏の神様
3.サンサーラ
4.花火(Instrumental)
5.夏の神様(Instrumental)
■DVD ※初回限定盤のみ
1. 花火(Music Video)
2. 花火(Making Video)
3.「東名阪ワンマンツアー“RHB28"」Road Movie

【The Super Ball 6thシングル「花火」発売記念インストアイベント】

6月22日(土)関東地区 2回実施予定
6月23日(日)関東地区 2回実施予定
6月29日(土)関東地区 2回実施予定
6月30日(日)関東地区 2回実施予定
7月06日(土)関西地区 2回実施予定
7月07日(日)中部地区 2回実施予定
7月13日(土)青森地区 2回実施予定
7月14日(日)宮城地区 2回実施予定
7月15日(月/祝)都内近郊 2回実施予定
7月16日(火)都内近郊 夕方以降に1回実施予定
7月17日(水)都内近郊 夕方以降に1回実施予定
7月21日(日)都内近郊 2回実施予定
※予約イベント及び発売イベントの実施地域/時間帯は全て予定。今後変更になる可能性がございます。



【関連リンク】
The Super Ball、7月にシングル「花火」リリース!東名阪ツアー密着映像も収録!
The Super Ballまとめ
Kis-My-Ft2、「Kis-My-Pepper」初披露&LIVEペイントボード完成

【関連アーティスト】
The Super Ball
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

Kis-My-Ft2、「Kis-My-Pepper」初披露&LIVEペイントボード完成
Sun, 28 Apr 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月24日リリース、Kis-My-Ft2のニューアルバム『FREE HUGS!』の発売を記念して、 スペシャル体験スペース『HUG with Kis-My-Pepper』が東京・表参道ヒルズにて好評開催中。 会場では、ソフトバンクロボティクスの人型ロボット「Pepper」が、今回のために特別に「Kis-My-Pepper」としてお出迎え、来場者とハグをしたり、ダンスパフォーマンをしたりと『FREE HUGS!』ならではの企画が目白押しとなっている。

ダンスパフォーマンスは、代表曲「SHE!HER!HER!」と、アルバム曲「HUG & WALK」「ルラルララ」のメドレーを披露。「SHE!HER!HER!」では口に手をあてながら踊る象徴的な振り付けを、7体が可愛らしくも見事にシンクロしながら踊る姿は必見だ。また、来場者がキスマイペッパーを抱きしめると、キスマイペッパーもハグをしながらアルバム楽曲が流れ出すという、まさに「音楽でハグ」を体験できる斬新な企画も展開している。アルバムコンセプト通り「音楽でハグ」を体験できる空間で、ぜひ「HUG with Kis-My-Pepper」してみてはいかがだろうか。 またこの週末は表参道だけでなく、東京・渋谷TSUTAYA前にて実施中だったLIVEペイントボードが完成し展示が開始された。 アクリル絵の具を使って、kis-My-Ft2のアルバムビジュアルを4日間かけて徐々に描き、作品を完成させていく工程も観て楽しんでもらうというLIVEペインティングだが、ファンでなくとも通行人の足を止めるほど必見の出来栄えとなった。完成したLIVEペイントボードは、5月5日(日)まで、SHIBUYA TSUTAYAにて展示予定。

さらに、全国10都道府県(北海道/宮城県/東京都/愛知県/石川県/大阪府/香川県/広島県/福岡県/沖縄県)で、25,000部用意されたアルバム「FREE HUGS!」のスペシャルタブロイド紙がサンプリング配布されたりと、体験・接触型の企画を各地で繰り広げ、まさに平成最後をキスマイと様々な形で「ハグ」できるスペシャルな展開となっている。

5月6日(月・休)からは、まさに「音楽でハグする」ドームツアー『Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2019 FREE HUGS!』
もスタート。ゴールデン進出のレギュラー番組、テレビ朝日系「10万円でできるかな」も絶好調なキスマイに要チェック!

■【スペシャル体験スペース 『HUG with Kis-My-Pepper』】

■内容
・キスマイペッパーが7体シンクロして踊り出す!アルバム曲「HUG & WALK」のハグダンスほか「SHE! HER! HER!」もパフォーマンス。
・「Kis-My-Pepper」とハグをすると、アルバム曲が流れ出す!どの楽曲が流れるかは「Kis-My-Pepper」の気分次第!?
・「FREE HUGS!」アルバムビジュアルのメンバー特大パネルを展示
・「HUG & WALK」MV衣装を展示
・「FREE HUGS!」ボードほか小物を展示
・「FREE HUGS!」スペシャルタブロイド紙を無料配布
・「FREE HUGS!」CDを販売

<東京会場>
会場:表参道ヒルズ スペース オー(東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ 本館 B3F)
日時:4月30日(火)まで 11:00〜20:00 ※30日のみ19:00終了となります。
入場料:無料(時間帯によって整理券をお配りすることもあります。)
※会場へのお問い合わせは、ご遠慮ください。
<大阪会場>
会場:心斎橋OPA GALLERY(大阪市中央区西心斎橋1-4-3 心斎橋オーパ 本館9F)
日時:5月2日(木)〜5月3日(金) 11:00〜20:00 
入場料:無料(時間帯によって整理券をお配りすることもあります。)
※大阪会場での「Kis-My-Pepper」ダンスパフォーマンスの予定はございません。ご了承ください。
※会場へのお問い合わせは、ご遠慮ください。
※内容・時間は変更になる可能性があります。最新情報はKis-My-Ft2オフィシャルサイトをご確認ください。

アルバム『FREE HUGS!』

発売中



【初回盤A】(CD+DVD)
AVCD-96288/B/¥3,800+税
※スリーブケース仕様
<収録曲>
■CD
・HUG & WALK
・ルラルララ
・君を大好きだ(23rdシングル)
・君、僕。(22ndシングル)
・L.O.V.E. (21stシングル)
 ほか、全15曲収録予定
※bonus track:Tequila! ?テキーラ-
■DVD
・「HUG & WALK」MV
・Episode of FREE HUGS! 〜Overseas shooting〜

【初回盤B】(CD+DVD)
AVCD-96289/B/¥3,800+税
※ジャケットカード8枚入り
※ブックケース仕様
<収録曲>
■CD
初回盤Aと同様
※bonus track:CHUDOKU
■DVD
・ KIS-MY-TVスペシャル!〜キスハグ大作戦〜

【通常盤】(2CD)
AVCD-96290〜1/¥3,300+税
※初回スリーブ仕様
<収録曲>
■DISC1
初回盤Aと同様
■DISC2
・DON\'T WANNA DIE(北山宏光)
・I miss your smile(千賀健永)
・僕だけのプリンセス(宮田俊哉)
・キャッチボールをしよう(横尾渉)
・Love=X2U(藤ヶ谷太輔)
・Love Story(玉森裕太)
・はぐすた(二階堂高嗣)

『Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2019 FREE HUGS!』

5月06日(月・休) 東京・東京ドーム
5月07日(火) 東京・東京ドーム
5月08日(水) 東京・東京ドーム
5月09日(木) 東京・東京ドーム
6月01日(土) 埼玉・メットライフドーム
6月02日(日) 埼玉・メットライフドーム
6月15日(土) 愛知・ナゴヤドーム
6月16日(日) 愛知・ナゴヤドーム
6月22日(土) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム
6月23日(日) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム
7月12日(金) 大阪・京セラドーム大阪
7月13日(土) 大阪・京セラドーム大阪
7月14日(日) 大阪・京セラドーム大阪



【関連リンク】
Kis-My-Ft2、「Kis-My-Pepper」初披露&LIVEペイントボード完成
Kis-My-Ft2まとめ
THE YELLOW MONKEY、全国アリーナツアーがスタート

【関連アーティスト】
Kis-My-Ft2
【ジャンル】
J-POP, 男性アイドル, ニュース, ジャニーズ, MV, アルバム, キャンペーン, ツアー

THE YELLOW MONKEY、全国アリーナツアーがスタート
Mon, 29 Apr 2019 12:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE YELLOW MONKEYが19年ぶりのアルバム『9999』を引っ提げて全27公演を行なうツアー『THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2019 -GRATEFUL SPOONFUL』が、4月27日&28日の静岡エコパアリーナからスタートした。

ツアータイトルに掲げる“THE YELLOW MONKEY SUPER"とは、2016年の再集結時にイエローモンキーの新たなバンド名の候補として挙がっていた名前。そこから3年間にわたり、精力的なライブ&リリースを重ね、初のロサンゼルス・レコーディングを決行したうえで、最新アルバム『9999』を完成させたイエローモンキー。彼らが満を持して“20世紀のイエローモンキーを越えるスーパーなイエローモンキー"を冠したライブは、この場所からバンドの現在地をさらに更新していくという熱い覚悟を見せるものだった。以下、ツアー幕開けを飾った静岡・エコパアリーナ2日間のレポートをお届けする。

大きな期待を抱いたお客さんが埋め尽くす満員の会場に、吉井和哉(Vo/Gt)、菊地英昭(Gt)、廣瀬洋一(Ba)、菊地英二(Dr)の4人が登場。大歓声に包まれるなか、最新アルバム『9999』の楽曲たちが次々に披露されていった。序盤、腕を高く突き上げて、「静岡―!」と叫んだ吉井。自身が育った街でツアー初日を迎えられたことに「運命のいたずらを感じる」と感慨を口にする。色気と少年性を湛えた吉井和哉(Vo/Gt)のボーカル、これぞギターヒーローと呼ぶべきアクションで繰り出されるエマのギター、妖艶に蠢くヒーセのベース、繊細かつ大胆なアニーのドラム。再び同じステージに集った4人が鳴らす唯一無二のグルーヴが、アルバムにパッケージされた音源以上の熱量をもってアリーナを震撼させた。

MCでは「長年お待たせしてしまいました、ようやく19年ぶりのニューアルバムが完成して。3年かかりました。エマがよく言ってるけど、名刺代わりのような、“2枚目のデビュー・アルバム"のような感じです。僕たちはこのメンバーで平成元年に誕生して、信じられないぐらい、いろいろなことが起きて。またこうやって静岡で初日を迎えることができました。本当にこれがスタートだと思っています」と吉井。「この先、俺たちは絶対にものすごい作品を作るから」と、バンドの未来について熱い言葉で伝えると、会場はひときわ大きな喝采で包まれた。さらに、この日は過去の名曲たちも惜しげもなく披露。バンドの「これまで」と「いま」とが地続きのものとして、アリーナに響きわたる光景は感動的だった。

終盤、「俺たちは熱いものを蘇らせられたんじゃないかと思いますけど、どうですか?」という吉井の問いかけに会場からは肯定を意味する大きな拍手が送られた。そして、「明日、次の北海道へと、どんどんスケールアップして、最高のツアーにしていきたいと思います」とツアーへの意気込みを伝えて、終演。スクリーン映像や色鮮やかなライティングなど、アリーナ会場ならではの演出も見どころのライブだったが、それ以上に、その瞬間ごとに会場で生まれる熱狂を味方にしながら、どんどん熱を帯びていく4人のマンパワーに強く魅せられるライブだった。演奏を終えたあと、最後までステージに残ったアニーが「初日ばっちし!ありがとう!」と伝えて、静岡公演1日目は幕を閉じた。

「静岡で平成最後のライブです! 最高の夜にしましょう!」という、吉井の高らかな開会宣言で口火を切った2日目はまったく違うセットリストが用意されていた。衣装も、メイクも、登場の仕方もすべて違う。1日目と同じ曲でも演出が変わった曲もあり、セットリストのどの位置で演奏されるかによって、楽曲が持つ意味合いも変わっていく。そこにイエローモンキーというバンドが持つ奥深さが浮き彫りになっていた。「毎日初日みたいです。どうですか? 50代になっても挑戦していくバンドです」と、吉井。いつまでも現役のライブバンドであるために、常に守りではなく、攻めの選択を重ねていくからこそイエローモンキーは進化し続けるのだ。

MCでは、アルバム『9999』について、「この後、どんどんスケールアップしたすごいアルバムを絶対に作ろうと思ってます」と、1日目と同じようにバンドの未来について熱い言葉で伝えると、さらに「こんなもんじゃありませんから! なんたって新人バンドですから!」と力強く付け加えて、会場を湧かせた。また、2日目に印象的だったのはそれぞれのメンバーが花道へと歩み出ていく場面が多かったことだ。なかでも吉井はフロアを縦横無尽に歩き回り、危険な香りを撒き散らしながら、巨大なアリーナ会場でライブハウスのようにお客さんに手を伸ばしていた。曲のなかで吉井がエマにキスをしたり、ヒーセが演奏に合わせて表情を変化させたり、アニーが立ち上がって渾身のフィニッシュを決める場面もあった。イエローモンキーが作り上げるライブは、一瞬一瞬がハイライトの連続だ。

2日目もまたイエローモンキーの歴史を語るうえでは欠かすことのできない名曲たちを数多く披露していくと、「一言で19年ぶりって言うけども、ほぼ20年なので。いろいろな記憶が曖昧になったりする。でも、こうやって曲をやっていくなかで、ふと忘れていたことを思い出したりして、感慨深いです」と伝えた吉井。そして、「どこまでできるかわからないけど、このバンドは僕の宝なので、みんなが元気でいる限り、我々しかやってないロックンロールをやっていきます」と宣言。「次は早めにアルバムを作ろうと思ってますよ。せっかく出来上がった筋肉を忘れないうちに」という言葉を残して、ライブを締めくくった。

今回のツアーに「GRATEFUL SPOONFUL」というタイトルを名付けた意味については、アルバム『9999』にちなんで、「1を足してもらうと、次の位にいくのかなと。GRATEFUL SPOONFULには“スプーン1杯"という意味があります。みなさんの心の1杯を、我々にいただけたらいいなと思っています」と、MCで説明していた。再び同じステージに集った4人と、各会場に訪れるお客さんと一緒に“心のスプーン"を満たしていく「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2019 -GRATEFUL SPOONFUL」は、9月22日のツアーファイナル・グランメッセ熊本まで続いていく。静岡公演2Daysで見せたセットリストのほか、さらに今回は異なる2種類のセットリストがある。その内容も、まったく違う内容が用意されているとのことなので、ぜひ期待してほしい。

■アルバム『9999』特設HP
https://tym9999.com/

『THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2019 -GRATEFUL SPOONFUL- 』

4月27日(土)  静岡・静岡エコパアリーナ
4月28日(日)  静岡・静岡エコパアリーナ 
5月11日(土)  北海道・北海きたえーる 
5月12日(日)  北海道・北海きたえーる 
5月25日(土)  福井・サンドーム福井 
6月07日(金)  大阪・大阪城ホール 
6月08日(土)  大阪・大阪城ホール 
6月11日(火)  神奈川・横浜アリーナ 
6月12日(水)  神奈川・横浜アリーナ 
6月29日(土)  秋田・秋田県立体育館 
7月06日(土)  埼玉・さいたまスーパーアリーナ 
7月07日(日)  埼玉・さいたまスーパーアリーナ 
7月13日(土)  福岡・マリンメッセ福岡 
7月14日(日)  福岡・マリンメッセ福岡 
7月20日(土)  広島・広島グリーンアリーナ 
7月21日(日)  広島・広島グリーンアリーナ 
8月03日(土)  宮城・宮城セキスイハイムスーパーアリーナ 
8月04日(日)  宮城・宮城セキスイハイムスーパーアリーナ 
8月08日(木)  東京・日本武道館 ※追加公演
8月09日(金)  東京・日本武道館 ※追加公演
8月26日(月)  兵庫・神戸ワールド記念ホール ※追加公演
8月27日(火)  兵庫・神戸ワールド記念ホール
9月03日(火)  徳島・アスティとくしま
9月14日(土)  福島・あづま総合体育館 ※追加公演 
9月15日(日)  福島・あづま総合体育館 
9月21日(土)  熊本・グランメッセ熊本 ※追加公演
9月22日(日)  熊本・グランメッセ熊本 

アルバム『9999』

2019年4月17日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31619/20/¥4,500+税
【通常盤】(CD)
WPCL-13119/¥3,000+税
【アナログ】(2LP) 
WPJL-10119/20/¥5,000+税
<収録曲>
■CD
M1. この恋のかけら
M2. 天道虫
M3. Love Homme
M4. Stars (9999 Version)
M5. Breaking The Hide
M6. ロザーナ
M7. Changes Far Away
M8. 砂の塔
M9. Balloon Balloon
M10. Horizon
M11. Titta Titta
M12. ALRIGHT
M13. I don\'t know
■DVD ※初回生産限定盤 のみ
(1)再集結以降に行われたライブから「SELECTION of THE YELLOW MONKEY」と題した選りすぐりのライブ映像10曲を収録。
・楽園(2016.05.11 国立代々木競技場 第一体育館)
・熱帯夜 (2016.08.28 福島・あづま総合体育館) 
・ROCK STAR (2016.09.01熊本B.9 V1)
・パンチドランカー (2016.12.18 倉敷市民会館)
・聖なる海とサンシャイン (2016.12.28 日本武道館)
・O.K. (2017.11.05 三重県文化センター(大ホール)) 
・ALRIGHT (2017.12.10 東京ドーム) 
・追憶のマーメイド (2017.12.28 福岡ヤフオク!ドーム) 
・天道虫 (2018.12.28 日本武道館)
・Subjective Late Show (2015.08.某日 都内スタジオ) 
(2)YouTube番組「STORY of THE YELLOW MONKEY」の未公開レア映像を含む、アルバム制作期間中のドキュメンタリー映像



【関連リンク】
THE YELLOW MONKEY、全国アリーナツアーがスタート
THE YELLOW MONKEYまとめ
さくらしめじ、野音単独公演に向けて原点となる地でフリーライブを実施

【関連アーティスト】
THE YELLOW MONKEY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブレポ

さくらしめじ、野音単独公演に向けて原点となる地でフリーライブを実施
Sun, 28 Apr 2019 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

日比谷野外大音楽堂での単独ライブ『木もれ陽の中の春風キャンプin日比谷野外大音楽堂』を来週5月3日に控えるさくらしめじがGW初日の4月27日、2人の原点となる“大宮アルシェ"にて『野音がもっと楽しくなるフリーライブ in ぼくたちの大宮アルシェ〜行くか迷っている人も、みんないらっしゃい〜』を行なった。

さくらしめじは2014年6月14日、田中雅功と?田彪我が中学1年生のときに“ガク&ヒョウガ"として結成、同年11月24日より現在のユニット名として活動している高校生フォークデュオ。ユニット結成から間もない2014年8月3日に初めてストリートライブを行なった“大宮アルシェ"は、さくらしめじにとって大切な思い出の地となっている。

大宮アルシェに「このあと、大人気フォークデュオのさくらしめじがライブを行います」というアナウンスが流れ、集まったきのこりあん(さくらしめじファンの呼称)たちも今か今かと待ちわびる。そんな中、ビル前に設営された特設ステージに姿を現したさくらしめじは、くもり空を吹き飛ばすように「どうも、僕たちフォークデュオのさくらしめじでーす!」と元気に挨拶。彪我が「5月3日に、日比谷野外大音楽堂でワンマンライブをするんですが、そのワンマンライブを盛り上げようということで、ここでフリーライブをしたいと思います!」とイベントの趣旨を説明、雅功が「たくさん集まってくださって、ありがとうございます! 元気ですか〜?」と観客に声をかけると、昨年の日比谷野音に向けて作られた楽曲『スタートダッシュ』を披露。

MCでは「日比谷野音のワンマンライブに行くよって人!」「まだ行くか迷ってるよって人!」と聞いたあと、「じゃあ、そもそもさくらしめじって誰?って人!」と足を止めた高校生やサラリーマンにも話しかけ、どんどん周りの人たちを巻き込んでいく。和やかな雰囲気の中、彪我が「皆さん、体動かす準備できてますか〜?」と呼びかけると2曲目の『てぃーけーじー』へ。ギターを置いてハンドマイクに持ち替えた彪我が、全身を使ってのびのびと“てぃーけーじーダンス"をリードして、きのこりあんはもちろん、通りかかったお客さんも一緒に盛り上げた。

MCでは台風が直撃した昨年の野音ライブを振り返り、彪我が「(今年の野音は)まずは絶対晴れ! そして、みんなで盛り上がる!」と決意表明、そして今回の野音ワンマンは「音楽でつながる」というテーマであることを改めて伝えた。ライブ前のアナウンスを受け、何度も「超人気フォークデュオのさくらしめじです!」と道ゆく人たちにアピールしていた雅功は「世界にはですね、たくさんの人がいます。その中で今、僕らが巡り会えたのは奇跡と言っても過言ではないんですよ! だからこの奇跡を僕たちは途切れさせたくない。僕らには音楽という最大のツールがあるわけです。この音楽というツールを使って、僕の人生も彪我の人生も、皆さんの人生も、もっともっと色あざやかなものにしていきたいなと思います」と熱く語った。

最後の曲は5年前に大宮アルシェで初披露した『きのうのゆめ』。時折目を合わせながらギターを鳴らし、丁寧に声を重ねて紡ぎ出す2人のハーモニーに、集まった大勢のきのこりあんたちもじっと聴き入った。フリーライブで披露した楽曲は3曲。もっと聴きたい!という物足りない気持ちと高まる野音への期待を胸に、5月3日は日比谷野外大音楽堂に集合して、さくらしめじと音楽でつながろう!

■『木もれ陽の中の春風キャンプ in日比谷野外大音楽堂』

5月03日(菌祝) 日比谷野外大音楽堂
開場16:30 / 開演17:30
<チケット>
料金:5,980円(税込)
http://sakurashimeji.com/yaooooon/



【関連リンク】
さくらしめじ、野音単独公演に向けて原点となる地でフリーライブを実施
さくらしめじまとめ
ナナランド、2ndシングルは新曲3曲を収録予定

【関連アーティスト】
さくらしめじ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ライブ, ライブレポ, レポート

ナナランド、2ndシングルは新曲3曲を収録予定
Mon, 29 Apr 2019 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ナナランドが4月29日、品川ステラボールにて開催されたイベント「ロマンチックコンポート」のステージにて、7月24日に2ndシングルをリリースすることを発表した。

ファン待望の2ndシングルは、ライブでも好評のエモーショナルなサマーチューン「夏の夢」や「冬なんか嫌いという君が好き」の他に、未発表の新曲も収録予定。さらにType-BからType-Hまでの各メンバー盤には、メンバーのソロバージョンも収録。結成2年目を迎えた、ナナランド の夏フェスシーズンを彩る1枚になるだろう。

また、5月2日からスタート予定のリリースイベントの日程も発表。詳細はオフィシャルHPにて。 さらに7月7日には大阪・梅田クアトロにてワンマンライブを行うことも発表されている。

■【ライブ/イベント情報】

『ナナランド 2ndシングルリリースイベント』
5月02日(木・祝)12:30 〜 タワーレコード渋谷店 B1 CUTUP STUDIO
5月11日(土)13:00〜 タワーレコード渋谷店 5F

『ワンマンライブ』
7月07日(日)大阪・梅田クアトロ
※詳細は後日発表

シングル「タイトル未定」

2019年7月24日発売



【Type-A】
COCA-17651/¥1,200(税込)
【Type-B】
COCA-17652/¥1,200(税込)
【Type-C】
COCA-17653/¥1,200(税込)
【Type-D】
COCA-17654/¥1,200(税込)
【Type-E】
COCA-17655/¥1,200(税込)
【Type-F】
COCA-17656/¥1,200(税込)
【Type-G】
COCA-17657/¥1,200(税込)
【Type-H】
COCA-17658/¥1,200(税込)



【関連リンク】
ナナランド、2ndシングルは新曲3曲を収録予定
ナナランドまとめ
Plastic Tree、全国7公演の秋ツアー開催を発表

【関連アーティスト】
ナナランド
【ジャンル】
J-POP, ニュース

Plastic Tree、全国7公演の秋ツアー開催を発表
Mon, 29 Apr 2019 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月13日にリリースした2008年以降のシングルに収録されていたカップリング曲を網羅したB面集『続 B面画報』を提げた全国ツアー『Plastic Tree Spring Tour 2019「A面B面画報」』真っ最中のPlastic Tree。ツアーも後半戦を迎えた4月29日、地元である千葉県・舞浜アンフィシアター公演にて秋の全国ツアー開催を発表した。

9月14日の川崎CLUB CITTA\'からスタートし、仙台、熊本、福岡、名古屋、大阪、地元・千葉の市川市民会館でファイナルを迎える全7公演。チケット詳細等は後日発表となる。

開催中のツアーだけでなく、5月5日に新代田FEVERで行われる自身3度目にして3年振りとなる男子限定ライブも開催決定。男子限定ライブのトレイラーも公開となった。

■『Plastic Tree Autumn Tour2019』

9月14日(土)  神奈川・川崎CLUB CITTA\'
9月15日(日)  宮城・仙台Rensa
9月21日(土)  熊本・熊本B.9V1
9月22日(日)  福岡・DRUM ROGOS
9月27日(金)  愛知・NAGOYA ReNY limited
9月29日(日)  大阪・BIGCAT
9月12日(土)  千葉・市川市文化会館

アルバム『続 B面画報』

発売中



【初回限定盤】(2CD+DVD)
VIZL-1515/¥5,500+税
<収録曲>
■CD DISC1
1. Dolly
2. Paper plane
3. カオスリロン
4. 灯火
5. シンクロ
6. Rusty
7. 時間坂
8. 回想、声はなく。
9. コンセント。
10. バンビ
11. はじめての×××
■CD DISC2
1. 静かの海
2. 感傷ダイアリー
3. トゥインクル
4. パイドパイパー
5. creep
6. アイレン
7. サイケデリズム
8. バミューダトライアングル
9. ユートピアベリーブルー
10. リコール
■DVD
新たに制作した「灯火」のMVに加え、70分を超えるメンバー座談会映像「プラっと語リー酒」収録



【通常盤】(2CD)
VIZL-1516/¥3,500+税



【関連リンク】
Plastic Tree、全国7公演の秋ツアー開催を発表
Plastic Treeまとめ
sleepyhead、BEAT×音楽カジノをコンセプトに『BEAT GAMBLES』開催

【関連アーティスト】
Plastic Tree
【ジャンル】
J-POP, ニュース

sleepyhead、BEAT×音楽カジノをコンセプトに『BEAT GAMBLES』開催
Mon, 29 Apr 2019 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3D音楽プロジェクトを提唱するsleepyheadが、新企画カジノ型ミュージックエンターテインメントショー『BEAT GAMBLES』を8月6日(火)に渋谷club asiaで開催する事を発表した。

“BEATに賭ける、音楽カジノ”をコンセプトにした本公演は、演奏者をルーレットで決定。来場者には入場時にオリジナルのムーンチップが配布され、演奏者を予想して賭けるという斬新な企画に仕上がった。演奏者にはギタリストにJUON、ichika、ドラマーに前田遊野、有島コレスケという豪華なミュージシャンを迎え、mcにはBooが公演を盛り上げる。

また、この企画の発表に合わせてTeaser映像も公開となり、sleepyheadが描く『BEAT GAMBLES』のスリリングな世界観が垣間見える映像となっているので、ぜひチェックしてほしい。

■『sleepyhead BEAT GAMBLES』公演情報

『sleepyhead BEAT GAMBLES』公演情報
8月06日(火)  渋谷club asia
[ROUND1]OPEN 16:30/START 17:00
[ROUND2]OPEN 19:00/START 19:30
<チケット>
通し券(AC限定)¥13,500(税込) ※moonchip2枚付き(当日来場のみのお渡し)
前売券 ¥7,777-(税込) ※moonchip1枚付き(当日来場のみのお渡し)
チケットぴあ、ローソンチケットe+にて販売
※DRINK代別、3歳以上チケット必要
sleepyhead FC先行:受付期間 4月28日(日)20:00〜5月7日(火)23:59
HP先行:受付期間 5月25日(土)20:00〜6月5日(水)
※moonchip:moonchipは当日来場者のみ、入場の際チケット1枚につきmoonchip1枚(通し券は2枚)引き換えとなります。 moonchipは各公演1枚を必ずBETし、また1公演につき1枚までしかBET出来ません。



【関連リンク】
sleepyhead、BEAT×音楽カジノをコンセプトに『BEAT GAMBLES』開催
sleepyheadまとめ
ミオヤマザキ、チケット代無料の47都道府県ツアー開催決定

【関連アーティスト】
sleepyhead
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, 発表, ライブ

ミオヤマザキ、チケット代無料の47都道府県ツアー開催決定
Mon, 29 Apr 2019 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

鋭く核心に迫る歌詞で女性を虜にするだけでなく、ロックファンからの高い支持によりロックフェスへの出演も相次いで決定しているミオヤマザキが、47都道府県完全無料ワンマンツアー『2020年1月11日ミオヤマザキ横浜アリーナやるってよ。』 を開催することが決定した。

4月27日の日比谷野外音楽堂と4月28日の大阪城野音での、2デイズ野外公演を終えた直後に発表された今回のツアーは、2020年1月11日に行われる横浜アリーナ公演に向け「12000人に逢いに来てもらう前に、12000人に逢いに行く」というテーマのもとに敢行される。今回のツアーの驚くべきは、全公演を完全無料ライブにしてしまうその覚悟と潔さだ。純粋に「逢いに行く」ことだけを追求し、横浜アリーナへの助走という位置付けの中行われる今回のツアーは、6月4日の名古屋CLUB UPSETからスタートして10月13日の沖縄G-shelterまで、5ヶ月間合計48公演・総動員数12000人という規模で行われる。

そして、47都道府県ツアーの来場者にメンバー自らが横浜アリーナ公演のチケットを手売り・手渡し会を行うことも同時に発表されたが、過激と捉えられることすらも恐れず歌詞に込め、言葉の持つ力を最大限に解放しながら歩みを進めてきたミオヤマザキが、今回はその"言葉"を伝えるために“逢って直接伝える"という方法を選んだことに、横浜アリーナ単独公演への熱意が感じられる。ぜひ足を運んでみてほしい。

■【ライヴ情報】

『2020年1月11日ミオヤマザキ横浜アリーナやるってよ。』
06月04日(火) 愛知・名古屋CLUB UPSET
06月05日(水) 三重・四日市クラブケイオス
06月06日(木) 岐阜・柳ケ瀬ants
06月10日(月) 静岡・浜松FORCE
06月13日(木) 長野・LIVE HOUSE J
06月14日(金) 富山・Soul Power
06月16日(日) 福井・CHOP
06月17日(月) 石川・金沢vanvan V4
06月18日(火) 新潟・RIVERST
06月24日(月) 埼玉・西川口Hearts
06月27日(木) 千葉・柏PALOOZA
07月01日(月) 鳥取・米子AZTiC laughs
07月02日(火) 島根・松江AZTiC canova
07月03日(水) 山口・周南RISING HALL
07月04日(木) 岡山・CRAZY MAMA 2nd Room
07月05日(金) 広島・LIVE VANQUISH
07月09日(火) 群馬・高崎clubFLEEZ
07月16日(火) 北海道・SPiCE
07月18日(木) 宮城・仙台MACANA
07月19日(金) 福島・郡山PEAK ACTION
07月20日(土) 山形・sandinista
07月22日(月) 岩手・the five morioka
07月23日(火) 秋田・LIVE SPOT2000
07月24日(水) 青森・Quarter
08月08日(木) 茨城・水戸ライトハウス
08月21日(水) 栃木・HEAVEN\'S ROCK UTSUNOMIYA VJ-2
09月02日(月) 兵庫・神戸太陽と虎
09月03日(火) 大阪・2ndLINE
09月04日(水) 京都・GROWLY
09月06日(金) 奈良・ネバーランド
09月07日(土) 和歌山・GATE
09月08日(日) 滋賀・ビーフラット
09月10日(火) 徳島・club GRINDHOUSE
09月11日(水) 香川・高松MONSTER
09月12日(木) 愛媛・松山WstudioRED
09月13日(金) 高知・X-pt.
09月18日(水) 神奈川・横浜BAYJUNGLE
09月20日(金) 山梨・甲府KAZOO HALL
09月25日(水) 東京・CHELSEA HOTEL(女性限定)
09月26日(木) 東京・CHELSEA HOTEL(男性限定)
10月02日(水) 福岡・the voodoo Lounge
10月03日(木) 長崎・ホンダ楽器アストロホール
10月04日(金) 佐賀・Rock Ride
10月06日(日) 熊本・NAVARO
10月07日(月) 大分・音楽館
10月09日(水) 宮崎・SR HALL
10月10日(木) 鹿児島・SR HALL
10月13日(日) 沖縄・G-shelter

<チケット>
先行受付(抽選・全公演対象)
2019年04月29日(月)12:00〜2019年05月19日(日)23:59
チケットぴあ https://pia.jp/v/mioyamazaki19-47yk/

『ミオヤマザキ5周年ワンマンスレ』
2020年1月11日 横浜アリーナ



【関連リンク】
ミオヤマザキ、チケット代無料の47都道府県ツアー開催決定
ミオヤマザキまとめ
クアイフ、ワンマンツアーの追加公演を開催

【関連アーティスト】
ミオヤマザキ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, ツアー

クアイフ、ワンマンツアーの追加公演を開催
Mon, 29 Apr 2019 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

東名阪ワンマンツアー『クアイフ Live Tour “eight" 』を終えたクアイフが、追加公演を発表した。

今ツアーファイナルの名古屋公演が即日完売となったため、チケットを手に入れることができなかった多くのファンの熱望に応えて、6月22日(土)に名古屋・Electric Lady Landでの追加公演を決定。今ツアーでは地元のJリーグチーム・名古屋グランパスの2019シーズンオフィシャルサポートソングや、未発表の新曲も披露した彼ら。追加公演でもきっと新たなクアイフを見せてくれるだろう。

■『クアイフ Live Tour “eight" 』追加公演

6月22日(土) 愛知・名古屋 Electric Lady Land
14:30 / 15:00
<チケット>
オールスタンディング ¥3,500 (税込) ※ドリンク代別
オフィシャルモバイルFCサイト「クアイフィールド」会員受付
・受付期間:5月7日(火)12:00〜5月12日(日)23:59
・当落確認・入金期間:5月14日(火)〜5月20日(月)
・受付URL:http://fc.qaijff.com/
一般発売:6月1日(土)10:00〜



【関連リンク】
クアイフ、ワンマンツアーの追加公演を開催
クアイフまとめ
家入レオ、平成最後のステージは『仙台イーグルスフェスティバル』

【関連アーティスト】
クアイフ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ツアー

家入レオ、平成最後のステージは『仙台イーグルスフェスティバル』
Sun, 28 Apr 2019 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

先日4月17日に自身6枚目のオリジナルアルバムとなる『DUO』をリリースした家入レオが、昨日から開催されている『仙台イーグルスフェスティバル』に出演し、アルバムリード曲「Prime Numbers」を含む計3曲をスタジアムに集まった大観衆を前に披露した。

4月27日(土)より3日間開催となった『仙台イーグルスフェスティバル』(Eフェス)は、ファン・選手・スタジアムが一体となって、楽しみ、盛り上がり、イーグルスの勝利を後押しする「食」「音楽」を中心にした今年初開催となるイベント。Eフェスの3日間は試合終了後に「Eフェス スーパーLIVE」を開催しており、初日となったこの日のステージを家入レオが担当した。

当日は朝からあいにくの雨模様だったが試合の途中から青空が見え、野外イベント日和となった。家入がまずはヒット曲「君がくれた夏」を披露すると会場から拍手が沸き起こり「皆さん、こんにちは。家入レオです。今日は本当に寒い中残ってくださってありがとうございます。今日は朝から雨が降っていましたが、今はすっかり青空が広がっていて、きっと皆さんの気持ちが空に届いたのかな、と思います。」と挨拶。そして「今これだけSNSが発達している世の中で、繋がれているようで繋がれていない、このリアクションで合っているのかなって日々迷いながら過ごしている人って、私だけじゃなく実はいっぱいいるんじゃないかなって思います。そんな、“素数的"要素を持っている皆さんにお届けできたらなと思います。」と話し、絶賛放送中のドラマ「緊急取調室」主題歌として話題の楽曲「Prime Numbers」を披露。その後、「今日はTOHOKU BLUEということで、ここで、コートを脱ぎます!」と、この日の試合で選手も着用していた、東北6県をつなぐ澄み渡る空をモチーフにしたというTOHOKU BLUE ユニフォーム姿をみせた。

なお、この日家入が着用したユニフォームはLEOの文字と、そんなレオにちなんだ数字00が入った特別仕様なのだとか。ライブ前に試合も鑑賞していた家入は「今日の試合は残念な結果になってしまいましたが、明日も試合があるということで、明日は楽天イーグルスに必ず勝利を、という想いを込めて歌います。」と話し代表曲の1曲でもある「Shine」を披露。観客席からは割れんばかりの手拍子が起こり、と同時に空からは太陽の光が差し込み、家入にとって平成最後となったライブパフォーマンスは大盛況の中幕を閉じた。

今週第4話を迎える話題のドラマ「緊急取調室」主題歌となる「Prime Numbers」は絶賛配信中となっているので、ぜひチェックしてほしい。また、同曲の他にも昨年ロングヒットを記録した、フジテレビ系月9ドラマ『絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜』主題歌「もし君を許せたら」、自身初の映画タイアップとなった『コードギアス 復活のルルーシュ』オープニング主題歌「この世界で」を収録し、そして小谷美紗子、常田大希(King Gnu)、永井聖一(相対性理論)など、多彩なクリエイターやアーティストが作家陣として参加した、約1年2か月ぶりのニューアルバム『DUO』を引っ提げた全国ツアー『7th Live Tour 2019 〜DUO〜』は、5月10日(金)山梨・YCC県民ホールよりスタートするので、ぜひ足を運んでほしい。

アルバム『DUO』

発売中



【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1551/¥4,900+税
<収録曲>
■CD
01.Prime Numbers(テレビ朝日系4月木曜ドラマ「緊急取調室」主題歌)
02.愛してないなら
03.Overflow
04.もし君を許せたら(フジテレビ系月9ドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」主題歌)
05.Bicolor
06.Whenever
07.Neon Nights
08.JIKU
09.Spark(パラスポーツアニメ「車いすテニス編」テーマ曲)
10.Bouquet
11.この世界で(映画「コードギアス 復活のルルーシュ」オープニング主題歌)
12.サザンカ
■DVD
「家入レオ FanClub Live 2018 at Shibuya WWW X 2018.10.04 」
・Party Girl
・勇気のしるし・
・Bless You
・miss you
・Time after Time
・Lady Mary
・For you
・君に届け
・Linda
・ファンタジー
・Hello To The World
・サブリナ
・Spark
・Say Goodbye
・僕たちの未来



【初回限定盤B】(CD+DVD)
VIZL-1552/¥3,500+税
<収録曲>
■CD
初回限定盤Aと同じ
■DVD
・「Prime Numbers」MV
・「Prime Numbers」 MV Making Movie



【通常盤】(CD)
VICL- 65155/¥3,000+税
<収録曲>
初回限定盤Aと同じ


『家入レオ7th Live Tour 2019 〜DUO〜』

5月10日(金) 山梨・YCC県民文化ホール(山梨県立県民文化ホール)
5月12日(日) 石川・白山市松任文化会館
5月19日(日) 香川・サンポートホール高松・大ホール
5月24日(金) 茨城・日立市民会館
5月26日(日) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
5月30日(木) 北海道・コーチャンフォー釧路文化ホール(釧路市民文化会館) 
6月01日(土) 北海道・カナモトホール(札幌市民ホール)
6月08日(土) 岐阜・バロー文化ホール(多治見市文化会館)
6月09日(日) 滋賀・滋賀県立文化産業交流会館
6月14日(金) 秋田・秋田市文化会館
6月15日(土) 宮城・仙台銀行ホール イズミティ21
6月21日(金) 島根・島根県芸術文化センター「グラントワ」大ホール
6月22日(土) 広島・広島JMSアステールプラザ 大ホール
6月28日(金) 群馬・太田市民会館
6月30日(日) 山形・荘銀タクト鶴岡
7月06日(土) 静岡・静岡市民文化会館中ホール
7月13日(土) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
7月14日(日) 長崎・諫早文化会館
7月19日(金) 兵庫・神戸国際会館 こくさいホール
7月27日(土) 千葉・幕張メッセ国際展示場9.10ホール



【関連リンク】
家入レオ、平成最後のステージは『仙台イーグルスフェスティバル』
家入レオまとめ
BUCK-TICK、シングル「獣たちの夜/RONDO」トレーラー映像公開

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, ツアー, ライブレポ

BUCK-TICK、シングル「獣たちの夜/RONDO」トレーラー映像公開
Sun, 28 Apr 2019 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BUCK-TICKが5月22日(水)にリリースする、ダブルリードトラックシングル「獣たちの夜/RONDO」の3分におよぶトレーラー映像が公開となった。

BUCK-TICKの新たな世界の幕が開くニューシングルは、聴くものを狂乱の渦へと導くダンサブルでアッパーなナンバー「獣たちの夜」と、フジテレビ系テレビアニメ『ゲゲゲの鬼太郎』エンディング主題歌として既にオンエア中であり、夢か現実か、人は何処からやって来て何処へゆくのか…夢の舞踏会で繰り広げられるダークでロマンティックなナンバー「RONDO」の2曲が収録される、ダブルリードトラックシングルとなっている。この度公開となったトレーラーは「獣たちの夜」「RONDO」2曲のMVで構成されており、これまで2曲ともに15秒のスポット映像のみのだったが、トータル3分に及ぶ映像の公開となった。シングルパッケージのリリースを前にまずはこちらで楽曲を楽しんでほしい。

そして、「獣たちの夜」が5月4日(土)にFM COCOLO『THE MAJESTIC SATURDAY NIGHT』で初オンエアされることが決定した。 BUCK-TICKとの親交も深く、お互いをリスペクトしあっているちわきまゆみが番組DJを務めており、先日「RONDO」の初オンエアを行ったのもこの番組である。

また、『BUCK-TICK × TOWER RECORDS CAF?』『BUCK-TICK × ROUND1』などのコラボ企画も開催、4月24日にはライヴ映像作品『TOUR No.0』がリリースとなり、そしていよいよ5月22日にシングル「獣たちの夜 /RONDO」をリリース、同週末には5月25日・26日幕張メッセ2DAYS『ロクス・ソルスの獣たち』の開催など、盛りだくさんのBUCK-TICKの動向に注目したい。

■『THE MAJESTIC SATURDAY NIGHT』
放送局:FM COCOLO
放送日時:2019年5月4日(土)21時〜23時
DJ:ちわきまゆみ

シングル「獣たちの夜/RONDO」

2019年5月22日発売



【完全生産限定盤A】(SHM-CD+Blu-ray)
VIZL-1586/¥2,480+税
※スペシャルデジパック仕様
<収録曲>
■CD
1. 獣たちの夜
2. RONDO
3. 獣たちの夜 - version of Cube Juice -
■Blu-ray
・獣たちの夜(MV)
・RONDO(MV)

【完全生産限定盤B】(SHM-CD+DVD)
VIZL-1587/¥1,980+税
※スペシャルデジパック仕様
<収録曲>
■CD
1. 獣たちの夜
2. RONDO
3. 獣たちの夜 - version of Cube Juice -
■DVD
・獣たちの夜(MV)
・RONDO(MV)

【通常盤】(SHM-CD)         
VICL-79004/¥1,200+税
<収録曲>
1. 獣たちの夜
2. RONDO
3. 獣たちの夜 - version of Cube Juice ?

Blu-ray&DVD『TOUR No.0』

発売中



【Blu-ray 完全生産限定盤】(2BD+PHOTOBOOK)
VIZL-1528/¥12,000+税
※『TOUR No.0 - Guernican Moon -』映像ディスク付属
※LIVE PHOTOBOOK(全64P)封入
※スペシャルパッケージ仕様
【Blu-ray 通常盤】
VIXL-261/¥6,000+税
【DVD 完全生産限定盤】(2DVD+PHOTOBOOK)
VIZL-1529/¥11,000+税
※『TOUR No.0 - Guernican Moon -』映像ディスク付属
※LIVE PHOTOBOOK(全64P)封入
※スペシャルパッケージ仕様
【DVD 通常盤】
VIBL-936/¥5,500+税
<収録曲>(共通)
『TOUR No.0』LIVE at 東京国際フォーラム ホールA [2018.7.26]
SE. steam & gear
01. 零式13型「愛」
02. 美醜LOVE
03. サロメ - femme fatale -
04. Ophelia
05. 光の帝国
06. ノスタルジア - ヰタ メカニカリス -
07. PINOA ICCHIO - 躍るアトム -
08. メランコリア-ELECTRIA-
09. IGNITER
10. 残骸
11. 楽園
12. BABEL
13. Moon さよならを教えて
14. ゲルニカの夜
15. 胎内回帰
16. GUSTAVE
17. 薔薇色十字団 - Rosen Kreuzer -
18. ROMANCE
19. NATIONAL MEDIA BOYS
20. REVOLVER
21. Solaris
SE. spiral

『ロクス・ソルスの獣たち』

5月25日(土) 千葉・幕張メッセ 国際展示場9・10・11ホール
5月26日(日) 千葉・幕張メッセ 国際展示場9・10・11ホール

『BUCK-TICK × ROUND1』

開催期間:4月9日(火)〜7月15日(月・祝)
開催場所:
北海道・ラウンドワン 札幌すすきの店
宮城・ラウンドワン 仙台・苦竹店
東京・ラウンドワン 池袋店/ラウンドワン ダイバーシティ東京プラザ店
神奈川・ラウンドワン 横浜駅西口店
愛知・ラウンドワン 中川1号線店
京都・ラウンドワン 京都河原町店
大阪・ラウンドワン 梅田店
広島・ラウンドワン 広島店
福岡・ラウンドワン 福岡天神店
※BUCK-TICKコラボルームは池袋店・梅田店のみとなります

『BUCK-TICK × TOWER RECORDS CAF?』

開催期間:5月16日(木)〜6月2日(日)
開催場所:東京・TOWER RECORDS CAFE 渋谷店
大阪・TOWER RECORDS CAFE 梅田NU茶屋町店



【関連リンク】
BUCK-TICK、シングル「獣たちの夜/RONDO」トレーラー映像公開
BUCK-TICKまとめ
Wakana、“平成〜令和”を駆け抜ける全国ツアー東京公演が大盛況

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, トレーラー, DVD, Blu-ray, シングル, ライブ

Wakana、“平成〜令和”を駆け抜ける全国ツアー東京公演が大盛況
Sun, 28 Apr 2019 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Wakanaが4月26日、東京・中野サンプラザにおいてワンマンライヴを開催した。

3月にリリースされた1stソロアルバム『Wakana』を引っ提げ、4月4日からスタートした全国ツアー『Wakana LIVE TOUR 2019〜VOICE〜』の5本目となる本公演。さらに自身にとっては“平成”最後となるライブだ。時代の節目に届けられる極上の歌声を受け取るべく、会場は熱烈なファンで埋め尽くされた。

アルバム『Wakana』の1曲目を飾っていた「約束の夜明け」でライヴは幕を開けた。メロディに託された言葉たちが繊細に歌として紡がれて会場を包み込んでいく。息を飲み、静かに耳を傾け、その歌声に心を重ねていく観客たち。ライブ開始早々、音楽を介した濃密な時間が展開されていく。

「1人の人間としての“声”をたっぷり楽しんでいただきたいと思い、ツアータイトルを“VOICE”と名付けました。最後まで楽しんで帰ってください」

最初のあいさつでツアーに込めた思いを語ったWakanaは、アルバム収録曲はもちろん、カバー曲などを交えたセットリストで楽しませていく。流れる風のように爽やかな声を聴かせたかと思えば、大地を感じさせる力強い表情を見せたり、太陽のようなあたたかさで聴き手を照らしてくれもする。曲調に合わせて多彩な色を放つWakanaのボーカリゼーション。それは生命の息吹をリアルに感じさせてくれる生々しい魅力に溢れていた。アップテンポな楽曲では総立ちになったオーディエンスが楽し気にクラップで参加するハッピーな光景も生まれ、ソロアーティストとしての音楽性の幅もしっかりと提示していく。

中盤では、本ツアーの音楽監督を務める武部聡志が東京公演限定のスペシャルゲストとして登場。Wakanaが「武部さんのピアノで歌ってみたかった」とリクエストしたという一青窈の「ハナミズキ」と、武部が「弾いてみたかった」というKalafinaの「oblivious」の2曲が、ピアノと歌のみというシンプルな編成で披露された。ピンと張りつめた心地良い緊張感の中、その信頼関係を裏付けるように2人が生み出す音色が美しく融合していく。Wakanaの歌の持つ圧倒的な力をあらためて実感させる貴重で贅沢なコラボレーションに、客席からは割れんばかりの大きな拍手が巻き起こった。

「ライヴをすることで、いろんな実感が沸いてきます。私にとっての音楽はライブで完成するんだと思います。みんなの顔を見ることで私も幸せになる。そんな時間が大好きなんだと思います」

本編ラストには自身で作詞を手がけた「金木犀」をパフォーマンス。Wakanaは最後の瞬間まで、自身の思いを注ぎ込んだ歌で客席を魅了し続けた。音楽を愛する、歌を愛する、そしてライブを愛するWakanaのありのままが詰め込まれたツアーはこの後、5月4日の福岡県・福岡国際会議場での公演を経て、5月12日の愛知県・日本特殊陶業市民会館でファイナルを迎える。“令和”の始まりに用意された2本のライブでも彼女はきっと揺るぎない歌への矜持を見せ、ツアーを大団円へと導いていくはずだ。

Photo by 川田洋司 
Text by もりひでゆき

■音楽監督/スペシャルゲスト
武部聡志
■バンドメンバー
鶴谷智生(Dr.)
安達貴史(Ba.)
植田浩二(Gt.)
堀倉彰(Key.)

『Wakana LIVE TOUR 2019〜VOICE〜』

5月04日(土) 福岡国際会議場
5月12日(日) 日本特殊陶業市民会館

※終了分は割愛

アルバム『Wakana』

発売中



【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1573/¥3,500+税
【初回限定盤B】 (CD)
VIZL-1574/¥4,800+税
・LPサイズジャケット仕様
・ボーナスディスク(全曲インストゥルメンタル収録)つき2枚組
・高音質SHM-CD仕様
・LPサイズフォトブックレット封入
・ジャケットビジュアルB2ポスター封入
【通常盤】(CD)
VICL-65175/¥3,000+税
<収録曲>
1. 約束の夜明け
詞:Wakana 曲・編曲:櫻井美希
2. 翼
詞:Wakana 曲・編曲:武部聡志
3. 瑠璃色の空
詞:Satomi 曲・編曲:松本良喜
4. 流れ星
詞:Wakana 曲:Shusui / 野上朝生 / 種田博之 編曲:野上朝生
5. 記憶の人
詞・曲:安藤裕子 編曲:山本隆二
6. 時を越える夜に
詞:Wakana 曲:Shusui / Anders Dannvik 編曲:Anders Dannvik
7. Hard Rain
詞・曲:矢吹香那 編曲:前口渉
8. 金木犀
詞:Wakana 曲:松本俊明 編曲:坂本昌之
9. 僕の心の時計
詞:Wakana 曲・編曲:武部聡志
10. 時の音
詞・曲:矢吹香那 編曲:前口渉
11. 愛の花
詞:石川絵理 曲:Shusui / Stefan ?berg 編曲:倉内達矢
■DVD ※初回限定盤Aのみ
「時を越える夜に(Music Video)」
「時を越える夜に(Music Videoメイキング)」

◎配信サイト
https://jvcmusic.lnk.to/Wakana





【関連リンク】
Wakana、“平成〜令和”を駆け抜ける全国ツアー東京公演が大盛況
Wakanaまとめ
マキアダチの「MEGA GRANDMA」はラスボス・小林幸子がモチーフ!?

【関連アーティスト】
Wakana
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, ワンマン, ライブレポ

マキアダチの「MEGA GRANDMA」はラスボス・小林幸子がモチーフ!?
Fri, 26 Apr 2019 23:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シンガー・ソングライターのマキアダチは、DAWを使ったトラックメイク、アレンジまでマルチにこなす注目の存在だ。そんな彼女が演歌の大御所、ネット界の《ラスボス》小林幸子をモチーフに創作した楽曲「MEGA GRANDMA」が、この時期になると聴きたくなる。それは恒例『ニコニコ超会議』が話題になるからだ。「超会議」の主役ともいえる小林幸子をリスペクトしたこの曲について触れてみたい。

GW時期の風物詩的な存在になっているのが、2012年から開催されている、ネット発&日本最大級の文化祭『ニコニコ超会議』だ。今年も4月27日、28日に幕張メッセで開催されるが、このイベントで毎回注目を集めるのが、《ラスボス》こと小林幸子だ。小林がステージで身にまとう豪華な衣装 (セット)が、ゲームに登場する《ラスボス》のようだとゲームユーザーの間で話題になったことから、そう呼ばれるようになった。その小林は今年も平成最後の"最終形態"で『ニコニコ超会議2019』に参加し、ユーザーと共に作り上げる 『スペシャルショーケース「花KAGARI」』に登場する。またまた大きな注目を集めそうだ。

そんな小林幸子をモチーフにした歌があるのをご存じだろうか。DTMを駆使し、自身ですべての楽曲の作詞・作曲・アレンジ・サウンドプロデュース・ミックスまでマルチにこなす、話題のシンガー・ソングライター、マキアダチの「MEGA GRANDMA」だ。2015年に発売した1stアルバム『MAKI ADACHI』に収録されている作品で、ハードなギターの音色に乗せ、キュートな声で言葉を畳みかける、どこか尖った世界観の中に、そこはかとなく90年代の匂いを感じる。一度聴くと耳から離れない中毒性がある楽曲だ。

この曲についてマキアダチは、“テーマは〈イケてる偉大なおばあちゃん〉。小林幸子さんは、モチーフというかあくまでもキッカケということなので、小林さんのことをおばあちゃんと言ってるわけではないので、誤解があると困りますけど…、2014年に下北沢で行われたサーキットイベント『SOUND CRUSING』で、《七尾旅人VS小林幸子》 という形でコラボライヴをしていた小林幸子さんを観た時に思いつきました。当時《ラスボス》という愛称で若者たちから呼ばれていた小林幸子さんですが、下北沢で開催される若者だらけのサーキットイベントで、デビュー50年以上の国民的歌手のライヴを見れるなんて異例かつ凄いことだと思い、また実際にライヴを見て、面白い事、新しい事に常に挑戦し続ける姿がとても格好良くて、感銘を受けたので曲にしました"と語っている。

演歌の大御所がネットの世界に進出し、若い人たちからその抜群の歌唱力とキャラクターを絶賛され、一躍時の人になった小林幸子が、下北沢のライヴハウスに“降臨"し、歌う姿を目の当たりにし、“鮮やかなショック"を受け、書いたのが「MEGA GRANDMA」だ。

“楽曲のタイトルは、当時の小林さんの最終形態といわれていた『メガ幸子』からきています。デビュー50周年を迎えても、新しい事に挑戦し続け、ライヴで老若男女の心を掴む小林幸子さんは、きっとおばあちゃんになってもずっと変わらず歌い手として戦い続けるんだろうなと思い、一緒にライヴに行った友人と“私たちもそんな風に格好良いおばあちゃんなりたいよね"と話したことから付けました。この曲『MEGA GRANDMA』には、他にも友人から聞いたおばあちゃんの話や、自分のおばあちゃん等、いくつになっても反骨精神かつ愛をもって戦い続ける、色んな格好良いおばあちゃんが登場します。"

小林幸子に対する、女性として歌手としてのカッコよさに感銘を受け、<Wow! 踏み出す覚悟 止まらない魅力をGRANDMA は持っている>といった言葉を「MEGA GRANDMA」の歌詞に散りばめた。以前、小林にインタビューした際、“思い込みが過ぎると、新しい知識が入らないし、入れようという気持ちにもならないと思います。その思い込みをなくした事で、今は面白い50年間を歌っていて思うのは、自分が“怖い"と思うもの=やっていない事にあえて挑戦しなければ、面白くないと思いました"と語っていたが、その精神に感化され生まれた「MEGA GRANDMA」には、何にも縛られず、自由に音楽を奏でているんだというマキアダチの感性が詰まっている。

様々な、色とりどりの音楽を聴かせてくれるマキアダチ。つかみどころがないようでしっかりとその存在を感じる音楽を奏でている彼女の才能は、近頃業界内外をザワザワさせている。そんな彼女だが、来たる5月25日に、小林幸子のライヴを観て衝撃を受けた『下北沢 SOUND CRUSING』への出演が決まっているようだ。この曲の披露はマストであろう。

Text:田中久勝



【関連リンク】
マキアダチの「MEGA GRANDMA」はラスボス・小林幸子がモチーフ!?
マキアダチまとめ
BAND-MAID、ワールドツアー開催&Live Nationと提携を発表

【関連アーティスト】
マキアダチ
【ジャンル】
J-POP, ニュース

BAND-MAID、ワールドツアー開催&Live Nationと提携を発表
Sat, 27 Apr 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BAND-MAIDがワールドツアー『激動』を6月より開催し、イベントプロモーター“Live Nation”と提携することを発表した。

2018年に行なったワールドツアーは全公演がソールドアウトとなったBAND-MAID。『激動』ツアーではロンドン、パリ、ボーフム 、ハンブルグの3か国4都市を巡る。

そして、今回提携するLive Nationは、 マドンナ、LADY GAGA、ジェイ・Z、NICKELBACKら2000組以上のアーティストと提携し、年間2万本以上のライヴを手掛ける興行会社。メンバーの小鳩ミクは「世界征服を目標とする私たちにとって、素敵なイベントプロモーターであるLive Nation様と提携することができて、とても心強く、嬉しく思いますっぽ」、彩姫は「お給仕を全世界でもっと開催出来るように私達も頑張りたいです」、KANAMIは「既に提携されている世界的なアーティスト様に負けないよう、頑張ります! 」、AKANEは「BAND-MAIDにとって新たな一歩を踏み出せるよう、全力で突き進んでいきます!!」MISAは「海外のフェスなども今後出演できるように頑張っていきたいです。そして、みんなで美味しいお酒を飲みたいです! 」と決意を述べている。

■【BAND-MAID コメント】

■小鳩ミク(Vo&Gt)
世界征服を目標とする私たちにとって、素敵なイベントプロモーターであるLive Nation様と提携することができて、とても心強く、嬉しく思いますっぽ。世界中のご主人様お嬢様へ、更に素敵なお給仕(ライブ)を届けるべく頑張っていきたいと思いますっぽ!

■彩姫(Vo)
BAND-MAIDがLive Nation様と提携できるなんて、とても驚きましたし、嬉しく思います。
お給仕を全世界でもっと開催出来るように私達も頑張りたいです。

■KANAMI(Gt)
今回、LiveNation様と提携することになり、とてもワクワクしています!
既に提携されている世界的なアーティスト様に負けないよう、頑張ります!
世界征服に向けて一緒に楽しく頑張っていければと思っています!

■AKANE(Dr)
この度、Live Nation様と提携する事になりました!! とっても嬉しいです!! BAND-MAIDにとって新たな一歩を踏み出せるよう、全力で突き進んでいきます!! よろしくお願いします!!!

■MISA(Ba)
LiveNation様と提携できることになり、とても光栄です。 海外のフェスなども今後出演できるように頑張っていきたいです。そして、みんなで美味しいお酒を飲みたいです!

■『BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2019【激動】〜gekidou〜』

6月22日(土) イギリス・ロンドンIslington Assembly Hall
6月23日(日) フランス・パリLe Trabendo
6月24日(月) ドイツ・ボーフムZeche
6月26日(水) ドイツ・ハンブルグDAS LOGOS



【関連リンク】
BAND-MAID、ワールドツアー開催&Live Nationと提携を発表
BAND-MAIDまとめ
宮川愛李、デビュー作の全貌が明らかに!

【関連アーティスト】
BAND-MAID
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, ツアー

宮川愛李、デビュー作の全貌が明らかに!
Sat, 27 Apr 2019 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

宮川愛李のミニアルバム『スマホ映えの向こうの世界』の詳細が明らかになった。

今年1月に“妹子”改め本名の“宮川愛李”で活動をスタートすることを発表した宮川は、みやかわくんの妹。4月11日にマイナビ BLITZ 赤坂で『宮川愛李 First Live 〜はじめてのわんまん〜』を行なった。

プライベートレーベル<NiM RECORDS>から6月26日にリリースされる『スマホ映えの向こうの世界』は、CDのみの通常盤とDVDが付属する初回限定盤の2形態を用意。CDにはJazzin\' parkが書き下ろした「ハジメマシテ」など新曲6曲を収録している。レコーディングミュージシャンには、佐野康夫、日向秀和、櫻井陸来、西川進、是永功一、宮崎祐介らが名を連ねる。また、DVDには『宮川愛李 First Live 〜はじめてのわんまん〜』のライブ映像3曲と「欠落カレンドラ」のMVが収められる。

4月29日からは全国9カ所を巡るイベント『宮川愛李×ヴィレバン限定グッズ発売&デビューミニアルバム「スマホ映えの向こうの世界」予約会』を実施。詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

ミニアルバム『スマホ映えの向こうの世界』

2019年6月26日発売



【初回限定盤】 (CD+DVD)
JBCN-9001 / JBBN-9001/¥3,000(税込)
【通常盤】 (CD)
JBCN-9002/¥2,000(税込)
<収録曲>
■CD
・欠落カレンドラ
・スマホ映えの向こうの世界
・「ハジメマシテ」
・メランコリック
・RAKKA↓KKA
・星が泣いた夜に
■DVD  ※初回限定盤のみ
・「ハジメマシテ」ライヴ
・「メランコリック」ライヴ
・「星が泣いた夜に」ライヴ
・「欠落カレンドラ」MV

『宮川愛李 ×ヴィレヴァン!限定グッズ発売&デビューミニアルバム「スマホ映えの向こうの世界」予約会』

4月29日(月)15:00〜 埼玉イオンレイクタウンkaze店 3F
5月03日(金)12:00〜 Freaks福岡パルコ店 7F
5月04日(土)12:00〜 大阪アメリカ村店
5月04日(土)18:00〜 三宮店
5月05日(日)12:00〜 名古屋パルコ店 南館B1F
5月06日(月)12:00〜 静岡パルコ店 6F
5月06日(月)18:00〜 ルミネ横浜店 4F
5月11日(土)12:00〜 仙台ロフト店 7F
5月12日(日)12:00〜 MAGNET by SHIBUYA109店



【関連リンク】
宮川愛李、デビュー作の全貌が明らかに!
宮川愛李まとめ
Jazzin\' parkまとめ
CHIYU、新作ミニアルバムのリリース&初の主催対バンツアー開催が決定

【関連アーティスト】
宮川愛李, Jazzin\' park
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, ミニアルバム

CHIYU、新作ミニアルバムのリリース&初の主催対バンツアー開催が決定
Sun, 28 Apr 2019 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

CHIYUが新作ミニアルバム『Notice of Arrival』を7月10日にリリースすることを発表した。同作はファンサイト会員限定の尼崎商店街盤、CHIYU SHOPおよび尼崎商店街で販売される豪華盤と通常盤、全国のCDショップなどで取り扱うお手頃盤の4形態を用意。オフィシャルサイトでは、最新アーティスト写真、アルバムコンセプト、リリースに伴うアトラクションも発表されている。

2018年、バンド解散後ソロとして再スタートを果たしたベーシスト・CHIYU。前作は参加ミュージシャンによる提供楽曲で構成されたのに対し、『Notice of Arrival』は自ら作詞作曲を行なうとのこと。

また、主催対バンツアー『「Notice of Arrival」-Do you savvy?-』の開催も発表された。7月20日と7月21日に心斎橋BRONZE、7月27日と7月28日に渋谷チェルシーホテルで行なわれ、exist†trace、Jin-Machine、umbrella、K、Crack6が出演する。

■『CHIYU主催TOUR 2019 「Notice of Arrival」 -Do you savvy?-』

7月20日(土) 心斎橋BRONZE
w:exist†trace/Jin-Machine
7月21日(日) 心斎橋BRONZE
w:umbrella/Jin-Machine
7月27日(土) 渋谷チェルシーホテル
w:K
7月28日(日) 渋谷チェルシーホテル
w:Crack6

ミニアルバム『Notice of Arrival』

2019年7月10日発売



【尼崎商店街盤】
・完全生産限定盤
・FAN SITE会員限定
【豪華盤】
・CHIYU SHOP、尼崎商店街での販売
【通常盤】
・CHIYU SHOP、尼崎商店街での販売
【お手頃盤】
・全国CDショップ等での販売

詳細:https://amagasaki-rockstar.com/contents/231808



【関連リンク】
CHIYU、新作ミニアルバムのリリース&初の主催対バンツアー開催が決定
CHIYUまとめ
exist†traceまとめ
Jin-Machineまとめ
umbrellaまとめ

【関連アーティスト】
CHIYU, exist†trace, Jin-Machine, umbrella, K, Crack6
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, CD, ミニアルバム, ツアー

嘘とカメレオン、ニューミニアルバムの全貌が明らかに
Sat, 27 Apr 2019 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

嘘とカメレオンの新作ミニアルバム『ポストヒューマンNo.5』のアーティスト写真が公開され、あわせてジャケットと収録曲も発表された。

5月29日にリリースされる同作。アーティスト写真には前を見据えた5人の姿が写し出されている。ジャケットはタイトル『ポストヒューマンNo.5』の世界観をアートディレクターの木山健司(PERMANENT)が表現した。

収録曲はドラマ『絶対正義』の主題歌「ルイユの螺旋」をはじめ、「パプリカはポストヒューマンの夢を見るか」など7曲。CDのみの通常盤と、コンテンツカードが付属するスリーブケース仕様の初回限定盤の2形態が用意される。コンテンツカードはMVメイキング映像やアルバム特番、全国ワンマンツアー全会場のクイックフォトレポートなどにアクセスできる。

また、『嘘とカメレオン当て振りインストアライブツアー2019 当て振りミニライブ&サイン会』の開催をあわせて発表。当て振りライヴとは、事前にレコーディングした音源に対してバンドが演奏、歌。MCすべてを“エアー演奏”で行なうもの。5月10日の広島を皮切りに、全国7か所で実施する。観覧はフリーで、『ポストヒューマンNo.5』の予約、購入者はサイン会に参加できる。

さらに全国ワンマンツアー『はじめてのおつかいツアー 〜ひとりでできるもん!〜』のチケット一般発売が実施中。詳細はオフィシャルHPで確認しよう。

ミニアルバム 『ポストヒューマンNo.5』

2019年5月29日発売



【初回限定盤】(CD+コンテンツカード)
¥2,778+税
※スリーブケース仕様
<収録曲>
■CD
1.パプリカはポストヒューマンの夢を見るか
2.ルイユの螺旋
3.ミイラ・コード
4.とある男の記録
5.パラダイム4210                
6.Upius
7.societal sanity
■コンテンツカード
・ MVメイキング映像
・『ポストヒューマンNo.5』リリース記念特番
・『はじめてのおつかいツアー 〜ひとりでできるもん!〜』全公演クイックフォトレポート
※アクセス有効期間は2020年5月31日まで



【通常盤】(CD)
¥2,037+税
<収録曲>
1.パプリカはポストヒューマンの夢を見るか
2.ルイユの螺旋
3.ミイラ・コード
4.とある男の記録
5.パラダイム4210
6.Upius                     
7.societal sanity

【イベント/ライブ情報】

『ミニアルバム「ポストヒューマンNo.5」発売記念“当て振りインストアライブツアー2019”』
5月10日(金) イオンモール広島府中
20:00〜
5月11日(土) タワーレコード梅田マルビル
14:00〜
5月12日(日) HMV栄
13:00〜
6月02日(日) タワーレコード新宿店
18:00〜
6月09日(日) タワーレコード渋谷店 5F
15:00〜
6月11日(火)
タワーレコード札幌ピヴォ店
19:00〜
6月13日(木) タワーレコード仙台パルコ店
18:30〜
6月15日(土) タワーレコード新潟店
15:00〜
6月16日(日) タワーレコード グランツリー武蔵小杉店
15:00〜
6月21日(金) タワーレコード広島店
18:30〜

『嘘とカメレオン 全国ワンマンツアー「はじめてのおつかいツアー 〜ひとりでできるもん!〜」』
6月12日(水) 札幌 SPiCE
6月14日(金) 仙台 LIVE HOUSE enn 3rd
6月22日(土) 広島 BACK BEAT
6月23日(日) 福岡 Queblick
6月28日(金) 名古屋 E.L.L.
6月29日(土) 大阪 UMEDA CLUB QUATTRO
7月05日(金) 東京 LIQUIDROOM



【関連リンク】
嘘とカメレオン、ニューミニアルバムの全貌が明らかに
嘘とカメレオンまとめ
THE COLLECTORS、初の記録映画&渋谷クラブクアトロでのマンスリーライブが映像化

【関連アーティスト】
嘘とカメレオン
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, ミニアルバム, ツアー

THE COLLECTORS、初の記録映画&渋谷クラブクアトロでのマンスリーライブが映像化
Sat, 27 Apr 2019 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE COLLECTORSのドキュメンタリー映画『THE COLLECTORS〜さらば青春の新宿JAM〜』のロングラン記念として、4月26日にシネマート新宿にて新宿凱旋上映が開催され、その舞台挨拶で加藤ひさしが、同映画がBlu-ray&DVDで6月26日にリリースされることを発表した。

なお、 Blu-rayには特典として映画本編ではすべて観ることができなかった2017年12月24日の新宿JAMでのライヴ映像や、メンバーのインタビュー映像も収められる予定。Blu-rayとDVD共通仕様として、ライヴ音源CDがパッケージされる。

さらに、ライヴ映像作品『CLUB QUATTORO MONTHLY LIVE 2018 “LAZY SUNDAY AFTERNOON”』 が8月7日にBlu-rayでリリースされることも決定した。同作は2018年に12か月連続で開催された渋谷クラブクアトロマンスリーライヴの模様を記録したもので、12公演分からロンドンでミックス作業を行なった選りすぐりの40曲が、約4時間にわたって収録予定だ。あわせてトレイラー映像も公開された。

また、同作にはコネクティングカードが同封されている、Blu-rayに収録されている映像の音源がダウンロードできる。 特典映像には昨年リリースされたアルバム『YOUNG MAN ROCK』のレコーディング風景や、メンバーだけで上野動物園のパンダに会いに行った様子が収録予定だ。

両作には購入特典も用意され、連動参加イベントなども実施予定。 詳細は追って発表される。

DVD&Blu-ray『THE COLLECTORS〜さらば青春の新宿JAM〜』

2019年6月26日発売



【Blu-ray+CD】
COZA-1553/4/¥7,800+税
【DVD+CD】
COZA-1551/2/¥5,000+税
<収録内容>
■Blu-ray
・映画本編
・2017年12月24日@新宿JAM
1.僕はコレクター
2.アーリー・イン・ザ・モーニング
3.TOO MUCH ROMANTIC!
4.1.2.3.4.5.6.7 Days a Week
5.ロボット工場
6.虹色サーカス団
7.プ・ラ・モ・デ・ル
8.扉をたたいて
9.夢見る君と僕
10.チューイング・ガム
11.問題児
12.僕は恐竜
13.NICK! NICK! NICK!
14.僕の時間機械
■DVD
・映画本編
■CD
・2017年12月24日@新宿JAM

Blu-ray『CLUB QUATTORO MONTHLY LIVE 2018 “LAZY SUNDAY AFTERNOON”』

2019年8月7日発売



COXA-1179/¥7,000+税
※音源ダウンロード用コネクティングカード封入




【関連リンク】
THE COLLECTORS、初の記録映画&渋谷クラブクアトロでのマンスリーライブが映像化
THE COLLECTORSまとめ
THE SLUT BANKS、ニューアルバム『NOIZ THE RIPPER』収録曲「Trap」のMV公開

【関連アーティスト】
THE COLLECTORS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, DVD, Blu-ray













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1