歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2019年04月15日)
バックナンバー
最新ニュース
2019/04/24
2019/04/23
2019/04/22
2019/04/21
2019/04/20
2019/04/19
2019/04/18
2019/04/17
2019/04/16
2019/04/15
2019/04/14
2019/04/13
2019/04/12
2019/04/11
2019/04/10
2019/04/09
2019/04/08
2019/04/07
2019/04/06
2019/04/05
2019/04/04
2019/04/03
2019/04/02
2019/04/01
2019/03/31
2019/03/30
2019/03/29
2019/03/28
2019/03/27
2019/03/26
2019/03/25
2019/03/24
2019/03/23
2019/03/22
2019/03/21
2019/03/20
2019/03/19
2019/03/18
2019/03/17
2019/03/16
2019/03/15
2019/03/14
2019/03/13
2019/03/12
2019/03/11
2019/03/10
2019/03/09
2019/03/08
2019/03/07
2019/03/06
2019/03/05
2019/03/04
2019/03/03
2019/03/02
2019/03/01
2019/02/28
2019/02/27
2019/02/26
2019/02/25
2019/02/24
2019/02/23
2019/02/22
2019/02/21
2019/02/20
2019/02/19
2019/02/18
2019/02/17
2019/02/16
2019/02/15
2019/02/14
2019/02/13
2019/02/12
2019/02/11
2019/02/10
2019/02/09
2019/02/08
2019/02/07
2019/02/06
2019/02/05
2019/02/04
2019/02/03
2019/02/02
2019/02/01
2019/01/31
2019/01/30
2019/01/29
2019/01/28
2019/01/27
2019/01/26
2019/01/25
2019/01/24
2019/01/23
2019/01/22
2019/01/21
2019/01/20
2019/01/19
2019/01/18
2019/01/17
2019/01/16
2019/01/15
2019/01/14
2019/01/13
2019/01/12
2019/01/11
2019/01/10
2019/01/09
2019/01/08
2019/01/07
2019/01/06
2019/01/05
2019/01/04
2019/01/03
2019/01/02
2019/01/01
2018/12/31
2018/12/30
2018/12/29
2018/12/28
2018/12/27
2018/12/26
2018/12/25
2018/12/24
2018/12/23
2018/12/22
2018/12/21
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
BRADIO、「O・TE・A・GE・DA!」なシチュエーションに挑むMV公開
Mon, 15 Apr 2019 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BRADIOが4月24日にリリースするニューシングル「O・TE・A・GE・DA!」より表題曲のMVを公開した。

シングル「O・TE・A・GE・DA!」は新曲3曲とインスト曲、昨年11月に行われた『YES Release tour 2018〜ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM〜』のツアーファイナル公演であるNHKホールでのライブから代表曲7曲を収録した全13曲入り! 公開された表題曲のMVは加藤マニ氏が監督を務め、宙吊り、ドミノ、拘束などさまざまな「O・TE・A・GE・DA!」なシチュエーションにBRADIOが体を張って挑戦する姿を描いたユニークな構成に。加藤マニ氏とはYouTubeで1,200万回以上再生されている「Flyers」のMV以来のタッグとなり、“参った・降参"という意味のお手上げと、“ヤられた・カッコいい"というハンズ・アップするような意味のお手上げ、2つの意味を織り交ぜた楽曲の世界観を表現している。リリースに先駆け、各種サービスにて「O・TE・A・GE・DA!」の先行配信もスタートしており、いち早くフルで聴くことができる。

そんなニューシングルを引っさげ、5月1日からはBRADIO初の47都道府県ツアー『IVVII Funky Tour』 がスタート。9月まで約4ヶ月間で47都市49公演を走り抜ける。さらに7月26日にはBRADIO、2度目となる海外ライブ『OTAKON』への出演も決定した。今年の『OTAKON』はアメリカ・ワシントン州で7月26日から7月28日の3日間にわたって開催され、BRADIOは開催初日 7月26日(金)に出演する。

シングル「O・TE・A・GE・DA!」

2019年4月24日リリース



WPCL-13041 /¥1,800(税込)
<収録曲>
M1. O・TE・A・GE・DA! 
M2. バクテリアch. 
M3. 帰り道のBlues 
M4. Funky Kitchen (YES Release tour 2018〜ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM〜2018.11.22@NHK HALL)
M5. スキャット・ビート(YES Release tour 2018〜ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM〜2018.11.22@NHK HALL)
M6. スパイシーマドンナ(YES Release tour 2018〜ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM〜2018.11.22@NHK HALL)
M7. Flyers (YES Release tour 2018〜ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM〜2018.11.22@NHK HALL)
M8. Boom! Boom! ヘブン(YES Release tour 2018〜ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM〜2018.11.22@NHK HALL)
M9. 人生はSHOWTIME (YES Release tour 2018〜ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM〜2018.11.22@NHK HALL)
M10. Back To The Funk (YES Release tour 2018〜ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM〜2018.11.22@NHK HALL)
M11. O・TE・A・GE・DA! (Hidden AFRO ver.) 
M12. バクテリアch. (Hidden AFRO ver.) 
M13. 帰り道のBlues (Hidden AFRO ver.)


配信『O・TE・A・GE・DA!』

2019年4月24日配信



<収録曲>
M1. O・TE・A・GE・DA! ※2019/4/15 先行配信
M2. バクテリアch. 
M3. 帰り道のBlues 

配信『BRADIO LIVE BEST PART.1』

配信中



<収録曲>
M1. Funky Kitchen(YES Release tour 2018〜ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM〜2018.11.22@NHK HALL)
M2. スパイシーマドンナ(YES Release tour 2018〜ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM〜2018.11.22@NHK HALL)
M3. 人生はSHOWTIME(YES Release tour 2018〜ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM〜2018.11.22@NHK HALL)
M4. Back To The Funk(YES Release tour 2018〜ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM〜2018.11.22@NHK HALL)


配信『BRADIO LIVE BEST PART.2』

配信中



<収録曲>
M1. スキャット・ビート(YES Release tour 2018〜ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM〜2018.11.22@NHK HALL)
M2. Flyers (YES Release tour 2018〜ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM〜2018.11.22@NHK HALL)
M3. Boom! Boom! ヘブン(YES Release tour 2018〜ORE to OMAE de BOOM BOOM BOOM〜2018.11.22@NHK HALL)


【ライブ情報】


『OTAKON』
7月26日〜28日 ウォルター・E・ワシントン・コンベンションセンター(801 Mt Vernon Pl NW, Washington, DC 20001 アメリカ合衆国)
※BRADIOの出演は7月26日(金)
公式サイト:https://www.otakon.com/

『47都道府県ツアー “IVVII Funky Tour”』
5月01日(水) 千葉・千葉LOOK
w/Rei
5月09日(木) 滋賀・U-STONE
5月10日(金) 兵庫・太陽と虎
w/Sunrise In My Attache Case
5月12日(日) 広島・SECOND CRUTCH
5月14日(火) 愛媛・WstudioRED
w/フレンズ
5月15日(水) 高知・X-pt.
w/フレンズ
5月17日(金) 徳島・GRIND HOUSE
w/SCOOBIE DO
5月18日(土) 香川・MONSTER
w/SCOOBIE DO
5月24日(金) 茨城・LIGHT HOUSE
w/髭
5月30日(木) 北海道:札幌・cube garden
w/a flood of circle
5月31日(金) 北海道:帯広・MEGA STONE
w/a flood of circle
6月02日(日) 北海道:旭川・CASINO DRIVE
w/a flood of circle
6月09日(日) 岡山・CRAZY MAMA 2nd Room
6月10日(月) 山口・LIVE rise SHUNAN
w/DEAR KISS
6月13日(木) 佐賀・佐賀GEILS
w/I Don\'t Like Mondays.
6月15日(土) 長崎・DRUM Be-7
w/I Don\'t Like Mondays.
6月16日(日) 福岡・DRUM Be-1
w/I Don\'t Like Mondays.
6月19日(水) 宮崎・SR BOX
w/LAMP IN TERREN
6月20日(木) 鹿児島・SRホール
w/LAMP IN TERREN
6月22日(土) 熊本・熊本B.9 V1
w/THEイナズマ戦隊
6月23日(日) 大分・DRUM Be-0
w/THEイナズマ戦隊
6月27日(木) 愛知・CLUB QUATTRO
w/フィロソフィーのダンス
6月28日(金) 静岡・ROXY
w/マカロニえんぴつ
7月03日(水) 東京・EX THEATER ROPPONGI
w/SPECIAL OTHERS
7月05日(金) 福島・郡山CLUB #9
w/FIVE NEW OLD
7月06日(土) 宮城・長町RIPPLE
7月08日(月) 岩手・CLUB CHANGE WAVE
7月09日(火) 青森・Quarter
7月11日(木) 秋田・LIVESPOT2000
7月12日(金) 山形・酒田hope
7月14日(日) 群馬・高崎club FLEEZ
7月18日(木) 島根・松江AZTiC canova
w/マカロニえんぴつ
7月19日(金) 鳥取・米子AZTiC laughs
w/マカロニえんぴつ
7月22日(月) 福井・CHOP
7月23日(火) 石川・金沢AZ
8月01日(木) 京都・KYOTO MUSE
w/夜の本気ダンス
8月02日(金) 大阪・味園ユニバース
8月07日(水) 栃木・HEAVEN\'S ROCK UTSUNOMIYA VJ-2
w/ドラマストア
8月09日(金) 埼玉・西川口Hearts
w/感覚ピエロ
8月15日(木) 奈良・NEVERLAND
w/THREE1989
8月16日(金) 和歌山・SHELTER
w/Sunrise In My Attache Case
8月22日(木) 神奈川・F.A.D yokohama
w/TENDOUJI
8月26日(月) 三重・松坂M\'AXA
w/FIVE NEW OLD
8月27日(火) 岐阜・CLUB ROOTS
w/FIVE NEW OLD
8月30日(金) 山梨・甲府KAZOO HALL
9月06日(金) 富山・SOUL POWER
w/the band apart
9月07日(土) 長野・松本ALECX
w/the band apart
9月16日(月) 沖縄・桜坂セントラル
w/きいやま商店
9月26日(木) 新潟・LOTS



【関連リンク】
BRADIO、「O・TE・A・GE・DA!」なシチュエーションに挑むMV公開
BRADIOまとめ
SUPER JUNKY MONKEY、ライヴDVD&ベストアルバムのリリースを発表

【関連アーティスト】
BRADIO
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

SUPER JUNKY MONKEY、ライヴDVD&ベストアルバムのリリースを発表
Mon, 15 Apr 2019 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

90年代日本のオルタナティヴ/ハードコアシーンを席捲し、「ビルボード」誌の表紙を飾るなど、その名を世界に轟かせたSUPER JUNKY MONKEY。カリスマ・ボーカリストだったMUTSUMI623の没後20年となる今年、5年ぶりのライブとしてファンを熱狂の渦に巻き込んだ2015年の恵比寿LIQUIDROOM公演のライブDVD『SUPER JUNKY MONKEY Christmas Live 2015 at LIQUIDROOM』のリリースが発表された。さらにライブ会場とバンド通販のみで限定発売されていた、3枚組44曲入りベストアルバム『SUPER JUNKY MONKEY is the BEST』も新装仕様で全国流通することも発表となった。

DVDとベストアルバムは、すでに発表されている6月22日(土)と6月23日(日)の2DAYSライブに先駆け、6月19日に発売。DVDはライブ全曲を収録した迫力の本編映像に加え、ボーナス映像として4台のカメラ映像が楽しめる4分割映像を数曲収録し、ライブの熱狂をあますところなく味わえる一枚となっている。

ベストアルバムは未発表テイク4曲を含む、3枚組44曲という豪華盤! 1993年にライブ収録された『キャベツ』(製造終了)をはじめ、2001年に発表された『E-KISS-O』までのアルバム全6タイトルからメンバー自身が思い入れのある楽曲を選出している。

ジャケットイラストはどちらも「ソラミミスト」として有名な安斎肇氏による描き下ろし。個性あふれる安斎氏の世界が広がり、目を引くデザインとなっている。さらにタワーレコード限定でTシャツ付きのDVD、ベストアルバムのセット発売も発表されている。それぞれ色違いのTシャツセットとなっている。

DVD 『SUPER JUNKY MONKEY Christmas Live 2015 at LIQUIDROOM』

2019年6月19日発売



KRSE11/¥3,500+税
<収録曲>
01. Love & Peace Hardcore
02. IF
03. The Words
04. Revenge
05. ばかばっか
06. Shower
07. R.P.G.
08. We\'re the Mother
09. Towering Man 〜 A.B.C.
10. Buckin\' the Bolts
11. あいえとう
12. スーパージャンキーモンキーのテーマ
+ボーナス映像として同時に4台のカメラ映像が楽しめる4分割映像を数曲収録

アルバム『SUPER JUNKY MONKEY is the BEST』

2019年6月19日発売



KRSE12/¥3,500+税
<収録曲>
■disc S
01. E・KISS・O
02. Time Is Culture
03. ばかばっか (alternative version) *
04. やってまえ / yattemae
05. Find Yourself
06. Where\'re the Good Times (alternative version) *
07. Telepathy
08. Fuck That Noise
09. 富士噴火寸前 / fuji-funka-sunzen
10. A.B.C.
11. Faster
12. We\'re the Mother (alternative version) *
13. LOVE&PEACE HARD CORE
14. The True Parasites
15. Blah,Blah,Blah, (alternative version) *
16. Burn System\'s Flag
17. Buckin\' the Bolts
18. Towering Man
*previously unreleased
■disc J
01. SUPER JUNKY MONKEYのテーマ
02. R.P.G
03. BLAH, BLAH, BLAH,
04. 何 / nani
05. 誤解 / gokai
06. ばかばっか / bakabatka
07. あいえとう / A・I・E・T・O・H
08. SKYSURFER STRIKE FORCE
09. TELL ME YOUR ALL
10. START WITH MAKIN\' A FIRE
11. 珠華(使用後)/ tamage
12. I CALL MYSELF "SLICED ICE"
13. 記憶の捏造 / SPIT BUG
14. WHERE\'RE THE GOOD TIMES
15. DECIDE
16. POPOBAR
■disc M
01. PARASITIC PEOPLE / 地球寄生人
02. THE WORDS
03. ざくろの骨 / zakuro-no-hone
04. I GOT THE THIRD
05. SEVEN
06. 原始の再来 / genshi-no-sairai
07. SHOWER
08. IF
09. WE\'RE THE MOTHER
10. LOVE&PEACE HARD CORE (live)



【関連リンク】
SUPER JUNKY MONKEY、ライヴDVD&ベストアルバムのリリースを発表
SUPER JUNKY MONKEYまとめ
NAMBA69表紙で『メロディック・パンク・ジャパン』第3号が4月26日に発売

【関連アーティスト】
SUPER JUNKY MONKEY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ハードコア, オルタナティブ

NAMBA69表紙で『メロディック・パンク・ジャパン』第3号が4月26日に発売
Mon, 15 Apr 2019 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

国内唯一のパンク専門誌『Bollocks』のスピンオフとして、メロディック・パンクの今を凝縮した『メロディック・パンク・ジャパン』の第3号が4月26日に発売される。

表紙を飾るのは、5月15日に新作『CHANGES』のリリースを控えているNAMBA69。28ページにおよぶ巻頭特集として、これまでのバンド・ヒストリーを振り返りながら、バンド内に起こった意識革命や新作についてのインタビューだけでなく、フロントマンNAMBAのパーソナルを探るソロ・インタビュー、ko-heyとK5とSAMBUのバンドへの想いを探るインタビューも実施。

そして、第2特集として、結成20年目にしてさらなる高みを予感させるdustboxも25ページ+バックカバーで登場。バンドの今と各方面から最高傑作との呼び声高い新作『The Awakening』に迫るインタビューとSUGA・JOJI・YU-KIのソロ・インタビューも掲載! その他にも、EGG BRAIN、HEY-SMITH、DRADNATS、FOUR GET ME A NOTS、POT、KUZIRAといったメロディック・パンク・シーンおいて欠かせないバンドのインタビューが満載だ。

さらに、結成20周年を迎えたHOTSQUALLと結成20周年を迎えるTOTALFATによる盟友同士、第2号でも好評を博したメロディック・ガールズ・トークの第2弾として圧倒的なソングライティングで高い評価を受けるSpecialThanksのMIsaki、渋谷CLUB QUATTROでのワンマン公演も大成功させたガールズ・バンドsuga/esのヴォーカルであり、インフルエンサーとしても注目される佐藤ノアによる対談も掲載。

また、今年6年目を迎えたパンク・ロック/ラウド・ロック/ハードコアの祭典SATANIC CARNIVALについて、同イベントのプロデューサーであるI.S.O氏に手応えと今後の展開を訊く特集、シーンに造詣が深い音楽ライターによるシーン・ガイドやバンド自身に印象深いライヴを挙げてもらうアンケート企画も実際するなど、1冊丸ごとメロディック・パンクを語りつくした盛り沢山の内容となっている。

『メロディック・パンク・ジャパン 03』

2019年4月26日 発売



B5判/ 144 ページ( うちカラー32 ページ) /¥1,300+税
<CONTENTS>
■NAMBA69 [ 表紙+28P 大特集]
訪れた大いなる意識革命と今
バンド・インタビュー:ネクストレベルに到達したNAMBA69 が今、覚醒する!
NAMBA ソロ・インタビュー/ ko-hey、K5、SAMBU インタビュー
■dustbox [ バックカバー+25P でフィーチャー]
期待しかない! 結成20 周年を迎えてなお、dustbox がさらなる高みを予感させる理由
SUGA / JOJI / YU-KI 各ソロ・インタビュー
バンド・インタビュー:最高傑作を更新したdustbox が語る20 年目の覚醒と解放
■バンド・インタビュー [ シーン最前線からの声]
EGG BRAIN / HEY-SMITH / DRADNATS / FOUR GET ME A NOTS / POT / KUZIRA
■特集企画
・『語れ!熱いなら。盟友同士が語り合う これまでとこれから』
HOTSQUALL × TOTALFAT
・『メロディック・ガールズ・トーク 〜華やかな女子バンドマンが抱く理想のバンドの在り方』
Misaki(SpecialThanks)× 佐藤ノア(suga/es)
・『6 Angles of Melodic Punk』
長年、メロディック・パンクを聴いてきたライターがシーンを切り取る
・『SATANIC CARNIVAL 特集』
プロデューサーI.S.O 氏に聞く、6 年目を迎えた手応えと今後の展望
・『 アンケート企画』
Our Most Memorable Live Show /これまででいちばん心に残っているライヴを教えてください
OVER ARM THROW / UNLIMITS / ENTH / LONGMAN / Mrs.WiENER



【関連リンク】
NAMBA69表紙で『メロディック・パンク・ジャパン』第3号が4月26日に発売
NAMBA69まとめ
dustboxまとめ
EGG BRAINまとめ
HEY-SMITHまとめ

【関連アーティスト】
NAMBA69, dustbox, EGG BRAIN, HEY-SMITH, DRADNATS, FOUR GET ME A NOTS, POT, KUZIRA
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, パンク

LUNA SEA、ニューシングルのジャケ写には安彦良和氏による書き下ろしイラストも!
Mon, 15 Apr 2019 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LUNA SEAが5月29日(水)にリリースする約3年振りのダブルAサイド・ニューシングル「宇宙の詩 〜Higher and Higher〜 / 悲壮美」のジャケットビジュアルを公開した。

本作は4月29日より毎週月曜 午前0:35〜(日曜深夜24:35〜)NHK総合テレビでスタートする『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』の第1弾および第2弾のオープニングテーマとしても放送される。初回限定盤Aには、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』の生みの親であり、オリジナルガンダムのキャラクターデザインを手掛けている安彦良和氏が、本作品のためだけに描き下ろした“機動戦士ガンダム THE ORIGIN"イラストデザインを採用。ガンダムファンにとっても大変貴重な激レアジャケットとなった。

初回限定盤Bは、安彦良和氏が初めてアーティスト人物像の描き下ろしを手掛けたという “LUNA SEA“イラストデザインとなっており、ファンは勿論のことアニメーション界でもひと際注目される作品に仕上がっている。

また、このジャケット公開に合わせて未発表であったダブルAサイドシングルもう1曲のタイトルが「悲壮美」であることも明らかに! 通常盤にはメンバーの写真がジャケットに使用されるなど、まさに結成30周年を飾るにふさわしいアイテムとなった。

さらに上記アイテムに加えて、UNIVERSAL MUSIC STORE限定で販売される豪華限定盤の発売も決定! 限定盤Aは、 “機動戦士ガンダム THE ORIGIN"イラストジャケットのLPサイズ仕様に加え、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 前夜 赤い彗星』の映像で構成された「宇宙の詩 〜Higher and Higher〜」MUSIC VIDEO(DVD)を付属。そして同イラストを施したオリジナルTシャツも同梱された豪華盤だ。なお、限定盤Bには、“LUNA SEA"イラストジャケットのLPサイズ仕様に加え、同イラストを施したオリジナルTシャツが同胞されている。

LUNA SEAの30周年とガンダム40周年が色濃くコラボした記念すべき本作を、ぜひ存分に楽しんでほしい。

■【SUGIZO コメント】

「今回、安彦先生にジャケットイラストを手掛けていただき、心から感謝しています。
アムロ、シャア、セイラ、ララァと共に我々LUNA SEAまでも、敬愛する先生の手でイラスト化していただけるなんて…。
子供の頃からの長年のファンとしてはただただ光栄の一言に尽きます。
その栄誉に負けないほどの強力な音をこれからも生み出していかなければ、と意を決する所存です」

シングル「宇宙の詩 〜Higher and Higher〜 / 悲壮美」

2019年5月29日(水)発売



【初回限定盤A】
UPCH-7493/¥1,389+税
※安彦良和“機動戦士ガンダム THE ORIGIN"イラストジャケット仕様

<収録曲>
■CD ※全形態共通
1. 宇宙の詩 〜Higher and Higher〜 (そらのうた)
2. 悲壮美 (ひそうび)

【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤A】
D2CJ-6282/¥7,000+税
CD:安彦良和“機動戦士ガンダム THE ORIGIN"イラストジャケットLPサイズ仕様
DVD:「宇宙の詩 〜Higher and Higher〜」Music Video"機動戦士ガンダム THE ORIGIN“Ver.
Tシャツ:安彦良和“機動戦士ガンダム THE ORIGIN"イラスト絵柄※フリーサイズ

◎詳細ページ
https://store.universal-music.co.jp/product/d2cj6282/



【初回限定盤B】
UPCH-7494/¥1,389+税
※安彦良和“LUNA SEA"イラストジャケット仕様

【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤B】
D2CJ-6283/¥6,000+税
CD:安彦良和“LUNA SEA"イラストジャケットLPサイズ仕様
Tシャツ:安彦良和“LUNA SEA"イラスト絵柄 ※フリーサイズ
(着丈:72cm / 身幅:52cm / 肩幅:45cm / 袖丈:20cm)
予約期間:4月15日(月)18:00〜 ※予定数に達し次第終了

◎詳細ページ
https://store.universal-music.co.jp/product/d2cj6283/



【通常盤】
UPCH-5961/¥1,389+税

【ライブ情報】

■『LUNA SEA The 30th Anniversary Special Live 日本武道館 2days』
5月31日(金) 東京・日本武道館
OPEN 17:30 / START18:30
6月01日(土) 東京・日本武道館
OPEN 16:00 / START17:00
<チケット>
全席指定 ¥9,800(税込)
2階後方立見 ¥9,800(税込・整理番号付)
※3歳以上有料
※座席はステージ横、後方を含みます。
一般発売日:2019年4月20日(土)〜

■『LUNA SEA The 30th Anniversary FREE LIVE -DEAR SLAVES-』
5月29日(水) 東京・Zepp Tokyo ※SLAVE会員限定無料LIVE
◎現在SLAVE OFFICIAL WEBにて申込受付中! https://www.lunasea-slave.jp



【関連リンク】
LUNA SEA、ニューシングルのジャケ写には安彦良和氏による書き下ろしイラストも!
LUNA SEAまとめ
亜無亜危異、ツーマンライブでGAUZEと初共演

【関連アーティスト】
LUNA SEA
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, コラボレーション, コラボ, シングル, リリース

亜無亜危異、ツーマンライブでGAUZEと初共演
Mon, 15 Apr 2019 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

亜無亜危異のツーマンイベント『SHOWDOWN』が、新宿ANTIKNOCKとの共催企画『亜無亜危異&ANTIKNOCK presents SHOWDOWN 2019』として、同会場で6月16日(日)に開催される。そのゲストにGAUZEを迎えることが決定した。

日本のパンク/ハードコアの礎を築いた両者の初共演は、歴史的な一夜となること必至! 前売チケットは5月12日(日)15時より、新宿ANTIKNOCK店頭のみで販売されるので、お見逃しなく。

■『亜無亜危異&ANTIKNOCK presents SHOWDOWN 2019』

6月16日(日) 東京・新宿ANTIKNOCK
出演:亜無亜危異、GAUZE

<チケット>
前売券¥1700(ドリンク代別途¥600)
前売券発売:5月12日(日)15:00
前売券取り扱い:ANTIKNOCK店頭販売

■新宿ANTIKNOCK オフィシャルHP
https://www.antiknock.net/



【関連リンク】
亜無亜危異、ツーマンライブでGAUZEと初共演
亜無亜危異まとめ
GAUZEまとめ
桜という言葉が歌詞にある“桜”縛りの洋楽5曲

【関連アーティスト】
亜無亜危異, GAUZE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ハードコア, パンク

桜という言葉が歌詞にある“桜”縛りの洋楽5曲
Mon, 15 Apr 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

東京の桜の状態はすでに葉桜となりつつありますが、これからお花見シーズンが始まる東北・北海道方面では桜の開花を心待ちにしている人たちが多いことでしょう。さて、『桜』とは日本の代名詞であり、日本を象徴する存在でもありますよね。日本では古代から歌に詠まれてきた桜ですが、海外でも歌詞に綴られた楽曲が結構あるんです! そこで今回は歌詞に注目して選んだ「『桜』が歌詞にある“桜”縛りの洋楽5曲」をご紹介します。

■「Cedarwood Road」(’14)/U2

この楽曲タイトルの「セダーウッド・ロード」とは、U2のフロントマンであるボノが幼少期に過ごした家の住所を指している。海外では道路の名前を住所にすることが多く、ボノの故郷アイルランドに実在する道なのでリリース当時は新聞アイリッシュ・タイムズでもそのことについて取り上げられたりもした作品。気になる桜は《And that cherry blossom tree Was a gateway to the sun》(意訳/そしてあの桜の木は太陽への入り口だった)と冒頭ブロックに登場。全体としては、恐れを感じながらも真の友情を必死に探し求めていた若き日々の胸の内の葛藤が綴られていて、ボノの実体験と捉えることもできる。ここでの桜は恐れを抜け出して見つけた希望(=太陽)への扉として描かれている。

■「Being Beige」(’14) /The Smashing Pumpkins

スマパンワールドでは桜がどのように登場しているかというと、冒頭ブロックで《Cherry blossom, this is goodbye》(意訳/桜、これでサヨウナラ)と別れの場面で唐突に登場している。当初はこの楽曲歌詞で多用されている《World\'s On Fire》というフレーズがタイトル表記だったものが、後に現在のものに変更されたようだ。リリース当時、雑誌のインタビューでバンドのリーダーであるビリー・コーガンは「人はみんな楽曲について説明を求めてくるけれど、正直言ってそれはできない。でも、もしこの歌詞が誠実であるとするなら、それはきっと我々の宇宙の中に不都合な何かがあるということだろう。それでも愛さなければならないんだ」と語っている。スマパンらしいとしか言えない一曲。

■「Centuries」(’15)/Fall Out Boy

お次はフォール・アウト・ボーイの「Centuries」は、再始動後のアルバム2作目『American Beauty/American Psycho』に収録されたリードシングル。何世紀にも渡って自分の名を歴史に残したい、みんなに自分の名を知ってほしいという野望を持つ男の物語の中で、桜は次のように歌われている。《And you\'re a cherry blossom You\'re about to bloom You look so pretty, but you\'re gone so soon》(意訳/君は桜だ/今、咲き誇ろうとしている/見た目も可憐だ/けれど、君はすぐに散ってしまうんだ)。日本人ならずとも桜の花の美しさと、その命の短さとを上手くのせたリリックは読み応えがある。MVでは古代コロッセオを思わせる円形闘技場でメンバーによる男の戦いが描かれているのでそちらも見てほしい。

■「Nobody Loved You」(’98) /Manic Street Preachers

日本でのみシングルカットされた楽曲で、本国ではトリプルプラチナ・アルバム『This Is My Truth Tell Me Yours』に収録されている。なぜ日本オンリーだったかと言えば、きっと“桜(cherry blossom)”が4回も登場するからだろう。当時はCMにも起用されていたが、あれからもう20回以上も桜のシーズンを経たのかと思うと時の流れのはやさにクラクラしてしまう。先にも書いたがこの楽曲で桜は何度も出てくるので意訳はしないが、桜の儚さを引き合いにした深い愛が描かれている。95年に失踪したマニックスのメンバーのリッチー・エドワーズに向けたメッセージとも言われているので、ぜひじっくりと耳を傾けてほしい。

■「Poor Butterfly」(’95) /Tony Bennett

今回紹介するのは、比較的新しいバージョンの「プア・バタフライ」。こちらは24年前にリリースされたトニーベネットによるもので、この曲を収録した彼のアルバム『Here\'s to the Ladies』は1997年のグラミーで最優秀トラディショナル・ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス賞を受賞した。オリジナルは遡ること100年以上前の1917年、ジョンゴードンによる作詞で、プッチーニのオペラ『マダム・バタフライ』からインスパイアされたもの。冒頭では《There\'s a story told of a little Japanese Sitting demurely \'neath the cherry blossom trees Miss Butterfly her name, a sweet little innocent child was she》(意訳/桜の木の下に控え目に座っている小さな日本人の物語がある。彼女の名前は蝶々夫人、小さくてかわいらしい無垢な子どもだ)と描かれている。

TEXT:早乙女ゆうこ

早乙女ゆうこ プロフィール:栃木県佐野市出身。音楽を軸に、コンサート制作アシスタント通訳、音楽プロモーション、海外情報リサーチ、翻訳、TV番組進行台本や音楽情報ウェブサイト等でコラムや記事を執筆するなどの業務を担うパラレルワーカー。



【関連リンク】
桜という言葉が歌詞にある“桜”縛りの洋楽5曲
U2まとめ
The Smashing Pumpkinsまとめ
FALL OUT BOYまとめ
Manic Street Preachersまとめ

【関連アーティスト】
U2, The Smashing Pumpkins, FALL OUT BOY, Manic Street Preachers, Tony Bennett
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!, アルバム

POLYSICS・The Vocoders、2カ月連続の新曲リリースを発表
Mon, 15 Apr 2019 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2019年は同じメンバーで構成されるカフェテクノグループ・The Vocodersと両軸で活動しているPOLYSICS。4月3日に1年半ぶりの新曲を配信リリースしたばかりの彼らが、5月も新曲をリリースすることが分かった。

4月14日に行なわれた、UNISON SQUARE GARDEN・ズーカラデルとの競演となった大阪のライブハウス・心斎橋BIG CATの20周年を祝したイベント『ACCIDENT CODE “R"』。“オープン1年目でワンマンライブを行なったのもBIG CAT。新メンバー(ナカムラリョウ/ Gu&Vo&Syn)が加入してから、初めて大阪でライブしたのもBIG CAT…”とハヤシのMC(Gu&Vo&Syn&Program)にあったように、BIG CATと所縁の深いPOLYSICSが、圧巻のパフォーマンスで20周年を祝った。

またこの日、4月にリリースしたばかりの新曲を大阪で初めて披露するだけでなく、なんと突然“5月10日に、POLYSICS・The Vocoders新曲だしまーす!”のMCと共に、最新曲「Twist and Turn!」を披露。思わぬプレゼントに、まだ音源化されていない楽曲にも関わらず、観客は大盛り上がりとなった。

今春から同メンバーによる別バンド・The Vocodersとの両軸でリリース・ライブを繰り広げるPOLYSICSだが、4月に続き5月のリリースも2バンド同時でのリリースになるとのこと。“1年半待たせた後、新曲を2バンド同時に2カ月連続でリリース!”という圧倒的なギアチェンジっぷりには、ファンからの嬉しい悲鳴が聞こえてきそうだ。

5月にはThe Vocoders、6月にはPOLYSICS、それぞれのワンマンライブツアーも控えており、一気に加速するこの2バンドの動向に引き続き注目だ。

配信楽曲「Twist and Turn!」/POLYSICS

2019年5月10日発売

配信楽曲「Repeat Repeat Repeat」/The Vocoders

2019年5月10日発売

【ライブ情報】

■The Vocoders a.k.a. POLYSICS
『世界唯一のカフェテクノグループ! The Vocoders参上!!』
4月18日(木) 静岡・LIVEHOUSE UHU
4月20日(土) 栃木・宇都宮 マツガミネコーヒービルヂング
5月11日(土) 宮城・仙台 カフェモーツァルト
5月17日(金) 東京・原宿 ストロボカフェ

■POLYSICS
『POLYSICS TOUR 2019 〜怒涛の新曲乱れ打ち!!〜』
6月15日(土) 愛知・名古屋 3STAR IMAIKE
6月16日(日) 大阪・Banana Hall
6月21日(金) 東京・下北沢GARDEN



【関連リンク】
POLYSICS・The Vocoders、2カ月連続の新曲リリースを発表
POLYSICSまとめ
The Vocodersまとめ
ユナイト、ファンに感謝を伝えた結成8周年ワンマンのレポートが到着

【関連アーティスト】
POLYSICS, The Vocoders
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 新曲, ライブ, 音楽配信

ユナイト、ファンに感謝を伝えた結成8周年ワンマンのレポートが到着
Mon, 15 Apr 2019 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ユナイトが、2019年3月30日(土)に東京・日テレらんらんホールにて結成8周年を記念するワンマン<UNiTE. 8th Anniversary oneman live [-U&U’s oneworld-]>を開催した。バンドの周年をU’s(ユナイトのファンの呼称)たちと祝うことが、毎年の恒例行事となっている彼ら。今年のアニバーサリーも、彼らとファンのキラキラを思いっ切り詰め込んだ一夜となった。

SEが流れ、ステージに莎奈(Dr)、ハク(B)、LiN(G)、椎名未緒(G)、結(Vo)が登場。U’sたちは大きな歓声でメンバーを迎え入れる。“8周年、始めるよ!”という結の呼びかけと共に、始まった「ビリブオアノ」で、この日のライヴは幕を開けた。遊園地をテーマにした曲とあって、この場所にピッタリだ。U’sたちがまとっている、色とりどりのリングやブレスレットから放たれる光が、鮮やかにフロアに広がっていく。間奏にてステージ上手と下手に設けられたお立ち台の上に立ち、それぞれのプレイを披露する椎名未緒とLiN。フロアにタオルが舞った「無限ピクセル」、彼らの1stシングルである「U-smeh-」を立て続けにくり出していく。

メンバーを呼ぶ声がやまない中、“もっと(声を)聞きたいな! 聞かせてくれる?”と結。“8周年、お祝いする準備はできてますか?”と次の曲へ。「ナユタの秘密」では、椎名未緒がソロを響かせ、LiNとハクが向かい合うようにして音を奏でる。結が振り付けを先導した「ユキノシタ」、中華系の旋律×EDMサウンドが心地よいダンスチューン「隕石系スタジオパンダ」で、オーディエンスの熱量も高まっていく。

このホールが、よみうりランドという遊園地にあることに触れ、“たくさんのアトラクションのように、いろんな僕らを見せたいと思います”という結の言葉から、シックなシティポップ調の「good night」や、結の切ないファルセットが鮮やかに広がった「栞」で、ユナイトの持つメロウな側面を堪能。疾走感あふれるイントロから始まる「Kud’」で、フロアは再び熱を帯びていった。

そして、楽器隊がステージから去り、ひとりになった結。この日が初披露というピアノアレンジの「イオ」を力強く歌い上げると、オーディエンスからの惜しみない拍手が響き渡る。それに入れ替わる形で、楽器隊によるインストゥルメンタルナンバー「ユニコーン」が奏でられる。ドラマティックなイントロから、莎奈のドラミング、ハクがスラップを披露。そして椎名未緒が鋭いサウンドを、LiNが空間に響くようなギターを奏で上げていく。それぞれの音と音がぶつかり合い、高め合っていくような時間だった。なお、こちらの曲も、本日初披露。結いわく“みんなの反響によっては、音源化も夢じゃない”とのこと。今後が楽しみだ。

そして結が再びステージに登場し、ロックチューン「silence dreamer」や、目まぐるしい歌詞とサウンドで翻弄する「Romantic☆Trampoline」ではオーディエンスがジャンプしてフロアを揺らし、「ubique」では映像に合わせて椎名未緒のギターソロが始まるような演出など、さまざまな趣向をこらして観る者を飽きさせない。

ライヴは後半戦を迎えるも、“まだまだ遊び足りない”という結。“U&U’s”や“(メンバー名)カッコいい!”、“日テレ! らんらんホール!”といったコール&レスポンスで景気づけると、グルーヴィな「離見」へ。さらに「FCW」や「失望エミュレイター」といった激しいナンバーを投下すると、オーディエンスは拳を挙げたりヘッドバンギングで応えていく。結によるお馴染みの挨拶“イタダキマス”から、ユナイト随一のハードナンバー「ice」が始まると、バンドとオーディエンスもさらに盛り上がり、この曲のアウトロでは自分の吹いた水により、勢いあまってLiNが転倒するというハプニングも。

“時間が早く感じる”と結。同意するオーディエンスたちに“もっと声が出せるよね? ラストスパート!”と煽り、これぞユナイト!的な正統派ナンバー「ジュピタ」から、ファンキーな「-ハロミュジック-」まで、アグレッシヴなナンバーを投下。

そして、“8年間支えてくれてありがとう! 今まで一緒に作った思い出は、ずっと心の中で消えないから! これからも思い出を重ねて、ずっと僕らと歩いていこう!”と語りかける結。そして銀テープの降り注ぐ中、“終わらないバンド”という彼らのスタンスをこれ以上ない形で表現した「starting over」を届け、記念写真を撮影。チャイムと共にステージが暗転すると、スクリーンから告知映像がスタート。ニューシングルのリリース、そして夏の<みんなのおと>と、秋の<アンコール>、2本のワンマンツアーの開催が発表されると、オーディエンスからは、割れんばかりの歓声が巻き起こった。

“文字通り“みんなの音”でライヴが完成するツアーにしたい“という莎奈、そして夏と秋、年に2回ワンマンツアーをするのは久しぶりだという椎名未緒。“基本的にアンコールに応えないのがユナイトだけど、みんなの声に応えたい気持ちはずっとあったから、じゃあワンマンツアーをまるごとアンコールにしちゃえ”というアイディアから実現したのだという。

“8周年を迎えることができたのは、僕たちを信じて、応援してくれた君たちがいるから。本当にありがとう。9年目最初の曲を君たちに届けます。一緒に歌おう”と、結。オーディエンスの優しいシンガロングが響き渡った「ホワイトスイマ→」で、ユナイトは新たな未来へのスタートを切った。鳴り止まない拍手の中、渾身の力で感謝の言葉を叫び、“願わくば、9年、10年、20年後も、みんなと笑っていられることを願います”と、結が頭を下げ、メンバーそれぞれが満足げな表情を浮かべ、ステージを後にした。

撮影:MASANORI FUJIKAWA/取材:藤谷千明

【ライブ情報】
■『ユナイト 2019 SUMMER ONEMAN TOUR「みんなのおと」』
7月14日(日) 愛知・名古屋ell.FITS ALL
7月15日(月・祝) 石川・金沢AZ
7月18日(木) 埼玉・HEAVEN’S ROCK さいたま新都心VJ-3
7月19日(金) 茨城・水戸LIGHT HOUSE
7月26日(金) 宮城・仙台MACANA
7月28日(日) 岩手・盛岡 the five morioka
7月31日(水) 北海道・札幌COLONY
8月01日(木) 北海道・札幌COLONY
8月04日(日) 新潟・GOLDEN PIGS BLACK STAGE
8月05日(月) 群馬・高崎club FLEEZ
8月09日(金) 兵庫・神戸VARIT.
8月11日(日) 広島・SECOND CRUTCH
8月13日(火) 福岡・DRUM SON
8月14日(水) 福岡・DRUM SON
8月16日(金) 大阪・OSAKA MUSE
8月23日(金) 東京・渋谷WWWX

<チケット>
前売¥4,300(税込・スタンディング・ドリンク代別途)
※未就学児童入場不可※営利目的の転売禁止・転売チケットの入場不可
一般発売日:6月01日(土)10:00

■『ユナイト2019 AUTUMN ONEMAN TOUR 「アンコール」』
10月05日(土) 東京・高田馬場AREA
10月11日(金) 愛知。名古屋ell.FITS ALL
10月13日(日) 広島・SECOND CRUTCH
10月16日(水) 福岡・DRUM SON
10月20日(日) 大阪・ESAKA MUSE
10月25日(金) 宮城・仙台MACANA
10月28日(月) 北海道・札幌COLONY
11月04日(月・祝) 東京・渋谷ストリームホール

<チケット>
前売¥4,300(税込・スタンディング・ドリンク代別途)
※未就学児童入場不可※営利目的の転売禁止・転売チケットの入場不可
一般発売日:9月01日(日)10:00〜

<抽選1次先行受付> 
・mobile FC [elite U\'s]
6月08日(土)0:00〜6月17日(月)16:00
・ユナイトofficial web site
6月08日(土)0:00〜6月17日(月)16:00

■インストアイベント
6月29日(土) 東京・渋谷ZEALLINK ※2部制
6月30日(日) 東京・自主盤倶楽部 / littleHEARTS.新宿店
7月06日(土) 東京・Brand X ※2部制
7月13日(土) 愛知・fiveStars 
7月27日(土) 宮城・littleHEARTS.仙台店
7月30日(火) 北海道・音楽処
8月02日(金) 北海道・音楽処 
8月08日(木) 大阪・littleHEARTS.大阪店
8月10日(土) 広島・マジカルスクエア
8月14日(水) 福岡・SKULL ROSE福岡店
8月17日(土) 大阪・ZEALLINK ※2部制

◎ユナイト オフィシャルHP
http://www.unite-jp.com/



【関連リンク】
ユナイト、ファンに感謝を伝えた結成8周年ワンマンのレポートが到着
ユナイトまとめ
天月-あまつき-、スペシャルイベントにて大阪城ホール単独ライブ開催を発表

【関連アーティスト】
ユナイト
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, ワンマン, チケット, ライブレポ

天月-あまつき-、スペシャルイベントにて大阪城ホール単独ライブ開催を発表
Mon, 15 Apr 2019 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

天月-あまつき-の1月に発売されたシングル「恋人募集中(仮)」と昨年8月に行われた日本武道館公演の模様を映像化したDVD&Blu-rayの全国W購入者応募抽選招待イベントが、4月4日に東京・Zepp Tokyo、4月14日に大阪・Zepp OsakaBaysideで開催され、7月31日に大阪城ホールにて単独公演を開催することが発表された。

学校の教室をイメージしたステージに「恋人募集中(仮)」でお馴染みとなった制服姿で登場した天月。冒頭からお楽しみ企画としてミニコントで会場の笑いを誘い、和やかな空気が漂う。コントが終わった瞬間に会場内が暗転し、一気にライブモードへ。アンコール含め11曲を披露した。

アンコールでは突如、ステージのスクリーンに現れた告知映像にて「2019年7月31日、大阪城ホール単独公演開催決定!!」を発表。また、6月26日発売のニューシングル「スターライトキセキ/Ark」に収録される新曲「Ark」を大阪で初披露した。同曲はNETFLIXにて、今年6月に全世界独占配信されるアニメ『7SEEDS』OPテーマに決定している。

シングル「恋人募集中(仮)」

発売中



【初回限定盤A】(CD)
UICZ-9106/¥1,667+税
※特製トレーディングカード(Type-A)
※特典映像ダウンロードパスコード(ダウンロード期限:2019年12月31日(火)23:59まで)
・「恋人募集中(仮)」Music Video+メイキング映像
・「ほしのこもりうた」Music Video
<収録曲>
1. 恋人募集中(仮)
2. STARTRAiN(TBS系テレビアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』エンディングテーマ<2019年1月より>)
3. 恋に溺れて
4. ほしのこもりうた



【初回限定盤B】(CD)
UICZ-9107/¥1,667+税
※特製トレーディングカード(Type-B)
※特典映像ダウンロードパスコード(ダウンロード期限:2019年12月31日(火)23:59まで)
・『Loveletter from Moon〜Winter Tour 2018-2019〜』ライブダイジェスト映像3曲+楽屋の裏側映像
・お楽しみ映像「YouTube Official Channel登録者数100万人突破ありがとう企画(ディレクターズカット版)」
<収録曲>
1. 恋人募集中(仮)
2. STARTRAiN
3. 恋に溺れて
4. StarMan!!!



【通常盤】(CD)
UICZ-5101/¥1,111+税
<収録曲>
1. 恋人募集中(仮)
2. STARTRAiN
3. 恋に溺れて



【関連リンク】
天月-あまつき-、スペシャルイベントにて大阪城ホール単独ライブ開催を発表
天月-あまつき-まとめ
家入レオ、新曲「Prime Numbers」が主題歌のドラマ『緊急取調室』撮影現場を訪問

【関連アーティスト】
天月-あまつき-
【ジャンル】
J-POP, ニュース

家入レオ、新曲「Prime Numbers」が主題歌のドラマ『緊急取調室』撮影現場を訪問
Mon, 15 Apr 2019 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月11日より放送がスタートしたドラマ『緊急取調室』の主題歌となる、新曲「Prime Numbers」を収録したアルバム『DUO』を4月17日にリリースする家入レオ。そんな家入が同ドラマの撮影現場を表敬訪問した。ドラマの撮影現場では主演の天海祐希はじめ、田中哲司、速水もこみち、鈴木浩介、大倉孝二、塚地武雅、でんでん、小日向文世というキントリメンバーに、ドラマタイトルにちなんだ“金鳥(キントリ)ドーナツ"を差し入れ。ドラマではお馴染みの“うぇ〜いポーズ”で写真撮影を行った。

キントリメンバーが集合した取調室のセットを訪れた家入はキントリメンバーからの温かい拍手で迎えられ、差し入れのために持ってきた金鳥(キントリ)ドーナツを囲んで写真撮影。その後、主演の天海祐希に家入から「今までのキントリも拝見していて、どうしてもあのポーズを一緒にやらせて頂きたいんです!」と、同ドラマでお馴染みとなっている“うぇーいポーズ”をおねだりすると、天海は「そうか! やりたいのか!よし、やろう!」と快諾。家入を中央に迎え入れ、キントリメンバー全員が手を伸ばし、憧れのポーズで写真撮影。家入は「これでキントリメンバーに入れた気がします!!ありがとうございました!」と話した。

その後も、天海祐希が「レオちゃんが17歳の時にドラマ「カエルの王女さま」の主題歌として「Shine」を作ってくれて、まだちょっと少年っぽさの残る感じで、今よりももっと射るような目をしていた気がします。あの時は、大人のショービジネスの世界にばんっと入って来て、ここでいいのか、『ひたすら頑張ります!!』みたいな。あの時はいっぱいいっぱいだったもんね! 10代だったもんね!すっごい緊張の毎日だったんだよね、きっと」など、17歳当時の家入の様子を振り返る。そして、「今は意志の強さは変わらないですけど、追求するべきものがちゃんと見えてきたんじゃないのかな。余裕が出てきたというか、自分のやりたいこと・やるべきことがハッキリしてきているような顔をしているから、立派な美しい大人の女性になられたなと思います」と今の印象を明かした。

家入も「当時は本当に何も知らない中、東京に出てきたばっかりで、そんな時に本当にこんなにまっすぐ人に接してくれる方がいるんだなって。しかも大先輩でいらっしゃるのに、その姿勢にとても感銘を受けました。今日は本当にお会いできて良かったです!」と笑顔で話した。

そんな終始和やかなムードで行われた今回の表敬訪問。気になるドラマ第2話は4月18日(木)よる9時から放送。家入の主題歌とともに是非チェックしてほしい。

アルバム『DUO』リリース後は、アルバムの発売を記念したスペシャルフリーイベントの開催が決定。発売当日となる17日(水)はゲートシティ大崎、20日(土)は大阪・あべのキューズモール、21日(日)は福岡・キャナルシティ博多の全国3か所にて開催される。

■ドラマ『緊急取調室』公式HP
https://www.tv-asahi.co.jp/kintori/

アルバム『DUO』

2019年4月17日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
VIZL-1551/¥4,900+税
<収録曲>
■CD
01.Prime Numbers(テレビ朝日系4月木曜ドラマ「緊急取調室」主題歌)
02.愛してないなら
03.Overflow
04.もし君を許せたら(フジテレビ系月9ドラマ「絶対零度〜未然犯罪潜入捜査〜」主題歌)
05.Bicolor
06.Whenever
07.Neon Nights
08.JIKU
09.Spark(パラスポーツアニメ「車いすテニス編」テーマ曲)
10.Bouquet
11.この世界で(映画「コードギアス 復活のルルーシュ」オープニング主題歌)
12.ササ?ンカ
■DVD
“家入レオ FanClub Live 2018" at Shibuya WWW X 2018.10.04を完全収録
Party Girl/勇気のしるし/Bless You/miss you/Time after Time/Lady Mary/For you
君に届け/Linda/ファンタジー/Hello To The World/サブリナ/Spark/Say Goodbye/僕たちの未来

※Album「DUO」は4月17日よりiTunes Storeなどの主要ダウンロードサイトでも配信開始予定




【初回限定盤B】(CD+DVD)
VIZL-1552/¥3,500+税
<収録曲>
■CD
初回限定盤Aと同じ
■DVD
アルバム収録の最新楽曲ミュージックビデオ&メイキングムービー他



【通常盤】(CD)
VICL- 65155/¥3,000+税
<収録曲>
初回限定盤Aと同じ

『ニューアルバム『DUO』リリース記念 スペシャルフリーイベント』

4月17日(水) ゲートシティ大崎 アトリウム(地下1階)
時間:18:30 START
内容:ミニライブ&特典お渡し会
4月20日(土) あべのキューズモール 3Fスカイコート
時間:1回目13:00START / 2回目16:00START
内容:ミニライブ&特典お渡し会
4月21日(日) キャナルシティ博多 B1Fサンプラザステージ
時間:1回目12:00START / 2回目15:00START
内容:ミニライブ&特典お渡し会

<対象CD商品>
アルバム『DUO』/家入レオ
2019年4月17日発売
【初回限定盤A】(CD+DVD) VIZL-1551/¥4,900+税
【初回限定盤B】(CD+DVD) VIZL-1552/¥3,500+税
【通常盤】(CD) VICL- 65155/¥3,000+税

<お渡し会特典>
■東京会場
「DUO」オリジナルステッカー(絵柄A)
■大阪会場
1回目:「DUO」オリジナルステッカー(絵柄B)
2回目:「DUO」オリジナルステッカー(絵柄A)
■福岡会場
1回目:「DUO」オリジナルステッカー(絵柄B)
2回目:「DUO」オリジナルステッカー(絵柄C)
※特典の数には限りがありますので、無くなり次第終了となります。
※その他イベント詳細・注意事項などオフィシャルHPをご確認ください。

『家入レオ7th Live Tour 2019 〜DUO〜』

5月10日(金) 山梨・コラニー文化ホール
5月12日(日) 石川・白山市松任文化会館
5月19日(日) 香川・サンポートホール高松・大ホール
5月24日(金) 茨城・日立市民会館 
5月26日(日) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール 
5月30日(木) 北海道・コーチャンフォー釧路文化ホール
6月01日(土) 北海道・わくわくホリデーホール
6月08日(土) 岐阜・バロー文化ホール
6月09日(日) 滋賀・滋賀県立文化産業交流会館
6月14日(金) 秋田・秋田市文化会館
6月15日(土) 宮城・仙台銀行ホール イズミティ21
6月21日(金) 島根・島根県芸術文化センター「グラントワ」大ホール
6月22日(土) 広島・広島JMSアステールプラザ 大ホール
6月28日(金) 群馬・太田市民会館 
6月30日(日) 山形・荘銀タクト鶴岡
7月06日(土) 静岡・静岡市民文化会館中ホール
7月13日(土) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
7月14日(日) 長崎・諫早文化会館
7月19日(金) 兵庫・神戸国際会館 こくさいホール
7月27日(土) 千葉・幕張メッセ国際展示場9.10ホール

■特設ページ 
http://www.ken-on.co.jp/leoieiri_7th



【関連リンク】
家入レオ、新曲「Prime Numbers」が主題歌のドラマ『緊急取調室』撮影現場を訪問
家入レオまとめ
nano.RIPE、代々木アニメーション学院とコラボ曲のジャケ写を公開

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, TVドラマ, 主題歌

nano.RIPE、代々木アニメーション学院とコラボ曲のジャケ写を公開
Mon, 15 Apr 2019 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5月3日に「アイシー」を配信リリースする nano.RIPE が、 代々木アニメーション学院とコラボレーションしたジャケット写真を公開した。

5月3日を皮切りにスタートするツアー『ゆうきのきのみ』の主旨に沿い、 元メンバー・青山友樹への想いを込めて制作された新曲「アイシー」 ジャケットは代々木アニメーション学院イラスト科に在学中の「タマツ タマ」が担当。印象的な色合いで、楽曲がもつ“切なさ”と“儚さ”を表現したイラストに仕上がった。

配信楽曲「アイシー」

2019年5月3日発売



作詞・作曲:きみコ 編曲:nano.RIPE

『nano.RIPE TOUR2019「ゆうきのきのみ」』

5月03日(金・祝) 恵比寿 LIQUIDROOM
5月18日(土) アメリカ村 DROP
5月19日(日) 名古屋 ell.FITS ALL
6月02日(日) 金沢 AZ



【関連リンク】
nano.RIPE、代々木アニメーション学院とコラボ曲のジャケ写を公開
nano.RIPEまとめ

【関連アーティスト】
nano.RIPE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1