歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2019年04月05日)
バックナンバー
最新ニュース
2019/04/14
2019/04/13
2019/04/12
2019/04/11
2019/04/10
2019/04/09
2019/04/08
2019/04/07
2019/04/06
2019/04/05
2019/04/04
2019/04/03
2019/04/02
2019/04/01
2019/03/31
2019/03/30
2019/03/29
2019/03/28
2019/03/27
2019/03/26
2019/03/25
2019/03/24
2019/03/23
2019/03/22
2019/03/21
2019/03/20
2019/03/19
2019/03/18
2019/03/17
2019/03/16
2019/03/15
2019/03/14
2019/03/13
2019/03/12
2019/03/11
2019/03/10
2019/03/09
2019/03/08
2019/03/07
2019/03/06
2019/03/05
2019/03/04
2019/03/03
2019/03/02
2019/03/01
2019/02/28
2019/02/27
2019/02/26
2019/02/25
2019/02/24
2019/02/23
2019/02/22
2019/02/21
2019/02/20
2019/02/19
2019/02/18
2019/02/17
2019/02/16
2019/02/15
2019/02/14
2019/02/13
2019/02/12
2019/02/11
2019/02/10
2019/02/09
2019/02/08
2019/02/07
2019/02/06
2019/02/05
2019/02/04
2019/02/03
2019/02/02
2019/02/01
2019/01/31
2019/01/30
2019/01/29
2019/01/28
2019/01/27
2019/01/26
2019/01/25
2019/01/24
2019/01/23
2019/01/22
2019/01/21
2019/01/20
2019/01/19
2019/01/18
2019/01/17
2019/01/16
2019/01/15
2019/01/14
2019/01/13
2019/01/12
2019/01/11
2019/01/10
2019/01/09
2019/01/08
2019/01/07
2019/01/06
2019/01/05
2019/01/04
2019/01/03
2019/01/02
2019/01/01
2018/12/31
2018/12/30
2018/12/29
2018/12/28
2018/12/27
2018/12/26
2018/12/25
2018/12/24
2018/12/23
2018/12/22
2018/12/21
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
ライドンの歪んだ叫びが脳を刺激するパブリック・イメージ・リミテッドの『セカンド・エディション』
Fri, 05 Apr 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

78年にセックス・ピストルズが空中分解し、メンバーのシド・ビシャスが亡くなった時点でパンクロックは一応の役目を終えた。“一応”というのは、パンクの精神はその後も生き続け、ハードコア、グランジ、オルタナティブなど、表面的にはさまざまな形態に変異しながらも、その精神はしっかり引き継がれているからだ。ジョン・ライドン(元ジョニー・ロットン)はピストルズを抜けた後、ジャマイカに行き新しいグループの構想を練った。そして、イギリスに戻って結成したのがパブリック・イメージ・リミテッド(以下、P.I.L)である。今回取り上げる『セカンド・エディション』は彼らの2ndアルバムで、当初は『メタルボックス』というタイトルでリリースされた。ダブ(DUB)を取り入れた硬質のファンクサウンドに乗ってライドンの歪んだ叫びが響く様は、まさに異形という言葉が相応しい唯一無二のサウンドである。

■パンクロックの終焉と ニューウェイブの台頭

シド・ビシャスが死んでしまってからパンクロックは急速に下火になった。この構図は浅間山荘事件とそれによって発覚した集団リンチ致死事件以降、学生運動が急速に失速していった雰囲気と非常に似ている。ピストルズにしても学生運動にしても、シンパシーを感じていたにもかかわらず、思っていたよりも幼稚な仕組みだったんだなと、多くの人があきれてしまったのである。パンクの本質がどうであれ、時代の空気は一気に変わり、イギリスの若者たちはパンクに代わる新たな音楽(刺激)を探し始める。

もちろん、80年代に入ってもクラッシュやストラングラーズらパンクロックのアーティストたちは活動し続けていたが、大手レーベルに所属するビッグな存在になってしまっていた。社会的認知度が高く、金銭的にも恵まれ、スタジアムでコンサートをするパンクロッカーなど、本末転倒であるとは言えないか。成功を収めた大物パンクロッカーに代わって、ハードコアパンクやスラッシュメタル系のインディーズグループが登場してくるわけだが、その辺についてはまた別の機会に述べたいと思う。

ピストルズ解散後、急速に台頭してきたのはエルヴィス・コステロ、ポリスらに代表されるニューウェイブと呼ばれる勢力で、パンクの香りを漂わせながらもしっかりした演奏技術を持ち、ソングライティングの面でも職人技を駆使するなど、彼らは瞬く間に若者たちを虜にする。ひと口にニューウェイブといっても、実際には多種多様な音楽があるのだが、ニューウェイブ系のアーティストを多く抱えるインディーズレーベルからリリースされれば、それらは全てニューウェイブだと当時のリスナーは捉えていたと記憶している。

パンクロック隆盛のおかげで、大手レーベルと絶対に契約できない演奏技術や表現力の拙いアーティストたちは、各地にできたインディーズと契約し、上手くいけば売れることが可能となった。レーベル側もそれぞれの個性を売りにしてカラーに合ったアーティストを売り出すという、これまでになかった形態のシステムができつつあったのだ。これがパンクロック革命の大きな成果のひとつだ。ファクトリー、ラフ・トレード、チェリーレッド、スティッフなど、多様なインディーズレーベルが設立され、ポストパンク時代がスタートする。

■レゲエ、スカ、ワールドミュージック

もうひとつ、ロンドンではレゲエやスカといったジャマイカ音楽のブームもやってきていた。これはイギリスにジャマイカ移民(ジャマイカはイギリスの植民地であったため)が多いことと、ピーター・ガブリエルらが仕掛けたワールドミュージックの流行もあって、大きな話題となった。特にジャマイカでは60年代からレゲエで使われていたダブ(DUB)の音楽的処理が新しい感覚で捉えられ、ライドンをはじめ、ポストパンクのアーティストたちに大きな影響を与えている。スカの流れは80年代初頭のスペシャルズやセレクターなどに代表される2トーンブームを巻き起こし、日本でもマッドネスがCMに起用されるなど、イギリスだけでなく日本でも大きな広がりを見せた。この後、UB40、スティール・パルス、アスワドなど、ブリティッシュレゲエ・ブームへと広がり、90年代のUKソウルやアシッドジャズのムーブメントにも繋がるきっかけともなった。

■パブリック・イメージ・ リミテッドの結成

78年、アメリカツアーの途中で突然ピストルズを辞めたライドンは、ジャマイカに向かい新しいグループのイメージを膨らませていた。ジャマイカ音楽同好仲間でベーシストのジャー・ウォブルと、クラッシュと演奏経験のあるギタリストのキース・レヴィンに声を掛けて、グループ結成を決める。ドラムのジム・ウォーカーはカナダ出身の留学生で、オーディションによって選出され、4人組でグループはスタートする。

78年10月、先行シングル「パブリック・イメージ」をリリースすると大きな反響を呼び、全英チャートで9位まで上昇することになった。同じ年の12月にはデビューアルバム『パブリック・イメージ(原題:Public Image:First Issue)』をリリースする。そのサウンドはピストルズ時代の軽さと違い、硬質なリズムとダブを組み合わせた重厚なポストパンク作品となった。バンドの核はウォブルのベースで、レゲエだけでなくジャズやファンクのバックボーンを持つ彼ならではの技巧的プレイが聴きものとなっている。収録曲にメロディーらしきものはほとんどなく、ライドンのパワフルかつ嘶くようなヴォーカルは前衛的感覚に満ちている。彼の提唱するアンチロック(反ロック)という概念が具体化されたサウンドになっていると言えるだろう。

■本作『セカンド・エディション』 について

そして、翌79年にリリースされたのが本作『セカンド・エディション』である。もともとは『メタルボックス』というタイトルで、フィルムケースのような缶に45回転の12インチシングルが3枚収められていたのだが、アナログ盤は音質が良く、驚くほどの重低音であった。

サウンドは前作同様、ウォブルのベースがメインではあるが、レヴィンのノイジーなギターは前作以上のキレがあるし、ライドンのヴォーカル(というか、語りと叫び?)にも磨きがかかっている。ドラムのジム・ウォーカーはすでに脱退してしまっており、3人のゲストドラマーにプラスしてレヴィンやウォブルまでもが駆り出されている。過渡期的な時期なのだろうが、あまり散漫な印象はない。むしろ、グループの一体感が増しているように感じるのだが、それがライドンのリーダーシップによるものかどうかは定かでない。

収録曲は全12曲。アルバム全編にわたって繰り広げられる土着的なダンスリズムと、ダブやシンセによる前衛的で捉えどころのない雰囲気は、それまでのロックにはない、まったく新しいスタイルを生み出している。ピストルズ時代とは打って変わってポップな要素を極力排除し、アンチロックを掲げるライドンなりのアバンギャルドなダンスミュージックに仕上げたと言えるかもしれない。アメリカのポストパンク作品に『ノー・ニューヨーク』という秀逸なコンピレーションアルバムがあり、その周辺にいるアーティストを“ノーウェイブ”と呼ぶが、ライドンの目指すものもコンセプト自体は近い感覚であり、本作『セカンド・エディション』もまた、後進のアーティストたちに大きな影響を与えた衝撃作だ。

本作リリース後、残念なことにジャー・ウォブルが音楽性の違いから脱退し、次作の『フラワーズ・オブ・ロマンス』(‘81)ではベースレスとなる。しかし、ライドンの凄みは枯れることなく、ますますアンチロックを極めている。『フラワーズ・オブ・ロマンス』は本作と並ぶ傑作で、この2枚がP.I.Lの代表作だと僕は確信している。

余談であるが、この7月にジャー・ウォブルは自身のグループ、ザ・インヴェイダーズ・オブ・ザ・ハートとともに来日することが決定しているので、興味のある人はチェックしてみてください。

TEXT:河崎直人

アルバム『Second Edition』

1979年発表作品



<収録曲>
1. アルバトロス/Albatross
2. メモリーズ/Memories
3. スワン・レイク/Swan Lake
4. ポップトーンズ/Poptones
5. キャリアリング/Careering
6. ソーシャリスト/Socialist
7. 墓場/Graveyard
8. スーツ/The Suit
9. バッド・ベイビー/Bad Baby
10. ノー・バーズ/No Birds
11. チャント/Chant
12. ラジオ 4/Radio 4



【関連リンク】
ライドンの歪んだ叫びが脳を刺激するパブリック・イメージ・リミテッドの『セカンド・エディション』
Public Image Ltd.まとめ
首振りDolls、新メンバーを迎えてから初となるニューアルバム『アリス』発売決定&コメント動画も到着!

【関連アーティスト】
Public Image Ltd.
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, アルバム

首振りDolls、新メンバーを迎えてから初となるニューアルバム『アリス』発売決定&コメント動画も到着!
Fri, 05 Apr 2019 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年4月25日にキングレコードからアルバム『真夜中の徘徊者〜ミッドナイトランブラー』でメジャーデビューし、同年12月にベーシストのショーン・ホラーショーを迎え、Dr&Voナオ、Gu&Voジョニー・ダイアモンド、Baショーン・ホラーショーの現メンバーとなった首振りDolls。

メジャーシーンに飛び込み一気にその名前が広がったことで、彼らの音は多くの聴き手を魅了し、数多くの有名アーティストまでもがその音を絶讚し、業界内でも話題となった。そんな彼らが放つ待望のニューアルバム『アリス』が、5月22日にリリースされる。

新体制初となる期待作『アリス』は、プロデューサーに前作同様元ZIGGY、現THE SLUT BANKSの戸城憲夫を迎え、首振りDollsらしいメロウな歌モノや痛快なロックンロールに加え、ショーンが持ち込んだファンクやミクスチャーとの融合が最高の化学変化を起こし、ルール無用の破天荒なロックにより一層磨きをかける結果となった。

また今作で特筆すべきはアートワーク。メンバー自身と首振りDollsの楽曲の世界観を独自の感性と画風で描き出した漫画家のカネコアツシ氏のイラストを、cali≠gariのギター&ヴォーカルで、RMB(ロケットマンブルース)名義でデザイナー活動も行なっている桜井 青が“ならでは”の解釈で表現。さらに深まった首振りDollsの魅力を体感せよ!

アルバム『アリス』

2019年5月22日発売



KICS-3800/¥2,700+税
<収録曲>
01.唐紅
02.カラリカラマワリ
03.PSYCHO CLUB
04.黒い太陽
05.産声
06.ティーネイジ〜new dolls ver〜
07.lazy
08.ホール
09.BROWN SUGAR
10.地獄に堕ちた野郎ども
11.INU
12.シャボン玉
13.星くずのメロディ
14.ティーンネイジャーアンドロックンロール

■詳細URL
http://www.kingrecords.co.jp/cs/artist/artist.aspx?artist=45515

【ライブ情報】

5月24日(金) 福岡小倉FUSE 【one-man】
5月26日(日) 神戸ART HOUSE
5月28日(火) 広島SECOND CLUTCH
5月30日(木) 福岡DRUM SUN
6月01日(土) 岡山DESPERADO
6月02日(日) 名古屋MUSIC FARM
6月09日(日) 仙台FLYING SON
6月11日(火) 川崎Serbian Night
6月12日(水) 渋谷Cyclone
6月14日(金) 横浜BAYSIS
6月15日(土) 千葉 稲毛K\'sDREAM
6月21日(金) 大阪梅田Zeela 【one-man】
7月15日(月祝) 小倉FUSE
7月23日(火) 川崎Serbian Night
7月24日(水) 東京SHIBUYA REX
7月26日(金) 名古屋クラブロックンロール 【one-man】
7月28日(日) 京都磔磔 【one-man】
8月02日(金) 福岡DRUM SON
8月04日(日) 大阪Bigtwin Diner SHOVEL
8月05日(月) 名古屋車道LINK
8月30日(金) 新宿ロフト【one-man】



【関連リンク】
首振りDolls、新メンバーを迎えてから初となるニューアルバム『アリス』発売決定&コメント動画も到着!
首振りDollsまとめ
cali≠gariまとめ
みやかわくん、1stフルアルバムの収録曲&クロスフェード映像を解禁

【関連アーティスト】
首振りDolls, cali≠gari
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, リリース

みやかわくん、1stフルアルバムの収録曲&クロスフェード映像を解禁
Fri, 05 Apr 2019 23:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

みやかわくんが、4月10日にリリースする1stフルアルバム『R?BECCA』の収録曲情報を解禁し、全曲試聴ができるクロスフェード映像を公開。さらに『R?BECCA』のリード曲で、MVも話題になっている「LiBERO」が日本テレビ系『バズリズム02』4月オープニングテーマに決定したことが分かった。4月5日(金)からオンエア開始とのことなので、番組をお見逃しなく!

みやかわくんはLINE公式アカウントを公開しており、こちらでは様々なワードに対してみやかわくんらしい返事が来るようなので、こちらもぜひ楽しんでみてほしい。

■みやかわくん LINE公式 アカウント
https://line.me/R/ti/p/%40my_kwk_n#~

アルバム『R?BECCA』

2019年4月10日発売



【初回限定映像盤】(CD+DVD)
UMCK-7007/¥3,500(税込)
【初回限定グッズ盤】(CD+撮り下ろしフォトブック)
UMCK-7008/¥3,200(税込)
※撮り下ろし写真満載のフォトブック(全24P)付属
【通常盤】(CDのみ)
UMCK-1619/¥2,500(税込)
<収録曲>
■CD
01.OVERDRIVE
02.略奪
03.LiBERO
04.Wonder
05.エソラゴト
06.セツナノウタ
07.Moonlight
08.Spread Your Wings
09.イダテンドリーマー
10.失い
■DVD ※初回限定映像盤のみ
・みやと行く旅 第二弾〜那須高原編〜
・「イダテンドリーマー」MV
・「略奪」MV

※初回プレス分:プレイパス?仕様



【関連リンク】
みやかわくん、1stフルアルバムの収録曲&クロスフェード映像を解禁
みやかわくんまとめ
フレンズ、新曲「iをyou」ドラマver.の期間限定試聴が決定

【関連アーティスト】
みやかわくん
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, トレーラー, CD, DVD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, オルタナティブ, オープニング

フレンズ、新曲「iをyou」ドラマver.の期間限定試聴が決定
Fri, 05 Apr 2019 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月5日(金)深夜0:12〜放送がスタートする注目のテレビ東京系ドラマ24『きのう何食べた?』のエンディングテーマ曲「iをyou」担当するフレンズ。そのドラマver.音源が、同日0:55〜(ドラマ放送終了後)フレンズのオフィシャルHPで期間限定試聴公開される。

ドラマのストーリーに寄り添って制作された本作は、“日常の中にある小さな事が幸せ”という気持ちを表現した歌詞が視聴者に余韻を残し、心地良く響く爽快なバンドサウンドが繰り返し聴きたくなるという、フレンズらしい作品に仕上がっている。

フレンズにとって初のドラマ書き下ろしとなる「iをyou」は、6月からスタートする『フレンズワンマンツアー「青春チャレンジツアー」』でも披露される予定だ。

まずは初回放送と終了後からスタートする試聴を忘れずにチェックしよう!

(c)「きのう何食べた?」製作委員会

【「iをyou」試聴情報】

期間:4月5日(金)深夜0:55〜4月18日(木)23:59
・URL https://friends-jpn.com/



【関連リンク】
フレンズ、新曲「iをyou」ドラマver.の期間限定試聴が決定
フレンズまとめ
BEGIN、ツアー千秋楽で『うたの日コンサート2019』の第一弾出演者を解禁

【関連アーティスト】
フレンズ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表, 新曲, オルタナティブ, TVドラマ, 主題歌, エンディング

BEGIN、ツアー千秋楽で『うたの日コンサート2019』の第一弾出演者を解禁
Fri, 05 Apr 2019 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BEGINが4月4日(木)の中野サンプラザでのライヴ終了後に、毎年沖縄で開催している『沖縄からうた開き!うたの日コンサート2019 in 嘉手納』の第一弾となる出演者を発表した。

中野サンプラザでのライヴは『第23回 BEGINコンサートツアー 2019』の千秋楽公演。2部で構成されたライヴで、1部は途中「恋しくて」を挟みながら2018年にリリースしたニューアルバム『PotLuck Songs』からの楽曲を中心に披露していく。

休憩を挟んで2部はマルシャショーラによる、3ラウンドに分かれたノンストップメドレーコーナー。メンバーはマルシャの衣装に着替え、二人のダンサーも登場。「さんぽ」「365歩のマーチ」「上を向いて歩こう」「夢の中へ」「ジュリアに傷心」「銀河鉄道999」などの童謡、昭和歌謡、またBEGINの代表曲「海の声」「笑顔のまんま」「涙そうそう」がマルシャアレンジで演奏された。

観客も総立ちで2拍子に合わせて踊り、子どもたちは自由に会場内を行き来して楽しむなど、盛り上がって大団円を迎え、2部が終了した。

その後のアンコールでは、前半に募ったリクエストの中から「三線の花」「オジー自慢のオリオンビール」「島人ぬ宝」などが続き、最後は2月に公開となった映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』主題歌「君の歌はワルツ」でライヴは終了。この公演をもって全国16箇所、全18公演に及ぶツアーは幕を閉じた。

その後、発表されたのが『沖縄からうた開き!うたの日コンサート2019 in 嘉手納』の第一弾出演者で、初出演となる加山雄三、コロッケ、ハーブ・オオタJrの3組がアナウンスされた。

『うたの日コンサート』は2001年からBEGINが沖縄で開催している“うた”をお祝いする日。お祭りやお祝いのためのうたはあってもうたのために祝うことはなく、“せめて年に一回だけでもうたそのものを主役にして、みんなで感謝する日を作ろうじゃないか!”という思いで始まったのが『うたの日』。そして、“その感謝の気持ちをみんなで示そうじゃないか!”という気持ちで開催しているのが『うたの日コンサート』で、毎年慰霊の日の翌日6月24日をうたの日と名付け、毎年開催してきた。

2015年からは“観客も出演者”というテーマで、観客もうたを聴くだけではなく全員参加型になり、観客の演奏、うたがあり、プロのミュージシャンのうたもある一日を作ることにより、ステージも客席も全員が参加者として、うたのお祝いを全国へ届けている。なお、『沖縄からうた開き!うたの日コンサート2019 in 嘉手納』は現在チケット一般発売中!

『沖縄からうた開き!うたの日コンサート2019 in 嘉手納』

6月30日(日) 沖縄・嘉手納町兼久海浜公園
開場13:30 / 開演15:30(予定)
※開場・開演時間は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

<出演>
BEGIN、加山雄三、コロッケ、ハーブ・オオタJr 他

◎チケット一般発売中!
ブロック指定:一般【前売】3000円(税別)/高校生・中学生 1000円(税別)
※小学生、未就学児童は無料。ただし保護者同伴での入場。
※Sブロックの販売は先行のみ。一般発売はAブロックのみ。

<団体割引>
大人:2,500円(税別)、中学生・高校生:800円(税別)
今年もチケットを10枚以上エントリーいただいた方は、
1枚あたり大人:500円、中学生・高校生:200円の割引きとなる“団体割引”を実施します!
※お一人様10〜15枚まで

<販売プレイガイド>
●Famiポート直販(ファミリーマート全店)
ファミリーマート店頭「Famiポート」にて
●イープラスWEB https://eplus.jp/sf/word/0000083920
●チケットぴあ https://t.pia.jp/pia/artist/artists.do?artistsCd=11011806
●LINE TICKET ※団体割引チケットの取り扱いはございません。https://ticket.line.me/sp/utanohi2019

■うたの日オフィシャルサイト
http://www.utanohi.jp/



【関連リンク】
BEGIN、ツアー千秋楽で『うたの日コンサート2019』の第一弾出演者を解禁
BEGINまとめ
加山雄三まとめ
コロッケまとめ
Kis-My-Ft2、初の海外撮影MVで世界各国の人たちと“ハグダンス”!

【関連アーティスト】
BEGIN, 加山雄三, コロッケ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, バンド, 発表, ポップス, カントリー, フォーク, 歌謡曲, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット, ライブレポ

Kis-My-Ft2、初の海外撮影MVで世界各国の人たちと“ハグダンス”!
Fri, 05 Apr 2019 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月24日にリリースとなるKis-My-Ft2のニューアルバム『FREE HUGS!』(読み:フリーハグズ)。その初回盤Aに収録の「HUG & WALK」のMVが解禁された。

海外などでも見られる、街中で“FREE HUGS”と書かれたボードを掲げ、見知らぬ人とハグをする光景。そこにはそれぞれに目的意識があるが、今作でキスマイが掲げた“FREE HUGS!”のテーマは“SHARING LOVE, BEYOND THE BORDERLINE, WITH OUR MUSIC!”(僕らの音楽を通して愛を共有し、ジャンル・ボーダーラインを超えて繋がろう!)。

まさに“音楽でハグする”ことを打ち出した意欲作となっているが、「HUG & WALK」のMVもまたキスマイならではの“ヤンチャ&オシャレ”な世界観で「FREE HUGS!」を表現した映像作品に仕上がった。

世界中の人がハグをすることで繋がって讃え合うピースでハートフルなアクションを実現するため、MVはキスマイとしては初となる海外での撮影が行なわれた。場所はアジアと西洋がミックスされ、かつ近未来感も兼ね備えたシンガポール。多国籍なシチュエーションが点在する町並みで撮影することで、世界各国を“HUG & WALK”するキスマイを映し出している。

撮影は現地のダンサー&エキストラ100人超えという壮大なロケを敢行。日本を越えて世界へと飛び出したキスマイは、各地を歩きながら“FREE HUGS!”のアクションを行なう。最初は上手くいかないものの徐々に距離感を縮めていき、最後は国境を超えて集まった仲間たちが大空の下で音楽と共に“ハグダンス”を踊り、繋がっていく。そんな“ハグ”を連想させる振り付けを取り入れたパフォーマンスにも注目だ。“音楽を通してハグをすることで、ジャンル・ボーダーラインを超えて愛を共有し、次のステージへと向かって共に歩き出そう”というメッセージが込められた作品となっている。

また、今回はメンバーそれぞれがアーティストと“音楽でハグ”をした楽曲がアルバムに収録されているが、個性豊かなアーティストとの“ハグ”曲の試聴も解禁、プレイリストMOVIEが公開された。メンバーそれぞれの個性が、アーティストとの“ハグ=コラボレーション”によって起こした化学反応から生まれた“音楽”にぜひ触れてみてほしい。

■【コメント】

■北山宏光
「常に新しいことをやろうということで、今回もスケールの大きな撮影になりました。
唯一無二なキスマイを目指して、いろんな人と音楽を通じてハグをして繋がっていければいいなと思います」

■横尾渉
「撮影では海外の沢山の方に協力して頂き、アルバムのテーマにあったMUSIC VIDEOになったと思います。
音楽を楽しみながらキスマイを楽しんでもらえたら嬉しいです」

■玉森裕太
「今までにないヤンチャ感を出した作品になっていますし、楽曲に込められたメッセージをみんなで広めて、
世界で色んな事が輪になって楽しめればいいなと思います」

アルバム『FREE HUGS!』

2019年4月24日発売



【初回盤A】(CD+DVD)
AVCD-96288/B/¥3,800+税
<収録曲>
■CD
「HUG & WALK」「君を大好きだ」「君、僕。」「L.O.V.E.」ほか、全15曲収録予定
◎bonus track
・新曲A(タイトル未定)
■DVD
HUG & WALK<MUSIC VIDEO>
Episode of FREE HUGS! 〜Overseas shooting〜(仮)

【初回盤B】(CD+DVD)
AVCD-96289/B/¥3,800+税
<収録曲>
■CD
「HUG & WALK」「君を大好きだ」「君、僕。」「L.O.V.E.」ほか、全15曲収録予定
◎bonus track
・新曲B(タイトル未定)
■DVD
KIS-MY-TVスペシャル!〜キスハグ大作戦〜(仮)

【通常盤】(2CD)
AVCD-96290〜1/¥3,300+税
<収録曲>
■DISC1
「HUG & WALK」「君を大好きだ」「君、僕。」「L.O.V.E.」ほか、全15曲収録予定
■DISC2
DON\'T WANNA DIE(北山宏光)
I miss your smile(千賀健永)
僕だけのプリンセス(宮田俊哉)
キャッチボールをしよう(横尾渉)
Love=X2U(藤ヶ谷太輔)
Love Story(玉森裕太)
はぐすた(二階堂高嗣)



【関連リンク】
Kis-My-Ft2、初の海外撮影MVで世界各国の人たちと“ハグダンス”!
Kis-My-Ft2まとめ
BUMP OF CHICKEN、「月虹」が再びアニメ『からくりサーカス』のテーマソングに起用

【関連アーティスト】
Kis-My-Ft2
【ジャンル】
男性アイドル, ニュース, ジャニーズ, ミュージックビデオ, MV, トレーラー, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス, ダンス

BUMP OF CHICKEN、「月虹」が再びアニメ『からくりサーカス』のテーマソングに起用
Fri, 05 Apr 2019 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BUMP OF CHICKENの「月虹」が、4月11日(木)よりスタートするTVアニメ『からくりサーカス』第3クールのエンディングテーマに起用された。

「月虹」は2018年10月〜12月に放送された同アニメ第1クールのオープニングテーマとして使われたナンバー。特徴的な音階のアコースティックギターやアコーディオンの音色が疾走感あふれるギターサウンドと混ざり合い、これまでにない新しい印象をもたらす曲だ。

作詞・作曲を手がけた藤原基央(Vo&Gu)をはじめ、バンドメンバー全員が原作のマンガ『からくりサーカス』の大ファンであることもあり、作品世界を体現したような、それでいて普遍的な覚悟が表現された歌詞とサウンドスケープに、アニメの初回放送直後から絶賛の嵐が巻き起こっていた。

同じ曲がひとつのアニメのオープニングとエンディング、両方のテーマとしてオンエアされるのは極めて異例。それが実現するほど、曲と作品が相思相愛の関係であることが窺い知れるだろう。

第3クールのエンディングテーマとして流れるのは、「月虹」の2番部分。新しい歌詞と深化したアンサンブルで、終幕に向かって進む物語を力強く支える。YouTubeで公開された最新アニメーションPVで早速「月虹」エンディングテーマバージョンを聴けるので、ぜひアクセスしてみてほしい。

(c)藤田和日郎・小学館/ツインエンジン

TVアニメ『からくりサーカス』

・TOKYO MX:毎週木曜22:30〜
・BS11:毎週木曜24:00〜
・HTB北海道テレビ:毎週月曜25:25〜
・アニメシアターX(AT-X):毎週金曜20:00〜
※放送時間は変更になる場合があります
※Amazon Prime Videoにて日本・海外独占配信中

<キャスト>
才賀 勝:植田 千尋加藤 鳴海:小山 力也
才賀 しろがね:林原 めぐみ阿紫花 英良:櫻井 孝宏
ギイ・クリストフ・レッシュ:佐々木 望タランダ・リーゼロッテ・橘:黒沢ともよヴィルマ・ソーン:井上 麻里奈
仲町 信夫:江川 央生仲町 紀之:岩崎 諒太仲町 浩男:石川 界人才賀 正二:田中 正彦才賀 善治:大塚 明夫
ルシール・ベルヌイユ:朴 ?美アルレッキーノ:福山 潤
パンタローネ:中田 譲治ロンビーヌ:悠木 碧ドットーレ:大友 龍三郎ほか

■公式サイト https://karakuri-anime.com/



【関連リンク】
BUMP OF CHICKEN、「月虹」が再びアニメ『からくりサーカス』のテーマソングに起用
BUMP OF CHICKENまとめ
宮世琉弥(M!LK)、新ドラマ『パーフェクトワールド』に出演

【関連アーティスト】
BUMP OF CHICKEN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, トレーラー, 発表, ポップス, アニメ, 主題歌, エンディング

宮世琉弥(M!LK)、新ドラマ『パーフェクトワールド』に出演
Fri, 05 Apr 2019 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7人組ヴォーカルダンスユニット・M!LKのメンバーで、映画『夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風』や『痛快TVスカッとジャパン』にも出演するなど、俳優としても注目を集めている宮世琉弥(みやせりゅうび)が、松坂桃李主演のカンテレ・フジテレビ系新ドラマ『パーフェクトワールド』に出演することが決定した。

宮世は今作がドラマ初出演。新年号“令和”を前に高校生を迎えるM!LKの最年少ボーイが、同グループの佐野勇斗や板垣瑞生に続き、15歳とは思えないその存在感でネクストブレイク俳優としても大きな注目を浴びそうだ。

ドラマ『パーフェクトワールド』は4月16日(火)より、毎週火曜夜9時放送となるのでお楽しみに!

■【宮世琉弥 コメント】

「宮世琉弥です!
僕が今回演じるのは、片思いをしている男の子でした。
オーディションを受ける前に、片思いしている男の子と聞いた時から役に入り始めて、切ない感情を抱いたままオーディションに臨みました。
プライベートからお芝居に対して考えるのは今回初めてだったので、、
受かった時はものすごく嬉しかったです!
僕が演じた男の子の気持ちが、視聴者の皆さんにまっすぐ伝わるように演じたので皆さん是非注目して見てください!
将来、変幻自在な役者になれるようにこれから頑張っていきたいです!!
僕に注目してください!!!」

カンテレ・フジテレビ系ドラマ『パーフェクトワールド』

<作品紹介>
有賀リエ氏が描く、女性コミック誌『Kiss』(講談社)で連載中の『パーフェクトワールド』(累計部数170万部を突破)が原作。
生涯一人で生きていくと決めていた、車いす生活を送っている建築士・鮎川樹が、高校の同級生・川奈つぐみと再会し、心を通わせていくことで樹の生き方が変化していくラブストーリー。主人公の樹を松坂桃李が、ヒロインのつぐみを山本美月が演じる。

※初回20分拡大



【関連リンク】
宮世琉弥(M!LK)、新ドラマ『パーフェクトワールド』に出演
M!LKまとめ
新星ギタリストichika、豪華ヴォーカリストたちとのコラボEPを先行発売

【関連アーティスト】
M!LK
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, 発表, ポップス, テレビ番組, 出演, TVドラマ

新星ギタリストichika、豪華ヴォーカリストたちとのコラボEPを先行発売
Fri, 05 Apr 2019 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

instagramに突如現れた新星ギタリスト、ichika。彼が豪華なアーティスト陣たちとコラボしたEP『 I 』がタワーレコード渋谷店、タワーレコード新宿店、デジタル配信サイトで先行発売された。

投稿する動画の多くが10万再生を超え、ギタリストにも関わらずフォロワーが13万人を超えるなど、世界に衝撃を与え続けているichika。今回のEPはsleepyheadの武瑠、ラッパーのあっこゴリラ、clammbonの原田郁子、OKAMOTO\'Sのオカモトショウ、ゲスの極み乙女。やindigo la Endの川谷絵音らがヴォーカリストとして参加するという豪華ラインナップだ。一般発売は4月19日より全国のレコードショップで展開となる。

YouTubeでは川谷絵音とのコラボ曲「I」のMVを公開中。川谷が作詞を担当しており、2人の幻想的な世界が広がる作品となっているのでぜひチェックしてみよう。

また、ichikaの2度目となるワンマンライヴが東京と大阪で開催されることも決定! 地元・大阪でのワンマンは初とのことで、気合いの入ったステージになりそうだ。ぜひ、この幻想的な世界を体感してほしい。

EP『 I 』

2019年4月19日発売
※タワーレコード渋谷店・新宿店で2019日4月5日先行販売



TWR-0001/¥2,000+税
<収録曲>
01.in the morning(Vocal 武瑠(sleepyhead))
02.Good Enough(Vocal あっこゴリラ)
03.never get back(Vocal 原田郁子(clammbon))
04.a town in a dream(Vocal オカモトショウ(OKAMOTO\'S))
05.I(Vocal 川谷絵音)

■デジタル配信情報■
・iTunes
https://www.tunecore.co.jp/to/itunes/514763
・AppleMusic
https://www.tunecore.co.jp/to/apple_music/514763
・Spotify
https://www.tunecore.co.jp/to/spotify/514763
・レコチョク
https://www.tunecore.co.jp/to/recochoku401/514763

『ichika 2nd ワンマンライブ『 I 』』

4月12日(金) 大阪 Live House Pangea
OPEN 19:00/START 19:30
チケット前売:3300円(ドリンク代別途)

4月19日(金) 東京 初台DOORS
OPEN 19:00/START 19:30
チケット前売:3800円(ドリンク代別途)

◎チケットのお申込みはこちら!
https://eplus.jp/ichika-19/



【関連リンク】
新星ギタリストichika、豪華ヴォーカリストたちとのコラボEPを先行発売
ichikaまとめ
sleepyheadまとめ
武瑠まとめ
あっこゴリラまとめ

【関連アーティスト】
ichika, sleepyhead, 武瑠, あっこゴリラ, clammbon, 原田郁子, OKAMOTO\'S, オカモトショウ, ゲスの極み乙女。, indigo la End, 川谷絵音
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, コラボ, ミュージックビデオ, MV, CD, 発表, 新曲, リリース, 発売, EP, 配信, オルタナティブ, ライブハウス, ライブ, ワンマン, チケット, 音楽配信

小沢健二、17年ぶりの歌ものアルバム!? 謎の動画が話題に
Fri, 05 Apr 2019 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

小沢健二の動画が突如ユニバーサル・ミュージック公式YouTubeページで公開され、“17年ぶりのオリジナルアルバムがリリースされるのでは?”とネット上で憶測を呼んでいる。

動画では“動”“フ”“ぺ”など意味不明の文字が無人の地下通路に吊られており、新曲と思われる曲をバックにカメラが地上に上がると、小沢本人らしき人影が通りかかったあと、“2019 COMING (RELATIVELY) SOON”と書かれた英語のネオンサインが点灯する。

ネット上では、ネオンサインは“2019年(比較的)近日公開”であり、地下通路の文字は色ごとに読むと「流動体」「フクロウ(オリジナル・バージョン)」「アルペジオ」「薫る」となることが指摘されており、そこから“「薫る」という新曲を含む、近年の3枚のシングル曲を収録したアルバムが比較的すぐ発売される”という意味が読み取られている。

小沢は2017年2月に19年ぶりのシングル「流動体について」を突如発表して音楽シーンに復帰したあと、同年9月のシングル「フクロウの声が聞こえる」ではSEKAI NO OWARIとコラボ。2018年2月には映画『リバーズ・エッジ』主題歌「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」を発売し、同年春に武道館2DAYSを含む大規模なツアーを行なっている。となるとファンが期待するのは、2019年に発売されれば歌ものとしては17年ぶりとなるオリジナルアルバムというわけだ(2006年発売のインストアルバム『毎日の環境学』からは13年ぶり。歌ものは2002年の『Eclectic』以来)。

動画が公開されてすぐに、撮影場所である東京都港区飯倉片町の交差点を訪れる熱心なファンたちも現れた。ユニバーサル・ミュージックによれば“動画は噂どおり新アルバムを告知するものだが、詳細については5日行われるネットでのQ&Aで本人に直接聞いてほしい”とのこと。ネットイベントは4月5日(金)20:00より音楽情報サイト・ナタリーで、小沢がネットからの質問に生で答える形で実施される。長年音楽雑誌などのインタビューを拒み続けている小沢に、直接質問を投げかけてみるのも面白いかもしれない。

ネット上では4月4日(木)、小沢の楽曲配信がアナウンスなく拡大されたことも確認されており、中でも未発表の「強い気持ち・強い愛 1995 DAT Mix」なる7分近いトラックが“多幸感がすごい”とバズっている。24年の時を経て、1990年代の小沢健二の作品の質の高さを改めて知らせる音源と言える。

この配信拡大によって、1990年代を代表するアルバム『LIFE』『刹那』、シングル「流動体について」など、配信ではiTunesとApple Musicのみに解放されていた音源が主要配信サイト(Amazon、LINE MUSIC、レコチョク、Spotify、AWA)に解放された模様だ。

1990年代の小沢作品は今日もサントリービール「金麦」CMに今回公開された「強い気持ち・強い愛 1995 DAT Mix」、アサヒ飲料「カルピス」CMに「ラブリー」、ANAのCMに「ぼくらが旅に出る理由」が使われるなど、タイムレスなイメージを確立している。その小沢が2019年、新しく描く“今”はどんなものなのか? 配信を聴きながら、“比較的すぐ”リリースされるニューアルバムに期待が高まる。


■ネットイベント詳細はこちら
https://natalie.mu/music/pp/kenjiozawa02

■配信限定シングル「強い気持ち・強い愛 1995 DAT Mix」
https://umj.lnk.to/ozaken_tsuyo1995PR
※iTunes、Apple Music 、Amazon、LINE MUSIC、レコチョク、Spotify、AWAにて配信



【関連リンク】
小沢健二、17年ぶりの歌ものアルバム!? 謎の動画が話題に
小沢健二まとめ
大原櫻子、GYAO!にて展開中の企画にて“みんながいちばん好きなMV”を発表

【関連アーティスト】
小沢健二
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, トレーラー, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ポップス, オルタナティブ, 音楽番組, 出演, 音楽配信

大原櫻子、GYAO!にて展開中の企画にて“みんながいちばん好きなMV”を発表
Fri, 05 Apr 2019 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GYAO!で3月より展開中の『大原櫻子 5th ANNIVERSARY特集』の一環として行なわれている、『みんながいちばん好きなミュージックビデオを教えて!』企画の結果発表が4月5日(水)正午より配信された。

この企画は、タイトルの通り大原櫻子の17曲のMVの中からにユーザーからの視聴数により1位を決めるというもの。その結果は本人のコメントの中で発表され、1位に輝いた曲のスペシャルライブ映像も配信されるのでぜひチェックしてほしい。

なお、『大原櫻子 5th ANNIVERSARY特集』では他にも『大原櫻子チームラボボーダレスで歌う!』や『大原櫻子 5th TOUR 2018 〜Enjoy?〜【GYAO! MUSIC LIVE】』などの独占コンテンツを配信中! 配信終了日が近づいているので、こちらもお見逃しなく。

■【配信概要】

<タイトル>
『みんながいちばん好きなミュージックビデオを教えて!』企画結果発表コメント(第1位スペシャル映像付)

<配信期間>
4月05日(金)12:00〜5月04日(土)23:59

<配信詳細>
3月に実施された『みんながいちばん好きなミュージックビデオを教えて!』企画の本人による結果発表。
また、1位に選ばれた曲のスペシャルライブ映像も紹介。

■配信URL
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v10101/v0994000000000543779/

【『大原櫻子 5th ANNIVERSARY特集』配信概要】

■『大原櫻子チームラボボーダレスで歌う!』
※4月7日(日)23:59まで
<内容>
チームラボボーダレスでの大原櫻子のパフォーマンス4曲
1.人々のための岩に憑依する滝【♪キミを忘れないよ】https://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v10308/v0994000000000543771/
2.Wander through the Crystal World【♪ちっぽけな愛のうた】https://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v10308/v0994000000000543772/
3.呼応するランプの森 - ワンストローク【♪ひらり】https://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v10101/v0994000000000543775/
4.花と人の森、埋もれ失いそして生まれる【♪サンキュー。】https://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v10308/v0994000000000543774/
■『大原櫻子 5th TOUR 2018 〜Enjoy?〜【GYAO! MUSIC LIVE】』
※4月7日(日)23:59まで
配信URL https://gyao.yahoo.co.jp/p/00091/v10305/
◎特集サイト https://gyao.yahoo.co.jp/special/oharasakurako/



【関連リンク】
大原櫻子、GYAO!にて展開中の企画にて“みんながいちばん好きなMV”を発表
大原櫻子まとめ
TUBE、日本武道館2DAYS公演の一般発売が間もなくスタート!

【関連アーティスト】
大原櫻子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 音楽番組, ライブ

TUBE、日本武道館2DAYS公演の一般発売が間もなくスタート!
Fri, 05 Apr 2019 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

TUBEが5月23日(木)と24日(金)の2日間にわたって開催する日本武道館公演のチケットが、4月6日(土)10時より一般発売スタートとなる。

このライブは5月よりスタートするアリーナツアー『TUBE LIVE AROUND 2019』の公演で、昭和〜平成を止まることなく活動してきたTUBEの新元号「令和」での初ツアーだ。日本武道館公演の他にも、神戸ワールド記念ホール、仙台ゼビオアリーナと回り、ファイナルはドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で締め括る。

キャリアを重ねるごとにパワーアップする彼らのステージは毎回一体感があることでも知られている。熱く情熱的な歌の数々をアリーナツアーで披露してくれるはず。新元号“令和”となる5月、新しい時代の幕開けを清々しくにぎやかに迎えられるはず!!

そして今回のツアーセットリストは2パターンを用意し、日によって違う内容になるようだ。近日中に、演奏予定曲の発表があるかも…?

■『TUBE LIVE AROUND 2019 〜Smile!Happy!Ready!?〜』

5月23日(木) 東京・日本武道館
開場17:30 / 開演18:30
5月24日(金) 東京・日本武道館
開場17:30 / 開演18:30

<チケット>
全席指定¥8,200(税込)
※5歳以上有料
※お一人様1公演につき4枚まで

◎4月6日(土)10時より一般発売スタート!
・チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/tube19/
Pコード: 147-117/発売日特電:0570-02-9525/発売日以降:0570-02-9999
・ローソンチケット:https://l-tike.com/tube2019
Lコード:79555/発売日特電:0570-084-600/発売日以降:0570-084-003
・イープラス:https://eplus.jp/tube2019/
・LINEチケット:https://ticket.line.me/sp/tube2019
・楽天チケット:http://r-t.jp/tube2019
・Yahoo!チケット:http://r.y-tickets.jp/tube2019



【関連リンク】
TUBE、日本武道館2DAYS公演の一般発売が間もなくスタート!
TUBEまとめ

【関連アーティスト】
TUBE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット, ライブレポ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1