歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2019年03月04日)
バックナンバー
最新ニュース
2019/03/13
2019/03/12
2019/03/11
2019/03/10
2019/03/09
2019/03/08
2019/03/07
2019/03/06
2019/03/05
2019/03/04
2019/03/03
2019/03/02
2019/03/01
2019/02/28
2019/02/27
2019/02/26
2019/02/25
2019/02/24
2019/02/23
2019/02/22
2019/02/21
2019/02/20
2019/02/19
2019/02/18
2019/02/17
2019/02/16
2019/02/15
2019/02/14
2019/02/13
2019/02/12
2019/02/11
2019/02/10
2019/02/09
2019/02/08
2019/02/07
2019/02/06
2019/02/05
2019/02/04
2019/02/03
2019/02/02
2019/02/01
2019/01/31
2019/01/30
2019/01/29
2019/01/28
2019/01/27
2019/01/26
2019/01/25
2019/01/24
2019/01/23
2019/01/22
2019/01/21
2019/01/20
2019/01/19
2019/01/18
2019/01/17
2019/01/16
2019/01/15
2019/01/14
2019/01/13
2019/01/12
2019/01/11
2019/01/10
2019/01/09
2019/01/08
2019/01/07
2019/01/06
2019/01/05
2019/01/04
2019/01/03
2019/01/02
2019/01/01
2018/12/31
2018/12/30
2018/12/29
2018/12/28
2018/12/27
2018/12/26
2018/12/25
2018/12/24
2018/12/23
2018/12/22
2018/12/21
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
塩?太智(M!LK)、劇団TEAM-ODAC第31回本公演『浮遊するfitしない者達』に出演
Mon, 04 Mar 2019 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

劇団TEAM-ODACの第31回本公演『浮遊するfitしない者達』に、塩?太智(M!LK)が出演することが分かった。

本公演は4月10日(水)〜4月14日(日)の全8ステージで、俳優座劇場にて行なわれる。チケットは3月9日(土)10時より発売となるので、お見逃しなく!

■劇団TEAM-ODAC第31回本公演 『浮遊するfitしない者達』

日程:4月10日(水)〜4月14日(日)※全8ステージ
劇場:俳優座劇場

脚本・演出:笠原哲平(TEAM-ODAC)
サウンドプロデューサー:blue but white
主題歌:「over you」(blue but white)

<主演>
堂本翔平(TEAM-ODAC)
<出演>
伊藤寧々/川谷修士(2丁拳銃)※Wキャスト/木下綾菜(さんみゅ〜)/小西啓太(TEAM-ODAC)/崎本大海/佐々木雄治(TEAM-ODAC)/塩?太智(M!LK)※Wキャスト/ジンソク/仙石みなみ/高品雄基(TEAM-ODAC)※Wキャスト/千代反田美香(TEAM-ODAC)/鳥居みゆき ※Wキャスト/中塚皓平/西原健太(TEAM-ODAC)/藤巻あおい/松本唯(TEAM-ODAC)/三浦菜々子(真っ白なキャンバス)/村野真菜(TEAM-ODAC/五反田タイガー)/もう中学生/モロ師岡/山内圭輔(敬称略・50音順)

<チケット>
3月9日(土)AM10:00〜
■前売券
S席 8,500円(特典付き)
A席6,500円
■当日券
S席 9,000円(特典付き)
A席 7,000円

◎劇団TEAM-ODAC オフィシャルHP
https://teamodac.net/



【関連リンク】
塩?太智(M!LK)、劇団TEAM-ODAC第31回本公演『浮遊するfitしない者達』に出演
M!LKまとめ
sumika、アルバム『Chime』全曲ティザー公開

【関連アーティスト】
M!LK
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, 舞台

sumika、アルバム『Chime』全曲ティザー公開
Mon, 04 Mar 2019 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

sumikaが3月13日(水)にリリースするアルバム『Chime』の全曲ティザーが公開となった。

MVを公開中の「10時の方角」や、フジテレビ系『痛快TV スカッとジャパン』“ファミリースカッと”テーマソング「ゴーストライター」など、TVやラジオなどでも反響が出ているもの以外の楽曲が一部初披露となり、アルバムの全体像がようやく見えてきた。ぜひティザーをチェックしてアルバム発売を楽しみにしてほしい。

また、今作の発売を記念してCDショップで3月5日(火)から先行試聴がスタートし、「ゴーストライター」やmovie ver.しか披露されていない「秘密」を一足先に聴くことができる。3月12日(火)からはライブハウスツアー『sumika 『ファンファーレ / 春夏秋冬』 Release Tour』の写真パネル展示、お店の開店・閉店をお知らせするオープニング/クロージングチャイムなどをsumikaが担当するので是非お近くのCDショップに足を運んでみよう。

そんなsumikaは3月11日(月)にメンバーがそれぞれ札幌・名古屋・大阪・福岡へ行脚し、アルバム発売の翌日、3月14日(木)の日本武道館公演を皮切りに横浜アリーナ、大阪城ホール公演2デイズを含む全国16都市24公演の自身最大規模のツアーを開催する。

なお、追加公演に関してはアルバム購入者チケット最速先行となり、初回生産限定盤・通常盤の初回仕様限定盤のみにシリアルコードを封入。ツアー初日の3月14日(木)日本武道館公演終了後にはsumikaの生配信番組を放送し、こちらの謎の鍵・シリアルコードもアルバム封入される。どちらも初回封入特典となるので、ぜひお早めに予約をしよう。

アルバム『Chime』

2019年3月13日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-11064〜5/¥3,800+税
【通常盤】(CDのみ)
SRCL-11066/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.10時の方角
02.ファンファーレ
03.フィクション
04.Monday
05.ホワイトマーチ
06.Strawberry Fields
07.秘密
08.春夏秋冬
09.Hummingbird\'s Port(Instrumental)
10.Flower
11.ペルソナ・プロムナード
12.あの手、この手
13.ゴーストライター
14.Familia
■DVD
〈『sumika Film #5』 〜sumika special session〜〉
01.ふっかつのじゅもん
02.MAGIC
03.いいのに
04.春夏秋冬
05.フィクション

◎『Chime』購入者先着特典対象店舗
・TOWER RECORDS全店(オンライン含む、一部店舗除く)…『Chime』オリジナル・クリアファイル(TOWER ver.)
・TSUTAYA RECORDS(一部店舗除く)/TOLショッピング(予約分のみ)…『Chime』オリジナル・クリアファイル(TSUTAYA ver.)
・HMV全店(HMV&BOOKS Online含む/一部店舗除く)…『Chime』オリジナル・クリアファイル(HMV ver.)
・sumika応援店舗…『Chime』オリジナル・クリアファイル(応援店舗 ver.)

※応援店舗の対象店舗は追って発表させていただきます。
※特典はご予約者優先の「先着特典」となり、数に限りがあります。一部の店舗/ECサイトでは特典が付かない場合がございます。
ご予約ご購入の際は、特典の有無を必ず店頭/ECサイトでご確認下さい。

【アルバム『Chime』先行試聴/パネル展/オープニング/クロージングチャイム】

■sumika『Chime』先行試聴店舗
『Chime』より「ホワイトマーチ」「秘密」「ゴーストライター」の3曲がいち早く聴ける先行試聴実施致します。
下記対象店舗をチェックして、お近くのCDショップまでお越し下さい。
※実施期間は3/5(火)各店開店以降となります。
※実施場所は各店舗のスタッフにお問い合わせください。
<実施店舗(都道府県)> https://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/sumika/shoplist/190313-2/

■sumika『Chime』パネル展開催店舗
アルバム発売を記念して『ファンファーレ / 春夏秋冬』 Release Tourのライブ写真を使ったパネル展の実施致します。各エリアで見ることの出来るライブ写真が異なりますので、是非ご覧ください。
※展示期間 3/12(火)〜3/18(月)閉店まで
※展示期間は予告なく変更となる場合がございます。
※展開場所は各CDショップスタッフまでお問い合わせください。
※展示写真はエリア毎に各店同じ写真となります。
<対象店舗/展示パネル一覧> https://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/sumika/shoplist/190313-3/

■sumika『Chime』オープニング/クロージングチャイム実施店舗
アルバム「Chime」にかけまして、全国CDショップチェーンにてオープニング/クロージングチャイムをsumikaが期間限定で担当致します。是非CDショップに足を運んでみてください。
<対象店舗>
・HMV
・新星堂
・Wonder GOO
・イケヤ
・玉光堂
・バンダレコード
・フタバ図書
・今井書店
・コーチャンフォー
・TOWER RECORDS(閉店コールのみ)
※TOWER RECORDSに関しては閉店コールのみとなります。
※対象期間は3/12(火)開店〜3/18(月)閉店までとなります。
※上記対象チェーン内でも一部対象店舗外の店舗がございます。あらかじめご了承ください。

『sumika『Chime』 Release Tour』

3月14日(木) 東京・日本武道館
3月30日(土) 神奈川・カルッツかわさき
4月06日(土) 香川・サンポートホール高松 大ホール
4月07日(日) 愛媛・松山市民会館
4月13日(土) 岩手・盛岡市民文化ホール
4月14日(日) 宮城・東京エレクトロンホール宮城
4月20日(土) 広島・上野学園ホール
4月21日(日) 広島・上野学園ホール
4月27日(土) 石川・本多の森ホール
4月28日(日) 新潟・新潟県民会館
5月02日(木) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
5月03日(金) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
5月06日(月) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール ※追加公演
5月11日(土) 北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
5月12日(日) 北海道・音更町文化センター
5月19日(日) 千葉・市川市文化会館
5月22日(水) 静岡・アクトシティ浜松 大ホール
5月25日(土) 鹿児島・鹿児島県文化センター(宝山ホール)
5月26日(日) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
5月30日(木) 東京・NHKホール ※追加公演
5月31日(金) 東京・NHKホール ※追加公演
6月09日(日) 神奈川・横浜アリーナ
6月26日(水) 大阪・大阪城ホール ※追加公演
6月30日(日) 大阪・大阪城ホール



【関連リンク】
sumika、アルバム『Chime』全曲ティザー公開
sumikaまとめ
日向坂46、デビューシングル「キュン」のアートワークを公開

【関連アーティスト】
sumika
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, アルバム, リリース

日向坂46、デビューシングル「キュン」のアートワークを公開
Mon, 04 Mar 2019 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月11日(月・祝)にけやき坂46から改名し、3月27日(水)にデビューシングル「キュン」の発売が発表された日向坂46が、そのジャケット写真とアーティスト写真を公開した。

今回は部室棟での学校生活をテーマに、1つの建物に美術部や音楽部などの部屋を作って撮影。木漏れ日や斜光など様々な光を取り入れ、新しい空色の制服に袖を通したメンバーに降り注ぐ光が印象的なジャケットに仕上がった。フォトグラファーはファッション誌、音楽誌や広告写真を手がけていて、デビューアルバム『走り出す瞬間』の時にもアーティスト写真を撮った笹原清明が担当している。

アーティスト写真は、桜が舞う春の野原を爽やかに駆け抜けるシーンと、背景のイラストとともにファンタジックに表現。グループカラーでもある“空色”が鮮やかな一枚に。キラキラとした透明感ある雰囲気に暖かな光が降り注ぐそれぞれのビジュアルは、彼女たちの門出にふさわしく、今後の活躍が楽しみだ。

シングル「キュン」

2019年3月27日(水)発売



【初回仕様限定盤TYPE-A】(CD+Blu-ray)
SRCL-11121〜2/¥1,713+税
<収録曲>
■DISC1 -CD-
1.キュン
2.JOYFUL LOVE 
3.耳に落ちる涙
4.キュン off vocal ver.
5.JOYFUL LOVE off vocal ver.
6.耳に落ちる涙 off vocal ver.
■DISC 2 -Blu-ray-
1.キュン Music Video
2.JOYFUL LOVE Music Video
けやき坂46ストーリー 〜ひなたのほうへ〜
3.井口眞緒
4.柿崎芽実
5.佐々木美玲
6.高瀬愛奈
7.河田陽菜
8.小坂菜緒
9.松田好花



【初回仕様限定盤TYPE-B】(CD+Blu-ray)
SRCL-11123〜4/¥1,713+税
<収録曲>
■DISC1 -CD-
1.キュン
2.JOYFUL LOVE
3.Footsteps
4.キュン off vocal ver.
5.JOYFUL LOVE off vocal ver.
6.Footsteps off vocal ver.
■DISC 2 -Blu-ray-
1.キュン Music Video
2.Footsteps Music Video
けやき坂46ストーリー 〜ひなたのほうへ〜
3.潮紗理菜
4.齊藤京子
5.金村美玖
6.富田鈴花
7.渡邉美穂
8.上村ひなの



【初回仕様限定盤 TYPE-C】(CD+Blu-ray)
SRCL-11125〜11126/¥1,713+税
<収録曲>
■DISC1-CD-
1.キュン
2.JOYFUL LOVE
3.ときめき草
4.キュン off vocal ver.
5.JOYFUL LOVE off vocal ver.
6.ときめき草 off vocal ver.
■DISC 2 -Blu-ray-
1.キュン Music Video
2. ときめき草 Music Video
けやき坂46ストーリー 〜ひなたのほうへ〜
3.加藤史帆
4.佐々木久美
5.高本彩花
6.東村芽依
7.丹生明里
8.濱岸ひより
9.宮田愛萌



【通常盤】(CD)
SRCL-11127/¥972+税
<収録曲>
DISC1-CD-
1.キュン
2.JOYFUL LOVE
3.沈黙が愛なら
4.キュン off vocal ver.
5.JOYFUL LOVE off vocal ver.
6.沈黙が愛なら off vocal ver.

【ライブ情報】

3月05日(火) 神奈川・横浜アリーナ
開場 17:00 / 開演 18:30 ※SOLD OUT
3月06日(水) 神奈川・横浜アリーナ
開場 17:00 / 開演 18:30 ※SOLD OUT



【関連リンク】
日向坂46、デビューシングル「キュン」のアートワークを公開
日向坂46まとめ
けやき坂46まとめ
シド、横浜アリーナ公演での会場限定シングルのジャケ写解禁

【関連アーティスト】
日向坂46, けやき坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, シングル, リリース

シド、横浜アリーナ公演での会場限定シングルのジャケ写解禁
Mon, 04 Mar 2019 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

台北・香港・上海・北京の4都市を巡るアジアツアーを完走したばかりのシドが、3月10日(日)に実施される横浜アリーナ公演の会場限定シングル「その未来へ -SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ 会場限定盤-」のジャケット写真を公開した。

15枚のメンバー写真とロゴで構成された今回のジャケット写真は、ラフでありながらも、楽器を手にした写真や靴紐を結び直す写真など、15周年を経てもなお未来へ向かっていくという意思を感じられる。今回の豪華LPサイズにふさわしいアートワークだ。

「その未来へ」は、2018年にリリースされた自身初のミニアルバム『いちばん好きな場所』の収録曲でありながら、今回の横浜アリーナ公演のタイトルにも冠されている、シドの15周年を象徴する大切な楽曲の1つ。今回の会場限定盤は数量も完全限定とのことなので、ファンは見逃すことのないようにチェックを! なお、横浜アリーナ会場内での販売時間や販売場所に関しては追って解禁されるので続報を待とう。

また、横浜アリーナ公演での即売特典も決定。当日、会場にてシドのCD、DVD、Blu-rayを¥1,500(税込)以上の購入で、“『その未来へ -SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ 会場限定盤-』ジャケット写真柄ステッカー”が付与されるとのこと。こちらも会場限定盤と併せて確実に手に入れてほしい。

シングル「その未来へ -SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ 会場限定盤-」

※3月10日(日)横浜アリーナ会場限定&完全数量限定



KSC7-1/¥1,800(税込)
※豪華LPサイズジャケット

※販売時間・販売場所は追って告知させて頂きます。
※商品の数量には限りがございます。無くなり次第の終了となりますのでご了承ください。
※横浜アリーナ会場限定での販売になります。

【ライブ情報】

『ID-S限定 SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ 〜その未来へ〜 PREVIEW』
3月07日(木) 東京・マイナビBLITZ AKASAKA
OPEN 18:00 / START 19:00

『SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ 〜その未来へ〜』
3月10日(日) 神奈川・横浜アリーナ
OPEN 17:00 / START 18:00
<チケット>
全席指定¥7,500(税込)
※未就学児童入場不可
※チケット一般発売中



【関連リンク】
シド、横浜アリーナ公演での会場限定シングルのジャケ写解禁
シドまとめ
King & Prince、ニューシングル「君を待ってる」のジャケ写は“新たな一歩を踏み出す勇気”を表現

【関連アーティスト】
シド
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, ライブ

King & Prince、ニューシングル「君を待ってる」のジャケ写は“新たな一歩を踏み出す勇気”を表現
Mon, 04 Mar 2019 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

King & Princeが4月3日にリリースする3rdシングル「君を待ってる」のジャケット写真が公開された。

今作のジャケットは“新たな一歩を踏み出す勇気”を持ち輝く未来を皆で描いていこうというコンセプトで撮影。これまでとは違うカジュアルな衣装と光というシンプルな構成で、“輝く新しい未来へ一緒に行こう!”というメッセージが込められている。

「君を待ってる」は、“今の自分を変えたい!”、“新しい自分を見つけたい!”と思う人の背中を押す、グループ初のエールソング。作詞はシンガーソングライターの高橋優が担当し、これから始まる日本の新時代、今の自分に何か不満を感じながらも一歩を踏み出せない人たちの心に響く強いメッセージが込められたエネルギッシュな一枚だ。

初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤の共通カップリングには新曲「風に乗れ」が収録され、進研ゼミCMソングとして起用されている。それぞれのカップリングにも別の新曲が収められており、今作も新曲満載のシングルとなっている。

また、初回限定盤AのDVDには、「君を待ってる Music Video」と「Making of 君を待ってる」が収録され、彼らのダンスとリップシーンなどがふんだんに散りばめられた作品となっている。初回限定盤BのDVDは前作で好評を得た『King & Prince TV #2〜ホントのとこどうなの?グランプリ〜』が収録されており、彼らの素の表情が満載なのでこちらも要チェック!

シングル「君を待ってる」

2019年4月3日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
UPCJ-9005/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1.君を待ってる 
2.風に乗れ
3.宙
■DVD
1.君を待ってる Music Video
2. Making of 君を待ってる

【初回限定盤B】(CD+DVD)
UPCJ-9006/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1.君を待ってる
2.風に乗れ 
3.Spark and Spark 
■DVD
『King & Prince TV #2 〜ホントのとこどうなの?グランプリ〜 』

【通常盤】(CD)
UPCJ-5003/¥1,000+税
<収録曲>
1.君を待ってる
2.風に乗れ 
3.グッとGood Life
4.Wake me up



【関連リンク】
King & Prince、ニューシングル「君を待ってる」のジャケ写は“新たな一歩を踏み出す勇気”を表現
King & Princeまとめ
春の訪れを感じる瞬間に聴きたい洋楽5曲

【関連アーティスト】
King & Prince
【ジャンル】
J-POP, 男性アイドル, ニュース, シングル, リリース

春の訪れを感じる瞬間に聴きたい洋楽5曲
Mon, 04 Mar 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

“春の訪れ”とはいつ頃のことを言いますか? これまでともに過ごしてきた友達や先生、そして思い出深い教室などの人や場所と別れを告げるのが3月なので、日々の変化に春の訪れを感じる人もいるでしょう。花粉症の筆者の場合は、その年で初めて花粉をキャッチした日に「まもなく春」と認識し、そこから約1〜2週間が経過した頃に春の訪れを実感しています。そこで今回は「春の訪れを感じる瞬間に聴きたい洋楽5曲」をご紹介します。

■「Feel The Earth Move」(’71) /Carole King

アメリカのシンガーソングライターの草分け、キャロル・キング。彼女の名盤『Tapestry(つづれおり)』に収録されているこの楽曲は全米1位を獲得したアルバムのオープニングを飾る曲でもあります。タイトルでもあり、歌い出しのフレーズでもある“Feel The Earth Move”は“大地が動くのを感じる”という意味で、恋愛の初期衝動の比喩的表現と考えられますし、力強く響くピアノサウンドがその恋への確信を感じさせます。そしてまた、恋愛と春の訪れは非常によく似たもの。痛快なテンポからは新たな恋が始まるワクワク感があふれ、聴いていると恋愛したい衝動に駆られる一曲。多くのアーティストにカヴァーされているのでさまざなバージョンを楽しんでみてください。

■「Everglow」(’16)/Coldplay

2015年にリリースしたアルバム『A Head Full of Dreams』のリード曲で、クリス・マーティンがあるサーファーから耳にした“Everglow”という造語をヒントに制作された作品で、大切な人を失ってもその人がくれた闇に輝く光は永遠に輝くだろうと謳うこの曲のレコーディングには、クリスの元妻で女優のグウィネス・パルトロウがバック・コーラスとして参加しています。別れても相手が与えてくれた掛け替えのないものを尊び、ノスタルジーにふける男の心情に共感する人、また、別れてからもこんなふうに想われたら本望という人も多いのではないでしょうか。別れをこれほど美しく、ドラマチックに描写するコールドプレイの音楽とともに黄昏の春を過ごすのもいいですね。

■「Beautiful Day」(’00)/U2

アルバム『All That You Can\'t Leave Behind』の1曲目に収録されたこの曲はバンドが原点回帰、つまりロック路線に戻った楽曲です。グラミー賞では最優秀楽曲賞、最優秀レコード賞、最優秀ロック・グループ賞の3部門入賞、翌年にも同アルバム収録の別楽曲が2年連続で受賞するという前代未聞の快挙を遂げた他、4度目の全英シングルチャート1位を獲得するなどの世界的ヒットシングルとなりました。バンドが旅に出ることを連想させるMVはフランスのシャルルドゴール空港で撮影。メンバー4人が青空に輝く太陽の下でシンプルに演奏するシーンに絡めた何度も飛び立つ飛行機の映像からは“何度でも飛べる”というバンドの確固たる意志を感じずにはいられません。

■「Boys Don\'t Cry」(’79) /The Cure

今年デビュー40周年を迎えたイギリスを代表するバンドのひとつ、ザ・キュアー。今夏には『フジロック』のヘッドライナーとして来日することが決定している彼らが40年前にリリースしたこの作品には去った恋人を忘れられない男の本心が綴られています。本当は足にすがりついて許しを請いたいし、涙だって流したいところだけれど、笑い飛ばしてみたり嘘で塗り固めて本当の自分を見せないのは「男児たるもの、泣いてはいかん!」という幼気な男心。また、1999年に公開された同タイトルの映画『Boys Don\'t Cry』はこの楽曲からインスピレーションを受けたもの。別れの冬を乗り越え、新たな春を迎えようとしている男性にはこの作品と映画をセットでお薦めします。

■「Here Comes The Sun」(’69) /The Beatles

最後にご紹介するのはビートルズの春を感じさせてくれる柔らかな風合いの作品です。“孤独だった冬が終わり、今いる場所には太陽が昇る。だから大丈夫”とやさしく繰り返すこの楽曲は、なんと50年前にリリースされたもの! 春は出逢いと別れの季節と称されるだけあってセンチな気分になりがちですが、ビートルズが半世紀前に放った音を聴き、受け止めることで救われ、幸せな時を過ごすことができるのも、そして多くのカバー作品を楽しめるのも、後世に残すことができる音楽という芸術の醍醐味ですよね。ちなみにこの曲は、ジョージ・ハリスンが遊びに行ったエリック・クラプトンの家の庭で、彼のギターを借りて書き上げたという逸話があります。

TEXT:早乙女ゆうこ

早乙女ゆうこ プロフィール:栃木県佐野市出身。音楽を軸に、コンサート制作アシスタント通訳、音楽プロモーション、海外情報リサーチ、翻訳、TV番組進行台本や音楽情報ウェブサイト等でコラムや記事を執筆するなどの業務を担うパラレルワーカー。



【関連リンク】
春の訪れを感じる瞬間に聴きたい洋楽5曲
The Beatlesまとめ
The Cureまとめ
U2まとめ
Coldplayまとめ

【関連アーティスト】
The Beatles, The Cure, U2, Coldplay, Carole King
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!, アルバム

Shinya(DIR EN GREY)、バースデーイベントにてプロジェクト“SERAPH”をお披露目
Mon, 04 Mar 2019 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Shinya(DIR EN GREY / SERAPH)の誕生日である2月24日、渋谷Mt. RAINIER HALLにて『Shinya 2019 Birthday Event & SERAPH Premium Showcase』が開催され、2017年にシングルをリリースして以後、謎に包まれていたソロプロジェクト『SERAPH』が、ついに神秘のベールを脱いだ。

Shinyaのバースデーイベントは2018年に引き続き2年目。2018年はNoGoDの団長をMCに招いてのトークイベントであったが、2019年はSERAPHのショーケースライブとトークショーの二本立て。バースデーに加え、待望のSERAPH初披露ということで、幸運にもプレミアムチケットを引き当てたファンが早くから列を成していた。2017年にシングルをリリースして以降、一切音沙汰の無かったSERAPH。この日のステージは一体どの様なものになるのか、そもそもどの様なパフォーマンスを行なうのか。誰もが胸が高鳴る気持ちを抱きながら会場に集まっていたことであろう。

会場に入りまず目を惹いたのは、純白の織物が包むステージに浮かび上がる、ゴールドがあしらわれたクリアのドラムセット。第一の位階の天使を意味するSERAPHの名の通り、幻想的な世界の始まりを想像させる。6人編成のストリングスが板付き暗転したステージには、天上世界の朝ぼらけをイメージさせる映像が投影される。美しく重なり合うストリングスによる序曲が激しさを増すにつれ、これから披露される未知のステージへの期待感、緊張感が会場を染め上げていく。

楽曲の盛り上がりのピークに併せて、真っ白のライトに照らされたステージ中央には、純白の衣装を身に纏ったShinyaとMoa(Piano/Vocal)が悠然と立つ。SERAPHの文字を背に光に包まれた二人の姿は、まさに現世に降り立った天使のようであった。そのまま二人がドラムとピアノに座り、映画「霊眼探偵カルテット」オープニング曲ともなったイタリア語で“運命”を意味する楽曲「Destino」を披露。荘厳なオーケストラサウンドの中で、Shinyaのドラムが空気を切り裂くようにホール中に響き渡る。

DIR EN GREYの重厚で轟音なバンドサウンドの中でも、埋もれることなくヌケて聴こえてくる、独特で手数の多いリズムカルなフレーズ感がさらに研ぎ澄まされ、リズムパートと言うよりはメロディアスに主旋律を奏でているかの様に聴こえる。まさに“Shinyaのドラム”を一つ上の位階に昇華させているのではないだろうか。

続けて披露されたのは「Abyss」。英語で“深淵”を意味するこの楽曲は、“海底のみんなが忘れてしまった街の意識がまだ残っている、という話がテーマ”とのこと。激しいドラミングと徐々に煽るようなストリングスのイントロから始まるこの曲は、激しさの裏に、どこか切なさを感じさせながら、ドラム、ピアノ、そしてストリングスがせめぎ合い、一つの物語のように劇的に展開していく。その確立された世界観に、ホール全体は固唾を呑んで見入ってしまったのではないだろうか。

「Abyss」の激しく繰り広げられたアウトロの残響が、暗闇と静寂に飲み込まれていく中、突然“こんばんわ”とマイクを持ちMCを始めるShinya。普段のステージでは一切声を発することの無いShinyaだけに、ここまで張り詰めていた緊張感が一気に緩み、会場からは微笑みも。

“次の曲はSauveurという曲で、フランス語で“救世主”という意味です。これもMoaさんがフランスにいる時に作ったそうです。ワルツな曲で、ヴェルサイユ宮殿とかそういう優雅な感じがテーマな曲です”と本人による楽曲紹介から一転して優々たる三拍子の調べへ。ステージの背景のみならず、ストリングスの譜面台、Moaのピアノ、ドラムライザーには白の布が被せられ、さらに全員の衣装にいたるまでが徹底して白に統一されており、プロジェクターによって優雅な宮殿の映像が投影されれば、まるでその空間に浮遊し奏でる宮廷楽団のようなエレガントな世界に。Moaのヴォーカルがきらびやかに、そして麗しげに輝き、さらにその世界に華を添える。

“次の曲は、アイルランド語で“水”という意味なのですが、アイルランドをテーマにした物語があってそれをもとにして作りました。この曲は海岸沿いの人たちのお話で、静かな波とか荒れ狂う波とかを一曲にギュッと表現して作った曲です”と「Uisce」を披露。ゆったりとしたMoaのピアノのリフとストリングスによる心地よい曲調だった幕開けも、一転して雷鳴のようなShinyaのドラムが轟く。さらにMoaのフルートがそれに応じるように激しく絡み合う。そんな荒々しいシーンも落ち着けば、Shinyaが優しくウィンドチャイムを鳴らし、再び美しい光景が広がる。そして最後はまた激しく、と組曲のように次々とドラマチックに展開する迫真の楽曲に、またホールは息を呑む。

“ドラムの時は普段全く緊張しないのですが。今日はMCがあるせいでドラム叩いている間ずっと「次MCか…」と緊張してあたふたしています”、“せっかく曲で世界観を作っても、MCでぶち壊しになるっていうね。どうしたものかと”と普段のライブとは異なり、曲終わり毎に1曲ずつ解説をいれる難しさに戸惑いつつも、会場はその都度アットホームな温かい空気に包まれる。本人の持つ柔和な空気感が成すものであろうが、先程までドラマチックにドラムを叩いていた人とはにわかに信じがたいほどのギャップである。

“次の曲は皆さんが唯一知っている「G?nesi」という曲で、これはギリシャ語で“創世記”という意味です。シングルでこれを出しているのですけど、はるか昔の一昨年の話で、やっと今日が初お披露目です”と全てが初お披露目なSERAPHとその楽曲たちを丁寧に説明していく。タイトルの通り、SERAPHの始まりとして2017年の7月にリリースされたデビューシングルは、映画『霊眼探偵カルテット』の主題歌としても採用され、二階健監督のリリックビデオも同時にリリース。この日のショーケースではそのリリックビデオ映像も用いられ、幻想的な森の中に迷い込み、彷徨う天使の羽根を背負ったShinyaの姿が象徴的であった。MCで作られた温かい空気も、一度楽曲を演奏し始めれば、ShinyaとMoaの一音一音の深い説得力によって一変し、SERAPHの世界が創り上げられていく。

“次の曲で最後になるのですが、最後の曲は、Kreisという曲で、ドイツ語で“輪”とか“サークル”を意味しています。自然の摂理とか楽園を汚さないでね、というメッセージが込められています”と曲紹介の後、「Kreis」を披露。ラストにふさわしく、眩しいほどの明るい曲調が、どこまでも広がる青空のように雄大に広がっていく。一曲を通して、優しさを持ち、協調や調和を感じさせてくれる楽曲。G?nesiに続いて透き通るような音色が、映画のエンディングのようにこの日のステージを締め括った。

DIR EN GREYのステージのような、剥き出しの感情や圧倒的な熱量を感じられるステージとは対極で、着席スタイルが求められ、じっくりと楽曲を聴き込むSERAPHのステージ。しかしながらそれは、極上の芸術体験であり、エッジの効いたクラシックコンサートの様に豊かな時間であった。

この日披露された6曲全てが、もちろん初披露の楽曲。それぞれが抽象度の高いテーマを持ちながら、共通して美しさや高潔さ、毅然さを感じさせ、同時に繊細さと激しさが共存するSERAPHのスケールの大きさと世界観を感じさせてくれる6曲であった。“本当はもっとたくさん曲があるのですが、ショーケースということでこのあたりで許してもらえたらなと”Shinyaが語る通り、これはあくまでSERAPHの一部。それでもその壮麗さの片鱗を遺憾なく魅せてくれたこの日のステージは、ここに集まった者の期待値を最大限まで拡張させてくれたことであろう。“第一の位階の天使=SERAPH”が、再びこの地上に舞い降りてくれる夜を心から期待したい。

photo by Lestat C&M Project

【セットリスト】
1.Destino
2.Abyss
3.Sauveur
4.Uisce
5.G?nesi
6.Kreis

DIR EN GREY『TOUR19 The Insulated World』

3月15日(金) 神奈川・CLUB CITTA’-「a knot」only- [★]
3月20日(水) 東京・Zepp Tokyo [★]
3月29日(金) 宮城・東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館) [★]
3月31日(日) 北海道・Zepp Sapporo [★]
4月04日(木) 福岡・福岡市民会館 [★]
4月06日(土) 愛媛・松山市総合コミュニティセンター [★]
4月12日(金) 広島・広島JMSアステールプラザ・大ホール [★]
4月15日(月) 東京・新木場STUDIO COAST [★]
4月16日(火) 東京・新木場STUDIO COAST [★]
4月19日(金) 愛知・Zepp Nagoya [★]
4月25日(木) 大阪・なんばHatch [★]
4月26日(金) 大阪・なんばHatch [★]

<チケット>
1Fスタンディング/一般指定席¥7,020(税込)
[★]Exclusive Ticket
指定席・オリジナル特典付き¥14,040(税込)

※1
3/15(金)、20(水)、31(日)、4/4(木)、6(土)、15(月)、16(火)、19(金)、25(木)、26(金)公演は、【2F指定席】になります。
※2
3/29(金)、4/12(金)は、【1F指定席中央部PA卓付近】になります。
※公演に関する禁止・注意事項はこちら http://direngrey.co.jp/live_caution/



【関連リンク】
Shinya(DIR EN GREY)、バースデーイベントにてプロジェクト“SERAPH”をお披露目
Shinyaまとめ
SERAPHまとめ
DIR EN GREYまとめ
楽器演奏が可能な防音賃貸マンション「ミュージション門前仲町」が期間限定キャンペーンをスタート

【関連アーティスト】
Shinya, SERAPH, DIR EN GREY
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ワンマン, ライブレポ

楽器演奏が可能な防音賃貸マンション「ミュージション門前仲町」が期間限定キャンペーンをスタート
Mon, 04 Mar 2019 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

東京都江東区にある24時間、楽器演奏が可能な防音賃貸マンション「ミュージション門前仲町」が、春の新生活シーズンに向けて、新規入居者を対象とする期間限定キャンペーン“隅田川サクラ咲けキャンペーン”を実施している。

今回のキャンペーンは、3月31日(日)までに「ミュージション門前仲町」への契約を完了した入居者に限り、“仲介手数料50%引き”、“賃料発生日を2019年3月31日(日)まで延長”というお得な2つの特典が受けられるというもので、現在募集中の803号室が対象となる。

この「ミュージション門前仲町」は、2018年春にフラチナリズムがホスト役となり24時間ぶっ通しで開催された一大イベント『マンションフェス』で使用された場所でもあり、楽器演奏や音楽鑑賞、フェス開催まで楽しめる音楽好き必見の物件だ。お問い合わせや内見はお早めに!

ちなみに、3月10日(日)からは今春竣工予定の「ミュージションひばりが丘北」(西東京市ひばりが丘)の入居者募集も開始される。最寄り駅の西武池袋線「ひばりヶ丘」駅へは徒歩2分、池袋までは直通15分という好立地で、「ミュージション」シリーズが誇る高い遮音(防音)性能はもちろん、演奏する楽器や好きな音楽のジャンルに合わせて選べる6種類のインテリアスタイルも心をくすぐる最新物件だ。池袋・新宿エリアに通勤、通学されるという方はこちらもチェックしておこう。

■「ミュージション門前仲町」 “隅田川サクラ咲けキャンペーン”概要

https://www.musision.jp/props/69
適用条件:「ミュージション門前仲町」への契約を2019年3月31日までに完了された方
特典:
(1) 仲介手数料50%引き
(2) 賃料発生日を2019年3月31日(日)まで延長
(通常はお申込みから原則2週間以内に賃料発生となります)

■「ミュージションひばりが丘北」概要

https://www.musision.jp/props/2284
竣工: 平成31年4月予定
所在地: 東京都西東京市ひばりが丘北四丁目(以下未定)
アクセス: 西武池袋線「ひばりヶ丘」駅 徒歩2分 
構造: 鉄筋コンクリート造地上7階建
居室タイプ: 1K・2K・3Kタイプ(28.20平米〜45.09平米)
主要採光面: 南
賃料: 106,500円〜152,000円
管理費: 6,000円〜10,000円
敷金・礼金: 1ヶ月・1ヶ月
火災保険料: 15,000円〜(2年)
その他: 保証会社利用必須 《契約時》賃料等の40%、《月額》更新保証料600円+(賃料等の100%+更新保証料)×1%)



【関連リンク】
楽器演奏が可能な防音賃貸マンション「ミュージション門前仲町」が期間限定キャンペーンをスタート
PrizmaX、新メンバー3名加入! “PRIZMAX”に改名し、英詩アルバム『FRNKSTN』発売

【関連アーティスト】

【ジャンル】
ニュース

PrizmaX、新メンバー3名加入! “PRIZMAX”に改名し、英詩アルバム『FRNKSTN』発売
Mon, 04 Mar 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

スターダストのダンスボーカルユニット、PrizmaXに新メンバー3名が加入! それに伴い、攻めの姿勢と力強さを前面に押し出す意味も込め全て大文字の“PRIZMAX”表記にグループ名を変更した。

発表と合わせて新ビジュアルも公開し、7人組のグループになったPRIZMAXが世界を目指すために全英語詞のアルバム『FRNKSTN』を4月17日にリリースすることも明らかに。まずは世界への第一歩であるアジアツアーを目標に走り出すとのこと。新たなスタートを切った7人に要注目だ。

■【PRIZMAX メンバー】

森崎ウィン
清水大樹
福本有希
島田翼
ケビン(※新メンバー)
森英寿(※新メンバー)
小川史記(※新メンバー)

アルバム『FRNKSTN』

2019年4月17日(水)発売



【初回限定盤A】(2CD)
ZXRC-2046/¥2,500(税込)
【初回限定盤B】(CD+Blu-ray)
ZXRC-2047/¥4,000(税込)
【通常盤】(CD)
ZXRC-2045/¥1,800(税込)

【ライブ・イベント情報】

■リリース記念トークイベント
4月12日(金) 東京・古賀政男音楽博物館けやきホール
【第1部】開場14:00 / 開演14:30
【第2部】開場17:30 / 開演18:00

■リリース記念フリーライブイベント
4月06日(土) 広島・広島駅南口地下広場
4月07日(日) 福岡・イオンモール福岡
4月13日(土) 北海道・札幌市内某所
4月14日(日) 大阪・あべのキューズモール
4月17日(水) 東京・東京ドームシティ
4月20日(土) 愛知・プライムツリー赤池
4月21日(日) 東京・ららぽーと豊洲

■『PRIZMAX Live Level 8 〜CIRCUS〜』
7月06日(土) 東京・豊洲PIT
【第1部】開場14:00 / 開演15:00
【第2部】開場17:30 / 開演18:30



【関連リンク】
PrizmaX、新メンバー3名加入! “PRIZMAX”に改名し、英詩アルバム『FRNKSTN』発売
PRIZMAXまとめ
YUI(CYNTIA)、ソロライブのゲストミュージシャンにNOV、酒井 愁の参加が決定

【関連アーティスト】
PRIZMAX
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, アルバム

YUI(CYNTIA)、ソロライブのゲストミュージシャンにNOV、酒井 愁の参加が決定
Mon, 04 Mar 2019 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フォーカルジストニアで療養中のギタリスト・YUI(CYNTIA)が、4月5日 (金)渋谷RUIDO. K2にて初のソロライブ『帰ってきたフライングYUI 』を開催する。

本公演ではYUIにゆかりのあるミュージシャンをゲストに迎え、オリジナルのインスト曲やカバー曲を披露予定だが、そのゲストミュージシャン第2弾発表としてNOV(Vo)、酒井 愁(Dr)の出演が発表された。

第1弾では、EYE (Mary\'s Blood・Vo)、FUKO (ex.CRYING MACHINE・Ba)、MARI (Mary\'s Blood・Dr)、Marcy(Key)の参加が発表されており、現在チケットの一般発売を受付中! 当日限定のコラボステージに注目しよう。

■『帰ってきたフライングYUI 』

4月05日(金) 東京・渋谷RUIDO.K2
開場19:00 / 開場19:30

<Special Guest Musician>
Vo.NOV, Dr.酒井 愁, Vo.EYE(Mary\'s Blood), Ba.FUKO(ex.CRYING MACHINE), Dr.MARI(Mary\'s Blood), Key.Marcy

◎チケット一般発売中!
https://eplus.jp/yui0405/



【関連リンク】
YUI(CYNTIA)、ソロライブのゲストミュージシャンにNOV、酒井 愁の参加が決定
CYNTIAまとめ
Mary\'s Bloodまとめ
ケツメイシ、会場限定シングル「お調子者で行こう」を先行配信

【関連アーティスト】
CYNTIA, Mary\'s Blood
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, チケット

ケツメイシ、会場限定シングル「お調子者で行こう」を先行配信
Mon, 04 Mar 2019 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

初のドームライブDVD、および新曲「君のもとへ」をリリースしたばかりのケツメイシが、3月から予定されている全国アリーナツアー『KTM TOUR 2019 荒野をさすらう4人のガンマン supported by Sammy』の会場で、限定シングル「お調子者で行こう」を発売するだが、表題曲「お調子者で行こう」をツアー初日の約10日前である、3月20日より主要サイトにて配信スタートすることを発表した。

シングル「お調子者で行こう」は、今回のツアーのために書き下ろされたテーマ曲といえる「お調子者で行こう」「真っ赤な情熱」の新曲2曲を収録。ツアー会場でも活躍しそうなオリジナルバンダナがセットになっている。配信スタートの発表と同時に、このバンダナの絵柄とモデルによるバンダナアレンジ画像も発表。男女どちらもおしゃれに使えるユニセックスなデザインと、頭や首、手元など何パターンものアレンジが可能となっている。

配信中の新曲「君のもとへ」はゲームPS4(R)『ONE PIECE WORLD SEEKER』のために書き下ろされた完全新曲。ゲーム内で繰り広げられるドラマを彷彿とさせる、絆を強く感じることのできる歌詞となっており、ゲームのオープニングムービーの中でも、1コーラスほど聴くことが出来るので、そちらもぜひチェックしよう。

シングル「お調子者で行こう」

2019年3月30日(土)発売
※ツアー会場限定発売



CD+KTM TOUR2019オリジナルバンダナ付き
価格:¥1,800 (tax in)
<CD収録内容>
01. お調子者で行こう
02. 真っ赤な情熱

配信楽曲「君のもとへ」

発売中



■配信URL
https://Ketsumeishi.lnk.to/kiminomotoe

『KTM TOUR 2019 荒野をさすらう4人のガンマン』

3月30日(土) 静岡 エコパアリーナ
3月31日(日) 静岡 エコパアリーナ
4月06日(土) 北海道 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
4月13日(土) 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)
4月14日(日) 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)
4月20日(土) 兵庫 神戸ワールド記念ホール
4月21日(日) 兵庫 神戸ワールド記念ホール
4月27日(土) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
4月28日(日) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
5月03日(金・祝) 福岡 マリンメッセ福岡
5月04日(土) 福岡 マリンメッセ福岡
5月11日(土) 愛媛 愛媛県武道館
5月12日(日) 愛媛 愛媛県武道館
5月25日(土) 大阪 大阪城ホール
5月26日(日) 大阪 大阪城ホール
6月01日(土) 神奈川 横浜アリーナ
6月02日(日) 神奈川 横浜アリーナ
6月08日(土) 広島 グリーンアリーナ
6月09日(日) 広島 グリーンアリーナ
6月22日(土) 福井 サンドーム福井

■特設サイト http://tour2019.ketsume.com/



【関連リンク】
ケツメイシ、会場限定シングル「お調子者で行こう」を先行配信
ケツメイシまとめ
岸洋佑、応援ソング「Door」を配信シングルとしてリリース決定

【関連アーティスト】
ケツメイシ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 新曲, ライブ, ツアー, 音楽配信

岸洋佑、応援ソング「Door」を配信シングルとしてリリース決定
Mon, 04 Mar 2019 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シンガーソングライターの岸洋佑が配信シングル「Door」をリリースすることが決定した。

ライブでたびたび披露されている「Door」は、本人のサラリーマン時代の経験をもとに作られた楽曲。春にぴったりの新社会人や新学期を迎える人、新しいことを始めようとしているすべての人へ送る、明るく前向きな応援ソングだ。今回の配信に伴い、新たなアレンジでレコーディングされている。

現在は2018年12月にリリースしたメジャーデビューミニアルバム『走りたいわけじゃない』の発売記念イベンツアーを全国各地で開催中。岸洋佑の生歌を間近で体感できるチャンスなので、こちらもぜひチェックしてほしい。

配信シングル「Door」

2019年4月1日配信開始



COKM-42352/¥250

【ミニアルバム『走りたいわけじゃない』発売記念イベントツアー】

3月09日(土) イオンモール新潟南1Fマリンコート(新潟県)
(1)13:00/(2)16:00
3月10日(日) 高崎オーパ8Fイベントスペース(群馬県)
(1)13:00/(2)16:00
3月14日(木) 埼玉・アリオ川口 1F センターコート
19:00
3月16日(土) 北海道・タワーレコード札幌ピヴォ店 店内イベントスペース
(1)13:00/(2)16:00
3月17日(日) 宮城・アリオ仙台泉1Fセンターコート
(1)13:00/(2)16:00
3月19日(火) 神奈川・トレッサ横浜 北棟2F リヨン広場
19:00



【関連リンク】
岸洋佑、応援ソング「Door」を配信シングルとしてリリース決定
岸洋佑まとめ
北野里沙、山野楽器にてインストアライブを開催

【関連アーティスト】
岸洋佑
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 新曲, 音楽配信

北野里沙、山野楽器にてインストアライブを開催
Mon, 04 Mar 2019 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

北野里沙が3月11日に山野楽器の宮城・仙台店でインストアライブ『3.11 鎮魂ライブ』を開催する。

北野は2018年12月に約4年3カ月ぶりのアルバム『The day of Tomorrow』を発売。本作は“歌、祈り”をテーマにし、東日本大震災、熊本地震、豪雨災害などの被災者や、亡くなった方々の魂に寄り添うことを目的に製作された。アルバムには東日本大震災後に仙台の中学校の合唱部により歌われた「あすという日が」を含む、全8曲が収録されている。

インストアライブでは、「あすという日が」などアルバムの収録曲を中心に歌唱する予定とのこと。3月11日以降にも関東圏の山野楽器でインストアライブが開催され、どの回も観覧は無料となっているので、ぜひこの機会に足を運んでみてほしい。なお、当日は『The day of Tomorrow』を購入した人を対象としたサイン会も実施される。

■【山野楽器インストアライブ】

『3.11 鎮魂ライブ』
3月11日(月) 宮城・仙台店
仙台店 1F店頭特設ステージ
13:00〜/15:00〜

3月16日(土) 神奈川・新百合ヶ丘エルミロード店
新百合ヶ丘エルミロード1F 吹き抜け広場
13:00〜/15:00〜

3月17日(日) 埼玉・そごう大宮店
そごう大宮店2F駅側正面入り口 特設ステージ
13:00〜/15:00〜

3月23日(土) 東京・成城コルティ店
成城コルティ2Fプラザ
13:00〜/15:00〜

3月31日(日) 神奈川・たまプラーザテラス店
たまプラーザテラス ゲートプラザ1F フェスティバルコート 
14:00〜/16:00〜

アルバム『The day of Tomorrow』

2018年12月19日発売



CRC-1861/¥1,852+税
<収録曲>
1. あすという日が
2. しあわせを運べるように(ふるさとバージョン)
3. はじまりの時
4. 見上げてごらん夜の星を
5. 千の風になって
6. Ave Maria(アヴェ・マリア)
7. Amazing Grace(アメイジング・グレイス)
8. 母からの手紙



【関連リンク】
北野里沙、山野楽器にてインストアライブを開催
北野里沙まとめ
フジファブリック、新曲「ゴールデンタイム」がアニメ『BORUTO』のOP曲に決定

【関連アーティスト】
北野里沙
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, アルバム, ライブ

フジファブリック、新曲「ゴールデンタイム」がアニメ『BORUTO』のOP曲に決定
Mon, 04 Mar 2019 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フジファブリックの新曲「ゴールデンタイム」が、テレビ東京系アニメ『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』のOPテーマに決定した。

「ゴールデンタイム」は加藤慎一(Ba)が作詞作曲を務め、加藤節が効いた小気味よい歌詞と疾走感溢れるオープニングらしさが詰まった楽曲となっている。「ゴールデンタイム」がオープニングテーマとなるのは4月7日(日)からなので、アニメをご覧の際にはぜひ注目してほしい。

■【加藤慎一(Ba)コメント】

「この楽曲は自分はもちろん、誰かの想いを背負って行動する時、やらなければいけない時、気持ちは負けずに進んで欲しいという想いで作りました。作品にも、見ているあなたにも寄り添えたらと放送を楽しみにしています」

アニメ『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』

<放送局情報>
■テレビ東京系
毎週日曜 夕方5時30分放送
※毎週土曜 朝7時からはリピート放送実施中
■BSテレ東
毎週火曜 深夜0時30分から好評放送中
■岐阜放送
毎週月曜 夕方5時30分から好評放送中
■びわ湖放送
毎週日曜 深夜1時30分から好評放送中
■三重テレビ
毎週月曜 夕方5時から好評放送中
■奈良テレビ放送
毎週月曜 深夜2時30分から好評放送中
■テレビ和歌山
毎週土曜 朝8時30分から好評放送中
※その他各配信サイトにて配信

◎公式HP https://www.tv-tokyo.co.jp/anime/boruto/



【関連リンク】
フジファブリック、新曲「ゴールデンタイム」がアニメ『BORUTO』のOP曲に決定
フジファブリックまとめ
reading note、14年の軌跡と感謝を記すワンマンライヴで自主企画イベントシリーズ完遂

【関連アーティスト】
フジファブリック
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アニメ, 主題歌, オープニング

reading note、14年の軌跡と感謝を記すワンマンライヴで自主企画イベントシリーズ完遂
Mon, 04 Mar 2019 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2017年6月にセルフプロデュースミニアルバム『人間味』をリリースし、その後も精力的にライヴ活動を行なってきたreading note。2016年からさまざまな趣向で開催してきた自主企画イベント『otonication』の最終章となるワンマンライヴ『otonication FINAL』が、2019年2月24日にTSUTAYA O-Crestにて開催された。

まず1曲目の「性癖」でやわらかな音像が会場を包み込み、その後は「エクストラタイム」や「たゆたう」など、マイナー調の日本的なメロディーが平田勝久(Vo&Gu)の歌声とともに音の上を華麗に滑り抜ける。一音一音を観客ひとりひとりに手渡すような、丁寧な演奏と歌唱。暗然たる空気感だけでなく透明感と解放感を孕んだ音の渦に、観客たちも身を委ねる。

本編中盤の「clap hands」と「Q」では、観客参加型の演出企画『TETRO』とのコラボステージが展開。観客のハンドサインによってステージ上の演出装置が起動するというもので、人差し指をかざすとステージ上の火花が噴射し、狐のサインを出すと上手と下手から同時にシャボン玉が飛び出す。観客もクラップとハンドサインに興じ、会場全体で躍動感あるパフォーマンスを繰り広げた。

平田はMCで今年1月に体調を壊したことに触れると“上京した時に声が出せなくなって、1カ月、誰とも会わずに部屋にいた。その頃と同じような気持ちになった”と続け、その上京時に書いたという「name」と「プール」を届ける。隅々にまで集中力が通った緊張感のある演奏には、自分たちの音楽とそれを愛する人々へ向けた混じり気のない誠実さが表れていた。

本編ラストの前、平田は6月29日のTSUTAYA O-WESTでのワンマンライヴをもってバンドを活動休止することを発表。気持ちを誤魔化さずに言葉にしていく彼は“(活動休止前ラストライヴまでの)4カ月でみんなに感謝の気持ちを伝えていきます”と目の前の人々へ真っ直ぐ語り掛けた。「五月の雨」の音色はその言葉の通り、切々とした温かい想いに満ちる。その様子は、このバンドが14年という歳月でたくさんの財産を得てきた証のようにも思えた。

アンコールで「人間味」と「エンドロール」を披露し、11回にわたる『otonication』を締め括ったreading note。悲壮感や暗雲が立ち込めるような雰囲気などはなく、自然な笑顔がこぼれる感謝の念が貫かれたステージだった。活動休止前最後のライヴとなるTSUTAYA O-WEST公演。彼らは足を止めるその日、いったいどんな空間を作るのだろうか。

撮影:nishinaga "saicho" isao/取材:沖 さやこ

セットリスト

1. 性癖
2 インスタントマイワールド
3. エクストラタイム
4. たゆたう
5. ケダモノ
6. リリー
7. trait
8. drop out
9. clap hands
10. Q
11. name
12. プール
13. 五月の雨
<ENCORE>
1. 人間味
2. エンドロール

ワンマンライヴ情報

6月29日(土) 東京・TSUTAYA O-WEST



【関連リンク】
reading note、14年の軌跡と感謝を記すワンマンライヴで自主企画イベントシリーズ完遂
reading noteまとめ
CUBERS、つんく♂作詞作曲のシングル「メジャーボーイ」でデビュー!

【関連アーティスト】
reading note
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

CUBERS、つんく♂作詞作曲のシングル「メジャーボーイ」でデビュー!
Mon, 04 Mar 2019 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5人組ボーイズユニットCUBERSが、つんく♂作詞作曲のメジャーデビューシングル「メジャーボーイ」を5月8日(水)に発売することが決定! 3月3日(日)LIQUIDROOMで開催された『CUBERSインディーズ卒業ワンマンライブ 〜入場無料を超えた“100円貰えちゃうワンマン"!?〜』にてメンバーにもサプライズで発表され、キャッチーすぎるタイトルに会場内からはどよめきが起きた。

メンバーの末吉9太郎は“つんく♂さんに書いてもらうメジャーデビュー曲が「メジャーボーイ」って、すごい!”と興奮気味に語り、春斗は“ファンのみなさんに、これからも良いお知らせができるよう日々頑張っていきたい”とメジャーデビューへの決意を新たにした。

また、「メジャーボーイ」はとしまえん2019年春の公式テーマソングとして、園内で3月21日(木・祝)より流れるとのこと。3月21日(木・祝)にはとしまえんで行なわれるイベントでの初披露が決定しており、他にも様々なコラボレーションが予定されている。詳細は近日発表予定。

また、新しいアーティスト写真も公開。CUBERSカラーの赤と青にスパンコールの輝きが目を引く衣装で、“メジャーボーイ”らしいイメージとなっている。

さらに発売記念イベントの日程と詳細も発表され、4月6日(土)大宮ステラタウンを皮切りに関東近郊・大阪・名古屋・福岡の各地で開催されるとともに、シングルの発売に合わせて全国のローソン・HMV限定でランダムアクリルキーホルダー10種の販売が決定。気になるデザインなどの詳細については、としまえんの特設ページにて発表となる。

■としまえん特設サイト
http://www.toshimaen.co.jp/cubers/

■HMV特設ページ
https://www.hmv.co.jp/news/article/1902281020/

(c) CUBERS

シングル「メジャーボーイ」

2019年5月8日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
KICM-91946/¥1,852+税
【通常盤】(CD)
KICM-1946/¥1,111+税

<収録曲>
■CD
1.メジャーボーイ
2.手を繋ごう
3.Five Step
■DVD
・「メジャーボーイ」MV
・「メジャーボーイ」MVメイキング映像
・「CUBERSの!全国キャンピングカーTOUR」ドキュメンタリー映像

◎封入特典
・スペシャルイベント応募ハガキ封入(当選者は6月1日(土)都内某所にて実施の個別サイン会に招待)

※店舗特典情報
http://www.kingrecords.co.jp/cs/t/t11556/
※ローソン・HMV限定グッズ販売
メジャーデビューを記念して、全国のローソン・ミニストップ店頭Loppi端末・HMV(店舗・HMV&BOOKS online)限定で、ランダムアクリルキーホルダー(ローソンVer./HMV Ver.)計10種を販売

【シングル発売記念イベント】

4月06日(土) 埼玉・大宮ステラタウン メローペ広場
4月07日(日) 東京・ららぽーと立川立飛 2Fイベント広場
4月13日(土) 福岡・小倉駅前アイム 10F KOKURA natu-garden
4月14日(日) 福岡・キャナルシティ博多 B1Fサンプラザステージ
4月20日(土) 愛知・イオンモール常滑 ワンダーフォレストきゅりお ワンダーステージ
4月21日(日) 愛知・サンシャインサカエ B1F グランドキャニオン広場
4月27日(土) 大阪・三井アウトレットパーク 大阪鶴見 3F プラザステージ
4月28日(日) 大阪・あべのHoop1Fオープンエアプラザ
4月29日(月) 愛知・アスナル金山 明日なる!広場&ステージ
4月30日(火) 愛知・名古屋パルコ 西館1階イベントスペース
5月02日(木) 宮城・泉中央駅前 おへそ広場
5月03日(金) 群馬・高崎オーパ2Fペデストリアンデッキ
5月04日(土) 埼玉・大宮アルシェ イベントスペース
5月05日(日) 千葉・セブンパークアリオ柏 スマイルパーク
5月06日(月) 東京・としまえん それいゆ広場 それいゆステージ
5月07日(火) 東京・タワーレコード渋谷店B1F
5月08日(水) 東京・HMV&BOOKS SHIBUYA 7F
5月09日(木) 東京・タワーレコード新宿店7Fイベントスペース
5月10日(金) 神奈川・タワーレコード横浜ビブレ店
5月11日(土) 埼玉・イオンレイクタウンkaze
5月12日(日) 東京・東京ドームシティラクーアガーデンステージ



【関連リンク】
CUBERS、つんく♂作詞作曲のシングル「メジャーボーイ」でデビュー!
CUBERSまとめ
つんく♂まとめ
三代目 J SOUL BROTHERS、シングル「Yes we are」MVを生配信

【関連アーティスト】
CUBERS, つんく♂
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, キャンペーン, 発表, 発売

三代目 J SOUL BROTHERS、シングル「Yes we are」MVを生配信
Mon, 04 Mar 2019 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月13日にニューシングル「Yes we are」をリリースする三代目 J SOUL BROTHERSが、3月10日(日)21時より主要SNS・動画配信サービスにて『Yes we are 〜WORLDWIDE STREAMING〜』と題した生配信を行なうことが発表された。

主要SNS・動画配信サービスを駆使して前代未聞の規模にて行なわれる本企画は、元旦より発表された『RAISE THE FLAG』についてメンバーから発表を行ない、「Yes we are」のMVを世界初公開するというもの。国内外へ彼らのパフォーマンスをより多くの人に観てもらいたいという思いを込めて実施されるとのこと。

また、三代目 J SOUL BROTHERSは4月より全国ドームツアーも予定しているので、引き続き注目だ。

■『Yes we are 〜WORLDWIDE STREAMING〜』

<配信日時>
3月10日(日)21時〜(約30分の放送を予定)

<配信サービス>
AbemaTV、Facebook、グノシー(Gunosy)、Instagram、LDH TERMINAL、LDH TV、LINE LIVE、ニコニコ生放送、Twitter、WEIBO、YouTube(ABC順にて記載)

■特設サイト 
https://jsoulb.jp/special/streaming/

シングル「Yes we are」

2019年3月13日発売



【CD+DVD】
RZCD-86822/B/¥1,800+税
【CD】
RZCD-86823/¥1,200+税




【関連リンク】
三代目 J SOUL BROTHERS、シングル「Yes we are」MVを生配信
三代目J Soul Brothersまとめ
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEまとめ

【関連アーティスト】
三代目J Soul Brothers, 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, MV, シングル, 配信













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1