歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2019年03月02日)
バックナンバー
最新ニュース
2019/03/11
2019/03/10
2019/03/09
2019/03/08
2019/03/07
2019/03/06
2019/03/05
2019/03/04
2019/03/03
2019/03/02
2019/03/01
2019/02/28
2019/02/27
2019/02/26
2019/02/25
2019/02/24
2019/02/23
2019/02/22
2019/02/21
2019/02/20
2019/02/19
2019/02/18
2019/02/17
2019/02/16
2019/02/15
2019/02/14
2019/02/13
2019/02/12
2019/02/11
2019/02/10
2019/02/09
2019/02/08
2019/02/07
2019/02/06
2019/02/05
2019/02/04
2019/02/03
2019/02/02
2019/02/01
2019/01/31
2019/01/30
2019/01/29
2019/01/28
2019/01/27
2019/01/26
2019/01/25
2019/01/24
2019/01/23
2019/01/22
2019/01/21
2019/01/20
2019/01/19
2019/01/18
2019/01/17
2019/01/16
2019/01/15
2019/01/14
2019/01/13
2019/01/12
2019/01/11
2019/01/10
2019/01/09
2019/01/08
2019/01/07
2019/01/06
2019/01/05
2019/01/04
2019/01/03
2019/01/02
2019/01/01
2018/12/31
2018/12/30
2018/12/29
2018/12/28
2018/12/27
2018/12/26
2018/12/25
2018/12/24
2018/12/23
2018/12/22
2018/12/21
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
HYDE、日本ツアー開催決定&新アーティスト写真公開
Sat, 02 Mar 2019 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

HYDEの日本ツアー『HYDE LIVE 2019』が6月22日から開催されることが発表された。

今回はZEPP TOKYO、SENDAI PIT、ZEPP FUKUOKA、BLUE LIVE HIROSHIMA、ZEPP OSAKA BAYSIDE 、ZEPP NAGOYA、札幌 ZEPP SAPPOROの7都市で26公演を実施。一部のライヴは男性と女性でエリアが分けられる“BEAUTY & THE BEAST公演”となる。

また、3月20日にシングルリリースする「MAD QUALIA」が3月6日から先行配信されることと、新たなアーティスト写真を発表。赤い唇が印象的なソロショットになっている。

■『HYDE LIVE 2019』

6月22日(土)、6月23日(日) ZEPP TOKYO
6月25日(火)、6月26日(水) ZEPP TOKYO
6月28日(金)、6月29日(土) ZEPP TOKYO
※6月29日はBEAUTY & THE BEAST公演

7月02日(火)、7月03日(水) SENDAI PIT
7月06日(土)、7月07日(日) ZEPP FUKUOKA
7月09日(火)、7月10日(水) BLUE LIVE HIROSHIMA

7月13日(土)、7月14日(日) ZEPP OSAKA BAYSIDE
7月16日(火)、7月17日(水) ZEPP OSAKA BAYSIDE
7月20日(土)、7月21日(日) ZEPP OSAKA BAYSIDE
※7月20日はBEAUTY & THE BEAST公演

7月24日(水)、7月25日(木) ZEPP NAGOYA
7月27日(土)、7月28日(日) ZEPP NAGOYA
※7月27日はBEAUTY & THE BEAST公演

7月30日(火)、7月31日(水) ZEPP NAGOYA
8月31日(土)、9月01日(日) ZEPP SAPPORO

平日 OPEN 18:00 / START 19:06
土日 OPEN 16:00 / START 17:06
※開場 / 開演時間は予定です。変更となる場合があります。



【関連リンク】
HYDE、日本ツアー開催決定&新アーティスト写真公開
HYDEまとめ
超特急、『LUCUA大阪4周年×KOBE COLLECTION』トークショーに登壇

【関連アーティスト】
HYDE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ツアー

超特急、『LUCUA大阪4周年×KOBE COLLECTION』トークショーに登壇
Sat, 02 Mar 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急のカイ、リョウガ、ユーキが、3月2日に行なわれた『LUCUA大阪4周年×KOBE COLLECTION』のスペシャルトークショーに登壇した。

ファッションをテーマにした同イベント。3人は思い思いの私服で登場し、ファッションのこだわりについて語った。カイは「ジャンルを問わず選ぶ」、ユーキはドジっ子らしく汚れが目立ちにくい「全身黒コーデが好み」、リョウガは「全身ポールスミス、店員さんにトータルコーディネートしてもらっている」とコメント。女性の好きなファッションでは、カイ「スキニーパンツ」、ユーキ「ワンピース」、リョウガ「似合っていれば、輝いて見える」とトークを繰り広げ、会場を盛り上げた。

超特急は3月3日の『KOBE COLLECTION 2019』に出演。ライヴパフォーマンスのみならずランウェイにも登場予定だ。



【関連リンク】
超特急、『LUCUA大阪4周年×KOBE COLLECTION』トークショーに登壇
超特急まとめ
奥華子、Peach×Vanilla Air統合記念キャンペーン動画に新曲提供

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN

奥華子、Peach×Vanilla Air統合記念キャンペーン動画に新曲提供
Sat, 02 Mar 2019 17:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

PeachとVanilla Airの統合記念キャンペーンWEB動画「旅する女。恋する男。」に、奥華子の「カスミソウ」が起用されたことがわかった。

同曲は3月20日にリリースする10枚目のアルバム『KASUMISOU』の収録曲。「カスミソウ」は、かすみ草の“純真”“あなただけを想う"”という花言葉のように、「この先も愛する人を一途に愛し続ける」というメッセージが綴られている。

公開されたWEB動画は企業統合を題材にした純愛ストーリーで、福田メイコ演じる一人旅が趣味の“ピーチちゃん”が、杉本海凪演じる旅行好きの“バニラくん”と石垣島で出会い、行く先々で何度も顔を合わせるうちに親密になっていくという内容だ。

また3月1日、平成31年間にリリースされたアニメソングを対象に、有識者による選考員とユーザーが讃えたいアニソンを発表する『平成アニソン大賞』が開催。平成の時代を3つの年代に分けて各部門で楽曲がノミネートされ、奥華子が2007年に発表した映画『時をかける少女』の主題歌「ガーネット」が2000年〜2009年の映画主題歌賞を受賞した。

アルバム『KASUMISOU』

2019年3月20日発売



【初回限定盤】(2CD)
PCCA-04766/¥4,000+税
<収録曲>
■CD
1.鞄の中のやきもち
2.ホントはね
3.逢えなくても
4.絶対
5.願い
6.一歩前に
7.恋の果て
8.同窓会
9.素顔
10.クリスマスの夜
11.セピア色
12.カスミソウ
■初回限定盤特典CD
1.トライアングル(Piano ver. / duet with 藤田麻衣子)
2.MOTHER
3.君が待つあの丘へ
4.心が帰る場所



【通常盤】(CD)
PCCA-04767/¥3,000+税
<収録曲>
1.鞄の中のやきもち
2.ホントはね
3.逢えなくても
4.絶対
5.願い
6.一歩前に
7.恋の果て
8.同窓会
9.素顔
10.クリスマスの夜
11.セピア色
12.カスミソウ



【関連リンク】
奥華子、Peach×Vanilla Air統合記念キャンペーン動画に新曲提供
奥華子まとめ
Gacharic Spin、手塚プロとコラボ!『ガチャっ10BEST』ジャケ公開!

【関連アーティスト】
奥華子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, トレーラー, CD, アルバム

Gacharic Spin、手塚プロとコラボ!『ガチャっ10BEST』ジャケ公開!
Sat, 02 Mar 2019 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Gacharic Spinが3月27日にリリースするベストアルバム『ガチャっ10BEST』のジャケット写真が公開された。

“入門編”のジャケット写真では手塚プロダクションとの豪華コラボレーションが実現。「不死鳥のようにまだまだバンドは続いていく」という前向きなメッセージが込められた、“火の鳥”に乗るメンバーが描かれている。ジャケットを手掛けたのは、手塚治虫のアシスタントを務めていた池原しげと。「『Lock On!!』でどハマりして、追いかけていた彼女達のジャケットを描くことができ、とても嬉しいです。 手塚プロのキャラクターに寄せて描いたメンバーのイラストは、彼女達のキャラクターの雰囲気を出せていると思います」と喜びを語っている。

“中級編”は新メンバーのアンジェリーナ1/3が加わったメンバーカットによるジャケット写真、“上級編”は10周年のディスコグラフィーが散りばめられたジャケット写真となった。また、タイトル未定だった新曲のタイトルが「逆境ヒーロー」に決定。中級・上級編に収録されるライヴ音源の収録曲の詳細も発表された。中級編にはフォトブックが付属、上級編は“全力”デジパック仕様のパッケージとなる。

さらに、4月から行われる全国ツアーの第1弾スケジュールが発表された。4月6日の桜坂セントラルを皮切りに、10月14日に“10周年特別ワンマン”としてツアーファイナルを中野サンプラザで迎える。詳細はオフィシャルHPをチェックしよう。

なお全国ツアーの発表に伴い、『ガチャっ10BEST』中級編の特典として“「あなたのためだけに全力で1曲披露します」キャンペーン”を開催することが決定。10人に4月から行われる全国ツアーの希望の会場で、“全力”でGacharic Spinが1曲披露する企画となる。

■【池原しげと コメント】

約6年前、動画サイトでたまたま見つけて、面白いなと思ったGacharic Spin。
「Lock On!!」でどハマりして、追いかけていた彼女達のジャケットを描くことができ、とても嬉しいです。
手塚プロのキャラクターに寄せて描いたメンバーのイラストは、彼女達のキャラクターの雰囲気を出せていると思います。
これからも彼女達を追いかけます。

■【ライブ情報】

『ガチャっ10LIVE 2019』
4月06日(土) 桜坂セントラル
4月07日(日) 桜坂セントラル
4月14日(日) Thunder Snake ATSUGI
5月04日(土) HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心VJ-3
5月11日(土) 渋谷ストリームホール
5月18日(土) 名古屋Electric Lady Land
5月19日(日) 名古屋Electric Lady Land
5月25日(土) umeda TRAD
5月26日(日) umeda TRAD
6月08日(土) 福岡 DRUM Be-1
6月09日(日) 熊本B.9 v2

『Anime Matsuri 2019』
6月13日(木)〜6月16日(日)アメリカ・ヒューストン(出演日未定)
6月23日(日) 西川口 Hearts
6月29日(土) 神戸VARIT.
6月30日(日) 京都MUSE
7月06日(土) 豊橋 club KNOT

『〜10周年特別ワンマン〜 -TOUR FINAL- 』
10月14日(月・祝) 中野サンプラザ
and more

アルバム『ガチャっ10BEST』



【上級編】(3CD+Blu-ray) 
VIZL-1569/¥7,407+税
※“全力”デジパック仕様
<収録曲>
■CD1
1.逆境ヒーロー
2.赤裸ライアー
3.KAKUHEN<ver.1.01>
4.Redline
5.ゴー!ライバー
6.ニコリン星の通勤ラッシュ
7.ドレミファンタジック
8.Don\'t Let Me Down
9.シャキシャキして!!
10.夢喰いザメ
11.Stay Gold...
12.MUSIC BATTLER
13.アルブスの少女
14.常識デストロイヤー
15.Peacefully
■CD2
1.WINNER
2.Lock On!! -2013-
3.LosT AngeL -2019-
4.今を生きてる〜2013年 春〜
5.ダンガンビート
6.ハンティングサマー -2014-
7.Never say never
8.雪泣く〜setsunaku〜メロディー -2014-
9.運命さえも変える言葉
10.Ben-Jan-Dan -2013-
11.More Power -2014-
12.爆弾娘(ボンバーガール)
13.perception
14.ヌーディリズム
15.BROKEN LOVER -2019-
■CD3
※CD1収録曲のライヴバージョン
1.赤裸ライアー
2.KAKUHEN
3.Redline
4.ゴー!ライバー
5.ニコリン星の通勤ラッシュ
6.ドレミファンタジック
7.Don\'t Let Me Down
8.シャキシャキして!!
9.夢喰いザメ
10.Stay Gold...
11.MUSIC BATTLER
12.アルブスの少女
13.常識デストロイヤー
14.Peacefully
■Blu-ray
・MV
1.赤裸ライアー
2.Don\'t Let Me Down
3.MUSIC BATTLER
4.フィナルなファンタジー
5.シャキシャキして!!
6.アルブスの少女(Live ver.)
7.KAKUHEN
8.白がこの街と僕を染める
9.ジェネレーションギャップ
10.Redline
11.ゴーストルール
12.うんうんうんちくん
・『[“ライバー大宴祭”The Movie] 2017.06.24 at 日比谷野外大音楽堂』
1.OPENING
2.ゴー!ライバー
3.爆弾娘(ボンバーガール)
4.胸を張ってもいいんだよ
5.溶けないCANDY
6.今を生きてる〜2017年 梅雨〜
7.僕だけのシンデレラ
8.パラリヤハッピー
9.週末ファンタジー
10.Ben-Jan-Dan
11.Drum Solo
12.シャキシャキして!!
13.ハンティングサマー
14.Lock On!!
15.ダンガンビート
16.ゴー!ライバー
17.WINNER
18.GS Gacha 2012



【中級編】(3CD+BOOK)
VICL-65171〜65173/¥3,611+税
※フォトブック付属
<収録曲>
■CD1
1.逆境ヒーロー
2.赤裸ライアー
3.KAKUHEN<ver.1.01>
4.Redline
5.ゴー!ライバー
6.ニコリン星の通勤ラッシュ
7.ドレミファンタジック
8.Don\'t Let Me Down
9.シャキシャキして!!
10.夢喰いザメ
11.Stay Gold...
12.MUSIC BATTLER
13.アルブスの少女
14.常識デストロイヤー
15.Peacefully
■CD2
1.WINNER
2.Lock On!! -2013-
3.LosT AngeL -2019-
4.今を生きてる〜2013年 春〜
5.ダンガンビート
6.ハンティングサマー -2014-
7.Never say never
8.雪泣く〜setsunaku〜メロディー -2014-
9.運命さえも変える言葉
10.Ben-Jan-Dan -2013-
11.More Power -2014-
12.爆弾娘(ボンバーガール)
13.perception
14.ヌーディリズム
15.BROKEN LOVER -2019-
■CD3
※CD1収録曲のライヴバージョン
1.赤裸ライアー
2.KAKUHEN
3.Redline
4.ゴー!ライバー
5.ニコリン星の通勤ラッシュ
6.ドレミファンタジック
7.Don\'t Let Me Down
8.シャキシャキして!!
9.夢喰いザメ
10.Stay Gold...
11.MUSIC BATTLER
12.アルブスの少女
13.常識デストロイヤー
14.Peacefully

◎初回生産分封入特典
「あなたのためだけに1曲披露します」キャンペーン
10周年にちなんで抽選で10人に4月から行われる全国ツアーの希望の会場で、“全力”でGacharic Spinが1曲披露。
応募締切:2019年4月10日(水)23:59



【入門編】(CD) 
VICL-65174/¥2,130+税
<収録曲>
1.逆境ヒーロー
2.赤裸ライアー
3.KAKUHEN<ver.1.01>
4.Redline
5.ゴー!ライバー
6.ニコリン星の通勤ラッシュ
7.ドレミファンタジック
8.Don\'t Let Me Down
9.シャキシャキして!!
10.夢喰いザメ
11.Stay Gold...
12.MUSIC BATTLER
13.アルブスの少女
14.常識デストロイヤー
15.Peacefully

◎初回生産分封入特典
Gacharic Spin “全力”ステッカー計10種類
メンバー5人のソロカット2種類、計10種類の絵柄の中からランダムで1枚封入。当たり付き。



【関連リンク】
Gacharic Spin、手塚プロとコラボ!『ガチャっ10BEST』ジャケ公開!
Gacharic Spinまとめ
ACIDMAN×テナー×バクホン、東名阪ツアー開催決定

【関連アーティスト】
Gacharic Spin
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, CD, アルバム, ツアー

ACIDMAN×テナー×バクホン、東名阪ツアー開催決定
Sat, 02 Mar 2019 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ACIDMAN、STRAIGHTENER、THE BACK HORNによるスプリットツアー『THREE for THREE』が、6月5日から開催される。

一昨年、あるいは昨年に結成20年を迎えた3組。普段から親交も深く、これまでもイベントやフェスなどで揃うことはあったが、3バンドでツアーを行なうのは今回が初となる。

ツアーは6月5日にZepp Tokyo、6月21日にZepp Nagoya、6月28日にZepp Osaka Baysideで実施。各バンドのファンクラブ先行予約は3月11日まで受け付けている。オフィシャルサイトの先行予約は3月15日19時、プレオーダーは4月1日12時、 一般販売は4月27日からスタート。

■ACIDMAN オフィシャルHP
http://acidman.jp
■STRAIGHTENER オフィシャルHP
http://www.straightener.net
■THE BACK HORN オフィシャルHP
http://thebackhorn.com

■『ACIDMAN×STRAIGHTENER ×THE BACK HORN Tour “THREE for THREE”』

6月05日(水) Zepp Tokyo
6月21日(金) Zepp Nagoya
6月28日(金) Zepp Osaka Bayside



【関連リンク】
ACIDMAN×テナー×バクホン、東名阪ツアー開催決定
ACIDMANまとめ
STRAIGHTENERまとめ
THE BACK HORNまとめ
SILENT SIREN、『NEO SHIBUYA TV』とコラボ!渋谷の街頭ビジョンをジャック!

【関連アーティスト】
ACIDMAN, STRAIGHTENER, THE BACK HORN
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブ

SILENT SIREN、『NEO SHIBUYA TV』とコラボ!渋谷の街頭ビジョンをジャック!
Sat, 02 Mar 2019 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

クリエイティブレーベル『NEO SHIBUYA TV』が手掛けたSILENT SIRENのCM映像が完成し、3月2日から3月15日までの2週間、シブヤテレビジョン9基で放送されることがわかった。

ファッションブランドや海外アーティストなど、ストリートカルチャーの最前線のプロジェクトとタッグを組んできた『NEO SHIBUYA TV』。日本人の音楽アーティストとコラボレーションするのは初となる。サイサイメンバーは3月1日(金)PM3:13に「NEO SHIBUYA TV」のレーベルTシャツを全員着用し「coming soon」と予告していた。

「今までとは違うサイサイ」をテーマにプロジェクトは立ち上がり、この映像のために各所から多彩なクリエイターが集結。スタイリングは「MEN\'S NON-NO」や「BRUTUS」、「EYESCREAM」など、 ファッション誌を中心に活躍するスタイリスト、大石幸平が担当。ヘアメイクアーティスト喜多村拓矢とフジワラダイスケによる斬新でエッジーなヴィジュアルを映像作家・杉山弘樹が15秒の映像にまとめあげた。

また、この映像のために制作した2種類のTシャツはGORO NAKATSUGAWA(MIN-NANO)がエクスクルーシブデザインを提供。さらにBGMはアルバム「31313」リード曲「恋のエスパー」を映像の世界観に合わせてNEO SHIBUYA TVが大胆にアレンジしている。現在のストリートシーンの精鋭たちとサイサイがコラボした斬新すぎる映像は必見だ。さらに、映像には「31313」に加えて謎の暗号も提示されている。

■NEO SHIBUYA TV オフィシャルInstagram
https://www.instagram.com/neoshibuyatv/?hl=ja

アルバム『31313』

2019年3月13日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
UPCH-29322/¥3,900(税込)
※トールサイズパッケージ仕様
<収録曲>
■CD
1.恋のエスパー
2.無重力ダンス
3.Go Way!
4.ALC.Monster
5.天下一品のテーマ
6.クリームソーダ
7.REBORN
8.卒業
9.19 summer note.
10.Attack
11.渇かない涙
12.Letter
13.Happy Song For You(ボーナストラック)
■DVD
・「19 summer note.」MV
・「天下一品のテーマ」MV
・「Go Way!」Mv
・「恋のエスパー」MV
・Behind the scenes of『31313』Visual Making
・Behind the scenes of『31313』Recordings



【通常盤】(CD)
UPCH-20510/¥3,000(税込)
<収録曲>
1.恋のエスパー
2.無重力ダンス
3.Go Way!
4.ALC.Monster
5.天下一品のテーマ
6.クリームソーダ
7.REBORN
8.卒業
9.19 summer note.
10.Attack
11.渇かない涙
12.Letter
13.Happy Song For You(ボーナストラック)



【関連リンク】
SILENT SIREN、『NEO SHIBUYA TV』とコラボ!渋谷の街頭ビジョンをジャック!
SILENT SIRENまとめ
10周年のRhythmic Toy World、ツアーファイナルはLIQUIDROOM

【関連アーティスト】
SILENT SIREN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, CD, アルバム

10周年のRhythmic Toy World、ツアーファイナルはLIQUIDROOM
Sat, 02 Mar 2019 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月3日に4枚目となるミニアルハ?ム『PLACE』をリリースするRhythmic Toy Worldが、そのリリースツアー『PLACE TOUR』のファイナルを7月25日(木)に恵比寿リキッドルームで行なうことがわかった。

ツアーは4月12日(金)の千葉公演よりスタートし、7月25日(木)のツアーファイナルまて?全21箇所を駆け抜ける。

また、本ツアー全21公演を対象としたオフィシャル先行受付(抽選)か?、発表と同タイミングの3月1日(金)22:00よりスタートとなっている。

『PLACE TOUR』

4月12日(金) 千葉 LOOK ※ワンマン
4月20日(土) 三重 四日市 CLUB CHAOS ※ワンマン
4月21日(日) 兵庫 神戸 太陽と虎 ※ゲスト有り
4月23日(火) 福岡 小倉 FUSE ※ゲスト有り
4月24日(水) 岡山 CRAZYMAMA 2nd Room ※ゲスト有り
5月10日(金) 長野 松本 ALECX ※ゲスト有り
5月17日(金) 茨城 水戸 LIGHT HOUSE ※ワンマン
5月19日(日) 栃木 HEAVEN\'S ROCK Utsunomiya 2/3(VJ-4) ※ゲスト有り
5月24日(金) 岐阜 柳ヶ瀬 Ants ※ワンマン
5月25日(土) 静岡 静岡 UMBER ※ゲスト有り
6月06日(木) 岩手 the five morioka ※ゲスト有り
6月07日(金) 福島 郡山 CLUB #9 ※ワンマン
6月14日(金) 大阪 梅田 Shangri-La ※ワンマン
6月15日(土) 愛知 名古屋 CLUB QUATTRO ※ワンマン
6月21日(金) 群馬 前橋 DYVER ※ゲスト有り
6月26日(水) 宮城 仙台 LIVE HOUSE enn 2nd ※ワンマン
6月28日(金) 北海道 札幌 COLONY ※ワンマン
6月30日(日) 富山 SOULPOWER ※ゲスト有り
7月04日(木) 福岡 Queblick ※ワンマン
7月05日(金) 広島 CAVE-BE ※ワンマン
7月25日(木) 東京 恵比寿 LIQUIDROOM ※ツアーファイナルワンマン

<チケット>
■4月12日(金)千葉公演〜7月5日(金)広島公演
前売り¥3,300 ※ト?リンク代別途
■7月25日(木)恵比寿 LIQUIDROOM
前売り¥3,500 ※ト?リンク代別途
■オフィシャル先行受付(抽選)
受付期間:3月1日(金)22:00〜3月6日(水)23:59
https://l-tike.com/st1/rtw2019-hp2

ミニアルバム『PLACE』

2019年4月3日発売



STR-1051/¥1,800+tax
<収録曲>
1. はじまり
2. クリティカルヒット
3. アンダンテ
4. 未来へのセッション
5. 2019
6. ネバギバ
7. パドル




【関連リンク】
10周年のRhythmic Toy World、ツアーファイナルはLIQUIDROOM
Rhythmic Toy Worldまとめ
ゑんら、初の全国流通盤発売決定!3カ月で1万枚売れなければ解散!?

【関連アーティスト】
Rhythmic Toy World
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表, パンク, オルタナティブ, ライブ, ツアー, チケット

ゑんら、初の全国流通盤発売決定!3カ月で1万枚売れなければ解散!?
Sat, 02 Mar 2019 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ゑんらが初の全国盤流通となるシングル「妖怪ディスコ」を4月24日にリリースすることを発表した。Type-A、Type-B、みさとver、ひかりver、きららverの5形態を用意しており、でんぱ組.incなどを手掛ける音楽ディレクター、映像監督のYGQが担当したMVも公開された。

そんな同作だが、発売3ヶ月後の7月24日までに累計売上枚数1万枚を達成できなければ解散するとのことだ。

ゑんらは滝口ひかり、滝口きらら、木乃伊みさとからなる完全セルフプロデュース型のアイドルグループ。運営スタッフやプロデューサーを付けず、楽曲制作からイベントのブッキングまでメンバー独自で行なっている。

シングル「妖怪ディスコ」

2019年4月24日発売



【Type-A】
¥1,111+税
【Type-B】
¥1,111+税
【みさとver】
¥1,111+税
【ひかりver】
¥1,111+税
【きららver】
¥1,111+税



【関連リンク】
ゑんら、初の全国流通盤発売決定!3カ月で1万枚売れなければ解散!?
ゑんらまとめ
“アニソンの女王”こと堀江美都子、活動50周年第一弾アルバム『平成の堀江美都子』リリース決定

【関連アーティスト】
ゑんら
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, MV, CD, 新曲

“アニソンの女王”こと堀江美都子、活動50周年第一弾アルバム『平成の堀江美都子』リリース決定
Sat, 02 Mar 2019 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1969年8月に アニメ「紅三四郎」主題歌でデビュー以降、『キャンディ キャンディ』『花の子ルンルン』『ひみつのアッコちゃん』『ボルテスV』など数々のアニメ作品の主題歌を歌唱し、今年デビュー50周年を迎える「アニメソングの女王」の異名をとる“堀江美都子"。その記念イヤーを飾る第一弾アルバムのリリースが決定した。

平成が幕を下ろすタイミングで、堀江が平成時代に歌唱したアニメ主題歌を詰め込んだアルバム『平成の堀江美都子』が4月24日にリリースされる! 「グローイング・アップ」「太陽を追いかけて」「笑顔のループ」などが収録予定となっており、今までのコンピレーション盤とはひと味違う、ファンも楽しめる内容となっている。

このほか、今年から来年にかけて50周年記念ライヴ、CDリリースなどを行なうとのこと。詳細は後日発表される。

アルバム『平成の堀江美都子』

2019年4月24日発売



COCX-40748/¥2,500+税
<収録予定曲>
・グローイング・アップ
・太陽を追いかけて
・笑顔のループ
・風の少女
・キミのひかり
・和倉のあいの物語
・勇躍!ミラクルロボットフォース
ほか



【関連リンク】
“アニソンの女王”こと堀江美都子、活動50周年第一弾アルバム『平成の堀江美都子』リリース決定
堀江美都子まとめ
D、V系ロックバンド初のオンラインサロン詳細解禁&入会受付開始

【関連アーティスト】
堀江美都子
【ジャンル】
アニメ・声優, ニュース, CD, アルバム, アニメ

D、V系ロックバンド初のオンラインサロン詳細解禁&入会受付開始
Sat, 02 Mar 2019 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DがDMM.comに開設したオンラインサロン“Sub Rosa”の入会受付がスタートした。

ビジュアル系ロックバンドがDMM.comでオンラインサロンを開設するのはDが初。“Sub Rosa”は「秘密」を意味し、Dのファンクラブ会員のみ入会可能で、限定コンテンツがフルで用意されている「“VIP” Sub Rosa 〜Royal castle〜」、コンテンツの一部が楽しめる「“GA” Sub Rosa 〜Secret garden〜」の2つのコースがラインナップしている。ここでしか見ることができない動画や写真、ブログ、オンライン上でメンバーとのやり取りも楽しめるとのこと。

また今春、撮影スタジオ“Studio Rosarium”のオープンを予定。ヨーロッパの古城や薔薇園をイメージし、世界観を重視した撮影スタジオ、イベントスペース、レンタルスペースとなっている。 3月30日、3月31日、4月6日、4月7日にはファンクラブ会員限定のレセプションパーティーを開催する。

Dはバンド結成月である4月に東名阪ワンマン『D 16th Anniversary Special Premium Live 2019 東名阪ワンマン「狂王」』、4月29日から7日間連続ライヴ企画『Vampire story “7 Days force”』を行なう。さらに、1月に ASAGIによる『“浅葱” 新春特別企画 二部制単独公演』にて初披露された未発表曲「もののあはれ」の通販を受付中。

■【D official online salon “VIP" Sub Rosa 〜Royal castle】

https://lounge.dmm.com/detail/1644/

※Very Important Person(FC会員のみ入会可能)
※2月20日時点でD official fan club「Ultimate lover」に入会されている方対象(当日消印有効)
※3月1日〜入会受付開始
※3月8日〜決済開始・運営開始

■【D official online salon “GA" Sub Rosa 〜Secret garden〜】

https://lounge.dmm.com/detail/1645/

※General Admission(一般の方も入会可能)
※3月1日〜入会受付開始
※3月8日〜決済開始・運営開始

■【Studio Rosarium】

ヨーロッパの古城や薔薇園をイメージし、世界観を重視した撮影スタジオ、イベントスペース、レンタルスペース。コンセプトごとに2F(シュバルツバルトの獣)、3F(ヴァイスヴァルトの花嫁)の2フロアで展開。オープンを記念しStudio Rosariumにて、D Official Fan Club Ultimate lover限定レセプションパーティー開催決定。

日程:3月30日、3月31日、4月6日、4月7日(各日二部制)
場所:都内某所

レセプションパーティー第二次受付開始!
お申し込みはこちら
http://www.god-child-records.com/rosarium/receptionparty.html

■Studio Rosarium 公式HP
http://www.god-child-records.com/rosarium/

【ライブ情報】

『D 16th Anniversary Special Premium Live 2019 東名阪ワンマン「狂王」』
4月12日 (金) 名古屋Electric Lady Land
4月14日 (日) ESAKA MUSE
4月17日 (水) TSUTAYA O-EAST
※3歳以上有料

『D 16th Anniversary Special Premium Live 「Vampire story “7 Days force”」』
〜Dahlie〜 
4月29日(月・祝) 高田馬場AREA
〜Wilderness〜
4月30日(火・祝) 高田馬場AREA
〜Carbuncle〜
5月01日(水・祝) 高田馬場AREA
〜Justice〜
5月02日(木・祝) 高田馬場AREA
〜Rafaga〜
5月03日(金・祝) 高田馬場AREA
〜Kircheis〜
5月04日(土・祝) 高田馬場AREA
〜Dreizehn〜
5月05日(日・祝) 高田馬場AREA

組曲「狂王」

2018年12月21日発売



GCR-175/¥2,500(税込)
※会場、通販限定販売
※会場販売:2018年12月21日豊洲PITより販売開始
※通信販売:2018年12月22日12:00〜通販受付開始
http://www.rosen-kranz.jp/shop/
<収録曲>
01.組曲「狂王」第一番 〜灯火(とうか)の雄馬〜
02.組曲「狂王」第二番 〜死の影を運ぶ鳥〜
03.組曲「狂王」第三番 〜美醜なる不死の獣〜
04.組曲「狂王」第四番 〜黒羊は忠誠の夢を見る〜
05.組曲「狂王」第五番 〜落陽に哭(な)く蝙蝠〜

アルバム『Vampire Chronicle 〜V-Best Selection Vol.2〜』

2018年12月19日発売



【初回生産限定盤】(2CD+2DVD)
YICQ-10408〜9/B〜C/¥10,000+税
※豪華写真集28P+12inch LPサイズ特殊仕様BOXパッケージ



【通常盤】(2CD)
YICQ-10414〜5/¥3,000+税

ミニアルバム『refrain』/Ruiza

2019年2月17日発売



GCR-177/¥2,100(税込)
※会場、通販限定販売
<収録曲>
1. Nexus
2. dye
3. Connect
4. refrain


未発表音源「もののあはれ」/浅葱

二千十九年一月十三日発売



GCR-176/¥700
※会場、通販限定販売
※ 1Song CD

■GUEST MUSICIANS
Gt : HIRO (La\'cryma Christi / Creature Creature)
Gt : you (Janne Da Arc)
Ba : 人時 (黒夢 / Creature Creature)
Dr : Sakura-櫻澤泰徳 (gibkiy gibkiy gibkiy / Rayflower / THE MADCAP LAUGHS / ZIGZO)




【関連リンク】
D、V系ロックバンド初のオンラインサロン詳細解禁&入会受付開始
Dまとめ
MAGIC OF LiFE主催『栃フェス』、初出演となる5組が新たに追加発表!

【関連アーティスト】
D
【ジャンル】
ヴィジュアル, ニュース, CD, アルバム, ライブ

MAGIC OF LiFE主催『栃フェス』、初出演となる5組が新たに追加発表!
Sat, 02 Mar 2019 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月13日(土)、14日(日)に栃木市栃木文化会館で開催されるMAGIC OF LiFE主催のフェス『Don\'t Stop Music Fes.TOCHIGI 2019』。その第五弾出演者と日割りが発表となった。

MAGIC OF LiFEは先日リリースしたミニアルバム『FOR YOU』リリースツアーファイナルの東京公演において、栃木市でMAGIC OF LiFE主催のライヴイベント『Don\'t Stop Music Fes.TOCHIGI 2019(通称:栃フェス)』の開催を発表。今回で通算5回目の実施となる。

『栃フェス』は2015年にMAGIC OF LiFE主催で栃木市でスタートし、2017年より栃木市と共催している音楽フェス。2018年と同じく、栃木駅から徒歩圏内の栃木市栃木文化会館が会場となる。

今回はFIVE NEW OLD、緑黄色社会、サイダーガール、感覚ピエロと4組の出演が決定した。この4組は『栃フェス』初出演となる。

『栃フェス』のチケットは一般発売中。今後の発表も目が離せない!

■『Don\'t Stop Music Fes. TOCHIGI 2019』

日程:4月13日(土)、4月14日(日)
会場:栃木市栃木文化会館(栃木県栃木市旭町12-16)
開場/開演:11:00 / 12:00
料金:前売自由席1日券:4,500円
2日通し券:8,000円
当日:5,000円
お問い合わせ:サンライズプロモーション東京(TEL:0570-00-3337)

【4月13日(土)出演アーティスト】
MAGIC OF LiFE
BURNOUT SYNDROMES
LAMP IN TERREN
WOMCADOLE
グッドモーニングアメリカ
ラックライフ
ドラマチックアラスカ
FIVE NEW OLD
緑黄色社会


【4月14日(日)出演アーティスト】
MAGIC OF LiFE
Halo at 四畳半
ircle
FOMARE
Rhythmic Toy World
SHIT HAPPENING
サイダーガール
感覚ピエロ


■栃フェス特設サイト
https://magicoflife.jp/tochifes/
■栃フェス公式Twitter
https://twitter.com/tochifes
■栃フェス公式Facebook
https://www.facebook.com/tochifes/
■栃フェス公式LINE
https://line.me/ti/p/%40hrn4465m



【関連リンク】
MAGIC OF LiFE主催『栃フェス』、初出演となる5組が新たに追加発表!
MAGIC OF LiFEまとめ
FIVE NEW OLDまとめ
緑黄色社会まとめ
サイダーガールまとめ

【関連アーティスト】
MAGIC OF LiFE, FIVE NEW OLD, 緑黄色社会, サイダーガール, 感覚ピエロ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, バンド, 発表, サイケデリック, パンク, R&B, オルタナティブ, ライブ, チケット

aiko、ライヴ映像作品『My 2 Decades』CMスポット公開
Sat, 02 Mar 2019 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

aikoのライヴBlu-ray&DVD『My 2 Decades』のCMスポットが公開された。

3月13日にリリースされる同作には、2017年に行なったライヴハウスツアー『Love Like Rock vol.8』のZepp Tokyo公演と、2018年にサザンビーチ ちがさきで開催した約3年ぶりとなるフリーライヴ『Love Like Aloha vol.6』の模様が収録。CM映像には、近距離で観客と盛り上がる『Love Like Rock vol.8』や、約3万7,000人を集めた『Love Like Aloha vol.6』の開放感あふれるライヴの模様が織り交ぜられている。

aikoは現在アリーナツアー『Love Like Pop vol.21』を実施中。3月9日、3月10日に福岡公演を控えている。また、3月21日、3月22日にZepp Tokyo20周年アニバーサリーライヴを行なう。

Blu-ray&DVD『My 2 Decades』

2019年3月13日発売



【Blu-ray】
PCXP-58615/¥5,800+税
<収録曲>
■DISC1
・『Love Like Rock vol.8』
1.夢見る隙間
2.milk
3.相合傘
4.Power of love
5.なんて一日
6.恋愛
7.プラマイ
8.ドライヤー
9.アンドロメダ
10. えりあし
11.雨踏むオーバーオール
12.恋のスーパーボール
13.明日の歌
14.beat
15.小鳥公園
16.舌打ち
17.赤いランプ
18.be master of life
19.恋をしたのは
20.Loveletter
21.キラキラ
22.エナジー
23.mix juice
24.鏡
・LLR8 backstage(特典映像)
■DISC2
『Love Like Aloha vol.6』
1.夏が帰る
2.あたしの向こう
3.予告
4.横顔
5.アンドロメダ
6.瞳
7.メドレー
8.天の川
9.花風
10.夢見る隙間
11.ストロー
12.ハナガサイタ
13.キラキラ

◎予約購入先着特典
パスステッカー
※特典は数に限りがございます。無くなり次第終了となりますのでご了承ください。
※一部取り扱いのないショップもございます。各CDショップの告知をご確認ください。



【DVD】
PCBP-58615/¥4,800+税

【ライブ情報】

『Zepp Tokyo 20th Anniversary 〜Special Live Act 5days〜
「Zepp Tokyo 20th Anniversary aikoの時。おめでとゼッペちゃん!!」』
3月21日(祝・木) Zepp Tokyo
3月22日(金) Zepp Tokyo
<チケット>
4,980円
※入場時、別途ドリンク代500円必要
ファンクラブ先行:2月21日(木)13:00〜2月24日(日)23:59

『aiko Live Tour「Love Like Pop vol.21」』
1月26日(土) 大阪:大阪城ホール
1月27日(日) 大阪:大阪城ホール
2月09日(土) 埼玉:さいたまスーパーアリーナ
2月10日(日) 埼玉:さいたまスーパーアリーナ
3月09日(土) マリンメッセ福岡
3月10日(日) マリンメッセ福岡
<チケット>
6,900円(税込)



【関連リンク】
aiko、ライヴ映像作品『My 2 Decades』CMスポット公開
aikoまとめ
さくらしめじ、卒業記念公演として中学校でのサプライズライブが実現

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, DVD, Blu-ray

さくらしめじ、卒業記念公演として中学校でのサプライズライブが実現
Sat, 02 Mar 2019 00:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

現役高校生フォークデュオのさくらしめじが3月1日、神奈川県にある藤沢市立第一中学校にてサプライズライブを行なった。本公演は卒業や新学期シーズンを控え、“生徒たちへエールを送りたい"と考えた学校側が、同世代でありながら、アーティストとして前向きに未来を切り開いているさくらしめじに着目し、彼らへ熱いエールを送ったことから、“卒業記念公演"としてこの日のライブが実現。『みちくさこうしんきょく』『ひだりむね』など、アンコールを含め全8曲が披露された。

2人の登場はサプライズとの事で、体育館に生徒が集まるとアナウンスが流れ、「今日は卒業記念公演のライブを用意しました。サプライズゲストをお呼びしたいと思います!」という呼び込み後、激しいドラムの音とアップテンポチューンが鳴り響き、ギターを抱えたさくらしめじが登場すると、会場からは驚きの声が。

「皆さん楽しんで行きましょう、宜しく!」と勢いよく雅功が呼びかけて始まったのは1曲目の『スタートダッシュ』。さくらしめじらしい、息の合った疾走感のあるギターセッションが会場に鳴り響くと、会場からは大きな歓声が起こり、手を挙げさせたりしながら早速会場の観客を巻き込んでいく。

1曲目が終わると「さくらしめじです!みなさん元気良いですね!1曲目から手拍子だったり、手を挙げて頂いてありがとうございます!サプライズということで、今回“一中"にお邪魔してます!」と挨拶。そして、「僕たちのライブの楽しみ方を知らない方もいると思いますが、僕たちのライブの楽しみ方は簡単!手拍子したり、声をあげたり、とにかく自由に楽しんでください!」と語りかけ、「楽しむ準備はできていますか?」と会場へ呼びかける。

しかし、歓声が足りないと思った雅功は「中学生のパワーならもっと行けるだろ!」と力強く会場へ呼びかけ、それを受けた生徒たちからは大歓声が起こり、2曲目『菌カツ!』へ。アップテンポチューンの中、「菌!」「カツ!」の掛け声を生徒たちと一緒にかけながら、一気にさくらしめじの盛り上がりの中へと生徒たちを巻き込んでいく。

すっかり盛り上がった空気感そのままに『ひだりむね』へ。会場にはジャンプをしたり、手を上に挙げたり、手拍子をしたり、まさに“自由にライブを楽しむ"生徒もちらほらと現れだしてきた。それを見て「良いですね!最高ですよ!」と口にしながら、青春時代の恋する気持ちを、明るく歌う2人。時折、ステージの前方に出てギターを高く掲げながらかき鳴らすパフォーマンスも見せ、会場をさらに沸かせていく。

その後のMCで彪我は「めちゃくちゃ盛り上がってもらって、ありがとうございます!踊っている人もいて…」と嬉しそうに一言。そして、さくらしめじの2人が生徒たちの事を知るべく、「インタビューをしに行きたいと思います!」と雅功が会場へ降り出し、インタビューを行う一幕も。

会場は突然の事に驚きを隠せず、雅功がインタビューをする生徒を探すために近づくと悲鳴に近い歓声が所々で沸き起こる。彪我も「今から雅功が何を聴きに行くのかな?ちゃんと答えてくださいね」とニコニコしながら会場を盛り上げていく。「君にしようかな…」と生徒の顔を見ながら、会場を駆け回る雅功に対して、手を挙げてアピールをしたりする生徒も現れだした中、1人目の生徒に対して雅功は「好きな給食」を質問。答えは「ソフト麺」との事で、「ソフト麺好きな人〜」と彪我が会場へ呼びかけるも、パラパラとしか手が上がず、それを見てすかさず「そんなに人気無いかも…!?」といたずらそうに雅功が笑う。

その後も「2年生、手を挙げて!」と学年縛りでインタビュー相手を選んだり、駆け寄ってきて立候補をしてきた男子学生の肩を抱きながらインタビューをしたり、2人ともとても気さくな様子。また、インタビューを終えた後、「引き続き、楽しんでいってくださいね」と優しく語り掛けたり、後ろにいる生徒に対して「もっと前においで。そうそう君!」と会場の生徒たちを巻き込む様子は、高校生としての“先輩"さながらだ。

いよいよ質問が最後の1人になったとき、雅功から突然「彪我、選んで!」の一言が。「う、ウソ!?誰にしようかな…」と慌てながら選ぶ彪我。部活についての質問をし、陸上部で長距離走をしているとの答えを聴いた彪我は、すかさず「(自分がやるとしたら)無理です無理です…」と小さくつぶやき、会場からは笑いが起こる。

インタビューが終わると「卒業シーズンということで、卒業をテーマにした曲を…」と彪我が口にし、生徒たちを一度座らせてから静かに始まったのは『ゆめがさめたら』と『恋音と雨空』を披露。それまで大盛り上がりだったが、曲が始まると、まっすぐに2人を見つめて曲に聴き入る生徒たち。じっくりと弾き語りによる2人の歌を聴く生徒を前に、静かに、しかし力強く、時折微笑みながら目を見合わせ、絶妙なギターセッションとハーモニーを響かせる。

その後、「ワン・ツー・スリー・フォー」と元気の良い掛け声でスタートしたのは、さくらしめじの中でも人気の高い『てぃーけーじー』の弾き語りバージョン。再び生徒たちを立たせ、TKGダンスを生徒たちに促す2人。練習の最中も雅功が「やってない奴、見えてるぞー!やり終わるまで、次に行きませんからね!」「ちょっと待った!大人〜!先生たちも余裕を見せていますが、この会場全員に、やってもらいますからね!」といたずらっぽく笑いながら盛り上げ、会場全体を再び盛り上がりの中へ巻きこんでいく。曲が始まると「手拍子!」と観客を煽りながら、「さあ、皆さん!せーの!元気よく行きましょう!」と呼びかけると、TKGダンスがスタート。徐々に曲やダンスのスピードが上がっていくと、生徒たちは慌てながらも、その難しさと楽しさに夢中な様子を見せる。最後は“高速TKGダンス"が繰り広げられ、フィニッシュすると大歓声と大きな拍手が起こった。中には満面の笑みでジャンプをし、楽しさを表現する生徒も。

その様子を見て笑顔で「もっともっと、楽しんで手拍子したいと思います!最後の曲、聴いてください!」と元気良く呼びかけ、スタートしたのは『えそらごと』。明るいアップチューンナンバーで、曲が始まると会場のほぼ全員が高く両手を掲げて手拍子をしだし、後ろや端で見ていた生徒もジャンプをしたり、友達同士で楽しそうに身体を揺らしたり、思い思いに自由にライブを楽しんでいる。その光景を見ながら、満足そうに笑顔で頷く雅功と、ニコニコと笑顔を見せる彪我。とても楽しげで、大きな一体感が会場を一気に包み込む。

楽曲が終わり「ありがとうございました!!」と叫びながらギターをかき鳴らすと、大きな歓声と拍手が起こった。その後、深々とお辞儀をしてステージを去ろうとした2人に対し、早くも「アンコール」の大合唱が。そして、響くアンコールの声に応え、再び登場した2人。会場の観客へ感謝の気持ちを述べつつ、「最後の曲は、みんなで一緒に歌って終わりたいと思うので、最後までの楽しんでいってください!」と語りかけて『みちくさこうしんきょく』をアンコール曲に選んだ。

ラストには全員で手を左右に大きく振り、会場とさくらしめじでコーラス行う1曲だが、「後ろの方!」「男子!思いっきりいくよ!」「1年生だけで!」とそれぞれ指名をしながら、コーラスを促していく。すると2年生の番になった時、これまでにない大きなコーラスが起こり、これを受けて「3年生!頑張ってくれよ!」と呼びかけるとさらに大きな歌声が響き、会場が大きく盛り上がった。

そして、「最後みんなで一緒に歌って終わりましょう!」と呼びかけ、さくらしめじと生徒たちによるコーラスが体育館に響き渡ると、大きな感動と一体感が会場中に作り上げられていく。最後は高くジャンプしてギターをかき鳴らす2人の真似をして、生徒たちもジャンプをしてフィニッシュ。「楽しかったですか!?」と呼びかけると、こぶしを高く上に挙げて、歓声を上げる生徒たち。「僕たちもすごく、すごーく楽しかったですし、これだけ沢山盛り上がれて本当に嬉しかったです!(雅功)」「また皆さんと一緒にライブがしたいでーす!(彪我)」と感想を口にした。

最後に2人から「皆さんと僕たちは、ほぼ同世代です。部活や勉強を頑張っている人、夢を探している人、色々な人がいると思います。僕たちも音楽を頑張っていますし、みんなで応援しあって、楽しんで行けたら良いなと思っています!」と生徒たちへエールを送った。その後、生徒たちから花束を贈呈され、記念写真を撮った後に「また皆さんと一緒に楽しみましょうね!次はライブ会場でお会いしましょう!と両手を高く上げながら笑顔で会場を後にしたのだった。

今回はワンマンライブとは異なり、はじめは端や後ろで見ていた生徒たちもいたが、最後にはほぼ全員が笑顔で身体を揺らして2人の音楽を楽しんでいる様子が見て取れ、学生生活の思い出に残るイベントとして、生徒たちの中に刻まれた事だろう。

photo by 大庭 元
text by 佐藤早雪

【セットリスト】
M1:スタートダッシュ
MC
M2:菌カツ!
M3:ひだりむね
MC
M4:ゆめがさめたら
M5:恋音と雨空(short ver.)
M6:てぃーけーじー
M7:えそらごと
MC
Enc1:みちくさこうしんきょく

【ライブ情報 】

『さくらしめじ 日比谷野外大音楽堂 ワンマンライブ』
5月03日(金・祝) 日比谷野外大音楽堂(東京都)
開場16:30 / 開演 17:30



【関連リンク】
さくらしめじ、卒業記念公演として中学校でのサプライズライブが実現
さくらしめじまとめ
日本クラウン内に新レーベル『Revolver records』が発足!第1弾はBiSの4thシングル!

【関連アーティスト】
さくらしめじ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, ライブ, レポート

日本クラウン内に新レーベル『Revolver records』が発足!第1弾はBiSの4thシングル!
Sat, 02 Mar 2019 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

老舗音楽レーベル・日本クラウンが、同社内に新レーベルとして『Revolver records』を発足させることを発表した。

レーベル名となった"Revolver"には「風穴を空ける」という意味があり、音楽業界に新たな風を巻き起こすという想いを込めて名付けられたとのこと。新レーベルには、BAND-MAID、BiS、FABLED NUMBER、predia、UNCHAIN といったジャンルを超えた、インパクトのあるアーティストが所属しており、記念すべき第一弾リリースはBiSの4thシングル「Are you ready?」が飾る。

今後、オフィシャルHPを始め、SNSも随時更新されていくとのことなのでぜひチェックしてもらいたい。

■【『Revolver records』情報】

■所属アーティスト
・BAND-MAID
・BiS
・FABLED NUMBER
・predia
・UNCHAIN
※アルファベット順

■Revolver records オフィシャルHP
https://revolver-records.jp



【関連リンク】
日本クラウン内に新レーベル『Revolver records』が発足!第1弾はBiSの4thシングル!
BiSまとめ
BAND-MAIDまとめ
FABLED NUMBERまとめ
prediaまとめ

【関連アーティスト】
BiS, BAND-MAID, FABLED NUMBER, predia, UNCHAIN
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, CD, シングル, リリース













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1