歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2019年02月28日)
バックナンバー
最新ニュース
2019/03/09
2019/03/08
2019/03/07
2019/03/06
2019/03/05
2019/03/04
2019/03/03
2019/03/02
2019/03/01
2019/02/28
2019/02/27
2019/02/26
2019/02/25
2019/02/24
2019/02/23
2019/02/22
2019/02/21
2019/02/20
2019/02/19
2019/02/18
2019/02/17
2019/02/16
2019/02/15
2019/02/14
2019/02/13
2019/02/12
2019/02/11
2019/02/10
2019/02/09
2019/02/08
2019/02/07
2019/02/06
2019/02/05
2019/02/04
2019/02/03
2019/02/02
2019/02/01
2019/01/31
2019/01/30
2019/01/29
2019/01/28
2019/01/27
2019/01/26
2019/01/25
2019/01/24
2019/01/23
2019/01/22
2019/01/21
2019/01/20
2019/01/19
2019/01/18
2019/01/17
2019/01/16
2019/01/15
2019/01/14
2019/01/13
2019/01/12
2019/01/11
2019/01/10
2019/01/09
2019/01/08
2019/01/07
2019/01/06
2019/01/05
2019/01/04
2019/01/03
2019/01/02
2019/01/01
2018/12/31
2018/12/30
2018/12/29
2018/12/28
2018/12/27
2018/12/26
2018/12/25
2018/12/24
2018/12/23
2018/12/22
2018/12/21
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
SUPER BEAVER、豊洲PIT公演のライブ映像を使った人気曲「irony」MV公開
Thu, 28 Feb 2019 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SUPER BEAVERが、YouTube MusicのCMソング「27」を皮切りに、“LIVE MV連続公開”と銘打って、ライブ映像を使ったMVを順次公開している。今回その第2弾としてライブでもフロア全体を躍らせる人気楽曲「irony」のMVを公開した。

このMVは、2018年10月14日に行なわれた『歓声前夜 Release Tous 2018 〜初めての、ラクダ運転〜』の豊洲PIT公演のライブ映像で構成。また、「irony」のサブスクリプション配信サービスも3月1日から順次スタートするので、併せてチェックししてみてほしい。

なお、“LIVE MV連続公開”は何回続くのかは未だに明かされていない為、SUPER BEAVERからの続報に引き続き注目だ。



【関連リンク】
SUPER BEAVER、豊洲PIT公演のライブ映像を使った人気曲「irony」MV公開
SUPER BEAVERまとめ
SWAY、配信シングル「チョコレート」リリース記念で“MANZANAダンス部”を再結成

【関連アーティスト】
SUPER BEAVER
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV

SWAY、配信シングル「チョコレート」リリース記念で“MANZANAダンス部”を再結成
Thu, 28 Feb 2019 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SWAYが2月14日に配信し、iTunes ヒップホップ・ラップランキング、邦楽ヒップホップ/R&B/レゲエ ランキングともに1位を獲得した「チョコレート」のリリースを記念して、ファンからの大好評の「MANZANAダンス部」の部活動を再び開催することを発表した。

2016年のシングル「MANZANA」、2017年のアルバム『UNCHAINED』(テーマ曲は「SWAY SWAY」)のリリース・タイミングの2回の活動の実績がある「MANZANAダンス部」。100名の部員と “禁断の部活動"として実施、「MANAZANA」「SWAYSWAY」のダンスをダンス部部長であるSWAYと練習、そのダンスと音楽の楽しさを皆で体感しながら、ダンスを習得するというのが活動内容である。

そして、今回のテーマ・ダンスは最新デジタル・シングル「チョコレート」のミュージック・ビデオで登場する主人公のチョコレート=「シックスパック君」が踊るダンス。SWAYがリリース記念で配信した「LINE LIVE」の番組にて、この振り付けをした世界的なコレオグラファー=RIEHATAがゲストで登場し、彼女とともにSWAYがそのダンスを解説〜披露した。この番組放送後、「#チョコレートチャレンジ」などのハッシュタグとともに、動画共有サービス=Tik Tokでダンスの投稿が多くされ続けており、このダンス部再結成となった。

部員の応募はすでに始まっているので、詳細をオフィシャルHPなどをチェックし、是非とも応募してもらいたい。

■「MANZANAダンス部〜「チョコレート」編〜」部員募集HP
https://www.universal-music.co.jp/sway-d/chocolate-dance/

配信楽曲「チョコレート」

配信中



【関連リンク】
SWAY、配信シングル「チョコレート」リリース記念で“MANZANAダンス部”を再結成
SWAYまとめ
DOBERMAN INFINITYまとめ
シド、初の上海・北京を含む4都市を巡ったアジアツアーが終幕

【関連アーティスト】
SWAY, DOBERMAN INFINITY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, 配信

シド、初の上海・北京を含む4都市を巡ったアジアツアーが終幕
Thu, 28 Feb 2019 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

結成15周年のアニバーサリーイヤーを邁進中のシドが、台北・香港・上海・北京の4都市を巡るアジアツアー『SID 15th Anniversary ASIA TOUR “THE PLACE WHERE WE LOVE MOST 2019"』を完走した。

今回のアジアツアーは2014年以来5年ぶりの台北・香港の2公演に加え、シド史上初となる上海・北京の計4公演を駆け抜けた。4都市それぞれ全ての空港には、熱狂的な現地ファンが大勢詰めかけ、メンバーの到着を歓迎。一時混乱を招く空港もあったほど、日本だけでないアジアでのシドの人気ぶりを垣間見せた。

ライブではメンバー全員がほとんどのMCを中国語で行っただけでなく、ヴォーカル・マオは「その未来ヘ」のサビを中国語で歌い上げ、台北・香港・上海・北京にいる現地ファンを大いに驚かせた。日本とは違った環境でのライブでは、機材トラブルに見舞われた都市もあったが、それを乗り越え、しっかりと会場を1つにできるメンバーの結束力の高さも彼らの15年間の歩みが成せる業だろう。どの会場も超満員の中、最高潮に熱いステージを見せ、マオは「また必ず帰ってきます!」と強い言葉で再会を約束した。

シドは3月10日(日)に横浜アリーナ公演『SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ 〜その未来へ〜』を開催し、15周年の集大成を見せる。当日、横浜アリーナの会場では「その未来へ」の会場限定盤パッケージも販売される。「その未来へ」は2018年にリリースされた自身初のミニアルバム『いちばん好きな場所』の収録曲でありながら、今回の横浜アリーナ公演のタイトルにも冠されている、シドの15周年を象徴する大切な楽曲の1つである。

■【コメント】

■ヴォーカル・マオ
上海・北京を含む初の4都市をしっかり周るツアーだったこともあり、とても勉強になるツアーでした。現地のファンの方々の温かさに本当に支えられたツアーだったなと思います。そして、日本のファンの子たちも参加してくれていて、顔を見るとホッとしたりしました。ここから3月10日の横浜アリーナにしっかりと繋げていけたらと思います。

■ギター・Shinji
アジアツアーお疲れ様でした。5年ぶりのアジアツアーでしたが、ファンの皆さんのパワーが大きくなっているように感じました。ライブでは僕たちシドも自然と体が動いてしまい、どの都市の公演でも楽しむことができました。また近いうちに戻ってきたいと思っています。待っていてください。

■ベース・明希
今回アジアツアー4本、バンドにとっても大きな経験値となる素晴らしい企画になりました。凄く感謝しています。初めてライブを行った都市や、5年間もお待たせしてしまった都市もありましたが、各地ファンのみなさんが本当に温かく迎えてくれたことが嬉しかったです。本当にまた近いうちにライブができればと思っています。ワンマン公演だけでなく、他にも機会があればイベントやフェスにも出演してみたいと感じました。またライブを行う際には、是非応援してください。

■ドラム・ゆうや
台北・香港・上海・北京と初の4都市でのアジアツアーを周ってきましたが、現地のファンの方々がシドを本当に心待ちにしてくれて、さらにライブでも非常に盛り上がってくれて嬉しかったです。場所は違っても音楽というのは。世界共通なのだと改めて認識しました。また、機材面など、慣れない環境の中でチャンレンジングなライブもあり、これからのシドの活動に活きるような、気づきの多いツアーになりました。今回のアジアツアーでの経験を、3月10日の横浜アリーナ公演にしっかり活かしていきたいです。

会場限定シングル「その未来へ -SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ 会場限定盤-」

2019年3月10日(日)発売



※詳細は近日発表!

『SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ 〜その未来へ〜』

3月10日(日) 横浜アリーナ
開場17:00 / 開演18:00
<チケット料金>
全席指定 ¥7,500(税込)
※未就学児童入場不可
※チケット一般発売中
キョードー東京 0570-550-799



【関連リンク】
シド、初の上海・北京を含む4都市を巡ったアジアツアーが終幕
シドまとめ
奥華子、新作アルバム発売記念イベントを全国7カ所で開催

【関連アーティスト】
シド
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース

奥華子、新作アルバム発売記念イベントを全国7カ所で開催
Thu, 28 Feb 2019 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月20日(水)に発売となる奥華子の約2年ぶり10枚目のアルバム『KASUMISOU』を記念したリリースイベントが、全国7カ所で開催されることが発表された。

リリースイベントは奥華子の出身地でもある千葉のほか、東京・神奈川・大阪・名古屋・福岡で開催。さらに今回は埼玉県草加市制60周年を記念したアニメ主題歌の「心が帰る場所」が初回限定盤特典として収録されることもあり、埼玉県草加駅の駅前広場でも3月24日(日)にイベントが開催される。

アルバム『KASUMISOU』には配信シングルとしてリリースされたサンリオピューロランド『イルミネーションショーイメージソング』となっていた「願い」や、SNOW CM ソング「クリスマスの夜」などのタイアップ楽曲に加えて、新たに書き下ろされた新曲7曲、また本作のさらなる魅力となる「逢えなくても」(南條愛乃)や「セピア色」(竹達彩奈)といった他アーティストへの提供楽曲のセルフカヴァーを収録した全12曲を収録。

初回限定盤の特典ディスクには、ライブ共演から生まれた藤田麻衣子とのデュエットが話題の「トライアングル(Piano ver. / duet with 藤田麻衣子)」や、「MOTHER」(96猫)、「君が待つあの丘へ」(天月-あまつき-)のセルフカヴァーなど、様々なコラボレーションから生まれた楽曲も収録され、奥華子のソングライターとしての実力とアーティストとしての信頼の高さを感じられる内容となっている。

さらに、5月17日(金)からは札幌を皮切りに約2年ぶりとなる全国弾き語りツアーを28カ所で開催されることがすでに発表となっており、チケットも絶賛発売中。より身近に奥華子の音楽に触れることのできるリリースイベントと合わせて体現してほしい。

■【奥華子10th ALBUM『KASUMISOU』 リリース記念イベント】

イベント内容:ミニライブ&サイン会

3月20日(水) 新宿アイランドタワー 
(1)16:30〜(サイン会のみ) 
(2)18:30〜(ミニライブ&サイン会)
3月21日(木・祝) 大阪くずはモール 
16:30〜
3月23日(土) 海老名ビナウォーク 
(1)13:00〜 (2)16:00〜
3月24日(日) 草加駅東口カーソンプラザ(草加市制60周年記念イベント)
13:30〜
3月31日(日) アスナル金山 
(1)13:00〜 (2)16:00〜
4月06日(土) 福岡某所 
11:00〜 ※近日発表
4月07日(日) ららぽーとTOKYO BAY 
(1)13:00〜 (2)16:00〜

■詳細ページ:http://okuhanako.com/

アルバム『KASUMISOU』

2019年3月20日(水)発売



【初回限定盤】(2CD) 
PCCA-04766/¥4,000+税
<収録曲>
■CD
1.鞄の中のやきもち
2.ホントはね
3 .逢えなくても  日(南條愛乃提供曲)
4.絶対
5.願い 日(サンリオピューロランド「ミラクリュージョン★Happiness」期間限定イメージソング)
6.一歩前に 日(KBS 京都テレビ「京都マラソン2019」番組テーマソング)
7.恋の果て
8.同窓会
9.素顔
10.クリスマスの夜日(スマートフォンカメラアプ「SNOW CM」 ソング)
11.セピア色 日(竹達彩奈提供曲)
12.カスミソウ 
■特典CD
1.トライアングル日(Piano ver. / duet with 藤田麻衣子)
2.MOTHER 日(96猫提供曲)
3 .君が待つあの丘へ日(天月-あまつき-提供楽曲)
4.心が帰る場所 日(草加市制60周年記念アニメ主題歌)



【通常盤】(CD) 
PCCA-04767/¥3,000+税

『奥華子コンサートツアー2019〜弾き語り〜 』

5月17日(金) 北海道・札幌市教育文化会館 小ホール
5月18日(土) 大阪・大阪国際交流センター 大ホール
5月24日(金) 岡山・岡山ルネスホール
5月25日(土) 広島・広島南区民文化センター
6月01日(土) 栃木・那須野が原ハーモニーホール
6月02日(日) 埼玉・彩の国さいたま芸術劇場 大ホール
6月07日(金) 愛知・名古屋芸術創造センター
6月14日(金) 東京・北とぴあさくらホール
6月15日(土) 千葉・行徳文化ホール I&I
6月21日(金) 新潟・新潟市音楽文化会館
6月23日(日) 富山・高岡文化ホール
6月28日(金) 神奈川・関内ホール
6月30日(日) 茨城・結城市民文化センター 小ホール
7月06日(土) 長崎・長崎ブリックホール 国際会議場
7月10日(水) 岩手・盛岡劇場 メインホール
7月11日(木) 福島・福島テルサ FT ホール
7月14日(日) 宮城・仙台銀行ホール イズミティ21 小ホール
7月20日(土) 滋賀・米原市民交流プラザ ルッチプラザ
7月26日(金) 山形・山形テルサ アプローズ
7月27日(土) 秋田・秋田市文化会館 小ホール
7月30日(火) 香川・サンポートホール高松小ホール
7月31日(水) 愛媛・松山キティホール
8月03日(土) 福岡・福岡イムズホール
8月04日(日) 熊本・熊本B.9 V1
8月12日(月) 静岡・静岡市清水文化会館マリナート小ホール
8月17日(土) 群馬・高崎市文化会館
9月06日(金) 京都・京都府立府民ホールアルティ
9月07日(土) 奈良・秋篠音楽堂

<チケット>
HP一般受付:2月25日(月)12:00〜3月10日(日)23:00
http://okuhanako.com/



【関連リンク】
奥華子、新作アルバム発売記念イベントを全国7カ所で開催
奥華子まとめ
NakamuraEmi、喉の不調により『たけはらバンブーフェス』出演キャンセル

【関連アーティスト】
奥華子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム

NakamuraEmi、喉の不調により『たけはらバンブーフェス』出演キャンセル
Thu, 28 Feb 2019 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シンガーソングライターのNakamuraEmiが2月20日(水)に発売したアルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.6』のリリースイベントとして開催予定だった、3月1日(金)タワーレコード梅田NU茶屋町店(大阪)、3月3日(日)タワーレコード名古屋パルコ 西館1Fでのインストアライブを、喉の不調によりCD/LP購入者向けのサイン会のみに変更することを発表した。インストアライブについては振替案を検討中とのこと。進捗あり次第オフィシャルHPやTwitterなどで告知がされる。

また、3月2日(土)に広島で開催される『たけはらバンブーフェス』への出演も辞退することとなった。代演として、YoYo the "Pianoman"(from SOFFet)が出演する。詳細はイベントHPにて確認してほしい。

■【ライブ情報】

■『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.6』リリース記念イベント
3月01日(金) 大阪・タワーレコード梅田NU茶屋町店 ※サイン会のみに変更
3月03日(日) 愛知・タワーレコード名古屋パルコ 西館  ※サイン会のみに変更
3月09日(土) 北海道・タワーレコード札幌ピヴォ店
3月10日(日) 宮城・タワーレコード仙台パルコ店
3月16日(土) 福岡・タワーレコード福岡パルコ店

内容:アコースティックライブ&サイン会
Vo:NakamuraEmi / Gt:カワムラヒロシ

■『たけはらバンブーフェス』
3月02日(土) 広島・バンブー・ジョイ・ハイランド(竹原市高崎町)
※出演キャンセル
※代演としてYoYo the "Pianoman"(from SOFFet)の出演が決定

アルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.6』

2019年2月20日発売



【CD 初回限定生産盤】
COCP-40749/¥2,700+税
※豪華紙ジャケ特別仕様
※初回限定生産盤がなくなり次第、通常盤に切り替わります。
【CD 通常盤】
COCP-40750/¥2,700+税
<収録曲>
01.バカか私は
02.雨のように泣いてやれ
03.女の友情
04.いつかお母さんになれたら
05.おむかい
06.痛ぇ
07.甘っちょろい私が目に染みて
08.相棒



【LP】
COJA-9354/¥4,000+税
※数量限定生産
※本人直筆シリアルナンバー入り
<収録曲>
〈SIDE A〉
01.バカか私は
02.雨のように泣いてやれ
03.女の友情
04.いつかお母さんになれたら
〈SIDE B〉
01.おむかい
02.痛ぇ
03.甘っちょろい私が目に染みて
04.相棒

『NakamuraEmi NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.6 〜Release Tour 2019〜』

■Acoustic公演
Vo:NakamuraEmi / Gu:カワムラヒロシ / Human Beat Box:朝光介(From カサリンチュ)
3月29日(金) 北海道・札幌PENNY LANE 24
3月30日(土) 北海道・旭川CASINO DRIVE
4月03日(水) 京都・KYOTO MUSE
4月04日(木) 兵庫・神戸チキンジョージ
4月09日(火) 三重・松阪M\'AXA
4月12日(金) 静岡・浜松窓枠
4月17日(水) 群馬・高崎club FLEEZ
4月18日(木) 栃木・HEAVEN\'S ROCK 宇都宮
4月26日(金) 鹿児島・鹿児島SR HALL
4月27日(土) 熊本・熊本B.9 V2
4月30日(火・祝) 宮城・仙台darwin
5月02日(木・祝) 岐阜・岐阜club-G
5月05日(日・祝) 岩手・盛岡CLUB CHANGE WAVE
5月06日(月・祝) 福島・郡山 CLUB#9
5月11日(土) 岡山・岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
5月12日(日) 広島・広島 LIVE VANQUISH
5月17日(金) 香川・高松DIME
5月18日(土) 高知・高知X-pt.
5月21日(火) 新潟・新潟ジョイアミーア
5月22日(水) 石川・金沢vanvanV4
■Band公演
Vo:NakamuraEmi / Gu:カワムラヒロシ / Ba:中西道彦(Yasei Collective)Per:大塚雄士 / Dr:Tomo Kanno
6月11日(火) 愛知・DIAMOND HALL
6月13日(木) 大阪・なんばHatch
6月14日(金) 福岡・DRUM Be-1
6月18日(火) 東京・ZEPP DiverCity

<チケット>
Acoustic公演 全自由¥4,500+税
Band公演 全自由¥5,000+税
※ドリンク代別途
※未就学児入場可
※小学生以上の方はチケットが必要となります



【関連リンク】
NakamuraEmi、喉の不調により『たけはらバンブーフェス』出演キャンセル
NakamuraEmiまとめ
SUPER★DRAGON、ニューアルバムのリリイベにて毅と洸希の誕生日をサプライズでお祝い

【関連アーティスト】
NakamuraEmi
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ライブ

SUPER★DRAGON、ニューアルバムのリリイベにて毅と洸希の誕生日をサプライズでお祝い
Thu, 28 Feb 2019 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月27日に2ndアルバム『2nd Emotion』をリリースした9人組ミクスチャーユニットのSUPER★DRAGONが、発売当日にダイバーシティ東京プラザ・フェスティバル広場にてリリース記念のフリーライブを開催した。同日はメンバーの毅と洸希、2人の誕生日ということもあって、会場には3千人ものファンが集結。彼らへのバースデーサプライズも交えつつ、グループ史上初めて“怒り”などを表現したというアルバムから、進化の著しいアグレッシブなナンバーを次々に投下して、平均年齢16.5歳の若きエモーションを爆発させた。

オーバーチュアから誕生日の2人が先頭を切ってステージに飛び出すと、幕開けを飾ったのは「Untouchable MAX」。メンバー全員がテレビCMに出演したエースコック『スーパーカップMAX』とコラボレーションして、MVが先行発表されていたスパドラ王道のヘヴィチューンに、メンバーがポジションについただけで歓声が湧き起こる。ジャンのラップに彪馬から毅へと瞬時にバトンタッチされるヴォーカル、ヒューマンビートボックスを鳴らす洸希は髪をかき上げ、9人揃ってセクシーに煽動。さらにマシンガンを連射するようなデンジャラスな振りと、彼らの得意技を詰め込んだスペクタクルかつエモーショナルなパフォーマンスがクールな照明を浴び、スモークの中に浮かぶ様は、汚れのない若さと相まっていっそ神々しいほどだ。

さらにジャンが“今日リリース日だぜ! 声出す準備はいいか? Clap your hands!”と煽った「BADASS」では、重低音メタルに乗せて社会への怒りを放出。ラップ主体のナンバーで和哉のデスボイスも轟き、巧みなフロアダンスも組み込みながら、9人が一列になってこちらに迫りくる迫力はすさまじい。

ステージ前のみならず奥の広場までいっぱいのオーディエンスと、その熱狂ぶりにメンバーも“すげぇ人!”(毅)、“後ろまでビッシリですね”(和哉)と驚き。颯も“リリース日に9人集まったことって意外と少ないから、全員そろってパフォーマンスできることに感謝します。だから、盛り上がらないと……つまみ出すぞ!”と、十八番の煽りで黄色い悲鳴を浴びた。鉄オタの壮吾は、会場の最寄り駅を通るりんかい線通勤快速の車内アナウンスを文言から声のトーンまでスーパーハイクオリティで再現し、最年少の楽も“発売日、いつも以上に盛り上がっていきましょう!”と場内のテンションを上げる。

と、ここでジャンが“アルバムの発売日だけど、今日は何の日ですか? 毅と洸希のバースデーです!”と発表して、なんと二人の特徴(?)を並べてファンと掛け合うバースデーラップをサプライズ披露。和哉のビートボックスに乗って、まずは彪馬が“今日で16! メイク長い! 耳たぶ福耳!”と洸希を祝えば、ジャンは“顔のパーツの配置完璧! 俳優頑張れ! 今日で19だ!”と、現在日本テレビ系ドラマ『3年A組?今から皆さんは、人質です?』に出演中の毅にエールを贈る。

予想外の出来事に喜んだ2人は、ラップを作ってくれた相棒にそれぞれ“大好き!”(毅)、“超好き!”(洸希)と感謝。最後にオーディエンスも含めた全員で“誕生日おめでとう!”と祝福すると、一転、スモークが和やかムードを掻き消して、アルバムのリード曲「WARNING」へと雪崩れ込む。なめらかなマイクリレーで自分自身に対する葛藤と怒りを謳い上げる一方で、ペアダンスや彪馬の歌い上げたロングトーンから続く玲於のアクロバット等、9人という人数を活かしたスリリングなパフォーマンスは、彼ら自身の成長に伴って進化するばかり。アウトロでは毅と彪馬のハイトーンフェイクも絡み合って、ダーティ・サウスHIP HOPという初挑戦のジャンルを、見事スパドラ流に昇華してみせる。

そして“踊れねぇって奴はいないだろうな!”(ジャン)と、最後に投下したのが「LRL -Left Right Left-」だ。この“ジャングルテラー”なるトライバルなダンスチューンには、ファンと一緒に踊れる振りも仕込まれており、これまで各地のリリースイベントで振り付け講座も為されてきたが、さすがリリース日ということで既にファンの間にも浸透。野性的なリズムに乗せて“Left Right”、つまり右往左往する心の葛藤を獣のように吠え、爪を立てるような仕草で表現して、観る者を威圧する。ポーズを決めて曲が終わった瞬間には、オーディエンスの間から“カッコいい……”という溜息のような声が。雑多な音楽ジャンルを呑み込む懐の広さと、それぞれが得意分野を持ち、それぞれが研鑽を重ねた結果現れる卓越したパフォーマンス力。それこそがSUPER★DRAGONの人気の秘密であり、魅力の根源なのだ。

イベントが全て終了した最後の挨拶では、オリコンデイリーチャート3位にランクインしたことをジャンが発表し、オーディエンスとともにメンバーはステージ上で大喜び。応援してくれるファンへの感謝とこれから始まるワンマンライブツアーへの意気込みを伝えてステージを後にした。

3月21日のZepp Fukuoka公演を皮切りに4月3日のZepp Tokyo公演まで、全国5都市を回るワンマンツアーを行なう9人。ステージに上がるたび、予想を裏切り期待に応えてみせる彼らの成長スピードは、まだまだ留まるところを知らない。

photo by 笹森 健一
text by 清水素子

■2nd アルバム『2nd Emotion』&ライブツアー特設サイト
http://sp.super-dragon.jp/

アルバム『2nd Emotion』

2019年2月27日(水)発売

『7th ONEMAN LIVE TOUR』

3月21日(木・祝) 福岡・Zepp Fukuoka
3月22日(金) 大阪・Zepp Namba
3月29日(金) 愛知・Zepp Nagoya
3月31日(日) 宮城・仙台GIGS
4月03日(水) 東京・Zepp Tokyo(2部制)



【関連リンク】
SUPER★DRAGON、ニューアルバムのリリイベにて毅と洸希の誕生日をサプライズでお祝い
SUPER★DRAGONまとめ
THE YELLOW MONKEY、ニューアルバム『9999』のアナログ盤リリースが決定

【関連アーティスト】
SUPER★DRAGON
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, ライブレポ

THE YELLOW MONKEY、ニューアルバム『9999』のアナログ盤リリースが決定
Thu, 28 Feb 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE YELLOW MONKEYが4月17日にリリースする19年ぶり9枚目のオリジナルアルバム『9999』のアナログ盤を同時発売することが発表された。

収録内容はCD盤同様、現在放送中のテレビ朝日系列木曜ミステリー『刑事ゼロ』の主題歌「I don\'t know」やテレビ東京 『天 天和通りの快男児』主題歌「天道虫」、2016年の再集結以降に発表してきた「ALRIGHT」「ロザーナ」「砂の塔」などを含む全13曲を収録しており、購入特典として『9999』ジャケット写真のステッカーが付いてくる。枚数限定の生産のため、お早めにチェックしてほしい。

また、CD盤のさらなる詳細も発表になり、初回生産限定盤、通常盤ともに紙ジャケット仕様であることも発表された。初回生産限定盤は2枚組となっており、Disc 2には再集結以降に行なわれたライブから『SELECTION of THE YELLOW MONKEY』と題した選りすぐりのライブ映像10曲も収録される。

なお、アルバム発売を記念して3月28日に東京・日本武道館で『世界最速先行試聴会』の開催も決定している。イベントの詳細・応募は、『9999』特設サイトにて!

『9th Album『9999』 世界最速先行試聴会 』

3月28日(木) 東京・日本武道館
OPEN 18:00 / START 19:00 / FINISH 20:30(予定)
<チケット>
全自由席(エリア指定)※無料
■アルバム『9999』特設サイト https://tym9999.com/

アルバム『9999』

2019年4月17日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31619〜20/¥4,500+税
【通常盤】(CD)
WPCL-13119/¥3,000+税

<収録曲>
■CD
01.この恋のかけら
02.天道虫
03.Love Homme
04.Stars(9999 Version)
05.Breaking The Hide
06.ロザーナ
07.Changes Far Away
08.砂の塔
09.Balloon Balloon
10.Horizon
11.Titta Titta
12.ALRIGHT
13.I don\'t know
■DVD ※初回生産限定盤のみ
(1)再集結以降に行なわれたライヴから『SELECTION of THE YELLOW MONKEY』と題した選りすぐりのライヴ映像10曲を収録。
・楽園(2016.05.11 国立代々木競技場 第一体育館)
・熱帯夜(2016.08.28 福島・あづま総合体育館)
・ROCK STAR(2016.09.01熊本B.9 V1)
・パンチドランカー(2016.12.18 倉敷市民会館)
・聖なる海とサンシャイン(2016.12.28 日本武道館)
・O.K.(2017.11.05 三重県文化センター(大ホール))
・ALRIGHT(2017.12.10 東京ドーム)
・追憶のマーメイド(2017.12.28 福岡ヤフオク!ドーム)
・天道虫(2018.12.28 日本武道館)
・Subjective Late Show(2015.08.某日 都内スタジオ)
(2)YouTube番組『STORY of THE YELLOW MONKEY』の未公開レア映像を含む、アルバム制作期間中のドキュメンタリー映像

◎CD先着購入特典
対象店舗にて初回生産限定盤、もしくは通常盤を購入すると先着で、16年ぶりのアリーナツアー幕開けとなった2016年5月11日国立代々木競技場 第一体育館にて演奏された「プライマル。」のライブ映像をオリジナル編集にて収録したDVD、『SELECTION of THE YELLOW MONKEY 【primal】』をプレゼント!
<対象店舗>
・Amazon.co.jp
・HMV 全店(HMV&BOOKS Online含む/一部店舗除く)
・TOWER RECORDS 全店(オンライン含む/一部店舗除く)
・TSUTAYA RECORDS(一部店舗除く)/TSUTAYAオンラインショッピング(予約のみ)
・山野楽器CD/DVD取扱店及びオンラインショッピング(一部店舗除く)
・楽天ブックス
・WonderGOO/新星堂(一部店舖除く)および新星堂WonderGOOオンライン
・サポート店
※サポート店特典の対象店舗は後日発表いたします。
※初回生産限定盤、通常盤ともに同一内容の特典となります。
※一部取扱いのない店舗もございます。
※特典はなくなり次第終了とさせていただきます。
※特典の有無に関するお問い合わせは直接各店舗へご確認下さい。

【アナログ】(2LP)
WPJL-10119/20/¥5,000+税
<収録曲>
■SIDE A
1. この恋のかけら
2. 天道虫
3. Love Homme
■SIDE B
1. Stars (9999 Version)
2. Breaking The Hide
3. ロザーナ
4. Changes Far Away
■SIDE C
1. 砂の塔
2. Balloon Balloon
3. Horizon
■SIDE D
1. Titta Titta
2. ALRIGHT
3. I don\'t know

◎アナログ購入特典
『9999』ジャケットステッカー
※特典の有無に関するお問い合わせは直接各店舗へご確認下さい。

【ダウンロード・アルバム】
価格未定
01.この恋のかけら
02.天道虫
03.Love Homme
04.Stars(9999 Version)
05.Breaking The Hide
06.ロザーナ
07.Changes Far Away
08.砂の塔
09.Balloon Balloon
10.Horizon
11.Titta Titta
12.ALRIGHT
13.I don\'t know
14.毛皮のコートのブルース ※ボーナストラック



【関連リンク】
THE YELLOW MONKEY、ニューアルバム『9999』のアナログ盤リリースが決定
THE YELLOW MONKEYまとめ
シーナ&ロケッツ、鮎川誠の『生誕71年祭』を開催

【関連アーティスト】
THE YELLOW MONKEY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム

シーナ&ロケッツ、鮎川誠の『生誕71年祭』を開催
Thu, 28 Feb 2019 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2019年で結成41周年を迎えるシーナ&ロケッツ。そのギタリストである鮎川誠の71回目のバースディライヴ『鮎川誠 生誕71年祭- MAKOTO AYUKAWA 71th BIRTHDAY LIVE』が、5月2日(木・祝)東京・下北沢GARDEN にて開催! その前夜には『鮎川誠 生誕71年祭』と題して、4月28日に京都・磔磔、4月29日に名古屋・得三と3DAYSに渡って開催される。前売りチケットは、シーナ&ロケッツオフィシャルサイトにて3月2日(土)から先行発売がスタート。

毎年5月2日にホームタウンである下北沢にてバースディ・ライヴを行なっている鮎川誠。2019年の会場は2018年に続いて下北沢GARDENだ。同会場にて2015年の4月7日から毎年続けているシーナ追悼ライブ『シーナの日』も5回目の開催となる。

さらに今回は、3月15日〜5月6日に渡ってアジア初開催として上陸する『Exhibitionism―ザ・ローリング・ストーンズ展』(東京・五反田)のアンバサダーに専任され、Char、シシド・カフカと共に各方面でも活躍する他、日本フォーク界最高の詩人・友部正人、忌野清志郎のバンマスとして知られる三宅伸治と共に組んだ新ユニット“3KINGS”でも全曲オリジナルの新譜を発表したばかり。サンハウス時代のロックフリークと共に地元福岡で不定期に開催している『鮎川ロック塾』も近日開催を予定しているそうだ。

鮎川誠は最新インタビューで“歳は関係ないね。いつもファンからエネルギーをもらいよるから。昔じゃなくて、いつも今日が最高。誰かに言われて作ったレコードは1枚もなくて、自分とシーナで作ったものに誇りをもってるちゅうか。一緒に本気で命をつぎ込んできた音楽。そやけん、目ん玉が黒いうちはぶっ飛ばすよ”と熱っぽく語っている。

2018年9月にはバンド結成40周年を祝してシーナ&ロケッツのデビュー当時を描くドラマ『YOU MAY DREAM ユーメイドリーム』がNHKで全国放送され、朝ドラ『半分青い。』でもキーソングとして同曲が幾度も登場し大きな反響を呼んだことも記憶に新しいが、現在シーナ&ロケッツの40年分のヒストリカルな音源や貴重映像をはじめ、シーナの遺作となった『ROKKET RIDE』に未収録だった貴重なカバー集、過去のレア音源等をコンプリートした40周年記念ボックスを制作しており、こちらの詳細解禁にも期待しよう。

■【ライブ情報】

『鮎川誠 生誕71年祭』
4月28日(日) 京都・磔磔
4月29日(月・祝) 愛知・名古屋 得三

『鮎川誠 生誕71年祭- MAKOTO AYUKAWA 71th BIRTHDAY LIVE』
5月02日(木・祝) 東京・下北沢GARDEN

<出演>
シーナ&ロケッツ
鮎川誠/Vo,G、奈良?博/B、川嶋一秀/Dr (ex.サンハウス)

<チケット>
Adv.5,000円 Door.5,500円(+D)
・シーナ&ロケッツOfficial Ticket Center
3月02日(土)10時〜先行発売開始
http://sheena.cc/ticket
・プレイガイド
イープラス、ローソン、チケットぴあ、ライブポケットで発売予定



【関連リンク】
シーナ&ロケッツ、鮎川誠の『生誕71年祭』を開催
シーナ&ロケッツまとめ
琴音、公式LINEアカウントを開設&デビュー記念LINE LIVEを配信

【関連アーティスト】
シーナ&ロケッツ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

琴音、公式LINEアカウントを開設&デビュー記念LINE LIVEを配信
Thu, 28 Feb 2019 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

女子高生シンガーソングライターの琴音が、オフィシャルLINEアカウントを開設! そしてメジャーデビュー作品となる3月6日発売のEP『明日へ』のリリースを記念して、初のLINE LIVEが決定した。

LINE LIVEは『祝メジャーデビュー!琴音 初LINE LIVEスペシャル特番』と題され、デビュー作の発売前日の3月5日(火)19:00からLINE LIVEビクターエンタテインメントチャンネルにて生配信される。番組では、琴音が視聴者からのメッセージを紹介したり、『明日へ』の全曲解説やスペシャル生ライブも行なう予定なので、ぜひチェックしてほしい。

また、福岡への初上陸も決定! 東名阪、新潟でのインストアライブに続き、3月28日(木)には、タワーレコード福岡パルコ店でインストアライブ&サイン会を開催するので、お近くの方はぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

■『祝メジャーデビュー! 琴音 初LINE LIVEスペシャル特番』

3月05日(火)19:00スタート予定
LINE LIVEビクターエンタテインメントチャンネルにて生配信

■配信URL
https://live.line.me/channels/520/upcoming/10734036

■琴音LINE LIVE公式アカウント
https://line.me/R/ti/p/%40kotone

E.P.『明日へ』

2019年3月6日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1539/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
1.ここにいること
2.戯言〜ひとりごと〜
3.夢物語
4.しののめ
■DVD
「ここにいること」MUSIC VIDEO 
「2018.11.17 LIVEドキュメント」



【通常盤】(CD)
VICL-65135/¥1,300+税

◎「ここにいること」先行配信中!
https://jvcmusic.lnk.to/kokoniirukoto

◎iTunes Storeではプレオーダーを受付中!
https://itunes.apple.com/jp/album/1450154165?app=itunes&ls=1


【ライブ情報】

■インストアイベント詳細
3月09日(土) 東京・タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース
内容:ミニライブ&ジャケットサイン会
対象店舗:タワーレコード新宿店、渋谷店

3月10日(日) 大阪・タワーレコード梅田NU茶屋町店 6F イベントスペース
内容:ミニライブ&ジャケットサイン会
対象店舗:タワーレコード梅田NU茶屋町店/梅田大阪マルビル店/難波店/神戸店/京都店/あべのHOOP店

3月10日(日) 愛知・タワーレコード名古屋パルコ店 店内イベントスペース
内容:ジャケットサイン会 
対象店舗:タワーレコード名古屋パルコ店/タワーレコード名古屋近鉄パッセ店

3月23日(土) 新潟・イオンモール新潟南 マリンコート
※12:00スタート
内容:ミニライブ&ジャケットサイン会
対象店舗:タワーレコード新潟店

3月23日(土) 新潟・リバーサイド千秋 リバーサイドコート
※15:30スタート
内容:ミニライブ&ジャケットサイン会
対象店舗: We\'s長岡店

3月28日(木) 福岡・タワーレコード福岡パルコ店 店内イベントスペース
※19:00スタート
内容:ミニライブ&ジャケットサイン会
対象店舗:タワーレコード福岡パルコ店 / アミュプラザ博多店

■『琴音 1st note TOUR 2019 -明日へ- 』
3月17日(日) 愛知・名古屋ell. FITS ALL
3月24日(日) 大阪・南堀江knave
3月31日(日) 新潟・長岡市民交流ホールA
4月03日(水) 東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
<チケット>
全席指定¥3,900円(税込)
立見(名古屋・大阪・東京)¥3,500円(税込)
※別途ドリンクがかかります。(名古屋・大阪・東京)



【関連リンク】
琴音、公式LINEアカウントを開設&デビュー記念LINE LIVEを配信
琴音まとめ
柴田淳、約1万人を動員した6年振りの全国ツアーが終幕

【関連アーティスト】
琴音
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EP, 配信, ライブ

柴田淳、約1万人を動員した6年振りの全国ツアーが終幕
Thu, 28 Feb 2019 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シンガーソングライターの柴田淳が、2月27日に6年ぶりとなるホールツアー『JUN SHIBATA CONCERT TOUR 2019 月夜PARTY vol.5 〜お久しぶりっ子、6年ぶりっ子〜』のファイナル公演を東京・NHKホールで開催した。

ツアータイトルにちなんだ“月夜の森の中の音楽界”をイメージさせるステージに白い衣装を纏い登場した柴田は、昨年10月にリリースされたアルバム『ブライニクル』同様、1曲目「Multiverse」でコンサートの幕を開けた。美しい照明と大量のスモークによる幻想的な雰囲気の演出とともに、浮遊感のある壮大なサウンドをバックに繊細で情感豊かな歌声を響かせていく。その圧倒的な存在感に会場は一瞬で支配され、観客は柴田にしか描き出しえない至福の世界に引き込まれていった。

“6年ぶりにまたステージに戻ってこれてうれしいです。今、いろんな思いを胸に抱いてここに立っています。一生懸命歌いますので楽しんでいってください”

ひりつくほどのリアルな感情を注いだ重厚な楽曲が次々と披露されていく中、オーディエンスのクラップを誘った「メロディ」やアコーディオンの音色をアクセントとする「ノマド」といった比較的彩度の高いナンバーを織り交ぜて生み出される緩急も心地いい。ファンと共有する時間への喜びが滲む柴田の表情も印象的だった。

中盤、シックな黒のドレスに衣装チェンジをした柴田。曲が進むにつれて高ぶっていく感情をエモーショナルなボーカリゼーションで表現し尽くした「HIROMI」や、大きな月が浮かぶ映像を背に歌われた「月光浴」など、自身の愛する曲たちが最高のパフォーマンスで届けられていく。楽曲に宿った命が音源以上に生々しく心を揺さぶってくるのは、まさにコンサートの醍醐味と言えるだろう。

“この6年間でいろんなものを失いました。ステージに立つ感覚がなくなりました。ステージから見える客席の風景も忘れていました。今回はそれらを拾い集めるツアーだったと思います”

本編最後のMCで吐き出された今のリアルな思い。彼女は今ツアーを通して、“ステージに立ってワクワクするように初めてなりました”と嬉しそうに語る。さらに“これからの柴田淳はライブ中心にやっていこうかなと思ってます”と、新たな決意も告げられた。その言葉で巻き起こった拍手のあたたかな余韻に包まれながら、愛犬との別れをきっかけに生まれたという「桜日和」へ。この曲のラストではステージ上空から桜吹雪が舞い散り、一足早い春を感じることができた。そして、妖艶な魅力に溢れた「マナー」で本編は幕を閉じた。

アンコール、ひとりでステージに登場した柴田は客席からリクエストを募り、自身の曲や他のアーティストの曲をアカペラで歌ってファンを喜ばせる。距離の近い、親近感のある素の表情もまた彼女の大きな魅力だ。その後はバンドメンバーを再度呼び込み、3曲を披露。ラストの「車窓」が歌われる際、ステージバックにははるか彼方へと続く1本の長い道が映し出されていた。それはデビューから17年を経た柴田淳の歩みがここから先も力強く続いていくことを暗示していたように思う。エンディングでは思わず涙を浮かべていたが、その表情には清々しさが満ちていた。充実した今回のツアーは新たな旅立ちへの第一歩だったのかもしれない――そんなことを感じさせてくれたツアーファイナル、約2時間半のコンサートだった。

photo by 酒井ダイスケ
text by もりひでゆき

【セットリスト】
1.Multiverse
2. おかえりなさい。
3. あなたが泣いてしまう時は
4. 人間レプリカ
5. メロディ
6. ノマド
7. 哀れな女たち
8. HIROMI
9. いくじなし
10. 月光浴
11. 桜日和
12. マナー
<Encore>
13. 嘆きの丘
14. 雨
15. 車窓



【関連リンク】
柴田淳、約1万人を動員した6年振りの全国ツアーが終幕
柴田淳まとめ
DJ LUCIANO、新木場ageHaで開催されるWEBサイト『NOCTIVE』のローンチパーティーに出演

【関連アーティスト】
柴田淳
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, ツアー, ワンマン, セットリスト, ライブレポ

DJ LUCIANO、新木場ageHaで開催されるWEBサイト『NOCTIVE』のローンチパーティーに出演
Thu, 28 Feb 2019 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月13日(土)に東京・新木場ageHaにて、日本のナイトライフを世界に発信するWEBメディア『NOCTIVE』のローンチを記念したイベント『“NEW DAWN BREAKING” JAPAN NIGHTLIFE MEDIA [NOCTIVE] LAUNCH PARTY』の開催が決定した。

本イベントは、“NEW DAWN BREAKING=新たな夜明け”をメインタイトルにageHaの全館を使用し開催されるパーティー。スペシャルゲストとして登場するテクノシーンの超スーパースター・DJ LUCIANOは、2015年のageHaでのギグ以来4年ぶりの帰還となる。

LUCIANOは、日本のコアなクラバーはもちろん、世界中の知名度でもトップを誇るLUCIANOは日本にも造詣の深く、トリノオリンピック冬季競技大会のオープニング・セレモニー楽曲を担当したことでも知られるRICHIE HAWTINと並ぶシーンの唯一無二の存在で、自身のレーベル“Cadenza”での活躍や、ナイトライフの中心でもあるIBIZAでのパーティーなど世界中で人気と実力を証明している。今回、LUCIANOの音楽性を追い続けていたageHaでの久しぶりの来日ギグと、NOCTIVEの活動目的とが一致し奇跡の一夜が成立となった。

『NOCTIVE』はナビタイムジャパンと日本政府観光局の官民連携事業で、日本のナイトライフを世界へ発信する英語WEB情報メディア。ラテン語のnocte(夜)、active(活動的)を組み合わせた造語であり、ナイトタイムエコノミーを推進する国の施策とも合致したネーミング。東京オリンピックの開催を1年後に迎えた今、3,000万人超の訪日外国人を迎える日本において、日本に足を運ぶ世界のゲストへ、そして日本の未来を担う若者へ向けた新たなナイトライフの可能性を提案、その情報を世界へ発信する初のWEBメディアだ。

同イベントでは日本国内からは欧州でも活躍するSODEYAMA、SATOSHI OTSUKIなどまさにワールドスタンダードなラインナップが脇を固め、REALROCKDESIGNが演出を担当。サブフロアでも世界チャンピオンのターンテーブリストDJ KENTARO、SHINTAROなど日本を代表するプレイヤーが集結して日本のナイトライフを世界へアピールする。イベント当日は夜を彩るさまざまな装飾や日本酒の特設ブースも用意されるので、ぜひ立ち寄ってみてほしい。

なお、日本のナイトライフを存分に味わってもらうため、外国籍のゲストは全員入場無料とのこと。ワールドワイドなプレイヤーとオーディエンスと共に、ageHaで“新たな夜明け”を迎えよう。

■『“NEW DAWN BREAKING” JAPAN NIGHTLIFE MEDIA [NOCTIVE] LAUNCH PARTY』

4月13日(土) 新木場ageHa@STUDIO COAST
開場/開演 23:00

※深夜のイベントとなりますので、20歳以上のお客様のみ入場可能。
※ご入場の際に写真付きの身分証明書が必要になります。

<チケット>
ALL INTERNATIONAL GUESTS
(ALL INTERNATIONAL I.D HOLDERS)来日外国人:ENTRANCE FREE 無料
DOOR(当日):¥4,000
STUDENT PASS(学生限定):¥3,000
20TH PASS(20歳限定/ONLY 20TH):¥2,000

■日本語サイト:http://www.ageha.com
■英語サイト:http://www.ageha.com/en



【関連リンク】
DJ LUCIANO、新木場ageHaで開催されるWEBサイト『NOCTIVE』のローンチパーティーに出演
Lucianoまとめ
<確認中>reading note、ワンマンライブにてファン参加型企画を実施

【関連アーティスト】
Luciano
【ジャンル】
洋楽, ニュース, DJ, ライブ, チケット













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1