歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2019年02月22日)
バックナンバー
最新ニュース
2019/03/03
2019/03/02
2019/03/01
2019/02/28
2019/02/27
2019/02/26
2019/02/25
2019/02/24
2019/02/23
2019/02/22
2019/02/21
2019/02/20
2019/02/19
2019/02/18
2019/02/17
2019/02/16
2019/02/15
2019/02/14
2019/02/13
2019/02/12
2019/02/11
2019/02/10
2019/02/09
2019/02/08
2019/02/07
2019/02/06
2019/02/05
2019/02/04
2019/02/03
2019/02/02
2019/02/01
2019/01/31
2019/01/30
2019/01/29
2019/01/28
2019/01/27
2019/01/26
2019/01/25
2019/01/24
2019/01/23
2019/01/22
2019/01/21
2019/01/20
2019/01/19
2019/01/18
2019/01/17
2019/01/16
2019/01/15
2019/01/14
2019/01/13
2019/01/12
2019/01/11
2019/01/10
2019/01/09
2019/01/08
2019/01/07
2019/01/06
2019/01/05
2019/01/04
2019/01/03
2019/01/02
2019/01/01
2018/12/31
2018/12/30
2018/12/29
2018/12/28
2018/12/27
2018/12/26
2018/12/25
2018/12/24
2018/12/23
2018/12/22
2018/12/21
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
さくらしめじ、日比谷野音ワンマンのタイトル&ロゴを発表
Fri, 22 Feb 2019 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

現役高校生フォークデュオのさくらしめじが、5月3日(金・祝)に東京・日比谷野外大音楽堂で開催するライブのタイトルが『木もれ陽の中の春風キャンプ in 日比谷野外大音楽堂』に決定し、公演ロゴも解禁された。

本公演は、さくらしめじにとって2度目の日比谷野音でのワンマンライブ。チケットは現在先行発売中となっているので、詳細はオフィシャルHPにてチェック!

■『木もれ陽の中の春風キャンプ in 日比谷野外大音楽堂』

5月03日(金・祝) 東京・日比谷野外大音楽堂
開場16:30 / 開演 17:30

◎チケット先行発売中!



【関連リンク】
さくらしめじ、日比谷野音ワンマンのタイトル&ロゴを発表
さくらしめじまとめ
むぎ(猫)、“猫の日”に開催したミニライブにて「君に会いに」MV初公開

【関連アーティスト】
さくらしめじ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, ライブ, チケット

むぎ(猫)、“猫の日”に開催したミニライブにて「君に会いに」MV初公開
Fri, 22 Feb 2019 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月20日にデビューアルバム『君に会いに』を発売する猫のミュージシャン・むぎ(猫)が、2月22日(金)“ねこの日”に、みなとみらいの動物とふれあえるパーク・オービィ横浜にて『むぎ(猫)メジャーデビュー直前!猫の日ミニライブ〜歌ってちょっとしゃべる会2〜』を行なった。その中でデビューアルバムから「君に会いに」のMVを初公開し、むぎ(猫)のオフィシャルファンクラブ『ハチワレ天国』の設立も発表された。

デビューアルバムの表題曲である「君に会いに」のMVは、むぎ(猫)含め、登場するキャラクターたちそれぞれの”会いたい気持ち”を表現したビデオ。ねずみちゃん、神さまを扮する子供たちと踊るむぎ(猫)のダンスも見どころとなっている。レトロで手作り感のあるビデオとむぎ(猫)の演奏で会場を訪れた観客を懐かしく、やさしい雰囲気で会場を包み込んだ。

「君に会いに」のフルバージョンMVはGYAO!にて公開中、YouTubeにはショートバージョンと特典DVDのダイジェスト映像で構成されるトレーラーが公開されているので、会場に足を運べなかった方もぜひチェックしてみよう。

また、3月4日に発足するオフィシャルファンクラブ『ハチワレ天国』では、ライブチケット先行の他、むぎ(猫)のここでしか見られない限定写真&映像、グッズなど、会員限定の特典が盛り沢山のファンクラブになっているとのことなので、お楽しみに!

■GYAO!「君に会いに」フルバージョンMV
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v10302/v0994000000000543745/

アルバム『君に会いに』

2019年3月20日発売



【初回盤】(CD+DVD)
VIZL-1547/¥3,500+税
【通常盤】(CD)
VICL-65132/¥2,500+税

<収録曲>
■CD
1.木の下で -instrumental-
2.君に会いに
3.猫と学校
4.夢から醒めた夢
5.無視できない虫
6.ギフテッド
7.CとDと
8.るすばん天国
9.四輪駆動の飛び出し坊や
10.流れ星
11.ちいさなうた
12.小さな庭 -instrumental-
■DVD※初回限定盤のみ
『Wonder Nyander 2018 東京編 at 東京キネマ倶楽部 2018.11.01』
全6曲 (40分収録)
1.四輪駆動の飛び出し坊や
2.ギフテッド
3.るすばん天国
4.夢から醒めた夢
5.天国かもしれない
6.どんなふうに

◎配信情報
3月20日よりiTunesほか主要ダウンロードサイト及び、Apple Music , Spotifyほか定額制聴き放題サービスで配信予定

【ライブ情報】

■『木彫りどうぶつ大集合!はしもとみおの世界展』
音楽ライブ『猫町おんがく隊〜むぎ(猫)+近藤研二+山田稔明コンサート』
3月02日(土) 大阪・東大阪市民美術センター

■『Output 7th ANNIVERSARY SPECIAL LIVE』
3月10日(日) 沖縄・那覇 Output
<出演>
鶴 / ヤングオオハラ / むぎ(猫) / 奢る舞けん茜

■『ビクターロック祭り2019』
3月16日(土) 千葉・幕張メッセ国際展示場9〜11ホール
<出演>
キュウソネコカミ / KREVA / go!go!vanillas / サンボマスター / THE BACK HORN / 四星球 / LOVE PSYCHEDELICO(Premium Acoustic Set) / Shiggy Jr. / DJダイノジ / むぎ(猫) / 琴音 / 超能力戦士ドリアン / and more

■『ギターパンダ×むぎ(猫)〜大熊猫と天国猫〜』
3月30日(土) 沖縄・那覇G-shelter

■『むぎ(猫)TOUR〜君に会いに〜』
6月20日(木) 名古屋TOKUZO
6月23日(日) 東京Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
1.開場13:00/開演13:30
2.開場18:00/開演18:30
7月06日(土) 広島BACK BEAT
7月07日(日) 福岡ROOMS
7月10日(水) 仙台darwin
7月12日(金) 札幌市民交流プラザ クリエイティブスタジオ
7月20日(土) 京都磔磔
7月21日(日) 大阪Music Club JANUS
7月28日(日) 沖縄桜坂劇場ホールA
1.開場13:00/開演13:30
2.開場18:00/開演18:30
※東京、沖縄は1日2公演

むぎ(猫)オフィシャルファンクラブ『ハチワレ天国』

<会費>
入会金¥1,000
年会費¥3,500
※別途消費税・申し込み手数料

<会員特典>
・最速!会員限定ライブチケット先行申し込み
※『むぎ(猫)TOUR〜君に会いに〜』の先行は受付期間3/4(月)18:00〜3/10(日)23:59まで
・むぎ(猫)からのお誕生日お祝いメッセージ
・本ニャンやスタッフによる会員限定ブログ
・普段見ることのできないニャン生を覗き見!会員限定写真&動画
・届いてからのお楽しみ!入会特典グッズ

■URL https://hachiwaretengoku.com/ ※3/4(月) 12:00よりオープン!



【関連リンク】
むぎ(猫)、“猫の日”に開催したミニライブにて「君に会いに」MV初公開
むぎ(猫)まとめ
sumika、ニューアルバム初回盤に自身初のスタジオライヴ映像を収録

【関連アーティスト】
むぎ(猫)
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ミュージックビデオ, MV, ツアー, ライブレポ

sumika、ニューアルバム初回盤に自身初のスタジオライヴ映像を収録
Fri, 22 Feb 2019 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3月13日にリリースされるsumikaの2ndアルバム『Chime』。その初回生産限定盤DVDで楽しめる“『sumika Film #5』〜sumika special session〜”の収録内容が発表となった。

DVDには、sumika自身“初”となるスタジオライヴの模様が映像として収録される。ライヴ定番曲「ふっかつのじゅもん」「MAGIC」や、アルバム収録曲「フィクション」などに加え、オフショット満載のドキュメンタリーも。

さらに、劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』主題歌として書き下ろした「春夏秋冬」のライヴ映像が初収録。その模様を使用したスタジオライヴトレーラーが公開されているので、早速チェックしてみてほしい。

アルバム『Chime』

2019年3月13日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-11064〜5/¥3,800+税
【通常盤】(CDのみ)
SRCL-11066/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.10時の方角
02.ファンファーレ
03.フィクション
04.Monday
05.ホワイトマーチ
06.Strawberry Fields
07.秘密
08.春夏秋冬
09.Hummingbird\'s Port(Instrumental)
10.Flower
11.ペルソナ・プロムナード
12.あの手、この手
13.ゴーストライター
14.Familia
■DVD
〈『sumika Film #5』 〜sumika special session〜〉
01.ふっかつのじゅもん
02.MAGIC
03.いいのに
04.春夏秋冬
05.フィクション

◎『Chime』購入者先着特典対象店舗
・TOWER RECORDS全店(オンライン含む、一部店舗除く)…『Chime』オリジナル・クリアファイル(TOWER ver.)
・TSUTAYA RECORDS(一部店舗除く)/TOLショッピング(予約分のみ)…『Chime』オリジナル・クリアファイル(TSUTAYA ver.)
・HMV全店(HMV&BOOKS Online含む/一部店舗除く)…『Chime』オリジナル・クリアファイル(HMV ver.)
・sumika応援店舗…『Chime』オリジナル・クリアファイル(応援店舗 ver.)

※応援店舗の対象店舗は追って発表させていただきます。
※特典はご予約者優先の「先着特典」となり、数に限りがあります。一部の店舗/ECサイトでは特典が付かない場合がございます。
ご予約ご購入の際は、特典の有無を必ず店頭/ECサイトでご確認下さい。



【関連リンク】
sumika、ニューアルバム初回盤に自身初のスタジオライヴ映像を収録
sumikaまとめ
そらる、新曲「アイフェイクミー」が初の映画主題歌に決定

【関連アーティスト】
sumika
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, トレーラー, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典, ライブ

そらる、新曲「アイフェイクミー」が初の映画主題歌に決定
Fri, 22 Feb 2019 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

そらるの新曲「アイフェイクミー」が『映画 賭ケグルイ』主題歌に決定した。

河本ほむら原作、尚村透作画、月刊『ガンガンJOKER』(スクウェア・エニックス刊)で好評連載中の大ヒットコミック『賭ケグルイ』は、2018年1月に実写ドラマ化され、その個性的なキャラクターと若手俳優たちの振り切った演技が話題となった。そして3月末からは続編となる『賭ケグルイ season2』がMBS/TBS ドラマイズム枠で放送決定する中、原作者・河本ほむらが原案・監修を務めた完全オリジナルストーリーとなる『映画 賭ケグルイ』が5月3日(金)に公開される。

ギャガ公式YouTubeチャンネルでは『映画 賭ケグルイ』特報が公開となっており、新曲「アイフェイクミー」をいち早く視聴することができるので、ぜひチェックを!

「アイフェイクミー」は天国と地獄の狭間で妄想と現実の享楽に心踊らせながら逆境に興じる人間の心理を描いた歌詞となっていて、『賭ケグルイ』で描かれるギャンブルによる弱肉強食の世界に身を投じるキャラクターたちの姿が踏襲された楽曲が完成した。作詞・作曲はAfter the Rainで活動を共にするまふまふとの共作によるもの。

また、MBS/TBSドラマイズム『ゆうべはお楽しみでしたね』のオープニングテーマ「ユーリカ」のMVも公開されている。

『映画 賭ケグルイ』

5月03日(金)TOHOシネマズ 日比谷他 全国ロードショー

監督:英勉
脚本:高野水登、英勉
原作:河本ほむら・尚村透(掲載 月刊「ガンガンJOKER」スクウェア・エニックス刊)
シナリオ原案:武野光・河本ほむら(小説:「賭ケグルイ戯」より)
シナリオ監修:河本ほむら
ゲーム監修:オインクゲームズ
主題歌:そらる「アイフェイクミー」(Virgin Music)
オープニングテーマ:PassCode「一か八か」(ユニバーサル ミュージック/USMジャパン)

<出演>
浜辺美波、高杉真宙、宮沢氷魚、福原遥、伊藤万理華、松田るか、岡本夏美、柳美稀、松村沙友理(乃木坂46)、小野寺晃良、池田エライザ、中村ゆりか、三戸なつめ、矢本悠馬、森川葵

<ストーリー>
二年華組・蛇喰夢子(浜辺美波)は、生徒会長・桃喰綺羅莉(池田エライザ)とのギャンブルを心待ちにしていた。2人の勝負の期待が高まる中、学園内では“非ギャンブル、生徒会への不服従”を掲げる白装束集団・ヴィレッジが台頭、生徒会との対立が深まる。ヴィレッジ解体と夢子潰しを企む生徒会は、全校生徒をタッグで強制参加させる「生徒代表指名選挙」の開催を宣言するのだった――。

(c)2019 河本ほむら・尚村透/SQUARE ENIX・「映画 賭ケグルイ」製作委員会



【関連リンク】
そらる、新曲「アイフェイクミー」が初の映画主題歌に決定
そらるまとめ
まふまふまとめ
After the Rainまとめ
50周年を迎え、今も語り継がれる伝説のロックフェス『ウッドストック』

【関連アーティスト】
そらる, まふまふ, After the Rain
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, ミュージックビデオ, MV, トレーラー, 発表, 新曲, TVドラマ, 主題歌, オープニング, 映画

50周年を迎え、今も語り継がれる伝説のロックフェス『ウッドストック』
Fri, 22 Feb 2019 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1969年8月15〜18日、ニューヨーク郊外で開催されたロックフェスが『ウッドストック 音楽と芸術の祭典(Woodstock Music and Art Festival)』で、今年はちょうど50周年となる。これまで、79年、89年、94年(25周年)、99年、2009年と記念フェスが開催されてきていて、2019年はこれまでで最も大きな節目となるだけに、大掛かりなフェス(もしくはツアー)が開催されると思われる。現時点では、まだ出場アーティストは発表されていないが、過去の例を参考にすると当時の関係者だけでなくオルタナティブ系やヒップホップ系のアーティストが出演する可能性も少なくない。フェスの日程は8月16〜18日に予定されており、残念なことに同じ日程でサマーソニックがあるので何らかの影響があるかもしれない。そんなわけで、今回は『ウッドストック』のサウンドトラックを取り上げようと思う。当時、コンサートの模様を収録したドキュメンタリー映画は映画館で公開されたし、サウンドトラックも3枚組(4,500円)というボリュームでリリースされたことを考えると、このフェスが現代と変わらない商業戦略を持っていたことが窺い知れる。

■ロックフェスの誕生

今では世界中で大きなロックフェスが開催されている。何万、何十万というオーディエンスを楽しませるだけでなく、飲食、トイレ、治安など、フェスを取り巻くシステムも安定していて、すっかり安全なお祭りとして定着した感がある。そもそも野外音楽フェスはどこで始まったのだろうか。おそらく、1954年に始まった『ニューポート・ジャズ・フェスティバル』(アメリカ、ロード・アイランド州)が野外としては最初期のフェスである。スタートからしばらくはジャズのアーティストだけしか出演しなかったが69年(『ウッドストックフェス』の開催年)には、ロックやブルース、R&Bのアーティストも登場し、ジャンルを超えたアーティスト同士の交流はポピュラー音楽の発展にも貢献したと言えるだろう。

『ニューポート・ジャズ・フェスティバル』を範にした『ニューポート・フォーク・フェスティバル』は1959年に始まっている。このふたつのフェス、主催はどちらもジャズのプロデューサー・プロモーターとして知られたジョージ・ウェインで、ジャズの関係者ではあるものの、良い音楽を広めたいという意志のもと、さまざまなフェスをスタートさせている。他によく知られているものでは、『ニューオリンズ・ジャズ&ヘリテイジ・フェスティバル』(70年〜)や『プレイボーイ・ジャズ・フェスティバル』(59年〜)などがある。

■フェスにおけるボブ・ディランと 吉田拓郎へのヤジ

60年代中頃以降、『ニューポート・フォーク・フェス』にはロックのアーティストもしばしば登場するようになる。このフェスで特に知られているのは、フォークからロックへ転向したということで、旧態依然としたフォークファンからボブ・ディランが罵倒を浴びせられたエピソードかもしれない。フォークの神様ディランがロックに魂を売ったという出来事は、60年代半ばまでのロックの置かれた社会的立場が低かったことを意味する。当時、フォークやブルースのアーティストは政治的な立場をしっかりと持っており、若い学生でも公民権運動やベトナム戦争などに対する意識が高かったのである。もちろん、当時の日本でも社会問題や安保条約に対して自らのスタンスを明確にする若者は多かったし、アーティストたちに対しても反体制でなければ認めないなど、そんな時代でもあった。

日本での野外フェスの草分けで、69年に始まった『中津川フォークジャンボリー』の第3回(71年)に出演した吉田拓郎が岡林信康や高田渡らのファンからヤジられたり、ジャズヴォーカリストの安田南のステージでは暴徒が乱入してフェスを妨害するといった事件が知られているが、世界的に体制と反体制が二分化していた時期なのである。60年代の後半になるとロックも表現手法が複雑になって音楽性や芸術性の高いものが生み出されるようになり、多くの支持を集めるまでに成長する。ほんの数年で、ディランへのバッシングはまるで遠い過去の出来事のように霧散していく。

■『ウッドストック・フェス』への道のり

話を戻す。『ニューポート・フォーク・フェス』は当初からライヴ録音や映像化が進められており、これが後の『ウッドストック』への布石となる。67年に行なわれた最初の大きなロックフェスと言っても過言ではない『モンタレー・ポップ・フェスティバル』に影響を受けたマイケル・ラングは、翌68年にフロリダ州マイアミで『1968ポップフェスティバル』を主催する。このフェスにはジミヘン、マザーズ、ブルーチアーなどが出演し、2万5000人もの観衆を集めることに成功した。

ラングはウッドストックにレコーディングスタジオを建設し、ディランやジャニスなどの多くのアーティストに使ってもらうのが夢であった。その資金を捻出するためにもっと多くの人が集まる野外フェスを開催しようと、キャピトルレコードのアーティ・コーンフェルドに相談すると、資金集めには大きなフェス(ラングはノウハウがあるから)をやるべきだという結論に達し、ジョン・ロバーツ(資産家)とジョエル・ローゼンマン(弁護士)に資金の調達を依頼、賛同を得ることができた。

しかし、何と言っても最大の問題は、大きな野外会場を確保することだ。ウッドストックは東部とはいえ保守的な田舎であったからフェスの会場探しは困難を極めた。最終的にウッドストックから少し離れたホワイトレイクにあるマックス・ヤスガー農場に決まったものの、場所が決まったのはフェスの1か月半前のこと…。

出演者のブッキングは、当時圧倒的に人気があったCCRの獲得にまず成功する。CCRが出るのならばと、他のアーティストも次々にサインし、30組を超える出演者が決定した。ラングが手がけた前年の『ポップフェス』にマザーズを率いて出演したフランク・ザッパは、田舎での野外フェスに難色を示し辞退している。

■『ウッドストック・フェス』の4日間

フェスの前売り券は18万6000枚が売れていたので、主催者側は20万人程度が来ることは予測していたそうだが、実際には数日前から会場周辺に人が集まり始め(ゲートの準備が遅れていたので、前日までに集まった者はタダ見である)、正規入場者とほぼ同数の20万以上が押し寄せたとも言われている。結局、入場ゲートの設営もできず、コンサート当日には40万〜50万人が集まる未曾有のフェスとなった。ここに集まった観客は数日間、トイレ、食料、水、雨、ぬかるみ、不衛生、ゴミなどに苦しめられることになる。

それだけの人間が集まるわけなので、会場周辺の道路は渋滞で車は動かず、アーティストたちの到着も遅れに遅れた。フェスは8月15日(金)の4時スタートの予定であったが、トップバッターのスウィート・ウォーターはまだ来ておらず、すでに到着していた黒人フォークシンガーのリッチー・ヘイブンスに先に演奏することになった。しかし、彼の素晴らしい演奏のおかげで、このフェスが伝説となったと言っても過言ではない。彼は観客を熱狂させ、フェスの成功を予見させるパフォーマンスを2時間近くにわたって繰り広げたのだ。この日の演奏者は9組、『ニューポート・フォーク・フェス』のようなフォーク中心のプログラムとなった。

翌16日(土)は正午過ぎから翌日17日の朝10時ごろまでのオールナイトライヴとなった。サンタナ、マウンテン、CCR、デッド、ジャニス、スライ、フー、ジェファーソン・エアプレインなど、当時の大物アーティストがこぞって演奏、衛生状態が悪く食料も少ない中で観客は大いに盛り上がったようだ。途中、前日同様アーティストの到着が遅れたため、観客として会場にいたウッドストック在住のジョン・セバスチャンが頼まれるまま演奏することもあった。

最終日となるはずだった17日(日)は午後2時からジョー・コッカーのステージで幕を開けた。この後、フェス会場を嵐が襲い、雨風で荒れまくる。会場全体がぬかるみになってしまい、日曜日ということもあって、翌日の仕事に備えて観客はどんどん帰っていく。以降、嵐のせいで時間が大幅にずれ込みながら、テン・イヤーズ・アフター、ザ・バンド、ジョニー・ウィンター、CSN&Yなどが続き、最後のジミヘンが18日(月)の朝11時過ぎまで演奏し、フェスの幕は閉じる。ここまで残っていた観客は20万人であったとか、1万人弱であったとも言われているものの真意のほどは不明だ。

■理知的な数十万人の若者たち

フェスは不衛生な環境で、食料不足、トイレ不足、雨風、ぬかるみなど、大変な状況であったことは間違いない。しかし、そんな状況にあっても大きな問題は奇跡的に起こらなかった。ほとんど誰も管理していないフェスで、数十万人の若者たちが個々の裁量によって活動し、かつ成功裡に終わったということは、当時のアメリカの若い大衆が理知的であったということである。西海岸で巻き起こったヒッピーに代表されるフラワー・ムーブメントの影響はあるかもしれないが、60年代末にアメリカが抱えていた人種差別やベトナム戦争といった多くの問題について、フェスに参加した人たちはよく認識していたし、共生とか平和への意識が高かったのである。食料を持っている人は持っていない人と分かち合うなど、みんなが助け合いながらフェスを楽しんだ。だからこそ、『ウッドストック』は未だに語り継がれるアメリカ最大のロックフェスになり得たのではないだろうか。『ウッドストック』はロックは社会的な文化であると確信できた素晴らしいイベントであった。

■本作『「ウッドストック」オリジナル サウンドトラック』について

フェスの後、翌70年にリリースされたサントラは3枚組(もちろんLP)であったが、全米チャートで4週間1位となり、71年には『ウッドストック 2』(グリン・ジョンズのプロデュース)もリリースされた。25周年を迎えた94年には、未発表を加えた4枚組CDがリリースされ、2009年(40周年)にはもっと多くの音源から6枚組CDがリリースされるなど、このフェスに関するアイテムは充実するばかりである。映画のほうも未発表映像を加えたディレクターカット版がリリースされているので、興味のある人はぜひこの機会に観て(聴いて)ほしい。

本作『「ウッドストック」オリジナルサウンドトラック』(CDは2枚組)の収録曲では、ハイライトはやはりリッチー・ヘイブンスの「フリーダム」とジミヘンの伝説的な「アメリカ国歌〜パープル・ヘイズ」の2曲で、どちらも映像を観た者なら感動せざるを得ない名演である。他にジョン・セバスチャン、キャンド・ヒート、カントリー・ジョー、アーロ・ガスリー、シャ・ナ・ナ、ジョーン・バエズ、CSN&Y,ザ・フー、ジョー・コッカー、サンタナ、テン・イヤーズ・アフター、ジェファーソン・エアプレイン、スライ&ザ・ファミリー・ストーン、バタフィールド・ブルース・バンドの演奏が収められているが、ウッドストックの演奏でないものやスタジオ録音までがあって少しややこしいが、嵐の時の観客の声やステージアナウンスなども収められて臨場感のある構成となっている。できれば映像と合わせて視聴してもらえば、当時の熱い雰囲気が味わえると思う。今年の50周年記念フェスはどんな演出になるのか、今から待ち遠しい気分である。

TEXT:河崎直人

アルバム『Woodstock: Music from the Original Soundtrack and More』/V.A.

1970年発表作品



<収録曲>
■Disc 1
01. アイ・ハッド・ア・ドリーム (ジョン・B・セバスチャン)
02. ゴーイング・アップ・ザ・カントリー (キャンド・ヒート)
03. 自由 (リッチー・ヘヴンス)
04. ロック・アンド・ソウル・ミュージック (カントリー・ジョー&ザ・フィッシュ)
05. ロスアンジェルスにやって来て (アーロ・ガスリー)
06. アット・ザ・ポップ (シャ・ナ・ナ)
07. アイム・フィクシン・トゥ・ダイ・ラグ (カントリー・ジョー・マクドナルド)
08. ドラッグ・ストア・ドライブァー (ジョーン・バエズ・フィーチュアリング・ジェフリー・シャートレフ)
09. ジョー・ヒル (ジョーン・バエズ)
10. 組曲:青い眼のジュディ (クロスビー、スティルス&・ナッシュ)
11. 狂気の海 (クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング)
12. 木の舟 (クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング)
13. 俺達はしないよ (ザ・フー)
14. 心の友 (ジョー・コッカー)
■Disc 2
01. ソウル・サクリファイス (サンタナ)
02. アイム・ゴーイング・ホーム (テン・イヤーズ・アフター)
03. ヴォランティアーズ (ジェファーソン・エアプレイン)
04. メドレー:ダンス・トゥ・ザ・ミュージック〜ミュージック・ラヴァー〜アイ・ウォント・トゥ・テイク・ユア・ハイヤー (スライ&ザ・ファミリー・ストーン)
05. 虹をあなたに (ジョン・B・セバスチャン)
06. ラヴ・マーチ (バターフィールド・ブルース・バンド)
07. アメリカ国歌〜紫のけむり〜インストゥルメンタル・ソロ (ジミ・ヘンドリックス)



【関連リンク】
50周年を迎え、今も語り継がれる伝説のロックフェス『ウッドストック』
Jimi Hendrixまとめ
Crosby, Stills and Nashまとめ
The Whoまとめ
Santanaまとめ

【関連アーティスト】
Jimi Hendrix, Crosby, Stills and Nash, The Who, Santana, Joe Cocker, Ten Years After
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, アルバム, ライブ

RADWIMPS、10カ所17公演のライブツアーには初のスタジアムワンマンも!
Fri, 22 Feb 2019 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

RADWIMPSの2019年ライブツアー『ANTI ANTI GENERATION TOUR 2019』が決定! 初のスタジアムワンマンを含む10カ所17公演で開催される。チケットは、RADWIMPS TICKETサイトにて2月22日(金)17:00より最速先行受付がスタートしたので、お早めのチェックがおすすめだ。

また、RADWIMPSが2018年12月にリリースしたニューアルバム『ANTI ANTI GENERATION』には、ONE OK ROCKのフロントマン・Taka、シンガーソングライター・あいみょん、NY在住のラッパー・MiyachiとSOIL&"PIMP"SESSIONSのTabu Zombieという豪華アーティストがゲスト参加した楽曲や、NHK『18祭』でパフォーマンスされ話題となっていた「万歳千唱」「正解(18FES ver.)」を収録。3月27日(水)には同タイトルのアナログ盤もリリースされる。

■『ANTI ANTI GENERATION TOUR 2019』

6月08日(土) 長野・長野ビッグハット
6月09日(日) 長野・長野ビッグハット
6月14日(金) 徳島・アスティとくしま
6月22日(土) 千葉・ZOZOマリンスタジアム
6月23日(日) 千葉・ZOZOマリンスタジアム
6月29日(土) 沖縄・沖縄コンベンションセンター展示棟
6月30日(日) 沖縄・沖縄コンベンションセンター展示棟
7月05日(金) 和歌山・和歌山ビッグホエール
7月09日(火) 大阪・大阪城ホール
7月10日(水) 大阪・大阪城ホール
7月20日(土) 北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
7月27日(土) 宮城・宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)
7月28日(日) 宮城・宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)
8月02日(金) 岡山・CONVEX岡山
8月03日(土) 岡山・CONVEX岡山
8月13日(火) 福岡・マリンメッセ福岡
8月14日(水) 福岡・マリンメッセ福岡

<チケット>
■最速先行受付(抽選)
2月22日(金)17:00〜3月10日(日)23:59
https://radwimps-ticket.jp/



【関連リンク】
RADWIMPS、10カ所17公演のライブツアーには初のスタジアムワンマンも!
RADWIMPSまとめ
新生エドガー・サリヴァン、新元号発表の4月1日に配信シングルをリリース

【関連アーティスト】
RADWIMPS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, ツアー, チケット

新生エドガー・サリヴァン、新元号発表の4月1日に配信シングルをリリース
Fri, 22 Feb 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2019年4月、佐々木 萌(Vo)、坂本 遥(Gu)の新体制でメジャーデビューが決定したエドガー・サリヴァンが、新元号が発表される4月1日に“江戸から未来へ、そして世界へ” をコンセプトに設立された新メジャーレーベル“O EDO LABEL”(読:お江戸レーベル)から新曲をリリースすることが分かった。

メジャーデビュー第一弾となる楽曲は、4月5日(金)よりMBS/TBS、4月6日(土)よりBS-TBSのアニメイズム枠で放送されるTVアニメ『みだらな青ちゃんは勉強ができない』のオープニング曲に決定しており、アニメのために書き下ろされた新曲「WONDERFUL WONDER」は、彼らが心機一転リスタートを告げるには充分にフレッシュで魅力に溢れた楽曲に仕上がっている。

前体制でのエレクトロ・ポップ路線を感じさせる音像を失わないまま、今までよりもさらにシンプルなトラック・メイキングで、より生らしい質感と熱量を持った作品が完成。遊び心を持った言葉のチョイスと初恋のようにキュンとする歌詞のバランスが、ティーン世代のみならず幅広い層にクセになるサウンドとなっているとのこと。

2人になって今まで以上に研ぎ澄まされた、新世代型エレクトロポップのさらなる高みを目指すエドガー・サリヴァンに引き続き注目だ。

(c)カワハラ恋・講談社/みだらな青ちゃん製作委員会



【関連リンク】
新生エドガー・サリヴァン、新元号発表の4月1日に配信シングルをリリース
エドガー・サリヴァンまとめ
WANIMA、ニューシングル発売記念として野外ステージ4公演のリリパ決定!

【関連アーティスト】
エドガー・サリヴァン
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ユニット, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, EDM, オルタナティブ, 音楽配信

WANIMA、ニューシングル発売記念として野外ステージ4公演のリリパ決定!
Fri, 22 Feb 2019 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

WANIMAが3月6日にリリースする4thシングル「Good Job!!」の発売を記念したリリースパーティー『WANIMA Good Job!! Release Party』を札幌、天草、首都圏の全国3カ所で4公演で開催することが分かった。

このリリースパーティーは全公演が野外ステージでの実施。現在開催中のライヴハウス/ホールを巡る全国ツアー『1CHANCE NIGHT TOUR 2018-2019』とは異なる彼らの魅力が楽しめる内容となる。

チケット情報など詳細は、シングル「Good Job!!」の特設サイト、オフィシャルHPで随時発表されていく予定なので、引き続きチェックしよう。

■『WANIMA Good Job!! Release Party』

『WANIMA Good Job!! Release Party“梅雨知らず ほっかいどう de どうでしょう?”』
6月22日(土) 北海道・札幌 芸術の森野外ステージ
6月23日(日) 北海道・札幌 芸術の森野外ステージ

『WANIMA Good Job!! Release Party“WANIMA 天草の乱 〜「?津集落」世界遺産登録1周年〜”』
7月06日(土) 熊本・天草 本渡港 大矢崎緑地公園 特設会場

『WANIMA Good Job!! Release Party“カオス!!ギネス!?日本初!!”』
7月15日(月) 首都圏某所 特設会場

■シングル「Good Job!!」特設サイト
https://wanima.net/goodjob/

シングル「Good Job!!」

2019年3月6日(水) 発売



【初回限定盤】(2Disc)
¥1,600(税抜)
※カラーケース仕様
【通常盤】(CD)
¥1,200(税抜)

<収録曲>
■CD
1.アゲイン(TBS系 金曜ドラマ「メゾン・ド・ポリス」主題歌)
2.渚の泡沫
3.ANSWER(受験にinゼリー CMタイアップソング)
■初回盤限定BONUS DISC
未発表楽曲「JOY」(アコースティック ver.) 収録

◎チェーン別オリジナル特典
WANIMAが車に貼ってそうなステッカー
<対象チェーン>
TOWER RECORDS全店(オンライン含む/一部店舗除く)
TSUTAYA RECORDS(一部店舗除く)/ TSUTAYAオンラインショッピング(予約のみ)
Amazon.co.jp
HMV(一部店舗除く) / HMVオンラインショッピング(予約のみ)
WonderGOO/新星堂 (一部店舖除く) および新星堂WonderGOOオンライン
楽天ブックス
サポート店(対象店舗は後日発表)
※特典の絵柄は後日発表させて頂きます。
※特典の絵柄はチェーン毎で異なります。
※特典はなくなり次第終了となります。あらかじめご了承ください。



【関連リンク】
WANIMA、ニューシングル発売記念として野外ステージ4公演のリリパ決定!
WANIMAまとめ
KANA-BOON、新曲「ハグルマ」のMVは情熱的な演奏シーンに注目

【関連アーティスト】
WANIMA
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, パンク, ライブ, ワンマン

KANA-BOON、新曲「ハグルマ」のMVは情熱的な演奏シーンに注目
Fri, 22 Feb 2019 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

KANA-BOONの新曲「ハグルマ」のMV(short version)が公開された。

メジャーデビュー5周年を迎え、5シーズンにわたり、5リリース、5イベントを企画してきたKANA-BOON。「ハグルマ」はその締め括りとなるシーズン5の“リリース”〜その1〜として、3月6日に発売されるニューシングルだ。TVアニメ『からくりサーカス』第2クールのOPテーマとして絶賛オンエア中だが、いよいよ大詰めの3月2日(土)に沖縄で国内ファイナル公演を迎える47都道府県ツアーでもすでに披露され、ファンの間で大きな話題を集めている。

MVでは、運命の糸に抗い未来を切り開こうとする意志が、ストイックで情熱的な演奏シーンで表現されているので、注目してチェックしてほしい。

シングル「ハグルマ」

2019年3月6日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3140〜1/¥1,300+税
※どうでもいいオマケ021封入
<収録曲>
■CD
01.ハグルマ
02.オレンジ
■DVD
01.ハグルマ(MV)
02.TVアニメ『からくりサーカス』ノンクレジットオープニング映像



【通常盤】(CDのみ)
KSCL-3142/¥971+税
※どうでもいいオマケ021封入



【関連リンク】
KANA-BOON、新曲「ハグルマ」のMVは情熱的な演奏シーンに注目
KANA-BOONまとめ
乃木坂46、西野七瀬の卒業コンサートを京セラドーム大阪から生配信!

【関連アーティスト】
KANA-BOON
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典, アニメ, 主題歌, オープニング

乃木坂46、西野七瀬の卒業コンサートを京セラドーム大阪から生配信!
Fri, 22 Feb 2019 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2012年2月22日の乃木坂46のメジャーデビュー日を記念したライブ『7th YEAR BIRTHDAY LIVE』が、2019年2月21日(木)〜2月24日(日)の4日間にわたって京セラドーム大阪にて開催される。各日5万人を動員する本公演のファイナル『乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE -Day4-〜西野七瀬 卒業コンサート〜』 は、グループの絶対的エースとして活躍した西野七瀬のラストステージだ。

そんな注目が集まる2月24日(日)のファイナル公演を、会場である京セラドーム大阪より生配信! さらに、後日にはディレクターズカット版で見逃し配信も1回限り実施することが決定している。乃木坂46の記念すべきメジャーデビュー7周年イベントであり、西野七瀬の乃木坂46としての集大成をぜひ目撃してほしい。

なお、生配信・見逃し配信視聴が可能となる“ライブカードあり”のプランを購入すると、西野七瀬オリジナルサイン入り生写真1枚が付いてくる特典もあるので、詳細はサービスサイトにてチェックを!

■『乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE -Day4-〜西野七瀬 卒業コンサート〜』

<開催概要>
2月24日(日) 大阪・京セラドーム大阪

<配信概要>
1.生配信
2019年2月24日(日)16:00〜
2.見逃し配信
2019年3月17日(日)20:00〜 ※1回のみの実施となります

<販売概要>
■ライブカードあり(生配信・見逃し配信視聴可能)
価格:¥2,500
販売チャンネル:タワーレコード(店頭、dショッピング、タワーレコードオンライン)
※西野七瀬オリジナルサイン入り生写真と、視聴に必要なライセンスキーが同梱されています
■ライブカードなし(生配信のみ)
価格:¥1,500
販売チャンネル:サービスサイト
■ライブカードなし(見逃し配信のみ)
価格:¥1,000
販売チャンネル:サービスサイト

◎サービスサイト
https://shintaikan.live

◎Twitter
https://twitter.com/docomo_live 



【関連リンク】
乃木坂46、西野七瀬の卒業コンサートを京セラドーム大阪から生配信!
乃木坂46まとめ
けやき坂46名義でのラスト曲「君に話しておきたいこと」MV解禁

【関連アーティスト】
乃木坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, ライブ

けやき坂46名義でのラスト曲「君に話しておきたいこと」MV解禁
Fri, 22 Feb 2019 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

欅坂46が2月27日にリリースする8thシングル「黒い羊」に収録される、けやき坂46のカップリング曲「君に話しておきたいこと」のMVが公開となった。

2月11日(月)にけやき坂46から日向坂46に電撃改名がなされた彼女たちにとって、この作品が実質的にけやき坂46名義としては最後の作品となる。

今作も彼女たちの魅力である“ハッピーオーラ”に満ち溢れた楽曲とMVに仕上がっており、今作をもって日向坂46へと生まれ変わるけやき坂46。これまでの彼女たちの歩んできた道に思いを馳せながら改めて歌詞を聴きこむと、とても胸が熱くなる作品だ。

■けやき坂46「君に話しておきたいこと」MV
https://hinatazaka46.com/s/official/contents/6001936723001

シングル「黒い羊」

2019年2月27日発売



【初回仕様限定盤TYPE-A】(CD+Blu-ray)
SRCL-9983〜4/¥1,713+税
【初回仕様限定盤TYPE-B】(CD+Blu-ray)
SRCL-9985〜6/¥1,713+税
【初回仕様限定盤TYPE-C】(CD+Blu-ray)
SRCL-9987〜8/¥1,713+税
【初回仕様限定盤TYPE-D】(CD+Blu-ray)
SRCL-9989〜90/¥1,713+税
【通常盤】(CDのみ)
SRCL-9991/¥972+税

◎初回仕様限定盤共通封入特典
「全国握手会イベント参加券orスペシャルプレゼント応募券」1枚封入
「メンバー生写真」ランダム1枚封入



【関連リンク】
けやき坂46名義でのラスト曲「君に話しておきたいこと」MV解禁
けやき坂46まとめ
欅坂46まとめ
日向坂46まとめ
さくらしめじ、3ヶ月連続ツーマンの最終公演にサイダーガールが出演

【関連アーティスト】
けやき坂46, 欅坂46, 日向坂46
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, AKB, ミュージックビデオ, MV, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス

さくらしめじ、3ヶ月連続ツーマンの最終公演にサイダーガールが出演
Fri, 22 Feb 2019 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

さくらしめじが、4月6日(土)にサイダーガールを迎えてツーマンライヴを行なうことが発表された。

このライヴは3カ月連続ツーマン企画の最終公演で、チケットは2月22日(金)より先行販売が開始となる。さくらしめじは2月にコレサワ、3月には大石昌良を迎えて、渋谷WWWでツーマンライヴを開催。チケットは即ソールドアウトとなっており、ファンの間でも話題の公演となっているので、今回もお早めにチェックを!



【関連リンク】
さくらしめじ、3ヶ月連続ツーマンの最終公演にサイダーガールが出演
さくらしめじまとめ
サイダーガールまとめ
BUCK-TICK、Blu-ray&DVD『TOUR No.0』 のプレミアム先行上映会が決定

【関連アーティスト】
さくらしめじ, サイダーガール
【ジャンル】
J-POP, ニュース, バンド, EBiDAN, ユニット, 発表, ポップス, フォーク, ライブ, チケット

BUCK-TICK、Blu-ray&DVD『TOUR No.0』 のプレミアム先行上映会が決定
Fri, 22 Feb 2019 15:30:00 +0900


BUCK-TICKが、4月24日にリリースするライヴ映像作品『TOUR No.0』の発売を記念してプレミアム上映会を開催する。

『TOUR No.0』は、不動のメンバーで迎えた30周年イヤーにリリースされた21枚目のオリジナルアルバム『No.0』を携えた全国ツアー『BUCK-TICK 2018 TOUR No.0』から、2018年7月26日に行なわれたホールツアーファイナルとなった東京国際フォーラム ホールAのライヴを全曲収録した映像作品。

アルバム『No.0』は誕生と終焉、創造と破壊、愛と死を描き、映像的なアルバムとして評価されているが、本ツアーではセット、演出、パフォーマンス含め、バンド史上最高傑作の呼び声の高いライヴとなった。この伝説のライヴが、4月11日(木)TOHOシネマズ新宿で行なわれる最速先行上映会を皮切りに、4月18日(木)は全国11の劇場で公開となる。

ライヴ映像作品『TOUR No,0』は完全生産限定盤と通常盤の2種類が用意され、完全生産限定盤にはライヴハウスツアー『TOUR No.0 - Guernican Moon -』から、2018年11月10日の豊洲PIT公演全21曲の映像を収録したボーナスディスクが付属。さらに、全64ページのPHOTOBOOKをセットしたスペシャルパッケージ仕様となる。

また、今?買うの早期予約キャンペーンも開催中! 特典は「『TOUR No.0』オリジナルノート」(A5変形サイズ)で、対象期間は2019年3月24日(日)23:59まで。二度と手に入らないスペシャルな特典なので、ご予約はお早めに。

■『TOUR No.0』劇場公開情報

(1)『TOUR No.0』ライヴ映像先行上映
日時:4月11日(木)21:00開映 ※1回限りの上映です。
会場:TOHOシネマズ新宿
上映内容:『TOUR No.0』ライヴ映像上映

<チケット>
全席指定2,500円(税込)
※チケットはWEBでの抽選エントリー受付になります。
■抽選エントリー受付
3月1日(金)11:00〜3月19日(火)11:00
チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/buck-tick-pr/ ※PC・モバイル共通
※上映は本編のみとなります。特典の上映はございません。
※当選者が座席数に満たない場合は、チケットぴあにて先着発売を行います。詳細は後日アップします。
※新宿では、ライヴ映像作品『TOUR No.0』の劇場予約は行いません。

(2)『TOUR No.0』ライヴ映像全国上映
上映内容:『TOUR No.0』ライヴ映像上映
日時:4月18日(木)19:00開映 ※各会場1回限りの上映です。
<会場>
全国11劇場
・関東:ユナイテッド・シネマ豊洲/109シネマズ川崎/ユナイテッド・シネマ浦和/シネプレックス幕張/109シネマズ高崎
・中部:ミッドランドスクエアシネマ
・関西:なんばパークスシネマ
・北海道:ユナイテッド・シネマ札幌
・九州:ユナイテッド・シネマキャナルシティ13
・東北:MOVIX仙台
・中国:109シネマズ広島

<チケット>
全席指定2,500円(税込)
■抽選エントリー受付
3月1日(金)11:00〜4月2日(火)11:00
チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/buck-tick/ ※PC・モバイル共通
※上映は本編のみとなります。特典の上映はございません。
※当選者が座席数に満たない場合は、チケットぴあにて先着発売を行います。詳細は後日アップします。

Blu-ray&DVD『TOUR No.0』

2019年4月24日発売



【Blu-ray 完全生産限定盤】(2Blu-ray)
VIZL-1528/¥12,000+税
※フォトブック付属
※スペシャルパッケージ仕様
【Blu-ray 通常盤】(Blu-ray)
VIXL-261/¥6,000+税
【DVD 完全生産限定盤】(2DVD)
VIZL-1529/¥11,000+税
※フォトブック付属
※スペシャルパッケージ仕様
【DVD 通常盤】
VIBL-936/¥5,500+税
<収録曲>
■DISC1
『TOUR No.0』LIVE at 東京国際フォーラム ホールA [2018.7.26]
<収録曲>
1.零式13型「愛」
2.美醜LOVE
3.サロメ - femme fatale -
4.Ophelia
5.光の帝国
6.ノスタルジア - ヰタ メカニカリス -
7.PINOA ICCHIO - 躍るアトム -
8.メランコリア-ELECTRIA-
9.IGNITER
10.残骸
11.楽園
12.BABEL
13.Moon さよならを教えて
14.ゲルニカの夜
15.胎内回帰
16.GUSTAVE
17.薔薇色十字団 - Rosen Kreuzer -
18.ROMANCE
19.NATIONAL MEDIA BOYS
20.REVOLVER
21.Solaris
■DISC2 ※完全生産限定盤Blu-ray&DVDのみ
『TOUR No.0 - Guernican Moon -』LIVE at 豊洲PIT [2018.11.10]
1.エリーゼのために
2.美醜LOVE
3.光の帝国
4.サロメ - femme fatale -
5.月蝕
6.IGNITER
7.BABEL
8.Moon さよならを教えて
9.GUSTAVE
10.Baby, I want you.
11.薔薇色十字団 - Rosen Kreuzer -
12.Cuba Libre
13.Mr.Darkness & Mrs.Moonlight
14.BOY septem peccata mortalia
15.Memento mori
16.零式13型「愛」
17.ゲルニカの夜
18.胎内回帰
19.TANGO Swanka
20.狂気のデッドヒート
21.鼓動



【関連リンク】
BUCK-TICK、Blu-ray&DVD『TOUR No.0』 のプレミアム先行上映会が決定
BUCK-TICKまとめ
The BONEZ、モンスターエナジーとスポンサーシップ契約!

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, DVD, Blu-ray, キャンペーン, 発表, リリース, 発売, 特典, サイケデリック, メタル, グランジ, オルタナティブ, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット

The BONEZ、モンスターエナジーとスポンサーシップ契約!
Fri, 22 Feb 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

The BONEZが、モンスターエナジーとスポンサーシップ契約を締結した。

The BONEZは、2017年にモンスターエナジーファミリーに加わったRIZEのヴォーカルJESSE、元RIZEのNAKA、Pay money To my PainのT ザ ホルモン、coldrain、MAN WITH A MISSION、RIZE、KOHHに続くアーティストとして、モンスターエナジーファミリーに加わることとなった。

3月23日(土)、24日(日)の2日間にかけてお台場で開催されるドリフトイベント『MONSTER ENERGY presents D1GP ALL STAR SHOOT-OUT』では、スポンサーシップ契約を記念したスペシャルライヴも開催される。当日は、この日限定のスペシャルアイテム(ステッカー)を全来場者に配布予定とのことなので、こちらも注目だ。

さらに、The BONEZの「SUNTOWN」が2019年度『D1グランプリ』公式テーマソングに決定! 今後も目が離せないThe BONEZの活躍を、モンスターエナジーが応援していく。

■『MONSTER ENERGY presents D1GP ALL STAR SHOOT-OUT』

<日時>
3月23日(土)第1部 10:00〜 / 第2部 16:30〜
3月24日(日)第1部 10:00〜 / 第2部 16:30〜
※時間は変更される場合がございます。
※The BONEZ ライヴは17:00〜17:30(両日)

<会場>
東京 お台場特設会場(青海R地区)

<チケット>
指定席券:4,900円〜 / 立ち見券:1,900円〜
Lコード:31816

■イベント公式サイト
http://www.d1gp.co.jp/03_sche/2019/gp19ex1/gp19ex1_index.html

『We Control -Zepp Tour 2019-』

6月13日(木) 東京・Zepp Tokyo
6月22日(土) 大阪・Zepp Osaka Bayside
6月29日(土) 愛知・Zepp Nagoya
7月13日(土) 福岡・Zepp Fukuoka
<チケット>
前売¥4,300(ドリンク代別)
※18歳以下は¥500キャッシュバックあり(要身分証)
http://eplus.jp/thebonez/



【関連リンク】
The BONEZ、モンスターエナジーとスポンサーシップ契約!
The BONEZまとめ
RIZEまとめ
JESSEまとめ
Pay money To my Painまとめ

【関連アーティスト】
The BONEZ, RIZE, JESSE, Pay money To my Pain
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表, ハードコア, パンク, オルタナティブ, ライブ, チケット, 主題歌

Lia、アニソン番組『Anison Days』出演&ワンマンツアーのチケット発売開始
Fri, 22 Feb 2019 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

グラミー賞受賞経歴に加え、その歌声がクリスタルヴォイスと称されるなど、アニソンシーンのレジェンド的存在として知られるヴォーカリストのLiaが、3月4日(月)放送のBS11アニソン音楽番組『Anison Days』へ出演する。MCの森口博子との共演ということもあり、歌唱される楽曲にも期待が高まるが、普段ほとんどメディアの前に姿を表わさないLiaの素顔が見られるトークシーンにも注目したい。

また、5月には大阪、名古屋、横浜で行なわれる自身初の国内ワンマンライヴツアー『Lia LIVE TOUR 2019 REVIVES』が決定しているが、さらに仙台での公演も発表された。同ツアーは2018年に行なわれた渋谷マウントレーニアでのワンマンライヴ(2days)のチケットがキャパシティーに対して10倍もの申し込みがあり、Lia本人が“チケットが取れずに来れなかったファンや、平日だったこともあり遠方で来れなかったファンの皆さんの多くの声を頂いて、逆に私が会いに行こうと思った”とのことで、アンコール公演として決定したもの。

注目されるのは、当日の演目。公演タイトルにもあるアルバム『REVIVES』収録曲はもちろん、彼女の歌を世に知らしめたゲーム/TVアニメ/劇場版アニメ『AIR』より「鳥の詩」「青空」や、TVアニメ『Angel Beats!』のオープニング曲「My Soul, Your Beats!」、TVアニメ『Charlotte』オープニング曲「Bravely You」など、ファンの期待値が高まることは必至だ。

入場チケットは横浜公演はすでに受付が開始しており、大阪、名古屋公演は2月22日(金)より受付。今回も争奪戦が予想される。

『Lia LIVE TOUR 2019 REVIVES』

5月01日(水) 大阪 Billboard Live OSAKA
[1st Stage]開場15:30 開演16:30
[2nd Stage]開場18:30 開演19:30
<チケット>
Service Area¥7,500 / Casual Area¥6,500
■BBL会員・法人会員
2019年2月22日(金)11:00〜
■ゲストメンバー
2019年3月1日(金)11:00〜
◎詳細ページ http://www.billboard-live.com/
5月02日(木) 愛知 Blue Note NAGOYA
[1st Stage]開場16:00 開演17:00
[2nd Stage]開場19:00 開演20:00
<チケット>
¥7,500
■メンバーズ受付
2019年2月22日(金)11:00〜
■一般予約受付
2019年3月1日(金)11:00〜
◎詳細ページ https://www.nagoya-bluenote.com
5月04日(土) 神奈川 Motion Blue YOKOHAMA
[1st Stage]開場15:15 開演16:30
[2nd Stage]開場18:15 開演19:30
<チケット>
¥7,500
※会場オフィシャルサイトにて受付中
◎詳細ページ http://www.motionblue.co.jp/artists/lia/
5月18日(土) 宮城 仙台darwin
開場17:00 開演17:30
<チケット>
指定席¥7,500
立見¥6,500(ドリンク代別途必要)
■オフィシャルホームページ先行
2019年2月27日(水)〜 http://eplus.jp/lia-hp/
◎詳細ページ http://www.newspromotion.jp/



【関連リンク】
Lia、アニソン番組『Anison Days』出演&ワンマンツアーのチケット発売開始
Liaまとめ
森口博子まとめ
HONG¥O.JP、解散を発表&4月にラストアルバムを発売

【関連アーティスト】
Lia, 森口博子
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, シンガーソング・ライター, 発表, アニメ, テレビ番組, 音楽番組, 出演, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット

HONG¥O.JP、解散を発表&4月にラストアルバムを発売
Fri, 22 Feb 2019 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

HONG¥O.JPが、4月21日(日)のライヴをもって解散することが決定。オフィシャルHPで発表さた。

HONG¥O.JPは、元MAGiC BOYZのメンバーであるTOMA、RYUTO、JOEの3名で2018年7月に結成されたグループで、大人の作った魔法から卒業し、“音楽を本業にする”という目標のもと、全ての作品においてメンバー自らが作詞を手がけ、海外のプロデューサーを招くなど精力的に活動を続けてきた。2018年末にはDJメンバーのJOEが卒業し、TOMA、RYUTOの2人で活動を続けてきたが、グループとして、また2人のこれから進む先を鑑みた結果、HONG¥O.JPを解散することを決断したという。

解散後はTOMA、RYUTO共に、学業に励みながら次に進む先を見つけていきたいと考えているとのことだ。

4月10日には、MAGiC BOYZ結成時からラッパーとして約4年半、様々なアーティスト、クリエイターの下で成長してきたTOMA、RYUTOの集大成となるラストアルバム『Highlight』を発売。すでに配信している楽曲に加え、2人のやりたいこと、メッセージを詰め込んだ渾身の作品を現在制作中で、3月17日(日)から4月14日(日)にかけてはアルバムリリース記念イベントの開催も決定している。

そして、4月21日(日)には東京・渋谷HARLEMでラストライヴ『HONG¥O.JP LAST LIVE 〜今まで本当にありがとう〜』を開催。アルバム同様に、2人の集大成となるもの、これまで応援してくださった皆さまへ精いっぱい感謝の気持ちを伝える場にしたいと考えている。チケットは先行申し込み受付中。TOMA、RYUTOの最後となるステージを見届けてほしい。

■【コメント】

■TOMA
「皆さんに大切なお知らせがあります。
僕達HONG?O.JPは4月21日をもって解散することになりました。
今回も突然の発表になってしまい、本当に申し訳ございません。
前身のMAGiC BOYZが結成された2014年から約4年半の間、たくさんの方々に支えられてここまでやってくることができました。
自分の中ではまだまだ続けていくつもりでしたが、続ける事ができなくなってしまいました。これまで、いろいろな事があった中で応援してくれたホーミーの皆さんには本当に感謝してもしきれないし、このような形で終ることになり申し訳ないです。
現在、最後のアルバムを制作中で、みんなにいつまでも聴いてもらえるような作品を作りたいと思っています。4月21日のラストライブではたくさんの人に来てもらって笑顔で終われるように、それまで走り抜けていくので、最後までどうかよろしくお願いします」

■RYUTO
「皆さんにとって急な発表になってしまい本当にすみません。
僕は初めて解散すると言われた時は、何も考えることができず頭が真っ白になりました。HONG?O.JPが解散することは昨年末には既に決まっていて、まだ解散発表がされていない状況で皆さんと話したりする時に自分は皆さんに嘘をついているような気分になり凄い罪悪感を感じました。MAGiC BOYZの頃からメンバーの卒業加入がとても激しいグループで、メンバーが変わる度に「このメンバーで頑張ります!」と言っていたのも全て嘘になり何回も何回も皆さんを裏切ってしまったうえに、このような形でまた皆さんを悲しませることをとても申し訳なく思っています。
今HONG?O.JPのライブに来てくれている方や曲を聴いてくれている方、そのほかの形でHONG?O.JPを応援してくれている皆さんには、本当に本当に申し訳ない気分でいっぱいです。
僕は他の人が将来について考える時期をこの活動を通して音楽に携わって過ごしたので、やはり音楽に携わっていたいという気持ちがあります。それはステージに立つ仕事なのか裏方なのかそれ以外なのかは分かりませんが、取り敢えず今は音楽に関する仕事に就きたいと考えています。
4/21のライブが僕たち2人の最後のライブで、今作っているアルバムが僕たち2人の最後の作品になります。本当におこがましいですが、ライブも来て欲しいし曲も聴いてほしいです。最後のアルバムは、TOMAと僕が妥協しないで作った今までで1番純度の高いアルバムだと思っています。もちろんラストライブも最高のものにしたいと思っています。2人でHONG?O.JPとしてステージに立つことは4/21以降ないので、このライブと作品を以って皆さんの心の中に思い出として残れればと思います。
急な発表になってしまい本当にすみません。
4/21まで引き続きHONG?O.JPを応援よろしくお願いします」

アルバム『Highlight』

2019年4月10日発売



ZXRC-2048/¥2,500(税込)
<収録曲>
全11曲予定
詳細は後日発表

【ライブ・イベント情報】

■HONG¥O.JP LAST ALBUM『Highlight』リリース記念イベント
3月17日(日) 東京・HMV record shop 渋谷 店内イベントスペース
3月30日(土) 東京・ヴィレッジヴァンガード渋谷本店 B2Fイベントスペース
4月06日(土) 東京・HMV record shop 新宿ALTA 店内イベントスペース
4月14日(日) 東京・HMVエソラ池袋 店内イベントスペース
◎詳細ページ http://stardustrecords.jp/?p=6580
■『HONG¥O.JP LAST LIVE 〜今まで本当にありがとう〜』
4月21日(日) 東京・渋谷HARLEM
開場14:00 / 開演15:00
<チケット>
オールスタンディング¥4,000(税込)
※入場時ドリンク代別途必要
・スターダストチャンネル会員限定先行受付(抽選)http://stardust-ch.jp/feat/a029cdf6ea270577440e53da4a80d785
・オフィシャル先行受付(抽選)
2月22日(金)16:00〜3月3日(日)23:59 http://hongyo.jp
◎詳細ページ http://stardustrecords.jp/?p=6578



【関連リンク】
HONG¥O.JP、解散を発表&4月にラストアルバムを発売
HONG¥O.JPまとめ
MAGiC BOYZまとめ
和田たけあき、TOKOTOKO、八王子Pらが参加する“ボカロで覚える学習参考書”の高校生編3作をリリース

【関連アーティスト】
HONG¥O.JP, MAGiC BOYZ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, グループ, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ヒップホップ, ラップ, ライブ, ワンマン, チケット, 解散

和田たけあき、TOKOTOKO、八王子Pらが参加する“ボカロで覚える学習参考書”の高校生編3作をリリース
Fri, 22 Feb 2019 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

中学生向けの参考書として累計刷部数50万部と異例の売上を見せている『ボカロで覚える』シリーズ。その高校生編が2月22日に発売となる。高校生編の第1弾となる今回は、暗記項目である英単語、日本史、世界史の3冊を同時にリリース。どの書籍も楽曲だけではなく、効率よく学習できるように構成されているのが特徴だ。

『MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える高校英単語』は過去の入試問題を分析し、1500語の英単語、英熟語、会話表現を収録。「語源で覚える」「似ている英単語の使い分け」「ゴロ合わせで覚える」など、さまざまな効率的メソッドを詰め合わせている。

『MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える高校日本史』は、各時代を効率よく覚えることができるように時代区分別で楽曲を作成。そのほかテーマ史として歴代内閣、近現代社会経済史、文化史といった一括りで覚えなければならない単元をまとめている。

『MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える高校世界史』では、中国、イスラーム、ヨーロッパなどを地域史別でまとめたほか、文化史、世界史英雄列伝といった教養や学び直しに嬉しい曲も収録されている。

参加しているボカロPは、40mP、かいりきベア、ナユタン星人、みきとP、れるりり(敬称略)ら31名。各書籍とも12曲を収録。さらに、『MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える高校英単語』には米津玄師が“ハチ”名義で過去に発表した「ドーナツホール」の英語バージョンもボーナストラックとしてセットされる。

書籍には単元ごとにQRコードのような読み込み式のマーカーが印刷されていて、スマホなどで読み込めば簡単にその単元の動画にアクセス&再生が可能。シリーズで好評な、視て、聴いて、楽しく学習できる特徴はそのまま引き継いでいる。音楽CDも付くので、携帯音楽プレーヤーにダウンロードすれば、いつでもどこでも繰り返し聴ける仕様だ。

従来シリーズの中学生編と比べて、大人でも楽しめる雰囲気の楽曲を数多く収録している今作。高校生だけではなく、学び直しをしたいという人にとっても魅力的だろう。

■みきとP「アンキ厨はアンキ中 〜To the next ERA!〜」
https://www.nicovideo.jp/watch/sm34436474

■ポリスピカデリー「Chaotic Love Revolution」
https://www.nicovideo.jp/watch/sm34657797

■クロスフェード動画
https://www.nicovideo.jp/watch/sm34666938

■学研プラス オフィシャルHP
http://gakken-plus.co.jp/

■【コメント】

■和田たけあき(くらげP)
「絶望的に記憶力がないので、暗記科目は苦手でした。
そんな僕でも歌詞ならそれなりに覚えられるので、みなさんもとりあえずこの歌に書かれているところなら、もう大丈夫ですね?」

■TOKOTOKO(西沢さんP)
「英語が使えるとなにかと便利です!
リズムに乗せて覚えられるように頑張ってみました。まず歌として覚えてみて、あとから意味合いをチェックしてみたりなんかも良いんじゃないかと思います」

■八王子P
「僕はDJで海外に行くことが多いのですが、その度に学生時代もっと英語をしっかり勉強しておけばよかったと思います。
僕みたいにならないよう、みんなはこの本で英語マスターしてね!」

書籍+CD『MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える高校英単語』

2019年2月22日発売



¥2,268(税込)
単行本:304ページ
出版社:学研プラス
ISBN-13:978-4053046819
CD付(13曲)
<収録曲>
01.【入試に出るベスト53語】「Mellow Intensity」 / ぬゆり
02.【得点アップの重要50語】「Selected!」 / ポリスピカデリー
03.【語源でまとめて覚える】「en-courage」 / ゆうゆ
04.【間違えやすい単語】「awesomeとawfulを間違えた街。その文脈」 / 家の裏でマンボウが死んでるP
05.【多義語】「SAVE TIME, SAVE YOU」 / tilt-six
06.【副詞】「詠と英知(A to H)」 / sasakure.UK
07.【動詞の熟語】「Grow Up」 / 八王子P
08.【得点アップの熟語】「Face to Face」 / とあ
09.【ゴロで覚える】「陽キャラ⇔陰キャラ物語」 / mathru@かにみそP
10.【長文読解あるあるテーマ】「TVショーは言っていた」 / カラスヤサボウ
11.【入試によく出る会話表現】「Who\'s Calling?」 / TOKOTOKO
12.【英文法の総復習】「ECHO 〜Special Version〜」 / Crusher-P
※ボーナストラック「Donut Hole」(「ドーナツホール」English ver.) / ハチ

◎詳細はこちら
https://gakken-mall.jp/ec/plus/pro/disp/1/1130468100

書籍+CD『MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える高校日本史』

2019年2月22日発売



¥2,268(税込)
単行本:284ページ
出版社:学研プラス
ISBN-13:978-4053046833
CD付(12曲)
<収録曲>
01.【年代暗記】「アンキ厨はアンキ中 〜To the next ERA!〜」 / みきとP
02.【旧石器〜飛鳥時代】「日本誕生」 / out of service
03.【飛鳥〜奈良時代】「律令国家クエスト」 / おにゅうP
04.【平安時代】「平安調子のってる」 / ピノキオピー
05.【鎌倉時代】「kura-kura 鎌倉!」 / ゆうゆ
06.【室町〜安土桃山時代】「SENGOKU LOOP MUSIC」 / EasyPop
07.【江戸時代】「トクガ・ワールド」 / 和田たけあき(くらげP)
08.【江戸時代】「幕末Wars」 / デスおはぎ
09.【明治時代】「近代化ドリームドリーマー」 / かいりきベア
10.【テーマ史 歴代内閣】「歴代総理物語」 / トラボルタ
11.【テーマ史 近現代 社会経済史】「時代のふしぎな骨董屋」 / 想太
12.【テーマ史 文化史】「日本の文化まなびまSHOW!」 / れるりり

◎詳細はこちら
https://gakken-mall.jp/ec/plus/pro/disp/1/1130468300

書籍+CD『MUSIC STUDY PROJECT ボカロで覚える高校世界史』

2019年2月22日発売



¥2,268(税込)
単行本:278ページ
出版社:学研プラス
ISBN-13:978-4053046826
CD付(12曲)
<収録曲>
01.【人類の起源と文化の形成】「ヒストリック恋心」 / ナユタン星人
02.【オリエント世界とヘレニズム】「古代オリエント物語」 / トラボルタ
03.【古代ローマ史】「歩きスマホの道はローマに通ず」 / 家の裏でマンボウが死んでるP
04.【中国歴代王朝史】「起起落落」 / DATEKEN
05.【イスラーム世界】「イスラームワールド」 / トラボルタ
06.【ヨーロッパ世界】「Tales of European Kingdoms」 / OSTER project
07.【フランス革命とナポレオン時代】「Chaotic Love Revolution」 / ポリスピカデリー
08.【欧米諸列強の世界分割】「Odotte Saite」 / とあ
09.【二度の世界大戦と戦後史】「銃声の交響曲」 / 40mP
10.【入試超頻出地域史】「スパイラル・ヒストリー・ワルツ」 / ガルナ(オワタP)
11.【文化史】「VOYAGE! -世界時空旅行-」 / ELECTROCUTICA
12.【世界史英雄列伝】「ビバハピ 世界史ver.」 / Mitchie M

◎詳細はこちら
https://gakken-mall.jp/ec/plus/pro/disp/1/1130468200



【関連リンク】
和田たけあき、TOKOTOKO、八王子Pらが参加する“ボカロで覚える学習参考書”の高校生編3作をリリース
40mPまとめ
かいりきベアまとめ
ナユタン星人まとめ
みきとPまとめ

【関連アーティスト】
40mP, かいりきベア, ナユタン星人, みきとP, れるりり, ハチ, 米津玄師, くらげP, TOKOTOKO(西沢さんP), 八王子P
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, トレーラー, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ボーカロイド

HIROOMI TOSAKAの新曲「BLUE SAPPHIRE」が、劇場版『名探偵コナン』主題歌に!
Fri, 22 Feb 2019 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEのヴォーカル、登坂広臣が歌う最新曲「BLUE SAPPHIRE」が劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』の主題歌に決定した。

原作コミックスの全世界累計発行部数が2億3000万部を突破した『名探偵コナン』は、2018年4月に公開された劇場版第22弾『名探偵コナン ゼロの執行人(しっこうにん)』はシリーズ最高興行収入91.8億円を記録。今や社会現象と呼ぶにふさわしいシリーズにまで成長したコナンの劇場版の第23弾『名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト)』が4月12日(金)より全国東宝系で公開される。

舞台は劇場版史上初となる海外、シンガポール。19世紀末に海底に沈んだとされる世界最大の宝石“ブルーサファイア”を巡って、コナンと、その宿命のライバルであり“月下の奇術師”の異名を持つ怪盗キッド、そして400戦無敗を誇る最強の空手家・京極真が、マリーナベイ・サンズ近郊で起きた殺人事件、シンガポールの巨大な陰謀に巻き込まれていくストーリーだ。

主題歌が決定したことに登坂は“『名探偵コナン』は子供の頃から良く見てました。僕に限らず、同世代や年上の人たちにとって、青春時代をともに過ごしたアニメだと思います。映画『名探偵コナン 紺青の拳』主題歌のオファーを頂き、長年にわたり日本のみならず、世界中にも多くのファンの方々がいる作品の主題歌を担当させていただけるという事で、大変光栄に思います。今作の『紺青の拳』のストーリーの世界観、各登場人物の内に秘めた想いなどをテーマに楽曲を制作しましたので、観ている人達の心に疾走感を与えられたらと思っています”とコメント。

その楽曲「BLUE SAPPHIRE」は病みつきになる低音のムーンバートンリズム、引き寄せられるようなラテンギター、登坂のクールでロマンチックな歌声が印象的で、闇夜に光る宝石、謎、秘密、そして真実をモチーフとした歌詞にも注目してほしい。なお、「BLUE SAPPHIRE」は4月10日に発売予定のHIROOMI TOSAKAの最新シングル「SUPERMOON」に収録される予定だ。

シングル「SUPERMOON」

2019年4月10日発売



【CD+DVD】
RZCD-86840/B/¥1,944(税込)
※スマプラ対応
※初回仕様:スリーブケース
<収録曲>
■CD
01.BLUE SAPPHIRE 他
※曲順未定
■DVD
01.BLUE SAPPHIRE(MV)

【CD】
RZCD-86841/B/¥1,296(税込)
※スマプラ対応
※初回仕様:スリーブケース
<収録曲>
■CD
01.BLUE SAPPHIRE 他
※曲順未定

【CD】
RZCD-86842/¥1,296(税込)
※スマプラ対応
※イラストジャケット
<収録曲>
■CD
01.BLUE SAPPHIRE 他
※曲順未定



【関連リンク】
HIROOMI TOSAKAの新曲「BLUE SAPPHIRE」が、劇場版『名探偵コナン』主題歌に!
HIROOMI TOSAKAまとめ
登坂広臣まとめ
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEまとめ
乃木坂46、メジャーデビュー日を記念した『7th YEAR BIRTHDAY LIVE』が開幕!

【関連アーティスト】
HIROOMI TOSAKA, 登坂広臣, 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, トレーラー, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス, アニメ, 主題歌, 映画

乃木坂46、メジャーデビュー日を記念した『7th YEAR BIRTHDAY LIVE』が開幕!
Fri, 22 Feb 2019 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2012年2月22日の乃木坂46のメジャーデビュー日を記念した『7th YEAR BIRTHDAY LIVE』が、2019年2月21日(木)京セラドーム大阪にて遂に開幕した。本公演は各日5万人を動員し、2月21日(木)〜2月24日(日)まで開催され、最終日にはグループを2018年いっぱいで卒業した西野七瀬の卒業コンサートが開催される。

2018年の『6th YEAR BIRTHDAY LIVE』では、明治神宮野球場と秩父宮ラグビー場の2会場同時併催という前代未聞のライブを開催したが、今回は、約7年間でリリースした全177曲を4日間で全て披露することがコンセプト。オープニングでは、乃木坂46一期生の最終オーディションの映像が流れ、合格発表のコールと同時にメンバーがステージに登場。一期生のみのパフォーマンスでデビューシングル「ぐるぐるカーテン」で幕を開けた。

その後はリリースしてきたシングル毎にパフォーマンス。2ndシングル「おいでシャンプー」に収録された生駒里奈ソロ曲「水玉模様」では、2018年にグループに加入したばかりの四期生11名が熱唱し、乃木坂46の新世代を垣間見れた瞬間でもあった。

またライブ中盤では、西野七瀬が何とサプライズ登場! 2ndアルバム「それぞれの椅子」に収録された西野七瀬ソロ曲「光合成希望」を披露し、ファン誰もが最終日の卒業コンサートのみの参加と予測していたのか、会場全体が最高潮にヒートアップした。

当時の映像を振り返りながらの演出で初日は乃木坂46初期の頃が中心となり、今でこそアイドルグループの頂点に立った乃木坂46ではあるが、決して順風満帆にここまで来れた訳ではなく、苦労に苦労を重ね今がある歴史が伺え、映像を観るだけでも涙腺が緩む瞬間が何度もあった。初日公演は1stシングル「ぐるぐるカーテン」から7thシングル「バレッタ」に収録された楽曲とアルバム収録曲やその他のシングルC/W曲が数曲披露されたが、今後もシングルのリリース毎にセットリストが組まれるのであれば、2月22日(金)に開催する2日目は乃木坂46中期の頃がメインとなるであろう。

西野七瀬が初のセンターを務めた8thシングル「気づいたら片想い」、そして生田絵梨花が初のセンターを務めた10thシングル「何度目の青空か?」など、たくさんのドラマが中期には存在している。2月24日(日)の最終日まで目が離せない。

【セットリスト】
1.ぐるぐるカーテン
2.左胸の勇気
3.白い雲にのって
4.失いたくないから
5.乃木坂の詩
6.おいでシャンプー
7.ハウス!
8.心の薬
9.水玉模様
10.狼に口笛を
11.偶然を言い訳にして
12.走れ!Bicycle
13.人はなぜ走るのか?
14.音が出ないギター
15.涙がまだ悲しみだった頃
16.海流の島よ
17.制服のマネキン
18.指望遠鏡
19.ここじゃないどこか
20.渋谷ブルース
21.光合成希望
22.君の名は希望
23.サイコキネシスの可能性
24.ロマンティックいか焼き
25.シャキイズム
26.13日の金曜日
27.でこぴん
28.ガールズルール
29.人間という楽器
30.扇風機
31.世界で一番 孤独なLover
32.コウモリよ
33.バレッタ
34.月の大きさ
35.初恋の人を今でも
36.私のために誰かのために
37.そんなバカな・・・
38.ダンケシェーン
39.孤独兄弟
40.僕が行かなきゃ誰が行くんだ?
41.その先の出口
42.ここにいる理由
<ENCORE>
1.シンクロニシティ
2.裸足でSummer
3.乃木坂の詩

『7th YEAR BIRTHDAY LIVE』

■『乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE -Day2-』
2月22日(金) 京セラドーム大阪
■『乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE -Day3-』
2月23日(土) 京セラドーム大阪
■『乃木坂46 7th YEAR BIRTHDAY LIVE -Day4-〜西野七瀬 卒業コンサート〜』
2月24日(日) 京セラドーム大阪



【関連リンク】
乃木坂46、メジャーデビュー日を記念した『7th YEAR BIRTHDAY LIVE』が開幕!
乃木坂46まとめ
徳永英明、デビューから90年代前半のヒット曲を中心に構成したライブをWOWOWでオンエア

【関連アーティスト】
乃木坂46
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, 女性アイドル, ニュース, ワンマン, ライブレポ

徳永英明、デビューから90年代前半のヒット曲を中心に構成したライブをWOWOWでオンエア
Fri, 22 Feb 2019 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1986年のデビューから1990年代前半のヒット曲に絞って選曲された『永遠の果てに〜セルフカヴァー・ベストI〜』を2018年7月にリリースした徳永英明。その最新作に収められたナンバーを中心に展開してきた『徳永英明コンサートツアー2018「永遠の果てに」』から、12月2日、東京国際フォーラム ホールA公演の模様を2月27日にWOWOWで放送する。

この日のステージは、2017年のツアーでミュージックビデオが公開されながらも、今回のアルバムで待望の音源収録となった新曲「愛という名の真実」が幕開けを飾った。その後、ジャジーなムードを纏った「恋人」、音数を抑えたサウンドの中で徳永の歌声がより一層切なく響いた「最後の言い訳」など、しっとりと聴かせた序盤を経て、「夢を信じて」を皮切りに徐々に熱量を増していく。

アルバム、そしてツアーのタイトルでもある「永遠の果てに」では、青空から満点の星空、光煌めく宇宙へと移り行く景色の中、輪廻転生という壮大なテーマがドラマティックに歌い上げられた。また、女性歌手の楽曲カヴァーで構成されたアルバム『VOCALIST』シリーズから、アダルトなジャズアレンジが施された「あなた」(小坂明子)のカヴァーが披露される一幕も。

ロックver.のアレンジが印象的な「MYSELF 〜風になりたい〜」からはオーディエンスも総立ちとなり、ハンドクラップが鳴り響く。真っ赤に染まったステージで、徳永がエレキギターを手にした「情熱」はライブならではの光景だ。さらに、アコースティックギターに持ち替え、奏でられたのはデビュー曲「レイニー ブルー」。優しく包み込むような歌声が場内を満たした。そして「壊れかけのRadio」を恒例のオーディエンスとの大合唱で締め括ると、徳永は投げキッスを贈り、ステージを後にした。

アンコールでは「JUSTICE」で感極まる徳永の姿が。歌い終え、言葉を発することができず沈黙する彼に客席から多くの声援が送られると、“泣いてしまいました”と率直な言葉を口にしたのだった。

様々な苦難を乗り越えながら、デビューから30年以上を経た今。“徳永英明ベストセレクション”とも言えるこのライブ映像を通して、彼の歌の原点を振り返ると共に、完成度を高め、輝きを増したその歌声をじっくりとご堪能いただきたい。

文:金多賀歩美

■【番組情報】

<放送日時>
2月27日(水)よる10:00〜[WOWOWライブ]

<内容>
『徳永英明コンサートツアー 2018「永遠の果てに」』
2018年12月2日@東京国際フォーラム ホールA

■番組特設サイト
https://www.wowow.co.jp/tokunaga/

※「徳永英明」の「徳」は旧字体、「英」は草冠の間が空きます。



【関連リンク】
徳永英明、デビューから90年代前半のヒット曲を中心に構成したライブをWOWOWでオンエア
徳永英明まとめ

【関連アーティスト】
徳永英明
【ジャンル】
J-POP, ニュース, テレビ番組, 音楽番組, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1