歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2019年02月21日)
バックナンバー
最新ニュース
2019/03/02
2019/03/01
2019/02/28
2019/02/27
2019/02/26
2019/02/25
2019/02/24
2019/02/23
2019/02/22
2019/02/21
2019/02/20
2019/02/19
2019/02/18
2019/02/17
2019/02/16
2019/02/15
2019/02/14
2019/02/13
2019/02/12
2019/02/11
2019/02/10
2019/02/09
2019/02/08
2019/02/07
2019/02/06
2019/02/05
2019/02/04
2019/02/03
2019/02/02
2019/02/01
2019/01/31
2019/01/30
2019/01/29
2019/01/28
2019/01/27
2019/01/26
2019/01/25
2019/01/24
2019/01/23
2019/01/22
2019/01/21
2019/01/20
2019/01/19
2019/01/18
2019/01/17
2019/01/16
2019/01/15
2019/01/14
2019/01/13
2019/01/12
2019/01/11
2019/01/10
2019/01/09
2019/01/08
2019/01/07
2019/01/06
2019/01/05
2019/01/04
2019/01/03
2019/01/02
2019/01/01
2018/12/31
2018/12/30
2018/12/29
2018/12/28
2018/12/27
2018/12/26
2018/12/25
2018/12/24
2018/12/23
2018/12/22
2018/12/21
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
FLOW、神曲連発となった10年振り日本武道館公演をWOWOWで独占放送!
Wed, 20 Feb 2019 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

FLOWがメジャーデビュー15周年の締め括りとして1月30日に日本武道館で『FLOW LIVE BEST 2019 in 日本武道館〜神祭り〜』を開催。ヒット曲、ライヴの定番曲が満載となった本公演の模様が、3月3日(日)夜9時よりWOWOWで放送されることが決定!

ツインヴォーカルのKOHSHIとKEIGOにTAKE(Gu)、GOT’S(Ba)、IWASAKI(Dr)という5つの個性が集まった強靭なロックバンド、FLOW。2018年はメジャーデビュー15周年というアニバーサリーイヤーとなり、国内のみならず中南米5カ国でもライヴを行なうなど、よりパワフルでアクティブに活動。

2008年9月以来の日本武道館単独公演は超満員。KEIGOが“行くぞ武道館! 神祭り!”と叫び、最新曲の「Break it down」でスタートした。「JOY TO THE WORLD」やファンとタオル回しで一体感を生み出した「Steppin’out」など、序盤から会場はヒートアップし、「Red Hot Riot」では炎の特効とともにファンも赤いペンライトで会場を真っ赤に染め、続く「ブレイブルー」ではペンライトを青にチェンジし、会場の雰囲気を変えるなど、ファンも一緒にライヴを演出する。

「メロス」でポジティブなメッセージを発信し、「常夏エンドレス」ではファンキーなサウンドで真冬の会場に夏のムードを呼び込むなど、曲ごとに会場の空気を一変させるところもFLOWの大きな魅力と言える。“10年かかったけど、またこのステージに立てているのが本当に嬉しいです。10年前は「FLOWってどんなバンド?」って聞かれてもフワっとしていた。でも、今はハッキリ言える。FLOWは「みんなでライヴを作り続けてきたバンド」です!”とKEIGOが力強く語り、“みんなで歌って完成する曲”と日本武道館公演のテーマソングである「ONENESS」を演奏。冒頭から会場中が一緒に歌い、タイトル通り気持ちがひとつとなった。

後半にかけても、大勢のダンサーたちのパフォーマンスが彩りを添えた「愛愛愛に撃たれてバイバイバイ」をはじめ、会場中が大合唱になった「Sign」、“とことん行こうぜ! 武道館!”と煽りながらKOHSHIとKEIGOがステージの端から端まで走りながら歌った「GO!!!」など、メンバーもオーディエンスもどんどん熱くなっていった。

“俺たちが何で続けてこられたのかと言うと、たったひとつ。そこにみんながいてくれたから。だから、前に進んできました。この5人だけじゃ何もできません。俺たちに関わってくれた全ての皆さんに15年分の想いを伝えさせてください! ありがとうございました!”とKOHSHIが感謝の気持ちを伝え、「Garden」で本編が終了した。

アンコールでは4月10日に3年ぶりのオリジナルアルバム『TRIBALYTHM』をリリースすること、5月からアルバムを引っ提げての全国ツアーを行なうことを発表。そして、そのアルバムに収録される「PENDULUM」(ゲーム「コードギアス 反逆のルルーシュ ロストストーリーズ」テーマソング)を、ビジョンに映し出されたアニメ映像とともに披露した。この一夜限りのスペシャルライヴを締め括る楽曲に彼らが選んだのは、2003年にリリースしたデビュー曲「ブラスター」。原点とも言える楽曲に、15年分の想いと経験を込めて演奏し、安定感だけではなく、次へと進む期待も感じさせながらステージの幕が下ろされた。

メジャーデビューから15周年を迎えてもなお、変わらず前進し続けるFLOWの熱いステージをぜひ放送でも体感してもらいたい。

■【番組情報】

<放送日時>
2019年3月03日(日)よる 9:00〜 [WOWOW ライブ]
<内容>
『FLOW LIVE BEST 2019 in 日本武道館〜神祭り〜』
2019年1月30日(水)@東京・日本武道館

■番組特設サイト
https://www.wowow.co.jp/detail/114791/001

【関連番組情報】

<放送日時>
2019年3月14日(木)午後4:30[WOWOW ライブ]
<内容>
『Amuse Fes in MAKUHARI 2018‐雨男晴女‐』
2018年6月2日@千葉・幕張メッセ国際展示場 9〜11 ホール

■番組特設サイト
https://www.wowow.co.jp/detail/113196/-/01



【関連リンク】
FLOW、神曲連発となった10年振り日本武道館公演をWOWOWで独占放送!
FLOWまとめ
石崎ひゅーい、新曲「あなたはどこにいるの」のMVは初の海外ロケで制作

【関連アーティスト】
FLOW
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

石崎ひゅーい、新曲「あなたはどこにいるの」のMVは初の海外ロケで制作
Thu, 21 Feb 2019 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シンガーソングライターの石崎ひゅーいが3月6日(水)に発売するミニアルバム『ゴールデンエイジ』に収録される、1月クールテレビ東京ドラマパラビ『さすらい温泉 遠藤憲一』の主題歌となった新曲「あなたはどこにいるの」のMVを公開した。

今回のMVの舞台は“異国の街”。“あなた”を探して異国情緒あふれる街を彷徨う石崎ひゅーいの姿が印象的で、初の海外ロケで制作されたとのことだ。

さらに、ミニアルバム『ゴールデンエイジ』のリリースイベントも決定! 東京はタワーレコード渋谷店 B1F CUTUP STUDIOで3月5日(火)に、大阪はタワーレコード難波店で3月14日(木)、タワーレコード札幌ピヴォ店で3月23日(土)、さらに石崎ひゅーい地元の茨城県水戸市では、水戸駅ビルEXCEL本館6F エクセルホールで、3月21日(木・祝)に開催される。イベントの整理券は数に限りがあるので、早めに対象店舗で予約しよう。

ミニアルバム『ゴールデンエイジ』

2019年3月6日発売



【初回生産限定盤】 (CD+DVD)
ESCL-5196 〜 ESCL-5197/¥2,315+税
※映像内容後日発表
※PlayPASS対応(CDのみ)

<収録曲>
1. あなたはどこにいるの :テレビ東京ドラマ「さすらい温泉 遠藤憲一」主題歌
2. SEXY
3. マシュマロパイ・サンドウィッチヘブン
4. さよならエレジー
5. アンコール :テレビ朝日年の瀬ドラマ「平成ばしる」主題歌



【通常盤/初回仕様】 (CD)
ESCL-5198/¥1,667+税
※PlayPASS対応

◎特典情報
■TOWER RECORDS全店(オンライン含む/一部店舗除く):ゴールデンエイジオリジナルステッカーAtype
■石崎ひゅーい応援店:ゴールデンエイジオリジナルステッカーBtype
※特典絵柄は追ってご案内いたします。
※応援店対象店舗は追ってご案内いたします。

【ライブ情報】

■『石崎ひゅーい『ゴールデンエイジ』リリースイベント』
3月05日(火) 東京・タワーレコード渋谷店 B1F CUTUP STUDIO
3月14日(木) 大阪・タワーレコード難波店
3月21日(木・祝) 茨城・水戸駅ビルEXCEL本館6F エクセルホール
3月23日(土) 北海道・タワーレコード札幌ピヴォ店
<内容>
弾き語りミニライブ&『ゴールデンエイジ』CDジャケットサイン会
◎詳細ページ http://www.ishizakihuwie.com/
■『石崎ひゅーい バント?ワンマンTOUR 2019「コ?ールテ?ンエイシ?」 』
4月26日(金) 大阪・Music Club JANUS
4月27日(土) 愛知・SPADE BOX
4月29日(月) 東京・TSUYAYA O-EAST
<チケット>
全自由4,500円(税込・整理番号付・1ドリンク別途)
◎一般発売:3月16日(土)〜各プレイガイド



【関連リンク】
石崎ひゅーい、新曲「あなたはどこにいるの」のMVは初の海外ロケで制作
石崎ひゅーいまとめ
オノ セイゲン、COMME des GAR?ONS 30周年記念盤&未発表音源収録作品を同時リリース

【関連アーティスト】
石崎ひゅーい
【ジャンル】
J-POP, ニュース, MV, ミニアルバム

オノ セイゲン、COMME des GAR?ONS 30周年記念盤&未発表音源収録作品を同時リリース
Tue, 04 Dec 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

名レコーディングエンジニアとして知られるオノ セイゲンが音楽家としての才能も発揮した87年の作品が、自身によるリマスタリングで30周年記念『COMME des GAR?ONS SEIGEN ONO』として復活する。

アート・リンゼイ、ジョン・ゾーン、ジョン・ルーリーらの才人と創りあげたサウンドは『洋服が綺麗に見えて誰も聴いたことがない音楽』「誰も、まだ聞いたことがない音楽を使いたい』という、COMME des GAR?ONSの川久保玲の依頼によってショー用の音楽として作曲された。

さらに未発表音源として、オノ セイゲンの創作の裏側を明かす『CDG Fragmentation』が同時発売される。いずれもその時代のエレクトロニカ、アンビエントシーンを震撼させた“音"を自身によるリミックス、リマスタリングし、SACDとレコードで発売するとのこと。ジャケットは80年代からCOMME des GAR?ONSとSIXなどのコラボレーションを果たしている広告業界の巨匠、アートディレクターの井上嗣也が務めており、構成する全てにこだわりが伺える作品だ。

■【オノ セイゲン コメント】

30周年にBETTER DAYS(80年代の赤坂コロンビア・スタジオは僕の原点です)からリリースするにあたり現在考えられる最高の音質で仕上げました。アナログレコードはモノラル33回転。そして96年3月から小さな会場で300人という「プレゼンテーション」となり、そこでは音楽はかけられず、カメラのシャッター音だけが空間に響く。97年3月に再び呼ばれた時「音」と「音楽」の境目をルールづけしてみた。空気、この緊張感は音にも記録される。そのフラグメンテーションを作るために集められたのは、いつものメンバー。オノのトーナリティ・ピアノをガイドに、1人または2人づつ、リハーモナイズ、インプロビゼーション、ただしアンサンブルしないように、それを最大公約数とし、そこから単音、フレーズ演奏の一部、生活音、ノイズなど(ポピュラー音楽とは対極にある音)を選んでフラグメンテーションとして、ライブで進行に合わせてサンプリング・キーボードでフラグメンテーションを配置(演奏)した。さらにそのスケッチから今回、初来日ポーランドの新進気鋭の若手サックス奏者、クバ・ヴィエンツェクのサックスも起用して新録や、伝説の2003年大阪店クリスマスでの「Live: Seigen Ono plus」も収録。

アルバム『COMME des GAR?ONS SEIGEN ONO』

2019年1月23日(水)発売



【CD】(SACD 2枚組)
COGB-106/¥4,000+税
<収録曲>
■CD1/SACD1
1 Something to Hold on to
2 Have You Seen It Yet?2018b
3 All Men are Heels
4 After You...
5 Hunting for Lions
6 Round the Globe
7 Long Voyage
8 SUZUKI-SENSEI-SANSEI
9 Look for an Afternoon
10 Pessoa Quase Certa
11 540AM, View of Empire
12 Have You Seen It Yet?
13 Something to Hold on to (MONO)
14 After You… (MONO)
15 All Men are Heels (MONO)
16 Have You Seen It Yet? 2018A (MONO)
17 Round the Globe (MONO)
18 540AM, View of Empire (MONO)
19 Hunting for Lions (MONO)
20 Pessoa Quase Certa (MONO)
■CD2/SACD2
1 Julia
2 Pastorinhas
Bandeira Branca
Mascara Negra
3 Galope
4 Another Groove
5 On the Sunny Side of the Street
6 Roman Marching Band
7 TA.TA.TA.
8 Louis-san
9 Staying on the Beach All Day
10 Finale
11 Carnation
12 If You Only Knew
13 You will be All Right
14 Julia (MONO)
15 Finale (MONO)
16 Roman Marching Band (MONO)
17 TA.TA.TA. (MONO)
18 Pastorinhas (MONO)
Bandeira Branca
※SACDプレイヤーのみボーナス楽曲が収録
(SACDプレイヤーでしか再生できません。ご注意ください。)

【LP】(モノラル 2枚組)
COJA-9349/¥5,800+税
<収録曲>
■Side-1
T:01 M01 Something to Hold on to
T:02 M02 After You
T:03 M03 All Men are Heels
T:04 M04 Have You Seen It Yet? 2018A
■Side-2
T:05 M01 Round the Globe
T:06 M02 540AM, View of Empire
T:07 M03 Hunting for Lions
T:08 M04 Pessoa Quase Certa
■Side-3
T:09 M01 Julia
T:10 M02 Finale
T:11 M03 Roman Marching Band
T:12 M04 TA. TA. TA.
■Side-4
T:13 M01 メドレーPastorinhas / Bandeira / Mascara Negra
T:14 M02 You will be All Right
T:15 M03 SUZUKI-SENSEI-SANSEI

アルバム『CDG Fragmentation』

2019年3月20日(水)発売



【CD】(SACD)
COGB- 108/¥3,000+税
【LP】(ステレオ)
COJA- 9351/¥3,800+税
<収録曲> ※予定
01:CDG Fragmentation (In other words)
02:CDG Fragmentation (I was slightly surprised)
03:CDG Fragmentation (You know as I expected)
04:CDG Fragmentation (It\'s kind of good)
05:CDG Fragmentation (It\'s up to you)
06:WHITE TANGO (document 1997)
07:Goto Cu Niro
08:MALU (Live CDG Osaka 2003)
09:Jean from 3rd street
10:At long last
11:John from 3rd street
12:she is she
13:It\'s your imagination
14:WHITE TANGO



【関連リンク】
オノ セイゲン、COMME des GAR?ONS 30周年記念盤&未発表音源収録作品を同時リリース
Seigen Onoまとめ
RAMMELLS、アルバム『Mirrors』の詳細&アートワークを解禁

【関連アーティスト】
Seigen Ono
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 発表, 名曲, リリース, 発売, おしゃれ

RAMMELLS、アルバム『Mirrors』の詳細&アートワークを解禁
Thu, 21 Feb 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

新進気鋭のロックバンド、RAMMELLSが、4月3日にリリースする待望のニューアルバム『Mirrors』の詳細が明らかになった。

RAMMELLSにとって2作目のフルアルバムとなる今作は、ロック、ブルース、R&B、JAZZ等のルーツミュージックを基本にしながら、70年代から現在までの"DANCE MUSIC"をキーワードに制作。収録されている個性的な10曲は、懐かしさと新しさが同居した、まさに“ネオ・ノスタルジー”と呼ぶべき新たな世界を創り上げている。より強固になったバンドのプレイと、ますます表情が豊かになったヴォーカル黒田秋子の声にも注目してほしい。

今回のリリースにあたり、黒田は“いつもありがとうございます。ラメルズに関わってくれるみんなのお陰でまた一つ、アルバムを作ることができました。"Mirrors" 鏡を用いて起こすプリズム現象の光のように、様々なカラーの楽曲を詰め込めこんだアルバムです。自分たちの様々な感情を反映した曲たちが、聴く人それぞれの感情やシーンに寄り添えたらとても嬉しく思います。もうすぐ春ですね。ライブで会えるの楽しみにしてます。ラブ!”とコメントしている。

また、最新のバンドビジュアルとアルバムジャケットも公開。アルバムの世界観をより膨らませてくれる印象的なアートワークは、日本音楽シーンのトップクリエイターである木村豊(セントラル67)が担当している。5月にはバンド初となる全国ツアーも準備中なので、近日発表される詳細をお楽しみに。

アルバム『Mirrors』

2019年4月3日発売



CRCP-40578 / ?2,315+税
<収録曲>
01. 真っ赤な太陽
02. Surrealism (読み:シュールレアリスム)
03. Over the purple
04. Gone with the wind
05. かくれんぼ
06. Echo
07. Dizzy Dizzy Dizzy
08. chiki-chiki odoru
09. CLOUDY
10. Dead men & woman walking



【関連リンク】
RAMMELLS、アルバム『Mirrors』の詳細&アートワークを解禁
RAMMELLSまとめ
TAKURO、ニューアルバムの発売記念としてトーク&アナログ先行視聴会を開催

【関連アーティスト】
RAMMELLS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム

TAKURO、ニューアルバムの発売記念としてトーク&アナログ先行視聴会を開催
Thu, 21 Feb 2019 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月27日(水)に自身2作目となるソロインストアルバム『Journey without a map II』をリリースするGLAYのTAKUROが、リリースに先駆けて2月20日(水)に夜景の綺麗な六本木ヒルズ29階にある、YouTube Space Tokyoにてトーク&アナログレコード先行視聴会を実施した。

またTAKUROからも“是非!”とのオファーがあり、当日のMCにはプライベートでも親交の深いマキタスポーツが駆けつけた。会場はアルバムコンセプトにもなっている“お酒を飲みながら楽しんでもらいたいアルバム”にそってアルコールが振る舞われ、会場に来た人々はアナログで聴く極上サウンドをお酒と一緒に楽しみ、その姿を見たTAKUROも“僕たちも飲みながら皆さんと素敵な一夜にしましょうか”とマキタスポーツに語りかける。会場に来たファンと共に“アルバム発売おめでとう!”の掛け声で発売を祝福した。

そこからはMCのマキタスポーツが率直に感じた質問をTAKUROに投げかけ、“GLAYとソロの違い”や“ソロを始めたきっかけ”など様々なトークを広げていったが、TAKUROから出る言葉からは、やはり全てはGLAYのためを思っての活動であることが語られた。

リード曲「やすらぎのチセ」に関してはマキタスポーツが“普通のジャズギタリストは書かないメロディー”と言えば、TAKUROは“一日の終わり、心地良い眠りにつかせてくれるようなイメージでメロディーを作りました!とTAKUROらしいメロディーの由来を教えてくれた。冒頭には焚き火の音が入っていたりと、北海道にある暖かさを感じさせてくれる一曲である。

そして話はジャケット写真について焦点があたり、マキタスポーツの“このジャケット写真って絵ですか?”という質問に対し、TAKUROは“実はこれはB\'zの松本さんが僕にくれた絵なんです”と今回初めて明かされたエピソードが飛び出した。TAKUROの誕生日プレゼントとしてプロデューサーであるB\'zの松本孝弘がTAKUROの妻の岩堀せりの絵を知人に依頼し、それをプレゼントしてくれたとのこと。その絵がレコーディングが佳境な時期に届き、TAKUROはそんな嬉しかった想いを今回のアルバムジャケットに込めたのであった。

このエピソードは自分が安らげる場所といった意味を込めて作られたリード曲「やすらぎのチセ」からも感じ取ることができる。アルバム『Journey without a map II』はアートワークも併せて楽しんでもらいたい一枚だ。

photo by 田辺佳子

アルバム『Journey without a map II』

2019年2月27日発売



【CD+DVD盤】
PCCN-00033/¥3,000+税
【CD only盤】
PCCN-00034/¥2,500+税
【アナログ盤】(初回生産限定)重量盤2枚組
PCJN-00002/¥4,000+税

<収録曲>
■CD
01.SOUL FRIENDLY
02.DANDY MAN
03.TM St.2am
04.SARAH 派手にやれ!
05.TIMELESS WONDER
06.北夜色 Port Town Blues(TAK MATSUMOTO作曲)
07.do svidaniya
08.鼓動
09.やすらぎのチセ
10.Swingin\' Tokyo 2020
■DVD
・「やすらぎのチセ」 MUSIC VIDEO
・「やすらぎのチセ」 MUSIC VIDEO Making

◎先着予約購入特典:オリジナル“Journey”ノート

『GLAY TAKURO Solo Project 3rd Tour “Journey without a map 2019"』

3月14日(木) 福岡・Zepp Fukuoka
3月16日(土) 広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
3月18日(月) 大阪・Zepp Namba
3月20日(水) 愛知・Zepp Nagoya
3月22日(金) 新潟・LOTS
3月26日(火) 東京・Zepp Tokyo
3月29日(金) 宮城・SENDAI GIGS
3月31日(日) 北海道・(函館) 金森ホール ※1日2回公演
<追加公演>
4月03日(水) ビルボードライブ東京 ※1日2回公演
・詳細ページ http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=11418&shop=1
4月06日(土) ビルボードライブ大阪 ※1日2回公演
・詳細ページ http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=11419&shop=2



【関連リンク】
TAKURO、ニューアルバムの発売記念としてトーク&アナログ先行視聴会を開催
TAKUROまとめ
GLAYまとめ
マキタスポーツまとめ
Plot Scraps、2ndミニアルバム発売決定&ショート・トレイラー映像公開

【関連アーティスト】
TAKURO, GLAY, マキタスポーツ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, ワンマン, ライブレポ

Plot Scraps、2ndミニアルバム発売決定&ショート・トレイラー映像公開
Thu, 21 Feb 2019 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Plot Scrapsが前作『Vital Signs』から10ヶ月ぶりとなる 2ndミニアルバム『FLAWLESS YOUTH』を4月24日(水)にリリースすることがわかった。新作にはセルフタイトルとなる「FLAWLESS YOUTH」など計5曲が収められる。

また、今回のリリース解禁に合わせて、ショート・トレイラー映像と、ボーカル・ギターの陶山良太が新作へコメントも到着! 是非チェックして欲しい。

■【陶山良太(Vocal/Guitar)コメント】

なぜ曲を作っているのか。なぜバンドをやっているのか。なぜライブをしているのか。1st Mini Album『Vital Signs』を作った後に根本から考え直して、それから産まれた作品です。音としては “万人に愛されるポップミュージック”を、歌詞としては“誰かの希望になり得る作品”を作りたい、という最初から思っていた事に当然の様に行き着きました。自分の頭と美意識だけで到達したのが『Vital Signs』。それを携えて、真に誰かの生きる希望になる音楽を世に放つ為に新たな一歩を踏み出したのが今作の『FLAWLESS YOUTH』です。2枚目ですが、ある意味でPlot Scrapsの真の音楽はこの作品からだと言えます。アルバムタイトルの『FLAWLESS YOUTH』には色々な意味が込められています。M3の同名の曲はそもそも卒業ソングとして書き始めた経緯があります。“完璧な青春” “傷のない若者”と捉えた場合、そのままの意味で捉えられる人はそのままでも素晴らしいと思いますが、殆どの人は「果たしてそうだろうか?」と一個考えてしまうのではないでしょうか。完璧な青春なんて、傷のない若者なんて有り得ない。高々、今までの人生における失敗なんて失敗とも呼べないくらいに、気するまでも無い。という、額面通りでも逆の意味で捉えても希望に繋がる所が大層気に入っております。珠玉の5曲となっておりますので、全国の皆様よろしくお願いします。

ミニアルバム『FLAWLESS YOUTH』

2019年4月24日(水) 発売



NBPC-0066/¥1,400(税別)
<収録曲>
1.PRAY
2.イラナイ
3.FLAWLESS YOUTH
4.奇跡
5.消えないで



【関連リンク】
Plot Scraps、2ndミニアルバム発売決定&ショート・トレイラー映像公開
Plot Scrapsまとめ
Crispy Camera Club、人気楽曲「ティンセルタウン」MV公開

【関連アーティスト】
Plot Scraps
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, CD, 発表, ミニアルバム

Crispy Camera Club、人気楽曲「ティンセルタウン」MV公開
Thu, 21 Feb 2019 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Crispy Camera Club(クリスピー・カメラ・クラブ)が2月14日のバレンタインデーに配信限定リリースした未発表2曲入りシングルより「ティンセルタウン」のMVを公開した。

「ティンセルタウン」は昨今のライブではクライマックスに演奏されることも多い定番の人気楽曲で、彼らにとって2作目のMVとなる今作を手がけたのは、同じく京都を中心に活動し、映画『下鴨ボーイズドントクライ』の他、Homecomingsやベランダなどのミュージック・ビデオも手がける篠田知典氏。Crispy Camera Clubの持つ90年代のテイストを感じさせるようなノスタルジックな空気感を落とし込むべくアナログな手法を用いて撮影され、テープの独特な色彩が楽しげに映る4人の雰囲気と、楽曲の持つ疾走感と爽やかなサウンドに非常にマッチした作品に仕上がっている。

配信シングル「ティンセルタウン / グッバイ・マイフレンド」

配信中



■各配信サイト
https://koga-records.lnk.to/KGDT-902




【関連リンク】
Crispy Camera Club、人気楽曲「ティンセルタウン」MV公開
Crispy Camera Clubまとめ
GADORO、志真健太郎が手掛けた「チャレンジャー feat.J-REXXX」MV公開

【関連アーティスト】
Crispy Camera Club
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, シングル, 配信

GADORO、志真健太郎が手掛けた「チャレンジャー feat.J-REXXX」MV公開
Wed, 20 Feb 2019 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GADOROが3月6日に発売となるアルバム『SUIGARA』から「チャレンジャー feat.J-REXXX」のMVが公開となった。映像ディレクターはGADOROの「真っ黒い太陽 feat.輪入道」も手がけた志真健太郎が務めている。

客演としてJ-REXXXを迎えた本楽曲はアルバムの1曲目に収録され、メジャーシーンへと舞台を移しながらもチャレンジャーとしてさらに上の舞台へ駆け上がっていくという様を、鮮やかなライティングとダイナミックなカメラワークで撮影された映像となっている。

■【ディレクター志真健太郎 コメント】

僕はラッパーが好きです。生き様が「ラッパー」である人が好きです。
そして、GADOROさんは、生き様が最高に格好いいと思うラッパーの一人です。

だから、360度、何処を撮っても格好いいのです。

Yuto.com?&Kiwyさんが作った攻め切ったトラックの上で
最高のReggaeDeejayであるJ-REXXXさんと歌い上げるこの「チャレンジャー」という曲にも
彼のその「生き様」が滲み出たリリックの数々が散りばめられてます。
この曲を世に出すことに関われて感謝しています。
必聴、必見。

アルバム『SUIGARA』

2019年3月6日(水)発売



COCP-40756/¥2,778+税
<収録曲>
1.チャレンジャー feat.J-REXXX (Prod. by Yuto.com?&Kiwy)
2.RED ZONE (Prod. by DJ SOULJAH)
3.レイニーブルース (Prod. by DJ PMX)
4.Skit -Swim- (Prod. by PENTAXX.B.F)
5.三日月 (Prod. by PENTAXX.B.F)
6.オトノ葉 feat.アサキ (Prod. by アサキ)
7.I\'m sorry (Prod. by 熊井吾郎)
8.下を向いて歩こう (Prod. by TIGAONE)
9.Life is go on (Prod. by PENTAXX.B.F)
10.Skit -Pure hope- (Prod. by GINMEN)
11.相棒 (Prod. by Yuto.com?&Kiwy)
12.最期の詩 (Prod. by 観音クリエイション)

【アルバム『SUIGARA』発売記念イベント 】

3月16日(土)18:00〜 東京・タワーレコード新宿7Fイベントスペース
3月17日(日)19:00〜 大阪・タワーレコード梅田NU茶屋町店イベントスペース
3月23日(土)18:00〜 福岡・HMV&BOOKS HAKATA 店内イベントスペース

<イベント内容>
ミニライブ&サイン会
※ライブは観覧FREE、サイン会参加には「SUIGARA」をご購入頂く必要がございます。
※詳細ページ:https://columbia.jp/artist-info/gadoro/



【関連リンク】
GADORO、志真健太郎が手掛けた「チャレンジャー feat.J-REXXX」MV公開
GADOROまとめ
J-REXXXまとめ
AIRFLIP、元YELLOWCARDのライアン・キー参加曲「Star Journey」を配信!ライアンの動画コメントも到着!

【関連アーティスト】
GADORO, J-REXXX
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, CD, アルバム, ヒップホップ

AIRFLIP、元YELLOWCARDのライアン・キー参加曲「Star Journey」を配信!ライアンの動画コメントも到着!
Wed, 20 Feb 2019 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

AIRFLIPが3月6日(水)に発売するミニアルバム『Friends In My Journey』より、元YELLOWCARDのフロントマンであるライアン・キーがゲストボーカルに参加した楽曲「Star Journey」の先行配信をスタートした。

今回の日米コラボレーションはAIRFLIPのメンバーが共通の知人を介して、敬愛するライアンにオファーしたことから実現したもので、同曲ではAIRFLIPのボーカルSatoshiのハイトーンボイスと、伸びやかで力強いライアンのボーカルが見事に溶け合い、地球まで光を届けている星々の下、それぞれの夢や想いを届ける旅に擬えたユニバーサルなメッセージを壮大に体現している。そして、そんなライアンより日本のファンへの貴重な動画コメントが到着した!

さらに、3月30日(土)から始まるレコ発ツアーの東京大阪のゲストバンドも解禁となった。東京公演にINKYMAPが、大阪公演には盟友であるUnblockの出演が発表された。東京はあと1バンド参加する予定なので、こちらも楽しみにしていてほしい。

※動画コメント:訳

ハイ、エアフリップ、そして日本のみんな、こんにちは。ライアン・キーです。
みんなにお知らせがあって、実はAIRFLIPの新曲「Star Journey」と言う曲を、ボーカルのSatoshiと一緒に歌ったんだ。とても素晴らしい曲に仕上がったから、リリースされたらぜひチェックしてみてほしい。
AIRFLIPとは今後なにか一緒にできたらいいなと思ってる。
僕はいつも日本のみんなのことを思ってるよ。すぐに会える日が来たらいいな。

ミニアルバム『Friends In My Journey』

2019年3月6日(水)発売



COCP-40755/¥1,800(税抜)
<収録曲>
1. Because Of You
2. Gunless Cowboy
3. Dear Friends
4. Way Home
5. Memory
6. Star Journey(feat.William Ryan Key formerly of YELLOWCARD)

◎CDショップチェーン別オリジナル特典詳細
https://columbia.jp/artist-info/airflip/info/63598.html

『AIRFLIP“Friends In My Journey Tour 2019”』

3月30日(土) 渋谷CYCLONE
w/INKYMAP and More
3月31日(日) 名古屋R.A.D
w/ RADIOTS、HOTSQUALL、39degrees、THE NOiSE
4月07日(日) 心斎橋Pangea
w/INKYMAP、Unblock
4月27日(土) 福岡Queblick
4月28日(日) 鹿児島SR HALL
5月03日(金・祝) 仙台enn3rd
5月04日(土) 八戸FOR ME
5月05日(日) 札幌BESSIE HALL
5月18日(土) 八王子RIPS
5月19日(日) 新潟CLUB RIVERST
6月08日(土) 出雲APOLLO
6月09日(日) 神戸太陽と虎
6月14日(金) 岡山CRAZYMAMA 2ndROOM
6月16日(日) 高松TOONICE
and more



【関連リンク】
AIRFLIP、元YELLOWCARDのライアン・キー参加曲「Star Journey」を配信!ライアンの動画コメントも到着!
AIRFLIPまとめ
Yellowcardまとめ
INKYMAPまとめ
unblockまとめ

【関連アーティスト】
AIRFLIP, Yellowcard, INKYMAP, unblock
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, ミニアルバム, 配信

モトリー・クルー、自伝本に基づいた伝記映画『The Dirt』予告編が公開
Wed, 20 Feb 2019 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

NETFLIX映画として海外で3月22日に公開されるモトリー・クルーの伝記映画『The Dirt』の予告編が公開となった。

この映画は2001年に出版された同名の自伝本『The Dirt: モトリー・クルー自伝』に基づく内容で、2006年頃から映画の制作が計画されていたもので、ヴィンス・ニールをダニエル・ウェッバー、トミー・リーをラッパーのマシン・ガン・ケリーが、ニッキー・シックスをダグラス・ブースが、そしてミック・マーズを「ゲーム・オブ・スローンズ」で有名となったイワン・リオンがそれぞれ演じている。

今回公開となった予告編の中では4人が出会う場面と成功、そしてヴィンスと同乗していたハノイ・ロックスのラズルの事故死、ニッキーのドラッグのオーバードーズによる瀕死事故、トミーの破局、ミックの血清反応陰性関節炎などバンドの暗い部分も描かれながら彼らの半生が描かれている。

バンドのTwitterでは 「Based on a Cr?e story」と「Based on a True story /事実に基づいた」をもじったツイーとともに短いティザー映像を公開。
https://twitter.com/MotleyCrue/status/1097541452798685185

また、予告編の映像は「音楽で彼らの名が上がり、その生き方が彼らの悪名を高めた」という言葉ととも投稿された。
https://twitter.com/MotleyCrue/status/1097877439563190272

以前ヴィンス・ニールは自身のTwitterにてこの映画について、「ワオ! たった今Netflixのオフィスを出たところだ! 俺たちの映画『The Dirt』を観たんだが、マジ最高だった! みんなにも早く観てもらいたいよ。3月22日公開だ! イエー!」 と語っていた。

アルバム『グレイテスト・ヒッツ』

発売中



■CD
https://store.universal-music.co.jp/product/uice1189/
■iTunes/Apple
https://itunes.apple.com/jp/album/ id454228534



【関連リンク】
モトリー・クルー、自伝本に基づいた伝記映画『The Dirt』予告編が公開
Motley Crueまとめ
androp、1stフルアルバム『relight』再現ライブが大盛況&期間限定Pop Up Shopオープン決定

【関連アーティスト】
Motley Crue
【ジャンル】
洋楽, ニュース, メタル

androp、1stフルアルバム『relight』再現ライブが大盛況&期間限定Pop Up Shopオープン決定
Wed, 20 Feb 2019 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

デビュー10周年のアニバーサリーイヤーに突入したandropが2月19日(火)、東京・リキッドルームにて『HMV GET BACK SESSION』を開催し、1stフルアルバム『relight』の再現ライブを行った。シークレットトラックを含む全13曲を披露する中、アンコールでは先行配信中の新曲「Koi」をファンの前で初披露した。

アーティストが自身のアルバムを収録曲順どおりに演奏するライブシリーズ『HMV GET BACK SESSION』。第二弾となる今回は初のフルアルバム『relight』を再現。1stアルバム『anew』を再現した第一弾に引き続き、応募が殺到し、高倍率のチケットを手にしたファンで会場は満員となった。

1曲目はアルバム同様「Strobo」。CDを繰り返し聴いていたファンは、演奏が始まると同時に当時を思い出したに違いない。さらに、ミュージックビデオが様々な賞を受賞した「Bell」や「Bright Siren」のほか、今もライブの定番曲となっている「Pray」などをアルバムの曲順通りに披露されていく。MCでの「ライブのことを考えて作ってなかったので、(ライブで順番に演奏すると)感情の起伏が激しい」という内澤崇仁(Vocal&Guitar)の言葉が印象深い。そして、最後にはシークレットトラックであった「雪のない街」も披露。また、アンコールでは先行配信中の新曲「Koi」をファンの前で初披露し、客席には涙を流す姿もあり熱気は最高潮のまま幕を閉じた。

また、2月26日(火)より六本木POPUP SANDZにて期間限定の"Koi"Pop Up Shopをオープンすることが決定した。ここでしか買えないオリジナル限定グッズのほか、缶バッジセットのガチャガチャではプレミアムな当たりが入っているとのこと。発売が終了しているグッズの販売、レアアイテムの展示など、盛り沢山の内容となっておりファンには堪らないショップとなること間違いない。

■【期間限定 "Koi"Pop Up Shop】

会場:六本木ヒルズ ヒルサイド2階 POPUP SANDZ
http://popup-sandz.tokyo/
期間:2019年2月26日(火)〜3月11日(月)
営業時間:11:00〜21:00

<オリジナル限定グッズ>
■第一弾 (2月26日〜)
“Koi"カセットテープ キーホルダー 2種類/各800円
ポストカード5枚セット(1)/600円
缶バッジセット ガチャガチャ (当たり入り)/500円
■第二弾 (3月6日〜)
コルクコースターセット 2種類/800円
ポストカード5枚セット(2)/600円
ピンバッジ ガチャガチャ (当たり入り)/500円

配信楽曲「Koi」

配信中



■配信はこちら
http://po.st/LbuwvM


シングル「Koi」

2019年2月27日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7482/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
01.Koi
※映画『九月の恋と出会うまで』主題歌
02.For you
※日本郵便「ゆうパック」タイアップソング
03.Image Word (solo acoustic ver.)
※初回限定盤のみ収録
■DVD
「For you」Recording Documentary
「anew」Live Rehearsal Documentary
RADIO androp (special ver.)

【通常盤】(CD)
UPCH-5958/¥1,200+税
<収録曲>
01.Koi
02.For you


『one-man live tour 2019 “daily”』

5月15日(水) 東京・LIQUIDROOM
5月22日(水) 宮城・仙台Darwin
5月24日(金) 愛知・NAGOYA CLUB QUATTRO
6月09日(日) 大阪・梅田TRAD
6月19日(水) 福岡・DRUM Be-1
6月22日(土) 東京・代官山UNIT
<チケット>
スタンディング4,500円(税込)
※別途ドリンク代必要、6歳以下の入場不可。



【関連リンク】
androp、1stフルアルバム『relight』再現ライブが大盛況&期間限定Pop Up Shopオープン決定
andropまとめ
女子高生エレクトーン・ユーチューバーの826askaがメジャーデビュー!

【関連アーティスト】
androp
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, ワンマン, ライブレポ, レポート

女子高生エレクトーン・ユーチューバーの826askaがメジャーデビュー!
Wed, 20 Feb 2019 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

YouTube公式チャンネルの登録者数が28万人、再生回数は600万回を超え、「パイレーツ・オブ・カリビアン」「宇宙戦艦ヤマト」などのカバー演奏で100万回の再生を超える投稿動画を20本以上有する驚異の現役女子高生エレクトーン・プレイヤー、826askaが、3月27日に待望のメジャーデビューアルバム『DEPARTURE』を発売する。

826askaは5歳からピアノ、8歳からはエレクトーンを同時に習い、9歳の頃からYouTubeに自身のエレクトーンの演奏動画をアップし始め、2016年1月に投稿した「スター・ウォーズ」メドレーの演奏をきっかけに人気が上昇。TBS『なかい君の学スイッチ』や読売テレビ『ミヤネ屋』などのTV番組でも取り上げられ、各種メディアやイベントに出演するなど活動の場を広げてきた。

満を持して発売されるメジャーデビュー作『DEPARTURE』は、ファン必携のTYPE-1(CD+DVD)とTYPE-2(CDのみ)の2タイプを発売、それぞれに826askaの魅力がつまった作品となっている。CDには、今までのコンサートやYouTubeで披露してきた彼女の代表的なエレクトーン演奏曲に加え、待望の新曲「Everything」のカバーを加えた全6曲をTYPE共通で収録。

DVDには、自身初のMusic Videoを2本収録し、エレクトーンのゴージャスなサウンドとともにライブ演奏とはまた違った印象で826askaのパフォーマンス映像を楽しむことができる。他にもMVのメイキング映像、さらに2018年12月23日に今池ガスホール(愛知)で開催されたクリスマスコンサートの際のオフショット映像が収録され、ファン必見の内容だ。ブックレットは、TYPEごとに違うヴィジュアルを用意し、TYPE-1はポスター型、TYPE-2-はフォト・ブックレット仕様となるので、こちらもお楽しみに。

また、今作のリリースを記念した予約会イベント(トーク&特典会)の開催が大阪と愛知で決定。大阪は3月3日(日)にHMV&BOOKS SHINSAIBASHI、愛知は3月17日(日)HMV栄にてそれぞれ開催される。826askaの魅力を身近で味わうことができる貴重なイベントとなっているので、ぜひ足を運んでほしい。

CD発売後には、延べ5,000人以上を動員する全国10都市を巡るライブツアー『826aska Live Tour 2019 〜Zepher』も開催! エレクトーンのユーザーから、音楽ファンまで幅広いファンを集めたコンサートなので、こちらも併せて注目を。

アルバム『DEPARTURE』

2019年3月27日(水)発売



【TYPE-1】(CD+DVD)
YCCS-10069/B/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1. MIRACLE SHOT
2. Everything
3. 彼方の光
4. TWILIGHT IN UPPER WEST
5. 君の瞳に恋してる
6. Departure
■DVD
1. Departure
2. MIRACLE SHOT
3. Making Movie
4. Off Shot Movie
〜826aska Christmas Live(2018.12.23 名古屋・今池ガスホール)より〜

◎商品ページ
https://www.yamahamusic.co.jp/s/ymc/discography/1004



【TYPE-2】
YCCS-10070/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1. MIRACLE SHOT
2. Everything
3. 彼方の光
4. TWILIGHT IN UPPER WEST
5. 君の瞳に恋してる
6. Departure


『826aska Live Tour 2019 〜Zepher』

3月30日(土) 東京club eX
4月06日(土) 石川 こまつ芸術劇場うらら
4月20日(土) 奈良 なら100年会館(中
5月12日(日) 長野 若里市民文化ホール
5月18日(土) 京都 ロームシアター京都サウスホール
5月26日(日) 大阪 泉佐野市立文化会館(小)
6月29日(土) 福井 福井県県民ホール
7月06日(土) 宮城 仙台市太白区文化センター
7月20日(土) 滋賀 守山市民ホール(小)
8月25日(日) 東京 一ツ橋ホール



【関連リンク】
女子高生エレクトーン・ユーチューバーの826askaがメジャーデビュー!
826askaまとめ
琴音、初ワンマンツアーのバンドメンバーを発表

【関連アーティスト】
826aska
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, リリース

琴音、初ワンマンツアーのバンドメンバーを発表
Wed, 20 Feb 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

女子高生シンガーソングライターの琴音が、メジャーデビューEP『明日へ』を3月6日にリリースした後、自身初となるワンマンツアー『琴音 1st note TOUR 2019 -明日へ- 』を東名阪、そして地元新潟で開催する。オフィシャル最速先行販売時点で全公演ともに予定数を上回る申し込みとなっており、全公演ソールドアウト必至と予想されるこのライブのバンドメンバーが発表された。

発表されたメンバーは、バンド・森は生きているのギタリストで、バンド解散後はソロ名義Okada Takuroとして活躍の岡田拓郎がギター&バンドマスターとして参加。ドラムは大橋トリオ、矢野顕子、星野源ら数々のアーティストのライブサポート、レコーディングに参加する神谷洵平。ベースはDadaDのShigekuni、そしてキーボードは元 森は生きているの谷口雄という超強力布陣バンドとなっていることが明らかに! 彼らのプレイスタイルで琴音のオリジナル曲がどんな化学反応を起こして進化するのか、またこのバンドが奏でるサウンドで琴音がどんなヴォーカルを聴かせるのか、楽しみに待っていてほしい。

また、EP『明日へ』より収録曲「ここにいること」が各配信サイトで先行配信中。iTunes StoreではEPのプレオーダーも受付中なので要チェックだ。

■『琴音 1st note TOUR 2019 -明日へ- 』

<バンドメンバー>
■岡田拓郎(Gu・バンドマスター)
■神谷洵平(Dr)
■Shigekuni(Ba)※3/24@大阪公演のみ磯部サトル(Ba)
■谷口雄(Key)

<日程>
3月17日(日) 愛知・名古屋ell. FITS ALL
3月24日(日) 大阪・南堀江knave
3月31日(日) 新潟・長岡市民交流ホールA
4月03日(水) 東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

<チケット>
全席指定¥3,900円(税込)
立見(名古屋・大阪・東京)¥3,500円(税込)
※別途ドリンクがかかります。(名古屋・大阪・東京)

E.P.『明日へ』

2019年3月6日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1539/¥2,000+税
<収録曲>
1.ここにいること
2.戯言〜ひとりごと〜
3.夢物語
4.しののめ



【通常盤】(CD)
VICL-65135/¥1,300+税



【関連リンク】
琴音、初ワンマンツアーのバンドメンバーを発表
琴音まとめ
『音楽旅団』は宝石の原石のようなBEGINの確かな才能を感じることができる逸品

【関連アーティスト】
琴音
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ライブ, ツアー, ワンマン

『音楽旅団』は宝石の原石のようなBEGINの確かな才能を感じることができる逸品
Wed, 20 Feb 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

昨年12月にはアルバム『PotLuck Songs』を発表したことも記憶に新しいBEGINだが、その収録曲である「君の歌はワルツ」が2月22日からロードショー公開される映画『母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。』の主題歌に。現在、『第23回 BEGINコンサートツアー 2019』の真っ最中で、2月24日の東京・中野サンプラザ公演の他、3月の愛媛、大阪もソールドアウトと、結成30周年を経てもなお人気の衰えない沖縄県石垣市出身の3人組である(東京公演は4月に追加公演が決定!)。今週はそんな彼らのここまでの足跡とともに、デビュー作品である『音楽旅団』にスポットを当ててみる。

■セールス面に左右されない強さ

BEGINの足跡にさほど詳しいわけではないので、まずはそのプロフィールを調べることから始める。さすがに結成30周年、並びにデビュー25周年を超えたバンドなだけに、多作であることに目を惹かれた。シングルは2018年8月に配信された「飛んで火に入る腹の虫」が45作目。アルバムは2018年12月に発表した『Potluck Songs』が40作目。まぁ、シングルは再発を含めての数字で、アルバムはベスト盤やBOXセット、ライヴ盤等を含めての数字なので、その作品数はびっくりするほどのものではないのかもしれないが、そのチャートリアクションには少し驚いた。若干ご無礼な物言いが含まれると思うので、メンバー、関係者、ファンへは先に謝罪しておくけれども──何と言うか、結構渋い印象だ。鈍いと言ったほうがいいかもしれない。

Wikipediaによれば、シングルではデビュー作の「恋しくて」の4位が最高。その他で目立つのは35th「笑顔のまんま」(2009年発表・BEGIN with アホナスターズ名義)の12位くらいで、ベスト10入りはおろか、50位台も案外少ない。所謂アルバムアーティストであるならそういう傾向もあるだろう。そう思ってアルバムのほうを見ると、こちらも似たような感じで、最高が『BEGIN シングル大全集』(2005年発売)の5位。あとのベスト10入りは2作ほどで、ざっと見た感じでは50位前後が多い感じではある。そうは言っても出典がWikipediaだしなぁ…と思い、オリコンのwebサイトも見てみる。だが、こちらは彼らのシングル、アルバムそれぞれのランキングであって、その全作品の過去最高位が示されているわけでもなかったので、結局のところ、Wikipedia以上の情報を引き出せなかった(と言っても、オリコンのランキングが不完全だとか悪いとか言いたいのではない。念のため)。一次資料が入手できなかったので正確なところではないだろうが、BEGINが大きくチャートを賑わしてきたアーティストではないことを何となく認識したところである。

誤解のないようにお願いしたいが、かと言って別にBEGINを腐したいわけでも、ディスりたいわけでもない。むしろ逆だ。アーティスト、バンドにとってマネジメント会社もレコード会社も終身雇用の就職先ではない。それどころか、プロスポーツの選手同様、複数年契約で結果が出なければ契約を更新できないことが当たり前の世界である。全てがその限りではないのだが、概ねそうだと言っていい。3年間で3枚アルバムを制作して、その後については双方で協議とか、たぶんそんな感じだ。コンスタントに結果が出ていてもレーベルを変わることはあるが、その逆のケースはほとんどないだろう。レーベルが何度か変わってもマネジメント会社は変更しないことは多いが、それにしても売上や動員が芳しくなければ果ては契約解除というのが常ではなかろうか。これもまた、全てがその限りではないだろうが、大きく間違ってはいないと思う。

もう一度、BEGINのチャートリアクションの話に戻る。シングルで言えば、1st「恋しくて」→2nd「Blue Snow」→3rd「YOU/これがはじまりだから」が4位→25位→82位と新作が出る度に順位を下げている。アルバムも1st『音楽旅団』→2nd『GLIDER』→3rd『どこかで夢が口笛を吹く夜』で7位→不明→27位と最高順位を落としている上に、レーベル移籍第一弾であった4th『THE ROOTS』はさらに順位を下げ、74位という結果であった。この数字の推移だけ見ると、その数年後に姿を消すようなバンド…とは言わないまでも、25年後にメジャーで活動しているとは思えない結果ではある。

しかしながら、ご存知の通り、BEGINは今もメジャーフィールドにいる。そればかりか、メジャー進出以降、一度もマネジメント会社を離れたこともなく、レーベルは数度チェンジしているものの、いずれも所謂インディーズではないし、レーベルと契約しない期間が長く空いたりしたこともない。これには、もちろんマネジメント会社が大手でいろんな意味で余裕があるところもあるのだろうし、もしかするとBEGINの3人が条件面で細かいことをまったく言わない人たちなのかもしれないとか(真面目な話、そこに交渉があるのは当然だろうけど…)、セールス面だけに左右されない何かがBEGINに備わっているからであることは間違いない。その何かのうち、最も大きな要因はと言えば、これはもう、このバンドの音楽性に他ならないであろう。今回、BEGINのデビューアルバム『音楽旅団』を改めて聴いたが、未加工でもその価値が高いことが分かる宝石の原石のような、彼らのポテンシャルが詰まった作品であることを再確認させられた。この才能を簡単に手放す馬鹿な事務所、メーカーは、今も昔もいないだろう。

■聴き手を選ばない親しみやすい歌声

まず、比嘉栄昇(Vo&Gu)の歌声である。聴き手を選ばない、とてもいい声だ。ブルースシンガーはハスキー(“しゃがれた”と表現した方がいいか)であったり、喉の奥から絞り出すようであったり、わりとアクの強い声を持つミュージシャンが多いのだが、彼の声はいい意味で特徴がない。強いて言えば、どちらかと言えば細い声だと思う。また、歌が上手いのは間違いないが、それを殊更に誇示するようなところもない。少なくともアルバム『音楽旅団』では派手にフェイクを利かせているような箇所は確認できない。生真面目というよりも、朴訥な印象を受けるヴォーカルである。

昨年末、BEGINがラジオ番組に出演した際、初めて買ったCDがシングル「恋しくて」だったという番組の女性アシスタントが、『三宅裕司のいかすバンド天国』(以下、“イカ天”)での彼らの演奏に触れて、“それまでブルースというものを聴いたことがなかったので衝撃だった”と仰っていた。仮に比嘉の声がB.B. KingやAlbert King、あるいは憂歌団の木村充揮のようであったら、彼女はBEGINに興味を持ったであろうか。比嘉の声の汎用性の高さというか、その親しみやすさは初期BEGINの推進力となったことは議論を待たないであろう。

もちろん、M8「恋しくて」は問答無用に素晴らしいし、アルバム『音楽旅団』収録曲はどの曲でもいい歌声を聴くことができるのだが、個人的にはM4「白い魚と青い魚」を推したい。のちのシングル「笑顔のまんま」や、本作で言えばM3「SLIDIN\' SLIPPIN\' ROAD」、M6「いつものように」、M10「星の流れに」のようなポップな楽曲も悪くはない。だが、先ほど、“どちらかと言えば細い声”と評させてもらったが、この感じはマイナー調に合うと思う。切ない系のラブソングならなおいい。M4「白い魚と青い魚」は歌詞内の物語が誰にでも分かるものではないので、切ない系のラブソングではないのかもしれないが、そうとしか感じられない綺麗な歌声である。物悲しさを助長していているかのような上地等(Key)の鍵盤の絶妙な絡み具合も素晴らしく、そこも聴きどころだと言える。

■ブルースだがそれだけでない音作り

前述の通り、ブルースバンドと言われていた初期BEGIN。オープニングM1「SOUND OF SUNRISE」からしてアコギの単音弾きがまさしくブルージーで、間奏ではボトルネック奏法を披露している。この他にも随所でブルース然としたサウンドを聴くことができるが、本作『音楽旅団』は決してそれ一辺倒ではない。のちに18thシングル「涙そうそう」(2000年発表)や23rd「島人ぬ宝」(2002年発表)で沖縄音楽=島唄を取り入れたり、あるいはJ-POP寄りにもなっていくBEGINの、現在のスタイルの萌芽とも言うべきものを見ることができる。

島唄要素はM3「SLIDIN\' SLIPPIN\' ROAD」。三線とブルースギターの融合がとてもいい感じの、オキナワンR&Rとでも言うべきナンバーだ(《30になったとき/うまいバーボン飲むのさ》《30になったって/奴とバーボン飲むのさ》は、少なくとも一部は“泡盛”か“古酒”にすればもっと良かったと思うのだけれども…あくまでも個人の感想です)。

L.A.録音だからなのか、また、この頃のメンバーが洋楽に傾倒していたこともあってなのか、分かりやすく米国音楽も取り込まれており、カントリー調のM2「流星の12弦ギター」とM5「8月の森へ行こう」、アメリカ民謡風なM6「いつものように」、ジャジーなM10「星の流れに」と、多彩である。ただ、それにしてもルーツミュージック然とした感じではなく、しっかりとポップに仕上げているのがポイントとは言える。M10「星の流れに」が最も分かりやすいだろうか。後半のThe Beatles「Hey Jude」を彷彿させる《LaLaLaLa……》は最初に聴いた時は若干戸惑ったものの、聴き手を意識したものだと考えると合点もいくし、好意的にも受け取れる。確かにそのサウンドはブルースと呼べるものであったが、強い悲哀を感じさせるような内向的なものではなく、メロディーやコードは開放的なものなのである。その辺は所謂J-POPに通じるものであったと思う。M9「砂の上のダンス」のサウンドの優雅な感じはヨーロッパ的でアルバムの中では少し異質な印象もあるが、それにしてもメロディーはフォーク調で親しみやすいというのも、同じことではなかろうか。

この辺りはもともとBEGINがコテコテのブルースバンドではなかったことにも起因しているのだろう。[結成当初はハードロックを演奏していたが、下手だと指摘され、のちにブルース調の楽曲を作るように]なったというのは有名な話([]はWikipediaからの引用)。前述のラジオ番組に出演した時には、島袋優(Gu)がそれまでアコースティックギターの弦を張り替えたことがなかったことを笑いながら白状していた。それゆえにか、メジャーデビューしてからは、関西のベテランブルースバンドである憂歌団やサウス・トゥ・サウスのライヴに誘われることもあったそうだが、そこにも今ひとつ馴染めなかったという。さらにはナッシュビルへ行った時、3人とも洋楽コンプレックスが解けたとも語っていた。おそらくそれは1993年発表の5thアルバム『MY HOME TOWN』制作時のことだろう。曰く、「洋楽に近付けば近付くほどカッコ良いという想いがあった。だけど、そんなことはないんじゃないか? 絶対ここには入れないと思った」とのこと。そこから自分たちができる音楽を考えたことが、彼らが今、島唄を演奏していることへとつながっていったとも言っていた。

デビューは華々しかった彼らだが、無論ここまで苦労と無縁だったわけではなく、冒頭で述べたチャートリアクションが鈍い時期には大分逡巡したところもあったそうである。しかし、そんな中でも現在に通じる自分たちの音楽性を確立することができたのは、(彼らを支えた事務所、メーカーがいたことはもちろんのこと)未完成だったかもしれないが、その片鱗とも言える要素を第一作目からキチンと入れ込んでいたからだろう。デビュー作にはそのアーティストの全てがあるとはよく言うが、『音楽旅団』もまたそのひとつである。

TEXT:帆苅智之

アルバム『音楽旅団』

1990年発表作品



<収録曲>
1. SOUND OF SUNRISE
2. 流星の12弦ギター
3. SLIDIN\' SLIPPIN\' ROAD
4. 白い魚と青い魚
5. 8月の森へ行こう
6. いつものように
7. 追憶のシアター
8. 恋しくて
9. 砂の上のダンス
10. 星の流れに
11. ほほ笑みに続く道



【関連リンク】
『音楽旅団』は宝石の原石のようなBEGINの確かな才能を感じることができる逸品
BEGINまとめ
大原櫻子、ベスト盤用に再録した「ちっぽけな愛のうた」のMVをYouTubeプレミアでアップ決定

【関連アーティスト】
BEGIN
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!, アルバム

大原櫻子、ベスト盤用に再録した「ちっぽけな愛のうた」のMVをYouTubeプレミアでアップ決定
Wed, 20 Feb 2019 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大原櫻子が3月6日にリリースするベストアルバム『CAM ON!〜5th Anniversary Best〜』に収録される、「ちっぽけな愛のうた(Reprise version)」のMVが完成し、そのショートバージョンを2月22日(金)20:30よりYouTubeプレミアで公開することが決定! さらに、公開同日に5周年記念LINE LIVE特番の再配信も行なわれることが発表となった。

ベストアルバム用にレコーディングされたデビュー映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の人気ナンバー「ちっぽけな愛のうた(Reprise version)」のMVは、大人っぽさを感じる本人の歌唱シーンを中心に構成。MV公開はカウントダウンで迎え、チャットしながら視聴できるYouTubeプレミア公開機能でアップされるので、ぜひ視聴予約をしてほしい。

また、2月22日(金)21:00より再配信されるLINE LIVE特番は、2018年12月14日のデビュー満5周年の日に実施され、40万人もの視聴数を獲得した貴重な放送回なので、こちらもお見逃しなく!

■「ちっぽけな愛のうた(Reprise version)」MV ※2月22日(金)20:30公開
https://youtu.be/gCFSaUzQbQs

『大原櫻子5周年サンクスLINE LIVEスペシャル 再配信』

配信日時:2月22日(金)21時〜
※再放送・ノンアーカイブとなります。
■視聴URL https://live.line.me/channels/520/upcoming/10680316

アルバム『CAM ON!〜5th Anniversary Best〜』

2019年3月6日発売



【初回限定「ねじねじ」盤】(CD+DVD)
VIZL-1545/¥5500+税
※4面デジパック+スリーブケース付
【初回限定「ねじねじ」盤】(CD+Blu-ray)
VIZL-1578/¥5500+税
※4面デジパック+スリーブケース付
【初回限定「うねうね」盤】(CD+PHOTO BOOK)
VIZL-1546/¥4500+税
※スリーブケース付
【通常「くるくる」盤】(CD)
VICL-65147〜8/¥3500+税

<収録内容>
■CD Disc-1
1.サンキュー。
2.青い季節
3.のり巻きおにぎり
4.マイ フェイバリット ジュエル
5.キミを忘れないよ
6.サイン
7.明日も
8.真夏の太陽
9.Happy Days
10.大好き
11.ひらり
12.さよなら
13.Joy & Joy
14.踊ろう
■Disc-2
1.Jet Set Music!
2.READY GO!
3.いとしのギーモ
4.瞳
5.頑張ったっていいんじゃない
6.Over the rainbow
7.遠くまで
8.泣きたいくらい
9.ちっぽけな愛のうた
10.明日も(Reprise version)
11.卒業(Reprise version)
12.ちっぽけな愛のうた(Reprise version)
※Reprise version 読み:リプリーズバージョン
■Blu-ray/DVD ※初回限定のみ
(1) 大原櫻子5周年を語る!? らこ、立ち話映像
(2) MUSIC VIDEO集
※ソロデビュー以降の全ミュージックビデオと「瞳」アカペラバージョンの全17本を収録
※副音声で本人コメンタリ―付
(3) ストリートライブ2018ドキュメント
※デビュー5周年を記念して行なったデビュー後初のストリートライブのドキュメントムービー

◎先着予約・購入者特典
絵柄A:タワーレコード 全国各店 / タワーレコード オンライン
絵柄B:HMV 全国各店 / HMV&BOOKS online
絵柄C:TSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYA オンラインショッピング※TSUTAYAオンラインショッピングはご予約分のみ対象です。
絵柄D:Amazon.co.jp※Amazon.co.jp では、特典付商品のカートがアップされます。特典ご要望のお客様は特典付商品をお買い求め下さい。
絵柄E:楽天ブックス※楽天ブックスでは、特典つき商品のカートがアップされます。特典をご要望のお客様は特典つき商品をお買い求め下さい。
絵柄F:セブンネットショッピング、山野楽器CD/DVD取り扱い店舗/山野楽器オンラインショップ、WonderGOO/新星堂(一部店舗を除く)/新星堂WonderGOO楽天市場店(一部取扱いの無い店舗もございます。)、ビクターエンタテインメントオンラインショップ、その他全国一般CD取扱いショップ
※対象店名は決定次第追加で発表いたします。
※Amazon.co.jp、楽天ブックスにおいて、特典つきでない商品を予約済みの場合特典はつきません。特典を希望される場合は、一旦キャンセルの上特典付き商品をご予約下さい。
※特典は数に限りがございます。お早めにご予約下さい。
※特典取扱いの無い店舗もございますので、確実に入手をご希望の方は、事前に各店舗様へご確認いただくことをお奨めいたします。

◎特典詳細ページ
https://www.jvcmusic.co.jp/-/News/A024769.html

『大原櫻子 5th Anniversary コンサート「CAM-ON! 〜FROM NOW ON!〜」』

5?21?(?) 東京 東京国際フォーラム・ホールA
5?31?(?) 北海道 札幌 わくわくホリデーホール
6?04?(?) 愛知 名古屋 ?本特殊陶業市?会館フォレストホール
6?07?(?) 福岡 サンパレス
6?13?(?) 宮城 仙台 東京エレクトロンホール宮城
6?27?(?) 岡山 岡?市?会館
6?28?(?) 広島 JMSアステールプラザ??ホール
6?30?(?) 大阪 グランキューブ?阪(?阪府?国際会議場)メインホール
7?11?(?) 兵庫 神?国際会館こくさいホール

<チケット>
全指定席¥6,300(税込)
※6歳以上チケット必要、5歳以下?場不可
■ファンクラブ2次先行予約受付期間
2月16日(土)12:00〜2月20日(火)23:59
※年額ファンクラブ「さくらぶ」および月額ファンクラブ「さくもば」同時受付
※受付期間内にご入会(ご入金まで)いただければお申込み可能
※その他詳細に関してはオフィシャルサイトにてご確認ください。



【関連リンク】
大原櫻子、ベスト盤用に再録した「ちっぽけな愛のうた」のMVをYouTubeプレミアでアップ決定
大原櫻子まとめ
AK-69、ニューアルバムより好きな女性に向けたアンセム「You Mine feat. t-Ace」を先行配信

【関連アーティスト】
大原櫻子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 配信

AK-69、ニューアルバムより好きな女性に向けたアンセム「You Mine feat. t-Ace」を先行配信
Wed, 20 Feb 2019 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月27日にDef Jam Recordings 2ndアルバム『THE ANTHEM』をリリースするAK-69が、同作より「You Mine feat. t-Ace」の先行配信をスタートした。

第1弾先行デジタルシングル「THE RED MAGIC BEYOND」、第2弾先行デジタルシングル「Divine Wind -KAMIKAZE-」はともにiTunesヒップホップ/ラップ・ ランキング、レコチョク、邦楽ヒップホップ・ラップ・ランキングにて1位を獲得しており、今回の「You Mine feat. t-Ace」は第3弾の先行デジタルシングルとなる。

《ただRichなだけじゃねぇRomantic そりゃそうさ Cause I’m 69》というユニークなリリックが飛び交うこの曲は、話題のラッパー、t-Aceとインスタでやり取りしながら生まれた楽曲。AK-69は“この曲は、女の子に向けた“アンセム”で、アルバム中いちばんハッピーな曲。大人の男のエスコートの仕方”がテーマだとコメントしている。また、同時にアルバムのiTunes Store Pre-orderも開始となったので、お早めにチェックしよう。

アルバム『THE ANTHEM』のリリース後は、初の2日間連続開催となる日本武道館公演を3月30日(土)、31日(日)に開催する。チケットなどの詳細はオフィシャルHPにて。

■「You Mine feat. t-Ace」配信URL
https://umj.lnk.to/ak69_ymPR

アルバム『THE ANTHEM』

2019年2月27日発売



【初回盤A】(CD+DVD)
UICV-9301/¥4,104(税込)
※スリーブケース仕様
【初回盤B】(2CD)
UICV-9302/3/¥4,104(税込)
※スリーブケース仕様
【通常盤】(CD)
UICV-1107/¥3,024(税込)

<収録曲>
■CD
01. THE ANTHEM 
02. THE RED MAGIC BEYOND 
※名古屋ダイヤモンドドルフィンズ テーマソング 
※TBS系テレビ『ひるおび!』2月度エンディングテーマ
03. Lonely Lion feat. 清水翔太
04. Divine Wind -KAMIKAZE-
※AbemaTV『大相撲LIVE』テーマソング
05. I\'ma "G"  
06. One More Time 
07. MINAHADAKA feat. Lui Hua, OZworld a.k.a R’kuma, Hideyoshi
08. You Mine feat. t-Ace
09. I Still Shine feat. Che\'Nelle
10. Stronger
11. BRAVE feat. Toshl(X JAPAN) -Orchestra ver.-
■初回盤A DVD
MUSIC VIDEO集
「Flying B」「We Don\'t Stop feat. Fat Joe」「With You 〜10年、20年経っても〜」「KINGPIN」「Forever Young feat. UVERworld」「Hangover」「Baby」(Lyric Video)「上ヲ向イテ」「I Still Shine feat. Che\'Nelle」「Stronger」「ONE LIFE feat. UVERworld」「THE RED MAGIC BEYOND」「Divine Wind -KAMIKAZE-」収録。

【ライブ情報】

■『AK-69 THE ANTHEM in BUDOKAN “REDSTA is BACK -2004〜2011-”』
3月30日(土) 東京・日本武道館  OPEN 17:30 / START 18:30
■『AK-69 THE ANTHEM in BUDOKAN “RED MAGIC BEYOND -2012〜2019-”』
3月31日(日) 東京・日本武道館  OPEN 15:00 / START 16:00
<チケット>
2日通し券(非売品LIVE DVD付)¥14,000(税込)
1日券¥7,500(税込)
※DVDは当日会場でのお渡しとなります
※全席指定となります
※3歳以上有料。3歳未満のお子様はひざ上鑑賞の場合のみ入場無料(ただし、お席が必要な場合は有料となります)



【関連リンク】
AK-69、ニューアルバムより好きな女性に向けたアンセム「You Mine feat. t-Ace」を先行配信
AK-69まとめ
chay、シングル「大切な色彩」には松任谷由実のカバーを含む春らしい3曲を収録

【関連アーティスト】
AK-69
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, ヒップホップ, ラップ, 音楽配信

chay、シングル「大切な色彩」には松任谷由実のカバーを含む春らしい3曲を収録
Wed, 20 Feb 2019 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

chayが4月24日(水)に12枚目となるニューシングル「大切な色彩」をリリースすることが明らかになり、表題曲となる「大切な色彩」が富士フイルム 『#教室アルバム』キャンペーンのタイアップソングに決定したことも合わせて発表となった。

「大切な色彩」は、chayから見た“青春”という一瞬の煌めきを歌った楽曲。軽快なリズムとキラキラしたアンサンブルの中に、誰もが共感できるノスタルジックな心象や風景をちりばめ、またたく間に過ぎてしまう青春の大切さを《一瞬、止めて。》と歌う部分が印象的だ。

《色褪せたりしない 二度と出会えない日々を 大切な色彩を いつまでもずっと》と続く歌詞は、今まさに青春の真っ只中にいる若者へのメッセージともとれる内容で、サウンドはCrystal Kayとの共演で話題となった前作「あなたの知らない私たち」のジャジーでシックな装いから一転し、chayらしいキャッチーでポップなバンドサウンドに仕上がった。

シングルのカップリングには松任谷由実のカバー「最後の春休み」を含む3曲を収録。パッケージは豪華ブックレット仕様となる。

また、富士フイルム 『#教室アルバム』キャンペーンの公式HPもオープン。本企画では、学生が思い出の写真を持ち寄って黒板や机を自由にデコレーションしながら、“教室をまるごと卒業アルバムにする”という新しい写真の楽しみ方を富士フイルムが提案し、キャンペーンのWEBムービーではいち早く新曲「大切な色彩」を聴くことができるので、こちらもぜひチェックしてほしい。

■『#教室アルバム』公式WEBサイト
http://shaprise.jp/cralbum_2019sp/

■【chay コメント】

「「大切な色彩」は、青春時代を思い出しながら作った一曲です。
あの頃を振り返ると、友達とはしゃいで笑ったり、がむしゃらに夢を追いかけたり、キラキラとした眩しい日々が浮かんできました。当時は、その時間がどれだけかけがえのないものか知らないまま過ごしていたので、大人になった今、この曲を通して一瞬一瞬の大切さを伝えられたらと思いました。
#教室アルバム で、心にも形にも残るような思い出を作ってください!」

シングル「大切な色彩」

2019年4月24日(水)発売



WPCL-13040/¥1,500+税
※豪華ブックレット仕様
<収録曲>
1.大切な色彩(富士フイルム #教室アルバム キャンペーン タイアップソング)
2.タイトル未定
3.最後の春休み(松任谷由実カバー)



【関連リンク】
chay、シングル「大切な色彩」には松任谷由実のカバーを含む春らしい3曲を収録
chayまとめ
LiSA、Base Ball Bear、DaizyStripperらが参加するプレゼント企画を『DI:GA ONLINE』で実施中!

【関連アーティスト】
chay
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, シングル, 新曲, リリース, 発売

LiSA、Base Ball Bear、DaizyStripperらが参加するプレゼント企画を『DI:GA ONLINE』で実施中!
Wed, 20 Feb 2019 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LiSA、Base Ball Bear、DaizyStripperなどが参加するプレゼント企画を、DISK GARAGEが運営するライブ・エンタメWEBマガジン『DI:GA ONLINE』で実施中!

『DI:GA ONLINE』ではプレゼント企画に参加のアーティストを含む、さまざまなアーティストのインタビューやライブレポートを掲載している。2018年を振り返り、2019年4月の横浜アリーナ公演へ向けた意気込みを語るLiSAや、結成20周年を迎えたPsycho le C?mu、新レーベル『DGP RECORDS』を立ち上げたBase Ball Bearの小出祐介(Vo&Gu)によるインタビューのほか、DaizyStripper主催のツーマン企画『Synchronicity』に出演するバンドとの直筆メッセージ交換など、今読んでおきたい記事が盛りだくさん。各記事の最下部にはプレゼント企画の詳細ページがあるので、こちらも併せてチェックを!

プレゼント企画で用意されたアイテムにも要注目! LiSAからはホールツアーグッズ、Psycho le C?muは直筆サイン色紙、MACOはlove letterトートとリップスティックのポーチなど、それぞれの豪華グッズが並んでおり、DaizyStripperの記事内で使用されたユナイト、GOTCHAROCKA、Neverland、THE MICRO HEAD 4N\' Sとのメッセージ&サイン入り色紙も8名様に当たるのでお見逃しなく。

応募方法はTwitterからの応募とメール応募の2通りとなっており、どちらからも気軽にエントリーができる。受付期間は各アーティストによって異なるため、プレゼント詳細ページにて確認してほしい。



【関連リンク】
LiSA、Base Ball Bear、DaizyStripperらが参加するプレゼント企画を『DI:GA ONLINE』で実施中!
LiSAまとめ
Psycho le C?muまとめ
DaizyStripperまとめ
Base Ball Bearまとめ

【関連アーティスト】
LiSA, Psycho le C?mu, DaizyStripper, Base Ball Bear, ASKA, 澤野弘之, MACO, CHiCO with HoneyWorks, 中島卓偉, SPARTA LOCALS, MISSION
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, キャンペーン

HYDE、新曲「MAD QUALIA」と『デビル メイ クライ 5』がシンクロしたコラボMV公開
Wed, 20 Feb 2019 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ゲーム『デビル メイ クライ 5』のイメージソングとして、HYDEが書き下ろした新曲「MAD QUALIA」が3月20日にニューシングルとしてリリースされる。同曲のMVと『デビル メイ クライ 5』がスタイリッシュにシンクロしたコレボレーション映像が公開となった。

3月8日(金)に発売を予定しているスタイリッシュアクションゲームの金字塔『デビル メイ クライ 5』のゲームシーンからは、シリーズの人気キャラクターである“ダンテ”が力を解き放つかのようなシーンなど、初公開となるカットを多数収録。凄腕のデビルハンター“ネロ”、伝説のデビルハンター“ダンテ”、謎の男“V(ブイ)”たちが織りなすストーリーに期待が膨らむ内容となっている。

今回はそれらのシーンと「MAD QUALIA」のMVがコラボレーション。2018年のソロ活動再始動以来、アートワークやMVのテーマとなっている“ストリート”、“ゴシック”、“路地裏”という3つのキーワードを中心にMVのセットを組み、スタジオにもかかわらず廃墟感を演出。セットに施されたスプレーグラフィティは、シングル「WHO\'S GONNA SAVE US」から現在に至るまでのジャケットグラフィティを担当しているグラフィティアーティストのYOICHIROを撮影当日呼びこみ、セットに直接描写したとのこと。

MV途中で現れるHYDEの顔に映し出される映像は、プロジェクターを用いて直接投影したもので、投影内容は『デビル メイ クライ 5』に登場する悪魔たちとなっている。シングルタイトル「MAD QUALIA」は直訳すると“狂った感覚”。狂っているのが自分なのか、自分以外なのか、答えのない(醒めない)悪夢に堕ちていくという楽曲テーマと、『デビル メイ クライ 5』の世界観が見事にマッチしたコラボMVは必見だ。

シングル「MAD QUALIA」

2019年3月20日発売



【初回限定盤A】(CD+撮り下ろしコンセプトブック)
UICV-9304/¥3,024(税込)
※EPサイズ:7インチ四方
【初回限定盤B】(CD+DVD)
UICV-9305/¥2,160(税込)
【通常盤】(CD)
UICV-5079/¥1,296(税込)

<収録曲>
■CD
1. MAD QUALIA
CAPCOM『デビル メイ クライ 5』イメージソング
2. HONEY
L’Arc-en-Cielの楽曲をHYDEバージョンとしてセルフカバー
■初回限定盤Aコンセプトブック
12ページ・EPサイズ(7インチ四方)
■初回限定盤B DVD
MAD QUALIA MV+MVドキュメンタリー

MONSTERS CHANCE:6月発売予定アルバムとの連動企画



【デビル メイ クライ盤(初回限定)】(CD+DVD)
UICV-9306/¥2,160(税込)
※表紙:ゲーム描き下ろしオリジナル

<収録曲>
■CD
1. MAD QUALIA
CAPCOM『デビル メイ クライ 5』イメージソング
2. HONEY
L’Arc-en-Cielの楽曲をHYDEバージョンとしてセルフカバー
■デビル メイ クライ盤 DVD
デビル メイ クライ 5とのコラボMV

『Zepp Tokyo 20th Anniversary HYDE LIVE 2019』

3月23日(土) 東京・Zepp Tokyo
3月24日(日) 東京・Zepp Tokyo

<チケット>
1Fスタンディング¥7,190(税込)
2F指定席(オリジナルグッズ付)¥10,800(税込)
※未入学児童入場不可
■一般発売:3月9日(土)10:00



【関連リンク】
HYDE、新曲「MAD QUALIA」と『デビル メイ クライ 5』がシンクロしたコラボMV公開
HYDEまとめ
欅坂46、シングル「黒い羊」カップリング曲「ごめんね クリスマス」MV公開

【関連アーティスト】
HYDE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, コラボレーション, コラボ, ミュージックビデオ, MV, シングル, ゲーム

欅坂46、シングル「黒い羊」カップリング曲「ごめんね クリスマス」MV公開
Wed, 20 Feb 2019 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月27日(水)に8thシングル「黒い羊」のリリースを控える欅坂46が、同作に収録されるカップリング曲「ごめんね クリスマス」のMVをオフィシャルサイトで公開した。

「ごめんね クリスマス」は、上村莉菜・尾関梨香・長沢菜々香・渡辺梨加の4人で新たに結成されたユニットが歌っており、クールなイメージの多い欅坂46だが、このMVでは儚さとかわいさが詰め込まれている。彼女たちの魅力が存分に詰め込まれ、“ザ・アイドル”な楽曲もできる欅坂46の強みも感じられるだろう。

また、表題曲の「黒い羊」と、カップリング曲「Nobody」のMVなども公開中なので、こちらも併せてチェックしてみてはいかがだろうか。

■「ごめんね クリスマス」MV
http://www.keyakizaka46.com/s/k46o/contents/6001927410001

シングル「黒い羊」

2019年2月27日(水)発売



【初回仕様限定盤TYPE-A】(CD+Blu-ray)
SRCL-9983〜9984/¥1,713+税
【初回仕様限定盤TYPE-B】(CD+Blu-ray)
SRCL-9985〜9986/¥1,713+税
【初回仕様限定盤TYPE-C】(CD+Blu-ray)
SRCL-9987〜9988/¥1,713+税
【初回仕様限定盤TYPE-D】(CD+Blu-ray)
SRCL-9989〜9990/¥1,713+税
【通常盤】(CDのみ)
SRCL-9991/¥972+税
 
◎初回仕様限定盤共通封入特典
「全国握手会イベント参加券orスペシャルプレゼント応募券」1枚封入
「メンバー生写真」ランダム1枚封入



【関連リンク】
欅坂46、シングル「黒い羊」カップリング曲「ごめんね クリスマス」MV公開
欅坂46まとめ
GLAY、新曲はTERU書き下ろしのアニメ『ダイヤのA act II』OPテーマ

【関連アーティスト】
欅坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 新曲













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1