歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2019年02月18日)
バックナンバー
最新ニュース
2019/02/27
2019/02/26
2019/02/25
2019/02/24
2019/02/23
2019/02/22
2019/02/21
2019/02/20
2019/02/19
2019/02/18
2019/02/17
2019/02/16
2019/02/15
2019/02/14
2019/02/13
2019/02/12
2019/02/11
2019/02/10
2019/02/09
2019/02/08
2019/02/07
2019/02/06
2019/02/05
2019/02/04
2019/02/03
2019/02/02
2019/02/01
2019/01/31
2019/01/30
2019/01/29
2019/01/28
2019/01/27
2019/01/26
2019/01/25
2019/01/24
2019/01/23
2019/01/22
2019/01/21
2019/01/20
2019/01/19
2019/01/18
2019/01/17
2019/01/16
2019/01/15
2019/01/14
2019/01/13
2019/01/12
2019/01/11
2019/01/10
2019/01/09
2019/01/08
2019/01/07
2019/01/06
2019/01/05
2019/01/04
2019/01/03
2019/01/02
2019/01/01
2018/12/31
2018/12/30
2018/12/29
2018/12/28
2018/12/27
2018/12/26
2018/12/25
2018/12/24
2018/12/23
2018/12/22
2018/12/21
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
aiko、ライブ映像作品『My 2 Decades』のジャケット写真を解禁
Mon, 18 Feb 2019 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

aikoが3月13日(水)に発売するLIVE Blu-ray/DVD『My 2 Decades』のジャケット写真が公開された。

今作は2枚組で、DISC1には2017年に行なったライブハウスツアー『Love Like Rock vol.8』よりZepp Tokyo公演の模様が、DISC2には2018年8月30日に神奈川・サザンビーチ ちがさきにて行なわれた3年ぶりとなるフリーライブ『Love Like Aloha vol.6』の模様が収録されている。ジャケット写真の表面には『Love Like Rock vol.8』にてaikoが熱唱している姿が、裏面には『Love Like Aloha vol.6』で花道を駆け抜けている躍動感あふれる姿が、それぞれビビットで印象的な赤色で描かれており、熱いライブの模様が伺い知れる内容となっている。

aikoは現在全国3都市6公演のアリーナツアー『Love Like Pop vol.21』を開催中で、3月9日・10日の福岡公演を残すのみとなっている。さらに3月21日(木)22日(金)にはZepp Tokyo20周年アニバーサリーライブの開催もアナウンスされており、今回のリリースとあわせて20周年のアニバーサリーイヤーを締め括る予定だ。

Blu-ray&DVD『My 2 Decades』

2019年3月13日(水)発売



【Blu-ray】
PCXP-58615/¥5,800+税
【DVD】
PCBP-58615/¥4,800+税
<収録内容>
■Disc1『Love Like Rock vol.8』
1. 夢見る隙間
2. milk
3. 相合傘
4. Power of love
5. なんて一日
6. 恋愛
7. プラマイ
8. ドライヤー
9. アンドロメダ
10. えりあし
11. 雨踏むオーバーオール
12. 恋のスーパーボール
13. 明日の歌
14. beat
15. 小鳥公園
16. 舌打ち
17. 赤いランプ
18. be master of life
19. 恋をしたのは
20. Loveletter
21. キラキラ
22. エナジー
23. mix juice
24. 鏡
特典映像:LLR8 backstage
■Disc2『Love Like Aloha vol.6』
1. 夏が帰る
2. あたしの向こう
3. 予告
4. 横顔
5. アンドロメダ
6. 瞳
7. メドレー
8. 天の川
9. 花風
10. 夢見る隙間
11. ストロー
12. ハナガサイタ
13. キラキラ

◎予約購入先着特典
パスステッカー
※全国のCDショップ(タワーレコード、TSUTAYA、HMV、新星堂他)、WEBショップ(amazon 他)が対象です。詳しくはお近くのCDショップに直接お問い合わせください。
※特典は数に限りがございます。無くなり次第終了となりますのでご了承ください。
※一部取り扱いのないCDショップ・WEBショップもございます。各CDショップ・WEBショップの告知をご確認ください。

【ツアー・ライブ情報】

『Love Like Pop vol.21』
3月09日(土)  福岡 マリンメッセ福岡
開場 17:30 / 開演 18:30
3月10日(日)  福岡 マリンメッセ福岡
開場 17:30 / 開演 18:30
※終了分は割愛

『Zepp Tokyo 20th Anniversary 〜Special Live Act 5days〜「Zepp Tokyo 20th Anniversary aikoの時。おめでとゼッペちゃん!!」』
3月21日(木・祝) 東京 Zepp Tokyo
3月22日(金) 東京 Zepp Tokyo
OPEN 18:00 / START 19:00
<チケット>
¥4,980(入場時、別途ドリンク代500円必要)
◎ファンクラブ先行
2月21日(木)13:00〜2月24日(日)23:59



【関連リンク】
aiko、ライブ映像作品『My 2 Decades』のジャケット写真を解禁
aikoまとめ
MUCC、東名阪ツアー初日公演のライヴレポートが到着

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP, ニュース, DVD, Blu-ray, 発表, リリース, 発売, ライブ, ツアー

MUCC、東名阪ツアー初日公演のライヴレポートが到着
Mon, 18 Feb 2019 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

新たなる怪作『壊れたピアノとリビングデッド』を発表のMUCC。早くも次の過程へと向かいつつある“5人”の現在を見逃すな! ライヴ活動の充実はクリエイティヴィティの向上に繋がるはずだし、創作面で良好な状態にあるバンドのライヴが良くないはずもない。ごく当たり前のことかもしれないが、去る2月16日、MUCCの名古屋公演を目撃して、改めてそれを実感させられた。

この夜の公演は、『壊れたピアノとリビングデッド』と銘打たれた、東名阪での全4公演からなるツアーの初演にあたるもの。当然ながらそれは、2月13日に発売を迎えた同名の新作アルバムに伴うものだ。ピアノ/オルガン/鍵盤をフィーチュアしたアレンジ、お蔵入りになっていた楽曲の蘇生(それがゾンビ=リビングデッドという発想に繋がっていることは説明するまでもないだろう)、ホラー・テイストといったキーワードを掲げながら制作されたこのコンセプチュアルな性質の新作に、そもそも彼らはミニアルバムを想定しながら着手していたのだという。

しかし結果、それが限りなくフルアルバムに近いサイズ感と内容的な深みを伴うものとして完成に至り、世に出ることになった。単純な計画変更と思われるかもしれないが、見落としてはならないのは、彼らがミニアルバム制作にギリギリ足りるくらいの期間と環境で、この作品を産み落としてしまったということだろう。しかも結果、そこに未完の作品のようなラフさは感じられず、作品自体の性格が絞り込まれたことで逆にこのバンドの持つ闇と光、絶望と希望という両極のコントラストが見事に体現されることになった。

そしてもうひとつ付け加えておくべきは、今作でエンジニアを務めているのがギタリストのミヤ自身であるということ。20年を超えるこれまでの経過のなかで養われてきた彼の英知のすべてが、この作品成立を可能にしたと言ってもいいだろう。このバンドの特性と特異さのすべてを他の誰よりも熟知している彼が自ら録音やミックスを手掛けたからこそ、現在のMUCCを温度差も時差もない状態でこの作品にパッケージすることに成功しているのだ。つまり、ある種の偶発性をもって誕生したともいえる『壊れたピアノとリビングデッド』がこうした画期的作品になり得たことには、そうした必然的要因があったのだ。

そんな制作過程を経てきたバンドが、良くないライヴをするはずもない。そう考えながら名古屋まで足を運んだ筆者だが、実際の演奏内容はそうした予想をさらに超越するものだった。リビングデッドというテーマ性に呼応しているのか、開演前のZepp Nagoyaに流れていたBGMはMISFITSやMETEORSの楽曲。それが止み、場内が暗転したのは定刻の午後6時を8分ほど経過した頃のこと。まず聴こえてきたのはレコードの溝を這う針のノイズが良く似合う“壊れたピアノ”。今作とそれに伴うライヴ活動全般を通じて期間限定メンバーとして起用されている吉田トオル(key)を含む演奏者たちが1人ずつ登場し、深々とお辞儀をしながら配置に着き、この幕開けの序曲の演奏に加わっていく。そして5番目に逹瑯が現れると、それまでオルガンを操っていたミヤが本来の立ち位置へと移動し、ヒステリックにギターが轟く。そこで炸裂したのは“サイコ”。超弩級のヘヴィな轟音が場内を支配し、それに圧倒されているうちに次なる“アイリス”が繰り出されていく。

ここまでは、アルバムと同様の流れだ。が、冒頭の“壊れたピアノ”をカウントしても全9曲しかない新曲群だけでは、フルサイズのライヴは成立し得ない。そこに旧楽曲群からどの曲が抽出され、その各曲が鍵盤を用いながらどのようなアレンジで披露されることになるのかという部分にも、オーディエンスの興味は向けられていたに違いない。そして、まだ序盤だというのに“アイリス”に続いて聴こえてきたのは、MUCCにとってのクラシック・チューンのひとつというべき“オルゴォル”。生まれながらにしてダークなグランジ風味を漂わせていたこの楽曲が、吉田の操るオルガンの響きによって妖しい味わいを増しているのがわかる。

そこから先も彼らは、今日までに至る時間軸を自在に瞬間移動しながら、さまざまな時代の楽曲を『壊れたピアノとリビングデッド』の時制で披露していく。新曲たちについてはともかく、旧楽曲群のなかから実際に何がセレクトされ、いかなる変貌を遂げていたかについては、この先に組まれている公演で予備知識なく刺激を味わうことを望む人たちのためにも、この場ではあまり具体的な描写をせずにおきたい。が、明らかだったのは、ピアノやオルガンの導入により各楽曲のアイデンティティ(性格、と言い換えてもいいだろう)がより強調され、ライヴ全体を通じての起伏がいっそうダイナミックさに富んだものになっていたということだ。同時に、MUCCのバンド・サウンドや逹瑯の歌声と、鍵盤との相性の良さについても改めて実感させられた、

ステージの背景は、白地に黒一色で描かれた最新作のアートワークの絵柄で覆い尽くされていた。シンプルだけども同時に象徴的なその風景を背に繰り広げられる演奏に、特筆すべきほど大きな演出は伴っていなかった。が、各曲の表情の変化に同調するかのように色味を変えていく照明のあり方には、鍵盤の音色と同様に甚大なる有効さを感じさせられたし、ランタンの炎を揺らめかせながら登場した逹瑯が、ミヤの奏でるピアノに導かれながら歌いあげた“積想”も、このライヴにおける象徴的な一場面だった。こうしたテーマの伴ったライヴというのは、結果的に〈終わってみれば、いつも通りのライヴだった〉という後味になってしまうことが多々あるものだが、この夜のMUCCはいつもの彼らのままであると同時に、間違いなくどこかが異なっていた。

逹瑯のMCによれば、すでにミヤの頭のなかでは次なるアルバムに向けての構想も固まり始めているらしい。そして、彼のなかにあるアイデアの数々は、今回の一連のライヴを通じて、より色濃いものになっていくに違いない。この『壊れたピアノとリビングデッド』に伴うライヴは、こうしてすでに終了した名古屋公演、その翌日に行なわれた大阪公演を含めても、わずか全4本しかない。確かに5月から6月にかけては『壊れたピアノとリビングデッドfeat.殺シノ調ベ』と銘打たれた計4本のホール公演も控えてはいる。が、現在のこのモードにあるMUCCと向き合うことのできる時間は、おそらく本当に限られている。このバンドのクリエイティヴな意欲のベクトルが次の方向へと向かう前に、是非この局面にある彼らの音を生で体感して欲しいものである。

photo by 西槇太一
text by 増田勇一

【ライブ情報】

■『壊れたピアノとリビングデッド』
3月31日(日) 東京・Zepp Tokyo
4月01日(月) 東京・Zepp Tokyo
<チケット>
前売:1Fオールスタンディング¥6,000(税込 /ドリンク代別)
2F 指定席¥7,000(税込 /ドリンク代別)
◎チケット発売中!
・各会場プレイガイド情報などの詳細 https://55-69.com/news/130499

■『壊れたピアノとリビングデッド feat. 殺シノ調べ』
5月01日(水) 東京・中野サンプラザ
5月02日(木) 東京・中野サンプラザ
5月19日(日) 愛知・名古屋特殊陶業市民会館ビレッジホール
6月09日(日) 大阪・グランキューブ大阪
<チケット>
前売:全席指定¥6,900(税込)
・虚無僧DU MODE・朱ゥノ吐一般会員先行チケット受付
2月13日(水)〜2月25日(月)16:00
・虚無僧DU MODEへのご入会はこちら https://mucc-mobile.jp/
※未就学児入場不可 / 営利目的の転売禁止



【関連リンク】
MUCC、東名阪ツアー初日公演のライヴレポートが到着
MUCCまとめ
ニガミ17才、渋谷CLUB QUATTROにて自主企画『ニガミ17才と。』開催

【関連アーティスト】
MUCC
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ツアー, ワンマン, ライブレポ

ニガミ17才、渋谷CLUB QUATTROにて自主企画『ニガミ17才と。』開催
Mon, 18 Feb 2019 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ニガミ17才が自主企画『ニガミ17才と。』を4月25日(木)に渋谷CLUB QUATTROで開催することが発表された。

2018年10月11日に渋谷WWWで行なわれた『ニガミ17才B −2018−』以来となる今回の自主企画は、1バンドをゲストに迎えた対バン形式で行なわれる。ゲストについては後日発表とのことなので、続報をお楽しみに。

なお、本公演のチケットはオフィシャル先行予約を2月24日(日)まで受付中なので、気になる方はお早めにゲットしよう!

■自主企画『ニガミ17才と。』

4月25日(木) 東京・渋谷CLUB QUATTRO
OPEN 18:30 / START 19:30

<出演>
ニガミ17才 / + 1band

<チケット>
前売スタンディング¥3,300(Dr別)
■オフィシャル先行
2月17日(日)23:00〜2月24日(日) 23:59
https://eplus.jp/nigami170425hp/

【ライブ情報】

3月23日(土) 『IMAIKE GO NOW 2019』
4月21日(日) 滋賀U☆STONE ※『打首獄門同好会 獄至十五ツアー』
4月22日(月) 大阪BIG CAT ※『打首獄門同好会 獄至十五ツアー』



【関連リンク】
ニガミ17才、渋谷CLUB QUATTROにて自主企画『ニガミ17才と。』開催
ニガミ17才まとめ
WEBER、ビクター移籍記念イベントでシチュエーションコントに初挑戦

【関連アーティスト】
ニガミ17才
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, チケット

WEBER、ビクター移籍記念イベントでシチュエーションコントに初挑戦
Mon, 18 Feb 2019 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月20日にビクター移籍第1弾シングル「READY」を発売するWEBERが、2月16日(土)に六本木morph-tokyoにて、『WEBER ビクター移籍記念イベント 〜アフターバレンタイン〜』を開催した。

本イベントは移籍記念イベントと題してビクターとのコラボレーションをテーマに開催され、通常のライブステージだけでなく、ビクターミュージックアーツ所属のお笑いコンビ・響をゲストMCに迎えてWEBER初のお笑いコンビとのコラボレーションステージを繰り広げるなど、熱い興奮と笑いが耐えないステージを三部に渡り展開。加えて、来場者特典としてWEBERדNipper"コラボレーションマフラータオルをプレゼントするなど、お馴染みの“Nipper"とのコラボレーションも実現した。

ライブパートではニューシングルから「READY」「Mayday」を披露し会場を沸かせた。そして、この日限りのスペシャルカバーステージとして、第一部では夏川りみ「涙そうそう」、第二部ではKiroro「Best Friend」、そして第三部では桑田佳祐「明日晴れるかな」をアコースティックバージョンで披露。移籍記念イベントならではのスペシャルステージを披露した。

トークパートでは『お笑いを学ぶ』をテーマに、響の長友扮するキャラクター“ミツコ”と共にシチュエーションコントに初挑戦! バレンタインにちなんだお題に全力で挑み、コント初挑戦ながらも会場を笑いの渦に巻き込んだ。先輩の胸を借りることで、普段のステージではなかなか見ることができないメンバーのトークや表情が存分に引き出され、このコラボレーションステージはWEBERの新境地を開く貴重なステージととなったのではないだろうか。

WEBERはニューシングル「READY」発売をした後、7月27日の札幌・cube gardenを皮切りに、8月25日の東京・TSUTAYA O-EASTまでの5都市5公演のツアーを開催する。続々と新たな展開を見せるWEBER。更なる飛躍を遂げようとする彼らのこれからに今後も大いに期待したい。

Photo by 宮田浩史

【セットリスト】
■1部
01. Mayday
02. READY
03. 涙そうそう ※スペシャルカバーステージ
〜WEBER×響 コラボレーションステージ〜
04. 雨上がりのキミとボク

■2部
01. Mayday
02. READY
03. Best Friend ※スペシャルカバーステージ
〜WEBER×響 コラボレーションステージ〜
04. スノキラ

■3部
01. Mayday
02. READY
03. 明日晴れるかな ※スペシャルカバーステージ
〜WEBER×響 コラボレーションステージ〜
04. Toward the glory

シングル「READY」

2019年2月20日(水) 発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1535/¥2,000(税込)
<収録曲>
■CD
1.READY
2.Mayday
3.READY(instrumental)
4.Mayday(instrumental)
■DVD
・「READY」MV



【スペシャル盤】(CD+DVD)
VIZL-1536/¥5,000(税込)
※トールケース+16P Masquerade Bitter Night特製ブックレット
<収録曲>
■CD
1.READY
2.Mayday
3. First day -reface-
■DVD
・Special Movie 『WEBER presents Masquerade Bitter Night 〜HALLOWEEN PARTY〜vol.3』
※Masquerade Bitter Night特別編集映像30分、撮りおろしインタビュー映像30分収録予定



【通常盤】(CD)
VICL-37465/¥1,200(税込)
<収録曲>
■CD
1.READY
2.Mayday
3. First day -reface-

◎チェーン別オリジナル特典
・TOWER RECORDS 全国各店 / TOWER RECORDS ONLINE
「READY」ロゴステッカー(typeA)
・HMV全国各店/HMV&BOOKS online
「READY」ロゴステッカー(typeB)
・その他 全国一般CDショップ
「READY」ロゴステッカー(typeC)
※各リリースイベント会場およびライブ会場でご予約・ご購入いただいた商品は、本特典配布対象外となります。
※上記各特典ともに数に限りがございます。お早めにご予約ください。
※また、一部、特典の取扱いが無い店舗もございます。予めご了承ください。
※ステッカーtypeC取扱い店舗につきましては改めてご案内させていただきます。

【イベント・ライブ情報】

『WEBER移籍第1弾シングル「READY」リリース記念イベント』
※ミニライブ&特典会
2月18日(月) 神奈川 タワーレコード横浜ビブレ店 イベントスペース
時間:18:00スタート
2月19日(火) 東京 ニコニコ本社 B2Fイベントスペース
時間:19:00スタート
2月20日(水) 愛知 アスナル金山 明日なる!広場
時間:20:00スタート
2月21日(木) 東京 タワーレコード渋谷店 5F イベントスペース
時間:18:30スタート
2月22日(金) 東京 タワーレコード新宿店 7F イベントスペース
時間:19:00スタート
2月23日(土) 千葉 イオンモール幕張新都心 グランドモール1F グランドスクエア
第一部:13:00スタート
第二部:16:00スタート
2月24日(日) 東京 ヴィーナスフォート 教会広場
第一部:13:00スタート
第二部:16:00スタート

『WEBER移籍第1弾シングル「READY」 発売記念 スペシャルトークイベント』
3月17日(日) 東京 都内某所
第一部:12:00 スタート
第二部:14:30 スタート
第三部:17:00 スタート
第四部:19:30 スタート
※会場はご参加される方にのみご連絡させていただきます。
※特典会の詳細・各イベントへのご参加方法は下記をご確認ください。
https://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A026396.html

『WEBER LIVE TOUR 2019』
7月27日(土)  札幌 cube garden
8月04日(日)  福岡 DRUM Be-1
8月10日(土)  名古屋 NAGOYA CLUB QUATTRO
8月11日(日)  大阪 UMEDA CLUB QUATTRO
8月25日(日)  東京 TSUTAYA O-EAST
<チケット情報>
スタンディング:¥5,000(税込・入場時1D別途)
※未就学児童入場不可



【関連リンク】
WEBER、ビクター移籍記念イベントでシチュエーションコントに初挑戦
WEBERまとめ
back number、ニューシングル表題曲「HAPPY BIRTHDAY」を先行配信

【関連アーティスト】
WEBER
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, シングル, キャンペーン, リリース, 発売, ライブ, セットリスト, ライブレポ, レポート

back number、ニューシングル表題曲「HAPPY BIRTHDAY」を先行配信
Mon, 18 Feb 2019 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

back numberが2月27日(水)にリリースする20枚目のシングルのタイトル曲「HAPPY BIRTHDAY」が、CDリリースに先駆け2月19日(火)よりiTunesやレコチョクなど各DL配信サイトで先行配信されることがわかった。

「HAPPY BIRTHDAY」は1月からスタートしたTBS系火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』の主題歌としてオンエア中の話題曲。また、back numberはこのシングルの他に「瞬き」「大不正解」「オールドファッション」といったシングルタイトル曲4曲を含む、3年3カ月ぶり6枚目となるアルバム『MAGIC』を3月27日(水)にリリースすることも決定しており、こちらの続報も期待したい。

■シングル「HAPPY BIRTHDAY」スペシャルサイト
https://sp.universal-music.co.jp/backnumber/happy-birthday/

シングル「HAPPY BIRTHDAY」

2019年2月27日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UMCK-9989/¥1,800+税
※三方背BOX仕様
<収録内容>
■CD
1. HAPPY BIRTHDAY 
2. エキシビジョンデスマッチ
3. ジャスティスインザボックス
4. HAPPY BIRTHDAY (instrumental) 
5. エキシビジョンデスマッチ(instrumental) 
6. ジャスティスインザボックス(instrumental)
■DVD(初回限定盤のみ)
「HAPPY BIRTHDAY」music video、making of studio recording & music video & photo session、
「back number dome tour2018 "stay with you"」digest movie



【通常盤】(CD)
UMCK-5668/¥1,000+税

アルバム『MAGIC』

2019年3月27日(水)発売



【初回限定盤A】
■CD+2DVD
UMCK-9990/¥6,800+税
■CD+Blu-ray
UMCK-9991/¥7,800+税
※ back number dome tour 2018 "stay with you" PHOTO BOOK (54ページ)
※ 三方背BOXトールケース仕様
<収録内容>
■CD
「瞬き」 -映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』主題歌-
「大不正解」 -映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』主題歌-
「オールドファッション」 -TBS系 金曜ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』主題歌-
「HAPPY BIRTHDAY」- TBS系 火曜ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌
他収録
■DVD/Blu-ray(初回限定盤A)
・初のドームツアーの東京公演を全曲収録!
『back number dome tour 2018 "stay with you" at TOKYO DOME 2018.8.11』
瞬き/SISTER/ARTIST/青い春/チェックのワンピース/エンディング/ハッピーエンド/ゆめなのであれば/半透明人間/海岸通り/西藤公園/重なり/クリスマスソング/ヒロイン/stay with me/大不正解/MOTTO/スーパースターになったら
- encore-
ネタンデルタール人/ささえる人の歌/高嶺の花子さん
・making of back number dome tour 2018 "stay with you"

【初回限定盤B】
■CD+DVD
UMCK-9992/¥5,800+税
■CD+Blu-ray
UMCK-9993/¥6,800+税
※SPECIAL PHOTO BOOK for NO MAGIC TOUR 2019(100ページ)
(ロンドンでの撮り下ろし写真を含むNO MAGIC TOUR 2019に向けてのフォトブック)
※三方背BOXトールケース仕様
<収録内容>
■CD
全形態共通(初回限定盤Aと同内容)
■DVD/Blu-ray(初回限定盤B)
・ミュージックビデオクリップ
ARTIST
瞬き
大不正解
オールドファッション
HAPPY BIRTHDAY
Making of SPECIAL PHOTO BOOK for NO MAGIC TOUR 2019
(フォトブック用にロンドンにて行われた 撮り下ろし撮影時のメイキング映像)

【通常盤】(CD)
UMCK-1616/¥3,000+税
<収録内容>
全形態共通(初回限定盤A・Bと同内容)

『back number NO MAGIC TOUR 2019』

4月20日(土) 静岡 静岡エコパアリーナ
4月21日(日) 静岡 静岡エコパアリーナ
4月27日(土)  岩手 盛岡タカヤアリーナ
4月28日(日) 岩手 盛岡タカヤアリーナ
5月03日(金・祝) 長野 長野ビッグハット
5月04日(土) 長野 長野ビッグハット
5月18日(土)  新潟 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
5月19日(日) 新潟 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
5月25日(土) 北海道 北海道立総合体育センター北海きたえーる
5月26日(日) 北海道 北海道立総合体育センター北海きたえーる
6月01日(土) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
6月02日(日) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
6月08日(土) 大分 別府ビーコンプラザ コンベンションホール
6月09日(日) 大分 別府ビーコンプラザ コンベンションホール
6月22日(土) 広島 広島グリーンアリーナ
6月23日(日) 広島 広島グリーンアリーナ
6月29日(土) 愛媛 愛媛県武道館
6月30日(日) 愛媛 愛媛県武道館
7月06日(土) 神奈川 横浜アリーナ
7月07日(日) 神奈川 横浜アリーナ
7月20日(土) 三重 三重県営サンアリーナ
7月21日(日) 三重 三重県営サンアリーナ
7月25日(木) 東京 日本武道館
7月26日(金) 東京 日本武道館
8月03日(土) 和歌山 和歌山ビッグホエール
8月04日(日) 和歌山 和歌山ビッグホエール
8月10日(土) 福井 サンドーム福井
8月11日(日・祝) 福井 サンドーム福井
8月17日(土) 宮城 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
8月18日(日) 宮城 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
8月23日(金) 大阪 大阪城ホール
8月24日(土) 大阪 大阪城ホール
8月31日(土) 福岡 マリンメッセ福岡
9月01日(日) 福岡 マリンメッセ福岡
9月20日(金) 沖縄 沖縄コンベンションセンター展示棟
9月21日(土) 沖縄 沖縄コンベンションセンター展示棟

■詳細ページ http://backnumber.info/feature/tour2019



【関連リンク】
back number、ニューシングル表題曲「HAPPY BIRTHDAY」を先行配信
back numberまとめ
NAOTO&岩田剛典、『LDH wedding』初プロデュース披露宴にて新郎新婦の門出を祝福

【関連アーティスト】
back number
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 配信, ツアー

NAOTO&岩田剛典、『LDH wedding』初プロデュース披露宴にて新郎新婦の門出を祝福
Mon, 18 Feb 2019 18:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

株式会社LDH JAPANの新規事業となる『LDH wedding』の初プロデュース結婚披露宴が2月17日に神奈川・THE GRAND ORIENTAL MINATOMIRAIにて行なわれ、EXILE、三代目 J SOUL BROTHERSのNAOTOと岩田剛典がサプライズで登場。三代目 J SOUL BROTHERSファンの石野順之さん、彩花さん夫妻の門出を祝った。

『LDH wedding』は2017年にファンクラブ企画で行なった『あなたの夢を、叶えます!!』でLDHメンバーに叶えてほしい夢を募集したところ“結婚式をプロデュースしてほしい”という多くの声が寄せられ、1組のカップルの結婚式をプロデュースしたことがキッカケで立ち上がった新規事業だ。“Love, Dream, Happiness満ちあふれる特別な日が、人生最高のエンタテインメントであってほしい”という想いのもと、LDHの新プロジェクトとして2018年から本格始動した。

披露宴では『ウエディングを、人生最高のエンタテインメントに。』をコンセプトに、2011年のEXILE、2014年のEXILE TRIBEのツアーでシンボルとなった『願いの塔』をモチーフにした、高さ2.9メートルのウエディングケーキや、ライブの必須アイテムのフラッグなど、ライブ会場に来たかのような空間を用意。

冒頭には岩田ファンの新郎、NAOTOファンの新婦に向けて、二人からのビデオメッセージを送り、新郎新婦がお色直しのために中座をすると、会場のモニターには三代目 J SOUL BROTHERSの山下健二郎も登場。再登場する新郎新婦をダンスで迎えるべく、来訪客に「R.Y.U.S.E.I.」の振り付けをレクチャーした。そして新郎新婦が再登場すると、会場のスタッフに紛れ込んでいたEXPG STUDIO所属のダンサーたちが、来訪客と共に「R.Y.U.S.E.I.」をフラッシュモブの演出でパフォーマンスし、ラストにはキッズダンサーも加わり、総勢25名のEXPGダンサーで会場を盛り上げた。

また衣装でも『LDH wedding』ならではの演出を用意。お色直しで新郎が着用した衣装は、2017年の『NHK紅白歌合戦』で山下が実際に着用した衣装だ。LDHアーティストが実際にライブやテレビ番組で着用した衣装が使用できるのもファンには嬉しい演出だろう。

LDHならではの趣向を凝らした演出が続いた披露宴も終盤に差し掛かると、突如会場が暗転。入口にスポットライトが当たると、三代目 J SOUL BROTHERSの「O.R.I.O.N.」とともにNAOTOと岩田が登場。サプライズに来訪客から大歓声が沸くなか、二人は新郎新婦に祝辞を述べ、乾杯や記念撮影に応じながら、記念すべき『LDH wedding』プロデュース第一号となった新郎新婦の門出を祝った。NAOTOから、LDH weddingの感想を聞かれた彩花さんは“本当に夢のようです”と、目を輝かせ喜んだ。

初の『LDH wedding』開催に、NAOTOは“実際にやってみて、LDHが掲げる“Love, Dream, Happiness"に直結した素晴らしいプロジェクトだと身を持って感じました。僕らが行なっているライブのエンタテインメントを結婚式に凝縮した感じで、すごく幸せな空間でした”と手応えを語った。岩田も“お二人もそうですし、空間自体も素晴らしくて凄くパワーを頂きました。恩返しではないですけど、こういった新しい形での貢献の仕方ができるのであれば継続していきたいなと思いましたし、よりクオリティも上がっていくと思うので楽しみです”と笑顔を見せた。また、順之さんが着た山下の衣装について二人は“健二郎さんより似合っていた”と絶賛し、笑いを誘った。

■『LDH wedding』オフィシャルHP
https://www.ldhwedding.co.jp



【関連リンク】
NAOTO&岩田剛典、『LDH wedding』初プロデュース披露宴にて新郎新婦の門出を祝福
EXILEまとめ
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEまとめ
三代目J Soul Brothersまとめ
サザンオールスターズ、40周年ツアーのタイトル解禁&WOWOWにてSP番組を放送!

【関連アーティスト】
EXILE, 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE, 三代目J Soul Brothers
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, 出演, レポート

サザンオールスターズ、40周年ツアーのタイトル解禁&WOWOWにてSP番組を放送!
Mon, 18 Feb 2019 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

サザンオールスターズが3月からスタートさせるデビュー40周年イヤーの全国ツアーまであと40日に迫っている。2015年に行なわれたツアーは全国5大ドーム&アリーナツアーだったが、今回はさらにその規模を拡大し、埼玉メットライフドームを加えた6大ドーム&アリーナツアーだ。

すでにチケット応募が殺到している中、満を持して発表されたツアータイトルは『WOWOW presentsサザンオールスターズLIVE TOUR 2019「“キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!"だと!? ふざけるな!!」supported by 三ツ矢サイダー』。デビュー40周年のメモリアル感などはあえてまったく感じさせない、想像の斜め上をいくツアータイトルは、いかにもサザンらしい破天荒な言い回しと茶目っ気がたっぷりだ。

一体このタイトルが示すものは何なのか? ぜひ実際にライブ会場に行ってその真意を確かめてみてほしい。なお、ツアーのスポンサーにはWOWOWと三ツ矢サイダーが決定しており、それぞれでライブサポーターの招待キャンペーンも実施中。

そんなサザンオールスターズの全国ツアーが、3月30日(土)の宮城・セキスイハイムスーパーアリーナを皮切りにスタートすることを記念して、初日前夜にWOWOWでスペシャル番組が放送されることも決定! 3月29日(金)夜9:30からWOWOWプライムにて『ツアー直前!サザンオールスターズスペシャル2019』と題してオンエアされる。こちらはサザンオールスターズのデビュー40周年の活動に焦点を当てたスペシャル番組となるので、こちらもお見逃しのないようチェックしてほしい。

■WOWOW特設サイト
https://www.wowow.co.jp/music/sas/

■『三ツ矢サイダー』特設サイト
https://www.asahiinryo.co.jp/mitsuya-cider/sp/mitsuya-sas/

『WOWOW presents サザンオールスターズLIVE TOUR 2019「“キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!"だと!? ふざけるな!!」 supported by 三ツ矢サイダー』

3月30日(土) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
3月31日(日) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
4月04日(木) 広島・サンプラザホール
4月05日(金) 広島・サンプラザホール
4月13日(土) 神奈川・横浜アリーナ
4月14日(日) 神奈川・横浜アリーナ
4月20日(土) 愛媛・愛媛県武道館
4月21日(日) 愛媛・愛媛県武道館
4月27日(土) 福井・サンドーム福井
4月28日(日) 福井・サンドーム福井
5月11日(土) 埼玉・メットライフドーム
5月12日(日) 埼玉・メットライフドーム
5月18日(土) 福岡・ヤフオク!ドーム
5月19日(日) 福岡・ヤフオク!ドーム
5月25日(土) 大阪・京セラドーム大阪
5月26日(日) 大阪・京セラドーム大阪
6月01日(土) 愛知・ナゴヤドーム
6月02日(日) 愛知・ナゴヤドーム
6月08日(土) 北海道・札幌ドーム
6月09日(日) 北海道・札幌ドーム
6月15日(土) 東京・東京ドーム
6月16日(日) 東京・東京ドーム

※チケット詳細に関しては、オフィシャルサイトをご確認ください。
※サザンオールスターズ オフィシャルファンクラブ『サザンオールスターズ応援団』チケット先行受付(抽選)に関する詳細は、会員限定ページにてご案内いたします。

スペシャル番組『ツアー直前!サザンオールスターズスペシャル2019』

3月29日(金)夜9:30〜[WOWOWプライム]
■番組特設サイト https://www.wowow.co.jp/music/sas/



【関連リンク】
サザンオールスターズ、40周年ツアーのタイトル解禁&WOWOWにてSP番組を放送!
サザンオールスターズまとめ
ネオ渋谷系から『ユーリ!!! on ICE』まで、鬼才ハヤシベトモノリの楽曲5選

【関連アーティスト】
サザンオールスターズ
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, 発表, ライブ, ツアー, チケット

ネオ渋谷系から『ユーリ!!! on ICE』まで、鬼才ハヤシベトモノリの楽曲5選
Mon, 18 Feb 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

小沢健二の復活、野宮真貴ソロ作リィシューなど、“渋谷系”と呼ばれたムーブメントを牽引したアーティストの健在っぷりに恐れおののくここ数年ですが、かつてその潮流を汲んだとされる“ネオ渋谷系”というストリームが存在しました。しかし、実態を振り返れば、まるで雲を掴むような、霧の中のお城を夢見るような、メディアと表現の追いかけっこの最中に産まれた美しいフェイクであったようにも思います。今回はそんなあやふやな渦から奇跡のごとく飛び出したスーパーユニットPlus-Tech Squeeze Boxを率い、『スポンジ・ボブ』『ユーリ!!! on ICE』のサウンドトラックやCMソングなどを手掛け、今なお音楽界のマッドサイエンティストとして秘密基地で稼働し続けるハヤシベトモノリのクレイジーな産物をご紹介します。

■「early RISER」(’00) /Plus-Tech Squeeze Box

2000年にリリースにリリースされた1stアルバム『FAKEVOX』の収録曲より、現在もテレビ番組のジングルなどで多用されている「early RISER」。キャッチーなリフがループするギターポップサウンドは、フレンチポップ調のホーンとスキャットに瞬く間に裏切られ、かと思えばハードディスクのカットアップにより無尽蔵に放たれる流星のごとき疾走感に息を吐かせる暇もなく、忙しなさに瞬きを繰り返している間にけたたましく終わりを告げ、「今のはなんだったんた?」と何千回でも聴き手を惑わせます。ネオ渋谷系の担い手と評価されながらも柳に風とロケットで脱出し、パラシュートを装着して空を漂うハヤシベトモノリという音楽家が、渋谷という万華鏡のごとき幻想を3分足らずの曲に詰め込んだチャーミングな狂気の結晶です。

■「ピカソからの宅急便 (Instrumental)」(’17) /sumika

sumikaの1stアルバム『Familia』では「ピカソからの宅急便(Instrumental)」を共作。異質な取り合わせのようにも思えましたが、sumikaはデビュー時からPlus-Tech Squeeze Boxの「Dough-nut’s Town’s Map」をオープニングSEに使用していたとのことで、必然にして運命のコラボレーションだった模様。壮大なオーケストラからスペースオペラが始まるのだろうという期待を根こそぎ引っこ抜かれると、一転してバンジョーとバイオリンが腕を組んでくるくる回るカントリーに。祝祭感はサンプリングと管楽器とクラップハンドが織り成すジャジーな暴風雨で加速し、見様見真似のフレンチカンカンを踊らざるを得なくなります。

■「SWEETS is CIRCUS」(’16) /竹達彩奈

ここまできたらお分りいただけるでしょう。ハヤシベトモノリという人が作る楽曲がいかにデコラティブで目まぐるしくて、むせ返るほどのパステルカラーで塗り尽くされているにもかかわらず、なぜかプラスティックのアクセサリーのように気軽に手に取れる目映さにあふれているか。氏のそういった特性は声優やアニメ作品と親和性が高く、「SWEETS is CIRCUS」では意志を持った遊園地よろしくゴージャスでファンタジックな楽曲と、竹達彩奈の演技力とヴォーカリゼーションが見事に拮抗しています。ヴォーカルが調理されつつも素材の良さが生き生きしたままだと、隙のないトラックに気を取られ流だけでなく、作詞家としての才覚が感じされるのも心地良いのです。

■「魅惑の巴里サーカス急行!」(’18)/南波志帆

南波志帆の蠱惑的なウィスパーヴォイスをそのまま白い皿に盛り付けても十分作品として成立するのに、決してそうはしない頑なさこそがハヤシベトモノリという作家の記名性。竹達彩奈の「SWEETS is CIRCUS」よろしく、サーカスというワードが孕んだイメージの豊潤さや自由性、魔術性を据えながらもなぜここまで違う曲に仕上がるのか。早馬の尻を叩くようなテンポで1小節ごとにピアノ、テノールサックス、トランペット、チェンバロ、バイオリンと感知する暇もないほど矢継ぎ早にありとあらゆる楽器の音色が繰り出されるのに、なぜこんなにもシームレスでひとつの曲として連なっていくのか。このパートを書くために30回は聴き直しましたが、未だに踏み込めないままです。

■「Yeah Yeah Yeah」(’17) /ハヤシベトモノリ

執筆のためにリピート再生しているだけで次元の境目に頭を突っ込みそうなほど複雑怪奇な楽曲を乱れ打ちしておいて、なぜ『ユーリ!!! on ICE』のサウンドトラックにはこんなタバコの吸い殻とハイボールが似合いそうなガレージパンクを提供しているのか。ざらついたギターとハーモニカの駆け引きに軽妙なドラミング、重心の低い流線型のベース、あとは底抜けにポジティブなスキャットとリズムを取る拍手だけ。シンプルであるがゆえの難しさ、引き算の美学。ただただ腰を振って頭を空っぽにして踊れるこの曲は、トップスケーターたちの闘いを描いた作品をライトに彩っていたに違いない。最後の最後に清涼剤のように作用する曲を持ってこれて良かった。そして、年内公開予定の劇場版『ユーリ!!! on ICE』でもきっと…。

TEXT:町田ノイズ

町田ノイズ プロフィール:VV magazine、ねとらぼ、M-ON!MUSIC、T-SITE等に寄稿し、東高円寺U.F.O.CLUB、新宿LOFT、下北沢THREE等に通い、末廣亭の桟敷席でおにぎりを頬張り、ホラー漫画と「パタリロ!」を読む。サイケデリックロック、ノーウェーブが好き。



【関連リンク】
ネオ渋谷系から『ユーリ!!! on ICE』まで、鬼才ハヤシベトモノリの楽曲5選
Plus-Tech Squeeze Boxまとめ
sumikaまとめ
竹達彩奈まとめ
南波志帆まとめ

【関連アーティスト】
Plus-Tech Squeeze Box, sumika, 竹達彩奈, 南波志帆, ハヤシベトモノリ
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, アニメ・声優, ニュース, 連載コラム, ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!

ゆず、デビュー20周年記念の弾き語りライブをGYAO!にて期間限定配信
Mon, 18 Feb 2019 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ゆずがデビュー20周年を記念して開催した『ゆず 20周年突入記念弾き語りライブ』の前編を、人気アーティストのライブ映像を無料配信するサービス『GYAO! MUSIC LIVE』にて無料配信中だが、2月18日(月)12時より後編の配信もスタートした。

後編では「栄光の架橋」「夏色」などの大ヒット曲や、岩沢・北川それぞれのソロ曲の模様も観ることができる。3月17日(日)までの期間限定配信となるので、この機会をお見逃しなく!

■ゆず『LIVE FILMS ゆずのみ』 【GYAO!MUSIC LIVE】

<配信期間>
前編:2月01日(金)正午12:00〜3月17日(日)23:59
後編:2月18日(月)正午12:00〜3月17日(日)23:59

<配信URL>
■前編
https://gyao.yahoo.co.jp/player/11151/v00006/v0000000000000000058/
■後編
https://gyao.yahoo.co.jp/player/11151/v00006/v0000000000000000059/

【後編・配信曲】

1.飛べない鳥
2.心のままに
3.おっちゃんの唄<岩沢厚治ソロ>
4.ねぇ<北川悠仁ソロ>
5.栄光の架橋
6.虹
7.友達の唄
8.OLA!!
9.LOVE & PEACH
10.少年
11.夏色

『ゆず 弾き語りドームツアー2019 ゆずのみ〜拍手喝祭〜』

5月11日(土) 愛知・ナゴヤドーム
5月12日(日) 愛知・ナゴヤドーム
5月29日(水) 東京・東京ドーム
5月30日(木) 東京・東京ドーム
6月08日(土) 大阪・京セラドーム大阪
6月09日(日) 大阪・京セラドーム大阪
7月06日(土) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム
7月07日(日) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム

■ツアー特設サイト http://yuzu-official.com/pages/yuzunomi2019
■チケット詳細 https://ticket.yahoo.co.jp/special/yuzu2019/



【関連リンク】
ゆず、デビュー20周年記念の弾き語りライブをGYAO!にて期間限定配信
ゆずまとめ
M.S.S Project、熱気と幸福感に満ちたNHKホール公演が大成功

【関連アーティスト】
ゆず
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, 音楽番組, ライブ, ツアー

M.S.S Project、熱気と幸福感に満ちたNHKホール公演が大成功
Mon, 18 Feb 2019 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ゲーム実況に加え、音楽活動でも人気のM.S.S Project。2月11日の市川市文化会館を皮切りに、全10カ所の冬ツアー『PANZER - The Ultimate Four -』がスタートした。

ネット配信で多くのフォロワーを持つ彼らだが、ファンミーティングやライブツアーなど、リアルにファンと接する機会も大事にしているのが強み。ライブの面白さにも定評があり、これまでにも日本武道館や横浜アリーナなど、大規模な会場をソールドアウトさせてきた実績を持つ。その圧倒的支持の秘密とは何か?――というわけで、ツアー2日目となる2月13日、NHKホール公演に足を運んでみた。

開演前の会場には、好きなメンバーのイメージカラーを取り入れたファッションに身を包んだファンが大集合。友達同士から親子づれ、さらには男性のグループまで、幅広い層に愛されているのがよくわかる。この日も満員御礼で客席はビッシリ。開演を待ち構えるファンの期待が渦巻く中、ものものしいSEをキッカケにライブがスタートした。

まずは、メンバーのFB777、KIKKUN-MK-II、あろまほっと、eoheohをフィーチャーした映像が流れる。ツアータイトルの“PANZER=戦車"が示すように戦場ドラマといった内容。なかなかのスケールで展開するドラマにグイグイ引き込まれていく(とはいえ、しっかりお笑いを入れてくるところも彼ららしい)。

メンバーの絆を描いた感動のエンディングに拍手が起きたところで、ステージに4人が登場。演奏パートに進む前に、グループの代名詞であるリアルゲーム実況タイムが繰り広げられた。今回選ばれたゲームは『New スーパーマリオブラザーズ U デラックス』。4人がチームになってステージをクリアしていくという、まさに個々のコンビネーションが試される内容である。毎度のことだが、彼らの実況は最強に面白い。観客もメンバーが不利になる場面では悲鳴をあげたり笑いが起こったりと、大興奮! すっかり盛り上がったところで、いよいよ演奏パートの時間に突入した。観客は全員総立ちになり、カラフルなペンライトを手に声援を送る。

1曲目には何と新曲が用意されていた。きっくん(=KIKKUN-MK-II)の華麗なギターが炸裂するハードなロックチューンで、FB(=FB777)もショルダーキーボードで熱演。あろまほっととeoheohは息の合ったダンスで場内を沸かせていく。当初、やや照れのあったダンス・パフォーマンスも、昨今では堂に入ったもの。その後も新曲を披露し、最新型のサウンドをアピール。もちろん、人気の鉄板曲も惜しみなくプレイして、ファンを喜ばせた。彼らの曲はメタル要素もありつつ、メロディーはキャッチー。一方ではエレクトロな味付けのポップチューンもレパートリーにしており、誰もが楽しめる音楽性が特徴だ。粋だったのは本編ラストを新曲で締めたこと。2019年の活動を予感させる内容で、グループとしての意気込みを見せつけた。

アンコールでは、きっくんが『今の大切さ』を実感するMCで、珍しく心情を吐露。それだけに“自分が好きだと思ったものには、どんどん気持ちをぶつけていくのが大事なんだなと。だから俺達もずっと走り続けていこうかと思ってます。今日という日は俺達にとって宝物。だから、またみんなと一緒に幸せな時間が共有できたら嬉しいです!”と、真摯な思いを打ち明けた瞬間、場内から拍手が起こった。気持ちの入ったライブはやはり人を惹きつけるもの。ただ楽しませるだけではなく、より熱い気持ちを込めてきたところに、メンバーの成長が感じられた。

アンコールの選曲は、ファンに人気の楽曲がズラリ。ひたすら上がっていくボルテージが頂点に達したのはラストの「We are MSSP!」。ここで会場の一体感は最高潮に!  終演後は、観客との和やかな記念撮影でフィニッシュとなった。

まるでツアーファイナルかと思うような盛り上がりだったが、まだまだ2本目! ライブツアーはまだまだ続いていく。地方戦の最後は3月24日の神戸国際会館こくさいホールだが、各地で磨かれていく新曲達の進化も楽しみなところ。さらに、彼らがグランドファイナル公演に選んだのはグループ史上、最大キャパである4月29日のさいたまスーパーアリーナ。今年で10周年! そしてM.S.S Projectとしては平成最後のライブとなるだけに、どんな仕掛けで挑んでくるのだろうか。予測不能のパフォーマンスに期待したい。

Photo by 大塚秀美
Text by 海江敦士

『M.S.S Project Tour 2019 PANZER - The Ultimate Four - 』

2月23日(土) 神奈川・相模女子大学グリーンホール
3月01日(金) 大阪・国際会議場(グランキューブ)メインホール
3月03日(日) 愛知・名古屋 日本特殊陶業市民会館
3月10日(日) 福岡・アルモニーサンク北九州ソレイユホール
3月17日(日) 北海道・苫小牧市民会館・大ホール
3月21日(木) 宮城・東京エレクトロンホール宮城
3月24日(日) 兵庫・神戸国際会館こくさいホール
※終了分は割愛

『M.S.S Project Tour 2019 PANZER - The Ultimate Four - FINAL at SAITAMA SUPER ARENA』
4月29日(月) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ



【関連リンク】
M.S.S Project、熱気と幸福感に満ちたNHKホール公演が大成功
M.S.S Projectまとめ
FB777まとめ
KIKKUN-MK-?まとめ
あろまほっとまとめ

【関連アーティスト】
M.S.S Project, FB777, KIKKUN-MK-?, あろまほっと, eoheoh
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, 新曲, ネットカルチャー, ゲーム, ライブ, ツアー, ライブレポ, レポート

藍井エイル、約3年ぶりのニューアルバム『FRAGMENT』発売決定
Mon, 18 Feb 2019 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年2月の復帰発表後、立て続けにシングルヒットを記録し完全復活を遂げた藍井エイル。そんな彼女が約3年ぶりとなるオリジナルフルアルバム『FRAGMENT』を4月17日にリリースすることが発表された。

“欠片・断片"という意味を持つタイトルを掲げた今作には、何気ない日常の中で感じる気持ちや感情の“カケラ”を詰め込んだアルバムにしたいという彼女の想いが込められており、復帰時に伝えたかった感謝の言葉をまるで手紙のように綴った珠玉のバラード「約束」、配信ランキングを総なめにし全16冠を達成したロックチューン「流星」、哀愁漂うミドルバラード「アイリス」の他、彼女の持ち味でもあるデジロック「UNLIMITED」などバラエティ豊かな楽曲がずらりと並ぶ。

また、5月31日からはこのアルバムを引っ提げた全国ツアーも開催予定。引き続き彼女の動向から目を離さないようにしよう。

アルバム『FRAGMENT』

2019年4月17日(水)発売



【初回盤A】(CD+BD+Photobook)
価格:¥3,704+税
【初回盤B】(CD+DVD+Photobook)
価格:¥3,426+税
【通常盤】(CD)
価格:¥2,778+税
【完全生産限定盤】(CD+BD+Photobook+Tシャツ)
価格:¥7,407+税

<収録内容>
■CD(全11曲収録予定)
「約束」
「流星」(TVアニメ「ソードアートオンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン」OPテーマ)
「アイリス」(TVアニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション」EDテーマ)
「UNLIMITED」(VRゲーム「東京クロノス」オープニングテーマ)
…and more(全11曲収録予定)
■BD & DVD
・「約束」Music Video
・「流星」Music Video
・「アイリス」Music Video
・「UNLIMITED」Music Video
・「FRAGMENT」CD Jacket Making Movie

◎購入特典
<応援店 購入特典>
藍井エイル オリジナル告知ポスター
※対象店舗は追ってご案内いたします。
<Amazon co.jp 購入特典>
ジャケットサイズステッカー
※Amazon.co.jpでは、特典付き商品のカートアップがされます。特典をご要望のお客様は特典付き商品をお買い求め下さい。
<楽天ブックス 購入特典>
オリジナル缶ミラー
※楽天ブックスでは、特典付き商品のカートアップがされます。特典をご要望のお客様は特典付き商品をお買い求め下さい。
<WonderGOO/新星堂 購入特典>
オリジナルポストカード(WonderGOO/新星堂 Ver.)&オリジナル・ポストカードフォルダ
※WonderGOO/新星堂全店(および新星堂WonderGOO新星堂オンライン 一部店舖除く)
<TSUTAYA RECORDS 購入特典>
オリジナルB2スクールカレンダーポスター
※TSUTAYA RECORDS全店(一部店舗除く、TSUTAYAオンラインショッピングは予約分のみ)
<タワーレコード 購入特典>
オリジナルポストカード(タワーレコード Ver.)
※タワーレコード全店(オンライン含む)
<HMV 購入特典>
A4クリアファイル(HMV Ver.)
※HMV全店(HMV&BOOKS Online含む/一部店舗除く)
<アニメイト 購入特典>
A4クリアファイル(アニメイトver.)&L判ブロマイド(アニメイトver.)
※アニメイトオンラインでの運用方法について詳しくはサイトでご確認ください
<ゲーマーズ 購入特典>
56?缶バッジ(ゲーマーズver.)&L判ブロマイド(ゲーマーズver.)
※ゲーマーズオンラインでの運用方法について詳しくはサイトでご確認ください
<ソフマップ 購入特典>
オリジナル缶バッジ+ブロマイド (ソフマップ Ver.)
※ソフマップ (CD取扱店、及びドットコム)
<とらのあな 購入特典>
オリジナル・ポストカード(とらのあなVer.)
※とらのあな(一部店舗除く)+通販

<エイルランド会員限定購入特典>
・「FCイベント映像が見れる!スペシャルカード」
ファンクラブページにログインの上、「FRAGMENT」(「FCイベント映像が見れる!スペシャルカード」付)の案内ページをクリックいただき、対象商品を購入ください。(対象商品は、完全生産限定盤のみとなります。)なお、特典に数に限りがありますので、無くなり次第受付終了となります。予め御了承下さい。
■エイルランド会員限定購入特典 詳細・購入ページ
http://fc.aoieir.com/fccd_fragment/

『藍井エイル LIVE TOUR 2019開催決定!』

5月31日(金) 愛知・日本特殊陶業市民会館
6月01日(土) 東京・東京ドームシティホール
6月09日(日) 北海道・札幌市教育文化会館 大ホール
6月15日(土) 大阪・梅田芸術劇場 メインホール
6月16日(日) 広島・広島市南区民文化センター
6月28日(金) 福岡・ももちパレス
7月06日(土) 仙台・トークネットホール仙台(仙台市民会館)
7月15日(月・祝) 神奈川・神奈川県民ホール 大ホール



【関連リンク】
藍井エイル、約3年ぶりのニューアルバム『FRAGMENT』発売決定
藍井エイルまとめ
キュウソネコカミ、楽曲「越えていけ」が『東京マラソン2019』のポカリスエットCM曲に決定

【関連アーティスト】
藍井エイル
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売, 特典, ライブ, ツアー

キュウソネコカミ、楽曲「越えていけ」が『東京マラソン2019』のポカリスエットCM曲に決定
Mon, 18 Feb 2019 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

キュウソネコカミの楽曲「越えていけ」が『東京マラソン2019』のポカリスエットCMソングに起用されることが決定した。同曲は『東京マラソン2019オフィシャルドリンクポカリスエット “東京サプライ少女2019 Why do you run?"篇』にてWEBムービーとして展開される。3月3日(日)の東京マラソン当日には、日本テレビ系にてテレビCMとしてもオンエア予定だ。

本ムービーは “Why do you run?”をテーマに、スタートからフィニッシュまで様々な想いを抱いて走るランナーに“走る理由”を問う内容となっている。距離を重ねるにつれ、身体も気持ちも辛くなっていく。それでも走り続けるのは何故なのか、ランナーそれぞれのドラマや想いが描かれた作品だ。

キュウソネコカミの「越えていけ」は“もし上手くできなかったら…”という悲観や、“できない自分が許せない”という理想像に縛られて、夢ややりたいことに向き合えない人に“まず挑戦してみよう!”と思ってもらいたいという気持ちが込められた1曲。公開されたWEBムービーは、「越えていけ」の歌詞とランナーの想いが交錯するリリカルビデオ仕立てとなっており、キュウソネコカミのキャラクターであるネズミくんもムービー内のどこかに隠れているとのことなので、ぜひチェックして欲しい。

■東京マラソン2019 オフィシャルドリンク ポカリスエット “東京サプライ少女2019 Why do you run?"篇
https://pocarisweat.jp/pocarigirl/

■「越えていけ」配信・購入ページ
https://jvcmusic.lnk.to/kyuso_koeteike

日本テレビ『東京マラソン2019』詳細

3月03日(日)あさ9時00分〜11時50分
日本テレビにて生中継(全国ネット)
■公式HP https://www.ntv.co.jp/tokyomarathon/

【ツアー情報】

『DMCC REAL ONEMAN TOUR 2019 -Despair Makes Cowards Courageous- 〜ギリ平成〜』
2月18日(月) 和歌山 SHELTER
2月20日(水) 島根 出雲APOLLO
2月21日(木) 岡山 YEBISU YA PRO
2月26日(火) 静岡 清水SOUND SHOWER ark
2月28日(木) 愛知 Zepp Nagoya
3月01日(金) 三重 ROOTS
3月06日(水) 北海道 札幌PENNY LANE 24
3月07日(木) 北海道 旭川CASINO DRIVE
3月09日(土) 北海道 釧路NAVANA STUDIO
3月11日(月) 北海道 苫小牧ELL CUBE
3月19日(火) 宮城 仙台RENSA
3月21日(木・祝) 秋田 club SWINDLE
3月22日(金) 青森 Quarter
3月24日(日) 宮城 石巻BLUE RESISTANCE
3月25日(月) 茨城 水戸LIGHTHOUSE
4月01日(月) 長野 CLUB JUNK BOX
4月03日(水) 富山 MAIRO
4月04日(木) 福井 CHOP
4月13日(土) 沖縄 桜坂セントラル

『試練のTAIMAN TOUR 2019』
5月02日(木) 北海道 Zepp Sapporo
5月08日(水) 石川 金沢EIGHT HALL
5月09日(木) 新潟 LOTS
5月17日(金) 香川 高松festhalle
5月21日(火) 広島 CLUB QUATTRO
5月22日(水) 山口 周南RISING HALL
6月05日(水) 神奈川 川崎CLUB CITTA\'
6月06日(木) 東京 新木場STUDIO COAST
6月11日(火) 愛知 Zepp Nagoya
6月12日(水) 静岡 浜松窓枠
6月17日(月) 滋賀 U★STONE
6月18日(火) 大阪 なんばHatch
6月21日(金) 福岡 Zepp Fukuoka
6月30日(日) 宮城 仙台PIT



【関連リンク】
キュウソネコカミ、楽曲「越えていけ」が『東京マラソン2019』のポカリスエットCM曲に決定
キュウソネコカミまとめ
L’Arc〜en〜Ciel、WOWOWにて放送となるクリスマスライブのレポートが到着

【関連アーティスト】
キュウソネコカミ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, 発表, TVCM, CMソング

L’Arc〜en〜Ciel、WOWOWにて放送となるクリスマスライブのレポートが到着
Mon, 18 Feb 2019 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年12月19日・20日、L\'Arc〜en〜Cielが東京ドームのステージに立った。1年8カ月ぶりに、hyde(Vo)、ken(Gu)、tetsuya(Ba)、yukihiro(Dr)が揃った4人のパフォーマンスを観ることができる、それだけで音楽シーンにとっては“BIG NEWS”であり、ファンにとっては最大の“GIFT”だ。しかも、今回は『LIVE 2018 L\'ArChristmas』と題したバンド史上初のクリスマスライブ。開催が発表されたその日から、ファンはライブを待ち焦がれてきた。

そして迎えたライブ当日。場内が暗転し、オープニング映像が流れる。映像の中の4人は氷の中に閉ざされているが、その氷が砕かれメンバーの封印が解かれる。次の瞬間、ステージ上にhyde、ken、tetsuyaがポップアップで登場し、yukihiroがドラムセットのイスに静かに腰を下ろすと、オーディエンスの大歓声が巨大なドーム空間に反響した。

その残響をかき消すように、1曲目のフレーズがステージから放たれる。「winter fall」だ。“マジカルクリスタルナイト”のコンセプトに相応しく、映像だけでなくステージも照明も冬模様に染められていく。「Caress of Venus」をはさみ、「snow drop」が披露される。会場を埋め尽くした観衆にとっては、この日が聖なる夜だ。

“平成最後のL\'Arc〜en〜Cielを、最後まで一緒に楽しもうぜ!”とhydeが叫ぶ。近年はアニバーサリーの意味合いの強いライブが続いた彼らだが、今回はコアファンも驚くような久々の楽曲も構成に組み込まれ、実に21年ぶりに披露された「Dearest Love」では観客は息をのんで聴き入った。

アカペラで歌い出された「Hurry Xmas」、そして「Driver\'s High」「DIVE TO BLUE」といった疾走感の強いナンバーを経て、ステージは中盤へと向かう。その中で凄まじいインパクトを放ったのが、4人がギターを弾き順番にヴォーカルを取った「trick」だ。ミュージシャンとしてひとりひとりが強烈な個性を放ち自己主張する。そして、そのぶつかり合いと融合が、激しい閃光と地熱を巻き起こす。ロックバンドとしての圧倒的リアリティをこれでもかと見せつける彼らのライブパフォーマンスは、ステージが溶けてしまう程の熱さだった。

ステージ終盤、とても印象的で象徴的でもあったのが、21年ぶりにステージで披露された「I Wish」だ。会場を埋め尽くした5万5千人の大観衆がコーラスを大合唱し、応えるようにhydeが《君がいつまでもいつまでも 幸せでありますように》と歌う。kenもtetsuyaもyukihiroも、演奏しながら客席へ慈しむようなまなざしを送る。聖なる夜に、彼らとファンが大切な約束を交わした。そんな心温まる感動的な光景だった。来場者に配られたリストバンド“L\' edバンド”が点灯し、スタンドに大きく“L\'ArChristmas”の文字が浮かび上がる。祝祭ムードが最高潮を迎える中で、最後の曲「雪の足跡」を演奏し、メンバーはステージを降りて行った。

冬をテーマにした楽曲を中心としたセットリストで行なわれたこのライブは、まさに彼らからのクリスマスプレゼント。聖なる夜の饗宴が終わった後も、余韻に浸ってしばらく動けないほどだった。間違いなく、そこには“クリスマスの奇跡”があった。

WOWOWでは、この2日間のライブに50台以上ものカメラと特別機材を配置し、全精鋭を投入したフルスペックで収録を行なった。そして、約2カ月のスタジオワークを重ね、最高峰のクオリティを追求したライヴ番組を2月23日(土)夜8時より放送する。2日間で11万人を動員した、L\'Arc〜en〜Ciel史上初のクリスマスライブ。その極上の瞬間を、番組で目撃してほしい。

なお、番組特設サイトでは本ライブのダイジェスト映像を公開中! ますはこちらを要チェックだ。

photo by 今元秀明、岡田貴之、緒車寿一、加藤千絵、田中和子

■【WOWOW番組情報】

<放送日時>
2月23日(土)夜8:00〜[WOWOWプライム]

<内容>
『L\'Arc〜en〜Ciel LIVE 2018 L\'ArChristmas』
2018年12月19日、20日@東京・東京ドーム

■番組特設サイト
https://www.wowow.co.jp/music/larc/
※特設サイトでは、ライブダイジェスト映像を公開中!

【WOWOW プレゼント企画 詳細】

◎L’Arc〜en〜Ciel WOWOW×Paravi Special Collaboration限定Tシャツ50名様にプレゼント
『L’Arc〜en〜Ciel LIVE 2018 L\'ArChristmas』のWOWOWでのライブ番組放送 / Paraviでの密着ドキュメンタリー配信を記念したTシャツを限定100枚制作し、WOWOWテレビ会員50名様 / Paraviベーシックプラン会員50名様に抽選でプレゼント!
■WOWOW番組特設サイト https://www.wowow.co.jp/larc
■Paravi番組特設サイト https://www.paravi.jp/static/larc/



【関連リンク】
L’Arc〜en〜Ciel、WOWOWにて放送となるクリスマスライブのレポートが到着
L’Arc〜en〜Cielまとめ
NOISEMAKER主催フェス『KITAKAZE ROCK FES.2019』が札幌にて開催決定

【関連アーティスト】
L’Arc〜en〜Ciel
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, テレビ番組, 音楽番組

NOISEMAKER主催フェス『KITAKAZE ROCK FES.2019』が札幌にて開催決定
Mon, 18 Feb 2019 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

NOISEMAKERによる主催フェス『NOISEMAKER presents KITAKAZE ROCK FES. 2019』が、5月19日(日)に札幌・KRAPSHALL、BESSIEHALLにて開催されることが決定した。

『KITAKAZE ROCK FES.』はNOISEMAKERの故郷である北海道(札幌)にて、“北海道を代表する大きなフェスにしたい”という思いを込め開催を決意。2018年はKRAPSHALL、BESSIEHALLの2会場にてSWANKY DANK、COUNTRY YARD、Crossfaithなど盟友バンドを迎え、大盛況のなか初回公演が開催された。

NOISEMAKERは2019年1月23日にリリースしたミニアルバム『RARA』がスマッシュヒットを記録し、現在開催中の全国ツアーもSOLDOUTが続出中。これまで以上に注目度、存在感が高まっている中で開催される『KITAKAZE ROCK FES』も2018年以上の盛り上がりを見せることは間違いない。気になる出演者は追って発表となるので、続報を楽しみに待とう!

■『NOISEMAKER presents KITAKAZE ROCK FES. 2019』

<日程>
5月19日(日)

<会場>
北海道・KRAPS HALL
北海道・BESSIE HALL

<チケット>
前売り オールスタンディング¥3,900(税込)
当日 オールスタンディング¥4,400(税込)

<問い合わせ>
マウントアライブ 011-623-5555 平日11:00〜18:00

ミニアルバム『RARA』

発売中



VPCC- 86229/¥1,800(税込)
<収録曲>
1.RARA AVIS
2.NAME 
3.THIS IS ME 
4.To Live Is 
5.Dharma Light
6.One Day
7.YayYayYayYayYayYayYayYay

◎購入者特典
NOISEMAKERロゴステンシルシート



【関連リンク】
NOISEMAKER主催フェス『KITAKAZE ROCK FES.2019』が札幌にて開催決定
NOISEMAKERまとめ
TAKURO、ビルボードでのツアー追加公演決定

【関連アーティスト】
NOISEMAKER
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 発表, ミニアルバム, ライブ

TAKURO、ビルボードでのツアー追加公演決定
Mon, 18 Feb 2019 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月27日(水)に自身2枚目となるソロインストアルバム『Journey without a map II』を発売するGLAYのTAKUROが、そのパッケージに収録されるLAでのレコーディング模様などを追ったドキュメンタリー映像『Journey without a map II Documentary & Interview』のダイジェスト版とWEB CMを公開した。

日本を代表するロックバンド・GLAYのリーダーであり、数々の名曲を生み出したメインコンポーザーであるTAKUROだが、このドキュメンタリーからは“地図なき旅をする一人のギタリスト”としての姿が写し出されている。レコーディングのドキュメンタリーや楽曲の制作秘話インタビュー、ミュージックビデオやジャケット撮影の模様などが収録されており、さらに撮影は全編マネージャーが行なっていることから、普段中々観ることの出来ない貴重シーンなども収められている。数々の貴重なインタビューシーンからはTAKUROの見据える未来を感じ取ることが出来るだろう。

また、自身初のビルボード東京・大阪にて4公演の追加公演ライブが決定! TAKURO自身もビルボードにてライブを行なうことが一つの夢であり、GLAYでもTAKURO個人としても初のライブとなる。

さらに、2月20日(水)にYouTube Space Tokyoにてトーク&『Journey without a map II』アナログ盤の試聴会が開催されるが、対談のお相手がマキタスポーツということが明らかになった。地上波の番組で対談して以来、プライベートでも親交が深いマキタスポーツとの対談も生放送されるのでお楽しみに。

■アルバム『Journey without a map II』特設サイト
http://glay.co.jp/takuro_jwam2/

アルバム『Journey without a map II』

2019年2月27日発売



【CD+DVD盤】
PCCN-00033/¥3,000+税
【CD only盤】
PCCN-00034/¥2,500+税
【アナログ盤】(初回生産限定)重量盤2枚組
PCJN-00002/¥4,000+税

<収録曲>
■CD
01.SOUL FRIENDLY
02.DANDY MAN
03.TM St.2am
04.SARAH 派手にやれ!
05.TIMELESS WONDER
06.北夜色 Port Town Blues(TAK MATSUMOTO作曲)
07.do svidaniya
08.鼓動
09.やすらぎのチセ
10.Swingin\' Tokyo 2020
■DVD
・「やすらぎのチセ」 MUSIC VIDEO
・「やすらぎのチセ」 MUSIC VIDEO Making

◎先着予約購入特典:オリジナル“Journey”ノート

【ライブ・イベント情報】

■『Journey without a map II』トーク&アナログ盤先行試聴イベント概要
2月20日(水) 東京・YouTube Space Tokyo
内容:トーク &『Journey without a map II』アナログ盤先行試聴

■『GLAY TAKURO Solo Project 3rd Tour “Journey without a map 2019"』
3月14日(木) 福岡・Zepp Fukuoka
3月16日(土) 広島・BLUE LIVE HIROSHIMA
3月18日(月) 大阪・Zepp Namba
3月20日(水) 愛知・Zepp Nagoya
3月22日(金) 新潟・LOTS
3月26日(火) 東京・Zepp Tokyo
3月29日(金) 宮城・SENDAI GIGS
3月31日(日) 北海道・(函館) 金森ホール ※1日2回公演
<追加公演>
4月03日(水) ビルボードライブ東京 ※1日2回公演
・詳細ページ http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=11418&shop=1
4月06日(土) ビルボードライブ大阪 ※1日2回公演
・詳細ページ http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=11419&shop=2



【関連リンク】
TAKURO、ビルボードでのツアー追加公演決定
TAKUROまとめ
GLAYまとめ
マキタスポーツまとめ
スパークスローリー、デビュー29周年記念ライヴ開催決定

【関連アーティスト】
TAKURO, GLAY, マキタスポーツ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, ライブ, ツアー

スパークスローリー、デビュー29周年記念ライヴ開催決定
Mon, 18 Feb 2019 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

昨年SPARKS GO GOが主催したイベント『Road to JUNCTION 2018 vol.1』から1年振りに、スパークスローリーが東京・札幌・神戸でライヴを開催することが決定した。

1990年5月21日、同じ日にデビューを果たしたSPARKS GO GOとROLLYの合体バンド・スパークスローリー。彼らのデビュー29周年を祝して、今回は東京だけでなく、デビュー記念日を挟んで、初となる札幌と神戸でもライヴを開催するので、ぜひ足を運んでみてほしい。

■SPARKS GO GOオフィシャルHP
http://sparksgogo.jp/
■ROLLYオフィシャルHP
http://www.rollynet.com/

■『スパークスローリー2019 〜Don\'t forget the Beginning〜』

5月17日(金) 東京・下北沢GARDEN
5月30日(木) 北海道・札幌Sound lab mole
6月02日(日) 兵庫県・神戸VARIT.
<チケット>
オールスタンディング
前売¥5,000(税込)+1Drink代別
当日¥5,500(税込)+1Drink代別
一般発売日:4月6日(土)10:00
[TEAM SxGxGx先行]
対象:SPARKS GO GOオフィシャルファンクラブ
受付期間:2月19日(火)12:00〜2月25日(月)23:59
詳細URL:https://www.sxgxgx.jp/
※会員の申込み詳細はTEAM SxGxGx INFORMATIONにてご確認ください。
※期間内の新規入会でも先行にお申込み頂けます。
[SMA☆アーティスト先行]
対象:ソニー・ミュージックアーティスツ有料会員
受付期間:2月27日(水)12:00〜3月5日(火)23:59
受付URL:http://smam.jp/sgg/
※お申し込みにはSMA☆アーティスト会員登録(有料)が必要です。
※期間内の新規入会でも先行にお申込み頂けます。



【関連リンク】
スパークスローリー、デビュー29周年記念ライヴ開催決定
スパークスローリーまとめ
SPARKS GO GOまとめ
ROLLYまとめ

【関連アーティスト】
スパークスローリー, SPARKS GO GO, ROLLY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, コラボ, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1