歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2019年02月12日)
バックナンバー
最新ニュース
2019/02/21
2019/02/20
2019/02/19
2019/02/18
2019/02/17
2019/02/16
2019/02/15
2019/02/14
2019/02/13
2019/02/12
2019/02/11
2019/02/10
2019/02/09
2019/02/08
2019/02/07
2019/02/06
2019/02/05
2019/02/04
2019/02/03
2019/02/02
2019/02/01
2019/01/31
2019/01/30
2019/01/29
2019/01/28
2019/01/27
2019/01/26
2019/01/25
2019/01/24
2019/01/23
2019/01/22
2019/01/21
2019/01/20
2019/01/19
2019/01/18
2019/01/17
2019/01/16
2019/01/15
2019/01/14
2019/01/13
2019/01/12
2019/01/11
2019/01/10
2019/01/09
2019/01/08
2019/01/07
2019/01/06
2019/01/05
2019/01/04
2019/01/03
2019/01/02
2019/01/01
2018/12/31
2018/12/30
2018/12/29
2018/12/28
2018/12/27
2018/12/26
2018/12/25
2018/12/24
2018/12/23
2018/12/22
2018/12/21
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
山下久美子、還暦記念ツアー開催&50代最後を飾るライブDVD発売決定
Tue, 12 Feb 2019 22:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

山下久美子が還暦を記念してのライブツアー『山下久美子 The Sweet Sixty ☆Special Rockin\'Live』を2月17日の名古屋ブルーノートからスタートさせる。

1980年に「バスルームから愛をこめて」でデビューすると、「赤道小町ドキッ」などのヒットを連発し、その過激なライブパフォーマンスから“総立ちの久美子”の異名で一斉を風靡した山下久美子。そんな彼女が1月26日にめでたく還暦を迎えた。2005年以降は一時期活動を縮小していたものの、2013年に大澤誉志幸とのコラボレーションアルバム『& Friends』のリリースをきっかけに完全復活。徐々にライブの本数も増やし、再び“総立ちの久美子・健在!”と言われる程のエキサイティングなライブパフォーマンスを見せている。

その歌声やパフォーマンスは還暦を迎えた2019年も変わらず、“これが還暦を迎えた女性アーティストのライブか!?”と驚くこと請け合いのライブツアー『山下久美子 The Sweet Sixty ☆Special Rockin\'Live』が、いよいよスタート。まさに“総立ちの久美子”を知る世代にはオールタイムベストのような選曲と、圧倒的なパフォーマンスと伝説の“CANDY VOICE”が響き渡ることとなるライブに期待してほしい。

そして、そのツアーを記念して久しぶりとなるライブ映像作品『山下久美子 Love(ハート)You Live☆“Sweet Rockin\' Best of Live 2018”』の発売も決定! 2018年6月に収録された、正に還暦直前の50代最後を飾る記念すべき作品で、“Best of Live”のタイトル通り、デビュー曲「バスルームより愛をこめて」、そして「赤道小町ドキッ」「こっちをお向きよソフィア」「シャンプー」「宝石」「情熱」「Stop Stop Rock\'n\' Roll」、さらには35周年記念アルバムに新曲として収録された最新曲「Din-Don-Danホラ胸が鳴る」まで全19曲、約107分にも及ぶ熱いライブを収録。ぜひこちらもチェックしてみよう。

■『山下久美子 The Sweet Sixty ☆Special Rockin\'Live』

2月17日(日) 愛知・名古屋ブルーノート
1st.開場 16:00/開演 17:00
2nd.開場 19:00/開演 20:00
詳細:http://www.nagoya-bluenote.com

2月23日(土) 東京・渋谷 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
開場 17:15/開演 18:00
詳細:http://www.pleasure-pleasure.jp/index.php

3月02日(土) 大阪・ビルボードライブ大阪
1st.開場 15:30/開演 16:30
2nd.開場 18:30/開演 19:30
詳細:http://www.billboard-live.com/

DVD『山下久美子 Love(ハート)You Live☆”Sweet Rockin’ Best of Live 2018″』

2019年2月20日発売



TEBI-48556/¥4,444+税
<収録曲>
1.秋ラメきれない Night Movie
2.LOVER ステッカー
3.情熱
4.宝石
5.酒とバラ
6.次の駅に着いたら
7.スープ
8.ベジタリアン
9.いっぱいキスしよう
10.シャンプー
11.LOVER MAN
12.時代遅れの恋心
13.赤道小町ドキッ
14.ちょいまちBaby なごりのキスが
15.こっちをお向きよソフィア
16.Stop Stop Rock\'n\' Roll
17.LOVIN\' YOU
Encore
1.バスルームから愛をこめて
2. Din-Don-Dan ホラ胸が鳴る
(全19曲収録 約107分)
※2018年6月29日 Mt. RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて収録

なお、 ライブ・アルバムのように音だけ聴きたい!という方向けに音源のみの配信も展開されております。 各配信サイト、 サブスクリプションサイトにて既に配信中です。




【関連リンク】
山下久美子、還暦記念ツアー開催&50代最後を飾るライブDVD発売決定
山下久美子まとめ
コレサワ、ウエノコウジらによるスペシャルバンド・originals、話題曲をバレンタインイブに配信

【関連アーティスト】
山下久美子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, DVD, リリース, 発売, ライブ, ツアー

コレサワ、ウエノコウジらによるスペシャルバンド・originals、話題曲をバレンタインイブに配信
Tue, 12 Feb 2019 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

国内No.1ブランドコンドーム『sagami original』の誕生20周年を記念したプロジェクト『あっちゅーまやねん、人生。』にて制作された、originalsによるキャンペーンソング「あっちゅーまやねん、人生。」が、バレンタインイブの2月13日(水)より配信リリースされた。

「あっちゅーまやねん、人生。」の作詞/作曲は川谷絵音。この歌を届けるために結成したバンド・originalsは、コレサワ(ヴォーカル)、ROLLY(ギター)、ウエノコウジ(ベース)、加藤茶(ドラム) という豪華なメンバーで構成されている。1月14日(月・祝)成人の日には、新成人を祝う赤と白のイメージで強烈なインパクトを放つ、「あっちゅーまやねん、人生。」のミュージックビデオが公開されたことでも話題を呼んでいるが、2月12日からは順次カラオケDAMの背景映像にMV映像が配信されるとのこと。

また、『sagami original』20周年記念にちなんで、2月14日のバレンタイン・デーから愛の告白を後押しするキャンペーンとして『あっちゅーまやねん、人生。』special versionの『sagami original 002』20個を200名様にプレゼントするキャンペーンもスタート。詳しくはスペシャルサイトをチェックしてほしい。

■『あっちゅーまやねん、人生。』スペシャルサイト
https://www.sagami-gomu.co.jp/so20th/originals/

配信曲「あっちゅーまやねん、人生。」

2019年2月13日(水)配信



■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/%E3%81%82%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%82%85%E3%83%BC%E3%81%BE%E3%82%84%E3%81%AD%E3%82%93-%E4%BA%BA%E7%94%9F-single/1451276138?l=ja&ls=1&app=itunes
■レコチョク
http://recochoku.jp/artist/2001122860/

【originalsメンバープロフィール】

■コレサワ
大阪府摂津市出身のシンガーソングライター。2017年8月に1stアルバム『コレカラー』でメジャーデビュー。中毒性のある歌声と、独特の視点で描かれた歌詞、キャッチーなメロディーが話題に。メディアには顔出しせず、クマのキャラクター「れ子ちゃん」がビジュアルを担当する。2ndアルバム『コレでしょ』を2018年9月にリリース。同年全国16か所にてワンマンツアー『コレでショー』を開催。全箇所完売。2019年3月より『コレサワ ワンマンツアー 2019おめかしツアー vol.1』を5月24日(金)ヒューリックホール東京(有楽町)まで開催する。
http://koresawa.jp/

■ROLLY
9月6日生まれ(1963年生まれ、現在55歳*GO! GO!)大阪府高槻市出身。90年「すかんち」のヴォーカル&ギターとしてデビュー。96年バンド解散後ソロ活動を開始。近年はキングレコードより日本のロックカバー集『ROLLY\'SROCKCIRCUS』『ROLLY\'S ROCK THEATER』を発売。2017年ディズニー映画『モアナと伝説の海』にてタマトア役の声優として出演。ミュージカル『ロッキーホラーショー』(演出:河原雅彦、出演:古田新太他)では音楽監督、訳詞、出演を担い、舞台でも活躍中の現在55歳。ロック、シャンソン、ジャズ、クラシック、演劇、読み聞かせ、作詞、作曲等、何にでも手を出す粘着質で小心者の永遠の小学5年生を自称している。天性のキャラと、独特のサービス精神で観る人に違和感と恍惚感を与える日本代表であり、より一層"地に足の着いた変態"に磨きをかけるお茶の間のロックスター。
※Official home page http://www.ROLLYnet.com

■ウエノコウジ
2003年に解散するも今なお絶大な支持を誇る伝説のロックバンド・THEE MICHELLEGUN ELEPHANTのベーシスト。現在はthe HIATUS、Radio Carolineのメンバーとして活動の他、武藤昭平とのユニット・武藤昭平withウエノコウジ、若大将こと加山雄三率いるバンド・THE KingALL STARSのベーシスト、また近年は吉川晃司のサポートとしても活躍中。斉藤和義と中村達也によるロックユニット・MANNISH BOYS『MANNISH BOYS2019 TOUR “Naked〜裸の逃亡者〜”』2月14日松山公演よりベーシストとして参加することが発表された。

■加藤茶
昭和18年、東京都世田谷区生まれ。昭和36年より渡辺弘とスターダストのバンドボーイを経て、ロックバンド・クレージーウェストのドラマーとして音楽活動をスタート。昭和39年、いかりや長介と新生ドリフターズ結成に参加。ジャズ喫茶を中心にライブ活動を続ける。同年9月、NTV『ホイホイミュージックスクール』でTVデビュー。音楽を取り入れた新しい笑いがテレビなどで評判となり、大衆の『ドリフターズ』としてお茶の間に浸透していく。また、昭和41年7月には、武道館にてビートルズとの共演も果たす。昭和44年10月、TBS『8時だよ!全員集合』がスタート。平均視聴率30%を誇り、怪物番組の異名をとった。その他、数々のバラエティー番組で活躍し日本のお茶の間の人気者となる。平成11年、高木ブー、仲本工事と共に、こぶ茶バンドを結成。各地でコンサート活動を展開。最近ではバラエティー番組への出演の他、役者としてドラマや舞台への出演。また、ラジオやCMなどにも出演し、多方面で活躍中。

■川谷絵音
ミュージシャン・作詞家・作曲家。indigo la End、ゲスの極み乙女。のボーカル&ギターのほか、ジェニーハイ、ichikoroのギター、DADARAYのプロデュースなど多岐にわたって活躍中。
<ゲスの極み乙女。7周年記念ワンマンライブ『大展開』>
5月12日(日) 東京・豊洲PIT
開場16:00 開演17:00
※詳細は公式HPにて http://gesuotome.com/



【関連リンク】
コレサワ、ウエノコウジらによるスペシャルバンド・originals、話題曲をバレンタインイブに配信
originalsまとめ
コレサワまとめ
ROLLYまとめ
ウエノコウジまとめ

【関連アーティスト】
originals, コレサワ, ROLLY, ウエノコウジ, 加藤茶, 川谷絵音
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, 注目バンド, バンド, ミュージックビデオ, MV, キャンペーン, 新曲, リリース, 配信, 音楽配信

星野 源、アルバム『POP VIRUS』&『YELLOW DANCER』をアナログ盤で同時リリース
Tue, 12 Feb 2019 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

星野源のアルバム『POP VIRUS』と『YELLOW DANCER』が、アナログ盤として3月27日(水)に同時リリースされることが決まった。

2018年12月19日に発売されたニューアルバム『POP VIRUS』は、オリコン週間アルバムランキング、Billboard Japan Hot Albumsで4週連続1位を獲得するなど、大ヒットを記録中。作品としての高い評価とともに、アナログ盤のリリースへの期待の声も多かった『POP VIRUS』だが、今回はアナログレコードならではの音質を最大限に活かすため、重量盤2枚組仕様の生産限定盤としてリリースされる。

なお、2015年にリリースされ、こちらも大ヒットを記録した前作アルバム『YELLOW DANCER』も同じく重量盤2枚組仕様(生産限定盤)としてのリリースだ。2016年1月20日にリリースされたアナログ盤がLP1枚の仕様だったのに対し、より音質にこだわった形に仕様を変更してのリリースということで、こちらもぜひ手に取ってほしい。

アナログレコード『POP VIRUS』

2019年3月27日(水)発売



【重量盤仕様2枚組】
VIJL-60194〜5/¥5,000+税
<収録曲>
■A SIDE
1.Pop Virus
2.恋
3.Get a Feel
4.肌
■B SIDE
1.Pair Dancer
2.Present
3.Dead Leaf
4.KIDS
■C SIDE
1.Continues
2.サピエンス
3.アイデア
■D SIDE
1.Family Song
2.Nothing
3.Hello Song

アナログレコード『YELLOW DANCER』

2019年3月27日(水)発売



【重量盤仕様2枚組】
VIJL-60198〜9/¥5,000+税
<収録曲>
■A SIDE
1.時よ
2.Week End
3.SUN
■B SIDE
1.ミスユー
2.Soul
3.口づけ
4.地獄でなぜ悪い
■C SIDE
1.Nerd Strut (Instrumental)
2.桜の森
3.Crazy Crazy
4.Snow Men
■D SIDE
1.Down Town
2.夜
3.Friend Ship

『星野源DOME TOUR 2019「POP VIRUS」』

2月16日(土) 愛知・ナゴヤドーム
2月17日(日) 愛知・ナゴヤドーム
2月23日(土) 北海道・札幌ドーム
2月27日(水) 東京・東京ドーム
2月28日(木) 東京・東京ドーム
3月10日(日) 福岡・福岡 ヤフオク!ドーム



【関連リンク】
星野 源、アルバム『POP VIRUS』&『YELLOW DANCER』をアナログ盤で同時リリース
星野源まとめ
杏沙子、アルバム『フェルマータ』配信開始&公式ファンサイトオープン

【関連アーティスト】
星野源
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, アルバム, リリース, 発売

杏沙子、アルバム『フェルマータ』配信開始&公式ファンサイトオープン
Tue, 12 Feb 2019 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

“JTBついてる!Hawaiiキャンペーン" CMソング「アップルティー」をはじめ、全11曲が収録されている杏沙子の1stアルバム『フェルマータ』が、2月13日(水)のCDリリースに先駆け、2月12日(火)より全曲ダウンロード&ストリーミング配信がスタート。同時に「恋の予防接種」フルバージョンMVも、iTunes Store・レコチョク・music.jpでダウンロード配信、dTV・Apple Music・YouTube Musicでストリーミング配信がスタートした。

そして、かねてより告知されていた待望のオフィシャルファンサイト『ラクダリウム』もオープン! 杏沙子の最新のリリースやライブ情報はもちろん、Webラジオ『ラジオリウム』、ギャラリー、手描きメッセージなどファン必見のここだけのオリジナルコンテンツが満載となっている。杏沙子のグッズなどのデザインを手掛ける “やさいパック”さんとの2人でこだわり抜いたサイト全体のデザインにも注目だ。

なお、本サイトはスマートフォンのみの対応となる。杏沙子のグッズオンラインページもビクターオンラインストアに移行し、記念に“あさこスマホリング”の販売も開始。ここでしか手に入らない限定品なので、ライブグッズと併せてぜひゲットしてほしい。

さらに、2月14日(木)放送の日本テレビ系『ZIP!』に杏沙子が初登場し、“SHOWBIZ RABBIT”のコーナーでインタビューの模様が放送されることも決定した。誰もがマネしたくなる、キュートなダンスの誕生秘話や、女子の気持ちを甘酸っぱく表現した歌詞の秘密が特集される。他にも、2月17日(日)にはフジテレビ系『Love music』に出演し、「アップルティー」を歌唱することも決定しているので、こちらもお楽しみに。

■アルバム『フェルマータ』配信サイト一覧
https://lnk.to/Fermata

■「恋の予防接種」ミュージックビデオフルバージョン配信サイト一覧
https://jvcmusic.lnk.to/yobousessyu_mv

■オフィシャルファンサイト『ラクダリウム』
https://sp.rakudarium.com/
※スマートフォンのみ対応

■ビクターオンラインストア・杏沙子グッズページ
https://victor-store.jp/artist/13709207

■【杏沙子 コメント】

「遊び尽くした音たちが、早くたくさんの耳に飛び込みたいとうずうずしていました。
今日から飛び出した音たちを一早く、あなたの耳でキャッチしてあげてください。

恋の予防接種のMVも、ショートバージョンには収まり切らなかった魅力的な世界が、ついに今日からフルで堪能できます。

アルバムもMVも、一足お先に今日からどちらもフルで思いっきり楽しんでください」

アルバム『フェルマータ』

2019年2月13日(水)発売



【初回限定 ぐるぐるリングノートデラックス盤】
VICL-65093/¥3,200+税
<収録曲>
1. 着ぐるみ
作詞 作曲:幕須介人/編曲:山本隆二
2. 恋の予防接種
作詞 作曲:杏沙子/編曲:横山裕章
3. ユニセックス
作詞 作曲:幕須介人/編曲:山本隆二
4. チョコレートボックス
作詞: 杏沙子/作曲:宮川弾/編曲:冨田恵一
5. よっちゃんの運動会
作詞:杏沙子/作曲 編曲:山本隆二
6. ダンスダンスダンス
作詞 作曲:杏沙子/編曲:横山裕章
7. アップルティー
作詞 作曲:杏沙子/編曲:清家寛
8. 半透明のさよなら
作詞:杏沙子/作曲:宮川弾/編曲:山本隆二
9. 天気雨の中の私たち
作詞 作曲:幕須介人/編曲:山本隆二
10. おやすみ
作詞 作曲:杏沙子
11. とっとりのうた
作詞 作曲:杏沙子/編曲:山本隆二



【通常盤】
VICL-65094/¥2,700+税

【ライブ・イベント情報】

■『杏沙子ワンマンライブ「fermata」supported by JTB』
3月15日(金) 大阪・OSAKA MUSE
3月30日(土) 東京・shibuya TSUTAYA O-EAST
<チケット>
オールスタンディング
前売り¥4,320(税込/ドリンク代別)
一般発売日:2月23日(土)

■『インストアイベント「ミニライブ&ポストカードワタシマータ」』
2月23日(土) 東京・タワーレコード渋谷店 B1F CUTUP STUDIO
※詳細はこちら https://www.jvcmusic.co.jp/-/News/A026132/26.html
2月24日(日) 大阪・タワーレコード梅田NU茶屋町店 店内イベントスペース
※詳細はこちら https://www.jvcmusic.co.jp/-/News/A026132/27.html



【関連リンク】
杏沙子、アルバム『フェルマータ』配信開始&公式ファンサイトオープン
杏沙子まとめ
『MUSIC MONSTERS -2019 winter-』全出演アーティスト&タイテ発表

【関連アーティスト】
杏沙子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, CD, アルバム, 発表, 発売, 配信, テレビ番組, 音楽番組, 出演, CMソング, 音楽配信

『MUSIC MONSTERS -2019 winter-』全出演アーティスト&タイテ発表
Tue, 12 Feb 2019 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DISK GARAGEが2012年より毎年夏と冬に開催し、今回で14回目となる都市型音楽フェス『MUSIC MONSTERS』が全出演アーティスト&タイムテーブルを発表した。今回新たにThe 3 minutes、Made in Raga-sa、Mellow Youthの3組が追加され、総勢36組のアーティストを迎えての開催となる。

また、『MUSICMONSTERS』は2019年の夏の開催を“おやすみ”することを発表。DISK GARAGEからのコメントも到着している。

チケットは各プレイガイドやTSUTAYA O-WEST店頭、コンビニにて好評発売中! 夏開催がおやすみということで、2019年に開催される『DISK GARAGE MUSIC MONSTERS』は今回の冬公演のみ。ぜひ足を運んでほしい。

■【ディスクガレージ コメント】

「たくさんの素晴らしいアーティストや関係者の方に支えられ、
2012年より毎年夏と冬に開催してきた『MUSICMONSTERS』ですが
次回の夏は“おやすみ"させていただきます!
また来年の冬にたくさんのワクワクする音楽に出会っていただけるよう、
我々は1年間しっかりと力を蓄えておきます。
それでは、また来年の冬にお会いしましょう!おやすみなさーい!!!Zzz...」

■『DISK GARAGE MUSIC MONSTERS -2019 winter-』

2月23日(土) 東京・TSUTAYA O-EAST / O-WEST / O-Crest / O-nest / duo MUSIC EXCHANGE

■開場 / 開演
TSUTAYA O-WEST・duo MUSIC EXCHANGE 11:30 / 12:00
TSUTAYA O-EAST・TSUTAYA O-Crest・TSUTAYA O-nest 12:10 / 12:40
※O-Crestの開場/開演時間が変更となりました。

■出演者 ※五十音順
アイビーカラー / 新しい学校のリーダーズ / Wienners / WOMCADOLE / EVERLONG / All Found Bright Lights / Omoinotake / KUZIRA / GOOD ON THE REEL / GRASAM ANIMAL / Cloque. / kobore / THURSDAY\'S YOUTH / The Cheserasera / さなり / SUNNY CAR WASH / the shes gone / The 3 minutes(NEW!!) / w.o.d. / ニトロデイ / Half time Old / ハンブレッダーズ / ひかりのなかに / FINLANDS / Bentham / Maki / マッチョ29 / MINAMI NiNE / moon drop / Made in Raga-sa(NEW!!) / Mellow Youth(NEW!!) / THE LITTLE BLACK / LUCCI / ravenknee / R?E / Laura day romance
※全36アーティスト

【チケット情報】

■チケット料金
全会場自由 4,000円(税込) *1ドリンク別、3歳以上要チケット
※最初から最後まで楽しんだら500 円キャッシュバック!
※各会場の入場口にてチケットとリストバンド交換
※各会場満員の際は、入場制限をする可能性もございます
※O-WEST 窓口・SHIBUYA TSUTAYA 2F レジ・コンビニ(ローソン、ミニストップ、セブンイレブン、サークルK・サンクス) でも直接ご購入いただけます。
※出演者は変更の可能性もあります。出演者変更に伴う払戻しは致しません。ご了承ください。
※開場/開演時間は変更になる場合もございます。

◎ただいまチケット好評発売中!!
・チケットぴあ https://t.pia.jp/ TEL:0570-02-9999(Pコード:128-542)
・ローソンチケット https://l-tike.com/ TEL:0570-08-4003(Lコード:74633)
・イープラス https://eplus.jp(PC・携帯共通)
・店頭販売
※O-WEST窓口 TEL:03-5784-7088 / SHIBUYA TSUTAYA 2Fレジ
※コンビニ(ローソン、ミニストップ、セブン- イレブン、サークルK・サンクス)でも直接ご購入いただけます。



【関連リンク】
『MUSIC MONSTERS -2019 winter-』全出演アーティスト&タイテ発表
アイビーカラーまとめ
新しい学校のリーダーズまとめ
Wiennersまとめ
WOMCADOLEまとめ

【関連アーティスト】
アイビーカラー, 新しい学校のリーダーズ, Wienners, WOMCADOLE, EVERLONG, ALL FOUND BRIGHT LIGHTS, Omoinotake, KUZIRA, GOOD ON THE REEL, GRASAM ANIMAL, Cloque., kobore, THURSDAY\'S YOUTH, The Cheserasera, さなり, SUNNY CAR WASH, the shes gone, The 3 minutes, w.o.d., ニトロデイ, Half time Old, ハンブレッダーズ, ひかりのなかに, FINLANDS, Bentham, Maki, マッチョ29, MINAMI NiNE, moon drop, Made in Raga-sa, Mellow Youth, THE LITTLE BLACK, LUCCI, ravenknee, R?E, Laura day romance
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表

asian gothic labelよりthe band apart、sans visage、GLARE SOUNDS PROJECTIONの新譜を同時リリース決定
Tue, 12 Feb 2019 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

asian gothic labelから、the band apart (naked)2枚目のシングル、sans visageの1stフルアルバムLP、そして新人アーティスト・GLARE SOUNDS PROJECTIONの1stフルアルバムが、3月27日に3昨同時リリースされることが決定した。

the band apart (naked)は、2018年11月に行なわれた東名阪ワンマンツアーでの会場限定2ndシングルが、ファンの要望により枚数限定ながら一般販売を開始。アコースティック編成でのthe band apart (naked)だけの楽曲として書き下ろされた新曲に加え、バンドアレンジの原曲を大胆にリアレンジした「消える前に2」の2曲を収録。

sans visageは東京都内を中心に活動する、スリーピース・ハードコアバンド。時代の流行を全く無視した激情のハードコアサウンドは、国内外問わず高い評価を受け、多くの海外バンドの来日サポート、そして自身のオーストラリアツアーなどを、日本に留まらない活動を続ける。そんな彼らが2017年に発売し、多くの反響を呼んだ1stアルバム『Moments』が、UKのHC/EMOの名門レーベル、Dog Knightsからリリースされたアナログ盤として逆輸入され、数量限定での発売をスタート。スプラッター仕様の盤面は完成度も高く、アナログアイテムとしても貴重な一枚だ。

asian gothic label2組目の新人アーティストであるGLARE SOUNDS PROJECTIONは、本州最西端、鹿児島を中心に活動。2018年5月に行なわれた『WALK INN FES!』ではメインステージを飾り、7月には『FUJIROCK FES』に出演した。シューゲイザーやシティ・ポップなど流行の流れを汲みつつも、変拍子や曲中に徐々に厚みを増し重なっていくアンサンブルは、他のバンドとは一線を画す武器として組み込まれている。 彼らの1stフルアルバム『GLARE SOUNDS PROJECTION』も3月27日に発売となる。

ベテランから新人まで注目のタイトルが同時リリースされるこの機会に、各作品をチェックしてみてはいかがだろうか。

シングル「Foresight e.p」/the band apart (naked)

2019年3月27日発売



asg-044/¥1,000+税
<収録曲>
1.Foresight
2.消える前に 2

アルバム 12inch アナログ盤『moments』/sans visage

2019年3月27日発売



asg-046/¥2,700+税
(SPLATTER VINYL仕様)
ダウンロードコード付き
<収録曲>
1.22
2.song1
3.song2
4.Worthless
5.Denial
6.Alt
7.Barricade
8.distance
9.life
10.Sway
11.Past

アルバム『GLARE SOUNDS PROJECTION』/GLARE SOUNDS PROJECTION

2019年3月27日発売



asg-043/¥2,300+税
<収録曲>
1.Blink in the dark night
2.Glide
3.なんて美しいんだ
4.Yumenonakakamo
5.Doobee
6.Searchlights
7.You are my sunshine
8.Are
9.夏の思い出
10.Fallin\' in love

【ライブ情報】

■the band apart
『G.J.R.C TOUR』
4月05日(金) 愛知・名古屋DIAMONDHALL
w ストレイテナー
GUEST : LITE

4月06日(土) 大阪・ユニバース
w ストレイテナー
GUEST : Halo at 四畳半

■sans visage
3月30日(土) 東京・KOIWA BUSH BASH

■GLARE SOUNDS PROJECTION
『WALK INN FES! 2019』
5月18日(土) 鹿児島・桜島多目的広場野外ステージ

5月26日(日) 鹿児島・SR Hall



【関連リンク】
asian gothic labelよりthe band apart、sans visage、GLARE SOUNDS PROJECTIONの新譜を同時リリース決定
the band apart (naked)まとめ
sans visageまとめ
GLARE SOUNDS PROJECTIONまとめ
スタジアムを意識したDragon Ashや恥ずかし懐かしいアイテムが登場するCreepy NutsなどのMVで平成中期を振り返る

【関連アーティスト】
the band apart (naked), sans visage, GLARE SOUNDS PROJECTION
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, シングル, アルバム, リリース, 発売

スタジアムを意識したDragon Ashや恥ずかし懐かしいアイテムが登場するCreepy NutsなどのMVで平成中期を振り返る
Tue, 12 Feb 2019 18:00:00 +0900


2019年5月に新年号になるまであと2カ月半。前回は第一弾として平成元年〜10年をMVで振り返りましたが、今回は平成11年〜20年にフォーカス! 日韓ワールドカップやお笑いブーム、思い出したくないダサアイテムまで掘り起こします。

■アムラーやストリートファッションなど平成初期のブームを安室奈美恵、PUFFYなどのMVで振り返る
https://okmusic.jp/news/313112

■「だがそれでいい」(’17) /Creepy Nuts(R-指定&DJ 松永)

1MC1DJのヒップホップユニット、Creepy Nutsのメジャーデビューシングル「高校デビュー、大学デビュー、全部失敗したけどメジャーデビュー。」に収録されている同曲。そのMVは、メンバーのふたりが映像演出を手掛け“黒歴史”を90連発! 平成初期や最近流行ったハンドスピナーなども含むが、プリクラ帳、M字バング、前略プロフィールなど、平成中期に学生の中でブームになったものがぎっしり。本人たちの衣装も裏地チェックズボン、前髪にヘアピンと、どれもこれも“うわぁ”と声が出るほどの痛恥ずかしさだが、“あれがあったから今の自分があるんだ”と喝を入れる楽曲が次第に心に響いてくる。懐かしさと恥ずかしさが紙一重になる一本。

■「踊れ引きこもり」(’18) /忘れらんねえよ

やりたいことが見つからずに引きこもっている自分を《この想いいつかカネになる!カネになる! カネにしろ!カネにしろ!》と鼓舞する情熱的な楽曲のMVには、2003年より日本テレビで放送されたお笑いネタ番組『エンタの神様』に出演していたテツ&トモ、波田陽区、レイザーラモンHGらに似た人物が! “ヒット作も俺らみたいな奴が作ってる”と歌う歌詞の通り、当時のお笑いブームの中心にいた芸人たちも劣等感や悔しい気持ちを糧にネタを作り、視聴者を笑わせてくれていたはず。平成は“引きこもり”というワードが浸透した時代でもあるが、“まだまだお前は行けるんだぞ”という強いメッセージも感じる。

■「ハッピーサマーウェディング」(’00) /モーニング娘。

リリースから20年近く経とうとする今でも、結婚式と言えばこの楽曲! 結婚式を控える花嫁の両親への感謝気持ちが歌われていて、ミリオンセラーも記録した。特にMVにもあるアラビアンテイストの衣装とダンスは、友人が余興で再現してサプライズ披露される場面もしばしばあり、練習のために何度もMVを観た人もいるのでは? 衣装はアラビアンの他にも2種類のワンピースがあり、タイトル“サマー”の部分を意識した色使いも楽しめる。衣装やダンスを真似しやすい部分だけでなく、“ハイハイ”の掛け声や、台詞パートを実際の新郎に当てはめたりとアレンジも楽しく盛り上がる楽曲だけに、平成を過ぎても結婚式に欠かせない楽曲であり続けるだろう。

■「もっと…」(’09)/西野カナ

平成中期と言えば、メールやカメラなどの機能が付いたことで、携帯電話が必需品としてより身近なものに。音楽でも着うたが始まったり、歌詞に“メール”や“携帯”というワードが使われることも多くなった。中でもこの曲では《絵文字1つもない そっけない返事》と切ない気持ちを表したり、MVでは恋人との別れ際から連絡を気にする場面や、携帯を握り締めながら不安でたまらない気持ちを歌うシーンがあることから、携帯電話が会えない時の心の拠り所だったことが分かる。他にも「私たち」のMVは西野がひたすら長電話をするカットで構成されるなど、特に若者が気持ちを伝え合うツールとして重宝していたことの象徴だろう。

■「FANTASISTA」(’02)/Dragon Ash

真赤な東京タワーもサムライブルーに染まったり、国全体で大盛況を見せた2002年の日韓ワールドカップ。そのテーマソングとなったのが「FANTASISTA」で、日本のミクスチャーロック文化がお茶の間に浸透するきっかけにもなった。MVはサッカーのピッチを意識した緑色の地面と、メンバーを囲うように観客を入れたスタジアムのようなセットで制作。メンバーもジャージ姿で、選手入場のように背中を映したカットもポイント! 当時の熱気が蘇るような躍動感たっぷりの演奏シーンが印象的だが、よく観ると途中のパフォーマーによるシーンで使用されているサッカーボールも当時の公式球。17年が経つ今でも“ワールドカップ”と聞いてこの曲やMVを思い出す人も多い、根強いインパクトを与えた作品だ。

TEXT:千々和香苗



【関連リンク】
スタジアムを意識したDragon Ashや恥ずかし懐かしいアイテムが登場するCreepy NutsなどのMVで平成中期を振り返る
Creepy Nutsまとめ
忘れらんねえよまとめ
モーニング娘。まとめ
西野カナまとめ

【関連アーティスト】
Creepy Nuts, 忘れらんねえよ, モーニング娘。, 西野カナ, Dragon Ash
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, 女性アイドル, ニュース, 連載コラム, 気になるワードでディグる! 〇〇なMV, ミュージックビデオ, MV

K-POPオーディション『DREAM STAR AUDITION』の最終審査を3月に開催
Tue, 12 Feb 2019 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

K-POP新人アーティストを発掘し、支援するためのオーディションイベント『DREAM STAR AUDITION 2019 in JAPAN』を3月16日(土)に舞浜アンフィシアターにて開催することが決定した。

これはアジアを中心にエンタテイメントプロジェクトを展開するOLE-starと、日本国内でK-POP関連を展開するダイヤモンドブログによる企画。K-POP新人アーティストを対象に、有望な新人に対して、韓国内での本格的な活動が出来るように1億円を活動費として支援し、さらに日本での活動では日本デビューとTV冠番組を皮切りに本格的に韓国と日本での活動をバックアップしていく。

1次審査には100組を超える韓国新人アーティストのエントリーがあり、最終審査には8組のアーティスト、D-CRUNCH / AWEEK / IMFACT / Limesoda / VANNER / Yeimt(ソロ) / OH SEH WOONG(ソロ)(※残り1組は発表調整中)が選ばれ3月16日(土)の最終のオーディションに残った。オーディションは、レコード会社やメディアの担当者が審査員を務め、TVやインターネットメディアからも配信予定。

最終オーディションのグランプリ審査に関しては、審査員投票と来場者投票の合計から選ばれる。大注目のオーディションをぜひチェックしてほしい。

■『DREAM STAR AUDITION 2019 in JAPAN』

3月16日(土) 千葉・舞浜アンフィシアター
開場15:00 開演16:00

<出演アーティスト>
D-CRUNCH / AWEEK / IMFACT / Limesoda / VANNER / Yeimt(ソロ) / OH SEH WOONG(ソロ)
※残り1組は発表調整中

◎チケット発売中!
主催:OLE-star Japan、ダイヤモンドブログ
企画、制作:ダイヤモンドブログ 、チームセカンド
運営(問合せ):レキップ・トロア(03-3470-8388)

■イベントオフィシャルサイト
http://k-fan.official-fan.com/dreamstar-audition2019/



【関連リンク】
K-POPオーディション『DREAM STAR AUDITION』の最終審査を3月に開催
D-CRUNCHまとめ
AWEEKまとめ
IMFACTまとめ
Limesodaまとめ

【関連アーティスト】
D-CRUNCH, AWEEK, IMFACT, Limesoda, VANNER, Yeimt, OH SEH WOONG
【ジャンル】
K-POP, ニュース, 韓流, 発表

Mrs. GREEN APPLE、エアアジアの新CMに新曲「How-to」を書き下ろし
Tue, 12 Feb 2019 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

エアアジアの新CM『まってろ、アジア。』篇のテーマソングに、Mrs. GREEN APPLEによる書き下ろし楽曲「How-to」が決定した。

同CMには、世界各地のパルクール大会で多くの優勝歴を持つCORKYが出演。アジア各所を縦横無尽に飛び回るCORKYの躍動感あるパフォーマンスによって、130以上の都市を結ぶエアアジアが誇るネットワークとサービスを表現している。そのスケール感あふれる映像と音楽は、挑戦をし続けるエアアジアの企業姿勢を示すとともに、人々に向けた“新しい旅への後押し”の想いが込められているとのことだ。

Mrs. GREEN APPLEは今回の楽曲制作にあたり、“「人生は大きな旅である」というコンセプトを掲げ、自分なりに掘り下げていきました。航空の世界と僕なりの物事の見方が上手く合致してスラスラと歌詞が描けてとても楽しかったです。自分の殻を破るように、一歩進み新しい世界を見る、見れるような、背中を押せるような曲になったんじゃないかなと思っています”とコメントしている。

この新CMは2月12日(火)より中京・北海道エリアを皮切りにオンエア開始しているので、ぜひチェックしてみよう。



【関連リンク】
Mrs. GREEN APPLE、エアアジアの新CMに新曲「How-to」を書き下ろし
Mrs. GREEN APPLEまとめ
Perfume、最新テクノロジーを駆使した圧巻の横浜アリーナ公演を2月16日にWOWOWで放送!

【関連アーティスト】
Mrs. GREEN APPLE
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, バンド, 発表, TVCM, CMソング

Perfume、最新テクノロジーを駆使した圧巻の横浜アリーナ公演を2月16日にWOWOWで放送!
Tue, 12 Feb 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Perfumeが2018年8月にリリースしたアルバム『Future Pop』を掲げて開催したアリーナツアー『Perfume 7th Tour 2018 「FUTURE POP」』より、同年12月12日に行なわれた神奈川・横浜アリーナ公演をWOWOWにて放送する。

2018年の彼女たちの活動の核となったこの『Future Pop』は全世界で配信され、日本をはじめアメリカ、カナダ、フランスなど20の国と地域のiTunesエレクトロニックアルバムチャートで1位を獲得した。EDMとポップの融合をさらに進化させたとされるこの会心の一作を手に、同年9月からスタートしたのがこのアリーナツアーだ。2月16日(土)夜8:00よりWOWOWプライムにて放送となるので、ぜひチェックしてほしい。

なお、2019年には4年半振りのアジアツアーと、2年半ぶりの北米ツアー執行するPerfume。ダンス、サウンド、照明、最新テクノロジーが生み出すステージはまさにワールドクラス。年を追うごとにバージョンアップを重ねる彼女たちの極上の“アート”を、まずは本放送にて目撃してみてはいかがだろうか。

■【番組情報】

<放送日時>
2月16日(土)夜8:00〜[WOWOWプライム]

<内容>
『Perfume 7th Tour 2018 「FUTURE POP」』
2018年12月12日@神奈川・横浜アリーナ

■番組特設サイト
https://www.wowow.co.jp/perfume/



【関連リンク】
Perfume、最新テクノロジーを駆使した圧巻の横浜アリーナ公演を2月16日にWOWOWで放送!
Perfumeまとめ
平井 大、『映画ドラえもん』主題歌となった「THE GIFT -Movie Edit-」の先行配信がスタート

【関連アーティスト】
Perfume
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 音楽番組, ライブ, ツアー

平井 大、『映画ドラえもん』主題歌となった「THE GIFT -Movie Edit-」の先行配信がスタート
Tue, 12 Feb 2019 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

『映画ドラえもん のび太の月面探査記』主題歌としても話題となっている、平井 大の新曲「THE GIFT -Movie Edit-」の先行配信が2月12日にスタートした。

“出会いと別れ”を歌う歌詞は、これから迎える卒業シーズンにもぴったりで、歌詞サイト『歌ネット』で公開された際もすぐさま注目度ランキング上位にランクイン。ラジオのオンエアチャートでも自己最高位を記録するなど、発売前から注目されていた一曲がついに手元で聴けるようになる。

また、2月27日に発売となるシングル「THE GIFT」の配信限定パッケージのiTunesプレオーダー(予約販売)もスタート。期間中に予約した人には特典として未発表音源「はじまりの歌 -Live at The Republik, Honolulu, HI-」がプレゼントされるとのことなので、こちらも忘れずにチェックしよう。

■「THE GIFT -Movie Edit-」(配信限定)iTunesプレオーダー
https://avex.lnk.to/hiraidai_gift_movie

■「THE GIFT」歌詞
https://www.uta-net.com/song/262162/

シングル「THE GIFT」

2019年2月27日(水)発売



【初回生産限定盤 映画ドラえもん のび太の月面探査記 ホログラム映像キット付】
<収録曲>
01.THE GIFT
02.Life is Beautiful -Live at The Republik, Honolulu, HI-
03.MyLove -Live at The Republik, Honolulu, HI-
04.THE GIFT -Instrumental-
※ホログラム映像は2021年2月28日まで視聴可能です

◎CDショップ特典:内容未定
※【CD+グッズ付き(Loppi・HMV限定盤)】には上記CDショップ特典はつきません。
※特典は先着で数に限りがございます。ご予約・ご購入の際は店舗/ECサイトにて特典の有無をご確認ください。
※一部店舗によって特典の取り扱いのない場合もございます。
※特典はお買い上げの際に商品と一緒にお渡しいたします。

■Amazon予約URL
https://www.amazon.co.jp/s?ie=UTF8&hidden-keywords=B07MN9NTWD|B07MN2CWB3|B07MN9MH5P|B07MN8P4ZZ



【初回生産限定盤 HMV・ローソン限定商品 映画ドラえもん のび太の月面探査記 ポーチ付】
AVC1-94369/¥1,600+税

■Loppi予約販売1
受付期間:2018年12月23日(日)AM10:00〜2019年2月17日(日)23:30
お渡し日:2019年2月27日(水)
Loppi番号:《ポーチ付》042082 《初回単品》042419 《通常単品》044088

■Loppi予約販売2
受付期間:2019年2月18日(月)AM10:00〜2019年2月20日(水)23:30
お渡し日:2019年2月27日(水)
Loppi番号:《ポーチ付》047268 《初回単品》047358 《通常単品》047506

※店内のLoppi端末TOP「各種番号をお持ちの方」ボタンより、受付期間内に下記商品番号を入力し、30分以内にレジにてお申し込みください。
会計後レジにて受け取られた「予約・取寄商品引換券」は、商品引き換え時まで大切に保管ください。
※期間中でも完売になる可能性がございます。予めご了承ください。

■HMV店舗・HMV & BOOKS onlineでの予約URL
https://www.hmv.co.jp/news/article/1812201006/



【CDのみ盤】
AVCD-94368/¥1,000+税

◎初回封入特典
『映画ドラえもん のび太の月面探査記』デザインアナザージャケット


【イベント情報】

■『映画ドラえもん のび太の月面探査記』主題歌「THE GIFT」リリース記念 全国キャラバン
3月03日(日) 池袋サンシャインシティ
3月17日(日) キャナルシティ博多

●『映画ドラえもん のび太の月面探査記』主題歌「THE GIFT」リリース記念イベント
2月10日(日) 『FM802×OSAKA AUTOMESSE presents』@インテックス大阪
2月17日(日) イオンレイクタウン
2月23日(土) ららぽーと横浜

【『映画ドラえもん のび太の月面探査記』作品概要】

公開時期:3月01日(金)
原作:藤子・F・不二雄
監督:八鍬新之介
脚本:辻村深月
主題歌:平井 大

<声の出演>
水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(のび太)、かかずゆみ(しずか)木村 昴(ジャイアン)、関智一(スネ夫)、広瀬アリス(ルナ)、ロッチ・中岡創一(キャンサー)、サバンナ・高橋茂雄(クラブ)、柳楽優弥(ゴダート)、吉田鋼太郎(ディアボロ)

<ストーリー>
月面探査機が捉えた白い影が大ニュースに。のび太はそれを「月のウサギだ!」と主張するが、みんなから笑われてしまう…。そこでドラえもんのひみつ道具<異説クラブメンバーズバッジ>を使って月の裏側にウサギ王国を作ることに。そんなある日、不思議な少年・ルカが転校してきて、のび太たちと一緒にウサギ王国に行くことになる―。
月を舞台に、ドラえもんたちの大冒険が始まる!!

■公式サイト https://doraeiga.com/2019/



【関連リンク】
平井 大、『映画ドラえもん』主題歌となった「THE GIFT -Movie Edit-」の先行配信がスタート
平井 大まとめ
福士誠治と濱田貴司によるロックバンド・MISSION、1stワンマンは“すごいものを作っている実感がある”

【関連アーティスト】
平井 大
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, 配信, 主題歌, 映画, 音楽配信

福士誠治と濱田貴司によるロックバンド・MISSION、1stワンマンは“すごいものを作っている実感がある”
Tue, 12 Feb 2019 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

俳優の福士誠治と音楽家の濱田貴司が“MISSION”と言う名のロックバンドを結成し、2月17日(日)に渋谷STRA LOUNGEにてデビューライブを開催後、2月20日には4曲入りの1stミニアルバム『ONE-NESS』をリリースすることが発表された。

BSテレビ東京 連続ドラマ『極道めし』主演やスーパー歌舞伎II『ワンピース』、ミュージカル『スリル・ミー』などの役者業に加え、\'16年には舞台『幽霊でもよかけん、会いたかとよ』で本格的な演出家デビューを果たし、昨年秋には短編映画『おやぢるどれん』で初の監督を務めた福士と、男女2人組ユニット“arp”の解散後、斎藤工、今井麻美をはじめとする数多くのアーティストへの楽曲提供、ラグビーワールドカップ2019 テレビCM、舞台『「暁のヨナ」〜緋色の宿命編〜』、『演劇UNIT 乱-run-「365000の空に浮かぶ月」』の音楽を手がけるなど、作曲家として高い評価を得ている濱田。様々なフィールドで活躍し、オファーの絶えないふたりが今、バンドを始める理由とは??。

──お二人が出会ったきっかけからお伺いできますか?

福士:10年くらい前ですね。演劇ユニット“乱-Run-”の舞台で使用する音楽を作ってくれる人を探している時に、斎藤工くんから勧められて、arpのライブを観させてもらいました。こんな素晴らしい音楽を作る方に僕らの舞台の音楽を作ってもらえたら最高だなぁと思ってお話をしたら、“興味がある”と言ってくださった。その時の舞台『金沢の乱〜ラストネーム〜』(2009年4月)の音楽を作っていただいたのが最初です。

濱田:あの時は、“前半のここからここまで音楽いらん”と言ったその捨てっぷりを福士君は褒めてくれました。それだけは明確に覚えていますね。

取材:永堀アツオ

■【ライブ情報】

『MISSION 1st Mini Album 「ONE-NESS」RELEASE LIVE』
2月17日(日) 東京・渋谷STAR LOUNGE ※SOLD OUT

『今井麻美×MISSION『オリジナル朗読劇 Over the Galaxy 〜メッセージ〜』』
3月09日(土) 東京・多摩六都科学館 プラネタリウム
※映像演出の都合上、本編は収録音声となります。
※今井麻美、MISSION トーク出演あり

ミニアルバム『ONE-NESS』

2019年2月20日(水)発売



SPK-00001/¥2,000+税
<収録曲>
1. 人として、時として、花として。
2. 大停電の夜
3. ゴースト
4. 二律背反-antinomie-
5. 人として、時として、花として。(instrumental)
6. 大停電の夜 (instrumental)
7. ゴースト (instrumental)
8. 二律背反-antinomie- (instrumental)



【関連リンク】
福士誠治と濱田貴司によるロックバンド・MISSION、1stワンマンは“すごいものを作っている実感がある”
MISSIONまとめ
真心ブラザーズ、大盛況の中野サンプラザ公演はデビューシングル「うみ」で締め括り

【関連アーティスト】
MISSION
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, リリース, ミニアルバム, ライブ

真心ブラザーズ、大盛況の中野サンプラザ公演はデビューシングル「うみ」で締め括り
Tue, 12 Feb 2019 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年9月から続いた真心ブラザーズのニューアルバムのリリースツアー『HOLD BACK THE TEARS』(全21公演)が、2月10日に中野サンプラザでファイナルを迎えた。10人のMB\'S編成で中野サンプラザでワンマンをやる、という毎年この時期恒例のライブを、今回はツアーのファイナル公演に据えた形で、2月2日には大阪なんばHatchにて同編成でのワンマンが行なわれている。

ドラム須貝直人、ベース上野一郎、キーボード奥野真哉、コーラスうつみようこ、 MOUNTAIN HORNSの4人(トランペット西岡ヒデロー、トランペット上石統、アルトサックス首藤晃志、テナーサックス宇田川寅蔵)、そしてギター桜井秀俊の9人でしばしインストを奏でてから、1曲目「サマーヌード」のイントロに入るとレザージャケット姿のYO-KINGが走って登場、歌い始める──というオープニング。そして「All I want to say to you」「放課後ギター」と、2007年のアルバム『DAZZLING SOUND』からの2曲を続けてプレイする。

“どうもありがとう、真心ブラザーズです。1年ぶりのMB\'S、平均年齢は言わないようにします。ドンブリ(勘定)で言うとふたりで100歳だと思ってください。ビバさん(須貝)今年で60歳ですから!”とYO-KING。YO-KINGと桜井がお互いの衣裳をいじり合ったりしたあと、“じゃあちょっと懐かしい曲やります”と、1995年発表曲「time goes on」へ。そこから、最新アルバム『INNER VOICE』より「バンドワゴン」「トーキングソング」「Z」、2006年の「情熱と衝動」と、MB\'Sアレンジの施された新旧の曲が続いていく。

“おかげさまで真心ブラザーズ30周年です。30周年イヤーにかこつけて、今年はたくさん遊んでいきたいと思いますので、みなさんよろしくおねがいします”というYO-KINGの挨拶から、MB\'Sの歴史を振り返りながらメンバー紹介。“1stアルバム『ねじれの位置』に来てもらって2日で全曲録ったプロのドラマーがビバさんだった”という話から、“まだ学生だったからさ、プロの現場でやり逃げして、普通の生活に戻って就職しようと思ってたから。まさか30年一緒にやるとは”と桜井。“俺はなんとかこのまま遊んで暮らせねえかなと思ってた”とYO-KING。そして“先週の大阪の打ち上げで盛り上がって、今日スタッフがマイクスタンドを切断したものを作ってきてくれた”と、フレディ・マーキュリー型のマイクを手にした桜井、YO-KING&ビバさん&一郎の3人になったバンドを従えて、めったにやらない「悪口」を歌う。

1990年リリースのセカンドアルバム収録、今では歌詞に差し障りがありすぎるのでとこどころ変更、代わりに“今ならでは”差し障りある言葉に変えられた箇所もあり。続いてファーストの「きいてる奴らがバカだから」、最新アルバムの「ライダースオンナ」と、4人でプレイしていく。「きいてる奴らがバカだから」の間奏では、クイーンの「地獄へ道連れ」が差し込まれた。

“僕たちが楽しく音楽を続けられるように、みなさん祈念してください。祈るに念と書いて祈念!”というYO-KINGの言葉から始まった「どか〜ん」では、奥野真哉がフレディマイクを持って前へ出てエアボーカルで歌いまくる。その自由すぎるふるまいにYO-KING、“別現場じゃ絶対できないことを!”とツッコミを入れる。「ノーメル賞ブギ」ではMOUNTAIN HORNSの4人が手拍子とかけ声を入れ、「うきうき」で再び全員が演奏に参加。さらに「JUMP」で、MB\'S本領発揮の後半へとなだれこんでいく。本編ラストは、MB\'Sが編成されるきっかけとなった重要な曲である「新しい夜明け」で、華やかに締め括られた。

アンコールは5人編成で、『INNER VOICE』のオープニング曲「メロディー」でスタート。YO-KING最新の人生訓とでも言うべきリリックにみんなじっと聴き入ったあと、10人編成に戻って「COSMOS」、そしてこれもこのライブには不可欠な代表曲「空にまいあがれ」でオーディエンスを歓喜させる。最後はYO-KINGと桜井、ふたりで1曲。“30年前、この曲でデビューしました”と、デビューシングル「うみ」を歌って大団円を迎え、ステージを去り際に桜井は笑顔で欽ちゃんジャンプ三連発を見せた。

次の真心ブラザーズのアクションは、ふたりだけで行なう『デビュー30周年企画 ライブ・ツアー 『真心道中歌栗毛2019』』。4月6日大阪ABCホールを皮切りに、全国13カ所を回る。ファイナルは6月16日、ヒューリックホール東京だ。また、9月発売のセルフカバーアルバムに収録する10曲をファン投票で決める企画が、オフィシャルサイトで行なわれている。投票締切は2月14日(木)23:59まで。

photo by 柴田恵理
text by 兵庫慎司

『真心ブラザーズ 弾き語りライブツアー『真心道中歌栗毛 2019』』

4月06日(土) 大阪・福島 ABCホール
4月12日(金) 高知・高知 蛸蔵 
4月13日(土) 香川・高松 玉藻公園披雲閣  
4月20日(土) 山形・酒田 港座 大劇場
4月21日(日) 宮城・仙台 誰も知らない劇場 *仙台市中心部に今春オープン 
4月29日(祝・月) 福島・いわき いわき芸術文化交流館アリオス 小劇場
5月06日(祝・月) 愛知・名古屋 千種文化小劇場  
5月10日(金) 福岡・福岡 レソラNTT夢天神ホール  
5月12日(日) 島根・出雲 旧大社駅  
5月25日(土) 奈良・斑鳩 いかるがホール 小ホール
5月26日(日) 北海道・札幌 ふきのとうホール 
6月08日(土) 広島・広島 ゲバントホール  
6月16日(日) 東京・有楽町 ヒューリックホール東京 

※チケット一般発売:2月16日(土)



【関連リンク】
真心ブラザーズ、大盛況の中野サンプラザ公演はデビューシングル「うみ」で締め括り
真心ブラザーズまとめ
androp、初のラブソングとなるシングル「Koi」の先行配信決定&新ビジュアルも公開

【関連アーティスト】
真心ブラザーズ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ツアー

androp、初のラブソングとなるシングル「Koi」の先行配信決定&新ビジュアルも公開
Tue, 12 Feb 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

andropが担当する映画『九月の恋と出会うまで』(3月1日(金)全国ロードショー)主題歌「Koi」の2月20日(水)先行配信が決定した。あわせて日本郵便「ゆうパック」タイアップソングであるカップリング曲「For you」も同じく2月20日の先行配信が決定し、CD発売を前にいち早く2曲を楽しめる。

松尾由美による“書店員が選んだもう一度読みたい文庫”恋愛部門第1位に選ばれた小説『九月の恋と出会うまで』を高橋一生、川口春奈のW主演で映画化。高橋が“映画を完成させてくれた”と話す、本作に書き下ろした主題歌「Koi」は内澤崇仁(Vocal & Guitar)いわく“androp初のラブソング”。先日行われた完成披露試写会で歌唱した際には客席で涙を流す姿もあり、高橋は“『End roll』の頃から大好きなので本当にありがとうございます”と話してSNSでも盛り上がった。

また、先日ラジオにて解禁され、「Koi」とはまた違ったテイストの打ち込みサウンドにて“「Koi」と違って両方いい!”“2曲の振り幅がすごい…”等と話題の「For you」(日本郵便「ゆうパック」タイアップソング)と2曲同時に2月20日(水)に先行配信開始となる。

同時に新ビジュアルも公開。ニューシングル「Koi」のキーカラーであるオレンジとブルーによるライティングが印象的な1枚となっている。あいみょんや木村カエラなどを担当して話題のとんだ林蘭がCDとあわせてアートディレクションを担当。新たなコラボレーションによる作品が完成した。

今回、初回限定盤ではCDに2009年の楽曲「Image Word」弾き語りバージョン、DVDにはドキュメンタリーや普段見られない姿を収録し豪華な収録内容となっているほか、CDを手に取った人しか分からない仕掛けもあるとか。

アニバーサリーイヤー真っ最中、5月からはツアーも決定しているandrop。2月14日(木)からオフィシャルサイトでのチケット先行販売もスタート。勢いを増すandropによる“初のラブソング”をいち早くチェックしたい。

映画『九月の恋と出会うまで』

私の命の恩人は未来からの声でした――。
時空を超える一途な想いと切ないウソに涙する、大人のラブストーリー

■公開日:2019年3月1日(金)全国ロードショー
■主演:高橋一生 川口春奈
■出演:浜野謙太 中村優子 川栄李奈 古舘佑太郎 ミッキー・カーチス
■原作:松尾由美「九月の恋と出会うまで」(双葉社刊)
■監督:山本透(『探検隊の栄光』『猫なんかよんでもこない。』『わたしに××しなさい!』)
■主題歌:androp「Koi」(image world / ZEN MUSIC)

■映画オフィシャルサイト :http://kugatsunokoimovie.jp/
■特別ミュージックビデオ : https://www.youtube.com/watch?v=h6y56HHMO7k

【ライブ・ツアー情報】

『one-man live tour 2019 “daily”』
5月15日(水) 東京・LIQUIDROOM
5月22日(水) 宮城・仙台Darwin
5月24日(金) 愛知・NAGOYA CLUB QUATTRO
6月09日(日) 大阪・梅田TRAD
6月19日(水) 福岡・DRUM Be-1
6月22日(土) 東京・代官山UNIT
<チケット>
スタンディング4,500円(税込)
※別途ドリンク代必要、6歳以下の入場不可。
※2月14日(木)よりオフィシャルサイト チケット先行販売。詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

『HMV GET BACK SESSION androp「relight」 LIVE』
※アルバムを曲順そのままに再現するライブ
2月19日(火) 東京・LIQUIDROOM

シングル「Koi」

2019年2月27日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7482/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
01.Koi
※映画『九月の恋と出会うまで』主題歌
02.For you
※日本郵便「ゆうパック」タイアップソング
03.Image Word (solo acoustic ver.)
※初回限定盤のみ収録
■DVD
「For you」Recording Documentary
「anew」Live Rehearsal Documentary
RADIO androp (special ver.)



【通常盤】(CD)
UPCH-5958/¥1,200+税
<収録曲>
01.Koi
※映画『九月の恋と出会うまで』主題歌
02.For you
※日本郵便「ゆうパック」タイアップソング



【関連リンク】
androp、初のラブソングとなるシングル「Koi」の先行配信決定&新ビジュアルも公開
andropまとめ
YUKI、GYAO!にて新曲MVのフルバージョンを期間限定公開

【関連アーティスト】
androp
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表, 配信, 主題歌, CMソング, 映画, 音楽配信

YUKI、GYAO!にて新曲MVのフルバージョンを期間限定公開
Tue, 12 Feb 2019 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ニューアルバム『forme』を2月6日にリリースしたYUKIが、同アルバム収録曲でフジテレビ系ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』の主題歌となっている「やたらとシンクロニシティ」のフルバージョンMVをGYAO!にて期間限定で公開した。

「やたらとシンクロニシティ」のMVは、YUKIのオフィシャルYouTubeチャンネルですでにショートバージョンが公開されており、運命の調整役扮するYUKIのおせっかいで出会った冴えない男女の恋愛ストーリーの序章が描かれていたが、今後どのような展開を見せるのか、ぜひフルバージョンでチェックしてほしい。

なお、3月9日(土)には4年振りとなるホールツアー『YUKI concert tour “trance/forme” 2019』を開催、3月13日にはアルバム『forme』のアナログ盤がリリースされる。

■GYAO!「やたらとシンクロニシティ」フルバージョンMV
配信期間:2月12日(火)12:00〜2月19日(火)11:59
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v08363/v0993900000000549277/

アルバム『forme』

2019年2月6日発売
※完全生産限定盤(アナログ盤2枚組) :2019年3月13日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL 5180-1/¥3,800+税
※紙ジャケット仕様
<収録曲>
■CD
01.チャイム(NHK「あさイチ」テーマソング)   
作詞:YUKI、作曲:HALIFANIE、編曲:YUKI・百田留衣・南田健吾
02.トロイメライ(映画「コーヒーが冷めないうちに」主題歌)
作詞:YUKI、作曲:CHI-MEY、編曲:YUKI・CHI-MEY
03.やたらとシンクロニシティ(フジテレビ系ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」主題歌)
作詞:YUKI、作曲:小形 誠、編曲:YUKI・沖山優司
04.魔法はまだ
作詞:YUKI、作曲:吉澤嘉代子、編曲:YUKI・沖山優司
05.しのびこみたい
作詞:YUKI、作曲:西寺郷太、編曲:西寺郷太・YUKI
06.ただいま
作詞:YUKI、作曲:堀込泰行、編曲:YUKI・沖山優司
07.口実にして
作詞:YUKI、作曲:前野健太、編曲:YUKI・前野健太
08.風来坊
作詞:YUKI、作曲:津野米咲、編曲:YUKI・トオミヨウ
09.転校生になれたら
作詞:YUKI、作曲:川本真琴、編曲:YUKI・川本真琴・STUTS
10.Sunday Girl
作詞:YUKI、作曲:細野晴臣、編曲:細野晴臣
11.百日紅
作詞:YUKI、作曲:尾崎世界観、編曲:YUKI・沖山優司
12.24hours     
作詞:YUKI、作曲:Chara、編曲:皆川真人・Chara・YUKI
13.美しいわ
作詞:YUKI、作曲:YUKI、編曲:YUKI
■DVD
1.チャイム(Lyric Video)
2.ロイメライ(Music Video)



【通常盤】(CD)
ESCL 5182/¥3,000+税



【完全生産限定盤】(アナログ盤2枚組)
ESJL 3115-6/¥3,500+税
※2019年3月13日発売

『YUKI concert tour“trance/forme”2019』

3月09日(土) 神奈川・厚木市文化会館 大ホール
3月10日(日) 神奈川・厚木市文化会館 大ホール
3月19日(火) 埼玉・大宮ソニックシティ 大ホール
3月20日(水) 埼玉・大宮ソニックシティ 大ホール
3月28日(木) 大阪・フェスティバルホール
3月29日(金) 大阪・フェスティバルホール
4月06日(土) 福岡・福岡サンパレス ホテル&ホール
4月07日(日) 福岡・福岡サンパレス ホテル&ホール
4月20日(土) 石川・本多の森ホール
4月21日(日) 石川・本多の森ホール
4月28日(日) 神奈川・神奈川県民ホール
4月29日(月・祝) 神奈川・神奈川県民ホール
5月11日(土) 宮城・仙台サンプラザホール
5月12日(日) 宮城・仙台サンプラザホール
5月18日(土) 広島・広島文化学園HBGホール
5月19日(日) 広島・広島文化学園HBGホール
5月31日(金) 兵庫・神戸国際会館こくさいホール
6月01日(土) 兵庫・神戸国際会館こくさいホール
6月08日(土) 北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
6月09日(日) 北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
6月15日(土) 東京・東京国際フォーラム ホールA
6月16日(日) 東京・東京国際フォーラム ホールA
7月06日(土) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
7月07日(日) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール



【関連リンク】
YUKI、GYAO!にて新曲MVのフルバージョンを期間限定公開
YUKIまとめ
シド、15thアニバーサリーブック発売記念イベント開催

【関連アーティスト】
YUKI
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV

シド、15thアニバーサリーブック発売記念イベント開催
Tue, 12 Feb 2019 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月8日にぴあ株式会社より、シド結成15周年を記念したアニバーサリーブック『SIDぴあ』が発売となり、これを記念したイベント『プレミアムトークショー&『SIDぴあ』お渡し会』が2月11日にHMV&BOOKS SHIBUYAにて開催された。

イベント前に行われたマスコミ向け記者会見は、シドにとって初の囲み取材とあって“自然にやろうとしてるんですけど全員めちゃめちゃ緊張してます”と語ったマオ。しかし、冒頭の“本を手にとった感想は?”という質問では、“この一冊でこれまでを振り返ったり、これからを感じることができたり貴重な一冊になっていると思います”(明希)、“ファンの方からのメッセージがあったり、とても内容が濃くて読み応えがありますね”(ゆうや)と、それぞれスラスラと答えるなど、緊張しているようには見えない堂々の立ち振る舞いを見せた。

“新たなチャレンジ”をテーマにした本書の中でも特に注目の『ソロ企画』の見どころについては、表紙とグラビアを担当した柏田テツヲとフォトセッションを実施したマオが、“自然な感じのシドを撮りたいと言っていただき、自然光のもとで撮影したのですが、自分でも気に入ってます”とコメント。

ラーメンオタクとして知られるShinjiは『超一流のサッポロ一番の作り方』の著者・マッキー牧元とインスタントラーメンを使ったレシピ対決を行い、“最後の晩餐は『サッポロ一番』と決めているくらい好きなんですが、マッキー牧元さんに教えていただいたアレンジが素晴らしくて。無限に楽しめます”と語り、嬉しそうな表情を浮かべた。

『討鬼伝2』のサウンドデザイナー梅村祐玄と対面した明希は“(互いの音楽制作について)少し違うのかなと思っていたら共通するものがたくさんあって、たくさん勉強させてもらいました”とのこと。

ゆうやは、一緒にチャリティーイベントに参加しているサッカー元日本代表の巻誠一郎と対談。“2年一緒にやってるんですが、この対談をやるまで僕のことを『お笑い芸人だと思ってた』と。冗談だと思うんですが(笑)。なかなかこういう話をする機会もないんですが、改めてチャリティーイベントに携われてよかったなと思える対談でした。引退されるということですが、これからも一緒にこの活動を続けていけたら”と語った。

また、日本のみならず海外のファンからも集計したアンケートの結果については、マオが“『辛いとき、悲しいとき、元気になれる曲は?』という質問の1位が、僕らが結成したての頃に作った『循環』だったことにビックリしました。15年経ってもこの曲が色あせてない感じが伝わってきました”とコメント。

ぴあ名物100問100答企画『100Q』についてはShinjiが“これはアンケートではなく、インタビュアーさんに100問すばやい感じで答えるというやり方だったので、結構ぶっちゃけたことを言ったんですが、家に帰って、言い過ぎたかなと恥ずかしくなりました”と明かした。

その後、イベントに参加した500名のうち先着100名が参加できる『プレミアムトークショー』を開催。会見から打って変わって和気あいあいとしたムードの中、“『ソロ企画』の見どころ”については、“スタッフとカフェに行ってコーヒー飲んで、終わったらめっちゃカッコイイ写真ができてたみたいな感じでした。ほんとに楽しかったです”(マオ)、“撮影の当日、作るラーメンのメニューを変えたんです。スープと相性悪くて(笑)”(Shinji)、“ゲーム音楽は元々僕自身が好きな音楽の一つ。どういう風に作られてるのかすごく興味があって。できることならコラボしてみたいなと思います”(明希)、“北海道でサッカーやって戻ってきて羽田空港でサッカーの対談だったので、自分の職業なんなんだろうって”(ゆうや)など、会見では語られなかった裏話もたっぷり。

参加者の100名から募った質問に答えるコーナーでは、“一番テンションの上がる地方はどこですか?”“3月のライブの見どころは?”など、全員に向けた質問のほか、ゆうやに“SNSで公表していない趣味はありますか?”、Shinjiに“”ラーメンを音をたててすする女性はどう思いますか?”などのコアな質問が出たのもプレミアムイベントならでは。メンバー同士がツッコミ合う場面があったりと、終始笑いの絶えないイベントとなった。

最後に、結成15周年と本書の発売、そして2月3日生まれの明希、2月8日生まれのShinjiの誕生日を記念して、ぴあよりバレンタイン風のケーキと花束を贈呈。参加者をバックに記念撮影を行いイベントは終了。

まもなく始まる台北、香港、上海、北京を巡るアジアツアーを経て、3月10日には、結成15周年グランドファイナルとなる横浜アリーナを控えているシド。横浜アリーナではサブタイトルにもある“その未来へ”が会場限定盤として発売されるとのこと。ぜひお楽しみに。

■シド 15th Anniversary 特設サイト
http://sid-web.info/15th/

【“プレミアムトークショー”一問一答】

■Q.15年間いろいろな場所でライブを行ってきたと思いますが、一番テンションの上がる地方はどこですか?
・マオ「どこも良さがありますけど、最近だと、海鮮系がおいしいので金沢ですね」
・Shinji「 山形に行きたいです。ご当地ラーメンで「ケンチャンラーメン」というのがあるそうなんですが、恥ずかしながら食べたことがないんです。ラーメンマンとしてはぜひとも食べたいです」
・明希「長野に行ったとき、長野メルローというワインをいただいたんですが、とてもおいしかったので、ぜひまた行きたいです」
・ゆうや「貝類がいっさい食べられないんですが、青森に行ったときに、青森のホタテだけ食べることができたんです。普段から食べたいと思っているのに食べられないので、青森だけは食べられるという歓びがあります」

■Q.3月10日(日)横浜アリーナのライブ『SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ 〜その未来へ〜』の見どころは?
・マオ「演出の面ですごくいろいろやれそうな感じになっているので、ぜひ楽しみにしてください」
・Shinji「海外公演用に小さなギターのシステムを組んだんですが、新たないい音の発見もあって。
横浜はすごくいい音でやれそうな気がしています」
・明希「15周年を締めくくる大きなライブなので、演出はもちろん内容も濃いライブができるように、ぜひ期待して待っててくれたらと思います」
・ゆうや「久しぶりに広めの会場なので、「アリーナー!」って、言ったことないですけど久しぶりに言いたいですね。言ったことないですけど久々に言います」

■Q.<ゆうやに質問> SNSであまり公表していない趣味はありますか?
「何かあったかなあ。なんでも公表してしまうんですよね。最近は、またそろそろ家庭菜園をしようかなと。紫蘇を。
あれはやばいです。みなさんもぜひ育ててみてください」

■Q.<Shinjiに質問> ラーメンを音をたててすする女性はどう思いますか?
「むしろたててほしいですね、ズルズルと。ラーメン丼に近づいてズルズルしてほしいんですよ。
そうするとちゃんと麺に汁が絡むんですね。それがラーメンの正しいマナーだと思ってます。
僕はそういう女性の方が惹かれますね」

『SIDぴあ』

2019年2月8日発売



本体価格:2000円+税 
発売:全国の書店、ネット書店にて  
・BOOKぴあ http://piabook.com/shop/g/g9784835640020/  
・セブンネットショッピング https://7net.omni7.jp/detail/1106961690   
・Amazon https://amzn.to/2Swt99h  ほか
コンテンツ:
・SID 15TH INTERVIEW
・FOUR ELEMENTS OF SID
・CROSS TALK
・著名人、スタッフ、国内外のファンが語る WE LOVE SID
・スタッフ集合、座談会! 無礼講スタイルでお届け
・SID DISC LIST
・国内外のファン1049名に大調査!
・100Q

『その未来へ -SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ 会場限定盤-』

2019年3月10日(日)発売



横浜アリーナ会場限定15周年豪華記念盤パッケージ

『SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ 〜その未来へ〜』

3月10日(日) 神奈川・横浜アリーナ
OPEN 17:00 / START 18:00
<チケット>
全席指定 ¥7,500(税込) ※未就学児童入場不可
ローソンチケット https://bit.ly/2FM6bFf 
イープラス  https://bit.ly/2FJGzJ2 
チケットぴあ https://bit.ly/2Hv7VEt 
セブンチケット https://bit.ly/2Hv7VEt 
LINEチケット https://bit.ly/2S5xos5 



【関連リンク】
シド、15thアニバーサリーブック発売記念イベント開催
シドまとめ
EXILE、新体制初の全国ドームツアーが終幕&『LDH PERFECT YEAR 2020』開催決定

【関連アーティスト】
シド
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, バンド, レポート

EXILE、新体制初の全国ドームツアーが終幕&『LDH PERFECT YEAR 2020』開催決定
Tue, 12 Feb 2019 11:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

EXILEの全国ドームツアー『EXILE LIVE TOUR 2018-2019 “STAR OF WISH”』ファイナル公演が2月11日に大阪・京セラドームにて開催され、集まった4万6000人が熱狂した。

自身3年ぶり、そして新生EXILEとしては初となる今回のドームツアーは、2018年9月15日の京セラドームを皮切りに5箇所19公演で行われ、合計88万人を動員。2011年に開催された『EXILE LIVE TOUR 2011 TOWER OF WISH 〜願いの塔〜』から“WISH(願い)”というテーマを引き継いだ今回は、「WISH」が塔から星に託され、“LOVE DREAM HAPPINESS”溢れる地球になってほしいというEXILEの願いが“STAR OF WISH”として表現された。

ファイナル公演は新生EXILEの代表曲「Heads or Tails」で幕が開ける。「PARTY ALL NIGHT〜STAR OF WISH〜」や「Melody」など2018年の再始動後に発表した楽曲や「Choo Choo TRAIN」などのヒット曲を織り交ぜ会場を一気に盛り上げる。

“2018年EXILE復活”への想いを繋いだ、EXILE THE SECONDが「SUPER FLY」と「YEAH!! YEAH!! YEAH!!」をパフォーマンス。またATSUSHIのソロプロジェクトであるRED DIAMOND DOGSが松坂大輔の応援歌「RED SOUL BLUE DRAGON」をDOBERMAN INFINITY、JAY\'ED、MABUと披露するなど会場はさらにヒートアップ。中盤では「Ti Amo」「Lovers Again」などのヒット曲バラードをメドレーで歌唱するなど、EXILEならではの幅の広い楽曲で会場を魅了した。

終盤ではフロートに乗り込みスタンドの観客により近いところで、「VICTORY」や「I Wish For You」などのヒット曲で畳み掛け、「Ki・mi・ni・mu・chu」ではファンクラブ会員をステージに上げて一緒に踊るなど会場は笑顔に包まれ暖かい雰囲気になった。本編ラストは2018年の復活ライブの際に1曲目にパフォーマンスした「Rising Sun」。テープが会場を舞い華やかに本編を締めくくった。

アンコールでは、24karatsの衣装を身に纏い、最新アルバムに収録されたパフォーマーのダンストラック「STYLE of 24karats」と24Karatsメドレーとして「STAY GOLD」「TRIBE OF GOLD」「GOLD SOUL」をパフォーマンスすると会場のボルテージは最高潮に。そして“STAR OF WISH”に込められた想いを強く表現した楽曲「浪漫の地球」をATSUSHIとTAKAHIROの2人で歌い上げる。直後のMCでは“『EXILE LIVE TOUR 2018-2019 “STAR OF WISH”』、京セラドームにお集まりの皆さん今日は最終日です。ありがとうございました!EXILEの単独公演は2015年のAMAZING WORLD以来約3年ぶりのライブとなりました。楽しんでいただけたでしょうか?”とATSUSHIが挨拶すると会場からは盛大な拍手が起こった。

続けてTAKAHIROは、“EXILEとしては久しぶりのツアーだったんですが、本当に終わってしまうのが寂しいです。けど今日はお集まり頂いたたくさんの皆さんと、楽しい時間が過ごせて嬉しかったです。有難うございます”と語った。また、春から三代目のツアーが決定している小林直己、NAOTO、岩田剛典や、ソロとしてアルバムの発売と初のアリーナツアーが決定したSHOKICHIらも、集まったファンへ想いを語った。

最後にATSUSHIが“気づけばEXILEももう19年が経とうとしています。約20年の間本当に暖かく支えられここまで活動することができました。あと何回こういった感動的なライブをすることができるだろう?とふと思います”と話す。さらに続けて“今日、このかけがえのない3時間という時間を皆さんと過ごせたことに心から感謝して、明日から皆さんの人生が最高に輝くことを願って、最後皆さんと幸せな気持ちで終わりたいと思います。最後もう1曲盛り上がってくれますか?”と語り再びフロートに乗り込み新曲「Love of History」と「銀河鉄道999」を披露。会場中を笑顔に大団円へと導き、「For EXILE」の想いを胸に、個々の活動の中で輝きを増した15人のメンバーが集結した「NEW EXILE」の全国ドームツアーが終了した。

この日のアンコール明けの映像では、『LDH PERFECT YEAR 2020』の開催が発表となった。2008年の『EXILE PERFECT YEAR』、2014年の『EXILE TRIBE PERFECT YEAR』に続き、2020年にはさらに規模を拡大し、LDHグループの総力をあげた過去最大のLDH総合エンタテインメントの祭典『LDH PERFECT YEAR』が開催となる。

そして、2月12日より各サブスクリプションサービスにて『EXILE LIVE TOUR 2018-2019 “STAR OF WISH”』のセットリストが配信となるので、ライブに行った人の行けなかった人もぜひチェックしてライブを“再現”してみてはいかがだろうか。

■『EXILE LIVE TOUR 2018-2019 “STAR OF WISH”』セットリスト配信
https://avex.lnk.to/EXILE-SOW-SETLIST



【関連リンク】
EXILE、新体制初の全国ドームツアーが終幕&『LDH PERFECT YEAR 2020』開催決定
EXILEまとめ
RED DIAMOND DOGS まとめ
DOBERMAN INFINITYまとめ
JAY\'EDまとめ

【関連アーティスト】
EXILE, RED DIAMOND DOGS , DOBERMAN INFINITY, JAY\'ED, Mabu
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, ライブ, ツアー, セットリスト, ライブレポ, レポート, 動員

いきものがかり、幻の名曲「太陽」を配信リリース
Tue, 12 Feb 2019 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年11月3日(土)のグループ結成記念日にちなんで活動を再開したいきものがかりが、活動休止中も支えてくれたファンクラブ会員へ恩返しがしたいという思いから、初めての3人共作での新曲「太陽」を収録した1曲入りCDをプレゼントし話題を呼んだ。

その後にファンクラブ会員になってもCDプレゼントは無かったことと、サブスクリプションなどでも聴くことができなかったため、幻の名曲としてリリースを待望されていた新曲「太陽」だが、この度ファンからの熱い要望を受け、メジャーデビュー記念日である2019年3月15日に配信リリースされることが決定した。

今後は各ラジオ局等でも新曲「太陽」がオンエアされていくので、まだ聴いたことがないというファンの方はお楽しみに!

配信シングル「太陽」

2019年3月15日(金)より配信開始
※サブスクリプションも同日開始



<作詞・作曲>
いきものがかり
<編曲>
本間昭光



【関連リンク】
いきものがかり、幻の名曲「太陽」を配信リリース
いきものがかりまとめ

【関連アーティスト】
いきものがかり
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 発表, 新曲, リリース, 配信













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1