歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2019年02月01日)
バックナンバー
最新ニュース
2019/02/10
2019/02/09
2019/02/08
2019/02/07
2019/02/06
2019/02/05
2019/02/04
2019/02/03
2019/02/02
2019/02/01
2019/01/31
2019/01/30
2019/01/29
2019/01/28
2019/01/27
2019/01/26
2019/01/25
2019/01/24
2019/01/23
2019/01/22
2019/01/21
2019/01/20
2019/01/19
2019/01/18
2019/01/17
2019/01/16
2019/01/15
2019/01/14
2019/01/13
2019/01/12
2019/01/11
2019/01/10
2019/01/09
2019/01/08
2019/01/07
2019/01/06
2019/01/05
2019/01/04
2019/01/03
2019/01/02
2019/01/01
2018/12/31
2018/12/30
2018/12/29
2018/12/28
2018/12/27
2018/12/26
2018/12/25
2018/12/24
2018/12/23
2018/12/22
2018/12/21
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
THE BACK HORN×住野よる、小説の世界を具現化した楽曲 「輪郭」のリリックビデオを公開
Fri, 01 Feb 2019 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

『君の膵臓をたべたい』(累計276万部突破)、『また、同じ夢を見ていた』(累計81万部突破)、『か「」く「」し「」ご「」と「』(単行本31万部突破)など、話題作を発表し続けるベストセラー作家の住野よると、結成20周年を迎えて2月8日(金)に日本武道館公演を行なうロックバンド、THE BACK HORNとのコラボプロジェクトに新展開が発表された。

2018年9月に週刊新潮で住野よるの小説『この気持ちもいつか忘れる』の新連載がスタート。同時に、そのストーリーと連動したコラボ作品第一弾としてTHE BACK HORNのデジタルシングル「ハナレバナレ」の配信リリースを行なった。そして、今回新たに小説『この気持ちもいつか忘れる』の作品中第17話で描かれている、登場人物チカが歌った曲をTHE BACK HORNが具現化した楽曲「輪郭」のリリックビデオが公開された。

THE BACK HORNの松田晋二が作詞、山田将司が作曲、菅波栄純が編曲を務めており、歌は劇場アニメ『君の膵臓をたべたい』でも音楽制作を務めた世武裕子が担当している。歌詞は週刊新潮1月24日号掲載の17話に実際に登場。映像は現世界と別世界をメタファーで表現したものになっている。

また、コラボプロジェクト公式サイトでもWEB連載中の小説『この気持ちもいつか忘れる』が、2月1日(金)から2月28日(木)の期間限定で第1話から3話までの特別リピート掲載に加えて、4話から15話までのあらすじ、そして16話、チカによる歌が登場する17話も同期間まで無料で掲載される。連載を見逃していた方も、ぜひこのタイミングからチェックしてほしい。

■THE BACK HORN × 住野よるコラボプロジェクト公式サイト
http://thebackhornsuminoyoru.com/

■『この気持ちもいつか忘れる』期間限定掲載サイト
http://thebackhornsuminoyoru.com/#novelTop



【関連リンク】
THE BACK HORN×住野よる、小説の世界を具現化した楽曲 「輪郭」のリリックビデオを公開
THE BACK HORNまとめ
世武裕子まとめ
She, in the haze、ライヴにフォーカスしたアルバムのトレーラー公開

【関連アーティスト】
THE BACK HORN, 世武裕子
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, コラボ, 発表, 新曲

She, in the haze、ライヴにフォーカスしたアルバムのトレーラー公開
Fri, 01 Feb 2019 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

世界規模で躍進し続けている注目のクリエイター集団、She, in the hazeが3月6日にリリースするミニアルバム『ALIVE』の全曲トレーラーを公開した。

『JOIN ALIVE』『ミリオンロックフェスティバル』といった大型フェスへの出演をはじめ、2018年3月には10万人規模の大型海外フェス『Made in Asia 2018』への出演を皮切りに、ヨーロッパツアーを成功に収めるなど、活躍の舞台は日本にとどまらないShe, in the haze。今作はライヴにフォーカスされたコンセプトアルバムとなることがすでにアナウンスされているが、公開されたトレーラーでその片鱗を垣間見ることができる。

雲の切れ間から差し込む光のようなストリングス、その狭間を力強く突き抜けるような美しいメロディーライン。美と狂気が交錯する圧倒的な世界観はそのままに、フロアの温度を上昇させるような新しいアプローチは、まさにライヴで体感すべき作品に仕上がっている。

これまで以上に力強さを感じる今作だが、タワーレコード限定シングルに収録されていた「Mirror」と、2nd EP収録の「Last forever」の新バージョンもセットされており、She, in the hazeの魅力を余すことなく感じられる一枚だ。まずはトレーラーをチェックして、アルバムのリリースを楽しみに待っていてほしい。

ミニアルバム『ALIVE』

2019年3月6日発売



DDCB-14064/¥1,800+税
<収録曲>
01.Beginning
02.Soldier
03.Alive
04.Mirror
05.Hallelujah
06.Saint
07.Last forever -acoustic ver.-

【リリースツアー情報】

3月10日(日) 北海道・札幌SPIRITUAL LOUNGE
3月19日(火) 京都・GROWLY
3月20日(水) 愛知・名古屋ell.SIZE
3月22日(金) 大阪・Live House Pangea
3月27日(水) 東京・渋谷SPACE ODD (ツアーファイナル ワンマン)

◎チケット購入については、公式HPライブ情報 にて
http://sheinthehaze.com/ja/index.html#live



【関連リンク】
She, in the haze、ライヴにフォーカスしたアルバムのトレーラー公開
She, in the hazeまとめ
Loota、ニューアルバムをサプライズ発売&盟友KOHHを迎えたティザーも公開

【関連アーティスト】
She, in the haze
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, トレーラー, CD, 発表, 新曲, リリース, 発売, ミニアルバム, ハウス, EDM, サイケデリック, オルタナティブ

Loota、ニューアルバムをサプライズ発売&盟友KOHHを迎えたティザーも公開
Fri, 01 Feb 2019 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Lootaのアルバム『Gradation』が、2月1日にサプライズリリースされた。

本作は、韓国のアーティストであるKeith Ape「It G Ma(feat. JayAllday, Loota, Okasian, KOHH)」でバズを起こし、KOHHの客演で知られる他、国外のさまざまなアーティストとコラボし、Frank Ocean『Blonde』への制作にも参加したLootaの2作目となるアルバム。『Gradation』のクレジット欄にも、アメリカ、フランス、アジアのそうそうたるクリエイターやプロデューサーが名を連ねている。

同作に収録されている、Lootaの盟友KOHHがフィーチャリング参加した楽曲「Endless」のMVティザー映像も公開。深夜の東京で撮影されたこのビデオは、タイラー・ザ・クリエイターとA Salad」も制作しているJimmy Regularが監督しており、フルバージョンの公開が待ち遠しくなるクールな出来となった。

さらに、アルバムのアートワークは、カニエ・ウエスト率いるG.O.O.D. Musicのマーチャンダイズでおなじみのカリ・ソーンヒル・デウィットと共にファッションブランド/レコードレーベルのSome Wareを手掛け、彼がデザインしたアイテムをトラヴィス・スコットが愛用するなど、多方面で活躍しているLA在住のマルチアーティスト、ブレンダン・ファウラーによるもの。

“ラップを始めた頃は、アメリカが一つのお手本で、その時差をどんどん埋めていこうというのがスローガンだった。だけど「It G Ma」のヒットの後、言語は関係ない、ということが理解できた。だからこそ、同じことをやるのではなくて、<日本人からのアンサー>じゃないけど、「こんなバランスも取れるんだ」みたいな姿勢を見せたかった”と本人が語るように、まさに言語や国境を跨ぐトレンドセッター、Lootaらしい作品となっている。

新作アルバムは現在、数量限定Tシャツ付きCDのバンドルとして、通販サイトのみで販売中なので、ぜひチェックしてほしい。

■アルバム『Gradation』販売サイト
http://urx.space/PPn1

アルバム『Gradation』

発売中



cocp-40726/¥6,480(税込)
※数量限定Tシャツ付き
<収録曲>
01.Aoi Sora(Prod. by Sam Tiba)
02.Mirror feat. KOHH(Prod. by Clibbo)
03.Another Card(Prod. by Ikaz Boi)
04.回転木馬のデッド・ヒート feat. mojomossomen(Prod. by Ikaz Boi)
05.Endless feat. KOHH(Prod. by Ronny J)
06.Kurai Bright feat. Vito Foccacio(Prod. by A P On The Boards & Omar Guetfa)
07.Flying Pig feat. mojomossomen(Prod. by Ikaz Boi, Myth Syzer & Sam Tiba)
08.Anywhere(Prod. by Loota)
09.One feat. Charity(Prod. by Clibbo)
10.Good Night feat. YTG(Prod. by 理貴)
11.Keep My Family Close(Prod. by Sam Tiba & Canblaster)

■『Gradation』販売サイト
http://urx.space/PPn1



【関連リンク】
Loota、ニューアルバムをサプライズ発売&盟友KOHHを迎えたティザーも公開
KOHHまとめ
ヨルシカ、初のフルアルバムで音楽を辞めた青年の葛藤を表現

【関連アーティスト】
KOHH
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, ミュージックビデオ, MV, トレーラー, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ヒップホップ, ラップ

ヨルシカ、初のフルアルバムで音楽を辞めた青年の葛藤を表現
Fri, 01 Feb 2019 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ボカロPのn-bunaと女性シンガーsuisによるバンド、ヨルシカが初のフルアルバム『だから僕は音楽を辞めた』を4月10日にリリースすることがわかった。

本作はn-bunaが描く物語を軸に書き下ろしたコンセプトアルバムとなっており、音楽を辞めることになった青年が“エルマ”へ向けて作った楽曲全14曲を収録。

初回生産限定盤には、青年が“エルマ”へ向けて書き溜めた手紙や歌詞、訪れた街の写真などを収めた木箱を再現したボックスが付属。音楽を辞めるに至った青年の物語を、リスナーが楽曲とともに体験できる仕様となっている。

アルバム『だから僕は音楽を辞めた』

2019年4月10日発売



【初回生産限定盤】(「エルマへ向けた手紙」再現BOX仕様)
DUED-1266/¥3,500+税
・被せ蓋付き再現BOX仕様
・手紙+写真付き
・手紙仕様歌詞カード付き

【通常盤】(CDのみ)
DUED-1267/¥2,800+税

<収録曲>
01.8/31
02.藍二乗
03.八月、某、月明かり
04.詩書きとコーヒー
05.7/13
06.踊ろうぜ
07.六月は雨上がりの街を書く
08.五月は花緑青の窓辺から
09.夜紛い
10.5/6
11.パレード
12.エルマ
13.4/10
14.だから僕は音楽を辞めた



【関連リンク】
ヨルシカ、初のフルアルバムで音楽を辞めた青年の葛藤を表現
ヨルシカまとめ
n-bunaまとめ
suisまとめ
ORANGE RANGE、2008年発表アルバム『PANIC FANCY』の再現ツアーが決定

【関連アーティスト】
ヨルシカ, n-buna, suis
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売

ORANGE RANGE、2008年発表アルバム『PANIC FANCY』の再現ツアーが決定
Fri, 01 Feb 2019 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ORANGE RANGEが、7月から8月にかけてコンセプトツアー『RWD← SCREAM 019』を開催することがわかった。

“REWIND=巻き戻す”の意味を持つこのツアーは、過去に発表してきたオリジナルアルバムにフォーカスしたライヴ。2011年に『1st CONTACT』、2013年に『musiQ』、2015年に『ИATURAL』、2017年に『ORANGE RANGE』と、これまでリリース順を追って4枚のアルバムを軸に開催してきた。

5回目を迎える今回、焦点を当てるのは2008年にリリースした『PANIC FANCY』。「O2」「君 station」「イケナイ太陽」「イカ SUMMER」のシングル4曲に加え、アニメのエンディングテーマやTV-CMソングにもなった「シアワセネイロ」他、全15曲を収録した作品を再現する。

全国11都市12会場のライヴハウスで開催する『RWD← SCREAM 019』は、チケット一般発売に先駆け、2月12日(火)正午より「RANGE AID+」会員限定で最速先行予約がスタートするので要チェック!

■『RANGE AID+ presents “RWD← SCREAM 019”』

7月11日(木) 東京 LIQUIDROOM
7月13日(土) 広島 CLUB QUATTRO
7月14日(日) 香川 高松 festhalle
7月26日(金) 宮城 仙台 Rensa
8月04日(日) 北海道 Zepp Sapporo
8月10日(土) 兵庫 Harbor Studio
8月11日(日) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
8月15日(木) 愛知 Zepp Nagoya
8月16日(金) 大阪 Zepp Osaka Bayside
8月18日(日) 新潟 LOTS
8月22日(木) 福岡 Zepp Fukuoka
8月30日(金) 東京 Zepp Tokyo

<チケット料金>
1F スタンディング/2F 指定 5,000円(税込/ドリンク代別途必要)
*2F指定は席種がある会場(北海道・大阪・ 愛知・福岡・東京のZepp公演)に限ります。
*小学生以上の方はチケットが必要となります。
*未就学児童のご入場は、同行の保護者の方の範囲内で、周りのお客様のご迷惑にならないようにご覧いただくことを大前提とさせていただきます。
*お客様を含む会場内の映像・写真が公開される事がありますので予めご了承ください。

<一般発売日>
2019年5月11日(土)各プレイガイドにて全国一斉発売

■詳細はこちら
https://orangerange.com/rwd019/



【関連リンク】
ORANGE RANGE、2008年発表アルバム『PANIC FANCY』の再現ツアーが決定
ORANGE RANGEまとめ
レッチリが最初の頂点を迎えた『ブラッド・シュガー・セックス・マジック』

【関連アーティスト】
ORANGE RANGE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, アルバム, 発表, ポップス, ダンス, ヒップホップ, ラップ, テクノ, EDM, オルタナティブ, ライブハウス, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット

レッチリが最初の頂点を迎えた『ブラッド・シュガー・セックス・マジック』
Fri, 01 Feb 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

オリジナルメンバーのヒレル・スロヴァクが亡くなってからリリースされた前作の『母乳(原題:Mother\'s Milk)』(‘88)は、レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(以下、レッチリ)の新たなスタートとも言えるアルバムだ。チャド・スミスと若干18歳のジョン・フルシアンテを新メンバーに迎え、驚くべきテクニックに裏打ちされたまったく新しいミクスチャーサウンドを提示し、多くのフォロワーを生んだ記念すべき作品である。続く通算5作目となる本作『ブラッド・シュガー・セックス・マジック』は、ラップからカントリーに至るまで出会うもの全てをオルタナティブ化するリック・ルービンがプロデュースを担当、レコード会社もワーナーに移籍して前作を上回る仕上がりとなり、彼らはオルタナティブロック界の頂点に君臨することになる。

■リック・ルービンというプロデューサー

デフ・ジャムとアメリカン・レコーディングス、90年代のロック界を席巻したこの2大レーベルを創設したのがリック・ルービンである。デフ・ジャムはヒップホップを世界的に広めたレーベルで、パブリック・エネミー、LLクールJ、ビースティ・ボーイズら大スターたちを擁している。また、ヒップホップとメタルを融合させるなど(パブリック・エネミーとスラッシュメタルのアンスラックス)、時代の先端の音作りを提示している。一方、アメリカンではジェイホークス、ブラック・クロウズ、トム・ペティなどのルーツ系ロッカーや、カントリー界の大物ジョニー・キャッシュなどが在籍し、オルタナ・カントリーやアメリカーナといった古くからアメリカにあるロックのスタイルも世に広める活動を行なっている。

■バインホーンとの決裂

そんなリック・ルービンだから、レッチリは初期の頃から気になる存在であった。キーディスのヒップホップに影響されたヴォーカル、フリーのファンクとパンクに影響されたベースプレイ、『母乳』で新たに加入したドラムのチャド・スミスはメタルバンド出身と、ルービンの目指すミクスチャー路線とレッチリは同じ方向を向いているだけに、ルービンがプロデュースを担当するのは偶然ではない。とはいうものの、以前からメンバーにはドラッグとの付き合いがあり、ルービンは彼らのプロデュースを以前は拒んでいたことも事実である。

前作と前々作でプロデュースを担当したマイケル・バインホーンは、ニューヨークのアバンギャルド・ジャズファンクバンドのマテリアルのメンバーで、レッチリのポテンシャルを一気に引き上げた功績は大きいものの、良く言えば知性派、悪く言えば頭でっかちな側面もあり、メンバーとの衝突は日常茶飯事であった。特に新メンバーのフルシアンテはレコーディングの経験がなかったから、ファンク系のギターを弾きたかったフルシアンテにメタル的なサウンドを要求するなど、頭から抑え込もうとして反感を買っている。結局、グループはバインホーンと絶縁し、それが飛び火してレコード会社の移籍にまで発展することになる。名作『母乳』は、実は修羅場の中で制作されていたのだ。

■本作『ブラッド・シュガー・ セックス・マジック』について

『母乳』の成功で、レッチリはこれまでとは比べものにならないほど真剣に音楽と向き合っていた。それを知ったルービンはプロデュースを引き受け、メンバーとともにロスの大きな古屋敷にこもり、新作に向けたリハーサルを重ねた。半年に及ぶリハーサルを行ない、フルシアンテもスミスもグループ内で自分が何をすべきか掴んだようだ。91年9月、新作となる本作『ブラッド・シュガー・セックス・マジック』はリリースされた。彼らの代表曲のひとつ「ギブ・イット・アウェイ」がシングルとしてリリースされるとビルボードモダンロックチャートで自身初の1位を獲得し、続いてリリースされた「アンダー・ザ・ブリッジ」は彼らにしては珍しくセンチメンタルな曲だが、ビルボードホット100で2位まで上昇している。翌年のグラミー賞では初の受賞を果たし、他のシングルも軒並みヒットを記録するなど、本作は1200万枚を売り上げ彼らの名前は世界中に知られることになる。

本作の特徴は柔軟さにあると言えるだろう。彼らが得意とするゴリゴリのファンクナンバーはもちろん、新しい試みとしてアコースティックな切ないバラードがバランスよく配置されていて、ルービンの聴き手への配慮が実に行き届いているのである。フリーのベースプレイは、スラップを多用していた前作に比べて曲の隙間を埋めてしまわないように考えられている。フルシアンテとスミスに関しては、彼ら本来の本能的なプレイが冴え渡っていると思う。特にスミスのシンプルで的確なドラムパフォーマンスはここにきて完成したと言えるだろう。

収録曲は全部で17曲、そのうちカバーは「ゼイアー・レッド・ホット」(ロバート・ジョンソン)のみで捨て曲は1曲もなく、ファンク、ヒップホップ、グランジ、メタル、オルタナティブ、パンクなど、さまざまなロックのスタイルをミックスした彼らの音楽は、誰にも真似できない強靭さを持っている。まさしく90年代のロックシーンをリードする革命的なサウンドを本作で創りあげたといっても過言ではないだろう。90年代ロックを代表する圧倒的な傑作である。

■フルシアンテの脱退と復帰

本作の後、レッチリがあまりにも大きな人気になってしまったがゆえに、フルシアンテは嫌気がさし、92年の日本公演の途中で突然脱退、アメリカに帰ってしまう。もちろんツアーの途中だったから、残っていた京都と東京公演は中止となった。彼の後釜には元ジェーンズ・アディクションのデイブ・ナヴァロが参加している。そして、99年にはフルシアンテが復帰し、7作目となる『カリフォルニケイション』をリリース、このアルバムは1600万枚を売り上げる彼ら最高のヒット作となり、2度目のグラミー賞受賞も果たしている。

なお、2月に行なわれる今年の第61回グラミー賞受賞式では、ラッパーのポスト・マローンと一緒にステージに立つことが決定している。

TEXT:河崎直人

アルバム『Blood Sugar Sex Magik』

1991年発表作品



<収録曲>
1. パワー・オブ・イコーリティ/The Power of Equality
2. イフ・ユー・ハフ・トゥ・アスク/If You Have to Ask
3. ブレーキング・ザ・ガール/Breaking the Girl
4. ファンキー・モンクス/Funky Monks
5. サック・マイ・キッス/Suck My Kiss
6. アイ・クド・ハヴ・ライド/I Could Have Lied
7. メロウシップ・スリンキー・イン・Bメジャー/Mellowship Slinky in B Major
8. ライチャス & ウィッキド/The Righteous & The Wicked
9. ギヴ・イット・アウェイ/Give It Away
10. ブラッド・シュガー・セックス・マジック/Blood Sugar Sex Magik
11. アンダー・ザ・ブリッジ/Under the Bridge
12. ネイキッド・イン・ザ・レイン/Naked in the Rain
13. アパッチ・ローズ・ピーコック/Apache Rose Peacock
14. グリーティング・ソング/The Greeting Song
15. マイ・ラヴリー・マン/My Lovely Man
16. サー・サイコ・セクシー/Sir Psycho Sexy
17. ゼイアー・レッド・ホット/They\'re Red Hot



【関連リンク】
レッチリが最初の頂点を迎えた『ブラッド・シュガー・セックス・マジック』
Red Hot Chili Peppersまとめ
THE YELLOW MONKEY、アルバム『世界最速先行試聴会』を日本武道館で開催

【関連アーティスト】
Red Hot Chili Peppers
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!

THE YELLOW MONKEY、アルバム『世界最速先行試聴会』を日本武道館で開催
Fri, 01 Feb 2019 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月17日に19年ぶりのオリジナルアルバム『9999』を発売するTHE YELLOW MONKEYが、アルバム発売を記念して3月28日(木)に東京・日本武道館で『世界最速先行試聴会』を行なうことがわかった。

今回のイベントは所属レコード会社であるATLANTIC JAPAN(ワーナーミュージック・ジャパン)が主催し、2016年の再集結以降に発表してきた楽曲に加え、バンドとして初めてアメリカ・ロサンゼルスでレコーディングした楽曲など全13曲を収録した9thアルバム『9999』の発売を記念するイベントであり、バンドにとって所縁の場所でもある日本武道館で実施される。

抽選で選ばれた9,999名が無料で参加でき、爆音で試聴しながらアルバムの完成をお祝いするという前代未聞のイベント。当日の会場ではアルバム全曲の先行試聴に加え、THE YELLOW MONKEYの公式YouTubeチャンネルで公開中のアルバム制作期間中のメンバーを追ったオリジナルドキュメンタリー番組『STORY of THE YELLOW MONKEY』でも観ることができない未公開映像の上映や、この試聴会イベント限定のオリジナルグッズも販売が予定されている。

イベントの詳細・応募はアルバム発売を記念して開設された『9999』特設サイトへ!

■アルバム『9999』特設サイト
https://tym9999.com/

■『9th Album『9999』 世界最速先行試聴会』

3月28日(木) 東京 日本武道館
OPEN 18:00 / START 19:00 / FINISH 20:30(予定)
チケット:全自由席(エリア指定) ※無料

アルバム『9999』

2019年4月17日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31619〜20/¥4,500+税
【通常盤】(CD)
WPCL-13119/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.この恋のかけら
02.天道虫
03.Love Homme
04.Stars(9999 Version)
05.Breaking The Hide
06.ロザーナ
07.Changes Far Away
08.砂の塔
09.Balloon Balloon
10.Horizon
11.Titta Titta
12.ALRIGHT
13.I don\'t know
■DVD ※初回生産限定盤のみ
(1)再集結以降に行なわれたライヴから『SELECTION of THE YELLOW MONKEY』と題した選りすぐりのライヴ映像10曲を収録。
・楽園(2016.05.11 国立代々木競技場 第一体育館)
・熱帯夜(2016.08.28 福島・あづま総合体育館)
・ROCK STAR(2016.09.01熊本B.9 V1)
・パンチドランカー(2016.12.18 倉敷市民会館)
・聖なる海とサンシャイン(2016.12.28 日本武道館)
・O.K.(2017.11.05 三重県文化センター(大ホール))
・ALRIGHT(2017.12.10 東京ドーム)
・追憶のマーメイド(2017.12.28 福岡ヤフオク!ドーム)
・天道虫(2018.12.28 日本武道館)
・Subjective Late Show(2015.08.某日 都内スタジオ)
(2)YouTube番組『STORY of THE YELLOW MONKEY』の未公開レア映像を含む、アルバム制作期間中のドキュメンタリー映像

【ダウンロード・アルバム】
価格未定
01.この恋のかけら
02.天道虫
03.Love Homme
04.Stars(9999 Version)
05.Breaking The Hide
06.ロザーナ
07.Changes Far Away
08.砂の塔
09.Balloon Balloon
10.Horizon
11.Titta Titta
12.ALRIGHT
13.I don\'t know
14.毛皮のコートのブルース ※ボーナストラック



【関連リンク】
THE YELLOW MONKEY、アルバム『世界最速先行試聴会』を日本武道館で開催
THE YELLOW MONKEYまとめ
LUNKHEAD、20周年に放つ渾身のアルバムが完成

【関連アーティスト】
THE YELLOW MONKEY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, サイケデリック, ディスコ, オルタナティブ, グッズ, 当落

LUNKHEAD、20周年に放つ渾身のアルバムが完成
Fri, 01 Feb 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

20周年を迎えたLUNKHEADが、12枚目のアルバム『plusequal』を4月17日にリリースすることが決定した。

さらに、5月からはアルバムを引っさげたワンマンツアーも行なう。ツアー初日には久々の自主企画『みかん祭』を新宿LOFTで開催し、ファイナルの恵比寿LIQUIDROOMまで、全国9公演を実施する。チケットのファンクラブ先行受付は2月1日(金)18:00〜2月6日(水)23:00。一般発売は3月9日(土)からとなっている。

■【小高芳太朗(Vo&Gu) コメント】

「前作のアリアルをリリースした後、
なぜか曲がまったく作れなくなった。
一年以上も、何のかけらも浮かばなかった。
自分の才能にも環境にも、世間の評価も何もかも
全部が恨めしかった。
もうこのまま終わってしまえば、とすら思った。
だけど、そこで奮い立たせてくれたのはやっぱり
出会ってくれた人達だった。
会いに来てくれるファンのみんな
日本中で待ってくれてるライブハウスのスタッフ
こんな俺らを応援してくれる媒体の人達
そしてメンバーと事務所のスタッフ
あと、とても大事な友達
だからこのアルバムはみんなで作ったアルバムなんです。
俺らが出会ってきたすべての人
経験してきた良いことも良くないことも全部を
足して(+)できた(=)から『plusequal』
今の、今までの、これからの俺らのすべてを込めた
渾身のアルバムができたんです」

■『LUNKHEAD ONEMAN TOUR 2019 「plusequal」』

5月12日(日) 東京 新宿LOFT『猪突猛進のみかん祭』
5月18日(土) 北海道 札幌COLONY
6月01日(土) 福岡 キューブリック
6月02日(日) 愛媛 新居浜ジャンドール
6月08日(土) 宮城 仙台LIVE HOUSE enn 2nd
6月15日(土) 埼玉 HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心
6月29日(土) 大阪 心斎橋JANUS
6月30日(日) 愛知 名古屋ell FITS ALL
7月19日(金) 東京 恵比寿LIQUIDROOM

<チケット>
¥4000(税込) D代別
FC先行 受付期間:2019年2月1日(金)18:00〜2019年2月6日(水)23:00
https://l-tike.com/st1/lunkheadplusequal
一般発売:2019年3月9日(土)

アルバム『plusequal』

2019年4月17日発売



CHKY-0034/¥2,963+税
<収録曲>
01.朱夏
02.アウトマイヘッド
03.ヒナタ
04.心音
05.極光
06.いつかの
07.光のある方へ
08.SHIBUYA FOOT
09.はじまれ
10.小さな反逆



【関連リンク】
LUNKHEAD、20周年に放つ渾身のアルバムが完成
LUNKHEADまとめ
大橋ちっぽけ、メジャーデビューアルバムの全貌が解明!

【関連アーティスト】
LUNKHEAD
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ライブハウス, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット

大橋ちっぽけ、メジャーデビューアルバムの全貌が解明!
Fri, 01 Feb 2019 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大橋ちっぽけが3月13日に発売するメジャーデビューアルバムの詳細を発表した。

TRIAD/日本コロムビアよりメジャーデビューすることを発表したばかりの大橋ちっぽけ。アルバムタイトルについては、大橋ちっぽけ曰く“このアルバムが日本のポピュラーミュージックの中心に届けばよいなという願いとそういう気持ちで創った、という意思表示を込めています”とのこと。

合わせて、ジャケット写真とトラックリストも発表。ジャケット写真は、欅坂46や星野源、岡崎体育らのアーティスト/ジャケット写真を手掛けている神藤剛が、先日公開されたアーティスト写真とともに撮影だけでなくアートワークも担当した。

アルバムには、すでに配信がスタートしているアプリゲーム挿入歌&アニメエンディングテーマの「ルビー」を含めた全10曲を収録。ポップスやアコースティックサウンドのみならず、バンドサウンド、シューゲイザーサウンド、7分を超える大作など、幅広い音楽性が堪能できる。

アルバム『ポピュラーの在り処』

2019年3月13日発売



COCP-40753/¥2,800+税
※全収録楽曲をスマホで簡単再生できる「プレイパス」コード封入
<収録曲>
01.ルビー
02.テイクイットイージー
03.アージ
04.ダイバー
05.夢の中で
06.マツヤマ
07.ふみの日
08.Life
09.アイラブユーにはアイラブユー
10.楽園

◎ CD購入者特典詳細
https://columbia.jp/artist-info/chippoke/info/63985.html



【関連リンク】
大橋ちっぽけ、メジャーデビューアルバムの全貌が解明!
大橋ちっぽけまとめ
フレンズ、“宇宙”がテーマのパーティー感溢れるMV完成

【関連アーティスト】
大橋ちっぽけ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ポップス, アニメ, ゲーム, 主題歌, エンディング, 音楽配信

フレンズ、“宇宙”がテーマのパーティー感溢れるMV完成
Fri, 01 Feb 2019 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フレンズの新曲「地球を越えても」のMVが公開となった。

ライヴ会場限定販売CDのMVとなる本作は、フレンズの代表曲「夜にダンス」他、これまで数々のフレンズ作品を手掛けてきた加藤マニ監督による待望の新作。今ツアーのために制作された楽曲同様の“宇宙”をテーマに、ライヴコンセプトでもある“わくわく感”や“仲間と無限に楽しむ空間”を表現した、パーティー感溢れる映像作品に仕上がっている。しかも、宇宙空間で楽しむメンバーの演技や宇宙人に扮するエキストラの中にthe telephonesの岡本伸明が友情出演! 見どころ満載のMVを、ぜひチェックしてほしい。

会場限定シングル「地球を越えても」

2019年1月31日発売
※『2019新春ワンマンライブ』東京、大阪、名古屋の3会場限定販売



¥1,200(税込)
<収録曲>
01.地球を越えても
02.タイミング〜Timing〜 フレンズcover ver.
03.パーティーしよう!ヨコタ シンノスケ(キュウソネコカミ)remix

【ライブ情報】

『2019新春ワンマンライブ「プティパーティー!」』
2月02日(土) 大阪・GANZ toi,toi,toi
OPEN 17:00/START 17:30

『2019新春ワンマンライブ「ミディパーティー!」』
2月03日(日) 愛知・伏見 JAMMIN\'(名古屋)
OPEN 17:00/START 17:30



【関連リンク】
フレンズ、“宇宙”がテーマのパーティー感溢れるMV完成
フレンズまとめ
the telephonesまとめ
欅坂46が表現力と迫力をさらに押し進めた新MV「黒い羊」解禁

【関連アーティスト】
フレンズ, the telephones
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売

欅坂46が表現力と迫力をさらに押し進めた新MV「黒い羊」解禁
Fri, 01 Feb 2019 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

欅坂46の8thシングル「黒い羊」のMVが公開となった。

2019年最初のプロダクツで、前作「アンビバレント」から約半年ぶりとなる今作は、リリース情報解禁から大きな反響があり、タイトルの発表・楽曲のオンエア時も検索サイトでトレンド入り! また、メンバーもラジオやブログで“MVも楽しみにしていてほしい”と口々に語り、より期待は高まっていた。

「黒い羊」のMV監督は、「二人セゾン」「不協和音」「風に吹かれても」「ガラスを割れ!」「アンビバレント」なども手掛けた新宮良平。振付も引き続き、世界的なダンサーのTAKAHIRO(上野隆博)が担当している。

強いメッセージやアイドルらしからぬ激しい振付で観る者を唸らせてきた欅坂46だが、今作はさらにその表現力と迫力が押し進められ、胸に深く突き刺さる歌詞を、生きることの葛藤、さまざまな人との共存、対立などを抱きしめ合う振付、突き放す振付を軸に、見事にコンテンポラリーダンスで表現している。欅坂46史上、最もメッセージ性に溢れた作品と言っても過言ではない。

センターはデビューから8作連続で平手友梨奈が務めるも、各メンバーも約3年の活動で大きく成長しており、まさに欅坂46の“今”の集大成と言える作品になっている。欅坂46の魂が具現化されたかのような、まさに渾身のMVは必見だ。

■「黒い羊」MV
http://www.keyakizaka46.com/s/k46o/?ima=0000



【関連リンク】
欅坂46が表現力と迫力をさらに押し進めた新MV「黒い羊」解禁
欅坂46まとめ
赤西仁דぐでたま”のキャラクターカフェが話題沸騰中!

【関連アーティスト】
欅坂46
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, AKB, ミュージックビデオ, MV, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス

赤西仁דぐでたま”のキャラクターカフェが話題沸騰中!
Fri, 01 Feb 2019 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

赤西仁とサンリオの人気キャラクター“ぐでたま”のコラボレーションから生まれた『Jin×gudetama』のキャラクターカフェが、1月4日(金)に東京・三軒茶屋にオープンした。

『Jin×gudetama』は赤西仁がサンリオのメインキャラクターのひとつである“ぐでたま”とコラボするという新たな試みで、2018年8月に発表した際には国内ツイートランキング1位になった、話題沸騰のコラボ企画である。今後はコラボグッズやアパレル商品、現在約30万回視聴されているアニメーション制作など、多方面にわたる展開も予定しているとのこと。

このカフェは『Jin×gudetama』の世界観を表現した内装デザインが特徴的で、キャラクターにちなんだオリジナルカフェメニューや限定グッズを取り揃えている。カフェとしては珍しいWEBでの完全予約制にも関わらず、1月2日(水)12時に予約がスタートした際には一時サイトに不具合が生じるなど、待ちわびていたファンからのアクセスが集中した。現時点でも店内座席数30席に対し、約1万人以上の予約が殺到する話題沸騰のカフェだ。

ジャンルにとらわれない予測できない展開が予定されている『Jin×gudetama』。赤西仁が絶大なる人気を誇る中国、アジア進出など、今後の動向にも注目したい。

■Jin×gudetama CAFE オフィシャルHP
http://jingudetamacafe.com/

■Jin×gudetama オフィシャルHP
https://jingudetama.com/



【関連リンク】
赤西仁דぐでたま”のキャラクターカフェが話題沸騰中!
赤西仁まとめ
ゆず、20周年突入記念の弾き語りライブ映像をGYAO! にて期間限定無料配信

【関連アーティスト】
赤西仁
【ジャンル】
J-POP, 男性アイドル, ニュース, ジャニーズ, 発表, ポップス

ゆず、20周年突入記念の弾き語りライブ映像をGYAO! にて期間限定無料配信
Fri, 01 Feb 2019 12:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ゆずがデビュー20周年を記念して開催した『ゆず 20周年突入記念弾き語りライブ』の模様をGYAO! MUSIC LIVEにて期間限定無料配信を開始した。

■GYAO! 音楽
https://gyao.yahoo.co.jp/ct/music/

■【GYAO!MUSIC LIVE】

■配信タイトル:
『ゆず「LIVE FILMS ゆずのみ」』
■配信期間:
【前編】2019年2月1日 正午12:00〜2019年3月17日 23:59
【後編】2019年2月18日 正午12:00〜2019年3月17日 23:59
■URL
【前編】:https://gyao.yahoo.co.jp/player/11151/v00006/v0000000000000000058/
※【後編】は2月18日〜3月17日配信予定
■配信曲
1.春一番
02.DOME★BOMBAYE 20周年Ver.
03.いこう
04.待ちぼうけ
05.濃
06.贈る詩
07.春風
08.連呼
09.3番線
10.Go★Go!! サウナ



【関連リンク】
ゆず、20周年突入記念の弾き語りライブ映像をGYAO! にて期間限定無料配信
ゆずまとめ
M!LK、2ndアルバムの全曲紹介ムービーにはジャケット撮影時の未公開映像も!

【関連アーティスト】
ゆず
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ライブ, ワンマン, 音楽配信

M!LK、2ndアルバムの全曲紹介ムービーにはジャケット撮影時の未公開映像も!
Fri, 01 Feb 2019 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

M!LKが、2月6日にリリースするニューアルバム『Time Capsule』の全曲紹介スペシャルムービーを公開! ジャケット撮影時の未公開映像や、2018年11月に行なわれたライブでのショットなどもチェックできる見応えのある内容になっている。

アルバム『Time Capsule』は、7人体制で初となるアルバム作品。ジャケット撮影は初となる屋外ロケを敢行し、初回限定盤、通常盤、FC限定盤それぞれ時間の移ろいがそのままパッケージされている。

2月からはリリースイベントを控えており、3月2日(土)大阪・NHK大阪ホール公演を皮切りにはツアー『M!LK SPRING TOUR 2019 "Treasure Treasur"』を開催。詳細はオフィシャルHPまで!

■アルバム『Time Capsule』特設サイト
http://sp.sd-milk.com/

アルバム『Time Capsule』

2019年2月6日(水)発売



【初回限定盤】(CD+Blu-ray)
ZXRC-2040/¥3,500+税
※CD、Blu-ray共に「プレイパス(PlayPASS)」サービスに対応
【通常盤】(CD)
ZXRC-2041/¥2,500+税
※「プレイパス(PlayPASS)」サービスに対応

<収録曲>
■CD
1.Over The Storm
2.ハロー!
3.My Treasure
4.ボクラなりレボリューション[Album ver.]
5.Goin’ Down
6.Feel Alive
7.It’s only LOVE
8.サラブレッド御曹司CITY BOY
9.ジャングリズム
10.Brave Saga
11.上昇思考クライマー
12.Around The World
13.交差点、信号、君と僕
14.愛と合図
■Blu-ray
2018年11月23日『M!LK THE LIVE 2018 〜わちゃ? & cool これがM!LKっ〜』@豊洲PIT LIVE
・Overture ・ハロー!
・ジャングリズム
・Goin’ Down
・May 
・Around The World+8thシングル「Over The Storm」MUSIC VIDEO

【ライブ情報】

■リリースイベント
2月02日(土) 名古屋・愛知県名古屋市内
2月06日(水) 東京・ららぽーと豊洲 シーサイドデッキ メインステージ
2月09日(土) 仙台・仙台駅前 E BeanS 10F屋上スペース
2月10日(日) 東京・東京ドームシティ ラクーアガーデンステージ
※日程、場所は急遽変更になる可能性もございます。

■『M!LK SPRING TOUR 2019 "Treasure Treasur"』
3月02日(土) 大阪・NHK大阪ホール
3月03日(日) 愛知・日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
【1部】開場14:00 / 開演14:30
【2部】開場17:30 / 開演18:00
3月23日(土) 宮城・仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール
4月02日(火) 福岡・福岡国際会議場
5月11日(土) 東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日(日) 東京・昭和女子大学人見記念講堂



【関連リンク】
M!LK、2ndアルバムの全曲紹介ムービーにはジャケット撮影時の未公開映像も!
M!LKまとめ
SIX LOUNGE、Zepp Fukuoka公演&新木場STUDIO COAST公演決定

【関連アーティスト】
M!LK
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, トレーラー, アルバム

SIX LOUNGE、Zepp Fukuoka公演&新木場STUDIO COAST公演決定
Fri, 01 Feb 2019 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大分発のスリーピースロックバンド、SIX LOUNGE。3月にクアトロツーマンツアー『SIX LOUNGE TOUR 2019 “with LOVE"』を控えているが、夏のツアーを発表した。
 
ツアータイトルは『SIX LOUNGE TOUR 2019 “in LOVE"』。6月1日(土)にZepp Fukuoka、6月9日(日)に新木場STUDIO COASTという、これまでのツアーの会場キャパをこえるサイズで開催される。これまでのツアーでも各会場ソールドアウトが続出していたが、会場が広くなってもチケットの完売は必至だ。ライブハウスシーンで爆発的に動員力が上昇中のSIX LOUNGEが、さらなる進化を見せてくれることは間違いない。

photo by :Keiichiro Natsume

■【ライブ情報】

『SIX LOUNGE TOUR 2019 “in LOVE"』
6月01日 (土) 福岡・Zepp Fukuoka
6月09日 (日) 東京・新木場STUDIO COAST
■詳細はこちら
https://six-lounge.com/

『SIX LOUNGE TOUR 2019 “with LOVE"』
3月21日 (木・祝) 東京・渋谷CLUB QUATTRO
ゲストバンド:OLEDICKFOGGY
3月24日 (日) 愛知・名古屋CLUB QUARTTO 
ゲストバンド:WOMCADOLE
3月26日 (火) 大阪・梅田CLUB QUATTRO 
ゲストバンド:THE FOREVER YOUNG
3月28日 (木) 広島・CLUB QUATTRO
ゲストバン:ハルカミライ

ミニアルバム『ヴィーナス』

発売中



【初回盤】(CD+DVD)
UPCH-7462/¥2,970(税込)
【通常盤】(CD)
UPCH-2176/¥1,944 (税込)
<収録曲>
■CD
1、MARIA
2、MIDNIGHT RADIO
3 、青に捧ぐ
4、ピアシング
5、ラストシーン
6、憂鬱なブルー
■DVD ※初回盤のみ
『SIX LOUNGE TOUR 2018 “夢うつつ"』at LIQUIDROOM 2018.06.20 
1、10号線
2、STARSHIP
3 、ふたりでこのまま
4、ZERO
5、ORANGE
6、SHEENA
7、LULU
8、トラッシュ
9、SUMMER PIXY LADY
10、メリールー
11、くだらない
12、俺のロックンロール
13 、僕を撃て
他、オフショット映像



【関連リンク】
SIX LOUNGE、Zepp Fukuoka公演&新木場STUDIO COAST公演決定
SIX LOUNGEまとめ
ももすももす、デビューシングルに5本のタイアップが決定

【関連アーティスト】
SIX LOUNGE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, ツアー

ももすももす、デビューシングルに5本のタイアップが決定
Fri, 01 Feb 2019 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月13日に日本コロムビア/TRIADからデビューするシンガーソングライター、ももすももす。そのデビューシングル曲「木馬」が、日本テレビ系『逢喜利』2月エンディングテーマ、日本テレビ系『バズリズム02』Pick Up、日本テレビ系『バゲット』2月エンディングテーマ、関西テレビ『ちゃちゃ入れマンデー』2月度エンディングテーマと4本のタイアップに決定した。さらに、カップリング曲「Confession」もTBS系テレビ『CDTV』2月度エンディングテーマに起用された。

また、4月28日(日)には、東京・Future SEVENで待望のレコ発ライヴが開催決定! こちらはCD購入者応募特典として無料招待制で行なわれる。

「木馬」はCDリリースに先行して2月11日よりデジタル配信となるが、iTunes Storeではプレオーダー&全曲試聴がスタート。スペシャル予約特典として、2018年9月にデビューに先駆けてMV公開した「うさぎの耳」のデモ音源が用意されているので、こちらもチェックしてみてほしい。

■「木馬」タイアップ
・日本テレビ系『逢喜利』2月エンディングテーマ
https://www2.ctv.co.jp/ougiri/
・日本テレビ系『バズリズム02』Pick Up
http://www.ntv.co.jp/buzzrhythm/
・日本テレビ系『バゲット』2月エンディングテーマ
https://www.ntv.co.jp/baguette/
・関西テレビ『ちゃちゃ入れマンデー』2月度エンディングテーマ
https://www.ktv.jp/chacha/

■「Confession」タイアップ
・TBS系テレビ『CDTV』2月度エンディングテーマ
http://www.tbs.co.jp/cdtv/

■『「木馬」発売記念ライブ』

4月28日(日)  東京・Future SEVEN
開場17:30 / 開演18:00(予定)

2月13日発売のCD「木馬」購入者より抽選にてご招待!!
CD封入の応募要項に従ってご応募ください。
応募〆切:2019年3月31日(日)23:59

シングル「木馬」

2019年2月13日発売



COCA-17562/¥1,000+税
<収録曲>
01.木馬
02.Confession
03.木馬(instrumental ver.)
04.Confession(instrumental ver.)

◎「木馬」iTunes Storeプレオーダー&試聴スタート
https://geo.itunes.apple.com/jp/album/id1450768824?app=itunes
予約特典:「うさぎの耳(demo)」
予約期間:2019年2月1日(金)0:00〜2019年2月10日(日)23:59



【関連リンク】
ももすももす、デビューシングルに5本のタイアップが決定
ももすももすまとめ
ONE OK ROCK、新曲「Wasted Nights」が映画『キングダム』の主題歌に決定

【関連アーティスト】
ももすももす
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典, 配信, ポップス, ライブ, ワンマン, エンディング, 音楽配信

ONE OK ROCK、新曲「Wasted Nights」が映画『キングダム』の主題歌に決定
Fri, 01 Feb 2019 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月19日(金)に公開となる映画『キングダム』の主題歌にONE OK ROCK の最新楽曲「Wasted Nights」が決定! そして、 2月1日より各社配信サイト、サブスクリプションサービスにて配信がスタートとなった。

映画のために書きおろされた「Wasted Nights」は、映画の世界観にも通じる前に進み続ける決意を感じさせる楽曲。 圧倒的で心震わせるその旋律、聴く者の心の奥底にまで届くTakaの伸びやかな声が時代が動き出そうとする物語とシンクロし、楽曲のスケールをより高みへと押し上げている。

映画『キングダム』 は、中国春秋戦国時代を舞台に、大将軍になるという夢を抱く戦災孤児の少年・信と、中華統一を目指す若き王・?政(後の秦の始皇帝)を壮大なスケールで描く漫画『キングダム』が原作。映画の監督に佐藤信介、主演の信(しん)役に山崎賢人を迎え、?政(えいせい)役に吉沢亮、楊端和(ようたんわ)役に長澤まさみ、河了貂(かりょうてん)役に橋本環奈、そして、大将軍・王騎(おうき)役に大沢たかおらが集結した。超豪華キャスト陣がそろい踏み、彼らにしかできない『キングダム』か?完成する。

そして、劇場のスクリーンにて流れる予告映像には、友を奪われた主人公・信と、玉座を奪われた若き王・?政の出会いが描かれ、クーデターの首謀者・成?の不敵な笑みや楊端和率いる山の民、王騎の荒ぶる矛など、見どころ満載。さらには、豪華キャストによるアクションシーンや、中国ロケならではのド迫力の映像が押し寄せてくる。今後の展開にも注目してほしい。

■【コメント】

■松橋真三プロデューサー
映画『キングダム』の主題歌を ONE OK ROCK にオファーしたのは脚本作りを始めた 2015年のことて?す。 まだ形も出来ていない企画の段階でしたが、ONE OK ROCK の主題歌は『キングダム』にとってなくてはならない大事な大事なピースのひとつた?ったのて?す。
『キングダム』には「強い夢と志が自分を作り、そして世界を変えていく」という大事なメッセージが内包されていると思っています。そんなメッセージを世界に通じる生きた言葉で素晴らしい楽曲にしてくれるのは彼らしかいないと思っていました。承諾をいただき、楽曲『Wasted Nights』を始めて聞いたときには本当に感動し、映画をひとまわりもふたまわりも大きくしてくれた彼らの楽曲に本当に感謝しています。素晴らしい映画のラストシーンに主題歌を聞きながら、必ずや自分の魂が熱く震えていることを保証します。

■Taka (ONE OK ROCK)
今回主題歌のお話をいただいた時、ちょうど新しいアルバム“Eye of the Storm"の制作をしていました。
曲のイメージを作るために完成前の映画を観させていただき、その規模感に感動しました。 "壮大さ"、"ビッグアンセム"をテーマに楽曲を作り、試行錯誤を重ねていき、 自他共に「これはいい!」と思える曲、"Wasted Nights"か?完成しました。
映画の壮大さに負けないような曲を書いたつもりですので、映画と共に、主題歌もお楽しみくた?さい。

アルバム『Eye of the Storm』

2019年2月13日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
AZZS-81/¥3,500+税
【通常盤】(CD)
AZCS-1074/¥3,000+税


【映画『キングダム』作品概要】

公開:2019年4月19日(金)
監督:佐藤信介
脚本:黒岩勉 佐藤信介 原泰久
<出演>
山?賢人
吉沢 亮 長澤まさみ 橋本環奈 本郷奏多
満島真之介 阿部進之介 深水元基 六平直政 ?嶋政宏 要潤
橋本し?ゅん 坂口 拓 宇梶剛士 加藤雅也 石橋蓮司 大沢たかお

■公式サイト https://kingdom-the-movie.jp/
(c)原泰久/集英社 (c)2019 映画「キングダム」製作委員会



【関連リンク】
ONE OK ROCK、新曲「Wasted Nights」が映画『キングダム』の主題歌に決定
ONE OK ROCKまとめ
yohiaco、2nd アルバム詳細&最新アーティスト写真を公開

【関連アーティスト】
ONE OK ROCK
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 新曲, 主題歌, 映画

yohiaco、2nd アルバム詳細&最新アーティスト写真を公開
Fri, 01 Feb 2019 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Eins:VierのHIROFUMI(Vo)とYOSHITSUGU(Gt)からなるアコースティックユニット、yohiacoが3月13日にリリースする2nd アルバム『k??n』の詳細と最新アーティスト写真を解禁した。

3年振りとなる2ndアルバム『k??n』は結成時に創られた曲から最新曲までライブでは馴染みのある全11曲を収録しており、盟友とも言える2人が紡ぐ音と言葉は単なるアコースティックサウンドにとどまらず、深い息遣いと大きな蠢きを包み込む懐の深い音像となっている。

また、リードトラックとなる「稜線」がリリックMVとしてyoutube yohiaco channelにて公開されるとともに、アルバムリリースに先駆けて2月2日から先行配信されることも決定した。

■youtube yohiaco channel
https://www.youtube.com/user/yohiacoOfficial

アルバム『k??n』

2018年3月13日(水) 発売



yhac-02/¥3,000(税抜)
<収録曲>
01.空色ボタン
02.月光
03.稜線
04.衝動
05.君惑うニュアンス
06.二次元上のパーフェクト 
07.yes i do
08.凍りゆく世界
09.Happy?
10.ゆらゆらゆれてる
11.ララ・ララ

『tabiyuco tour2019 **2nd Album “k??n" レコ発*全国18ヶ所巡り**』

3月17日(日) 下北沢Laguna  ※SOLD OUT
3月23日(土) 長野NEON HALL
3月24日(日) 高崎WOAL
3月29日(金) 北堀江SUPER RETRO MACHINE
3月30日(土) 神戸STUDIO ARTRIUM
3月31日(日) 名古屋 sunsetBlue
4月06日(土) 高松RUFF HOUSE
4月07日(日) 広島ふらんす座
4月13日(土) 長崎BODYIISOUL
4月14日(日) 博多Drum Legend
4月20日(土) 仙台Cafe de Lucille
4月21日(日) 宇都宮STUDIO KENT
4月27日(土) 横浜JAM THE SECOND
5月11日(土) 函館Restaurant Pub The Beats
5月12日(日) 札幌musica hall cafe
5月18日(土) 大阪POTATO KID
5月19日(日) 京都いるか喫茶バー  ※SOLD OUT
5月25日(土) 渋谷VUENOS TOKYO
<チケット>
前売¥4,000 当日¥4,500
(別途ドリンク代 ※京都公演のみ不要)



【関連リンク】
yohiaco、2nd アルバム詳細&最新アーティスト写真を公開
yohiacoまとめ
Eins:Vierまとめ

【関連アーティスト】
yohiaco, Eins:Vier
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, CD, アルバム, リリース













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1