歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2019年01月18日)
バックナンバー
最新ニュース
2019/01/27
2019/01/26
2019/01/25
2019/01/24
2019/01/23
2019/01/22
2019/01/21
2019/01/20
2019/01/19
2019/01/18
2019/01/17
2019/01/16
2019/01/15
2019/01/14
2019/01/13
2019/01/12
2019/01/11
2019/01/10
2019/01/09
2019/01/08
2019/01/07
2019/01/06
2019/01/05
2019/01/04
2019/01/03
2019/01/02
2019/01/01
2018/12/31
2018/12/30
2018/12/29
2018/12/28
2018/12/27
2018/12/26
2018/12/25
2018/12/24
2018/12/23
2018/12/22
2018/12/21
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
マキシマム ザ ホルモン、とあるCMへの出演に伴いライブエキストラを緊急大募集
Fri, 18 Jan 2019 23:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

マキシマム ザ ホルモンが“とあるCM"への出演に伴い、ライブシーン撮影時における約700名のエキストラを募集! 1月22日(火) 18:00までエキストラ募集専用応募ページから応募できるので、興味のある方はぜひ申し込んでほしい。

オーディエンス役としてスーツ等のフォーマルな服装で激しく動ける事が応募条件の1つとなっており、どのようなCMになるのか今から楽しみだ。

■エキストラ募集専用応募ページ
http://www.55mth.com/2019cmextra.com/



【関連リンク】
マキシマム ザ ホルモン、とあるCMへの出演に伴いライブエキストラを緊急大募集
マキシマム ザ ホルモンまとめ
BUCK-TICK、バンド初の幕張メッセ2DAYSに向けたトレーラー映像を公開

【関連アーティスト】
マキシマム ザ ホルモン
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

BUCK-TICK、バンド初の幕張メッセ2DAYSに向けたトレーラー映像を公開
Fri, 18 Jan 2019 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BUCK-TICKが、2019年5月25日(土)26日(日)の2日間にわたって幕張メッセで行なうワンマンライブ『ロクス・ソルスの獣たち』に向けたトレーラー映像を公開した。

このトレーラー映像は、2018年12月29日に開催されたBUCK-TICKの日本武道館公演『TOUR No.0 -FINAL-』の終演後に、巨大スクリーンで流された映像。チケット即完売、約1万人のオーディエンスで埋め尽くされた会場で、ファンのためだけにサプライズで届けられたものだ。バンド自身初となる幕張メッセでのワンマンライブ、それも2DAYSであったため、会場は驚きと喜びの大きな歓声に包まれた。

タイトルからして意味深な“ロクス・ソルスの獣たち”、いったいどの様なライヴになるのか是非その目で確かめてほしい。なお、チケットなどの詳しい情報はBUCK-TICKオフィシャルサイトをチェック!

そして、その日本武道館公演『TOUR No.0 -FINAL-』のスペシャルリポートも公開となった。本ライヴは急病により療養を余儀なくされたヴォーカル・櫻井敦司の復帰ライヴともなり、ファンはもちろんのことメンバーにとっても特別なライヴとなった。そのライヴの模様を、同年のツアーに最も多く足を運んだライターの大窪由香が克明にリポート。未公開の写真も含むライヴ写真を公開するなどスペシャルな内容になっている。

2019年のBUCK-TICKは、ライヴ映像作品『TOUR No.0』を4月24日(水)にリリースすることも発表している。本作は、アルバム『No.0』のホールツアー『BUCK-TICK 2018 TOUR No.0』の追加公演として、2018年7月26日に東京国際フォーラム ホールAにて行なわれたライヴパフォーマンス全21曲を余すところなく収録した映像作品だ。

完全生産限定盤と通常盤の2種類が用意され、完全生産限定盤にはライヴハウスツアー『TOUR No.0 - Guernican Moon -』から、2018年11月10日の豊洲PIT公演全21曲の映像を収録したボーナスディスクが付属。さらに、全64ページのPHOTOBOOKをセットしたスペシャルパッケージ仕様となる。早期予約キャンペーンも開催中で、特典は“『TOUR No.0』オリジナルノート"(A5変形サイズ)。対象期間は、2019年3月24日(日)までなので、ご予約はお早めに!

■『TOUR No.0 -FINAL-』スペシャルリポート
https://www.jvcmusic.co.jp/-/News/A000980/178.html

『ロクス・ソルスの獣たち』

5月25日(土) 幕張メッセ 国際展示場9・10・11ホール
5月26日(日) 幕張メッセ 国際展示場9・10・11ホール

Blu-ray&DVD『TOUR No.0』

2019年4月24日発売



【Blu-ray 完全生産限定盤】(2Blu-ray)
VIZL-1528/¥12,000+税
※フォトブック付属
※スペシャルパッケージ仕様
【Blu-ray 通常盤】(Blu-ray)
VIXL-261/¥6,000+税
【DVD 完全生産限定盤】(2DVD)
VIZL-1529/¥11,000+税
※フォトブック付属
※スペシャルパッケージ仕様
【DVD 通常盤】
VIBL-936/¥5,500+税
<収録曲>
■DISC1
『TOUR No.0』LIVE at 東京国際フォーラム ホールA [2018.7.26]
<収録曲>
1.零式13型「愛」
2.美醜LOVE
3.サロメ - femme fatale -
4.Ophelia
5.光の帝国
6.ノスタルジア - ヰタ メカニカリス -
7.PINOA ICCHIO - 躍るアトム -
8.メランコリア-ELECTRIA-
9.IGNITER
10.残骸
11.楽園
12.BABEL
13.Moon さよならを教えて
14.ゲルニカの夜
15.胎内回帰
16.GUSTAVE
17.薔薇色十字団 - Rosen Kreuzer -
18.ROMANCE
19.NATIONAL MEDIA BOYS
20.REVOLVER
21.Solaris
■DISC2 ※完全生産限定盤Blu-ray&DVDのみ
『TOUR No.0 - Guernican Moon -』LIVE at 豊洲PIT [2018.11.10]
1.エリーゼのために
2.美醜LOVE
3.光の帝国
4.サロメ - femme fatale -
5.月蝕
6.IGNITER
7.BABEL
8.Moon さよならを教えて
9.GUSTAVE
10.Baby, I want you.
11.薔薇色十字団 - Rosen Kreuzer -
12.Cuba Libre
13.Mr.Darkness & Mrs.Moonlight
14.BOY septem peccata mortalia
15.Memento mori
16.零式13型「愛」
17.ゲルニカの夜
18.胎内回帰
19.TANGO Swanka
20.狂気のデッドヒート
21.鼓動



【関連リンク】
BUCK-TICK、バンド初の幕張メッセ2DAYSに向けたトレーラー映像を公開
BUCK-TICKまとめ
事務員Gがピアノアレンジした音楽ゲーム『ノスタルジア』の楽曲をCDリリース決定

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, DVD, Blu-ray, ライブ, チケット

事務員Gがピアノアレンジした音楽ゲーム『ノスタルジア』の楽曲をCDリリース決定
Fri, 18 Jan 2019 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

株式会社コナミアミューズメントの音楽ゲームの統一ブランド『BEMANI』の大人気音楽シミュレーションゲーム『ノスタルジア』シリーズに収録された楽曲を、ピアノアレンジで初収録したファン待望のアルバム『BEMANI PIANO COLLECTION ノスタルジア』が、ヤマハミュージックコミュニケーションズより2月27日にリリースされる。

今回のCDには、2018年9月に稼働開始した新バージョン『ノスタルジア Op.2』より「ネリと琥珀糖」などの楽曲や、前作のストーリー楽曲より「I」「Claustra」、『BEMANI』の複数機種に収録されている「隅田川夏恋歌」など、全20曲を収録予定。

そしてピアノアレンジと演奏は、ニコニコ動画などインターネット上から音楽活動を開始した、作曲や編曲など現在多方面にわたって活躍中の人気演奏家・事務員G。『ノスタルジア』の楽曲が、彼の個性的で多才なフィルターを通して新たな魅力を持って紡ぎだされ、その繊細で優雅な美しいピアノサウンドによって披露される。そしてブックレットには、4,000文字を超える全曲ライナーノーツも掲載!

また、『ノスタルジア Op.2』のメインビジュアルでデザインされたジャケットも合わせて公開。ブックレットの中身もゲームに使用されている楽曲のジャケット画像やキャラクターなど『ノスタルジア』のイラスト世界で彩られている。

先行して発表された、3月2日に銀座ヤマハホールで開催されるピアノコンサート『ノスタルジア Real Recital 〜陶酔の世界に誘うピアノ演奏会〜』は、発表と共にSNS等で大きな話題となり、チケットは発売1時間で完売したが、急遽追加昼公演も決定し近日詳細が発表される予定なのでお楽しみに!

2017年3月1日より稼動した『ノスタルジア』シリーズは、ピアノをモチーフに曲を奏でる楽しさと演奏感を追求した音楽ゲーム。楽曲は、『BEMANI』楽曲のピアノ・アレンジやオリジナル楽曲に加え、人気のJ-POPやアニメ曲、クラシックの名曲などピアノの旋律が美しいものから選曲されている。中世の郷愁を感じさせるアニメーションとともに正統派ファンタジーの世界や鍵盤デバイスによるプレイスタイルが男性ユーザーはもちろん、女性ユーザーにも人気だ。

アルバム『BEMANI PIANO COLLECTION ノスタルジア』(演奏:事務員G)

2019年2月27日(水)発売



YCCS-10065/¥2,916(税込)
【CD】
<収録曲>
「ネリと琥珀糖」
作曲:sasakure.UK
「アーカーシャの碑文」
作曲:南ゆに
「Somnio」
作曲:onoken
「I」
作曲:Konami Amusement(脇田潤)
「飽和世界」
作曲:Konami Amusement(Naoyuki Sato)
「ユメイロムスビ」
作曲:Konami Amusement(DJ TOTTO)
「zeeros」
作曲:onoken
「Claustra」
作曲:Konami Amusement(Akhuta)
「Theme of Ricerca」
作曲:Konami Amusement(Aritomo Hamada)
「隅田川夏恋歌」
作曲:村井聖夜
他、全20曲収録予定

■Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B07L6TC3XK/
■商品ページ
https://www.yamahamusic.co.jp/s/ymc/discography/993

『ノスタルジア Real Recital 〜陶酔の世界に誘うピアノ演奏会〜』

3月02日(土) 東京・ヤマハホール
開場18:00 開演18:30
出演:事務員G(ピアノ)
ゲスト:コンポーザー ほか予定
※チケット完売
※追加公演(昼公演)開催予定!

■コンサート公式サイト https://www.yamaha-meh.co.jp/business/event/konami-nostalgia/

【音楽ゲーム『ノスタルジア』とは】

『ノスタルジア』とは、2017年3月1日より稼働開始した、株式会社コナミアミューズメントのアミューズメント施設向け音楽ゲーム、コナミアミューズメントの音楽ゲームの統一ブランドである。
『BEMANI』の中でも、「ノスタルジア」シリーズはピアノをモチーフに曲を奏でる楽しさと演奏感を追求した音楽ゲーム。プレーヤーの演奏に合わせたキー音や、実際の音階に沿ったノート配置、実際のピアノと同じサイズの鍵盤型デバイスなどにより、高い演奏感を得ることができる。さらに、最新作である「ノスタルジア Op.2(ノスタルジア オーパスツー)」では、鍵盤を弾く強さに応じて音の強弱が付くようになり、よりピアノらしさを感じられるようになった。収録楽曲は、『BEMANI』楽曲のピアノアレンジや書き下ろし曲に加え、人気のJ-POPやアニメ曲、クラシックの名曲などピアノの旋律が美しいものから選曲されている。

■『ノスタルジア』公式サイト
https://p.eagate.573.jp/game/nostalgia/op2/



【関連リンク】
事務員Gがピアノアレンジした音楽ゲーム『ノスタルジア』の楽曲をCDリリース決定
事務員Gまとめ
majiko、EP『COLOR』の全曲ダイジェストやインタビューなどを続々公開

【関連アーティスト】
事務員G
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ゲーム

majiko、EP『COLOR』の全曲ダイジェストやインタビューなどを続々公開
Fri, 18 Jan 2019 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

majikoが1月23日にリリースする新作EP『COLOR』の収録曲全曲をダイジェストで聴けるクロスフェード動画を解禁! さらに、ライターのふくりゅうによるオフィシャルインタビューとmajiko本人による全曲セルフライナーノーツも公開となった。

EP『COLOR』は、シンガーソングライターのMichael Kanekoが手掛けたリードトラック「狂おしいほど僕には美しい」をはじめ、自身が作詞作曲を手掛けた「ミミズ」や、DJ Mitsu the Beatsが手掛け、ヒップホップユニットのGAGLEがフィーチャリング参加した「Scratch the world feat. GAGLE」、そしてmajikoが10代の頃からよく聴いていたクーラ・シェイカーの「HUSH」(オリジナルはビリー・ジョー・ロイヤル)と、スティーヴィー・ワンダーの「Don\'t You Worry \'Bout A Thing」のカバーが収録される。今回コラボしたGAGLEからのコメントも届いているので、ぜひチェックしてほしい。

また、EPの発売日にはLINE ミュージック・チャンネルよりトーク&ミニライヴ生配信も決定! バンドメンバーが駆け付け、ライブ映像を見ながらトークするコーナーや、「狂おしいほど僕には美しい」と「ミミズ」がアコースティックセットで披露されるので、こちらもお聴き逃しなく。

■EP『COLOR』オフィシャルインタビュー
https://www.universal-music.co.jp/majiko/news/2019-01-18-interview/
■EP『COLOR』セルフライナーノーツ
https://www.universal-music.co.jp/majiko/news/2019-01-18-commentary/
■GAGLEからのコメント
https://www.universal-music.co.jp/majiko/news/2019-01-18-comment/

『majiko、EP『COLOR』発売記念トーク&ミニライブ』

放送日時:1月23日(水)20:00〜21:00 ※予定
https://live.line.me/channels/73/upcoming/10432812
<放送内容>
majiko EP『COLOR』の発売を記念して、トーク&ミニライブを生配信! バンドメンバーが駆けつけ、ライブ映像を見ながらトークするコーナーも。「狂おしいほど僕には美しい」と「ミミズ」をアコースティックセットで披露。

EP『COLOR』

2019年1月23日発売



【限定盤】(CD+DVD)
UICZ-9110/¥3,000(税抜)
※プレイパス(R)対応
<収録曲>
■CD
01.狂おしいほど僕には美しい
02.ミミズ
03.Scratch the world feat. GAGLE
04.Don\'t You Worry \'Bout A Thing
05.HUSH
■DVD(2018年11月7日に開催されたワンマンLIVE -Come on, LIVE or Regret-の模様を収録)
Learn to Fly
エスケイパー
ロキ
アガルタの迷い子
ノクチルカの夜
心做し
ひび割れた世界
Avenir
パラノイア
世田谷ナイトサファリ
アマデウス
ミミズ




【通常盤】(CD)
UICZ-5102/¥1,800+税
※プレイパス(R)対応

◎法人別特典(オリトク)
・アマゾン オリジナル特典
クリアファイルA Illustration:Kate Baylay
・タワーレコード オリジナル特典
クリアファイルB Illustration:Kate Baylay
・サポート店特典
オリジナルロゴステッカー Illustration:Kate Baylay



【関連リンク】
majiko、EP『COLOR』の全曲ダイジェストやインタビューなどを続々公開
majikoまとめ
SYU(GALNERYUS)、豪華ゲストを迎えたニューアルバムのトレーラー公開

【関連アーティスト】
majiko
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, リリース, EP

SYU(GALNERYUS)、豪華ゲストを迎えたニューアルバムのトレーラー公開
Fri, 18 Jan 2019 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

JメタルのトップランナーであるGALNERYUSを率いるギターヒーロー、SYUが初のヴォーカリストをフィーチャリングしたソロアルバム『VORVADOS』を1月23日にリリースする。今回、同作の全曲トレーラーが公開となった。

アルバム『VORVADOS』はAKANE LIV(LIV MOON)、Fukiといったメタルディーバに加え、新進気鋭のヴォーカリストのHARUKA(TEARS OF TRAGEDY)、DOUGEN (THOUSAND EYES)、メタル以外のフィールドからは団長(NoGoD)、苑(摩天楼オペラ)といったヴィジュアル系人気ヴォーカリストをゲスト起用! また、『LOUD PARK 2017』にも出演して話題を呼んだJacky Vincent(CRY VENOM)がギタリストとして、さらにGALNERYUSでも活動を共にする小野正利、YUHKIまでが参加した、超豪華な内容だ。公開されたトレーラーはフィーチャリング曲を網羅したものになっており、いち早くアルバムの中身を聴くことができる。

また、本作の発売を記念してディスクユニオン渋谷パンク・ヘヴィメタル館でのSYUサイン会も決定。さらに、2月1日(金)にEX THEATER ROPPONGIで開催される『GALNERYUS 15周年スペシャルライブGALNERYUS 15th Anniversary 〜Radiance〜 The Notes Of Our Glory』では、豪華ゲストを迎えて『VORVADOS』からの楽曲の披露も決定しているので、こちらも併せて注目を!

アルバム『VORVADOS』

2019年1月23日発売



WPCL-12983/¥2,800+税
<収録曲>
01.VORVADOS Music:SYU
02.REASON Lyrics:Fuki, Music:SYU
03.ここで区切れと天使は歌う Lyrics:苑, Music:SYU
04.暁 Lyrics:HARUKA, Music:SYU
05.Euphoria Lyrics:団長, Music:SYU
06.Chaotic Reality Lyrics & Music:SYU
07.CACOTOPIA Lyrics & Music:SYU
08.AndroiDedication Lyrics:Fuki, Music:SYU
09.哀傷 Lyrics:小野正利, Music:SYU
10.未完成の翼 Lyrics:HARUKA, Music:SYU
11.Blessing Music:SYU

All Songs Arranged & Sound Produced by SYU & Yorimasa Hisatake
SYU:Guitar, Bass, Keyboards, Programming, Vocal(Tr.7), Chorus

<Guest Musicians>※順不同
Fuki(from Fuki Commune):Vocal(Tr.2, 8)
苑(from 摩天楼オペラ):Vocal(Tr.3)
HARUKA(from TEARS OF TRAGEDY):Vocal(Tr.4, 10)
団長(from NoGoD):Vocal(Tr.5)
AKANE LIV(from LIV MOON):Vocal(Tr.6)
DOUGEN(from THOUSAND EYES):Vocal(Tr.6)
小野正利(from GALNERYUS):Vocal(Tr.9)
YUHKI(from GALNERYUS):Keyboards(Tr.3, 4, 9)
Jacky Vincent(from CRY VENOM):Guitar(Tr.5)

Produce by Yorimasa Hisatake

◎店舗購入特典
・Amazon.co.jpオリジナル特典:ステッカー(Amazon.co.jp ver.)
※特典無しの商品も取り扱っていますのでご注意ください。
・その他応援店特典:ステッカー
※特典の取り扱い有無については各店舗様にお問い合わせください。

【ライブ・イベント情報】

■『SYU(from GALNERYUS)『VORVADOS』発売記念インストア・イベント』
1月24日(木) 東京・ディスクユニオン渋谷パンク・ヘヴィメタル館
19:00スタート(整列開始 18:50予定)
参加メンバー:SYU(from GALNERYUS)
内容:ジャケットサイン会
※参加方法、その他詳細については下記をご参照ください。
https://diskunion.net/metal/ct/news/article/4/79051

■『GALNERYUS 15th Anniversary 〜Radiance〜 The Notes Of Our Glory』
2月01日(金) 東京・EX THEATER ROPPONGI
open 17:00 / start 18:00
<チケット>
前売り スタンディング¥5,500 / 指定席¥6,000



【関連リンク】
SYU(GALNERYUS)、豪華ゲストを迎えたニューアルバムのトレーラー公開
SYUまとめ
GALNERYUSまとめ
AKANE LIVまとめ
LIV MOONまとめ

【関連アーティスト】
SYU, GALNERYUS, AKANE LIV, LIV MOON, Fuki, NoGoD, 摩天楼オペラ, 小野正利
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, バンド, シンガーソング・ライター, トレーラー, CD, アルバム, キャンペーン, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典, メタル, ライブ, ワンマン, チケット

THE YELLOW MONKEY、19年振りのアルバム『9999』は“再集結ベスト”的な内容に!
Fri, 18 Jan 2019 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE YELLOW MONKEYの19年ぶりとなるオリジナルアルバム『9999』の収録曲が公開された。

2016年の再集結以降に発表してきた「ALRIGHT」「ロザーナ」、シングル「砂の塔」、デジタル配信シングル「Stars」「Horizon」「天道虫」、1月10日(木)からスタートしたテレビ朝日系列木曜ミステリー『刑事ゼロ』の主題歌でもある新曲「I don\'t know」など、全13曲を収録した、まさに“再集結ベスト”とも言える内容となっている。

同時にアルバムのジャケット写真も公開! 2001年の活動休止、2004年の解散、そして2016年の再集結を経て、良いことも悪いことも4人で乗り越えてきた今、最新形のTHE YELLOW MONKEYとして作り上げた本作には、“9999は4桁の最大数=4人の最大限を”という意味が込められており、アルバム名を全面に表現したジャケット作品となっている。デザインはドイツ在住のアートディレクターグループ・Rocket & Winkが手掛けており、コラージュが生命のサイクル、宇宙、過去と未来、葛藤を表現し、グラフィックが文明や都市、生命、動物、草花を象徴するように制作された。

また、アルバムの購入特典も合わせて発表された。対象店舗で初回生産限定盤、もしくは通常盤を購入すると、先着で16年ぶりのアリーナツアー幕開けとなった2016年5月11日に国立代々木競技場 第一体育館で演奏された「プライマル。」のライヴ映像をオリジナル編集で収録したDVD『SELECTION of THE YELLOW MONKEY【primal】』がプレゼントされる。そして、ダウンロードアルバムには、インディーズ時代の未レコーディング音源「毛皮のコートのブルース」を今のTHE YELLOW MONKEYが初録音し、ボーナストラックとして収録する。

そして、今作の発売を記念した特設サイトもオープン! 全ての情報が集約された特設サイトも要チェックだ。

■『9999』特設サイト
https://tym9999.com/

アルバム『9999』

2019年4月17日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31619〜20/¥4,500+税
【通常盤】(CD)
WPCL-13119/¥3,000+税

<収録曲>
■CD
01.この恋のかけら
02.天道虫
03.Love Homme
04.Stars(9999 Version)
05.Breaking The Hide
06.ロザーナ
07.Changes Far Away
08.砂の塔
09.Balloon Balloon
10.Horizon
11.Titta Titta
12.ALRIGHT
13.I don\'t know
■DVD ※初回生産限定盤のみ
(1)再集結以降に行なわれたライヴから『SELECTION of THE YELLOW MONKEY』と題した選りすぐりのライヴ映像10曲を収録。
・楽園(2016.05.11 国立代々木競技場 第一体育館)
・熱帯夜(2016.08.28 福島・あづま総合体育館)
・ROCK STAR(2016.09.01熊本B.9 V1)
・パンチドランカー(2016.12.18 倉敷市民会館)
・聖なる海とサンシャイン(2016.12.28 日本武道館)
・O.K.(2017.11.05 三重県文化センター(大ホール))
・ALRIGHT(2017.12.10 東京ドーム)
・追憶のマーメイド(2017.12.28 福岡ヤフオク!ドーム)
・天道虫(2018.12.28 日本武道館)
・Subjective Late Show(2015.08.某日 都内スタジオ)
(2)YouTube番組『STORY of THE YELLOW MONKEY』の未公開レア映像を含む、アルバム制作期間中のドキュメンタリー映像

【ダウンロード・アルバム】
価格未定
01.この恋のかけら
02.天道虫
03.Love Homme
04.Stars(9999 Version)
05.Breaking The Hide
06.ロザーナ
07.Changes Far Away
08.砂の塔
09.Balloon Balloon
10.Horizon
11.Titta Titta
12.ALRIGHT
13.I don\'t know
14.毛皮のコートのブルース ※ボーナストラック

◎CD先着購入特典
対象店舗にて初回生産限定盤、もしくは通常盤を購入すると先着で、16年ぶりのアリーナツアー幕開けとなった2016年5月11日国立代々木競技場 第一体育館にて演奏された「プライマル。」のライブ映像をオリジナル編集にて収録したDVD、『SELECTION of THE YELLOW MONKEY 【primal】』をプレゼント!

<対象店舗>
・Amazon.co.jp
・HMV 全店(HMV&BOOKS Online含む/一部店舗除く)
・TOWER RECORDS 全店(オンライン含む/一部店舗除く)
・TSUTAYA RECORDS(一部店舗除く)/TSUTAYAオンラインショッピング(予約のみ)
・山野楽器CD/DVD取扱店及びオンラインショッピング(一部店舗除く)
・楽天ブックス
・WonderGOO/新星堂(一部店舖除く)および新星堂WonderGOOオンライン
・サポート店
※サポート店特典の対象店舗は後日発表いたします。
※初回生産限定盤、通常盤ともに同一内容の特典となります。
※一部取扱いのない店舗もございます。
※特典はなくなり次第終了とさせていただきます。
※特典の有無に関するお問い合わせは直接各店舗へご確認下さい。

『THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2019 -GRATEFUL SPOONFUL-』

4月27日(土) 静岡・静岡エコパアリーナ
4月28日(日) 静岡・静岡エコパアリーナ
5月11日(土) 北海道・北海きたえーる
5月12日(日) 北海道・北海きたえーる
5月25日(土) 福井・サンドーム福井
6月07日(金) 大阪・大阪城ホール
6月08日(土) 大阪・大阪城ホール
6月11日(火) 神奈川・横浜アリーナ
6月12日(水) 神奈川・横浜アリーナ
6月29日(土) 秋田・秋田県立体育館
7月06日(土) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
7月07日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
7月13日(土) 福岡・マリンメッセ福岡
7月14日(日) 福岡・マリンメッセ福岡
7月20日(土) 広島・広島グリーンアリーナ
7月21日(日) 広島・広島グリーンアリーナ
8月03日(土) 宮城・宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
8月04日(日) 宮城・宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
8月27日(火) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
9月03日(火) 徳島・アスティとくしま
9月15日(日) 福島・あづま総合体育館
9月22日(日) 熊本・グランメッセ熊本
※現在、オフィシャルファンクラブ『BELIEVER.』にてチケット最速先行受付中。



【関連リンク】
THE YELLOW MONKEY、19年振りのアルバム『9999』は“再集結ベスト”的な内容に!
THE YELLOW MONKEYまとめ
クラスメート、“みんなの卒恋エピソード”を使用した「卒恋」のMVが完成

【関連アーティスト】
THE YELLOW MONKEY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, DVD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典, 配信, ポップス, サイケデリック, ディスコ, ゲーム, TVドラマ, 主題歌, 音楽配信, 再始動

クラスメート、“みんなの卒恋エピソード”を使用した「卒恋」のMVが完成
Fri, 18 Jan 2019 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

音楽SNS“nana”からの初のメジャーアーティスト、クラスメートの「卒恋」のMVが公開された。同曲は《バイバイって言葉にしたら終わっちゃうから、、》と歌う、離れ離れになってしまう恋する2人の卒業ソング。「君 君 君」「ヘタレ」に続いて、1月23日に第3弾シングルとして配信リリースされる。

MVでは学校の教室内や通学路の映像と共に、『「卒恋」リリックビデオプロジェクト』においてTwitterで募集したみんなの卒恋エピソードと画像、動画がふんだんに使用され、2人の切ない心情を歌ったストーリーがスマートフォンで視聴しやすい縦型画面で表現されている。

『「卒恋」リリックビデオプロジェクト』は、クラスメートと30秒の縦型リリックビデオでアーティストの世界観やストーリーを表現し新しい音楽体験を提供する『Lytory project(リトリープロジェクト)』が連携して実施しており、Twitterでみんなの卒恋エピソードと画像、動画を募集して「卒恋」のリリックビデオを作成するというプロジェクト。詳しくは、プロジェクト詳細はページをチェックをしよう。

■「卒恋」リリックビデオプロジェクト Webページ
https://lytory.com/news/classmate.html

■『「卒恋」リリックビデオプロジェクト』概要
https://www.classmatetachi.com/special

■nana「卒恋」(ショートバージョン)音源試聴
https://nana-music.com/sounds/047ddf07/

配信シングル「卒恋」

2019年1月23日発売



価格未定



【関連リンク】
クラスメート、“みんなの卒恋エピソード”を使用した「卒恋」のMVが完成
クラスメートまとめ
M!LK、メンバーの着用衣装も展示されるオフィシャルストアを期間限定オープン!

【関連アーティスト】
クラスメート
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ユニット, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ポップス, 音楽配信

M!LK、メンバーの着用衣装も展示されるオフィシャルストアを期間限定オープン!
Fri, 18 Jan 2019 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

東京・渋谷で運営するファッションビルのSHIBUYA109の8階、エンタテイメントとファッションを融合させるポップアップスペース『DISP!!!』に、M!LKのオフィシャルストア『M!LK POP UP STORE(ミルク ポップアップ ストア)』 が1月26日(土)〜2月3日(日) の期間限定でオープンする。

今回のポップアップストアは、M!LKが2ndアルバム『Time Capsule』を2月6日にリリースすることを記念してのオープン。店内には、アルバムに収録されているシングル曲「Over the Storm」のメンバー着用衣装が展示される。

取り扱い商品はペンケースやチケットファイル、缶バッジなど、SHIBUYA109限定のアイテムを中心に販売。さらに、他では見ることのできない本ポップアップストア限定のM!LK特別メッセージ映像も視聴可能だ。

なお、『M!LK POP UP STORE』はSHIBUYA109ABENO(大阪・阿倍野)の『DISP!!!』でも同時オープンとなるので、ぜひ足を運んでみてほしい。

■『M!LK POP UP STORE』

<期間>
1月26日(土)〜2月03日(日)
<会場>
東京:東京都渋谷区道玄坂2-29-1 SHIBUYA109 8階「DISP!!!」 TEL 03-3477-5111(代)
大阪:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-6-1 あべのキューズモール2階 SHIBUYA109ABENO「DISP!!!」 TEL 06-6556-7109(代)

■特設ページ
https://www.shibuya109.jp/topics/?pi3=164881



【関連リンク】
M!LK、メンバーの着用衣装も展示されるオフィシャルストアを期間限定オープン!
M!LKまとめ
アニメ『銀魂』の主題歌を歌うIKE、氏原ワタル、村屋光二がイベント『歌者-KASHA-』で集結

【関連アーティスト】
M!LK
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, CD, アルバム, キャンペーン, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス, グッズ

アニメ『銀魂』の主題歌を歌うIKE、氏原ワタル、村屋光二がイベント『歌者-KASHA-』で集結
Fri, 18 Jan 2019 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SPYAIRのヴォーカルIKE、氏原ワタル(ex.DOES)、村屋光二(ex.redballoon)の3人が集結して、ヴォーカリストによるヴォーカリストのイベント『歌者-KASHA-』を立ち上げた。

この3組の共通点といえば、2006年4月よりテレビアニメとして放送された『銀魂』の主題歌を手掛けているアーティストということ。2019年3月に開催される『銀魂 銀(しろがね)祭り2019(仮)』が発表されて話題を呼んでいる最中の発表だ。記念すべき第一回は4月20日(土)東京・新宿ReNYにて開催される。

イベントコンセプトは、歌一本で伝える“歌者-KASHA-”がバンドというギミックを捨て、歌とアコースティックだけで想いを込めてぶつかり合うという、100%歌のためのイベント。食の世界もそうだが、素材が良い物はそのままが一番旨い。歌もそれ然り。普段、バンドの音でマスキングされていて感じることのできない歌い手の細かな息づかい、繊細な輪郭、嵐のようなダイナミックを、リスナーは余すことなく体感するはずだ。

チケットは1月18日(金)19:00より公式特設HP先行の受付がスタートする。歌を心から愛す“歌者”たちが集う、熱き共演の場をお見逃しなく!

■『歌者-KASHA- vol.1』

4月20日(土) 東京・新宿ReNY
開場17:30 / 開演 18:00

<出演>
村屋光二(ex.redballoon)、氏原ワタル(ex.DOES)、IKE(SPYAIR)

<チケット>
スタンディング ¥4,500(税込)
※入場時ドリンク代別途必要
※未就学児入場不可

■公式特設HP先行(抽選)
1月18日(金)19:00〜1月27日(日)23:59
申込詳細はこちら:https://kasha.site

主催/企画/制作:歌者-KASHA-実行委員会
お問合せ:ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00〜19:00)



【関連リンク】
アニメ『銀魂』の主題歌を歌うIKE、氏原ワタル、村屋光二がイベント『歌者-KASHA-』で集結
SPYAIRまとめ
DOESまとめ
redballoonまとめ
フリーの『ファイア・アンド・ウォーター』は早熟の天才たちによるハードロック黎明期の傑作

【関連アーティスト】
SPYAIR, DOES, redballoon
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, アニメ・声優, ニュース, シンガーソング・ライター, 発表, アコースティック, アニメ, ライブ, チケット, 当落, 主題歌

フリーの『ファイア・アンド・ウォーター』は早熟の天才たちによるハードロック黎明期の傑作
Fri, 18 Jan 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フリーはハードロックの進む道を切り開いたグループのひとつとして知られるが、残念ながら短命に終わっている。オリジナルメンバーでの活動はたった5年であった。彼らが解散した理由は、ひと言で言うと“若すぎた”ことにあると言えるだろう。デビューアルバム『トンズ・オブ・ソブズ』(‘69)のレコーディング時(68年)、最も年長のポール・ロジャースとサイモン・カークがともに19歳、ポール・コゾフが18歳、アンディ・フレイザーはまだ16歳であった。これだけ若くて、個々のパフォーマンス能力も飛び抜けていたわけだから、メンバー間の衝突が多いのは容易に想像できると言うものだ。今回取り上げる3作目の『ファイア・アンド・ウォーター』(‘70)は、彼らの最高傑作というだけでなく、ロック史上に残る作品でもある。

■ブリティッシュロックの父、 アレクシス・コーナー

イギリスでブルースを広めたのはアレクシス・コーナーであり、彼が率いたブルース・インコーポレイテッドはグループとしての活動だけでなく、若者たち向けのワークショップも展開し、テクニック的なものからブルースの精神に至るまでの啓蒙を行なっていた。少し年下のジョン・メイオールもまた、コーナーのやり方を踏襲し、若い有能なミュージシャンがいると聞けば、自らのグループ、ブルース・ブレイカーズに迎え入れ修行させていた。コーナーやメイオールは60年代初頭からこういった活動を行なっており、ローリング・ストーンズ、クリーム、レッド・ツェッペリン、ハンブル・パイ、フリートウッド・マック、コロシアムら、のちのブリティッシュロック界のスターたちは、その多くがコーナーのグループかメイオールのグループのどちらかに在籍し、腕を磨いていたのである。

■15歳アンディ・フレイザーの 卓越したベースプレイ

フリーのベーシスト、アンディ・フレイザーは5歳からピアノを習い、12歳でギターを始めている。13歳ですでにクラブで演奏していたという。15歳で学校をドロップアウト、社会人向けの短期音楽セミナーに通っていたところ、アレクシス・コーナーの息子がフレイザーのプレイに衝撃を受け、彼は父親に連絡する。ジョン・メイオールがベーシストを探しているとコーナーは聞いていたのでフレイザーを推薦し、メイオールのブルース・ブレイカーズに短期ではあるが雇われることになったのだった。コーナーはその後もフレイザーに目をかけ、彼のグループへの参加が決まった時、“フリー”というグループ名を付けたのはコーナーである。

■フリー結成

68年、ポール・ロジャース(ヴォーカル)、ポール・コゾフ(ギター)、アンディ・フレイザー(ベース・キーボード)、サイモン・カーク(ドラム)という強力なメンバーでスタートしたフリーは、若手ブルースロックバンドとして、コーナーの口利きでライヴ会場を紹介してもらったり、コーナーのグループの前座で活動したりと、徐々にその名を知られるようになっていく。コーナーの世話になっているだけに、グループ結成当初はブルースロックバンドというスタンスは変えなかったが、結成してすぐに新興のアイランドレコードに認められ(おそらくコーナーの推薦があったものと思われる)、翌年にはデビューアルバム『トンズ・オブ・ソブズ』をリリースする。

■ブルースロックからハードロックへ

『トンズ・オブ・ソブズ』はブルースロックとハードロックが半々程度に収録されており、まとまりのなさは感じるものの演奏は充実している。コゾフの重厚でテクニカルなギターソロと、すでにハードロック的でアグレッシブなフレイザーのベースは素晴らしい。それに比べるとロジャースのヴォーカルはここではまだ優等生的な歌い方で、あまり印象に残らない。カークの演奏も可もなく不可もなくといった感じ。ただ、オリジナル曲はすでにハードロック的な萌芽が見られ、ブルースのカバー(2曲)がなければもう少し違ったテイストになっていたであろう。この作品ではコゾフのギターが冴え渡っている。

続くセカンド作『フリー』(‘69)は前作の反省からか全曲オリジナルで占められ、全9曲のうち8曲がロジャースとフレイザーの共作である。この作品はベテランロッカーのような落ち着きと渋さを持った仕上がりである。前作の後で行なった長期ツアーの成果が出ているようで、バンドのまとまりが際立っていると言えるだろう。ブルースナンバーはなく、ロックグループとしてのアンサンブルに重点を置いた作品になった。年齢が近いこともあって、当時親交のあったスティーブ・ウインウッド率いるトラフィックに影響を受けたのかもしれない。コーラスやフルートの導入(トラフィックのクリス・ウッドがゲスト参加)など新たなチャレンジもあって、全英チャートでは22位に食い込む結果となった。ただ、アドリブ中心のギターソロが減らされたことで、コゾフは曲作りの要であるロジャースとフレイザーに不満を持つようになる。

■本作『ファイア・アンド・ウォーター』について

70年、ニューアルバムに先行して出されたシングル「オールライト・ナウ」が世界的に大ヒットする。全米チャートで4位、全英チャートでも2位となり、フリーの代表曲というだけでなくロックを代表するナンバーとして現在でも多くの人に愛されている。シングルの大ヒットを受け本作『ファイア・アンド・ウォーター』も大ヒット、全英2位まで上昇しその後18週間もチャートインするという結果となり、グループは初めて大成功を収める。

アルバムの冒頭を飾るタイトルトラック「ファイア・アンド・ウォーター」は彼らの代表作のひとつで、ロジャースの文句なしのヴォーカルとコゾフのギターリフは、のちにハードロックでよく使われる様式のひとつとして大きな影響を与えている。かなり遅いテンポで始まる「ミスター・ビッグ」では、ロジャースの跳ねるようなヴォーカルとフレイザーのうねるベースソロが素晴らしい。抑えたギターのコゾフも実に良いのだが、本人はもっと弾きまくりたい欲求を感じていたらしい(若い!)。「ドント・セイ・ユー・ラブ・ミー」のような洗練されたバラード曲もこれまでの彼らには見られなかったスタイルで、ソウルフルではあるけれど熱くなりすぎないロジャースの抑えたヴォーカルが良い。

それにしても本作をリリースした時、ロジャースとカークは21歳、コゾフは20歳、フレイザーは18歳なのだ。この若さで、これだけ重厚な作品を作ったことに驚くが、特にフレイザーはソングライティング、ベース、ピアノと八面六臂の活躍で、コーナーやメイオールが彼をフォローする気持ちがよく分かる。収録曲は全部で7曲と少ないが、じっくり聴かせる曲ばかりで、やっぱり本作が彼らの最高傑作だ。

この後『ハイウェイ』(‘70)、『フリー・ライブ!』(’71)をリリースし、グループはメンバー間の不和で解散するものの何故か再編され『フリー・アット・ラスト』(‘72)をリリース、その後フレイザーが脱退し、山内テツとラビットを加えて再スタート、『ハートブレイカー』(’73)をリリースするのだが、内輪もめの結果、解散が決定する。その後、ロジャースとカークはご存知バッド・カンパニーを結成し大成功を収めることになるのだが、そのあたりはまた次の機会にしようと思う。なお、コゾフはドラッグに溺れ76年に25歳の若さで亡くなっている。

もしフリーを聴いたことがないなら、本作『ファイア・アンド・ウォーター』か、よりハードで荒削りな演奏が聴ける『フリー・ライブ!』(‘71)を聴いてみてください。

TEXT:河崎直人

アルバム『Fire And Water』

1970年発表作品



<収録曲>
1. ファイアー・アンド・ウォーター/Fire and Water
2. オウ・アイ・ウェプト/Oh I Wept
3. リメンバー/Remember
4. ヘヴィ・ロード/Heavy Road
5. ミスター・ビッグ/Mr. Big
6. ドント・セイ・ユー・ラヴ・ミー/Don\'t Say You Love Me
7. オール・ライト・ナウ/All Right Now



【関連リンク】
フリーの『ファイア・アンド・ウォーター』は早熟の天才たちによるハードロック黎明期の傑作
Freeまとめ
古市コータロー、ソロアルバム『東京』に浅田信一、曽我部恵一らが参加

【関連アーティスト】
Free
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!

古市コータロー、ソロアルバム『東京』に浅田信一、曽我部恵一らが参加
Fri, 18 Jan 2019 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE COLLECTORSのギタリストである古市コータローが、約4年半ぶりとなるソロアルバムを3月27日に発売することが決定した。

今回のアルバムはプロデューサーに盟友・浅田信一を迎え、古市憧れのギタリストである仲井戸麗市や内海利勝をはじめ、古市ゆかりのゲストミュージシャンが参加。また、脚本家の岡田惠和、曽我部恵一が作詞を提供するなど、豪華なメンツが揃っている。アーティスト写真はかねてより親交のあるカメラマン・川島小鳥が撮影したもので、DVDにはこれまでに行なった弾き語りソロツアーをロードムービー風にアレンジしたものが収録される予定とのことだ。

アルバムの発売を記念して5月30日(木)よりツアーも開催! 4カ所5公演となる今回のツアーはバンドセットでの開催となる。また、発売日の前日となる3月26日には、アルバムと同タイトルの『音楽と人増刊「古市コータロー〜東京」』の発売も決定。こちらの詳細は2月2日(土)に発表となるので、続報を楽しみにしていてほしい。

アルバム『東京』

2019年3月27日発売



【CD+DVD】
COZP-1531〜2/¥3,800+税
【LP】
COJA-9357/¥3,500+税
<収録曲>
全10曲収録予定

『音楽と人増刊「古市コータロー〜東京」』

2019年3月26日発売予定
http://ongakutohito.jp/

『古市コータロー SOLO BAND TOUR “東京”』

5月30日(木) 大阪 梅田CLUB QUATTRO
6月01日(土) 広島 CAVE-BE
6月08日(土) 東京 鶯谷 東京キネマ倶楽部
6月09日(日) 東京 鶯谷 東京キネマ倶楽部
6月15日(土) 宮城 仙台 LIVE HOUSE enn 2nd

<チケット>
前売 4,500円/当日 5,000円(D代別)
■チケット一般発売日
4月21日(日)
■ファンクラブ先行受付
1月18日(金)〜2019年1月29日(火)



【関連リンク】
古市コータロー、ソロアルバム『東京』に浅田信一、曽我部恵一らが参加
THE COLLECTORSまとめ
浅田信一まとめ
仲井戸麗市まとめ
岡田惠和まとめ

【関連アーティスト】
THE COLLECTORS, 浅田信一, 仲井戸麗市, 岡田惠和, 曽我部恵一
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, DVD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット

Kis-My-Ft2、ニューシングルに収録される全4曲がタイアップソングに決定
Fri, 18 Jan 2019 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2月6日(水)にリリースとなるKis-My-Ft2ニューシングル「君を大好きだ」の通常盤に収録される楽曲の詳細が発表され、キスマイシングル史上初となる、通常盤収録4曲全てがタイアップソングとなることが分かった。

既に発表されている北山宏光初主演の映画『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』の主題歌となった「君を大好きだ」ほか、ベネッセ『進研ゼミ中学準備講座』CMソングの「Hurray! Hurray!」、dTV『キスマイどきどきーん!』CMソング「冒険者へ」、『東京インテリア家具』CMソングの「君想い」が収録される。

表題曲「君を大好きだ」は、作詞に藤井フミヤ、編曲に亀田誠治を迎え、映画のために書き下ろされた心温まる珠玉のロックバラード。《ずっと君を大好きだ》《全力で走っていた 呼吸が止まってもいいくらい 死にそうになる恋をしたよ》と、不器用でストレートな言葉が胸に響くハートフルなラブソングとなっている。

また、カップリングの3曲も、シングルながらに様々なキスマイで彩られた楽曲を楽しむことができる。「Hurray! Hurray!」は、“夢に向かって未来へ進む人の背中を少しでも押すことができたら”という想いを込めた応援ソングで、「冒険者へ」はキスマイ×ハチャメチャキッズたちによる化学反応を楽しむ、キスマイ初の配信冠番組『キスマイどきどきーん!』にもかけて、“日常にはたくさんのドキドキ!ワクワク!があるんだよ!”というメッセージを込めた、軽快なギターサウンドで心が弾む楽曲だ。

そして4曲目に収録される「君想い」は、シングル曲「君、僕。」「君を大好きだ」に続く、「君シリーズ」三部作の1曲で、遠距離恋愛をしている“君”への想いを馳せながら、メンバーそれぞれが心を込めて歌いあげる珠玉の一曲に完成した。デビュー8年目を迎えたキスマイが奏でる音たちに、ぜひ触れてみてはいかがだろうか。

■Kis-My-Ft2楽曲試聴サイト
https://avex.jp/kismyft2/music/index_search.php

シングル「君を大好きだ」

2019年2月6日発売



【初回盤】(CD+DVD)
AVCD-94356/B/¥1,600+税
<収録内容>
■CD
01. 君を大好きだ
02. LIAR WORLD
■DVD
「君を大好きだ」MUSIC VIDEO
「君を大好きだ」MUSIC VIDEOメイキングドキュメント
新企画「キスマイもしもシリーズ〜第一弾〜」

【EXTRA盤】(CD+DVD)
AVCD-94357/B/¥3,900+税
<収録内容>
■CD
01. 君を大好きだ
■DVD
『Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2018 YOU&ME Extra Yummy!!』
Overture / HOME / Still song for you / Super Tasty! / PICK IT UP /
I Scream Night / AAO / We are キスマイ! / Invitation / Break The Chains /
FREEZE / 蜃気楼 / Because I Love You / SHE! HER! HER! / Thank youじゃん! /
Happy Birthday / ソライロ / Holy night with you / 君のいる街 / SNOW DOMEの約束 /
ConneXion / 星に願いを / 70億分の2 / REAL ME / やっちゃった!! / 赤い果実 /
Let it BURN! / Kiss魂 / Tonight / 今はまだ遠く 果てしない夢も / 君、僕。 / エンドロール 
[ENCORE] 光のシグナル / 青春 Don\'t Stop!! / Everybody Go

【通常盤】(CD)
AVCD-94358/¥1,000+税
<収録内容>
01. 君を大好きだ
02. Hurray! Hurray!
03. 冒険者へ
04. 君想い



【関連リンク】
Kis-My-Ft2、ニューシングルに収録される全4曲がタイアップソングに決定
Kis-My-Ft2まとめ
Nulbarich、“偶然の景色”をテーマにした新曲「Sweet and Sour」のMV公開

【関連アーティスト】
Kis-My-Ft2
【ジャンル】
J-POP, 男性アイドル, ニュース, シングル, 主題歌, TVCM, CMソング, 映画

Nulbarich、“偶然の景色”をテーマにした新曲「Sweet and Sour」のMV公開
Fri, 18 Jan 2019 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Nulbarichが、1月16日より先行配信している新曲「Sweet and Sour」のMVを公開した。

テレビ東京の1月クール木ドラ25枠『デザイナー 渋井直人の休日』のエンディングテーマとしてオンエアがスタートした「Sweet and Sour」は、Nulbarichが2月6日にリリースする3rdフルアルバム『Blank Envelope』のリード曲。監督は、Nulbarichの作品ではお馴染みのイギリス在住の映像作家の木村太一が手がけたもので、“偶然の景色”がテーマのグラフィックベースの作品に仕上がっている。

また、MVの公開にあわせてTSUTAYA一部店舗ではアルバム『Blank Envelope』の完全生産限定盤A/ Bとイラストレーター長場雄が書き下ろしたアルバムのジャケット写真柄を使用したオリジナルTシャツがセットになったバンドル盤を500枚限定で発売されることが決定。売り切れ必須のアイテムだけに、気になる方は早めにチェックしてほしい。

Nulbarichは、現時点におけるバンドの集大成と呼べるアルバム『Blank Envelope』を引っ提げ、3月から4月にかけて5都市のZepp含む全8カ所9公演のツアー『Nulbarich ONE MAN TOUR 2019 - Blank Envelope-』を開催。また、4月よりフジテレビ「+Ultra」「NETFLIX」にて全世界独占配信される、ボンズ20周年×フライングドッグ10周年記念作品として総監督・渡辺信一郎、キャラクター原案・窪之内英策を迎えた全世界に向けた音楽作品として話題のTVアニメ『キャロル&チューズデイ』のオープニングテーマにコンポーザーとして決定するなど、2019年も新たな挑戦をし続ける。

【「Sweet and Sour」MV クレジット】

Director: Taichi Kimura(CEKAI / CAVIAR UK)
Camera: Tomoyuki Kawakami
Light: Kazuhide Toya
Art: Takehiro Hayashi(Art Be Crew), Naoto Irie(Art Be Crew)
Designer: Ken Kawata
Stylist: Keisuke “NAKED” Kanoh
Hair Make: Kyosuke Enami
Colorist: Caroline Morin (Cheat)
Production Manager: Hitomi Iwanaga(CEKAI)
Producer: Taro Mikami(CEKAI), Wataru Watanabe(CEKAI)
Production: CEKAI

Cast:
Anam Sekiguchi
Hanaco
Yuki Mihara
Yuya Tanaka
Jack-kun
Spikey John

Special Thanks: Yu Nagaba

アルバム『Blank Envelope』

2019年2月6日発売



【完全生産限定盤A】(CD+Remix CD+Blu-ray (LIVE+Documentary映像))
VIZL-1519/¥5,500+税
※特殊パッケージ仕様 
【完全生産限定盤B】(CD+Remix CD+DVD (LIVE+Documentary映像))
VIZL-1520/¥5,000+税
※特殊パッケージ仕様

<収録曲>
■CD
01. Blank Envelope (Intro)
02. VOICE <シチズン クロスシーCM曲>
03. Silent Wonderland <映画:台北暮色ED曲>
04. All to Myself <三井アウトレットパークCM曲>
05. JUICE
06. Sweet and Sour <テレビ東京系 木ドラ25「デザイナー 渋井直人の休日」のED曲>
07. Kiss You Back   <資生堂「アネッサ」CM曲> 
08. Toy Plane
09. Ring Ring Ring
10. Focus On Me
11. Super Sonic
12. Stop Us Dreaming
13. I’m Home (Outro)
■完全生産限定盤付属 『The Remixes ?Special Edition-』
01. VOICE (Madison Mars Remix)
02. VOICE (Ruhde Remix)
03. VOICE (Henry Fong Remix)
04. Zero Gravity (Disco Fries Remix)
05. Almost There (Tobtok Remix)
06. Kiss You Back (Oliver Nelson Remix)
07. In Your Pocket (19th Ave. Remix)
■完全生産限定盤付属 Blu-ray / DVD
『2018.11.02 「Nulbarich ONE MAN LIVE at NIPPON BUDOKAN-The Party is Over-」
01. Hometown
02. It\'s Who We Are
03. Lipstick
04. Handcuffed
05. Everybody Knows
06. NEW ERA
07. In Your Pocket
08. Spread Butter On My Bread
09. Supernova
10. On and On
11. SESSION
12. JUICE
13. Ordinary
14. SMILE
15. Kiss You Back
16. Zero Gravity
17. VOICE
18. ain\'t on the map yet
19. Follow Me
20. Almost There
21. Heart Like a Pool
<Encore>
22. LIFE
<Interview>
23.a little story about NIPPON BUDOKAN

◎TSUTAYA限定Tシャツ付 500セット限定販売決定!
TSUTAYAの対象店舗&TOL(TSUTAYA online)にて、<完全生産限定盤A><完全生産限定盤B>とジャケットイラストがデザインされたTシャツを500セットのみ限定販売!!!
※『POPEYE』表紙イラストレーション、ユニクロコラボT他でも有名なイラストレーターでありアーティストでもある、長場 雄氏による、ニューアルバムのジャケットがプリントされたレアアイテム!
<仕様>
・完全生産限定盤A
CD+Remix CD+Blu-ray (LIVE+Documentary+Interview映像) +Tシャツセット(S・M・L)
VIZL-1519TS(Sサイズ)・VIZL-1519TM(Mサイズ)・VIZL-1519TL(Lサイズ)
各¥8,000+税
・完全生産限定盤B
CD+Remix CD+DVD (LIVE+Documentary+Interview映像) +Tシャツセット(S・M・L)
VIZL-1520TS(Sサイズ)・VIZL-1520TM(Mサイズ)・VIZL-1520TL(Lサイズ)
各¥7,500+税
<TSUTAYAオンラインショッピング>
http://tsutaya.jp/nulbarich/



【通常盤】(CD ONLY)
VICL-65116/¥2,800+税



【関連リンク】
Nulbarich、“偶然の景色”をテーマにした新曲「Sweet and Sour」のMV公開
Nulbarichまとめ
宇多田ヒカル、11年ぶりのニューシングル発売&アルバム『初恋』をサブスク解禁

【関連アーティスト】
Nulbarich
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, TVドラマ, エンディング

宇多田ヒカル、11年ぶりのニューシングル発売&アルバム『初恋』をサブスク解禁
Fri, 18 Jan 2019 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年でデビュー20周年を迎えた宇多田ヒカルが、ニューシングル「Face My Fears」を1月18日(金)にリリースした。

収録曲は、世界的なエレクトロミュージシャン・Skrillexと共作した新曲「Face My Fears」のJapanese VersionとEnglish Version。さらに7thアルバム『初恋』にも収録された「誓い」に加え、この楽曲のEnglish Versionとなる「Don\'t Think Twice」を含めた計4曲が収録される。

「Face My Fears」は、ゲームソフト『KINGDOM HEARTSIII』のオープニングテーマ、「誓い」「Don\'t Think Twice」は、ゲームソフト『KINGDOM HEARTSIII』のエンディングテーマとなっており、「光」(ゲームソフト『KINGDOM HEARTS』テーマソング)「Passion」(ゲームソフト『KINGDOM HEARTSII』テーマソング)に続き、3作連続での書下ろし提供だ。

今回のジャケットは『キングダム ハーツ』シリーズのディレクター・野村哲也が描き下ろしたイラストとなっており、ゲーム内に登場する武器・キーブレードを持った宇多田ヒカルが水面に佇む、『キングダム ハーツ』ファンにとっても宇多田ヒカルのファンにとっても必携のアイテムとなっている。ゲームソフト自体は1月25日(金)発売ということで、合わせて楽しんでほしい。

そして、シングルリリースに合わせて7thアルバム『初恋』が各主要サブスクリプションサービスにてリリースされた。2018年の6月にアルバムが発表されてからファンからの要望も多く、今回のリリースが実現。これで宇多田ヒカルの楽曲は、サブスクリプションサービスにすべてのカタログがそろったことになる。最新の楽曲とともに注目を!

また、2018年に開催した12年ぶりの国内ツアー『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』は大成功に終わったが、今回PlayStation(R)4用ソフトウェア(PlayStation(R)VR必須)『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 - "光" & "誓い" ? VR』から「光」「誓い」が無料で一般配信スタート!

本コンテンツは、同ツアーから「光」と「誓い」の2曲をPS VR用コンテンツとして特別収録した映像で、まるで本人が目の前にいるように楽しめたりと、PS VRならではの臨場感を味わうことが出来るもの。ライブの風景を3パターンのアングルから鑑賞することができ、会場全体の演出を見たり、その場にいるような感覚が味わえるので、こちらもぜひチェックしてほしい。

■7thアルバム『初恋』配信 主要サブスクリプションサービスURL
https://erj.lnk.to/yQd1zWN

シングル「Face My Fears」

2019年1月18日(金)発売
※アナログ盤:2019年3月6日(水)発売



【通常盤(初回仕様)】(CD)
ESCL-5150/¥1,400(税込)
※初回仕様:『キングダム ハーツ』シリーズ ディレクター野村哲也氏描き下ろしピクチャーレーベル、PlayPASS対応
<収録曲>
1.Face My Fears (Japanese Version) / 宇多田ヒカル & Skrillex 
※国内版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSIII』オープニングテーマ
2.誓い
※国内版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSIII』エンディングテーマ
3.Face My Fears (English Version) / 宇多田ヒカル & Skrillex
※海外版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSIII』オープニングテーマ
4.Don\'t Think Twice
※海外版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSIII』エンディングテーマ

【生産限定アナログ盤】
ESJL 3114/¥2,315+税
※「キングダム ハーツ」シリーズ ディレクター野村哲也氏描き下ろし絵ポスター封入
<収録曲>
■Side A
1.Face My Fears (Japanese Version) / 宇多田ヒカル & Skrillex
※国内版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSIII』オープニングテーマ)
2.誓い
※国内版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSIII』エンディングテーマ
■Side B
3.Face My Fears (English Version) / 宇多田ヒカル & Skrillex
※海外版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSIII』オープニングテーマ
4.Don\'t Think Twice
※海外版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSIII』エンディングテーマ

アルバム『初恋』

発売中



【通常盤】
ESCL-5076/¥3,240(税込)
※ツアーチケット先行応募抽選券封入
応募受付期間:2018年6月26日(火)12:00〜2018年7月11日(水)23:59
<収録曲>
01.Play A Love Song
02.あなた
03.初恋
04.誓い
05.Forevermore
06.Too Proud featuring Jevon
07.Good Night
08.パクチーの唄
09.残り香
10.大空で抱きしめて
11.夕凪
12.嫉妬されるべき人生



【関連リンク】
宇多田ヒカル、11年ぶりのニューシングル発売&アルバム『初恋』をサブスク解禁
宇多田ヒカルまとめ
【INTERVIEW:魔法少女になり隊】“魔法少女になり隊”として夢を叶えた時、本当に魔法少女になれるんじゃないかなって

【関連アーティスト】
宇多田ヒカル
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, アルバム, リリース, ゲーム, 音楽配信

【INTERVIEW:魔法少女になり隊】“魔法少女になり隊”として夢を叶えた時、本当に魔法少女になれるんじゃないかなって
Fri, 18 Jan 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

コラボ企画『G-NEXT』の第11回目は、ラウドでポップでファンタジーな世界観で注目を集めるRPG系バンド・魔法少女になり隊。前作までとはひと味違うミニアルバム『∀』に辿り着くまでの物語を、冒険を続ける4人に語ってもらった。なお、火寺バジル(Vo)は魔女の呪いによって喋ることができないので、筆談でのインタビューとなる。

日本工学院専門学校×GYAO!×OKMusic Presents
【G-NEXT POWER PUSH ! #11_INTERVIEW:魔法少女になり隊】

――1月23日にミニアルバム『∀(アンチエー)』がリリースされますね。歌詞には“喪失感”というテーマを持たせたとのことですが。

gari:“喪失感”というものを絶対的に意識して作ったわけではないんですが、この作品の打ち合わせの時に出てきたテーマが“Missing”だったので、そのイメージをみんなで共有できていたのかもしれませんね。

バジル:今までの魔法少女になり隊のイメージをガラッと変えたくて、切なさやカッコ良さを押し出したアルバムになったと思います。

――“今までのイメージをガラッと変える”とは?

ウイ:今までの楽曲に関してはシンセとかふんだんに使ったり、女性ヴォーカルだし、一度聴いただけでは、どんなライヴをするのかが分かりづらいバンドだったのかなと思って。

gari:うん。ひとつの楽曲にいろんな音楽のジャンルやカラーを詰め込むことが多くて。でも、それが持ち味やカラーにもなっているんですよね。それを否定するのではなくて、また別の方向に特化したものを作ってもいいんじゃないかと。

バジル:今回はウイさん以外のメンバーそれぞれが歌詞を書いたり、新しいことに挑戦してるしね。

――今作のタイトル“∀(アンチエー)”はどなたが考えたのでしょうか?

gari:もともとリード曲の「アーバン∀タネモノガタリ」のタイトルに“∀”は入ってなかったんですけど、この曲をリード曲にするとなった時、文字面がなんか寂しいなって話になりまして。そこで、“タイトルの真ん中に記号でも入れてみたらいいんじゃないか”って、僕がいろいろ調べて気に入った“∀”を当てはめてみたらしっくりきたんです。ちょうどそのタイミングでミニアルバムのタイトルを決めたいと思っていたので、アルバムのタイトルにそのまま使いました。提案したらみんなも“いいね”と言ってくれて。

バジル:イメージを変えたいというテーマにも合っていたし、“A”を逆さまにするっていうことが、結果的にアルバムにぴったりなタイトルになったよね。

gari:そう。結果的に(笑)。

――みなさんそれぞれ制作中の思い入れがある曲やお気に入りの曲はありますか?

gari:「ピーポーフーウィーラブラブ」ですね。上がってきたデモのサビを聴いた時に《ピーポーフー》っていう言葉が浮かんできて(笑)。みんなも“バカみたいにキャッチーだな”って気に入ってくれているんです。早くライヴでやりたくてしょうがない。

ウイ:僕は「トロイメライ」ですね。他の曲と比べて圧倒的に切ない雰囲気とメロディーが大好きです。1番と2番でコード進行が変わっている部分があるんですが、実はそれってバンドとして初めてトライした表現方法で。アレンジャーとしてのステップアップにつながったと思いますね。

明治:全部です。特に1曲っていうのは決めないでおきます。

バジル:「NEVER ENDING STORY」です。私が作詞をしたんですけど、ラストにぴったりな曲になったなって。アルバムをまとめてくれる一曲になりました。ライヴとかでみんなが歌えるパートもあるし、これから育っていく大切な曲になったらいいなって思います。

――3月からはツアーも始まりますね。

gari:そうですね。ツアーにどうしてもサブタイトルを付けたくて、バジさんから出てきた “Aを取り戻せ!”が “いいね!”と盛り上がったのでこれになりました。タイトルを先に付けたのでここからストーリーを作らなきゃいけないっていう大変な作業があるんですけど、言った手前、後戻りできない(笑)。

バジル:ワンマンライヴはストーリー仕立てになっているので、その演出もぜひ楽しみにしていてほしいです!

――みなさんがライヴをする意味、音楽をする意味は一体何なのでしょうか?

ウイ:僕はもう“好き”でしかないですね。今まで生きてきた中で一番のめり込めたものがギターなんです。そこからどんどん音楽というものに触れてきて、“自分はもう音楽しかやりたくない!”という我がままを突き通してきたので(笑)。これからもずっとそういうスタンスで生きていけたらって思っています。

gari:僕はもともとは音楽をやるためではなく、映像だけやるつもりでバンドに入ったんです。ステージに立ったのはあるきっかけでウイさんに表に出させられてからで。今となっては当初の予定通り映像も作れてるし、ステージはステージはバカみたいに楽しいし。“楽しい”が先にあるから苦しいことがあっても続けられるんだと思います。

明治:私は音楽で生きているっていう意識はなくて。だから、修行だと思っています。いつか自我が確立された時に、いろいろな想いを持っている人に言葉を届けられる立場でありたいなって。だから、今音楽をやっているのは単純に楽しいからというわけではないです。そこはみんなと結構違うと思います。

バジル:私はステージで歌ってみたいという小さい頃からの夢が諦められなくて。“魔法少女になりたい!”ってふざけてるように聞こえるかもしれないけど、私が魔法少女になり隊として夢を叶えた時、本当に魔法少女になれるんじゃないかなって思って。だから、今、頑張っています!

撮影:村上大地/取材:林 なな、木村圭汰
(日本工学院専門学校 蒲田校コンサート・イベント科)

ミニアルバム『∀』

2019年1月23日発売
Sony Music Records



SRCL-9995
¥2,315(税抜)

『魔法少女になり隊 ONE MAN TOUR 2019 〜Aを取り戻せ!〜』

3/08(金) 兵庫・神戸太陽と虎
3/09(土) 香川・高松DIME
3/21(木) 宮城・仙台MACANA
3/23(土) 北海道・札幌cube garden
3/30(土) 石川・金沢AZ
4/13(土) 福岡・BEAT STATION
4/14(日) 広島・セカンドクラッチ
5/18(土) 愛知・名古屋ボトムライン
5/19(日) 大阪・umedaTRAD
5/26(日) 東京・マイナビBLITZ赤坂



【関連リンク】
【INTERVIEW:魔法少女になり隊】“魔法少女になり隊”として夢を叶えた時、本当に魔法少女になれるんじゃないかなって
魔法少女になり隊まとめ
氣志團、綾小路 翔が“一日團長”企画&全国ツアーを前に怒涛の2018年を振り返る

【関連アーティスト】
魔法少女になり隊
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 連載コラム, G-NEXT POWER PUSH, アルバム, リリース

氣志團、綾小路 翔が“一日團長”企画&全国ツアーを前に怒涛の2018年を振り返る
Fri, 18 Jan 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

――取材している現在は、いよいよ2018年も大詰め。まずは氣志團の怒涛の2018年を振り返っていただきたいと思います。

綾小路 翔(以下、綾小路):え〜と、今年の頭って何してましたっけ?(笑) そうか、まだ前ホールツアー『リーゼント魂』の最中だったんですね。1月は岩手県遠野市に行ったんですけど、遠野にはうちのばあちゃんが住んでいて。その直前の1月3日に亡くなってしまったので、残念ながら間に合わなかったんですけど、自分のルールである遠野でGIGが出来たことはすごく良かったなと思ったり。20周年記念盤『万謡集』を出して、それを引っさげてツアーを回れたこともすごく良かったです。あと、このツアーは錦織純平くん(微熱DANJI)に演出を任せたので、僕は歌や演奏に集中して出来たことが本当に学びや気付きになって。すごく力になったし、自分の中では大きく成長出来たツアーでした。ただそれと同時に、あの頃は自分の中ですごくモヤモヤするものがあって。「バンドってなんだろう?」なんてことを漠然と考えていて、思い切ってバンド活動から一回離れてみようかな? とさえ思っていたんです。

――昨年くらいから、「ソロ活動をやってみたい」とよく言ってましたよね。
綾小路:はい。決してネガティブな思考なわけではなくて、一度一人でやってみないことには答えがでないのではないかな、と思って。で、ツアーが2月に終わって、4月に自分の生誕記念特別公演を行う際に「ロックン・ロール最高物語〜P.S.アイシテル。〜」』っていう、5人組のドゥーワップ・グループの青春活劇、いわゆるロックンロール・レヴューみたいなものを作ったんです。これはまさに自分の原点というか、“That\'s 綾小路ワールド”だったんですが、これをやったことで、「俺はソロがやりたいんじゃないんだ。みんなで分かち合いたいんだ」という己の原理に辿りつきまして。「最高なのステージを見せよう!」と毎日、朝から朝まで稽古場にいて、みんなで血反吐はくぐらいに一生懸命練習して。それが最高に楽しかったし、「これがやりたかったんだ!」と思えたんです。そこでグループでやりたいんだってことを再確認出来て、今度は夏のライブハウスツアーに突入して。

取材:フジジュン

■【ライブ情報】

■『氣志團團員生誕記念GIGシリーズ「一日團長」第ニ弾〜早乙女 光〜編』
1月24日(木) 東京・マイナビBLITZ赤坂
※チケット一般発売:1月12日(土)

■『氣志團現象V 「暴走元年 〜今日から俺たちは!!〜」』
3月14日(木) 埼玉・川口総合文化センター リリア(メインホール)
3月16日(土) 山梨・東京エレクトロン韮崎文化ホール
3月21日(木・祝) 宮城・仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール
3月23日(土) 岩手・北上市文化交流センターさくらホール 大ホール
3月29日(金) 三重・鈴鹿市民会館
3月30日(土) 静岡・焼津文化会館
4月06日(土) 神奈川・厚木市文化会館 大ホール
4月14日(日) 千葉・千葉県文化会館
4月19日(金) 北海道・北見市民会館 大ホール
4月21日(日) 北海道・札幌市教育文化会館大ホール
4月26日(金) 広島・アステールプラザ
4月28日(日) 京都・ロームシアター
5月06日(月・祝) 大阪・オリックス劇場
5月11日(土) 福岡・福岡市民会館
5月12日(日) 鹿児島・鹿児島市民文化ホール第2
5月18日(土) 香川・サンポートホール高松
5月19日(日) 愛媛・西条市総合文化会館
5月25日(土) 岡山・岡山市民会館
5月26日(日) 島根・安来市総合文化ホール アルテピア
5月31日(金) 石川・金沢市文化ホール
6月02日(日) 長野・ホクト文化ホール・中ホール
6月08日(土) 大分・宇佐文化会館
6月09日(日) 福岡・ユメニティのおがた
6月14日(金) 東京・中野サンプラザホール
6月15日(土) 東京・中野サンプラザホール
6月22日(土) 愛知・愛知県芸術劇場
※チケット一般発売:2月02日(土)10:00〜



【関連リンク】
氣志團、綾小路 翔が“一日團長”企画&全国ツアーを前に怒涛の2018年を振り返る
氣志團まとめ

【関連アーティスト】
氣志團
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, ツアー, チケット













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1