歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2019年01月14日)
バックナンバー
最新ニュース
2019/01/23
2019/01/22
2019/01/21
2019/01/20
2019/01/19
2019/01/18
2019/01/17
2019/01/16
2019/01/15
2019/01/14
2019/01/13
2019/01/12
2019/01/11
2019/01/10
2019/01/09
2019/01/08
2019/01/07
2019/01/06
2019/01/05
2019/01/04
2019/01/03
2019/01/02
2019/01/01
2018/12/31
2018/12/30
2018/12/29
2018/12/28
2018/12/27
2018/12/26
2018/12/25
2018/12/24
2018/12/23
2018/12/22
2018/12/21
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
欅坂46、約半年ぶりとなるシングルを2月27日にリリース
Mon, 14 Jan 2019 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

欅坂46が2018年8月にリリースした「アンビバレント」以来、約半年ぶりとなる8thシングルを2月27日(水)にリリースすることが決定した。

2018年は2枚のシングルリリース、全国ツアー、野外ワンマンライブなど精力的に活動を行ない、年末は3年連続の紅白歌合戦へも出場を果たすなど、勢いは止まることを知らない。

2019年最初のリリースとなる8thシングルの収録内容詳細は後日発表になるが、今作はどんな内容のシングルになるのか、タイトル、楽曲、MV、特典映像など、今後の発表が楽しみである。

8thシングル「タイトル未定」

2019年2月27日(水)発売



【初回仕様限定盤TYPE-A】(CD+Blu-ray)
SRCL-9983〜9984/¥1,713+税
【初回仕様限定盤TYPE-B】(CD+Blu-ray)
SRCL-9985〜9986/¥1,713+税
【初回仕様限定盤TYPE-C】(CD+Blu-ray)
SRCL-9987〜9988/¥1,713+税
【初回仕様限定盤TYPE-D】(CD+Blu-ray)
SRCL-9989〜9990/¥1,713+税
【通常盤】(CDのみ)
SRCL-9991/税抜¥972+税
 
◎初回仕様限定盤共通封入特典
・「全国握手会イベント参加券orスペシャルプレゼント応募券」1枚封入
・「メンバー生写真」ランダム1枚封入

【イベント情報】

『8thシングル発売記念全国握手会』
3月09日(土)  千葉 幕張メッセ
3月16日(土)  愛知 ポートメッセなごや
3月21日(木・祝) 大阪 インテックス大阪

『7thシングル発売記念個別握手会』
3月24日(日)  愛知 ポートメッセなごや
4月29日(月・祝) 千葉 幕張メッセ
5月04日(土)  神奈川 パシフィコ横浜
6月02日(日)  神奈川 パシフィコ横浜
6月23日(日)  京都 京都パルスプラザ
7月14日(日)  神奈川 パシフィコ横浜



【関連リンク】
欅坂46、約半年ぶりとなるシングルを2月27日にリリース
欅坂46まとめ
大橋ちっぽけ、メジャーデビュー決定!新曲「ルビー」配信&アルバムの発売を発表!

【関連アーティスト】
欅坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, AKB, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売

大橋ちっぽけ、メジャーデビュー決定!新曲「ルビー」配信&アルバムの発売を発表!
Mon, 14 Jan 2019 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大橋ちっぽけがTRIAD/日本コロムビアよりメジャーデビューすることを発表した。1月15日(火)に新曲「ルビー」を配信リリースし、3月13日(水)にメジャーデビューアルバムを発売する。

大橋ちっぽけは愛媛県松山市出身のシンガーソングライター。UKロックやオルタナティブロックに影響を受け、インターネット上に歌唱動画の投稿を開始。2017年春に上京し、本格的に音楽活動をスタート。2018年3月に両国国技館で行なわれた『J-WAVE TOKYO GUITAR JUMBOREE〜YOUNG BLOOD〜』ではオープニングアクトに抜擢され、観客のみならず出演者やスタッフからも大絶賛された。

1月15日(火)に配信がスタートする「ルビー」は、2019年春配信予定のアプリ&PCゲーム『なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA-』挿入歌、2019年放送開始予定アニメ『なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA-』エンディングテーマに決定しており、同作品のコンセプトで曲名ともなっている「ルビー」の石言葉“慈愛”をモチーフに制作したものだ。柔らかなアコースティックサウンドと穏やかなボーカルラインが調和した、繰り返し聴きたくなる楽曲である。

また、3月13日(水)にはメジャーデビューアルバムの発売も決定。「ルビー」の他に、AORテイストの「テイクイットイージー」、疾走感あるバンドサウンドが心地よい「アージ」、「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」的アレンジが郷愁をそそる「マツヤマ」、オルタナティブロックの影響を強く感じる「ダイバー」、ソングライティングの進化を証明する「夢の中で」など全10曲が収録予定。“デジタルジェネレーションのアコースティックサウンド"が楽しめるアルバムになりそうだ。

さらに「ルビー」が、1月14日(月)放送のJ-WAVE(81.3FM)『SONAR MUSIC』で初OAが決定。ナビゲーターの藤田琢己を中心に、ゲスト出演や楽曲OAで大橋ちっぽけをサポートしてくれている番組での楽曲初OAを聴き逃さないでほしい!

■J-WAVE『SONAR MUSIC』オフィシャルHP
※1月14日(月・祝)放送内で新曲「ルビー」初OA
https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/
■『なむあみだ仏っ!-蓮台 UTENA-』オフィシャルHP
ゲーム:https://namuami-utena.com/
アニメ:https://namuami-utena-anime.com/

配信楽曲「ルビー」

2019年1月15日(火)より配信スタート



■ダウンロード
・iTunes
https://geo.itunes.apple.com/jp/album/id1447344393?app=itunes
・レコチョク
http://recochoku.jp/album/A1011234669/
■ストリーミング
・Apple Music
https://geo.itunes.apple.com/jp/album/id1447344393?mt=1&app=music
・LINE MUSIC
https://music.line.me/launch?target=album&item=mb00000000017b7d5c&cc=JP
・Spotify
http://open.spotify.com/album/6IfuxyCr6OPxaBlmPO1A3F
・Google Play Music
https://play.google.com/music/m/Bb6ylmkoopkkqgistpv3czjz7au
・Amazon Music Unlimited
https://music.amazon.co.jp/albums/B07LH3BBG4

アルバム『タイトル未定』

2019年3月13日(水)発売



COCP-40753/¥2,800+税
<収録曲>
「ルビー」「テイクイットイージー」等、10曲収録予定
※収録曲詳細は後日発表



【関連リンク】
大橋ちっぽけ、メジャーデビュー決定!新曲「ルビー」配信&アルバムの発売を発表!
大橋ちっぽけまとめ
今さらですが! 俺による俺のための2018年ベスト

【関連アーティスト】
大橋ちっぽけ
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, シングル, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 配信, アニメ, ゲーム, エンディング

今さらですが! 俺による俺のための2018年ベスト
Mon, 14 Jan 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

新年明けましておめでとうございます! 年が明けて早くも半月が経ち、一般的には“小正月”と呼ばれる三連休ですが、お正月気分も抜けたでしょうか? 残念ながら、僕は抜けてません(笑)。さて、俺的には2019年一発目のレコメンドということで。今さらですが、2018年に熱かった“俺による俺のための2018年ベスト5”をご紹介いたします。2018年に衝撃を受けた曲、2019年への期待が高まる曲…あくまでも俺の独断と偏見による5曲なので、苦情や否定的なご意見は一切受け付けません!

■「Strawberry Feels」(’18) /BIGMAMA

インディーズでの十分すぎる実績を経て、2018年3月にメジャーとパートナーを組んだBIGMAMAの1stシングル曲。“これまでやってきたことはやらない”という自分たちの中の決めごとも破って挑んだ意欲作は、これまで彼らのことを知らなかった人にもバンドの魅力が一発で伝わる楽曲。ギターソロからバイオリンソロへとつなぐ間奏は何度聴いても鳥肌もの! 最新アルバム『-11℃』を掲げて、年末から行なわれている全国ツアー(クリスマス公演、最高だった!)でも、すでにライヴの定番曲として盛り上がりを見せているこの曲。清く激しく美しく、2019年もさらなる飛躍が楽しみなバンドです!

■「六月の花」(’18)/湘南乃風

デビュー15周年を迎えた2018年は“一五一会”をテーマに、シングル&アルバムのリリース、全国ツアー開催、ドキュメント映画公開と盛りだくさんな内容で祝った湘南乃風。その中でも印象的だったのが、15周年記念シングルとしてリリースされた両A面シングル「六月の花/国士無双」だった。《お前と一緒にこうして暮らして もう十五年も経つんだな》と始まる、“「純恋歌」その後”とも取れる歌詞が僕の心をがっちり掴んだこの曲。彼ららしいリアルで親近感あふれる言葉で歌われるラブソングに込められた、長い歴史を経ての物語性や説得力の強さにすっかりやられてしまいました。んもぅ、最高! ちなみにこの曲、その後にリリースされた十五周年記念アルバム『湘南乃風 〜一五一会〜』には未収録。まだ聴いたことない人は、ぜひシングル購入しよう!

■「潮風」(’18)/岡崎体育

デビュー前から言い続けてきた夢の舞台、さいたまスーパーアリーナ公演が決定し、渾身の3rdアルバム『SAITAMA』をリリースしたばかりの岡崎体育。2018年もフェスなどの大舞台をたったひとりで盛り上げるカッコ良い姿を見ることが多く、自身史上最大のステージも楽しみなばかりですが。“おもしろ”の部分が注目されがちな彼のソングライターとしての天才ぶりと多才ぶり、そしてカッコ良さを改めて知らしめたのが2018年4月にリリースしたアルバム『OT WORKS』と最新作の『SAITAMA』でした。『OT WORKS』収録、TVアニメ『舟を編む』のOPテーマであるこの曲も、EDM調のアッパーな曲に乗せた歌詞の深さにうぬぬと唸らされたのをよく覚えてる。世間に認知してもらうというタームを終え、ついにリミッターを外した天才が、夢の舞台を経て生み出す楽曲たちも楽しみで仕方ない!

■「Mirror Ball」(’18)/Rude-α

基本的には現場至上主義で、生のライヴで感じたことを最重要視している僕ですが、2018年、現場で最も衝撃的だったのがRude-αとの出会いでした。新人ミュージシャンのショーケース的なイベントで、まったく前知識なしでライヴを観たのですが、1曲目「Mirror Ball」が始まった瞬間、僕は秒で恋してた。切れ味鋭いラップと異常にアグレッシブなパフォーマンス、滲み出るヤンチャさやカリスマ性に「本物じゃねぇか!」と思わず声を上げてしまいました。職業柄、「最近、良い人いました?」みたいなことを訊かれることが多いけど、最近は迷わず彼の名前を挙げています。「夢は武道館でやること。無理だと思うじゃん? でも、実際に武道館でやった時、今日のこと覚えててよ」と語ってた彼。俺がこの段階で大絶賛していたことも覚えておいてほしい(笑)。

■「輝きだして走ってく」(’18) /サンボマスター

2018年、最も印象に残ってる出来事が、10月に鹿児島で観たフェス『THE GREAT SATSUMANIAN HESTIVAL』。鹿児島の象徴である桜島の麓に2日間で3万人を動員して行なわれた、最高に楽しいフェスだったが、その中でもベストアクトと言えるほど凄まじいライヴを観せてくれたのがサンボマスター。そして、そのライヴで大感動で涙が止まらなくなってしまったのが「輝きだして走ってく」だった。2018年、ドラマ『チア☆ダン』の主題歌として人気を集めたこの曲。代表曲連発でフィールドを埋め尽くす観客を大きく盛り上げたステージのラスト、山口隆(Vo&Gu)の熱い語りから♪もしも君が〜とこの曲が始まった瞬間、僕の涙腺は決壊。それまで拳をあげて大騒ぎしていたキッズたちも黙ってステージに釘付けになってる姿が実に印象的で、世代を越えて心に響く曲であることも改めて知らされた。何年か経って聴いた時、「2018年はこんな年だったなぁ」とこの時代や風景を嬉しく思い出すであろう、大切な曲になりました!

TEXT:フジジュン

フジジュン プロフィール:1975年、長野県生まれ。『イカ天』の影響でロックに目覚めて、雑誌『宝島』を教科書に育った、ロックとお笑い好きのおもしろライター。オリコン株式会社や『インディーズマガジン』を経て、00年よりライター、編集者、デザイナー、ラジオDJ、漫画原作者として活動。12年に(株)FUJIJUN WORKSを立ち上げ、バカ社長(クレイジーSKB公認)に就任。メジャー、インディーズ問わず、邦楽ロックが得意分野だが、EBiDANなど若い男の子も大好き。笑いやバカの要素を含むバンドは大好物。



【関連リンク】
今さらですが! 俺による俺のための2018年ベスト
サンボマスターまとめ
Rude-αまとめ
岡崎体育まとめ
湘南乃風まとめ

【関連アーティスト】
サンボマスター, Rude-α, 岡崎体育, 湘南乃風, BIGMAMA
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, 連載コラム, ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!

岡本真夜、福島県飯舘村の成人式で名曲「TOMORROW」を熱唱
Mon, 14 Jan 2019 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

岡本真夜が1月13日に福島県飯舘村の成人式に訪れ、サプライズライブを開催した。

2011年に発生した東日本大震災および福島第一原子力発電所事故により、当時、福島県飯舘村は放射性物質の影響が大きく計画的避難区域に指定され、2011年5月以降は全村避難となった。同年の12月25日に俳優・伊勢谷友介が代表を務めるリバースプロジェクト主導の下、飯舘村の2つの卒園式と3つの小学校の卒業式が9ヶ月遅れで実現。その時に、地元ラジオ局に「TOMORROW」で元気付けられたとリクエストが殺到したことで岡本真夜がサプライズゲストとして参加することになり、同曲を含む7曲を歌唱。父兄関係者を含む参加者600人と大合唱を行なったのだ。

その時の小学校卒業生58名が2019年に成人式を迎えるにあたり、成人式の一部をまたリバースプロジェクトがプロデュースすることが決定。シークレットゲストとして岡本真夜がその当時の卒業生と7年ぶりの再会を果たした。感動に包まれる中、岡本は「そのままの君でいて」「365日のLove song」「未来へ」「アララの呪文」を熱唱、7年前に大合唱した「TOMORROW」では総立ちになり会場を盛り上げた。

ライブ後、岡本は『こうして成人した皆さんに再会できたことが本当に嬉しく、7年前にサプライズで歌わさせていただいた涙、涙の卒業式が懐かしく思えます。これからの皆さんの未来に、そして夢に向かう途中のいろんな想いに少しでも音楽で寄り添えればという気持ちで歌わさせていただきました。またいつか再会できる日を楽しみにしています』とコメント。次は6年後に当時の卒園生が成人を迎える。

【ライブ情報】

『岡本真夜★Premium″一人旅″弾き語りLive Tour 2018〜2019』
1月19日(土) 宮城 スターダスト 仙台 
1月20日(日) 福島 THE LAST WALTZ 郡山 
1月25日(金) 広島 BLUE LIVE HIROSHIMA
1月26日(土) 大阪 ROYAL HORSE大阪
2月02日(土) 北海道 Caf? & Bar Fiesta 札幌  
2月08日(金) 鹿児島 CAPARVO HALL 鹿児島
2月10日(日) 熊本 Restauant & Live Bar CIB 熊本
2月11日(月・祝) 福岡 Brooklyn Parlor HAKATA 
2月24日(日) 群馬 高崎 SLOW TIME cafe 
3月02日(土) 栃木 悠日 宇都宮
3月15日(金) 愛媛 松山 キティホール
3月21日(木・祝) 愛知 NAGOYA Blue Note
3月23日(土) 兵庫 クレオール神戸
3月24日(日) 京都 LIVE SPOT RAG京都

『岡本真夜★Premium″一人旅″弾き語りLive Tour 2019「東京は一人じゃないかも...!?」』
4月06日(土) 東京 銀座王子ホール



【関連リンク】
岡本真夜、福島県飯舘村の成人式で名曲「TOMORROW」を熱唱
岡本真夜まとめ
CHERRY NADE 169、ニューミニアルバムを4月3日に発売

【関連アーティスト】
岡本真夜
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 名曲, 出演, ライブ, レポート

CHERRY NADE 169、ニューミニアルバムを4月3日に発売
Mon, 14 Jan 2019 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

CHERRY NADE 169の代名詞である“愛と勇気とユーモアを”を更に深めたミニアルバム『Newmour!』が4月3日にリリースさあれることがわかった。

2018年6月の前作fruits EP『檸檬』の発売以降、『MURO FES 2018』などビッグイベントに名を連らね、さらに活動の幅を広げてきたCHERRY NADE 169。9月には『檸檬』のツアーファイナルをソールドアウト公演とし、 その翌月から3ヶ月連続でサブスクリプション限定配信にて新楽曲を発表。10月配信の「幻にしないで」はより切なさに迫る感情の詰まった作品に、11月配信の「tbh」は溜め込んだ感情をラップ・リリックに載せた作品に、12月配信の「Make a life」は疾走感のある直球メロディーで爽快な作品となった。

ミニアルバム『Newmour!』はそんなバラエティに富んだ上記3作品にリードトラックも加わった全5曲入りで、彼らの“新しいチャレンジ”と代名詞となる“温かみのあるユーモアサウンド”をアルバムタイトルに込めている。

なお、リリースツアーは調整中とのことだが、ツアーファイナルとして6月16日に代官山UNITでのワンマンライブが決定している。

CHERRY NADE 169の新しいサウンド・新しい表現がより詰まったミニアルバム『Newmour!』、ぜひ聴いてみてほしい。

ミニアルバム『Newmour!』

2019年4月3日発売



NEON-1006/¥1,574+税
<収録曲>
・幻にしないで
・tbh
・Make a life
他2曲(全5曲)


【ライヴ情報】

『YOYOGI Seesaw Festival』
2月03日 東京・代々木4会場サーキットイべント

『MiMiNOKO ROCK FES』
2月09日 大阪・大阪6会場サーキットイベント

『バウンダリーpre. 企画スリーマン』
2月25日 東京・渋谷CRAWL (with. バウンダリー/the paddles)

『Sound Stream sakura pre.』
3月07日 千葉・志津Sound Stream sakura

『アオイハルpre. 俺フェス2019』
3月23日 東京・渋谷TSUTAYA O-Crest

『CHERRY NADE 169 pre.アルバムリリースツアー』
※現在調整中

『CHERRY NADE 169 pre. ツアーファイナル ONE-MAN LIVE』
6月16日 東京・代官山UNIT



【関連リンク】
CHERRY NADE 169、ニューミニアルバムを4月3日に発売
CHERRY NADE 169まとめ
RADWIMPS、NHK『18祭』で披露した「万歳千唱」「正解」の映像を公開

【関連アーティスト】
CHERRY NADE 169
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミニアルバム, ツアー

RADWIMPS、NHK『18祭』で披露した「万歳千唱」「正解」の映像を公開
Mon, 14 Jan 2019 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年10月に放送されたNHK『RADWIMPS 18祭』より、RADWIMPSが1000人の18歳世代とともにパフォーマンスした「万歳千唱」と「正解」の2曲が、NHK公式YouTubeチャンネルと、NHKの様々な動画をWEB上で見ることができるサイト『どーがレージ』にて公開された。

『RADWIMPS 18祭』は日本全国の18歳世代からさまざまな熱い想いがこめられた動画を募集し、RADWIMPSがその想いを受けて楽曲を制作。選ばれた1000人の18歳世代たちと1回限りのステージを創り上げるという企画である。放送終了後、SNS上では再放送や「正解」の合唱譜面を求める声が多発するなど大きな話題を呼んだ。その反響を受けて、2018年末に「正解」の合唱譜面をWEB上で公開、そしてこの度の動画公開に至った。ここでしか見ることのできない、この日だけの奇跡のパフォーマンスを是非チェックしてほしい。

2018年12月12日にリリースした約2年振りとなるニューアルバム『ANTI ANTI GENERATION』には、前述の「万歳千唱」「正解(18FES ver.)」も収録されている。また、同作のアナログ盤も3月27日(水)にリリースすることが決定。アナログ盤は完全受注生産限定で予約締切は1月22日(火)までとなっているので、お早めの予約をおすすめしたい。

アルバム『ANTI ANTI GENERATION』

発売中
※アナログ盤:2019年3月27日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-29313/?3,800+税
【通常盤】(CDのみ)
UPCH-20503/?3,000+税
【アナログ盤】(重量盤2枚組)
UPJH-20010/1/¥4,800+税
※予約締切:2019年1月22日(火)
<収録内容>
■CD、アナログ盤
01. Anti Anti overture
02. tazuna
03. NEVER EVER ENDER
04. IKIJIBIKI feat.Taka
05. カタルシスト
06. 洗脳(Anti Anti Mix)
07. そっけない
08. <宿題発表-skit->
09. PAPARAZZI〜*この物語はフィクションです〜
10. HOCUSPOCUS
11. 万歳千唱
12. I I U
13. 泣き出しそうだよ feat.あいみょん
14. TIE TONGUE feat.Miyachi, Tabu Zombie
15. Mountain Top
16. サイハテアイニ
17. 正解(18FES ver.)
■DVD ※初回限定盤のみ
初回限定盤には「君の名は。」「人間開花」以降から今作にたどり着くまでのRADWIMPSを、メンバーインタビューを軸に過去の膨大な映像を再構築したドキュメント映像を収録。

Blu-ray&DVD『Road to Catharsis Tour 2018』

2018年12月12日(水)発売



【Blu-ray】
UPXH-20076/¥6,300+tax
【DVD】
UPBH-20233/¥5,800+tax
<収録曲>
01. AADAAKOODAA
02. One man live
03. ます。
04. ふたりごと
05. 遠恋
06. 俺色スカイ
07. やどかり
08. 揶揄
09. 秋祭り
10. スパークル
11. おしゃかしゃま
12. カタルシスト
13. 洗脳
14. 週刊少年ジャンプ
15. HINOMARU
16. トレモロ
17. いいんですか?
18. 君と羊と青
19. 棒人間
20. DADA



【関連リンク】
RADWIMPS、NHK『18祭』で披露した「万歳千唱」「正解」の映像を公開
RADWIMPSまとめ
flumpool、地元・大阪天王寺公園でのゲリラライブで再始動宣言

【関連アーティスト】
RADWIMPS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, 新曲, テレビ番組, 出演, ライブ

flumpool、地元・大阪天王寺公園でのゲリラライブで再始動宣言
Sun, 13 Jan 2019 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

flumpoolが1月13日、2017年12月より山村隆太(Vo)の“歌唱時機能性発声障害”の病気療養の為活動休止していたが、地元である大阪・天王寺公園でのゲリラライブにて再始動を宣言した。

2018年大晦日のファンクラブ会員向けラジオ生放送にて、活動休止以降初めて肉声を届けた山村。そのラジオで「バンド結成日にあたる1月13日に、原点に戻って地元大阪でストリートライブやりたいな」と山村自身が語ったことにより、メンバー間で今回のゲリラライブの開催を話し合い、実現できる運びとなった。メンバーSNSなどでは「1月13日午後大阪天王寺」などのヒントを出し、ライブ当日の1月13日 10:00に山村自身が「本日13時天王寺てんしばです!」とツイート。直前の発表にも関わらず天王寺公園には続々と、flumpoolの復活を待ちわびていたファンが集まり、休日で多くの方で賑わう天王寺公園に設営された特設ステージへ向けて、なんと阪井一生(Gu)が天王寺の駅から歩いて登場!オーディエンスを驚かせ会場を盛り上げた後、阪井の呼び込みでVo.山村を含むメンバー全員がステージにサプライズ登場すると、悲鳴にも似た大歓声が沸き起こった。

山村の「天王寺の皆さん、こんにちはflumpoolです! 短い時間ですけど楽しんでってください!」の一言からライブはスタートし、代表曲「花になれ」「two of us」の2曲を披露。真冬の野外にも関わらず、短い時間ながら熱いパフォーマンスを待ちわびていたファンにしっかり届けた。そこでメンバーの口から、2月からのファンクラブツアーの開催と、間髪入れず5月からは全国ホールツアーも開催することを宣言。そして、5月にリリースするシングルのレコーディングを現在行なっていることを報告した。山村隆太の病気からの復活と全国ツアーの開催発表で「今日この日からflumpoolは、活動を再開します!」と山村が語った通り、2019年flumpoolは高らかに、集まったおよそ4000人のオーディエンスの前で宣言した。

なお、本日のゲリラライブで復活を発表したflumpoolのスペシャル番組を、1月20日(日)21:00よりFM802で『802 BINTAN GARDEN「flumpool・is・Back!!!!」』と題し、オンエアが決定。DJは、加藤真樹子さんが担当し、ライブ音源もオンエア予定なのでぜひチェックしてほしい。

photo by 渡邉 一生

■【ライヴ情報】

『flumpool FAN MEETING 〜FM SAKAI 2019〜』
2月28日(木) 東京・Zepp Tokyo
3月02日(土) 石川・金沢Eight Hall
3月06日(水) 広島・広島クラブクアトロ
3月11日(月) 北海道・PENNY LANE24
3月16日(土) 福岡・DRUM LOGOS
3月20日(水) 宮城・仙台Rensa
3月29日(金) 大阪・Zepp Osaka Bayside
3月30日(土) 愛知・Zepp Nagoya

『flumpool 2019年全国ホールツアー』
5月04日(土・祝) 広島・広島上野学園ホール
5月05日(日・祝) 鳥取・米子市公会堂
5月11日(土) 三重・NTNシティホール(桑名市民会館)
5月12日(日) 福井・福井市文化会館
5月22日(水) 東京・東京国際フォーラム ホールA
5月25日(土) 静岡・静岡市民文化会館 大ホール
6月02日(日) 新潟・新潟県民会館 大ホール
6月28日(金) 群馬・ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール
7月06日(土) 岡山・倉敷市民会館
7月07日(日) 愛媛・松山市民会館 大ホール
7月12日(金) 兵庫・神戸国際会館 こくさいホール
7月14日(日) 奈良・なら100年会館 大ホール
7月20日(土) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール コンサートホール
8月08日(木) 大阪・フェスティバルホール
8月09日(金) 大阪・フェスティバルホール
8月17日(土) 宮城・仙台サンプラザホール
8月18日(日) 福島・けんしん郡山文化センター 大ホール
8月24日(土) 長野・長野市芸術館 メインホール
8月25日(日) 茨城・茨城県立県民文化センター 大ホール
8月31日(土) 愛知・名古屋国際会議場・センチュリーホール
9月20日(金) 北海道・わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
9月28日(土) 神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール



【関連リンク】
flumpool、地元・大阪天王寺公園でのゲリラライブで再始動宣言
flumpoolまとめ
OBLIVION DUST 、K.A.Z(Gu)が左手首骨折で離脱するもツアーは続行

【関連アーティスト】
flumpool
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 発表, ツアー, レポート, 再始動

OBLIVION DUST 、K.A.Z(Gu)が左手首骨折で離脱するもツアーは続行
Sun, 13 Jan 2019 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

OBLIVION DUSTのが2018年12月2日の東京公演を皮切りにスタートさせた全国ツアー『Us Against Them Tour 2018-19』。あと一息で完走というところで、ギターのK.A.Zが左手首骨折で残り5公演への出演を見合わせるというニュースが飛び込んできた。

OBLIVION DUSTのリーダーでもあり、サウンド・メイキングの要でもあるK.A.Zの不在は、ライヴのありようを左右する。彼らがこだわり、構築してきたライヴ・サウンドを崩してしまう恐れもある中、メンバーのKEN LLOYD(Vo)、RIKIJI(Ba)は、残りのツアーを走りきることを決断。K.A.Zの音を残り5本のライヴでどう再現させるか、サウンド・スタッフと共にライヴ当日までその作業は行なわれていた。変幻自在、多彩な表情のギターを聴かせ、しなやかさと華やかさを持ち合わせたギター・パフォーマンスを見せるギターの不在。その穴は、誰が考えても大きなものだ。しかしこの日のライヴは、それを無理やり補うのではなく、違う形で埋めていくものだった。

オープニングを飾ったのは、「Sink The God」。KENが「カモン!」と叫び、フロアを一瞬にして爆音へと誘う。ライヴのラストを飾ることも多いこの曲。KENはすでにクライマックスかのような激しい歌とパフォーマンスで、オーディエンスの不安を一掃。普段から不敵なプレイスタイルでオーディエンスを魅了しているRIKIJIも、いつも以上に激しく暴れ、サウンドでもプレイでもステージを華やかにアグレッシブなものに塗り替えていた。そして、上手のK.A.Zの立ち位置に立っていたのは、サポートメンバ−のYUJI(Gu)だ。K.A.Z不在のライヴに向けて、K.A.Zのギターの音はシーケンスに打ち込まれ、さらにYUJIはこれまで弾いていた自分のフレーズとK.A.Zのフレーズを、このライヴのために構成し直した。想像を絶するプレッシャーもあったに違いない。しかし、YUJIのプレイは、まったく怯む様子もなく、ともすれば熱狂的なファンからのシビアな視線もはね退けるほど、自分のスタイルでオブリのサウンドを牽引し、そのパフォーマンスでオーディエンスの腰を揺らした。

「こんばんは、OBLIVION DUSTマイナス一人です。いつものように一緒に暴れてください。最高のライヴにしましょう」

KENのMCに続いて繰り出されたのは「Death Surf」。ここからライヴはさらに加速していき、「Goodbye」では、昨年のFC限定ライヴで数年ぶりにギターを披露したKENが再びギターをかき鳴らしながら歌う。いつもはK.A.Zが鳴らしているイントロの印象的なギターリフをKENが弾くと、フロアからは驚きにも喜びにも似た歓声が上がった。毎回セットリストを変え、新曲も披露している今回のツアー。その進化はこんな場合であっても止まることはない。「D.O.A.」「Satellite」といった熊本初披露の新曲たちは、サポートメンバーARIMATSU(Dr)が繰り出すビートの上で、キャッチーなメロディを携えながらダンサブルに絡み、オブリの新境地とも言える圧倒的な存在感で、この日も見事にフロアを熱狂させた。シーケンスから鳴らされるK.A.Zの音と、YUJIのギターの音は見事に重なり、融合してフロアを揺らす。と同時に、K.A.Zにしか出せないギターの音は、K.A.Zのギターがいかに華を携えた唯一無二の音なのか、あらためて感じさせるものでもあった。そして、K.A.Zはステージ上には不在ではあるものの、セットリストを考え、ライヴを裏で組み立てている、やはりサウンドを牽引する存在であると感じさせずにはいられない。OBLIVION DUSTにとって、そして、彼らの想いを受け止めようとここに集まったオーディエンスにとって、この日が記憶に刻まれるライヴになったのは言うまでもない。

「熊本、今日は本当にありがとうございました。今日、ひとりいないんですけど、みなさんのおかげで無事終われそうです。最後のブロックも暴れて終われるといいですね」

KENのシンプルな感謝の言葉に続き、「Under My Skin」からは、終幕に向けて一気に畳み掛ける。そして、汗だくのメンバーがラストに放ったのは、鋭いスクラッチ音で覚醒させるキラーチューン「You」。サビの「F◯ck you!」のシャウトは、まるでオブリからの感謝の言葉のようにも聴こえ、メンバーひとりを欠くものの、OBLIVION DUSTとフロアのオーディエンス全員が“OBLIVION DUST"として、この日のライヴを作り上げていたのだ。

ツアーファイナルは1月27日(日)の東京・渋谷TSUTAYA O-EAST。このテンションはさらに加速するのか、はたまた息切れてしまうのか。K.A.Z不在のピンチを(メンバーそれぞれに思いはあっただろうが)、熱い思いを秘めながらもするりと軽やかに乗り越えてみせたメンバーたち。もしかしたら、最終日にはとんでもないものが見られるかもしれないとさえ思わせてくれた、この日のライヴ。完走するOBLIVION DUSTの姿は決して見逃せない。

photo by 田中和子(KAZUKO TANAKA)

『OBLIVION DUST
“Us Against Them Tour 2018-19”』

12月02日(日) 東京・下北沢GARDEN 
12月08日(土) 山梨・甲府KAZOO HALL 
12月09日(日) 埼玉・HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心VJ-3 
12月15日(土) 神奈川・F.A.D YOKOHAMA
12月16日(日) 千葉・柏PALOOZA
12月22日(土) 大阪・梅田CLUB QUATTRO
12月23日(日) 愛知・名古屋 Electric Lady Land 
12月24日(月・祝) 静岡・ LIVE HOUSE浜松窓枠 
12月29日(土) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM 
12月30日(日) 広島・CLUB QUATTRO
【2019年】
1月05日(土) 宮城・仙台darwin 
1月06日(日) 福島・郡山HIP SHOT JAPAN 
1月12日(土) 熊本・DRUM Be.9 V2 
1月13日(日) 福岡・DRUM Be-1
1月19日(土) 新潟・GOLDEN PIGS RED STAGE
1月20日(日) 群馬・高崎club FLEEZ 
1月27日(日) 東京・渋谷TSUTAYA O-EAST



【関連リンク】
OBLIVION DUST 、K.A.Z(Gu)が左手首骨折で離脱するもツアーは続行
OBLIVION DUSTまとめ
彩冷える、ZeppTokyo公演で15周年ツアー&記念日ライヴ開催発表

【関連アーティスト】
OBLIVION DUST
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, ツアー, ワンマン, ライブレポ, レポート

彩冷える、ZeppTokyo公演で15周年ツアー&記念日ライヴ開催発表
Sun, 13 Jan 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

彩冷えるが1月12日、Zepp Tokyoのワンマンライブにて、来たる5月8日の15周年へ向けてのツアー、そしてその当日にはスペシャルライブを開催することを発表! 実に9年振りとなるツアーに会場は1500人のオーディエンスからの歓喜の声に包まれた。

1月12日、お台場Zepp Tokyoにてワンマンライブ『Virgin Snow Color-Final Season-』を開催した彩冷える。12年前、バンドのメインコンポーザーの脱退によりそれまでの楽曲の大半を失った彼らが、バンドの命運をかけゼロから全ての曲を短期間で作り上げ、アルバム『バージンスノーカラー』を完成。見事に存続の危機を乗り越えメジャーデビューを掴み取ることとなった、いわば彼らの快進撃の原点ともいえるアルバムだ。一度は離れ離れになった5人が8年もの時を経た今、再び集結しこのタイトルを冠したライブを開催したことは非常に深い意味があったことだろう。

そんなライブの余韻も冷めやらぬ中、新たなるライブの開催が発表された。アンコールラストの曲「七色の空のオクターブ」でカラフルな銀テープが飛び、集まったオーディエンスがその余韻に浸っていたその時、突如暗転しステージ中央のLEDビジョンが光り始める。期待感を煽る音と共に現れたのは、5人の新しいアーティスト写真とツアー開催決定の文字であった。彼らを待ちわびたファンには、予想だにしなかった嬉しい発表となったであろう。そして、来たる15周年記念日には新たな彩冷えるを打ち出すというスペシャルライブも開催決定。新たな彩冷えるとは一体何なのか…続報を待とう。

■【ライヴ情報】

『彩冷える感謝祭TOUR\'19-Towards the 15th Anniversary-』
5月02日(木・祝) 愛知・名古屋ReNY limited.
5月04日(土・祝) 大阪・なんばHatch
5月07日(火) 東京・TSUTAYA O-EAST

『彩冷える15th Anniversary Special Live「彩、冷めた頃に」』
5月08日(水) 東京・TSUTAYA O-EAST



【関連リンク】
彩冷える、ZeppTokyo公演で15周年ツアー&記念日ライヴ開催発表
彩冷えるまとめ
ミオヤマザキ、1万枚限定のミニアルバムが予約販売のみで完売

【関連アーティスト】
彩冷える
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, 発表, ツアー, ライブレポ

ミオヤマザキ、1万枚限定のミニアルバムが予約販売のみで完売
Mon, 14 Jan 2019 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

先日横浜アリーナでの単独公演を発表し、勢いに乗るミオヤマザキが1月19日にリリースする、“1万枚限定”“CD店に並ばない”ニューミニアルバム『un-speakable』が予約販売のみでソールドアウトとなった。

このアルバムには、映画『耳を腐らせるほどの愛』の主題歌「哀図」や、女子高生の持つパワーと学生ならではの葛藤を歌い上げたダンスチューン「女子高生」など、ミオヤマザキらしい7曲を収録。そのうち6曲を発売前にyoutubeにてフルサイズ公開する潔さに、“とにかく音源を聴いて欲しい”という強い想いと、同時に“決してyoutubeでの音源公開がCDの買い控えを起こす事実はない”と証明したいという覚悟がうかがえた。

相変わらずのヒヤヒヤしながらも共感せざるを得ない歌詞と、重厚でありながら新鮮で飽きることのないサウンドワークで描かれたミオヤマザキの今回のミニアルバム、音源の意味や価値などを問う良い機会となるのかもしれない。

■【ボーカルmio コメント】

ありがたいことに予定していた1万枚をすべて売り切ることができました。それだけ多くの人が、ミオヤマザキの音楽をCDというパッケージで手元に残したい、と思ってくれたということなんだと思います。CDが売れない時代に私たちは音楽を表現するという人生を選びました。新旧の状況が入り混じる業界の渦の中で、時に必死に泳ぎ、時に無力を感じながら、いまもここにいます。

1万枚が多いのか、少ないのかわかりませんが、自分たちが課した一つの指標を乗り越えることができたことを嬉しく思います。手に入れられなかった方もいるかもしれませんが、決して音楽を閉鎖的に発表する意図はなく、youtubeで全曲聴けるし、サブスクリプションサービスでも全曲配信を予定しています。ぜひそれぞれの方法で私たちの音楽を聴いてもらえればと思います。

ミニアルバム『un-speakable』

2019年1月19発売(同日配信開始)



<収録曲>
1.un-speakable
2.哀図
3.女子高生
4.CinDie
5.ふたりぼっち
6.絵空事
7.溺死

【ライヴ情報】

『ミオヤマザキ×R指定「お台場心中」』
1月19日(土) 東京・ZeppTokyo (with. R指定)

『0427、2人の記念日イブ、待ち合わせ場所は…日比谷でしょ?』
4月27日(土) 東京・日比谷野外大音楽堂

『0428、2人の記念日、待ち合わせ場所は…大阪でしょ?』
4月28日(日) 大阪・大阪城野外音楽堂

『ミオヤマザキZepp Tour 2019』
11月09日(土) 東京・Zepp DiverCity
11月23日(土) 大阪・Zepp Osaka Bayside
11月24日(日) 愛知・Zepp Nagoya
12月01日(日) 福岡・Zepp Fukuoka

『ミオヤマザキ5周年ワンマンスレ』
[2020]
1月11日(土) 神奈川・横浜アリーナ



【関連リンク】
ミオヤマザキ、1万枚限定のミニアルバムが予約販売のみで完売
ミオヤマザキまとめ
M!LK、『TGC』初出演! ニューアルバムのリード曲「My Treasure」を披露

【関連アーティスト】
ミオヤマザキ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, ミニアルバム

M!LK、『TGC』初出演! ニューアルバムのリード曲「My Treasure」を披露
Sun, 13 Jan 2019 17:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7人組ボーカルダンスユニットのM!LKが、1月12日(土)ツインメッセ静岡北館大展示場にて開催された『SDGs推進 TGC しずおか 2019 by TOKYO GIRLS COLLECTION』のメインアーティストとしてライブステージに登場し、来場者約7,200人の中、堂々たるパフォーマンスで『TGC』初出演を飾った。

豪華モデル陣によるファッションショーや、様々なイベントステージで大盛り上がりの中盤17時過ぎ、7色の鮮やかなライトで会場が照らされ、Overtureが流れる中メインステージにM!LKが登場。み!るきーず(M!LKファンの呼称)によるペンライトと大歓声に包まれると、彼らのことが1曲でサクっとわかる人気の自己紹介ソング「めちゃモル」からライブスタート。各々の自己紹介部分では、メンバーが1列の列車となりながら、ランウェイ部分をぐんぐんと突き進み、より観客の近くで楽しくポップなパフォーマンスを披露。メンバーの塩?太智によるアクロバットも見せつけた。

続く2曲目は、センターステージにて“モォォォォォォォ〜〜〜!!!”と佐野勇斗の叫び声で始まる「テルネロファイター」でロックオン。1度は耳にしたことがある噂の“テルネロファイター”と言われるほどに、ファン以外の来場者らも次から次へとペンライトやタオル、こぶしを突き上げるようにして“テルネロポーズ”が会場を埋め尽くし、会場一帯となる連鎖反応に盛り上がりは最高潮に!

最後は、2月6日(水)リリースの2ndアルバム『Time Capsule』からリード曲となる「My Treasure」を披露。外部イベントでは初披露となる『TGCしずおか』にて、エネルギッシュなダンスにナチュラルかつクールな表情を織り交ぜ、仲間感、青春感がハジケる、今1番エモいこの楽曲を華々しく堂々たるパフォーマンスでステージを彩った。“以上、僕たちはM!LKでした!”とポーズで締め括ると、大歓声の中、初の『TGC』ステージに深く爪あとを残してステージの幕を下ろした。

その後のファッションショーでは、板垣瑞生・佐野勇斗の“いたちゃの”ペアが、WEGOステージに登場。板垣は蛍光グリーン×ブラックがオシャレなスポーティーなスタイル、佐野はピンクのパーカーをアクセントにカジュアルな着こなしでランウェイを歩き、アーティストだけではない、モデルとしての風格もみせた。

また、M!LKはアルバム『Time Capsule』のリリースを引っ提げて『M!LK SPRING TOUR 2019』を3月2日(土)NHK大阪ホール公演からスタートさせる。2019年は、歌・ダンス・バラエティー、そして俳優活動と他分野に全力で突っ走る彼らから目が離せない1年になりそうだ。

■【コメント】

■板垣瑞生
「M!LKとして今回初めて『TGC』に出演させていただき、たくさんの方が優しく応援してくださっていたので、安心してLIVEをすることができました。また次回出演させていただく機会がありましたら、是非会場に遊びに来てください。そしてランウェイは勇斗と2人で歩かせていただいたんですけど、『WEGO』さんのステージで最後に歩かせていただくなんて本当に光栄なことですし、会場に来てくださる皆さんに楽しんでもらいたいという一心でいつも歩かせていただいています。また『TGC』に呼んでいただけるように頑張ります!」

■佐野勇斗
「『TGCしずおか』無事終了しました!!M!LKとして初めての『TGC』出演だったのでとても緊張したのですが、み!るきーずの皆さんの温かい声援のおかげでめちゃくちゃ楽しかっタァァアアア!!新曲「My Treasure」も披露させてもらいました!めちゃくちゃいい曲だなぁと思いながら踊りました。我ながら!!(笑)皆さんにもたくさん聴いてもらえると嬉しいです!また『TGC』に出させていただけるよう頑張ります!!」

■塩?太智
「M!LKで『TGC』に出演させていただいて、新曲の「My Treasure」も披露させていただきました。み!るきーずをはじめ、来場者の皆さんがすごく温かくて安心しました。僕は「めちゃモル」という曲中にアクロバットをしたんですが、これからも皆さんに喜んでいただけるよう頑張りたいと思います。『TGC』でちょっと気になった人は是非“M!LK”を検索してください!(笑)」

■吉田仁人
「M!LKとして初めての『TGC』で、静岡の皆さんと一緒に楽しめたのがすごく楽しかったです。オシャレな方々がたくさん集まるイベントで踊る機会もなかなか無いですし、新曲の「My Treasure」は先日のファンクラブイベントで初披露して以来、外部イベントでは初披露だったので、M!LKをまだ知らない皆さんにも初めて聴いて、見ていただけたので、今回の『TGC』で良かったなと思ってくださった方は、今後のアルバム発売記念のリリースイベントやツアーにもぜひ足を運んでいただけたらと思います。舞台裏もとにかくオシャレで楽しかったです。今日はありがとうございました。」

■山中柔太朗
「僕が大好きなファッションの一大イベント!お祭りでした。表舞台だけではなく、控え室でもたくさんのモデルの皆さんがいろんな洋服を着ていらっしゃるので、見ているだけでもとても楽しかったんですけど、僕たちM!LKもあんなに大きな会場でライブパフォーマンスが出来て本当に幸せでした。そしていつか、モデルとしてもランウェイを歩けたら良いなと思っています。次回も出演させていただけるように頑張ります。」

■曽野舜太
「今回『TGC しずおか』という大きなステージに立たせていただいて、本当に嬉しかったです。静岡の皆さんがすごく温かくて、新曲の「My Treasure」も披露させていただいて、皆さんが黄色い声援をたくさんおくってくださってすごく嬉しかったです。瑞生くんと勇斗くんのランウェイも裏から見ていてかっこいいなぁって思ったし、いつか自分もモデルとして立てるようにこれからも頑張っていきたいと思います。そして、ケータリングも美味しかったです!(笑)静岡の恵みをたくさん食べることが出来て幸せでした!1番美味しかったのは、マグロのお寿司です!!」

■琉弥
「皆さん、今日は『TGC しずおか』ありがとうございました。数多くのモデルさんやアーティストの皆さん、勇斗くんや瑞生くんのランウェイなど、たくさんのステージも見学することができて本当に勉強になりました。次回また東京ガールズコレクションに出演できる機会があったら、もっと身長を伸ばしてスタイルも良くして(笑)、ランウェイにも出演してみたいし、もっと大きくなったM!LKでまた来たいと思っています。皆さん、ぜひ応援よろしくお願いします!」

アルバム『Time Capsule』

2019年2月6日発売



【初回限定盤】(CD+Blu-ray)
ZXRC-2040/¥3,500+税
※CD、Blu-ray共に「プレイパス(PlayPASS)」サービスに対応
<収録曲>
■CD
01.Over The Storm
02.ハロー!
03.My Treasure
04.ボクラなりレボリューション[Album ver.]
05.Goin\' Down
06.Feel Alive
07.It\'s only LOVE
08.サラブレッド御曹司CITY BOY
09.ジャングリズム
10.Brave Saga
11.上昇思考クライマー
12.Around The World
13.交差点、信号、君と僕
14.愛と合図
■Blu-ray
2018年11月23日『M!LK THE LIVE 2018 〜わちゃ? & cool これがM!LKっ〜』@豊洲PIT LIVE
・Overture 
・ハロー! 
・ジャングリズム 
・Goin\' Down 
・May 
・Around The World+8thシングル「Over The Storm」MV

【通常盤】(CDのみ)
ZXRC-2041/¥2,500+税
※「プレイパス(PlayPASS)」サービスに対応
<収録曲>
■CD
01.Over The Storm
02.ハロー!
03.My Treasure
04.ボクラなりレボリューション[Album ver.]
05.Goin\' Down
06.Feel Alive
07.It\'s only LOVE
08.サラブレッド御曹司CITY BOY
09.ジャングリズム
10.Brave Saga
11.上昇思考クライマー
12.Around The World
13.交差点、信号、君と僕
14.愛と合図

【FC限定盤】(CD+Blu-ray+α)
¥4,500+税
※CD、Blu-ray共に「プレイパス(PlayPASS)」サービスに対応
※M!LKオフィシャルファンクラブ「PREMIUM MILK」会員限定販売
販売受付時期は近日発表、オフィシャルファンクラブ会員様限定販売となります。
<収録曲>
■CD
01.Over The Storm
02.ハロー!
03.My Treasure
04.ボクラなりレボリューション[Album ver.]
05.Goin\' Down
06.Feel Alive
07.It\'s only LOVE
08.サラブレッド御曹司CITY BOY
09.ジャングリズム
10.Brave Saga
11.上昇思考クライマー
12.Around The World
13.交差点、信号、君と僕
14.愛と合図
■Blu-ray
2018年11月23日「M!LK THE LIVE 2018 〜わちゃ? & cool これがM!LKっ〜」@豊洲PIT LIVE
・Overture 
・ハロー! 
・ジャングリズム
・Goin\' Down 
・May 
・Around The World+8thシングル「Over The Storm」MV
・プレイパス(PlayPASS)のみ 2018年11月23日『M!LK THE LIVE 2018 〜わちゃ? & cool これがM!LKっ〜』@豊洲PIT LIVE 本編収録
・アナザージャケット
・メンバー Voiceカード
・メンバー 壁紙ダウンロード画像  
(上記特典:各メンバーソロ/7人のうちお好きな1人をお選びいただけます。)


『M!LK SPRING TOUR 2019 “Treasure Treasur”』

3月02日(土) 大阪・NHK大阪ホール
3月03日(日) 愛知・日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
【1部】開場14:00/開演14:30
【2部】開場17:30/開演18:00
3月23日(土) 宮城・仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール
4月02日(火) 福岡・福岡国際会議場
5月11日(土) 東京・昭和女子大学人見記念講堂
5月12日(日) 東京・昭和女子大学人見記念講堂



【関連リンク】
M!LK、『TGC』初出演! ニューアルバムのリード曲「My Treasure」を披露
M!LKまとめ
ビッケブランカ、バレンタインソング「Winter Beat」MV公開

【関連アーティスト】
M!LK
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, 出演, ツアー, レポート

ビッケブランカ、バレンタインソング「Winter Beat」MV公開
Sun, 13 Jan 2019 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ビッケブランカが、2018年11月にリリースしたニューアルバム『wizard』から、次なるリードトラック「Winter Beat」のMVを公開した。

今回公開されたのは、ロッテ『ガーナミルクチョコレート』を噛じる姿もキュートな「Winter Beat(chocoholic ver.)」。《愛だけをギフトにして》というロマンチックな歌詞にのせて、ビッケブランカが贈るありったけの愛を詰め込んだ、冬にきらめきを放つ最強のアップタウンラブソングだ。

MVでは、世界の喧騒とは離れた場所から一人悠々とひたすらどこかへ向かうビッケブランカが登場。ドローンから撮影した美しい景色とともに、音楽を奏でる楽しさが思わず伝わってくるような彼の表情にも注目したい。

また、1月12日の仙台 darwin公演を皮切りに、2月10日(日)東京・ZEPP Tokyo公演まで全7都市を回るリリースツアー『WIZARD TOUR 2019』がスタートしており、すでに名古屋や大阪などの公演でソールドアウトも発表されている。 話題のタイアップ曲「まっしろ」をはじめ、「Winter Beat」もライブのハイライトで聴けるはずなので、MVともにチェックしてほしい。

『WIZARD TOUR 2019』

1月19日(土) 福岡・DRUM LOGOS
1月20日(日) 広島・セカンドクラッチ
1月25日(金) 名古屋・ダイアモンドホール ※SOLD OUT
1月26日(土) 大阪・BIGCAT ※SOLD OUT
2月10日(日) 東京・Zepp Tokyo

アルバム『wizard』

発売中



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
AVCD−96009/B/¥3,800+税
【通常盤】(CD)
AVCD-96010/¥3,000+税

<収録曲>
■CD
01.Wizard
02.Winter Beat
03.まっしろ
04.Lights Out
05.ウララ
06.Black Rover
07.Buntline Special
08.夏の夢
09.キロン
10.Smash(Right This Way)
11.WALK(long ver.)
12.Great Squall 
■DVD
ULALA TOUR 2018@SHIBUYA TSUTAYA O-EAST
01.Get Physical
02.Natural Woman
03.Bad Boy Love
04.Your Days
05.TARA
06.Black Rover
07.Moon Ride
08.Slave of Love
09.ウララ



【関連リンク】
ビッケブランカ、バレンタインソング「Winter Beat」MV公開
ビッケブランカまとめ
ORANGE RANGE主催『テレビズナイト019』にYogee New Wavesが出演決定

【関連アーティスト】
ビッケブランカ
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, MV, ツアー

ORANGE RANGE主催『テレビズナイト019』にYogee New Wavesが出演決定
Sun, 13 Jan 2019 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

現在ツアー『ORANGE RANGE LIVE TOUR 018-019 〜ELEVEN PIECE〜』を開催中のORANGE RANGEが、彼らのホームタウンでもある沖縄市コザ・ミュージックタウン音市場&音楽広場で4月13日(土)に開催する『テレビズナイト 019』の第二弾出演者を発表! Yogee New Wavesと、バスケ王国と呼ばれる沖縄発のストリートボールリーグ・CROSSOVERが追加となった。

ORANGE RANGEがデビュー前から主催するイベントとして、多種多様なジャンルを織り交ぜて開催されてきた『テレビズナイト』。第一弾では、あいみょん、テレビズナイト常連のプロスケートボーダー才哲治、お笑い芸人のテツandトモ、世界から注目されるマジシャン・MASA MAGICとバラエティに富んだ4組の出演が決定している。

なお、第二弾発表に合わせて Yahoo!チケットにてイベントオフィシャル二次先行予約もスタートし、1月20日(日)まで受付中なのでぜひチェックしてほしい。

■『ORANGE RANGE presents 『テレビズナイト 019』』

4月13日(土) 沖縄・ミュージックタウン音市場&音楽広場
<出演>
ORANGE RANGE、あいみょん、Yogee New Waves 、CROSSOVER(BASKETBALL)、才哲治(SKATEBOAD)、テツ and トモ(お笑い芸人)、MASA MAGIC(マジシャン)、and more

<チケット>
通常チケット ¥5,500
学割チケット ¥3,800
沖縄県民限定学割チケット ¥3,300
※スタンディング

■オフィシャル二次先行予約詳細
1月13日(日)12:00〜1月20日(日)23:59
https://ticket.yahoo.co.jp/tour/00003767/

■『テレビズナイト 019』HP
https://orangerange.com/tvsnight019/

配信シングル「 Family」

配信中



¥500(税込)
<収録曲>
01.Family
02.Family(Instrumental)
03.Family(NHK「みんなのうた」放送ver.)

■配信リンクはこちら。
https://jvcmusic.lnk.to/orangerange_family



【関連リンク】
ORANGE RANGE主催『テレビズナイト019』にYogee New Wavesが出演決定
ORANGE RANGEまとめ
あいみょんまとめ
テツandトモまとめ
Yogee New Wavesまとめ

【関連アーティスト】
ORANGE RANGE, あいみょん, テツandトモ, Yogee New Waves
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 発表, 配信, ライブ

BAND-MAID、全国ツアーファイナル公演で粋なサプライズ演出に約4,000人が熱狂
Sun, 13 Jan 2019 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年9月より全国17カ所18公演で開催してきたBAND-MAIDのツアー『BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2018-2019【侵略】』のファイナル公演が1月11日、12日に東京・新木場STUDIO COASTにて開催され、最終日にはチケットが即日完売となった超満員の会場で、海外仕込みの圧巻のパフォーマンスを披露した。

前日とは異なるセットリストで、合計約4,000人の年齢・性別を超えたご主人様・お嬢様(ファン総称)を熱狂させたツアー最終日。ステージには紗幕が下ろされ、怪しい雰囲気を醸し出す洋館が投影される会場に集
まった超満員のご主人様・お嬢様の熱気は高く、異様な熱狂の中ツアーファイナルお給仕(ライブ)がスタートした。

激しいドラミングが会場に響き渡ると、ステージの紗幕には、AKANE(Dr)のシルエットが映し出され、続いてMISA(Ba)、KANAMI(Gu)、小鳩ミク(Vo&Gu)、彩姫(Vo)と順にシルエットが出現すると、熱狂の「DICE」でお給仕の幕が上がる。“新木場、声出せるか!”彩姫の煽りで会場の熱気は急上昇し、そのまま「the non-fiction days」に突入、序盤からフルスロットルでお給仕が進行されていく。

続く「モラトリアム」のイントロで紗幕が外され、BAND-MAIDメンバーが登場すると観客の感情が爆発し、早速のシンガロングが巻き起こる。そんな中でも“もっと声出ると思う!”というさらなるシンガロングを要求する彩姫に呼応し、超満員のご主人様・お嬢様も大合唱でアンサー。 その後もテレビアニメ『遊☆戯☆王VRAINS』のエンディング曲「glory」を始めとした攻撃的なセットリストで観客を煽り続けた。

小鳩のMCでは、“くるっぽ〜”のコールアンドレスポンスで張り詰めた会場の雰囲気を緩和しつつ、“ようこそ、BAND-MAIDのお給仕へ!”とお決まりの挨拶でツアーファイナル開幕を改めて告げると、BAND-MAIDの世界征服への決意表明をした「DOMINATIION」をプレイし、アクセル全開のまま中盤へ突入。そして、この日のために書き下ろしてきたインスト楽曲「without holding back 〜instrument〜」を初披露して前半戦は終えた。

後半戦は、KANAMIが鍵盤の前に立ってしっとりと音色を奏でる「start over」「Daydreaming」のパフォーマンスから。緩急の効いたライブ構成に観客は、さらにBAND-MAIDの世界に引き込まれていく。続いて、アコースティックな「anemone」では、彩姫の歌声を全身に沁み渡らせるように聴き入っているご主人様・お嬢様を再び目覚めさせるように「Matchless GUM」「FREEDOM」とアッパーなハードロックをぶつけていく。ここでは、ギター・ベースの3人による掛け合いで会場を沸かせ、テレビドラマ『パーフェクトクライム』の主題歌「Bubble」も披露。インスト楽曲、小鳩がリードボーカルを務める「TIME」を経て、彩姫ひとりでのグッズ紹介、小鳩によるおまじないタイム(「萌え萌え」「キュンキュン」のコールアンドレスポンス)を行ない、ツアーファイナルの終盤へなだれ込む。

「you.」「Play」「Choose me」とBAND-MAIDの王道パターンで会場を圧巻のロック空間へと誘いつつ、彩姫の“ラスト!新木場、まだまだトバして行こうぜ!!”の煽りとともに、お給仕ラストの「Don\'t you tell ME」を白熱のパフォーマンスで締めた。

ここでお給仕を終了するはずが、彩姫は“新木場それでいいの? まだ聴きたいか!? ちょっと待って”と発すると、メンバーがドラム前に集合すると何やら相談を始める。“こっちもまだやり足りない!”と、セットリストには入っていなかった「FORWARD」を急遽演奏することになり、小鳩も“ビックリっぽ…”と動揺を隠せない中、これからも前に向かっていく強い意志を表した「FORWARD」での、彩姫の粋なサプライズに会場のご主人様・お嬢様は歓喜に包まれてツアーファイナルが終幕。…と思いきや、その直後に1月16日にリリースする5thシングル「Bubble」のMV初公開というサプライズ演出が待っていたのだ。そんな、圧倒的パフォーマンスでご主人様・お嬢様を魅了した2日間のツアーファイナルにて、確かな手応えと2019年の大躍進を確信させたBAND-MAIDの今後にぜひ注目してほしい。

なお、「Bubble」MVは後日YouTubeで公開されるとのことなのでお楽しみに!

photo by MASANORI FUJIKAWA

【セットリスト】

■『BAND-MAID 1/12 BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2018-2019【侵略】』
1.DICE
2.the non-fiction days
3.モラトリアム
4.Unfair Game
5.glory
6.alone
7.DOMINATION
8.CLANG
9.Screaming
10.CROSS
11.Spirit!!
12.without holding back 〜instrument〜
13.start over
14.Daydreaming
15.anemone
16.Matchless GUM
17.FREEDOM
18.Bubble
19.ONSET 〜instrument〜
20.TIME
21.you.
22.Play
23.secret My lips
34.Choose me
25.Don\'t you tell ME
26.FORWARD

■『BAND-MAID 1/11 BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2018-2019【侵略】』
1.DICE
2.the non-fiction days
3.モラトリアム
4.Unfair Game
5.glory
6.alone
7.DOMINATION
8.CLANG
9.Thrill
10.Screaming
11.Spirit!!
12.Go Nuts!
13.start over
14.Daydreaming
15.anemone
16.FORWARD
17.FREEDOM
18.Bubble
19.ONSET 〜instrument〜
20.Rock in me
21.you.
22.Play
23.secret My lips
24.Choose me
25.Don\'t you tell ME

シングル「glory」

2019年1月16日発売



CRCP-10419/¥926+税
【収録曲】
1.glory ※TVアニメ「遊☆戯☆王VRAINS」エンディング曲
2.hide-and-seek

シングル「Bubble」

2019年1月16日発売



CRCP-10420/¥926+税
【収録曲】
1.Bubble ※ドラマ「パーフェクトクライム」(ABCテレビ)主題歌
2.Smile



【関連リンク】
BAND-MAID、全国ツアーファイナル公演で粋なサプライズ演出に約4,000人が熱狂
BAND-MAIDまとめ
『第11回CDショップ大賞2019』にMr.Children、星野 源、[ALEXANDROS]らがノミネート

【関連アーティスト】
BAND-MAID
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, 発表, ツアー, ライブレポ

『第11回CDショップ大賞2019』にMr.Children、星野 源、[ALEXANDROS]らがノミネート
Sun, 13 Jan 2019 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

CDショップ店員の目利き耳利きによって“真に売りたい!聴かせたい作品”を選ぶ『第11回 CDショップ大賞 2019』の2次ノミネート作品が発表された。

発表となった2次ノミネート作品は、2018年9月に発表された1次ノミネート作品15作を除く、2018年1月1日〜12月31日にリリースされた邦楽のオリジナルアルバム(ベスト盤を抜く)が対象。全国のCDショップ店員326名による投票の結果、Mr.Children、星野 源、[ALEXANDROS]などの12作品がノミネートされた。CDショップ店員による熱いコメントは、全日本CDショップ店員組合のホームページにてチェックしてほしい。

なお、2019年1月15日からは1次ノミネートと2次ノミネートの全27作品を対象とした最終投票を実施。入賞作品の発表後、同年春に『第11回CDショップ大賞2019』の大賞、その他受賞作品の発表および授賞式を実施する予定だ。(部門賞と地方賞の投票は別)

■『第11回 CDショップ大賞 2019』 2次ノミネート作品

■[ALEXANDROS]
『Sleepless in Brooklyn』(UPCH-2180)2018/11/21
■折坂悠太
『平成』(ORSK-005)2018/10/3
■カネコアヤノ
『祝祭』(WRCA-18)2018/4/25
■KID FRESINO
『ai qing』(DDCB-12103)2018/11/21
■キュウソネコカミ
『ギリ平成』(VICL-65077)2018/12/5
■GLIM SPANKY
『LOOKING FOR THE MAGIC』(TYCT-60123)2018/11/21
■STUTS
『Eutopia』(PECF-5003)2018/9/5
■ずっと真夜中でいいのに。
『正しい偽りからの起床』(UPCH-20497)2018/11/14
■星野 源
『POP VIRUS』(VICL-65085)2018/12/19
■Homecomings
『WHALE LIVING』(PECF-1162)2018/10/24
■Mr.Children
『重力と呼吸』(TFCC-86659)2018/10/3
■向井太一
『PURE』(TFCC-86648)2018/11/28

【1次ノミネート作品】

■iri
『Juice』(VICL-64926)2018/2/28発売
■宇多田ヒカル
『初恋』(ESCL-5076)2018/6/27発売
■EVISBEATS
『ムスヒ』(AMRAM-004)2018/5/2発売
■エレファントカシマシ
『Wake Up』(UMCK-1600)2018/6/6発売
■Official髭男dism
『エスカパレード』(LACD-0293)2018/4/11発売
■小袋成彬
『分離派の夏』(ESCL-5045)2018/4/25発売
■THE ORAL CIGARETTES
『Kisses and Kills』(AZCS-1070)2018/6/13発売
■けやき坂46
『走り出す瞬間』(SRCL-9829)2018/6/20発売
■cero
『POLY LIFE MULTI SOUL』(DDCK-1055)2018/5/16発売
■Nulbarich
『H.O.T』(VICL-64955)2018/3/7発売
■ヤバイTシャツ屋さん
『Galaxy of the Tank-top』(UMCK-9934)2018/1/10発売
■UNISON SQUARE GARDEN
『MODE MOOD MODE』(TFCC-86637)2018/1/24発売
■緑黄色社会
『緑黄色社会』(HPP-1009)2018/3/14発売
■Luby Sparks
『Luby Sparks』(DDCB-12101)2018/1/24発売
■WANIMA
『Everybody!!』(WPCL-12817)2018/1/17発売



【関連リンク】
『第11回CDショップ大賞2019』にMr.Children、星野 源、[ALEXANDROS]らがノミネート
[ALEXANDROS]まとめ
星野源まとめ
GLIM SPANKYまとめ
折坂悠太 まとめ

【関連アーティスト】
[ALEXANDROS], 星野源, GLIM SPANKY, 折坂悠太 , カネコアヤノ, KID FRESINO, キュウソネコカミ, STUTS, ずっと真夜中でいいのに。, Homecomings, 向井太一
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, アルバム

mol-74、初のフルアルバム『mol-74』でメジャデビュー!
Sun, 13 Jan 2019 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

透明感あふれるファルセットが特徴の京都発4ピースバンド・mol-74が、1月12日(土)東京キネマ倶楽部で佐藤千亜妃をゲストに迎えて開催した企画ライブ『mol-74 presents 「v」-TOKYO-』にて、ソニーミュージックのレーベル・SME Recordsより4月3日にメジャーデビューすることを発表した。

mol-74は2010年に武市和希(Vo&Gu&Key)、ギターの井上雄斗、ドラムの坂東志洋により結成。2012年より自主制作でのアルバムリリース後、インディーズでミニアルバムをリリース。2017年よりベースの高橋涼馬が加わり、2018年5月には恵比寿LIQUIDROOMでのワンマンライブをSOLD OUTさせ、数々のロックフェスティバルに出演を果たすなどし、その北欧ポストロックを思わせる繊細な音作りで着実にステージをあげてきた。

4月3日にリリースされるメジャーデビュー第1作は、タイトルにアーティスト名と同じ“mol-74”を添えた初のフルアルバム。これまでインディーズでリリースされたミニアルバムを網羅する形で、代表曲「エイプリル」や自主制作盤に収録されていた「ノーベル」など10曲を再録し、ライブでのみ披露されていた「あいことば」や、バンドの新なる旅立ちを歌った新曲「Morning Is Coming」を加えた全12曲が収録される。

さらに、リリースに伴い全国9カ所のワンマンツアーが決定! 4月20日の福岡INSA公演からスタートし、ツアーファイナルは6月7日にマイナビBLITZ赤坂にて行なわれる。オフィシャルサイトでは1月16日までチケットの先行予約の受付を実施中なので、お早めにチェックしよう!

■【武市和希(Vo&Gu&Key)コメント】

「このバンドを結成するにあたってメジャーデビューは1つの大きな夢でした。
あれから時間はかかりましたが、みなさんの支えのおかげでその夢を叶えることができました。とても嬉しく思います。
そしてここからが僕たちにとって新しいスタートです。より多くの方に僕たちの音楽が届くよう、今まで僕たちが大切にしてきたものはそのままに、それでも変化を恐れず、変わらずに、変わり続けていこうと思います。これからもmol-74をどうぞ宜しくお願いします」

アルバム『mol-74』

2019年4月3日(水)発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SECL 2406-7/¥3,241+税
【通常盤】(CD)
SECL-2408/¥2,778+税

<収録曲>
■CD
1.ノーベル
2.エイプリル
3.%
4.フローイング
5.アルカレミア
6.赤い頬
7.瞼
8.待ちわびた音色
9.あいことば ※新曲
10.hazel +
11.Saisei
12.Morning Is Coming ※新曲
■DVD ※初回生産限定盤のみ
mol-74「? (Saisei)」release tour DIGEST

『mol-74 one-man tour 2019「Morning Is Coming」』

4月20日(土) 福岡INSA
4月21日(日) 広島CAVE-BE
4月29日(月・祝) 札幌SPiCE
5月11日(土) 新潟CLUB RIVERST
5月18日(土) 高松DIME
5月24日(金) 仙台enn 2nd
5月26日(日) 名古屋JAMMIN\'
6月01日(土) 大阪Music Club JANUS
6月07日(金) 東京マイナビBLITZ赤坂



【関連リンク】
mol-74、初のフルアルバム『mol-74』でメジャデビュー!
mol-74まとめ
ザ・ラヂオカセッツ、アルバム『さよなら街の灯り』発売&収録曲「ライブハウス」MV公開

【関連アーティスト】
mol-74
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, リリース

ザ・ラヂオカセッツ、アルバム『さよなら街の灯り』発売&収録曲「ライブハウス」MV公開
Sat, 12 Jan 2019 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

吉祥寺を中心に活動するスリーピースロックバンド、ザ・ラヂオカセッツが2月10日(日)に吉祥寺WARPで行なわれるライブより、キャリア初となる1stフルアルバム『さよなら街の灯り』をリリースする。

今作も各メンバーがそれぞれ作詞・作曲を手掛け、コーラスパートだけでなくメインパートも3人で歌い分けている。「ライブハウス」「犬」「待ち合わせ」など、音源化が望まれていた全12曲を収録しており、ライブ会場、通販などで販売。配信でのリリースも順次行なう予定とのことなのでお楽しみに!

2月10日(日)に吉祥寺WARPで行なわれるレコ発ライブ『ラヂオのお時間〜1stフルアルバム『さよなら街の灯り』リリースパーティー〜』は、錯乱前戦を招いた2マンライブ。 リリースに先駆けて、収録曲「ライブハウス」のMVも公開されたので要チェックだ。

■『ラヂオのお時間〜1stフルアルバム 『さよなら街の灯り』 リリースパーティー〜』

2月10日(日) 東京・吉祥寺WARP
開場11:15 開演11:45
出演:ザ・ラヂオカセッツ / 錯乱前戦
チケット:前売¥2000 当日¥2500

アルバム『さよなら街の灯り』

2019年2月10日発売



¥2,800(税込)
<収録曲>
1.ライブハウス
2.ボイリー
3.惜春
4.待ち合わせ
5.僕の部屋へ
6.犬
7.足跡
8.BABY
9.オンボロ
10.火花
11.夜のようで
12.HOME AND HOME



【関連リンク】
ザ・ラヂオカセッツ、アルバム『さよなら街の灯り』発売&収録曲「ライブハウス」MV公開
ザ・ラヂオカセッツまとめ
錯乱前戦まとめ
果歩、ニューシングルより「あいつとライブハウス」MV解禁

【関連アーティスト】
ザ・ラヂオカセッツ, 錯乱前戦
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, CD, アルバム, ライブ

果歩、ニューシングルより「あいつとライブハウス」MV解禁
Sat, 12 Jan 2019 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

新潟出身19歳のシンガーソングライター・果歩が、ライブでの定番曲「あいつとライブハウス」のMVを公開した。MVは果歩の演奏する姿とドラマパートで構成しており、同曲が収録されるシングル「光の街」は2月6日にタワーレコート?、Amazon、ウ?ィレッシ?ウ?ァンカ?ート?限定でリリースされる。

また、シングルの発売を記念したインストアライブが2月11日にTOWER RECORDS池袋店、2月14日にイオンモール新潟南で行なわれることも発表。内容はアコースティックライブ+サイン会で、参加方法などの詳細はオフィシャルHPをチェックしてほしい。

シングル「光の街」

2019年2月6日発売



MKLP-003/¥926+税 
※タワーレコート?、Amazon、ウ?ィレッシ?ウ?ァンカ?ート?限定販売
<収録曲>
1. 光の街 
2. ハ?ント?カ?ール・ハ?ント?ホ?ーイ 
3. あいつとライブハウス

【ライヴ情報】

■シングル「光の街」発売記念インストアライブ
2月11日(月・祝) 東京・TOWER RECORDS池袋店6階イベントスペース
内容:アコースティックライブ+サイン会
対象店舗:TOWER RECORDS池袋店、渋谷店、新宿店、秋葉原店、横浜ビブレ店

2月14日(木) 新潟・イオンモール新潟南1Fマリンコート
内容:アコースティックライブ+サイン会
対象店舗:タワーレコード新潟店

◎参加方法などの詳細はHPにてご確認ください。 
https://caho.futureartist.net

■果歩レコ発企画『バンドガール・バンドボーイ』
2月12日(火) 東京・下北沢MOSAiC
OPEN 18:00 / START 18:30
チケット:前売¥2500

■『Stylish FellowS「果歩とメレのレコ発祝い」』
2月24日(日) 新潟・CLUB RIVERST
OPEN 16:30 / START 17:00
<出演>
果歩/ メレ / ザ・ジュアンズ / スケールワーム / FORCE TICKS / The Sempre / O.A:坂本友愛
<チケット>
Adv.¥1,500- / Door.¥2,000-(税込/D代¥300-別)
※高校生以下¥1,000-(税込/D別)
※CLUB RIVERST店頭販売及び電話予約 / 各出演者の直接販売及び予約



【関連リンク】
果歩、ニューシングルより「あいつとライブハウス」MV解禁
果歩まとめ
加山雄三、コンサートツアー再開&『若大将フェス』の開催も決定

【関連アーティスト】
果歩
【ジャンル】
J-POP, ニュース, MV, CD, ライブ

加山雄三、コンサートツアー再開&『若大将フェス』の開催も決定
Sat, 12 Jan 2019 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年4月に愛艇“光進丸”を火災で焼失した加山雄三が、このことの意味と自身の役割を考え、80歳を超えても現役で歌えることに対する感謝、そして自身の歌が人のためになるよう歌い続けることを決心し、2015年の夏にファイナルとしたコンサートツアーの再開と毎年恒例の『若大将フェス』の開催を発表。

『加山雄三コンサートツアー2019-20 START』と題したツアーは、6月06日(木)神奈川・茅ヶ崎市民文化会館 大ホール公演を皮切りにスタートする。そして『若大将FESTIVAL2019〜君にありがとう』は4月10日(水)4月11日(木)の2日間にわたって東京国際フォーラムホールAで開催され、1日目には五木ひろし、和田アキ子、横山剣(クレイジーケンバンド)の出演が決定。2日目にはさだまさし、森山良子、THE G.S with高見沢俊彦(THE ALFEE)と両日豪華メンバーが登場する。

また、海をこよなく愛する加山が以前より考えていた海洋環境の汚染と若者の“海ばなれ”を危惧し、公益財団法人日本セーリング連盟と共に『 海 その愛基金 海洋環境クリーンプロジェクト』と題した基金を設立し、全国ツアーでさらに基金の拡大と、4月開催される『若大将フェス』と全国ツアーの収益の一部も基金に寄付されることが分かった。これに当たり、加山と公益財団法人 日本セーリング連盟 会長 河野氏よりコメントが到着したので、ぜひ目を通してほしい。

■【コメント】

■加山雄三
かねてより、私は、海洋環境の深刻な汚染に心を痛めておりました。
海を愛し、海の恩恵を享受した自分の体験から、今、自分がすべきこととして、次代を担う子供たちや若者たちと共に、海の再生に関わる活動を始めたいと思うに至りました。
そして、その想いを皆様にお伝えし、また多くの皆様のご賛同を頂いて基金を拡大するために、全国ツアーを再開することにいたしました。
ここに、私の想いをお伝えし、皆さまのご理解とご支援をお願いする次第です。
加山雄三

■公益財団法人 日本セーリング連盟 会長 河野
日本は周囲を海に囲まれた海洋国です。海によって日本の歴史、文化、伝統が育まれてきました。しかし、昨今、日本の若者の「海ばなれ」が進み始めてきました。
また、海は地球環境を守る大事な存在でもあります。しかし、地球規模で海の環境汚染、海の生物の危機が進み始めています。
そこで、加山雄三さんの御発意に日本セーリング連盟が協力させていただいて、次代の日本を担う子供たちを海に誘い、一緒に海について学び、海に遊び、海を再生するプロジェクトを行うことになりました。
皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
公益財団法人 日本セーリング連盟 会長 河野

【ライブ情報】

■『若大将FESTIVAL2019〜君にありがとう』
4月10日(水) 東京国際フォーラムホールA
出演: 加山雄三/五木ひろし/和田アキ子/横山剣(クレイジーケンバンド)
4月11日(木) 東京国際フォーラムホールA
出演:加山雄三/さだまさし/森山良子/THE G.S with高見沢俊彦(THE ALFEE)

■『加山雄三コンサートツアー2019-20 START』
6月06日(木) 茅ヶ崎市民文化会館 大ホール
6月08日(土) 茨城県立県民文化センター
6月21日(金) 長岡市立劇場 大ホール
6月23日(日) 富山オーバードホール
7月07日(日) 日向市文化交流センター 大ホール
7月09日(火) 宝山ホール(鹿児島県文化センター)
7月21日(日) 長良川国際会議場 メインホール
8月18日(日) 大阪フェスティバルホール
8月31日(土) 仙台サンプラザホール
9月21日(土) 富士市文化会館ロゼシアター 大ホール
10月05日(土) 神奈川県民ホール
10月27日(日) 神戸国際会館 こくさいホール
11月16日(土) 大宮ソニックシティ 大ホール
11月28日(木) 札幌文化芸術劇場 hitaru
12月14日(土) Bunkamuraオーチャードホール
<2020年>
2月15日(土) 宇都宮市文化会館 大ホール
3月07日(土) 千葉県文化会館 大ホール
3月15日(日) 高崎芸術劇場 メインホール
3月27日(金) オリンパスホール八王子



【関連リンク】
加山雄三、コンサートツアー再開&『若大将フェス』の開催も決定
加山雄三まとめ
五木ひろしまとめ
和田アキ子まとめ
横山剣まとめ

【関連アーティスト】
加山雄三, 五木ひろし, 和田アキ子, 横山剣, さだまさし, 森山良子, 高見沢俊彦
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 歌謡曲, ライブ, ツアー

JYOCHO、ライブで定番の超絶凄テク曲「sugoi kawaii JYOCHO」MV公開
Sat, 12 Jan 2019 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

JYOCHOが2018年12月にリリースした1stフルアルバム『美しい終末サイクル』の収録曲「sugoi kawaii JYOCHO」のMVが公開された。同曲はライブでも定番の“超絶凄テク”曲で、およそ2分の中で各パート折り紙つきのテクニックをたたみかけてくる高インパクトなナンバーを映像でも堪能してほしい。

また、アルバム特設ページでは、高野寛、佐藤千亜妃(きのこ帝国)、GEN(04 Limited Sazabys)、秋月琢登(感覚ピエロ)、石田スイ(漫画家 [東京喰種] )、伊藤潤二(ホラー漫画家)など、ジャンルを超えて様々なミュージシャンやクリエーターからアルバムへのお祝いコメントも寄せられているので、併せてチェックしよう。

JYOCHOは同作を引っ提げたワンマンツアー『美しい終末サイクル』を2月9日から開催し、8都市を回って3月9日に代官山UNIT公演でファイナルを迎える。現在チケットは一般発売中なので、こちらもお早めに!

■1st Full Album『美しい終末サイクル』特設サイト
https://www.nobigdealrecords.jp/jyocho1stfullalbum

アルバム『美しい終末サイクル』

発売中



【初回盤】(CD+DVD)
NBPC-60/61/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1. from long ago
2. つづくいのち
3. Aporia
4. 美しい終末サイクル
5. わたしは死んだ
6. sugoi kawaii JYOCHO
7. family(Re-Rec ver.)
8. my room
9. my rule
10. 太陽と暮らしてきた (Re-Rec ver.)
11. pure circle
12. こわかった
■DVD ※初回限定盤DVD
『JYOCHO ONEMAN tour 2018 “互いの定義"』2018.7.7 @渋谷WWW Live映像



【通常盤】(CD)
NBPC-62/¥2,400+税
<収録曲>
1. from long ago
2. つづくいのち
3. Aporia
4. 美しい終末サイクル
5. わたしは死んだ
6. sugoi kawaii JYOCHO
7. family(Re-Rec ver.)
8. my room
9. my rule
10. 太陽と暮らしてきた (Re-Rec ver.)
11. pure circle
12. こわかった

『JYOCHO Oneman Tour 2019 「美しい終末サイクル」』

2月09日(土) 福岡DRUM SON
2月10日(日) 広島SECOND CRUTCH
2月16日(土) 札幌COLONY
2月23日(土) 名古屋ell.FITS ALL
2月24日(日) 梅田Shangri-La
3月01日(金) 仙台enn 2nd
3月03日(日) 新潟ジョイア・ミーア
3月09日(土) 代官山UNIT



【関連リンク】
JYOCHO、ライブで定番の超絶凄テク曲「sugoi kawaii JYOCHO」MV公開
JYOCHOまとめ
高野寛まとめ
きのこ帝国まとめ
04 Limited Sazabysまとめ

【関連アーティスト】
JYOCHO, 高野寛, きのこ帝国, 04 Limited Sazabys, 感覚ピエロ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, CD, アルバム













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1