歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年12月27日)
バックナンバー
最新ニュース
2019/01/05
2019/01/04
2019/01/03
2019/01/02
2019/01/01
2018/12/31
2018/12/30
2018/12/29
2018/12/28
2018/12/27
2018/12/26
2018/12/25
2018/12/24
2018/12/23
2018/12/22
2018/12/21
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
露崎春女、5年ぶりのミニアルバム『Special Gift』発売決定
Thu, 27 Dec 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

女性シンガーソングライター露崎春女の5年ぶりとなるオリジナルミニアルバム『Special Gift』が、2019年1月30日に発売されることが決定。合わせてジャケット写真とアルバムダイジェスト動画も公開となった。

ミニアルバム『Special Gift』は、露崎のセルフプロデュースによるもので、随所に本人の作品に対する強い思いが詰まった作品。サウンドは、“シンプルなアレンジでもしっかりとリスナーに届く楽曲”をテーマに、敬愛するミュージシャンとともに生演奏を中心にした音作りでストレートに伝えることを強く意識したといい、近年のライブ演奏のスタイルでもあるドラム、ベース、ギター、ピアノのバンドサウンドを基調にしながら、これまで以上に自身の歌声が有機的に響くものとなっている。

今作にはオリジナル曲5曲にボーナストラック1曲を収録。オリジナル曲の作詞、作曲はほぼ全てが露崎本人によるものだが、自身も“大切なバラード曲として育てたい”と語る「瞳の向こうに」は、初期の露崎作品を支えた作詞家の松井五郎に作詞を依頼し、長く歌い続けられる楽曲を目指して制作されたという。

ボーナストラックには、リンダ・ロンシュタットとアーロン・ネヴィルが歌った’80年代のデュエットの名曲「Don\'t know much」が収録され、ゲストボーカルには露崎がデビュー前から現在もツアーコーラスとして参加する「Sing Like Talking」の佐藤竹善が、絶妙な二人の歌声をバックで支えるギターには鳥山雄司が参加している。

公開されたジャケットは、露崎のナチュラルな表情を切り取った写真と、露崎自らがレタリングしたという大人でかつ小粋な文字が使用され、バンドの中でいきいきと歌う露崎の姿が想像できる仕上がり。アルバムダイジェスト動画では、本人がおすすめする各トラックの聴きどころポイントを約40秒間視聴できるものとなっているので、ぜひチェックしてほしい。

■【露崎春女 コメント】

「5年ぶりのオリジナル・アルバムということで、その間に変化した自分の活動スタイルや感覚を元に、今の私が詰まった等身大の作品が出来上がりました。シンガーとしてだけでなく、ソングライターとしても逃げずに向き合った作品でもあります。タイトル通り、私からのSpecial Giftとして皆さんにこのアルバムを贈りたいと思います。気に入って頂けたら嬉しいです」

ミニアルバム『Special Gift』

2019年1月30日発売



YCCW-10354/¥2,400(税抜)
<収録曲>
1. Special Gift
2. Sing a Song
3. 瞳の向こうに
4. Freedom
5. Witness
6. Don\'t know much(feat. 佐藤竹善)※カバー曲

『露崎春女 Special Live 2018→2019 “Last and First”』

12月31日(月) 東京・JZ Brat Sound of Tokyo
1st OPEN 17:30 / START 18:45
2nd OPEN 21:45 / START 23:00
※2ステージ入替制

<キャスト>
露崎春女(Vo)
大坪稔明(key/Pf)/ 松田博之(Ba)/ 江口信夫(Dr)

<チケット>
前売り¥6,500(税込)
■Webメール予約 http://www.jzbrat.com/reserve/
■電話予約
03-5728-0168(平日15:00〜21:00)

※指定席 / 飲食代別途
※未就学児童入場不可
※都条例(東京都青少年育成条例)により、保護者同伴でも18歳未満の午後11時以降の入場不可



【関連リンク】
露崎春女、5年ぶりのミニアルバム『Special Gift』発売決定
露崎春女まとめ
樋口侑希(WOMCADOLE)、未発表曲「kamo river」の弾き語り映像を公開

【関連アーティスト】
露崎春女
【ジャンル】
J-POP, ニュース, トレーラー, CD, 発表, 発売, ミニアルバム, R&B

樋口侑希(WOMCADOLE)、未発表曲「kamo river」の弾き語り映像を公開
Thu, 27 Dec 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

WOMCADOLEのフロントマン樋口侑希が、京都鴨川で弾き語る未発表曲「kamo river」の映像をYouTubeにて公開した。

「kamo river」は過去にWOMCADOLEとしてバンド演奏で披露したことはなく、樋口侑希の弾き語り公演や、今春開催されたツアー『己の心に吠えろよツアー』のアンコールなどで突如披露されていた楽曲。樋口本人とスタッフらの強い意向で実際に京都の鴨川で演奏し、撮影された映像が公開された。WOMCADOLEのLIVE VIDEOやシングル「ライター」の初回盤ライブDVD映像などを手がける福島吉人がディレクションを務め、きわめてシンプルに撮影、編集されている。

同曲に関して樋口は“夕方6時と俺のリアルを描きました。是非黒ラベル片手に聴いて欲しいです”とコメント。また、現時点で「kamo river」の発売予定はないとアナウンスされているが、11月にリリースされたシングル「ライター」を京都のCDショップで購入した方に、サプライズプレゼントとして「kamo river」の弾き語り音源CDRが付与されていたことも明かされた。

WOMCADOLEは現在『己の炎を絶やすなツアー』を開催中。2019年3月には自主企画『瀧昇』を冠したワンマンツアー『瀧昇 二〇一九 五本目 独奏謝謝春嵐編』を全4公演で開催する。

■【樋口侑希 コメント】

kamo river

出会いの場所、待ち合わせの場所、はたまた始発が出るまでの飲み場所。
鴨川等間隔にこれっぽっちも憧れはなかったのに。
今では少しだけ感じる。
本当に単純な男だ。

あの時ロックは僕らを近づけたけど、今じゃロックは僕らを遠ざける。
「会いたいのに会えないのは、変わらないから?」なんて唄って。

夕方6時に会いたくなるのは、また君と黒ラベルを飲みたいから。
ってのは口実かもしれない。
でもそれでいい。
本当に単純な男だ。

夕方6時と俺のリアルを描きました。
是非黒ラベル片手に聴いて欲しいです。

シングル「ライター」

発売中



【初回生産限定盤】(DVD付)
UNCR-08〜09/¥2,200(税抜)
<収録曲>
■CD
1.ライター
2.追想
3.ノスタルジックアパート
■DVD ※初回生産限定盤のみ
2018.1.26@大阪江坂MUSE「瀧昇 二〇一八 三本目 同一平面爆発編」
1.人間なんです
2.ドア
3.黒い街
4.夜明け前に
5.絶望を撃て
6.少年X
7.月
8.独白
9.馬鹿なくせして
10.アオキハルヘ
11.アルク
12.唄う
13.綺麗な空はある日突然に
14.ワンダー



【通常盤】
UNCR-12/¥1,000(税抜)

【ライブ情報】

■『己の炎を絶やすなツアー 』
1月17日(木) 東京・渋谷CLUB QUATTRO
w)tacica
1月18日(金) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
w)Saucy Dog
1月31日(木) 大阪・梅田CLUB QUATTRO
w)ハルカミライ

■『瀧昇 二〇一九 五本目 独奏謝謝春嵐編 』
3月02日(土) 広島・HIROSHIMA 4.14
3月15日(金) ???(後日発表) 
3月16日(土) 静岡・Shizuoka UMBER
3月30日(土) 宮城・仙台LIVE HOUSE enn 2nd



【関連リンク】
樋口侑希(WOMCADOLE)、未発表曲「kamo river」の弾き語り映像を公開
WOMCADOLEまとめ
超特急、3度目のファンクラブツアーは 4都市6公演にスケールアップ!

【関連アーティスト】
WOMCADOLE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

超特急、3度目のファンクラブツアーは 4都市6公演にスケールアップ!
Thu, 27 Dec 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急が2019年3月に大阪・福岡・名古屋・東京のZeppを回るファンクラブツアーを開催することを発表した。

12月27日に大阪城ホールにて開催された年末アリーナツアー『GOLDEN EPOCH』の最終公演後、その告知が大型モニターにて公開されるとライブの余韻に浸っていた場内は大歓声の渦に。既に決定しているグループ史上最大規模のホールツアー『EUPHORIA』を前に、さらなるワンマンツアーが敢行されるとあって、想定外の報せに8号車と呼ばれる超特急ファンも歓喜に湧き返った。

超特急がファンクラブツアーを行なうのは今回で3年連続3度目だが、東京のみだった2017年、東名阪を回った2018年に続き、今回は東名阪に福岡も加わってその規模は着実にスケールアップしている。内容も過去2回のファンクラブツアーと同じく、全てをメンバーがプロデュースするということで、通常のライブとは一味も二味も違うステージが展開されることは間違いない。各メンバーのプロデュースコーナーに、その場で8号車が指定した曲を即興で披露した1回目、楽器の猛特訓を積んでバンドスタイルで楽曲を演奏した2回目の記憶も新しく、はたして今度はどんなサプライズが待っているのだろうか。

また、『FUN!FUN!ふぁんみーてぃんぐ2019 平成最後の大爆発!!!!!!!!』というツアータイトルも、メンバー全員で決定したもの。最新アルバム『GOLDEN EPOCH』の収録曲である「PUMP ME UP」の《平!成!最後の馬鹿騒ぎ》というサビの歌詞を彷彿させるワード選びだが、その通り平成は2019年4月30日に幕を閉じる。メンバー全員が生まれ、超特急を育ててきた“平成”という重要な時代のフィナーレを華やかに“FUN=楽しく”飾ってくれることだろう。

3月9日のZepp Namba公演を皮切りに、3月27日、28日のZepp DiverCity(TOKYO)までの全4都市6公演。ファンクラブ会員のみが参加できる限定ツアーとはいえ、4月20日からは全33公演で10万人を動員するツアーを行なうことを考えると、チケットの争奪戦は必至だ。超特急の目標である全47都道府県開通を目指したツアーを控え、6人が自らのアイディアで創り上げる“馬鹿騒ぎ"に期待しよう。

■『FUN!FUN!ふぁんみーてぃんぐ2019 平成最後の大爆発!!!!!!!!』

【2019年】
3月09日(土) 大阪・Zepp Namba(OSAKA)
第1部 開場 12:00/ 開演13:00
第2部 開場 17:00/ 開演18:00
3月10日(日) 福岡・Zepp Fukuoka
3月14日(木) 愛知・Zepp Nagoya
3月27日(水) 東京・Zepp DiverCity
3月28日(木) 東京・Zepp DiverCity

◎ファンクラブ新規入会はこちらから
http://fc.bullettrain.jp/feat/entry

【チケット情報】

スタンディング ¥5,500(税込)
着席指定ファミリー号車席 ¥5,500(税込)
着席指定席 ¥5,500(税込)
※3歳以上はチケットが必要となります。
※3歳未満のお子様は大人1名につき1名まで膝上に限り無料。ただしお席が必要な場合はチケットが必要です。
※ファミリー席に関する注意事項はツアー特設サイトをご確認下さい。
※入場時別途ドリンク代500円が必要 

■夢の青春8きっぷ会員限定先行受付(抽選)(ファンクラブ会員+ファンクラブ会員)
2018年12月27日(木)21:00〜1月14日(月)23:59 
申込URL: http://fc.bullettrain.jp/
※お一人様2枚まで/ファミリー号車席は2枚まで
<申込対象者>
12月21日(金)23:59までの入会者:12月27日(木)21:00〜申込可能
12月22日(土)00:00〜1月7日(月)23:59までの入会者:1月9日(水)18:00〜申込可能



【関連リンク】
超特急、3度目のファンクラブツアーは 4都市6公演にスケールアップ!
超特急まとめ
ヨルシカ、青年の葛藤を歌った新曲「藍二乗」MV公開

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, EBiDAN, ツアー, チケット

ヨルシカ、青年の葛藤を歌った新曲「藍二乗」MV公開
Thu, 27 Dec 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

コンポーザーのn-bunaと女性シンガーsuisによるバンド・ヨルシカが、新曲「藍二乗」のミュージックビデオをYouTubeで公開した。

同曲は5月に発売されたアルバム『負け犬にアンコールはいらない』以来の新曲となっており、1800万再生を記録している「ただ君に晴れ」を手掛けた映像クリエイター・ぽぷりかによる青年の葛藤を歌ったロックナンバーとなっている。

また、12月28日(金)からは「藍二乗」の楽曲配信が各サイトにてスタートするので、ぜひチェックしてほしい。



【関連リンク】
ヨルシカ、青年の葛藤を歌った新曲「藍二乗」MV公開
ヨルシカまとめ
スカート、シングル「君がいるなら」ジャケ写&特典ブートレグCDの詳細解禁

【関連アーティスト】
ヨルシカ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, MV

スカート、シングル「君がいるなら」ジャケ写&特典ブートレグCDの詳細解禁
Thu, 27 Dec 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

スカートが、2019年1月23日(水)にリリースする2ndシングル「君がいるなら」のアートワークを公開した。毎作品拘り抜いたアートワークを制作が注目されるスカートだが、今作のイラストを手がけたのは韓国で活躍する気鋭のイラストレーターByun Young Geun。引き続き森 敬太がアートディレクションを担当し、紙ジャケ仕様のCDジャケットとなる。

今作は自身の出身校である昭和音楽大学での凱旋ライブの音源や、ツアー『far spring tour 2018』でのライブ音源を計8曲収録。そして、CDショップ購入特典では「PAST SHOW #1」と題した近年のスカートのライブ音源を収録したブートレグCDを購入者に対して無料で配付することが決定! 数量限定での配付のためご予約購入はお早めに。

また、シングル表題曲であり映画『そらのレストラン』の主題歌である「君がいるなら」は映画の舞台となっている北海道のFM局・AIR-G\'FMにて1月度のパワープレイに決定した。商品入荷日の1月22日(火)にはHMV札幌ステラプレイスでのインストアイベントの開催もアナウンスしているので、近くにお住まいの方はぜひ足を運んでほしい。

■シングル「君がいるなら」特設サイト
http://www.kimigairunara.ponycanyon.co.jp

シングル「君がいるなら」

2019年1月23日(水)発売



PCCA.04753/?1,200+税
※紙ジャケ仕様予定
<収録曲>
1.君がいるなら(映画『そらのレストラン』主題歌)
2.花束にかえて(映画『そらのレストラン』挿入歌)
3.すみか

◎CDショップ早期予約・購入特典
スカート近年のライブ音源を集めたブートレグCD「PAST SHOW #1」
<収録曲>
1. 回想(2018.12.19 東京 キネマ倶楽部)
2. パラシュート(2018.12.16 名古屋 得三)
3. 視界良好(2018.12.14 大阪 Shangri-la)
4. わるふざけ(2018.12.19 東京 キネマ倶楽部)
5. いい夜(2018.12.16 名古屋 得三)
6. 離れて暮らす二人のために(2018.10.26 昭和音楽大学 スタジオリリエ)
7. ゴウスツ(2018.12.14 大阪 Shangri-la)
8. 静かな夜がいい(2018.12.14 大阪 Shangri-la)

※特典は数量限定となるため、発売前であってもご予約状況によっては、先に特典プレゼントが終了する場合もございます。
※特典を確実に入手いただけるよう、お早めにお近くのCDショップ、WEBショップで特典についてご確認をいただいた上でのご予約をお勧め致します。
※特典につきましては、一部取り扱いの無いCDショップもございますので、詳細を店舗までお問い合わせください。また、ネット販売につきましても同様に、一部取り扱いの無い場合もございますので、各WEBショップの告知をご確認ください。

『スカートMajor 2nd Single『君がいるなら」インストアライブin札幌』

2019年1月22日(火) 北海道・HMV札幌ステラプレイス店 イベントスペース
内容:弾き語りライブ、サイン会



【関連リンク】
スカート、シングル「君がいるなら」ジャケ写&特典ブートレグCDの詳細解禁
スカートまとめ
Hilcrhyme、特別なセットリストで臨んだ2018年最後のワンマンが終了

【関連アーティスト】
スカート
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル

Hilcrhyme、特別なセットリストで臨んだ2018年最後のワンマンが終了
Thu, 27 Dec 2018 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年9月に日比谷野外音楽堂にて新体制での復活ライヴ『Hilcrhyme LIVE 2018『One Man』』を開催し、新たな一歩を踏み出したHilcrhyme。その模様を収録した、2019年1月9日にリリースされるLIVE Blu-ray&DVDのリリース記念イベント『Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」特別先行上映会〜トーク&ライブ』 が、12月26日に有楽町はヒューリックホール東京にて行なわれた。

この日のイベントは、日比谷野音ライヴに至るまでのドキュメンタリーと実際のライヴ映像を収録した映像パートに加え、その映像やHilcrhymeの活動についてTOC自身が語り下ろすトークパート、そして60分のライヴパートによる3部で構成された。まず登場したTOCは“忙しい年の瀬にご来場いただきありがとうございます”と挨拶し、オーディエンスに感謝の意を伝える。そして彼自身も客席に座り、観客と共にドキュメンタリーとライヴ映像を観覧した。

ドキュメンタリー映像では、新体制となったHilcrhymeの現状や、TOCのソロプロジェクトとして動き出したHilcrhymeへの思いが、彼の地元である新潟で語られる。そして舞台は野音に移り、ステージの設営を見守る姿や、念入りな当日リハーサルを行なう姿、そして開演前から会場前に詰めかけたファンへ会場から呼びかける様子が映し出される。

ライヴパートではステージに独りで立ち、約1年ぶりにHilcrhymeファンと対峙し、決意深くライヴを展開していくHilcrhymeの姿が映し出される。鬼気迫るような真剣さと、オーディエンスの前に立てる喜びが綯い交ぜとなった、これまでに無いようなTOCの姿は、彼がこのライヴにかける強い思いを表しているだろう。またステージ上のHilcrhymeだけではなく、ファンの盛り上がりもしっかりと活写され、会場で感じた一体感の高さが今回のライヴ映像を通して追体験できるような感触を覚えた。

続くトークパートでは上映された映像についてのTOCからの感想や、この日のライヴについての思い、そしてライヴの裏話が語られ、TOCの言葉によって映像やライヴが更に立体的になっていく。2019年1月30日にリリースされる、セルフタイトルが名付けられたニューアルバム『Hilcrhyme』についても語り、“Hilcrhymeの歴史の上にありながら、間違いなく最高傑作”と話すと会場からは期待の声が上がる。それに伴って行なわれる全国20カ所を回るツアーに関しても“ここから新たなHilcrhymeが形作られるライヴになると思う”とそのツアーへの自信をのぞかせた。

短い休憩を挟んでライヴパートを開始。“Hilcrhyme!アゲイン!”というシャウトから、野音と同じようにライヴは“トラヴェルマシン"からスタート。そのまま“次になにやるかわかるよな!”と宣言すると「RIDERS HIGH」に流れ込み、先程映像で見たライヴを生で再現するような構成には、総立ちとなった会場から大きな歓声が上がった。

“今日は2018年の総決算だと思ってる。だから今日は特別なセットリストを組んできたんだ”という言葉から、「LAMP LIGHT」「恋の炎」とダンサブルに展開し、会場ではオーディエンスが大きく手を振る。そこからオーディエンスを着席させ、ミラーボールとステージライトに照らされたTOCは丁寧に「光(オーケストラVer.)」を披露。ライトを効果的に使えるホールならではの演出でも魅せた。そして会場が紫の光に彩られると、スポットライトを浴びたTOCは、会場に降りオーディエンスの間を通り抜けながら「BAR COUNTER」をパフォーマンスし、ファンを虜にしていく。

MCでは“今年はみんなに出会える機会が少なかった、来年は一緒にいてくれるか?”とコールし「春夏秋冬」。TOCの先導に併せて、オーディエンスからの大合唱の声がヒューリックホールに響く。そしてニューアルバムに収録される、「春夏秋冬」の続編的な「アフターストーリー」に展開。エモーショナルな空気がホールを彩っていた。

“今年の前半は鬼のような形相になってた。でも、みんなに支えられたことがわかって、もう一度笑顔になれました”と会場に改めて感謝の言葉を届け、ライヴのラストはニューアルバム収録の「Hill Climb」を初披露。オーディエンスが上げる“H”のハンドサインに見送られて、ステージは一旦幕を閉じた。

アンコールでは“日付変わっちゃったけど、これやっていいかな”と呼びかけ、黒いサンタ服に着替えたTOCが登場。クリスマスソングの「マイクリスマスキャロル」を響かせ、一日遅れのクリスマスを祝うHilcrhymeとオーディエンス。そして“ヒルクライマーからの愛を受け取りました。本当にありがとう”という言葉で、Hilcrhymeのワンマンとしては2018年最後となるライヴを締め括った。

TOCソロでの『SHOWCASE』のリリースや、新体制のHilcrhymeとしてのリリース作となった『One Man』、そして復活の野音ライヴ、ソロとHilcrhymeを同時に見せた『TOC生誕祭 2018』の開催など、激動の2018年を駆け抜けたHilcrhyme TOC。彼の動きは、メジャーデビューから10週年という節目を迎える2019年も更に加速していくことを期待と確信させる、充実のイベントとなった。

【セットリスト】
1.トラヴェルマシン
2.RIDERS HIGH
3.LAMP LIGHT
4.恋の炎 
5.光(オーケストラVer.)
6.BAR COUNTER
7.春夏秋冬
8.アフターストーリー
9.Hill Climb
<ENCORE>
10.マイクリスマスキャロル

アルバム『Hilcrhyme』

2019年1月30日発売



【初回限定盤(CD+DVD)】
POCE-12109/¥3,400+税
【通常盤(CDのみ)】
POCE-12108/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.Hill Climb
02.アタリマエ
03.Magic Time 2019
04.恋の炎2019
05.Lost love song【II】
06.愛と恋
07.挑発
08.涙の種、幸せの花 2019
09.Good Luck
10.アフターストーリー 2019
初回盤Bonus Track
11.Hill Climb -Togenkyo Arrange-
■DVD
アタリマエ -Music Video-
アタリマエfrom『Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」』
愛更新from『Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」』
Good Luck from『Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」』

◎Hilcrhyme OFFICIAL FANCLUB「4Seasons」会員特典
UNIVERSAL MUSIC STOREでHilcrhyme 8thアルバム『Hilcrhyme』をご購入されたFC会員の方に「CDジャケット絵柄のミニクリアファイル」をプレゼント


『Hilcrhyme TOUR 2019“Hill Climb" 』

2月02日(土) 広島・HIROSHIMA CLUB QUATTRO
2月03日(日) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
2月09日(土) 福島・郡山 HIPSHOT JAPAN
2月11日(月・祝) 神奈川・Yokohama Bay Hall
2月16日(土) 千葉・柏PALOOZA
2月17日(日) 静岡・浜松窓枠
2月23日(土) 熊本・B.9 V1
2月24日(日) 福岡・DRUM LOGOS  
3月02日(土) 岐阜・club-G  
3月03日(日) 兵庫・神戸 THE CHICKEN GEORGE
3月09日(土) 長野・CLUB JUNK BOX
3月16日(土) 愛媛・松山WstudioRED
3月17日(日) 香川・高松オリーブホール
3月21日(木・祝) 石川・金沢EIGHT HALL
3月23日(土) 大阪・なんばHatch     
3月30日(土) 北海道・札幌 PENNY LANE24
3月31日(日) 宮城・仙台Rensa
4月06日(土) 愛知・名古屋 DIAMOND HALL
4月07日(日) 東京・Zepp DiverCity Tokyo
4月13日(土) 新潟・新潟LOTS



【関連リンク】
Hilcrhyme、特別なセットリストで臨んだ2018年最後のワンマンが終了
Hilcrhymeまとめ
嘘とカメレオン、ワンマンライブを3分に凝縮した「百鬼夜行」のリリックビデオ公開

【関連アーティスト】
Hilcrhyme
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース

嘘とカメレオン、ワンマンライブを3分に凝縮した「百鬼夜行」のリリックビデオ公開
Thu, 27 Dec 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

YouTubeに公開した「されど奇術師は賽を振る」がノンプロモーションながら大量の再生回数を叩き出し、現在までに430万再生を突破したロックバンド・嘘とカメレオン。今回はファン待望の最新動画「百鬼夜行」のLive Lyric VideoをYouTubeで公開した。

「百鬼夜行」は9月にリリースとなった嘘とカメレオンのメジャーデビューアルバム『ヲトシアナ』に収録された東洋の空気感が漂う楽曲で、国内外からの人気も高く、彼らのライブアンセムとしても定着してきた1曲。映像は10月27日に渋谷CLUB QUATTROで行なわれた『ここHOLEヲトシアナTOUR』ワンマン公演全編120分を撮影した動画から、見どころばかりを3分に凝縮したハイライト映像をベースに、独特の言い回しが際立つリリックを派手なモーショングラフィックスが融合した、疾走感のある中毒性の高い作品になっている。

嘘とカメレオンは、12月31日に幕張メッセで開催の『COUNTDOWN JAPAN 18/19』、1月4日の『よいこのお正月フェス』、1月5日の『みそフェス2019』ダイアモンドホールなど、年末年始も大型イベントへの出演が決定している。公開された「百鬼夜行」のLive Lyric Videoでライブの予習をしてみてはいかがだろうか。

アルバム『ヲトシアナ』

発売中



【初回限定盤】(CD+Blu-ray)
KICS-93720/¥3,704+税
※ヲトシアナスリーブケース仕様
<収録曲>
■CD
01 百鬼夜行
02 フェイトンに告ぐ
03 JOHN DOE
04 手記A
05 青玉レンズ
06 N氏について
07 鳴る鱗
08 うみねこの鳴く街で
09 テトラポットニューウラシマ
10 モームはアトリエにて
11 されど奇術師は賽を振る
12 キンイロノ
■Blu-ray (初回限定盤のみ)
「嘘つきが蔓延 閻魔がキツそうツアー」ファイナル (2018.2.3 at 渋谷WWW X) ライブ映像(全12曲)
「フェイトンに告ぐ」 Making of Music Video



【通常盤】(CD)
KICS-3720/¥2,778+税
※ヲトシアナジャケット仕様
<収録曲>
01 百鬼夜行
02 フェイトンに告ぐ
03 JOHN DOE
04 手記A
05 青玉レンズ
06 N氏について
07 鳴る鱗
08 うみねこの鳴く街で
09 テトラポットニューウラシマ
10 モームはアトリエにて
11 されど奇術師は賽を振る
12 キンイロノ



【関連リンク】
嘘とカメレオン、ワンマンライブを3分に凝縮した「百鬼夜行」のリリックビデオ公開
嘘とカメレオンまとめ
MADKID、恵比寿LIQUIDROOM公演を含む4都市を回るツアーを発表

【関連アーティスト】
嘘とカメレオン
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

MADKID、恵比寿LIQUIDROOM公演を含む4都市を回るツアーを発表
Thu, 27 Dec 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2ラッパー&3ヴォーカルの5人組アーティスト・MADKIDが、12月26日に東京・WWWで開催した東名阪ツアーのファイナル公演にて、2019年5月に東名阪福の4都市でライブツアー『MADKID LIVETOUR2019 \'Circus\'』を開催することを発表した。

結成4年目にして初となる東名阪ツアーのファイナル公演となったこの日は、2019年1月より放送開始されるTVアニメ『盾の勇者の成り上がり』のオープニングテーマに決定している「RISE」をはじめ、11月に配信でリリースしたツアータイトルと同名楽曲「GIANT KILLING」など全18曲を披露。会場には約450人のファンが来場し、熱狂に包まれた。

ライブでは1月よりJFNにて初のレギュラーラジオ番組『MADKID RISING HOPE』がスタートすることや、ファッションブランド『A´gem』の立ち上げる新ブランドとのコラボ企画を発表。さらに、2019年5月に行なうツアーのファイナルは5月29日に東京・恵比寿LIQUIDROOMにて開催されることも分かり、メンバーにもサプライズで発表されたツアー情報に会場は驚きつつも歓喜で渦巻いていた。

2月6日には初のアニメタイアップとなる3rdシングル「RISE」をリリースする彼ら。ジャンルの壁を打ち壊し、新たな可能性を模索する彼らの2019年は更なる“上昇"が期待できそうだ。

■『MADKID LIVETOUR2019 \'Circus\' 』

5月18日(土) 福岡・DRUM SON
5月19日(日) 大阪・OSAKA RUIDO
5月25日(土) 愛知・名古屋 LIVE HALL M.I.D
5月29日(水) 東京・LIQUIDROOM

<チケット>
¥4000(税込)  
※別途1ドリンク(全公演) 
※スタンディング
■ファンクラブ先行受付:1月21日(月)〜1月28日(月)
■CD封入先行:2月06日(水)〜2月27日(水)
■プレイガイド等先行販売(予定):3月04日(月)〜3月18日(月)
■チケットぴあにて一般発売:4月06日(土)

シングル「RISE」

2019年2月6日発売



【Type-A】(CD+DVD)
COZA-1508/9/¥1800(税込)
<収録曲>
■CD
1. RISE 
2. Puzzle 
3. 出ていってよ 
4. RISE(Instrumental) 
5. Puzzle(Instrumental) 
6. 出ていってよ(Instrumental)
■DVD
・MADKID LIVE2018 ‘Never going back\'(2018.4.30@SHINJUKU ReNY)LIVE 映像(約65 分)
※Forever youngを除く全曲収録)
・RISE Music Video
・BEHIND THE SCREEN




【Type-B】(CD)
COCA-17558/¥1300(税込)
<収録曲>
1. RISE 
2. Puzzle 
3. 出ていってよ 
4. RISE(Instrumental) 
5. Puzzle(Instrumental) 
6. 出ていってよ(Instrumental)




【関連リンク】
MADKID、恵比寿LIQUIDROOM公演を含む4都市を回るツアーを発表
MADKIDまとめ
TAKURO(GLAY)、横浜公演2DAYSが終幕&2ndソロアルバムの詳細発表

【関連アーティスト】
MADKID
【ジャンル】
ライブ・フェス, ニュース, グループ, ラップ

TAKURO(GLAY)、横浜公演2DAYSが終幕&2ndソロアルバムの詳細発表
Thu, 27 Dec 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GLAYのリーダーでありギタリストであるTAKUROが、Motion Blue yokohamaにて12月25日(火)、26日(水)の2日間でソロインストライブを行なった。

かねてよりTAKUROは“このソロワークスは、お酒を飲みながら楽しんでもらいたい音楽”と語っており、ライブを行なうシチュエーションとしては最高の会場での開催。夜景が美しい、赤レンガ倉庫にあるステージとあって、会場に向かう人からは“ライブに行く”というよりは、“ディナーに行く”といった雰囲気が感じ取れた。会場の中は各々お酒を楽しんだりと、落ち着いた雰囲気が漂っており、その穏やかな空気と共にステージ後方からTAKUROが登場。GLAYのド派手な演出登場とは異なり、ジャジーな雰囲気を漂わせながらライブは始まった。

1曲目は2016年にリリースされた、1stアルバムより「Lullaby」。リズムに合わせたギターとサックスの掛け合いが気持ち良いナンバーである。会場が暖まり、続いて2019年2月27日(水)リリースの2ndアルバム『Journey without a map II』に収録予定の新曲「Swingin\' Tokyo 2020」。こちらはクリスマスを匂わせた、このシーズンにはぴったりの楽曲だ。楽曲全体のメロディーはスウィングしているのに、ギターが奏でるメロディーが心地良いのは、さすがTAKURO節と言える。

“まだ明日は仕事って人もいるのかな? それなら明日の事を忘れるくらい熱い夜にしましょう!”とTAKUROは語りかけ、2017年のライブからお馴染みの「TIMELESS WONDER」を披露。ジャジーな演奏とTAKUROらしいキャッチーなメロディを楽しむことが出来るナンバーである。その後は1stアルバム収録の「Autumn Rain」「RIOT」を演奏し、最後は新曲「SARAH 派手にやれ!」を披露。サックスが主軸となり、激しくギターとぶつかったりと情熱的なナンバーであり、横浜の夜は熱く燃えた。

“サンキュー!最高でした!”と心から感謝の言葉を告げ、本編は終了。しかし会場からは冷めやまぬ酔いと共にアンコールが起き、もちろんTAKUROもそれに応え、再度ステージに登場した。

アンコールで披露したのは新曲「やすらぎのチセ」。このナンバーは今回のライブで初披露された。切ないピアノ、それに合わせギターが優しく語りかけるようなスローバラードだ。タイトルにある“チセ”はアイヌ語で“家”を意味し、冬の厳しい北海道で外から家に帰った時に感じる温もり、そんな気持ちにさせてくれる楽曲である。TAKUROも“北海道の自然を感じ、生まれた曲”と語っており、ジャンルは違うがどこかGLAYらしさを感じることが出来る。“今日は本当にありがとうございました! 来年はGLAY25周年となります。共に歩んで行きましょう!”と最後に語り、2018年最後となるライブは幕を閉じた。

美しい夜景、そして美しいメロディの数々、それにお酒と共に身を委ねる。TAKUROが届けたい音楽が、ここに体現されていたであろう。

また同日2ndアルバム『Journey without a map II』の収録楽曲内容も発表! 収録される全10曲には、ファンク、ジャズ、ブルースなど様々な要素が詰め込まれており、今作も盟友でありギターの師でもあるB\'zの松本孝弘によるトータルプロデュースであること、さらに収録曲「北夜色 Port Town Blues」は同氏からの楽曲提供であることが発表された。

Larry Carltonと共作でリリースした「TAKE YOUR PICK」では、第53回グラミー賞にて“最優秀インストゥルメンタル・ポップ・アルバム”部門を受賞するなど、名実共に世界的ギタリストである松本。TAKUROも師と仰ぐ彼の楽曲をどのようなサウンドで弾きこなしているのか、聴ける日が今から待ち遠しい。

アルバムとしては、ロサンゼルス在住の一流ミュージシャンとのレコーディングに加え、前回のツアーをともにしたメンバーや、新たにピアニストの小野塚晃を迎え、前作よりも芳醇で奥行きのあるサウンドが詰まっている。ギター、エフェクター、アンプ、そしてミュージシャン&レコーディングスタッフ、さらには弦にまで1音1音こだわり抜いてレコーディングされた珠玉の楽曲たちは必聴だ。

なお、公式HPでは今作のオフィシャルインタビューも公開されている。2019年でGLAYはデビュー25周年となるが、何故その前にTAKUROは2作目のソロアルバムをリリースするのか。そして彼がこの作品に込めた想いを、是非ここから一足早く感じてもらいたい。

Photo by 岡田裕介

■【TAKURO コメント】

「このソロプロジェクトは、『Journey without a map』(=地図なき旅)というタイトルの通り、型にとらわれずに自分のギタリストとしての表現力のアップを求めてスタートしました。
GLAYには、HISASHIという看板ギタリストがいますが、彼とのコンビネーションをより強くすることと、彼とは真逆の世界をもうひとつ構築することで、バンドの幅が広がればいいなと考えました。
リードギタリストとしてHISASHIのアイディアが鳴っているその裏で俺が掘り下げているジャズやブルースという響きがGLAYの新しい武器のひとつになればいいなと思います。
シンガーではないのでギターで歌うということになっちゃうんですけど、自分がフロントに立ってライブをやることでボーカリストの孤独みたいなものを知って、TERUが持っている重責みたいなものを自分も感じて学べればと思います」

アルバム『Journey without a map II』

2019年2月27日(水)発売



【CD+DVD盤】
PCCN-00033/¥3,000+税
【CD only盤】
PCCN-00034/¥2,500+税
【アナログ盤(初回生産限定)】(重量盤2枚組)
PCJN-00002/¥4,000+税

<収録曲>
■CD
1.SOUL FRIENDLY
2.DANDY MAN
3.TM St.2am
4.SARAH 派手にやれ!
5.TIMELESS WONDER
6.北夜色 Port Town Blues(TAK MATSUMOTO作曲)
7.do svidaniya
8.鼓動
9.やすらぎのチセ
10.Swingin\' Tokyo 2020
■DVD
・「やすらぎのチセ」MUSIC VIDEO
・「やすらぎのチセ」MUSIC VIDEO Making

◎先着予約購入特典:オリジナル“Journey"ノート

『GLAY TAKURO Solo Project 3rd Tour “Journey without a map 2019"』

3月14日(木)  福岡 Zepp Fukuoka
3月16日(土)  広島 BLUE LIVE HIROSHIMA
3月18日(月)  大阪 Zepp Namba
3月20日(水)  愛知 Zepp Nagoya
3月22日(金)  新潟 新潟LOTS
3月26日(火)  東京 Zepp Tokyo
3月29日(金)  宮城 SENDAI GIGS
3月31日(日)  北海道(函館) 金森ホール ※1日2回公演
<チケット>
一般発売:2019年2月頃を予定
http://www.glay.co.jp/live/



【関連リンク】
TAKURO(GLAY)、横浜公演2DAYSが終幕&2ndソロアルバムの詳細発表
GLAYまとめ
TAKUROまとめ
マイアミパーティ、新曲「つれづれ」MV公開&The Floorとの2マンを発表

【関連アーティスト】
GLAY, TAKURO
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, ライブ, ライブレポ

マイアミパーティ、新曲「つれづれ」MV公開&The Floorとの2マンを発表
Thu, 27 Dec 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

札幌を中心に活動する4人組ロックバンド・マイアミパーティが、2019年1月16日にリリースするシングル「つれづれ/レイトショー」 に収録する新曲「つれづれ」のMVを公開した。

500枚限定でメンバーが1枚1枚をハンドメイドで制作し、シリアルナンバーをスタンプした同シングルは、すでにライブで披露されている疾走感あるロックチューン「つれづれ」、日常をリリカルに切り取った「レイトショー」の全2曲が収録されている。

また、今作のリリースを記念して開催するツアー『「つれづれ/レイトショー」リリース記念 “君の街まで" 東阪札TOUR』 の3月08日(金)札幌MOLEで行なうファイナル公演は、The Floorとのツーマンライブになることも決定! チケットはe+、ローチケにて12月29日(土) 10時より発売開始となるのでぜひチェックしてみよう。

シングル 「つれづれ/レイトショー」

2019年1月16日発売



297-LDKCD/¥500+税
<収録曲>
1.つれづれ
2.レイトショー

<取扱店舗一覧>
・Holiday!Records http://holiday2014.thebase.in/items/15841991
・タワーレコード札幌ピヴォ店
・タワーレコード新宿店
・タワーレコード梅田NU茶屋町店
・名古屋レコードショップZOO

『「つれづれ/レイトショー」リリース記念 “君の街まで" 東阪札TOUR』

1月11日(金) 下北沢・BASEMENT BAR
w)とけた電球/tonetone/SEVENTEEN AGAiN/グッバイフジヤマ

2月14日(木) 心斎橋・Pangea
w)PERO(ex.ペロペロしてやりたいわズ。)/Slimcat and more

3月08日(金) 札幌・MOLE
w)The Floor ※ツーマン
<チケット>
12月29日(土)10:00発売
ローソンチケット:L-12377
イープラス:http://eplus.jp



【関連リンク】
マイアミパーティ、新曲「つれづれ」MV公開&The Floorとの2マンを発表
マイアミパーティまとめ
The Floorまとめ
星野 源、RADWIMPS、SUGIZOなど12月リリースの作品17作を紹介

【関連アーティスト】
マイアミパーティ, The Floor
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 新曲, ライブ, チケット

星野 源、RADWIMPS、SUGIZOなど12月リリースの作品17作を紹介
Thu, 27 Dec 2018 14:30:00 +0900


フリーマガジンokmusic UP\'s vol.171(11/20発行)、 vol.172(12/20発行)に掲載中の『DISC GUIDE』から、12月リリースの作品17作を紹介!

1.「あなたの知らない私たち」/chay feat. Crystal Kay
2.「レイメイ」/さユり×MY FIRST STORY
3.「スノウドロップ」/FOMARE
4.『マシン・ザ・ヤング』/ニトロデイ
5.『ANTI ANTI GENERATION』/RADWIMPS
6.『私的旅行』/DAOKO
7.『没落』/ぼくのりりっくのぼうよみ
8.『JAPRISON』/SKY-HI
9.『ALL TIME BEST TOUR 〜20th STORY + LOVE + SONG 〜』/GOING UNDER GROUND
10.『夢をみた少年』/HARUMA
11.『POP VIRUS』/星野 源
12.『COSMOSCAPE II』/SUGIZO
13.『Baby Bump』/Chara
14.『Tank-top Festival in JAPAN』/ヤバイTシャツ屋さん
15.『この部屋が世界のすべてである僕、あるいは君の物語』/THE 夏の魔物
16.『IRON SPIRIT』/般若
17.『Life is going on and on』/MISIA

「あなたの知らない私たち」/chay feat. Crystal Kay

Single 12/5 Release



WARNER MUSIC JAPAN
【初回限定盤(DVD付)】
WPZL-31550〜1 ¥2,700(税込)
【通常盤】
WPCL-12969 ¥1,296(税込)

ドラマ『あなたには渡さない』の主題歌としてオンエア中の新曲はCrystal Kayをフィーチャリングしたラテン歌謡テイストなナンバー。ドロドロした女同士の戦いや恋の駆け引きをテーマにしたドラマに沿った、スリリングで大人な世界観がサックスなどの生楽器によって引き立てられている。chayとCrystalKayのヴォーカルが絡み合っていくデュエットは最大の聴きどころだ。ジャケットのイメージともリンクしている。
TEXT:山本弘子

「レイメイ」/さユり×MY FIRST STORY

Single 12/5 Release



Ariola Japan
【初回生産限定盤(DVD付)】
BVCL-923〜4 ¥1,667(税抜)
【期間生産限定盤(DVD付)】
BVCL-926〜7 ¥1,481(税抜)
【通常盤】
BVCL-925 ¥926(税抜)

“心配ない”と言い聞かせ歩む先で出会った共鳴者と夜明けを信じて一緒に進みゆく…そんなストーリーが浮かぶさユり×MFSの共闘作はTVアニメ『ゴールデンカムイ』第二期OPテーマ。MFSが放つエレガントなピアノとエレクトロを交えた疾走感あふれるエモーショナルなサウンドの中、さユりとHiro(Vo)の二者が並走しつつも時に絡み合い、それが昇華を魅せる。全ての黎明を信じてそれでも進む者たちの謳歌として捧げたい。
TEXT:池田スカオ和宏

「スノウドロップ」/FOMARE

Single 12/5 Release



Small indies table
SIT-1015
¥1,296(税込)

TSUTAYA O-EAST でツアーファイナルを迎えたばかりだが、早くもシングルをリリース。ジョン・レノンの「HAPPY X-MAS(WAR IS OVER)」のカバーをボーナストラックに加え、クリスマスを意識しながら、バラードの「libido」他、自作の3 曲は別れをふっ切れない男心を歌っているところにバンドのリアルがある。温もりが恋しい季節だからこそ、より染みるという意味ではまさにタイムリー。
TEXT:山口智男

『マシン・ザ・ヤング』/ニトロデイ

Album 12/5 Release



Beacon Label/SPACE SHOWER MUSIC
PECF-3220
¥2,500(税込)

新生代オルタナロック4 人組の1stアルバムは、さらなる注目を浴びるに相応しい出来映え。3 分前後にまとめられた楽曲を主軸に、歪んだ重々しい演奏とは対極を描く抜けの良いヴォーカルやコーラスワークは実にキャッチーに響く。とりわけ「ジェット」はエモーショナルかつ粘着的な歌メロがとても癖になる。懐かしくも新しく、ヒリヒリしているのに甘酸っぱい。何度も聴き返したくなる好盤だ。
TEXT:荒金良介

『ANTI ANTI GENERATION』/RADWIMPS

Album 12/12 Release



EMI Records
【初回限定盤(DVD付)】
UPCH-29313 ¥3,800(税抜)
【通常盤】
UPCH-20503 ¥3,000(税抜)

前作『人間開花』以来、約2年振りになるニューアルバムは全17曲入りの大ボリュームだが、片時も緊張感は途切れないままに聴き終えてしまった。一曲一曲が連関し、作品トータルでRADWIMPSの豊潤な音楽性を開陳している。パパラッチに対してストーリー仕立ての構造を取りながらも、丸裸の感情でラップする「PAPARAZZI〜*この物語はフィクションです〜」は衝撃的なMVも相まって胸にズシリと響く。問題提起という意味でも深く考えさせられる楽曲だ。そんなシリアスなメッセージを掲げる一方、彼らの冒険心に満ちあふれたサウンドにも驚かされる。打ち込みを用いて祝祭感を運んでくる「カタルシスト」、童謡調の歌詞を引用して既存のロックの枠組みからはみ出した「洗脳(Anti Anti Mix)」は繰り返し聴きたくなる中毒性の高い曲調。また、ONE OK ROCKのTaka、あいみょん、ラッパーのMiyachiとSOIL&"PIMP"SESSIONSのTabu Zombie(Tp)をゲストに招いた豪華コラボも3曲収録。特に「泣き出しそうだよ feat.あいみょん」で聴ける男女掛け合いヴォーカルは見事なはまりようでグッときた。
TEXT:荒金良介

『私的旅行』/DAOKO

Album 12/12 Release



TOY’S FACTORY
【初回限定盤(DVD付)】
TFCC-86654 ¥3,300(税抜)
【通常盤】
TFCC-86655 ¥2,800(税抜)

前作アルバム『THANK YOU BLUE』でアイコンカラーである青の時代を終え、小林武史や水野良樹(いきものがかり)などの錚々たるアーティストを迎えた本アルバムでより一層リスナーの懐に入り込む。慎ましく上品なスタンスの彼女が、憂いや孤独感を込めた歌詞を次々に投下することで、これまでの謎めいた印象が少しずつ払拭されていく。CMソングにも起用された「終わらない世界で」など、日常に馴染むポップスが目白押し!
TEXT:千々和香苗

『没落』/ぼくのりりっくのぼうよみ

Album 12/12 Release



CONNECTONE
【初回限定盤】
VIZL-1478 ¥8,000(税抜)
※DVD+アルバム未収録曲集CD付
【通常盤】
VICL-65078 ¥2,500(税抜)

アーティスト活動終了前に届いた最後のオリジナルアルバム。ジャジーなサウンドに乗せて《人間なんてオワコンなんだよ》と悩ましく叫ぶぼくりりなりのブルース「人間辞職」をはじめ、この遺作がただの苦し紛れの戯言なのか、はたまた未来へつながる希望に成り得るのかは、聴き手が声を受け止めながら確かめてほしい。表題曲では《没落後の爆発 乞うご期待》と歌ってもいて、それはわりとすぐな気がしないでもない。
TEXT:田山雄士

『JAPRISON』/SKY-HI

Album 12/12 Release



avex trax
【CD+スマプラミュージック】
AVCD-96047 ?3,240(税込)
【CD+DVD+スマプラミュージック&ムービー】
AVCD-96045/B ?5,400(税込)
【CD+Blu-ray+スマプラミュージック&ムービー】
AVCD-96046/B ?5,400(税込)
【CD+2DVD+スマプラミュージック&ムービー】
AVCD-96043/B〜C ?7,020(税込)
【CD+Blu-ray+スマプラミュージック&ムービー】

54 okmusic UP\'s 不寛容な現代へ睨みを利かせてジャズ&ファンク調でシニカルに斬り込む「What a Wonderful World!!」、starRoプロデュースのトラックが激クールな「Role Playing Soldier」をはじめ、サウンドの先鋭性を踏まえた上で言いたいことをぶちかますスタイルがなおキレを増した4thアルバム。憂鬱を滲ませる一方、どんな状況だろうが起死回生を狙う気概にハッとさせられる。UNISON SQUAREGARDENの斎藤宏介らゲストも豪華。
TEXT:田山雄士

『ALL TIME BEST TOUR 〜20th STORY + LOVE + SONG 〜』/GOING UNDER GROUND

Album 12/12 Release



Youth Records
YRNF-0013 〜 4
¥3,500(税抜)

未CD 化だった「parade」「Winding Road」も含む、メンバー自身の選曲による全30 曲収録のCD デビュー20 周年記念オールタイムベスト。「グラフティー」などのセンチメンタルな青春ソング、「LISTEN TO THE STEREO!!」などのルーツに立ち返ったバンドサウンド、「the band」などの現在だからこそ歌えるナンバー…紆余曲折を繰り返した、彼らの歴史が詰まっている。あと、やっぱり「トワイライト」は超名曲です!
TEXT:土内 昇

『夢をみた少年』/HARUMA

Mini Album 12/12 Release



NEVER ENOUGH
NE-1001 
¥1,500(税抜)

名古屋の3 ピースバンドが結成からわずか1 年3 カ月で全国デビュー。バンドの原点を歌った1 曲目の「魔法にかけられて」をはじめ、大人と少年の狭間で揺れ動くナイーブさを、詩情を湛えた言葉とともに歌った全7 曲を収録。日本語パンクからの脱却を予感させる荒削りな演奏も含め、バンドのありのままの姿を飾らずにパッケージしているところがとても清々しい。耳に残る個性的な歌声も彼らの大きな武器だ。
TEXT:山口智男

『POP VIRUS』/星野 源

Album 12/19 Release



SPEEDSTAR RECORDS
【初回限定盤A (Blu-ray+特製ブックレット付) 】
VIZL-1490 ¥5,000(税抜)
【初回限定盤B (DVD+特製ブックレット付) 】
VIZL-1491 ¥4,800(税抜)
【通常盤 初回限定仕様 (特製ブックレット付) 】
VIZL-1492 ¥3,100(税抜)
【通常盤】
VICL-65085 ¥3,000(税抜)

社会現象的メガヒット「恋」、家族の温かみを伝える「Family Song」、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』主題歌「アイデア」といったシングル曲の他、音の抜き差しに言葉のリズムが癖になるエキゾチックファンク「Pop Virus」、ひんやりとしたトラックの上に温もりを乗せたラブソング「PairDancer」、運命に抗って生きる人に捧ぐストリングス&ホーンが勇壮に鳴るブルース「Present」、なんと山下達郎がドゥワップコーラスを入れたネオソウル「Dead Leaf」、リズム隊の加速ぶりが歌にマッチしていて痺れる「サピエンス」…など、聴きどころ満載の5thアルバム。言葉にできない想い、目に見えない感覚を、攻めのアレンジを貫きつつ、なんとか自分のものにして描かんとするポップスターの姿に惚れ惚れしないわけがない。「Hello Song」でも《超える未来》という歌詞がやっぱりあるし、喜んで“感染”したい音楽。初回限定盤がまた豪華で、レコーディングスタジオでの撮り下ろしライヴ、映像では雅マモル(宮野真守)とウソノ晴臣(ハマ・オカモト)出演の“創作”密着ドキュメンタリーが楽しめる。
TEXT:田山雄士

『COSMOSCAPE II』/SUGIZO

Album 12/19 Release



USM JAPAN
【初回限定盤】 
UICZ-9108〜9 ¥5,500(税抜)
※特殊LPジャケット仕様
※SHM-CD仕様
【通常盤】
UICZ-4437〜8 ¥3,500(税抜)
※SHM-CD仕様

10年振りのソロベスト。石川さゆり、KenKenらとユニットを組み怪物舞踏団としてCMで話題を呼んだ「百鬼夜行」のサイケデリックバージョンから始まる意表を突かれる構成で、ライヴでもお馴染みの代表曲、アルバムでのコラボ楽曲、舞台音楽など集大成でありつつ新たな息吹を感じさせてくれる。宇宙と大地に抱かれるような至福のダンスグルーブ、美しいバラードは究極のデトックスであり、無限のエナジーに満ちている。
TEXT:山本弘子

『Baby Bump』/Chara

Album 12/19 Release



UNIVERSAL SIGMA
【初回限定盤(2CD)】
UMCK-9983〜4 ¥4,320(税込)
【通常盤(CD)】
UMCK-1614 ¥3,240(税込)

前アルバム『Sympathy』で音楽と結婚することを宣言したCharaが、“妊婦のお腹が膨らんだ状態”を表すニューアルバムを発表した。温もりのあるサウンドをベースに、自身のルーツであるダンスミュージックとソウルを意識した楽曲たちが柔らかくも生き生きと展開。“愛を身ごもる”をテーマにしたリリックは開放感を求めるような歯がゆい心情と、無敵だと歌う強さも持ち合わせ、そこはかとない生命力を感じさせる。
TEXT:千々和香苗

『Tank-top Festival in JAPAN』/ヤバイTシャツ屋さん

Album 12/19 Release



UNIVERSAL SIGMA
【初回限定盤(DVD付)】
UMCK-9980 ¥3,580(税抜) 
※スリーブケース付
【通常盤】
UMCK-1613 ¥3,580(税抜)
※スリーブケース付

いつからだろう? 新曲を聴いた時の“面白い”と“カッコ良い”の感想が逆転したのは。1曲目「Tank-top Festival 2019」を聴いた時、歌ってることは相変わらず馬鹿だけど、疾走感あるビートにエッジーなギター、気持ち良く抜けるヴォーカル、小技が効いたアレンジとサウンドがとにかくカッコ良くて、まず“カッコ良い!”の感想が出たことに驚いた。ネタとしては「大人の事情」が最高! いつまでもこのスタンスでいてほしい。
TEXT:フジジュン

『この部屋が世界のすべてである僕、あるいは君の物語』/THE 夏の魔物

Album 12/19 Release



ビクターエンタテインメント
【初回限定盤(DVD付)】
VIZL-1504 ¥3,500(税抜)
【通常盤】
VICL-65089 ¥2,800(税抜)

1年2カ月振りのアルバムとなる今作。メンバーの脱退と加入があったと思えば、バンド編成での活動は異常に充実してたりと、相変わらず慌ただしい活動だが、そういったことの全てが、この作品ができるための必然だったのでは?と思うほど、濃厚で聴き応えある。提供曲が減って自身の作詞作曲が増えたことや、すでにライヴでお馴染みの曲が多いこともあり、“これがTHE 夏の魔物です”という自信も満ちあふれてる。
TEXT:フジジュン

『IRON SPIRIT』/般若

Album 12/19 Release



PONY CANYON
PCCA-04737
¥2,500(税抜)
※DVD付 

『フリースタイルダンジョン』のラスボスとして知られる肉体派MCの般若が筋トレの伝道師・Testosteroneと作った筋トレソング集。2019年1月11日に日本武道館公演を控える超多忙の中、筋トレにはヒップホップというメッセージを世間に広めるために取り組んだ、ふたつのスキットを含む全13曲。鬼トレーナーの立場から投げ掛ける言葉は人生訓としても胸に響くから、多彩なトラックを含め、般若の新作としても純粋に楽しめる。
TEXT:山口智男

『Life is going on and on』/MISIA

Album 12/26 Release



Ariola Japan
【初回生産限定盤(豪華PHOTO BOOK付)】
BVCL-945 〜 6 ¥4,200(税抜)
※特殊スリーブ仕様
【通常盤】
BVCL-947 ¥3,000(税抜)

3年振りのオリジナルアルバムは、その表現力豊かで生命力あふれるヴォーカルが強力。「アイノカタチ(feat. HIDEGReeeN)」のような普遍的な愛の歌やイルミネーションに彩られた街の喧騒の中にいる気持ちにさせられるファンキーでジャジーな曲、ゴージャスなオーケストレーションとアフリカンビート、ゴスペル風の「AMAZING LIFE」など全12曲。すぐそこで歌っている感覚にさせられる臨場感あるテイクがすごい。
TEXT:山本弘子



【関連リンク】
星野 源、RADWIMPS、SUGIZOなど12月リリースの作品17作を紹介
星野源まとめ
RADWIMPSまとめ
SUGIZOまとめ
chayまとめ

【関連アーティスト】
星野源, RADWIMPS, SUGIZO, chay, Crystal Kay, 酸欠少女 さユり, MY FIRST STORY, ぼくのりりっくのぼうよみ, DAOKO, FOMARE, ニトロデイ, SKY-HI, GOING UNDER GROUND, Chara, ヤバイTシャツ屋さん, THE 夏の魔物, 般若, MISIA, HARUMA
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, レビュー, シングル, アルバム

さとり少年団、新曲も披露した初の東名阪ワンマンツアーを完遂
Thu, 27 Dec 2018 11:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

さとり少年団が初めて開催した東名阪ワンマンライブツアー『we are SBC!! 〜Merry Christmas 2018〜』が各地大盛況で終了した。

さとり少年団はスターダストプロモーション所属の若手男性アーティスト集団EBiDAN(恵比寿学園男子部)の永玖・謙信・颯斗からなる3人組ダンス&ヴォーカルユニット。同じくEBiDANのグループ・EBiSSHとの合同プロジェクト“ONE N’ ONLY”としても2018年11月にCDデビューしている。

そんな彼らが開催したワンマンツアーでは、12月22日(土)大阪・アメリカ村 DROP公演、12月24日(月)愛知・名古屋ell.FITS ALL公演、そしてファイナルとなる12月26日(水)の東京・下北沢GARDEN公演の全3公演で行ない、チケットは全公演SOLD OUT。各地でIROTAS(さとり少年団のファンの呼称)を熱狂させた。

ファイナル公演では、500人超満員のIROTASを前に全14曲を披露。この時期ならではのクリスマスショーケースや、新曲も3曲パフォーマンスした。アンコールのラストには颯斗から“これで終わりたくない! もう1曲やりたい!”と、ファンと一体になって盛り上がる新曲「Winter Life」を再度披露する場面も。ここでしか見られないプレミアムなツアーとなった。

2019年も引き続き、さとり少年団・ONE N’ ONLYともに精力的に活動していく彼らに注目だ。

【セットリスト】
1.I wanna say...
2.It`s My JK Life
3.BURGER SHOPの彼女 ※新曲
4.パラダイムシフト
5.Stay Alive
6.Live My Life ※新曲
7.BREAK ME DOWN
8.gomenne
9.クリスマスショーケース
10.Winter Life ※新曲
11.夏へダイビング ※CD未収録曲
12.ヘルプ ユー
13.WE/GO
14.Winter Life ※新曲

【ライブ情報】

<さとり少年団>
『だんぜん!!FES』
2019年1月13日(日) 東京・恵比寿LIQUIDROOM

<ONE N’ ONLY>
『KANSAI COLLECTION 2019 SPRING & SUMMER』
2019年3月17日(日) 大阪・京セラドーム大阪



【関連リンク】
さとり少年団、新曲も披露した初の東名阪ワンマンツアーを完遂
さとり少年団まとめ
ONE N\' ONLYまとめ
SHOWTEK、新木場ageHaにて開催されるカウントダウンパーティーのヘッドライナーに決定

【関連アーティスト】
さとり少年団, ONE N\' ONLY
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, EBiDAN, ツアー, セットリスト, ライブレポ

SHOWTEK、新木場ageHaにて開催されるカウントダウンパーティーのヘッドライナーに決定
Thu, 27 Dec 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月31日の夜、新木場ageHaで2018年を締め括り、2019年を迎えるカウントダウンパーティ『ageHa COUNTDOWN to 2019-YEAR OF PRIDE-』が開催される。そのヘッドライナーとしてSHOWTEKが出演することが分かった。

SHOWTEKは来日する度に圧巻のパフォーマンスを披露し、熱狂を巻き起こしてきた兄弟ユニット。「We Like To Party」「Booyah」といったスーパーヒット曲を連発したほか、David Guettaとの「Bad」はYouTubeにて通算8億回以上の再生を記録した。ageHaで開催した2016年、17年の来日公演はのべ8000人の動員を記録し、生SHOWTEKを体感した人々からは忘れられない伝説の夜として語り継がれている。1年でも最大最高のBIG PARTYとなるageHaのカウントダウン公演への登場はまさにファン待望と言えそうだ。

また、日本が誇る若き才能”banvox”も自身初のSPECIAL COUNTDOWN SHOWCASEとして登場し、2018年から19年をつなぐスペシャルセットを披露する。ageHaの一年を象徴する超豪華な日本人ラインナップも大充実となっており、DJ KAORI、中田ヤスタカ、2年ぶりにageHaカウントダウンに帰還するMITOMI TOKOTO & CYBERJAPAN DANCERS、VIVID、SONE、WATARUといった豪華アクトがラインナップ。11月のageHa16周年アニバーサリーパーティ『AGEHA PRIDE〜Sorry! We’re too far〜』ではARENAでプレイしたBUNNYにも要注目だ。

そして今年もメインステージ以外に見逃せない豪華出演者が続々と決定! ISLANDステージでは世界を股にかけて活躍するTREKKIE TRAXクルーがカウントダウン初のレーベルパーティを開催。WATERステージではSPICY CHOCOLATEをゲストにHIP HOP®GAEで朝まで楽しめる。BOXではREMO-CONをゲストに迎え、恒例の2AMカウントダウンを開催、合言葉は“2時になったらBOX集合!”なのだそう。またカウントダウンにだけ出没する特設フロア“UNDERGROUND”ではQ’HEY主宰のTECHNOパーティ『REBOOT』が開催されるので、ARENAで遊び疲れた後は、テクノサウンドに身を揺らすのも楽しいこと間違いなし。

これだけでなく、ageHaの誇り高きカウントダウンはワンストップで正月行事の全てを楽しめてしまうのが最大の特長! 日本で唯一初日の出が拝めるパーティでは、この日限定の“揚羽神社”がお披露目するのに加えて、おみくじ、書き初め、御朱印などなど、お正月にやっておくべきことを全てageHaで行なってみてはいかがだろうか。

『ageHa COUNTDOWN to 2019 -YEAR OF PRIDE-』

12月31日(月) 東京・新木場ageHa(OPEN 21:00)
<チケット>
DOOR ¥6,500
AFTER 3(初日の出割/3時以降) ¥3,000
■ADVANCE TICKET(FAST LINE/優先入場)
GA TICKET ¥5,980
■GOLDEN TICKET(2F VIP SEAT・Glass of Champagne・Private Entrance・揚羽お守り付)
¥9,980

<出演>
【ARENA】
『ageHa COUNTDOWN to 2019』
GENRE:DANCE MUSIC
■SPECIAL GUEST
SHOWTEK
■SPECIAL COUNTDOWN SHOWCASE
banvox
■LINE UP
DJ KAORI、中田ヤスタカ(YASUTAKA NAKATA)、MITOMI TOKOTO、VIVID、SONE、WATARU
■PICK UP BUNNY DANCER
CYBERJAPAN DANCERS、東京夜蝶倶楽部-AGEHA PERFORMANCE CREW-
■VJ
REZ、滝紘平、NAOHIRO YAKO
■HOST MC
CARDZ

【ISLAND】
『TREKKIE TRAX Label Showcase 2018-19』
GENRE:BASS/HOUSE
■GUEST
Denzel Sterling b2b Sortagoth (Sidechains/Australia)、Hojo b2b 7s (CUSTOMS/USA)
■LINE UP
Amps、Allen Mock b2b Harbalistek、Carpainter (Live Set)、gu^2、Fellsius、Masayoshi Iimori、TREKKIE TRAX CREW
■MC
Onjuicy

【WATER】
『POOLSIDE COLOR “ALIER” COUNTDOWN to 2019』
GENRE:HIP HOP / R&B / REGGAE / CHILLOUT
■GUEST
SPICY CHOCOLATE
■LINE UP
TOKYO POSE POSSE、GM K-TA [BEENUTS]、ALLURE、CHIHIRO、HEAT [HOTTAVYBZ]、Hi-6、HIROKI [OXXS]、TIP、ZUKIE [MIDNIGHT ROCK]
■DANCER
ALIER DANCERS
■MC
SHINYA、K-MONEY
■Photographer
Daisuke Ishii
■CHILLSIDE [UNTIL SUNRISE]
MATI [TOKYO POSE POSSE]、GM K-TA、ZUKIE [MIDNIGHT ROCK]

【BOX】
『TCPT COUNTDOWN 2018-19』
GENRE:EDM/BASS
■GUEST
REMO-CON
■LINE UP
YOSHIMASA、TAKAHASHI YU、23TO、NIKO、AKI-HIRO、NATSUMI、SENNA、KOZO、TAKANORI、G-NAILS×8MATE、ふもっふ、DJ HID3
■VJ
ASTERIX!、VJ STEP、yukki、MIW、TAJIMA MAKOTO

【UNDERGROUND】
『REBOOT NEW YEAR 2019』
GENRE:TECHNO
■RESIDENTS
Q\'HEY、TAKAMI

■GUESTS
DRUNKEN KONG、MAREAM



【関連リンク】
SHOWTEK、新木場ageHaにて開催されるカウントダウンパーティーのヘッドライナーに決定
SHOWTEKまとめ
banvoxまとめ
DJ KAORIまとめ
中田ヤスタカまとめ

【関連アーティスト】
SHOWTEK, banvox, DJ KAORI, 中田ヤスタカ, MITOMI TOKOTO, Bunny, SPICY CHOCOLATE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ダンス, DJ, ライブ, チケット

花澤香菜、竹達彩奈らが歌唱するアニメ『五等分の花嫁』OPテーマをアニュータで先行独占配信
Thu, 27 Dec 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

アニメ『五等分の花嫁』のOPテーマ「五等分の気持ち」のTVサイズバージョンが、アニソン定額配信アプリ『アニュータ』にて先行独占配信がスタートした。

2019年1月から放送開始となるアニメ『五等分の花嫁』はコミックが原作で、今回配信となるOPテーマ「五等分の気持ち」では花澤香菜・竹達彩奈・伊藤美来・佐倉綾音・水瀬いのりによる豪華声優陣がアニメ作品の中心となる“中野家の五つ子”として歌唱している。同曲は2019年1月30日(水)にCDリリースとなるので、一足お先にTVサイズバージョンを聴いてみよう!

また、現在『アニュータ』では初月1カ月無料のキャンペーンを実施しているので、この機会にぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

(c)春場ねぎ・講談社/「五等分の花嫁」製作委員会

シングル「五等分の気持ち」

CD発売:2019年1月30日(水)
アニュータ先行独占配信:2018年12月27日(木)※TVサイズバージョン

アニメ『五等分の花嫁』

<放送情報>
TBS:2019年1月10日(木)深夜1:28〜
サンテレビ:2019年1月11日(金)深夜0:00〜
BS-TBS:2019年1月12日(土)深夜2:00〜
※放送時間は変更になる可能性がございます。
■GYAO!にて1月11日から毎週金曜ひる0:00〜配信
https://gyao.yahoo.co.jp/ ※ほか順次、各社で配信予定
■公式HP https://www.tbs.co.jp/anime/5hanayome/

『アニュータ』ダウンロードURL

・Apple store https://itunes.apple.com/jp/app/id1214791564
・Google Play https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.aniuta.android.aniutaap
※現在、初月1カ月無料のキャンペーンを実施中!



【関連リンク】
花澤香菜、竹達彩奈らが歌唱するアニメ『五等分の花嫁』OPテーマをアニュータで先行独占配信
花澤香菜まとめ
竹達彩奈まとめ
伊藤美来まとめ
佐倉綾音まとめ

【関連アーティスト】
花澤香菜, 竹達彩奈, 伊藤美来, 佐倉綾音, 水瀬いのり
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, アニメ, 声優, 音楽配信

ASIAN KUNG-FU GENERATION、ニューアルバムより新人映像作家が手がけるMVを2本公開
Thu, 27 Dec 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの新曲「モータープール」「レインボーフラッグ」が使用された、株式会社コエのオーディション最終選考作品が2本同時公開された。

この2曲は、12月5日にリリースされた新作アルバム『ホームタウン』の収録曲で、株式会社コエが実施しているクリエイターオーディションの選考に残った新人映像作家がMVの監督を務めており、オーディションの特設サイトでは第1弾としてアルバムの収録曲「UCLA」のMVが公開されていた。

「モータープール」の監督を務めた榎園乃梨恵は“思いや人など大切であればあるほどうまくいかない時全部壊したくなる。ひたすら自問自答繰り返しぐるぐるぐるぐる深く考えるとじきにまた大切なのは何かみえてきて陰を陽に変える。勇ましい雄叫びか負け犬の遠吠えか同じ「吠える」という行動だけれど理由は違う。この曲を聴いた時にどちらも含んでいるように感じその一旦立ち止まる「間の時」を描けたらと思い作りました”とコメント。

「レインボーフラッグ」の監督・久間木達朗は、“さまざまなライフスタイルを持つ人たちが、みんなでひたすら大縄跳びをするビデオです。飛んだり跳ねたり引っかかったりしながらも、自分らしく強く生きる人たちを応援する、この歌が持つメッセージを映像で表現しました。ぜひご覧ください”と、映像に込めた自身の思いを語っている。

なお、特設サイトではASIAN KUNG-FU GENERATIONのMVだけでなく、新人映像作家が手がけたKANA-BOONのMVも公開されているので、併せてチェックしてみてはいかがだろうか。

■『コエ』オーディション × ASIAN KUNG-FU GENERATION & KANA-BOON 特設サイト
http://www.kioon.com/koe/

アルバム『ホームタウン』

2018年12月5日発売



【初回生産限定盤】(2CD+DVD)
KSCL-3121〜3/¥4,600+税
※プレイパス対応
<収録曲>
■CD1
『ホームタウン』
1.クロックワーク
2.ホームタウン
3.レインボーフラッグ
4.サーカス
5.荒野を歩け
6.UCLA
7.モータープール
8.ダンシングガール
9.さようならソルジャー
10.ボーイズ&ガールズ
■CD2
『Can\'t Sleep EP』
1.スリープ
2.廃墟の記憶
3.イエロー
4.はじまりの季節
5.生者のマーチ
■DVD
・『ASIAN KUNG-FU GENERATION America Tour Documentary Pt.2 (Latin America)』



【通常盤】(CD)
KSCL-3124/¥2,913+税
※プレイパス対応
<収録曲>
1.クロックワーク
2.ホームタウン
3.レインボーフラッグ
4.サーカス
5.荒野を歩け
6.UCLA
7.モータープール
8.ダンシングガール
9.さようならソルジャー
10.ボーイズ&ガールズ

『ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2019 「ホームタウン」』

3月16日(土) 宮城・SENDAI GIGS ※フロントアクト出演有
3月18日(月) 東京・恵比寿 LIQUIDROOM ※フロントアクト出演有
3月21日(木祝) 愛知・Zepp Nagoya ※フロントアクト出演有
3月28日(木) 大阪・なんば Hatch ※フロントアクト出演有
3月29日(金) 大阪・なんば Hatch ※フロントアクト出演有
4月08日(月) 東京・Zepp Tokyo ※フロントアクト出演有
4月09日(火) 東京・Zepp Tokyo ※フロントアクト出演有
4月12日(金) 北海道・Zepp Sapporo ※フロントアクト出演有
4月15日(月) 福岡・Zepp Fukuoka ※フロントアクト出演有
4月17日(水) 熊本・熊本B.9 V1 ※フロントアクト出演有
4月18日(木) 鹿児島・鹿児島 CAPARVO HALL ※フロントアクト出演有
4月21日(日) 沖縄・ミュージックタウン音市場 ※フロントアクト出演有
5月18日(土) 東京・サンシティ越谷 大ホール
5月19日(日) 東京・サンシティ越谷 大ホール
5月22日(水) 神奈川・横須賀芸術劇場
5月25日(土) 宮城・仙台サンプラザホール
5月29日(水) 東京・中野サンプラザ
5月30日(木) 東京・中野サンプラザ
6月01日(土) 茨城・茨城県立県民文化センター
6月04日(火) 埼玉・大宮ソニックシティ 大ホール
6月07日(金) 北海道・札幌 わくわくホリデーホール
6月12日(水) 大阪・大阪フェスティバルホール
6月13日(木) 大阪・大阪フェスティバルホール
6月16日(日) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
6月21日(金) 広島・上野学園ホール
6月23日(日) 群馬・群馬音楽センター
6月29日(土) 石川・本多の森ホール
6月30日(日) 新潟・新潟県民会館
7月04日(木) 千葉・市川市文化会館
7月10日(水) 兵庫・神戸国際会館 こくさいホール
7月12日(金) 福岡・福岡サンパレス ホテル&ホール
7月14日(日) 香川・サンポートホール高松・大ホール
7月21日(日) 静岡・静岡市民文化会館 大ホール
7月24日(水) 神奈川・パシフィコ横浜
7月25日(木) 神奈川・パシフィコ横浜
■ツアー特設サイト http://www.akglive.com/tour2019/



【関連リンク】
ASIAN KUNG-FU GENERATION、ニューアルバムより新人映像作家が手がけるMVを2本公開
ASIAN KUNG-FU GENERATIONまとめ
go!go!vanillas、長谷川プリティ敬祐(Ba)の意識回復を報告

【関連アーティスト】
ASIAN KUNG-FU GENERATION
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, コラボ, ミュージックビデオ, MV, アルバム

go!go!vanillas、長谷川プリティ敬祐(Ba)の意識回復を報告
Thu, 27 Dec 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

go!go!vanillasの長谷川プリティ敬祐(Ba)が交通事故による怪我のため都内病院に入院しているが、事故発生以来初めてメンバー3人との面会許可がおり、久々の再会を果たすことができたことが報告された。緊急搬送時から意識不明状態が続いていた本人の意識が回復している状況を確認することができ、まだすぐにバンド活動に復帰できるという状況ではないとのことだが、長谷川は1日でも早い回復と復帰に向けて治療に専念している。

また、チケットのオフィシャル先行を延期していた東名阪Zeppツアー『LIVE! TO \ワー/ RECORDS feat. go!go!vanillas 〜新曲大解禁〜』の開催についてメンバーとスタッフでたくさんの協議を重ねたところ、長谷川がツアーに参加できるという約束はできないが、go!go!vanillasというロックンロールバンドらしいライブが披露できる確信もあり、“ツアーを開催しよう!”という全員一致の結論に至ったことも発表された。

ツアーのチケットは、2019年1月1日(火)18:00よりプレオーダーにて先行予約を再開する。詳しくはオフィシャルHPにて。

■『LIVE! TO \ワー/ RECORDS feat.go!go!vanillas 〜新曲大解禁〜』

<2019年>
4月14日(日) 東京・Zepp Tokyo ※ワンマンライブ
4月21日(日) 大阪・Zepp Osaka Bayside ※ワンマンライブ
4月28日(日) 愛知・Zepp Nagoya ※ゲスト有

<チケット>
前売り¥4,300(ドリンク代別) / 当日¥4,800(ドリンク代別)
■プレオーダー受付
1月1日(火)18:00〜1月14日(月)23:59
受付URL:http://eplus.jp/gogovanillas/

シングル「No.999」

2019年1月23日(水)発売



【9,999枚完全限定生産盤】(CD+DVD)
VIZL-1472/?1,999+税
<収録曲>
■CD
1.No.999
2.触れたら
『Live at Shinkiba Studio Coast 2018.5.5』
3.SE -We are go!-
4.サクラサク
5.マジック
6.エマ
7.スタンドバイミー
8.おはようカルチャー
9.SUMMER BREEZE
10.ストレンジャー
11.平成ペイン

【通常盤】(CD)
VICL-37441/¥999+税
<収録曲>
1.No.999
2.触れたら
3.SUMMER BREEZE(Live at Shinkiba Studio Coast 2018.5.5)



【関連リンク】
go!go!vanillas、長谷川プリティ敬祐(Ba)の意識回復を報告
go!go!vanillasまとめ
フジファブリック、ニューアルバム『F』より「東京」先行配信&MV解禁

【関連アーティスト】
go!go!vanillas
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, ツアー, チケット

フジファブリック、ニューアルバム『F』より「東京」先行配信&MV解禁
Thu, 27 Dec 2018 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フジファブリックが2019年1月23日にリリースする10枚目のアルバム『F』の収録曲から「東京」が、12月27日(木)0:00より先行配信がスタートした。「東京」はライブで山内総一郎(Vo&Gu)が曲のタイトルを言い間違えたことがきっかけで制作された楽曲で、ドラムには星野源やBank Bandなど数多くのアーティストでサポートを務める河村"カースケ"智康を迎えている。

さらに「東京」のMVのYouTube EDITも公開! MVの監督を務めたのは自身のバンド・sui sui duckでもArt directorやVJを務める高橋一生で、『ミスiD2019』で菅野結以賞を獲得した櫻井香純が振付け、そして櫻井を含む数名の若手ダンサーが出演した作品となっている。フジファブリックとの初のコラボレーションにぜひ注目してほしい。

アルバム『F』は「東京」に加え、既に各所で話題を呼んでいる楽曲「手紙」のAlbum version、そして2019年1月からスタートするテレビアニメ『3D彼女 リアルガール』の第2シーズン エンディングテーマに決まっている「破顔」、シャープ AQUOS R2 テーマソングとして既にCMでもオンエアされている「恋するパスタ」など、全9曲を収録している。発売に先駆けて、2019年1月21日には全曲先行配信も決定! iTunesではアルバム予約もスタートしているので、気になる方はお早めにチェックしておこう。

■「東京」先行配信&アルバムダウンロード予約
https://smar.lnk.to/VbyE5WN

(c)那波マオ/講談社・アニメ「3 D彼女 リアルガール」製作委員会

アルバム『F』

2019年1月23日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
AICL-3623〜4/¥3,700(税抜)
【通常盤】(CD)
AICL-3625/¥3,000(税抜)

<収録曲>
■DISC1:CD
01.Walk On The Way
02.破顔 ※テレビアニメ「3 D彼女 リアルガール」第2シーズン エンディングテーマ
03.手紙(Album ver.)
04.LET\'S GET IT ON
05.恋するパスタ ※シャープ AQUOS R2 テーマソング
06.Feverman
07.High & High
08.前進リバティ
09.東京
■DISC2:DVD
・「F」そして“ROAD TO 大阪城ホール":インタビュー&ドキュメンタリー
・「Water Lily Flower」MUSIC VIDEO:アテレコ THE MOVIE

◎TOWER RECORDS・Amazon 特典情報
■TOWER RECORDS特典:特製ステッカー(ver1)※ジャケット絵柄 
■Amazon.co.jp特典:特製ステッカー(ver2)※ボックスロゴ絵柄
※TOWER RECORDSはオンラインも対象となります。

【ライブ情報】

■『フジファブリック LIVE TOUR 2019 “FEVERMAN"』
<2019年>
3月02日(土) 神奈川・横浜BAY HALL
3月09日(土) 広島・CLUB QUATTRO
3月10日(日) 福岡・DRUM LOGOS
3月16日(土) 愛知・Zepp Nagoya
3月21日(木) 北海道・札幌 PENNY LANE24
3月24日(日) 宮城・仙台 Rensa
3月30日(土) 石川・金沢 EIGHT HALL
4月06日(土) 新潟・NIIGATA LOTS
4月14日(日) 東京・Zepp DiverCity
4月19日(金) 大阪・Zepp Osaka Bayside
※チケット一般発売中!

■『フジファブリック 15th anniversary SPECIAL LIVE at 大阪城ホール2019「IN MY TOWN」』
10月20日(日) 大阪・大阪城ホール
※詳しくは"フジファブリック15周年SPECIAL SITE"にて http://www.fujifabric.com/special/15th/



【関連リンク】
フジファブリック、ニューアルバム『F』より「東京」先行配信&MV解禁
フジファブリックまとめ

【関連アーティスト】
フジファブリック
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 新曲, 音楽配信













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1