歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年12月21日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/12/30
2018/12/29
2018/12/28
2018/12/27
2018/12/26
2018/12/25
2018/12/24
2018/12/23
2018/12/22
2018/12/21
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
lynch.、愛知で開催する主催ライブに向けてメンバーのコメント動画を公開
Fri, 21 Dec 2018 23:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2019年2月8日(金)・9日(土)の2日間にわたってZepp Nagoyaで開催されるlynch.主催イベント『BLACK BEAUTY BEASTS』に向けて、lynch.メンバーからのコメント動画が公開された。

イベントには両日出演となるlynch.の他、2月8日(金)にはアルルカン、Angelo、D’ERLANGER、2月9日(土)にはRAZOR、MERRY、MUCC、SUGIZOが出演する。チケットは12月22日(土)10:00より一般販売がスタートするのでお早めにチェックを! なお、今後不定期で他の出演者からのコメント動画も随時アップされるので、引き続き注目だ。

また、lynch.は2018年12月29日(土)に『COUNTDOWN JAPAN 18/19』への初出演が決定しており、12月31日(月)にはZepp Nagoyaで『lynch. COUNTDOWN LIVE「2018-2019」』を控えている。詳細はオフィシャルHPにて。

■『lynch. presents 「BLACK BEAUTY BEASTS」』

【2019年】
2月08日(金) 愛知・Zepp Nagoya
出演:アルルカン/Angelo/D’ERLANGER/lynch.(順不同)

2月09日(土) 愛知・Zepp Nagoya
出演:RAZOR/MERRY/MUCC/SUGIZO/lynch.(順不同)

<チケット>
1Fスタンディング ¥6,500(税込)
2F指定 ¥7,500(税込)
※当日別途ドリンク代500円必要
※未就学児童入場不可
※出演者の変更・キャンセルに伴う払戻しは行ないませんので予めご了承ください

◎チケット一般発売日:12月22日(土) 10:00

■特設サイト
http://pc.lynch.jp/bbb

Blu-ray&DVD『13th ANNIVERSARY -Xlll GALLOWS- [THE FIVE BLACKEST CROWS] 18.03.11 MAKUHARI MESSE』

2018年8月8日(水)発売



【Blu-ray】
KIXM-331/¥7,000+税
※初回プレス分のみフォトブック付き特殊パッケージ仕様
【DVD】
KIBM-734/?5,000+税

アルバム『Xlll』

2018年7月11日(水)発売



【数量限定豪華盤】(2CD+Blu-ray)
KICS-93733/¥8,300+税
※16.5inch CLEAR SLEEVE + DIGIPAK + 40P SPECIAL BOOKLET
【初回限定盤】(CD+DVD)
KICS-93735/¥3,500+税
※OUTER SLEEVE + DIGIPAK
【通常盤】(CD)
KICS-3733/¥3,000+税



【関連リンク】
lynch.、愛知で開催する主催ライブに向けてメンバーのコメント動画を公開
lynch.まとめ
奥田民生、2タイトルのライブ映像作品を同時リリース

【関連アーティスト】
lynch.
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

奥田民生、2タイトルのライブ映像作品を同時リリース
Fri, 21 Dec 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

奥田民生が2018年10月13日(土)に開催した『MTRY LIVE AT BUDOKAN』と、翌日の10月14日(日)に開催された『ひとり股旅スペシャル@日本武道館』。それぞれ異なる内容で2日間にわたって行なった日本武道館公演をまとめてパッケージ化し、DVDとBlu-rayでリリースすることが決定! 両公演ともアンコールを含めた全曲が収録され、リハーサルや舞台裏の模様も収めたドキュメンタリーライブ映像となる予定だ。

さらに、先立って放送されたWOWOWのライブ映像に新たに編集を加え、音についてもDVDとBlu-ray用に再度ミックスが行なわれる。iTunesライブビデオとAmazon Prime Videoでは、『MTRY LIVE AT BUDOKAN』と『ひとり股旅スペシャル@日本武道館』が個別で配信される予定で、詳細が決まり次第発表となるのでお楽しみに。

加えて、2018年5月12日(土)に開催された『MTRY TOUR 2018@カルッツかわさき』のライブDVDとBlu-rayも同日の2019年4月10日(水)に発売されることが決定! こちらは、すでにiTunesライブビデオとAmazon Prime Videoにて配信中のライブ映像だが、パッケージ化のリクエストが多数寄せられたため今回の発売に至ったという。また、ECサイトを含めた各レコードショップでは、この発売を記念した特典付き商品を各種取り揃えているので、詳しくはレーベルオフィシャルサイトをチェック!

■2タイトル購入URL
https://lnk.to/MFFul

Blu-ray&DVD『MTRY&ひとり股旅スペシャル2018@日本武道館』

2019年4月10日(水)発売



【BD】(2枚組)
RCMR-2504〜2505/¥12,000(税抜)
【DVD】(2枚組)
RCMR-2006〜2007/¥10,000(税抜)

※三方背ケース入りデジパック/ライブフォトブックレットつき(64ページ予定)
※iTunesライブビデオ・Amazon Prime Videoにて、発売日より以下のタイトルで配信を予定。
・『MTRY LIVE AT BUDOKAN』 
・『ひとり股旅スペシャル@日本武道館』

Blu-ray&DVD『MTRY TOUR 2018@カルッツかわさき』

2019年4月10日(水)発売



【BD】
RCMR-2506/¥6,000(税抜) 
【DVD】
RCMR-2008/¥5,000(税抜)

※ライブ映像はiTunesライブビデオ・Amazon Prime Videoにて現在配信中



【関連リンク】
奥田民生、2タイトルのライブ映像作品を同時リリース
奥田民生まとめ
Wienners、WOMCADOLE、Half time Oldらが『MUSIC MONSTERS』に出演決定

【関連アーティスト】
奥田民生
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray, 発表, 発売

Wienners、WOMCADOLE、Half time Oldらが『MUSIC MONSTERS』に出演決定
Fri, 21 Dec 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DISK GARAGEが2012年より毎年夏と冬に開催している都市型音楽フェス『MUSIC MONSTERS』が、2019年2月23日(土)に開催される。今回で14回目となる本公演の第3弾出演アーティストとして、Wienners、WOMCADOLE、w.o.d.、Half time Old、さなり、ravenkneeの出演が発表された。

本公演は、TSUTAYA O-EAST・O-WEST・O-Crest・O-nest・duo MUSIC EXCHANGEの5会場で開催され、全34アーティストが出演予定。ただ今チケット好評発売中となっているので、お早めにゲットしてほしい。また、イベントを最初から最後まで楽しんだ方には500円のキャッシュバックも行なっているので、足を運ぶ際には開演から満喫するのがおすすめだ。

■『DISK GARAGE MUSIC MONSTERS -2019 winter-』

<日程>
2019年2月23日(土)

<会場>
TSUTAYA O-EAST・O-WEST・O-Crest・O-nest・duo MUSIC EXCHANGE

<出演者>※五十音順
アイビーカラー / 新しい学校のリーダーズ / Wienners(NEW!!) / WOMCADOLE(NEW!!) / EVERLONG / Omoinotake / KUZIRA / GOOD ON THE REEL / Cloque. / kobore / THURSDAY\'S YOUTH / The Cheserasera / さなり(NEW!!) / SUNNY CAR WASH / w.o.d.(NEW!!)/ ニトロデイ / Half time Old(NEW!!)/ ハンブレッダーズ / FINLANDS / Bentham / Maki / マッチョ29 / MINAMI NiNE / moon drop / THE LITTLE BLACK / LUCCI /
ravenknee(NEW!!)/ Laura day romance / and more!!
※全34アーティスト(予定)

【チケット情報】

全会場自由¥4,000(税込)※1ドリンク別/3歳以上要チケット
※最初から最後まで楽しんだら500円キャッシュバック!
※各会場の入場口にてチケットとリストバンド交換
※各会場満員の際は、入場制限をする可能性もございます
※O-WEST 窓口・SHIBUYA TSUTAYA 2F レジ・コンビニ(ローソン、ミニストップ、セブンイレブン、サークルK・サンクス) でも直接ご購入いただけます。
※出演者は変更の可能性もあります。出演者変更に伴う払戻しは致しません。ご了承ください。
※開場/開演時間は変更になる場合もございます。

◎ただいまチケット好評発売中!
■チケットぴあ
https://t.pia.jp/ TEL:0570-02-9999(Pコード:128-542)
■ローソンチケット
https://l-tike.com/ TEL:0570-08-4003(Lコード:74633)
■イープラス
https://eplus.jp(PC・携帯共通)
■店頭販売
O-WEST窓口(TEL:03-5784-7088 / SHIBUYA TSUTAYA 2Fレジ)
コンビニ(ローソン、ミニストップ、セブン- イレブン、サークルK・サンクス)でも直接ご購入いただけます。



【関連リンク】
Wienners、WOMCADOLE、Half time Oldらが『MUSIC MONSTERS』に出演決定
Wiennersまとめ
WOMCADOLEまとめ
Half time Oldまとめ
w.o.d.まとめ

【関連アーティスト】
Wienners, WOMCADOLE, Half time Old, w.o.d., ravenknee, さなり
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 出演, チケット

KANA-BOON、アニメ『からくりサーカス』の新OP曲「ハグルマ」を書き下ろし
Fri, 21 Dec 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月19日にミニアルバム『ネリネ』をリリースしたばかりのKANA-BOONが、TVアニメ『からくりサーカス』の第2クールのオープニングテーマとして新曲「ハグルマ」を書き下ろしたことが分かった。

そして、一足早く「ハグルマ」が聴ける第2クール突入PVも公開。このPVは、様々なキャラクターたちが激しい呼吸困難に陥る病“ゾナハ病”の病原体“銀の煙”を撒き散らしている“真夜中のサーカス”と呼ばれる自動人形たちの集団を倒すために、“ハグルマ”のように噛み合い、協力していく様を描いている。

また、今回のコラボレーションの実現に、幼少期から『からくりサーカス』の大ファンでもある谷口 鮪(Vo&Gu)からコメントが届いているので、こちらもチェックを!

■【谷口 鮪(Vo&Gu)コメント】

「子供の頃から大好きな『からくりサーカス』に楽団員として参加させてもらえるということで、燃えるような情熱を持って曲を作りました。数奇な運命の中、自らの手で道を選び、傷つきながらも進んでゆく登場人物たちの姿には、当時も現在も大きな影響を受けています。なので、この曲の根底にも“選択する”というテーマを据えました。好きな作品に向けて音楽を奏でられることをとても嬉しく思います。僕もファンの一人なので、オンエアがとても楽しみです。「ハグルマ」がみなさんの楽しみのひとつになれば幸いです」

(c)藤田和日郎・小学館/ツインエンジン

TVアニメ『からくりサーカス』

TOKYO MX:毎週木曜22:30から放送予定
BS11:毎週木曜24:00から放送予定
HTB北海道テレビ:毎週月曜25:55から放送予定

<配信サービス>
Amazon Prime Videoにて日本・海外独占配信
第1話:日本では10月10日(水)24:00頃より先行配信

<キャスト>
才賀 勝:植田 千尋 加藤 鳴海:小山 力也 才賀 しろがね:林原めぐみ
阿紫花 英良:櫻井 孝宏 ギイ・クリストフ・レッシュ:佐々木 望
タランダ・リーゼロッテ・橘:黒沢ともよ ヴィルマ・ソーン:井上 麻里奈
仲町 信夫:江川 央生 仲町 紀之:岩崎 諒太 仲町 浩男:石川 界人
才賀 正二:田中 正彦 才賀 善治:大塚 明夫 ルシール・ベルヌイユ:朴 ?美
アルレッキーノ:福山 潤 パンタローネ:中田 譲治 コロンビーヌ:悠木 碧 ドットーレ:大友 龍三郎

<スタッフ>
原作: 藤田 和日郎 (小学館 少年サンデーコミックス刊)
監督:西村 聡 シリーズ構成:井上 敏樹 / 藤田 和日郎 キャラクターデザイン/ 総作画監督:吉松 孝博
メインアニメーター:菅野 利之 / 菅野 芳弘 /平山 貴章
美術監督:清水 友幸 色彩設計:堀川 佳典 撮影監督:魚山 真志 CGIディレクター:高橋 将人 編集:神宮司 由美
音楽:林 ゆうき 音響監督:三間 雅文
新オープニング・テーマ: KANA-BOON「ハグルマ」 新エンディング・テーマ:眩暈SIREN「夕立ち」
アニメーション制作:スタジオヴォルン 製作:ツインエンジン
才賀 勝:植田 千尋 加藤 鳴海:小山 力也 才賀 しろがね:林原めぐみ

■公式サイト https://karakuri-anime.com/
(c)藤田和日郎・小学館/ツインエンジン

ミニアルバム『ネリネ』

2018年12月19日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3127〜3128/¥2,500+税
※どうでもいいオマケ020封入
<収録曲>
■CD
1. ネリネ
2. アフターワード
3. 春を待って
4. 湯気
5. ペンギン
■DVD
『KANA-BOONのGO!GO!5周年!シーズン3 野外ワンマン ヨイサヨイサのただいまつり!2018 in 堺 - Introduction ?』
1. A.oh!!
2. バカ
3. 街色
4. シルエット
5. 眠れぬ森の君のため
6. 盛者必衰の理、お断り (和和和 version)
7. ないものねだり
8. 夜の窓辺から



【通常盤】(CD)
KSCL-3129/¥1,500+税 
※初回仕様:どうでもいいオマケ020封入
<収録曲>
1. ネリネ
2. アフターワード
3. 春を待って
4. 湯気
5. ペンギン

『KANA-BOONのGO!GO!5周年!シーズン4 ワンマンツアー『Let\'s go 55 ONE-MAAN!!』 』

<2019年>
1月10日(木) 山口・RISING HALL
1月12日(土) 福岡・DRUM LOGOS
1月13日(日) 福岡・小倉 LIVE SPOT WOW!
1月17日(木) 栃木・HEAVEN\'S ROCK 宇都宮 VJ-2
1月19日(土) 新潟・LOTS
1月20日(日) 石川・金沢 EIGHT HALL
1月26日(土) 鹿児島・CAPARVO HALL
1月27日(日) 宮崎・WEATHER KING
1月29日(火) 大分・DRUM Be-0
1月31日(木) 長崎・DRUM Be-7
2月02日(土) 佐賀・GEILS
2月03日(日) 熊本・B.9 V1
2月08日(金) 山形・ミュージック昭和 Session
2月09日(土) 宮城・SENDAI GIGS
2月11日(月・祝) 福島・郡山 HIPSHOT JAPAN
2月14日(木) 静岡・LiveHouse 浜松 窓枠
2月16日(土) 岐阜・club-G
2月17日(日) 三重・松阪 M\'AXA
2月21日(木) 奈良・NEVERLAND
2月23日(土) 和歌山・SHELTER
2月24日(日) 滋賀・U☆STONE
3月02日(土) 沖縄・ナムラホール
3月09日(土) 台湾・THE WALL



【関連リンク】
KANA-BOON、アニメ『からくりサーカス』の新OP曲「ハグルマ」を書き下ろし
KANA-BOONまとめ
チャットモンチー、映像ベストのダイジェスト公開&ライブ解説映像も配信決定

【関連アーティスト】
KANA-BOON
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, オープニング

チャットモンチー、映像ベストのダイジェスト公開&ライブ解説映像も配信決定
Fri, 21 Dec 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

チャットモンチーが12月26日(水)にリリースする映像ベスト作品集『BEST MONCHY 2 -Viewing-』のダイジェストがYouTubeで公開された。本作のライブ映像には今回が初パッケージ化されるパフォーマンスも多いため、ファン必見の特別映像だ。

2018年7月に完結し、ラストワンマン武道館公演の映像作品『CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE 〜I Love CHATMONCHY〜』と、音源ベストアルバム『BEST MONCHY 1 -Listening-』をリリースしたチャットモンチー。ダイジェストが公開となった『BEST MONCHY 2 -Viewing-』は、彼女たちの最後の作品となる。

13年間のキャリアを網羅するオールタイム映像ベストとなっている本作は、フルバージョンが存在するMV全31曲と、時代別のライブ映像ベストセレクション全46曲を全曲リマスタリングで収録。MVとライブ映像で計77曲収録、総収録時間が5時間半を超える大ボリュームの内容は、チャットモンチーの13年間の軌跡をたどる内容となっており、熱心なファンでも見たことのない映像が必ず見つかるだろう。

そして、今回この『BEST MONCHY 2 -Viewing-』をダイジェストで見ることが出来る特別映像がYouTubeで公開された。特にライブ映像は今回が初パッケージ化されるパフォーマンスも多く、是非とも商品でフルバージョンを楽しんでほしい。

さらに、12月23日(日)の21時からはチャットモンチーの映像に深く関わってきた映像ディレクターの宇野心平(video camp)、山口貴史と、メジャーデビュー時から完結までのディレクターを務めた菊池則行(Ki/oon Music)の3人が、13年間のライブ映像を見ながら当時の様子や裏話などを振り返る長尺のトーク番組がチャットモンチーの公式twitterアカウントにてペリスコープを通してオンエアされる。長らくチャットモンチーを見てきた3人のトークを楽しみながら、『BEST MONCHY 2 -Viewing-』のリリースを楽しみに待とう!

【『BEST MONCHY 2 -Viewing-』映像解説ダイジェスト配信】

<配信日時>
12月23日(日)21:00〜
<解説者>
ディレクター:菊池則行 (Ki/oon Music)
映像ディレクター:宇野心平 (video camp)
映像ディレクター:山口貴史

■チャットモンチーTwitter(ペリスコープ)配信アカウント https://twitter.com/chat_staff

DVD & Blu-ray『BEST MONCHY 2 -Viewing-』

2018年12月26日発売



【完全生産限定盤】(4DVD+Book)
KSBL-6317〜21/¥5,000+税
※完全生産限定盤仕様:三方背ケース入りトールサイズ商品+豪華ブックレット(80ページ)、プレイパス対応
<収録曲>
■Disc 1[MV 2005-2011]
01.ハナノユメ(2005)
02.恋の煙(2006)
03.恋愛スピリッツ(2006)
04.シャングリラ(2006)
05.女子たちに明日はない(2007)
06.とび魚のバタフライ(2007)
07.世界が終わる夜に(2007)
08.橙(2007)
09.ヒラヒラヒラク秘密ノ扉(2008)
10.風吹けば恋(2008)
11.染まるよ(2008)
12.Last Love Letter(2009)
13.バスロマンス(2010)
14.春夏秋(2010)
15.three sheep(2010)
16.ここだけの話(2010)
17.バースデーケーキの上を歩いて帰った(2011)

■Disc 2[MV 2012-2018]
01.満月に吠えろ(2012)※初パッケージ化
02.テルマエ・ロマン(2012)※初パッケージ化
03.ハテナ (2012)※初パッケージ化
04.きらきらひかれ(2012)※初パッケージ化
05.コンビニエンスハネムーン(2012)※初パッケージ化
06.こころとあたま(2014)
07.いたちごっこ(2014)
08.ときめき(2015)
09.隣の女(2015)
10.きみがその気なら(2015)※初パッケージ化
11.majority blues(2016)※初パッケージ化
12.消えない星(2016)※初パッケージ化
13.Magical Fiction(2017)※初パッケージ化
14.たったさっきから3000年までの話(2018)※初パッケージ化

■Disc 3[Live 2005-2011]
01.DEMO、恋はサーカス(2005.10.15)
at 徳島・徳島JITTERBUG

02.決まらないTURN(2006.04.01)
at 東京・新宿LOFT

03.メッセージ(2006.07.02)
04.ひとりだけ(2006.07.02)
at 東京・SHIBUYA CLUB QUATTRO

05.女子たちに明日はない(2007.07.07)
06.手の中の残り日(2007.07.07)
07.とび魚のバタフライ(2007.07.07)
08.一等星になれなかった君へ(2007.07.07)
at 東京・日比谷野外大音楽堂

09.惚たる蛍(2008.04.01)
10.恋愛スピリッツ(2008.04.01)
at 東京・日本武道館

11.真夜中遊園地(2009.07.05)
12.Last Love Letter(2009.07.05)
13.長い目で見て(2009.07.05)
at 東京・Zepp Tokyo

14.風吹けば恋(2010.08.08)
at 茨城・国営ひたち海浜公園

15.染まるよ(2010.11.23)
at東京・Billboard Live TOKYO

16.青春の一番札所(2011.05.28)※初パッケージ化
at 徳島・徳島市立文化センター

17.拳銃(2011.06.18)
at大阪・Zepp Osaka

18.桜前線(2011.06.22)
19.余韻(2011.06.22)
at 東京・中野サンプラザ

20.ヒラヒラヒラク秘密ノ扉(2011.09.29)
21.親知らず(2011.09.29)
22.ハナノユメ(2011.09.29)
at徳島・徳島club GRINDHOUSE

■Disc 4[Live 2012-2018]
01.初日の出(2012.08.28)
at東京・西早稲田AVACO Creative Studio

02.恋愛スピリッツ(2012.09.02)※初パッケージ化
at山梨・山中湖交流プラザ きらら

03.余談(2013.01.14)
04.ハテナ(2013.01.14)
05.きらきらひかれ(2013.01.14)
at東京・Zepp DiverCity

06.ハテナ(2014.08.09)
at茨城・国営ひたち海浜公園

07.こころとあたま(2015.07.01)※初パッケージ化
at東京・Zepp Tokyo

08.ときめき(2015.11.11)
09.満月に吠えろ(2015.11.11)
at東京・日本武道館

10.8cmのピンヒール(2016.02.28)※初パッケージ化
11.きみがその気なら(2016.02.28)※初パッケージ化
at徳島・アスティとくしま

12.消えない星(2017.07.09)※初パッケージ化
13.majority blues(2017.07.09)※初パッケージ化
14.TOKYO GIRL(Cover)(2017.07.09)※初パッケージ化
15.Magical Fiction(2017.07.09)※初パッケージ化
16.こころとあたま〜湯気(2017.07.09)※初パッケージ化
at東京・EX THEATER ROPPONGI

17.恋の煙(同期ver.)(2018.06.25)※初パッケージ化
at東京・渋谷WWW X

18.風吹けば恋(2018.07.21)※初パッケージ化
19.コンビニエンスハネムーン(2018.07.21)※初パッケージ化
20.ハナノユメ(2018.07.21)※初パッケージ化
21.シャングリラ(2018.07.21)※初パッケージ化
at 徳島・アスティとくしま

22.きっきょん(2018.07.22)※初パッケージ化
23.真夜中遊園地(2018.07.22)※初パッケージ化
24.シャングリラ〜MC(2018.07.22)※初パッケージ化
at 徳島・アスティとくしま

【完全生産限定盤】(2Blu-ray+Book)
KSXL-265〜7/¥5,500+税
※完全生産限定盤仕様:三方背ケース入りトールサイズ商品+豪華ブックレット(80ページ)、プレイパス対応
<収録曲>
■Disc 1[MV 2005-2018]
01.ハナノユメ(2005)
02.恋の煙(2006)
03.恋愛スピリッツ(2006)
04.シャングリラ(2006)
05.女子たちに明日はない(2007)
06.とび魚のバタフライ(2007)
07.世界が終わる夜に(2007)
08.橙(2007)
09.ヒラヒラヒラク秘密ノ扉(2008)
10.風吹けば恋(2008)
11.染まるよ(2008)
12.Last Love Letter(2009)
13.バスロマンス(2010)
14.春夏秋(2010)
15.three sheep(2010)
16.ここだけの話(2010)
17.バースデーケーキの上を歩いて帰った(2011)
18.満月に吠えろ(2012)※初パッケージ化
19.テルマエ・ロマン(2012)※初パッケージ化
20.ハテナ(2012)※初パッケージ化
21.きらきらひかれ(2012)※初パッケージ化
22.コンビニエンスハネムーン(2012)※初パッケージ化
23.こころとあたま(2014)
24.いたちごっこ(2014)
25.ときめき(2015)
26.隣の女(2015)
27.きみがその気なら(2015)※初パッケージ化
28.majority blues(2016)※初パッケージ化
29.消えない星(2016)※初パッケージ化
30.Magical Fiction(2017)※初パッケージ化
31.たったさっきから3000年までの話(2018)※初パッケージ化

■Disc 2[Live 2005-2018]
01.DEMO、恋はサーカス(2005.10.15)
at 徳島・徳島JITTERBUG

02.決まらないTURN(2006.04.01)
at 東京・新宿LOFT

03.メッセージ(2006.07.02)
04.ひとりだけ(2006.07.02)
at 東京・SHIBUYA CLUB QUATTRO

05.女子たちに明日はない(2007.07.07)
06.手の中の残り日(2007.07.07)
07.とび魚のバタフライ(2007.07.07)
08.一等星になれなかった君へ(2007.07.07)
at 東京・日比谷野外大音楽堂(2007.07.07)

09.惚たる蛍(2008.04.01)
10.恋愛スピリッツ(2008.04.01)
at 東京・日本武道館

11.真夜中遊園地(2009.07.05)
12.Last Love Letter(2009.07.05)
13.長い目で見て(2009.07.05)
at 東京・Zepp Tokyo

14.風吹けば恋(2010.08.08)
at 茨城・国営ひたち海浜公園

15.染まるよ(2010.11.23)
at東京・Billboard Live TOKYO

16.青春の一番札所(2011.05.28)※初パッケージ化
at 徳島・徳島市立文化センター

17.拳銃(2011.06.18)
at大阪・Zepp Osaka

18.桜前線(2011.06.22)
19.余韻(2011.06.22)
at 東京・中野サンプラザ

20.ヒラヒラヒラク秘密ノ扉(2011.09.29)
21.親知らず(2011.09.29)
22.ハナノユメ(2011.09.29)
at徳島・徳島club GRINDHOUSE

23.初日の出(2012.08.28)
at東京・西早稲田AVACO Creative Studio

24.恋愛スピリッツ(2012.09.02)※初パッケージ化
at山梨・山中湖交流プラザ きらら

25.余談(2013.01.14)
26.ハテナ(2013.01.14)
27.きらきらひかれ(2013.01.14)
at東京・Zepp DiverCity

28.ハテナ(2014.08.09)
at茨城・国営ひたち海浜公園

29.こころとあたま(2015.07.01)
at東京・Zepp Tokyo

30.ときめき(2015.11.11)
31.満月に吠えろ(2015.11.11)
at東京・日本武道館

32.8cmのピンヒール(2016.02.28)※初パッケージ化
33.きみがその気なら(2016.02.28)※初パッケージ化
at徳島・アスティとくしま

34.消えない星(2017.07.09)
35.majority blues(2017.07.09)※初パッケージ化
36.TOKYO GIRL(Cover)(2017.07.09)※初パッケージ化
37.Magical Fiction(2017.07.09)※初パッケージ化
38.こころとあたま〜湯気(2017.07.09)※初パッケージ化
at東京・EX THEATER ROPPONGI

2018
39.恋の煙 (同期ver.)(2018.06.25)※初パッケージ化
at東京・渋谷WWW X

40.風吹けば恋(2018.07.21)※初パッケージ化
41.コンビニエンスハネムーン(2018.07.21)※初パッケージ化
42.ハナノユメ(2018.07.21)※初パッケージ化
43.シャングリラ(2018.07.21)※初パッケージ化
at 徳島・アスティとくしま

44.きっきょん(2018.07.22)※初パッケージ化
45.真夜中遊園地(2018.07.22)※初パッケージ化
46.シャングリラ〜MC(2018.07.22)※初パッケージ化
at 徳島・アスティとくしま



【関連リンク】
チャットモンチー、映像ベストのダイジェスト公開&ライブ解説映像も配信決定
チャットモンチーまとめ
FUKI、クリスマスムードの渋谷ストリーム稲荷橋広場でラブソングを披露

【関連アーティスト】
チャットモンチー
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray, ライブ

FUKI、クリスマスムードの渋谷ストリーム稲荷橋広場でラブソングを披露
Fri, 21 Dec 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2015年に渋谷からデビューしたシンガーソングライターのFUKIが、新たに誕生した大規模複合施設“渋谷ストリーム”前の稲荷橋広場にて、12月20日(木)に初の『X\'mas Special 1day Live』を実施。さらにNo.1ハワイアンフェスティバル『ALOHA TOKYO』、渋谷で毎月開催している20代女性支持率NO.1イベント『VUENOS chillin』とコラボし、クリスマス色に染まるストリーム稲荷橋広場の空間を1dayプロデュースした。

イベントは3回公演。夜はイルミネーションとともに、クリスマスメドレーを披露。途中、人気のラブソング「大切なひと」や「100万回の「I love you」」のカバーもパフォーマンスし、自身のクリマスソング「Christmas Time Again」も披露された。また、当日のイベントに合わせて、SNSやYouTubeで人気の“こちゃにカップル”が出演する同曲のMVも公開となったので、ぜひチェックしてほしい。

なお、FUKIはクリスマスイブの12月24日(日)に、川崎ラチッタデッラ噴水広場にてクリスマスライブの開催を控えている。

アルバム『IN LOVE』

2018年12月5日(水)発売



VICL-65066/¥2,800(税込)
配信価格¥1,900(iTunes価格)

<収録曲>
01. 星が降る夜 (Remastered)
02. あと少しだけ
03. 大切なひと (Remastered)
04. I LOVE YOU
05. サヨナラ、あいしてる。
06. Christmas Time Again
07. All For You
08. シアワセ
09. 思い出になる前に -Silent Starry Night- (Remastered)
10. In Love
11. キミじゃなきゃ (Remastered) ※
12. ホンモノの恋、はじめませんか? (Remastered) ※
13. I LOVE YOU -SPICY CHOCOLATE REMIX - (Remastered) ※
※Bonus Track

■配信リンク
https://jvcmusic.lnk.to/in_love

『FUKIニューアルバム「IN LOVE」発売記念イベント"ミニライブ&ジャケットサイン会"』

<日時>
12月24日(月・祝)
(1)14:00 / (2)16:30 スタート
<場所>
ミニライブ:ラ チッタデッラ 中央噴水広場
ジャケットサイン会:タワーレコード川崎店イベントスペース

■詳細はこちら https://fukimusic.jp/news/?id=332



【関連リンク】
FUKI、クリスマスムードの渋谷ストリーム稲荷橋広場でラブソングを披露
FUKIまとめ
寿君主催イベント『ありがた夜』を2年振りに開催&LINE LIVEでは重大発表も

【関連アーティスト】
FUKI
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 新曲

寿君主催イベント『ありがた夜』を2年振りに開催&LINE LIVEでは重大発表も
Fri, 21 Dec 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

寿君が主催してきた人気イベント『ありがた夜』が、2019年6月30日(日)に大阪・BIG CATにて約2年ぶりに開催決定! 先着となる最速LINE先行チケットが2019年1月1日(火)より発売開始されることが分かった。

豪華ゲストも多数出演する本イベントは、完売も予想される。来たことある人もない人もこの機会に寿君オフィシャルラインアカウントを友達登録して、ぜひお早めにチケットを入手してほしい。

また、2019年1月3日(木)には、LINE LIVE『DREAM LAND』のOAも決定! 番組内にて重大発表もあるとのことなので、こちらもお見逃しなく。

■『ありがた夜2019』

2019年6月30日(日) 大阪・BIG CAT
OPEN16:00 / START17:00

<出演>
寿君 and more!

<チケット>
¥4500 ※3歳以上有料/整理券番号あり
■最速LINE先行(先着)
2019年1月1日(火)12:00〜1月10日(木)23:59



【関連リンク】
寿君主催イベント『ありがた夜』を2年振りに開催&LINE LIVEでは重大発表も
寿君まとめ
星野 源、RECスタジオで撮影した「海を掬う」ライブ映像公開

【関連アーティスト】
寿君
【ジャンル】
J-POP, ニュース, レゲエ, ライブ, チケット

星野 源、RECスタジオで撮影した「海を掬う」ライブ映像公開
Fri, 21 Dec 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

星野 源が12月19日(水)にリリースしたニューアルバム『POP VIRUS』の初回限定盤(Blu-ray/DVD)に収録されている特典映像『星野源 Live at ONKIO HAUS Studio』より、「海を掬う」のライブ映像が公開された。

この特典映像は、星野のレコーディングやライブでおなじみのバンドメンバーが集結し、レコーディングスタジオ“音響ハウス”にて今回の特典映像のために全11曲のパフォーマンスを撮り下ろしで収録したもの。毎回趣向の凝らされた星野の特典映像だが、もうひとつのタイトル『ニセ明と、仲間たち』とともにアルバム発売前から話題となっていた。

今回公開された「海を掬う」は、2018年も大きな話題を呼んだ『おげんさんといっしょ』のキッチンライブさながら、音の調整などを行なう“コンソールルーム”に所狭しと楽器を並べ、パフォーマンスしている映像。大規模なライブ会場とは違い、レコーディングスタジオならではの空間で星野やバンドメンバーをより近くに感じることができるだろう。

また、CD封入特典の『星野源 DOME TOUR 2019『POP VIRUS』』チケット先行抽選シリアルナンバーの応募受付は、12月23日(日)までとなっているのでこちらも忘れずにチェックを! なお、星野は12月21日(金)オンエアの『MUSIC STATION SUPER LIVE 2018』に出演が決定しているほか、今後も地上波TV番組への出演をはじめ、雑誌メディア、ラジオのゲストなど続々と露出が続くので、ますます盛り上がっていきそうだ。

アルバム『POP VIRUS』

2018年12月19日(水)発売



【初回限定盤A】(CD+Blu-ray+特製ブックレット)
VIZL-1490/¥5,000+税
【初回限定盤B】(CD+DVD+特製ブックレット)
VIZL-1491/¥4,800+税(税抜) a【初回限定盤A】(CD+Blu-ray+特製ブックレット)
VIZL-1490/¥5,000+税
【初回限定盤B】(CD+DVD+特製ブックレット)
VIZL-1491/¥4,800+税(税抜)
【通常盤 初回限定仕様】(CD+特製ブックレット)
VIZL-1492/¥3,100+税
【通常盤】(CD)
VICL-65085/¥3,000+税

<収録曲>
■CD
1.Pop Virus
2.恋(TBS系火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』主題歌)
3.Get a Feel
4.肌(花王ビオレuボディウォッシュCMソング)
5.Pair Dancer
6.Present
7.Dead Leaf
8.KIDS
9.Continues (スカパー!『リオ2016パラリンピック』テーマ曲)
10.サピエンス
11.アイデア ( NHK連続テレビ小説『半分、青い。』主題歌)
12.Family Song (日本テレビ系水曜ドラマ『過保護のカホコ』主題歌)
13.Nothing
14.Hello Song(ACジャパン2016年度全国キャンペーン「ライバルは、1964年。」TVCM・ラジオCMソング)
■Blu-ray/DVD ※初回限定盤付属映像
・星野源 Live at ONKIO HAUS Studio
1. Night Troop
2. 肌
3. 桜の森
4. Snow Men
5. KIDS
6. SUN
7. 海を掬う
8. 恋
9. プリン
10. アイデア
11. Friend Ship
・創作密着ドキュメンタリー「ニセ明と、仲間たち」
星野源と友人によるコメンタリー付

◎初回限定盤A、B、通常盤/初回限定仕様付属特製ブックレット
ここでしか読めない5th Album『POP VIRUS』のロングインタビュー(聞き手:高橋芳朗)、
星野源によるエッセイ、全曲解説のほか、撮り下ろし写真を収録

◎全形態共通封入特典
星野源 DOME TOUR 2019『POP VIRUS』
チケット先行抽選シリアルナンバー封入
12/23(日)応募受付〆切

『星野源 DOME TOUR 2019「POP VIRUS」』

2月02日(土) 大阪・京セラドーム大阪
2月03日(日) 大阪・京セラドーム大阪
2月16日(土) 愛知・ナゴヤドーム
2月17日(日) 愛知・ナゴヤドーム
2月23日(土) 北海道・札幌ドーム
2月27日(水) 東京・東京ドーム
2月28日(木) 東京・東京ドーム
3月10日(日) 福岡・福岡 ヤフオク!ドーム
<チケット>
料金¥8,500(税込)
一般発売:2019年1月12日(土)   
入場制限:4歳以上チケット必要/入場に関する年齢制限無し
ただし3歳以下のお子様でお座席を必要とする場合は、チケット必要
※チケット券面に記載のお名前の方以外はご入場出来ません。公演当日要顔写真付身分証明書。



【関連リンク】
星野 源、RECスタジオで撮影した「海を掬う」ライブ映像公開
星野源まとめ
ORESAMA、うとまる描き下ろしの配信シングルジャケ写公開&購入者特典も決定

【関連アーティスト】
星野源
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, 発表, 特典

ORESAMA、うとまる描き下ろしの配信シングルジャケ写公開&購入者特典も決定
Fri, 21 Dec 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ORESAMAが2019年1月3日(木)にリリースする配信シングル「ワンダーランドへようこそ/秘密」のジャケット写真が公開された。

今回配信される楽曲は、2019年2月2日(土)に開催されるワンマンライブのタイトルにもなっている「ワンダーランドへようこそ」と、ORESAMAが初期から大切に温めてきたバラード「秘密」をYamato Kasai(Mili)がアレンジした2曲。今作のジャケットもこれまでと同様、うとまる氏(THINKR)によるイラスト作品となっている。

また、各配信サイトでの購入者特典も発表! moraでは2019年1月25日(金)に、ORESAMA本人も登場する購入者限定イベントの開催が決定し、レコチョクでは抽選で『宛名&本人直筆サイン入りクリアファイル』、e-onkyo musicでは抽選で『宛名&本人直筆サイン入り「ワンダーランドへようこそ/秘密」ジャケット写真イラスト色紙(CDジャケットサイズ)』が当たるなど、各配信サイトで異なる特典が用意された。

本シングルは、ワンマンライブ『ワンダーランドへようこそ〜in STUDIO COAST〜』にもつながる楽曲となっており、この公演での歌唱も予定されているので、ライブ前にぜひチェックしておこう。

配信シングル「ワンダーランドへようこそ/秘密」

2019年1月3日(木)配信開始



<収録曲>
1.ワンダーランドへようこそ
2.秘密
3.ワンダーランドへようこそ -Instrumental-
4.秘密 -Instrumental-
※3、4はe-onkyo music、grooversのみで配信。

<配信サイト>
■通常音源
iTunes Store / レコチョク / mora / LINE MUSIC / animelo mix / music.jp / Google Play Store 他
■ハイレゾ音源
mora / e-onkyo music / music.jp / レコチョク / groovers
※ハイレゾ音源は全楽曲96kHz/24bitにて配信。e-onkyo musicのみ96kHz/32bitも配信いたします。

【配信シングル「ワンダーランドへようこそ/秘密」購入者特典】

■mora(通常音源、ハイレゾ音源共通)
『「ワンダーランドへようこそ/秘密」購入者限定スペシャルイベント』
日時:2019年1月25日(金) 18:45 開場/19:00 開演/20:00 終了予定
会場:都内某所 ※イベント詳細は、ご当選された方のみにご連絡いたします。
出演:ORESAMA
応募条件:moraにて「ワンダーランドへようこそ/秘密」アルバム購入、または単曲2曲(「ワンダーランドへようこそ」と「秘密」)のご購入の上ご応募頂いた方の中から抽選で20組40名様
※(通常音源、ハイレゾ音源どちらでも可)
※イベント内容については、予告なく変更となる場合がございます。予めご了承下さい。

■レコチョク(通常音源、ハイレゾ音源共通)
『宛名&本人直筆サイン入りクリアファイル』
応募条件:レコチョクにて「ワンダーランドへようこそ/秘密」アルバム購入、または単曲2曲(「ワンダーランドへようこそ」と「秘密」)のご購入の上ご応募頂いた方の中から抽選で3名様

■e-onkyo music(ハイレゾ音源のみ)
『宛名&本人直筆サイン入り「ワンダーランドへようこそ/秘密」ジャケット写真イラスト色紙(CDジャケットサイズ)』
応募条件:e-onkyo musicにて単曲2曲(「ワンダーランドへようこそ」と「秘密」)のご購入の上ご応募頂いた方の中から抽選で3名様

※応募期間は各配信サイトともに
2019年1月3日(木)0:00〜2019年1月13日(日)23:59
※応募方法は各サイトにて異なりますので、各サイトをご確認ください。

『ワンダーランドへようこそ〜in STUDIO COAST〜』

【2019年】
2月02日(土)  東京・新木場STUDIO COAST
※チケット一般発売中



【関連リンク】
ORESAMA、うとまる描き下ろしの配信シングルジャケ写公開&購入者特典も決定
ORESAMAまとめ
ЯeaL、ニューシングル「強がりLOSER」の新ビジュアルを公開

【関連アーティスト】
ORESAMA
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, シングル, キャンペーン, 発表, 特典, 配信

ЯeaL、ニューシングル「強がりLOSER」の新ビジュアルを公開
Fri, 21 Dec 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

人気ロックバンドのЯeaL(リアル)が、2019年2月20日にリリースするニューシングル「強がりLOSER」の新ビジュアルを公開した。TVアニメ『ポケットモンスター サン&ムーン』のオープニングテーマとしてヒットを記録した前作「未来コネクション」での可愛らしいビジュアルイメージから一新し、SNSでは“かっこいい!”と絶賛の声で溢れかえっている。

この新曲「強がりLOSER」は、2019年1月からの人気TVアニメ『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』の新エンディングテーマとして話題の楽曲。ЯeaLのすべての全楽曲の作詞作曲を手掛けるRyoko(Vo&Gu)が書き下ろしたもので、日々戦うすべての人へエールを贈るメッセージソングだ。これまでも、3rdシングル「カゲロウ」や4thシングル「未来コネクション」が、人気TVアニメのテーマソングとしてスマッシュヒットを記録しリリースごとに支持を集めてきたЯeaLだけに、今作も注目だ。

そんなЯeaLは、12月22日(土)に東京・渋谷のTSUTAYA O-EASTにて開催される年末スペシャルイベント『ЯeaL Яock Яevolution vol.7』にて、この新曲「強がりLOSER」を初披露するとのこと。さらにこのイベント会場で「強がりLOSER」のCDを予約すると、会場限定予約特典がゲット出来るとのことなので、ぜひ足を運んでみてほしい。チケットは絶賛発売中!

シングル「強がりLOSER」

2019年2月20日(水)発売



SECL-2383/¥1300(税込)

◎初回特典
『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』描き下ろしワイドキャップステッカー付

『ЯeaL Яock Яevolution vol.7』

12月22日(土) 東京・TSUTAYA O-EAST
<チケット>
¥4,000(税込) ※ドリンク別 ※3歳以上有料
お問合せ:DISK GARAGE 050-5533-0888(平日12時〜19時)



【関連リンク】
ЯeaL、ニューシングル「強がりLOSER」の新ビジュアルを公開
ЯeaLまとめ
ロバート・プラント&アリソン・クラウスの『レイジング・サンド』は、スーパースターふたりによるアメリカーナの傑作盤

【関連アーティスト】
ЯeaL
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, リリース, アニメ, エンディング

ロバート・プラント&アリソン・クラウスの『レイジング・サンド』は、スーパースターふたりによるアメリカーナの傑作盤
Fri, 21 Dec 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

グラミー賞の現役最多受賞者としてアメリカ音楽界に君臨するアリソン・クラウスと、レッド・ツェッペリンのリードヴォーカリストでブリティッシュロック界最高のシンガー、ロバート・プラントの共演した作品が今回紹介する『レイジング・サンド』である。クラウスが出ているからというわけではないが、このアルバムも第51回グラミー賞で5部門を受賞するという快挙を成し遂げた。
プロデュースを担当したのはT・ボーン・バーネット。アメリカのポピュラー音楽界において、ドン・ウォズと双璧を成すアメリカーナ音楽の超大物プロデューサーである。

■ブルーグラス音楽のニューヒロイン

アメリカでは大物だけれど日本であまり知られていないアーティストと言えば、アリソン・クラウスがその最右翼だろう。その理由は、彼女がブルーグラス音楽のアーティストとしてデビューしたことによる。60年代〜70年代前半にかけて洋楽を聴いていた者にとって、ブルーグラスは身近に思える音楽であった。当時、ブルーグラスのグループが来日すれば大橋巨泉の『11PM』や今も続く『ミュージックフェア』に出演していたし、多くの若者が眠さをこらえながら毎晩聴いていた深夜放送でもよく取り上げられていたからだ。グレイトフル・デッド、イーグルス、ポコ、ニッティ・グリッティ・ダート・バンドなどの人気グループもしばしばブルーグラス風のロックを演奏していた。

ところが、80年代にシンセポップやテクノが流行して以降、土臭い香りを持つ音楽は一掃されてしまい、日本では都会的なポップスでないと通用しない風潮になった。ブルース、フォーク、カントリー、オールドタイム、ブルーグラス、ジャグバンド音楽などを愛好する一部のアーティストやリスナーは生き残ってはいるが、絶対数が圧倒的に少なくなってしまった。アリソン・クラウスがブルーグラスの新人アーティストとしてデビューするのは1987年で、当時日本の若者で彼女に興味を抱いたのは大学のブルーグラス・サークルとそのOBぐらいかもしれない。僕が彼女のことを知ったのは、初のグラミー賞受賞作品となった『I’ve Got That Old Feeling』(‘90)で、センシティブで透明感あるヴォーカルとスタジオミュージシャンとしても通用するフィドルのテクニックは、ブルーグラスの新たな可能性を明確に感じた作品であった。

■グラミー賞現役最多受賞者

グラミー賞受賞の翌年、次作『Every Time You Say Goodbye』(‘92)でも2年連続で受賞、彼女の才能を広く知らしめることになった。この後は女性ブルーグラスアーティストとしてというより、ブルーグラスのトップアーティストとして走り続ける。そして、2018年現在、グラミー賞受賞27回(ノミネートは42回)という驚くべき実績を残している。この記録は故人であるクラシックの指揮者・ピアニストのゲオルグ・ショルティ(84歳没)の31回受賞に次ぐ大記録であり、彼女がまだ47歳であることを考えると、おそらく近い将来ショルティを抜き去ることは間違いない。

■ロックヴォーカリストの頂点、 ロバート・プラント

69年のデビューから70年代前半のレッド・ツェッペリンでのロバート・プラントのヴォーカルは、凄いとしか言いようのないものだった。彼らは単なるハードロックグループではなかった。メンバー全員がロックやブルースだけでなく、ブリティッシュトラッドにも向き合った曲作りをしており、ブリティッシュルーツロックのグループであったことは間違いない。プラントのヴォーカルはデビュー時点で既に完成しており、計算されたシャウトとどこまでも伸びるハイノートに大きな特徴があった。ブルースを基礎にしながらもニューロックのヴォーカルスタイル(ステージアクションや衣装も含む)を創り上げた、その才能はロック界に大きな貢献をしたと言えるだろう。

レッド・ツェッペリンの3枚目『III』では、ブリティッシュトラッドっぽいナンバーやカントリー的なナンバーも披露し、プラントはそういったルーツ系の曲でも素晴らしいヴォーカルを聴かせており、彼らの音楽がさまざまなバックボーンに支えられていることがよく分かる。そして、71年の『IV』に収録された「ブラックドッグ」と「天国への階段」で、ツェッペリンの音楽とプラントのヴォーカルは完成される。

ツェッペリン解散後のプラントはハニードリッパーズでR&Bやロカビリーをやり、ソロ作も何枚かリリースするなど、自身のルーツを見つめながら新たなサウンドを模索していた。90年代後半になってフォークロック的なサウンドで小さなライヴハウスを回ったり、彼が好きだったモビー・グレイプのスキップ・スペンスのトリビュートアルバムに参加したりするなど、小回りの効いた活動を行なっている。21世紀に入ってからは新しいグループ、ロバート・プラント&ザ・ストレンジ・センセーションを結成、無国籍風のフォークロックグループとして活動していたところ、プロデューサーのT・ボーン・バーネットにアリソン・クラウスとのコラボレーション作品の話を持ちかけられる。

■本作『レイジング・サンド』について

そして、剛のプラントと柔のクラウスがタッグを組んだ本作『レイジング・サンド』のレコーディングがはじまる。プロデュースはアメリカーナ音楽専門のT・ボーン・バーネット、バックを務めるのはギターのマーク・リーボウをはじめ、バーネット人脈で占められている。サウンドはゴシック感覚のあるアメリカーナで、重厚で暗めの曲が並んでいる。バンジョーやマンドリンが使われているナンバーもあるがブルーグラスは1曲もなく、オルタナティヴ・ゴシック・オールドタイムとでも呼べそうなサウンドだ。

収録されたナンバーは全部で13曲、ジミー・ペイジとプラントの共作1曲を除いては、全てバーネットが用意したカバー曲で、元バーズのジーン・クラーク、マッド・エイカーズのロリー・サリー、テキサスのフォークシンガー、タウンズ・ヴァン・ザント、エヴァリー・ブラザーズ、トム・ウェイツ、アラン・トゥーサンなど、アメリカーナ的な統一感を図った選曲となっている。

どの曲もポップな要素は極力抑えられ、バックの演奏はプラントとクラウスの渋さ溢れるデュエットを引き立てるために存在している。どの楽器も音数は少ないが、魂のこもった演奏が詰まっていると思う。特にクラウスのフィドルとマーク・リーボウのギターは秀逸である。アルバム最後の「Your Long Journey」はオートハープに重鎮マイク・シーガーも参加し、本作中最高の名演となっている。

余談だが、プラントは本作の仕上がりに満足したのか、この後もパティ・グリフィン、バディ・ミラー、ダレル・スコット、バイロン・ハウスら、カントリー系の超が付く凄腕メンバーたちと新グループ「バンド・オブ・ジョイ」を結成、アルバム『バンド・オブ・ジョイ』(‘10)をリリース、ブルーグラスフェスなどにも出演していた。偶然かどうかは不明だが、ツェッペリンの盟友ジョン・ポール・ジョーンズも、2004年にブルーグラス系のアーティストたちとグループ『Mutual Admiration Society』を結成しツアーを行なっている。また、ブルーグラス系のグループのプロデュースもいくつか手掛けるなど、プラントと似た足跡を残しているのは面白いところ。

閑話休題。本作を聴いて気に入ったなら、ダニエル・ラノア、ジョー・ヘンリー、ギリアン・ウェルチの諸作品や『ザ・ニュー・ベースメント・テープス』(‘14)あたりも聴いてみてほしい。映画なら『ソング・キャッチャー』(’00)とか『オー・ブラザー』(‘01)が本作と似た感覚かもしれない。

TEXT:河崎直人

アルバム『Raising Sand』

2007年発表作品



<収録曲>
1. リッチ・ウーマン/Rich Woman
2. キリング・ザ・ブルース/Killing the Blues
3. シスター・ロゼッタ・ゴーズ・ビフォア・アス/Sister Rosetta Goes Before Us
4. ポリー・カム・ホーム/Polly Come Home
5. ゴーン・ゴーン・ゴーン/Gone Gone Gone (Done Moved On)
6. スルー・ザ・モーニング、スルー・ザ・ナイト/Through the Morning, Through the Night
7. プリーズ・リード・ザ・レター/Please Read the Letter
8. トランプルド・ローズ/Trampled Rose
9. フォーチュン・テラー/Fortune Teller
10. スティック・ウィズ・ミー・ベイビー/Stick with Me Baby
11. ナッシン/Nothin\'
12. レット・ユア・ロス・ビー・ユア・レッスン/Let Your Loss Be Your Lesson
13. ユア・ロング・ジャーニー/Your Long Journey



【関連リンク】
ロバート・プラント&アリソン・クラウスの『レイジング・サンド』は、スーパースターふたりによるアメリカーナの傑作盤
Robert Plantまとめ
Alison Kraussまとめ
ビッケブランカ、ORESAMA、Psycho le C?muなども参加! 『DI:GA ONLINE』で実施中の直筆年賀状プレゼント企画

【関連アーティスト】
Robert Plant, Alison Krauss
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, CD, アルバム, リリース

ビッケブランカ、ORESAMA、Psycho le C?muなども参加! 『DI:GA ONLINE』で実施中の直筆年賀状プレゼント企画
Fri, 21 Dec 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

アーティストからの直筆年賀状・メッセージカードが届くスペシャル企画を、DISK GARAGEが運営するライブ・エンタメWEBマガジン『DI:GA ONLINE』にて実施中! ベリーグッドマンやフレンズなども参加していた本企画だが、新たにビッケブランカ、ORESAMA、Psycho le C?mu、nano.RIPE、ピュアリーモンスター、J☆Dee’Z、新しい学校のリーダーズ、山崎あおい、早見沙織の9組の参加が決定した。

抽選で1名様に当たる直筆年賀状のデザインは、特設サイトにて公開されている。2019年1月より 2ndアルバム『wizard』を引っ提げたツアーを開催するビッケブランカは、3つのメッセージを入れ込んだトリッキーな一枚に。“制作にライブに、充実した一年にする”とコメントしたORESAMAは、干支のイノシシをあしらったキュートな仕上がりだ。

他にもメンバー全員のサインが入ったPsycho le C?muの年賀状や、21周年を迎える意気込みも込めたnano.RIPE、自画像で迫力満点に仕上げた新しい学校のリーダーズ、ピュアリーモンスターはサイン入りのスペシャル絵馬など、全てここでしか手に入らない貴重なチャンスとなっているので、ぜひ応募してほしい。締切は2018年12月24日(月)まで。

なお、特設サイトには参加アーティストによる2019年の抱負コメントもアップされているので併せてチェックしよう!



【関連リンク】
ビッケブランカ、ORESAMA、Psycho le C?muなども参加! 『DI:GA ONLINE』で実施中の直筆年賀状プレゼント企画
ビッケブランカまとめ
ORESAMAまとめ
Psycho le C?muまとめ
nano.RIPEまとめ

【関連アーティスト】
ビッケブランカ, ORESAMA, Psycho le C?mu, nano.RIPE, ピュアリーモンスター, J☆Dee’Z, 新しい学校のリーダーズ, 山崎あおい, 早見沙織
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, キャンペーン

ジェニファー・トーマス、フィギアスケート紀平梨花選手のフリー演技使用曲を収録したアルバムを配信リリース
Fri, 21 Dec 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フィギュアスケートGPファイナル最年少16歳で優勝した紀平梨花選手が、ファイナルGP優勝フリー演技で使用した楽曲「A Beautiful Storm」を収録したアルバム『Key Of Sea -10 Year Special Edition-』が、12月21日(金)に日本メジャーレーベルから配信発売された。

同作は、ピアノ・バイオリンを弾きこなし、最新アルバムはビルボードのクラシックアルバム部門で発売週3位を獲得するほどの正真正銘の実力派であるアメリカの作曲家、ジェニファー・トーマスの作品。彼女が地球誕生の物語をテーマにした「A Beautiful Storm」は、紀平選手の技術と演技力で見事に表現され、素晴らしい楽曲との調和で世界を感動の渦に巻き込んだ。

その様子を、ジェニファー・トーマスも実際に会場で見守っていたといい、自身の曲を“世界一美しい嵐(A Beautiful Storm)”としてパフォーマンスした紀平選手の姿に感動したという。「A Beautiful Storm」だけでなく、収録曲全てが素晴らしく美しいアルバム『Key Of Sea (10 Year Special Edition)』をぜひチェックしておこう。

■【ジェニファー・トーマス コメント】

「バンクーバーのグランプリファイナルにて、梨花さんが私の楽曲でスケートをされているところを生で拝見させていただき、本当に心から光栄に思いました! 彼女の表現力は素晴らしかったです! 彼女は、まさに、正真正銘の“美しい嵐”(=“A Beautiful Storm”)です。今後の彼女のご活躍も大変楽しみにしております!」

(原文)
“I was so honored to be able to attend Rika\'s performance in Vancouver at the Grand Prix Final and see her skate to my music! Her interpretation was incredible - she truly is a “Beautiful Storm!”. I look forward to seeing her skate in the upcoming competitions!”

配信アルバム『Key Of Sea -10 Year Special Edition-』

2018年12月21日(金)配信開始



<収録曲>
1. A Beautiful Storm
2. Prelude in F
3. Release
4. You By My Side
5. Suite Dreams
6. Will\'s Song
7. Old Movie Romance
8. Pure
9. The Red Aspens
10. The Tempest
11. Sospiro
12. A Beautiful Storm (Special Edition)
13. The Red Aspens (Special Edition)
14. Release (Special Edition)
15. The Tempest (Special Edition)

■配信URL
https://avex.lnk.to/KEO3O



【関連リンク】
ジェニファー・トーマス、フィギアスケート紀平梨花選手のフリー演技使用曲を収録したアルバムを配信リリース
Jennifer Thomasまとめ
The Floor、ワンマンツアーが終幕&ミニアルバム『CLOVER』詳細解禁

【関連アーティスト】
Jennifer Thomas
【ジャンル】
洋楽, ニュース, アルバム, 発表, 発売, 配信

The Floor、ワンマンツアーが終幕&ミニアルバム『CLOVER』詳細解禁
Fri, 21 Dec 2018 15:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

The Floorが、12月20日(木)に東京・新代田FEVERにてワンマンツアー『The Floor Presents 「fantastic!! Tour」』のファイナル公演を開催した。11月11日(日)の名古屋CLUB ROCK\'N\'ROLL公演を皮切りにスタートした本ツアーは、初日の名古屋、ファイナルの東京共にチケットはソールドアウト。会場には大勢のファンが駆けつけた。

会場が暗転しSEが流れると大歓声と共にライブがスタート。一曲目は、10月10日にリリースした1stシングル「革命を鳴らせ」に収録されている「FASHION」だ。そしてインディーズ時代の彼らを象徴する「Wannabe」Toward Word World」と立て続けに繰り出し、会場は序盤から熱気に包まれた。

ササキハヤト(Vo)の“ツアーファイナルへようこそ! 今日をとっても素晴らしい日にしましょう。それはもう“ドラマ”のように…”という前フリと共に「ドラマ」が披露されると、会場はドラマチックな雰囲気に。そして、「ノンフィクション」「イージーテンターテイメント」「POOL」「はたらく兵隊さん」「寄り道」と次々演奏したのち、“みんなまだ元気残ってるよな? …新曲やります!”という煽りが入り、2月20日にリリースされる1stミニアルバム『CLOVER』のリードトラック「Clover」が披露された。

本編最後に、再びササキより“もっと良いもの…もっと良いものを追い求めて、前作「革命を鳴らせ」を出すまで結構時間がかかりました。でもそんな俺らを待っていてくれてありがとう。今日のライブもソールドアウトです、本当にありがとう! 最後に、俺たちにとっての大事な曲をやります!”という想いが語られ「革命を鳴らせ」へ。会場の全てのファンが、拳を高く突き上げて“革命”を鳴らした。

アンコールでは「内緒話」「18」で再び会場を盛り上げ、ササキの“今日のライブの裏テーマが“笑って帰ろう”だったんですが、笑えましたか? 最後は笑顔になろう!”という呼び掛けと共に「Cheers With You」を披露。『The Floor Presents 「fantastic!! Tour」』は、観客の笑顔と共に幕を下ろした。

そして2019年2月20日(水)には1stミニアルバム『CLOVER』のリリースを控えているThe Floorだが、今回その全貌も明らかとなった。今作にはリードトラック「Clover」の他に、“忘れられない過去にすがりついてしまう、そんな自分を肯定してあげよう”という気持ちをポップに歌い上げた「allright!!!」や、船の上から見える情景をそのまま曲に落とし込んだという「Keep On Crying」など彩り豊かな全6曲を収録。The Floorのルーツとなっている洋楽ロックに彼らのエッセンスが混ぜ込まれ、新しいJロックミュージックを提示した作品に仕上がっているとのことだ。合わせて最新のアーティスト写真、ジャケット写真も公開となっているのでチェックしておこう。

また、今作の早期予約キャンペーンもスタートしており、対象店舗にてミニアルバム『CLOVER』を予約購入するとThe Floorオリジナル缶バッジがプレゼントされる。こちらは2019年1月31日(木)23:59までとなっているので、お早めの購入をおすすめする。

Photo by MASANORI FUJIKAWA

【セットリスト】
1.FASHION
2.Wannabe
3.Toward Word World
4.ドラマ
5.ノンフィクション
6.イージーエンターテイメント
7.POOL
8.はたらく兵隊さん
9.寄り道
10.Clover
11.リップサービス
12.Teens
13.夢がさめたら
14.マジック
15.SING!!
16.ハイ&ロー
17.革命を鳴らせ
<ENCORE>
1.内緒話
2.18
3.Cheers With You

ミニアルバム『CLOVER』

2019年2月20日(水)発売



【初回限定盤】(CD+オリジナルスマホリング)
VIZL-1533/¥3,240(税込)
【通常盤】(CD)
VICL-65129/¥1,836(税込)
<収録曲>
1,Clover
2,Lullaby
3,Hate you,Cathy
4,Keep On Crying
5,allright!!!
6,Through The Night

※Major 1stミニアルバム『CLOVER』は2月20日より主要ダウンロードサイト、サブスクリプションサービスでも配信開始予定。

【ミニアルバム『CLOVER』早期予約キャンペーン 】

<特典>
オリジナル缶バッジ
<対象商品>
The Floor 2月20日(水)発売ミニアルバム『CLOVER』
・【初回限定盤】VIZL-1533
・【通常盤】VIZL-65129
<対象期間>
12月20日(木)21:00〜1月31日(木)23:59 まで
※一部店舗では特典が付かない場合がございます。事前にご予約をお考えの店舗にご確認下さい。
<対象店舗>
・タワーレコード全国各店/タワーレコード オンライン
・HMV全国各店/HMV&BOOKS online

【ライブ情報】

『MERRY ROCK PARADE』
12月24日(月) 愛知・ポートメッセなごや1〜3号館

『FM802 RADIO FESTIVAL RADIO CRAZY』
12月27日(木) 大阪・インテックス大阪



【関連リンク】
The Floor、ワンマンツアーが終幕&ミニアルバム『CLOVER』詳細解禁
The Floorまとめ
夜の本気ダンス、結成10周年イヤーを締め括る京都公演を2019年3月に開催

【関連アーティスト】
The Floor
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, 特典, ミニアルバム, ライブ, ワンマン, ライブレポ

夜の本気ダンス、結成10周年イヤーを締め括る京都公演を2019年3月に開催
Fri, 21 Dec 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年に10周年イヤーを迎え、同年3月31日に恵比寿LIQUIDROOMにて10周年イベントライブ『O-KAGE-DOSS!10th Anniversary!』を開催した夜の本気ダンス。そのおよそ1年後となる2019年3月10日に10周年イヤーの締め括りとして、地元の京都・KBSホールにて『夜の本気ダンス presents O-KAGE-DOSS 〜きゃっち・ざ・京都〜』が開催されることが決定した。

本公演では、バンドがまもなく迎える結成記念日の“3月31日”と、夜の本気ダンスがお世話になっているという放送局・KBS京都でのレギュラーラジオ番組『夜の本気ダンスのラジダン!』が順調に放送回を重ねているのを祝して、熱気あふれるライブが展開されるとのこと。

なお、公演当日はライブの他に彼らのラジオ番組『夜の本気ダンスのラジダン!』の公開録音も行なうという嬉しい企画も用意されている。チケットは、オフィシャルHP最速先行受付を2018年12月26日(水)まで受付中のでぜひチェックしてほしい。

■『夜の本気ダンス presents O-KAGE- DOSS 〜きゃっち・ざ・京都〜』

2019年3月10日(日) 京都・KBSホール
16:30開場/17:30開演

<チケット>
¥3,900(税込)
■オフィシャルHP最速先行受付(先行抽選)
2018年12月20日(木)23:00から2018年12月26日(水)23:59まで
受付URL:http://w.pia.jp/t/honkidance-of/

「Magical Feelin\'」

発売中



【完全限定生産】(CD+スペシャルブックレット)
VICL-37420/¥1,500(税抜)
【通常盤】(CD)
VICL-37421/¥1,200(税抜)
<収録曲>
1.Magical Feelin\'
2.Music For Life
3.KIKI
■Bonus Track ※完全限定生産盤のみ
Crazy Dancer (POLYSICS 午後の本気TOISU Mix)



【関連リンク】
夜の本気ダンス、結成10周年イヤーを締め括る京都公演を2019年3月に開催
夜の本気ダンスまとめ
乃木坂46、アンダーメンバーの絆も見せた川後陽菜の卒業公演をレポート

【関連アーティスト】
夜の本気ダンス
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブ

乃木坂46、アンダーメンバーの絆も見せた川後陽菜の卒業公演をレポート
Fri, 21 Dec 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年12月20日(木)、東京・武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナにて『アンダーライブ全国ツアー2018 〜関東シリーズ〜』が開催された。同ツアーの関東シリーズとなる本公演は前日の12月19日(水)、そして20日(木)と2daysで開催され、チケットは即日ソールドアウト、計2万人を動員した。

2014年から毎年開催されている乃木坂46アンダーライブも2018年で5年目を迎える。開催当初はライブハウス規模で1,000人ほどの動員数だったアンダーライブも年々動員数を増し、2018年は5月から中部シリーズ6daysがスタート、10月には北海道シリーズ4daysを開催。そして、今回の関東シリーズの会場である武蔵野の森 総合スポーツプラザ メインホールは、単独公演の会場規模として、2015年〜2016年に開催した日本武道館での単独公演同様の最大規模となり、2018年の動員数は合計で4万8千人となった。そんな2018年12月20日(木)は、乃木坂46グループを卒業する川後陽菜の最後のステージということで1万人のファンが彼女の乃木坂46としての最後のステージを見届けようと会場に集まった。

「Overture」からライブがスタートし、会場はカラフルな色のペンライトで染まった。乃木坂46アンダーメンバーが登場し、1曲目に披露されたのは7thシングル「バレッタ」に収録されたアンダー楽曲「初恋の人を今でも」。既に1曲目から目に涙を浮かべるメンバーの姿も見られ、このアンダーライブに掛ける思いが感じられる。この楽曲では2期生の北野日奈子がセンターを務めており、“アンダーライブへようこそ! 最後まで楽しんでいってねー!”と北野が会場に語り掛けると大きな声援に包まれた。「転がった鐘を鳴らせ!」「My rule」「ブランコ」の3曲では、客席に近い花道にメンバーが登場し、さらに盛り上がりを見せ、ユニット曲ではそれぞれが見事に力を発揮。会場は魅了されていった。

中盤ではアンダーライブのセンターを務める北野のVTRが流れ、ダンスが苦手だったという彼女のセンターとしての思いが語られた。そのVTRが明けると、センターステージにて北野がダンスパフォーマンスを披露。照明の光とリンクしたダンスは、VTRで“ダンスが苦手”と語った本人とは思えないほど、堂々としたパフォーマンスに思わず息を呑んだ。そして、乃木坂46ではお馴染みのヒットナンバー「制服のマネキン」「インフルエンサ―」を披露し、会場の盛り上がりは最高潮を迎え、2018年11月14日に発売された22ndシングル「帰り道は遠回りしたくなる」に収録された楽曲「日常」で本編が終了した。

アンコールでは、今回をもってグループを卒業する川後から、“乃木坂に入ってたくさんの思い出があります。成長させてくれたのはアンダーライブでした。1回目のアンダーライブから今日まで全ての公演に出演してきました。自分に誇れるものは乃木坂のメンバーで1番ライブをやってきたこと。始まった当初からは想像できなかった、こんなに素敵な景色が見れて悔いはないです。私のことをたくさん応援してくれたファンの皆さんが、今日まで私をアイドルにしてくれました。見ていた夢をいつもファンの方と叶えてきました。たくさんいる中で、アイドルの乃木坂46の川後陽菜を見つけてくれてありがとう。私がここまでこられたのは、最初は反対していたけれど家族だったり、友だち、スタッフ、ずっと一緒に戦ってきたメンバー、ファンの皆さん全ての人のお陰です。たくさんの愛をありがとうございました”と、涙で言葉を詰まらせながら手紙が読み上げられた。

アンコールの最後は「ハルジオンが咲く頃」。川後がグループ卒業最後にセンターを務め、会場は川後コールが響き、白と黄色のペンライトでいっぱいに。川後の卒業にメンバーたちは涙しながらも笑顔を浮かべ、川後に寄り添いながら歌唱する姿は、アンダーメンバーの絆を感じられた。

“7年間本当にありがとうございました! 乃木坂46になれて、アイドルになれて幸せでした!”と川後の言葉に、本公演でセンターを務めた北野からは“川後さんの未来が輝かしいものであるように願っています!”と、これからの川後へエールが贈られた。川後以外のメンバーがステージから降りると、川後は1人会場を駆け回りながら会場に集まったファンに向けて、“私を幸せにしてくれて本当にありがとうございました!”と感謝の言葉を述べ、ステージを立ち去った。

【セットリスト】
Overture
1.初恋の人を今でも
2.あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
3.転がった鐘を鳴らせ!
4.My rule
5.ブランコ
6.自由の彼方
7.遠回りの愛情
8.私のために誰かのために
9.傾斜する
10.君は僕と会わない方がよかったのかな
11.満月が消えた
12.君に贈る花がない
13.誰よりもそばにいたい
14.自惚れビーチ
15.シークレットグラフィティー
16.左胸の勇気
17.13日の金曜日
18.狼に口笛を
19.アンダー
20.北野ダンスインスト
21.嫉妬の権利
22.制服のマネキン
23.インフルエンサー
24.ここにいる理由
25.日常
<ENCORE>
1.帰り道は遠回りしたくなる
2.孤独な青空
3.サイコキネシスの可能性
4.乃木坂の詩
5.ハルジオンが咲く頃

【乃木坂46 アンダーメンバー】

・伊藤 かりん(いとう かりん)
・伊藤 純奈(いとう じゅんな)
・岩本 蓮加(いわもと れんか)
・川後 陽菜(かわご ひな)
・北野 日奈子(きたの ひなこ)
・久保 史緒里(くぼ しおり)
・阪口 珠美(さかぐち たまみ)
・佐々木 琴子(ささき ことこ)
・鈴木 絢音(すずき あやね)
・寺田 蘭世(てらだ らんぜ)
・中田 花奈(なかだ かな)
・中村 麗乃(なかむら れの)
・樋口 日奈(ひぐち ひな)
・向井 葉月(むかい はづき)
・山崎 怜奈(やまざき れな)
・吉田 綾乃クリスティー(よしだ あやのくりすてぃー)
・渡辺 みり愛(わたなべ みりあ)
・和田 まあや(わだ まあや)

シングル「帰り道は遠回りしたくなる」

発売中



【初回仕様限定盤 Type-A】(CD+Blu-ray)
SRCL-9974〜9975/¥1,713+税
<収録曲>
■CD
1.「帰り道は遠回りしたくなる」(22nd選抜メンバー)
2.「キャラバンは眠らない」(伊藤理々杏・岩本蓮加・梅澤美波・大園桃子・北野日奈子・久保史緒里・齋藤飛鳥・佐藤楓・鈴木絢音・寺田蘭世・樋口日奈・星野みなみ・堀未央奈・山下美月・与田祐希・渡辺みり愛)
3.「つづく」(西野七瀬)
4.「帰り道は遠回りしたくなる」〜off vocal ver.〜
5.「キャラバンは眠らない」〜off vocal ver.〜
6.「つづく」〜off vocal ver.〜
■Blu-ray
「帰り道は遠回りしたくなる」「つづく」Music Video



【初回仕様限定盤 Type-B】(CD+Blu-ray)
SRCL-9976〜9977/¥1,713+税
<収録曲>
■CD
1.「帰り道は遠回りしたくなる」
2.「キャラバンは眠らない」
3.「日常」(22ndアンダーメンバー)
4.「帰り道は遠回りしたくなる」〜off vocal ver.〜
5.「キャラバンは眠らない」〜off vocal ver.〜
6.「日常」〜off vocal ver.〜
■Blu-ray
「帰り道は遠回りしたくなる」「日常」Music Video



【初回仕様限定盤 Type-C】(CD+Blu-ray)
SRCL-9978〜9979/¥1,713円+税
<収録曲>
■CD
1.「帰り道は遠回りしたくなる」
2.「キャラバンは眠らない」
3.「告白の順番」(秋元真夏・桜井玲香・中田花奈・若月佑美)
4.「帰り道は遠回りしたくなる」〜off vocal ver.〜
5.「キャラバンは眠らない」〜off vocal ver.〜
6.「告白の順番」〜off vocal ver.〜
■Blu-ray
「帰り道は遠回りしたくなる」「告白の順番」Music Video



【初回仕様限定盤 Type-D】(CD+Blu-ray)
SRCL-9980〜9981/¥1,713+税
<収録曲>
■CD
1.「帰り道は遠回りしたくなる」
2.「キャラバンは眠らない」
3.「ショパンの嘘つき」(生田絵梨花・白石麻衣・松村沙友理)
4.「帰り道は遠回りしたくなる」〜off vocal ver.〜
5.「キャラバンは眠らない」〜off vocal ver.〜
6.「ショパンの嘘つき」〜off vocal ver.〜
■Blu-ray
「帰り道は遠回りしたくなる」「キャラバンは眠らない」Music Video

◎初回仕様限定(CD+Blu-ray)盤 各タイプ共通封入特典
・「全国イベント参加券orスペシャルプレゼント応募券」1枚
・乃木坂46メンバー生写真1枚(ランダム封入)



【通常盤】(CD)
SRCL-9982/¥972+税
<収録曲>
1.「帰り道は遠回りしたくなる」
2.「キャラバンは眠らない」
3.「知りたいこと」(齋藤飛鳥・星野みなみ・山下美月・与田祐希)
4.「帰り道は遠回りしたくなる」〜off vocal ver.〜
5.「キャラバンは眠らない」〜off vocal ver.〜
6.「知りたいこと」〜off vocal ver.〜
※特典映像及び封入特典はございません。



【関連リンク】
乃木坂46、アンダーメンバーの絆も見せた川後陽菜の卒業公演をレポート
乃木坂46まとめ
三月のパンタシア、自主企画第二弾楽曲のリリックビデオを公開

【関連アーティスト】
乃木坂46
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, 女性アイドル, ニュース, ライブ, ライブレポ, 卒業

三月のパンタシア、自主企画第二弾楽曲のリリックビデオを公開
Fri, 21 Dec 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ボーカリスト「みあ」による終わりと始まりの物語を空想する音楽ユニット、三月のパンタシアが音楽と小説とイラストを連動させた自主企画『ガールズブルー』の第二弾楽曲「街路、ライトの灯りだけ」のリリックビデオを解禁した。今作もみあの書下ろした小説をもとに楽曲をサウンドクリエイターのn-buna(ヨルシカ)が、イラストはダイスケリチャードが手掛けている。

「街路、ライトの灯りだけ」は進路に悩む高校三年生の女の子の物語で、将来への不安や希望が詰まった今回のストーリーはみあの公式Twitterにて随時更新される。物語を読み進めながら、何度も楽曲を聴いて楽しんでほしい。

また、三月のパンタシアは12月25日(月)20:00〜LINE LIVEを行うことを発表した。みあ自身が物語に込めた想いや楽曲についてトークを行なうとのこと。

ソニー・ミュージックレーベルズ / SACRA MUSIC

■【コメント】

■みあ
今年の夏にはじめた音楽×小説×イラストを連動させて企画「ガールズブルー」の第二弾がはじまりました!
今回もみあ書き下ろしのオリジナル小説をもとに、イラスト、楽曲を制作して頂きました。

高三。進路、将来に葛藤する女の子の物語です。
冬に公開するということで学生時代、その時期に何を思っていたかというと、高三の冬、将来のことで憂鬱になったり不安になったりしていました。それに、学生の方から将来への想いをお手紙でもらうこともあったりするので、そんなことをテーマに物語を紡ぎました。

ひとりの少女が、迷いながらも見つけ出したその答えを、見届けてもらえたら嬉しいです。


■n-buna
街灯に照らされた夜道を二人でただ歩いている情景から楽曲を書き起こしました。
各Aメロがお気に入りです。

よろしくお願いします。


■ダイスケリチャード
こんにちは、またまた担当させていただいているダイスケリチャードです。
今回はラフを少し描き出した時点で良い絵が描ける予感がする、となぜか思いました。個人的にはなかなか珍しいです。

年末年始のお供にいかがですか。こたつでみかんでも食べながら。

それはともかく皆さまが見た際に楽曲の持つ世界をより奥深く、引き立たせるような絵になっていますと幸いです。

■LINE LIVE 『三月のパンタシアX\'mas SP〜街路、ライトの灯りだけ〜』

配信日時:12月25日(月)20:00〜
配信URL:https://live.line.me/channels/2363704/upcoming/10216233

【ライブ情報】

『三月のパンタシア LIVE 2019 「ピンクスパークス」』
2月07日(木)  東京 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
開場 18:00 / 開演 19:00
<チケット>
前売り:¥5,400 (税込・ドリンク代別)



【関連リンク】
三月のパンタシア、自主企画第二弾楽曲のリリックビデオを公開
三月のパンタシアまとめ
n-bunaまとめ
ヨルシカまとめ
家入レオ、さまざまな風景描写で“世界”を表現した「この世界で」MV公開

【関連アーティスト】
三月のパンタシア, n-buna, ヨルシカ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, MV, ライブ

家入レオ、さまざまな風景描写で“世界”を表現した「この世界で」MV公開
Fri, 21 Dec 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2019年2月9日に公開される映画『コードギアス 復活のルルーシュ』のオープニング主題歌となるニューシングル「この世界で」を2019年1月30日にリリースする家入レオ。既に同曲が使用された『コードギアス 復活のルルーシュ』劇場予告編第2弾がYouTubeにアップされ話題となる中、そのMVが早くも完成し、12月21日(金)にオフィシャルYouTubeチャンネルにてショートバージョンが公開となった。

家入にとって初の映画タイアップ作品となる同曲は、5thアルバム『TIME』収録の「Relax」をはじめ、「パパの時計」「大事なものすべて」でもコラボレーションした尾崎雄貴(ex Galileo Galilei、現Bird Bear Hare and Fish)による書き下ろし楽曲となり、家入の新たな世界観が展開された1曲となる。 同曲のMVの監督を務めたのは、尾崎が現在活動しているBird Bear Hare and Fishや、iri、向井太一などのMVを数多く手掛けている写真家・映像作家のMitch Nakano。家入とは今回が初タッグだ。

MVは、海岸・屋上・部屋の中と3つのシチュエーションで歌う家入と、様々な風景描写で“世界”が表現された作品で、家入のシーンは監督自らもカメラを回し、2日間に渡って撮影された。1日目は、千葉県・九十九里の海岸にて撮影し、ロケ場所に到着した際には冷たい雨が降っていたものの撮影開始時にはすっかり止み、監督が望んでいた絶妙な空模様の中で家入がまとう真っ赤なワンピースが映える美しい映像となっている。

2日目のロケ場所は、都内某所のビルの屋上。柵が一切無く、天気にも恵まれた抜群のロケーションで、イメージショットやリップシーンを撮影。その後、家入のナチュラルな表情を収めるために、なんと監督の自宅での撮影が行なわれた。白のTシャツにデニムというラフなスタイリングで、部屋に射す陽の光の中で歌うシーンなど、これまでの家入のMVにはない仕草や表情を切り取った作品に仕上がっている。

同MVについて家入は“Bird Bear Hare and Fishの尾崎雄貴さんから「この世界で」という音楽のギフトを貰った時、これからの世代でこの作品をより大きく立体的にして届けたいと思いました。Mitch Nakanoさんとはじめてお会いした時、仕事じゃないことをたくさんたくさん話して。それが結果的にMVの核になったと思います。監督の自宅でカメラを回して貰いながら、“作品を作るって気持ちを作り込まない”ことが大事だなぁと思いました。リラックスなんて言葉が必要じゃないほどの私がそこにいるMVになりました”とコメント。

監督のMitch Nakanoは“どんなことがあっても時間は前にしか進まないし日々は相も変わらずに私たちを通りすぎてゆく。そんな繰り返しで私たちは生きてゆく、この世界で”とコメントしている。

なお、初回限定盤A付属のDVDに収録されるメイキング映像には、11月下旬の雨模様の海岸に半袖ワンピースという過酷な環境の中、寒さに震えながら撮影に臨む家入の姿やそんな家入をスタッフ総出で温めるシーン、屋上からの美しい景色にはしゃぐ姿など、3シチュエーションでの家入の様子がふんだんに収められているので、ぜひこちらもチェックしてほしい。

シングル「この世界で」

2019年1月30日発売



【初回限定盤】12CDS+DVD
VIZL-1517/¥1,700(税抜)
<収録曲>
■CD
1,この世界で
2,Spark
3,もし君を許せたら(Piano Version)
4,この世界で(Instrumental)
5,Spark(Instrumental)
■DVD
1,この世界で Music Video
2,この世界で MV Making Movie



【完全生産限定盤】(2CD)
VIZL-1518/¥2,900(税抜)
<収録曲>
■CD1
1.この世界で
2.Spark
3.もし君を許せたら(Piano Version)
4.この世界で(Instrumental)
5.Spark(Instrumental)
■CD2
『B-Side Collection』
1.ripe
2.カラフル
3.心のカ・タ・チ
4.Wake you up
5.Who\' s that
6.願い事
7.I am foolish
8.Driving day
9.Shooter
10.わたしの歌
11.ヒーロー



【アニメジャケット限定盤】(CD)
VICL-37454/¥1,400(税抜)
※デジパック仕様
※『コードギアス 復活のルルーシュ』イラストジャケット
<収録曲>
1.この世界で
2.Spark
3.もし君を許せたら(Piano Version)
4.この世界で(Instrumental)
5.Spark(Instrumental)

『家入レオ7th Live Tour 2019』

<2019年>
5月10日(金) 山梨・コラニー文化ホール
5月12日(日) 石川・白山市松任文化会館
5月19日(日) 香川・サンポートホール高松・大ホール
5月24日(金) 茨城・日立市民会館
5月26日(日) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
5月30日(木) 北海道・コーチャンフォー釧路文化ホール
6月01日(土) 北海道・わくわくホリデーホール
6月08日(土) 岐阜・バロー文化ホール
6月09日(日) 滋賀・滋賀県立文化産業交流会館
6月14日(金) 秋田・秋田市文化会館
6月15日(土) 宮城・仙台銀行ホール
6月21日(金) 島根・島根県芸術文化センター「グラントワ」大ホール
6月22日(土) 広島・広島JMSアステールプラザ 大ホール
6月28日(金) 群馬・太田市民会館
6月30日(日) 山形・荘銀タクト鶴岡
7月06日(土) 静岡・静岡市民文化会館中ホール
7月13日(土) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
7月14日(日) 長崎・諫早文化会館
7月19日(金) 兵庫・神戸国際会館 こくさいホール
7月27日(土) 千葉・幕張メッセ国際展示場9.10ホール

<チケット>
前売料金 (全て税込)
指定席¥6,480
※7月27日(土)幕張公演のみ 指定席¥7,000
※3歳以下入場不可 / 4歳以上チケット必要
※客席を含む会場内の映像・写真が公開されることがありますので予めご了承ください。

■特設ページ http://www.ken-on.co.jp/leoieiri_7th



【関連リンク】
家入レオ、さまざまな風景描写で“世界”を表現した「この世界で」MV公開
家入レオまとめ
稲垣吾郎、約14年ぶりのソロシングル「SUZUNARI」のMV公開

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, CD, シングル, 発表

稲垣吾郎、約14年ぶりのソロシングル「SUZUNARI」のMV公開
Fri, 21 Dec 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

新しい地図として映画、舞台、TVCMなど活躍の場を広げる稲垣吾郎が、自らが主演を務めるシチュエーションバラエティードラマ『東京BTH〜TOKYO BLOOD TYPE HOUSE〜』の主題歌「SUZUNARI」のMVを公開した。このMVは、稲垣演じる主人公が回想する“大人の恋”をカラーモノクロで交錯させるストーリーとなっており、切なく淡い想いをスタイリッシュに描きだす内容となっている。

ソロシングルのリリースとしては約14年ぶりとなる同曲は、ゲスの極み乙女。やジェニーハイなどで活躍するミュージシャン・川谷絵音が作詞作曲を手がける珠玉のバラードソング。12月21日(金)より音楽配信サービス・Amazon Music Unlimitedで独占ストリーミング配信されるほか、iTunes Store、レコチョクでダウンロード販売も開始されるので、ぜひ聴いてみてほしい。

また、Amazon Prime Videoでの新番組シチュエーションバラエティドラマ『東京BTH〜TOKYO BLOOD TYPE HOUSE〜』の独占配信は、12月7日(金)より全10話を一挙配信中。本シリーズのタイトル『東京BTH』のBTHは“BLOOD TYPE(血液型)HOUSE”の略で、稲垣吾郎演じるO型のIT社長・ゴロー、要潤演じるA型の整体師・ジュン、勝地涼演じるAB型の花屋・リョウの3人が住むシェアハウスを舞台に、血液型をテーマにしたトークを繰り広げている。鈴木おさむが企画・脚本を手掛ける本シリーズは、シェアハウスというリラックスした空間で、それぞれの血液型における性格の違いや“あるある”なエピソードが展開されていくので、こちらも併せて楽しんでみてはいかがだろうか。

(c)2018東京BTH製作委員会

配信シングル「SUZUNARI」

2018年12月21日(金)配信限定リリース



ダウンロード販売価格:¥250
作詞・作曲:川谷絵音

<配信URL>
■Amazon Music Unlimited ※ストリーミング
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07LB6MHMF
■Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/video/suzunari/id1446880215?app=music&at=10l6Y8
■Amazon Music
https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07LB6MHMF
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/suzunari-single/1446559791?app=itunes&at=10l6Y8
■レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1007572908/

ドラマ『東京BTH〜TOKYO BLOOD TYPE HOUSE〜』

配信開始日:2018年12月7日(金)
話数:10話(全10話一挙配信)
出演:稲垣吾郎、要潤、勝地涼
企画:工藤浩之、鈴木おさむ
総合演出:工藤浩之
監督:中村太洸、頃安祐良
脚本:鈴木おさむ、オークラ、吉井三奈子、山田能龍、竹村武司、福田卓也
制作:株式会社ケイマックス
(c)2018東京BTH製作委員会



【関連リンク】
稲垣吾郎、約14年ぶりのソロシングル「SUZUNARI」のMV公開
稲垣吾郎まとめ
新しい地図まとめ
ゲスの極み乙女。まとめ
LABOUM、KOBASOLOとの初コラボでDA PUMPの「USA」をカバー

【関連アーティスト】
稲垣吾郎, 新しい地図, ゲスの極み乙女。
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, TVドラマ, 主題歌, 音楽配信

LABOUM、KOBASOLOとの初コラボでDA PUMPの「USA」をカバー
Fri, 21 Dec 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5人組ガールズグループのLABOUMが、KOBASOLOとコラボしてDA PUMPの「USA」をカバーした。KOBASOLOが伴奏とプロデュースを担当し、メンバーのユジョンとソヨンが優しく歌い上げている。

LABOUMは、抜群のスタイルと洗練されたキュートなビジュアルで、10代女子を中心に人気上昇中のグループ。日本テレビ系『ウチのガヤがすみません!』の10月エンディングテーマ決定し、日本テレビ系『バズリズム02』の“熱いファンの熱い1問”コーナーにピックアップされるなど、注目度は折り紙つきだ。KOBASOLOは、プロデューサー・シンガーソングライター・映像クリエーターと多岐にわたり活躍中。作詞作曲編曲、演奏、デザイン、動画制作等すべてを自身でこなす今注目のマルチクリエイター。

この2組の初コラボとなった「USA」の映像はYouTubeにアップされているので、ぜひチェックしてみよう!

■【KOBASOLO コメント】

「お二人とご一緒出来て光栄です! USAに新たな色気が加わった気がします!」

シングル「Hwi hwi」

発売中



【初回限定盤A】(CD+DVD)
COZA-1483-4/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
1.Hwi hwi−Japanese Ver.−
2.Sugar Pop
3.Shooting Love−Japanese Ver.−
4.Hwi hwi−Instrumental−
■DVD
・Hwi hwi−Japanese Ver.−MV
・Hwi hwi−Japanese Ver.−MV Making
・Recording Making



Medium【初回限定盤B】(CD+DVD)
COZA-1485-6/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
1.Hwi hwi−Japanese Ver.−
2.Sugar Pop
3.killer killer Tune
4.Hwi hwi−Remix−
■DVD
『LABOUM JAPAN MAJOR DEBUT MEMORIAL MOVIE』
・スペシャルインタビュー
・「Fight!2018 in お台場」LIVE当日に密着
・「Fight!2018 in お台場」LIVE
・「Fight!2018 in お台場」終演後インタビュー



【通常盤A】(CD)
COCA-17532/¥1,204+税
<収録曲>
1.Hwi hwi−Japanese Ver.−
2.Sugar Pop
3.Shooting Love−Japanese Ver.−
4.Hwi hwi−Instrumental−



【通常盤B】(CD)
COCA-17533/¥1,204+税
<収録曲>
1.Hwi hwi−Japanese Ver.−
2.Sugar Pop
3.killer killer Tune
4.Hwi hwi−Remix−



【関連リンク】
LABOUM、KOBASOLOとの初コラボでDA PUMPの「USA」をカバー
LABOUMまとめ

【関連アーティスト】
LABOUM
【ジャンル】
K-POP, ニュース, コラボレーション, グループ, 韓流













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1