歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年12月20日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/12/29
2018/12/28
2018/12/27
2018/12/26
2018/12/25
2018/12/24
2018/12/23
2018/12/22
2018/12/21
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
向井太一、アニメ『風が強く吹いてる』第2クールEDテーマとして新曲「道」を書き下ろし
Thu, 20 Dec 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

向井太一が日本テレビ系TVアニメ『風が強く吹いている』の第2クールエンディングテーマとして、新曲「道」を書き下ろしたことがわかった。同アニメは日本テレビにて最速で2019年1月8日(火)より放送がスタートする。

また、『PURE TOUR 2018-2019』の東京公演で発表したビルボード東京、大阪で開催する自身の誕生日を記念したスペシャルライブ『27』のチケットが、12月20日(木)よりビルボード会員先行にて販売スタート! 一般販売は12月27日(木)11:00からとなっているので、ぜひお早めにゲットしてほしい。

ビルボードライブの翌週3月22日から初の『ASIA TOUR 2019』の開催もアナウンスされており、台湾では国内最大級のフェス『メガポートフェス』への出演も決定している。チケットの販売や詳細などは後日発表となるので、国内のみならず世界へと向けて動き出した向井太一に今後も要注目だ。

(c)三浦しをん・新潮社/寛政大学陸上競技部後援会

アルバム『PURE』

発売中



【初回盤】 (CD+DVD)
TFCC-86647/¥3,000+税
【通常盤】 (CD)
TFCC-86648 /¥2,315+税

<収録曲>
■CD
1.Secret
2.Crazy
3.Break up
4.Haters
5.Agony
6.Answer feat. KREVA
7.リセット
8.午後8時
9.ポートマン
10.Pure
11.Ego
12.Gimme
13.Siren(ボーナストラック)
■DVD
『“LOVE TOUR 2018”OSAKA at Music Club JANUS』
1.FREER
2.FLY
3.Blue
4.SLOW DOWN
5.空
Music Video
06. HERO (Another Ver.)

TVアニメ『風が強く吹いている』

日本テレビ、BS日テレ、読売テレビほかにて放送中
<第2クール初回放送日程>
日本テレビ:1月8日より 毎週火曜25:29〜
BS日テレ:1月15日より毎週火曜24:00〜
読売テレビ:1月14日より毎週月曜26:59〜
静岡第一テレビ:1月12日より毎週土曜26:25〜
札幌テレビ:1月10日  25:59〜26:29
※札幌テレビは、#13は1月18日26:31〜、#13以降は毎週金曜26:31〜放送予定

<第1クール年末年始一挙配信>
・日テレ無料(TVer)
2018年12月26日(水)〜2019年1月8日(火)
・Gyao!
2019年1月11日(金)〜1月17日(木)
※詳細は各配信サイトをご確認下さい。
原作:三浦しをん『風が強く吹いている』(新潮社文庫刊)
監督:野村和也 
第2クールエンディングテーマ:向井太一「道」

【ライブ情報】

■『27』
<2019年>
3月07日(木) 東京・ビルボード
3月13日(水) 大阪・ビルボード
1stステージ 開場17:30 / 開演 18:30
2ndステージ 開場 20:30/ 開演 21:30
<チケット予約受付開始>
BBL会員:2018年12月20日(木)
一般:2018年12月27日(木)
http://www.billboard-live.com/
■『ASIA TOUR 2019』
3月22日(金) 台湾・THE WALL TAIPEI
3月29日(金) 北京・疆?酒
3月30日(土) 深?・HOULIVE深?
3月31日(日) 上海・ModernSkyLAB上海
4月06日(土) 韓国・HANATOUR V-Hall



【関連リンク】
向井太一、アニメ『風が強く吹いてる』第2クールEDテーマとして新曲「道」を書き下ろし
向井太一まとめ
まねきケチャ、Blu-ray&DVD『日本武道館 de まねきケチャ』の第3弾トレーラー公開

【関連アーティスト】
向井太一
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

まねきケチャ、Blu-ray&DVD『日本武道館 de まねきケチャ』の第3弾トレーラー公開
Thu, 20 Dec 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

まねきケチャが12月19日にリリースしたBlu-ray&DVD『日本武道館 de まねきケチャ』のトレーラー映像第3弾がオフィシャルYouTubeにて公開された。

同作は、まねきケチャが2018年9月24日にグループ結成3周年を記念して行なった初の日本武道館単独公演を収めた映像作品。今回新たに公開されたトレーラー映像では、「冗談じゃないね」「キミに届け」「モンスターとケチャ」「あたしの残りぜんぶあげる」「きみわずらい」といった、まねきケチャのライブでの定番曲で構成されており、熱狂の武道館公演の様子が垣間観ることができる映像となっている。

12月15日に新メンバーの篠原 葵が加入し、新体制となったまねきケチャ。2019年1月5日に開催されるTOKYO DOME CITY HALLでのワンマン公演を前に、ぜひこの映像作品で予習をして足を運んでみてほしい。

Blu-ray&DVD『日本武道館 de まねきケチャ』

2018年12月19日発売



【Blu-ray】
COXA-1168/¥5,500(税込)
※収録内容をスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス対応
<収録内容>
1.冗談じゃないね
2.キミに届け
3.ありよりのあり
4.ありきたりな言葉で
5.キミが笑えば
6.青息吐息
7.モンスターとケチャ
8.昨日のあたしに負けたくないの(アコースティックver.)
9.鏡の中から
10.どうでもいいや
11.Guess!!(宮内凛ソロ)
12.虹を探しに(中川美優・藤川千愛デュエット)
13.相思い
14.奇跡
15.ハリネズミの唄
16.愛言葉
17.カクカクシカジカ
18.漫画みたいに恋したい(松下玲緒菜ソロ)
19.ジャンプ(深瀬美桜ソロ)
20.勝手にひとりでドキドキすんなよ(藤川千愛ソロ)
21.あたしの残りぜんぶあげる
22.タイムマシン
〜Encore〜
23.さよならなんて 武道館ver.
〜W-Encore〜
24.告白のススメ
25.きみわずらい
・特典映像
密着ドキュメンタリー



【DVD】(2枚組)
COBA-7060~1/¥4,500(税込)
※収録内容をスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス対応
<収録内容>
1.冗談じゃないね
2.キミに届け
3.ありよりのあり
4.ありきたりな言葉で
5.キミが笑えば
6.青息吐息
7.モンスターとケチャ
8.昨日のあたしに負けたくないの(アコースティックver.)
9.鏡の中から
10.どうでもいいや
11.Guess!!(宮内凛ソロ)
12.虹を探しに(中川美優・藤川千愛デュエット)
13.相思い
14.奇跡
15.ハリネズミの唄
16.愛言葉
17.カクカクシカジカ
18.漫画みたいに恋したい(松下玲緒菜ソロ)
19.ジャンプ(深瀬美桜ソロ)
20.勝手にひとりでドキドキすんなよ(藤川千愛ソロ)
21.あたしの残りぜんぶあげる
22.タイムマシン
〜Encore〜
23.さよならなんて 武道館ver.
〜W-Encore〜
24.告白のススメ
25.きみわずらい
・特典映像
密着ドキュメンタリー
・DVD特典映像
リハーサル映像

【ライヴ、イベント情報】

『まねきケチャ東名阪ツアー2018』
12月23日(日) 東京ヒューリックホール
12月24日(月・祝) 愛知Zepp Nagoya

『日本武道館 de まねきケチャ リリースイベント』
12月16日(日) 阪急西宮ガーデンズ
12月18日(火) タワーレコード渋谷店B1 CUTUP STUDIO
12月19日(水) 東京ニコニコ本社
12月24日(月・祝) 愛知タワーレコード名古屋近鉄パッセ店

<2019年>
『TDC de まねきケチャ 2019!』
1月05日(土) TOKYO DOME CITY HALL

『シングル「いつかどこかで 月 ワンチャンス」リリースイベント』
1月13日(日) 東京・ニコニコ本社
2月03日(日) 東京・ニコニコ本社



【関連リンク】
まねきケチャ、Blu-ray&DVD『日本武道館 de まねきケチャ』の第3弾トレーラー公開
まねきケチャまとめ
HONEST BOYZ(R)、コブクロとコラボした「SAKURA」をサプライズ披露

【関連アーティスト】
まねきケチャ
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, トレーラー, DVD, Blu-ray, 発表

HONEST BOYZ(R)、コブクロとコラボした「SAKURA」をサプライズ披露
Thu, 20 Dec 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ヒップホップグループのHONEST BOYZ(R)とコブクロが、12月19日に大阪城ホールにて開催された音楽フェス『m-flo presents OTAQUEST LIVE』に出演し、フィーチャリング曲「SAKURA feat. コブクロ」をサプライズ披露した。

HONEST BOYZ(R)のライブ中、メンバーであるNAOTO(EXILE/三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)が、コブクロの代表曲「桜」を使って楽曲を制作したことを発表。そして同曲をアレンジしたトラックに乗せて、MANDY、VERBALがそれぞれラップを披露し、いよいよサビに入ると、なんとコブクロ本人がステージに登場! 大きな歓声が上がる中、そのまま全員で「SAKURA feat. コブクロ」を初パフォーマンスした。

同曲は、オリジナル曲をヒップホップグループならではのアプローチで再構築した作品で、新たな“桜ソング”として2019年の春にリリースされることが決定している。詳細は追って発表されるので、お楽しみに。



【関連リンク】
HONEST BOYZ(R)、コブクロとコラボした「SAKURA」をサプライズ披露
HONEST BOYZまとめ
コブクロまとめ
EXILE ?SA&TETSUYA、広島の中学校にサプライズ登場しダンスレッスンを開催

【関連アーティスト】
HONEST BOYZ, コブクロ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, コラボ, 発表, ライブ

EXILE ?SA&TETSUYA、広島の中学校にサプライズ登場しダンスレッスンを開催
Thu, 20 Dec 2018 18:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LDH JAPANの社会貢献プロジェクト『ダンスで日本を元気に!夢の課外授業 中学生Rising Sun Project 2018-2019』が12月19日に広島市立矢野中学校にて開校され、EXILE ?SA、TETSUYAがサプライズで登場。参加した矢野中学校の子どもたちと“夢"についてのトークセッションや、ダンスレッスンの授業を行ったことがわかった。

このプロジェクトは、東日本大震災後、東北をはし?めとした日本中の子どもたちにダンスの力で元気になってもらいたいという想いで2012年からスタート。今回は2018年7月に西日本豪雨で大きな被害を受けた広島の子どもたちに夢と元気を届けたいという想いで開催された。同プロジェクトが広島で開催されるのは初となる。

プロジェクトリーダーとして立ち上げから関わってきた?SAとTETSUYAは、これまで全国の中学校でダンス授業を実施。復興支援ソングである「Rising Sun」の振り付けを学んだ中学生たちは、多くの観客が見守るJリーグの試合会場や国民体育大会などの大舞台でEXILEメンバーと共にダンスパフォーマンスを披露してきた。復興庁“心の復興”事業にも認定されており、2017年はこれまで積み重ねてきた活動が評価され『東京2020参画プログラム』の公認プログラムにも認定された実績がある。

この日は広島市立矢野中学校の全校生徒801名が待機する体育館に「Rising Sun」が流れ始め、?SA、TETSUYAがサプライズで入場。ステージ上でダンスパフォーマンスを披露すると、子どもたちから大きな歓声が上がった。“夢"について中学生たちとトークセッションも行なわれ、“社会の先生になることが夢"であるという生徒会長・中村君から“お二人の夢は何ですか?”という質問も。?SAは“僕らが生きているこの時代に世界中が平和になるということを実現したい”、TETSUYAは“ダンスがオリンピック・パラリンピックの正式種目になって、いつか日本代表“EXILE JAPAN"というチームを作り、金メダルを獲りたい”とそれぞれ壮大な"夢“を力強く語った。

サンスターホールで行なわれたダンスレッスンでは、?SAとTETSUYAが子どもたちに復興支援曲である「Rising Sun」の振付を指導。本人たちも会得が難しかったという複雑な足の動きがあるサビの部分では、苦戦する子どもたちに対して分かりやすく踊り方を伝授していた。途中、ステージから降りて個別に指導するなど、子どもたちと積極的にコミュニケーションする様子も見られ、みるみる上達していく子どもたちの姿に“来年2月に控える発表会までには凄く良いパフォーマンスに仕上がりそう”と驚きを見せる場面も。

ダンスレッスンを終えた?SAは“「Rising Sun」は難しくて振付のレベルが高いんですけれども、今日参加してくれた生徒さんたちは覚えるスピードが早く、子どもたちから溢れてくるダンスの熱がすごく伝わりました”と絶賛し、続けてTETSUYAも“ずっと広島に来たいと思っていたので、広島に来ることができたという喜びとともに、子どもたちと一緒にダンスできたことがとても嬉しかったです”と感動した面持ちで語った。

今回「Rising Sun」の振付指導を受けた子どもたちは、2019年2月に行なわれる発表会に向けて、約2カ月の練習に励んでいく予定とのことだ。



【関連リンク】
EXILE ?SA&TETSUYA、広島の中学校にサプライズ登場しダンスレッスンを開催
EXILE ?SAまとめ
EXILE TETSUYAまとめ
SHE\'S、3rdアルバム『Now & Then』の詳細&新アートワークを公開

【関連アーティスト】
EXILE ?SA, EXILE TETSUYA
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, ダンス

SHE\'S、3rdアルバム『Now & Then』の詳細&新アートワークを公開
Thu, 20 Dec 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大阪出身4人組次世代ピアノロックバンドのSHE\'Sが、2019年2月6日(水)にリリースする3rdアルバム『Now & Then』の収録曲と新アートワークを発表した。

今作には、『モンストグランプリ 2018 チャンピオンシップ大会』イメージソングに起用された「歓びの陽」、TVアニメ「アンゴルモア-元寇合戦記-」エンディングテーマに起用された「Upside Down」、そしてMBS/TBSドラマイズム『ルームロンダリング』のオープニングテーマとして起用された最新シングル「The Everglow」などのタイアップ曲を収録。さらにYaffleをプロデューサーとして迎えた「Clock」での打ち込みとバンドサウンドを融合した現代的なアプローチや、アルバムのリードトラックとなる「Dance With Me」ではブラスアレンジを大胆にフィーチャーするなど、過去作品から飛躍的に進化を遂げた、SHE\'Sの新たな魅力を感じられるアルバムとなっている。

また、初回限定盤に付属する特典DVDにはライブハウスツアー『SHE\'S Autumn Tour 2018 “The One"』のツアードキュメンタリー映像を収録。各地でのリハーサルやバックステージでのメンバーのオフショット映像のほか、ツアーファイナルとなった11月29日の渋谷クラブクアトロ公演の映像から「歓びの陽」「The Everglow」などの新曲はもちろん、ライブでは定番となっている「C.K.C.S.」が今作で初めてライブ映像化されるなど、8曲がフル尺で収録された豪華な内容だ。

合わせてアルバムのジャケット写真と最新のアーティスト写真も公開されており、今作のジャケットには井上竜馬(Vo)がメンバーを代表して登場。今作のアートワークの制作もアートディレクターは大楠孝太郎、カメラマンはオノツトム、スタイリストは李靖華がつとめている。アルバムタイトル『Now & Then』にちなんで、手の甲に押されたスタンプで今までのSHE\'Sと、変化を求め新たな挑戦をしているSHE\'Sの2面性が表現されているので、ぜひ注目を!

アルバム『Now & Then』

2019年2月6日発売



【初回限定盤】(CD+DVD) 
TYCT-69138/¥3,500+税
<収録曲>
■CD
1. The Everglow ※MBS/TBSドラマイズム「ルームロンダリング」オープニングテーマ
2. Dance With Me
3. Used To Be
4. Clock
5. 歓びの陽 ※「モンストグランプリ 2018 チャンピオンシップ」大会イメージソング
6. Set a Fire
7. ミッドナイトワゴン
8. Upside Down ※TVアニメ「アンゴルモア元寇合戦記」エンディングテーマ
9. 月は美しく(Album ver.)
10. Sweet Sweet Magic
11. Stand By Me
■DVD
『SHE\'S Autumn Tour 2018 “The One"』Tour Documentary
・Live at Shibuya Club Quattro 2018.11.29
歓びの陽/Monologue/月は美しく/The Everglow/C.K.C.S./Over You/遠くまで/Curtain Call
・"The One" Tour Documentary with Extra Shots



【通常盤】(CD) 
TYCT-60134/¥2,800+税
<収録曲>
1. The Everglow ※MBS/TBSドラマイズム「ルームロンダリング」オープニングテーマ
2. Dance With Me
3. Used To Be
4. Clock
5. 歓びの陽 ※「モンストグランプリ 2018 チャンピオンシップ」大会イメージソング
6. Set a Fire
7. ミッドナイトワゴン
8. Upside Down ※TVアニメ「アンゴルモア元寇合戦記」エンディングテーマ
9. 月は美しく(Album ver.)
10. Sweet Sweet Magic
11. Stand By Me


『SHE\'S Tour 2019 “Now & Then"』

【2019年】
2月16日(土) 福島/ 郡山 HIPSHOT JAPAN

2月23日(土)  京都/ KYOTO MUSE

2月24日(日) 香川/ 高松 DIME

3月01日(金) 静岡/ 浜松 Live House 窓枠

3月15日(金) 北海道/ 札幌 PENNY LANE24
3月17日(日) 宮城/ 仙台 Rensa
3月20日(水) 岡山/ YEBISU YA PRO
3月21日(木・祝)  福岡/ DRUM Logos
3月23日(土) 広島/ HIROSHIMA CLUB QUATTRO
3月24日(日) 愛知/ 名古屋 DIAMOND HALL
4月06日(土) 長野/ 松本 ALECX
4月07日(日) 石川/ 金沢 EIGHT HALL
4月13日(土) 大阪/ なんばHatch
4月20日(土) 東京/ ZeppTokyo

<ツアー特設サイト>
http://she-s.info/shes-tour2019/



【関連リンク】
SHE\'S、3rdアルバム『Now & Then』の詳細&新アートワークを公開
SHE\'Sまとめ
YOSHIKI、サラ・ブライトマンのワールドツアーに出演決定

【関連アーティスト】
SHE\'S
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム

YOSHIKI、サラ・ブライトマンのワールドツアーに出演決定
Thu, 20 Dec 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

YOSHIKIがサラ・ブライトマンのワールドツアー『HYMN Sarah Brightman In Concert』に出演することが決定し、その出演都市と日程が正式に発表された。

YOSHIKが出演するのは、ニューヨーク、サンフランシスコ、ロサンゼルス、横浜の全4都市5公演となる。行われるのは、世界最大の観劇ホールであるラジオシティミュージックホール(ニューヨーク)や、アカデミー賞の授賞式で有名なドルビー・シアター(ロサンゼルス)といったアメリカ屈指の会場だ。

サラが歌うYOSHIKI作詞作曲「Miracle」は、11月にシングルとして全世界リリースされ、メキシコ、シンガポール、日本で1位、ブラジルで2位、米国とドイツでは5位を獲得するなど15 カ国でTOP10にランクインし、世界のクラシックチャートを席巻している。 本楽曲は、サラ・ブライトマンの新アルバム「HYMN〜永遠(とわ)の讃歌」に収録されている他、シングルにはリミックスされた「Miracle」も収録されており、世界中から熱い反響が寄せられている。

11月に行われた『YOSHIKI CLASSICAL 2018』では、サラ・ブライトマンがスペシャルゲストとして出演し、日本ではじめてとなる「Miracle」のコラボパフォーマンスを披露。 オーケストラをバックに繰り広げられた壮大なステージは大きな感動を呼び、日本のみならず世界各国のメディアでも大きく報じられた。

YOSHIKIのゲスト出演が決定したワールドツアー『HYMN Sarah Brightman In Concert』の公演は以下の通り。 ここ数年、YOSHIKIの活躍は世界各国でさらに大きな広がりを見せているが、サラ・ブライトマンとの世界的アーティスト同士の共演は、音楽史に新たな歴史を刻む、まさに“Miracle(奇跡)"なステージとなるに違いない。

『HYMN Sarah Brightman In Concert』

2月06日 New York City - Radio City Music Hall
3月09日 San Francisco, CA - The Masonic
3月10日 Los Angeles, CA - Dolby Theatre
4月23日 横浜・Yokohama Arena
4月24日 横浜・Yokohama Arena

配信シングル「Miracle」

配信中



<収録曲>
[1] Miracle
[2] Miracle (Van Laack Remix)
[3] Miracle (Instrumental)

https://lnk.to/Sarah_Miracle
https://deccagold.lnk.to/Miracle/itunes




【関連リンク】
YOSHIKI、サラ・ブライトマンのワールドツアーに出演決定
YOSHIKIまとめ
Sarah Brightmanまとめ
sumika、JR SKISKIキャンペーンテーマソングを担当

【関連アーティスト】
YOSHIKI, Sarah Brightman
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, コラボレーション

sumika、JR SKISKIキャンペーンテーマソングを担当
Thu, 20 Dec 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

sumikaの新曲「ホワイトマーチ」がJR SKISKI 2018-19キャンペーンテーマソングに決定したことがわかった。キャンペーンCMは松本穂香と伊藤健太郎のダブル主演となっており、音楽をsumikaが彩る。

作詞を手掛けた片岡健太(Vo./Gt.)は「灰色の街から飛び出して、まだ何色にも染まっていない真っ白な場所で自分自身の温度を確かめながら、何色に染めていくか、染まっているか、を考えながら過ごす冬、そして春を迎えるという曲になっています。一度しかないこの冬が、素敵な冬になればと願っています」と心境を語っている。

本CMは12月20日(木)よりWEB限定CMとしてスタートし、JR SKISKI 2018-19キャンペーンサイトでも公開された。

sumikaの新曲「ホワイトマーチ」は発売未定となっており、JR SKISKI 2018-19キャンペーンサイトで聴くことができる。また、sumikaはYouTubeチャンネルでのMusic Video公開を再開した。Music Video公開楽曲のサブスクリプションサービスも2018年12月25日(火)より配信スタートする。

■JR SKISKI 2018-19キャンペーンサイト
http://jr-skiski.com/

■【sumika コメント】

僕たちsumikaの楽曲「ホワイトマーチ」を起用していただいて大変嬉しく思っています。
灰色の街から飛び出して、まだ何色にも染まっていない真っ白な場所で自分自身の温度を確かめながら、何色に染めていくか、染まっているか、を考えながら過ごす冬、そして春を迎えるという曲になっています。
一度しかないこの冬が、素敵な冬になればと願っています。



【関連リンク】
sumika、JR SKISKIキャンペーンテーマソングを担当
sumikaまとめ
ゆず、日本音楽史上初となる『弾き語りドームツアー』開催決定

【関連アーティスト】
sumika
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CMソング

ゆず、日本音楽史上初となる『弾き語りドームツアー』開催決定
Thu, 20 Dec 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ゆずが12月19日(水)にインターネットテレビ『AbemaTV』にて緊急生放送を実施し、2019年5月より、4大都市をめぐる全国ドームツアー『ゆず 弾き語りドームツアー2019 ゆずのみ〜拍手喝祭〜』を開催することを発表した。同ツアーは5月11日(土)の愛知・ナゴヤドーム公演を皮切りに、7月7日(日)の福岡・福岡ヤフオク!ドームまで全国4か所8公演を巡る。

ゆずをはじめ、過去にドーム規模での弾き語りライブを行ったアーティストは存在するが“弾き語りドームツアー"開催は日本の音楽史上初の試み。ゆずにとってドーム公演は2001年に行われた初の東京ドーム公演、2012年のデビュー15周年記念公演(東京ドーム/京セラドーム大阪)、2016年のデビ ュー20周年突入記念公演(東京ドーム)、2017年に開催された自身初のドームツアー(東京 ドーム/京セラドーム大阪/ナゴヤドーム/福岡ヤフオク!ドーム)に続いて5度目となる。

ツアータイトル『ゆず 弾き語りドームツアー2019 ゆずのみ〜拍手喝祭〜』は、2016年に行われた『ゆず デビュー20 周年突入記念弾き語りライブ ゆずのみ』と同じ冠が名付けられた。また、サブタイトルはAbemaTVの生放送内でファンとともに急遽タイトル案を思案。ファンからのツイートの中からアンケート形式で“拍手喝祭"が選ばれ正式採用された。

さらに、番組後半にはドームツアーへ向けたアーティスト写真の撮影も急遽敢行。こちらもファンからのコメントを参考にしながら数パターンを撮影し、アンケート形式で “正式なアーティスト写真"を決定。お互いがお互いのアコースティックギターを弾き合うという、これまでにない写真が採用。生放送でファンと共にツアーのサブタイトル、アーティスト写真を決めるという異例ずくしの番組となった。番組内ではそのほか、弾き語りによる「夏色」「いつか」「てっぺん」の生ライブも行われた。

なお、『ゆず 弾き語りドームツアー2019 ゆずのみ〜拍手喝祭〜>は、12月20日よりファンクラブ「ゆずの輪」チケット先行受付がスタートする。

■『ゆず 弾き語りドームツアー2019 ゆずのみ〜拍手喝祭〜』

5月11日(土) 愛知・ナゴヤドーム
5月12日(日) 愛知・ナゴヤドーム
5月29日(水) 東京・東京ドーム
5月30日(木) 東京・東京ドーム
6月08日(土) 大阪・京セラドーム大阪
6月09日(日) 大阪・京セラドーム大阪
7月06日(土) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム
7月07日(日) 福岡・福岡ヤフオク!ドーム

<チケット>
ファンクラブ『ゆずの輪』会員チケット先行受付
2018年12月19日(水)〜2019年1月8日(火)23:59

■ツアー特設サイト
http://yuzu-official.com/pages/yuzunomi2019



【関連リンク】
ゆず、日本音楽史上初となる『弾き語りドームツアー』開催決定
ゆずまとめ
EXILE ATSUSHI、LDHグループが手がけるLive&Restaurantの開店イベントにサプライズ出演

【関連アーティスト】
ゆず
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, ツアー, チケット

EXILE ATSUSHI、LDHグループが手がけるLive&Restaurantの開店イベントにサプライズ出演
Thu, 20 Dec 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

EXILE ATSUSHIが12月19日、東京・羽田空港第1ターミナル内にオープンするライブレストラン『Live & Restaurant LDH kitchen THE TOKYO HANEDA』のオープニングイベントにサプライズ出演した。

イベントではファンへのクリスマスプレゼントとして、急遽クリスマスイブの24日0時に配信リリースが決まった未発表の新曲「With you 〜Luv merry X\'mas〜」など4曲を披露し、会場に集まった招待者200人を魅了した。同曲は地元・埼玉のコーラスグループ「LUVandSOUL」が18年前に発表した楽曲のカバー。クリスマスシーズンには必ず頭の中にイントロが流れるという、ATSUSHIにとって思い入れの深い一曲で、聖なる夜に心温まるロマンティックなクリスマス・ラブソングになっている。

16年秋に海外での語学留学を発表し、2018年に本格復帰をしたATSUSHIは「留学から帰国し、今年1年温かく迎えていただいたファンの皆様に、感謝の気持ちも込めて、喜んでもらえることをしたかった」と楽曲制作の経緯を説明した。

翌20日にグランドオープンを迎える同レストランは、LDHグループの飲食部門LDH kitchenが手掛ける、音楽と食事が楽しめるエンタテインメント・レストラン。250坪の広さに全200席を備え、併設されたステージでは、生ハ?ント?による演奏や国内外のアーティストのライブハ?フォーマンスが行われる。

また、メニューの中には、テキーラソムリエの資格を持つEXILE ?SAが手掛けたオリジナルテキーラ「HAPPiLA」を使用したカクテルや、コーヒーマイスターの資格を持つEXILE TETSUYAがプロデュースする「AMAZING COFFEE & BAR TOKYO HANEDA AIRPORT」のコーヒーなども用意されている。

【Live & Restaurant LDH kitchen THE TOKYO HANEDA】

営業時間:11:00〜23:00(LO/22:00) ※イベントにより営業時間の変動もございます
電話:03-5579-7461
定休日:年中無休
席数:約200席(個室あり)
オフィシャルHP:https://www.ldhkitchen-thetokyohaneda.jp/

配信楽曲「With you 〜Luv merry X\'mas〜」

2018年12月24日配信



【関連リンク】
EXILE ATSUSHI、LDHグループが手がけるLive&Restaurantの開店イベントにサプライズ出演
EXILE ATSUSHIまとめ
King & Prince、1stシングルの年間売上50万枚超えは11年ぶりの快挙

【関連アーティスト】
EXILE ATSUSHI
【ジャンル】
J-POP, ニュース

King & Prince、1stシングルの年間売上50万枚超えは11年ぶりの快挙
Thu, 20 Dec 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年度年間の総売上金額が最も高かった新人アーティストが期間内総売上16.0億円を記録したKing & Princeに決定し、上半期ランキングに続き“アーティスト別セールス部門”で新人賞を受賞した。

また『年間シングルランキング(作品別売上数部門:シングル)』では、デビューシングル「シンデレラガール」が期間内売上68.8万枚で10位にランクイン。1stシングルの年間売上50万枚超えは、2006年5月に発売され、期間内売上91.6万枚を記録した秋川雅史の「千の風になって」以来11年ぶりで、2010年代では初の記録だ。さらに、デビューシングルの年間シングルTOP10入りは、2011年5月にリリースされた薫と友樹、たまにムック。の「マル・マル・モリ・モリ!」の8位、同年8月リリースのKis-My-Ft2「Everybody Go」の10位以来7年ぶりとなった。なお、同ランキング“新人シングル”では、前出の「シンデレラガール」と、2nd シングル「Memorial」が1位、2位を独占!

2018年5月23日にデビューしたKing & Princeは、デビュー作「シンデレラガール」が、発売初週の6/4付週間シングルランキングで57.7万枚を売り上げ、“デビューシングル初週売上記録”で2010年代最高を記録。2ndシングル「Memorial」も10/22付で初週40.1万枚を売り上げ、史上2組目となる“デビューシングルから2作連続の初週売上40万枚超え”を記録するなど、週間ランキングでも数々の歴代記録を達成した。

この発表に伴い、メンバーからのコメントも到着。2019年の活躍にも注目が集まる。

※新人アーティスト対象:集計期間内に邦楽作品で初ランクインを達成したアーティスト
(キャリア・グループからのソロ、またはプロジェクト・デビュー、キャリア・アーティストを主体としたグループ等はのぞく)

■【コメント】

Q1.『オリコン年間ランキング2018くアーティスト別セールス部門>』で新人賞受賞、『作品別売上数部門:シングルランキング 新人』でも、デビューシングル「シンデレラガール」と、2ndシングル「Memorial」が、1位、2位を独占されました。おめでとうございます! 今の率直なお気持ちをお聞かせください。また、新人賞は一生に一度のことです。このお気持ちをどなたに伝えたいですか?

永瀬 廉(以下、永瀬):ファンの方達です。やはりファンの方達が作ってくれた記録だと思っているので感謝の気持ちでいっぱいです。

岸 優太(以下、岸):この名誉ある賞を頂けたことをまずファンの方達に伝えたいです! そしてこれまでお世話になった全ての方に感謝の気持ちを伝えたいです。

神宮寺勇太(以下、神宮寺):僕達はとても幸せ者だなと思いました。ファンの方達や曲を好きになってくれた方達がこんなにも沢山いるという現実にとても幸せを感じています。そして新人賞は一生に一度の事なのでまずはファンの方達にこの喜びを伝えたいです。いつも僕達にパワーを与えてくれているのでファンの方達と獲った賞だと思います。

高橋海人(以下、高橋):新人賞を受賞出来たことでアーティストとしてのスタートダッシュが切れました! 今まで支えてくれたファンの方達や両親、スタッフの皆さんに恩返し出来たかなと嬉しい気持ちでいっぱいです。

Q2.デビューから2作連続でヒットとなり、TVや映画、CM出演など多方面で大活躍の1年でした。今年を振り返ってみて、思い出に残った出来事やエピソードがあればお聞かせください。また、CDデビュー後と前のメンバー内の変化もありましたら教えてください。

岸:やはり何よりもデビュー出来たことです! 6人で一生支え合って生きていくと腹をくくった年でした!

神宮寺:沢山のお仕事をさせて頂いて、全てが思い出です。1つ挙げるとしたらコンサートを出来たことです。ファンの方達とコミュニケーションが取れる場所だと思うのでこれからも大事にしていきたいです。メンバーとは沢山の仕事を一緒にしていく中で絆が深まりました。

永瀬:初めてコンサートツアーをさせてもらった事や他にもグループや個人のお仕事を沢山やらせて頂きましたが、何より紅白に出させて頂ける事です。

平野紫耀(以下、平野):2018年は本当に目まぐるしく色々なお仕事をさせて頂いて新しい経験をすることが多くてとても勉強になりました。メンバー内の変化はJr.時代に比べて皆何に対してもどん欲に積極的になってる気がします。

高橋:コンサートツアーです。King & Princeとして地方のファンの方達に会えてすごく幸せでした。また色々な地方にファンの方達がいてくれた事に安心しました。これからももっと沢山のファンの方達に会う機会を増やしたいです。

Q3.2018年、応援してくださったファンの皆さまに、メッセージをお願いいたします。

神宮寺:皆さんいつも応援して頂きありがとうございます!この賞は僕達とファンの方達、そしていつも支えてくれているスタッフの皆さんで獲った賞だと思います。これからも皆さんに色々な景色を見せていくよう頑張るので応援して下さい。

永瀬:沢山の素晴らしい記録を作って頂き本当にありがとうございます! そして沢山皆さんに会えて嬉しかったです。とても充実した一年でした。ありがとうございます!

平野:本当に今の僕達があるのはファンの皆様のおかげだと思いますし、皆さんがいなければこんなに素敵な賞を頂くことは出来てないのでとても感謝しています。これからもずっと付いてきてくださると嬉しいです。

高橋:一緒に頑張ってくれてありがとうございます!皆さんのおかげで沢山成長出来た1年でした。ファンの方達の支えで幸せなスタートを切れたのでこれから先の長い道のり、僕達6人と一緒に居てくれたら嬉しいです。

Q4.2019年も更なるご活躍が期待されます。2019年の抱負をお聞かせください。

岸:2019年は2018年に沢山経験出来たことを活かし、成長した姿を見せていきたいです。

神宮寺:2019年は2018年に経験出来なかった新しい事にどんどん積極的に挑戦していきたいです!

平野:感謝を忘れずに何事にも精一杯頑張ります。



【関連リンク】
King & Prince、1stシングルの年間売上50万枚超えは11年ぶりの快挙
King & Princeまとめ
ザ・クロマニヨンズ、既発のシングル「生きる」がドラマ『3年A組』主題歌に決定

【関連アーティスト】
King & Prince
【ジャンル】
J-POP, 男性アイドル, ニュース, ランキング, シングル

ザ・クロマニヨンズ、既発のシングル「生きる」がドラマ『3年A組』主題歌に決定
Thu, 20 Dec 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ザ・クロマニヨンズの楽曲「生きる」が2019年1月6日(日)スタートの日本テレビ系日曜ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』の主題歌に決定した。

クロマニヨンズがドラマの主題歌を担当するのは、2015年日本テレビ土曜ドラマ『ど根性ガエル』主題歌「エルビス(仮)」以来の約3年ぶりとなる。今回、ドラマ制作サイドからの熱烈なオファーを受け、既発のシングル「生きる」が異例のドラマ主題歌となった。

“たった10日間という日々を描き、死ぬ気で生きる人々紡ぐ超限定的連続ドラマ”と、胸を熱くさせる直球ストレートなロックンロールナンバー「生きる」がどういった相乗効果になっていくのか?今から期待せずにはいられない。

また現在クロマニヨンズは、「生きる」も収録された最新アルバム『レインボーサンダー』を引っ提げての54公演に及ぶ全国ツアー『ザ・クロマニヨンズ ツアー レインボーサンダー 2018-2019』を実施中。ツアータイトルの通り、アルバム楽曲を軸にシングル曲などを惜しみなく披露しているので、全国各地で展開される爆裂ロックロールをぜひ体感してみてはいかがだろうか。

■【コメント】

■菅田将暉
「また一つ夢が叶いました。しかもここぞというタイミングで。
先日、ザ・クロマニヨンズさんのライブにて、この「生きる」を聴いた時、いや、体感といった方がいいでしょうか、
そのエネルギー、佇まい、音、言葉は、僕がこのドラマで体現したいものそのものでした。
今を愛し続けることで未来を作る。いつだって誰だって何かを探している。そして、楽しむ。
昔から大好きだったあの人は、今尚、更に、前に進んでいました。
この「生きる」が主題歌になることでドラマ内での人物と造形物の「生き様」に赤い血が頭の先から足先まで
びっちり通うことができます。本当にありがとうございます。これ以上ない主題歌に心から感謝しています」

■福井雄太プロデューサー
「THE BLUE HEARTSのCDを手にし、毎日毎日僕の耳と胸に勇気をもらっていた学生時代のあの頃、
こうしてザ・クロマニヨンズさんの楽曲として自分が携わる作品に力をいただけるなんて、まるで想像もしていませんでした。
本当に、心から感動であり、感謝であり、そして改めて良い作品になるであろう確信をしております。
このドラマも10日間という短い期間の中で、必死に「生きる」人々の姿を描いていく作品です。
ザ・クロマニヨンズさんが奏でるこの時代の「生きる」ということ。
そのエネルギーはとても僕自身が描きたい “生きる”力と繋がるところがあり、
その音楽の力をお借りできることを嬉しく思います。
名作に名曲あり。大きな武器をお借り出来た本作は大きく羽ばたいていくことと思います」

シングル「生きる」

発売中



BVCL-905/¥1,000+税
※初回仕様限定盤:紙ジャケ仕様
<収録曲>
1. 生きる
2. 時のまにまに


日本テレビ系日曜ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』

2019年1月6日(日)よる10:00スタート ※初回30分拡大
キャスト:菅田将暉、永野芽郁
脚本:武藤将吾
演出:小室直子 鈴木勇馬 水野 格
チーフプロデューサー:西 憲彦
プロデューサー:福井雄太、松本明子(AXON)
協力プロデューサー:難波利昭(AXON)
制作協力:AXON
製作著作:日本テレビ

アルバム『レインボーサンダー』

発売中



【CD】
BVCL-906/¥2,913+税
※初回仕様分のみ紙ジャケット仕様
【完全生産限定アナログ盤】
BVJL-29/¥2,913+税
※60年代フリップバックE式盤を可能な限り再現。180g重量盤採用
<収録曲>
1. おやつ
2. 生きる
3. 人間ランド
4. ミシシッピ
5. ファズトーン
6. サンダーボルト
7. 恋のハイパーメタモルフォーゼ
8. 荒海の男
9. 東京フリーザー
10. モノレール
11. 三年寝た
12. GIGS(宇宙で一番スゲエ夜)

全国ツアー『ザ・クロマニヨンズ ツアー レインボーサンダー 2018-2019』

※終了分は割愛
12月21日(金) 鳥取・米子laughs
12月23日(日・祝) 広島・広島クラブクアトロ
12月24日(月・振) 山口・周南 RISING HALL
12月27日(木) 静岡・Live House浜松 窓枠
12月28日(金) 静岡・Live House浜松 窓枠
<2019年>
1月11日(金) 岩手・盛岡 CLUB CHANGE WAVE
1月12日(土) 青森・青森 Quarter
1月14日(月・祝) 秋田・秋田 Club SWINDLE
1月18日(金) 香川・高松festhalle
1月20日(日) 兵庫・神戸ハーバースタジオ
1月21日(月) 兵庫・神戸ハーバースタジオ
1月25日(金) 富山・富山MAIRO
1月26日(土) 石川・金沢Eight Hall
1月29日(火) 東京・Zepp Tokyo
2月02日(土) 長野・松本Sound Hall a.C
2月05日(火) 埼玉・HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心 VJ-3
2月08日(金) 滋賀・滋賀 U☆STONE
2月09日(土) 滋賀・滋賀 U☆STONE
2月11日(月・祝) 岐阜・岐阜club-G
2月14日(木) 茨城・水戸LIGHTHOUSE
2月16日(土) 宮城・仙台GIGS
2月23日(土) 千葉・千葉市民会館 大ホール
2月24日(日) 埼玉・さいたま市民会館おおみや
3月02日(土) 岡山・岡山市民会館
3月09日(土) 兵庫・尼崎市総合文化センター あましんアルカイックホール
3月15日(金) 静岡・静岡市民文化会館 中ホール
3月17日(日) 愛媛・新居浜市市民文化センター 大ホール
3月21日(木・祝) 京都・ロームシアター京都 メインホール
3月23日(土) 和歌山・かつらぎ総合文化会館 大ホール
3月30日(土) 東京・福生市民会館
4月06日(土) 神奈川・カルッツかわさき
4月07日(日) 栃木・栃木県教育会館
4月12日(金) 愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
4月17日(水) 東京・中野サンプラザ
4月20日(土) 福岡・福岡市民会館



【関連リンク】
ザ・クロマニヨンズ、既発のシングル「生きる」がドラマ『3年A組』主題歌に決定
ザ・クロマニヨンズまとめ
西川貴教、『映画刀剣乱舞』の主題歌で布袋寅泰とタッグ!

【関連アーティスト】
ザ・クロマニヨンズ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, アルバム, TVドラマ, 主題歌

西川貴教、『映画刀剣乱舞』の主題歌で布袋寅泰とタッグ!
Thu, 20 Dec 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

西川貴教が、新曲「UNBROKEN (feat. 布袋寅泰)」で布袋寅泰とタッグを組むことがわかった。

西川貴教(T.M.Revolution)によるセルフカバーベストアルバム『UNDER:COVER 2』に布袋がゲスト参加したり、NHK Eテレ『クラシカロイド』でコラボレーションするなど、かねてより親交のあったふたり。今回、西川からの熱烈なオファーに布袋が応える形でコラボレーションが実現した。

「UNBROKEN (feat. 布袋寅泰)」は、2019年1月18日(金)公開の『映画刀剣乱舞』のための書き下ろし曲で、映画のストーリーの軸である“主と刀剣の決して壊れることのない絆”を歌詞で描き、布袋寅泰が、戦いに命を懸ける刀剣たちの生きざまを“これぞ布袋寅泰”といえる迫力あるサウンドで表現。西川貴教の魂のヴォーカル×布袋寅泰渾身のギタープレイの真っ向勝負が織りなす壮大な戦いの曲に仕上がっている。

また、『映画刀剣乱舞』の本予告映像も公開となり、「UNBROKEN (feat. 布袋寅泰)」をバックに刀剣男士たちの圧巻アクションが展開され、ファンならずとも昂ぶること間違いなしの映像となっているので、ぜひチェックしよう!

(c)2019「映画刀剣乱舞」製作委員会
(c)2015-2019 DMM GAMES/Nitroplus

■【コメント】

■西川貴教
「主題歌を担当するにあたり、これまでにない新たな試みと意気込みの詰まった本映画に相応しい楽曲にすべく、布袋寅泰という最強のサーヴァントを召喚させていただきました!ツアー真っ最中のお忙しい中でしたが、僕のリクエストを快く引き受けてくださったことに感謝しかありません。布袋さんとのレコーディング作業は刺激的で、ギターの音色、フレーズの1つ1つが斬撃、ギターソロはまさに立ち廻りの様でした。その唯一無二のギターに、僕も全力のボーカリゼーションで挑んでおりますので、ぶつかり合う2人のバトルにもご期待ください!」

■布袋寅泰
「西川くんとは今まで何度か音楽作りを共にしたが、ここまでガッツリ向き合ってコラボレーションしたのは初めてだ。『刀剣乱舞』の華やかに歌舞いた世界観と、西川くんのパワフルで疾走感のあるシャウトが、嵐に舞うサクラのように妖艶で、ドラマチックに絡む。僕のギターも忍術のように変幻自在で切れ味の良いプレイができた。様々な顔を持つ西川貴教だが、彼の本気のシャウトを侮ってはいけない。数少ない本物のボーカリストだ」

映画『映画刀剣乱舞』

<公開日>
2019年1月18日(金)全国ロードショー
<出演>
鈴木拡樹 / 荒牧慶彦 / 北村諒 / 和田雅成 / 岩永洋昭 / 定本楓馬 / 椎名鯛造 / 廣瀬智紀 / 山本耕史 / 八嶋智人 ほか
<監督>
耶雲哉治
<脚本>
小林靖子



【関連リンク】
西川貴教、『映画刀剣乱舞』の主題歌で布袋寅泰とタッグ!
西川貴教まとめ
布袋寅泰まとめ
T.M.Revolutionまとめ
【INTERVIEW:オメでたい頭でなにより】ネガティブを?み砕いた上でポジティブなアウトプット

【関連アーティスト】
西川貴教, 布袋寅泰, T.M.Revolution
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, 主題歌, 映画

【INTERVIEW:オメでたい頭でなにより】ネガティブを?み砕いた上でポジティブなアウトプット
Thu, 20 Dec 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

コラボ企画『G-NEXT』の第10回目は、ラウドロックを軸に独特な歌詞と音楽性で注目を集める“オメでた”こと、オメでたい頭でなにより。年明けにリリースするアルバム『オメでたい頭でなにより1』の収録曲に込めた想いや、彼らにとっての音楽とは何かを訊いた。

日本工学院専門学校×GYAO!×OKMusic Presents
【G-NEXT POWER PUSH ! #10_INTERVIEW:オメでたい頭でなにより】

――バンド史上初となる1stアルバム『オメでたい頭でなにより1』なのですが、まずはタイトルの意味をお教えください。

赤飯:“イチ”とか“ワン”とかに関連したひねりを考えていたんですけど、何だかしっくりこない感じが続いて。1回頭の中を真っ白にして、セルフタイトルにしてナンバリングしていこうってなって、それで“オメでたい頭でなにより1”となりました。

――思い入れのある楽曲はありますか?

mao:僕は「ピ」です。完成したものを聴いた時、作ってる時とイメージが一番変わったのが、この曲で。今までのオメでたにはなかったラブソングですね。

ぽにきんぐだむ:僕も「ピ」です。“これまで避けてきたラブソングをこのタイミングで絶対作らないとな”と思っていて。でも、歌詞が難航した時には“もうアルバムに収録するのをやめよう”って。結果、この中に「ピ」があることによって、僕たちはステップアップできたんじゃないかと思います。

ミト充:俺も「ピ」なんだよね…。

全員:あははは!!

ミト充:あとは、「HELL“O”」かな。今回のアルバムの中でもドラムが一番難しい曲で、発狂しながら録ってたんですけど、おかげで気合の入ったものが録れました。
324:僕は「ザ・レジスタンス」かなぁ。この曲はPENGUIN RESEARCHの堀江晶太くんと作曲しました。昔一緒にバンドをやっていて10年来の付き合いの中で、“また一緒にやってみようぜ”っていうところからスタートしたのがこの曲なんです。あと、「言葉のあやや」では作詞も担当しました。

――赤飯さんはいかがですか?

赤飯:「ピ」やな。

全員:(爆笑)。

赤飯:このバンドは“ネガティブを?み砕いた上で、ポジティブなアウトプットをする”ということをコンセプトとしてやっていて。音楽で寄り添うためには、ネガティブなところを見せることは別に悪いことじゃないって思っています。だから、今作はその第一歩で。そういう意味でも成長していると思います。

――みなさんにとって音楽とはどういう存在なのでしょうか?

mao:人と人のつながりかなって。音楽って音を楽しむだけじゃなくて、人とのつながりが大事なんじゃないかと思ってます。

ぽにきんぐだむ:音楽は人生最大のギャンブルだと思っていて。関わる人も作品もCDも、ひとつひとつがギャンブル。それが当たるか当たらないかっていう人生の中で生きているのかなって。

ミト充:音楽っていろいろな人が部品を作って、それで組み立てられたおもちゃだなと思っていて。そのおもちゃをみんなでどう遊ぶか…聴き方だってそうですし。

324:自分にできることは何だろうと考えた時に、僕は音楽しかないんですよね。なので、ただ単にこれしかないからこれをやっているだけ。音楽は自分自身のことだと思いますね。

赤飯:生きる術ですね。普通に社会に出ても生活できないし、音楽しかないと思ってます。ライヴが終わったあとに“生きている”という実感が得られる。きっと、これが一番人の役に立てるんだろうなって。

――2019年1月26日の日本工学院ミュージックカレッジ主催のライヴ、よろしくお願いします!

324:制作から音響、照明、舞台まで、全部学生のみなさんがやられるんですよね? 僕はみなさんの力をお借りして赤飯を吊したいです。一曲ずつだんだん上がってくの。

全員:ははは。

ぽにきんぐだむ:“あの時、オメでたを観たから今ここで仕事してるんです!”って言ってもらえたら嬉しいので、夢に協力できればいいなと思ってます。

赤飯:任せろ!

撮影:村上大地/取材:林 なな、木村圭汰
(日本工学院専門学校 蒲田校コンサート・イベント科)

アルバム『オメでたい頭でなにより1』

2018年1月9日発売
PONY CANYON



【初回限定盤(DVD付)】
PCCA-04733 ¥4,800(税込)



【通常盤】
PCCA-04734 ¥2,800(税込)


『オメでたい頭でなにより"1"マンツアー 〜今 いくね くるね〜』

2/09(土) 千葉・LOOK
2/17(日) 茨城・水戸LIGHT HOUSE
2/22(金) 愛知・名古屋ボトムライン
3/09(土) 宮城・仙台MACANA
3/21(木) 大阪・梅田CLUB QUATTRO
3/31(日) 石川・金沢vanvanV4
4/04(木) 東京・マイナビBLITZ 赤坂
4/07(日) 北海道・札幌Sound lab mole
4/11(木) 広島・SECOND CRUTCH
4/13(土) 香川・高松MONSTER
4/14(日) 福岡・LIVEHOUSE CB
4/21(日) 三重・松阪M’AXA



【関連リンク】
【INTERVIEW:オメでたい頭でなにより】ネガティブを?み砕いた上でポジティブなアウトプット
オメでたい頭でなによりまとめ
UK書き下ろしの18禁楽譜『GRAYZONE』を48時間限定で通販スタート

【関連アーティスト】
オメでたい頭でなにより
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 連載コラム, G-NEXT POWER PUSH, アルバム, リリース

UK書き下ろしの18禁楽譜『GRAYZONE』を48時間限定で通販スタート
Thu, 20 Dec 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

UKによる書き下ろしの18禁楽譜『GRAYZONE』が、12月20日(木)より48時間限定で通販にて販売されることが発表された。

同楽譜は、12月16日にZepp Tokyoで開催されたMOROHAのワンマンライブ『単独』の会場にてゲリラ販売される予定だったが、内容が過激すぎたため、発売直前に会場本社から販売NGが通達され発禁処分となっていたという。ライブ当日の会場には『GRAYZONE』の大型ポスターが掲示され、そこに記載されていたQRコードを読み取ると謎のカウントダウンがされたHPへ飛ぶ使用になっており、SNSを中心に話題を呼んでいた。

そして、そのカウントダウンが終了する12月20日(木)0時より期間限定で『GRAYZONE』が販売されることが明らかになった。同号には、MOROHAの楽曲からUKの手書きによる2曲のタブ譜、18禁のコンテンツのグラビアやレポート、漫画、小説などを掲載。ナンバリング入りの数量限定商品となっており、予定販売数に達し次第、販売終了となるので、気になったっ方はお早めに注文しよう。

なお、本楽譜は18禁商品となっているため18歳未満の購入はできないとのこと。『GRAYZONE』の販売は株式会社SWの通販サイトにて行なわれ、発送は12月25日以降に順次行なわれる。現在、この機会以外に販売の予定は立っていないため、忘れずにゲットしてほしい。

■【UK コメント】

「“楽譜出して下さい”“タブ譜が欲しいです”そんな声を今まで沢山頂いておりました。しかし僭越ながら誰でも気軽に手の届くような旋律を作ってきたとは思っておりません。これは僕からの挑戦状。数ある楽譜の中のひとつではありませんし、18禁モノの購入にはそれなりのリスクが伴います。それでももしあなたがそれを覚悟の上で掴み取りたいのなら、どうぞあなたの方からこちらへ、手に届く距離へお越し下さい」

18禁楽譜『GRAYZONE』

12月20日(木)〜21日(金)まで注文受付



価格:¥3,500(税込)
仕様:B5サイズ / 108P / 全カラー / 付録DVD付き
発行元:株式会社SW

<内容>(一部のみ記載)
・UK手書きMOROHAタブ譜(2曲 / UK解説付き)
・UK巻頭グラビア「これは僕の、恋愛に関する物語だ。」
・ひなた澪グラビア「SHE WILL ROCK YOU」
・UKが選ぶ「ハマジムベストセレクション」
・鼎談「末井昭×UK×エリザベス宮地」
・書き下ろし漫画「奮い立つゲームセンターにて」(作者:楝蛙)
・その他

<購入方法>
SW通販サイトより12月20日(木)0時〜21日(金)23時59分まで注文受付
■SW通販サイトURL
https://storywriter2.thebase.in/
※予定冊数に達し次第、受付終了

■『GRAYZONE』HP
http://grayzone.tokyo/



【関連リンク】
UK書き下ろしの18禁楽譜『GRAYZONE』を48時間限定で通販スタート
MOROHAまとめ
伊藤美来、Q-TAROが振付けを担当した新曲「閃きハートビート」のMV完成

【関連アーティスト】
MOROHA
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

伊藤美来、Q-TAROが振付けを担当した新曲「閃きハートビート」のMV完成
Thu, 20 Dec 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

声優アーティストの伊藤美来が、5thシングル「閃きハートビート」のMVを公開した。

京都で撮影したMVでは、明るくおしゃれな京都の街並みで、“ものづくり”をテーマに伊藤が様々な挑戦をしている。そして、前作の「恋はMovie」に引き続いて、電撃チョモランマ隊のQ-TAROによる振り付けのダンスもふんだんに盛り込まれた。MVのショートサイズはYouTubeほか、GYAOなどで視聴が可能となっているので、ぜひチェックしてほしい。

2016年10月、ハタチの誕生日にソロアーティストとしてデビューし、コンスタントにシングルとアルバムをリリースしてきた伊藤美来。5thシングル「閃きハートビート」は2019年1月より放送開始予定のTVアニメ『上野さんは不器用』のオープニング主題歌を担当することが発表済みだが、MV公開とともにアニメ公式サイトでは同曲が使用されたTVアニメ『上野さんは不器用』のPV第3弾も解禁となっている。

■TVアニメ『上野さんは不器用』公式サイト
http://miss-ueno.com/
(c)tugeneko・白泉社/上野さんは不器用製作委員会

シングル「閃きハートビート」

2019年1月16日発売



【DVD付き限定盤】(CD+DVD)
COZC-1497〜8/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
01.閃きハートビート
02.TickTack Invitation
03.閃きハートビート(off vocal ver.)
04. TickTack Invitation(off vocal ver.)
■DVD
01.閃きハートビート(MV)
02.メイキング映像



【通常盤】(CDのみ)
COCC-17542/¥1,200+税

(C)tugeneko・白泉社/上野さんは不器用製作委員会



【関連リンク】
伊藤美来、Q-TAROが振付けを担当した新曲「閃きハートビート」のMV完成
伊藤美来まとめ
電撃チョモランマ隊まとめ
NakamuraEmi、メジャー4thアルバムは一周回って“女性”がテーマ

【関連アーティスト】
伊藤美来, 電撃チョモランマ隊
【ジャンル】
アニメ・声優, ニュース, シンガーソング・ライター, ミュージックビデオ, MV, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス, アニメ, 音楽番組, 主題歌, オープニング

NakamuraEmi、メジャー4thアルバムは一周回って“女性”がテーマ
Thu, 20 Dec 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シンガーソングライターのNakamuraEmiが、メジャー4作目となるアルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.6』を2019年2月20日にリリースすることがわかった。

このアルバムには、7インチアナログと配信でリリースしたVolkswagenとのコラボレーションソングとして書き下ろした「相棒」を含む、全8曲を収録。CDとLPで発売され、LPは数量限定生産で本人直筆のシリアルナンバーが入るとのこと。詳しくはオフィシャルHPをチェックしてみてほしい。

■【NakamuraEmi コメント】

「“素敵な日本の女性になれますように”
このテーマで6年前Vol.1を作り始め、アルバムを重ねるごとに人間関係や社会、コミュニケーションなど目線が広がった作品も残せました。
今作品Vol.6は、ぐる〜っと一周回って“女性”がテーマになりました。
日々の経験や出会い、年齢を重ねるからこそ、嬉しくも切なくもリアルに感じる“女性”の私。
頑張るだけじゃなくて少しずつ、そんな自分も認めてあげられますように。
だからこそ、腹をくくり、心にHIPHOPを。
愛しくてしょうがない作品が完成しました」

アルバム『NIPPONNO ONNAWO UTAU Vol.6』

2019年2月20日発売



【CD 初回限定生産盤】
COCP-40749/¥2,700+税
※豪華紙ジャケ特別仕様
※初回限定生産盤がなくなり次第、通常盤に切り替わります。
【CD 通常盤】
COCP-40750/¥2,700+税
<収録曲>
01.バカか私は
02.雨のように泣いてやれ
03.女の友情
04.いつかお母さんになれたら
05.おむかい
06.痛ぇ
07.甘っちょろい私が目に染みて
08.相棒

【LP】
COJA-9354/¥4,000+税
※数量限定生産
※本人直筆シリアルナンバー入り
<収録曲>
〈SIDE A〉
01.バカか私は
02.雨のように泣いてやれ
03.女の友情
04.いつかお母さんになれたら
〈SIDE B〉
01.おむかい
02.痛ぇ
03.甘っちょろい私が目に染みて
04.相棒



【関連リンク】
NakamuraEmi、メジャー4thアルバムは一周回って“女性”がテーマ
NakamuraEmiまとめ
SUPER★DRAGON 楽『楽楽★PAINT』- 第27回『パージ』 -

【関連アーティスト】
NakamuraEmi
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ヒップホップ, ラップ, 主題歌

SUPER★DRAGON 楽『楽楽★PAINT』- 第27回『パージ』 -
Thu, 20 Dec 2018 10:00:00 +0900


SUPER★DRAGONの楽が、大好きな映画のイメージを絵に描いてみなさんにオススメします!

今回僕が選んだ映画は『パージ』です!

この映画は、1年に一晩だけ殺人を含む全ての犯罪が合法になる法律“パージ”が発令された世界を描いたホラーです!

パージが出来たことによって、
普段の犯罪率が1%に低下してアメリカは平和になりました。
だけどパージの日は、年々死者数が増えていきます。
平和と呼んでも良いのでしょうか?

僕が印象に残ったのは、パージ参加者のマスクやコスチュームの不気味さです。
派手でおしゃれでとても不気味でした!

そして、たった1日のその日のために満を持して外へ繰り出すパージ参加者を見て、今の日本のハロウィンを思い出しました!

今回の絵は、自分の行ないは自分に帰ってくるということを表現しています!
リボルバーの周りには人間の汚れた部分が渦巻いています。

SUPER★DRAGON

スーパー★ドラゴン:スターダストプロモーションが手掛ける若手俳優集団・恵比寿学園男子部“EBiDAN”から生まれた、9人組ミクスチャーユニット。通称“スパドラ”。2016年11月にリリースしたデビューシングル「Pendulum Beat!」は人気アニメ『遊☆戯☆王ARC-V』のオープニング主題歌となり、オリコンデイリーチャート3位にランクイン。ヘヴィロックにラップやダンス、メンバーによるヒューマンビートボックスまで融合させた、ニューミクスチャースタイルな楽曲に、目まぐるしく変わる9人のフォーメーションダンス、そしてキャッチーで一緒に踊りたくなる振り付けが特徴。



【関連リンク】
SUPER★DRAGON 楽『楽楽★PAINT』- 第27回『パージ』 -
SUPER★DRAGONまとめ
OLDCODEX Painter YORKE.『WHY I PAINT〜なぜボクがえをかくのか〜』- 第72回 ♪Rooster / Alice In Chains -

【関連アーティスト】
SUPER★DRAGON
【ジャンル】
SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」, J-ROCK, ギャラリー, 連載コラム, okmusic UP\'s vol.172, EBiDAN

OLDCODEX Painter YORKE.『WHY I PAINT〜なぜボクがえをかくのか〜』- 第72回 ♪Rooster / Alice In Chains -
Thu, 20 Dec 2018 10:00:00 +0900


もう一度。
改めてもう一度、このコラムを
なぜ書き続けて描き続けているのか。
その意味を考えてみた。
台湾の夜の街に抱かれて。

昔よく観た映画の中みたいな景色の裏通り。
30年前の子どもの記憶が刺激される感じ。
銀色の扉に見覚えがある錯覚を起こして、
思わず階段を駆け上がる。
そこにあの人が待ってる気がしたりして。
生と死の境界線を越えて、また会える気がしたんだ。

気付けばパスポートの写真はまだあどけない
雰囲気で可愛い顔の自分がそこにいる。
異国のスタンプが増える度に僕は
何かを捨て、また何かを拾い集めて
大人に近付いてる。
そのカケラみたいな物で心も埋めつくされてる。

帰りの飛行機。
久々に機内食に手をつけて、モニターにドラえもんを
写してたらいつの間にか眠りについてた。
ああ、そういえば声が変わったんだっけ。
その記憶を最後に地面に叩きつく衝撃で目を覚ましたら
一気に気温が下がった12月の東京にいた。

空港からの帰り道。自分の車に乗り込んで、
離れていく空港を感じながら遠回りな道を選んで部屋に戻った。
一人になりたがるのに寂しがりやな所は子どものまんまだって空の上であの人に笑われてそうだな。
メリークリスマス。今年もありがとう。

YORKE. / December, 2018

OLDCODEX

オルドコデックス:2009年に結成。ラウド、ダンス、パンク等の様々な要素を取り込んだサウンド、それにインスパイアされながらアートワークを作り出すペインティングにより、観る者、聴く者の、五感を刺激する作品を打ち出している。TVアニメシリーズの主題歌を担当することも多く、『SERVAMP』『GOD EATER』『黒子のバスケ』『Free!』シリーズ等、タイアップは多岐にわたる。15年に初の日本武道館公演を行ない、16年6月に発売した4thアルバム『Fixed Engine』では、オリコンウィークリーチャート3位を記録。ライヴではYORKE.自らが制作に携わる巨大なセットという名のアートを背負い、その存在感を見せつけている。そして、バックドロップにも必ず手を加えるので、常に作り手の体温が感じられることも特徴のひとつ。国内を中心としつつ、アメリカ・台湾・中国・韓国・シンガポールでもライヴを敢行するなど、ワールドワイドな活動を行なっている。



【関連リンク】
OLDCODEX Painter YORKE.『WHY I PAINT〜なぜボクがえをかくのか〜』- 第72回 ♪Rooster / Alice In Chains -
OLDCODEXまとめ

【関連アーティスト】
OLDCODEX
【ジャンル】
OLDCODEX / 「WHY I PAINT 〜なぜボクがえをかくのか〜」, J-ROCK, ギャラリー, 連載コラム, okmusic UP\'s vol.172













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1