歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年12月19日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/12/28
2018/12/27
2018/12/26
2018/12/25
2018/12/24
2018/12/23
2018/12/22
2018/12/21
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
SF9、2ndアルバム『ILLUMINATE』の詳細とリリースイベント解禁
Wed, 19 Dec 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9人組韓国ダンスボーイズグループ、SF9の日本2ndアルバム『ILLUMINATE』とリリースイベントの詳細が発表された。

アルバム『ILLUMINATE』の初回限定盤A付属のDVDには、リリースが熱望されていた『SF9 Zepp Tour 2018 “MAMMA MIA!” 2018.6.1@Zepp Diver City』のライヴ映像を収録。パッケージはトールケース/デジパック仕様、豪華ブックレット封入となる。そして初回限定盤B付属のDVDには、MVなどを収録予定。前作シングルで好評を得たLPサイズジャケット仕様のパッケージに加え、大型ポスターが封入されるとのこと。初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤には10種類のうち1枚ランダムのそれぞれ異なるトレーディングカードも封入され、さらに完全生産限定でメンバー別のピクチャーレーベル盤の発売も決定した。

また、全ての初回プレス分CDには『ILLUMINATE イベントチケット』もしくは『ILLUMINATE スペシャル応募シリアルコード』のどちらか1枚が封入されることも発表となり、待望のリリースイベントの詳細も決定! 内容は個別ハイタッチ会・個別ジャケットサイン会で、商品に封入される“ILLUMINATE イベントチケット”でイベントへの参加が可能となるので要チェックだ。

なお、『ILLUMINATE』の先着購入者には、メンバーのソロ写真を使用した“ILLUMINATEステッカー(全9種よりランダム1種)”を特典としてプレゼントされるので、こちらもぜひゲットしてほしい。

アルバム『ILLUMINATE』

2019年3月20日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
品番未定/¥5,800(税込)
<収録曲>
■CD
「マンマミーア!」「Now or Never」ほか、収録内容後日発表。
■DVD
SF9 Zepp Tour 2018 “MAMMA MIA!” 2018.6.1@Zepp Diver City 収録内容は後日発表。
※トールケース/デジパック仕様、豪華ブックレット封入
※トレーディングカード[初回限定盤A ver.]10種類のうち1枚をランダム封入
もしくは1枚封入

【初回限定盤B】(CD+DVD)
品番未定/¥4,500(税込)
■CD
「マンマミーア!」「Now or Never」ほか、収録内容後日発表。
■DVD
MV収録予定。詳細は後日発表。
※LPサイズジャケット仕様(315mm×315mm)+大型ポスター封入
※トレーディングカード[初回限定盤B ver.]10種類のうち1枚をランダム封入
もしくは1枚封入

【通常盤】(CD)
品番未定/¥3,000(税込)
<収録曲>
「マンマミーア!」「Now or Never」ほか、収録内容後日発表。
※初回プレス分のみ、トレーディングカード[通常盤 ver.]10種類のうち1枚をランダム封入
※初回プレス分のみ、もしくは1枚封入

【メンバー別完全生産限定ピクチャーレーベル盤】(CD)
品番未定/¥2,200(税込)
<収録曲>
「マンマミーア!」「Now or Never」ほか、収録内容後日発表。
※全9種:YOUNG BIN、IN SEONG、JAE YOON、DA WON、RO WOON、ZU HO、TAE YANG、HWI YOUNG、CHA NI
もしくは1枚封入
※ピクチャーレーベル盤は完全生産限定盤につきご予約はお早目に。
※ピクチャーレーベル盤にトレカの封入はございません。


◎先着購入者特典
「ILLUMINATEステッカー」(全9種よりランダム1種)
※特典は先着順となります。無くなり次第終了となります。
※絵柄はお選びいただけませんので予めご了承ください。
※一部取り扱いのない店舗もございます。詳しくは店頭/ECサイトにてお問い合わせください。

『Japan 2nd Album「ILLUMINATE」発売記念リリースイベント』

<イベント内容>
「個別ハイタッチ会」「個別ジャケットサイン会」
<イベント参加方法>
Japan 2ndアルバム『ILLUMINATE』に封入される“ILLUMINATE イベントチケット”が必要となります。
また、豪華特典があたる応募特典も決定!こちらは“ILLUMINATE スペシャル応募シリアルコード”が必要となります。

【東海エリア】
3月21日(木) 愛知・吹上ホール
イベント開始予定時間12:00(イベント整列開始11:30)

【九州エリア】
3月22日(金) 福岡・福岡国際会議場 多目的ホール
イベント開始予定時間14:00(イベント整列開始13:30)

【関東エリア】
3月23日(土) 東京・東京流通センター 第二展示場 Fホール
イベント開始予定時間13:00(イベント整列開始12:30)

【関西エリア】
3月24日(日) 大阪市内某所
イベント開始予定時間13:00(イベント整列開始12:30)

※会場へのお問い合わせはイベント中止の要因となりますので絶対におやめください。

【リリースイベント特典会(1)「個別ハイタッチ会」参加方法】
Japan 2ndアルバム『ILLUMINATE』にランダムで封入されている“ILLUMINATE イベントチケット”が1枚で、お好きなメンバーのハイタッチ会に1回ご参加頂けます。

【リリースイベント特典会(2) 「個別ジャケットサイン会」参加方法】
Japan 2ndアルバム『ILLUMINATE』にランダムで封入されている“ILLUMINATE イベントチケット”が2枚で、お好きなメンバーの個別サイン会に1回ご参加頂けます。

【豪華特典が300名様に当たる「ILLUMINATE スペシャル応募シリアルコード」詳細】
Japan 2ndアルバム『ILLUMINATE』にランダムで封入されている“ILLUMINATE スペシャル応募シリアルコード”のプレゼント決定!
■A賞
『SF9 2019 ZEPP TOUR“ILLUMINATE”』各会場にて終演後にメンバー9名+お客様1名で集合写真を撮影いたします!
<日程>
4月2日(火) 東京・Zepp Tokyo
4月4日(木) 愛知・Zepp Nagoya
4月5日(金) 大阪・Zepp Namba
※抽選で各会場30名様 合計90名様に当たります!
※撮影はお客様のカメラでスタッフが撮影を行ないます。
※その他注意事項につきましては後日ご案内致します。

■B賞 『ILLUMINATE MIRROR』 210名様
スペシャルグッズとして光り輝くオリジナルミラーを抽選で210名様にプレゼント!

◎“ILLUMINATE スペシャル応募シリアルコード”応募期間
2019年3月19日(火)9:00〜2019年3月24日(日)23:59迄

※イベント等の詳細はオフィシャルHPにてチェック!
https://wmg.jp/sf9/news/82718/



【関連リンク】
SF9、2ndアルバム『ILLUMINATE』の詳細とリリースイベント解禁
SF9まとめ
そらる、初のドラマタイアップは『ドラクエ』から始まるシェアハウスラブコメに決定

【関連アーティスト】
SF9
【ジャンル】
K-POP, ニュース, グループ, ミュージックビデオ, MV, CD, DVD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典, ポップス, ライブ, チケット

そらる、初のドラマタイアップは『ドラクエ』から始まるシェアハウスラブコメに決定
Wed, 19 Dec 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

そらるが、1月放送のMBS/TBSドラマイズム『ゆうべはお楽しみでしたね』のオープニングテーマを担当することが決定した。

本田翼×岡山天音ダブル主演で挑むドラマ『ゆうべはお楽しみでしたね』は、金田一蓮十郎の人気漫画を実写ドラマ化したもの。原作はオンラインゲーム『ドラゴンクエストX』で知り合った男女の物語。ゲーム内で女子キャラクターに扮して過ごしていたオタク男子が、仲良くなった男子キャラクター・ゴローをひょんなことからルームシェアに誘う。しかし、ゴローの正体はイメージとは正反対なギャル系女子だった…! 結局、2人は現実世界でシェアハウスを始めることとなる、『ドラゴンクエスト』プレイヤー同士のまさに“パルプンテ”なシェアハウス生活を描くラブコメ作品だ。

初のドラマタイアップを担当することになったそらるは、“この度はドラマ『ゆうべはお楽しみでしたね』のオープニングテーマを担当させていただくことになりました! 自分もたくみ、みやこと同じく『ドラゴンクエスト』と共に育ってきたので、原作の漫画を読みながら共感が止まらず、つい顔がほころんでいました! 最近も久し振りにドラクエXに復帰しようかと悩んでいます…! 読んでいて幸せになれる、心温まる作品に寄り添えるような楽曲に仕上がっているので、楽しみにしていただければと思います!”と語った。

楽曲についてドラマプロデューサーは“幅広く柔軟な楽曲創作力を持ち、若い層に支持されているアーティストを求めた“ドラマ制作チーム”と、『ドラゴンクエスト』に思い入れを持っていた“そらる”との相思相愛で、オープニングテーマを担当して頂くこととなりました。提供して頂いた楽曲は、本ドラマの始まりの扉として、作品の雰囲気を表し、これから見る方々の気分を高めてくれるものになっているかと思います。ドラマと合わせて、楽曲も楽しんで頂けたら幸いです”とのこと。見どころ満載のオープニングテーマとなっているので、ぜひチェックを!

ドラマはMBS(1月6日毎週日曜24:50〜)、TBS(1月8日毎週火曜25:28〜)、CBC(1月31日毎週木曜25:29〜)、HBC(1月14日毎週月曜25:27〜)他で放送され、U-NEXTでの独占配信も決定。ドラマのオープニングを飾る、そらるの楽曲に乞うご期待。

ドラマイズム『ゆうべはお楽しみでしたね』

<放送情報>
MBS/TBSドラマイズム枠にて1月より放送
MBS:1月6日より毎週日曜24:50〜
TBS:1月8日より毎週火曜25:28〜
※初回は、MBS:1月6日深夜25:20〜/TBS:1月8日深夜25:33〜

その他放送地域 …
CBC:1月31日より毎週木曜25:29〜
HBC:1月14日より毎週月曜25:27〜 ほか
配信情報…
U−NEXTにて1月9日より毎週水曜日12:00配信開始

<主演>おかもとみやこ(ゴロー♂)…本田翼 さつきたくみ(パウダー♀)…岡山天音
<オープニング>そらる
<原作>金田一蓮十郎(掲載「ヤングガンガン」スクウェア・エニックス刊)
スクウェア・エニックス(ドラゴンクエストX オンライン)
<監督>田口清隆
<脚本>吹原幸太
<制作>ダブル・フィールド
<製作>「ゆうたの」製作委員会・MBS

【原作情報】
ヤングガンガンコミックス『ゆうべはお楽しみでしたね』
著者:金田一蓮十郎
掲載:「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス刊)
1〜5巻、大好評発売中!
最新6巻、2019年1月25日発売!
デジタルコミック限定フルカラー版1〜4巻、絶賛発売中!

『ドラゴンクエストX オンライン』好評発売中!
製作・開発:スクウェア・エニックス
対応機種:Wii U TM、Windows(R)、PlayStation(R)4、Nintendo Switch TM、ニンテンドー3DS TM

■ドラマ公式サイト https://www.mbs.jp/yutano/
(c)金田一蓮十郎/SQUARE ENIX
(c)ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(c)「ゆうたの」製作委員会・MBS



【関連リンク】
そらる、初のドラマタイアップは『ドラクエ』から始まるシェアハウスラブコメに決定
そらるまとめ
GANG PARADE、アルバム『LAST GANG PARADE』の新ビジュアルを解禁

【関連アーティスト】
そらる
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, 発表, 新曲, ゲーム, TVドラマ, 主題歌, オープニング

GANG PARADE、アルバム『LAST GANG PARADE』の新ビジュアルを解禁
Wed, 19 Dec 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GANG PARADEが2019年1月8日にリリースするアルバム『LAST GANG PARADE』のジャケット写真と新アーティスト写真が公開となった。

今作『LAST GANG PARADE』は現9人体制で初のアルバム。オリコンシングルデイリーチャートで1位を獲得した「BREAKING THE ROAD」「GANG 2」「CAN\'T STOP」のシングル3曲や、メンバー自ら作詞作曲した楽曲を含む、全10曲が収録されるのでお楽しみに。

また、12月11日には現9人体制初の映像作品Blu-ray『GANG PARADE oneman live at Zepp Tokyo』をリリースしており、こちらでは9月20日(木)に開催され自身最大規模の公演となったZepp Tokyoでのワンマンライブを観ることができる。ライブ映像の本編終了後に収録されている「CAN\'T STOP」の映像がYouTubeにて公開中なので、こちらも併せてチェックしてほしい。

アルバム『LAST GANG PARADE』

2019年1月8日発売



TPRC-0216/¥3,000+税
<収録曲>
01.LAST
作詞:松隈ケンタ×JxSxK / 作曲:松隈ケンタ
02. GANG 2
作詞:JxSxK×松隈ケンタ / 作曲:松隈ケンタ
03. Message
作詞:ヤママチミキ/作曲:松隈ケンタ
04. HERETIC
作詞:カミヤサキ / 作曲:松隈ケンタ
05. BREAKING THE ROAD
作詞:JxSxK×松隈ケンタ / 作曲:松隈ケンタ
06. Jealousy Marionnette
作詞:テラシマユウカ / 作曲:LyLy
07. 夜暗い夢
作詞:ユメノユア×ハルナ・バッ・チーン / 作曲:ハルナ・バッ・チーン
08. 正しい答えが見つからなくて
作詞:ユイ・ガ・ドクソン / 作曲:松隈ケンタ
09 CAN\'T STOP
作詞:JxSxK×松隈ケンタ / 作曲:松隈ケンタ
10. BOND
作詞:ユメノユア / 作曲:momen



【関連リンク】
GANG PARADE、アルバム『LAST GANG PARADE』の新ビジュアルを解禁
GANG PARADEまとめ
The BONEZ、盟友3バンドと5都市を巡るツアー&10-FEETとの共同企画を発表

【関連アーティスト】
GANG PARADE
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, グループ, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス

The BONEZ、盟友3バンドと5都市を巡るツアー&10-FEETとの共同企画を発表
Wed, 19 Dec 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年に全国26カ所+アジアツアーをソールドアウトさせたThe BONEZが、ゲストを迎え入れる対バンツアー『Blood In Blood Out 2019』を4年ぶりに開催する。本ツアーは“血を分け、契りを結んだバンド”というテーマで、SUPER BEAVER、ROTTENGRAFFTY、SiMをゲストに迎え、新潟、高松、福岡、広島、仙台の5都市で開催。盟友たちとのステージをお見逃しなく!

さらに、The BONEZと10-FEETによる共同企画を『Contra Act 2019』と銘打ち、東名阪3都市で行なう。ライバルとしてロックシーンの最前線で切磋琢磨してきた両バンドが、手を取る形でこの企画が実現。“対”を意味するツアータイトルはThe BONEZと10-FEETでしか成し得ない相対するステージを作るという信念が込められており、3日間のプレミアムライヴは必見だ。

なお、両ツアーとも12月19日(水)よりチケット先行予約受付がスタートしているので、お早めにチェックしてほしい。

『The BONEZ presents “Blood In Blood Out 2019”』

2月10日(日) 新潟・LOTS
Guest BAND:SUPER BEAVER
2月20日(水) 香川・高松 Olive Hall
Guest BAND:SUPER BEAVER
2月22日(金) 福岡・DRUM LOGOS
Guest BAND:SUPER BEAVER
2月24日(日) 広島・BLUE LIVE 広島
Guest BAND:ROTTENGRAFFTY
3月01日(金) 宮城・仙台 GIGS
Guest BAND:SiM

<チケット>
前売¥4,000(税込)
※ドリンク代別途必要
※18歳以下は500円キャッシュバックあり(要身分証)
■イープラス最速プレオーダー先行
2018年12月19日(水)18:00〜2018年12月25日(火)23:00
http://eplus.jp/thebonez-bibo/

『The BONEZ×10-FEET “Contra Act 2019”』

3月06日(水) 愛知・名古屋DIAMOND HALL
3月08日(金) 大阪・なんばHatch
3月15日(金) 東京・新木場STUDIO COAST
<チケット>
前売¥4,000(税込)
※ドリンク代別途必要
※18歳以下は500円キャッシュバックあり(要身分証)
■ローソン最速プレリクエスト先行
2018年12月19日(水)18:00〜2018年12月25日(火)23:00
https://l-tike.com/st1/contraactthebonez
※スマホのみ申込み可



【関連リンク】
The BONEZ、盟友3バンドと5都市を巡るツアー&10-FEETとの共同企画を発表
The BONEZまとめ
10-FEETまとめ
SUPER BEAVERまとめ
ROTTENGRAFFTY まとめ

【関連アーティスト】
The BONEZ, 10-FEET, SUPER BEAVER, ROTTENGRAFFTY , SiM
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表, メタル, パンク, オルタナティブ, ライブ, ツアー, チケット

D、 ベスト盤をリリース! ヴィジュアル系初のネットサイン会も実施
Wed, 19 Dec 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ヴィジュアル系バンドのDが、12月19日にベストアルバム『Vampire Chronicle 〜V-Best Selection Vol.2〜』をリリースした。

このベストアルバムは、2枚組の全33曲収録でDがコンセプトにしてきた“ヴァンパイアストーリー”の楽曲を集め、新曲4曲を追加したもの。新曲は大地を司るヴァンパイア・ウィルダネスを主人公とした「千夜一夜のダラブッカ」、風を司るヴァンパイア・ラファーガを主人公とした「Ghost in the mirror」、水を司るヴァンパイア・キルヒアイス、火を司るヴァンパイア・カーバンクルを含めた四騎士が活躍するインスト曲「Stray children」、ドラムソロ曲「ザハブを継ぐ者」という、ベストアルバムに書き下ろされた楽曲である。

初回生産限定盤は2CD+2DVD+豪華写真集28P+12inch LPサイズ特殊仕様BOXパッケージで、2018年4月に品川インターシティホールで行なった『「Narrow Escape」Final Live』を収めたDVDがセットになった、豪華なベストアルバムだ。

そして、現在発表となっているインストアイベントの中には、ヴィジュアル系バンドとしては初のネットサイン会の実施も! ネットサイン会は日頃イベントに参加できない方や遠方でなかなかイベントに来られない方も参加できるもので、イベント当日はメンバーがサインを書く模様を生配信し、購入者の名前(ニックネーム)を呼びながらイベントを進行していく。中継MCには山本昇が登場し、メンバーとのトークなども楽しみなところ。

Dはツアーファイナルであり、結成15周年、メジャー10周年イヤーのグランドファイナルとなる豊洲PIT公演が12月21日(金)に控えている。この日、D史上初の組曲「狂王」(未発表曲)を指定席でご来場の方に限定盤としてプレゼント。さらに、通常盤としても急遽発売が決定した。この楽曲はDが描き続けている“ヴァンパイアストーリー”の最新作であり、ヴァンパイアの王・ドライツェンの壮絶な様相が伝わる、まさに最高傑作と呼べる作品になっている。プレゼントされる限定盤には「第夢番」「第幻番」を含む全7曲を収録。アートワーク、そして各楽章の副題からも、ASAGIが描くこの組曲の物語の壮大さや奥深さが感じ取れるはず。詳しくはオフィシャルHPをチェックしよう!

アルバム『Vampire Chronicle 〜V-Best Selection Vol.2〜』

発売中



【初回生産限定盤】(2CD+2DVD)
YICQ-10408〜9/B〜C/¥10,000+税
※豪華写真集28P+12inch LPサイズ特殊仕様BOXパッケージ
<収録曲>
■CD DISC-1
01.Vampire Missa
02.月と海の誓約
03.翠緑の翼
04.ひび割れた柘榴石
05.千夜一夜のダラブッカ
06.ザハブを継ぐ者(Instrumental)
07.Stray children(Instrumental)
08.赤き羊による晩餐会
09.DAY WALKER
10.太陽を背にして
11.Face
12.Sleeping beautiful beast
13.月夜の恋歌
14.繭月の棺
15.Der K?nig der Dunkelheit
16.無垢なる薔薇の祈り
■CD DISC-2
01.In the name of justice
02.Underground road
03.Grand Master
04.断罪の銃士(ガンナー)
05.Arabesque
06.what is Going On with The Human
07.氷の墓標
08.Kの氷奏曲
09.Ghost in the mirror
10.愛は棺の中に
11.Desert Warrior
12.Quartet〜真夜中の四重奏〜
13.Sleeper
14.Nocturnal
15.夜の眼と吟遊詩人
16.鬨の声
17.Dandelion
■DVD DISC-1
2018.4.22「Narrow Escape」Final Live at SHINAGAWA INTERCITY HALL
01.Night−ship“D”
02.Fanfare
03.闇より暗い慟哭のアカペラと薔薇より赤い情熱のアリア
04.太陽を葬る日
05.Rosette Nebula
06.花惑
07.弾丸
08.Underground Revolution 〜反逆の旋律(メロディー)〜 〜Dr. solo、リズムセッション〜
09.Bon Voyage!
10.DEAD ROCK
11.Dearest you
12.Guardian
13.至高の美の崩壊
14.Tightrope
15.時空航海記〜光の彼方へ〜
16.Narrow Escape
■DVD DISC-2
01.BIRTH
02.7thRose〜Return to Zero〜
03.7th Rose
04.EDEN
05.春の宴
06.Dandelion



【通常盤】(2CD)
YICQ-10414〜5/¥3,000+税
<収録曲>
■CD DISC-1
01.Vampire Missa
02.月と海の誓約
03.翠緑の翼
04.ひび割れた柘榴石
05.千夜一夜のダラブッカ
06.ザハブを継ぐ者(Instrumental)
07.Stray children(Instrumental)
08.赤き羊による晩餐会
09.DAY WALKER
10.太陽を背にして
11.Face
12.Sleeping beautiful beast
13.月夜の恋歌
14.繭月の棺
15.Der K?nig der Dunkelheit
16.無垢なる薔薇の祈り
■CD DISC-2
01.In the name of justice
02.Underground road
03.Grand Master
04.断罪の銃士(ガンナー)
05.Arabesque
06.what is Going On with The Human
07.氷の墓標
08.Kの氷奏曲
09.Ghost in the mirror
10.愛は棺の中に
11.Desert Warrior
12.Quartet〜真夜中の四重奏〜
13.Sleeper
14.Nocturnal
15.夜の眼と吟遊詩人
16.鬨の声
17.Dandelion

【『Vampire Chronicle 〜V-Best Selection Vol.2〜』ご購入者対象リリースイベント】

■12月22日(土) 東京 都内某所
<ネットサイン会・お渡し会>
※開始時間、サイン会内容、配信方法等はD Official websiteをご覧ください。

■12月23日(日) 東京 タワーレコード 新宿店
<トーク+衣装2ショット or 衣装6ショット撮影+握手会>
※ASAGIはドライツェンの衣装での登場となります
※イベント開始15:00〜

■12月28日(金) 埼玉 HMV 大宮アルシェ
<ジャケットサイン&握手会>
※イベント開始20:30〜

『D結成15周年 メジャー10周年Year Grand Final』

12月21日(金) 東京・豊洲PIT
※当日は指定席でご来場者の方に組曲「狂王」(未発表曲)プレゼント有り!!!
※全公演終演後 物販購入者対象特典会有り!!!

<チケット>(一般発売中!)
■結成15周年記念 CD&限定グッズ&特典付きプレミアムピクチャーチケット¥15,000(税込)
※FC先行のみ受付
※指定席(客席前方座席)
※来場者特典CD付
※プレミアムピクチャーチケット
※限定グッズ付(お渡し方法は後日ご案内致します)
※2ショットデカチェキ&握手会参加券付
(握手は2ショット撮影時、撮影したメンバーとの握手になります)

■メジャー10周年記念 CD付きペアチケット(2枚連番)¥10,000(税込)
※連番チケット(2枚1組まで)になります。
※指定席(2枚連番)
※来場者特典CD付

■CD付き通常チケット¥5,500(税込)
※指定席
※来場者特典CD付

■後方立見チケット(結成15周年記念特別価格)¥1,500(税込)
※後方立見(一般発売分のみの取扱となります)



【関連リンク】
D、 ベスト盤をリリース! ヴィジュアル系初のネットサイン会も実施
Dまとめ
ASAGIまとめ
石崎ひゅーい、「さよならエレジー」のセルフカバーをリリース&緊急生配信も

【関連アーティスト】
D, ASAGI
【ジャンル】
ヴィジュアル, ニュース, バンド, トレーラー, CD, DVD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ライブ, ワンマン, チケット

石崎ひゅーい、「さよならエレジー」のセルフカバーをリリース&緊急生配信も
Wed, 19 Dec 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シンガーソングライターの石崎ひゅーいが、菅田将暉へ楽曲提供して大ヒット曲となった「さよならエレジー」。そのセルフカバー音源が、各音楽ストアで配信スタートとなった。

さらに、「さよならエレジー」のリリースを記念して12月19日(水)21:00よりTwitter、インスタグラムで生配信が決定! クリスマス前の緊急生配信、どんなスペシャルなことが起こるのかファンは楽しみにしておこう。

なお、12月末に行なわれる音楽フェスティバル『COUNTDOWN JAPAN 18/19』の、12月30日(日)13:30からのASTRO ARENAでの石崎ひゅーいのステージに菅田将暉がゲストで出演することも決定しているので、足を運ぶ方はぜひふたりのステージに足を運んでみてほしい。

■『石崎ひゅーい「さよならエレジー」 配信リリース記念緊急生配信』

<配信日時>
12月19日(水)21:00〜
<配信URL>
■石崎ひゅーい Twitter
https://twitter.com/huwie0307
■石崎ひゅーい Instagram
https://www.instagram.com/huwie_ishizaki

配信シングル「さよならエレジー」

発売中



¥250(税込)
■配信URL
https://erj.lnk.to/vYWGKWN

【ライブ情報】

『COUNTDOWN JAPAN 18/19』
会場:千葉県 幕張メッセ国際展示場1〜11ホール、イベントホール
12月30日(日)13:30〜ASTRO ARENA
石崎ひゅーいステージ ゲスト:菅田将暉
■イベントHP http://countdownjapan.jp/
<2019年>
『石崎ひゅーい アンコールツアー・バンドファイナル』
〜もっともっと編〜
1月08日(火) 東京・SHIBUYA CLUB QUATTRO
〜ファイトファイト編〜
1月09日(水) 東京・SHIBUYA CLUB QUATTRO
<チケット>
4,500円(整理番号付・税込・別途ドリンク代必要)
※6才以上チケット必要、5才以下入場不可
※チケット発売中!



【関連リンク】
石崎ひゅーい、「さよならエレジー」のセルフカバーをリリース&緊急生配信も
石崎ひゅーいまとめ
菅田将暉まとめ
9mm Parabellum Bullet、レギュラー配信番組の年内ラスト回は生放送でお届け

【関連アーティスト】
石崎ひゅーい, 菅田将暉
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, 音楽配信

9mm Parabellum Bullet、レギュラー配信番組の年内ラスト回は生放送でお届け
Wed, 19 Dec 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9mm Parabellum Bulletのレギュラー配信番組『Waltz on LINE LIVE(ワルツオンラインライブ)』の2018年ラスト配信が、12月21日(金)21:00から行なわれることが急遽決定! この番組は2017年9月にスタートし、9mmのメンバーや親交のあるミュージシャンをゲストに迎え、トークや弾き語りを行なってきた。

11回目となる今回は、9mmのメンバーに加え、サポートギターを務める武田将幸(HERE)、為川裕也(folca)も出演し、史上最多の出演者での配信となる。1年の振り返りとともに、2019年にバンドが15周年を迎える記念すべき1年に向けてのトークを中心に、オフィシャルHPに出現したカウントダウンについても語られるとのこと。さらに、菅原卓郎(Vo&Gu)、中村和彦(Ba)、かみじょうちひろ(Dr)の3人によるユニット、AC 9mmが開催した東京グローブ座でのワンマンから初出し映像も配信される。

HPのカウントダウンがゼロになった瞬間、何が起こるのか? 気になっている人は絶対にチェックしてほしい。

『Waltz on LINE LIVE年末SP!!』

12月21日(金)21:00〜
出演:9mm Parabellum Bullet、武田将幸(HERE)、為川裕也(folca)
■配信URL https://live.line.me/channels/73/upcoming/10204434



【関連リンク】
9mm Parabellum Bullet、レギュラー配信番組の年内ラスト回は生放送でお届け
9mm Parabellum Bulletまとめ
HEREまとめ
folcaまとめ
AC 9mmまとめ

【関連アーティスト】
9mm Parabellum Bullet, HERE, folca, AC 9mm
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表, 配信, メタル, ハードコア, オルタナティブ, 音楽番組, 出演

『THE RENAISSANCE』にはTHE ALFEEがブレイク後に示した堂々たるロックサウンドがある
Wed, 19 Dec 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今年結成45周年、来年にはデビュー45周年を迎える、現在進行形の伝説、THE ALFEE。彼らのすごさを今回の名盤紹介だけで書き切れるとは到底思わないが、それでもTHE ALFEE本格ブレイク後のオリジナルアルバム『THE RENAISSANCE』について個人的に思うことを記してみた。若い読者に少しでも興味を持ってもらえたら幸いである。

■2700本超! 圧倒的なライヴ本数

先日、何気なくSNSを眺めていたら、『日経エンタテインメント!』の“2018年度コンサート動員力ランキング”なる記事が流れてきた。1位は東方神起。そして、女性の1位が安室奈美恵。なるほど。その他、B’z、福山雅治、嵐を筆頭としたジャニーズ勢、EXILEらLDH勢と、上位にはそうそうたるライヴアーティストが名を連ねている。そんな中、48位にTHE ALFEEの名前を見つけた。“さすがだなぁ”と思うと同時に、THE ALFEEの場合、今年がずば抜けて公演数が多かったわけではなかろうと思い立って、興味本位で昨年の同ランキングを調べてみた。2017年。THE ALFEEは47位。何とポール・マッカートニーよりも上だ(ポールはこの年48位)。何かすごい。さらにその前年も調べてみる。2016年。41位だ。2015年は48位。2014年は何と33位。ランキング上位ではないものの、毎年50位以内に顔を出している。そりゃあ、順位は前述のアーティストやアイドル勢には適わないものの、ある年だけにランクインしてその他の年にはまったく出て来ない人たちも少なくない中、THE ALFEEはコンスタントにランクインし続けていた。

その公演数にも注目した。2018年56公演。2017年52公演。2016年56公演。2015年54公演。2014年55公演。ここ5年間、THE ALFEEの公演数は毎年50公演を超えている。この数字はロック、ポップスでは結構多いほうだ。倍とは言わないが、その他アーティストの1.5倍程度の公演数ではある(演歌、アイドルは、昼夜2回公演や、専用劇場でチーム別の公演を行なっていたりして、公演数は多いので、それらとの単純比較は難しい)。同ランキングを眺めてもらえればお分かりになっていただけると思うが、公演数が少ないバンド、アーティストは会場の規模が大きい。どこで何回やったとか細かく掲載されているわけではないが、顔触れだけ見てもドームやアリーナでライヴをやっていることが分かる。すなわち、キャパシティーが大きいので動員数が多いということも分かる。一方、THE ALFEEの場合、もちろん日本武道館や大阪城ホールでのコンサートもあるが、公演のほとんどは所謂ホールや会館と思われる。公演数が多いということはそういうことだろう。

2017年の同ランキングを見ると分かりやすい。47位のTHE ALFEEは52公演で18万人。48位のポール・マッカートニーは4公演で17.9万人(※数字はいずれも『日経エンタテインメント!』の“2017年度コンサート動員力ランキング”から)。1公演あたりの平均動員数は、THE ALFEE約3500人、ポール約4万5000人となり、生臭い言い方をして申し訳ないが、こうして見てもTHE ALFEEのほうが細かく稼いでいることが鮮明となる。

しかも、これはここ数年の話ではない。THE ALFEEはそれを何十年間も続けてきた。さらに調べてみたら、彼らは1982年から毎年全国を回っており、春と秋の年間2回のツアーをほぼ欠かしたことがない。コンサート総数は今年10月ついに2700本を超えた。単純計算では、年間平均75本のコンサートをこの36年間ずっと続けてきたこととなる。

浮き沈みの激しい音楽業界において、高いレベルでコンスタントにライヴ活動を続けているのは相当に凄まじい事実だ。コンサート制作に関わるものであれば、ほとんど奇跡的とすら思うのではなかろうか。さらに言えば、これだけの偉業はソロアーティストでもかなり難しいことではあろうが、THE ALFEEはグループであり、離合集散の激しいロックバンドに分類される形態である。1982年以降、どれだけのバンドが世に出て、解散していったか、考えるまでもなかろう。そう考えるとTHE ALFEEは奇跡的ではなく、完全に奇跡と言っていい。今年のツアータイトル『Ch?teau of The Alfee』とはよく付けたもので、THE ALFEEは長年かけて誰も成し得なかった自らの城を築き上げているのだ。

■苦節9年の末、 「メリーアン」でブレイク

そんなTHE ALFEEも、デビュー時から順風満帆というわけではなかった。1974年に4人組でデビューするもヒットに至らず、1975年にメンバーのひとりが脱退。その時、用意していたシングルが発売中止となったこともあって、当時契約していたレコード会社を離れ、しばらくの間、今で言うインディーズでの活動を余儀なくされた。そんな経歴を持つ。1979年に再デビュー。高見沢俊彦がエレキギターを持ち、そのサウンドが徐々にロック色を強めていく中で、コンサートの動員は伸びていったが、その名を全国区にするまでにはもうしばらく時間を要した。THE ALFEE、ブレイクのきっかけが1983年6月発売のシングル「メリーアン」であったことは議論を待たないと思うが、そこに辿り着くまで、最初のデビューから実に9年。再デビューから数えても4年もかかった。“石の上にも三年”と言うから、THE ALFEEの辛抱はそれ以上だったことになる。これもまたすごい事実だ。

THE ALFEE、初のチャートトップ10入り。この楽曲で『第34回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たした「メリーアン」は彼らの代表曲のひとつであることは間違いないが、メンバーにとって、とても深い思い入れがある曲というわけでないらしい。いや、そういう書き方だと語弊がある。「メリーアン」はもともとアルバムの中の一曲として作られたもので、メンバーがことさらヒットを狙って作ったものではなかったという。この頃、メンバーは同年8月に開催が決まっていた初の日本武道館公演へ意識を集中していたそうで、スタッフが「メリーアン」をシングルに推した時も“何でもいい”といった感じだったそうである。ライヴ活動にこだわるTHE ALFEEらしいエピソードであると同時に、ヒット曲が生まれるのは得てしてそういう時であることを示した話でもある。

むしろ「メリーアン」のあとのほうが大変だったと、後に高見沢は述懐している。周りからは“(本当の)勝負は次”と言われ続けたそうである。スタッフだけでなく、他のメンバーふたりからもそう言われたというから、かなりのプレッシャーだったようで、大分痩せたとも振り返っている。そこで完成したのが8thアルバム『THE RENAISSANCE』に“Long Version”が収められている「星空のディスタンス」である。

■人気を決定付けた 「星空のディスタンス」

「星空のディスタンス」もまたTHE ALFEEを代表する楽曲であり、そればかりか、個人的には80年代のJ-ROCKを代表するナンバーのひとつではないかと思うほど、とにかくよくできた楽曲である。イントロからして存在感が在りすぎる。イントロは少なくとも当時の歌謡シーンではあり得なかった長さではあるが、ギターの旋律が極めてキャッチー。高見沢はDeep Purple「Smoke on the Water」やLed Zeppelin「Communication Breakdown」のように歌メロよりもギターリフのほうが印象に残る──そんな曲を意識したという。外連味たっぷりに進行するメロディーに合わせて、そこに躍動感を加味するドラムス。真打登場の“待ってました!”感にも似た、今も耳にする度にアガるイントロだ。長尺は高見沢は確信犯的に臨んだというが、ここまで高揚感があるのであれば長くても全然オーケー。日本音楽史に残る会心のイントロだと思う。歌が始まると一転、バンドアンサンブルは比較的シンプルに落ち着く。これは、歌メロ、桜井賢の美声、そしてTHE ALFEE最大の武器と言える3人のハーモニーをより良く魅せるための施法だろう。バッキングをじっくり聴くととても丁寧に作られていることが分かる。

『THE RENAISSANCE』に収録されたM5「星空のディスタンス (Long Version)」はアウトロが伸びて、速弾きのギターソロのあと、ピアノ+ヴォーカル(ハーモニー含む)でサビがもう一度聴けるという作りだ。この追加された部分は──誤解を恐れずに言えば、“JAPAN”を背負って海外でも活躍するヴィジュアル系大物バンドに似た雰囲気。無論、THE ALFEEがそのシーンの元祖だとか、影響を与えたとか何だと言うつもりはさらさらない。そこは強調させてもらうが、以前、高見沢がビジュアル系のイベントに出演したり、そのシーンで活躍する後輩たちから慕われたりするのは、氏のルックス面だけでなく、M5「星空のディスタンス (Long Version)」のアウトロで見せたような、耽美なサウンドメイクも少なからず関係しているのではないか。そんなことも少し思う。

■確信を持ってロックを前面に打ち出す

THE ALFEEはもともと桜井が高校時代に所属していたフォークグループ“コンフィデンス”が母体であり、デビュー時のスタイルもフォーク。再デビュー以降、高見沢が全ての楽曲を手掛けることになってから徐々にロック色を強め、1982年の5thアルバム『doubt,』でその割合が増えたと言われている。1983年の7thアルバム『ALFEE\'S LAW』においては、「メリーアン」の他、バンド史上初のスピードメタルも披露している。「星空のディスタンス」で音楽シーンでの確固たるポジションを確立した後の作品、8thアルバム『THE RENAISSANCE』ともなると、完全にロックのリミッターは外れたと言っていい。

鐘の音〜クラシカルなシンセで幕を開けるM1「孤独の美学」は、プログレ寄りのハードロックといった印象。歌の主旋律はメロディアスで、サビはキャッチーで親しみやすいのだが、ツーバスの面白いリズムの取り方であったり、間奏で転調しての速弾きギターソロであったり、そこからブレイクを経てリフに展開する様子であったり、決して長い曲ではないものの、構成がとてもドラマチックだ。そして、これもまた劇的な展開を見せるM2「愛の鼓動」に続く、M3「真夜中を突っ走れ!」は米国西海岸を彷彿させるカラッとしたR&R。さらにM4「二人のSEASON」ではシャッフルのブギーと、複雑さだけでなく、ベーシックもしっかり押さえている(まぁ、この時点でTHE ALFEEはデビュー10周年だったのだから、“ベーシックもしっかり押さえている”とは随分と失礼な物言いだが…)。それでいて──M4「二人のSEASON」が特にそう感じるのだけれども、サビメロの抑揚もドラマチックで、THE ALFEEでしか作り得なかったロックになっているのはさすがの貫禄と言えるだろう。この時期すでにCDは商品化されていたが、割合としてはまだアナログ盤のほうが圧倒的で、M5「星空のディスタンス (Long Version)」でA面を締め括る構成は時代を感じさせるところではある。

B面がM6「GATE OF HEAVEN」で始まり、M7「鋼鉄の巨人」と続く辺りは、完全にリミッターを外した証左であろう。M6「GATE OF HEAVEN」は8分27秒にも及ぶプログレ大作。3人ともがヴォーカルを取り、アコースティックからハードロック、変拍子があったり、アウトロ近くはボレロ風なマーチングビートを取り入れていたりと、まさに何でもあり。歌詞での《自由の旗を心にかざせ》の通り、その精神が発揮されたナンバーだ。M7「鋼鉄の巨人」は、この前作『ALFEE\'S LAW』においては初披露したスピードメタルの第二弾。間奏でのライトハンドなどメタルをかなり意識的にやっていることが分かる。以降、どことなく米国のロックバンド、Starshipを彷彿させる、アニメ映画の主題歌にもなったM9「STARSHIP -光を求めて-」、リズムレスでパイプオルガンを導入するなど、これまたプログレを完全に意識しているM10「永遠の詩」もいいが、個人的に最も注目したのはM8「NOBODY KNOWS ME」。佐野元春っぽいニューウェイブさもありつつ、その師匠筋に当たる大滝詠一っぽいセンスが見え隠れしつつ、THE ALFEEの3人のコーラスワークが加味されて、さらに全てのご先祖様とも言えるBrian Wilsonっぽさも感じさせる。ハードロックテイストの強い作品の中で一本調子を避けてミディアムを入れたのだろうが、THE ALFEEの出自から考えるとフォーキーに仕上げそうなところ、こういう仕上げ方をするとは懐が深い。これまた流石である。

最後に──サウンド全体に見るアコギの存在感について少し記したい。『THE RENAISSANCE』は、これだけハードロック、プログレテイストの強いサウンドながら、アコースティックギターは隠れていない。やはりというか、当たり前というか、ステージでの立ち位置通り、THE ALFEEの中心には坂崎幸之助がいることが分かる。組曲的にさまざまなパートが連続するM6「GATE OF HEAVEN」や、リズムレスのM10「永遠の詩」が、そのことが分かりやすいが、白眉はM2「愛の鼓動」ではないかと思う。サビに注目してほしい。エレキギターと激しいドラミングが支配している楽曲ではあるが、サビに重なるアコギのアルペジオは、まさに楽曲全体の雰囲気を決定付けるほど、絶妙な入り方をしている。この辺はコンポーザーである高見沢の指示によるところなのか、あるいは卓越した音楽知識を持つ坂崎が導いたものか、どういう経緯で出来上がったのか分からない。しかしながら、『THE RENAISSANCE』の時点でこういったアレンジができたことは、THE ALFEEが単なるハードロックバンドに止まることなく、現在まで走り続ける息の長い存在となった、その秘訣のようなものが隠されているのではないだろうか。

TEXT:帆苅智之

アルバム『THE RENAISSANCE』

1984年発表作品



<収録曲>
1.孤独の美学
2.愛の鼓動
3.真夜中を突っ走れ!
4.二人のSEASON
5.星空のディスタンス (Long Version)
6.GATE OF HEAVEN
7.鋼鉄の巨人
8.NOBODY KNOWS ME
9.STARSHIP -光を求めて-
10.永遠の詩



【関連リンク】
『THE RENAISSANCE』にはTHE ALFEEがブレイク後に示した堂々たるロックサウンドがある
THE ALFEEまとめ
『アニュータ』の楽曲再生数ランキングによる年間大賞を坂本真綾、Aqoursらが受賞

【関連アーティスト】
THE ALFEE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!, アルバム

『アニュータ』の楽曲再生数ランキングによる年間大賞を坂本真綾、Aqoursらが受賞
Wed, 19 Dec 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

アニソン定額配信アプリ『アニュータ』が、同サービス内での楽曲再生数を元にした年間ランキング大賞『ANiUTa AWARD 2018』を発表した。

前回は『アニュータ』のサービス開始1周年を記念した形で実施していたが、2018年は装いも新たに“年間の音楽賞”として開催。サービス内での再生回数を集計し、最も再生された楽曲・アーティストを表彰するという、アニソンファンの視聴動向を強く反映したアワードとなっている。

気になる2018年の受賞者は、シングルランキング部門に坂本真綾の「逆光」、男性ソロアーティスト部門にオーイシマサヨシ、女性グループアーティスト部門にAqoursなど、本年活躍した面々が受賞を果たした。

特設ページでは、受賞された各アーティストからの動画やテキストによるコメントを掲載! また、本アワードの発表に合わせて、受賞アーティストからピックアップし、受賞記念サインのプレゼント企画も開催される。プレゼントは特設ページおよびアニュータ公式Twitterから応募できるので、ぜひチェックしてほしい。

なお、現在『アニュータ』では初月1カ月無料のキャンペーンを実施しているので、気になった方はぜひこの機会にダウンロードしてみてはいかがだろうか。

■『ANiUTa AWARD 2018』特設ページ
https://aniuta.co.jp/contents/213039

■ANiUTa 公式Twitter
https://twitter.com/ANiUTa_PR

■『ANiUTa AWARD 2018』 受賞者一覧

シングルランキング部門:坂本真綾「逆光」
アルバムランキング部門:高木さん(CV:高橋李依)
『からかい上手の高木さん Cover song collection』
男性ソロアーティスト部門:オーイシマサヨシ
男性グループアーティスト部門:IDOLiSH7
女性ソロアーティスト部門:坂本真綾
女性グループアーティスト部門:Aqours
冬アニメ主題歌部門:亜咲花「SHINY DAYS」
春アニメ主題歌部門:大橋彩香「NOISY LOVE POWER☆」
夏アニメ主題歌部門:スタァライト九九組「星のダイアローグ」
秋アニメ主題歌部門:OxT「UNION (TV Size)」
劇場版主題歌部門:ワルキューレ「ワルキューレは裏切らない」
#NowPlayingランキング部門:スタァライト九九組「Star Divine」

※集計期間:2018年1月1日〜10月31日
※集計方法:アニュータのサービス内において、ユーザーによる楽曲再生回数を、部門ルールに従って集計

【各部門について】

■シングルランキング部門
アニュータのサービスを通じ、再生回数が最も多かった楽曲に贈られます。

■アルバムランキング部門
アニュータのサービスを通じ、アルバム収録曲合算での再生数が最も多かったアルバムに贈られます。

■男性/女性ソロアーティスト部門
アニュータのサービスを通じ、楽曲再生数が合算で最も多かった男性/女性ソロアーティストに贈られます。

■男性/女性グループアーティスト部門
アニュータのサービスを通じ、楽曲再生数が合算で最も多かった男性/女性グループアーティストに贈られます。

■冬/春/夏/秋アニメ主題歌部門
各クールで放送されたアニメの主題歌(OP/ED)のうち、アニュータのサービスを通じて、最も再生数が多かった楽曲に贈られます。

■劇場版主題歌部門
2018年に劇場公開されたアニメ映画の主題歌(OP/ED)アニュータのサービスを通じて、最も再生数が多かった楽曲に贈られます。

■#NowPlayingランキング部門
アニュータで再生中の楽曲をTwitterハッシュタグつきでツイートできる「#NowPlaying」機能でユーザーがツイートした回数が最も多かった楽曲に贈られます。

『アニュータ』ダウンロードURL

・Apple store https://itunes.apple.com/jp/app/id1214791564
・Google Play https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.aniuta.android.aniutaap
※現在、初月1カ月無料のキャンペーンを実施中!



【関連リンク】
『アニュータ』の楽曲再生数ランキングによる年間大賞を坂本真綾、Aqoursらが受賞
坂本真綾まとめ
Aqoursまとめ
オーイシマサヨシまとめ
高橋李依まとめ

【関連アーティスト】
坂本真綾, Aqours, オーイシマサヨシ, 高橋李依, IDOLiSH7, 亜咲花, 大橋彩香, スタァライト九九組, oxT, ワルキューレ
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, アニメ・声優, ニュース, ランキング, アニメ, 音楽配信

『ORANGE RANGE presents “テレビズナイト019”』、あいみょんやテツandトモなど第一弾出演者発表
Wed, 19 Dec 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4月13日(土)にホームタウンの沖縄市にあるコザ・ミュージックタウン音市場&音楽広場で開催される『ORANGE RANGE presents “テレビズナイト019”』の第一弾出演者が発表となった。

ORANGE RANGEがデビュー前から主催するイベントとして、多種多様なジャンルを織り交ぜて開催するこのイベントにふさわしい、シンガーソングライターのあいみょん、テレビズナイト常連であるプロスケートボーダーの才哲治、『NHK紅白歌合戦』にも出場したお笑い芸人のテツandトモ、世界から注目されるマジシャンのMASA MAGICと、バラエティーに富んだ多彩な4組が決定!

12月19日(水)正午より、チケット一般発売に先駆けてイベントオフィシャル一次先行予約もスタートしている。

■『ORANGE RANGE presents “テレビズナイト019”』

日程:2019年4月13日(土)
会場:沖縄・ミュージックタウン音市場&音楽広場(沖縄県沖縄市上地1-1-1 コザ・ミュージックタウン1F&3F)
時間:【3F有料エリア】開場16:30 / 開演17:15(予定)
※1F無料エリアの時間は後日発表
料金:スタンディング【通常チケット】5,500円/【お得な早割チケット】4,800円/【もっとお得な早割ペアチケット】8,500円/【学割チケット】3,800円/【沖縄県民限定学割チケット】3,300円(共に税込/ドリンク代別途必要)
※小学生以上チケット必要
※学割チケットの券種は、小学生・中学生・高校生・専門学校生・短大生・大学生・大学院生が対象(入場時に学生証の提示必須)
問い合わせ:PMエージェンシー 098-898-1331(平日10:00〜18:00)

<第一弾出演者>
ORANGE RANGE
あいみょん
才哲治(SKATEBOAD)
テツandトモ(お笑い芸人)
MASA MAGIC(マジシャン)
and more!!

◎『テレビズナイト019』オフィシャル一次先行予約詳細
受付期間:2018年12月19日(水)12:00〜2018年12月25日(火)23:59
http://w.pia.jp/t/tvsnight019-of/
※お一人様4枚まで。1回につき1券種のみお申込いただけます。
※早割・早割ペアチケットの取り扱いはございません。

■『テレビズナイト019』特設サイト
https://orangerange.com/tvsnight019/

アルバム『ELEVEN PIECE』

発売中



【初回限定盤】(CD+DVD+音声特典用プレイパスコード)
VIZL-1419/¥4,500+税
※スリーブケース仕様
<収録曲>
01.Ryukyu Wind -ELEVEN PIECE ver.-
02.センチメンタル
03.Destroy Rock and Roll
04.Hopping
05.楽園Paradise
06.Happy Life
07.大きな夢の木
08.ワジワジ feat.ペチュニアロックス
09.Theme of KOZA
10.KONNICHIWA東京
11.Girl/Boy Song feat.ソイソース



【通常盤】(CDのみ)
VICL-65040/¥3,000+税

配信シングル「Family」

配信中



¥500(税込)
<収録曲>
01.Family
02.Family(Instrumental)
03.Family(NHK「みんなのうた」放送ver.)

■配信リンクはこちら。
https://jvcmusic.lnk.to/orangerange_family



【関連リンク】
『ORANGE RANGE presents “テレビズナイト019”』、あいみょんやテツandトモなど第一弾出演者発表
ORANGE RANGEまとめ
あいみょんまとめ
テツandトモまとめ
女子高生シンガーソングライターの琴音が3月にメジャーデビュー

【関連アーティスト】
ORANGE RANGE, あいみょん, テツandトモ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, シンガーソング・ライター, 発表, ポップス, フォーク, ダンス, ヒップホップ, ラップ, ライブ, チケット

女子高生シンガーソングライターの琴音が3月にメジャーデビュー
Wed, 19 Dec 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

女子高生シンガーソングライターの琴音(ことね)が、メジャーデビュー作品となるE.P.『明日へ』を3月6日にリリースすることが決定した。

あわせて、ジャケット写真も公開。ジャケット写真は写真家、戎康友による琴音のポートレートで、彼女が持つ神秘性や表現者としてのエネルギーを感じる存在感のある写真となっている。

なお、収録内容は後日発表とのこと。そして、先日発表された初の全国ツアーのチケット2次先行受付が12月19日(水)23 :59までなので、お忘れなく!

■【琴音 コメント】

「この作品のタイトルは、悲しいことや、やり切れないことがあった時、この音楽を聴いて少しでも前向きに明日を迎えてほしいという思いを込めてつけました。
この作品を聴いてまた明日も頑張ろうと思って頂ければ嬉しいと思っています」

E.P.『明日へ』

2019年3月6日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1539/¥2,000+税
【通常盤】(CDのみ)
VICL-65135/¥1,300+税

【ライブ情報】

■2019 年春、初の全国ツアー決定 !
3月17日(日) 名古屋ell. FITS ALL(愛知)
3月24日(日) 南堀江knave(大阪)
3月31日(日) 長岡市民交流ホールA(新潟)
4月03日(水)  Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE(東京)
<チケット>
全席指定 3,900円(税込)  
立見(名古屋・大阪・東京) 3,500円(税込)
※別途ドリンクがかかります。(名古屋・大阪・東京)
チケット2次先行受付:http://eplus.jp/kotone19



【関連リンク】
女子高生シンガーソングライターの琴音が3月にメジャーデビュー
琴音まとめ
AbemaTV『日村か?ゆくフォークソンク?大会』第一回大会優勝の果歩、シングル初流通が決定

【関連アーティスト】
琴音
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, 発表, 新曲, リリース, 発売, EP, ポップス, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット

AbemaTV『日村か?ゆくフォークソンク?大会』第一回大会優勝の果歩、シングル初流通が決定
Wed, 19 Dec 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

新潟出身の19歳のシンガーソングライター、果歩が2月6日に初流通作品となるシングル「光の街」をリリースする。このシングルはタワーレコード、ヴィレッジヴァンガード、Amazonのみでの販売となる。

また、シングルの発売を記念して、2月に東京と地元・新潟でのレコ発ライヴ企画も決定した。

果歩は2017年に崎山蒼志を見出したことて?知られるAbemaTV『日村か?ゆくフォークソンク?大会』の第一回大会で強烈なインハ?クトを残して優勝し、大きな話題となった。2018年には『未確認フェスティハ?ル2018』のセミファイナルに出場している。2019年注目のシンガーソングライターとなること間違いなしなので、ぜひチェックしてみてほしい。

なお、このリリースに先駆け、ライヴハウスと通販のみで販売していた自主制作盤『サヨナラブルー』と『妄想ガール』がタワーレコード新宿店と新潟店で限定販売されることになった。

シングル「光の街」

2019年2月6日発売



MKLP-003/¥926+税
※タワーレコート?/Amazon/ウ?ィレッシ?ウ?ァンカ?ート?限定販売
<収録曲>
01.光の街
02.ハ?ント?カ?ール・ハ?ント?ホ?ーイ
03.あいつとライブハウス

自主制作盤『サヨナラブルー』

発売中



MKLP-002/¥500 (税込)
※果歩高校卒業ep.
※タワーレコード新宿店、新潟店限定販売
<収録曲>
1.サヨナラブルー
2.ヒカリ
3.ポニーテールlive ver.(2017.12.08@CLUB RIVERST)

自主制作盤『妄想ガール』

発売中



MKLP-001/¥1,000 (税込)
※タワーレコード新宿店、新潟店限定販売
<収録曲>
1.ポニーテール 
2.充くん 
3.しあわせ 
4.妄想ガール(バンドアレンジver.)
5.ネコ顔手荒れ少年(ライブver.)


『果歩レコ発企画「バンドガール・バンドボーイ」』

2月12日(火) 東京 下北沢MOSAiC
OPEN 18:00 / START 18:30
チケット: 前売2500円

『Stylish FellowS「果歩とメレのレコ発祝い」』

2月24日(日) 新潟 CLUB RIVERST
OPEN 16:30 / START 17:00
Adv.¥1,500 / Door.¥2,000(税込/D代¥300別)
※高校生以下¥1,000(税込/D別)
出演:果歩、メレ、ザ・ジュアンズ、スケールワーム、FORCE TICKS、The Sempre
O.A:坂本友愛

チケット:CLUB RIVERST店頭販売及び電話予約/各出演者の直接販売及び予約
お問合せ:CLUB RIVERST 025-250-0430



【関連リンク】
AbemaTV『日村か?ゆくフォークソンク?大会』第一回大会優勝の果歩、シングル初流通が決定
果歩まとめ
KISS、初ライヴとファイナルツアーを祝うベスト盤がCD&LPで登場!

【関連アーティスト】
果歩
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス, テレビ番組, 反響, ライブハウス, ライブ, チケット

KISS、初ライヴとファイナルツアーを祝うベスト盤がCD&LPで登場!
Wed, 19 Dec 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

KISSの最新ベストアルバム『KISSWORLD ? THE BEST OF KISS』が1月25日にリリースされ、3月29日にはLPで発売されることがわかった。

このリリースはKISSが1973年1月30日にバンドとして初のライヴを行なった記念。そして、1月31日(木)のバンクーバーから始まる『End Of The Road』ファイナルツアーを祝うものとなる。

『KISSWORLD ? THE BEST OF KISS』には、「ラヴィン・ユー・ベイビー」「ロックン・ロール・オールナイト」「ゴッド・ゲイヴ・ロックンロール・トゥー・ユーII」「ベス」「デトロイト・ロック・シティ」などのヒットナンバーを20曲収録。

KISSはこれまでに44枚のアルバムを発表、1億枚を超えるレコードセールスを記録。45年のキャリア集大成として、2019年から始まるファイナルツアー『END OF THE ROAD』を発表している。

アルバム『KISSWORLD ? THE BEST OF KISS』

2019年1月25日発売



【CD】
B002964202/¥2,145(税込)
<収録曲>
01.Crazy Crazy Nights
02.Rock And Roll All Nite
03.I Was Made For Lovin\' You
04.God Gave Rock ‘N\' Roll To You II
05.Detroit Rock City
06.Beth
07.Lick It Up
08. Heaven\'s On Fire
09.Tears Are Falling
10.Unholy
11.Hard Luck Woman
12.Psycho Circus
13.Shout It Out Loud
14.Calling Dr. Love
15.Christine Sixteen
16.Love Gun
17.Shandi
18.I\'m A Legend Tonight
19.Modern Day Delilah
20.Hell Or Hallelujah

■購入はこちら
https://store.universal-music.co.jp/product/b002964202/



【2LP】
773-7512/¥4,320(税込)
※2019年3月29日発売

■購入はこちら
https://store.universal-music.co.jp/product/7737512/



【UNIVERSAL MUSIC STORE限定カラー2LP】
773-7513/¥4,320(税込)
※2019年3月29日発売

■購入はこちら
https://store.universal-music.co.jp/product/7737513/

『END OF THE ROAD Tour NORTH AMERICAN TOUR ITINERARY』

January 31, 2019 Vancouver, BC, Canada Rogers Arena
February 1, 2019 Portland, OR Moda Center
February 2, 2019 Tacoma, WA Tacoma Dome
February 4, 2019 Spokane, WA Spokane Arena
February 7, 2019 San Diego, CA Viejas Arena
February 8, 2019 Fresno, CA Save Mart Center
February 9, 2019 Sacramento, CA Golden 1 Center
February 12, 2019 Anaheim, CA Honda Center
February 13, 2019 Glendale, AZ Gila River Arena
February 15, 2019 Las Vegas, NV T-Mobile Arena
February 16, 2019 Los Angeles, CA The Forum
February 19, 2019 Corpus Christi, TX American Bank Center
February 20, 2019 Dallas, TX American Airlines Center
February 22, 2019 New Orleans, LA Smoothie King Center
February 23, 2019 Memphis, TN FedEx Forum
February 26, 2019 Oklahoma City, OK Chesapeake Energy Arena
February 27, 2019 Kansas City, MO Sprint Center
March 1, 2019 Milwaukee, WI Fiserv Forum
March 2, 2019 Chicago, IL United Center
March 4, 2019 Minneapolis, MN Target Center
March 6, 2019 Sioux Falls, SD Denny Sanford PREMIER Center
March 7, 2019 Omaha, NE CHI Health Center Omaha
March 9, 2019 Grand Rapids, MI Van Andel Arena
March 10, 2019 Moline, IL TaxSlayer Center
March 12, 2019 Louisville, KY KFC Yum! Center
March 13, 2019 Detroit, MI Little Caesars Arena
March 16, 2019 Columbus, OH Nationwide Arena
March 17, 2019 Cleveland, OH Quicken Loans Arena
March 19, 2019 Montreal, QC, Canada Bell Centre
March 20, 2019 Toronto, ON, Canada Air Canada Centre
March 22, 2019 Long Island, NY NYCB LIVE\'s Nassau Coliseum
March 23, 2019 Uncasville, CT Mohegan Sun Arena
March 26, 2019 Boston, MA TD Garden
March 27, 2019 New York, NY Madison Square Garden
March 29, 2019 Philadelphia, PA Wells Fargo Center
March 30, 2019 Pittsburgh, PA PPG Paints Arena
April 2, 2019 Quebec City, QC, Canada Videotron Centre
April 3, 2019 Ottawa, ON, Canada Canadian Tire Centre
April 6, 2019 Raleigh, NC PNC Arena
April 7, 2019 Atlanta, GA State Farm Arena
April 9, 2019 Nashville, TN Bridgestone Arena
April 11, 2019 Tampa, FL Amalie Arena
April 12, 2019 Jacksonville, FL Jacksonville Veterans Memorial Arena
April 13, 2019 Birmingham, AL BJCC
August 6, 2019 Sunrise, FL BB&T Center
August 8, 2019 Charleston, NC North Charleston Coliseum
August 10, 2019 Charlotte, NC PNC Music Pavilion
August 11, 2019 Bristow, VA Jiffy Lube Live
August 13, 2019 Virginia Beach, VA Veterans United Home Loans Amphitheater
August 14, 2019 Newark, NJ Prudential Center
August 16, 2019 Montreal, QC Bell Centre
August 17, 2019 Toronto, ON Scotiabank Arena
August 20, 2019 Brooklyn, NY Barclays Center
August 21, 2019 Hershey, PA HersheyPark Stadium
August 23, 2019 Darien Center, NY Darien Lake Amphitheater
August 24, 2019 Saratoga Springs, NY Saratoga Performing Arts Center
August 27, 2019 Syracuse, NY St. Joseph\'s Health Amphitheater at Lakeview
August 29, 2019 Cincinnati, OH Riverbend Music Center
August 31, 2019 Indianapolis, IN Ruoff Home Mortgage Music Center
September 1, 2019 St. Louis, MO Hollywood Casino Amphitheatre
September 3, 2019 Des Moines, IA Wells Fargo Arena
September 5, 2019 Little Rock, AR Verizon Arena
September 7, 2019 Bossier City, LA CenturyLink Center
September 8, 2019 San Antonio, TX AT&T Center
September 9, 2019 Houston, TX Toyota Center
September 11, 2019 Albuquerque, NM Isleta Amphitheater
September 12, 2019 Denver, CO Pepsi Center
September 14, 2019 Salt Lake City, UT USANA Amphitheatre
September 16, 2019 Oakland, CA Oracle Arena

For more information, visit
https://www.kissonline.com/end-of-the-road



【関連リンク】
KISS、初ライヴとファイナルツアーを祝うベスト盤がCD&LPで登場!
KISSまとめ
PassCode、新曲「It\'s you」リリックビデオは“朝焼け”がテーマ

【関連アーティスト】
KISS
【ジャンル】
洋楽, ニュース, バンド, CD, アルバム, 発表, 名曲, リリース, 発売, メタル, ライブ, ツアー, ワンマン

PassCode、新曲「It\'s you」リリックビデオは“朝焼け”がテーマ
Wed, 19 Dec 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

自身初のライヴBlu-ray『PassCode 2016-2018 LIVE UNLIMITED PREMIUM BOX』とライヴCD『PassCode 2016-2018 LIVE UNLIMITED』を12月19日にリリースしたPassCode。このライヴCDに収録される新曲「It\'s you」のリリックビデオが公開となった。

同リリックビデオは“朝焼け”をテーマに実写撮影を試みた作風となっている。早速チェックしてみてほしい。

Blu-ray Box『PassCode 2016-2018 LIVE UNLIMITED PREMIUM BOX』

発売中



UIXZ-9001〜4/¥13,889+税
※形態:Blu-ray 4本セットのボックス仕様
※PassCode 2016-2018 LIVE UNLIMITED PHOTOBOOK付
<収録内容>
■Blu-ray:「PassCode VIRTUAL TOUR 2016 at Zepp DiverCity Tokyo」
AXIS / Never Sleep Again / 激動プログレッシブ/ SIGNAL / ドリームメーカー/ XYZ / MOON PHASE / Club Kids Never Die / Nextage / Kissの花束/ NINJA BOMBER / アスタリスク/ Toxic / オレンジ/ Seize the day!! / Selfish Girl / overthere / Link
※MCを含むノーカット完全版ライブ映像となります。
■Blu-ray:「PassCode MISS UNLIMITED Tour 2016 at STUDIO COAST」
MISS UNLIMITED / Toxic / Nextage / 激動プログレッシブ/ Cry Out / TRACE / AXIS / Club Kids Never Die / XYZ / ドリームメーカー/ オレンジ/ Never Sleep Again / Kissの花束/ Now I Know / アスタリスク/ MOON PHASE / from here / NINJA BOMBER / Seize the day!! / Link
※MCを含むノーカット完全版ライブ映像となります。
■Blu-ray:「PassCode ZENITH TOUR 2017 FINAL SERIES at TSUTAYA O-EAST」
Maze of mind / ONE STEP BEYOND / Scarlet night / bite the bullet / all or nothing / AXIS / rise in revolt / Same to you / Voice / TRACE / Insanity / Never Sleep Again / Club Kids Never Die / Seize the day!! / カタルシス/ MISS UNLIMITED
※MCを含むノーカット完全版ライブ映像となります。
■Blu-ray:「PassCode presents VERSUS PASSCODE 2018 at BIGCAT」
Ray / ONE STEP BEYOND / Same to you / Toxic / rise in revolt / TRICKSTER / Scarlet night / Never Sleep Again / PARALLEL / bite the bullet / TRACE / Insanity / UNTILL THE DAWN / MISS UNLIMITED
※MCを含むノーカット完全版ライブ映像となります。

Blu-ray『PassCode MISS UNLIMITED Tour 2016 at STUDIO COAST』

発売中



UIXZ-4083/¥3,500+税
<収録曲>
MISS UNLIMITED / Toxic / Nextage / 激動プログレッシブ/ Cry Out / TRACE / AXIS / Club Kids Never Die / XYZ / ドリームメーカー/ オレンジ/ Never Sleep Again / Kissの花束/ Now I Know / アスタリスク/ MOON PHASE / from here / NINJA BOMBER / Seize the day!! / Link
※MCを含むノーカット完全版ライブ映像となります。

Blu-ray『PassCode ZENITH TOUR 2017 FINAL SERIES at TSUTAYA O-EAST』

発売中



UIXZ-4084/¥3,500+税
<収録曲>
Maze of mind / ONE STEP BEYOND / Scarlet night / bite the bullet / all or nothing / AXIS / rise in revolt / Same to you / Voice / TRACE / Insanity / Never Sleep Again / Club Kids Never Die / Seize the day!! / カタルシス/ MISS UNLIMITED
※MCを含むノーカット完全版ライブ映像となります。

Blu-ray『PassCode presents VERSUS PASSCODE 2018 at BIGCAT』

発売中



UIXZ-4085/¥3,500+税
<収録曲>
Ray / ONE STEP BEYOND / Same to you / Toxic / rise in revolt / TRICKSTER / Scarlet night / Never Sleep Again / PARALLEL / bite the bullet / TRACE / Insanity / UNTILL THE DAWN / MISS UNLIMITED
※MCを含むノーカット完全版ライブ映像となります。


アルバム『PassCode 2016-2018 LIVE UNLIMITED』

発売中



UICZ-4440〜3/¥3,500+税
<収録曲>
■Disc1:PassCode MISS UNLIMITED Tour 2016 at STUDIO COAST
MISS UNLIMITED / Toxic / Nextage / 激動プログレッシブ/ Cry Out / TRACE / AXIS / Club Kids Never Die / XYZ / ドリームメーカー/ オレンジ/ Never Sleep Again / Kissの花束/ Now I Know / アスタリスク/ MOON PHASE / from here / NINJA BOMBER / Seize the day!! / Link
※MC部分はカットされ収録されています。
■Disc2:PassCode ZENITH TOUR 2017 FINAL SERIES at TSUTAYA O-EAST
Maze of mind / ONE STEP BEYOND / Scarlet night / bite the bullet / all or nothing / AXIS / rise in revolt / Same to you / Voice / TRACE / Insanity / Never Sleep Again / Club Kids Never Die / Seize the day!! / カタルシス/ MISS UNLIMITED
※MC部分はカットされ収録されています。
■Disc3:PassCode presents VERSUS PASSCODE 2018 at BIGCAT
Ray / ONE STEP BEYOND / Same to you / Toxic / rise in revolt / TRICKSTER / Scarlet night / Never Sleep Again / PARALLEL / bite the bullet / TRACE / Insanity / UNTILL THE DAWN / MISS UNLIMITED
※MC部分はカットされ収録されています。
■外付CD
未発表新曲「It\'s you」1曲入り





【関連リンク】
PassCode、新曲「It\'s you」リリックビデオは“朝焼け”がテーマ
PassCodeまとめ
中島みゆき、名曲「糸」「時代」を収めたライヴ盤&音楽舞台『夜会工場』の映像作品をリリース

【関連アーティスト】
PassCode
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, グループ, CD, Blu-ray, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス, ライブ, ワンマン

中島みゆき、名曲「糸」「時代」を収めたライヴ盤&音楽舞台『夜会工場』の映像作品をリリース
Wed, 19 Dec 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

お笑いタレントのトム・ブラウンが、中島みゆき2000年のヒット曲「地上の星」のワンフレーズ《つ〜ばめよ〜♪》を使ったギャグで『M-1グランプリ』の決勝を席巻、お茶の間を笑わせたのは記憶に新しいが、そんな中、本家中島みゆきのライヴアルバム『中島みゆき ライブ リクエスト ‐歌旅・縁会・一会‐』と最新舞台の映像商品『夜会工場 VOL.2』が12月19日に同時リリースされた。

ライヴアルバム『中島みゆき ライブ リクエスト ‐歌旅・縁会・一会‐』は、携帯プレイヤーやカーステレオなど、自分の好きなところで作品を楽しみたいというリスナーのリクエストを受け、誰もが知る中島みゆきの名曲「糸」「時代」「世情」などを含む全12曲を、『歌旅』『縁会』『一会』の3公演からセレクトして収録した、もはやライヴベストアルバム! スタジオ音源とはひと味もふた味も違う、中島みゆきのライヴ歌唱の魅力を感じられる作品となっている。

また、初回盤特典DVDには隠れた名曲として知られる「ホームにて」「蕎麦屋」「EAST ASIA」の未公開ライヴ映像を収録。その3曲の映像のダイジェスト版が公開となったので、そちらも注目してみてほしい。

そして、Blu-ray & DVDで同時リリースの映像作品は中島みゆきのライフワークである『夜会』のダイジェストコンサート『夜会工場』を収録。『夜会工場』としては初の映像化ということで、今回は『夜会工場 VOL.2』を収録。こちらも非常に貴重なアイテムだ。なお、2019年1月30日(水)からは中島みゆきのライフワーク舞台『夜会』の新作『夜会 VOL.20「リトル・トーキョー」』が決まっている。

アルバム『中島みゆき ライブ リクエスト ‐歌旅・縁会・一会‐』

2018年12月19日発売



【初回盤】(CD+DVD)
YCCW-10352/B/¥4,500+税
<収録曲>
■CD
01.もう桟橋に灯りは点らない
02.ピアニシモ
03.糸
04.時代
05.愛だけを残せ
06.ララバイSINGER〜アザミ嬢のララバイ
07.あした
08.唇をかみしめて
09.世情
10.風の笛
11.夜行
12.ジョークにしないか
*M1、2、11、12『中島みゆき「一会(いちえ)」2015〜2016』より
*M3、6、8『歌旅 -中島みゆき コンサートツアー2007-』より
*M4、5、7、9、10『中島みゆき 縁会 2012〜3』より
■DVD
01.ホームにて
02.蕎麦屋
03.EAST ASIA
*『歌旅 -中島みゆき コンサートツアー2007-』より



【通常盤】(CD)
YCCW-10353/¥3,000+税

Blu-ray & DVD『夜会工場 VOL.2』

2018年12月19日発売



【Blu-ray】
YCXW-10013/¥9,000+税
【DVD】
YCBW-10086/¥8,000+税
<収録曲>
〈第1幕〉
01.二雙(そう)の舟(Inst.)
02.泣きたい夜に
03.Maybe
04.LA-LA-LA
05.熱病
06.最悪
07.EAST ASIA
08.船を出すのなら九月
09.南三条
10.子守歌(Inst.)
11.羊の言葉
12.愛から遠く離れて
Poem1.谷地眼(やちまなこ)
Poem2.傷
13.朱色の花を抱きしめて
14.陽紡ぎ唄
15.帰れない者たちへ
16.フォーチュン・クッキー
17.我が祖国は風の彼方
〈第2幕〉
18.百九番目の除夜の鐘
19.海に絵を描く
20.彼と私と、もう1人
21.ばりほれとんぜ
22.1人で生まれて来たのだから
23.すあまの約束
24.袋のネズミ
25.毎時(まいじ)200ミリ
26.思い出させてあげる
27.旅人よ我に帰れ(幸せになりなさい)
28.あなたの言葉がわからない
29.産声

『夜会 VOL.20「リトル・トーキョー」』

日時:2019年1月30日(水)〜2月27日(水)※全20公演
会場:東京・TBS赤坂ACTシアター
■詳細は『夜会』特設ページへ https://miyuki-yakai.jp/



【関連リンク】
中島みゆき、名曲「糸」「時代」を収めたライヴ盤&音楽舞台『夜会工場』の映像作品をリリース
中島みゆきまとめ
erica、メジャー移籍後初のアルバム発売決定

【関連アーティスト】
中島みゆき
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, トレーラー, CD, DVD, Blu-ray, アルバム, 発表, 名曲, リリース, 発売, ポップス, フォーク, 歌謡曲, ライブ, ワンマン

erica、メジャー移籍後初のアルバム発売決定
Wed, 19 Dec 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ericaがメジャー移籍初、約1年半ぶりのオリジナルアルバム「告うた3 〜あなたへ贈る歌2〜」を2月20日に発売することがわかった。

YouTube再生回数2,800万回越えの代表曲「あなたへ贈る歌」を発表してから約7年が経ち、今のericaが改めて想い、感じ、伝えたい「あなたへ贈る歌」のニューバージョン「あなたへ贈る歌2」が収録される他、12月頭にデジタル配信された2大失恋ソング「あなたがいた日」、「失恋した日」も収録される。


ericaはYouTube総再生回数8000万回越え、Twitterのフォロワー数も10万を超えておりSNSを中心に “告うたのカリスマ"として、10代〜20代の女性に絶大な人気を誇るシンガーソングライター。12月29日には『改めまして、はじめまして!ericaです!初ツアー2018』の東京公演となる、ヒューリックホール東京でのライブが控えている。

アルバム『告うた3 〜あなたへ贈る歌2〜』

2018年2月20日発売



UPCH-2183/¥2778(税別)
<収録曲>
カバー曲含む全10〜12曲収録予定。


【ライブ情報】

『改めまして、はじめまして!ericaです!初ツアー2018』
12月29日(土) ヒューリックホール東京(有楽町)



【関連リンク】
erica、メジャー移籍後初のアルバム発売決定
ericaまとめ
NormCore、ワンマンライブにて来年のアニメEDなどをサプライズ発表

【関連アーティスト】
erica
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, アルバム, 発表, リリース

NormCore、ワンマンライブにて来年のアニメEDなどをサプライズ発表
Wed, 19 Dec 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

全員が音大出身でボーカルのF?mi、ヴァイオリンのTatsu、クラシックギターのNatsuからなるシンフォニックロックユニットのNormCoreが12月17日(月)、ワンマンライブ『NormCore Night Vol.3』を代官山LOOPにて開催した。

今年に入り3度目のワンマンライブで、さらに今回はボーカルF?miの誕生日に開催されるということもあり、SNSではファンが様々な盛り上がりを見せるまま当日を迎えると、フロアから溢れるほどの人で埋め尽くされていた。そして、開演時刻になると、突如暗転しオープニングSEが流れるとさらなる熱い歓声に包まれるのだった。

彼らのワンマンライブでは初となるバンドスタイルで挑む今回のステージ。まずバンドメンバー、Tatsu、Natsuがステージへ。そしてF?miが登場すると会場は一気に興奮状態に。デビュー曲の「それでも僕は生きている」でライブがスタート。1曲目からいきなりの全開チューンに観客も溜まっていた何かを吐き出すかのようにさらにヒートアップした。そのままNeruの「かなしみのなみにおぼれる」、Eveの「トーキョーゲットー」とF?miが影響を受けたボカロソングのカバーが続き、会場のボルテージを上げていく。

今回のライブでは、新曲も発表された。2月13日にリリースされる「CRY MAX!!」のカップリング曲「ずっとかわらない場所」が初披露。これはボーカルのF?miが故郷に帰った際に感じた素直な気持ちを綴ったナンバーで、切なく郷愁感を誘うミドルバラード。そして、続く「永遠の記憶」で観客はじっくりとF?miの歌声、Tatsuのヴァイオリン、Natsuのギターの旋律に酔いしれた。

ここでサポートメンバーが一旦ステージを降り、F?mi、Tatsu、Natsuの三人だけでのパートに突入。みきとPの「ロキ」米津玄師の「Lemon」とカバーソング2曲が披露された。「ロキ」では普段はヴァイオリンを弾くTatsuがキーボードを弾き、キーボード、クラシックギターそして歌という編成で演奏された。最小限のシンプルな編成ながらも音楽偏差値の高いNormCoreだからこその高い演奏力で観客を魅了した。

メンバー三人だけのパートが終わると次はステージにはF?miひとりだけが残され、ゲスト出演が告知されていたYouTubeチャンネル登録者206万人の大人気YouTuber おるたなChannelの“ないとー"を呼び込む。“ないとー"の登場に会場が再び熱気の渦に包まれて後半戦がスタート。“ないとー"が作詞、F?miが作曲し、YouTubeなどで話題になってるナンバー「28」をこの日は特別にコラボレーションバージョンで披露。ステージ初共演となった彼らは終始アイコンタクトを取りながら気持ち良さそうに歌い上げ、本人同士がこのステージを一番喜んでいる感じが伝わってきた。続いて、再びバンドとメンバーが全員揃い、“ないとー"が敬愛するバンド、BUMP OF CHICKENのナンバーから「プラネタリウム」を披露。“ないとー"の歌声と二人の仲睦まじいMCで会場も和んだ空気に包まれた。

ゲストの“ないとー"を送り出すとライブもいよいよ終盤戦。2ndシングル「傷だらけの僕ら」、ファンク調な新曲「CRY MAX!!」、さらに今夏に名探偵コナンのOP曲となった「カウントダウン」、そして「I am Just Feeling Alive」までアッパーチューン4曲が続き、最高潮に盛り上がったまま本編が終了した。

アンコールでは様々な発表があった。まず、F?miがアンコール1曲目を歌い出そうとすると、ここでまさかのサプライズ。バンドが「Happy Birthday to you」の演奏を始めゲストの“ないとー"が大きなF?miがイラストされたケーキを持って再びステージへ登場。このサプライズ演出を全く知らされていなかったF?miは驚きながらも喜びを溢れさせた。そして、アンコール内で発表されたのは、年明けからのテレビ東京系アニメ「デュエル・マスターズ」EDテーマの担当、来年2月13日のニューシングルリリースと、彼らのレギュラー番組のスタート、来年4月14日(日)のワンマンライブの開催など盛りだくさん! デビューから怒涛の作品リリース、ライブを実施してきた彼らの2019年も亥年ならではの猪突猛進な1年になりそうだ。

【セットリスト】
1. それでも僕は生きている
2. かなしみのなみにおぼれる(カバー)
3. トーキョーゲットー(カバー)
4. モハンカイトウ
5. ずっとかわらな場所
6. 永遠の記憶
7. ロキ(カバー)
8. Lemon(カバー)
9. 28
10. プラネタリウム(カバー)
11. 傷だらけの僕ら
12. CRY MAX!!
13. カウントダウン
14. I am Just Feeling Alive
EN1. ヒストリーメーカー(カバー)
EN2. One Way To You

シングル「CRY MAX!!」

2019年2月13日発売



【初回限定盤】
JBCZ-6101/¥1,500+tax
※Mカード封入(10種類からランダム1枚)
※メンバーのオリジナルラジオ番組にアクセスできるシリアルコード付き
(ラジオ番組は全4種類 3人全員Ver. / F?mi Ver. / Tatsu Ver. / Natsu Ver.)
<収録曲>
1. CRY MAX!!
2. ずっとかわらない場所
3. CRY MAX!! - Instrumental -

【通常盤】
JBCZ-6102/¥1,000+tax
<収録曲>
1. CRY MAX!!
2. ずっとかわらない場所
3. CRY MAX!! - Instrumental -

【デュエル・マスターズ盤】
JBCZ-6103/¥1,000+tax
※描き下ろしアニメイラストジャケット仕様
※「デュエル・マスターズ」プロモカード封入
<収録曲>
1. CRY MAX!!
2. CRY MAX!! - TV Edit -
3. CRY MAX!! - Instrumental -

【ライブ・イベント情報】

■ワンマン公演
『NormCore Night Vol.4』
4月14日(日)  青山RizM
開場17:30 / 開演18:00
前売り¥3,500 当日¥4,000 *ドリンク代別

■イベント
『NormCore×池袋スペースemo 3ヶ月連続リリースイベント』
1月06日(日)1部:13:00〜 2部:16:00〜
2月16日(土)1部:13:00〜 2部:16:00〜
3月16日(土)1部:13:00〜 2部:16:00〜
※全公演ドリンク代¥500-のみで参加出来るイベントです。
会場:池袋スペースemo(スペースエモイケブクロ)
住所:〒171-0021東京都豊島区西池袋3-29-4 ジェスト7ビル1F
URL:http://www.space-emo.com

『4th Single「CRY MAX!!」リリース記念イベント』
1月28日(月) アニメイト池袋本店9Fイベントホール
2月15日(金) アニメイト横浜4Fイベントスペース
※詳細はオフィシャルサイトをご確認ください。
※各会場へのお問い合わせはご遠慮ください。



【関連リンク】
NormCore、ワンマンライブにて来年のアニメEDなどをサプライズ発表
NormCoreまとめ
SUGIZO、ベスト盤リリースを記念して特番生配信&イベント開催決定

【関連アーティスト】
NormCore
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, シングル, ライブ, ワンマン, ライブレポ, レポート

SUGIZO、ベスト盤リリースを記念して特番生配信&イベント開催決定
Wed, 19 Dec 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SUGIZOが12月19日に自身のソロ活動10年間の軌跡をたどるベストアルバム『COSMOSCAPE II』をリリース。この発売を記念して、12月19日(水)21:00よりSUGIZOのYouTubeとニコニコ生放送にてリリース特番『COSMOSCAPE II RELEASE SPECIAL』を生配信することが決定した。番組内では10年間の集大成となった本作品の各楽曲に込められた想いや制作秘話など、アルバムの世界の全てを語り尽くす内容になる予定とのこと。

また、アルバム制作においてキーパーソンであるサウンドエンジニアや、アートワークにフィーチャーされている“宇宙ガラス”作家の戸水賢志氏、SUGIZO作品の数々のアートワークを手掛けている松田剛氏をゲストに招いてその全貌を解明。参加アーティストからのメッセージ映像も放送予定となっているのでお見逃しなく!

さらに、プレミアムリリースイベントを2019年1月13日(日)タワーレコード新宿、2月8日(金)HMV栄にて開催することも発表となった。参加方法など詳細は公式HPに掲載されているので要チェックだ。

■『SugizoTube vol.10 「COSMOSCAPE II RELEASE SPECIAL」』

12月19日(水)21:00〜放送

<出演>
SUGIZO、松村学(Universal Music Studios Tokyo)、大野順平(Studio Sound DALI)、戸水賢志(PlusAlpha)、松田剛(quia)
MC:奥浜レイラ

<視聴ページ>
■Niconico
http://ch.nicovideo.jp/SUGIZOofficial
■YouTube
https://www.youtube.com/SUGIZOofficial
※SugizoTube 会員は会員限定放送をご視聴いただけます。
※番組全編視聴するにはチャンネルへのご入会をお願いいたします。

【アルバム『COSMOSCAPE II』プレミアムリリースイベント】

<2019年>
1月13日(日) 東京・タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース
18時00分スタート
https://www.universal-music.co.jp/sugizo/news/20190113event/
2月08日(金) 愛知・HMV栄
19時00分スタート
https://www.universal-music.co.jp/sugizo/news/20190208event/

アルバム『COSMOSCAPE II』

2018年12月19日(水)発売



【初回限定盤】(SHM-CD2枚組)
UICZ-9108/9/¥5,500+税
※特殊LPジャケット仕様
・ライナーノーツ
・インタビュー
・全曲解説
※購入はこちら
https://store.universal-music.co.jp/product/uicz9108

【通常盤】(SHM-CD2枚組)
UICZ-4437/8/¥3,500+税
※購入はこちら
https://store.universal-music.co.jp/product/uicz4437

<収録曲>
■Disc1
1.百鬼夜行〜Psychedelia〜 feat. 怪物舞踏団
2.MESSIAH 
3.ARC MOON
4.FATIMA
5.SLEEP AWAY
6.Dear SPIRITUAL LIFE
7.DO-FUNK DANCE
8.眠狂四郎
9.Duke
■Disc2
1.IRA   
2.VOID 
3.Lux Aeterna
4.The Voyage Home
5.永遠 feat. RYUICHI 
6.絶彩 feat. 京
7.Rebellmusik feat. K Dub Shine
8.PHOENIX 〜HINOTORI〜 feat. Toshl
9.Tokyo Decibels



【関連リンク】
SUGIZO、ベスト盤リリースを記念して特番生配信&イベント開催決定
SUGIZOまとめ
LUNA SEAまとめ
X JAPANまとめ
ポタリ、アルバム『ポタリの3』詳細&東名阪ツアーを発表

【関連アーティスト】
SUGIZO, LUNA SEA, X JAPAN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, リリース, 配信, ライブ

ポタリ、アルバム『ポタリの3』詳細&東名阪ツアーを発表
Wed, 19 Dec 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ポタリが12月18日、CBCラジオ『ナガオカ×スクランブル』番組内にて2019年2月6日(水)発売3rdフルアルバム『ポタリの3』の詳細と、リリースツアー・東名阪ワンマンライブの開催を発表した。

『ポタリの3』は9thシングル「MONSTER」のアルバムバージョンを含む全12曲入りとなっており、リリースツアーは3月16日の東京・渋谷TSUTAYA O-Crestを皮切りに3月23日に大阪・心斎橋PANGEA、そして3月30日の愛知・名古屋CLUB QUATTROと東名阪3カ所を巡るツアーとなっている。12月19日よりチケットのオフィシャル先行受付が開始されている。

■【Vo.なつ コメント】

「聴いてワクワクする音を追及した1枚で、予測不能な未来に踏み込む、いつだって進化し続けていたい!と思えるような作品ができました。是非手に取って聞いてほしいです!」

■【ライブ情報】

『ポタリ東名阪ワンマンツアー2019』
3月16日(土) 東京・渋谷TSUTAYA O-Crest 
3月23日(土) 大阪・心斎橋PANGEA 
3月30日(土) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO 

◎東名阪ワンマンのみオフィシャル先行販売受付
受付期間:12月18日(火)24:00〜1月6日(日)23:59
受付URL:http://www.sundayfolk.com/go/potaling2019/

<受付に関する注意事項>
・先着受付:予定枚数に達し次第受付終了いたします。
・お申込みには『サンデーフォークプロモーション オフィシャルサイト』への利用登録/無料が必要となります。
・その他詳しくはサイトにてご確認ください。
・お問合せ:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100(10:00〜18:00)

『ポタリing TOUR 2019 〜あなたのbestie“参”上!〜TOUR』
■対バン編
2月15日(金) 神奈川・横浜BAYSIS
2月17日(日) 富山・富山SoulPower
2月23日(土) 福島・郡山PEAK ACTION
2月24日(日) 宮城・仙台FLYING SON
2月25日(月) 新潟・新潟GOLDEN PIGS BLACK
3月03日(日) 静岡・静岡UMBER
3月05日(火) 広島・広島セカンドクラッチ
3月06日(水) 福岡・福岡Queblick
3月07日(木) 山口・周南rise

アルバム『ポタリの3』

2019年2月06日発売



TRISE-0031/¥2,500(税込)
<収録曲>
01.途切れた呼吸
02.bestie
03.それでも
04.あじさい
05.限りなく赤
06.君のままで
07.MONSTER(Album ver.)
08.ランダムウォーク
09.永遠
10.サタデーナイト
11.LIFE
12.遠い君



【関連リンク】
ポタリ、アルバム『ポタリの3』詳細&東名阪ツアーを発表
ポタリまとめ
never young beach、全国6都市を巡る初のホールツアー開催決定

【関連アーティスト】
ポタリ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, アルバム, 発表, ツアー

never young beach、全国6都市を巡る初のホールツアー開催決定
Wed, 19 Dec 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月18日に中野サンプラザで『10inch Vinyl「うつらない/歩いてみたら」Release TOUR』の最終公演を行ったnever young beachが、早くも次の全国ツアー開催を発表した。

今回発表されたのは、バンド初のホールツアー。5月10日の道新ホールから5月29日のNHKホールまで、札幌、新潟、東京、名古屋、大阪、福岡と全国6都市を巡るツアーとなっている。

チケットのオフィシャル先行は12月19日正午から2019年1月14日まで受け付けているので、興味のある方は申し込んでおこう。

なお、12月18日に行われたツアーファイナルのセットリストがプレイリストとして展開中。こちらもぜひチェックしてみてほしい。

■『10inch Vinyl「うつらない/歩いてみたら」Release TOUR -FINAL-』セットリスト
https://jvcmusic.lnk.to/neveryoungbeach_20181218PR

■『never young beach HALL TOUR 2019』

5月10日(金) 北海道・札幌 道新ホール
5月12日(日) 大阪・グランキューブ大阪
5月15日(水) 新潟・新潟市音楽文化会館
5月17日(金) 愛知・名古屋市公会堂
5月24日(金) 福岡・福岡国際会議場
5月29日(水) 東京・NHKホール

◎ オフィシャル先行(抽選)
http://w.pia.jp/t/neveryoungbeach/
受付期間 12月19日(水)12:00〜2019年1月14日(月) 23:59

10inch Vinyl「うつらない/歩いてみたら」

発売中



VIJL-60192/¥1,852+税
https://jvcmusic.lnk.to/utsuranai_aruitemitara



【関連リンク】
never young beach、全国6都市を巡る初のホールツアー開催決定
never young beachまとめ

【関連アーティスト】
never young beach
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 発表, ライブ, ツアー













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1