歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年12月18日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/12/27
2018/12/26
2018/12/25
2018/12/24
2018/12/23
2018/12/22
2018/12/21
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
Nakanoまる、映画主題歌「ドキ死」を緊急配信リリース
Tue, 18 Dec 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シンガーソングライターのNakanoまるが、2017年11月に発売し好評を博した1stアルバム『MOM』から約1年振りに配信シングル「ドキ死」を12月27日(木)に緊急リリースすることとなった。

今回配信リリースされる楽曲「ドキ死」は、映画『ドキ死』の主題歌となっている。この映画は、“音楽×映画の実験室”というコンセプトのもと、新進の監督とミュージシャンがコラボレートする映画が多数出品され、2012年からコンペティションを開催している『MOOSIC LAB 2018』にて、コンペティション“短編部門”に正式出品された。

映画初主演となるNakanoまる扮する主人公の“中野並子”が、人を好きになるとストーカーになってしまうことで起こる出来事を綴った、ちょっぴり可笑しくてちょっぴり切ないラブコメディードラマ。当初、リリースの予定のなかった主題歌の「ドキ死」であったが、作品が好評で広まるにつれ、観客からのリリースの要望が相次いだ。また、映画内でのパフォーマンスが絶賛され、『MOOSIC LAB 2018』短編部門にて“ベスト・ミュージシャン賞”をNakanoまるが受賞することが発表となり、余りの反響の大きさに応える形でNakanoまる自身が所属するレーベル『花とポップス』より12月27日に緊急での配信リリースが決定したという。

さらに、「ドキ死」の配信日となる12月27日(木)18:00には、同曲のプロモーション映像として監督・井上康平氏が自ら映画『ドキ死』よりエディットしたショートヴァージョンがNakanoまるオフィシャルサイトで公開されることとなっているので、お楽しみに!

また、Nakanoまるは本リリースに先立ち、12月22日(土)に北参道ストロボカフェにて、弾き語りワンマンライブ『なかのーまらないショー -ひとりで全然寂しくないver.-』、そして翌日12月23日には新宿Marbleにて、バンド編成でのワンマンライブ『なかのーまらないショー -みんなで楽しいver.-』を連続開催。ぜひ新曲「ドキ死」も含めてNakanoまるのライブワールドを堪能してほしい。

配信シングル「ドキ死」

2018年12月27日配信開始



12月27日よりレコチョクにて先行配信決定。他、各CPでは1月9日より一斉配信。
https://recochoku.jp/

アルバム『MOM』

発売中



HTP-1019/¥2,500(税抜)
<収録曲>
1.笑う女の子(https://youtu.be/ZnasXUtcM-w)
2.恋
3.恋をした
4.猫にかまけて
5.よかった
6.からっぽ
7.メルヘンチックじゃない
8.やさしい
9.いい日
10.エンドロール
11.はんぶんこ

映画『ドキ死』

MOOSIC LAB 2018 コンペティション【短編部門】正式出品作品
監督:井上康平 脚本:鳥皮ささみ
音楽:Nakanoまる
カラー/STEREO/30min(予定)
出演:Nakanoまる、田中健介、華村あすか、岩崎拓馬

<今後の上映日程>
12月26日 大阪・シアターセブン
12月29日 大阪・第七藝術劇場
MOOSIC LAB 2018

【ライブ情報】

『なかのーまらないショー -ひとりで全然寂しくないver.-』
12月22日 東京・北参道ストロボカフェ(弾き語りワンマンライブ)
OPEN 12:30 / START 13:00
前売3,000円plus1ドリンク
当日3,500円plus1ドリンク
チケットライブ会場、またはBASE→
https://nakanooomaru.thebase.in/items/11477291
※取り置き予約不可

『なかのーまらないショー -みんなで楽しいver.- 』
12月23日 東京・新宿Marble(バンドワンマンライブ)
OPEN 18:00 / START 18:30
前売3,000円plus1ドリンク
当日3,500円plus1ドリンク
チケットライブ会場、またはBASE→
https://nakanooomaru.thebase.in/items/11477305
※取り置き予約不可



【関連リンク】
Nakanoまる、映画主題歌「ドキ死」を緊急配信リリース
Nakanoまるまとめ
温泉むすめ、配信アルバム『Diversity』が全世界141カ国で配信決定

【関連アーティスト】
Nakanoまる
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, シングル, 配信, 主題歌, 映画, 音楽配信

温泉むすめ、配信アルバム『Diversity』が全世界141カ国で配信決定
Tue, 18 Dec 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

日本では12月25日に配信スタートとなる温泉むすめのアルバム『Diversity』が、2019年1月7日より全世界141カ国で配信されることが分かった。

日本全国の温泉をモチーフにしたキャラクターと声を担当する声優たちが、全国の温泉地を盛り上げるべく、歌と踊りで人々に“笑顔と癒し”を与えるアイドル活動を行うプロジェクト、温泉むすめ。サマーソニックにも出演する彼女たちのライヴを見て、独立系最大手のレコード会社ワードレコーズが世界配信に手を挙げた。ワードレコーズは、ザ・ローリング・ストーンズをはじめ、今話題のクイーンなど数多くの海外大物のライヴ作品を続々リリース。最近は、日本国内のバンドの全世界展開を数多く手がけている。

配信される主な国は、アメリカ、中国、イギリス、フランス、オーストラリア、ロシアを始め、アジア28カ国、ヨーロッパ49カ国、北米8カ国、オセアニア5カ国、中南米19カ国、中東14カ国、アフリカ18カ国の
全世界141カ国へ配信されることが決定している。

アルバム『Diversity』は、12月25日に日本で発売されるシングルCD2枚に収録される4曲に加えて、クリスマススペシャル企画として先行配信中のシングル3曲、さらにカラオケ7曲が加わった計14曲の配信アルバムとなる。さらに、日本では通常の音源に加えてハイレゾバージョンも同時に配信されるので、こちらも要チェックだ。

配信アルバム『Diversity』

2018年12月25日



<収録曲>
1.情熱のパラディソ
歌:AKATSUK
鬼怒川日向(CV:富田 美憂)、玉造 彗(CV:田澤 茉純)、別府 環綺(CV:岩橋 由佳)
2.うぇるかむ to ONSEN!!
歌:道後 泉海(CV:篠田 みなみ)
3.未来の彼方
歌:草津 結衣奈(CV:高田 憂希)、コーラス:尖石 内湾(CV:安齋 由香里)
4.Passionate Journey
歌:大手町 梨稟(CV:楠木 ともり)
5.願いキラキラきらり
歌:大手町 梨稟(CV:楠木 ともり)
6.レイニーボーイフレンド
歌:OH YOU LADY?
いわき あろは(CV:大坪 由佳)、万座 千斗星(CV:井澤 美香子)、定山渓 泉美(CV:小野 早稀)
7.ぽかぽか音頭
歌:OH YOU LADY?
いわき あろは(CV:大坪 由佳)、万座 千斗星(CV:井澤 美香子)、定山渓 泉美(CV:小野 早稀)
8.情熱のパラディソ(Instrumental)
9.うぇるかむto ONSEN!!(Instrumental)
10.未来の彼方(Instrumental)
11.Passionate Journey (Instrumental)
12.願いキラキラきらり(Instrumental)
13.レイニーボーイフレンド (Instrumental)
14.ぽかぽか音頭(Instrumental)

シングル「Passionate Journey」/楠木ともり

2018年12月25日(火)発売



JBRC-10001/¥1,404(税込)
<収録曲>
1. Passionate Journey
2. 願いキラキラきらり
3. Passionate Journey(Instrumental)
4. 願いキラキラきらり(Instrumental)

シングル「レイニーボーイフレンド」/OH YOU LADY?

2018年12月25日(火)発売



JBRC-10002/¥1,404(税込)
<収録曲>
1. レイニーボーイフレンド
2. ぽかぽか音頭
3. レイニーボーイフレンド(Instrumental)
4. ぽかぽか音頭(Instrumental)

Blu-ray『温泉むすめ 3rd LIVE “NOW ON☆SENSATION!! Vol.3”〜ワイワイワッチョイナ!!』

2018年12月5日(水)発売予定



¥9,800(税込)
<仕様>
・ブルーレイディスク 2枚組み
・特典映像
・プレイパス(本編映像+特典映像+「咲かせよ 沸かせよ バンバンBURN!」音源ダウンロードQRコード付き)
・三方背BOXケース付き
・特製ブックレット付き
※法人別オリジナル特典は後日詳細発表

<出演>
■SPRiNGS
草津 結衣奈(CV:高田 憂希)
箱根 彩耶(CV:長江 里加)
秋保 那菜子(CV:高橋 花林)
有馬 輪花(CV:本宮 佳奈)
道後 泉海(CV:篠田 みなみ)
登別 綾瀬(CV:日岡 なつみ)
下呂 美月(CV:佐伯 伊織)
有馬 楓花(CV:桑原 由気)
奏・バーデン・由布院(CV:和多田美咲)
■AKATSUKI
鬼怒川 日向(CV:富田 美憂)
玉造 彗(CV:田澤 茉純)
別府 環綺(CV:岩橋 由佳)
■Adhara
黒川 姫楽(CV:田中 美海)
湯の川 聖羅(CV:野口 瑠璃子)
月岡 来瑠碧(CV:西田 望見)
乳頭 和(CV:三上 枝織)
白骨 朋依(CV:新田 ひより)
こんぴら 桃萌(CV:吉田 有里)
■LUSH STAR☆
熱海 初夏(CV:本渡 楓)
銀山 心雪(CV:長縄 まりあ)
白浜 帆南美(CV:谷口 夢奈)
和倉 雅奈(CV:戸田 めぐみ)
指宿 絵璃菜(CV:松田 颯水)

<音源ダウンロード(収録内容)>
M-1 咲かせよ 沸かせよ バンバンBURN! 佐伯 伊織 一人4役Ver.
M-2 咲かせよ 沸かせよ バンバンBURN! inst Ver.

『温泉むすめ 4th LIVE“NOW ON☆SENSATION!!” 〜聖夜にワッチョイナ Vol.2〜』

12月22日(土) 神奈川・カルッツかわさき 大ホール
昼の部:OPEN 13:30 START 14:30
夜の部:OPEN 18:00 START 19:00

【出演】
■SPRiNGS
草津 結衣奈(CV:高田 憂希)
箱根 彩耶(CV:長江 里加)
秋保 那菜子(CV:高橋 花林)
有馬 輪花(CV:本宮 佳奈)
道後 泉海(CV:篠田 みなみ)
登別 綾瀬(CV:日岡 なつみ)
下呂 美月(CV:佐伯 伊織)
有馬 楓花(CV:桑原 由気)
奏・バーデン・由布院(CV:和多田 美咲)
■AKATSUKI
鬼怒川 日向(CV:富田 美憂)
玉造 彗(CV:田澤 茉純)
別府 環綺(CV:岩橋 由佳)
■ソロプロジェクト 第一弾
大手町 梨稟 (CV:楠木 ともり)
■新グループ 第一弾>グループ名:『OH YOU LADY?』
いわき あろは(CV:大坪 由佳)
万座 千斗星(CV:井澤 美香子)
定山渓 泉美(CV:小野 早稀)
■ゆのはな選抜
伊香保 葉凪(CV:茜屋 日海夏)
阿蘇 ほむら(CV:?橋 麻里)
下田 莉華(CV:南 早紀)
南房総 日由美(CV:徳井 青空)
奥津 かがみ(CV:久保田 未夢)
■特別ゲスト
ゆもみちゃん(草津温泉観光大使)
あきうはな(秋保温泉 華乃湯 イメージキャラクター)

【チケット情報】
料金:7,200円(税込)※全席指定
楽天 http://r-t.jp/onsen-musume
イープラス http://eplus.jp/onsen-musume/
ぴあ http://w.pia.jp/t/onsenmusume-4th/
ローソン http://l-tike.com/search/?lcd=73819



【関連リンク】
温泉むすめ、配信アルバム『Diversity』が全世界141カ国で配信決定
温泉むすめまとめ
ましのみ、フクザワとコラボしたワンマンにて2ndアルバムの発売を発表

【関連アーティスト】
温泉むすめ
【ジャンル】
アニメ・声優, ニュース, グループ, アルバム, 配信, ハイレゾ, 音楽配信

ましのみ、フクザワとコラボしたワンマンにて2ndアルバムの発売を発表
Tue, 18 Dec 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月15日(土)にShibuya duo MUSIC EXCHANGEにて現役女子大生シンガーソングライター“ましのみ”のワンマンライブ『MashinomiX vol.1』が開催され、2019年2月20日(水)に2ndアルバム『ぺっとぼとレセプション』をリリース、さらにそのアルバムから「フリーズドライplease」が2019年1月21日(月)に先行配信シングルとしてリリースされることが発表となった。

ましのみは2018年2月にデビューしたキーボード弾き語りスタイルで活動するシンガーソングライター。デビュー後はコンスタントにワンマンライブの開催を重ねているが、今回のワンマンは通常とはタイトルを変えて“MIX”という文字を入れ込み、異ジャンルのクリエイターとコラボレーションしたライブを行なうことを標榜していた。

そんな挑戦的な本企画ライブでの初のゲストパフォーマーとしてイラストレーターの“フクザワ”を起用。ましのみが激しくライブパフォーマンスする中、ステージ前面に立てかけられた約2m四方のキャンバスを前にライブペインティングを行なった。ライブ中に大きなペンギンのイラストを描きあげると、観客からは大歓声が。

イラストのモチーフにペンギンを用いたのはましのみからの発案。普段からペンギンに愛着を持つ彼女は、“羽を持たない鳥のペンギンはいつも下を向いているばかりいるように見えるが、いつか飛躍することを夢見ているんだ”ということを、自分自身と重ね合わせている。今回のライブでも披露した、デビューアルバム収録の「名のないペンギン空を飛べ」の歌詞の世界観を、ライブの裏テーマとして具現化した形となった。

ちなみに、サプライズで発表された2月にリリース予定のアルバのムタイトル『ぺっとぼとレセプション』は、デビューアルバム『ぺっとぼとリテラシー』からの流れを踏襲している。彼女がいつも携えている2Lの水の“ペットボトル”と、これから出会うであろうファンへの歓迎の意味合いも込めた“レセプション”との造語。サウンド的にはましのみが奏でるキーボードを軸にしたエレクトロサウンド中心のアルバムとなる。

その他にも、同時にファンクラブサイトの立ち上げと、初の大阪でのワンマンライブ開催を発表するなど、二年目へ向けてのサプライズ発表が満載のライブとなった。いよいよ2019年には、アーティストとして2年目を迎えるましのみ。さらなる飛躍に期待が高まる。

photo by まくらあさみ

アルバム『ぺっとぼとレセプション』

2019年2月20日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA-04748/¥3,500
<収録曲>
■CD
「どうせ夏ならバテてみない?」
「コピペライター」
「タイムリー」
「ターニングポイント」
「美化されちゃって大変です」
「\'s」
「Q.E.D.」
「フリーズドライplease」
「錯覚」
「ゼログラビティのキス」
「タイトル未定(弾き語り)」
bonus track「AKA=CHAN」「夢ノート」(All songs written by ましのみ)
全13 曲入り(曲順未定)
■DVD
・「フリーズドライ please」 Music Clip
・『Digest of「 ぺっとぼとリテラシー ほとばしるバテで夏を締めくくりまショータイム Vol.2@代官山UNIT』
1.どうせ夏ならバテてみない?
2.ハッピーエンドが見えません
3.ラッシュガード
4.Q.E.D.
5.四角2の文章題
6.プチョヘンザしちゃだめ
7.こんな晴れた日は
8.コレクションof コネクション
9.【サポートされていない恋愛形式です】
10.海水掛け合いっこ
11.ホタルの降る夜に
12.フリーズドライplease
13.ストイックにデトックス
・mashinoMISSion
・Making of「フリーズドライplease」 Music Clip &『ぺっとぼとレセプション』 Jacket Shooting

【通常盤】(CD ONLY)
PCCA-04749/¥3,000(tax incl.)

『ましのみワンマンライブ「ぺっとぼとリテラシーvol.3」』

<2019年>
3月15日(金) 大阪・アメリカ村BEYOND
3月21日(木・祝) 東京・渋谷ストリームホール



【関連リンク】
ましのみ、フクザワとコラボしたワンマンにて2ndアルバムの発売を発表
ましのみまとめ
星野 源、マーク・ロンソンとのダブルヘッドライナーショー開催

【関連アーティスト】
ましのみ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, シングル, アルバム, 発表, リリース, 発売, 配信, ライブレポ, レポート

星野 源、マーク・ロンソンとのダブルヘッドライナーショー開催
Tue, 18 Dec 2018 17:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月19日(水)にニューアルバム『POP VIRUS』をリリースする星野 源が、12月17日(月)に幕張メッセ 国際展示場 ホール 9〜11にて開催された、国内外のコンサート・プロモーターのH.I.Pが主催する一夜限りのダブルヘッドライナーショー『LIVE in JAPAN 2018 星野源×Mark Ronson』に出演。マーク・ロンソンとの2マンライヴを行なった。

マーク・ロンソンは、ロンドン出身のDJ・プロデューサー。2015年にリリースしたアルバム『アップタウン・スペシャル』からのファーストシングル「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」が全世界で大ヒットを記録し、グラミー賞も獲得するなど洋楽シーンにおいて重要な人物だ。この度の星野とのスペシャル2マンは開催決定の発表から大きな話題となっていた。

今回のショーではDJスタイルでのパフォーマンスとなっており、マーク・ロンソンはライブスタートからさすがのDJプレイと若干の日本語も交えたMCで観客を煽って盛り上げていく。新曲「ナッシング・ブレイクス・ライク・ア・ハート feat. マイリー・サイラス」や、日本でも大ヒットを記録した「アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ」など次々と代表曲をプレイし、大いにフロアーを盛り上げた。

マーク・ロンソンのパフォーマンスが終了し、いよいよ星野のステージへ。暗転とともに歓声が巻き起こる会場、そして星野が登場するとさらに大きな歓声が! 2017年のツアー『星野源 LIVE TOUR 2017『Continues』』でも披露された「Firecracker」からライブがスタートすると、続けざまに「地獄でなぜ悪い」をパフォーマンスし、開始早々から観客は一気ヒートアップ。その後も「桜の森」やアルバム『POP VIRUS』にも収録されている「肌」をライブ会場で初めて披露するなど集まった2万人を盛り上げる。

ところどころでマーク・ロンソンとのツーマンライブが実現できたことへの感謝の想いを込めつつ、“久しぶりのライブ、めちゃくちゃ楽しい!”というMCをはさみ「恋」「SUN」、そして最新楽曲「アイデア」で会場の熱気はピークに。そして本編最後は「Friend Ship」、その後アンコールでは「Week End」を披露し、年末のスペシャルなショーが終了した。

2019年に5大ドームツアーの開催を発表している星野。2018年はアルバム制作を中心とした1年となっていたため、唯一のライブ出演となった本公演は大盛況の中、幕を閉じた。

photo by 西槇太一
(c)Masanori Naruse

【セットリスト】
1.Firecracker
2.地獄でなぜ悪い
3.桜の森
4.Night Troop
5.肌
6.Snow Men
7.恋
8.SUN
9.アイデア
10.Friend Ship
<ENCORE>
Week End

アルバム『POP VIRUS』

2018年12月19日(水)発売



【初回限定盤A】(CD+Blu-ray+特製ブックレット)
VIZL-1490/¥5,000+税
【初回限定盤B】(CD+DVD+特製ブックレット)
VIZL-1491/¥4,800+税(税抜) a【初回限定盤A】(CD+Blu-ray+特製ブックレット)
VIZL-1490/¥5,000+税
【初回限定盤B】(CD+DVD+特製ブックレット)
VIZL-1491/¥4,800+税(税抜)
【通常盤 初回限定仕様】(CD+特製ブックレット)
VIZL-1492/¥3,100+税
【通常盤】(CD)
VICL-65085/¥3,000+税

<収録曲>
■CD
1.Pop Virus
2.恋(TBS系火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』主題歌)
3.Get a Feel
4.肌(花王ビオレuボディウォッシュCMソング)
5.Pair Dancer
6.Present
7.Dead Leaf
8.KIDS
9.Continues (スカパー!『リオ2016パラリンピック』テーマ曲)
10.サピエンス
11.アイデア ( NHK連続テレビ小説『半分、青い。』主題歌)
12.Family Song (日本テレビ系水曜ドラマ『過保護のカホコ』主題歌)
13.Nothing
14.Hello Song(ACジャパン2016年度全国キャンペーン「ライバルは、1964年。」TVCM・ラジオCMソング)
■Blu-ray/DVD ※初回限定盤付属映像
・星野源 Live at ONKIO HAUS Studio
1. Night Troop
2. 肌
3. 桜の森
4. Snow Men
5. KIDS
6. SUN
7. 海を掬う
8. 恋
9. プリン
10. アイデア
11. Friend Ship
・創作密着ドキュメンタリー「ニセ明と、仲間たち」
星野源と友人によるコメンタリー付

◎特製ブックレット
ここでしか読めない5th Album『POP VIRUS』のロングインタビュー(聞き手:高橋芳朗)、
星野源によるエッセイ、全曲解説のほか、撮り下ろし写真を収録
【通常盤 初回限定仕様】(CD+特製ブックレット)
VIZL-1492/¥3,100+税
【通常盤】(CD)
VICL-65085/¥3,000+税

『星野源 DOME TOUR 2019「POP VIRUS」』

2月02日(土) 大阪・京セラドーム大阪
2月03日(日) 大阪・京セラドーム大阪
2月16日(土) 愛知・ナゴヤドーム
2月17日(日) 愛知・ナゴヤドーム
2月23日(土) 北海道・札幌ドーム
2月27日(水) 東京・東京ドーム
2月28日(木) 東京・東京ドーム
3月10日(日) 福岡・福岡 ヤフオク!ドーム
<チケット>
料金¥8,500(税込)
一般発売:2019年1月12日(土)   
入場制限:4歳以上チケット必要/入場に関する年齢制限無し
ただし3歳以下のお子様でお座席を必要とする場合は、チケット必要
※チケット券面に記載のお名前の方以外はご入場出来ません。公演当日要顔写真付身分証明書。



【関連リンク】
星野 源、マーク・ロンソンとのダブルヘッドライナーショー開催
Mark Ronsonまとめ
星野源まとめ
亜無亜危異、『SHOWDOWN 2019』第ニ弾出演者にeastern youthとOLEDICKFOGGYが決定

【関連アーティスト】
Mark Ronson, 星野源
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, 洋楽, ニュース, ライブ, ライブレポ

亜無亜危異、『SHOWDOWN 2019』第ニ弾出演者にeastern youthとOLEDICKFOGGYが決定
Tue, 18 Dec 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月に開催が発表された亜無亜危異主催のツーマンイベント『亜無亜危異presents SHOWDOWN 2019』の第二弾として、2月23日(土)東京・代官山UNITにてeastern youth、3月2日(土)名古屋・池下CLUB UPSETにてOLEDICKFOGGYとの“対決”が発表された。

チケットは名古屋公演が12月18日(火)、代官山公演が12月19日(水)より最速先行の受付が開始されるので、ぜひチェックしてほしい。

また、2019年の一年を通して不定期開催されるこの“バトルライブ”の相手として、第一弾発表ではThe BirthdayとGASTUNKの出演が既にアナウンスされており、何れも名うての猛者ばかりとのツーマンライブとなるこの企画。文字通り目の離せないバトルとなるのは必至である。

■『亜無亜危異 presents SHOWDOWN 2019』

2月05日(火) 東京・渋谷TSUTAYA O-EAST ※チケット発売中
出演:亜無亜危異、The Birthday

2月23日(土) 東京・代官山UNIT
出演:亜無亜危異、eastern youth
<チケット>
前売¥4,500 当日未定 ※ドリンク代別途必要
■最速先行受付
2018年12月19日(水)10:00〜2019年1月6日(日)23:59
https://l-tike.com/st1/showdown2019unit
■一般発売:2019年1月12日(土)

3月02日(土) 愛知・池下CLUB UPSET ※
出演:亜無亜危異、OLEDICKFOGGY
<チケット>
前売¥4,500 当日未定 ※ドリンク代別途必要
■最速先行受付
2018年12月18日(火)17:00〜12月25日(火)23:00
http://eplus.jp/anarchy-ohp/
■一般発売:2019年1月12日(土)

4月27日(土) 大阪・味園ユニバース
出演:亜無亜危異、GASTUNK
<チケット>
¥5,000 当日未定 ※ドリンク代別途必要
■一般発売:2019年1月27日(日)

ミニアルバム『パンクロックの奴隷』

発売中



CRCP-40560/¥3,241+税
※CD+DVD
<収録曲>
■CD
01.パンクロックの奴隷
02.偽善者ワロタ
03.くるくるパトリオット
04.イカサマ伝道師
05.タブーの正体
06.弱者の行進
■DVD
パンクロックの奴隷/心の銃/もうアウト/シティ・サーファー/逃げろ/バラッド/平和の裏側/Harder They Come/団地のオバサン/Ready Steady Go/改革子供/旗をかかげて/デラシネ/530/パトリオット/屋根の下の犬/タレント・ロボット/ヒーロー/叫んでやるぜ/ノット・サティスファイド
※2018年1月8日 東京・新宿LOFTワンマンライブを収録



【関連リンク】
亜無亜危異、『SHOWDOWN 2019』第ニ弾出演者にeastern youthとOLEDICKFOGGYが決定
亜無亜危異まとめ
eastern youthまとめ
OLEDICKFOGGYまとめ
The Birthdayまとめ

【関連アーティスト】
亜無亜危異, eastern youth, OLEDICKFOGGY, The Birthday, GASTUNK
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表, ライブ

焚吐、大学生最後の作品となるニューアルバムを22歳の誕生日に発売
Tue, 18 Dec 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

焚吐の2ndフルアルバム『死にながら生きたい』が、22歳の誕生日である2019年2月20日にリリースすることが決定した。

2018年2月発売のみやかわくんとのコラボシングル「神風エクスプレス」(アニメ名探偵コナン エンディングテーマ)が、新たに10代にファン層を広がるきっかけになり、自己を肯定する気持ちに目覚めて出来た1stミニアルバム『呪いが解けた日』(2018年5月発売)以降、自己の内面と向き合い、自己解放を強く打ち出し今の焚吐の想いや感情が目一杯に詰まったアルバムが、今作『死にながら生きたい』だ。

全曲焚吐が作詞・作曲を手掛け、編曲陣には、「輪廻転生」「僕はもういない」(ぼくのりりっくのぼうよみ)、「aNYmORE」(みやかわくん)など今話題のアーティストの作編曲を多く手掛ける“ケンカイヨシ”や、2017年に映画『3月のライオン』主題歌「Be Noble」(ぼくのりりっくのぼうよみ)のサウンドプロデュースを手掛け、自身の楽曲「タカラバコ」もテレビアニメ『夏目友人帳 伍』のオープニングテーマに起用されている“ササノマリイ”、伊東歌詞太郎、GReeeeNなどのアレンジを担当している“Nishi-ken”や“高田翼”などが揃い、1曲1曲が今までにない新たな焚吐を打ち出す仕上がりになっている。

また、初回限定盤には11月に行なわれた『焚吐 3周年記念ライブ リ・リ・リボーン』から7曲収録したライブ映像と、シングル「量産型ティーン」ミュージックビデオのDVD付だ。自身の22歳の誕生日に発売するこのアルバムは、大学生としての焚吐としての最後の作品であり、2019年以降、新たな世界に踏み出す前のターニングポイントになるだろう。

■【焚吐 コメント】

「“苦しい”と“楽しい”、“寂しい”と“鬱陶しい”、“死にたい”と“生きたい”…数多の矛盾を抱えながら僕らは生きています。一見悩みとは無縁そうな人物こそ、体内に果てしない淀みを湛えています。そんな何もかもがチグハグな世界を恨み、同時に愛して止まない“矛盾人間”代表として、僕はこの爆弾を作りました。『死にながら生きたい』、とんでもないアルバムです。3月のワンマンツアー『矛盾の旅』でも思いっきり暴れ倒すつもりなので、お楽しみに」

アルバム『死にながら生きたい』

2019年2月20日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
JBCZ-9098・JBBZ-9098/¥3,704+税
【通常盤】(CD)
JBCZ-9099/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
※曲順未定(13曲入り)
ナンバーツー
普通の人
トリミング・トリミング
シュレディンガー
死、予約します
見切り発車
だって全部僕だから
予測可能回避可能
愛、愛、愛、愛、そして愛
天使の寿命
シャボン王子と無間地獄
量産型ティーン
魔法使い
■初回限定盤特典DVD
『焚吐 3周年記念ライブ 〜リ・リ・リボーン〜』Live映像7曲
(オールカテゴライズ、青い疾走、人生は名状し難い、ハイパールーキー、魔法使い、彼方の明日、量産型ティーン)
「量産型ティーン」MV

『東名阪ツアー リアルライブ・カプセル Vol.4〜矛盾の旅〜』

<2019年>
3月16日(土) 愛知・名古屋SPADE BOX
OPEN16:30 / START17:00
3月17日(日) 大阪・OSAKA MUSE
OPEN16:30 /START17:00
3月22日(金) 東京・TSUTAYA O-EAST
OPEN18:15 /START19:00

<チケット>
■焚吐 公式HP先行
2018年12月13日(木)12:00〜12月19日(水)23:59
https://l-tike.com/st1/takuto-hp
■一般発売:2019年2月2日(土)



【関連リンク】
焚吐、大学生最後の作品となるニューアルバムを22歳の誕生日に発売
焚吐まとめ
クレナズム、初のリリイベ『stew』にて会場限定ミニアルバムを販売

【関連アーティスト】
焚吐
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, アルバム, リリース, 発売

クレナズム、初のリリイベ『stew』にて会場限定ミニアルバムを販売
Tue, 18 Dec 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大学の同級生4人で結成されたロックバンド・クレナズムが、2018年5月からライブ活動を始動し、まだ半年が過ぎたばかりの12月20日(木)にいよいよ初のミニアルバム『rest of the dusk』をリリースする。

クレナズムの活動歴に目を向ければまだまだ早熟なバンドではあるが、その経験値は確実に進化し続けている。始動当初よりがYouTubeにて公開されている「青を見る」は、バンドの煌きを感じさせる今も自他共に認める彼らの代表作だ。

8月には『sky jamboree前夜祭』に出演し、結成からたった3度目のライブではオーディションを勝ち抜き、長野県で開催される野外音楽フェスティバル『りんご音楽祭』への出演を果たす。クレナズムにとっては物凄いスピードで前進した半年間だったに違いない。その集大成として、“暮れなずむ”夜空を染め上げるメランコリア、轟音のノイズの中から浮かび上がるシュガーポップ、ソングライティング及び表現力に図抜けたインパクトを有した彼らが紡ぎだす美しき音の欠片たちを収録した『rest of the dusk』を発表。それは初めての作品にして、世界的に再燃するシューゲイズ/ドリーム・ポップへの福岡からの回答といっても過言ではない、クレナズムというバンドの大きな可能性を秘めた象徴的な1枚と言えよう。

初めての作品にして、既にクレナズムの未来像を鮮明に炙り出すことになる意欲作になるのではないだろうか。待望の1stミニアルバム『rest of the dusk』の収録曲からは、真夜中に立ち昇る青春の翳り、何とも言えない感情に端を発する、お互いに恋をしてるか?していないか?も分からない男女が曖昧な毎日を繰り返し、ただ生きているという物語を描いた楽曲「ウェインは言った」を12月12日より先行配信している。

そして12月20日には、ミニアルバム『rest of the dusk』リリースと共に初のクレナズム主催のライヴ『stew』を福岡・天神Early Believersにて開催。このライブには、2017年に開催されたUK.PROJECT主催の『Evolution!Generation!Situation!Vol.2 supported by Eggs』にてグランプリを獲得したaintの出演も決定している。チケット予約、取り置き等はSNSのダイレクトメッセージ、コメント欄にて随時受付中だ。

ミニアルバム『rest of the dusk』は、現在のクレナズムの初々しい音楽的な背景、そして過去との断絶、前進を意味する象徴的な作品であると自ら語っている。今後のクレナズムがどのような形で成長を遂げ、その世界観をさらなる高みへとどう昇華していくのか、今後の彼らの活動に注目したい。

■『クレナズム 初主催「stew」 / 『rest of the dusk』Release party』

12月20日(木) 福岡・天神Early Believers
OPEN 18:00/START 18:30
<出演>
クレナズム/aint/EatScene/In Another North/Shiki
<チケット>
前売:¥2,000+1D
当日:¥2,500+1D

ミニアルバム『rest of the dusk』

2018年12月20日(木)発売



¥1,800(税込)
<収録曲>
1.白い記憶
2.残映
3.velvet rain
4.ウェインは言った
5.青を見る



【関連リンク】
クレナズム、初のリリイベ『stew』にて会場限定ミニアルバムを販売
クレナズムまとめ
DEVIL NO ID、2019年放送の新ドラマの主題歌に「TGIF」が決定

【関連アーティスト】
クレナズム
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミニアルバム, ライブ, チケット

DEVIL NO ID、2019年放送の新ドラマの主題歌に「TGIF」が決定
Tue, 18 Dec 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DEVIL NO IDの「TGIF」が、2019年1月から放送されるドラマ『広告会社、男子寮のおかずくん』の主題歌となることが決定した。

「TGIF」は“Thank God It\'s Friday”の略で、直訳は“今日は金曜日で、神に感謝します”、つまりは“ハナキン”。平日の山あり谷ありを乗り切った人に分かる境地で、普段から最も楽しみにしていて無敵になれる最強の時間である“金曜日の夜”がタイトルに掲げられている。そんな「TGIF」はダンスビートに優しいメロディーが交差する癒しパーティーチューンだ。

ドラマ『広告会社、男子寮のおかずくん』は、ミナト広告会社で社員男子寮に入居しながら働く西尾・東良・北・南郷の4人が登場する。クセのあるクライアントに悩まされながらも“幸せな広告を作るため”残業をする日々の中、1週間の疲れを癒すべく、毎週金曜には晩ごはんを持ち寄る“ハナキン持ち寄りごはん会”をひらいて、美味しい手料理をほおばるという内容。DEVIL NO ID流のハナキンサウンドがドラマの中でも“ハナキン持ち寄りごはん会”をさらに盛り上げているので、放送を楽しみにしていてほしい。

【ドラマ『広告会社、男子寮のおかずくん』情報】

2019年1月、テレビ神奈川ほか全国5局にて実写ドラマ化決定!

<OA情報>
テレビ神奈川:2019年1月15日(火)より 23:00〜
テレビ埼玉:2019年1月16日(水)より 23:30〜
KBS京都:2019年1月18日(金)より 24:00〜
九州朝日放送:2019年1月16日(水)より 26:25〜
日本BS放送:2019年1月15日(火)より 25:30〜
※放送開始日・放送日時は編成の都合等により変更となる場合がございます。

■公式HP http://www.tvk-yokohama.com/okazukun/
■Twitter http://twitter.com/okazukun_PR
■Instagram http://www.instagram.com/okazukun_pr/
(c)オトクニ/libre2018 (c)「広告会社、男子寮のおかずくん」製作委員会



【関連リンク】
DEVIL NO ID、2019年放送の新ドラマの主題歌に「TGIF」が決定
DEVIL NO IDまとめ
ばってん少女隊、キャリア最大ライブを収めた映像作品の詳細が明らかに

【関連アーティスト】
DEVIL NO ID
【ジャンル】
ニュース, グループ, 発表, TVドラマ, 主題歌

ばってん少女隊、キャリア最大ライブを収めた映像作品の詳細が明らかに
Tue, 18 Dec 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ばってん少女隊が2019年2月6日に発売する映像作品『5.19 ZEPP DIVERCITY大会〜博多美少女上京物語〜Vターンを添えて』 の商品詳細が発表となった。

完全限定生産盤は、初のバンド編成で行なわれたライブ『5.19 ZEPP DIVERCITY大会〜博多美少女上京物語〜』と、福岡で初のホールライブとなった『7.16 旗揚げ記念大会〜博多美少女Vターン物語〜』をBlu-ray 2枚組で収録し、2本のライブでこの商品のために撮り下ろされた32Pの写真集もセットになっている。通常盤は『5.19 ZEPP DIVERCITY大会〜博多美少女上京物語〜』のみを収録したBlu-ray作品だ。

今作に収録されている『5.19 ZEPP DIVERCITY 大会〜博多美少女上京物語〜』は、彼女たちにとってキャリア最大のライブ。シングル「すぺしゃるでい」を提供した4106xxx氏がバンマスとBassを務め、ギターにアイゴンこと會田茂一、ドラムに柏倉隆史、キーボードに中村圭作、ホーンセクションにNARI、シーサーといった最強メンバーがこの日のために集結し、アイドルと生音の究極のスタイルで大成功を収め、今後のばってん少女隊、言わば“BDM”の礎となるライブとなった。

今回リリースされる完全限定生産盤は1500セットの限定生産となるので、確実に入手したいファンは予約をしておこう。

ライブBlu-ray『5.19 ZEPP DIVERCITY大会〜博多美少女上京物語〜Vターンを添えて』

2019年2月6日発売



【完全限定生産限定盤】(Blu-ray二枚組+フォトブック)
VIZL-1521/¥13,000(税込)
※1500セット限定販売
<収録内容>
■Disk1:「5.19 ZEPP DIVERCITY〜」
■Disk2:「博多Vターン物語〜」

ライブBlu-ray『5.19 ZEPP DIVERCITY大会〜博多美少女上京物語〜』

2019年2月6日発売



【通常盤】(Blu-ray)
VIXL-256/¥4,700円(税込)
<収録内容>
「5.19 ZEPP DIVERCITY〜」

【ライブ・イベント情報】

『12.28川崎大会 〜Beginning Destruction Moratorium〜』
12月28日(金) 神奈川・カルッツかわさき 開場16:30 / 開演17:30

<2019年>
『ばってん少女隊の、田舎娘4th〜四大都市のZEPPを巡るツアー〜』
3月16日(土) 福岡・Zepp Fukuoka
〈1部〉OPEN12:00 / START13:00
〈2部〉OPEN17:00 / START18:00
3月23日(土) 大阪・Zepp Namba
OPEN16:30 / START17:30
3月24日(日) 愛知・Zepp Nagoya
OPEN16:30 / START17:30
3月30日(土) 東京・Zepp DiverCity
〈1部〉OPEN12:00 / START13:00
〈2部〉OPEN17:00 / START18:00



【関連リンク】
ばってん少女隊、キャリア最大ライブを収めた映像作品の詳細が明らかに
ばってん少女隊まとめ
『SNOW』を使って女装するぼくりりや対極的な女装を披露する岡崎体育などの女装MV

【関連アーティスト】
ばってん少女隊
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, グループ, Blu-ray, 発表

『SNOW』を使って女装するぼくりりや対極的な女装を披露する岡崎体育などの女装MV
Tue, 18 Dec 2018 18:00:00 +0900


男性が女装をするシーンのあるMVは一見コミカル的な印象が強いですが、伝えたいことはアーティストによっても多種多様。その時代における流行などが反映されていることに注目することも、その奥に隠された真意を考察するのも楽しみ方のひとつでしょう。今回は、“女装している”というところに注目して厳選した作品となっています。伝説のバンドから後世に名を残す予感のするあのアーティスト、名曲をいっぱいに詰め込みました。

■「I Want To Break Free」(\'84) /QUEEN

伝説のロックバンドQUEEN。現在、彼らの生き様を描いたドキュメンタリー映画『ボヘミアン・ラプソディ』が話題を呼んでいる。同作の中にも出てくる「I Want To Break Free」のMVは、QUEEN史上見逃せないMVと言っても過言ではない。ワンフロアーで女装姿のメンバーが生活する様子は、女装により自由を象徴しているかのようだ。白い扉の向こう側ではさらに自由度が上がっていき、ヴォーカリストのフレディ・マーキュリーは、謎の集会で上半身裸のまま謳歌。また、バレエ団とともに野生動物のように自由に飛び、踊るなど、曲名通り“自由への旅立ち”という言葉がとてもしっくりくるMVとなっている。

■「SKY\'s the limit」(\'17) /ぼくのりりっくのぼうよみ

2019年1月をもってアーティスト活動を“辞職”することを発表したぼくのりりっくのぼうよみの作品中でも、ひと際目立つ前向きな楽曲だ。資生堂『アネッサ』のCMソングとして書き下ろされたこの曲のMVには、随所で女装姿のぼくりりが登場し、スマホアプリ『SNOW』を使って出演者と自撮りを楽しむシーンも...。実はそれらのシーン、“飾った自分”で楽しむ点が共通する。化粧も、加工アプリを使って撮れた写真の自分も、リアルの自分ではない。それでも自分らしくなれるなら《“本当は”なんて意味ないよ》と肯定してくれているのだ。最後、彼はウィッグを脱ぎ、リアルになり、微笑む。そこがまた素敵だ。

■「You Can\'t Hurry Love」(\'16) /Hi-STANDARD

2018年11月10日にドキュメンタリー映画『SOUNDS LIKE SHIT : the story of Hi-STANDARD』を公開したHi-STANDARD。依然として人気を誇る彼らの「You Can\'t Hurry Love」は、日本全国の観光名所や名産品をバックにして、銀ラメ入りのドレスを着た3人の姿が映えるMVになっている。実はこの曲はThe Supremesの大ヒット曲「You Can\'t Hurry Love」のカバー曲であり、女装も彼女らを意識したもので、おふざけ感満載な仕上がりに。急に組体操を始めたと思えば、バンドらしくマイクスタンド、ギターが出現するなど、ユーモラスある彼らだからこそ生み出せた作品なのだろう。

■「Natural Lips」(\'17)/岡崎体育

お洒落なバー、ミラーボールなどをバックに、手振りとともにグルービーに歌い上げる姿が印象的な「Natural Lips」のMVは、《風呂は》は“フロアー”、《湯浴み》は“ヨドミ”に聴こえるなど、もはやMVなしでは何を言っているか聴き取れないのがミソ。しかし、そのフロウが逆に耳に残り、いつの間にかはまってしまうのだ。《ブス? 否、美人》というフレーズでは、ブスあるいは美人の彼ならどっちが好み?といわんばかりに画面越しに問い掛けてくる。そのオチがあるようでないような“謎めいた斬新さ”が彼の人気を後押ししているのだろう。このままの勢いで2019年6月9日のさいたまスーパーアリーナでのワンマンライヴは大成功間違いなし!

■「Space Sonic」(\'06)/ELLEGARDEN

2008年9月7日以降活動を休止していたELLEGARDEN が今年2018年に復活、スタジアムライヴを含めたツアーを開催し大きな話題を呼んだことは記憶に新しい。そんな彼らの「Space Sonic」のMVはアメリカのTVショーの中でライヴを披露するストーリーになっており、メンバー4人が女装なのはもちろん、カメラマン、ディレクターまでもが女装! しかし、女装をしながらもあえて女性らしさを前面に出していないのが観どころかもしれない。格好は女装だが、スタイルは彼らそのもの。あえて女装し、アイドル化するということにも別の意図がありそうだ。最後には再び司会者が現れるのだが、下半身がまさかの恰好で唖然となる…ぜひ、結末はMVでチェックしてほしい。

TEXT:小町碧音



【関連リンク】
『SNOW』を使って女装するぼくりりや対極的な女装を披露する岡崎体育などの女装MV
Queenまとめ
ぼくのりりっくのぼうよみまとめ
Hi-STANDARDまとめ
岡崎体育まとめ

【関連アーティスト】
Queen, ぼくのりりっくのぼうよみ, Hi-STANDARD, 岡崎体育, ELLEGARDEN
【ジャンル】
J-ROCK, 洋楽, ニュース, 連載コラム, 気になるワードでディグる! 〇〇なMV, ミュージックビデオ, MV

BLUE ENCOUNT、新曲「それでも、君は走り続ける」のスペシャルムービー公開
Tue, 18 Dec 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BLUE ENCOUNTの新曲「それでも、君は走り続ける」のスペシャルムービーが、YouTubeオフィシャルチャンネルにて公開された。

「それでも、君は走り続ける」は、BLUE ENCOUNTの最新シングル「FREEDOM」のカップリング楽曲で、FM802のランニングサークルFUNKY JOGGERZのマラソン応援ソングとして話題を呼んでいる。11月25日に開催された『第8回大阪マラソン』にFUNKY JOGGERZが出走。このFUNKY JOGGERZのひとりとしてメンバーの辻村勇太(Ba)の参加が決定したことをきっかけに、BLUE ENCOUNTがランナーたちの背中を押すために書き下ろした。

今回公開されたスペシャルムービーでは、辻村が第8回大阪マラソンに出走し、完走を遂げるまでの当日のドキュメンタリーがドラマチックに切り取られている。まさに楽曲の根幹が映像化されているので、辻村の雄姿と共に楽曲を聴いてみよう。

また、2019年6月から行なわれるBLUE ENCOUNT初のホールツアーのチケット一次先行が2018年12月17日よりスタートしている。6月9日の熊本市民会館公演に始まり、東京は中野サンプラザホール、大阪が大阪オリックス劇場、そして名古屋の名古屋市公会堂と全4公演。ライブハウスを主戦場としてライブ活動を行ってきたブルエンだが、2018年にリリースされた3rdアルバム『VECTOR』や最新シングル「FREEDOM」でも幅広い音楽性でファンを魅了してきた彼らだけに、このホールツアーでどのようなステージを見せてくれるのか期待が高まる。最高の内容になること間違いなしのこのツアー、申し込みが済んでいない方はこの機会を逃さないように!

『BLUE ENCOUNT HALL TOUR 2019』

<2019年>
6月09日(日) 熊本・熊本市民会館シアーズホーム夢ホール
6月21日(金) 東京・中野サンプラザホール
6月28日(金) 大阪・大阪オリックス劇場
7月15日(月・祝) 愛知・名古屋市公会堂

<チケット>(全公演)
前売 ¥5,300(税込)
■オフィシャル一次先行受付
2018年12月17日(月)20:00〜12月24日(月・祝)23:59まで
https://l-tike.com/st1/blueencount-2019hallhp

シングル「FREEDOM」

2018年11月21日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3118〜3119/¥1,759+税
※プレイパス対応
<収録曲>
■CD
01. FREEDOM
02. ミュージック
03. それでも、君は走り続ける
■DVD
01. Waaaake!!!!
02. JUMP
03. コンパス
04. 灯せ
05. こたえ
06. Making of TOUR2018 Choice Your「→」
◎特典DVD内容:2018年7月27日に熊本B.9 V1にて行われた<TOUR2018 Choice Your「→」>のライブパフォーマンスとツアードキュメンタリーを収録



【通常盤】(CD)
KSCL-3120/¥1,204+税



【関連リンク】
BLUE ENCOUNT、新曲「それでも、君は走り続ける」のスペシャルムービー公開
BLUE ENCOUNTまとめ
Suchmos、クリスマスに一夜限りのスペシャルライブを放送

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV

Suchmos、クリスマスに一夜限りのスペシャルライブを放送
Tue, 18 Dec 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Suchmosが、2018年の夏に、東京・新木場スタジオコーストにて一夜限りで開催した自主レーベル企画ライブ『F.C.L.S. Presents Suchmos the Experience Supported by Adidas』の模様が、12月25日(火)NHK総合にて放送されることが発表された。

この公演は2018年に公開された『2018 FIFAワールドカップ ロシア』開幕を記念したフィルム『CREATIVITY IS THE ANSWER (答えはひとつ、じゃない。)』にYONCE(Vo)が出演を受けて開催されたもの。“音楽とフットボールカルチャーの融合”をテーマに、サッカーにインスパイアされたグラフィティアーティストによるライブペイント、フリースタイルフットボーラーによるパフォーマンス等が会場を彩った。

ライブ本編においては、2018年6月にリリースしたミニアルバム『THE ASHTRAY』より「VOLT-AGE」(2018 NHKサッカーテーマ)をはじめ、「808」(Honda『VEZEL』CMソング)など全16曲を2時間にわたってパフォーマンス。サッカー好きを公言しているYONCEはMCにて“アスリートと我々バンドマンは全く違うように見えるかもしれないけれど、こうしてステージに立って表現していることと、彼らがピッチに立って表現していることは全く一緒で、すごくシンパシーを感じています。だから今日こういう形で、ちょっとでもお互いの魅力が通じ合える瞬間を、チャンスをもらえたこと、すごく嬉しく感じます”と語った。

放送はNHK総合にてオンエアされるとともに、2018年12月から本放送が始まるNHK-BS8Kの開局特番としてもオンエアが決定! 超高精細・最先端の8K映像と臨場感あふれる22.2chサウンドで、Suchmosの魅力を余すところなく伝えるスーパーハイビジョンライブは必見だ。

■『8Kスーパーライブ Suchmos』

<放送予定>
12月25日(火)23:55〜00:40(NHK総合)
12月30日(日)20:00〜21:00(NHK-BS8K)※初回放送

【ライヴ情報】

<2019年>
『ARENA TOUR 2019』
3月16日(土) 静岡・エコパアリーナ
3月30日(土) 宮城・ゼビオアリーナ仙台
4月06日(土) 北海道・北海道立総合体育センター 北海きたえーる
4月20日(土) 新潟・朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
4月29日(月・祝) 福岡・福岡国際センター
5月11日(土) 広島・広島サンプラザホール
5月25日(土) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
5月26日(日) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
<チケット>
¥6,500 (指定席)
■SuchmosオフィシャルHP2次先行予約受付
2018年12月26日(水)10:00〜2019年1月10日(木)23:00
■一般発売:2019年1月26日(土)

『Suchmos THE LIVE』
9月08日(日) 神奈川・横浜スタジアム
※詳細は後日発表いたします。

ミニアルバム『THE ASHTRAY』

発売中



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL 3060-3061/¥3,000+税
【通常盤】(CD)
KSCL 3062/¥2,000+税

<収録曲>
■CD
1. 808
2. VOLT-AGE
3. FRUITS
4. YOU\'VE GOT THE WORLD
5. FUNNY GOLD
6. ONE DAY IN AVENUE
7. ENDROLL
■DVD*初回生産限定盤のみ
1. A.G.I.T.
2. YMM
3. PINKVIBES
4. BURN
5. WIPER
6. STAY TUNE
7. MINT
8. DUMBO
9. GAGA
10. OVERSTAND

※CDの購入 / ダウンロードはこちら
https://fcls.lnk.to/theashtrayall



【関連リンク】
Suchmos、クリスマスに一夜限りのスペシャルライブを放送
Suchmosまとめ
打首獄門同好会、戦隊モノに挑んだ新曲「YES MAX」MV公開

【関連アーティスト】
Suchmos
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 音楽番組

打首獄門同好会、戦隊モノに挑んだ新曲「YES MAX」MV公開
Tue, 18 Dec 2018 11:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

打首獄門同好会がエースコック スーパーカップMAXとのコラボ作品となった新曲「YES MAX」のMVを公開した。

「布団の中から出たくない」「はたらきたくない」などの楽曲を中心に世の中を共感の渦に巻き込んでいる打首獄門同好会。そんな彼らが今回挑んだのは戦隊モノだ。このMVは、メンバーがそれぞれ赤の鶏ガラ醤油、黄の熟成味噌、緑の濃コクとんこつの“スーパー戦隊MAX”に扮し、怪人ハラヘッターと戦うストーリーとなっている。気になる戦いの行く末を、ぜひMVでチェックしてほしい。

また、打首獄門同好会は年末も『COUNTDWON JAPAN 18/19』をはじめ、多数の企画やイベント出演を控えているので、ライブが気になった方は足を運んでみてはいかがだろうか。

【ライブ情報】

『junkoさんお誕生日会』
12月20日(木) 東京・品川ステラボール
『ポルノ超特急-5TH ANNIVERSARY-』
12月23日(日) 京都・京都パルスプラザ
『MERRY ROCK PARADE 2018』
12月24日(木) 愛知・ポートメッセ名古屋
『MUSIC JUNCTION 2018』
12月26日(水) 福岡・福岡国際ホール
『COUNTDWON JAPAN 18/19』
12月28日(土) 千葉・幕張メッセ
『KenKen presents「帰ってきたオレパルーザ 2018」』
12月30日(日) 東京・Zepp Tokyo



【関連リンク】
打首獄門同好会、戦隊モノに挑んだ新曲「YES MAX」MV公開
打首獄門同好会まとめ
阿久悠による楽曲を収録した2枚組CDの発売を記念して、トークライブを開催

【関連アーティスト】
打首獄門同好会
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, コラボレーション, バンド, ミュージックビデオ, MV

阿久悠による楽曲を収録した2枚組CDの発売を記念して、トークライブを開催
Tue, 18 Dec 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

作詞家の阿久悠が子どもたちのために書いたアニメや特撮などの楽曲50曲を収めた2枚組CD『誰もが勇気を忘れちゃいけない 〜大事なことはすべて阿久悠が教えてくれた〜』の発売を記念して、トークライブが開催されることがわかった。

このトークライブでは、CDの企画者である秋廣泰生と音楽ライターの不破了三が、収録曲を中心に阿久悠作詞の楽曲をかけながら、作品を深読み分析。CD制作の秘話や作品への熱い思い、阿久悠や楽曲にまつわるエピソードを語りつくすとのことだ。阿久悠の想いを読み解く一夜となるため、気になる方はぜひチェックを!

『日本コロムビアpresents CD『誰もが勇気を忘れちゃいけない』発売記念 トークライヴ「大事なことはすべて阿久悠が教えてくれた」』

1月17日(木) 東京・ROCK CAFE LOFT is your room
OPEN 18:30 / START 19:30
ナビゲーター:秋廣泰生(ライター/映像演出家)、不破了三(音楽ライター)
<チケット>
前売(webにて予約)¥2,000/当日¥2,500(+要1オーダー)

アルバム『誰もが勇気を忘れちゃいけない 〜大事なことはすべて阿久悠が教えてくれた〜』

2018年12月19日発売



COCP-40599〜600/¥3,200+税
※2枚組
<収録曲>
■Disc 1
01.マッハバロン/すぎうらよしひろ 『スーパーロボット マッハバロン』
02.ファイヤーマン/子門真人 『ファイヤーマン』
03.レッドバロン/朝コータロー 『スーパーロボット レッドバロン』
04.ウルトラマンタロウ/武村太郎、少年少女合唱団みずうみ 『ウルトラマンタロウ』
05.パジャママンのうた/石毛恭子、東京ちびっこ合唱団 『ママとあそぼう!ピンポンパン』
06.ワイルドセブン/ノンストップ 『ワイルド7』
07.デビルマンのうた/十田敬三、ボーカル・ショップ 『デビルマン』
08.ウルトラマンレオ/真夏竜、少年少女合唱団みずうみ 『ウルトラマンレオ』
09.青春まるかじり/黒崎輝(協力:高木淳也・真田広之) 映画『伊賀野カバ丸』<初CD化>
10.ピンポンパン体操/杉並児童合唱団、お兄さん(金森勢) 『ママとあそぼう!ピンポンパン』
11.ヤンマだアゲハだマメゾウだ/ヤング・スターズ 『ミクロイドS』
12.MACのマーチ/真夏竜、少年少女合唱団みずうみ 『ウルトラマンレオ』
13.HOSHIMARU音頭/TPO、池田智子 (科学万博-つくば\'85)
14.ツンツンソング/嶋崎由理、コロムビアゆりかご会 『全国こども電話相談室』
15.愛の勇者たち/ささきいさお 『ザ★ウルトラマン』
16.プラトニック/鹿取容子 映画『オーディーン 光子帆船スターライト』<初CD化>
17.哀しみのベラドンナ/橘まゆみ 映画『哀しみのベラドンナ』<初CD化>
18.ジャンヌの涙/橘まゆみ 映画『哀しみのベラドンナ』<初CD化>
19.眠れマッハバロン/すぎうらよしひろ 『スーパーロボット マッハバロン』
20.私のオーディーン −オーディーンの乙女−/鹿取容子 映画『オーディーン 光子帆船スターライト』<初CD化>
21.真赤なスカーフ/ささきいさお、ロイヤル・ナイツ 『宇宙戦艦ヤマト』
22.兄さんのロボット/コロムビアゆりかご会 『スーパーロボット レッドバロン』
23.つむじかぜ/ノンストップ 『ワイルド7』
24.星のサンバ/トゥインクルシスターズ 『星の王子さま プチ・プランス』<初CD化>
25.スターダスト ボーイズ/影山ヒロノブ 『宇宙船サジタリウス』
■Disc 2
01.バースディの唄/堀江美都子、こおろぎ\'73 (ぱくぱくぽけっとレコード)
02.じゃりん子チエ/ビジー・フォー 映画『じゃりン子チエ』
03.ドロンチョドロドロヨゴラッタ/パインストーンズ 『ママとあそぼう!ピンポンパン』
04.トッポ・ジージョのワン・ツーかぞえうた/山崎唯 『トッポ・ジージョ・イン・ジャパン』
05.ヒマラヤ雪男くん/小林亜星、コロムビアゆりかご会 (ぱくぱくぽけっとレコード)
06.毛虫のモモちゃん/前川陽子 (ぱくぱくぽけっとレコード)
07.アメリカなまりのニワトリ/スチーブン・トート、こおろぎ\'73 (ぱくぱくぽけっとレコード)<初CD化>
08.星の王子さま プチ・プランス/鈴木賢三郎 『星の王子さま プチ・プランス』<初CD化>
09.結婚行進曲/かおりくみこ、大倉正丈 (ぱくぱくぽけっとレコード)
10.DOMO DOMO コンチェルト/星野知子、森の木児童合唱団 ドラマ『サザエさん』<初CD化>
11.びっくりマークの日々/星野知子、森の木児童合唱団 ドラマ『サザエさん』<初CD化>
12.秋田から来た先生/左とん平 (ぱくぱくぽけっとレコード)
13.ズッコケ純情/中野康 こども文学館『ズッコケ三人組』<初CD化>
14.フレンズ/ヤング・フレッシュ 『ピンク・レディー物語』
15.ウルトラ六兄弟/武村太郎、少年少女合唱団みずうみ 『ウルトラマンタロウ』
16.今日もどこかでデビルマン/十田敬三 『デビルマン』
17.ザ・ウルトラマン/ささきいさお、コロムビアゆりかご会 『ザ★ウルトラマン』
18.飛べ!宇宙のレッドバロン/団しん也 『スーパーロボット レッドバロン』
19.ミクロイドS/ヤング・スターズ 『ミクロイドS』
20.スーパーモンキー孫悟空/ピンク・レディー 『飛べ!孫悟空』
21.戦え!ウルトラマンレオ/秀夕樹、少年少女合唱団みずうみ 『ウルトラマンレオ』
22.夢光年/影山ヒロノブ 『宇宙船サジタリウス』
23.時の中を走りぬけて/石原慎一 『ウルトラマンUSA』
24.宇宙戦艦ヤマト/ささきいさお、ロイヤル・ナイツ 『宇宙戦艦ヤマト』
25.追い出しの歌/左とん平 映画『ジャックと豆の木』<初CD化>

■商品詳細はこちら。
http://columbia.jp/prod-info/COCP-40599-600/



【関連リンク】
阿久悠による楽曲を収録した2枚組CDの発売を記念して、トークライブを開催
阿久悠まとめ

【関連アーティスト】
阿久悠
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 発表, 名曲, リリース, アニメ, 歌謡曲, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1