歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年12月17日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/12/26
2018/12/25
2018/12/24
2018/12/23
2018/12/22
2018/12/21
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
GANG PARADE、メンバーの幼少期の写真を取り入れた「CAN\'T STOP」の映像を公開
Mon, 17 Dec 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GANG PARADEが12月11日にリリースしたライブBlu-ray『GANG PARADE oneman live at Zepp Tokyo』は現9人体制初の映像作品で、9月20日に開催された自身最大規模のZepp Tokyoでのワンマンライブが収録されている。

その中から本作品のライブ映像の本編終了後に収録されている「CAN\'T STOP」の映像がYouTubeにて公開された。この映像はワンマンライブ当日にメンバーのパフォーマンスのバックで流れていたもの。GANG PARADEのメンバーの幼少期の写真を取り入れており、エリザベス宮地が監督を務めている点にも注目だ。

また、GANG PARADEは2019年1月8日(火)に現体制初のフルアルバム『LAST GANG PARADE』のリリースも控えているので、こちらの続報も楽しみに待とう。

Blu-ray『GANG PARADE oneman live at Zepp Tokyo』

2018年12月11日発売



TPRB-0009/¥10,000+税
※Blu-ray + CD + ブックレット
<収録内容>
■DISC 1:Blu-ray
2018年9月20日開催GANG PARADE Zepp Tokyo公演ライブ映像
■DISC 2:CD
現体制再録音源
01.Plastic 2 Mercy
02.UNIT
03.pretty pretty good
04.Happy Lucky Kirakira Lucky
05.QUEEN OF POP
06.WE ARE the IDOL
07.Barely Last
08.FOUL
09.Beyond the Mountain
10.GANG PARADE
■ブックレット
GANG PARADE oneman live at Zepp Tokyo Photobook & SPECIAL INTERVIEW



【関連リンク】
GANG PARADE、メンバーの幼少期の写真を取り入れた「CAN\'T STOP」の映像を公開
GANG PARADEまとめ
吉澤嘉代子、お話の朗読を盛り込んだスペシャルツアーが終幕

【関連アーティスト】
GANG PARADE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, Blu-ray, ライブ

吉澤嘉代子、お話の朗読を盛り込んだスペシャルツアーが終幕
Mon, 17 Dec 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

吉澤嘉代子のピアノとストリングス編成によるスペシャルツアー『みつあみクインテットツアー』が、12月15日 銀座ヤマハホールにて終幕を迎えた。

千秋楽となった12月15日の第二部公演では、ピアノ、ヴァイオリン2名、ヴィオラ、チェロによるクインテットをバックに、オリジナルの三つ編みにブルーのドレス姿で吉澤が登場。最新アルバム『女優姉妹』1曲目に収録されている「鏡」から重厚なストリングスアレンジでライブがスタートした。

序盤のMCで“今回のツアーは、これまで書いた大切な曲を、新しいアレンジでお届けするツアーです。今日、この回が最終回です。1曲1曲噛み締めてお届けします”と語った吉澤。彼女のツアーでは小芝居を織り交ぜながら進行するスタイルがお馴染みとなっているが、今回のツアーでは、小芝居に代わって自身が考えたお話の朗読が盛り込まれた。自分の痛みに気を取られてしまい、大切な人の痛みに気づくことが出来なかった女性を主人公にした『みつあみちゃんのお話』の朗読に続いて、「胃」が披露される。

途中の「地獄タクシー」では、バンドマスターの横山裕章が地獄行きのタクシー運転手に扮する演出も。続いて、静かな会場には波音のSEが聞こえ、人魚伝説の解説が朗読されたのちに「人魚」をしっとりと歌い上げた。

ライブの後半では、アルバム『女優姉妹』のリード曲「女優」、ロングセールスを続ける朝帰りの女の子を主人公にした「残ってる」「がらんどう」と人気曲を次々と演奏。終盤では『水族館のジュゴンのお話』の朗読に続いて「泣き虫ジュゴン」。そして、本編最後では「綺麗」を、会場と一緒にサビの掛け合いを合唱して、集まったファンを楽しませる。

鳴り止まない拍手と“嘉代子コール"に応えて、その後3曲をパフォーマンス。自身が一番好きな12月の歌として、松本隆作詞、大瀧詠一作曲の「さらばシベリア鉄道」のカバーをサプライズで披露した。続く、日常の中の絶景をテーマに書かれた「東京絶景」の熱唱では、この日一番の拍手が沸いた。

ラストのアンコールでは、公演毎に日替わりでアコースティックギターでの弾き語りを披露しており、この日は「未成年の主張」を演奏。“またこの形でライブしたいです。皆さん、よいお年を!”とのMCで、アンコール含めて、全15曲。ピアノとストリングス編成による貴重なツアーを締め括った。

Photo by 鳥居洋介

【セットリスト】
1.鏡
2.ユキカ
3.月曜日戦争
(みつあみちゃんのお話)
4.胃
5.えらばれし子供たちの密話
6.地獄タクシー
(人魚伝説の解説)
7.人魚
8.女優
9.残ってる
10.がらんどう
(水族館のジュゴンのお話)
11.泣き虫ジュゴン
12.綺麗
<ENCORE>
13.さらばシベリア鉄道
14.東京絶景
15.未成年の主張

アルバム『女優姉妹』

発売中



【初回限定盤】(CD+2LIVE DVD)
CRCP-40563/¥6,463(税抜)
<収録曲>
■CD
01.鏡
02.月曜日戦争
03.怪盗メタモルフォーゼ
04.女優
05.ミューズ
06.洋梨
07.恥ずかしい(新録)
08.よるの向日葵
09.残ってる
10.最終回
■LIVE DVD
『吉澤嘉代子の発表会』東京国際フォーラム ホールC コンサート映像
[DISC1]『子供編』2018年6月16日
01.未成年の主張
02.恋愛倶楽部
03.美少女
04.チョベリグ
05.らりるれりん
06.ブルーベリーシガレット
07.ひゅー
08.ユキカ
09.うそつき
10.なかよしグルーヴ
11.逃飛行少女
12.えらばれし子供たちの密話
13.キルキルキルミ
14.ひょうひょう
15.ラブラブ
16.movie
17.泣き虫ジュゴン
18.雪
19.ひゅるリメンバー
[DISC2]『大人編』2018年6月17日
01.綺麗
02.ねえ中学生
03.ケケケ
04.月曜日戦争
05.手品
06.化粧落とし
07.がらんどう
08.ジャイアンみたい
09.ユートピア
10.シーラカンス通り
11.ちょっとちょうだい
12.麻婆
13.地獄タクシー
14.人魚
15.一角獣
16.ストッキング
17.残ってる
18.ミューズ
19.東京絶景
20.23歳feat. ウィンディ



【通常盤】(CD)
CRCP-40564/¥2,778(税抜)

『女優ツアー2019』

2月10日(日) 福岡・都久志会館
2月15日(金) 大阪・NHK 大阪ホール
2月17日(日) 広島・BLUE LIVE 広島
3月03日(日) 宮城・チームスマイル・仙台PIT
3月06日(水) 愛知・名古屋市芸術創造センター
3月10日(日) 北海道・Zepp札幌
3月17日(日) 東京・昭和女子大学人見記念講堂



【関連リンク】
吉澤嘉代子、お話の朗読を盛り込んだスペシャルツアーが終幕
吉澤嘉代子まとめ
UVERworld、映像商品のアートワーク&豪華特典の内容を解禁

【関連アーティスト】
吉澤嘉代子
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, ライブ, ツアー, セットリスト, ライブレポ, レポート

UVERworld、映像商品のアートワーク&豪華特典の内容を解禁
Mon, 17 Dec 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

UVERworldが2017年12月21日に横浜アリーナにてTAKUYA∞(Vo)の生誕祭として開催した『UVERworld TYCOON TOUR at Yokohama Arena 2017.12.21』のBlu-ray&DVDが2019年1月16日にリリースされる。今回そのアートワークや特典収録内容などが公開となった。

初回盤の特典には2018年に出演した『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018』や『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2018 in EZO』、『イナズマロックフェス2018』などの夏フェスの模様や、6月6日のバンド結成日に熊本で行なわれた公演の模様など未公開映像を含むライブを収録。2018年の彼らのライブを振り返ることの出来る内容となっている。

11月の東京・豊洲でのライブを皮切りに、11年連続となる日本武道館を経てのクリスマスライブを経て、12月30〜31日の福岡公演まで17公演にわたるツアー中のUVERworld。そんな中、TAKUYA∞の誕生日である12月21日には、昼に日本武道館公演で女祭り、夜に横浜アリーナで男祭り公演と、同日にアリーナ公演を2公演開催するという前代未聞のライブに挑む。

12月21日の公演に向けたティザー映像もYouTubeなどで公開となっており、こちらではアニメ『約束のネバーランドの』オープニングテーマとなる新曲「Touch off」の一部を聴くこともできるので、ぜひチェックを!

また、12月21日のライブの模様は2019年3月、4月にWOWOWでの独占放送も決定! WOWOWで男女ともにスペシャルなライブをダブルで楽しんでほしい。

Blu-ray&DVD『UVERworld TYCOON TOUR at Yokohama Arena 2017.12.21』

2019年1月16日発売



【初回生産限定盤】 (Blu-ray)
SRXL-191〜2/¥7,200(税抜)
※三方背ケース・写真集・特典Blu-ray付
【初回生産限定盤】 (2DVD)
SRBL-1832〜4/¥6,200(税抜)
※三方背ケース・写真集・特典DVD付

<収録曲>
THE ONE
7th Trigger
WE ARE GO
ace of ace
ENOUGH-1
一滴の影響
Collide
シリウス
KINJITO
畢生皐月プロローグ
REVERSI
NO.1
PRAYING RUN
僕の言葉ではない これは僕達の言葉
SHOUT LOVE
ハルジオン
CORE STREAM
? choir
Q.E.D.
Don\'t Think.Feel
零HERE〜SE〜
IMPACT
LONE WOLF
在るべき形
MONDO PIECE
※初回生産限定盤の特典ディスクの内容は後日発表

◎全形態プレイパス封入

◎初回特典収録曲 ※DVD・Blu-ray共通
一滴の影響 (Live at Kumamoto B.9 V1 2018.6.6)
PLOT (Live at Kumamoto B.9 V1 2018.6.6)
在るべき形 (Live at Kumamoto B.9 V1 2018.6.6)
Q.E.D. (ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018.8.4)
IMPACT (ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2018.8.4)
PRAYING RUN (RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZO 2018.8.11 )
DECIDED (INAZUMA ROCK FES. 2018.9.22)
君の好きなうた (INAZUMA ROCK FES. 2018.9.22)

◎購入者特典
全国のUVERworld応援店もしくはアリーナツアー会場でのご予約で下記の特典をお渡しいたします。
B3カレンダーポスター(全2種類)
※絵柄は2種類/後日発表
<対象店舗一覧>
1.UVERworld応援店舗(カレンダーポスターA)
2.UVERworld ARENA TOUR 2018会場 CD販売所(カレンダーポスターB)
※対象店舗は後日発表



【通常盤】 (Blu-ray)
SRXL-193/¥5,900(税抜)
【通常盤】 (2DVD)
SRBL-1835〜6/¥4,900(税抜)

『UVERworld ARENA TOUR 2018』

12月20日(木) 神奈川・横浜アリーナ
12月21日(金) 東京・日本武道館 (女祭り)※TAKUYA∞生誕祭  
時間:12:00 / 13:00
12月21日(金) 神奈川・横浜アリーナ(男祭り) ※TAKUYA∞生誕祭
時間:17:30 / 19:00
12月25日(火) 東京・日本武道館 ※Premium LIVE on Xmas
12月27日(木) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
12月28日(金) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
12月30日(日) 福岡・マリンメッセ福岡
12月31日(月) 福岡・マリンメッセ福岡

■『UVERworld ARENA TOUR 2018』特設サイト
http://www.uverworld.jp/feature/2018_livetour

【WOWOW独占放送】

<ラインナップ>
UVERworld ARENA TOUR 2018.12.21 TAKUYA∞生誕祭 〜女祭り at 日本武道館〜(2019年3月放送予定)
UVERworld ARENA TOUR 2018.12.21 TAKUYA∞生誕祭 〜男祭り at 横浜アリーナ〜(2019年4月放送予定)
<関連番組>
『UVERworld TYCOON TOUR 2017 TAKUYA∞生誕祭』
2019年1月10日(木)午後0:30放送
『UVERworld ARENA TOUR 2016 TAKUYA∞生誕祭』
2019年2月08日(金)放送

■WOWOW特設サイト https://www.wowow.co.jp/music/uw/



【関連リンク】
UVERworld、映像商品のアートワーク&豪華特典の内容を解禁
UVERworldまとめ
松山千春、数々の思い出が残るニトリ文化ホールでのライブを映像作品化

【関連アーティスト】
UVERworld
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray, ライブ

松山千春、数々の思い出が残るニトリ文化ホールでのライブを映像作品化
Mon, 17 Dec 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

松山千春が6月27日(水)に地元・北海道の聖地であるニトリ文化ホールで開催した『松山千春コンサート・ツアー2018『弾き語り』』のファイナル公演をライブ映像作品として、レコードデビュー記念日である2019年1月25日(金)にリリースすることが分かった。

ニトリ文化ホールは、1971年に北海道厚生年金会館としてオープンし、北海道で最大のものだった。2008年には札幌市が入札、ネーミングライツで2010年から現在のニトリ文化ホールとなっていたが2018年9月に閉館。松山は“俺にとって、このホールは41年前、デビューして一番最初に立ったホールだからな。それは色々な思い出が残っているよ。まさか、こんな日がくるとは思わなかった”と語っている。

1977年1月に「旅立ち」でデビューして、その年の8月8日に初めて立ったステージ。デビュー後は毎年、春と秋の全国ツアーを欠かさず行ない、すでに2500本を超えるステージを繰り広げているが、その中でファイナル公演は同ホールで行なうのが恒例だった。

また、このツアーはデビュー以来41年ぶりにギター1本で全国を回った弾き語りツアーということで、これまでのキャリアでも非常に貴重なツアー。この地元・北海道の聖地でのラストライブが映像化されるということで、ファンならずとも必見のライブ映像となるだろう。

松山千春は、現在10月に発売した通算79枚目のシングル「ことば」と2014年4月に発売した「歩き出してくれないか/生きて」から2017年10月に発売した「初雪」までの6枚のシングルに収録された楽曲を集めた『起承転結14』を引っさげた全国15カ所19公演をまわる『FM NACK5 開局30周年記念 松山千春コンサート・ツアー2018「ことば」』を開催中。12月24日(月・祝)、25日(火)には10月に新たにオープンした札幌文化芸術劇場にてツアーファイナルが開催されるので、こちらも併せてチェックしてほしい。

DVD&Blu-ray『松山千春コンサート・ツアー2018「弾き語り」2018.6.27 ニトリ文化ホール』

2019年1月25日(金)発売



【DVD】
COBA-7062/¥5,000+税
【Blu-ray】
COXA-1169/¥6,000+税
<収録曲>
■第1部
1.君のために作った歌
2.あたい
3.銀の雨
4.恋
5.電話
6.燃える日々
7.純〜愛する者たちへ〜
■第2部
8.伝言
9.網走番外地
10.風雪ながれ旅
11.ガリレオ
12.生きている
13.途上 
14.真っ直ぐ
-アンコール-
15.青春II
16.長い夜
17.大空と大地の中で
18.炎
・エンディング

『FM NACK5 開局30周年記念 松山千春コンサート・ツアー2018「ことば」』

12月18日(火) 宮城・仙台サンプラザホール
12月20日(木) 岩手・岩手県民会館
12月24日(月・祝) 北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
12月25日(火) 北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru



【関連リンク】
松山千春、数々の思い出が残るニトリ文化ホールでのライブを映像作品化
松山千春まとめ
反田恭平、自身の“原点”に立ち向かったアルバムを2019年2月にリリース

【関連アーティスト】
松山千春
【ジャンル】
J-POP, ニュース, DVD, Blu-ray, 発表, リリース, 発売, ライブ, ツアー

反田恭平、自身の“原点”に立ち向かったアルバムを2019年2月にリリース
Mon, 17 Dec 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

現代クラシック界の若き異才・反田恭平が、新たなアルバムを2019年2月20日にリリースすることがわかった。

今回録音に臨んだのは「ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番」。映画でも題材に取り上げられるほど、美しいメロディーとロマンティックな魅力に溢れ、また、難曲中の超難曲として知られるラフマニノフの代表曲だが、反田が2012年に高校在学中に史上最年少(当時)で優勝した『日本音楽コンクール』の決勝で演奏したのも、この「ピアノ協奏曲第3番」である。反田恭平の名を世に知らしめた、反田にとっては“原点"でもある楽曲に、デビュー3年を経て改めて立ち向かう。

録音は2018年10月25〜26日にモスクワのラフマニノフホールにてセッションレコーディングを敢行。レコーディングスタッフによると、今回の録音は思わぬハプニングに襲われたという。ステージ上の数トンにおよぶ防火壁が原因不明の誤動作を起こし、ピアノの上に落下。ピアノ近辺にいた反田のとっさの判断で、接触寸前にピアノの蓋を閉めたことでピアノの全壊は免れたものの、初日のレコーディングは途中で中止。当初丸2日間予定されていたレコーディングが大幅に短縮を余儀なくされた。

さらに、ラフマニノフの生地・ロシアの誇る随一のオーケストラとの共演ということで、ラフマニノフの演奏に誇りと矜持を有するオーケストラに日本の若きピアニストが単身立ち向かう構図は、かなりのプレッシャーを強いるものがあったと反田は述懐する。アウェーな状況と限られた時間内で繰り広げられた演奏は、セッション録音でありながら、まるでライヴのような緊張感が全編にみなぎり、反田のピアノに呼応してオケが次第に一体感をまし、まさに一期一会の真剣勝負の様相を呈する熱演となった。

なおカップリングには日本でレコーディングされた、同じくラフマニノフの「ピアノ・ソナタ第2番」等を収録。気になる方はぜひ発売日を楽しみにしていてほしい。

アルバム『ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番/ピアノ・ソナタ第2番』

2019年2月20日発売



COCQ-85458/¥3,000(税抜)
<収録曲>
■ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番 ニ短調 作品30
1.第1楽章 Allegro ma non tanto
2.第2楽章 Intermezzo:Adagio
3.第3楽章 Finale:Alla breve
■ラフマニノフ:ピアノ・ソナタ第2番 変ロ短調 作品36 (1931年改訂版)
4.第1楽章 Allegro agitato
5.第2楽章 Non allegro-Lento
6.第3楽章 L\'istesso tempo-Allegro molto
7.ラフマニノフ:10の前奏曲 作品23 第2番 変ロ長調
8.ラフマニノフ:10の前奏曲 作品23 第4番 二長調

◎購入者特典
・タワーレコード/山野楽器/HMV/その他応援店
絵柄別ポストカード
・楽天ブックス
オリジナルクリアファイル(A5サイズ)

【ライブ情報】

『反田恭平ピアノリサイタル』
演奏曲:オール・ショパン・プログラム
1月11日(金) 愛知・愛知県芸術劇場コンサートホール
1月12日(土) 福岡・シンフォニーホール(アクロス福岡)
1月18日(金) 東京・オペラシティコンサートホール
1月26日(土) 福島・福島市音楽堂
1月27日(日) 兵庫・兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール
2月02日(土) 北海道・札幌コンサートホール

『佐渡裕指揮 日本センチュリーツアー』
演奏曲:ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番
2月19日(火) 大阪・国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)多目的ホール
2月20日(水) 佐賀・佐賀市文化会館
2月21日(木) 大分・iichiko総合文化センター
2月22日(金) 熊本・市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
2月23日(土) 鹿児島・鹿児島市民文化ホール第一ホール
2月24日(日) 鳥取・米子コンベンションセンター
2月25日(月) 岐阜・不二羽島市文化センター
2月27日(水) 山口・シンフォニア岩国
2月28日(木) 岡山・シンフォニーホール
3月01日(金) 愛媛・ひめぎんホール
3月02日(土) 高知・高知県立県民文化ホール



【関連リンク】
反田恭平、自身の“原点”に立ち向かったアルバムを2019年2月にリリース
反田恭平まとめ
VIXXのLEOとIN2ITが、2019年に東阪で2マンライブを開催

【関連アーティスト】
反田恭平
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売, クラシック

VIXXのLEOとIN2ITが、2019年に東阪で2マンライブを開催
Mon, 17 Dec 2018 18:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

K-POPモバイルファンサイト『K-FAN』のイベントが、2019年に緊急開催されることがわかった。

今回出演するのは2014年に日本デビューした人気ボーイズグループ・VIXXのメインボーカリストであるLEO(レオ)と、M netの人気番組『少年24』で結成された次世代のK-POP代表格と言われるIN2IT(イントゥイット)。この注目のアーティストによる2マンライブが、1月10日(木)に大阪・ZEPP OSAKA BAYSIDE、1月11日(金)に東京・ZEPP TOKYOで開催される。

2018年にソロデビューを果たしたLEOと、2019年に本格的な日本での活動が予定されているIN2ITという豪華な組み合わせは、ファンを魅了する激しく熱いパフォーマンスを繰り広げてくれるに違いない。チケットは12月22日よりイベントのオフィシャルサイトで先行受付が開始されるので、欠かさずチェックしよう。

『Diamond Blog Presents 2019 K-FAN Fes in Japan』

<2019年>
1月10日(木) 大阪・ZEPP OSAKA BAYSIDE
時間:OPEN 17:00 / START 18:00
1月11日(金) 東京・ZEPP TOKYO
1部:OPEN 13:30 / START 14:30
2部:OPEN 17:00 / START 18:00
<チケット>
1F自由席(スタンディング)¥10,800
2F指定席¥10,800
※ドリンク代別/整理番号順入場
■オフィシャルサイト先行受付
2018年12月22日(土)12:00〜12月26日(水)12:00



【関連リンク】
VIXXのLEOとIN2ITが、2019年に東阪で2マンライブを開催
VIXXまとめ
IN2ITまとめ
クリスマス目前! 大切な人へ贈りたいQUEENのラブソング5曲

【関連アーティスト】
VIXX, IN2IT
【ジャンル】
K-POP, ライブ・フェス, ニュース, 韓流, 発表, ライブ, チケット

クリスマス目前! 大切な人へ贈りたいQUEENのラブソング5曲
Mon, 17 Dec 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

全世界興行収入は5億ドルを突破する大ヒット中の映画『ボヘミアン・ラプソディ』。ここ日本でもこれまでQUEENを知らなかった世代までもが熱狂する異例の現象が起きていますね。彼らの魅力はなんと言ってもフレディ・マーキュリーの歌唱力、メンバー全員による美しいコーラス、そしてドラマチックなメロディー…ですが、歌詞も素晴らしいのです! そこで今回は歌詞に注目した『クリスマス目前! 大切な人へ贈りたいQUEENのラブソング5曲』をご紹介します。

■「I Was Born To Love You」(’95) /アルバム『Made In Heaven』より

最初にご紹介するのは「I Was Born To Love You」。天才ミュージシャンのフレディ・マーキュリーが他界した4年後の1995年にリリースされたアルバム『Made In Heaven』に収録された作品で、日本でもTVCMやTVドラマなどで広く起用されてきたヴァージョン。だが、実際はフレディのソロ作品がオリジナルで、演奏部分のみバンドの演奏に差し替えられて収録された。歌詞はタイトルの“私はあなたを愛するために生まれたんだ”という、どストレートな言葉で始まる究極のラブソング。捉えようによっては“ひたすら生涯愛し続けるので、どうか私のことも愛してください!”という懇願のようにさえ聞こえたりもするけれど、言われて嫌な言葉はひとつもない! 愛しい人へのギフトに。

■「Play The Game」(’80) /アルバム『The Game』より

シンセサイザーが印象的な「Play The Game」は、1980年にシングル及びアルバム『The Game』に収録されリリースされた作品。タイトルを直訳すると“ゲームをプレイしろよ”。じゃあ、何のゲームなの?という疑問はサビの部分で“of Love(愛)”と歌われている。要するに、君のすべきことは恋に落ちることであって、誰もが愛のゲームをプレイするように君もゲームをしようじゃないかと熱心に相手に口説いているようなフレーズが並ぶ。悲壮感はなく、“僕の愛のゲームは始まったばかり。頭のてっぺんから足の指の先まで愛が走り抜けている! さぁ、ゲームをしようよ!”といった軽快な歌詞とポップサウンドが続く。とにかく落としたい相手がいるならこの曲がベスト!

■「One Year Of Love」 /アルバム『A Kind of Magic』より

1986年にリリースされたアルバム『A Kind of Magic』に収録された「One Year Of Love」、“1年の愛”と題されたこの作品は、ベースのジョン・ディーコンによる作詞作曲。冒頭から“一生独りでいるよりも、1年だけの限りある愛があるほうがましだ”という強い信念が表された歌詞で始まり、全体に渡って甘〜い言葉がこれでもかと詰め込まれたラブソングだ。愛の国・フランスや情熱の国・スペインの2カ国ではシングルリリースもされたというのも頷ける。この冬、このクリスマスに自分の熱いパッションを届けたい相手がいる人にお勧め。ファンには人気の高いこの曲だがブライアン・メイはレコーディングに参加しておらず、ソロパートはサックスフォンが担っている。

■「Love Of My Life」(’75) /アルバム『A Night at the Opera』 より

1975年にリリースされたアルバム『A Night at the Opera』に収録された「Love Of My Life」は、フレディが元恋人であり生涯の友としたメアリー・オースティンに捧げた曲。このやさしい音色のオリジナルはフレディのピアノで奏でられているが、ライヴではブライアン・メイのエモーショナルなアコースティックギターとフレディの歌で披露されてきた。作詞/作曲ともにフレディによるこの作品の歌詞には、タイトルにある通り“あなたは最愛の人”であり、自分のもとを去った元恋人への、底なしに深くて絶えぬ愛が真っ直ぐに切々と綴られている。一度離れた心を呼び戻すことは大変なことだけれど、もし再び想いを届けたいならば、この曲のパワーを借りてみてはどうだろうか。

■シングル「Crazy Little Thing Called Love」(’79)

最後にご紹介するのは、1979年にシングルリリース、翌80年にアルバム『The Game』に収録された「Crazy Little Thing Called Love」(作詞/作曲:フレディ)。他の4曲はしっとりめのバラードですが、この作品は軽快なリズムと陽気なテイストが散りばめられた明るいタッチのラブソング。邦題は“愛という名の欲望”とあり、なんだか強そうで欲深そうな印象を受けますが、直訳すると“愛と呼ばれている小さな変なもの”という可愛いものです。歌詞でも“恋の予感がしている。でも、まだ僕の心の準備はできていないんだ! でも、それが恋愛さ!”といった調子で非常に軽やかで希望に満ちあふれています。なんとも元気になるさわやかな一曲、友達のような恋人へ贈ってみては?

TEXT:早乙女‘dorami’ゆうこ

早乙女‘dorami’ゆうこ/栃木県佐野市出身。音楽を軸に、コンサート制作アシスタント通訳、音楽プロモーション、海外情報リサーチ、翻訳、TV番組進行台本や音楽情報ウェブサイト等でコラムや記事を執筆するなどの業務を担うパラレルワーカー。



【関連リンク】
クリスマス目前! 大切な人へ贈りたいQUEENのラブソング5曲
Queenまとめ
Freddie Mercuryまとめ
Brian Mayまとめ
Roger Taylorまとめ

【関連アーティスト】
Queen, Freddie Mercury, Brian May, Roger Taylor
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!

ナノ、ニューシングルが新アニメ『ケムリクサ』OP曲に決定
Mon, 17 Dec 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ナノが前作アルバム『Starlight, Star bright』のリリースから約3カ月、早くもニューシングルのリリースを発表。今作は2019年1月9日より放送開始のTVアニメ『ケムリクサ』のオープニングテーマで、タイトルは「KEMURIKUSA」。たつき監督の最新作ということで話題を集める本作のオープニングを飾るにふさわしい勢いのあるハイパーな1曲で、ナノの持ち味を十分に発揮した仕上がりとなっている。

2018年はオーケストラコンサートや自身のホームタウンでもあるアメリカで2度のパフォーマンスを行なうなど精力的に活動したナノ。12月22日には、久々となる国内でのワンマンライブ『A Thousand Stars』で本年を締め括る。2019年の幕開けにふさわしいこの曲をひっさげ、走り続けるナノの動向にますます注目が集まるだろう。

■アニメ『ケムリクサ』公式HP
http://kemurikusa.com/

(c)ヤオヨロズケムリクサプロジェクト

シングル「KEMURIKUSA」

2019年2月6日発売



VTCL-35297/¥1,300+税
<収録内容>
1. KEMURIKUSA(TVアニメ「ケムリクサ」オープニングテーマ)
2. タイトル未定
3. KEMURIKUSA Instrumental ver.
4. タイトル未定 Instrumental ver.

『A Thousand Stars』

12月22日(土)  東京・AiiA 2.5 Theater Tokyo
開場 / 開演:開場 15:00 / 開演 16:00
※ワンマンライブ



【関連リンク】
ナノ、ニューシングルが新アニメ『ケムリクサ』OP曲に決定
ナノまとめ
V.I(BIGBANG)、自身初のソロツアーが大盛況のうちに閉幕

【関連アーティスト】
ナノ
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, トレーラー, シングル, 発表, リリース, 発売, アニメ, ライブ, ワンマン, 主題歌, オープニング

V.I(BIGBANG)、自身初のソロツアーが大盛況のうちに閉幕
Mon, 17 Dec 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BIGBANGのV.Iがソロツアー『SEUNGRI 2018 1ST SOLO TOUR [THE GREAT SEUNGRI] IN JAPAN』のファイナル公演を大阪・インテックス大阪5号館にて12月15日(土)16日(日)の2daysで行ない、全3都市8公演9万8,000人動員という初のソロツアーにして異例の規模で開催したツアーを締め括った。

今回のツアーファイナルとなった大阪公演では、8〜9月に同ツアーの千葉、福岡、大阪で行なったセットリストをベースに新たに「All I Want For Christmas Is You」や「Last Christmas」などのクリスマスソングからBLACKPINKのJENNIEのカバー「Solo」、「GOOD BOY」「ピタカゲ (CROOKED)」「EYES, NOSE」「LIPS」といったBIGBANGメンバーのソロカバー。そして「BANG BANG BANG」「FANTASTIC BABY」「声をきかせて」といったBIGBANGの大ヒット曲を含むBIGBANGメドレーまで多様なステージングを披露。歌、ダンスはもちろん、ものまね、そして本領発揮の爆笑MCまで、彼の豊富なタレント性を360度展開したそのステージングは、まさにV.Iらしいファンにとってクリスマスに特別な贈り物となるファイナル公演となった。

MCでは“ご来場頂いた皆さんがクリスマスを楽しんでもらえるよう新たにたくさんのステージを準備しました。また今回の初のソロツアーで、ぼくも皆さんと同じように早くBIGBANGメンバーに会いたくなりました。再会できる日を楽しみに笑顔で待っていてください”というMCコメントと共に、BIGBANG活動休止前最後のリリースとなった「FLOWER LOAD」を歌唱。現在BIGBANGが活動休止中で寂しんでいるファンへの愛を感じられるステージングがふんだんに盛り込まれ、アンコールではV.Iの28歳のお誕生日をファンがサプライズで祝う一幕もあるなど、終始笑顔に包まれた約2時間全28曲におよぶ自身初のソロライブツアーは、マルチな才能をもつV.Iらしいバラエティーに飛んだ唯一無二のエンターテインメントであった。

そして早くも同ツアーの映像作品が2019年2月20日(水)に発売されることが決定! 本作品では、歌・ダンス・演出・トークと彼の類いまれなるエンターテイナーっぷりがいかんなく発揮された超満員の大阪城ホール公演全25曲のほか、『DOCUMENTARY OF SEUNGRI 2018 1ST SOLO TOUR [THE GREAT SEUNGRI] IN JAPAN』も収録。STRONG PANDAクラッチバッグ仕様の初回生産限定DELUXE EDITIONには、完全日本オリジナルとなる特典コンテンツも多数コンパイル。各公演のMCを編集した“SPECIAL FEATURES”や、各会場のライブ映像で特別編集をした“COLLECTION OF BEST MOMENTS”5曲と、3タイプのカメラアングルが楽しめる“SPECIAL CAM”3曲も完全収録。さらにはソロとして初出演したヤンマースタジアム長居での『a-nation 2018』ライブ映像全12曲とアルバム『THE GREAT SEUNGRI』のリリースを記念して行なわれた『"WHERE R U FROM" THE GREAT FLASH MOB feat. PIKOTARO』といった特典映像も収録し、トータル6時間を超える大ボリュームの映像コンテンツに加え、25曲入り2枚組みLIVE CDまでをもパッケージングした超豪華内容となる予定だ。

また、初のソロツアー映像作品発売を記念し、ライブ本編のエンドロールに名前がはいる早期予約特典キャンペーンを実施中。こちらはmu-moショップ、YGEX OFFICIAL SHOP、VIP JAPAN SHOPにて2019年1月6日(日)23:50まで受付中ということなので、是非チェックしてもらいたい。

2019年には入隊前最後のソロツアーとして『THE GREAT SEUNGRI TOUR 2019 LIVE IN JAPAN ~THE SEUNGRI SHOW~』の開催も決定しているV.I。まだその内容は明らかにされていないが、同ツアーは1月12日(土)香港での海外公演の後、日本では1月26日(土)27日(日)東京・武蔵野の森総合スポーツプラザ メインアリーナ、3月9日(土)10日(日)大阪・大阪城ホールの2都市4公演でのツアーが予定され、総動員数は5万2,000人を想定している。2019年にはアーティスト活動14年目を迎えるV.Iが、次なる『~THE SEUNGRI SHOW~』でどのようなステージを見せてくれるのか期待したい。



【関連リンク】
V.I(BIGBANG)、自身初のソロツアーが大盛況のうちに閉幕
V.Iまとめ
BIGBANGまとめ
Plastic Tree、アルバム『続 B面画報』ジャケ写解禁&全国ツアー開催を発表

【関連アーティスト】
V.I, BIGBANG
【ジャンル】
K-POP, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, ツアー, ライブレポ, レポート

Plastic Tree、アルバム『続 B面画報』ジャケ写解禁&全国ツアー開催を発表
Mon, 17 Dec 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Plastic Treeが2019年2月13日にリリースするB面集『続 B面画報』ジャケットが公開された。

今作のアートワーク全般は人気アニメーション作家ユニット・劇団イヌカレーの泥犬が担当。泥犬とはPlastic Treeのシングル「マイム」「スロウ」「落花」、そしてアルバム『剥製』、トリビュートアルバム『Plastic Tree Tribute〜Transparent Branches〜』でタッグを組み大きな反響を呼んだ。今までの劇団イヌカレー・泥犬によるジャケットとはまた違った世界観で、B面集ならではのイラストとなっている。

ファンの間でも反響の大きい『続 B面画報』の発売だが、このB面集を引っ提げた全国ツアーを行なうことも決定! 『Plastic Tree Spring Tour 2019「A面B面画報」』と銘打って行なわれるこのツアーは3月16日名古屋からスタートし、5月12日の神奈川までの18公演となっている。都内は中野サンプラザ、ホームである千葉では初の舞浜アンフィシアターで公演を行なうとのこと。ツアータイトル“A面B面画報”の通り、シングルA面とB面を中心に構成されるB面集リリース後ならではのツアーとなる予定だ。

今回のB面集は2007年にリリースされたB面集『B面画報』の第2弾的な作品で、初代『B面画報』リリース後のシングルに収録されていたカップリング曲21曲(リミックス音源等は除く)をレーベルの垣根を越えて網羅したCD2枚組。2007年から2018年までのバンドの歴史を彩った隠れた名曲たちをコンプリートした裏ベストともいえるアルバムとなっている。

また、初回限定盤のCDには、通常盤の内容に加えボーナストラック1曲を追加収録。こちらはなんと1995年12月11日新宿LOFTの初ワンマンライブにて配布されたデモテープ『Poison biscuit』のB面である「変化(another side)」が収録される。さらに初回限定盤にはDVDが付属し、収録楽曲「灯火」のMVに加え、60分を超えるメンバー座談会映像『プラっと語リー酒』を収録。こちらは『続 B面画報』収録楽曲の制作秘話等を飲みながら濃密に語る、というファン必見の内容なので、ぜひチェックしよう。

アルバム『続 B面画報』

2019年2月13日発売



【初回限定盤】(2CD+DVD)
VIZL-1515/¥5,500(税抜)
<収録曲>
■CD (DISC1)
1. Dolly
2. Paper plane
3. カオスリロン
4. 灯火
5. シンクロ
6. Rusty
7. 時間坂
8. 回想、声はなく。
9. コンセント。
10. バンビ
11. はじめての×××
■CD(DISC2)
1. 静かの海
2. 感傷ダイアリー
3. トゥインクル
4. パイドパイパー
5. creep
6. アイレン
7. サイケデリズム
8. バミューダトライアングル
9. ユートピアベリーブルー
10. リコール
-ボーナストラック-
11. 変化(another side)
※1995年12月11日 新宿LOFTの初ワンマンライブにて配布されたデモテープ『Poison biscuit』に収録
■DVD
・「灯火」Music Video
・メンバー座談会映像「プラっと語リー酒」



【通常盤】(2CD)
VIZL-1516/¥3,500(税抜)
<収録曲>
■CD(DISC1)
1. Dolly
2. Paper plane
3. カオスリロン
4. 灯火
5. シンクロ
6. Rusty
7. 時間坂
8. 回想、声はなく。
9. コンセント。
10. バンビ
11. はじめての×××
■CD(DISC2)
1. 静かの海
2. 感傷ダイアリー
3. トゥインクル
4. パイドパイパー
5. creep
6. アイレン
7. サイケデリズム
8. バミューダトライアングル
9. ユートピアベリーブルー
10. リコール

【アルバム『続 B面画報』早期予約キャンペーン】

下記対象店にて『続 B面画報』(全2形態の内、いずれか1枚)を対象期間中に予約頂いた方に、下記特典をプレゼント致します。

<特典>
■初回限定盤(VIZL-1515)をご予約の方
復刻版カセットテープ『Poison biscuit』
※1995年12月11日新宿LOFTの初ワンマンライブにて配布されたデモテープ「Poison biscuit」を復刻したカセットテープ。「Crack of down」「変化(another side)」を収録。
■通常盤(VIZL-1516)をご予約の方
オリジナルポストカード5種セット

<対象店舗>
・タワーレコード全国各店/タワーレコード オンライン
・HMV全国各店/HMV&BOOKS online
・Amazon.co.jp
・楽天ブックス
・ライカエジソン各店
・little HEARTS. 札幌店 / 仙台店 / 新宿店 / 町田店 / 静岡店 / 大阪店 / 高松店
・ZEAL LINK各店
・自主盤倶楽部
※Amazon.co.jp、楽天ブックスでは、特典付商品カートがアップされます。ご要望のお客様は特典付商品カートにてお買い求め下さい。

<対象期間>
12月10日(月)18:00〜1月14日(月・祝)23:59 まで
※一部店舗では特典が付かない場合がございます。事前にご予約をお考えの店舗にご確認下さい。

『Plastic Tree Spring Tour 2019「A面B面画報」』

3月16日(土)  愛知 名古屋ボトムライン
3月17日(日)  広島 セカンドクラッチ
3月21日(木・祝)  北海道 札幌 cube garden
3月23日(土)  石川 金沢EIGHT HALL
3月24日(日)  長野 CLUB JUNK BOX
3月30日(土)  新潟 NIIGATA LOTS
3月31日(日)  群馬 高崎club FLEEZ
4月04日(木) 兵庫 神戸VARIT.
4月06日(土) 長崎 DRUM Be-7
4月07日(日) 福岡 DRUM LOGOS
4月13日(土) 京都 KYOTO FANJ
4月14日(日) 大阪 UMEDA CLUB QUATTRO
4月19日(金) 東京 中野サンプラザ
4月21日(日) 神奈川 川崎 CLUB CITTA\'
4月29日(月・祝) 千葉 舞浜アンフィシアター
5月03日(金・祝) 宮城 仙台Rensa
5月06日(月・祝) 埼玉 HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
5月12日(日) 神奈川 横浜ベイホール



【関連リンク】
Plastic Tree、アルバム『続 B面画報』ジャケ写解禁&全国ツアー開催を発表
Plastic Treeまとめ
YUKI、竹内結子が主演を務める新ドラマの主題歌を担当

【関連アーティスト】
Plastic Tree
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売, ツアー

YUKI、竹内結子が主演を務める新ドラマの主題歌を担当
Mon, 17 Dec 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

YUKIがフジテレビ新ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』の主題歌を担当することが発表された。

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』は、竹内結子が6年ぶりに連続ドラマでの主演を務め、映像クリエイターの関和亮監督と連続ドラマ初タッグを組んだ、天才トラブルシューターが女性の危機に立ち向かう姿を斬新な映像で描くノンストップ・エンターテインメント。放送は2019年1月10日(木)よりスタートする。

2019年2月6日に自身9枚目のオリジナルアルバムのリリースと全国ホールツアーの開催を発表したばかりのYUKIだが、12月17日よりニューアルバム『forme』の予約がECショップなどでスタート。全国ホールツアー『YUKI concert tour “trance/forme" 2019』のYUKIwebオフィシャルチケット先行抽選受付も開始しているので、こちらも是非チェックしてみよう。

■ドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』公式HP
https://www.fujitv.co.jp/QUEEN/

アルバム『forme』

2019年2月6日(水)発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL 5180-1/¥¥3,800+税
※紙ジャケット仕様
【通常盤】(CD)
ESCL 5182/¥3,000+税

『YUKI concert tour “trance/forme" 2019』

3月09日(土) 神奈川・厚木市文化会館 大ホール
3月10日(日) 神奈川・厚木市文化会館 大ホール
3月19日(火) 埼玉・大宮ソニックシティ 大ホール
3月20日(水) 埼玉・大宮ソニックシティ 大ホール
3月28日(木) 大阪・フェスティバルホール
3月29日(金) 大阪・フェスティバルホール
4月06日(土) 福岡・福岡サンパレス ホテル&ホール
4月07日(日) 福岡・福岡サンパレス ホテル&ホール
4月20日(土) 石川・本多の森ホール
4月21日(日) 石川・本多の森ホール
4月28日 (日)  神奈川・神奈川県民ホール
4月29日(月・祝) 神奈川・神奈川県民ホール
5月11日(土) 宮城・仙台サンプラザホール
5月12日(日) 宮城・仙台サンプラザホール
5月18日(土) 広島・広島文化学園HBGホール
5月19日(日) 広島・広島文化学園HBGホール
5月31日(金) 兵庫・神戸国際会館こくさいホール
6月01日(土) 兵庫・神戸国際会館こくさいホール
6月08日(土) 北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
6月09日(日) 北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
6月15日(土) 東京・東京国際フォーラム ホールA
6月16日(日) 東京・東京国際フォーラム ホールA
7月06日(土) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
7月07日(日) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
<チケット>
■オフィシャルチケット先行抽選受付
http://pia.jp/piajp/v//yuki19hp/



【関連リンク】
YUKI、竹内結子が主演を務める新ドラマの主題歌を担当
YUKIまとめ
L\'Arc〜en〜Ciel、即完売となった映像作品『25th L\'Anniversary LIVE』のアンコールプレスが決定

【関連アーティスト】
YUKI
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, 発表, 新曲, リリース, TVドラマ, 主題歌

L\'Arc〜en〜Ciel、即完売となった映像作品『25th L\'Anniversary LIVE』のアンコールプレスが決定
Mon, 17 Dec 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5月に発売され瞬く間に完売となったL\'Arc〜en〜Cielの映像作品『25th L\'Anniversary LIVE』初回生産限定盤スペシャルパッケージ(2BD)のアンコールプレスが決定した。

『25th L\'Anniversary LIVE』は、2017年に開催された結成25周年記念ライブ。まさにベストヒット選曲で届けられ、その初回生産限定盤はライヴフォトブック付き、Extra Tracksも収録した2枚組スペシャルパッケージだ。こちらのアンコールプレスは、12月17日(月)〜12月25日(火)まで全国CDショップ(ECサイト含む)にて受付中なので、まだ手に入れていない方はこのチャンスにぜひゲットしよう。

また、12月19日・20日に東京ドームにて2Days開催される『L\'Arc〜en〜Ciel LIVE 2018 L\'ArChristmas』では、会場内CD販売所での購入者特典も決定。『25th L\'Anniversary LIVE』初回生産限定盤(2BD)アンコールプレスのご予約のほか、CD / DVD / BDをお買い上げの方に抽選で“LIVE 2018 L\'ArChristmas限定特製ポスター"(各日300名様)、もしくは“L\'Arc〜en〜Cielからのクリスマスカード"(hyde ver. / ken ver. / tetsuya ver. / yukihiro ver.)のうち、いずれかがプレゼントされるとのこと。詳細はオフィシャルHPをチェック!

【Blu-ray『25th L\'Anniversary LIVE』初回生産限定盤アンコールプレス 詳細情報】

■商品:『25th L\'Anniversary LIVE』【初回生産限定盤】(2BD)※スペシャルパッケージ
※ライヴフォトブック付属/ピクチャーレーベル仕様
品番・価格:KSXL 277-278/¥10,000+税
<収録内容>
Disc1:25th L\'Anniversary LIVE
Disc2:Extra Tracks(「flower」「Voice」「あなた」)

■受付期間:2018年12月17日(月)〜25日(火)
■店舗:全国CDショップ(ECサイト含む)
※受注生産につき、期間中にご予約ください。
※商品の取り扱いにつきましては、お近くの販売店までお問い合わせください。
※商品の入荷は、2019年1月31日(木)頃を予定しております。
https://kmu.lnk.to/m1bDd

◎東京ドーム公演『L\'ArChristmas』会場 CD / BD / DVD購入特典
12月19日(水)20日(木) 東京ドームで開催されるLIVE 2018 L\'ArChristmas会場内販売所にて『25th L\'Anniversary LIVE』【初回生産限定盤】(2BD)アンコールプレスのご予約、ほかCD / DVD / BDをお買い上げの方に、お会計¥2,500(tax in)ごとに抽選券を1枚差し上げます。抽選券をお持ちのお客様は、抽選券1枚につき1回特典抽選会にご参加いただけます!

■抽選会特典
[L賞] LIVE 2018 L\'ArChristmas限定特製ポスター(各日300名様)
[C賞] L\'Arc〜en〜Cielからのクリスマスカード
(先着につき無くなり次第終了となります)
※全4種類(hyde ver. / ken ver. / tetsuya ver. / yukihiro ver.)のうち、いずれか1枚
※¥2,500お買い上げにつき、1枚の抽選券をお渡しします。
(例 ¥10,000お買い上げの場合は、4枚)
※会場内販売所でも、「25th L\'Anniversary LIVE」【初回生産限定盤】(2BD)アンコールプレスの予約受付いたします。(配送のみ対応)

■抽選券 配布対象時間
12月19日(水)10:00 〜
12月20日(木)11:00 〜
※販売時間は、状況によって多少前後する場合がございます。
■抽選会対象 受付時間
12月19日(水)10:00 〜 即売受付終了時まで
12月20日(木)11:00 〜 即売受付終了時まで
※ライブ開演時〜ライブ終演時までは抽選会受付はございません。
※抽選会は即売受付終了後、列が途切れ次第即自終了となります。



【関連リンク】
L\'Arc〜en〜Ciel、即完売となった映像作品『25th L\'Anniversary LIVE』のアンコールプレスが決定
L’Arc〜en〜Cielまとめ
androp、10周年の軌跡をたどるドキュメンタリーのティザー解禁

【関連アーティスト】
L’Arc〜en〜Ciel
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, Blu-ray, 発表, 発売, 特典, ライブ

androp、10周年の軌跡をたどるドキュメンタリーのティザー解禁
Mon, 17 Dec 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

andropが12月16日にデビュー丸9年を迎え、10周年に向けたアニバーサリーイヤーがスタートした。また、スタートに合わせて特設サイトをオープンし、2019年公開予定の『10th Anniversary Documentary』のティザーも公開。

このティザー映像は、2009年12月16日にアルバム『anew』でデビューして丸9年、「Voice」「Yeah! Yeah! Yeah!」などのヒット曲のほか、「Shout」「Ghost」「Hikari」など数々のドラマ主題歌を担当し、2010年の代官山UNITを皮切りにZepp、東京国際フォーラム ホールA、国立代々木競技場 第一体育館、日比谷野外大音楽堂など様々な会場でワンマンライブを行なったandropの活動の模様を収めている。駆け抜けた活動の記録とその時々の表情が映されており、2019年の本編公開も楽しみだ。また、合わせて過去の復刻グッズの販売も決定。毎回定評のあるandropのグッズを過去に購入した人も購入できなかった人もぜひチェックしてほしい。

そしてアニバーサリーイヤーのスタートを飾るニューアルバム『daily』の発売に先駆け、12月14日(金)より各配信サイトにて先行配信を開始。リードトラックである「Home」は聴く人の心に寄り添い、温かくする1曲で、今のandropを表す1曲となっている。 また、収録曲「Blue Nude」では、曲中の歌詞《夜の帳が下りていく》にまつわる写真をSNSにて投稿した人に抽選でandropオリジナルグッズをプレゼントするキャンペーンも実施中! 投稿された写真をメンバー自ら選び、andropオフィシャルSNSにて掲載されるという内容と待っているので、ぜひ参加してみてはいかがだろうか。

■androp 10th Anniversary 特設サイト
http://www.androp.jp/feat/10th_anniversary

■アルバム『daily』全曲先行配信 詳細ページ
https://umj.lnk.to/id6R7

アルバム『daily』

2018年12月19日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7474/¥2,600(税抜)
<収録曲>
■CD
01. Hikari
※フジテレビ系 木曜劇場「グッド・ドクター」主題歌
02. Blue Nude
03. Blanco
04. Saturday Night Apollo
05. Canvas
06. Home
■DVD (初回限定盤のみ)
「Home」Music Video
「Home」Making Video



【通常盤】(CD)
UPCH-2182/¥2,000(税抜)

【「Blue Nude」キャンペーン 詳細情報】

ニューアルバム『daily』収録曲「Blue Nude」の歌詞《夜の帳が下りていく》にまつわる写真をSNSにて投稿し、指定のハッシュダグをつけていただいた方に、抽選でandropオリジナルポーチをプレゼント。
※詳細は公式ホームページをチェック

■応募受付期間
12月26日(水)23:59まで

『HMV GET BACK SESSION』

『HMV GET BACK SESSION androp「anew」 LIVE』
1月26日(土) 東京 下北沢GARAGE 

『HMV GET BACK SESSION androp「relight」 LIVE』
2月19日(火) 東京 LIQUIDROOM 



【関連リンク】
androp、10周年の軌跡をたどるドキュメンタリーのティザー解禁
andropまとめ
無礼メン、女優の冨手麻妙を起用した新曲「Hip me」のMV公開

【関連アーティスト】
androp
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, アルバム, キャンペーン, 発表, 新曲, リリース, 配信

無礼メン、女優の冨手麻妙を起用した新曲「Hip me」のMV公開
Mon, 17 Dec 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月15日より各種サブスクリプションサービスで限定配信されている、無礼メンの新曲「Hip me」のMVが公開された。

新体制となってからチームとして携わっている2025(はまいばひろや)監督、恋人役には映画『アンチポルノ』(園子温監督)にて主演を飾り、また2018年公開の松坂桃李主演映画『娼年』(三浦大輔監督)にも出演し話題となった女優の冨手麻妙をキャスティング。よりリアルな恋人関係を描くため撮影日は一日であるが、撮影前には高木祥太(Vo&Ba)、監督、冨手麻妙で綿密なディスカッションを交わし、映画のような作品に仕上がっている。

無礼メンは、2015年1月に結成され、ブラックミュージックをルーツにしながらも、着飾らない日本語の歌詞を乗せた独自のサウンドで唯一無二の世界観を作り上げる5人組バンド。2018年7月に高木祥太をベース・ヴォーカルとした新体制がスタートしたばかりで、今回公開された「Hip me」は新体制としては4本目のMV。旧体制を含め無礼メンとしては初のバラード曲でありながら、ストレートなロックバラードではなくD\'angello の要素なども感じる無礼メン流のバラード曲となっている。 男の本音を書いたストレートな歌詞にも注目したい。



【関連リンク】
無礼メン、女優の冨手麻妙を起用した新曲「Hip me」のMV公開
無礼メンまとめ
MIYAVI、アルバム発売記念ライブにて豪華ゲストたちと熱いバトルを展開

【関連アーティスト】
無礼メン
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV

MIYAVI、アルバム発売記念ライブにて豪華ゲストたちと熱いバトルを展開
Mon, 17 Dec 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

MIYAVIがアルバム『SAMURAI SESSIONS vol.3 ? Worlds Collide -』の発売を記念し、新木場STUDIO COASTにて『SAMURAI SESSIONS vol.3 Release Tour“Before Worlds Collide"』を開催。新旧『SAMURAI SESSIONS』から国内外の豪華ゲストが参戦し、熱きバトルを繰り広げた。

アルバム『SAMURAI SESSIONS vol.3 - Worlds Collide -』に収録されたサミュエル・エル・ジャクソンとの「Worlds Collide」でMIYAVIが登場すると、観客の大歓声が場内に響き渡る。続いて、KREVA、三浦大知との「Rain Dance」をこの日はソロで披露し、冒頭から会場を大いに沸かせた。

その後、過去の『SAMURAI SESSIONS』で対戦したEXILE SHOKICHIと「Fight Club」を披露し、さらに、シェネル、シシド・カフカがサプライズで登場。「Forget You」と、今回のアルバムに収録された「Get Into My Heart」とそれぞれのコラボ曲を披露した。さらに上妻宏光が登場し、「Strong」を三味線とギターによるセッションで観客を魅了。国外からはショーン・ボウも登場し、「I\'m So」を披露している。各アーティストによる本能と本能のぶつかりあいは観客を魅了し、生での壮絶なバトルは場内を大いに盛り上げた。

また、MIYAVIが“彼からは楽曲を作る姿勢、応援してくれるファンの姿勢、そして世界と対峙するという姿勢を学ばせて頂きました。自分自身のデビュー当時、制作チームが近くて、彼の描こうとしていた夢を、勝手に描かなければならないと背負い込んでしまい、しんどくなって、そこから距離を置いて時間が経って、改めて真っ直ぐ向き合うことができることを本当に嬉しく思います。先輩達が築いてきたものを、受け継いで、僕たちの世代がまた次の世代に引き継いでいく必要があると思います”とhideに対する思いを語り、彼の代表曲でもある「Pink Spider(Remix)」を披露する場面も。

最後に“この先、道が険しくても、自分が信じた音楽をやっていくつもりだし、洋楽、邦楽の壁もぶっ壊して、新しいギター・ミュージックを作っていきたいと思っています。もっともっとパーソナルに、みんなの応援歌になるような歌を書き、もっともっと自分の言葉で伝えていきたいと感じています”と語ったMIYAVI。場内の反応をみると、彼の多方面での活躍、生き方に共感する観客も多いようだ。最後に観客を含むたくさんの方々への感謝の意を伝えている。

世界レベルの本能と本能による熱きぶつかりあい。MIYAVIの解き放つ熱き音魂は全国に、そして世界中に響き渡るに違いない。続く18日(火)大阪、19日(水)名古屋のサムライ・ギタリストの動向からも目が離せなさそうだ。

【セットリスト】
1.Worlds Collide(Intro)
2.Rain Dance
3.Flashback
4.In Crowd
5.I\'m So
6.Bumps In The Night
7.Our Love
8. Fight Club w. EXILE SHOKICHI
9. Forget You w. Che\'Nelle
10.Get Into My Heart w. SHISHIDO KAVKA
11.Strong w. 上妻宏光
12.Pink Spider(Remix)
13.Long Nights
14.Fire Bird
15.Raise Me Up
16.Day 1
17.Horizon
18.Dancing With My Fingers
<ENCORE>
1.Fragile
2.Me and the Moonlight
3.The Others
4.What\'s My Name? 2017

アルバム『SAMURAI SESSIONS vol.3 - Worlds Collide -』

2018年12月5日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-69137/¥5,000+税
<収録曲>
■CD
01.Worlds Collide (Intro) / MIYAVI vs Samuel L. Jackson
02.Rain Dance / MIYAVI vs KREVA vs 三浦大知
03.U.G.L.Y. / MIYAVI vs DUCKWRTH
04.In Crowd (Remix) / MIYAVI vs Bok Nero
05.Runway / MIYAVI vs AK-69
06.I’m So / MIYAVI vs NVDES vs Seann Bowe
07.Easy / MIYAVI vs Betty Who vs RAC
08.Knock Me Out / MIYAVI vs Mikky Ekko
09.Gentleman (Remix) / MIYAVI vs Gallant
10.Pink Spider (Remix) / MIYAVI vs hide
11.Get Into My Heart (Radio Edit) / MIYAVI vs SHISHIDO KAVKA
12.Our Love / MIYAVI vs 加藤ミリヤ
13.Me and the Moonlight / MIYAVI vs Yuna
14.Fragile / MIYAVI vs 雅 -MIYAVI-
■DVD
2018.4.12 Zepp Tokyoのライブ映像
『MIYAVI “DAY 2” World Tour Live at Zepp Tokyo』

【参戦アーティスト】※50音順
アール・エー・シー(RAC)、AK-69、加藤ミリヤ、ガラント(Gallant)、KREVA、サミュエル・エル・ジャクソン(Samuel L. Jackson)、シシド・カフカ、ショーン・ボウ(Seann Bowe)、ダックワース(DUCKWRTH)、ヌーズ (NVDES)、hide(X JAPAN、hide with Spread Beaver、zilch)、ベティ―・フー(Betty Who)、ボック・ネロ(Bok Nero)、三浦大知、ミッキー・エッコ(Mikky Ekko)、ユナ(Yuna)、雅 -MIYAVI-



【通常盤】(CDのみ)
TYCT-60126/¥3,000+税

『SAMURAI SESSIONS vol.3 Release Tour“Before Worlds Collide"』

12月18日 (火) 大阪・なんばHatch
Guest:ちゃんみな 
12月19日 (水) 愛知・名古屋ダイアモンドホール
Guest:SKY-HI



【関連リンク】
MIYAVI、アルバム発売記念ライブにて豪華ゲストたちと熱いバトルを展開
MIYAVIまとめ
EXILE SHOKICHIまとめ
シェネルまとめ
シシド・カフカまとめ

【関連アーティスト】
MIYAVI, EXILE SHOKICHI, シェネル, シシド・カフカ, 上妻宏光, seann bowe, hide
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, コラボ, アルバム, リリース, ライブ, セットリスト, ライブレポ, レポート

Kis-My-Ft2、ニューシングル「君を大好きだ」詳細解禁
Mon, 17 Dec 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Kis-My-Ft2が通算23枚目となるシングル「君を大好きだ」を2019年2月6日に発売することがわかった。メンバーの北山宏光主演の映画『トラさん〜僕が猫になったワケ〜』の主題歌となる今作は、作詞に藤井フミヤ・編曲に亀田誠治を迎え、映画のために書き下ろされた心温まる珠玉のロックバラード。『ずっと君を大好きだー』というストレートな言葉が胸に沁み入るハートフルなラブソングとなっている。

さらに、12月16日に東京ドームにてツアーファイナルを迎えた『Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2018 YOU&ME Extra Yummy!!』のライブ映像もシングルに収録されることが決定! 映像化されるのは、12月9日の京セラドーム大阪公演で、公演から約2カ月で映像化されるのはキスマイ史上最速だ。

シングル初回盤に付属するDVDには、映画の世界観にもリンクする「もう一つの物語」ともいうべきドラマ仕立てのMUSIC VIDEOを収録し、さらに特典映像としてMVメイキングドキュメントと新企画の『キスマイもしもシリーズ〜第一弾〜』も収録される。販売価格も“サンキュー”価格のスペシャルプライスとなる。そして通常盤には、「Hurray! Hurray!」(ベネッセ「進研ゼミ中学準備講座」CMソング)含む新曲4曲が収録されるとのこと。

また、予約特典として初回盤・EXTRA盤・通常盤の全3形態を予約の方に先着で、『君を大好きだ + YOU&ME Extra Yummy!!メモリアルフォトブックレット + α』がプレゼントされる。詳しくは、各店舗・ECサイトをチェックしてほしい。

シングル「君を大好きだ」

2019年2月6日発売



【初回盤】(CD+DVD)
AVCD-94356/B/¥1,600+税
<収録内容>
■CD
・君を大好きだ(映画「トラさん〜僕が猫になったワケ〜」主題歌)
・新曲A(タイトル未定)
■DVD
・「君を大好きだ」MUSIC VIDEO
・「君を大好きだ」MUSIC VIDEOメイキングドキュメント
・ 新企画!「キスマイもしもシリーズ〜第一弾〜」

【EXTRA盤】(CD+DVD)
AVCD-94357/B/¥3,900+税
<収録内容>
■CD
・君を大好きだ(映画「トラさん〜僕が猫になったワケ〜」主題歌)
■DVD
・「Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2018 YOU&ME Extra Yummy!!」

【通常盤】(CD)
AVCD-94358/¥1,000+税
<収録内容>
・君を大好きだ(映画「トラさん〜僕が猫になったワケ〜」主題歌)
・Hurray! Hurray!(ベネッセ「進研ゼミ中学準備講座」CMソング)
・新曲B(タイトル未定)
・新曲C(タイトル未定)



【関連リンク】
Kis-My-Ft2、ニューシングル「君を大好きだ」詳細解禁
Kis-My-Ft2まとめ
年に一度の『星男祭2018』にSUPER★DRAGON、M!LKらがゲスト出演

【関連アーティスト】
Kis-My-Ft2
【ジャンル】
J-POP, 男性アイドル, ニュース, ジャニーズ, シングル, 発表, リリース, 発売, 主題歌, 映画

年に一度の『星男祭2018』にSUPER★DRAGON、M!LKらがゲスト出演
Mon, 17 Dec 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

EBiDAN 39&KiDSの年に一度のお祭り『HMV presents 星男祭2018』が、12月16日、AiiA 2.5 Theater Tokyoで行なわれた。5回目となる今年は規模を拡大し、昼夜2部構成で開催。総勢109名による熱いパフォーマンスが繰り広げられた。

第1部は、15名の小学生からなるBATTLE KiDSと、スターダスト初の男女混合ユニット・DAN?JYOの2組がオープニングアクトとして登場。その後本編のトップバッターとして、クールさを保ちながらもアツいボーカルとダンスでオーディエンスを魅了したBATTLE BOYS全国選抜が会場を盛り上げ、ポップな楽曲とキレのあるダンスを披露したZeBRA☆BLACK、クールなトラックを見事に乗りこなすEDAMAME BEANSへ。AMEZARI -RED STARS-はロックテイストのサウンドでエネルギッシュなステージを展開した。

第1部の中盤戦は“BATTLE SONGS企画”。注目のクリエイター集団・Co-Write Farmの作曲家が、仙台・東京・名古屋・大阪・福岡・沖縄、それぞれの地域性やグループの個性を重視して作り上げた楽曲を初パフォーマンスしていくコーナー。BATTLE BOYS OKINAWAは沖縄の広い空を思わせるような開放感あるサウンドに仕上げた「チュラパラ」で盛り上げ、BATTLE BOYS NAGOYAは初ステージへの気迫をみなぎらせたパフォーマンスで「You will be mine」を披露。BATTLE BOYS FUKUOKAの楽曲は、大切な人を想う切ない気持ちを歌った「1000km」だ。

男らしさやセクシーな一面をのぞかせる「Love me up」でワイルドな魅力を振りまいたのはBATTLE BOYS TOKYO。BATTLE BOYS OSAKAは力強いバンドサウンドで「君のために」を歌い上げた。なお今回のこの企画では、事前に楽曲を配信しファンからのリアクションで順位を決定。1位に輝いたのはBATTLE BOYS SENDAIの「KIZUNA」で、『これまでは負けてばかりで悔しい思いをしてきたけど、今回1位を取れて嬉しいです』と素直な言葉で喜びを伝え、心からの感謝とともにパフォーマンスを披露していた。

ひときわ大きな歓声に迎えられたSUPER★DRAGONは、「Mr.GAME」や「The Survivor」等3曲を披露し、7人の個性とチームワークが光る圧倒的なステージングでオーディエンスを魅了。ダンスというよりも一つの舞台を見ているような迫力のパフォーマンスが圧巻だった。

トリを務めたのは、BATTLE BOYSとHMVがタッグを組んだ新プロジェクト・BATTLE STREETの初パフォーマンス。期待感を盛り上げる怪しげなSEの中、仮面で顔を覆ったメンバーが現れると客席からは歓声が上がる。仮面を外したメンバー7人に熱い視線が集まる中、「STARGAZER」と「Macanas」の2曲を披露。ストリート感の中にも華麗な要素を盛り込んだ、新たなグループカラーが新鮮だった。

第1部のエンディングでは、出演メンバー全員79名とSUPER★DRAGONがステージに登場。オーディエンスも一緒に『HMV presents!』『星男祭ー!』と声を合わせ、華やかな銀テープが舞う中で幕を閉じた。

18時からスタートした第2部のオープニングアクトは、第1部に続いて登場したDAN?JYOと、次世代を担うボーカリストのオーディションで選出された男性3名と、期待の新人女性2名からなる超ボーカル選抜メンバー。星男祭に新しい風を吹き込む2組に続き、第2部の本編はBATTLE STREETからスタートした。会場に渦巻いていた熱気と真っ赤なサイリウムは、そのまま2番手のZeBRA☆REDへ。アクロバティックなパフォーマンスややんちゃな笑顔に歓声が上がっていた。

ここからはBATTLE BOYS KYUSHU&OKINAWAを皮切りに、BATTLE BOYS NAGOYA、BATTLE BOYS OSAKA、BATTLE BOYS SENDAI、BATTLE BOYS TOKYOの順でオリジナル曲をテンポよく披露。大人っぽいラブソングから地元愛を歌ったものなど、それぞれのグループの個性を全面に打ち出した選曲で客席を沸かしていく。

天真爛漫なパフォーマンスでアピールしたのはスタメンKiDS。思わずクスッと笑ってしまう自己紹介を盛り込んだ「イントロデュースドbyスタメンKiDS」に、ちょっぴり大人っぽいムードの「スタメンパイレーツ」を全力で歌いきった。

M!LKが登場すると、客席のカラフルなサイリウムが一斉に揺れ始めた。賑やかな自己紹介を楽しめる「メチャモル」から7人体制になった覚悟と決意を歌った「Over The Storm」、かっこよさとお茶目なパフォーマンスで客席を巻き込んでいく新曲「ジャングリズム」の3曲で一気に駆け抜け、初めて見た人でも必ず楽しめるM!LKのライブの真骨頂を披露してくれた。

第1部に続いて登場したBATTLE BOYS 全国選抜は「Sha na na」を歌い終えると、今日がBATTLE BOYS 2nd STAGEの最後であることを告げた。

武藤潤”試練もあったけど、サポーターのみなさんのおかげ。坊主の時間も悪くなかった(笑)”
長野凌大“1stを超えなきゃというプレッシャーもあったけど、この5人で「Sha na na」が歌えてよかった”
紀田直哉“福岡のリリイベの夜に絆が深まった。これからもみなさんの期待に応えたい”
弓木大和“みなさんのおかげでめちゃくちゃ楽しめた。人数が減った不安も、このメンバーだから乗り越えられました”
小泉光咲“楽しかったのもみなさんのおかげ。最後にBATTLE BOYS企画の象徴的なこの曲を聴いてください”と語り、アツい思いのこもった全力の「ebidance」で締め括った。

その後はBATTLE BOYS全員がステージに呼び込まれ、2nd STAGEは幕を閉じてしまうが、なんと次なる3rd STAGEが今日から始まることをアナウンス。東西の全国選抜メンバーが集結し、7月7日には豊洲PITでライブイベントを開催することも告げられた。大歓声の中、最後に歌われたのは出演者もオーディエンスも一緒になっての「恋のDingDong」。今年の『星男祭』第2部を締めくくるにふさわしい賑やかなエンディングにはM!LKも登場し、後輩メンバーたちとわちゃわちゃしながら挨拶を(笑)。それぞれのグループも2nd STAGEを終えるに当たっての素直な気持ちや今日の感想を伝え、力強く来年の抱負を語ってくれた。ベストを尽くしたからこそのエンディングには、感激の涙や全力の笑顔などがステージのあちこちでキラキラ輝いていた。

Text by 山田 邦子



【関連リンク】
年に一度の『星男祭2018』にSUPER★DRAGON、M!LKらがゲスト出演
M!LKまとめ
SUPER★DRAGONまとめ
EDAMAME BEANSまとめ
ZeBRA☆BLACKまとめ

【関連アーティスト】
M!LK, SUPER★DRAGON, EDAMAME BEANS, ZeBRA☆BLACK, AMEZARI -RED STARS-, BATTLE BOYS OKINAWA, EBiDAN 39&KiDS, BATTLE BOYS TOKYO, BATTLE BOYS NAGOYA, BATTLE BOYS FUKUOKA, BATTLE BOYS OSAKA, BATTLE BOYS SENDAI, BATTLE STREET, DAN?JYO, スタメンKiDS, BATTLE BOYS
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, EBiDAN, ユニット, ライブ, ライブレポ, レポート

AK-69、アルバム『THE ANTHEM』より第1弾先行配信シングル「THE RED MAGIC BEYOND」リリース
Mon, 17 Dec 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2019年春、 4回目にして初の2日間連続となる武道館公演を3月30日(土)31日(日)に行なうヒップホップ界のキング、AK-69が、前作『DAWN』から約2年半ぶりとなるニューアルバム『THE ANTHEM』をリリースすることを発表した。

このニュースは12月16日に2018年のツアー最終公演会場で、AK-69自身がひと足早いクリスマスプレゼントとしてアナウンスし、すでにソーシャルではファンを中心に盛り上がりをみせている。アルバムには、「I Still Shine feat. Che\'Nelle」「Stronger」といった既にアンセムとして確立している楽曲のほか、新曲8曲を含む全11曲を収録予定。タイトル通り全楽曲があらゆる世代、性別、人種に捧げられる、まさに“アンセム"集になりそうだ。

そして12月17日(月)より、この渾身のニューアルバム『THE ANTHEM』からの第1弾先行デジタルシングルとして「THE RED MAGIC BEYOND」が配信された。《混じり気無し 赤のプライド 誤魔化すな 欲しいんだろ》という挑発的かつ高揚感をあおる“AK-69真骨頂”のリリックが展開されるこの曲は、タイトルから想像できる通りAK-69代表曲の1曲「THE RED MAGIC」の新章を歌った曲となっており、AK-69のホームタウン、名古屋に本拠地を置く、プロバスケットボールチーム(Bリーグ)“名古屋ダイヤモンドドルフィンズ”の公式メインテーマ曲でもある。名古屋ダイヤモンドドルフィンズは、名古屋市と小牧市にホームアリーナを持ち、テーマカラーは赤ということで、まさに両者のコラボレーションは偶然という名の必然といったところだ。

なお、アルバムは初回盤A、Bも同時発売を予定している。初回盤Aに付くDVDの内容は「Flying B」から「ONE LIFE feat. UVERworld」などのDef Jam Recordings以降のベスト集といったMusic Videoが入り、初回盤BのDISC2にはただいま全国24カ所開催中の『LIVE TOUR 2018』のLIVE音源を収録というファン垂涎の充実した内容。2019年はAK-69のソロデビュー15周年ということで、このアルバムの追加情報ほか、今後発表されるニュースに期待が高まる。

配信シングル「THE RED MAGIC BEYOND」

2018年12月17日(月)配信スタート



■配信URL
https://umj.lnk.to/ak69_trmbPR

アルバム『THE ANTHEM』

2019年2月27日発売



【初回盤A】(CD+DVD)
¥4,104 (税込)
※スリーブケース仕様
【初回盤B】(2CD)
¥4,104 (税込)
※スリーブケース仕様
【通常盤】(CD)
¥3,024(税込)

<収録曲>(予定)
■CD
「I Still Shine feat. Che\'Nelle」
「Stronger」
「THE RED MAGIC BEYOND」 *名古屋ダイヤモンドドルフィンズ テーマソング
他、既存曲New Version1曲を含む全11曲予定
■初回盤A DVD
MUSIC VIDEO集
「ONE LIFE feat. UVERworld」他、「Flying B」から最新Music Video収録予定
「Flying B」「We Don\'t Stop feat. Fat Joe」「With You 〜10年、20年経っても〜」「KINGPIN」「Forever Young feat. UVERworld」「Hangover」「Baby」「上ヲ向イテ」「I Still Shine feat. Che\'Nelle」「Stronger」「ONE LIFE feat. UVERworld」他、最新Music video収録予定
■初回盤B DISC2
「LIVE TOUR 2018」で収録されたLIVE音源を収録
※収録する公演、収録曲数は未定

◎オリジナル特典
(1)TSUTAYA:A2ポスター(オリジナル絵柄)
(2)GEO:A2ポスター(オリジナル絵柄)
(3)タワーレコード:A2ポスター(オリジナル絵柄)
(4)HMV:A2ポスター(オリジナル絵柄)
(5)新星堂・WonderGOO:A2ポスター(オリジナル絵柄)
(6)AMAZON:ポストカード(オリジナル絵柄)
(7)ファンクラブ会員限定:B2両面ポスター(オリジナル絵柄)
※特典は先着となり数に限りがあります。ご予約をお勧めいたします。
※一部取扱いのない店舗もございます。詳しくは各CDショップにてご確認ください。
※各ポスターデザインは追って発表致します。お楽しみに!

【ライブ情報】

<2019年>
1月11日(金) 福岡・DRUM LOGOS
1月12日(土) 熊本・V.9 B1
1月14日(月・祝) 広島・CLUB QUATTRO
1月18日(金) 大阪・大阪BIGCAT ※ SOLD OUT
1月19日(土) 滋賀・U-STONE ※SOLD OUT
1月27日(日) 北海道・札幌PENNY LANE 24

■【AK-69 THE ANTHEM in BUDOKAN "REDSTA is BACK -2004〜2011-"』
3月30日(土) 東京・日本武道館
■『AK-69 THE ANTHEM in BUDOKAN "RED MAGIC BEYOND -2012〜2019-"』
3月31日(日) 東京・日本武道館
<チケット>
2日通し券(非売品LIVE DVD付)¥14,000(税込)
1日券¥7,500円(税込)
?■オフィシャルHP先行受付
2018年12月15日(土) 15:00 〜 2019年1月27日(日) 23:59
https://l-tike.com/st1/ak69bdtk-off
※受付は先着順となります。規定枚数に達し次第、受付を終了致します。
※DVDは当日会場でのお渡しとなります
※全席指定となります
※3歳以上有料。3歳未満のお子様はひさ?上鑑賞の場合のみ入場無料(たた?し、お席か?必要な場合は有料となります)



【関連リンク】
AK-69、アルバム『THE ANTHEM』より第1弾先行配信シングル「THE RED MAGIC BEYOND」リリース
AK-69まとめ
mono palette.、TVアニメ『不機嫌なモノノケ庵 續』のオープニングPV公開

【関連アーティスト】
AK-69
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, アルバム, 新曲, リリース, ヒップホップ, 音楽配信

mono palette.、TVアニメ『不機嫌なモノノケ庵 續』のオープニングPV公開
Mon, 17 Dec 2018 11:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2019年1月より放送開始するTVアニメ『不機嫌なモノノケ庵 續』のオープニングテーマである、mono palette.の「ロングタイムトラベラー」の映像がYouTubeで公開された。

あげいん、Rim、雪見の3部からなるmono palette.は、動画投稿サイトで歌い手として活動している男性ボーカルグループで、12月26日リリースの1stシングルにはTVアニメ『不機嫌なモノノケ庵 續』オープニングテーマの「ロングタイムトラベラー」を収録。12月16日にユナイテッド・シネマ アクアシティお台場にて行なわれた先行上映会で同オープニング映像が初公開され、アニメの放送およびリリースに先駆けてYouTubeでも視聴できるようになった。

シングルの表題曲「ロングタイムトラベラー」は堀江晶太が書き下ろした楽曲で、アニメ作品のイメージに寄り添いながら4人の絆と勢いを感じさせるポップチューン。カップリング曲には彼らの新たなライブアンセムになるであろう、星銀乃丈が作詞作曲を手掛けた「アンダーカレント」が収められ、どちらもmono palette.にとって初のオリジナル曲となる。 今回のシングルは限定盤と通常盤の2形態で発売され、限定盤には、あげいんとRimが歌う「ID(作詞・作曲:ぷす/Rap 詞:nqrse)」と、雪見と3 部が歌う「PLATONIC GIRL(作詞・作曲:みきとP)」の2曲のカバーが追加収録。詳しくはオフィシャルサイトをチェックしよう。

(c)ワザワキリ/SQUARE ENIX・「不機嫌なモノノケ庵2」製作委員会

シングル「ロングタイムトラベラー」

2018年12月26日(水)発売



【限定盤】
COCC-17546/¥1,800+税
※p-chan描き下ろしmono palette.絵柄
<収録曲>
1.ロングタイムトラベラー(作詞・作曲・編曲:堀江晶太)
※TVアニメ「不機嫌なモノノケ庵 續」オープニングテーマ
2.アンダーカレント(作詞・作曲:星銀乃丈/編曲:神田ジョン)
3.ID(作詞・作曲:ぷす/Rap 詞:nqrse/編曲:西坂恭平)
4.PLATONIC GIRL(作詞・作曲:みきとP/編曲:山口たこ)
5.ロングタイムトラベラー(off vocal)
6.アンダーカレント(off vocal)
7.ID(off vocal)
8.PLATONIC GIRL(off vocal)



【通常盤】
COCC-17547/¥1,200+税
※原作者ワザワキリ先生描き下ろし絵柄
<収録曲>
1.ロングタイムトラベラー(作詞・作曲・編曲:堀江晶太)
※TVアニメ「不機嫌なモノノケ庵 續」オープニングテーマ
2.アンダーカレント(作詞・作曲:星銀乃丈/編曲:神田ジョン)
3.ロングタイムトラベラー(off vocal)
4.アンダーカレント(off vocal)

【TVアニメ『不機嫌なモノノケ庵 續』情報】

■放送
TOKYO MX:2019年1月6日(日)より毎週日曜22:00〜
サンテレビ:2019年1月6日(日)より毎週日曜23:30〜
BSフジ:2019年1月8日(火)より毎週火曜24:30〜
AT-X:2019年1月5日(土)より毎週土曜21:00〜
※AT-Xは地上波よりも先行での放送となります
■アニメ公式HP
http://mononokean.tv/



【関連リンク】
mono palette.、TVアニメ『不機嫌なモノノケ庵 續』のオープニングPV公開
mono palette.まとめ
無礼メン、女優の冨手麻妙を起用した新曲「Hip me」のMV公開

【関連アーティスト】
mono palette.
【ジャンル】
J-POP, ニュース, MV, 発表, アニメ, オープニング













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1