歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年12月16日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/12/25
2018/12/24
2018/12/23
2018/12/22
2018/12/21
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
XTEEN、学園ドラマ仕立ての最新MV「ROMANTICIST」を期間限定公開
Sun, 16 Dec 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

黒服系ホラーパンク・アイドルユニット・XTEEN(クリスティーン)が、メンバーチェンジを経た新体制でリリースした2枚目の全国流通音源「ROMANTICIST」のMVフル映像をYouTubeで公開した。

この曲は、生ドラムと生ベースのリズム隊に加え、前作同様ギタリストにSAKI(Mary\'s Blood)が参加。ギターを前面に押し出したオールドスクールパンクロックのサウンドと《吐き気がするほどロマンティックだわ》と歌う、スターリンのオマージュ感全開の歌詞が耳に残る。MVはまさかの学園ドラマ仕立てとなっており、XTEENの公式YOUTUBEチャンネルにて期間限定公開となっているので、早めにチェックしてほしい。

2018年2月の結成より、“ホラーパンク・メタルコアなどの音と世界観をスタイリッシュに表現する黒服系ガールズユニット”というコンセプトで活動を開始。始動時からのオリジナルメンバー・姫草雛奈子と、5月に加入した楔條詩苑に加え、新たに平成墓嵐のゆりあんぬ(ex.最終未来兵器mofu)が加入し、現在のラインナップはこの3名。新加入メンバーのゆりあんぬが昭和の伝説的アイドルユニット・おニャン子クラブの会員番号13番・内海和子の実子であったことが公開され、話題を呼んだ。

シングル「ROMANTICIST」

発売中



BMBC-10002/¥926+税
<収録曲>
1.ROMANTICIST
2.Alice The Ripper
3.Living Dead Doll



【関連リンク】
XTEEN、学園ドラマ仕立ての最新MV「ROMANTICIST」を期間限定公開
XTEENまとめ
無礼メン、女優の冨手麻妙を起用した新曲「Hip me」のMV公開

【関連アーティスト】
XTEEN
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, MV

さくらしめじ、中野サンプラザでX\'masライヴ&日比谷野音ワンマンを発表
Sun, 16 Dec 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月15日に中野サンプラザで『さくらしめじのHappy X\'mash LIVE 2018』が行なわれた。

11月にリリースされた初EP盤『うたはつづくよどこまでも』のリリース記念ツアー真っ最中でもある彼らが、 ひと足早いクリスマスパーティーを行なうということで、全国から“きのこりあん”(ファンの総称)が集まり約2000人の会場がソールドアウトとなった。

鈴の音と共に幕があがると、スクリーンの中で「サンタと魔法のものがたり」という本が開かれる。インターネットで購入したプレゼントがサンタさんの元へ届けられる、というライブへのイントロダクションなのだが、その箱の文字が「Shimezon」になっている細かい技に会場からは笑いが起こる。そのストーリーに組み込まれた「123」の文字に合わせてスクリーン中央が開き、さくらしめじの田中雅功と高田彪我が登場! 掛け声が楽しい新曲「123」でライブはスタート。向かい合ったふたりがギターをかき鳴らすと「スタートダッシュ」から「菌カツ!」へとアッパーなナンバーで一気に盛り上がる。ステージにダンサーが登場するというこれまでにない新しいスタイルも見せた。

会場をぐるりと見回し“来たね〜”と彪我。それを受けて“来たよ!”と雅功が喜びを全身で表す。“元気ですかー?”と問いかけた会場から大きなリアクションが返ってくると、“やっぱりサンプラザの「イエーイ」は違う!”と憧れの会場のステージに立っている喜びをかみ締めた。自己紹介からクリスマス仕様のキラキラとしたセットやニコニコ生放送で配信されていることにも触れ、“盛り上がる準備はできてますか!”、“イエーイ”というコール&レスポンスで会場とひとつになった。

「ひだりむね」からライブではすっかりおなじみになったカバー曲「恋音と雨空」で大人っぽい雰囲気を感じさせ、「せきがえのかみさま」へ。曲中に“席”にちなんで、“会場の中の1席だけ黒い封筒が貼ってあります! 僕らからのクリスマスカード&プレゼントの引換券です”というサプライズが行なわれた。これは、ふたりが“やりたい”と発案して実現した企画だったのだそうだ。

クリスマスカードを手にした手元がスクリーンに映し出されると会場から大きな拍手が沸き起こる。温かい空気になったところで、“今回のライブは“HappyX\'mash LIVE”ということで、きのことmash(マッシュ)をかけてるんですね”と雅功が説明。“クリスマッシュもそうだけど、おねがいしマッシュとか使いやすいよ”とマッシュ使いを提案。去年のクリスマスはレコーディングをしていたという思い出話で会場を楽しい空気に包み込む。

ライブも中盤にさしかかり、彪我のギターに合わせて雅功の歌声が響く「きのうのゆめ」から「まよなかぴくにっく」へ。きのこのオブジェがライトとなり、スクリーンにはふたりのシルエットだけが映し出される。グッと曲に入り込ませる演出から、ふたりが向かい合って歌うスタイルで「MySunshine」を披露。何かに向かって新たな一歩を踏み出す行進曲のような楽曲であることは音源でも感じていたのだが、強さと男らしさを感じさせる楽曲でもあることは、ライブでしか感じえることができない一面だった。

後半にさしかかるMCでは一転“冬の好きなところ”を“じめじめランキング”として、スケッチブックにそれぞれが描いたイラストと共に発表することに。雅功のランキングは3位“ふとん乾燥機が本領を発揮すること”、2位“夜道に聴く音楽がジャンル関係なく心にグッとくる”、1位は“暑くない!”があげられた。ちなみに、雅功のイラストは全体的に微妙なのが特徴。対して彪我のまぁまぁ安定した画力で発表されたのが3位“自販機に“あったかい”が並ぶ”、2位“冬の夜道の孤独感”、1位“自宅の安心感(外は寒いけど、家の中はあったかいから安心)”。

ふたりの仲良しトークで会場は盛り上がり、アットホームな空気の中、雅功がギターを抱え、彪我がハンドマイクを握ると「てぃーけーじー」へ。ダンサーがステージにインすると、なんと彪我がステージの中央でスポットライトを浴びながら踊りだすという、これまたサプライズ! “中野サンプラザ! 踊りますよー!”とみんなを誘い、ダンサーと一緒にTKGの文字を体で表現したり、歌詞に合わせたダンスはとてもキュートで楽しい時間になった。

続く「ブン!ブン!BuuuN!」はタオルをぐるぐる回すライブにぴったりの楽曲。ダンサーと一緒に彪我&雅功もギターを置いて腕を振り上げてぐるぐるとまわしたかと思うと「でぃすとーしょん」ではステージ左右、中央のお立ち台をフルに活用しハードな空気で会場を包み込む。

2017年から1年かけて全国をまわった『菌育ツアー』で、ご当地のものを食べるなどファンの人たちと絆を作り上げた「てぃーけーじー」、5月に行われた『しめたん−さくらしめじが生まれた日−イヤイヤ期突入!?編』でサングラスをかけて披露された「でぃすとーしょん」。11月に行われた『振付稼業air:manオフィシャル振付講習会&ライブ!』でファンの人たちと一緒に盛り上がりたいと作られた「ブン!ブン!BuuuN!」。カバー曲やEP盤に収録された楽曲もライブ全体に散りばめられおり、まさに、彼らがこの1年で作り上げたさくらしめじの新たな魅力が詰め込まれたライブであることを実感させられた。

“楽しく盛り上がりましょう!”と声をかけて歌われた「あやまリズム」。そして、初披露の新曲「先に言うね」“なかなか言えない本音ってあるよね。本当のこと、大切なことは伝えていきたいという想いを込めた”と言うリリックがスクリーンに映し出されると雪がこの曲をさらに美しく飾った。ラストナンバーになった「えそらごと」では、金テープが客席にキラキラとした彩りを加えてくれた。

ファンの歌声で呼び戻され、アンコールとしてステージに登場したふたり。“最高の思い出が作れました。2018年は、みなさんといろんな思い出を作れた1年だったと思っています。今日も含めて、いろんな思い出がつまった曲です”と「おもいでくれよん」を披露。ラストに向けて盛り上がっていく……と思ったら、なんと彪我が歌詞を飛ばしてしまい、雅功から“一度止めよう!”とストップがかかる。あわあわした表情の彪我の緊張をほぐした後、2度目の「おもいでくれよん」へ。

しっかりと歌を届けると、頭の上でごめんなさいのポーズをした彪我が、“みなさんの温かさに毎度助けられています”と客席に感謝の言葉を送った。 そんなファンのみんなへのクリスマスプレゼントとして、この日発表された“初のラジオレギュラー番組決定!”と、2019年2月から3カ月連続で行なわれるツーマンライブの発表に加え、さくらしめじのふたりへのクリスマスプレゼントとして2019年5月3日、日比谷野外大音楽堂でのワンマンライブがサプライズ発表された。 台風の中でやりきった初の野音ライブ、“台風12号ね”、“忘れもしない、ジョンダリ(台風の名前)な!”のリベンジともいえる2度目の野音の決定にふたりは大喜び。“うれしいぞコンニャロー!”と声をあげた。

そして“あー、言いたくない。この言葉言いたくないよ”と雅功。“でも、これで最後の曲です”と「みちくさこうしんきょく」をダンサーと客席の“ラララー”という歌声と一緒に歌い上げた。

“今日味わった嬉しさや楽しさを背中に乗っけて、これからのライブにいかしていきたい”と彪我。そして、うっすらと目に涙を浮かべながら雅功が“小学生の頃から、いつかやりたいと思っていた憧れのステージに立てたのは、みなさんのおかげです。僕らは次へ、またさらに次へと進んでいきます。みなさんとたくさんの“楽しい”を共有していきたいと思っています”と熱い想いを伝えた。 大きな声で“今日は本当にありがとうございました”と生声で伝え深く、深くおじぎをして、元気いっぱいに手を振りながらステージに幕をおろした。

12月29日には、さくらしめじの忘年会『平成最後のきのこりあんの集いvol.3』が、光が丘IMAホールにて開催。また、リリース記念ツアー『うたはつづくよどこまでも』は、2019年にまたがり福岡、大阪、広島と続く。そして、この日発表された彼らにとって初の2マンライブは、渋谷wwwにて3ケ月連続で開催。2月14日は、コレサワとの2マンであることが発表されているが、そのほかの情報、5月3日日比谷野外大音楽堂でのライブについては、さくらしめじオフィシャルサイトまで。

photo by 埼玉 泰史/大庭 元
text by 大庭利恵

【セットリスト】
M1.123/新曲
M2.スタートダッシュ
M3.菌カツ!
M4.ひだりむね
M5.恋音と雨空
M6.せきがえのかみさま
M7.きのうのゆめ
M8.まよなかぴくにっく
M9.My Sunshine
M10.届けそこねたラブソング
M11.はじまるきせつ
M12.てぃーけーじー
M13.ブン!ブン!BuuuN! / 新曲
M14.でぃすとーしょん
M15.あやまリズム
M16.先に言うね / 新曲
M17.えそらごと
<ENCORE>
EN1.おもいでくれよん
EN2.みちくさこうしんきょく

EP「うたはつづくよどこまでも」

発売中



<収録曲>
1.My Sunshine
2.恋音と雨空
3.スプーンの初恋 〜あゝ、好きだよベイベー〜
4.届けそこねたラブソング

【ライヴ情報】

『リリース記念ライブツアー「うたはつづくよどこまでも」』
12月23日(日) 福岡・DRUM LOGOS
[2019]
1月06日(日) 大阪・バナナホール
1月20日(日) 広島・広島クラブクアトロ

『2マンライブ』
2月15日(金) 東京・渋谷WWW c/w コレサワ
3月08日(金) 東京・渋谷WWW c/w coming soon!
4月06日(土) 東京・渋谷WWW c/w coming soon!
※詳細は後日発表となります。

『日比谷野外大音楽堂 ワンマンライブ』
5月3日(金・祝) 東京・ 日比谷野外大音楽堂



【関連リンク】
さくらしめじ、中野サンプラザでX\'masライヴ&日比谷野音ワンマンを発表
さくらしめじまとめ
nano.RIPE、ゆかりの都市を回る春ツアー『ゆうきのきのみ』開催決定

【関連アーティスト】
さくらしめじ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, 発表, ライブ, ライブレポ

nano.RIPE、ゆかりの都市を回る春ツアー『ゆうきのきのみ』開催決定
Sun, 16 Dec 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

nano.RIPEが12月15日に新宿BLAZEにて行なった全国8都市開催のワンマンツアー『きせきのつるぎ』ファイナル公演のアンコールで、きみコ(Vo.& Gt.)より5月より『ゆうきのきのみ』と題したワンマンツアーを開催することが発表された。

バンド結成20周年を祝し、2018年8月にリリースした6枚目のアルバム『ピッパラの樹の下で』を引っ提げて全国8都市を巡ったワンマンツアー経て、次のツアーではnano.RIPEのゆかりの4都市を回る。8月に急逝した元nano.RIPEのドラマー青山友樹の追悼の意も込められており、サポートベースに元メンバーであるアベノブユキが参加することになっているので、ぜひ足を運んでほしい。

■『nano.RIPE TOUR 2019 「ゆうきのきのみ」』

5月03日(金・祝) 東京・ebisu LIQUID ROOM
5月18日(土) 大阪・アメリカ村DROP
5月19日(日) 愛知・名古屋ell.FITS ALL
6月02日(日) 石川・金沢AZ

<チケット>
¥4,500 - (全公演共通)
OFFICIAL FAN CLUB「ノクチルカ」最速先行:
2018年12月16日(日)12:00 〜 2019年1月14日(月・祝)18:00
一般発売:2019年2月16日(土)10:00〜



【関連リンク】
nano.RIPE、ゆかりの都市を回る春ツアー『ゆうきのきのみ』開催決定
nano.RIPEまとめ
SHOKICHI(EXILE)、初写真集『BYAKUYA』発売記念イベントを開催

【関連アーティスト】
nano.RIPE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 発表, ツアー

SHOKICHI(EXILE)、初写真集『BYAKUYA』発売記念イベントを開催
Sun, 16 Dec 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SHOKICHI(EXILE/EXILE THE SECOND)の初となる写真集『BYAKUYA』の発売記念イベントが、12月15日(土)に東京・中目黒のEXILE TRIBE STATION TOKYOにて開催された。

今回の写真集『BYAKUYA』は、SHOKICHIが“究極のセクシー”と“沈まない夜=白夜”をテーマに、「Music」「Life」「Sexy」という三つのシチュエーションで、普段レコーディングを行なっているスタジオや、都内高級ホテルのロイヤル・スイートルームなどで撮影された。Calvin Kleinをはじめとした、彼愛用のラグジュアリーブランドを身に付けた姿や、その鍛え上げられた肉体美を惜しげも無く披露したヌードも収録され、アーティスト・SHOKICHIが持つ成熟した色気が存分に表現された作品に仕上がっている。 初回限定版には、写真集の世界観とリンクした新曲「白夜」のミュージック・カードも封入される。

集まった記者から初めて写真集をリリースした感想を問われると、「音楽以外で作品をリリースするのは想像もしていなかったので、自分でも驚いている。でも、ファンの方に喜んでいただけたので、嬉しかった。やって良かった」と喜びを露わにし、その仕上がりについて「自分史上、最高のセクシーを表現できたと思う。身体もバッチリ」と自信をのぞかせた。 写真集のテーマにちなみ、自分でもっともセクシーだと思う写真を聞かれると、「CALVIN KLEINのパンイチ。写真集を作ることになった時から、このポーズはやろうと決めていた」と回答。見事な筋肉に記者たちが驚きの声をあげると、「肩を大きくできるように頑張った。写真集のお話をいただいてからすぐに身体作りを始めて、三ヶ月くらいかけて絞った」「筋肉量を増やして、体脂肪をめちゃくちゃ少なくした。初めて体脂肪率6パーセントまで行った」と、写真集に向けてトレーニングに力を注いだことも明かした。さらに「まだまだ行けると思う。進化を諦めてはいけない。男性にも、筋トレのモチベーションアップのために見ていただけると嬉しい」と続けた。今回写真集に向けてトレーニングをしたことで、さらに高い目標ができたというSHOKICHIは、「最初で最後のつもりで撮影を行ったので、第二弾の写真集は想像ができないけれど、さらに進化した自分を見せていきたいと思う」と、力強く宣言した。

EXILEとして年末の『第69回NHK紅白歌合戦』への出演が決まっていることについては、「EXILEが復活してから第一弾の紅白なので、メンバーはみんなめちゃくちゃ気合いが入っている」のだそうで、「今年はEXILE THE SECONDのツアーが終わって、EXILEとしてもソロとしてもリスタートすることができた。特別な一年を過ごさせていただいて、ファンの方々には改めて感謝したい」と、充実した日々を送った2018年を振り返る。さらに、平成が終わることについて、「平成には人生のすべてが詰まっていた。中二で音楽に出会って、その後、上京してEXILEに入って、いろんな出会いがあって。濃い人生を送らせてもらっている」とコメント。

記者会見の後は、抽選に選ばれたファンクラブ会員1,000人を対象に、写真集『BYAKUYA』のお渡し会を行い、ファン一人ひとりと握手を交わすとともに、「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えた。来年は、さらに大きなプロジェクトも控えているとのことで、ますます勢力的な活動が期待できそうだ。

写真集『BYAKUYA』

2018年12月15日発売



ISBN:978-4-909852-01-4/¥2,800+税
※仕様:A4変形/112ページ/新曲「白夜」ミュージック・カード付



【関連リンク】
SHOKICHI(EXILE)、初写真集『BYAKUYA』発売記念イベントを開催
EXILE SHOKICHIまとめ
Absolute area、カバーも飛び出したMINT mate boxとの2マンイベント

【関連アーティスト】
EXILE SHOKICHI
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, 発売, レポート

Absolute area、カバーも飛び出したMINT mate boxとの2マンイベント
Sun, 16 Dec 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

平均年齢20歳、新進気鋭のロックバンドAbsolute areaと、キュートなサウンド&ビジュアルで絶賛勢力拡大中のMINT mate box。共にスリーピース編成、“青春”を感じさせる歌詞の世界観など共通点も多い2組が、12月14日に新代田FEVERにて初めての対バンを果たした。

先攻はAbsolute area。清涼感溢れるロックナンバー「少年」からスタートしたライヴは、 のっけから大盛況。山口諒也(Vo&Gt)の真っ直ぐに突き抜けるような歌声と、萩原知也(Ba)と高橋響(Dr)が奏でる痛快なビートが、新代田FEVERに爽やかな風を吹かせていく。

続いて、山口がアコースティックギターに持ち替え、新曲「遠くまで行く君に」を披露。さっきまでの勢いの良いパフォーマンスとは打って変わった、ちょっぴり切ない雰囲気のバラードに、オーディエンスは静かに耳を傾けていた。また演奏後には、この曲のMVが近々公開されることがアナウンスされ、会場からは大きな拍手が巻き起こった。

彼らの代表曲「ひと夏の君へ」でフロアを温めた後は、事前に行われた2組による対談や、SNSでも予告されていたMINT mate boxのカバー「漫画でもないような話」を投下。「ちょっと不安なんです!」と、緊張した面持ちを見せるメンバー3人だったが、なかなかないレアな一幕にアブソファン、またミントファンの反応も上々。今までのアブソにはない女の子目線の楽曲に、バンドの新たな一面も垣間見られた一曲となった。

後半戦に差し掛かると、アブソの曲の中でも一際ポップな「会社員」や、萩原と高橋のコーラスワークが光る新曲「パラレルストーリー」など、様々なアプローチの曲でフロアの高揚感を高めていく。そしてラストは、ライヴでも定番となったアンセム「ミライゾウ」。たくさんの手で埋め尽くされたフロアに向け、「いい景色です、ありがとう!」と感謝の言葉を述べ、この日のライヴを締め括った。

熱いバトンを受け取ったMINT mate boxも、負けじと好演。超絶キャッチーなギターリフが炸裂する「ミント」で幕開けすると、間髪入れずに「走れ」「メイクキュート」など、思わず笑みがこぼれてしまうようなキュートなポップソングを連投。底抜けに明るい笑顔で極太ベースを奏でるやすだちひろ(Ba)に、マイペースながらもバンドサウンドをしっかりと支えるKJ(Gt.)、そこに乗っかるmahocato(Vo&Gt)のひたすらキュートな歌声が、会場をハッピーな空気で満たしていく。

なお、この日はミントも Absolute areaの楽曲をカバー。「私たちは青春をテーマに楽曲を作ってるんだけど、失恋ソング歌ったことないなって思って」と前置きした後、「失恋歌」をエモーショナルに歌い上げた。本編ラスト&アンコールでは、「リサイクル」「シャッター」と、キラーチューンを二連発。大盛り上がりの中、イベントは終了した。

全体的に和やかなムードに包まれながらも、しっかりとそれぞれの正攻法を提示し合ったAbsolute areaとMINT mate box。2組のこれからの活動に期待したくなる、そんな一日だった。

Text by 渕井 実香
Photo by うつみさな

■Absolute area オフィシャルHP
https://absolutearea.themedia.jp/
■MINT mate box オフィシャルHP
http://mintmatebox.com/



【関連リンク】
Absolute area、カバーも飛び出したMINT mate boxとの2マンイベント
Absolute areaまとめ
MINT mate boxまとめ
SAMURAI TUNES、 新曲がアニメ『Dimensionハイスクール』 EDに決定

【関連アーティスト】
Absolute area, MINT mate box
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブレポ

SAMURAI TUNES、 新曲がアニメ『Dimensionハイスクール』 EDに決定
Sun, 16 Dec 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SAMURAI TUNESの新曲「My Home」が、1月から放送開始のアニメ『Dimensionハイスクール』のエンディングテーマに決定した。

『Dimensionハイスクール』は声優と2.5次元俳優が共演するアニメ。新曲「My Home」は1月10日のオンエアに合わせてTVサイズの配信がスタートする。フルバージョンのリリースについては後日発表とのこと。

SAMURAI TUNESは、現在TOKYO MXで放送中の番組『超!アイドル戦線〜Men\'s Side Girl\'s Side〜』で結成された5人組ユニット。1stシングル「SAMURAI TUNES」は『ダンガンロンパ3 THE STAGE 2018 〜The End of 希望ヶ峰学園〜』のエンディングテーマ、2ndシングル「HAGANEメンタル」は日本テレビ系『バズリズム02』のPOWER PLAYに起用された。

■超次元革命アニメ『Dimensionハイスクール』公式サイト
http://dimension-hs.com 
(c) Dimensionハイスクール製作委員会

配信楽曲「My Home(TVサイズ)」

2019年1月10日(木)配信スタート



COKM-4228





【関連リンク】
SAMURAI TUNES、 新曲がアニメ『Dimensionハイスクール』 EDに決定
SAMURAI TUNESまとめ
PrizmaX、コンセプトライブでMC一切無しのハイレベルなパフォーマンスを披露

【関連アーティスト】
SAMURAI TUNES
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 配信, エンディング

PrizmaX、コンセプトライブでMC一切無しのハイレベルなパフォーマンスを披露
Sat, 15 Dec 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

PrizmaXがライブ『PrizmaX Nonstop』を12月15日に東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoで開催した。タイトルが表す通り、彼らの武器である歌と踊りを全面に押し出したMC一切無しの新たなコンセプトライブということで、昼夜二部制にもかかわらずチケットは全てソールドアウト。各メンバーがトラック制作から作詞までを手掛け、秋冬に4ヶ月連続で配信されたメンバープロデュース曲を初披露する等、1ボーカル&1ラッパー+2パフォーマーによるハイレベルなステージングにより、わずか1時間で19曲を披露してみせた。まさしくジェットコースターのようなライブの最後には、来年7月6日に豊洲PITでワンマンを行うことも発表。満員のホリック(PrizmaXファンの呼称)に2018年を締めくくる素敵なプレゼントを届けてくれた。

まずは午後3時からスタートした昼の部。煙草に火をつけて息が吐き出される音が流れ、ステージに“Nonstop"の文字が電飾で灯ると、都会の雑踏音から島田翼のプロデュース曲「rewind」でライブは幕開けた。音楽ギークの島田によるUKガラージを基軸にしたサウンドに乗るダイナミックなダンスは、一つひとつの動きが指先まで完璧にコントロールされたもの。その端正なフォームに、客席からは感嘆のため息と拍手が湧く。「Nonstop! ラストまでついてこれますか!?」という福本有希の煽りから雪崩れ込んだ「It\'s Love」では、力強さと繊細さを兼ね備えた森崎ウィンの表情豊かなボーカルに、アンニュイに叩きつけられる清水大樹のラップ、そして迫力満点のダンスパフォーマンスとPrizmaXの個性をしっかり提示。曲中で2名の男性ダンサーがハイタッチで合流する小粋な展開といい、4人のスタイリッシュな装いといい、都会的な空気が場内を満たして、この安心して五感を委ねられる成熟感こそPrizmaX最大の魅力と実感させる。

そのスキルは、続くラブソング・メドレーで存分に発揮されることに。太いビートでパワーの際立つ「Never」から、なめらかな森崎の歌声がメロディックに響き渡る「yours」(夜の部では「Without you」)、スカーフを小道具にしたセクシーな振りつけで歓声を呼んだ「Orange Moon」と休みなくドロップして、ダメ押しに届けられたのは福本プロデュースによる「South Cross」。ストーリー性豊かなダンスと想いの籠もった歌で綴られるラブバラードにオーディエンスは魅入られ、その強い“愛"の表現に満場の拍手を贈った。こうして純粋に歌と踊りだけで魅せるというコンセプトがキッチリと成り立ち、観る者の心を豊かな波動で満たすことができるのも、長いキャリアとひたむきな努力によって裏打ちされた4人の高いパフォーマンス力があってこそだ。

優しく切ない空気感も、しかし、ダンサー+島田&福本によるダンスショーケースを挟むと一転。ステージに現れた清水がド頭から言葉数多いラップを畳みかけて投下したのは、自身のプロデュース曲「Candy」だ。ドープなヒップホップナンバーによる新境地でホリックを高揚させると、赤いライトの中でデジタリックなアッパーチューン「Are you ready?」を放って場内をグッとヒートアップ。目まぐるしいフォーメーションでオーディエンスを釘付けにし、曲終わりにはペットボトルの水を飲み干して、そのままボトルを放り投げるというクールなアクションでホリックの心をさらう。かと思いきや、続く「Woh!」では「床、メッチャ濡れてる! 掃除して!」と、サングラスをかけてモップや箒、バケツを楽器に見立てるバッドボーイなスタイルで、ロックにはしゃぐというギャップも楽しい。当然「ホリック楽しいですか?」と森崎が問えば、同意の声が大きく振られるペンライトと共に返り、「Let\'s prove it!!」では笑顔でステージを走り回るメンバーの姿が。「今日、俺たちと何しに来たんだっけ?」「デート!」という王子様キャラ・福本とホリックたちとの息の合ったコール&レスポンスで幕開けた「Ready」でも、タオルを振る4人に場内から一斉にクラップが起こる。また「ホリック一緒に歌おう?」と森崎が優しく誘った「UP
終盤戦では、そのうち“ホリックと共に楽しむ"側面をフィーチャー。ダンサブルなインタールードを挟んで「Someday」のイントロが鳴ると、なんと長袖Tシャツに着替えた4人が客席後方に登場! ホリックたちを見つめたり、笑顔でハイタッチしたり、その手を取って歌ったりと、メンバーの汗まで見える至近距離で熱いコミュニケーションを交わしてゆく。ちなみに夜の部では「Mysterious Eyes」での登場となったが、しゃがみ込んで小さな子供に歌いかける森崎に周りの全員が胸をときめかせる場面もあり、続く「my girl」でも踊りながら客席通路をくまなく回って悲鳴のような歓声を浴びた。ステージに戻っても軽快な「Three Things」でコールを湧かせ、壮大に躍動する「OUR ZONE(FUSION ver.)」でホリックたちの胸を高鳴らせると、ラストは「2019年もついてきてもらっていいですか? こんな感じで2019年もノンストップで駆け抜けていくんで!」(清水)と「Find The Way 〜卒業〜」へ。ステージいっぱいに広がり、ホリックたちと一緒に同じ振りを踊って、今まで支えてくれた人々への感謝を綴った歌詞に乗せて想いの丈を届けていった。そして4人がステージを去ると、7月6日に豊洲PITで次回のライブを行うことをアナウンス。また、夜の部では鳴りやまないアンコールに応えて急遽「カフェオレ」を披露し、客席の盛り上がりに「ちょっと感動しちゃった」と漏らした森崎は、最後にこう宣言した。

「2018年はいろんなことがあったけど、俺らPrizmaX、ホリックをどこまでもつれていくからついてきてください。俺たちはホリックを、絶対に裏切りません」

充実の表情を浮かべて2公演を締めくくった4人だが、12月23日には本日行われた『PrizmaX Nonstop』の追加公演も原宿クエストホールで敢行。チケットは2部ともソールドアウトだが、清水いわく「今日とは全く内容が違う」とのことだ。グループにとっては激動の2018年を超え、日本に新たな時代が到来する2019年へ――。強い決意と共に、PrizmaXもまた、新たな道を踏み出してゆく。

photo by 笹森健一
text by 清水素子

【セットリスト】
M1:rewind(produced by TSUBASA)
M2:It\'s Love
M3:Never
M4:yours
M5:Orange Moon
M6:South Cross(produced by YUUKI)
M7:ダンサーズナンバー〈Dogs(feat.Sherm&Dami Rae)〉
M8:Candy(produced by DAIKI)
M9:Are you ready?
M10:Woh!
M11:Let\'s prove it!!
M12:Ready
M13:UPM14:I hate you(produced by WIN)
M15:Someday
M16:my girl
M17:Three Things
M18:OUR ZONE FUSION ver.
M19:Find The Way〜卒業〜

■『PrizmaX Live Level 8』

7月06日(土) 豊洲PIT
第1部:開場14:00 / 開演15:00
第2部:開場17:30 / 開演18:30



【関連リンク】
PrizmaX、コンセプトライブでMC一切無しのハイレベルなパフォーマンスを披露
PrizmaXまとめ
まねきケチャに新メンバーが加入!新体制第1弾の新曲がTVアニメEDに!

【関連アーティスト】
PrizmaX
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, EBiDAN, ライブ, ワンマン, ライブレポ, レポート

まねきケチャに新メンバーが加入!新体制第1弾の新曲がTVアニメEDに!
Sun, 16 Dec 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

まねきケチャに新メンバーの篠原葵が加入したことが発表された。12月15日に大阪パルティッタで行われたワンマンライヴで初お披露目され、ステージ上で篠原は「歌もダンスもまだまだですがこれからまねきケチャのメンバーとして成長していきたいと思うので応援お願いします」と意気込みを語った。

そして、新体制第1弾となるニューシングル「いつかどこかで / ワンチャンス」が3月20日にリリースされることも決定。タイトル曲「いつかどこかで」は1月4日の放送から2クール目を迎えるショートアニメ『おこしやす、ちとせちゃん』の新たなエンディングテーマに決定している。リリースイベントの詳しいスケジュールは公式HPやTwitterにて随時告知予定だ。

また、1月5日に2年連続となるTOKYO DOME CITY HALLでのワンマンライヴ『TDCでまねきケチャ 2019!』も開催。 詳細はオフィシャルHPで確認しよう。

(c) 夏目靫子・講談社 / VAP

シングル「いつかどこかで/ワンチャンス 」

2019年3月20日発売



【Type-A 初回限定盤】(CD+DVD)
¥2,000+税
<収録曲>
1.いつかどこかで
2.ワンチャンス
3.さよならなんて
4.いつかどこかで(instrumental)
5. ワンチャンス(instrumental)
6.さよならなんて(instrumental)

【Type-B 中川美優盤】(CD)
¥1,111+税
<収録曲>
1.いつかどこかで
2.ワンチャンス
3.さよならなんて
4.虹を探しに(中川美優ソロ)

【Type-C 宮内凛盤】(CD)
¥1,111+税
<収録曲>
1.いつかどこかで
2.ワンチャンス
3.さよならなんて
4.Guess!!(宮内凛ソロ)

【Type-D 松下玲緒菜盤】(CD)
¥1,111+税
<収録曲>
1.いつかどこかで
2.ワンチャンス
3.さよならなんて
4.漫画みたいに恋したい(松下玲緒菜ソロ)

【Type-E 深瀬美桜盤】(CD)
¥1,111+税
<収録曲>
1.いつかどこかで
2.ワンチャンス
3.さよならなんて
4.ジャンプ(深瀬美桜ソロ)

【Type-F 篠原葵盤】
¥1,111+税
<収録曲>
1.いつかどこかで
2.ワンチャンス
3.さよならなんて
4.後日発表

【Type-G 通常盤】
¥1,111+税
<収録曲>
1.いつかどこかで
2.ワンチャンス
3.さよならなんて
4.いつかどこかで(instrumental)
5. ワンチャンス(instrumental)
6.さよならなんて(instrumental)

【ライヴ、イベント情報】

『まねきケチャ東名阪ツアー2018』
12月23日(日) 東京ヒューリックホール
12月24日(月・祝) 愛知Zepp Nagoya

『TDC de まねきケチャ 2019!』
1月05日(土) TOKYO DOME CITY HALL

『日本武道館 de まねきケチャ リリースイベント』
12月16日(日) 阪急西宮ガーデンズ
12月18日(火) タワーレコード渋谷店B1 CUTUP STUDIO
12月19日(水) 東京ニコニコ本社
12月24日(月・祝) 愛知タワーレコード名古屋近鉄パッセ店

『シングル「いつかどこかで 月 ワンチャンス」リリースイベント』
1月13日(日) 東京・ニコニコ本社
2月03日(日) 東京・ニコニコ本社



【関連リンク】
まねきケチャに新メンバーが加入!新体制第1弾の新曲がTVアニメEDに!
まねきケチャまとめ
般若、トップアスリートの筋トレを収めた「黙ってやれ」MV公開

【関連アーティスト】
まねきケチャ
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, CD, 新曲, ライブ, オープニング

般若、トップアスリートの筋トレを収めた「黙ってやれ」MV公開
Sat, 15 Dec 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

般若の楽曲「黙ってやれ」のMVが公開された。

「黙ってやれ」は、12月19日に発売される“筋トレとHIP HOP”をコンセプトにしたアルバム『IRON SPIRIT』の収録曲。「四の五の言わずに目の前のことをやる」「言い訳の材料や誘惑が周囲にあろうとも自分の意思を強く持つ」という、「真っ直ぐいる」ためのテーマが込められている。 MVには暗闇の中で歌う般若の姿や、ジムでトレーニングする人々の様子が映し出されている。

トレーニング風景の撮影は代官山HALEOで実施。実際にトップアスリートを中心に行っている合同トレーニングを実践そのままに収録したという。コーチは2006年PRIDEウェルター級グランプリチャンピオンの三崎和雄。アルバムに付属する特典DVDには、三崎が般若像を語ったショートインタビューが収められる。

なお、般若は1月11日に自身初となる日本武道館でのワンマンライヴ『おはよう武道館』を開催する。

アルバム『IRON SPIRIT』

2018年12月19日(水) 発売



PCCA-4737/¥2,500+税
<収録曲>
■CD
1.黙ってやれ
2.覚悟
3.人間をきわめろ
4.オレの前に来て言え feat. AK-69
5.ワンモアレップ feat. SHINGO★西成, Young Hastle & DJ FILLMORE
6.Skit [合コン]
7.Workout Remix feat. 般若 & SHINGO★西成 / Young Hastle
8.ノーペイン ノーゲイン
9.Skit [憧れ]
10.OSHIRI
11.裏切り
12.Hate me now
13.大丈夫
■特典DVD
1.「黙ってやれ」MV
2.「大丈夫」MV
3.「BEHIND THE SCENE」 [BONUS FOOTAGE]

『おはよう武道館』

1月11日(金) 日本武道館
17:00 OPEN / 18:00 START



【関連リンク】
般若、トップアスリートの筋トレを収めた「黙ってやれ」MV公開
般若まとめ
後藤まりこアコースティックviolence POP、コザック前田との2マン公演を発表

【関連アーティスト】
般若
【ジャンル】
J-POP, ニュース, MV, CD, アルバム, ヒップホップ, ライブ

後藤まりこアコースティックviolence POP、コザック前田との2マン公演を発表
Sat, 15 Dec 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

後藤まりこのソロユニットである“後藤まりこアコースティックviolence POP”が、ライヴイベント『後藤まりこアコースティックviolence POP × コザック前田』 を2019年3月17日に渋谷7th FLOORにて開催することを発表した。

後藤まりこアコースティックviolence POP”は、今年の10月からマンスリーの2マンライヴを実施しており、これまでに下津光史(踊ってばかりの国)、FUCKERが出演しているほか、12月15日に宮本菜津子(MASS OF THE FERMENTING DREGS)、1月に田淵ひさ子、2月に川本真琴を迎える。

なお、『後藤まりこアコースティックviolence POP × コザック前田』のチケットは、宮本菜津子との2マンライヴの会場で先行販売。一般販売は12月19日から販売される。

■『後藤まりこアコースティック violence POP × コザック前田』

【2019年】
3月17日(日) 渋谷7th FLOOR
open 17:30 / start 18:00
出演:後藤まりこアコースティックviolence POP/コザック前田(ガガガSP)
<チケット>
adv. ¥3,200 / door ¥3,700(+1D別)
e+(イープラス)12月19日〜 一般発売
※12月15日以降の後藤まりこライブ会場で手売り先行販売

【ライブ情報】

『後藤まりこアコースティックviolence POP × 宮本菜津子(MASS OF THE FERMENTING DREGS)』
12月15日(土) 下北沢風知空知

【2019年】
『後藤まりこアコースティックviolence POP × 田渕ひさ子』
1月14日(月祝) 渋谷TSUTAYA O-nest

『後藤まりこアコースティックviolence POP × 川本真琴』
2月24日(日) 下北沢SHELTER



【関連リンク】
後藤まりこアコースティックviolence POP、コザック前田との2マン公演を発表
後藤まりこアコースティックviolence POPまとめ
後藤まりこまとめ
コザック前田まとめ
ガガガSPまとめ

【関連アーティスト】
後藤まりこアコースティックviolence POP, 後藤まりこ, コザック前田, ガガガSP
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブ

INNOSENT in FORMAL、2ndミニアルバムのリリースが決定&アニメーション動画を公開
Sat, 15 Dec 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

INNOSENT in FORMALの2ndミニアルバム『INNOSENT 1 〜Into the new world〜』が2月13日にリリースされるが決定した。

『INNOSENT 1 〜Into the new world〜』は複雑な感情を表した「Glass」「Highway」、王道のロックサウンドをこの上なく個性的に表現した「Jackin Rock Beats」など全6曲を収録しているほか、ファッションブランド“#FR2”とのコラボレーションが実現。CDには#FR2をイメージして制作された楽曲「fxxkingrabbits shit」をストリーミングで視聴できるQRコードが付いたカードが特典として封入される。また、MVでもコラボ予定だ。

あわせてバンドの世界観を伝えるSNS上の連載小説「innosent_novel(@innosent_novel)」を元にしたアニメーション動画公開された。INNOSENT in FORMALの楽曲に乗せてバンド誕生のエピソードが楽しめる内容となっている。

2017年に“架空のカートゥーンバンド”として活動を始めたINNOSENT in FORMAL。今年1月にササノマリイがアレンジで参加した楽曲「One for you」でデビューし、そのヴィジュアルとコンセプトから“和製Gorillaz”と称された。4月に1st ミニアルバム『INNOSENT 0 〜The night late show〜』をリリースすると、収録曲「I wanna...」がAmazon Music Unlimitedキャンペーンソングに起用された。

ミニアルバム『INNOSENT 1 〜Into the new world〜』

2019年2月13日発売



NBPC-0065/¥1,500+税
<収録曲>
1.Riff
2.Atama
3.Glass
4.Jackin\' Rock Beats
5.Night to ready
6.Highway



【関連リンク】
INNOSENT in FORMAL、2ndミニアルバムのリリースが決定&アニメーション動画を公開
INNOSENT in FORMALまとめ
みずいろ ふゅ〜ちゃー 9、「プニ パニ グミ」のMVが配信初日からiTunesで1位を獲得

【関連アーティスト】
INNOSENT in FORMAL
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, ミニアルバム

みずいろ ふゅ〜ちゃー 9、「プニ パニ グミ」のMVが配信初日からiTunesで1位を獲得
Fri, 14 Dec 2018 20:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2020年の東京オリンピック開催を前に原宿の"カワイイ"に続いて訪日観光客の心を掴みにし、数々のメディアで紹介される六本木のエンターテインメント空間『バーレスクTOKYO』。Facebookのいいね!数は61万人を超えるなど話題を集めているが、その『バーレスクTOKYO』所属の選抜メンバーで構成されるヴォーカル&ダンスユニット“みずいろ ふゅ〜ちゃー 9”が12月14日より配信した「プニ パニ グミ」のMVが、iTunesで配信初日からランキング1位を獲得する快進撃をみせている。

このMVは、“美しすぎるボーカル&ダンスユニット"とも言われている彼女たちの魅力をふんだんに詰め込んでおり、歌詞の世界観も相まって今後さらに国内外に波及していきそうだ。ぜひこのタイミングでチェックしておこう!

エンターテインメントの最高峰と呼べる圧巻の空間『バーレスクTOKYO』は、みずいろ ふゅ〜ちゃー 9(バーレスク東京)とともに、新たな日本発エンターテインメント文化として浸透していくことだろう。

■「プニ パニ グミ」 MV 配信URL
https://itunes.apple.com/jp/video/%E3%83%97%E3%83%8B-%E3%83%91%E3%83%8B-%E3%82%B0%E3%83%9F/id1445846484?l=ja&ls=1&app=itunes



【関連リンク】
みずいろ ふゅ〜ちゃー 9、「プニ パニ グミ」のMVが配信初日からiTunesで1位を獲得
みずいろ ふゅ〜ちゃー 9まとめ
A-QUEEN from バーレスク東京まとめ
EGG BRAIN、ニューシングル発売&復活ツアー開催決定

【関連アーティスト】
みずいろ ふゅ〜ちゃー 9, A-QUEEN from バーレスク東京
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表, 配信

EGG BRAIN、ニューシングル発売&復活ツアー開催決定
Sat, 15 Dec 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3年の沈黙を破り、活動再開を発表したEGG BRAINがニューシングル「Start From Scratch」を1月16日にリリースすることを発表した。

「Start From Scratch」はデジタル配信に加え、タワーレコード限定のCDがリリースされる。配信シングルにはタイトル曲など全3曲、CDには「BELIEVE(acoustic ver)」を加えた全4曲を収録。CDジャケットにはデビュー作のジャケットを彷彿とさせるコインランドリーが使用されている。

発表とあわせ、 全国ツアー『3・2・1・Go!Tour2019』の開催もアナウンス。2月19日のKOBE太陽と虎を皮切りに、愛媛、大分、愛知、茨城、京都、宮城、千葉、福岡、東京、大阪の11都市を巡る。ゲストアーティストは後日発表。現在チケットの先行受付を実施中だ。

また、太陽と虎の10周年記念イベントとして1月19日と20日に神戸ワールド記念ホールで開催される『MUSIC ZOO WORLD』への出演も発表。EGG BRAINは1月20日の『かっこよい生き物の世界』に登場する。

■『3・2・1・Go!Tour2019』

2月19日(火) KOBE太陽と虎
2月23日(土) 松山dobule RED
2月24日(日) 大分SPOT
3月02日(土) 名古屋アポロベイス
3月03日(日) 水戸ライトハウス
3月17日(日) 京都MUSE
3月22日(金) 仙台MACANA
3月23日(土) 千葉LOOK
4月07日(日) 福岡Queblick
5月02日(木) 恵比寿LIQUIDROOM
5月10日(金) なんばHATCH(半熟割公演)

<チケット>
料金:¥2,800-(税別)/東京、大阪公演のみ¥3,200-(税別)
※未就学児入場不可・ドリンク代別途必要
一般発売日(神戸公演〜福岡公演まで):1月19日(土) 10:00〜
一般発売日(大阪、東京):3月16日(土) 10:00〜

◎オフィシャル抽選先行《全公演共通》
12月15日(土)12:00〜12月26日(水)23:59
受付URL:https://l-tike.com/st1/eggbrain-hp

※ 半熟割とは?
EGG BRAINからの応援企画。中学生・高校生の為の学生割引システム。 この表記がある公演は学生であることが証明される身分証明書を当日持参で¥1000で入場可能。詳しくは各プレイガイドにて。

シングル「Start From Scratch」

2019年1月16日(水)発売



PINE-0046/¥1,080(税込)
※タワーレコード限定発売
<収録曲>
1.Start From Scratch
2.What\'s Inside You?
3.PROMISE RING
4.BELIEVE(acoustic ver)※タワーレコード限定シングル盤のみ収録

◎ 各サブスクリプションサービス、ダウンロード配信も同時リリース。



【関連リンク】
EGG BRAIN、ニューシングル発売&復活ツアー開催決定
EGG BRAINまとめ
Eins:Vierメンバーによるyohiaco、アルバム発売&全国ツアー決定

【関連アーティスト】
EGG BRAIN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, 新曲, ツアー

Eins:Vierメンバーによるyohiaco、アルバム発売&全国ツアー決定
Sat, 15 Dec 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Eins:VierのHIROFUMI(Vo)とYOSHITSUGU(Gt)のからなるアコースティックユニット、Yohiacoがアルバム『k??n』を3月13日にリリースすることを発表した。『k??n』は前作『yohiaco』以来、約3年ぶりのアルバムとなり、詳細は後日発表される。

また、さらに全国ツアー『tour 2019 **2ndAlbum“k??n”レコ発*全国18ヶ所巡り**』の開催も発表! 3月17日よりスタートし、東京、長野、群馬、大阪、兵庫、愛知、香川、広島、長崎、福岡、宮城、栃木、神奈川、北海道、京都の16都市18会場を巡る。チケットは12月16日10時より販売される。

■『tabiyuco tour2019 **2ndAlbum “k??n”レコ発*全国18ヶ所巡り**』

3月17日(日) 下北沢Laguna
3月23日(土) 長野NEON HALL
3月24日(日) 高崎WOAL
3月29日(金) 北堀江SUPER RETRO MACHINE
3月30日(土) 神戸STUDIO ARTRIUM
3月31日(日) 名古屋 sunsetBlue
4月06日(土) 高松RUFF HOUSE
4月07日(日) 広島ふらんす座
4月13日(土) 長崎BODYIISOUL
4月14日(日) 博多Drum Legend
4月20日(土) 仙台Cafe de Lucille
4月21日(日) 宇都宮STUDIO KENT
4月27日(土) 横浜JAM THE SECOND
5月11日(土) 函館Restaurant Pub The Beats
5月12日(日) 札幌musica hall cafe
5月18日(土) 大阪POTATO KID
5月19日(日) 京都いるか喫茶バー
5月25日(土) 渋谷VUENOS TOKYO

<チケット>
前売¥4000 当日¥4500
(別途ドリンク代 ※京都公演のみ不要)

アルバム『k??n』

2018年3月13日(水) 発売



yhac-02/¥3,000+税



【関連リンク】
Eins:Vierメンバーによるyohiaco、アルバム発売&全国ツアー決定
yohiacoまとめ
Eins:Vierまとめ
大原櫻子のLINE LIVEに約40万人!5周年記念のベスト盤&ツアー決定!

【関連アーティスト】
yohiaco, Eins:Vier
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, ツアー

大原櫻子のLINE LIVEに約40万人!5周年記念のベスト盤&ツアー決定!
Sat, 15 Dec 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大原櫻子が12月14日にLINE LIVE特番を配信し、ベストアルバムのリリースと全国ツアーの開催を発表した。

12月14日にデビュー満5周年を迎えた大原櫻子。同日にかねてから公約していた“初のストリートライヴ”をタワーレコード渋谷店前で行なった。16時前に大原がギターを持って現れ、弾き語りを始めると周辺がざわつき、周囲を通行人が取り囲んだ。大原は「明日も」「ちっぽけな愛のうた」「サンキュー」の3曲を歌唱。彼女がストリートライヴを行なうのは6月の大阪以来、約半年ぶりとなり、東京では初めてという。

そして、21時からはLINE LIVE特番を配信。番組では著名人から届いたサプライズのコメントが紹介されたほか、歌詞を視聴者から募って「明日も」のサビ部分替え歌を制作。視聴者数は約40万人を記録した。また、5周年を記念したベストアルバムを3月にリリースすること、5月から6月にかけて全国ツアーを行なうことを発表した。詳細は後日発表予定。



【関連リンク】
大原櫻子のLINE LIVEに約40万人!5周年記念のベスト盤&ツアー決定!
大原櫻子まとめ
Hilcrhyme、新たな幕開けとなるアルバムの収録曲&ビジュアル解禁

【関連アーティスト】
大原櫻子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, アルバム, ツアー

Hilcrhyme、新たな幕開けとなるアルバムの収録曲&ビジュアル解禁
Sat, 15 Dec 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Hilcrhymeが1月30日にリリースする2年ぶり通算8枚目のアルバム『Hilcrhyme』の収録曲とニュービジュアルを公開した。この写真は11月末に都内のスタジオで撮り下ろしたもので、アルバムを象徴すべく“Hilcrhymeの新たな幕開け”を感じさせるものとなっている。

アルバムには、ドラマ主題歌としてヒットした22ndシングル「涙の種、幸せの花」、21stシングル「恋の炎」、最新曲「アタリマエ」に加え、書き下ろしたばかりの新曲が4曲収録される。

新曲ですでに話題になっているのが、1曲目「Hill Climb」と5曲目「Lost love song【II】」。「Hill Climb」は11月より全国5箇所で開催したFCツアーのアンコールでいち早く披露された。活動停止〜活動再開を経たTOCの決意表明的な1曲で、自分自身に、そしてファンに向けた《Hilcrhyme and you don\'t stop 終わらない 止まらない音が鳴る この声が枯れるまで》という歌詞は、同時に苦境の中でも前向きに進み続ける全ての人への応援歌だ。

「Lost love song【II】」は2014年に発売された、TOCが女性の気持ちになって女性の目線で切ない恋の終わりを描いた人気曲「Lost love song」のパート2となる。この曲を創ろうとTOCが自身のTwitterで女性リスナーの“失恋エピソード”を公募し、募集1週間で寄せられた約1000もの投稿の中から選んだ一人の実話エピソードをモチーフにして歌詞を書き上げたもの。リアルな歌詞が多くのリスナーの共感を呼びそうだ。

また、このアルバムを引っ提げたリリースツアー『Hilcrhyme TOUR 2019 “Hill Climb”』が2月2日(土)より全国20箇所で開催されることが決定している。ここで披露される新曲を楽しみにしていてほしい。

アルバム『Hilcrhyme』

2019年1月30日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
POCE-12109/¥3,400+税
<収録曲>
■CD
01.Hill Climb
02.アタリマエ
03.Magic Time 2019
04.恋の炎2019
05.Lost love song【II】
06.愛と恋
07.挑発
08.涙の種、幸せの花 2019
09.Good Luck
10.アフターストーリー 2019
11.Hill Climb -Togenkyo Arrange-(初回盤Bonus Track)
■DVD
01.アタリマエ(MV)
02.アタリマエ from『Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」』
03.愛更新 from『Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」』
04.Good Luck from『Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」』

※Hilcrhyme OFFICIAL FANCLUB「4Seasons」会員特典
UNIVERSAL MUSIC STOREでご購入されたFC会員の方に「CDジャケット絵柄のミニクリアファイル」をプレゼント



【通常盤】(CDのみ)
POCE-12108/¥3,000+税

「Hilcrhyme TOUR 2019『Hill Climb』」

2月02日(土) 広島・HIROSHIMA CLUB QUATTRO
2月03日(日) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
2月09日(土) 福島・郡山 HIPSHOT JAPAN
2月11日(月・祝) 神奈川・Yokohama Bay Hall
2月16日(土) 千葉・柏PALOOZA
2月17日(日) 静岡・浜松窓枠
2月23日(土) 熊本・B.9 V1
2月24日(日) 福岡・DRUM LOGOS
3月02日(土) 岐阜・club-G
3月03日(日) 兵庫・神戸 THE CHICKEN GEORGE
3月09日(土) 長野・CLUB JUNK BOX
3月16日(土) 愛媛・松山WstudioRED
3月17日(日) 香川・高松オリーブホール
3月21日(木・祝) 石川・金沢EIGHT HALL
3月23日(土) 大阪・なんばHatch
3月30日(土) 北海道・札幌 PENNY LANE24
3月31日(日) 宮城・仙台Rensa
4月06日(土) 愛知・名古屋 DIAMOND HALL
4月07日(日) 東京・Zepp DiverCity Tokyo
4月13日(土) 新潟・新潟LOTS



【関連リンク】
Hilcrhyme、新たな幕開けとなるアルバムの収録曲&ビジュアル解禁
Hilcrhymeまとめ
TOCまとめ
ドリカム、SUBARU NEWインプレッサCMソング配信スタート

【関連アーティスト】
Hilcrhyme, TOC
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ユニット, CD, DVD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典, ヒップホップ, ラップ, ライブ, ツアー, ワンマン

ドリカム、SUBARU NEWインプレッサCMソング配信スタート
Sat, 15 Dec 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DREAMS COME TRUEの新曲「go for it! 〜VERSION\'18 〜」が12月15日に配信リリースされた。

「go for it! 〜VERSION\'18 〜」は、現在オンエア中のSUBARU NEWインプレッサのCMソング。「LOVE LOVE LOVE」に続き、2回目のインプレッサとのコラボレーションソングで、25年の時を経てリアレンジ、新録された。なお、オリジナルバージョンは1993年にシングルで発売され、同年6thアルバム『MAGIC』にも収録されている。

配信楽曲「go for it! 〜VERSION’18 〜」

配信中



■DOWNLOAD
・iTunes Store http://po.st/it_goforit2018
・レコチョク http://po.st/reco_goforit2018
・mora http://po.st/mora_goforit2018

■STREAMING
・Apple Music http://po.st/am_goforit2018
・Spotify http://po.st/sp_goforit2018
・レコチョクBest http://po.st/rb_goforit2018
・LINE MUSIC http://po.st/lm_goforit2018
・Google Play Music http://po.st/gm_goforit2018
・KKbox http://po.st/kk_goforit2018
・AWA http://po.st/aw_goforit2018
・Amazon http://po.st/amu_goforit2018

【ツアー情報】

『ENEOS × DREAMS COME TRUE ドリカム30周年前夜祭 〜ENERGY for ALL〜』
12月15日(土) 横浜アリーナ
12月16日(日) 横浜アリーナ
12月27日(木) マリンメッセ福岡
12月28日(金)  マリンメッセ福岡
※終了分は割愛

『ENEOS × DREAMS COME TRUE ドリカム30周年前夜祭 アンコール 〜ドリカムの夕べ〜』
1月04日(金) 東京片柳アリーナ
1月05日(土) 東京片柳アリーナ
1月11日(金) パシフィコ横浜 国立大ホール
1月16日(水) 岡山市民会館
1月17日(木) 岡山市民会館
1月22日(火) 大阪フェスティバルホール
1月23日(水) 大阪フェスティバルホール
1月29日(火) 広島文化学園HBGホール
1月30日(水) 広島文化学園HBGホール



【関連リンク】
ドリカム、SUBARU NEWインプレッサCMソング配信スタート
DREAMS COME TRUEまとめ
SILENT SIREN、ついに初の公式写真集が発売

【関連アーティスト】
DREAMS COME TRUE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ツアー, TVCM, 音楽配信

SILENT SIREN、ついに初の公式写真集が発売
Sat, 15 Dec 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

メジューデビュー7年目を迎えたガールズバンド、SILENT SIRENが初の公式写真集『写真集SILENT SIREN』(撮影:魚住誠一)を12月14日に発売した。

情報解禁当初から話題を呼び、AMAZONカテゴリーランキング3部門で1位を獲得! 4人のメンバーそれぞれのオフショットと、バンドとして躍動し続けるライヴシーンを追いかけた初の公式写真集だ。今までアーティストブックの類は出版したことがあるものの、写真集然とした“写真集”はライヴグッズなどでしか出版したことがなかった。

メンバー個々のアイコンと、SILENT SIRENというガールズ“ライヴ”バンドとしての両側面を、数々のポートレイト写真を手掛けるカメラマン・魚住誠一の撮影で表現したく、2017年暮れに本企画がスタートした。

2017年大晦日のカウントダウンイベント、年明けの渋谷でのワンマンライヴ、全国33公演・過去最多本数のライヴハウスを駆け巡った『〜“Girls will be Bears”TOUR〜』のライヴカットや貴重な楽屋風景。ライヴバンドとしての強さとメンバー個々が持つ可憐さや繊細さを、“SILENT SIREN”というバンド名=静かなる警告、まったく相反する意味のものが同居する部分になぞらえ、それらを写真集という形で表現している。

実際に撮影したカットは数万点に及び、その中から厳選したカットの数々で構成された、SILENT SIRENとして初の公式写真集。ぜひ、その目で確かめてみてほしい。

その発売を記念した、12月23日(日)にHMV&BOOKS SHIBUYAで行なわれるトークショー&サイン会も要チェック!

写真集『写真集SILENT SIREN』

発売中



¥3,500+税
リットーミュージック刊

■商品情報ページ
https://www.rittor-music.co.jp/product/detail/3118243001/

『写真集 SILENT SIREN』発売記念トークショー&サイン会

12月23日(日)19:00〜 東京 HMV&BOOKS SHIBUYA 6Fイベントスペース

■イベント詳細
https://www.hmv.co.jp/store/event/36142/



【関連リンク】
SILENT SIREN、ついに初の公式写真集が発売
SILENT SIRENまとめ
44MAGNUM、35年目にして“新たな1stアルバム”と言える新作の全容とは?

【関連アーティスト】
SILENT SIREN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, リリース, 発売, ポップス

44MAGNUM、35年目にして“新たな1stアルバム”と言える新作の全容とは?
Sat, 15 Dec 2018 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年にデビュー35周年を迎えてアニバーサリーイヤーを展開中のロックバンド、44MAGNUM。そんな彼らが1月30日にリリースするニューアルバム『PRISONER』の詳細と最新アーティスト写真を公開した。

『PRISONER』は44MAGNUMの“歴史”と“現在”をこの節目の年にコンプリートさせるというコンセプトのもと、主にデビュー前に制作されたデモ音源、仮音源。また、完成していながらアルバムに収録されなかった楽曲など、スタジオ音源として発表されずにいた楽曲を“最新”の作品としてレコーディングした。

たとえば、本作1曲目に収録の「I\'m Lonely Man」はインディーズ時代から多く演奏してきた当時の代表曲と言えるものであり、1stアルバムに収録される予定でもあったが、最終的に見送られ、ファンの間では幻の名曲として今日に至っている楽曲だ。

さらに、STEVIE(Vo)の参加以降、44MAGNUMの音源は5人によって制作されていたが、本作はヴォーカルパートをすべてPAUL(Vo)が担当して歌うことで、35年目にして“新たな1stアルバム”とも呼ぶべき、44MAGNUMが44MAGNUMであり続けるための作品として完成した。

アルバムリリース後の初ライヴは2月3日(日)、2月10日(日)に新横浜NEW SIDE BEACH!!で、そしてアニバーサリーイヤーの集大成となる『44MAGNUM 35th ANNIVERSARY FINAL GIG』は3月31日(日)に梅田am HALL、4月4日(木)に新宿BLAZEで開催される。

アルバム『PRISONER』

2019年1月30日発売



【初回限定版】(CD+24Pスペシャルフォトブック)
YZLM-5023/¥4,400(税込)
【通常盤】
YZLM-5024/¥3,000(税込)
<収録曲>
01.I’m Lonely Man
02.Girl
03.Come On Let’s Go!l
04.Ow!
05.I Don’t Know What You Say
06.Be4 We Leave Together -Quite Decade City-
07.Through The Night
08.I Believe This Town
09.UK

【ライブ情報】

『44MAGNUM 35th ANNIVERSARY LIVE in YOKOHAMA』
2月03日(日) 神奈川 新横浜NEW SIDE BEACH!!
2月10日(日) 神奈川 新横浜NEW SIDE BEACH!!
<チケット>
¥7,500(税込) ※スタンディング
一般発売:12月22日(土)より全国プレイガイドで発売
※チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、CNプレイガイド

『44MAGNUM 35th ANNIVERSARY FINAL GIG』
3月31日(日) 大阪 梅田 am HALL
4月04日(木) 東京 新宿BLAZE
<チケット>
・PREMIUM SEAT:¥20,000(税込、D別)
※プレミアムエリア特設シート、アフターショーイベント参加、プレゼント付き
・一般SEAT:¥7,800(税込、D別)
・オフィシャルHP先行発売:12月28日(金)まで受付中 
http://www.44magnum2001.com/live.html
・一般発売:2019年1月12日(土)より全国プレイガイドで発売
※チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、CNプレイガイド



【関連リンク】
44MAGNUM、35年目にして“新たな1stアルバム”と言える新作の全容とは?
44MAGNUMまとめ
Mrs. GREEN APPLE、ニューシングル「僕のこと」のリリックビデオが完成

【関連アーティスト】
44MAGNUM
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, メタル, ライブ, ワンマン, チケット













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1