歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年12月15日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/12/24
2018/12/23
2018/12/22
2018/12/21
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
PrizmaX、コンセプトライブでMC一切無しのハイレベルなパフォーマンスを披露
Sat, 15 Dec 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

PrizmaXがライブ『PrizmaX Nonstop』を12月15日に東京・AiiA 2.5 Theater Tokyoで開催した。タイトルが表す通り、彼らの武器である歌と踊りを全面に押し出したMC一切無しの新たなコンセプトライブということで、昼夜二部制にもかかわらずチケットは全てソールドアウト。各メンバーがトラック制作から作詞までを手掛け、秋冬に4ヶ月連続で配信されたメンバープロデュース曲を初披露する等、1ボーカル&1ラッパー+2パフォーマーによるハイレベルなステージングにより、わずか1時間で19曲を披露してみせた。まさしくジェットコースターのようなライブの最後には、来年7月6日に豊洲PITでワンマンを行うことも発表。満員のホリック(PrizmaXファンの呼称)に2018年を締めくくる素敵なプレゼントを届けてくれた。

まずは午後3時からスタートした昼の部。煙草に火をつけて息が吐き出される音が流れ、ステージに“Nonstop"の文字が電飾で灯ると、都会の雑踏音から島田翼のプロデュース曲「rewind」でライブは幕開けた。音楽ギークの島田によるUKガラージを基軸にしたサウンドに乗るダイナミックなダンスは、一つひとつの動きが指先まで完璧にコントロールされたもの。その端正なフォームに、客席からは感嘆のため息と拍手が湧く。「Nonstop! ラストまでついてこれますか!?」という福本有希の煽りから雪崩れ込んだ「It\'s Love」では、力強さと繊細さを兼ね備えた森崎ウィンの表情豊かなボーカルに、アンニュイに叩きつけられる清水大樹のラップ、そして迫力満点のダンスパフォーマンスとPrizmaXの個性をしっかり提示。曲中で2名の男性ダンサーがハイタッチで合流する小粋な展開といい、4人のスタイリッシュな装いといい、都会的な空気が場内を満たして、この安心して五感を委ねられる成熟感こそPrizmaX最大の魅力と実感させる。

そのスキルは、続くラブソング・メドレーで存分に発揮されることに。太いビートでパワーの際立つ「Never」から、なめらかな森崎の歌声がメロディックに響き渡る「yours」(夜の部では「Without you」)、スカーフを小道具にしたセクシーな振りつけで歓声を呼んだ「Orange Moon」と休みなくドロップして、ダメ押しに届けられたのは福本プロデュースによる「South Cross」。ストーリー性豊かなダンスと想いの籠もった歌で綴られるラブバラードにオーディエンスは魅入られ、その強い“愛"の表現に満場の拍手を贈った。こうして純粋に歌と踊りだけで魅せるというコンセプトがキッチリと成り立ち、観る者の心を豊かな波動で満たすことができるのも、長いキャリアとひたむきな努力によって裏打ちされた4人の高いパフォーマンス力があってこそだ。

優しく切ない空気感も、しかし、ダンサー+島田&福本によるダンスショーケースを挟むと一転。ステージに現れた清水がド頭から言葉数多いラップを畳みかけて投下したのは、自身のプロデュース曲「Candy」だ。ドープなヒップホップナンバーによる新境地でホリックを高揚させると、赤いライトの中でデジタリックなアッパーチューン「Are you ready?」を放って場内をグッとヒートアップ。目まぐるしいフォーメーションでオーディエンスを釘付けにし、曲終わりにはペットボトルの水を飲み干して、そのままボトルを放り投げるというクールなアクションでホリックの心をさらう。かと思いきや、続く「Woh!」では「床、メッチャ濡れてる! 掃除して!」と、サングラスをかけてモップや箒、バケツを楽器に見立てるバッドボーイなスタイルで、ロックにはしゃぐというギャップも楽しい。当然「ホリック楽しいですか?」と森崎が問えば、同意の声が大きく振られるペンライトと共に返り、「Let\'s prove it!!」では笑顔でステージを走り回るメンバーの姿が。「今日、俺たちと何しに来たんだっけ?」「デート!」という王子様キャラ・福本とホリックたちとの息の合ったコール&レスポンスで幕開けた「Ready」でも、タオルを振る4人に場内から一斉にクラップが起こる。また「ホリック一緒に歌おう?」と森崎が優しく誘った「UP
終盤戦では、そのうち“ホリックと共に楽しむ"側面をフィーチャー。ダンサブルなインタールードを挟んで「Someday」のイントロが鳴ると、なんと長袖Tシャツに着替えた4人が客席後方に登場! ホリックたちを見つめたり、笑顔でハイタッチしたり、その手を取って歌ったりと、メンバーの汗まで見える至近距離で熱いコミュニケーションを交わしてゆく。ちなみに夜の部では「Mysterious Eyes」での登場となったが、しゃがみ込んで小さな子供に歌いかける森崎に周りの全員が胸をときめかせる場面もあり、続く「my girl」でも踊りながら客席通路をくまなく回って悲鳴のような歓声を浴びた。ステージに戻っても軽快な「Three Things」でコールを湧かせ、壮大に躍動する「OUR ZONE(FUSION ver.)」でホリックたちの胸を高鳴らせると、ラストは「2019年もついてきてもらっていいですか? こんな感じで2019年もノンストップで駆け抜けていくんで!」(清水)と「Find The Way 〜卒業〜」へ。ステージいっぱいに広がり、ホリックたちと一緒に同じ振りを踊って、今まで支えてくれた人々への感謝を綴った歌詞に乗せて想いの丈を届けていった。そして4人がステージを去ると、7月6日に豊洲PITで次回のライブを行うことをアナウンス。また、夜の部では鳴りやまないアンコールに応えて急遽「カフェオレ」を披露し、客席の盛り上がりに「ちょっと感動しちゃった」と漏らした森崎は、最後にこう宣言した。

「2018年はいろんなことがあったけど、俺らPrizmaX、ホリックをどこまでもつれていくからついてきてください。俺たちはホリックを、絶対に裏切りません」

充実の表情を浮かべて2公演を締めくくった4人だが、12月23日には本日行われた『PrizmaX Nonstop』の追加公演も原宿クエストホールで敢行。チケットは2部ともソールドアウトだが、清水いわく「今日とは全く内容が違う」とのことだ。グループにとっては激動の2018年を超え、日本に新たな時代が到来する2019年へ――。強い決意と共に、PrizmaXもまた、新たな道を踏み出してゆく。

photo by 笹森健一
text by 清水素子

【セットリスト】
M1:rewind(produced by TSUBASA)
M2:It\'s Love
M3:Never
M4:yours
M5:Orange Moon
M6:South Cross(produced by YUUKI)
M7:ダンサーズナンバー〈Dogs(feat.Sherm&Dami Rae)〉
M8:Candy(produced by DAIKI)
M9:Are you ready?
M10:Woh!
M11:Let\'s prove it!!
M12:Ready
M13:UPM14:I hate you(produced by WIN)
M15:Someday
M16:my girl
M17:Three Things
M18:OUR ZONE FUSION ver.
M19:Find The Way〜卒業〜

■『PrizmaX Live Level 8』

7月06日(土) 豊洲PIT
第1部:開場14:00 / 開演15:00
第2部:開場17:30 / 開演18:30



【関連リンク】
PrizmaX、コンセプトライブでMC一切無しのハイレベルなパフォーマンスを披露
PrizmaXまとめ
般若、トップアスリートの筋トレを収めた「黙ってやれ」MV公開

【関連アーティスト】
PrizmaX
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, EBiDAN, ライブ, ワンマン, ライブレポ, レポート

般若、トップアスリートの筋トレを収めた「黙ってやれ」MV公開
Sat, 15 Dec 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

般若の楽曲「黙ってやれ」のMVが公開された。

「黙ってやれ」は、12月19日に発売される“筋トレとHIP HOP”をコンセプトにしたアルバム『IRON SPIRIT』の収録曲。「四の五の言わずに目の前のことをやる」「言い訳の材料や誘惑が周囲にあろうとも自分の意思を強く持つ」という、「真っ直ぐいる」ためのテーマが込められている。 MVには暗闇の中で歌う般若の姿や、ジムでトレーニングする人々の様子が映し出されている。

トレーニング風景の撮影は代官山HALEOで実施。実際にトップアスリートを中心に行っている合同トレーニングを実践そのままに収録したという。コーチは2006年PRIDEウェルター級グランプリチャンピオンの三崎和雄。アルバムに付属する特典DVDには、三崎が般若像を語ったショートインタビューが収められる。

なお、般若は1月11日に自身初となる日本武道館でのワンマンライヴ『おはよう武道館』を開催する。

アルバム『IRON SPIRIT』

2018年12月19日(水) 発売



PCCA-4737/¥2,500+税
<収録曲>
■CD
1.黙ってやれ
2.覚悟
3.人間をきわめろ
4.オレの前に来て言え feat. AK-69
5.ワンモアレップ feat. SHINGO★西成, Young Hastle & DJ FILLMORE
6.Skit [合コン]
7.Workout Remix feat. 般若 & SHINGO★西成 / Young Hastle
8.ノーペイン ノーゲイン
9.Skit [憧れ]
10.OSHIRI
11.裏切り
12.Hate me now
13.大丈夫
■特典DVD
1.「黙ってやれ」MV
2.「大丈夫」MV
3.「BEHIND THE SCENE」 [BONUS FOOTAGE]

『おはよう武道館』

1月11日(金) 日本武道館
17:00 OPEN / 18:00 START



【関連リンク】
般若、トップアスリートの筋トレを収めた「黙ってやれ」MV公開
般若まとめ
後藤まりこアコースティックviolence POP、コザック前田との2マン公演を発表

【関連アーティスト】
般若
【ジャンル】
J-POP, ニュース, MV, CD, アルバム, ヒップホップ, ライブ

後藤まりこアコースティックviolence POP、コザック前田との2マン公演を発表
Sat, 15 Dec 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

後藤まりこのソロユニットである“後藤まりこアコースティックviolence POP”が、ライヴイベント『後藤まりこアコースティックviolence POP × コザック前田』 を2019年3月17日に渋谷7th FLOORにて開催することを発表した。

後藤まりこアコースティックviolence POP”は、今年の10月からマンスリーの2マンライヴを実施しており、これまでに下津光史(踊ってばかりの国)、FUCKERが出演しているほか、12月15日に宮本菜津子(MASS OF THE FERMENTING DREGS)、1月に田淵ひさ子、2月に川本真琴を迎える。

なお、『後藤まりこアコースティックviolence POP × コザック前田』のチケットは、宮本菜津子との2マンライヴの会場で先行販売。一般販売は12月19日から販売される。

■『後藤まりこアコースティック violence POP × コザック前田』

【2019年】
3月17日(日) 渋谷7th FLOOR
open 17:30 / start 18:00
出演:後藤まりこアコースティックviolence POP/コザック前田(ガガガSP)
<チケット>
adv. ¥3,200 / door ¥3,700(+1D別)
e+(イープラス)12月19日〜 一般発売
※12月15日以降の後藤まりこライブ会場で手売り先行販売

【ライブ情報】

『後藤まりこアコースティックviolence POP × 宮本菜津子(MASS OF THE FERMENTING DREGS)』
12月15日(土) 下北沢風知空知

【2019年】
『後藤まりこアコースティックviolence POP × 田渕ひさ子』
1月14日(月祝) 渋谷TSUTAYA O-nest

『後藤まりこアコースティックviolence POP × 川本真琴』
2月24日(日) 下北沢SHELTER



【関連リンク】
後藤まりこアコースティックviolence POP、コザック前田との2マン公演を発表
後藤まりこアコースティックviolence POPまとめ
後藤まりこまとめ
コザック前田まとめ
ガガガSPまとめ

【関連アーティスト】
後藤まりこアコースティックviolence POP, 後藤まりこ, コザック前田, ガガガSP
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブ

INNOSENT in FORMAL、2ndミニアルバムのリリースが決定&アニメーション動画を公開
Sat, 15 Dec 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

INNOSENT in FORMALの2ndミニアルバム『INNOSENT 1 〜Into the new world〜』が2月13日にリリースされるが決定した。

『INNOSENT 1 〜Into the new world〜』は複雑な感情を表した「Glass」「Highway」、王道のロックサウンドをこの上なく個性的に表現した「Jackin Rock Beats」など全6曲を収録しているほか、ファッションブランド“#FR2”とのコラボレーションが実現。CDには#FR2をイメージして制作された楽曲「fxxkingrabbits shit」をストリーミングで視聴できるQRコードが付いたカードが特典として封入される。また、MVでもコラボ予定だ。

あわせてバンドの世界観を伝えるSNS上の連載小説「innosent_novel(@innosent_novel)」を元にしたアニメーション動画公開された。INNOSENT in FORMALの楽曲に乗せてバンド誕生のエピソードが楽しめる内容となっている。

2017年に“架空のカートゥーンバンド”として活動を始めたINNOSENT in FORMAL。今年1月にササノマリイがアレンジで参加した楽曲「One for you」でデビューし、そのヴィジュアルとコンセプトから“和製Gorillaz”と称された。4月に1st ミニアルバム『INNOSENT 0 〜The night late show〜』をリリースすると、収録曲「I wanna...」がAmazon Music Unlimitedキャンペーンソングに起用された。

ミニアルバム『INNOSENT 1 〜Into the new world〜』

2019年2月13日発売



NBPC-0065/¥1,500+税
<収録曲>
1.Riff
2.Atama
3.Glass
4.Jackin\' Rock Beats
5.Night to ready
6.Highway



【関連リンク】
INNOSENT in FORMAL、2ndミニアルバムのリリースが決定&アニメーション動画を公開
INNOSENT in FORMALまとめ
EGG BRAIN、ニューシングル発売&復活ツアー開催決定

【関連アーティスト】
INNOSENT in FORMAL
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, ミニアルバム

EGG BRAIN、ニューシングル発売&復活ツアー開催決定
Sat, 15 Dec 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

3年の沈黙を破り、活動再開を発表したEGG BRAINがニューシングル「Start From Scratch」を1月16日にリリースすることを発表した。

「Start From Scratch」はデジタル配信に加え、タワーレコード限定のCDがリリースされる。配信シングルにはタイトル曲など全3曲、CDには「BELIEVE(acoustic ver)」を加えた全4曲を収録。CDジャケットにはデビュー作のジャケットを彷彿とさせるコインランドリーが使用されている。

発表とあわせ、 全国ツアー『3・2・1・Go!Tour2019』の開催もアナウンス。2月19日のKOBE太陽と虎を皮切りに、愛媛、大分、愛知、茨城、京都、宮城、千葉、福岡、東京、大阪の11都市を巡る。ゲストアーティストは後日発表。現在チケットの先行受付を実施中だ。

また、太陽と虎の10周年記念イベントとして1月19日と20日に神戸ワールド記念ホールで開催される『MUSIC ZOO WORLD』への出演も発表。EGG BRAINは1月20日の『かっこよい生き物の世界』に登場する。

■『3・2・1・Go!Tour2019』

2月19日(火) KOBE太陽と虎
2月23日(土) 松山dobule RED
2月24日(日) 大分SPOT
3月02日(土) 名古屋アポロベイス
3月03日(日) 水戸ライトハウス
3月17日(日) 京都MUSE
3月22日(金) 仙台MACANA
3月23日(土) 千葉LOOK
4月07日(日) 福岡Queblick
5月02日(木) 恵比寿LIQUIDROOM
5月10日(金) なんばHATCH(半熟割公演)

<チケット>
料金:¥2,800-(税別)/東京、大阪公演のみ¥3,200-(税別)
※未就学児入場不可・ドリンク代別途必要
一般発売日(神戸公演〜福岡公演まで):1月19日(土) 10:00〜
一般発売日(大阪、東京):3月16日(土) 10:00〜

◎オフィシャル抽選先行《全公演共通》
12月15日(土)12:00〜12月26日(水)23:59
受付URL:https://l-tike.com/st1/eggbrain-hp

※ 半熟割とは?
EGG BRAINからの応援企画。中学生・高校生の為の学生割引システム。 この表記がある公演は学生であることが証明される身分証明書を当日持参で¥1000で入場可能。詳しくは各プレイガイドにて。

シングル「Start From Scratch」

2019年1月16日(水)発売



PINE-0046/¥1,080(税込)
※タワーレコード限定発売
<収録曲>
1.Start From Scratch
2.What\'s Inside You?
3.PROMISE RING
4.BELIEVE(acoustic ver)※タワーレコード限定シングル盤のみ収録

◎ 各サブスクリプションサービス、ダウンロード配信も同時リリース。



【関連リンク】
EGG BRAIN、ニューシングル発売&復活ツアー開催決定
EGG BRAINまとめ
Eins:Vierメンバーによるyohiaco、アルバム発売&全国ツアー決定

【関連アーティスト】
EGG BRAIN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, 新曲, ツアー

Eins:Vierメンバーによるyohiaco、アルバム発売&全国ツアー決定
Sat, 15 Dec 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Eins:VierのHIROFUMI(Vo)とYOSHITSUGU(Gt)のからなるアコースティックユニット、Yohiacoがアルバム『k??n』を3月13日にリリースすることを発表した。『k??n』は前作『yohiaco』以来、約3年ぶりのアルバムとなり、詳細は後日発表される。

また、さらに全国ツアー『tour 2019 **2ndAlbum“k??n”レコ発*全国18ヶ所巡り**』の開催も発表! 3月17日よりスタートし、東京、長野、群馬、大阪、兵庫、愛知、香川、広島、長崎、福岡、宮城、栃木、神奈川、北海道、京都の16都市18会場を巡る。チケットは12月16日10時より販売される。

■『tabiyuco tour2019 **2ndAlbum “k??n”レコ発*全国18ヶ所巡り**』

3月17日(日) 下北沢Laguna
3月23日(土) 長野NEON HALL
3月24日(日) 高崎WOAL
3月29日(金) 北堀江SUPER RETRO MACHINE
3月30日(土) 神戸STUDIO ARTRIUM
3月31日(日) 名古屋 sunsetBlue
4月06日(土) 高松RUFF HOUSE
4月07日(日) 広島ふらんす座
4月13日(土) 長崎BODYIISOUL
4月14日(日) 博多Drum Legend
4月20日(土) 仙台Cafe de Lucille
4月21日(日) 宇都宮STUDIO KENT
4月27日(土) 横浜JAM THE SECOND
5月11日(土) 函館Restaurant Pub The Beats
5月12日(日) 札幌musica hall cafe
5月18日(土) 大阪POTATO KID
5月19日(日) 京都いるか喫茶バー
5月25日(土) 渋谷VUENOS TOKYO

<チケット>
前売¥4000 当日¥4500
(別途ドリンク代 ※京都公演のみ不要)

アルバム『k??n』

2018年3月13日(水) 発売



yhac-02/¥3,000+税



【関連リンク】
Eins:Vierメンバーによるyohiaco、アルバム発売&全国ツアー決定
yohiacoまとめ
Eins:Vierまとめ
大原櫻子のLINE LIVEに約40万人!5周年記念のベスト盤&ツアー決定!

【関連アーティスト】
yohiaco, Eins:Vier
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, ツアー

大原櫻子のLINE LIVEに約40万人!5周年記念のベスト盤&ツアー決定!
Sat, 15 Dec 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大原櫻子が12月14日にLINE LIVE特番を配信し、ベストアルバムのリリースと全国ツアーの開催を発表した。

12月14日にデビュー満5周年を迎えた大原櫻子。同日にかねてから公約していた“初のストリートライヴ”をタワーレコード渋谷店前で行なった。16時前に大原がギターを持って現れ、弾き語りを始めると周辺がざわつき、周囲を通行人が取り囲んだ。大原は「明日も」「ちっぽけな愛のうた」「サンキュー」の3曲を歌唱。彼女がストリートライヴを行なうのは6月の大阪以来、約半年ぶりとなり、東京では初めてという。

そして、21時からはLINE LIVE特番を配信。番組では著名人から届いたサプライズのコメントが紹介されたほか、歌詞を視聴者から募って「明日も」のサビ部分替え歌を制作。視聴者数は約40万人を記録した。また、5周年を記念したベストアルバムを3月にリリースすること、5月から6月にかけて全国ツアーを行なうことを発表した。詳細は後日発表予定。



【関連リンク】
大原櫻子のLINE LIVEに約40万人!5周年記念のベスト盤&ツアー決定!
大原櫻子まとめ
Hilcrhyme、新たな幕開けとなるアルバムの収録曲&ビジュアル解禁

【関連アーティスト】
大原櫻子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, アルバム, ツアー

Hilcrhyme、新たな幕開けとなるアルバムの収録曲&ビジュアル解禁
Sat, 15 Dec 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Hilcrhymeが1月30日にリリースする2年ぶり通算8枚目のアルバム『Hilcrhyme』の収録曲とニュービジュアルを公開した。この写真は11月末に都内のスタジオで撮り下ろしたもので、アルバムを象徴すべく“Hilcrhymeの新たな幕開け”を感じさせるものとなっている。

アルバムには、ドラマ主題歌としてヒットした22ndシングル「涙の種、幸せの花」、21stシングル「恋の炎」、最新曲「アタリマエ」に加え、書き下ろしたばかりの新曲が4曲収録される。

新曲ですでに話題になっているのが、1曲目「Hill Climb」と5曲目「Lost love song【II】」。「Hill Climb」は11月より全国5箇所で開催したFCツアーのアンコールでいち早く披露された。活動停止〜活動再開を経たTOCの決意表明的な1曲で、自分自身に、そしてファンに向けた《Hilcrhyme and you don\'t stop 終わらない 止まらない音が鳴る この声が枯れるまで》という歌詞は、同時に苦境の中でも前向きに進み続ける全ての人への応援歌だ。

「Lost love song【II】」は2014年に発売された、TOCが女性の気持ちになって女性の目線で切ない恋の終わりを描いた人気曲「Lost love song」のパート2となる。この曲を創ろうとTOCが自身のTwitterで女性リスナーの“失恋エピソード”を公募し、募集1週間で寄せられた約1000もの投稿の中から選んだ一人の実話エピソードをモチーフにして歌詞を書き上げたもの。リアルな歌詞が多くのリスナーの共感を呼びそうだ。

また、このアルバムを引っ提げたリリースツアー『Hilcrhyme TOUR 2019 “Hill Climb”』が2月2日(土)より全国20箇所で開催されることが決定している。ここで披露される新曲を楽しみにしていてほしい。

アルバム『Hilcrhyme』

2019年1月30日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
POCE-12109/¥3,400+税
<収録曲>
■CD
01.Hill Climb
02.アタリマエ
03.Magic Time 2019
04.恋の炎2019
05.Lost love song【II】
06.愛と恋
07.挑発
08.涙の種、幸せの花 2019
09.Good Luck
10.アフターストーリー 2019
11.Hill Climb -Togenkyo Arrange-(初回盤Bonus Track)
■DVD
01.アタリマエ(MV)
02.アタリマエ from『Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」』
03.愛更新 from『Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」』
04.Good Luck from『Hilcrhyme LIVE 2018「One Man」』

※Hilcrhyme OFFICIAL FANCLUB「4Seasons」会員特典
UNIVERSAL MUSIC STOREでご購入されたFC会員の方に「CDジャケット絵柄のミニクリアファイル」をプレゼント



【通常盤】(CDのみ)
POCE-12108/¥3,000+税

「Hilcrhyme TOUR 2019『Hill Climb』」

2月02日(土) 広島・HIROSHIMA CLUB QUATTRO
2月03日(日) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
2月09日(土) 福島・郡山 HIPSHOT JAPAN
2月11日(月・祝) 神奈川・Yokohama Bay Hall
2月16日(土) 千葉・柏PALOOZA
2月17日(日) 静岡・浜松窓枠
2月23日(土) 熊本・B.9 V1
2月24日(日) 福岡・DRUM LOGOS
3月02日(土) 岐阜・club-G
3月03日(日) 兵庫・神戸 THE CHICKEN GEORGE
3月09日(土) 長野・CLUB JUNK BOX
3月16日(土) 愛媛・松山WstudioRED
3月17日(日) 香川・高松オリーブホール
3月21日(木・祝) 石川・金沢EIGHT HALL
3月23日(土) 大阪・なんばHatch
3月30日(土) 北海道・札幌 PENNY LANE24
3月31日(日) 宮城・仙台Rensa
4月06日(土) 愛知・名古屋 DIAMOND HALL
4月07日(日) 東京・Zepp DiverCity Tokyo
4月13日(土) 新潟・新潟LOTS



【関連リンク】
Hilcrhyme、新たな幕開けとなるアルバムの収録曲&ビジュアル解禁
Hilcrhymeまとめ
TOCまとめ
ドリカム、SUBARU NEWインプレッサCMソング配信スタート

【関連アーティスト】
Hilcrhyme, TOC
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ユニット, CD, DVD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典, ヒップホップ, ラップ, ライブ, ツアー, ワンマン

ドリカム、SUBARU NEWインプレッサCMソング配信スタート
Sat, 15 Dec 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DREAMS COME TRUEの新曲「go for it! 〜VERSION\'18 〜」が12月15日に配信リリースされた。

「go for it! 〜VERSION\'18 〜」は、現在オンエア中のSUBARU NEWインプレッサのCMソング。「LOVE LOVE LOVE」に続き、2回目のインプレッサとのコラボレーションソングで、25年の時を経てリアレンジ、新録された。なお、オリジナルバージョンは1993年にシングルで発売され、同年6thアルバム『MAGIC』にも収録されている。

配信楽曲「go for it! 〜VERSION’18 〜」

配信中



■DOWNLOAD
・iTunes Store http://po.st/it_goforit2018
・レコチョク http://po.st/reco_goforit2018
・mora http://po.st/mora_goforit2018

■STREAMING
・Apple Music http://po.st/am_goforit2018
・Spotify http://po.st/sp_goforit2018
・レコチョクBest http://po.st/rb_goforit2018
・LINE MUSIC http://po.st/lm_goforit2018
・Google Play Music http://po.st/gm_goforit2018
・KKbox http://po.st/kk_goforit2018
・AWA http://po.st/aw_goforit2018
・Amazon http://po.st/amu_goforit2018

【ツアー情報】

『ENEOS × DREAMS COME TRUE ドリカム30周年前夜祭 〜ENERGY for ALL〜』
12月15日(土) 横浜アリーナ
12月16日(日) 横浜アリーナ
12月27日(木) マリンメッセ福岡
12月28日(金)  マリンメッセ福岡
※終了分は割愛

『ENEOS × DREAMS COME TRUE ドリカム30周年前夜祭 アンコール 〜ドリカムの夕べ〜』
1月04日(金) 東京片柳アリーナ
1月05日(土) 東京片柳アリーナ
1月11日(金) パシフィコ横浜 国立大ホール
1月16日(水) 岡山市民会館
1月17日(木) 岡山市民会館
1月22日(火) 大阪フェスティバルホール
1月23日(水) 大阪フェスティバルホール
1月29日(火) 広島文化学園HBGホール
1月30日(水) 広島文化学園HBGホール



【関連リンク】
ドリカム、SUBARU NEWインプレッサCMソング配信スタート
DREAMS COME TRUEまとめ
SILENT SIREN、ついに初の公式写真集が発売

【関連アーティスト】
DREAMS COME TRUE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ツアー, TVCM, 音楽配信

SILENT SIREN、ついに初の公式写真集が発売
Sat, 15 Dec 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

メジューデビュー7年目を迎えたガールズバンド、SILENT SIRENが初の公式写真集『写真集SILENT SIREN』(撮影:魚住誠一)を12月14日に発売した。

情報解禁当初から話題を呼び、AMAZONカテゴリーランキング3部門で1位を獲得! 4人のメンバーそれぞれのオフショットと、バンドとして躍動し続けるライヴシーンを追いかけた初の公式写真集だ。今までアーティストブックの類は出版したことがあるものの、写真集然とした“写真集”はライヴグッズなどでしか出版したことがなかった。

メンバー個々のアイコンと、SILENT SIRENというガールズ“ライヴ”バンドとしての両側面を、数々のポートレイト写真を手掛けるカメラマン・魚住誠一の撮影で表現したく、2017年暮れに本企画がスタートした。

2017年大晦日のカウントダウンイベント、年明けの渋谷でのワンマンライヴ、全国33公演・過去最多本数のライヴハウスを駆け巡った『〜“Girls will be Bears”TOUR〜』のライヴカットや貴重な楽屋風景。ライヴバンドとしての強さとメンバー個々が持つ可憐さや繊細さを、“SILENT SIREN”というバンド名=静かなる警告、まったく相反する意味のものが同居する部分になぞらえ、それらを写真集という形で表現している。

実際に撮影したカットは数万点に及び、その中から厳選したカットの数々で構成された、SILENT SIRENとして初の公式写真集。ぜひ、その目で確かめてみてほしい。

その発売を記念した、12月23日(日)にHMV&BOOKS SHIBUYAで行なわれるトークショー&サイン会も要チェック!

写真集『写真集SILENT SIREN』

発売中



¥3,500+税
リットーミュージック刊

■商品情報ページ
https://www.rittor-music.co.jp/product/detail/3118243001/

『写真集 SILENT SIREN』発売記念トークショー&サイン会

12月23日(日)19:00〜 東京 HMV&BOOKS SHIBUYA 6Fイベントスペース

■イベント詳細
https://www.hmv.co.jp/store/event/36142/



【関連リンク】
SILENT SIREN、ついに初の公式写真集が発売
SILENT SIRENまとめ
44MAGNUM、35年目にして“新たな1stアルバム”と言える新作の全容とは?

【関連アーティスト】
SILENT SIREN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, リリース, 発売, ポップス

44MAGNUM、35年目にして“新たな1stアルバム”と言える新作の全容とは?
Sat, 15 Dec 2018 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年にデビュー35周年を迎えてアニバーサリーイヤーを展開中のロックバンド、44MAGNUM。そんな彼らが1月30日にリリースするニューアルバム『PRISONER』の詳細と最新アーティスト写真を公開した。

『PRISONER』は44MAGNUMの“歴史”と“現在”をこの節目の年にコンプリートさせるというコンセプトのもと、主にデビュー前に制作されたデモ音源、仮音源。また、完成していながらアルバムに収録されなかった楽曲など、スタジオ音源として発表されずにいた楽曲を“最新”の作品としてレコーディングした。

たとえば、本作1曲目に収録の「I\'m Lonely Man」はインディーズ時代から多く演奏してきた当時の代表曲と言えるものであり、1stアルバムに収録される予定でもあったが、最終的に見送られ、ファンの間では幻の名曲として今日に至っている楽曲だ。

さらに、STEVIE(Vo)の参加以降、44MAGNUMの音源は5人によって制作されていたが、本作はヴォーカルパートをすべてPAUL(Vo)が担当して歌うことで、35年目にして“新たな1stアルバム”とも呼ぶべき、44MAGNUMが44MAGNUMであり続けるための作品として完成した。

アルバムリリース後の初ライヴは2月3日(日)、2月10日(日)に新横浜NEW SIDE BEACH!!で、そしてアニバーサリーイヤーの集大成となる『44MAGNUM 35th ANNIVERSARY FINAL GIG』は3月31日(日)に梅田am HALL、4月4日(木)に新宿BLAZEで開催される。

アルバム『PRISONER』

2019年1月30日発売



【初回限定版】(CD+24Pスペシャルフォトブック)
YZLM-5023/¥4,400(税込)
【通常盤】
YZLM-5024/¥3,000(税込)
<収録曲>
01.I’m Lonely Man
02.Girl
03.Come On Let’s Go!l
04.Ow!
05.I Don’t Know What You Say
06.Be4 We Leave Together -Quite Decade City-
07.Through The Night
08.I Believe This Town
09.UK

【ライブ情報】

『44MAGNUM 35th ANNIVERSARY LIVE in YOKOHAMA』
2月03日(日) 神奈川 新横浜NEW SIDE BEACH!!
2月10日(日) 神奈川 新横浜NEW SIDE BEACH!!
<チケット>
¥7,500(税込) ※スタンディング
一般発売:12月22日(土)より全国プレイガイドで発売
※チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、CNプレイガイド

『44MAGNUM 35th ANNIVERSARY FINAL GIG』
3月31日(日) 大阪 梅田 am HALL
4月04日(木) 東京 新宿BLAZE
<チケット>
・PREMIUM SEAT:¥20,000(税込、D別)
※プレミアムエリア特設シート、アフターショーイベント参加、プレゼント付き
・一般SEAT:¥7,800(税込、D別)
・オフィシャルHP先行発売:12月28日(金)まで受付中 
http://www.44magnum2001.com/live.html
・一般発売:2019年1月12日(土)より全国プレイガイドで発売
※チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、CNプレイガイド



【関連リンク】
44MAGNUM、35年目にして“新たな1stアルバム”と言える新作の全容とは?
44MAGNUMまとめ
dps、マーティ・フリードマンとの熱いパフォーマンスを魅せつけたPolyphiaツアー帯同ライヴ

【関連アーティスト】
44MAGNUM
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, メタル, ライブ, ワンマン, チケット

dps、マーティ・フリードマンとの熱いパフォーマンスを魅せつけたPolyphiaツアー帯同ライヴ
Sat, 15 Dec 2018 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月にシングル「タイムライン」でメジャーデビューしたロックバンド“dps”。デビューしてすぐにアメリカのインスト超絶技巧バンド“Polyphia”のアジアツアーに11月24日〜30日までアジア4カ国4都市4公演をマーティ・フリードマン×dpsの混合バンドで出演し、熱いパフォーマンスを披露した。ここでは初日となる11月24日の香港公演の模様をレポートする。

dpsのメンバー全員が初体験となる海外でのライヴは心地よい緊張感の中、スタートした。超満員の会場は、彼らが登場する前から興奮状態。オープニングSEに乗って、まずはdpsの森丘直樹(Gu)、川村篤史(Dr)、安井剛志(Ba)、そしてサポートメンバーであるJessy(Key)が登場すると、割れんばかりの大歓声。続いてマーティ・フリードマンが登場するやいなや一気にヒートアップ!

1曲目はなんと「天城越え」のインストメタルアレンジ! 川村と安井の重厚感のあるリズム隊にマーティ・フリードマンと森丘の超絶ギターが絡み合い、オーディエンスを圧倒。間髪入れずに壮大な楽曲「WHITE WORM」へと突入し、会場の温度はグングン上昇していく。3曲目に入る前にはマーティ・フリードマンが第一声“香港!”とオーディエンスとのコールアンドレスポンスも!

興奮冷めやらぬままdpsのメンバーを紹介し、ヴォーカルの木村を呼び込む。ステージ下手から登場した木村は“Hello!香港!”と叫び、日本から来たバンドであり、香港でも有名な『名探偵コナン』のオープニングテーマタイアップで11月にデビューしたことを流暢な英語で話し、最後は日本語で“それでは、聴いてください! 「タイムライン」!”とデビューシングル「タイムライン」を披露! 激しいギターリフから始まるこの楽曲は香港でも『名探偵コナン』が観られていることもあり一緒に歌うオーディエンスもちらほら見受けられる。マーティ・フリードマンとdpsの息もピッタリ合い、初めてのコラボバンドとは思えないパフォーマンスが披露される。ギターソロでの森丘の超絶速弾きでは会場全体に悲鳴が起きるほどだ!立て続けに「タイムライン」のカップリングに収録された、彼らが得意とする疾走感のある秀作「さよなら愛しい日々よ」に突入した。

後半にはマーティ・フリードマンと森丘のギターバトルが炸裂! 曲間も“香港!”煽り続ける木村に、所狭しとステージ上で暴れまくるベースの安井、重厚感のあるリズムを繰り出しながら、テクニカルなドラミングを魅せるドラムの川村、重厚なメタルサウンドをメロディアスに奏でるサポートキーボーディストのJessy。この短時間の間に一体感が増していき会場を包み込んでいった。

5曲目は木村のアカペラから始まるインディーズEP作品『オレンジみたいな昼下がり』収録の「君を待つ景色」。ミディアムテンポのメタルナンバーでありながらサビのキャッチーなメロディーラインが印象的な楽曲だ。後半にはそれぞれのソロパートも披露し、超絶テクニックぶりを魅せつける。

dpsのオリジナル楽曲を3曲披露した後は、こちらもNetflixで配信されていた大人気アニメ『B: The Beginning』の主題歌であり、“マーティ・フリードマン feat. Jean-Ken Johnny, KenKen”名義で発表された「The Perfect World」を木村のヴォーカルで披露。マーティ・フリードマンのソロパートでは美しいギターソロに会場が静寂に包みこまれるシーンが印象的だ。

そして、ラストは“ありがとう!香港!”でステージを立ち去る木村以外のメンバーでマーティ・フリードマンの2014年発表のアルバム『Inferno』の中から「Undertow」を披露。壮大でメロディアスなインストバラードに泣き出すオーディエンスも。ステージを去った後もアンコールは鳴りやまずの圧巻のステージだった。

その後、バンコク、シンガポール、マニラと3公演を行なった彼ら。後半の2か国では尾崎 豊の名曲「I LOVE YOU」も披露したり、日本語の“マジパネー!”に代わる現地の言葉でコールアンドレスポンスをしたりと回を増すごとに盛り上がりを見せ、各地のオーディエンスからは“サイコー!”“スバラシイ!”といった日本語での声援も聞こえていた。最終公演であり最大キャパのマニラ公演を終えると感慨深い想いに駆られステージ上で泣き出すメンバーもいたほど、今回のツアーはdpsメンバーにとってかけがえのない経験であり、今後の活動に大きく影響を及ぼすツアーとなった。

■【Polyphia×マーティ・フリードマン ×dpsアジアツアー日程】

11月24日(土) 香港・TTN
11月25日(日) バンコク・RCA live House
11月28日(水) シンガポール・EBX Live Space
11月30日(金) マニラ・Studio 72

【dps ライヴ情報】

『緊急特別クリスマス企画!hillsパン工場 presents “平成最後のクリスマスパーティー☆”』
12月25日(火) 大阪・LIVE HOUSE hills パン工場
OPEN 17:30 / START 18:00
出演:Qyoto / dps / いつまでもそのテンポで(Special Opening Act)
<チケット>
ADV ¥1,500 / DOOR ¥2,000 (ミニクリスマスプレゼント付き)
※入場時にドリンク代¥500が必要です。

『大晦日! なにわ大セッション@なんばHatch』
12月31日(月) 大阪・なんばHatch
OPEN 15:15 / START 16:00
出演:近藤房之助 / 清水興 / 正木五郎 / 西慎嗣 / 葉山たけし / 坪倉唯子 /三宅伸治 / ウルフルケイスケ / 車谷啓介 from Sensation / 岡崎雪 / 浅岡雄也 / JinnyOops! / NEIGHBORS COMPLAIN / dps / magenta blue / 砂糖ココアw/ itsuka / MAICA
Special Guest:B.B. クイーンズ / 永井"ホトケ"隆
<チケット>
ADV ¥4,500+1D / DOOR ¥5,000+1D

『TOKYO AUTO SALON 2019』
1月12日(土) 千葉・幕張メッセ
https://www.tokyoautosalon.jp/2019/news/news181201-live.php

『dps LIVE [dEpARTUREs]』
2月10日(日) 大阪・LIVE HOUSE hills パン工場
OPEN 16:30 / START 17:00
<チケット>
ADV ¥1,500 / DOOR ¥2,000
※入場時にドリンク代¥500が必要です。

シングル「タイムライン」

発売中



【初回限定盤】(CD+Photobook)
GZCA-7172/¥1,500(税抜)
※フォトブック仕様パッケージ
<収録曲>
1.タイムライン
2.さよなら愛しい日々よ
3.タイムライン ?Instrumental-



【名探偵コナン盤】(CD)
GZCA-7173/¥1,000(税抜)
※描き下ろしアニメ絵柄ジャケット
<収録曲>
1.タイムライン
2.さよなら愛しい日々よ
3.タイムライン ?TV Edit-



【通常盤】(CD)
GZCA-7174/¥1,000(税抜)
<収録曲>
1.タイムライン
2.さよなら愛しい日々よ
3.タイムライン ?Instrumental-



【関連リンク】
dps、マーティ・フリードマンとの熱いパフォーマンスを魅せつけたPolyphiaツアー帯同ライヴ
dpsまとめ
マーティ・フリードマンまとめ
Polyphiaまとめ
Marty Friedmanまとめ

【関連アーティスト】
dps, マーティ・フリードマン, Polyphia, Marty Friedman
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, ツアー, ライブレポ

UNISON SQUARE GARDEN、新作ライヴ映像作品のトレーラー解禁
Sat, 15 Dec 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

UNISON SQUARE GARDENが12月26日にリリースする新作ライヴBlu-ray & DVD『UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2018 MODE MOOD MODE at Omiya Sonic City 2018.06.29』のトレーラー映像が公開された。

『UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2018 MODE MOOD MODE at Omiya Sonic City 2018.06.29』は、2018年1月24日にリリースした7枚目のオリジナルフルアルバム『MODE MOOD MODE』を携えて全国30都市32公演を巡ったツアーより、6月29日に開催した埼玉・大宮ソニックシティでのライヴをフルサイズ収録したもの。トレーラー映像では、今作より「フルカラープログラム」「シュガーソングとビターステップ」「フィクションフリーククライシス」「オーケストラを観にいこう」「Invisible Sensation」の5曲が少しずつ楽しめる。

全国のCDショップおよび各ECサイトでの先着予約購入特典のデザインも決定。特典はなくなり次第終了となるので、早めのチェックを!

また、タワーレコードとUNISON SQUARE GARDENとのコラボレーション企画を全国7店舗で実施している「UNITOWER」では、店頭購入者先着で抽選会を実施することが決定。抽選当選者には、「UNISON SQUARE GARDEN オリジナル・アロマキャンドル」が当たる。ぜひ「UNITOWER」へ足を運んでみよう。各特典の詳細はオフィシャルHPへ!

Blu-ray & DVD『UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2018 MODE MOOD MODE at Omiya Sonic City 2018.06.29』

2018年12月26日発売



【Blu-ray盤】(BD+2LIVE CD)
TFXQ-78167/¥6,500+税
<収録曲>
■BD/DVD
・Own Civilization(nano-mile met)
・フルカラープログラム
・シュガーソングとビターステップ
・fake town baby
・mix juiceのいうとおり
・デイライ協奏楽団
・フィクションフリーククライシス
・ガリレオのショーケース
・MIDNIGHT JUNGLE
・サンタクロースは渋滞中
・静謐甘美秋暮抒情
・クローバー
・オーケストラを観にいこう
・Dizzy Trickster
・桜のあと(all quartets lead to the?)
・ドラムソロ
・Invisible Sensation
・場違いハミングバード
・君の瞳に恋してない
〜ENCORE〜
・春が来てぼくら
・10%roll,10%romance
・アイラブニージュー
■2 CD
UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2018 MODE MOOD MODE Osaka-Jo Hall 2018.07.31
・Own Civilization(nano-mile met)
・フルカラープログラム
・シュガーソングとビターステップ
・fake town baby
・mix juiceのいうとおり
・デイライ協奏楽団
・フィクションフリーククライシス
・ガリレオのショーケース
・MIDNIGHT JUNGLE
・サンタクロースは渋滞中
・静謐甘美秋暮抒情
・クローバー
・オーケストラを観にいこう
・Dizzy Trickster
・桜のあと(all quartets lead to the?)
・ドラムソロ
・Invisible Sensation
・場違いハミングバード
・君の瞳に恋してない
〜ENCORE〜
・春が来てぼくら
・10%roll,10%romance
・Cheap Ceap Endroll



【DVD盤】(DVD+2LIVE CD)
TFBQ-18206/¥5,500+税



【関連リンク】
UNISON SQUARE GARDEN、新作ライヴ映像作品のトレーラー解禁
UNISON SQUARE GARDENまとめ

【関連アーティスト】
UNISON SQUARE GARDEN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, コラボ, トレーラー, DVD, Blu-ray, キャンペーン, 発表, リリース, 発売, 特典, ライブ, ツアー, ワンマン













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1