歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年12月14日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/12/23
2018/12/22
2018/12/21
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
みずいろ ふゅ〜ちゃー 9、「プニ パニ グミ」のMVが配信初日からiTunesで1位を獲得
Fri, 14 Dec 2018 20:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2020年の東京オリンピック開催を前に原宿の"カワイイ"に続いて訪日観光客の心を掴みにし、数々のメディアで紹介される六本木のエンターテインメント空間『バーレスクTOKYO』。Facebookのいいね!数は61万人を超えるなど話題を集めているが、その『バーレスクTOKYO』所属の選抜メンバーで構成されるヴォーカル&ダンスユニット“みずいろ ふゅ〜ちゃー 9”が12月14日より配信した「プニ パニ グミ」のMVが、iTunesで配信初日からランキング1位を獲得する快進撃をみせている。

このMVは、“美しすぎるボーカル&ダンスユニット"とも言われている彼女たちの魅力をふんだんに詰め込んでおり、歌詞の世界観も相まって今後さらに国内外に波及していきそうだ。ぜひこのタイミングでチェックしておこう!

エンターテインメントの最高峰と呼べる圧巻の空間『バーレスクTOKYO』は、みずいろ ふゅ〜ちゃー 9(バーレスク東京)とともに、新たな日本発エンターテインメント文化として浸透していくことだろう。

■「プニ パニ グミ」 MV 配信URL
https://itunes.apple.com/jp/video/%E3%83%97%E3%83%8B-%E3%83%91%E3%83%8B-%E3%82%B0%E3%83%9F/id1445846484?l=ja&ls=1&app=itunes



【関連リンク】
みずいろ ふゅ〜ちゃー 9、「プニ パニ グミ」のMVが配信初日からiTunesで1位を獲得
みずいろ ふゅ〜ちゃー 9まとめ
A-QUEEN from バーレスク東京まとめ
Mrs. GREEN APPLE、ニューシングル「僕のこと」のリリックビデオが完成

【関連アーティスト】
みずいろ ふゅ〜ちゃー 9, A-QUEEN from バーレスク東京
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表, 配信

Mrs. GREEN APPLE、ニューシングル「僕のこと」のリリックビデオが完成
Fri, 14 Dec 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Mrs. GREEN APPLEが1月9日にリリースする8枚目のシングル「僕のこと」のリリックビデオ(short version)を公開した。

表題曲「僕のこと」は『第97回全国高校サッカー選手権大会』応援歌。このリリックビデオでは大森元貴(Vo&Gu)直筆の歌詞に合わせて、ジャケット写真における100枚以上の小さな鏡のパーツを組み合わせた花のモチーフが使用されている。

そして、この楽曲「僕のこと」が12月26日よりiTunes、レコチョク、LINE MUSIC他、主要配信サイトで先行配信されることが合わせて発表となった。

同シングルはカップリングに「灯火」「Folktale」の新曲2曲を収録。初回限定盤DVDには「僕のこと」のMV、メイキングに加えて、先日大盛況のうちに幕を閉じた『ゼンジン未到とプロテスト 〜回帰編〜』ツアー初日の札幌ペニーレーン24公演のライヴ映像から、厳選した5曲を収録している。

シングル「僕のこと」

2019年1月9日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-89399/¥1,700(税抜)
<収録曲>
■CD
1. 僕のこと
2. 灯火
3. Folktale
■DVD
・ 僕のこと Music Video
・ The Making of “僕のこと"
・「ゼンジン未到とプロテスト 〜回帰編〜」 at 札幌ペニーレーン24 on 17th November, 2018より厳選した5曲を収録。



【通常盤】(CDのみ)
UPCH-80509/¥1,200+税



【関連リンク】
Mrs. GREEN APPLE、ニューシングル「僕のこと」のリリックビデオが完成
Mrs. GREEN APPLEまとめ
桑田佳祐、『KUWATA CUP 2019』に観戦オーディエンスをご招待!

【関連アーティスト】
Mrs. GREEN APPLE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, DVD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, 主題歌, 音楽配信

桑田佳祐、『KUWATA CUP 2019』に観戦オーディエンスをご招待!
Fri, 14 Dec 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

桑田佳祐 & The Pin Boysが1月1日に放つ、史上最大規模のボウリング大会『KUWATA CUP 2019』のテーマソング「レッツゴーボウリング」。同作を購入した方の中から50組100名様を『KUWATA CUP 2019』プロボウラー部門決勝大会に観戦オーディエンスとして招待することが決定した。

当日はなんと桑田佳祐も登場! あなたも、『KUWATA CUP』公式ソング「レッツゴーボウリング」を歌って、桑田佳祐と一緒に『KUWATA CUP 2019』を盛り上げよう!

“謎のストライク製造機、正体不明のスーパー・ガター軍団”の異名を取る桑田佳祐による新ユニット、桑田佳祐 & The Pin Boys。スポーツと音楽の垣根を越えて大きな話題を呼んでいる史上最大のボウリング大会『KUWATA CUP 2019』に向けて結成されたユニットで、1月1日には大会の公式ソングであり、先頃『日本ボウリング競技 公式ソング』にも認定された「レッツゴーボウリング」をリリースする。

作品に付属するピンズやポスターなど様々な特典も豪華だが、さらなる嬉しい封入特典に。完全生産限定盤、通常盤、アナログ盤それぞれに、「KUWATA CUP 2019 〜みんなのボウリング大会〜」決勝大会・観戦オーディエンスご招待応募シリアルコードが封入されることが決定!(※応募期間は2019年1月1日(火)12:00〜2019年1月13日(日)23:59)

2月10日(日)に開催となる史上最大規模のボウリング大会『KUWATA CUP 2019 〜みんなのボウリング大会〜』のプロボウラー部門決勝大会に、会場を盛り上げてくれる観戦オーディエンス50組100名様が応募抽選で、観戦オーディエンスとして招待される。

東京都の渋谷ヒカリエ内ヒカリエホールに特設会場が作られるという前代未聞のスケール感で行なわれる決勝大会。歴戦のプロボウラーが結集し、優勝の座を懸けて競い合うという超プレミアムなイベントになることは間違いない。

■桑田佳祐 & The Pin Boys 特設サイト
https://special.southernallstars.jp/pinboys/

『KUWATA CUP 2019』

<決勝大会データ>
KUWATA CUP 2019 プロボウラー部門 決勝大会
KUWATA CUP 2019のプロボウラー部門を勝ち残った選手が優勝を目指して対戦するほか、エキシビションマッチも予定しています。

【大会概要】
日時:2019年2月10日(日)
場所:渋谷ヒカリエ ヒカリエホール・ホールA 特設レーン
開場時間:14:00予定
開始時間:15:00予定(終了時間は19:30頃を予定しています)
※時間は予定となり多少前後する可能性があります。詳細は決定次第「KUWATA CUP 2019」特設サイトにてご案内します。

チケット代:1枚 3,000円(税込)
申込期間:2019年1月19日(土)12:00〜2019年1月27日(日)23:59
※前売・抽選制
※プロボウラー部門 決勝大会は、ご入場の際に「観戦席チケット」が必要となります。申込方法など詳細は「KUWATA CUP 2019」特設サイトにて後日ご案内いたします。


<「KUWATA CUP 2019」大会データ>
*「KUWATA CUP 2019」特設サイト
http://kuwatacup.jp/2019/

【大会名称】
KUWATA CUP 2019 〜みんなのボウリング大会〜

【カテゴリー】
(1)一般アマチュア部門(男女問わず・中学生以上の方)
(2)ジュニアアマチュア部門(男女問わず・小学生の方)
(3)競技アマチュア部門<男子の部/女子の部>(小学生以上の方)
(4)プロボウラー部門<男子の部/女子の部>

*それぞれの参加条件は以下の通り
(1)(2) → ハウスボール(ボウリング場のボール)、ハウスシューズ(ボウリング場のレンタルシューズ)を使用して参加される方。
(3) → マイボール・マイシューズを使用して参加される方。
(4) → プロボウラー(プロライセンス所有)の方。

【大会概要】
(1)一般アマチュア部門
(2)ジュニアアマチュア部門
「全国予選会」
日程:2018年11月1日(木)〜2019年1月6日(日)
場所:全国47都道府県・501センター
  ↓
  ↓ 一般アマチュア部門400名/ジュニアアマチュア部門150名が「本大会」へ
  ↓
「本大会」
日程:2019年2月9日(土)
場所:品川プリンスホテルボウリングセンター/東京
  ↓
「決勝大会」
日程:2019年2月10日(日)
場所:渋谷ヒカリエホール・ホールA特設レーン/東京

◎「全国予選会」参加者全員に「みんなの桑田賞 KUWATA CUP 2019 オフィシャルタオル」を進呈!

(3)競技アマチュア部門
「全国予選会」
日程:2018年11月〜2019年1月
場所:全国10地区・30センター
  ↓
  ↓ 男子の部/女子の部それぞれ約100名が「本大会」へ
  ↓
「本大会」
日程:2019年2月8日(金)
場所:品川プリンスホテルボウリングセンター/東京(男子の部)
日程:2019年2月9日(土)
場所:東京ポートボウル/東京(男子の部・女子の部)
  ↓
「決勝大会」
日程:2019年2月10日(日)
場所:渋谷ヒカリエホール・ホールA特設レーン/東京

◎「全国予選会」参加者全員に「みんなの桑田賞 KUWATA CUP 2019 オフィシャルタオル」を進呈!

(4)プロボウラー部門
「本大会」
日程:2019年2月8日(金)
場所:品川プリンスホテルボウリングセンター/東京(男子の部)
場所:東京ポートボウル/東京(女子の部)
  ↓
日程:2019年2月9日(土)
場所:東京ポートボウル/東京(男子の部・女子の部)
  ↓
「決勝大会」
日程:2019年2月10日(日)
場所:渋谷ヒカリエホール・ホールA特設レーン/東京

【「全国予選会」参加方法】
(1)一般アマチュア部門
(2)ジュニアアマチュア部門
2018年11月1日(木)〜2019年1月6日(日)の期間中、いつでも参加可能。
一般:前売券¥2,000(税込)/当日券¥2,500(税込)
学割:前売券¥1,800(税込)/当日券¥2,300(税込)
ジュニア:前売券¥1,500(税込)/当日券¥2,000(税込)
※上記のほか現地にて別途、ゲーム代(3ゲーム分)・レンタルシューズ代が必要です。
※ゲーム代・レンタルシューズ代は各ボウリング場の設定金額となります。

前売券 → ローソンチケットのWebサイトおよびローソン店頭Loppi端末から購入可能。
当日券 → 「全国予選会」実施会場となっているボウリング場にて購入可能。
※当日券の取り扱いがないボウリング場もあります。

(3)競技アマチュア部門
準備数に達したため現在受付終了
一般:前売券¥2,000(税込)
学割:前売券¥1,800(税込)
ジュニア:前売券¥1,500(税込)
※上記のほか現地にて別途、ゲーム代(6ゲーム分)一律¥4,000(税込)が必要です。

【「本大会」参加方法】
「全国予選会」通過者へのみお知らせ

【「決勝大会」参加方法】
「本大会」通過者へのみお知らせ

シングル「レッツゴーボウリング」

2019年1月1日発売



【完全生産限定盤】(CD+ピンズ+ポスター+応募シリアルコード)
VIZL-2000/¥1,111+税
<収録曲>
01.レッツゴーボウリング
02.レッツゴーボウリング(Instrumental)

※新春ストライクパッケージ仕様
※レッツゴーボウリング・オリジナルピンズ(全10色)ランダム封入
※レッツゴーボウリング・オリジナルA2ポスター封入
※『KUWATA CUP 2019 〜みんなのボウリング大会〜』決勝大会(2019年2月10日(日))・観戦オーディエンスご招待応募シリアルコード封入
応募期間:2019年1月1日(火)12:00〜2019年1月13日(日)23:59
応募方法の詳細は「レッツゴーボウリング」封入チラシをご覧ください。
※先着予約・購入特典:新春ストライクステッカー
「レッツゴーボウリング」をご予約・ご購入の方に、先着でプレゼント!
特典の数には限りがありますので、先着順となります。



【完全生産限定盤】(CD+ピンズ+ポスター+応募シリアルコード)
NZS-800/¥1,111+税
※ボウリング場限定パッケージ
※新春ストライクパッケージ仕様
※レッツゴーボウリング・KUWATA CUPピンズ(CDショップ販売商品とは異なるデザイン)封入
※レッツゴーボウリング・オリジナルA2ポスター封入
※『KUWATA CUP 2019 〜みんなのボウリング大会〜』決勝大会(2019年2月10日(日))・観戦オーディエンスご招待応募シリアルコード封入
応募期間:2019年1月1日(火)12:00〜2019年1月13日(日)23:59
応募方法の詳細は「レッツゴーボウリング」封入チラシをご覧ください。



【通常盤】(CD+応募シリアルコード)
VICL-38400/¥600+税
【アナログ盤】(7inchレコード+応募シリアルコード)
VIKL-30100/¥1,300+税

※『KUWATA CUP 2019 〜みんなのボウリング大会〜』決勝大会(2019年2月10日(日))・観戦オーディエンスご招待応募シリアルコード封入
応募期間:2019年1月1日(火)12:00〜2019年1月13日(日)23:59
応募方法の詳細は「レッツゴーボウリング」封入チラシをご覧ください。
※先着予約・購入特典:新春ストライクステッカー
「レッツゴーボウリング」をご予約・ご購入の方に、先着でプレゼント!
特典の数には限りがありますので、先着順となります。



【関連リンク】
桑田佳祐、『KUWATA CUP 2019』に観戦オーディエンスをご招待!
桑田佳祐 & The Pin Boysまとめ
桑田佳祐まとめ
岡本真夜、故郷の高知県観光特使に任命

【関連アーティスト】
桑田佳祐 & The Pin Boys, 桑田佳祐
【ジャンル】
J-POP, ニュース, バンド, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典, ポップス

岡本真夜、故郷の高知県観光特使に任命
Fri, 14 Dec 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シンガーソングライターでピアニスト“mayo”としても活動している岡本真夜が、デビュー23年目にして故郷である高知県観光特使に任命。12月13日(木)に地元での初のディナーショーを行なう、ザ・クラウンパレス新阪急高知の「薔薇の間」で尾崎知事より、“高知県の暖かい家族のような真心を全国に伝えてください”と高知県観光特使委嘱状を交付された。

高知県では、県に愛着を持っている方やゆかりある方に自身の活躍の場を通して観光情報の発信やPRを行なっていくことで高知県の認知度とイメージの向上、観光客の増加につなげていくことを目的に制度を設け、今年度は岡本に白羽の矢が立ったとのこと。岡本は“精一杯、故郷高知の良さを広めたいと思います”と答えた。岡本自身が大使を務めるのは、11月12日に就任した福島県須賀川市観光牡丹大使に続いて2カ所目となる。

また、岡本がこれまでに高知を思って書いた曲は「TOMORROW」「そのままの君でいて」「想い出にできなくて」「制服の夏」「ハピハピバースデー」「世界で一つしかない手袋」「また会おうねまた会えるよね」「同窓会」「Moter〜あなたに花束を〜」などがある。特に、デビュー曲の「TOMORROW」は友達を励ますために作った曲だが、《涙の数だけ強くなれるよ》というフレーズは、岡本と育ての親(祖父)からの応援の手紙の一番最後に書いてあった“涙が多いのが人生だよ”から生まれたという。

そして、最新アルバム『Happy Days』に収録の「Moter〜あなたに花束を〜」は、2018年10月15日に96歳になり、高知の実家の近くの施設で暮らす育ての母(祖母)に向けて書いた曲。高齢のため、いろんなことを忘れっぽくなり、岡本のことも覚えている日もあれば、わからない日もあるという。ある日、母(祖母)の側にいる叔母から“いろいろ忘れて大変だけど、花だけは大好きでねぇ〜、花を見ると「綺麗やねぇ〜」ってニコニコしているんよ”と聞いて、毎月15日に花を贈り続けている。最初に届いた日は岡本からのプレゼントだとは理解できなかったが、嬉しくてその花をずっと抱えて嬉しそうに施設内を歩いてたそうだ。

また、ディナーショーではファンに“本日高知県観光特使になりました。これからも高知の人に暖かさと美味しい食べ物と素晴らしい景色を伝えていきます”と報告した。

ミニアルバム『Happy Days』

発売中



MUCD-1418 /¥2,315+税
<収録曲>
01.Happy Days
02.空の向こう〜君の手をとって〜
03.song for you
04.百年の恋
05.Mother〜あなたに花束を〜
06.未来へ
07.Winter Kiss



【関連リンク】
岡本真夜、故郷の高知県観光特使に任命
岡本真夜まとめ
降谷建志、SKY-HI、ビッケブランカなどの豪華アイテムが当たる企画を『DI:GA ONLINE』で実施中!

【関連アーティスト】
岡本真夜
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, 発表, 名曲, ミニアルバム, ポップス, レポート

降谷建志、SKY-HI、ビッケブランカなどの豪華アイテムが当たる企画を『DI:GA ONLINE』で実施中!
Fri, 14 Dec 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

降谷建志、SKY-HI、ビッケブランカなどが参加するプレゼント企画を、DISK GARAGEが運営するライブ・エンタメWEBマガジン『DI:GA ONLINE』で実施している。

『DI:GA ONLINE』ではプレゼント企画に参加のアーティストを含む、さまざまなアーティストのインタビューやライブレポートを公開中! ソロ初のワンマンツアーを開催した降谷建志のフォトレポートや、12月12日にアルバム『JAPRISON』をリリースしたSKY-HIのインタビュー、ドラマ『獣になれない私たち』の挿入歌「まっしろ」も収録されたアルバム『wizard』について語るビッケブランカなど、今読んでおきたい記事が盛りだくさん。そして、各記事の最下部にはプレゼント企画の詳細ページがあるので、こちらも併せて要チェックだ。

気になる各アーティストのプレゼントは、サイン入りアイテムも豊富。降谷建志のサイン入りTシャツ(Mサイズ)・ロングTシャツ(Lサイズ)や、ビッケブランカのサイン入りポスター、SKY-HIとLittle Glee Monsterとウルフルズからはサイン色紙と、アーティストごとに豪華アイテムが用意されている。

中でも活動を休止したSHAKALABBITSのUqui&MAHによる新プロジェクト“Muvidat”からの初のサイン色紙に加え、MUCC、Psycho le C?mu、Waiveによるイベント『MUD FRIENDS』からのサイン&メッセージ入りのポスターなど、レアアイテムもあるのでお見逃しなく。

応募方法はTwitterからの応募とメール応募の2通りとなっており、どちらでも気軽にエントリーができる。受付期間は各アーティストによって異なるため、プレゼント詳細ページにて確認してほしい。



【関連リンク】
降谷建志、SKY-HI、ビッケブランカなどの豪華アイテムが当たる企画を『DI:GA ONLINE』で実施中!
降谷建志まとめ
Dragon Ashまとめ
SKY-HIまとめ
ビッケブランカまとめ

【関連アーティスト】
降谷建志, Dragon Ash, SKY-HI, ビッケブランカ, カノエラナ, Muvidat, AAA, ミルキィホームズ, Little Glee Monster, Chara, 山崎育三郎, ウルフルズ, wyse, フルカワユタカ, MUCC, Psycho le Cemu, Waive
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, キャンペーン

フジファブリック、ニューアルバム『F』の詳細解禁&リリース記念パネル展も開催決定
Fri, 14 Dec 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フジファブリックが2019年1月23日にリリースする10枚目のアルバム『F』のビジュアルと収録曲を解禁! 今回のアーティスト写真はモノクロ、そして“3つ目”が印象的な、2019年に15周年を迎えるバンドの決意が現れた仕上がり。ジャケットは“F”をモチーフに我喜屋位瑳務がコラージュで作り上げた作品となっている。

CDの収録内容は、既に各所で話題を呼んでいる「手紙」がAlbum versionとして収録、そして1月からスタートするテレビアニメ『3D彼女 リアルガール』第2シーズン エンディングテーマに決まっている「破顔」、シャープ AQUOS R2 テーマソングとして既にCMでもOAされている「恋するパスタ」、更にはLIVEでの山内の曲タイトル言い間違いがきっかけで制作された「東京」など全9曲を収録。また、TOWER RECORDS、Amazonでの購入者特典デザインも解禁。され、TOWER RECORDSはジャケット絵柄、Amazonはボックスロゴ絵柄となるので、ぜひゲットしてほしい。

そして、3月から始まるツアータイトルが『フジファブリック LIVE TOUR 2019 “FEVERMAN"』に決定。ツアーのチケット一般販売は、12月15日(土)からとなるので要チェックだ。

さらに、リリースのフラゲ日からはHMV&BOOKS SHIBUYAにて今作のリリースを記念したパネル展が開催される。『フジフレンドパーク』そして『FABch会員限定 フジファブリック プレミアムライブ』の模様からピックアップした十数点の写真がパネルで展示されるので、足を運んでみてはいかがだろうか。

(c)那波マオ/講談社・アニメ「3 D彼女 リアルガール」製作委員会

アルバム『F』

2019年1月23日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
AICL-3623〜4/¥3,700(税抜)
【通常盤】(CD)
AICL-3625/¥3,000(税抜)

<収録曲>
■DISC1:CD
01.Walk On The Way
02.破顔 ※テレビアニメ「3 D彼女 リアルガール」第2シーズン エンディングテーマ
03.手紙(Album ver.)
04.LET\'S GET IT ON
05.恋するパスタ ※シャープ AQUOS R2 テーマソング
06.Feverman
07.High & High
08.前進リバティ
09.東京
■DISC2:DVD
・「F」そして“ROAD TO 大阪城ホール":インタビュー&ドキュメンタリー
・「Water Lily Flower」MUSIC VIDEO:アテレコ THE MOVIE

【New Album『F』発売記念パネル展】

期間:2019年1月22日(火)〜2月04日(月)営業終了まで
会場:東京・HMV&BOOKS SHIBUYA7階

◎特別企画
パネル展の期間中にHMV&BOOKS SHIBUYAにてフジファブリック New Album『F』をご購入頂いた方の中から抽選で、パネル展のパネルにメンバーがサインを入れてプレゼント。

<参加方法>
期間中New Album『F』をご購入された方に、一点につき一枚、先着で抽選番号入り抽選券を配布致します。
後日ツイッターおよび店頭にて当選番号を発表致します。
<抽選券配布期間>
2019年1月22日準備でき次第〜2月4日閉店まで
当選日時:2月6日15時頃
引き渡し期間・場所:2月24日閉店まで。HMV&BOOKS SHIBUYA7階レジカウンター
<注意点>
・紛失、盗難、火災、汚損などいかなる理由でも抽選券の再発行は致しませんので、大切に保管して下さい。
・当選者へのパネルは店頭お渡しのみとなります。発送は出来ませんのでご了承の上ご参加下さい。
・展示パネルのプレゼントとなりますので、若干の汚損はご了承下さいませ。
・絵柄は選べません。
・引き渡し期間中にご来店頂けなかった場合は、当選は無効となりますのでご注意下さい。

【ライブ情報】

■『フジファブリック LIVE TOUR 2019 “FEVERMAN"』
<2019年>
3月02日(土) 神奈川・横浜BAY HALL
3月09日(土) 広島・CLUB QUATTRO
3月10日(日) 福岡・DRUM LOGOS
3月16日(土) 愛知・Zepp Nagoya
3月21日(木) 北海道・札幌 PENNY LANE24
3月24日(日) 宮城・仙台 Rensa
3月30日(土) 石川・金沢 EIGHT HALL
4月06日(土) 新潟・NIIGATA LOTS
4月14日(日) 東京・Zepp DiverCity
4月19日(金) 大阪・Zepp Osaka Bayside

■『フジファブリック 15th anniversary SPECIAL LIVE at 大阪城ホール2019「IN MY TOWN」』
10月20日(日) 大阪・大阪城ホール
※詳しくは"フジファブリック15周年SPECIAL SITE"にて http://www.fujifabric.com/special/15th/



【関連リンク】
フジファブリック、ニューアルバム『F』の詳細解禁&リリース記念パネル展も開催決定
フジファブリックまとめ
majiko、ニューEP『COLOR』詳細&リード曲の先行配信が決定

【関連アーティスト】
フジファブリック
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, キャンペーン, リリース, ライブ, ツアー

majiko、ニューEP『COLOR』詳細&リード曲の先行配信が決定
Fri, 14 Dec 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

majikoが1月23日にリリースするEP『COLOR』の詳細が公開となった。リードトラック「狂おしいほど僕には美しい」を手掛けたのはシンガーソングライターのMichael Kanekoで、オルタナ色のある力強いロックに仕上がっているとのこと。2019年1月9日より先行配信がスタートする。

他には、majikoにとって大切なことを歌っている自身が作詞作曲を手掛けた「ミミズ」や、DJ Mitsu the Beatsが手掛け、ヒップホップユニットのGAGLEがフィーチャリング参加した「Scratch the world」、majikoが10代の頃からよく聴いていたクーラ・シェイカーの「HUSH」(オリジナルはビリー・ジョー・ロイヤル)と、スティーヴィー・ワンダーの「Don\'t You Worry \'Bout A Thing」のカバーも収録される。

さらに、EP『COLOR』のリリースイベントも東京、大阪、名古屋の3カ所で開催決定! 参加方法などの詳細はオフィシャルHPにてチェックしよう。

■【Michael Kaneko コメント】

「11月のWWWでのライブを拝見させていただき、すぐにmajikoさんに提供したい曲のイメージが浮かびました。繊細な心を響かせるウィスパーボイスからロックスター並みの力があるベルティングボイス。彼女の世界観ぴったりのロックソングができたと思います!」

EP『COLOR』

2019年1月23日発売



【限定盤】(CD+DVD)
UICZ-9110/¥3,000+税
※プレイパス(R)対応
<収録曲>
■CD
01.狂おしいほど僕には美しい / Music:Michael Kaneko Lyrics:Hiro-a-key Arrangement:Michael Kaneko
02.ミミズ / Music & Lyrics:majiko Arrangement:majiko、木下哲
03.Scratch the world feat. GAGLE / Music:DJ Mitsu the Beats、majiko Lyrics:HUNGER、majiko Arrangement:DJ Mitsu the Beats
04.Don\'t You Worry \'Bout A Thing / Music & Lyrics:Stevie Wonder
05.HUSH / Music & Lyrics:Joe South
■DVD(2018年11月7日に開催されたワンマンLIVE -Come on, LIVE or Regret-の模様を収録)
Learn to Fly
エスケイパー
ロキ
アガルタの迷い子
ノクチルカの夜
心做し
ひび割れた世界
Avenir
パラノイア
世田谷ナイトサファリ
アマデウス
ミミズ




【通常盤】(CDのみ)
UICZ-5102/¥1,800+税
※プレイパス(R)対応

【majiko ニューリリースEP『COLOR』発売記念ミニライブ&サイン会】

<2019年>
1月24日(木)21:00 東京・タワーレコード渋谷店 4Fイベントスペース
1月27日(日)13:00 大阪・タワーレコード梅田NU茶屋町店
2月03日(日)13:00 愛知・タワーレコード名古屋近鉄パッセ店

■詳細はこちら https://www.universal-music.co.jp/majiko/



【関連リンク】
majiko、ニューEP『COLOR』詳細&リード曲の先行配信が決定
majikoまとめ
Michael Kanekoまとめ
DJ MITSU THE BEATSまとめ
GAGLEまとめ

【関連アーティスト】
majiko, Michael Kaneko, DJ MITSU THE BEATS, GAGLE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, DVD, 発表, 名曲, 新曲, リリース, 発売, EP, 配信, ライブ, 音楽配信

FOMARE、ライヴでも人気のミニアルバム『0.02』収録曲「新しい歌」MV公開
Fri, 14 Dec 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

FOMAREがライヴでも人気のナンバー「新しい歌」のMVを公開! 同曲は、2018年8月にリリースしたミニアルバム『0.02』に収録されており、MVは熱狂のライブ映像が収められている。

2019年3月には、男性限定ライヴとして東名阪ワンマンツアー『FOMARE Pre.“small sausage tour”(men\'s limited)』を行なうFOMARE。チケットは12月15日(土)から第二次先行抽選がスタートするので、男性のファンの方はぜひチェックしてほしい。

『FOMARE Pre.“small sausage tour”(men\'s limited)』

<2019年>
3月21日(木) 大阪・BRONZE
3月22日(金) 愛知・名古屋CLUB UPSET
3月28日(木) 東京・新代田FEVER
※男性のお客様限定ライブとなります。
<チケット>
先行受付:2018年12月15日(土)12:00〜2018年12月24日(月)23:59
http://eplus.jp/fomare-sst/



【関連リンク】
FOMARE、ライヴでも人気のミニアルバム『0.02』収録曲「新しい歌」MV公開
FOMAREまとめ
aiko、自身最大規模のメモリアルなホールツアーを完走

【関連アーティスト】
FOMARE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, 発表, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット

aiko、自身最大規模のメモリアルなホールツアーを完走
Fri, 14 Dec 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月8日(金)神奈川・川崎市スポーツ・文化総合センター公演を皮切りに、半年間にわたって全国27箇所45公演を巡るaikoのツアー『Love Like Pop vol.20』。デビュー20周年イヤーに最新アルバム『湿った夏の始まり』を引っさげて行なったaiko自身最大規模となるメモリアルな本ホールツアーの千秋楽公演が、縁ある地元の大阪・フェスティバルホールにて12月9日(日)に開催された。

長いホールツアーの千秋楽公演を見届けようと早くから多くのファンが駆けつけ、開演を待ち望む熱気で会場は満ち溢れていた。開演時刻を迎えてオープニングムービーが流れたあと、ステージ上にaikoのシルエットが浮かび上がると、大歓声とともにこの日のオープニングナンバー「ストロー」でライヴがスタート。「ストロー」は2018年リリースのシングル曲で、最新フルアルバム『湿った夏の始まり』にも収録された他、その年の優れたMVを表彰するアワード『MTV VMAJ 2018』で“最優秀邦楽女性アーティストビデオ賞”にも選出されたナンバーで、フロアーがいきなり熱を帯びる。

続けてライヴの定番ナンバー「エナジー」でさらにボルテージを上げていくと、ホーンセクションが印象的な「あたしのせい」で会場を惹き込んでいく。“『Love Like Pop Vol.20』みなさんこんばんは、最終日です! aikoです! 今日はみなさん本当に最終日に来てくれてありがとうございます!”と挨拶し、“今日は日曜日だから、明日仕事の人もいるかもしれないけど、筋肉痛とかえぐった気持ちとか、いい意味で“傷”として思い出を持って帰ってもらいたいと思いますので、最後までよろしくお願いします!”と最終日に懸ける意気込みを語った。

オープニングから打って変わって「くちびる」「二時頃」、背景に映し出される映像が印象的な「雨フラシ」とじっくりと聴かせる楽曲が続き、aikoの歌声に会場が酔いしれていた。aikoのライヴでは恒例となっているファンと和やかなMCのやり取りを経て、「陽と陰」「Loveletter」とアップテンポな楽曲で飛び跳ねながら歌声を届けると、続く「瞳」では会場中にこれまでとは全く違う雰囲気を纏わせて観客を魅了。ステージ上にはaiko一人が残り、キーボードでの弾き語りコーナーへと移る。「恋人同士」「ずっと近くに」の2曲を歌い上げ、曲間には弾き語りの静かなときに咳を我慢しているオーディエンスを気遣う場面も。

“あんまりツアーが終わる感じがしなくて、そういうふうにライヴができるのは、皆さんのおかげだと思ってます。楽しくたくさんしゃべったり、ライヴをしっかり見てくれて本当にありがとうございます”とオーディエンスに感謝を告げると、aikoを照らすライティングが印象的な「格好いいな」、跳ねるリズムが楽しい「ドライブモード」と最新アルバムからの2曲を歌い上げ、歌詞がファンにも人気の楽曲「未来を拾いに」も披露。

定番となっている“男子!女子!”のコーナーで一気にフロアにエンジンがかかり、ラストスパートに突入! 「beat」「予告」などアップテンポなナンバーが続き、「夢見る隙間」では金テープが飛び出すなど、一気に熱狂が爆発した。そして、今ツアーでライヴ定番曲にまで発展した最新アルバム収録曲「ハナガサイタ」を歌唱。最後は「あたしの向こう」で本編を締め括った。

鳴り止まないアンコールの声に応え、最新アルバム収録曲である「うん。」で美しいファルセットを響かせて再登場したaikoは、“これからもみんなで一緒に年を重ねて行きたいなと思います。こうやってフェスティバルホールで20周年を迎えることができて嬉しいです。みんなとこれからも一緒にこういう時間を過ごしていきましょう”とメモリアルなツアーの締め括りを語ると、「向かいあわせ」「milk」を伸びやかに歌い上げる。会場の興奮が収まらない中、ダブルアンコールとして「Power of Love」「キラキラ」「be master of life」を立て続けに披露。「鏡」では会場一体となった大合唱が巻き起こり、ダブルアンコールにしてこれ以上ないほどの盛り上がりを見せた。

エンディングムービーのあとも熱気冷めやらぬ会場に“あっという間の半年間でした。こんなに長いツアーを行ったのは初めてだったのでファンの皆さんのおかげでここまで来ることができました。本当にありがとうございました。またお互い向かい合って“背筋を伸ばして”見つめあえるように、歌います”と、トリプルアンコールの「えりあし」で会場中の隅々にまで思いを届け、3時間以上に及ぶライヴと半年間全国27箇所45公演にも及ぶ長い旅路を終えた。

aikoは、2019年1月から3月はアリーナツアー『Love Like Pop vol.21』を大阪・大阪城ホール、埼玉・さいたまスーパーアリーナ、福岡・マリンメッセ福岡の3都市6公演で行なう。

【セットリスト】
01.ストロー
02.エナジー
03.あたしのせい
04.くちびる
05.二時頃
06.雨フラシ
07.陽と陰
08.Loveletter
09.瞳
10.恋人同士
11.ずっと近くに
12.格好いいな
13.ドライブモード
14.未来を拾いに
15.beat
16.予告
17.夢見る隙間
18.ハナガサイタ
19.あたしの向こう
<ENCORE1>
20.うん。
21.向かいあわせ
22.milk
<ENCORE2>
23.Power of Love
24.キラキラ
25.be master of life
26.鏡
<ENCORE3>
27.えりあし

『aiko Live Tour「Love Like Pop vol.21」』

<2019年>
1月26日(土) 大阪・大阪城ホール
1月27日(日) 大阪・大阪城ホール
2月09日(土) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
2月10日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
3月09日(土) 福岡・マリンメッセ福岡
3月10日(日) 福岡・マリンメッセ福岡



【関連リンク】
aiko、自身最大規模のメモリアルなホールツアーを完走
aikoまとめ
KANA-BOON、新人映像作家とコラボした「春を待って」「湯気」のMV公開

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, ポップス, ライブ, ツアー, ワンマン, ライブレポ

KANA-BOON、新人映像作家とコラボした「春を待って」「湯気」のMV公開
Fri, 14 Dec 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月19日に冬のミニアルバム『ネリネ』をリリースするKANA-BOONが、株式会社コエとのコラボレーションによるMVを2作同時公開。公開中のタイトルトラック「ネリネ」に続き、今回は童謡の一節を大胆に取り込みながらKANA-BOONらしく希望の一歩を歌う「春を待って」と、冬の団らんの定番である“鍋”をモチーフに切ない別れを歌う「湯気」のが公開となった。

株式会社コエは、数々の国内外有名アーティストのMVを手掛ける映像作家の関和亮がグラフィックデザイナーのユキマユコと共に設立。KANA-BOONの全国デビュー時から数々のMVを手掛けてきた山岸聖太も所属するクリエイティブカンパニーだ。その株式会社コエが開催した人材募集のためのオーディションから選考に残った6人が、それぞれ3人ずつASIAN KUNG-FU GENERATION、KANA-BOONのMVをアーティスト公認で撮影する企画を実施。“若い世代を積極的にフックアップしたい”というコエと2バンドの想いが重なり合ってのコラボレーションとなっている。

各監督からのコメントも届き、新たに見出された若い才能によってKANA-BOONの楽曲がどのように映像化されたのか、ぜひチェックしてみてほしい。

■『コエ』オーディション × ASIAN KUNG-FU GENERATION & KANA-BOON 特設サイト
http://www.kioon.com/koe/
※本企画で発表される6作品は、いずれの楽曲もショートサイズを採用しております。

■【コメント】

■「春を待って」監督:栗原航平
「今回のMV制作で意識したことは、
主人公の妄想と現実部分の表現・モーショングラフィックスやグラフィックのスマート感・スマートフォン画面のリアルさです。
初めて学生の個人制作の範囲ではなく一般公開されるカナブーンさんの映像の制作に携わったことに対して
初めはワクワクと不安が入り混じり、特に不安の方が大きいような企画でした。
ですが最終的には、多くの初めてを体験した、大きな成長に繋がる機会になったと感じています。
このような機会を頂けたことに感謝しかありません」

■「湯気」監督:中山佳香
「「湯気で常に眼鏡が曇っている人」のアイデアは、私自身目が悪く、
眼鏡をかけていると本当によく眼鏡が曇ることから来ています。
目まぐるしい日常の中で引き出しの片隅にしまっていた記憶を、
ほんの些細なきっかけで、突然ふと思い出すような懐古の気持ちを表現したくて撮影しました。
今日も疲れたなあって思った時に、ふと昔同じときを共有していた人のことや、
そこにいた自分、そしてその「とき」そのものを思い出して、一人一人の中にある特別なときめきやワクワクと、
静かに会話するような、そんなMVになっていればいいなと思います。湯気ダンスにもご注目ください!」

ミニアルバム『ネリネ』

2018年12月19日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3127〜3128/¥2,500+税
※どうでもいいオマケ020封入
<収録曲>
■CD
1. ネリネ
2. アフターワード
3. 春を待って
4. 湯気
5. ペンギン
■DVD
『KANA-BOONのGO!GO!5周年!シーズン3 野外ワンマン ヨイサヨイサのただいまつり!2018 in 堺 - Introduction ?』
1. A.oh!!
2. バカ
3. 街色
4. シルエット
5. 眠れぬ森の君のため
6. 盛者必衰の理、お断り (和和和 version)
7. ないものねだり
8. 夜の窓辺から



【通常盤】(CD)
KSCL-3129/¥1,500+税 
※初回仕様:どうでもいいオマケ020封入
<収録曲>
1. ネリネ
2. アフターワード
3. 春を待って
4. 湯気
5. ペンギン



【関連リンク】
KANA-BOON、新人映像作家とコラボした「春を待って」「湯気」のMV公開
KANA-BOONまとめ
板垣瑞生(M!LK)、橋本環奈主演ドラマ『1ページの恋』に出演決定

【関連アーティスト】
KANA-BOON
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, コラボ, ミュージックビデオ, MV, CD, 発表, 新曲, リリース, 発売, ミニアルバム

板垣瑞生(M!LK)、橋本環奈主演ドラマ『1ページの恋』に出演決定
Fri, 14 Dec 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

M!LKの板垣瑞生が、2月18日(月)より放送のAbemaTVオリジナルドラマ『1ページの恋』に出演することがわかった。

『1ページの恋』は連続ドラマ初主演となる橋本環奈を主演に迎え、2月18日(月)夜11時より6週にわたって放送。橋本演じる絵を描くことが好きな主人公が、“運命的な初恋の彼”、“いつも側にいる幼馴染の彼”、“刺激的な大人の彼”というタイプの全く異なる3人の男性と繰り広げる、究極の片思いラブストーリーだ。板垣瑞生は主人公の水瀬あかりと運命的に出会い、何年間も片思いされ続ける森田郁巳を演じる。

同ドラマは、次世代の才能を発掘することを目的としてAbemaTVが開催した『NEXT CREATOR\'S COMPETITION 2017』で応募総数約600の中から、“10代〜20代の若い女性を熱狂させる恋愛ドラマ”というテーマで“シナリオライター賞”の大賞を受賞した作品を映像化。近年一風変わった設定や不倫、職業ドラマの中での恋愛が描かれることが多くなったドラマ作品の中で、あえて若者たちのまっすぐで純粋な片思いラブストーリーを、ストレートな王道ドラマで描く。

若者たちが恋愛しなくなったと言われる風潮の中でも、AbemaTVの恋愛リアリティーショーには多くの女子中高生たちが熱狂しており、大人気シリーズ作品が続々と誕生。ドラマにおいても“Abema 純愛ドラマシリーズ”として2019年より製作していき、恋愛模様だけでなく、多くの若者たちが自分にも当てはまると感じるような将来の“夢”に向かってもがきながら悩む姿や、小さなひとつの行動がきっかけとなって成功に向けて進んでいく姿を通して、AbemaTVを視聴する多くの若者に勇気や希望を与えられるドラマを目指すとのこと。

なお、本作は地上波でも放送が決定しており、KBC(九州朝日放送)において、AbemaTVの放送から約1週間後の2月22日(金)深夜0時20分より毎週放送される。

■【コメント】

■橋本環奈(水瀬あかり役)
「自分にとって10代最後のドラマとなる本作品で演じる水瀬あかりという役は、絵を描くことが大好きな優しくてすごくピュアな女の子です。運命的に出会った島の男の子の郁巳くんに何年間も片思いし続けることは単純にすごいことだなと思いますし、10代、20代の女性がみた時に共感できる部分や、心が洗われるような、透き通るような感覚が伝わるといいなと思っています。きっと誰にでも通じるキュンキュンする所をドラマを通してぜひ感じてもらいたいです」

■板垣瑞生(森田郁巳役)
「このお話は今生きてるぼく達の恋のお話だと思ってます。恋に悩んで勇気がでなかったり自分の夢と現実にぶつかって頑張ってる方々がたくさんいると思います。このお話にはそんな夢や恋に打ちひしがれそうになってる人達が出てきます。その中で彼らが必死に考えて生きて出てきた想いを見てくださる方々に伝えたいと思ってます」

■大野いと(小橋奈津菜役)
「台本を読ませて頂き、橋本環奈さん演じるあかりの一途な恋愛や、登場人物それぞれの恋や葛藤に、観て下さる方が共感を得たり、応援したくなるストーリーだと思いました。私の役は、劇団員で友達思いの優しい女の子ですが、お金の為にいけないことをしてしまうという今までに無い役柄で、演じるのが楽しみです。共演者の方々は同世代ということもあり、今から撮影が待ち遠しいです。ぜひ楽しみにしていてください」

■濱田龍臣(乾大和役
「今回、大和役を演じさせて頂くというお話を頂いて、すごく嬉しかったです。脚本を読んで、とても可愛らしいというか、癒しになるようなキャラクターだなと思いました。魅力たっぷりな大和として、「1ページの恋」をよりよい作品にできるよう、また、たくさんの人に胸きゅんを届けられるように頑張ります!」

■古川雄輝(星野有利役)
「今まで若い役柄を演じることが多く、先輩たちとお芝居をさせて頂く機会が多かったのですが、このキャストの中では皆さんより年上。橋本環奈さんや板垣瑞生くんなど、若い皆さんに負けないように、星野として「大人の色気」を出していけるよう頑張りたいと思います。
また女遊びが好きな星野を自由に楽しく演じたいです。デビュー映画で共演した大野いとさんと再共演も楽しみにしてます。
また、SNSで良く似ていると言われる濱田龍臣くんとの共演にも注目して頂きたいです。皆さんと一緒に真剣に、最高の恋愛ドラマを作れるよう、これからの撮影に全力で挑みたいと思います」

ドラマ『1ページの恋』

キャスト:橋本環奈(水瀬あかり役)、板垣瑞生(森田郁巳役)、大野いと(小橋奈津菜役)、濱田龍臣(乾大和役)、古川雄輝(星野有利役)
脚本:山下すばる、三浦希紗
脚本監修:吉田恵里香
監督:本橋圭太
プロデューサー:神通勉(AbemaTV)、池田克彦(AbemaTV)、山田利宣(KBC 九州朝日放送)、平部隆明(ホリプロ)、石田麻衣(ホリプロ)、宮川宗生(ホリプロ)
製作プロダクション:ホリプロ
制作協力:KBC 九州朝日放送
製作著作:AbemaTV

■オフィシャルHP https://abema.tv/channels/abema-special/slots/BihgDf7hDFg6X9



【関連リンク】
板垣瑞生(M!LK)、橋本環奈主演ドラマ『1ページの恋』に出演決定
M!LKまとめ
橋本環奈まとめ
21世紀最高のプロデューサー、マーク・ロンソンの名盤と言えば『アップタウン・スペシャル』

【関連アーティスト】
M!LK, 橋本環奈
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, 発表, ポップス, テレビ番組, TVドラマ

21世紀最高のプロデューサー、マーク・ロンソンの名盤と言えば『アップタウン・スペシャル』
Fri, 14 Dec 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

「星野 源とマーク・ロンソンが同じステージに立つ!?」、こんな空前絶後の企画を知ったのは今年の夏のことであった。コンサートは12月17日なので、すでにカウントダウンが始まっているわけだが、未だにどんな内容になるのかまったく分からない。両者の音楽性も違うので、星野 源のファンはロンソンのこと知らないだろうし、逆にロンソンのファンは洋楽しか聴かない人が多いので、星野のことを知らないのではないか。そこで今回は21世紀に入って最高のプロデューサーと称されるマーク・ロンソンのアーティストとしての側面にスポットを当てようと思う。取り上げるアルバムは『アップタウン・スペシャル』だ。グラミー賞に輝いた「アップタウン・ファンク(フィーチャリング、ブルーノ・マーズ)」を収録、ヒップホップやR&Bに精通したロンソンのファンクセンスが光る傑作である。

■ロンソンの歩み

さて、マーク・ロンソンの音楽性はどう培われたのか。ロンドン生まれの彼は小さい頃に両親の離婚を経験しているが、母親と再婚したのがフォーリナーのミック・ジョーンズであった。フォーリナーは70年代後半から80年代前半に世界的な人気を誇ったロックグループだ。義理の父親はいろんな音楽をマークに教え、子供の頃すでに多くの楽器を演奏できるまでになっていた。8歳の頃に家族みんなでニューヨークに移住している。大学生になるとニューヨークでヒップホップ系のクラブDJとして活動し、幅広い音楽の知識とミックスの技術で認められていく。このあたりは義理の父親の影響が大きい。

DJとして彼は大成功を収めていたのだが、ひょんなことから女性シンガーのニッカ・コスタのプロデュースを任されることになる。そして、その仕事ぶりがエレクトラレコードの目にとまりアーティストとして契約する。2003年、『ヒア・カムズ・ザ・ファズ』でソロデビューを果たす。この時点での彼の音楽スタイルは、DJ時代に培った秀逸なミックス作業の延長線上にあり、サンプリングや打ち込みで基本トラックを制作、その上にラップや歌を乗せるというものだ。このアルバムは好セールスにはつながらなかったが、そのセンスの良さが業界で知られるところとなり、プロデュースの仕事がたくさん舞い込むようになる。

■ワインハウスとの出会い

中でも、彼の真骨頂ともいえるプロデュース作がエイミー・ワインハウスの2作目『バック・トゥ・ブラック』(‘06)である。彼女のデビュー作『フランク』(‘03)は、新時代のジャズ歌手としての作品であり、プロデューサーのサラーム・レミはワインハウスの本質を理解していなかった。しかし、『バック・トゥ・ブラック』ではロンソンのアイデア(バックバンドの生演奏でレトロなソウルを歌う)が収録曲の半分で使われることになった。このアルバムはワインハウスの性質にぴったりマッチしたジャジーでレトロなソウルを聴かせることで、グラミー賞の『最優秀プロデューサー』『最優秀レコード賞(シングル「リハブ」)』『最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞』などの受賞にまでつながった。彼のプロデュース手腕はこの作品で決定的なものとなり、引く手数多のスターとなった。このアルバムについては以前このコーナーで取り上げているので参照してほしい。

■精力的なソロ活動

2007年、多忙なプロデュース活動の合間を縫って、2ndソロ作品『バージョン』をリリースする。この作品には巧みに作り込まれた楽曲群が詰まっており、ヒップホップだけでなく、ロックやポップスのアーティストも参加している。生演奏と打ち込みを効果的にミックスするなど、21世紀ポピュラー音楽のショーケース的な内容を持つ秀作だと言えるだろう。デビューソロとは比べものにならないほど濃密なアルバムとなった。この作品での方法論が、のちのブルーノ・マーズとのコラボレーションに活かされることになる。

2010年には3rdソロ『レコード・コレクション』を4人組のグループ作としてリリースする。この時のメンバーはワインハウスのバックも務めたシャロン・ジョーンズ&ダップキングスの一部の面々を起用、この頃からファンク系の音作りを考えていたようだ。ただ、この『レコード・コレクション』はシンセを中心にした実験的なポップサウンドで、わざと黒っぽさを抑えているような不思議な作品である。

■ブルーノ・マーズとのコラボ

2012年、マーズの2ndアルバム『アンオーソドックス・ジュークボックス』にプロデューサーとして参加(2曲のみ)、意気投合する。マーズはこのアルバムでグラミー賞の『最優秀男性ポップ・ボーカル・アルバム賞』を受賞、ロンソンは次のソロ作でマーズの起用を決め、ロンソンと同じくマーズも楽器はマルチに演奏できるので、スタジオでファンク系のジャムを繰り返し、コラボレーションのイメージを創り上げていく。

■本作『アップタウン・スペシャル』 について

2014年、マーク・ロンソン・フィーチャリング・ブルーノ・マーズとしてシングル「アップタウン・ファンク」がリリースされると、あっと言う間に全英、全米ともに1位を獲得、全世界で大ヒットする。80sファンクをベースに、マーズの超絶ヴォーカルをフィーチャーした軽快なナンバーだ。この曲がリリースされたことで次のアルバムへの期待は高まるばかりであった。そして翌2015年、4枚目のアルバム『アップタウン・スペシャル』はリリースされた。スティーヴィー・ワンダーが参加しているのには驚いたが、いつものようにゲストヴォーカリストをフィーチャリングしているのはこれまでのアルバムと同じパターンだ。今回はスティーヴ・ジョーダン、ウィリー・ウィークス、ティーニー・ホッジス(ハイ・リズム!)ら、超一流のバックミュージシャンが参加しているだけに、演奏に深みが出ている。

アルバムは全部で11曲を収録(日本盤は12曲)しており、ファンクをベースにしたナンバーは多いものの、これまで以上にロック的なナンバーを収録しているのが面白い。本作はロンソンの最高傑作であるばかりでなく、今後も時代を問わず聴き続けられる作品だ。ロンソンとマーズの相性は抜群なので、これからもコラボレーションを継続してもらいたいと思う。なお、本作『アップタウン・スぺシャル』は、エイミー・ワインハウスに捧げられている。

TEXT:河崎直人

アルバム『Uptown Special』

2015年発表作品



<収録曲>
1. アップタウンズ・ファースト・フィナーレ feat. スティーヴィー・ワンダー & アンドリュー・ワイヤット
2. サマー・ブレイキング feat. ケビン・パーカー
3. フィール・ライト feat. ミスティカル
4. アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ
5. アイ・キャント・ルーズ feat. キヨン・スター
6. ダッフォディルズ feat. ケビン・パーカー
7. クラック・イン・ザ・パール feat. アンドリュー・ワイヤット
8. イン・ケース・オブ・ファイア feat. ジェフ・バスカー
9. リーヴィング・ロス・フェリス feat. ケビン・パーカー
10. へヴィー・アンド・ローリング feat. アンドリュー・ワイヤット
11. クラック・イン・ザ・パール, Pt. II feat. スティーヴィー・ワンダー & ジェフ・バスカー
12. アップタウン・ファンク feat. ブルーノ・マーズ (BB Disco Dub Mix)※国内盤ボーナス・トラック



【関連リンク】
21世紀最高のプロデューサー、マーク・ロンソンの名盤と言えば『アップタウン・スペシャル』
Mark Ronsonまとめ
Amy Winehouseまとめ
星野源まとめ
けやき坂46、2018年2度目の日本武道館3daysで未発表のCMソングを初披露

【関連アーティスト】
Mark Ronson, Amy Winehouse, 星野源
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, CD, アルバム, リリース

けやき坂46、2018年2度目の日本武道館3daysで未発表のCMソングを初披露
Fri, 14 Dec 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

けやき坂46が、12月11日(火)〜13日(木)の3日間、2018年2度目となる単独での日本武道館3days公演『ひらがなくりすます2018』を大盛況で終えた。ライヴのテーマは“彼女たちの夢の中”。クリスマス間近ということでクリスマスを連想させる演出から始まり、舞台上には巨大なプレゼントボックスが用意され、そこからメンバーが登場。この日のために作られた特別な衣装に身を包んだメンバーの登場に、1万人のファンは歓喜の声をあげた。

ライヴ中盤では、地上8mにまで上がるリフトが使われたり、メンバーの佐々木美玲が地上10mに浮かぶ月のオブジェで歌ったり、グループ初の試みが満載な内容でファンを喜ばせ、この秋『メチャカリ』のCM曲として使われていた「JOYFUL LOVE」とCoCo壱番屋のCM曲「君に話しておきたいこと」が未発表であったが、この日初披露された。

本編18曲が終わると、会場が割れんばかりの大アンコール。それに応える形で2曲を披露した後のMCで、この夏行なわれた初の坂道合同オーディションで、唯一けやき坂46に選ばれ、12月に行なわれた『お見立て会』で初めてファンに紹介された上村ひなの(14歳)が、キャプテン・佐々木久美から改めてファンに紹介するために呼び込まれた。

上村ひなのは“ひらがなけやきに必要と思われるような、素晴らしいハッピーに満ち溢れたアイドルになることです!”と今後の抱負を語り、佐々木は“ひらがなけやき21人で頑張っていくので、応援よろしくお願いします!”とファンに向けて述べ、最後は「車輪が軋むように君が泣く」でファンと共に大合唱し、会場が一つに。

ダブルアンコールでの挨拶で佐々木が“2018年に入ってすぐ武道館3daysをやらせていただいて、3days私たちに出来るのかって不安でいっぱいで、急遽ひらがなだけで3daysやることになったにも関わらず、沢山の方が来てくださって、2018年私たちはもっといけるかもって思いました。今年は個人仕事も増えて、皆さんには感謝してもしきれないくらい、ありがとうの気持ちでいっぱいです。ひらがなけやきはまだまだこんなところでは終わりません。来年は、皆さんが想像する以上のひらがなけやきになって、もっともっと全速力で坂をかけ上っていきます!”とファンへ誓い、嬉しいサプライズが多い3日間のクリスマスライヴとなった。

2018年始めの日本武道館3days公演から始まり、初のレギュラー番組を持ち、初のアルバムリリース、東名阪ツアー、舞台、初の海外パフォーマンス、2度目の武道館3days公演。武道館で始まり、武道館で締めくくった平成最後の年となったが、この勢いは新メンバーも加え、さらに加速していきそうだ。

photo by 上山陽介

【セットリスト】※M4〜M6は日替わり
■1日目
00.OVERTURE
01.ハッピーオーラ けやき坂46
02.ひらがなけやき けやき坂46
03.僕たちは付き合っている けやき坂46
04.割れないシャボン玉 河田陽菜/濱岸ひより/宮田愛萌
05.夏色のミュール 井口眞緒/高瀬愛奈/東村芽依
06.男友達だから 加藤史帆
07.わずかな光 佐々木美玲
08.未熟な怒り けやき坂46 2期生
09.ノックをするな! 加藤史帆/高瀬愛奈/東村芽依/富田鈴花/渡邉美穂
10.こんな整列を誰がさせるのか? けやき坂46 1期生
11.君に話しておきたいこと けやき坂46
12.100年待てば けやき坂46
13.JOYFUL LOVE けやき坂46
14.期待していない自分 けやき坂46
15.半分の記憶 けやき坂46 2期生
16.誰よりも高く跳べ! けやき坂46 1期生
17.NO WAR in the future けやき坂46
18.ひらがなで恋したい けやき坂46
<アンコール>
01.最前列へ けやき坂46 2期生
02.永遠の白線 けやき坂46 1期生
03.車輪が軋むように君が泣く けやき坂46
<Wアンコール>
01.約束の卵 けやき坂46

■2日目
04.ハロウィンのカボチャが割れた
(潮紗理菜/加藤史帆/齊藤京子/佐々木久美/高本彩花)
05.キレイになりたい
(小坂菜緒/丹生明里/渡邉美穂)
06.居心地悪く、大人になった
(齊藤京子)

■3日目
04.線香花火が消えるまで
(金村美玖/富田鈴花/松田好花)
05.三輪車に乗りたい
(柿崎芽実/佐々木美玲)
06.沈黙した恋人よ
(潮紗理菜/加藤史帆/齊藤京子/佐々木久美/高本彩花)



【関連リンク】
けやき坂46、2018年2度目の日本武道館3daysで未発表のCMソングを初披露
けやき坂46まとめ
Mom、手作り感がありつつもハイクオリティーなリリースパーティーを開催

【関連アーティスト】
けやき坂46
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, AKB, ポップス, ライブ, ワンマン, ライブレポ

Mom、手作り感がありつつもハイクオリティーなリリースパーティーを開催
Fri, 14 Dec 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

■【ライブ情報】

■『錯乱前戦 1st mini album「ランドリー」release party !!』
12月25日(火) 大阪・心斎橋 Music Club JANUS
出演:錯乱前戦 / 浪漫革命 / Mom / and more…

■『道玄坂異種格闘技戦 vol.107 〜THANK YOU 2018 !!! HELLO 2019 !!!!〜』
12月30日(日) 東京・渋谷La.mama
出演:MINAMIS / Mom / TENDOUJI / The Wisely Brothers / SEVENTEEN AGAiN / your gold,my pink / -KARMA- / 踊Foot Works / 2

■『winter view』
2019年2月09日(土) 大阪・SOCORE FACTORY
出演:The Wisely Brothers / 羊文学 / Mom / Newdums
チケット一般発売日:2018年12月22日(土)

アルバム『PLAYGROUND』

2018年11月14日発売



LIC-001/¥2,160(税込)



【関連リンク】
Mom、手作り感がありつつもハイクオリティーなリリースパーティーを開催
Momまとめ
石崎ひゅーい、ドラマ『さすらい温泉 遠藤憲一』の主題歌を書き下ろし

【関連アーティスト】
Mom
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ヒップホップ, チケット, ライブレポ

石崎ひゅーい、ドラマ『さすらい温泉 遠藤憲一』の主題歌を書き下ろし
Fri, 14 Dec 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シンガーソングライターの石崎ひゅーいが、Paravi×テレビ東京グループ連続ドラマ“ドラマパラビ”第二弾『さすらい温泉 遠藤憲一』の主題歌「あなたはどこにいるの」を書き下ろしたことが分かった。

同ドラマは“中井田健一”と名乗り、日本各地の名湯・秘湯で“凄腕男仲居”として働く俳優・遠藤憲一に密着を続けるという、虚実入り混じった全く新しい密着温泉ドキュメンタリードラマ。地上波放送は1月16日(水)深夜1時35分よりスタートとなるが、放送に先駆けて動画配信サービス『Paravi』では12月20日(木)より配信スタートとなる。

また、書き下ろし新曲の「あなたはどこにいるの」について、主演の遠藤憲一とドラマのプロデューサー・阿部真士よりコメントも届いた。遠藤は“石崎ひゅーいさんはとてもナイーブな方、だけど歌声は力強い。そのアンバランスな魅力と、耳に残るイントロが印象的”と語り、阿部は“ロックなんだけど、スタイリッシュでアンニュイで、どこか歌謡曲のような色気を持つ最高の曲”と絶賛のコメントを寄せている。

石崎本人は“新しい視点で曲が出来た”と手ごたえを感じている書き下ろし新曲。不思議な魅力に満ちた『さすらい温泉 遠藤憲一』のドラマの世界を主題歌でどのように彩るのか? ドラマの配信、放送を楽しみにしておこう。

■【コメント】

■石崎ひゅーい
「『さすらい温泉 遠藤憲一』の主題歌「あなたはどこにいるの」を書き下ろしさせて頂きました。
やっぱりテレビ東京。今までに見たことのないようなドラマで革新的で挑戦的。
僕もそれに負けないように描かなくちゃなぁと思って頑張りました。
温泉街で起きる情緒溢れる人間ドラマ、そこで葛藤する人々とさすらう遠藤憲一さんの背中が綺麗でした。
優しさとか儚さとかエロさとかそんなものをまとめて弾丸にしたような感覚です。
おかげさまで自分としても今までにない新しい視点で曲ができたと思います!
ババンババンバンバン! お楽しみに!」

■主演・遠藤憲一
「ちょっと懐かしくて、ちょっと切ない、だけどエネルギッシュな曲です。
さすらい温泉もどこか昭和チックで胸がキュっとしながらも
前に向かっていくドラマなのでぴったりだと思います。
石崎ひゅーいさんはとてもナイーブな方、だけど歌声は力強い。
そのアンバランスな魅力と、耳に残るイントロが印象的です。楽しみにして下さい!」

■プロデューサー・阿部真士
「『さすらい温泉 遠藤憲一』という摩訶不思議な作品に立ち向かえる楽曲を作れるのは
ひゅーい君しかいない、と企画立ち上げ時点から思っていました。
日本の文化に根差す温泉。温泉と言えば裸。裸と言えばエロス。エロスと言えば石崎ひゅーい。
なぜかそう思ってしまったのですね。
ロックなんだけど、スタイリッシュでアンニュイで、どこか歌謡曲のような色気を持つ最高の曲です」

ドラマ『さすらい温泉 遠藤憲一』

放送局:テレビ東京
放送時期:2019年1月クール
放送時間:水曜深夜1時35分 ※BSテレ東では2019年4月クールに放送予定
配信:動画配信サービス『Paravi』にて、12月20日(木)から第一湯から第三湯までを先行配信決定!
主演:遠藤憲一
出演:第一湯 ともさかりえ / 第二湯 山口紗弥加 / 第三湯 大場美奈(SKE48)
主題歌:石崎ひゅーい「あなたはどこにいるの」(EPICレコードジャパン)
脚本:田中眞一(「みんな!エスパーだよ!」「怪奇恋愛作戦」「バチスタシリーズ」etc)
監督:後藤庸介(「代償」「妄想彼女」「パンセ」「世にも奇妙な物語」)
プロデューサー:阿部真士(「娘の結婚」「パンセ」「モテキ」「みんな!エスパーだよ!」etc)
制作:テレビ東京/コギトワークス
製作著作:「さすらい温泉 遠藤憲一」製作委員会

<あらすじ>
凄腕の男仲居“中井田健一”と名乗る遠藤憲一は、行きずりの人々の「人生」に触れながら、今日もほっこり湯につかる「役者引退宣言」を発表したと噂される遠藤憲一。
真相を探るべくスタッフが向かった先で見たものは驚くべき光景だった。
なんと遠藤憲一が、その身分を隠し「凄腕の男仲居」として<日本各地の秘湯・名湯>で働いていたのだ。
そこで出会ったワケあり美女たちの事情にクビを突っ込み、問題を解決してあげようと駆け回るのだが、彼女たちに惚れてしまったり、ちょっとした事件に巻き込まれてしまったり…。
いったいなぜ、遠藤憲一はこんなことをしているのかーーー。
密着を続けていくうちに目にしたものは...…驚くべき人間ドラマの数々だった―――。
風光明媚な景観、歴史と文化の香る宿建築、情緒ある湯の数々、そして温泉地だからこそ交差する人生・・・。
様々な人情に触れ、明日を生きる力を得る姿を密着温泉ドキュメンタリードラマとして描きます。

■番組公式HPhttp://www.tv-tokyo.co.jp/sasuraionsen/



【関連リンク】
石崎ひゅーい、ドラマ『さすらい温泉 遠藤憲一』の主題歌を書き下ろし
石崎ひゅーいまとめ
LACCO TOWER、グドモ、Halo at 四畳半が出演するLINE LIVE配信が決定

【関連アーティスト】
石崎ひゅーい
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, 発表, 新曲, TVドラマ, 主題歌

LACCO TOWER、グドモ、Halo at 四畳半が出演するLINE LIVE配信が決定
Fri, 14 Dec 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

TRIAD/日本コロムビアに所属する、LACCO TOWER、グッドモーニングアメリカ、Halo at 四畳半の3バンドが出演する『TRIAD ROCKS 2018忘年会』が12月19日(水)にLINE LIVEにて配信されることが決定した。

レーベルメイトであり共闘しているバンド仲間でもある3バンドが、2018年を締め括る本番組。初のホールツアーを実施したLACCO TOWERからは松川ケイスケ(Vo)、塩?啓示(Ba)が出演し、結成10周年を迎えたグッドモーニングアメリカからは金廣真悟(Vo&Gu)、渡邊幸一(Gu&Cho)。2018年にメジャーデビューを果たしたHalo at 四畳半からは渡井翔汰(Vo&Gu)、白井將人(Ba)が駆け付ける。

さらに、Twitterでは『TRIAD ROCKS 2018忘年会』への質問を募集! ハッシュタグ【#TRIAD忘年会】を付けてTwitterに投稿し、質問を読まれた中の方から抽選で3名様に、各バンドから素敵なクリスマスプレゼントと出演メンバー全員のサイン入り色紙がプレゼントされる。

3バンドともにエポックメイキング的な1年を振り返り、2019年に向けた意気込みを語る1時間をぜひ楽しんでほしい。

■『TRIAD ROCKS 2018忘年会』

<日時>
12月19日(水)21:00〜22:00頃を予定

<出演>
・LACCO TOWER
松川ケイスケ(Vo)、塩?啓示(Ba)
・グッドモーニングアメリカ
金廣真悟(Vo&Gu)、渡邊幸一(Gu&Cho)
・Halo at 四畳半
渡井翔汰(Vo&Gu)、白井將人(Ba)

■LINE LIVE視聴URL
https://live.line.me/channels/781/upcoming/10110749

◎Twitterにて『TRIAD ROCKS 2018忘年会』への質問を募集!
ハッシュタグ【#TRIAD忘年会】を付けてTwitterに投稿し、質問を読まれた中の方から抽選で3名様にLACCO TOWER、グッドモーニングアメリカ、Halo at 四畳半、
各バンドから素敵なクリスマスプレゼント+出演メンバー全員のサイン入り色紙を差し上げます!



【関連リンク】
LACCO TOWER、グドモ、Halo at 四畳半が出演するLINE LIVE配信が決定
LACCO TOWERまとめ
グッドモーニングアメリカまとめ
Halo at 四畳半まとめ
きゃりーぱみゅぱみゅ、さまざまな絆を描いたライブMV第二弾「キズナミ」公開

【関連アーティスト】
LACCO TOWER, グッドモーニングアメリカ, Halo at 四畳半
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 配信

きゃりーぱみゅぱみゅ、さまざまな絆を描いたライブMV第二弾「キズナミ」公開
Fri, 14 Dec 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月26日に4年ぶりのオリジナル4thアルバム『じゃぱみゅ』をリリースしたきゃりーぱみゅぱみゅが、同作よりライブミュージックビデオとして、自身のツアーでの映像を使った『恋ノ花 ライブミュージックビデオ from 星屑のチェリーマティーニ』を第一弾として発表。そして今回、第二弾として「キズナミ」のライブミュージックビデオが解禁となった。

このビデオは10月にきゃりーのサウンドプロデューサーである中田ヤスタカの故郷金沢で開催された『OTONOKO 2018』での、巨大なLEDや中田と共演した豪華なライブ模様やバックステージでの様子を収録した内容となっている。また、今作は絆をテーマに中田が書下ろしした楽曲だけに、映像にも様々な絆が描かれているのでそこにも注目してほしい。

そして、きゃりーぱみゅぱみゅとして2019年の元旦には、第三弾「音ノ国」のミュージックビデオも解禁されるとのこと。2019年の抱負としてのサプライズ発表も予定されているので、引き続き注目だ。

アルバム『じゃぱみゅ』

発売中



【初回限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31480/1/¥4,800(税抜) 
※初回限定デジパック仕様スペシャルフォトブック&まるっと23曲「KPP JAPAN IYAHOI TOUR 2017」ライブ映像DVD付き
【通常盤】(CD)
WPCL-12900/¥3,000(税抜)



【関連リンク】
きゃりーぱみゅぱみゅ、さまざまな絆を描いたライブMV第二弾「キズナミ」公開
きゃりーぱみゅぱみゅまとめ
Yogee New Waves、初のZeppワンマン公演にて3rdアルバム『BLUEHARLEM』のリリースを発表

【関連アーティスト】
きゃりーぱみゅぱみゅ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, ライブ

Yogee New Waves、初のZeppワンマン公演にて3rdアルバム『BLUEHARLEM』のリリースを発表
Fri, 14 Dec 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Yogee New Wavesが11月から全国8都市をまわる『CAN YOU FEEL IT TOUR』をスタートさせ、12月13日(木)に同ツアーのファイナル公演をZepp DiverCity TOKYOで開催した。

本公演はサポートメンバーとしてパーカッションに松井泉氏、キーボードに高野勲氏を迎えた豪華編成で開催。「Ride on Wave」「Fantasic Show」などのライブ定番曲はもちろん、パーカッションとキーボードが入ることで新たな広がりを見せた「Bluemin\' Days」「PRISM HEART」のほか、未発表の新曲もふんだんに取り入れ大熱狂の一夜となった。

アンコールも終了し、盛大な拍手と歓声の中メンバーが袖にはけると、“3rd Album『BLUEHARLEM』2019.03.20 Release”の文字がステージに投影。約2年振りとなる待望の3rdアルバムリリースのサプライズ発表となり、会場からはこの日一番の拍手と歓声が沸き起こった。収録楽曲などの詳細は後日の発表となるので、続報をお楽しみに!

年末は『年末調整GIG 2018』『FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY』への出演も決定。さらに、本公演が日テレプラスにて放送されることも発表された。初回放送は2019年1月27日(日)17:30〜となっているので、こちらも忘れずにチェックしよう。

【セットリスト】
01.Understand
02.Ride on Wave
03.Good Night Station ※新曲
04.C.A.M.P
05.PRISM HEART
06.Emerald ※新曲
07.Sunken Ships ※新曲
08.Climax Night
09.Sunset Town
10.Fantasic Show
11.Boyish
12.DOWN TOWN(Cover)
13.Tighten Up(Session)
14.CAN YOU FEEL IT
15.Bluemin\' Days
16.Summer of Love
and encore...



【関連リンク】
Yogee New Waves、初のZeppワンマン公演にて3rdアルバム『BLUEHARLEM』のリリースを発表
Yogee New Wavesまとめ
RAZOR、ひとつの目標地点だったマイナビBLITZ赤坂にて東名阪ツアーを締め括る

【関連アーティスト】
Yogee New Waves
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, リリース, ワンマン, セットリスト, ライブレポ

RAZOR、ひとつの目標地点だったマイナビBLITZ赤坂にて東名阪ツアーを締め括る
Fri, 14 Dec 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

猟牙“今日熱いライブができなかったら、3年後なんてねえんだわ。俺らにとっては、今日、ここがすべてです。ここで朽ち果てるまで愛し合ってくれますか!?”

2016年の始動から、その熱狂的なライブパフォーマンスで支持を拡大してきたRAZORが、結成2周年を記念し、東名阪ツアー<RAZOR 2nd ANNIVERSARY ONEMAN TOUR II -second->を開催。そのツアーファイナルが、バンド始動日である11月30日(金)、RAZORにとって過去最大規模のキャパシティとなる、マイナビBLITZ赤坂にて行なわれた。この日のMCで猟牙が話していたのだが、ここ、マイナビBLITZ赤坂は、RAZOR結成当時、猟牙が剣に“3年以内に行こう”という話をされたという、いわばひとつの目標地点だったとのこと。“2年でここに立てていることがすごく誇りです”と胸を張る5人は、オーディエンスと築き上げてきたこれまでを分かち合うように、そしてここから続く未来へと進むために、今の彼らが持つすべてを刻みつけるように音を高鳴らしていた。

「KNOT INVISIBLE」のダンスビートがフロアの興奮を高める中、剣、衍龍、IZA、哲也、猟牙がステージに登場。怒号のような大歓声で迎えられた彼らは、持ち場につくと一気に轟音を解き放った。ヘッドバンギングの嵐が吹き荒れる。そこから優麗なストリングスをたたえた「鉛」をくり出し、“始めようか、赤坂!”と、間髪入れずに「敬愛なる君へ」「LIQUID VAIN」「NEW ANSWER」とハードナンバーを連投。オーディエンスは頭を振り、声と拳をあげ、フロアをぐちゃぐちゃにかき回して爆音を楽しんでいると、“初っ端から地獄絵図作りたいんだが、ヘドバンの準備はできてますか!?”と猟牙が叫び、「嫌、嫌、嫌。」へ。獰猛な音塊と、激しく回転するイエローのスポットライトが、人間の奥底に潜む凶暴性を激しく刺激してくる。

バンド最大キャパでのアニバーサリーワンマンということもあり、メンバー全員から漲っている気迫もすさまじかった。哲也が破壊力抜群のドラミングをくり出せば、IZAはそのビートに寄り添いつつも、ときにステージ前まで飛び出してきてオーディエンスを煽る。衍龍は軽やかにステップを踏みながら、剣はどっしりと構えながらギターをかき鳴らし、その音を背中に受けた猟牙は、強烈な咆哮を交えながら全身で歌を届けていく。

この日のセットリストは、ツアー開始直前にリリースされたアルバム『KNOT INVISIBLE』の楽曲はもちろん、彼らの2年間を総括するようなものになっていた。グルーヴィなサウンドに乗せられたシンガロング必至なメロディが光る「Disclosure」や、感傷的な響きのアンサンブルで攻め立てる「ギブミー不気味」、メロディックスピードメタルな雰囲気もある「紅く散らばる華」に、エレクトロニコアな「BRILLIANT」など、5人は矢継ぎ早に曲をくり出していく。RAZORの楽曲はどれもラウドかつヘヴィだが、さまざまな音楽を咀嚼、昇華していてなんとも多彩。また、どれもメロディアスでもあるのが特徴で、激情的なミディアムナンバー「さよなら」は、その美しい旋律を堪能できる一品。アウトロでオフマイク気味に叫んだ猟牙の歌声も圧巻で、パワーで押し切るのみではなく、じっくりと歌を届ける場面もあった。

それでもやはり、RAZOR最大の魅力は、その強烈なライブパフォーマンスにある。“なにぬるい顔してんだ、地獄絵図作るんじゃなかったっけ!?”と激しい煽りから突入した「埋葬」では、猟牙がフロアにダイブ。オーディエンスに支えられた状態でそのまま歌い続けると、“怪我してない? じゃあもう1回行くぞ!”と、再度「埋葬」を撃ち込む。フロアにはウォールオブデスも発生し、壮絶な景色を生み出していた。

アンコールでは、哲也がひとりステージに登場。本編とは打って変わって、全身白色の衣装にフロアから歓声が上がる中、ドラムソロが始まった。オーディエンスの声を煽りながらアグレッシブにドラムを叩き上げると、そこへIZA、衍龍、剣、猟牙とひとりずつステージに登場して音を重ねていき、そのまま「ROAD」へ突入。オーディエンスも飛び跳ね、マイナビBLITZ赤坂を激しく揺らしていく。また、“こういう曲を、こういう大きな会場で歌うのがひとつの大きな目標でした。お前らのでかい声でこの会場を埋め尽くしてくれますか?”と、「ADAMZ」を披露。この日最大音量のシンガロングを巻き起こす、ドラマティックな場面となった。

MCでは、メンバーそれぞれが、RAZORを始めたときのエピソードや、これまでの感謝など、今、自分の胸にある思いを素直な言葉でオーディエンスに伝えていたが、猟牙は“気づいたらアニバーサリーを迎えられていられるようなバンドでいたいなと思います。10年先を約束するわけでなく、今を必死に生きて、音楽を作り続けて、かっけえメンバーたちと、応援してくれるみんなの熱量を世の中に広めていけたらいいなと、心からそう思ってます”と話すと、フロアからは大きな拍手が送られていた。タブルアンコールの「RED ZONE」まで全24曲。冒頭に記した猟牙の発言通り、今のRAZORのすべてを出し切った3時間超えの熱演であり、バンド史上最大規模の会場に爪痕を残したアニバーサリーライブとなった。

祝福と挑戦の2周年ライブを終えたRAZORは、この日、来年3月15日(金)の福岡DRUM Be-1を皮切りに、全国6ヵ所7公演のワンマンツアーを開催することを発表。ツアーファイナルは4月21日(日)、EX THEATER ROPPONGIにて行なわれる。3年目に突入し、さらにギアを上げていく彼らを楽しみにしたい。

撮影:菅沼剛弘/取材:山口哲生

【セットリスト】
SE(KNOT INVISIBLE)
1.鉛
2.敬愛なる君へ
3.LIQUID VAIN
4.NEW ANSWER
5.嫌、嫌、嫌。
6.Disclosure
7.ギブミー不気味
8.イノセンス
〜SE〜
9.さよなら
10.PINOCCHIO
11.紅く散らばる華
12.DNA
13.その後の世界
14.埋葬
15.BRILLIANT
16.ERROR BRAIN
<ENCORE>
1.ROAD
2.消えない痛み
3.HONEY
4.あじさい
5.ADAMZ
6.PRIMARY
<ENCORE2>
1.Labyrinth
2.RED ZONE

【ライブ情報】
<2019年>
3月15日(金) 福岡・DRUM Be-1
3月23日(土) 北海道・DUCE SAPPORO
3月24日(日) 北海道・DUCE SAPPORO
4月06日(土) 宮城・仙台CLUB JUNK BOX
4月14日(日) 愛知・名古屋ELL
4月19日(金) 大阪・BIGCAT
4月21日(日) 東京・EX THEATER ROPPONGI

■ツアー情報ページ
http://razor-web.jp/feature/?fid=8b8a0337e79b4dafe59e90fd58636131



【関連リンク】
RAZOR、ひとつの目標地点だったマイナビBLITZ赤坂にて東名阪ツアーを締め括る
RAZORまとめ

【関連アーティスト】
RAZOR
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ツアー, セットリスト, ライブレポ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1