歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年12月11日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/12/20
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
BiSH、横浜赤レンガでのフリーライブより「サラバかな」のライブ映像公開
Tue, 11 Dec 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BiSHが12月7日から3日間にわたって開催した人気企画『BiSH参勤交代the beyond』の締め括りとして、12月9日に実施したフリーライブ『stereoなfutureにしないYOKOHAMA』より、2015年リリースのインディーズ1stアルバム『Brand-new idol SHiT』収録曲「サラバかな」のライブ映像をフル公開した。

本公演は横浜赤レンガ倉庫にて7000人を集め、生中継されたLINE LIVEでは50万視聴を超えた、BiSH史上最大規模のフリーライブ。「サラバかな」はメンバー、清掃員(=BiSHファンの総称)ともに大事に歌い継いで来た人気曲であり、単独フル映像がYouTubeに公開されるのは今回が初だ。メンバーと清掃員が一体となったエモーショナルなパフォーマンス、フリーライブの規模感が堪能できる映像となっている。

また、12月22日にはいよいよ幕張メッセ9〜11ホールのワンマンライブ『THE NUDE』の開催を控え、大躍進の1年となった2018年の集大成を見せるBiSHに注目!

『BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL "THE NUDE"』

12月22日(土) 千葉・幕張メッセ9・10・11ホール
OPEN 14:30/START 16:00
※チケット発売中!http://l-tike.com/bish



【関連リンク】
BiSH、横浜赤レンガでのフリーライブより「サラバかな」のライブ映像公開
BiSHまとめ
超特急、アジア最大級の音楽受賞式『2018 MAMA』に出演決定

【関連アーティスト】
BiSH
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, グループ, ライブ

超特急、アジア最大級の音楽受賞式『2018 MAMA』に出演決定
Tue, 11 Dec 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急が12月12日にさいたまスーパーアリーナで行われる『2018 MAMA FANS\' CHOICE in JAPAN』に出演することが決定した。

2018年で10回目を迎える『Mnet Asian Music Awards(MAMA)』は、韓国100%エンターテインメントチャンネル「Mnet」や日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「Mnet Smart」を運営するCJ ENM主催の音楽授賞式。韓国のみならず、2010年のマカオを皮切りにアジア各国で開催され、2017年にはベトナム・日本・香港で受賞式が行なわれた。2018年は12月10日から14日にかけて韓国・日本・香港の3地域で開催されるが、超特急は12月12日の『2018 MAMA FANS\' CHOICE in JAPAN』に出演し、パフォーマンスを行なう。

史上初、メインダンサー&バックボーカル・グループとして2011年に結成し、2012年にCDデビューを果たした超特急。これまでもインドネシアでライブを行なったり、初の写真集をマレーシアで撮影して観光文化大臣から感謝状を授与されたり、地上波の冠番組で台湾に訪れたりと、常にアジアに目を向けて活動してきた。また、2018年には数々の大規模音楽フェスに出演して、iKON、SUPER JUNIOR-D&G、V.I (from BIGBANG)、東方神起、NCT127ら、数々のアジアンアーティストも共演。さらに、メンバーの2号車・カイは大のK-POP好きとして知られ、VIXXとバラエティ番組で共演し、韓国語もたしなむ等、アジアの音楽シーンとの親和性は高い。今回の受賞をキッカケに、さらなる海外展開にも期待できそうだ。

『2018 MAMA FANS\' CHOICE in JAPAN』には、その他BTS(防弾少年団)、IZ*ONE、MAMAMOO、MONSTA X、NU\'EST W、TWICE、Wanna Oneらが出演。K-POPシーンを代表する豪華メンバーの中で、日本代表として6人がどんな輝きを放つのか注目したい。

『BULLET TRAIN SPRING/SUMMER TOUR 2019 EUPHORIA 〜Breakthrough, The Six Brave Stars〜』

<2019年>
4月20日(土) 千葉・松戸・森のホール21 大ホール
4月21日(日) 千葉・松戸・森のホール21 大ホール
4月28日(日) 神奈川・カルッツかわさき ホール
4月29日(月) 神奈川・カルッツかわさき ホール
5月02日(木) 大阪・大阪国際会議場 メインホール
5月03日(金) 大阪・大阪国際会議場 メインホール
5月05日(日) 大阪・大阪国際会議場 メインホール
5月11日(土) 鳥取・とりぎん文化会館 ※初開通
5月12日(日) 島根・島根県民会館 ※初開通
5月17日(金) 福岡・福岡サンパレス
5月18日(土) 長崎・長崎ブリックホール
5月25日(土) 愛知・愛知県芸術劇場大ホール
5月26日(日) 愛知・愛知県芸術劇場大ホール
6月01日(土) 神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
6月02日(日) 埼玉・大宮ソニックシティ 大ホール
6月08日(土) 広島・上野学園ホール

■ツアー特設サイト
http://bullettrain.jp/euphoria/

<チケット>
指定席¥7,800(税込)/ファミリー号車席¥7,800(税込)
※3歳以上はチケットが必要となります。
※3歳未満のお子様は大人1名につき1名まで膝上に限り無料。ただしお席が必要な場合はチケットが必要です。
※ファミリー席に関する注意事項はツアー特設サイトをご確認下さい。

◎夢の青春8きっぷ会員限定先行受付(抽選)(ファンクラブ会員)
受付期間:12月7日(金)21:00〜12月17日(月)23:59 
当落・入金期間:12月22日(土)14:00〜12月25日(火)23:00
※お一人様2枚まで/ファミリー号車席は2枚まで
申込対象者:
12月2日(日)23:59までの入会者⇒12月7日(金)21:00〜申込可能。
12月3日(月)0:00〜12月12日(水)23:59までの入会者⇒12月14日(金)18:00〜申込可能。
お申込み:http://fc.bullettrain.jp/



【関連リンク】
超特急、アジア最大級の音楽受賞式『2018 MAMA』に出演決定
超特急まとめ
BUCK-TICK、デビュー30周年イヤーの日本武道館公演を収めた映像作品のトレーラー公開

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, グループ, 出演

BUCK-TICK、デビュー30周年イヤーの日本武道館公演を収めた映像作品のトレーラー公開
Tue, 11 Dec 2018 20:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BUCK-TICKが2017年12月28日、29日の2日間にわたって開催した、デビュー30周年Yearの日本武道館公演を全曲収録したLIVE Blu-ray&DVD『THE DAY IN QUESTION 2017』のトレーラー映像が公開された。

12月26日(水)にリリースされるこの映像作品は、2017年に開催した全国ツアーのファイナルとして日本武道館で2日間に渡り行なわれたライヴの模様を全曲収録した映像作品。12月29日の公演は生放送されたが、今作では当日の放送内容とは異なり、新たに編集を施したスペシャルな映像内容となっている。公開されたトレーラー映像は9分を超えるボリュームで、リリースを前にライヴ映像をたっぷり楽しむことのできる内容になっているので、ぜひチェックを!

さらに、BUCK-TICK LINEスタンプが配信開始となった。メンバーそれぞれの個性を生かした、日常的に使いやすいものからユーモア溢れるものまで全40種類のスタンプが登場したので、ぜひ使ってみてはいかがだろうか。

BUCK-TICKは、12月29日に19年連続となる日本武道館でのワンマンライヴ『TOUR No.0 -FINAL-』を開催。その他、ライヴを中心としたスペシャルなプログラムも多数用意されているので、年末はBUCK-TICK三昧となること間違いなしだ。

Blu-ray&DVD『THE DAY IN QUESTION 2017』

2018年12月26日 発売



【完全生産限定盤】(3BD+PHOTOBOOK)
VIZL-1495/¥12,000(税抜)
【完全生産限定盤】(3DVD+PHOTOBOOK)
VIZL-1496/¥11,000(税抜)
【通常盤】(2BD)
VIXL-247〜248/¥7,000(税抜)
【通常盤】(2DVD)
VIBL-922〜923/¥6,000(税抜)
<収録曲>
■Disc1&2(December 28th, 2017.)
SE. THEME OF B-T
01. 独壇場Beauty -R.I.P.-
02. ICONOCLASM
03. ANGELIC CONVERSATION
04. THE SEASIDE STORY
05. Baby, I want you.
06. スピード
07. LOVE PARADE
08. ノクターン -Rain Song-
09. サファイア
10. BABEL
11. BOY septem peccata mortalia
12. Django!!! -眩惑のジャンゴ-
13. 絶界
14. Memento mori
15. COSMOS
16. MACHINE -Remodel-
17. 夢魔 -The Nightmare
18. 愛の葬列
19. JUPITER
20. MY EYES & YOUR EYES
21. CLIMAX TOGETHER
22. New World
■DISC3 ※完全生産限定盤のみ
全国各地を追いかけたツアードキュメント「THE DAY IN QUESTION 2017 Documentary」

◎完全生産限定盤(Blu-ray/DVD共通)
1)「THE DAY IN QUESTION 2017 Documentary」映像ディスク付属
2) LIVE PHOTOBOOK [全64P]封入
3) スペシャルパッケージ仕様

【ライブ情報】

『TOUR No.0 - Guernican Moon -』
12月15日(土) 福岡・福岡DRUM LOGOS ※ファンクラブ会員限定
12月16日(日) 福岡・Zepp Fukuoka
12月20日(木) 熊本・熊本B.9 V1 
12月22日(土) 京都・KBSホール

『TOUR No.0 -FINAL-』
12月29日(土) 東京・日本武道館 



【関連リンク】
BUCK-TICK、デビュー30周年イヤーの日本武道館公演を収めた映像作品のトレーラー公開
BUCK-TICKまとめ
VR映像を使った鬼龍院翔や格闘ゲームをオマージュしたThe Mirrazなどゲームを題材にしたMV特集

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, トレーラー

VR映像を使った鬼龍院翔や格闘ゲームをオマージュしたThe Mirrazなどゲームを題材にしたMV特集
Tue, 11 Dec 2018 18:00:00 +0900


ゲームは時代とともに進化を遂げ、近年ではVR(バーチャル・リアリティー)を使用した画期的なゲームなどが続々と登場し、往年のファンに愛されてきたスーパーファミコンなど過去作のリメイクも話題に。今回は、人々に愛されてきたゲームに焦点を当てたMVをご紹介!ひとつひとつに濃密なストーリーがあるので、まるでゲームをプレイしているような楽しさを味わうことができますよ。

■「ハイスコアガール」(‘17) /BURNOUT SYNDROMES

この曲は、熊谷和海(Gu&Vo)が愛してやまない漫画『ハイスコアガール』を題材に、伝説の神ゲーの数々をモチーフに制作した青春RPGソング。MVはゲームの世界に入り込んだ少女が横スクロールアクションやシューティングなどのさまざまなゲームでハイスコアを目指すという観応え十分な作品。全編がアナログの温かみを味わえるドット絵で構成されており、“隠しコマンド”や“復活の呪文”など懐かしいゲームネタも随所で登場する他、バグを起こした時のザラついた画面も再現された、ゲームマニアにはたまらないMVだ。

■「Love Days」(‘18)/鬼龍院翔

大国男児に提供した楽曲をセルフカバーした「Love Days」のMVは、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔が登場する恋愛シュミレーションゲームに没頭する女性を描いたユニークな内容だ。プレイ序盤では鬼龍院に相手にされていないこともあって無表情だった女性が、エンディングを迎えるころにはすっかり恋に落ちた様子でVR版を手に入れる。VRの世界で鬼龍院との甘い生活を楽しむが、鬼龍院の頬に触れている質感や温もりが現実ではおでんの入った容器だったり、ペンライトやうちわがホウキやテレビのリモコンだったりと、そのズレも面白い。VRにのめり込みすぎた彼女を待ち受ける悲しい結末には同情を禁じ得ない…。

■「Player」(‘18)/chelmico

2018年8月にアルバム『POWER』でメジャーデビューを果たしたガールズラップユニット・chelmicoの「Player」のMVは、サッカーやレースなど、さまざまなゲームの世界に飛び込む様子が描かれた作品。ポリゴンやドット絵にデフォルメされたふたりのキュートな姿や、観ているこっちまで頬が緩んでしまうほど楽しそうなゲームプレイ中の様子など、遊び心あふれる映像に。しかし、ゴルフゲームでは空振り、サッカーゲームではオーバーヘッドキックを失敗…だが、そのラストに訪れる意外なオチは必見だ!

■「格闘ゲーム」(‘18)/The Mirraz

タイトルの通り某格闘ゲームにハマった畠山承平(Vo&Gu)が、そのゲームからインスピレーションを受けて制作したという楽曲のMVは、格闘ゲームをプレイする畠山が何度も対戦相手に叩きのめされ、そのリベンジを果たすべく、実際に走り込み、懸垂、瞑想といった修行に励むというストーリー。その様子がゲームの世界でもシンクロしていて、厳しい修行を経たあとに強敵をなんとか倒していく姿にそこはかとない達成感が…! 必殺技の“波動拳”“昇竜拳”、さらに特徴的な戦闘カットなど、元ネタの格闘ゲーム好きにはお馴染みの演出もあるので、ゲームをプレイしたことのある人は思わずニヤリとしてしまう作品だろう。

■「Friday Night」(‘18) /Xmas Eileen

タイトルにある“金曜日の夜”を舞台にしたMVは、デート中に突然謎の集団に襲撃され、“GAME OVER”を迎えるところから物語がスタート。連れ去られてしまった彼女を謎の集団から取り戻すべく、主人公がXmas Eileen演じるダークヒーローとともに奮闘するというストーリーだ。今作ではカメラの視線と登場人物の視線を一致させるようなPOVショットという撮影手法が用いられていて、臨場感のある映像とプラズマが出ているようなエフェクト、アクロバティックな格闘シーンがゲームの主人公になって実際に闘っている気分にさせてくれる。なお、謎の集団のボス役にはバンドがライヴで共演したこともあるあのアイドルグループが登場。可愛くも不気味な彼女たちの演技も観どころのひとつだ。

TEXT:鈴木 瞬



【関連リンク】
VR映像を使った鬼龍院翔や格闘ゲームをオマージュしたThe Mirrazなどゲームを題材にしたMV特集
BURNOUT SYNDROMESまとめ
鬼龍院翔まとめ
ゴールデンボンバーまとめ
chelmicoまとめ

【関連アーティスト】
BURNOUT SYNDROMES, 鬼龍院翔, ゴールデンボンバー, chelmico, The Mirraz, Xmas Eileen
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, 連載コラム, 気になるワードでディグる! 〇〇なMV, ミュージックビデオ, MV

Machico、新曲「Stand Up!」も披露した熱く激しい東京公演をレポート
Tue, 11 Dec 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Machicoがツアー『Machico Live Tour 2018『Gimme▽』』を12月1日(土)神奈川 F.A.D YOKOHAMA、2日(日)東京 代官山SPACE ODD、そしてファイナルは8日(土)地元となる広島 セカンド・クラッチにて開催した。この3公演の中から、東京会場の模様をお届けする。

満員のライブハウスでスタート前からテンションが高まる中、Machicoがステージに登場。彼女の代表曲であり、TVアニメ『この素晴らしい世界に祝福を! 』のOPテーマ「fantastic dreamer」を歌い、会場を一気に爆発させる。その後も勢いを止めることなく「青春オーバードライブ」、そしてツアーのタイトルにもなった「ギミー・ラブ」、そして「永久味方宣言」「Million Smile」を熱唱。観客も大きな声を出し、クラップをしながら一緒にライブを盛り上げていく。

もちろん、アッパーな曲だけが彼女の魅力ではない。続いてのブロックでは、しっとりと優しいバラード曲「勇気のつばさ」「禁断の運命」「ココロメロディー」を3曲続けて披露した。心をこめた歌声が沁み、「ココロメロディー」での手話を交えた振り付けも感動的だ。また、MCは親近感のあるトークで盛り上げた。“ツアーに合わせて髪色を変えては見たものの、ふと、はるにゃん(山崎はるか)にめっちゃ似てる!と思った”などの話をして、会場を和ませる。

マイクスタンドにライダースを着て歌ったのは、彼女が『キラキラ☆プリキュアアラモード』で演じたロック少女・岬あやねのキャラソン「IGNITION」と「Soul Believer」。会場を再び熱くすると、日替わり曲として東京公演では「Happy gathering!」を歌い、その後はラストに向けてひたすら会場を盛り上げていく。一緒に振り付けを楽しんだ「星屑プリンス」、タオルを振り回して大興奮の「ラブ★スト」。そして「key of the future」とラスト、TVアニメ『りゅうおうのおしごと』のOPテーマ「コレカラ」は、会場のファンも汗だくになりながら楽しんだ。

アンコールはタンバリンを叩きながら歌う「マケズギライなThank you」から。本編もかなり大胆な衣装だったが、アンコールのビッグTシャツもアレンジを施し、背中が見える衣装で登場した。ここで、RPGゲーム『この素晴らしい世界に祝福を!〜希望の迷宮と集いし冒険者たち〜』の主題歌に決定した、2019年1月30日発売予定の新曲「STAND UP!」を早速フルで披露する。今回も疾走感溢れるロックチューンで、冒険に出るワクワク感や熱さや強さを感じる1曲だった。

そしてTVアニメ『この素晴らしい世界に祝福を!2』のOPテーマ「TOMORROW」を明るく元気に笑顔で歌いきり、熱く激しいワンマンライブを終えた。最後は“みんなのおかげで、私もたっぷり笑顔になりました。またみんなで笑顔で会えるように、いつものさようならの合図をしたいと思います”と言い、恒例の挨拶「サラバダ」で締め括った。

※▽部分は白抜きハートが入ります。

【セットリスト】
1.fantastic dreamer
2.青春オーバードライブ
3.ギミー・ラブ
4.永久味方宣言
5.Million Smile
6.ココロメロディー
7.勇気のつばさ
8.禁断の運命
9.IGNITION
10.Soul believer
11.Happy gathering
12.星屑プリンス
13.ラブ★スト
14.key of the future
15.コレカラ
<ENCORE>
16.マケズギライなThank you
17.Stand Up!(新曲)
18.TOMORROW

シングル「STAND UP!/またあした」

2019年1月30日(水)発売



COCC-17557/¥1,200 +税
<収録曲>
1.STAND UP!
2.またあした
3.STAND UP!(off vocal ver.)
4.またあした(off vocal ver.)




【関連リンク】
Machico、新曲「Stand Up!」も披露した熱く激しい東京公演をレポート
Machicoまとめ
HYDE、ゲーム『デビルメイクライ5』に新曲「MAD QUALIA」を書き下ろし

【関連アーティスト】
Machico
【ジャンル】
アニメ・声優, ニュース, ライブ, ツアー, ワンマン, レポート

HYDE、ゲーム『デビルメイクライ5』に新曲「MAD QUALIA」を書き下ろし
Tue, 11 Dec 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

HYDE(L\'Arc〜en〜Ciel)がCAPCOM『デビルメイクライ5(以下DMC5)』のイメージソングとして自ら書き下ろしたオリジナル楽曲「MAD QUALIA」を制作した。ダークかつスタイリッシュなその曲の一部はプロモーション映像内で確認できるので、『DMC5』の公式サイトなどをチェックしよう。また、その他の詳細情報は後日発表予定となっている。

2008年にロックユニット・VAMPSを始動させ、日本のみならずワールドワイドに活躍するHYDE。2017年12月にはVAMPSの活動休止を発表し、2018年6月以降ソロシングル3枚をリリース。さらに全33本に及ぶ全国ツアーを開催した。2019年1月にはニューシングル「ZIPANG」をリリースし、ドレスコード必須の『HYDE ACOUSTIC CONCERT 2019 ?ミサ BIRTHDAY』を敢行予定。音源リリースやライブ活動など、2019年のHYDEからも目が離せない。

【ライブ情報】

<2019年>
『HYDE ACOUSTIC CONCERT 2019 ?ミサ BIRTHDAY -TOKYO-』
1月23日(水)・24日(木) 千葉・ 幕張メッセ イベントホール
※チケット一般発売:2019年1月5日(土) 10:00 〜

『HYDE ACOUSTIC CONCERT 2019 ?ミサ BIRTHDAY -WAKAYAMA-』
1月29日(火)・30日(水) 和歌山・和歌山ビッグホエール
※チケット一般発売:2019年1月12日(土) 10:00 〜

<チケット料金>
SS席 ¥30,240(税込)
S席 ¥16,200(税込)
A席 ¥12,960(税込)
※全席指定
※6歳未満入場不可、6歳以上要チケット
<ご注意>
ドレスコードがございます。“スマートカジュアル”の装いでご来場ください。



【関連リンク】
HYDE、ゲーム『デビルメイクライ5』に新曲「MAD QUALIA」を書き下ろし
HYDEまとめ
石崎ひゅーい、「さよならエレジー」のセルフカバー版を配信リリース

【関連アーティスト】
HYDE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 新曲, ゲーム

石崎ひゅーい、「さよならエレジー」のセルフカバー版を配信リリース
Tue, 11 Dec 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月10日(月)放送のニッポン放送『菅田将暉のオールナイトニッポン』に、シンガーソングライターの石崎ひゅーいがゲストで登場。菅田将暉に提供した大ヒット中の「さよならエレジー」をセルフカバーした音源をオンエアし、12月19日(水)から配信限定リリースすることを発表した。

また、12月末に行なわれる音楽フェスティバル『COUNTDOWN JAPAN 18/19』の、12月30日(日)13:30からのASTRO ARENAでの石崎ひゅーいのステージに菅田将暉がゲストで出演することも決定している。足を運ぶ方はふたりのステージにも注目だ。

配信シングル「さよならエレジー」

2018年12月19日(水)配信開始



※各配信ストア・ストリーミングサイトで配信

【ライブ情報】

『COUNTDOWN JAPAN 18/19』
12月30日(日)13:30〜ASTRO ARENA
石崎ひゅーいステージ ゲスト:菅田将暉
■オフィシャルイベントHP http://countdownjapan.jp/
<2019年>
『石崎ひゅーい アンコールツアー・バンドファイナル』
〜もっともっと編〜
1月08日(火) 東京・SHIBUYA CLUB QUATTRO
〜ファイトファイト編〜
1月09日(水) 東京・SHIBUYA CLUB QUATTRO
<チケット>
4,500円(整理番号付・税込・別途ドリンク代必要)
※6才以上チケット必要、5才以下入場不可
※チケット発売中!



【関連リンク】
石崎ひゅーい、「さよならエレジー」のセルフカバー版を配信リリース
石崎ひゅーいまとめ
菅田将暉まとめ
クアイフ、クリスマスイブにデビュー曲「愛を教えてくれた君へ」の新バージョンを配信

【関連アーティスト】
石崎ひゅーい, 菅田将暉
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, リリース, 配信

クアイフ、クリスマスイブにデビュー曲「愛を教えてくれた君へ」の新バージョンを配信
Tue, 11 Dec 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

クアイフがメジャーデビュー1周年を記念して製作したデビュー曲「愛を教えてくれた君へ」の新バージョン「愛を教えてくれた君へ(white night edition)」を12月24日(月・休)に配信リリースすることが決定した。

オリジナルバージョンの「愛を教えてくれた君へ」は、2017年11月29日リリース。フジテレビ“ノイタミナ”TVアニメ『いぬやしき』エンディングテーマとして書き下ろされた楽曲で、“泣ける神曲”としてロングヒット中だ。

「愛を教えてくれた君へ(white night edition)」は、同曲の象徴でもある壮大なサウンドを敢えて限界までそぎ落としたことによって生まれた奥行きが“生死”、“別れ”というメッセージをより印象的なものに昇華させており、YouTubeで公開中のリリックビデオには“このバージョンも好き”“思い出し泣きする”などの称賛コメントが寄せられている。クアイフが紡ぐ、この冬にピッタリのより切なくより儚い物語をぜひチェックしてほしい。

配信楽曲「愛を教えてくれた君へ (white night edition)」

2018年12月24日(月・休)配信スタート

【ライブ情報】

『KNOT10周年記念!! stick out SP!』
12月13日(木) 愛知・豊橋club KNOT

『topics』
12月26日(水) 千葉・千葉LOOK

『クアイフ one-man live “for the future 2018”』※SOLD OUT
12月29日(土) 愛知・APOLLO BASE

『O-Crest YEAR END PARTY 2018 Special 4DAYS!』
12月31日(月) 東京・TSUTAYA O-Crest

<2019年>
『みそフェス2019 supported by ZIP-FM FIND OUT』
1月05日(土) 愛知・SPADE BOX

『空中ループ『見エズ在ルモノ』リリースライブツアー』
1月11日(金) 大阪・心斎橋JANUS

『EARNIE FROGs 東名阪ライブツアー2019 〜交叉点〜 東京編』
1月19日(土) 東京・TSUTAYA O-Crest

『machioto2019』
2月10日(日) 岡山・会場後日発表

『破竹之勢』
2月17日(日) 愛知・名古屋CLUB UPSET



【関連リンク】
クアイフ、クリスマスイブにデビュー曲「愛を教えてくれた君へ」の新バージョンを配信
クアイフまとめ
moke(s)、ニューミニアルバム『GIVE MORE GEAR』発売決定

【関連アーティスト】
クアイフ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, バンド, リリース, 配信

moke(s)、ニューミニアルバム『GIVE MORE GEAR』発売決定
Tue, 11 Dec 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

moke(s)が、2019年2月13日に2ndミニアルバム『GIVE MORE GEAR』をリリースすることを発表した。

今作は、2018年7月にリリースされた1stミニアルバム『BUILD THE LIGHT』がスマッシュヒットを記録したことを受け、たった5カ月という短いスパンでのリリース。圧倒的な演奏力と攻撃性のあるサウンドはそのままに、より美しいメロディとメッセージを武器(ギア)にした、BUNGEE JUMP FESTIVALの続編を感じさせるアルバムとなっている。

また、このリリースを記念して2019年2月24日(日)に東京・吉祥寺PLANET Kでワンマンライブを開催する。高校生以下は入場無料(要学生証提示)、高校生以上の学生は学生証提示でチケット代¥1000オフと、学生はお得に入場できるので、ぜひ足を運んでみよう!

moke(s)は、町田直隆(ex.BUNGEE JUMP FESTIVAL)が、海北大輔(LOST IN TIME)、小寺良太(ex.椿屋四重奏)の3名で、2015年に現体制で活動開始した3ピース・ロックバンド。ジャパニーズ・インディロックシーンで伝説的存在の3人が集い、圧倒的な実力と裏打ちされた圧倒的な演奏力のロックミュージックで、ライブハウスから大きな話題となっていた。今作も邦ロックの歴史に残る名盤となりそうだ。

ミニアルバム『GIVE MORE GEAR』

2019年2月13日発売



LFRR-0011/¥1500+税
<収録曲>
1. リグレット
2. デスバイサウンド (リード曲/MV予定)
3. IDIOT HUMAN RANKING
4. DEAR MY ENEMY
5. UNDERDOG SONG
6. CONTROL
7. DESPERATION
8. ステイシー

『moke(s) 2nd Mini ALBUM「GIVE MORE GEAR」発売記念ONEMAN LIVE 「もっと武器をくれ」』

2019年2月24日(日) 東京・吉祥寺PLANET K
<チケット>
前売/当日 ¥2500/¥3000(+1DRINK)
※高校生以下は入場無料(要学生証提示)
※高校生以上の学生は学生証提示でチケット代¥1000 OFF



【関連リンク】
moke(s)、ニューミニアルバム『GIVE MORE GEAR』発売決定
moke(s)まとめ
町田直隆まとめ
椿屋四重奏まとめ
LOST IN TIMEまとめ

【関連アーティスト】
moke(s), 町田直隆, 椿屋四重奏, LOST IN TIME
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, アルバム, リリース, 発売

04 Limited Sazabys、『YON FES 2019』第1弾出演者に10-FEET、SUPER BEAVERら発表
Tue, 11 Dec 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2019年4月6日(土)、7日(日)に愛知・モリコロパーク(愛・地球博記念公園)にて行なわれる、04 Limited Sazabys主催の野外フェス『YON FES 2019』の第1弾出演アーティストが発表された。

今回発表されたのは、主催者である04 Limited Sazabysを筆頭に、10-FEET、Hump Back、 KEYTALK、 My Hair is Bad、SHANK、SiM、SPECIAL OTHERS、SUPER BEAVER、四星球、ハルカミライの計11組。出演者は04 Limited Sazabysの呼びかけにより、今後も続々と追加される予定だ。

また、12月11日より『YON FES 2019』ファミリーマート先行受付をスタート。応募期間は2018年12月24日(月) 23:59まで、1日入場券のみの販売となっている。詳細はYON FES 2019オフィシャルHPをチェックしよう。

■『YON FES 2019』

4月06日(土) 愛知・モリコロパーク(愛・地球博記念公園)
4月07日(日) 愛知・モリコロパーク(愛・地球博記念公園)
開場9:30 開演11:00 終演19:00(各日共予定)
※雨天決行(荒天の場合は中止)

<出演>
04 Limited Sazabys(※両日出演) /10-FEET / Hump Back / KEYTALK / My Hair is Bad / SHANK / SiM / SPECIAL OTHERS / SUPER BEAVER / 四星球 / ハルカミライ/and more!

<チケット>
4月06日(土):1日入場券¥6,900(税込)
4月07日(日):1日入場券¥6,900(税込)
4月06日(土):4月7日(日)2日通し入場券¥13,500 (税込) SOLD OUT

■ファミリーマート先行
受付席種:《4月6日(土)・4月7日(日)》1日入場券6,900円
受付期間: 2018年12月24日(月) 23:59まで
受付詳細:http://w.pia.jp/t/yonfes2019/



【関連リンク】
04 Limited Sazabys、『YON FES 2019』第1弾出演者に10-FEET、SUPER BEAVERら発表
04 Limited Sazabysまとめ
10-FEETまとめ
Hump Backまとめ
KEYTALKまとめ

【関連アーティスト】
04 Limited Sazabys, 10-FEET, Hump Back, KEYTALK, My Hair is Bad, SHANK, SiM, SPECIAL OTHERS, SUPER BEAVER, 四星球, ハルカミライ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, バンド, 発表, ライブ

けやき坂46、初の海外パフォーマンスで「期待していない自分」を披露
Tue, 11 Dec 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

欅坂46の妹分的グループけやき坂46が2018年12月10日(月)、韓国の東大門デザインプラザ(DDP)にて開催された『2018 MAMA PREMIRE in KOREA』に出演した。

『Mnet Asian Music Awards(MAMA)』は2018年で10回目を迎えるCJ ENM 主催のアジア最大級の音楽授賞式。1999年に『Mnet KM MUSIC Festival(MKMF)』としてスタートし、2019年は韓国、日本、香港の3カ国で開催され、アジア各国のアーティストが集結した。けやき坂46はその中で、『Best New Asian Artist Japan』を受賞。欅坂46グループとしても初の海外でのパフォーマンスとなった。

この日は、2018年6月にリリースしたデビューアルバム『走り出す瞬間』のリード曲「期待していない自分」を披露。1曲の中にこの1年の成長が詰め込まれた熱いステージだった。

けやき坂46は2018年日本武道館公演3daysを皮切りに、地上波レギュラー番組のスタート、デビューアルバムのリリース、東名阪ツアー、初主演舞台、単独でのCMタイアップなど、凄まじい勢いで成長を続け、欅坂46の妹的な立ち位置から、ひとつのグループとしての立ち位置を確立させつつある。 12月11日からは2018年の締め括りとも言うべき日本武道館3days公演を控え、2019年からは本格的に三期生の上村ひなのも合流し、さらなるパワーアップをするだろう。



【関連リンク】
けやき坂46、初の海外パフォーマンスで「期待していない自分」を披露
けやき坂46まとめ
欅坂46&けやき坂46、新メンバー10名を『お見立て会』で初お披露目

【関連アーティスト】
けやき坂46
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, AKB, ライブ

欅坂46&けやき坂46、新メンバー10名を『お見立て会』で初お披露目
Tue, 11 Dec 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年夏より行なわれていた『坂道合同オーディション』にて、欅坂46、けやき坂46の新メンバーに選ばれた10名による初のお披露目イベント『お見立て会』が2018年12月10日(月)日本武道館で開催された。

応募総数12万9182人の中から欅坂46二期生として加入したのは、井上梨名(いのうえりな)、関有美子(せきゆみこ)、武元唯衣(たけもとゆい)、田村保乃(たむらほの)、藤吉夏鈴(ふじよしかりん)、松田里奈(まつだりな)、松平璃子(まつだいらりこ)、森田ひかる(もりたひかる)、山?天(やまさきてん)の9名と、けやき坂46三期生として加入した上村ひなの(かみむらひなの)1名。

『お見立て会』では新メンバーによる自己PR、ライブパフォーマンス、握手会を実施。初めて立つステージが武道館という大舞台に新メンバーの緊張も最高潮の中、一般発売後30分でソールドアウトしたチケットを手にした1万人のファンたちは、早くもお気に入りの新メンバーの名前を呼んで応援し、今後の活躍に期待を寄せていた。自己PRでは、自己紹介と共に、Saxや和太鼓を演奏するものもいれば、替え歌や関西弁で自身をアピールしたり、元銀行員という経歴を発表したりと、個性溢れるメンバーに会場は大盛り上がりをみせる。

初めてのライブパフォーマンスは「OVERTURE」で始まると、いつものライブと同じように会場はペンライトでグループカラーのグリーン一色に染まった。新メンバー全10名でまずは1曲目、欅坂46の曲「サイレントマジョリティー」を披露。センターを務めたのは藤吉夏鈴(ふじよしかりん)(17歳)、続いてけやき坂46の曲「誰よりも高く跳べ!」でセンターは唯一のけやき坂46新メンバー上村ひなの(かみむらひなの)(14歳)が堂々と披露した。そして欅坂46とけやき坂46一期生との曲「W-KEYAKIZAKAの詩」を披露し、パフォーマンスは終了。

パフォーマンスを終えた新メンバーの藤吉夏鈴は“練習の時は真顔で踊っていたんですが…今日は楽しくて、達成感がすごいです”。けやき坂46三期生の上村ひなのは“これからここにいる一人ひとりの心をハッピーになるように動かしたい。これからよろしくお願いします”と語った。他メンバーもそれぞれが楽しかった感想や感謝を述べ、達成感に満ちた顔をしていた。新メンバー加入によってさらなる力を得た各グループは加速して坂道を登って行くに違いない。

ライブ終了後、1万人のファンの中から新メンバーが参加したミニゲームによって選ばれた約2,000名が握手会に参加し、『お見立て会』は終幕。彼女たちの今後の躍進に注目しよう。

■欅坂46 二期生メンバー
・井上 梨名(いのうえ りな)
・関 有美子(せき ゆみこ)
・武元 唯衣(たけもと ゆい)
・田村 保乃(たむら ほの)
・藤吉 夏鈴(ふじよし かりん)
・松田 里奈(まつだ りな)
・松平 璃子(まつだいら りこ)
・森田 ひかる(もりた ひかる)
・山? 天(やまさき てん)

■けやき坂46 三期生メンバー
・上村 ひなの(かみむら ひなの)



【関連リンク】
欅坂46&けやき坂46、新メンバー10名を『お見立て会』で初お披露目
欅坂46まとめ
けやき坂46まとめ
MIYAVI、時空を超えてhideと共演した「Pink Spider (Remix)」MV公開

【関連アーティスト】
欅坂46, けやき坂46
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, AKB, ライブ, レポート

MIYAVI、時空を超えてhideと共演した「Pink Spider (Remix)」MV公開
Tue, 11 Dec 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

MIYAVIが12月5日にリリースした対戦型コラボレーションアルバム『SAMURAI SESSIONS vol.3 - Worlds Collide -』に収録されている「Pink Spider (Remix)」のミュージックビデオを公開し、時空を超えてhideとの共演が実現した。

12月8日(土)放送のNHK総合『SONGS』「hideが遺(のこ)したもの」にMIYAVIが出演し、名曲「ピンク スパイダー」をサウンドとビジュアルの両面でhideと共演したことも反響を呼んだが、今回公開された「Pink Spider (Remix)」のミュージックビデオでは、1998年の「ピンク スパイダー」の原曲を縦型動画のフォーマットを利用して2018年現在に相応しい形でコラボレーション。ホログラムや視覚効果を利用したユニークな表現を行ない、現代から未来に向けたコンテンツを制作した形となっている。MIYAVIからのコメントも到着したので、併せてチェックしよう。

また、MIYAVIは12月13日(木)に開催される『hide Birthday Party 2018』にも出演するので、こちらも注目だ。

(c)HEADWAX ORGANIZATION CO ., LTD. / photo by HIDEO CANNO(CAPS)

■【MIYAVI コメント】

「この楽曲をこのような形で、この時代に甦らせることができて、本当に光栄に思います。時代を超えても色褪せない楽曲、新しい世代、次の世代の人達にも届けられればと思います。彼が僕たちに残してくれたメッセージ、改めて感じて欲しいと思います」

アルバム『SAMURAI SESSIONS vol.3 - Worlds Collide -』

発売中



【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-69137/¥5,000(税別)
【通常盤】(CD)
TYCT-60126/¥3,000(税別)

<収録曲>
■CD ※初回盤、通常盤同様内容
01.Worlds Collide (Intro) / MIYAVI vs Samuel L. Jackson
02.Rain Dance / MIYAVI vs KREVA vs 三浦大知
03.U.G.L.Y. / MIYAVI vs DUCKWRTH
04.In Crowd (Remix) / MIYAVI vs Bok Nero
05.Runway / MIYAVI vs AK-69
06.I\'m So / MIYAVI vs NVDES vs Seann Bowe
07.Easy / MIYAVI vs Betty Who vs RAC
08.Knock Me Out / MIYAVI vs Mikky Ekko
09.Gentleman (Remix) / MIYAVI vs Gallant
10.Pink Spider (Remix) / MIYAVI vs hide
11.Get Into My Heart (Radio Edit) / MIYAVI vs SHISHIDO KAVKA
12.Our Love / MIYAVI vs 加藤ミリヤ
13.Me and the Moonlight / MIYAVI vs Yuna
14.Fragile / MIYAVI vs 雅 -MIYAVI-
■DVD
MIYAVI “DAY 2" World Tour Live at Zepp Tokyo

◎参戦アーティスト(アイウエオ順)
アール・エー・シー(RAC)、AK-69、加藤ミリヤ、ガラント(Gallant)、KREVA、サミュエル・エル・ジャクソン(Samuel L. Jackson)シシド・カフカ、ショーン・ボウ(Seann Bowe)、ダックワース(DUCKWRTH)、ヌーズ (NVDES)、hide(X JAPAN/hide with Spread Beaver/zilch)、ベティ―・フー(Betty Who)、ボック・ネロ(Bok Nero)、三浦大知、ミッキー・エッコ(Mikky Ekko)、ユナ(Yuna)、雅 -MIYAVI-

<配信URL>
https://umj.lnk.to/miyavi_ss3PR

【ライブ情報】

■『hide Birthday Party 2018』
12月13日(木) 東京・新木場STUDIO COAST
http://www.hide-city.com/mcontents/special/bday2018/
■『SAMURAI SESSIONS vol.3 Release Tour“Before Worlds Collide”』
12月16日(日) 東京・新木場Coast Guest:EXILE SHOKICHI/上妻宏光
12月18日(火) 大阪・なんばHatch Guest:ちゃんみな 
12月19日(水) 愛知・名古屋ダイアモンドホール Guest:SKY-HI



【関連リンク】
MIYAVI、時空を超えてhideと共演した「Pink Spider (Remix)」MV公開
MIYAVIまとめ
hideまとめ
DAY6、ニューミニアルバム配信開始&収録曲「days gone by」MV公開

【関連アーティスト】
MIYAVI, hide
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV

DAY6、ニューミニアルバム配信開始&収録曲「days gone by」MV公開
Tue, 11 Dec 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DAY6が12月11日に4thミニアルバム『Remember Us : Youth Part2』を配信リリースし、収録曲「days gone by」のミュージックビデオを公開した。

今作『Remember Us : Youth Part2』は、2018年6月に発売した3rdミニアルバム『Shoot Me : Youth Part1』の連作となり、MVが公開となった「days gone by」をはじめ「hurt road」「Headache」「121U」「So Cool」「Marathon」「Beautiful Feeling」、CD限定収録曲「days gone by」のInstrumentalを含めて合計8曲を収録。日本国内では、12月11日(火)から配信がスタートした。

「days gone by」は1970年末から1980年にかけて全世界的で流行したシンセポップサウンドをDAY6が新しく解釈した曲となり“後悔のない恋をしたから、未練と恨みはない”というメッセージを込めている。 公開中のティーザーから今回のミュージックビデオまで、DAY6メンバーのワイルドな魅力を“80年代ロックスター”を連想させるアートワークで表現し、多彩な雰囲気と心ゆかしいサウンドを混ぜて異色なイメージを構築した。

2018年6月、ソウルのオリンピックホールで開催されたコンサートをはじめ、デビュー以来初のワールドツアー『DAY6 1ST WORLD TOUR “Youth”』を行なっているDAY6は、トロント、ミネアポリス、アトランタ、フィラデルフィア、LA、サンパウロ、サンティアゴと合計7つの米州で単独コンサートを盛況裏で終わらせ、“K-pop代表バンド”としての力を見せた。またDAY6は12月8日のジャカルタ公演に続き、2019年1月18日からモスクワ、マドリード、ベルリン、ロンドン、パリ、アムステルダムなどヨーロッパツアーを持ってワールドツアーを終わらせる予定だ。

ミニアルバム『Remember Us : Youth Part 2』

2018年12月11日(火)配信開始



配信先一覧
https://WarnerMusicJapan.lnk.to/6D2Wd



【関連リンク】
DAY6、ニューミニアルバム配信開始&収録曲「days gone by」MV公開
DAY6まとめ
超特急、さらなる魅力を開花する冠番組『ギラギラ超特急』を無料配信

【関連アーティスト】
DAY6
【ジャンル】
K-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 配信, 音楽配信

超特急、さらなる魅力を開花する冠番組『ギラギラ超特急』を無料配信
Tue, 11 Dec 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月18日(火)よりメインダンサー&バックボーカルグループの超特急が出演する冠番組『ギラギラ超特急』を無料配信することが分かった。全12回の毎週火曜日更新で、23:00〜翌1:00の間にYahoo! JAPANアプリやPC、スマートフォンのYahoo! JAPANトップページで無料視聴できるほか、動画配信サービス『GYAO!』でも無料配信される。

本番組は、超特急がアーティストとしてのさらなる魅力を開花すべく、様々なミッションに挑戦しながら、ギラギラに輝き、野心に満ちたアーティストに成長してもらう成長記録バラエティ。“企画内容が違う”と激怒している大物芸能人の前でかっこいいポーズを披露させられたり、プロレスラーと対決したり、ロケバスに乗り遅れて現場に置いてけぼりにされたり、カラオケの最中にいたずらされたりしながらも、メンバーで励まし頑張る姿を通して、仲の良さや素の魅力を伝えていく。

第1話は『激おこドッキリ』で、俳優の山下真司から理不尽に怒られるというドッキリ企画。視聴ページでは予告映像を観ることができるので、気になる方は本編放送前にチェックしよう!

■【コメント】

■カイ(2号車)
「この番組は毎回、何が起こるか分からないところが怖いけど楽しみです。いろんなことに挑戦させてもらえる番組なので、超特急らしく真っ直ぐに取り組みながら、一皮も二皮もむければといいなと思います。超特急を知っている人も知らない人も、Yahoo! JAPANのトップページは多くの人が訪れる場所なので、超特急の名前が広がる機会になれば嬉しいです。頑張ります」

■リョウガ(3 号車)
「今まで超特急がやってきた番組は学ぶ系が多かったのに対して、この番組は鍛える系というか、チャレンジ系の番組。でも、“どバラエティ"と見せかけて、意外と学びもあるという不思議な番組です。僕は人見知りなので、この「土足で人の領域に侵入してくる」ような番組はメンタル的にも鍛えられます。ライブも生モノだから、この番組でとっさの判断力や適応力が鍛えられて、それがライブに活きればいいですね」

■タクヤ(4号車)
「ヤフーの乗換案内やニュースや占いはよく使いますし、ヤフーショッピングで洋服も買います。そんな馴染みがあるヤフーの番組に僕らが出られるなんて信じられないし、楽しみでもあります。8号車(ファン)の皆さんもそうでない皆さんも、この番組で初めて超特急を目にする人たちも多いと思うので、そんな架け橋にヤフーがなってくれることがすごく嬉しいです」

■ユーキ(5号車)
「超特急だけにヤフーの乗換案内アプリはよく使っています(笑)。そんなヤフーの番組に出られるというのは嬉しいこと。制作スタッフがバラエティの第一線でやっているプロ中のプロなので、そんな中で作るバラエティ番組というものを肌で感じながら、芸能界を生き抜く上でのスキルを身につけていきたいです。今後は顔面に生クリームとか、これぞバラエティという試練を人生で一回は経験してみたいです」

■ユースケ(6号車)
「この番組は、収録時間は他の番組の半分くらいでコンパクトにやるんですが、メンタルや疲労は他の番組の倍以上、一日分疲れるくらい、驚きや充実感があります。今までやってきたバラエティよりも、いろんなものがいっぱい詰まっている、密度が高い番組です。バラエティってどうしても笑いに持っていきがちですが、観ている人がちょっと感動しちゃうような、ギラギラさせちゃう超特急の番組にしたい」

■タカシ(7号車)
「この番組でしか見られない超特急の個性を出していきたい。ライブでもバラエティでも輝ける、ステージの上でも番組映像の中でも「この人たち突き抜けてんな、ぶっ飛んでんな」と思われるような、ギラギラした超特急を目指していきたいです。バラエティの第一線でやっておられる諸先輩方へのリスペクトを込めて、体を張っていきます。ちょっとムリ目の試練でも、恥ずかしがったり躊躇するのじゃなく、全力で取り組んでいきたい」

(c)SDR

【『ギラギラ超特急』】

<配信開始日>
2018年12月18日(火)
※全12回・各15分程度
※毎週火曜日に更新
※当番組は毎週火曜23:00〜翌1:00の間、Yahoo! JAPANアプリ、Yahoo! JAPANトップページ(PC、スマートフォン)で視聴が可能です。また動画配信サービス「GYAO!」でも12月18日(火)より同内容を配信いたします。

<出演者>
超特急(カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、ユースケ、タカシ)

<番組コンセプト>
アーティストとしてのさらなる魅力を開花すべく、様々なミッションに挑戦しながら、ギラギラに輝き、野心に満ちたアーティストに成長してもらう超特急成長記録バラエティー。

<番組詳細>
■第1話(12月18日配信)『激おこドッキリ』
大物芸能人から理不尽に怒られるというドッキリ企画。山下真司が“聞いてた話と違う”とプロデューサーに激怒し、超特急メンバーもそのとばっちりを受ける。“俺は何代目のくいしん坊か”と山下真司から問い詰められ、答えられないカイ。特技を聞かれ、“バク宙が1回転できること”と答えたユーキは“羽生なんか4回転できる”と怒られる。“特技はサッカー”と答えたカイは、エア・リフティングをさせられる。“特技はモノマネ”と答えたタカシは森山直太朗の「夏の終わり」を熱唱するハメに。最悪の空気の中、果たしてメンバーは芸能界の荒波を乗り越えることができるのか!?
■視聴ページURL https://video.yahoo.co.jp/c/2603/
■番組公式Twitter https://twitter.com/giragira_bullettrain



【関連リンク】
超特急、さらなる魅力を開花する冠番組『ギラギラ超特急』を無料配信
超特急まとめ
家入レオ、約4万人を動員する自身最大規模の全国ツアーを発表

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, 配信

家入レオ、約4万人を動員する自身最大規模の全国ツアーを発表
Tue, 11 Dec 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2019年1月30日に自身15枚目となるニューシングル「この世界で」をリリースする家入レオ。同曲は、2019年2月9日公開映画『コードギアス 復活のルルーシュ』のオープニング主題歌となっており、既に楽曲が使用された特報SPOTが映画館で公開されている。ほかにも同シングル3形態の収録内容やジャケ写も公開となるなど、リリースに向けて詳細が公開となる中、自身7度目となる全国ツアー『家入レオ 7th Live Tour 2019』の開催が発表となった。

同ツアーは2018年5月より開催された『家入レオ 6th Live Tour 2018 〜TIME〜』以来1年ぶりの開催。2019年5月10日(金)山梨・コラニー文化ホール公演を皮切りに、地元福岡はもちろん、これまでツアーでは訪れたことのなかった秋田・山形・群馬・岐阜・長崎等での公演、そしてファイナルは初の幕張メッセとなる19都市20公演、約4万人を動員する自身最大規模のツアーとなる。

そして、チケットの抽選先行予約受付シリアルナンバーが、12月12日に発売となる最新ライブ映像作品『TIME 〜6th Live Tour〜』の特典として封入されることも同時に発表! 特典は同作品の初回プレス盤に封入され、受付期間は商品店頭着荷予定となる12月11日(火)正午から12月21日(金)18時までとなっているので、詳しくはオフィシャルHPをチェックしよう。

高校生の時に単身福岡から上京し、17歳でメジャーデビューを果たした家入だが、12月13日(木)には24歳を迎え早くもデビュー7年目も終盤戦。『TIME 〜6th Live Tour〜』のリリース、そして2019年1月30日(水)にはニューシングル「この世界で」のリリースを控え、2月24日(日)にはデビュー7周年を記念した大阪城ホールでの初となるワンマンライブ、そして全国ツアーと、今後も精力的に活動を続ける彼女に要注目だ。

■『家入レオ7th Live Tour 2019』

<2019年>
5月10日(金) 山梨・コラニー文化ホール
5月12日(日) 石川・白山市松任文化会館
5月19日(日) 香川・サンポートホール高松・大ホール
5月24日(金) 茨城・日立市民会館
5月26日(日) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
5月30日(木) 北海道・コーチャンフォー釧路文化ホール
6月01日(土) 北海道・わくわくホリデーホール
6月08日(土) 岐阜・バロー文化ホール
6月09日(日) 滋賀・滋賀県立文化産業交流会館
6月14日(金) 秋田・秋田市文化会館
6月15日(土) 宮城・仙台銀行ホール
6月21日(金) 島根・島根県芸術文化センター「グラントワ」大ホール
6月22日(土) 広島・広島JMSアステールプラザ 大ホール
6月28日(金) 群馬・太田市民会館
6月30日(日) 山形・荘銀タクト鶴岡
7月06日(土) 静岡・静岡市民文化会館中ホール
7月13日(土) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
7月14日(日) 長崎・諫早文化会館
7月19日(金) 兵庫・神戸国際会館 こくさいホール
7月27日(土) 千葉・幕張メッセ国際展示場9.10ホール

<チケット>
前売料金 (全て税込)
指定席¥6,480
※7月27日(土)幕張公演のみ 指定席¥7,000
※3歳以下入場不可 / 4歳以上チケット必要
※客席を含む会場内の映像・写真が公開されることがありますので予めご了承ください。

■特設ページ:http://www.ken-on.co.jp/leoieiri_7th

シングル「この世界で」

2019年1月30日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1517/¥1,700+税
<収録曲>
1.この世界で
2.Spark
3.もし君を許せたら(Piano Version)
4.この世界で(Instrumental)
5.Spark(Instrumental)
■DVD
1.「この世界で」Music Video
2.「この世界で」MV Making Movie



【完全生産限定盤】(2CD)
VIZL-1518/¥2,900+税
<収録曲>
■CD1
1.この世界で
2.Spark
3.もし君を許せたら(Piano Version)
4.この世界で(Instrumental)
5.Spark(Instrumental)
■CD2
『B-Side Collection』
1.ripe
2.カラフル
3.心のカ・タ・チ
4.Wake you up
5.Who\' s that
6.願い事
7.I am foolish
8.Driving day
9.Shooter
10.わたしの歌
11.ヒーロー



【アニメジャケット限定盤】(CD)
VICL-37454/¥1,400+税
※デジパック仕様
※『コードギアス 復活のルルーシュ』イラストジャケット
<収録曲>
1.この世界で
2.Spark
3.もし君を許せたら(Piano Version)
4.この世界で(Instrumental)
5.Spark(Instrumental)

Blu-ray&DVD『TIME 〜6th Live Tour〜』

2018年12月12日発売



【Blu-ray】
VIXL-249/¥4,600+tax
【DVD】
VIBL-924/¥4,000+tax
<収録内容>
ずっと、ふたりで / 春風 / Shine / Relax / 恋のはじまり / 君がくれた夏 / 太陽の女神 / Silly / だってネコだから / 微熱 / ありきたりですが / 恍惚 / TOKYO / アフターダーク / サブリナ / ファンタジー / 祈りのメロディ / あおぞら / もし君を許せたら / パパの時計 / 大事なものすべて



【関連リンク】
家入レオ、約4万人を動員する自身最大規模の全国ツアーを発表
家入レオまとめ

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, ニュース













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1