歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年12月10日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/12/19
2018/12/18
2018/12/17
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
筋肉少女帯、ド派手に締め括ったアルバム『ザ・シサ』リリースツアーの最終公演をレポート
Mon, 10 Dec 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月9日、メジャーデビュー30周年イヤーに突入中の筋肉少女帯が、東京・マイナビBLITZ赤坂にて『メジャーデビュー30周年記念オリジナルNew Album「ザ・シサ」リリース・ツアー』の最終夜をド派手に締め括った。

10月31日にリリースされた最新アルバム『ザ・シサ』は、頭から尻尾まで筋少らしさ全開の名盤。このタイトルに掲げられた“シサ”は、同じ対象でも見る位置の違いでまったく異なるものに映るという“視差”を意味するのだという。11月より東名阪で繰り広げられた本ツアーの最終地・赤坂も当然のようにソールドアウト。満杯の場内でキラキラと輝く観客の表情が印象的だった。なお、本公演の模様はニコ生で生中継された。

SE「セレブレーション」が高らかに鳴ると、大きな拍手と声援に迎えられて、大槻ケンヂ(Vo)、橘高文彦(Gu)、本城聡章(Gu)、内田雄一郎(Ba)が登場し、配置につく。この日の1発目は大槻ケンヂも出演の映画『緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ ゲラー』の主題歌になっており、個性的なMVも話題となった「オカルト」。中東風のエキゾチックなフレーズと物語性豊かな歌詞が溶け合ったこの名曲を合図に、オーディエンスの気分は高まっていく。続く「暴いておやりよドルバッキー」で、フロアーの熱気は最高潮に上昇。この冒頭の流れだけで、今夜の楽しさは保証されたようなものである。

“赤坂ウェンブリー・スタジアム!”と映画『ボヘミアン・ラプソディ』になぞらえて観客を扇動する大槻。彼のMCは今宵も健在で、次々と披露されるおもしろエピソードや時事ネタの数々に、この場にいる人は皆、ニコニコしっぱなしだ。特に、大槻がフレディ・マーキュリーばりに“デ〜オ!”と観衆とのコール・アンド・レスポンスを楽しむ姿が爆笑を生んでいた。『ザ・シサ』から、ファンキーな「I,頭屋」、緻密な構築美の「衝撃のアウトサイダー・アート」、どこか甘酸っぱい気持ちになる「ネクスト・ジェネレーション」が奏でられると、フロアーからは惜しみない拍手が送られる。

大人の男のムードたっぷりの「マリリン・モンロー・リターンズ」、メンバー4人の掛け合いも楽しい疾走曲「ゾンビリバー〜Row your boat」に続き、必殺の「イワンのばか」が炸裂すると、ショウの中盤にして、すでにお腹いっぱい。この満足感こそが筋少の醍醐味だ。新旧の楽曲が程よく調和し、彼らの30年の活動の重みが伝わってくる。

本編も中盤へと差し掛かると、筋少のライヴ史上初の光景が目の前に広がった。ステージ後方のスクリーンを使って、先頃実施された『筋肉少女帯メジャーデビュー30周年記念!投票企画〜あなたの好きな筋少楽曲に清き1票をお願いします〜』の結果発表が行なわれたのだ。ここではまず、アンケート結果の第10位から第5位までが2曲ずつ発表されるという趣向。曲名がスクリーンに現れるたびに、感嘆や共感の声がフロアーのあちこちから上がるのが興味深い。

このサプライズ的な演出を開始するにあたって、大槻がワンコーラスのみ口ずさんだレア曲「人間のバラード」も印象的だった。ワンフレーズだけの披露とはいえ、筋少の30年の歩みを想い、感傷に浸った観客も多いことだろう。第6位「夜歩く」の発表から導かれた「夜歩くプラネタリウム人間」のインストゥルメンタル・ヴァージョンも、内田の“この曲をコーラスしてくれた久保田安紀さんに捧げます”の一言と相まって、情感たっぷりの仕上がり。ここから「なぜ人を殺しちゃいけないのだろうか?」「宇宙の法則」と続いたブロックは、ミステリアスでポップで哀愁漂う筋少の魅力を堪能できる時間帯だった。30年のさまざまな出来事を振り返るとともに、これから先のことを想うロマンティックな空気が場内を支配していた。

本編もいよいよ終盤へ。ここで再び“スクリーン様”が降臨し、2019年6月30日、東京・中野サンプラザホールでの30周年記念イヤーを締め括るファイナル公演の開催が告知される。喜びを爆発させるオーディエンスたちに向けて、先ほどの投票企画のベスト4が1曲ずつ発表されていく。個性豊かな筋少の楽曲群のなかから選ばれた第4位は「サーチライト」、第3位は「釈迦」、第2位は「機械」、そして栄えある第1位は「サンフランシスコ」だった。この発表と同時にイントロのドラムが鳴り響き、華やかな「サンフランシスコ」に突入。続いて「バトル野郎〜100万人の兄貴〜」「再殺部隊」「釈迦」といった攻撃的チューンで畳みかけると、悲鳴にも似た歓声とヘッド・バンギングがフロアじゅうに広がっていく。圧巻の華麗な光景で本編は幕を閉じた。

まだまだ帰路につきたくないオーディエンスの熱いアンコールに応えて、筋肉少女帯の面々が再びステージに姿を現す。まずは『ザ・シサ』より「パララックスの視差」が披露されると、プログレッシヴな楽曲構成と大槻の描く歌詞世界に観客は放心状態。続いて、筋少特有のダークなきらめきが詰まった「機械」がオーディエンスを陶酔させると、ラストは妖美なアンセム「ディオネア・フューチャー」が咲き乱れる。この曲が着地点に至ると、SE「セレブレーションの視差」の流れる場内には、身も心も吸い尽くされたような観衆の笑顔が広がっていた。

筋肉少女帯メジャーデビュー30周年記念の名盤『ザ・シサ』は、この先も、筋少と彼らを見守る人々を鮮やかに照らしていくことだろう。ロックの歴史のなかでも、これほどまでにユニークで中毒性の高いバンドはあまり見られない。奇抜な着想を次々と実現していくメンバーの技量に感嘆するとともに、常にファンの心に寄り添ってくれる優しさを改めて感じたライヴだった。30周年イヤー真っ只中にして、ますます絶好調。2019年6月30日の中野サンプラザホール公演までに、さまざまな企画も考えられている模様。今後も他の誰にも真似できない歴史を描き、何世代にもわたってオーディエンスを虜にしてほしい。

TEXT BY 志村つくね
PHOTO BY 齋藤明

【セットリスト】
1.オカルト
2.暴いておやりよドルバッキー
3.I,頭屋
4.衝撃のアウトサイダー・アート
5.ネクスト・ジェネレーション
6.マリリン・モンロー・リターンズ
7.ゾンビリバー〜Row your boat
8.イワンのばか
9.人間のバラード
10.夜歩くプラネタリウム人間(Istrumental)
11.なぜ人を殺しちゃいけないのだろうか?
12.宇宙の法則
13.サンフランシスコ
14.バトル野郎〜100万人の兄貴〜
15.再殺部隊
16.釈迦
<ENCORE>
1.パララックスの視差
2.機械
3.ディオネア・フューチャー

【筋肉少女帯メジャーデビュー30周年記念!投票企画 〜あなたの好きな筋少楽曲に清き1票をお願いします〜 結果発表ベスト10】

1位 サンフランシスコ
2位 機械
3位 釈迦
4位 サーチライト
5位 僕の歌を総て君にやる
6位 夜歩く
7位 再殺部隊
8位 いくじなし
9位 詩人オウムの世界
10位 くるくる少女

【ライブ情報】

12月23日(日) 東京・恵比寿 LIQUIDROOM
<2019年>
6月30日(日) 東京・中野サンプラザホール



【関連リンク】
筋肉少女帯、ド派手に締め括ったアルバム『ザ・シサ』リリースツアーの最終公演をレポート
筋肉少女帯まとめ
ASIAN KUNG-FU GENERATION、新曲「ホームタウン」のドラマタイアップ決定

【関連アーティスト】
筋肉少女帯
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, セットリスト, ライブレポ

ASIAN KUNG-FU GENERATION、新曲「ホームタウン」のドラマタイアップ決定
Mon, 10 Dec 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの新曲「ホームタウン」が2019年1月から放送されるBSテレ東ドラマ『神酒クリニックで乾杯を』の主題歌に決定した。「ホームタウン」は12月5日に発売された9枚目のアルバム『ホームタウン』のタイトルトラックである。

知念実希人の同名小説をもとにした『神酒クリニックで乾杯を』は、世間に知られることなく超VIPの患者に高度な医療を提供する“神酒クリニック"を舞台にしたメディカルミステリーで、三浦貴大と安藤政信がダブル主演を務める。主題歌に決定した「ホームタウン」は未来への希望を歌う歌詞とポップなメロディーが印象的なパワーポップナンバーで、この楽曲がドラマにどう華を添えるかに注目だ。

■ドラマ『神酒クリニックで乾杯を』公式HP
http://www.bs-tvtokyo.co.jp/mikiclinic/

■【コメント】

■倉地雄大 (プロデューサー/テレビ 東京制作局ドラマ 制作部)
「僕が『ASIAN KUNG-FU GENERATION』を知ってから早14年半が経ちました。当時、学生だった僕は、登下校時にMDに録音した「君の街まで」や「ループ&ループ」、「アンダースタンド」、「リライト」、「Re:Re:」等を聞いていました。それから歳月が経ち、アジカンの曲を聞きながら青春していた自分が、このようにご一緒にお仕事をさせて頂ける日がやってくるとは…と、素直に感激しています。
この「ホームタウン」を聴いたとき、タイトルや歌詞の中に、表社会では生きていけない“神酒クリニック"のメンバーが確かに存在しているなぁと感じました。居場所を失くした主人公・九十九の心情が歌詞と非常にリンクしていますし、そんな九十九が居場所「ホームタウン」を見つけることがこのドラマの軸となっています。他にも普通の病院では勤務できないほど癖の強いクリニックメンバーにとって、神酒クリニックが「ホームタウン」ですし、曲全体から伝わる“アジカンっぽさ"から感じるワクワク感こそ、このドラマで伝えたい大きな要素だと思っています。先日、ドラマの予告を作ったのですが、「ホームタウン」に乗った予告、最高です! 早く皆さんに届けたいです!」

■後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
「主題歌に選んでいただいて幸いです。 ドラマも主題歌も大ヒットを祈願しております」

アルバム『ホームタウン』

2018年12月5日発売



【初回生産限定盤】(2CD+DVD)
KSCL-3121〜3/¥4,600+税
※プレイパス対応
<収録曲>
■CD1
『ホームタウン』
1.クロックワーク
2.ホームタウン
3.レインボーフラッグ
4.サーカス
5.荒野を歩け
6.UCLA
7.モータープール
8.ダンシングガール
9.さようならソルジャー
10.ボーイズ&ガールズ
■CD2
『Can\'t Sleep EP』
1.スリープ
2.廃墟の記憶
3.イエロー
4.はじまりの季節
5.生者のマーチ
■DVD
・『ASIAN KUNG-FU GENERATION America Tour Documentary Pt.2 (Latin America)』



【通常盤】(CDのみ)
KSCL-3124/¥2,913+税
※プレイパス対応
<収録曲>
1.クロックワーク
2.ホームタウン
3.レインボーフラッグ
4.サーカス
5.荒野を歩け
6.UCLA
7.モータープール
8.ダンシングガール
9.さようならソルジャー
10.ボーイズ&ガールズ

『ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2019 「ホームタウン」』

3月16日(土) 宮城・SENDAI GIGS ※フロントアクト出演有
3月18日(月) 東京・恵比寿 LIQUIDROOM ※フロントアクト出演有
3月21日(木祝) 愛知・Zepp Nagoya ※フロントアクト出演有
3月28日(木) 大阪・なんば Hatch ※フロントアクト出演有
3月29日(金) 大阪・なんば Hatch ※フロントアクト出演有
4月08日(月) 東京・Zepp Tokyo ※フロントアクト出演有
4月09日(火) 東京・Zepp Tokyo ※フロントアクト出演有
4月12日(金) 北海道・Zepp Sapporo ※フロントアクト出演有
4月15日(月) 福岡・Zepp Fukuoka ※フロントアクト出演有
4月17日(水) 熊本・熊本B.9 V1 ※フロントアクト出演有
4月18日(木) 鹿児島・鹿児島 CAPARVO HALL ※フロントアクト出演有
4月21日(日) 沖縄・ミュージックタウン音市場 ※フロントアクト出演有
5月18日(土) 東京・サンシティ越谷 大ホール
5月19日(日) 東京・サンシティ越谷 大ホール
5月22日(水) 神奈川・横須賀芸術劇場
5月25日(土) 宮城・仙台サンプラザホール
5月29日(水) 東京・中野サンプラザ
5月30日(木) 東京・中野サンプラザ
6月01日(土) 茨城・茨城県立県民文化センター
6月04日(火) 埼玉・大宮ソニックシティ 大ホール
6月07日(金) 北海道・札幌 わくわくホリデーホール
6月12日(水) 大阪・大阪フェスティバルホール
6月13日(木) 大阪・大阪フェスティバルホール
6月16日(日) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
6月21日(金) 広島・上野学園ホール
6月23日(日) 群馬・群馬音楽センター
6月29日(土) 石川・本多の森ホール
6月30日(日) 新潟・新潟県民会館
7月04日(木) 千葉・市川市文化会館
7月10日(水) 兵庫・神戸国際会館 こくさいホール
7月12日(金) 福岡・福岡サンパレス ホテル&ホール
7月14日(日) 香川・サンポートホール高松・大ホール
7月21日(日) 静岡・静岡市民文化会館 大ホール
7月24日(水) 神奈川・パシフィコ横浜
7月25日(木) 神奈川・パシフィコ横浜
■ツアー特設サイト http://www.akglive.com/tour2019/



【関連リンク】
ASIAN KUNG-FU GENERATION、新曲「ホームタウン」のドラマタイアップ決定
ASIAN KUNG-FU GENERATIONまとめ
ONE☆DRAFT、ワンマンツアーが幕開け&全曲リクエストライブ決定

【関連アーティスト】
ASIAN KUNG-FU GENERATION
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, 新曲, TVドラマ, 主題歌

ONE☆DRAFT、ワンマンツアーが幕開け&全曲リクエストライブ決定
Mon, 10 Dec 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月9日(日)、ONE ☆DRAFTがshibuya eggmanより『ONE☆DRAFT TOUR 2018「Bee Alive Vol.12」』と題した平成最期のワンマンツアーをスタートさせた。

すっかりクリスマスカラーに彩られた渋谷の街にある会場には、300人を超えるファンが集結。メンバーがステージに登場すると一気にボルテージが上がり、瞬く間に場内は熱気に包まれた。その熱量に応えるように、LANCE、RYO、DJ MAKKIの3人は新旧様々にチョイスされた楽曲を披露。時折軽妙なトークに場を和ませながらも時に熱く、時に繊細に届けられるメンバーのサウンドに、会場に集まったリスナーが応える。

また初日のサプライズとして、R&BヴォーカリストのLEOが登場し、メンバーと彼の代表曲である「愛してる feat.TEE&LANCE(ONE☆DRAFT)」を熱唱。オリジナル曲、カヴァー曲で構成されたライヴは、気づけば2時間強があっという間に過ぎていたことに驚かせられる。“今までもそしてこれからも俺達は、ここに集まってくれたお客さんと、メンバーと一緒にこれからもずっと、楽しい時間を創り続けたい”とのLANCEの言葉でライヴは締められた。

この『Bee Alive Vol.12』ツアーは福岡、大阪、名古屋と開催され、さらにスペシャル企画として12月23日(日)に心斎橋CLUB DROPで、全曲リスナーからのリクエストにて構成されたスペシャルライヴの開催も決定。そして2019年春のツアー情報もいち早く発表となった。2018年&平成の締め括りに、ONE☆DRAFTの良質なサウンドに酔いしれてみてはいかがだろうか?

【ライヴ情報】

『ONE☆DRAFT TOUR 2018「Bee Alive Vol.12」』
12月15日(土) 福岡 INSA
12月16日(日) 大阪 梅田 BananaHall
12月22日(土) 愛知 名古屋アポロベイス

『炎のリクエスト大忘年会2018 今年最後の関西ライブは新企画!!リクエスト祭り!!』
12月23日(日) 大阪 心斎橋CLUB DROP

<2019年>
『ONE☆DRAFT TOUR 2019「Bee Alive Vol.13」』
3月31日(日) 宮城 仙台LIVE HOUSE enn 2nd
4月06日(土) 福岡 INSA
4月07日(日) 広島 Cave-Be
4月13日(土) 東京 shibuya eggman
4月20日(土) 石川 金沢AZ
4月21日(日) 愛知 名古屋アポロベイス
4月27日(土) 岡山 YEBISU YA PRO
4月28日(日) 大阪 umeda TRAD
4月30日(火) 鹿児島 SR HALL



【関連リンク】
ONE☆DRAFT、ワンマンツアーが幕開け&全曲リクエストライブ決定
ONE☆DRAFTまとめ
Leoまとめ
ぼくのりりっくのぼうよみ、ラストアルバムに収録される新曲「没落」のMVを解禁

【関連アーティスト】
ONE☆DRAFT, Leo
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, ツアー, ワンマン, ライブレポ, レポート

ぼくのりりっくのぼうよみ、ラストアルバムに収録される新曲「没落」のMVを解禁
Mon, 10 Dec 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2019年1月末をもってアーティスト活動の終了を発表しているぼくのりりっくのぼうよみが、12月12日(水)にラストオリジナルアルバム『没落』と、17歳のデビューからこれまで3年間を網羅したベストアルバム『人間』の2作品を同時リリースするが、この度新作のタイトル曲である「没落」のMVが公開された。

人気イラストレーター・りゅうせーの手による強烈な映像はまさに必見。過去の作品群のアートワークもコラージュしながら、“没落したい。築き上げたものを放棄して、破壊して、喪失して、没落したい”と語るぼくのりりっくのぼうよみ最期のメッセージを見事に表現している。

アルバム発表後は、2019年1月に開催する『通夜』『葬式〜前夜祭〜』『葬式』という3本のライヴで“辞職"をする。残すところ1カ月あまりとなってしまった終焉に向けて、目を離さないようにしてほしい。

アルバム『没落』

2018年12月12日発売



【初回限定盤】(アルバムCD+ライブDVD+未収録曲集CD)
VIZL-1478/¥8,000+税
※「ぼくのりりっくのぼうよみ 遺書」封入、豪華BOX仕様
※『葬式〜前夜祭〜』先行抽選予約案内封入
<収録曲>
■CD 1
01. 遺書
02. あなたの手を握ってキスをした
03. 二度と来ない朝
04. 断罪
05. 人間辞職
06. 輪廻転生
07. 僕はもういない
08. 祈りを持たない者ども
09. 曙光
10. 没落
11. 超克
■CD 2
『アルバム未収録曲集』
1.aNYmORE
2.each other
3.blacksanta
4.blacksanta pt.2
5.Be Noble(re-build)
6.孤立恐怖症
■DVD
遺失物取扱所 2017.10.08 日比谷野外大音楽堂
《収録曲》
1. sub/objective
2. CITI
3. Collapse
4. サマーヌード
5. shadow
6. 在り処 
7. Be Noble (re-build)
8. liar
9. SKY\'s the limit
10. playin\'
11. Sunrise (re-build)
12. 罠



【通常盤】(CD)
VICL-65078/¥2,500+税
※『葬式〜前夜祭〜』先行抽選予約案内封入

アルバム『人間』

2018年12月12日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1478/¥8,000+税
※『葬式〜前夜祭〜』先行抽選予約案内封入
<収録曲>
■CD
01. SKY\'s the limit
02. Be Noble
03. sub/objective
04. 罠featuring SOIL&"PIMP"SESSIONS
05. パッチワーク
06. 朝焼けと熱帯魚
07. CITI
08. Newspeak
09. Sunrise (re-build)
10. Noah\'s Ark
11. つきとさなぎ
12. after that
13. Black Bird
■DVD
『ミュージックビデオ集』
1. sub/objective
2. CITI
3. Sunrise (re-build)
4. Newspeak
5. Be Noble
6. after that
7. SKY\'s the limit
8. 朝焼けと熱帯魚 (short ver.)
9. 罠featuring SOIL&"PIMP"SESSIONS
10. noiseful world(acoustic live ver.)
11. 在り処
12. 輪廻転生



【通常盤】(CD)
VICL-65079/¥2,500+税
※『葬式〜前夜祭〜』先行抽選予約案内封入

【ライブ情報】

『通夜』
1月13日(日) 大阪 森ノ宮ピロティホール
時間:17:30/18:00
香典:¥5,000(税込・香典返し付き)

『葬式〜前夜祭〜』
1月28日(月) 東京 昭和女子大学 人見記念講堂
時間:18:00/18:30
香典:¥5,000(税込・香典返し付き)

『葬式』
1月29日(火) 東京 昭和女子大学 人見記念講堂
時間:18:00/18:30
香典:¥5,000(税込・香典返し付き)

主催:各地 企画・制作:SOLID BOND/SOGO TOKYO
後援:CONNECTONE



【関連リンク】
ぼくのりりっくのぼうよみ、ラストアルバムに収録される新曲「没落」のMVを解禁
ぼくのりりっくのぼうよみまとめ
JUN SKY WALKER(S)、デビュー30周年記念公演をDVD&CDで同時リリース決定

【関連アーティスト】
ぼくのりりっくのぼうよみ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ライブ

JUN SKY WALKER(S)、デビュー30周年記念公演をDVD&CDで同時リリース決定
Mon, 10 Dec 2018 19:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

JUN SKY WALKER(S)がデビュー30周年を記念して東京・中野サンプラザで開催した『JUN SKY WALKER(S)『ALL TIME BEST 〜全部このままで〜1988-2018』』が、ファン待望のDVD&LIVECDとしてWリリースされることが決定した。

この公演はジュンスカが2018年5月21日にデビュー30周年を迎え、同日にベストアルバム『ALL TIME BEST 〜全部このままで〜1988-2018』をリリースすることを記念して5月19日に行なわれたもの。中野サンプラザで単独公演を行なうのはジュンスカにとって初のことだが、チケットはソールドアウトし、親子連れなど世代を超えたファン2200人が会場に詰めかけた。同公演では、ヒット曲「歩いていこう」「START」「MY GENERATION」から、共に同じ時代を歩んできたファンを主人公としたライブ初披露の新曲「One-Way」まで、30周年にふさわしい集大成的なセットリストで25曲を披露した。

現在、デビュー30周年記念ツアーで全国30カ所のライブを開催中のジュンスカだが、この発表は12月9日に開催された満員の横浜公演のアンコールで行なわれたもの。宮田和弥(Vo)は発表と共に“30周年を迎えられたのはみんなのおかげです。これからも35周年、40周年と転がり続けていきます! 2月20日のリリースも楽しみにしてください。2019年もよろしくお願いします!”とファンに高らかに感謝を告げた。

また、リリースに先駆けて、テレビ地上波でのスペシャルエディション版の放送も決定! TOKYO MXにて新春音楽特番として2019年1月2日AM11:00〜11:30に放送される。MXテレビでは、全25曲の中から選りすぐりのベストオブベストの楽曲をピックアップするとのことなので、お楽しみに。

そして5月25日には、ジュンスカの聖地でもある日比谷野外音楽堂にてツアーファイナル公演も控えており、その勢いは加速を増している。DVD&LIVE CDのWリリースに際し、スペシャルな購入者連動特典も決定しているので詳しくはオフィシャルHPをチェックしてほしい。

■JUN SKY WALKER(S)30周年スペシャルサイト
http://jswxxxproject.com/

DVD『ALL TIME BEST〜全部このままで〜1988-2018@中野サンプラザ』

2019年2月20日発売



MUBD-1083/4/¥5,800+税
※2DVD
<収録曲>
1.全部このままで
2.いつもここにいるよ
3.明日が来なくても
4.さらば愛しき危険たちよ
5.砂時計
6.NO FUTURE
7.ロマンチック
8.休みの日
9.風見鶏
10.ユア・ソング
11.青春
12.メロディ
13.僕を灰に(Vo.小林雅之)
14.エルマーの夢(Vo.寺岡呼人)
15.変身(Vo.森 純太)
16.Let\'s Goヒバリヒルズ
17.ロックンロール☆ミュージック
18.白いクリスマス
19.愛しい人よ
20.START
21.すてきな夜空
22.歩いていこう
23.言葉につまる
24.MY GENERATION
25.One-Way
◎映像特典
中野サンプラザ コーナーVTR
『小林雅之 コバ散歩』(BGM「どうかな」)

アルバム『ALL TIME BEST〜全部このままで〜1988-2018@中野サンプラザ』

2019年2月20日発売



MUCD-1424/5/¥3,500+税
※2CD
<収録曲>
1.全部このままで
2.いつもここにいるよ
3.明日が来なくても
4.さらば愛しき危険たちよ
5.砂時計
6.NO FUTURE
7.ロマンチック
8.休みの日
9.風見鶏
10.ユア・ソング
11.青春
12.メロディ
13.僕を灰に(Vo.小林雅之)
14.エルマーの夢(Vo.寺岡呼人)
15.変身(Vo.森 純太)
16.Let\'s Goヒバリヒルズ
17.ロックンロール☆ミュージック
18.白いクリスマス
19.愛しい人よ
20.START
21.すてきな夜空
22.歩いていこう
23.言葉につまる
24.MY GENERATION
25.One-Way

アルバム『ALL TIME BEST〜全部このままで〜1988-2018』

発売中



【初回生産限定盤】(3CD+DVD)
MUCD-8121〜24/¥4,500+税
<収録曲>
■DISC1(初回・通常共通)
1. 全部このままで (1988.05.21 「全部このままで」より)
2. MY GENERATION (1988.05.21 「全部このままで」より)
3. いつもここにいるよ (1988.05.21 「全部このままで」より)
4. すてきな夜空 (1988.11.10 「ひとつ抱きしめて」より)
5. 声がなくなるまで (1988.11.10 「ひとつ抱きしめて」より)
6. 明日が来なくても (1988.11.10 「ひとつ抱きしめて」より)
7. 歩いていこう (1989.06.21 「歩いていこう」より)
8. 風見鶏 (1989.06.21 「歩いていこう」より)
9. 砂時計 (1989.06.21 「歩いていこう」より)
10. エルマーの夢 (1989.06.21 「歩いていこう」より)
11. 白いクリスマス (1989.11.21 「白いクリスマス」より)
12. Let\'s Goヒバリヒルズ (1990.06.28 「Let\'s Go Hibari-hills」より)
13. START (1991.02.21 「START」より)
14. メロディー (1991.02.21 「START」より)
15. 僕を灰に (1991.02.21 「START」より)
16. スケッチブック (1991.11.15 「TOO BAD」より)
17. ロマンチック (1992.11.11 「STAR BLUE」より)
18. 時の列車 (1994.05.21 「DAYS」より)
■DISC2(初回・通常共通)
1. さらば愛しき危険たちよ (1995.05.21 「nine」より)
2. ユア・ソング (1996.07.01 「EXIT」より)
3. HEAVY DRINKER (2012.01.18 「B(S)T」より)
4. 青春 (2012.04.25 「LOST&FOUND」より)
5. NO FUTURE (2012.04.25 「LOST&FOUND」より)
6. 虹 (2013.02.13 「FLAGSHIP」より)
7. アニバーサリー (2013.02.13 「FLAGSHIP」より)
8. 希望の詩 (2015.11.18 「BACK BAD BEAT(S)」より)
9. 愛しい人よ ~2018ver. ~
10 .休みの日 ~2018ver. ~
11. 言葉につまる ~2018ver. ~
12. One-Way  ※新曲
■DISC3(初回・通常共通)
JUN SKY WALKER(S) COUNTDOWN LIVE 29/30 XXX
(2017/12/26.27 @渋谷Lamama) 
1. カギは誰が (2017/12/27)  
2. だから自由はここにある (2017/12/27)  
3. カステラ (2017/12/26)  
4. JACK&BETTY (2017/12/26)  
5. 誓いを立てて (2017/12/27)  
6. EVE&LOVE  (2017/12/27)  
7. 遠くへ行かないで (2017/12/26)  
8. BAD MORNING  (2017/12/27)  
9. その日まで (2017/12/27)  
10. ロックンロール☆ミュージック (2017/12/26)  
■DVD(初回限定盤のみ)
Live TOMATO JUN SKY WALKER(S) (C) tvk
・#113 1988.12.31 OA
Live TOMATO SPECIAL\' 88-\' 89 at 新宿コマ劇場
1. 全部このままで 
2. いつもここにいるよ
3. だけど一人じゃいられない 
4. ガラスの街
5. SUICIDE DAY 
6. ひとつ抱きしめて
7. すてきな夜空
8. MY GENERATION
・#133 1991.11.26 REC
Live TOMATO at 日清パワーステーション
1. START
2. つめこんだHAPPY
3. 風見鶏
4. だから自由はここにある
5. ひとつ抱きしめて
6. エンジェル



【通常盤】(3CD)
MUCD-1408〜10/¥3,500+税
◎通常盤特典
発掘!本邦初公開!ジュンスカにとって最後の原宿ホコ天となる
超貴重映像特典付き!
※指定のAR読み取り専用アプリを使用した動画特典となります。

DVD『BEST&RARE〜LIVE ON TV〜』

発売中



MUBD-1082/¥4,500+税
<収録曲>
1.早稲田大学 「BAD MORNING」
(88.12.22O.A WASEDAFESTIVAL#35LIVETOMATO#112)
2.CLUB CITTA\' 川崎「MY GENERATION」
(89.4.13O.A LIVE TOMATO公開録画 LIVE TOMATO #128)
3.新宿コマ劇場 「いつも二人で」
(9.12.31O.ALIVE TOMATO SPECIAL \'89-90LIVE TOMATO #165)
4.浅草・常盤座 「SHAKES BAD BOYS」
※未発表楽曲(90.6.28O.A LIVE TOMATO #191)
5.浅草・常盤座「ON THE ROCKS」
※未発表楽曲(90.6.28O.A LIVE TOMATO #191)
6.浅草・常盤座 「早くイカせろ」
※未発表楽曲(90.6.28O.A LIVE TOMATO #191)
7.浅草・常盤座「I WANNA DANCE」
※初の映像化(90.6.28O.A LIVE TOMATO #191)
8.浅草・常盤座 「言葉につまる」
(90.7.5O.A LIVE TOMATO #192)
9.渋谷公会堂 「歩いていこう」
(90.12.31O.A 90-91 SPECIAL PatiPati TOMATO SPECIAL \'90 #R-7)
10.渋谷公会堂 「Let\'s Go ヒバリヒルズ」
(90.12.31O.A  90-91 SPECIAL PatiPati TOMATO SPECIAL \'90 #R-7)
11.日比谷野外音楽堂「休みの日」
(91.5.30O.A LIVE TOMATO #239)
12.富士急コニファー・フォレスト「すてきな夜空」
(92.8.28O.A SOUNDCONIFER 229 \'92 SOUND CONIFER 229 Special \'92)
13.渋谷公会堂「START」
(92.12.31O.A  Pati Pati TOMATO SPECIAL \'92 #R-1)
14.渋谷公会堂 「さらば愛しき危険たちよ」
(95.3.2O.A LIVE y #100)
15.日比谷野外音楽堂「全部このままで」
(97.8.28O.A LIVE y #23)



【関連リンク】
JUN SKY WALKER(S)、デビュー30周年記念公演をDVD&CDで同時リリース決定
JUN SKY WALKER(S)まとめ
ポルノグラフィティ、配信シングル「フラワー」のジャケット解禁

【関連アーティスト】
JUN SKY WALKER(S)
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, DVD, アルバム, 発表, リリース, 発売, ライブ

ポルノグラフィティ、配信シングル「フラワー」のジャケット解禁
Mon, 10 Dec 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月14日(金)に配信限定でリリースとなるポルノグラフィティの新曲「フラワー」のジャケットデザインが公開となった。

バレエダンサーが暗闇の中、舞台上でダンスをしているデザインで、ワンシーンを切り取ったような立ち姿は美しく力強い。純白で円盤状に広がったスカートはタイトルの花びらを連想させ、歌詞に綴られている花の描写にも寄り添うジャケットとなっている。

今作は12月28日(金)公開の映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の主題歌となっており、ポルノグラフィティが書き下ろしたミドルバラードだ。花の持つ凛とした強さ、そして美しさが綴られている歌詞の世界は、主人公とリンクする部分も多く物語に彩りを加えている。
 
また、ポルノグラフィティは12月15日から2019年3月にかけて、約4年ぶりとなるアリーナツアー『16th ライヴサーキット“UNFADED"』を開催。これまでの全楽曲が“決して色あせることはない”ということをライブで表現するために、“UNFADED(色あせない)”という言葉を冠したツアータイトルになっている。さらに12月31日(月)の大晦日は、自身初となる大阪城ホールでのカウントダウン公演も決定。2018年も最後まで彼らの動向を見逃さないようにしよう。

配信シングル「フラワー」

2018年12月14日(金)配信開始



※映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』主題歌

『16th ライヴサーキット“UNFADED"』

12月15日(土) 静岡 エコパアリーナ
12月16日(日) 静岡 エコパアリーナ
12月22日(土) 北海道 北海道立総合体育センター 北海きたえーる
12月30日(日) 大阪 大阪城ホール
12月31日(月) 大阪 大阪城ホール ※カウントダウン公演
<2019年>
1月26日(土) 福井 サンドーム福井
1月31日(木) 千葉 幕張イベントホール
2月01日(金) 千葉 幕張イベントホール
2月16日(土) 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
2月23日(土) 徳島 アスティとくしま
3月02日(土) 福岡 マリンメッセ福岡
3月08日(金) 神奈川 横浜アリーナ
3月09日(土) 神奈川 横浜アリーナ
3月16日(土) 三重 三重県営サンアリーナ
3月17日(日) 三重 三重県営サンアリーナ
■特設サイト http://sp.pornograffitti.jp/16lc/



【関連リンク】
ポルノグラフィティ、配信シングル「フラワー」のジャケット解禁
ポルノグラフィティまとめ
Plastic Tree、2007年にリリースされたB面集の第二弾『続 B面画報』発売

【関連アーティスト】
ポルノグラフィティ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, 新曲, リリース, 配信, ライブ, ツアー, 主題歌, 映画

Plastic Tree、2007年にリリースされたB面集の第二弾『続 B面画報』発売
Mon, 10 Dec 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Plastic Treeが2007年以降の全シングルカップリング曲を網羅したB面集『続 B面画報』を2月13日にリリースすることを発表した。

今作は2007年にリリースされたB面集『B面画報』の第2弾的な作品。今作は初代『B面画報』リリース後のシングルに収録されていたカップリング曲21曲(リミックス音源等は除く)をレーベルの垣根を越えて網羅したCD2枚組だ。2007年から2018年までのバンドの歴史を彩った隠れた名曲たちをコンプリートした裏ベストともいえるアルバムとなっている。

初回限定盤のCDには、通常盤の内容に加えボーナストラック1曲を追加収録。こちらはなんと1995年12月11日新宿LOFTの初ワンマンライブにて配布されたデモテープ『Poison biscuit』のB面である「変化(another side)」が収録される。さらに初回限定盤にはDVDが付属し、今作に収録される楽曲「灯火」のMVに加え、60分を超えるメンバー座談会映像『プラっと語リー酒』を収録。こちらは『続 B面画報』収録楽曲の制作秘話等を飲みながら濃密に語る、というファン必見の内容となっている。

さらに今作の期間限定予約キャンペーンも発表!  初回限定盤の予約で復刻版カセットテープ『Poison biscuit』、通常盤の予約でオリジナルポストカード5種セットがプレゼントされるとのこと。今作の特典はこの2点のみとなるので、期間中に対象店舗で忘れずに予約しておこう。

アルバム『続 B面画報』

2019年2月13日発売



【初回限定盤】(2CD+DVD)
VIZL-1515/¥5,500+税
<収録曲>
■CD (DISC1)
1. Dolly
2. Paper plane
3. カオスリロン
4. 灯火
5. シンクロ
6. Rusty
7. 時間坂
8. 回想、声はなく。
9. コンセント。
10. バンビ
11. はじめての×××
■CD(DISC2)
1. 静かの海
2. 感傷ダイアリー
3. トゥインクル
4. パイドパイパー
5. creep
6. アイレン
7. サイケデリズム
8. バミューダトライアングル
9. ユートピアベリーブルー
10. リコール
-ボーナストラック-
11. 変化(another side)
※1995年12月11日 新宿LOFTの初ワンマンライブにて配布されたデモテープ『Poison biscuit』に収録
■DVD
・「灯火」Music Video
・メンバー座談会映像「プラっと語リー酒」

【通常盤】(2CD)
VIZL-1516/¥3,500+税
<収録曲>
■CD(DISC1)
1. Dolly
2. Paper plane
3. カオスリロン
4. 灯火
5. シンクロ
6. Rusty
7. 時間坂
8. 回想、声はなく。
9. コンセント。
10. バンビ
11. はじめての×××
■CD(DISC2)
1. 静かの海
2. 感傷ダイアリー
3. トゥインクル
4. パイドパイパー
5. creep
6. アイレン
7. サイケデリズム
8. バミューダトライアングル
9. ユートピアベリーブルー
10. リコール

【アルバム『続 B面画報』早期予約キャンペーン】

下記対象店にて『続 B面画報』(全2形態の内、いずれか1枚)を対象期間中に予約頂いた方に、下記特典をプレゼント致します。

<特典>
■初回限定盤(VIZL-1515)をご予約の方
復刻版カセットテープ『Poison biscuit』
※1995年12月11日新宿LOFTの初ワンマンライブにて配布されたデモテープ「Poison biscuit」を復刻したカセットテープ。「Crack of down」「変化(another side)」を収録。
■通常盤(VIZL-1516)をご予約の方
オリジナルポストカード5種セット

<対象店舗>
・タワーレコード全国各店/タワーレコード オンライン
・HMV全国各店/HMV&BOOKS online
・Amazon.co.jp
・楽天ブックス
・ライカエジソン各店
・little HEARTS. 札幌店 / 仙台店 / 新宿店 / 町田店 / 静岡店 / 大阪店 / 高松店
・ZEAL LINK各店
・自主盤倶楽部
※Amazon.co.jp、楽天ブックスでは、特典付商品カートがアップされます。ご要望のお客様は特典付商品カートにてお買い求め下さい。

<対象期間>
12月10日(月)18:00〜1月14日(月・祝)23:59 まで
※一部店舗では特典が付かない場合がございます。事前にご予約をお考えの店舗にご確認下さい。



【関連リンク】
Plastic Tree、2007年にリリースされたB面集の第二弾『続 B面画報』発売
Plastic Treeまとめ
Shine Fine Movement、3rdワンマンライブで等身大のパフォーマンスを披露

【関連アーティスト】
Plastic Tree
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, アルバム, キャンペーン, 発表, リリース, 発売, 特典

Shine Fine Movement、3rdワンマンライブで等身大のパフォーマンスを披露
Mon, 10 Dec 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月8日(土)、コロムビアのアイドルレーベル“Label The Garden”に所属するShine Fine MovementがTSUTAYA O-WESTにてワンマンライブを開催した。今回のライブは“3rdワンマンライブ”と銘打たれてはいるが、9月に予定されていた2ndワンマンライブは台風の影響で中止となっているため、彼女たちにとっては実質2回目のワンマンライブだ。

2018年は5月に中国・広州、6月に台湾、10月に中国・深センと日本国内のみならず海外でも公演を重ねてきたShine Fine Movement。この日のライブでは2ndワンマンライブで歌い踊れなかった分の想いが込められたかのようなパフォーマンスが印象的だった。控え目な印象ながらも歌でグループを支える羽深芽生、運動量の多さが汗にあらわれている橘莉子、飾らない姿が魅力的な橘咲希、グループのマスコットキャラクター的なかわいらしさの朝比奈るう、破天荒さが魅力の橘南桜、これがShine Fine Movementだと言わんばかりの等身大のアクトでフロアーを沸かせていた。

「光クレッシェンド」「ルミナス」とこれまでのシングル表題曲も佳曲揃いであるが、12月19日(水)に発売される最新シングル「リフレクト」もそれに負けず劣らずのナンバー。AKB48の「ポニーテールとシュシュ」などで知られる多田慎也の手による楽曲ということも納得の仕上がりとなっている。昨今のアイドルシーンにおいても頭ひとつ抜き出たクオリティの高さを誇るLTG楽曲において、Shine Fine Movementの代表曲は共通してストリングスとクリーンなギターが印象的なものが多いように思う。「リフレクト」もその流れを汲んだ完成度の高い楽曲となっている。同楽曲は日本テレビ系『バズリズム02』POWER PLAYのほか、文化放送12月度プラスチューン、FM FUJI Weekly Power Push “Sound Leaf"にも選出されているので、この師走は各地で耳にすることになるだろう。

この日初披露となった「雪桜」はJanne Da Arcのkiyoによる楽曲提供曲ということで、「リフレクト」のType-Bにカップリングとして収録される。kiyoらしさが感じられる特殊な構成の楽曲となっているのでぜひ聴いてみてほしい。

また、この日同じく初披露となった「ダンシングドリーマー」が2019年1月よりBSフジ『サンリオキャラクターズ ポンポンジャンプ!』タイアップソングとなることも発表された。同番組は毎週日曜朝9時に放送中となっているので、オンエアをチェックしてみよう。

シングル「リフレクト」

2018年12月19日(水)発売



【Type-A】(CD)
COCA-17543/¥1,111+税
<収録曲>
リフレクト
シンクロ
星に願いを
リフレクト(Instrumental)
シンクロ(Instrumental)
星に願いを(Instrumental)



【Type-B】(CD)
COCA-17544/¥1,111+税
<収録曲>
リフレクト
シンクロ
雪桜
リフレクト(Instrumental)
シンクロ(Instrumental)
雪桜(Instrumental)



【関連リンク】
Shine Fine Movement、3rdワンマンライブで等身大のパフォーマンスを披露
Shine Fine Movementまとめ
伊藤美裕、毎年恒例の冬ワンマンにて新作のリリースを発表

【関連アーティスト】
Shine Fine Movement
【ジャンル】
ライブ・フェス, 女性アイドル, ニュース, シングル, 新曲, ライブ, ワンマン, ライブレポ, レポート

伊藤美裕、毎年恒例の冬ワンマンにて新作のリリースを発表
Mon, 10 Dec 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

伊藤美裕が12月8日、恵比寿天窓.switchにてワンマンライブを開催した。本公演は毎年恒例となっている冬のワンマンライブで、伊藤は約80人の熱烈なファンで満席の中、“12月ということで気持ちがせわしくなるような時期ですが、この時間だけはゆったりして帰ってもらえたらいいなという思いで歌を歌っていきますので、最後までよろしくお付き合いください”と挨拶をした。

その後、彼女が大好きだという70年代のシティポップスを中心に、大貫妙子の「船出」をはじめ、ブレッド&バターの「ピンク・シャドウ」、ティンパンアレイの「ソバカスのある少女」、原田真二の「タイム・
トラベル」、沢田研二の「君をのせて」、オリジナルナンバーから「月の鍵」「あなたの花になりたい」「why?~真夜中の予感~」、それにアンコールでダニエル・ビダルの「オー・シャンゼリゼ」など全17曲を熱唱した。

MCでは“平成最後の年になりますが、今年はいままで以上に好きな音楽にどっぷりつかって活動できた1年だったかなと思います。それに伴って、素敵な音楽をなさっている先輩や音楽仲間とのいくつもの印象的な出会いがありました。夏には、毎年恒例の歌謡フェスでブレッド&バターの岩沢幸矢さんと一緒に歌わせていただいたのが、すごく感激した出来事でした”と2018年を振り返る場面も。

また、“私にとって2018年は、いろんな転機がありまして、お世話になった方の突然の死から始まった1年でした。私の事務所の会長(オフィスウォーカーの大谷勝巳さん)が、8年にわたってがんと闘病されていて、1月7日にお亡くなりになりました。いつも私のことを気にしてくださっていて、その訃報を聞いたとき、まだ恩返しができていなかったと思い、そこから一念発起して活動してきました。そして、いま充実した日々が送れています。家族以外でこんなに人の死に対して考えたことはなかったかもしれません。それを機に、前に進んでいきたいという思いで今日まで頑張ってきたつもりですし、これからもそうやって頑張っていきたいと強く思います”と、大切な人との思い出を胸に、強く進んでいく決意を表明した。
 
2019年春には新作を予定しているそうで、“今は、自分の新しいステップの準備期間です。今年は、人の死を含めて、自分自身と向き合う時間がとても多かったですし、一つずつ形にしていくことが大事なんだと考えさせられた1年でした”と、さらなるステップに向かって意欲を燃やしていた伊藤。2019年も彼女の動向から目が離せなさそうだ。



【関連リンク】
伊藤美裕、毎年恒例の冬ワンマンにて新作のリリースを発表
伊藤美裕まとめ
BiSH、アイナ作詞による新曲「二人なら」がアニメ『3D彼女』OP曲に決定

【関連アーティスト】
伊藤美裕
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, 発表, 歌謡曲, ライブ, ライブレポ, レポート

BiSH、アイナ作詞による新曲「二人なら」がアニメ『3D彼女』OP曲に決定
Mon, 10 Dec 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BiSHのアイナ・ジ・エンド作詞による新曲「二人なら」が、TVアニメ『3D彼女 リアルガール』第2シーズンのオープニングテーマに決定したことが発表になった。BiSHは同アニメの第1シーズンでエンディングテーマを担当しており、連続で主題歌を担当することとなる。なお、現状では新曲「二人なら」のリリースは未定となっているので、まずはアニメをチェックしておこう。

12月9日に横浜赤レンガ倉庫にて開催した過去最大規模フリーライブを大成功に収めたばかりのBiSHだが、12月22日には幕張メッセ9〜11ホールで過去最大規模のワンマンライブ『THE NUDE』開催、年末の風物詩『輝く!日本レコード大賞』に新人賞ノミネートされるなど、大躍進が止まらない。2019年も早速のタイアップ決定など、引き続き彼女たちに注目だ。

■アニメ『3D彼女 リアルガール』公式サイト
http://www.3dkanojo-anime.com

■【アイナ・ジ・エンド コメント】

「BiSHはあまりラブソングを歌わないので、そんな気持ちの歌を歌えることが新鮮です。
『3D彼女 リアルガール』は毎回、胸が締め付けられる瞬間があります。「二人なら」がその世界観にばっちりハマりますように。
悲しみも切なさも、いつか人生の財産になる。そんな事を思って書きました。二人だけの世界が見えたら嬉しいです」

(c)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会



【関連リンク】
BiSH、アイナ作詞による新曲「二人なら」がアニメ『3D彼女』OP曲に決定
BiSHまとめ
大原櫻子、デビュー満5周年の記念日にLINE LIVE特番を配信

【関連アーティスト】
BiSH
【ジャンル】
J-ROCK, 女性アイドル, アニメ・声優, ニュース, 発表, 新曲, アニメ, 主題歌, オープニング

大原櫻子、デビュー満5周年の記念日にLINE LIVE特番を配信
Mon, 10 Dec 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月14日でデビュー満5周年を迎える大原櫻子が、感謝を込めたLINE LIVE特番『大原櫻子デビュー5周年サンクスLINE LIVEスペシャル』を配信することがわかった。

2013年に映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のヒロインに選ばれ、さらに劇中バンド・MUSH&Co.のボーカルとして女優と同時に歌手としてもデビューした大原は、デビュー以降も女優・歌手として活動してきた。番組では特別企画や、本人からの重大なお知らせも予定しているとのことなので、ぜひ番組を視聴予約してチェックしてほしい。

『大原櫻子デビュー5周年サンクスLINE LIVEスペシャル』

配信日時:12月14日(金) 21時〜
出演:大原櫻子
※生放送のみ・ノンアーカイブとなります
<視聴URL>
■LIVEチャンネル
https://live.line.me/channels/21/upcoming/10137971
■ビクターエンタテインメントチャンネル
https://live.line.me/channels/520/upcoming/10131287



【関連リンク】
大原櫻子、デビュー満5周年の記念日にLINE LIVE特番を配信
大原櫻子まとめ
MAGIC OF LiFE主催『栃フェス』にHalo at 四畳半、LAMP IN TERRENが出演決定

【関連アーティスト】
大原櫻子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 発表, 配信, 出演

MAGIC OF LiFE主催『栃フェス』にHalo at 四畳半、LAMP IN TERRENが出演決定
Mon, 10 Dec 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2019年4月13日、14日に栃木栃木文化会館で開催されるMAGIC OF LiFE主催のフェス『Don\'t Stop Music Fes. TOCHIGI 2019(通称:栃フェス)』の第一弾出演者が発表された。

栃フェスは2015年にMAGIC OF LiFE主催で栃木市よりスタートし、2017年より栃木市との共催となった音楽フェスだ。今回の発表でHalo at 四畳半、LAMP IN TERRENの2組の出演が明らかになり、Halo at 四畳半は2年連続、LAMP IN TERRENは今回が初出演となる。チケットはオフィシャル先行予約が開始しているので、気になる方は是非チェックしよう。

■『Don\'t Stop Music Fes. TOCHIGI 2019』特設サイト
https://magicoflife.jp/tochifes/

『Don\'t Stop Music Fes.TOCHIGI 2019』

4月13日(土) 栃木・栃木市栃木文化会館
4月14日(土) 栃木・栃木市栃木文化会館
<チケット>
前売自由席 1日券:¥4,500
2 日通し券:¥8,000
当日:¥5,000
■オフィシャル先行
2018年12月9日(日)12:00〜12月16日(日)23:59
■オフィシャル2次先行
2018年12月26日(水)12:00〜2019年1月5日(土)23:59



【関連リンク】
MAGIC OF LiFE主催『栃フェス』にHalo at 四畳半、LAMP IN TERRENが出演決定
MAGIC OF LiFEまとめ
Halo at 四畳半まとめ
LAMP IN TERRENまとめ
ラルクと少し早いX’mas、“ラルクリ”で聴きたい曲5選!

【関連アーティスト】
MAGIC OF LiFE, Halo at 四畳半, LAMP IN TERREN
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, 出演, ライブ

ラルクと少し早いX’mas、“ラルクリ”で聴きたい曲5選!
Mon, 10 Dec 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

早いもので気付けばもう12月。街は赤と緑とイルミネーションに彩られて、すっかりクリスマスムードです。ということで、12月19日(水)&20日(木)に東京ドームにて、1年8カ月振りとなる待望のライヴを開催するL’Arc〜en〜Cielの『L’Arc〜en〜Ciel LIVE 2018 L’ArChristmas』で聴きたい私的5曲をご紹介します! ライヴってCDで聴いてるだけとは違うし、年月を重ねてその曲に付随していくものもあるから、いかにも!な曲だけとは限らないものです。今年のラルクリで聴いた曲が来年のクリスマスにあなたが聴きたくなる曲かもしれない。

■「Hurry Xmas」(’07) /アルバム『KISS』より

まずはやっぱりこれからでしょう、「Hurry Xmas」。この曲は11枚目となるオリジナルアルバム『KISS』に収録されているのですが、11月21日のアルバム発売1週間前に先行でシングルカットされました。これまでにもそれらしき曲はあったものの、はっきりタイトルに“Xmas”と付けて“キャンドル”“プレゼント”“ツリー”“聖なる夜”と、歌詞もザ・クリスマス! 2007年〜2010年にかけて4年連続でこの時期にジャケット違いで再発売されるなど、ラルクのクリスマスソングと言えば…というくらい定着してるんじゃないでしょうか。そう言えば、ちょうど同タイミングでクリスマス・コラボした「109MEN’S」の大型垂幕はショーゲキ的だったなぁ…(メンバー同士のKISS写真・きゃっ)。

■「I Wish」(’96) /アルバム『True』より

「Hurry Xmas」前からあったそれらしき曲です(笑)。はっきり分かるようなワードは使っていませんが(“真白な天使”とかそんな感じ)、実はこの曲の仮タイトルは「クリスマス」。ラルクは新曲にちょっと変わった仮タイトルを付けることがよくあるのですが(“バレンタインの憂鬱”→「風にきえないで」、“ホノルルの夕べ”→「HONEY」、etc..)クリスマスをイメージして作った曲だということがうかがえます。そして、「I Wish」と言えば、アルバムリリース後の12月19日、今はなき懐かしのライヴハウス・日清パワーステーションで行なわれた『True』完成披露ライヴ『Carnival of True Eve』で、サンタクロースの衣装に身を包んだhydeがこの曲のコーラス部分をファンと一緒に練習する場面が何より印象的でした! ちなみに、シングル「Hurry Xmas」のカップリングにはパートチェンジ(※)をした“P’UNK〜EN〜CIEL”として、パンクver.の「I Wish 2007」が収録されています!
(※Vo&Gu:TETSU P’UNK、Gu&Cho:HYDE P’UNK、Ba&Cho:YUKI P’UNK、Dr:KEN P’UNK)

■「Caress of Venus」(’96) /アルバム『True』より

もはやクリスマスだからとか今回は聴きたい!とかじゃなくても、すでにラルクのライヴには欠かせない盛り上がりMAX曲ですが、このアルバムを引っ提げてのツアー『Carnival of True』のステージセットが、“カーニバル”というだけあってとってもゴージャスでキラキラしていたんです。クリスマス前後が日程に含まれていたこともあり、そこで披露された「Caress of Venus」の華やかさは、さながらクリスマスパーティーで一斉にクラッカーやシャンパンの栓を鳴らしたような弾け感で、いつものライヴとはまた違ったハッピーな高揚感を味わえるんじゃないでしょうか。そうだな…1曲目があのピアノで始まったら、テンションやばいことになりそう(妄想中)。

■「White Feathers」(’94) /アルバム『Tierra』より

今回選んだ5曲の中で、ある意味一番クリスマスとはかけ離れたところにいる曲だと思います。「部屋のすみには足をつながれた鳥が必死に羽ばたく…」そんなこの曲のストーリーの世界感をモチーフにして、アルバム発売後にリリースされたイメージビデオ『Siesta〜Film of Drems〜』のhydeのパートでは、鳥かごや放たれた窓、たくさんの白い羽根が登場します。現在でも他の曲でライヴで羽根を降らすことがありますが、当時「White Feathers」の間奏部分で降り出す羽根は何とも言えず悲しげに幻想的で、美しいのに切ない気持ちになったものです。2006年に行なわれた『15th L’Anniversary Live』にて、リクエスト投票の3位を獲得して数年振りに演奏されて以来、12年振りにぜひ聴かせてほしい! そして、真っ白な羽根で24年後の世界をホワイト・クリスマスに染めてほしい!

■「あなた」(’98) /アルバム『HEART』より

仮タイトルは“milky way”(天の川)。となると季節が反転してしまうのですが(笑)、やっぱりこの曲は外せないですね。ライヴでの演奏率(特にラスト)も高いし、そもそもシングルカットもされていなのにこんなに人気のある曲はないんじゃないでしょうか。海外のライヴでもサビの合唱はどこの国もばっちりです(もちろん日本語で)。で、なぜこの曲がクリスマスなのかと言うと…1997年12月23日、「大きなあたたかいたまごから 僕たちはもう一度生まれた。」という一面広告が新聞に掲載され、行なわれた東京ドーム公演『1997 REINCARNATION』でメンバーがステージを降りたあと、切望した翌年からのスケジュールなどが、エンドロールのように映し出されるその後ろに静かに流れていたのが、まだ発売前の「あなた」でした。そして、その映像に映る降りしきる雪とこの曲の歌詞が合わさって、頭の中で勝手にクリスマスの思い出に変換されたまま今日に至ります(笑)。人それぞれ思い出やその時々の環境が違えば、連想するものも変わってきます。自分なりの“聴きたい5曲”を想像して、ワクワクしながら足を運んでみてほしいです!

TEXT:K子。

神奈川・湘南育ち。DIE IN CRIESで“音楽=音を楽しむ”ことを知り、好きな音楽の仕事がしたい!とOLをやめてオリコン株式会社に9年所属。どっぷりの反動で旅行業界に転職後、副業で旅・エンタメ関連のWEBで執筆するも、音楽への愛が止められず出戻り人に。愛情込めまくりのレビューやライヴレポを得意とし、ライヴシチュエーション(ライヴハウス、ホール、アリーナクラス、野外、フェス、海外)による魅え方の違いにやけに興味を示す、体感型邦楽ロック好き。



【関連リンク】
ラルクと少し早いX’mas、“ラルクリ”で聴きたい曲5選!
L’Arc〜en〜Cielまとめ
HYDEまとめ
Kenまとめ
TETSUYAまとめ

【関連アーティスト】
L’Arc〜en〜Ciel, HYDE, Ken, TETSUYA
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 連載コラム, ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!, CD, アルバム

Caravan、毎年恒例の『新年祭』開催&振る舞い酒も発表
Mon, 10 Dec 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Caravanが、新年ライブ『Caravan LIVE EXTRA SPECIAL“新年祭”2019』を2019年2月3日(日)に神奈川・川崎CLUB CITTA’にて開催することが決定した。

2013年に初めて開催され、2019年で7回目を迎える本イベント。毎年豪華なミュージシャンを迎えたライブが行なれており、今回は宮下広輔(Ps&Gu)、高桑 圭/Curly Giraffe(Ba)、椎野恭一(Dr)、堀江博久(Key)とフルバンドで出演する。

また、本公演では来場者への“振舞い酒”も用意されており、2019年は新潟の日本酒蔵元、朝日酒造株式会社より“久保田 純米大吟醸”・“久保田 千寿”のどちらかを味わうことができるのでお楽しみに。

チケットは各プレイガイドで販売中! 年初めの縁起物として、ぜひ会場に足を運んでみてはいかがだろうか。

■『Caravan LIVE EXTRA SPECIAL “新年祭”2019』

2月3日(日) 神奈川・CLUB CITTA\'
開場 17:00/開演 18:00
<出演者>
Caravan(Vo&Gu)、宮下広輔(Ps&Gu)、 高桑 圭/Curly Giraffe(Ba)、椎野恭一(Dr)、堀江博久(Key)

<チケット>
スタンディング ¥5,000(税込)
◎振る舞い酒あり!(久保田 純米大吟醸、久保田 千寿)
◎来場者全員にプレゼントあり!



【関連リンク】
Caravan、毎年恒例の『新年祭』開催&振る舞い酒も発表
Caravanまとめ
RADWIMPS、渋谷駅地下コンコースの壁面2面をジャック

【関連アーティスト】
Caravan
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブ

RADWIMPS、渋谷駅地下コンコースの壁面2面をジャック
Mon, 10 Dec 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月12日(水)にリリースとなるRADWIMPSのニューアルバム『ANTI ANTI GENERATION』の発売を記念して、12月10日(月)〜12月16日(日)までの1週間、渋谷駅地下コンコースの壁面2面をRADWIMPSがジャックすることが分かった。

1面には、RADWIMPSが11月に新曲を発表した際にラジオ局に配布されSNS上で大きな話題となった『RADWIMPSからのお手紙』が100通限定で貼り付けられ、追加の配布は無いとのこと。もう片面には同日発売となるライブ映像作品『Road to Catharsis Tour 2018』のライブビジュアルを掲出し、ライブの感動が蘇る躍動感のあるデザインとなっているので、ぜひチェックしてほしい。

また、リリース直前となる12月10日(月)21:00より放送のJ-WAVE『SONAR MUSIC』にて、新曲「TIE TONGUE feat. Miyachi, Tabu Zombie」のフル音源が初オンエアとなるので、こちらもお楽しみに。

■J-WAVE『SONAR MUSIC』公式HP
https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

【RADWIMPS 渋谷駅地下コンコース 壁面2面ジャック詳細情報】

■掲出場所
東急田園都市線渋谷駅B1F、2番出口付近(SHIBUYA109、道玄坂方面コンコース)
■掲出期間
2018年12月10日(月)〜12月16日(日)まで
※「お手紙」は100セットがなくなり次第終了いたします。追加の配布はございません。
※おひとり様1通に限らせて頂きます。
※本件に関する電鉄、駅、及び駅係員へのお問い合わせはご遠慮ください。
※ご覧になる際は通行の妨げにならないようご注意下さい。
※広告をご覧の際は、他の駅利用者の通行の妨げにならないようにご注意お願い申し上げます。

アルバム『ANTI ANTI GENERATION』

2018年12月12日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-29313/¥3,800+税
【通常盤】(CDのみ)
UPCH-20503/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01. Anti Anti overture
02. tazuna
03. NEVER EVER ENDER
04. IKIJIBIKI feat.Taka
05. カタルシスト
06. 洗脳(Anti Anti Mix)
07. そっけない
08. <宿題発表-skit->
09. PAPARAZZI〜*この物語はフィクションです〜
10. HOCUSPOCUS
11. 万歳千唱
12. I I U
13. 泣き出しそうだよ feat.あいみょん
14. TIE TONGUE feat.Miyachi, Tabu Zombie
15. Mountain Top
16. サイハテアイニ
17. 正解(18FES ver.)
■DVD(初回限定盤のみ)
「君の名は。」「人間開花」以降から今作にたどり着くまでのRADWIMPSを、メンバーインタビューを軸に過去の膨大な映像を再構築したドキュメント映像

Blu-ray&DVD『Road to Catharsis Tour 2018』

2018年12月12日(水)発売



【Blu-ray】
UPXH-20076/¥6,300+税
【DVD】
UPBH-20233/¥5,800+税
<収録曲>
01. AADAAKOODAA
02. One man live
03. ます。
04. ふたりごと
05. 遠恋
06. 俺色スカイ
07. やどかり
08. 揶揄
09. 秋祭り
10. スパークル
11. おしゃかしゃま
12. カタルシスト
13. 洗脳
14. 週刊少年ジャンプ
15. HINOMARU
16. トレモロ
17. いいんですか?
18. 君と羊と青
19. 棒人間
20. DADA



【関連リンク】
RADWIMPS、渋谷駅地下コンコースの壁面2面をジャック
RADWIMPSまとめ
DIR EN GREY、FWD主催イベント『Free-Will SLUM』に出演

【関連アーティスト】
RADWIMPS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray, アルバム, キャンペーン, 発表, 新曲, リリース, 発売

DIR EN GREY、FWD主催イベント『Free-Will SLUM』に出演
Mon, 10 Dec 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2019年1月13日(日)、14日(月・祝)の2日間にわたって新木場STUDIO COASTで開催されるライブイベント『Free-Will SLUM』に、DIR EN GREYが出演することが決定した。

DIR EN GREYが所属するレコードレーベル『FIREWALL DIV.』を始め、数々のレーベルを運営するFWDが自社とゆかりの深いアーティストを招いて初開催する当イベント。DAY 1には、今回発表されたDIR EN GREYを筆頭に、MERRY、DOG inTheパラレルワールドオーケストラ、BugLug、アルルカン、DIR EN GREYのプロデューサーであるDYNAMITE TOMMYが手掛ける2o Love to Sweet Bulletら9組が出演。DAY 2には、2000年代のヴィジュアル系シーンを席巻した蜉蝣より蜉蝣session、約7年間の沈黙を破って2017年に1度だけ復活を果たしたkannivalismのほか、A9、BAROQUE、Blu-BiLLioN、キズら9組が出演する。

また、イベント当日はメインホールで行なわれるライブとは別に出演アーティストが企画するイベントブースが設置されることも決定。詳細は随時『Free-Will SLUM』特設サイトにて発表されるので、ぜひチェックしてみよう!

■『Free-Will SLUM』

2019年1月13日(日) 東京・新木場STUDIO COAST
<出演>
DIR EN GREY / BugLug /DOG inTheパラレルワールドオーケストラ / MERRY / POIDOL / アルルカン / ジャックケイパー / ビバラッシュ / 2o Love to Sweet Bullet (順不同)

2019年1月14日(月・祝) 東京・新木場STUDIO COAST
<出演>
A9 / BAROQUE / Blu-BillioN / kannivalism / LEZARD / 蜉蝣session / キズ / 君に恋をした。 / ペンタゴン (順不同)

■『Free-Will SLUM』特設サイト
http://f-w-d.co.jp/freewill_slum/

【チケット情報】

<1DAY TICKET>
・1Fスタンディング:¥8,000(ドリンク別)
・2F指定(VIP) :¥20,000(ドリンク別)
※VIP : 1F専用エリア(バルコニーエリア)でも鑑賞可
<2DAY TICKET>
1Fスタンディング:¥16,000(各日ドリンク別)

■購入URL
・ローソンチケット https://l-tike.com/fws19/
・イープラス http://eplus.jp/fws19/
・チケットぴあ https://t.pia.jp



【関連リンク】
DIR EN GREY、FWD主催イベント『Free-Will SLUM』に出演
DIR EN GREYまとめ
BTS、デビュー2000日を記録したフォトマガジン&オフショットDVDの予約受付中!

【関連アーティスト】
DIR EN GREY
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, バンド, 発表, 出演, ライブ

BTS、デビュー2000日を記録したフォトマガジン&オフショットDVDの予約受付中!
Mon, 10 Dec 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月7日(金)18:00〜12月11日(火)1:59まで開催される『Amazon Cyber Monday(サイバーマンデー)』において、DVD・Blu-rayストアでは“Cyber Monday記念発売”として『BTS (防弾少年団) スペシャルフォトマガジン&オフショットDVD』の予約を受付中! Amazon.co.jp限定で12月14日(金)より発売となっている。

本商品は『10Starマガジン』で掲載された、BTSのデビュー2000日のビハインドストーリーをまとめたフォトマガジンと、撮影時のメンバーのオフショットを集めた特典映像DVDをオリジナルケースに入れてリリース。また、『10Star BTS -2000DAYS JOURNEY』の日本語翻訳小冊子がつき、彼らのこれまでの歩みや『10Starマガジン』のインタビューで彼らが直接語った言葉を日本語で楽しむことができる。数量限定となっているので、気になる方はお早めにチェックしよう!

BTSは、2018年5月にリリースしたアルバム『LOVE YOURSELF 轉 \'Tear\'』が、K-POPアーティストとしてもアジア圏全体としても初の快挙となる米ビルボードで1位を獲得。さらに2018年8月にリリースされたアルバム『LOVE YOURSELF 結 \'Answer\'』も再び米ビルボードで1位を獲得した。改めて全世界的な人気を証明した彼らのデビュー2000日を本作で辿ってみてはいかがだろうか。

■Cyber Monday『BTS 2000DAYS JOURNEY Cyber Monday記念発売商品』特設サイト
https://www.amazon.co.jp/bts-special

スペシャルマガジン&オフショットDVD『10Starマガジン BTS - 2000 DAYS JOURNEY』

2018年12月14日発売 ※Amazon.co.jp限定販売



<内容>
・スペシャルフォトマガジン『10Star BTS -2000DAYS JOURNEY』
・TSメンバーオフショット映像DVD(5分)
・Amazon.co.jp限定 DVDケース
・Amazon.co.jp限定 日本語翻訳小冊子



【関連リンク】
BTS、デビュー2000日を記録したフォトマガジン&オフショットDVDの予約受付中!
BTSまとめ
BiSH、赤レンガ倉庫にて開催したフリーライブに7000人が熱狂

【関連アーティスト】
BTS
【ジャンル】
K-POP, ニュース, DVD, リリース

BiSH、赤レンガ倉庫にて開催したフリーライブに7000人が熱狂
Mon, 10 Dec 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BiSHが12月7日から3日間にわたって開催した人気企画『BiSH参勤交代the beyond』の締め括りとして、横浜赤レンガ倉庫にてBiSH史上最大規模のフリーライブ『stereoなfutureにしないYOKOHAMA』を開催した。

この3日間、メンバーはそれぞれ日本各地のCDショップに訪店挨拶、トークイベントを開催。チッチの袴姿、アイナのOL、モモコの看護師、ハシヤスメのフェススタイル、リンリンのサンタ、アユニの制服など、各自メンバー案による変装がSNSを賑わし続け、全国のCDショップ32店舗を訪れた。そして最終日となる12月9日には、横浜赤レンガに7000人が集結!

フリーライブ会場はあふれ返る清掃員(BiSHファンの総称)で埋め尽くされ、生中継されたLINE LIVEでの視聴者数は50万を超えるほどの勢いを見せる。ライブでは12月5日に発売となったメジャー5thシングル「stereo future」や、アユニ・D作詞によるカップリング曲「S・H・i・T」を始め、「BiSH-星が瞬く夜に-」「オーケストラ」「GiANT KiLLERS」など全9曲を披露。フリーライブとは思えない熱狂のステージを作り上げ、3日間にわたった『BiSH参勤交代the beyond』を締め括った。

また、BiSHは12月22日に幕張メッセ9〜11ホールでのワンマンライブ『THE NUDE』を控えている。大躍進となった2018年の集大成を見せるこの公演は、現在チケット発売中なのでお早めにゲットしよう!

【セットリスト】
01.BiSH-星が瞬く夜に-
02.stereo future
03.GiANT KilLLERS
04.MONSTERS
05.オーケストラ
06.サラバかな
07.S・H・i・T
08.DA DANCE!!
09.BiSH-星が瞬く夜に

『BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL "THE NUDE"』

12月22日(土) 千葉・幕張メッセ9・10・11ホール
OPEN 14:30/START 16:00
※チケット発売中!http://l-tike.com/bish



【関連リンク】
BiSH、赤レンガ倉庫にて開催したフリーライブに7000人が熱狂
BiSHまとめ
宇多田ヒカル、12年振りの国内ツアーがデビュー20周年記念日に終幕

【関連アーティスト】
BiSH
【ジャンル】
J-ROCK, 女性アイドル, ニュース, シングル, キャンペーン, 新曲, ライブ, セットリスト, ライブレポ, レポート

宇多田ヒカル、12年振りの国内ツアーがデビュー20周年記念日に終幕
Mon, 10 Dec 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

宇多田ヒカルが、デビュー満20周年の記念日となる12月9日(日)に国内ツアー『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』のファイナル公演を幕張メッセで開催した。11月6日(火)の横浜アリーナからスタートしたこのツアーは横浜、福岡、名古屋、大阪、埼玉、幕張とまわり、全6都市12公演を完走した。

ライブは20周年の集大成ともいえるセットリストで、デビュー曲「Automatic」から最新アルバム『初恋』の収録曲まで新旧織り交ぜた全20曲でファンを沸かせた。特に1999年にリリースした大ヒットソング「First Love」から、約20年の時を経て発表した「初恋」へと続く流れでは、涙するファンも多く見られた。

冒頭のMCで宇多田ヒカルは『こんばんは! 今日は色んなところから来てくれてありがとう。今日はデビュー20周年記念日なんですけど、そんな日をこんな風に過ごせて、本当は誕生日とか祝ってもらったり、会の主役になるのはすごい苦手なんだけど、これは素直に喜んでおきます。ありがとう! 後ろの人もちゃんと、(こちらから)見えてるから一緒に楽しもうね!』と20年を振り返り、ファンからの熱い声援をかみしめる一幕も。

12年ぶりに開催された今回のツアーは合計14万人を動員。大ヒットソングを世に送り届けてきた20年と、いまなお走り続ける宇多田ヒカルの未来の両方が感じられる圧巻のツアーとなった。

こちらのツアーは、BSスカパー!にて2019年1月27日(日)午後9時より放送が決定。その後、2019年3月10日(日)午後8時よりMUSIC ON! TV(エムオン!)ではツアードキュメンタリーも加えた完全版を放送予定とのことなので、残念ながら会場に足を運べなかった方はこちらをお楽しみに。

さらに、ソニー・インタラクティブエンタテインメントが、宇多田ヒカルに関連したPlayStation(R)VR(PS VR)向けコンテンツの配信日を発表した。正式タイトルは『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 - "光" & "誓い" - VR』。同タイトルでは『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』から「光」「誓い」のライブステージ2曲をPS VR向けに配信するという。 まずは12月25日(火)にPlayStation(R)Plus(PS Plus)加入者向けに「光」のVR映像の先行配信が決定!  なお「誓い」は2019年に「光」とともに一般向けに無料配信予定とのことなので、こちらも期待して待とう。

さらに新曲「Face My Fears」の音源(90秒)もYouTubeにて公開。こちらの楽曲は、既に発表されているが、ゲームソフト『KINGDOM HEARTSIII』のオープニングテーマとなっており、この楽曲の収録されたCDシングルは2019年1月18日(金)に発売される。タイトル曲「Face My Fears」の他に『KINGDOM HEARTSIII』のエンディングテーマ「誓い」、また同曲の英語バージョンとなる「Don\'t Think Twice」、『KINGDOM HEARTSIII』のオープニングテーマ「Face My Fears」のEnglish Versionという4曲を収録。先に発売されたアルバム『初恋』に収録の「誓い」以外は全てCD初収録となる。

また、このシングルのジャケットも初公開された。『キングダム ハーツ』シリーズのディレクターである野村哲也氏が描き下ろしたイラストとなっており、ゲーム内に登場する武器・キーブレードを持った宇多田ヒカルが水面に佇む、『キングダム ハーツ』ファンにとっても宇多田ヒカルのファンにとっても堪らないジャケットとなっている。野村哲也氏が描き下ろす宇多田ヒカルのイラストは、2014年に発売された『宇多田ヒカルのうた』のプロモーション企画以来二度目。ファン必携の1枚となることは間違いない。

また2019年3月6日(水)には、シングル「Face My Fears」のアナログ盤の発売も決定。こちらには野村哲也氏が描き下ろした「Face My Fears」のジャケットのポスターが封入予定。予約もスタートしているので、是非合わせてチェックしてほしい。

Live photo by 岸田哲平

■『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018 - "光" & "誓い" - VR』配信ページ
https://www.jp.playstation.com/blog/detail/7991/20181210-utadahikaruvr.html

■BSスカパー!『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』公式HP
https://www.skyperfectv.co.jp/special/music/utadahikaru/

【セットリスト】
1 あなた
2 道
3 traveling
4 COLORS
5 Prisoner Of Love
6 Kiss & Cry
7 SAKURAドロップス
8 光
9 ともだち
10 Too Proud
11 誓い
12 真夏の通り雨
13 花束を君に
14 Forevermore
15 First Love
16 初恋
17 Play A Love Song
EN1 俺の彼女
EN2 Automatic
EN3 Goodbye Happiness

シングル「Face My Fears」

2019年1月18日(金)発売



【通常盤(初回仕様)】
ESCL-5150/¥1,400(税込)
※初回仕様:『キングダム ハーツ』シリーズ ディレクター野村哲也氏描き下ろしピクチャーレーベル、PlayPASS対応
<収録曲>
1.Face My Fears (Japanese Version) / 宇多田ヒカル & Skrillex 
※国内版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSIII』オープニングテーマ
2.誓い
※国内版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSIII』エンディングテーマ
3.Face My Fears (English Version) / 宇多田ヒカル & Skrillex
※海外版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSIII』オープニングテーマ
4.Don\'t Think Twice
※海外版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSIII』エンディングテーマ

生産限定アナログ盤「Face My Fears」

2019年3月6日(水)発売



ESJL-3114/¥2,500(税込)
※『キングダム ハーツ』シリーズ ディレクター野村哲也氏描き下ろし絵ポスター封入
<収録曲>
■Side A
1.Face My Fears (Japanese Version) / 宇多田ヒカル & Skrillex
※国内版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSIII』オープニングテーマ
2.誓い
※国内版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSIII』エンディングテーマ
■Side B
3.Face My Fears (English Version) / 宇多田ヒカル & Skrillex
※海外版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSIII』オープニングテーマ
4.Don\'t Think Twice
※海外版ゲームソフト『KINGDOM HEARTSIII』エンディングテーマ
https://erj.lnk.to/zdxOJWN



【関連リンク】
宇多田ヒカル、12年振りの国内ツアーがデビュー20周年記念日に終幕
宇多田ヒカルまとめ
かりゆし58、3月より28公演に渡る全国ツアーを開催

【関連アーティスト】
宇多田ヒカル
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, トレーラー, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ゲーム, ライブ, ツアー, セットリスト, ライブレポ, レポート, 主題歌

かりゆし58、3月より28公演に渡る全国ツアーを開催
Mon, 10 Dec 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

かりゆし58が2019年3月から行なうツアー『ハイサイロード2019〜平成の結〜』のスケジュールが明らかになった。

ツアーはタイトル通り、平成の終わりから新元号をまたぐ形で開催。 3月9日の桜坂セントラルを皮切りに、愛知、静岡、福島、宮城、群馬、石川、長野、新潟、埼玉、熊本、宮崎、鹿児島、長崎、福岡、広島、岡山、鳥取、兵庫、和歌山、京都、大阪、徳島、香川、愛媛、北海道、東京を巡り、全28公演を実施する。ファンクラブではチケットの先行受付を12月14日まで受付中だ。

■『ハイサイロード2019〜平成の結〜』

3月09日(土) 桜坂セントラル
3月10日(日) 桜坂セントラル
3月15日(金) 名古屋ダイアモンドホール
3月21日(木・祝) Live House浜松 窓枠
3月23日(土) 郡山#9
3月24日(日) 仙台JUNKBOX
3月26日(火) 高崎club FLEEZE
3月28日(木) 金沢AZ
3月30日(土) 長野CLUB JUNK BOX
3月31日(日) 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
4月07日(日) HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心VJ-3
4月29日(月・祝) 熊本B.9 V1
5月01日(水) 宮崎SR BOX
5月03日(金・祝) 鹿児島CAPARVO HALL
5月05日(日) 長崎DRUM Be-7
5月06日(月・祝) 福岡DRUM LOGOS
5月09日(木) 広島クラブクアトロ
5月11日(土) 岡山EBISU YA PRO
5月12日(日) 米子 AZTiC Laughs
5月17日(金) 神戸チキンジョージ
5月19日(日) 和歌山SHELTER
5月22日(水) 京都 KYOTOMUSE
5月24日(金) 大阪BIGCAT
5月28日(火) 徳島club GRINDHOUSE
5月30日(木) 高松DIME
6月02日(日) 松山サロンキティ
6月07日(金) 札幌 cube garden
6月14日(金) 渋谷TSUTAYA O-EAST

■ツアー特設ページ
http://ldandk.com/kariyushi58/2019tour/



【関連リンク】
かりゆし58、3月より28公演に渡る全国ツアーを開催
かりゆし58まとめ

【関連アーティスト】
かりゆし58
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ツアー













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1