歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年12月07日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/12/16
2018/12/15
2018/12/14
2018/12/13
2018/12/12
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
アジカン&KANA-BOON、新人映像作家とコラボし6曲の新曲MVを公開決定
Fri, 07 Dec 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月5日に3年半ぶりのアルバム『ホームタウン』をリリースしたばかりのASIAN KUNG-FU GENERATIONと、12月19日にミニアルバム『ネリネ』をリリースするKANA-BOONが、株式会社コエとのコラボレーションにより、新作からそれぞれ3曲ずつ、6曲のMVを発表することとなった。

株式会社コエは、数々の国内外有名アーティストのMVを手掛ける映像作家の関和亮が、グラフィックデザイナーのユキマユコと共に設立。KANA-BOONの全国デビュー時から数々のMVを手掛けてきた山岸聖太も所属するクリエイティブカンパニーだ。

その株式会社コエが開催した人材募集のためのオーディションから、選考に残った6人がそれぞれ3人ずつASIAN KUNG-FU GENERATION、KANA-BOONのMVを、アーティスト公認で撮影することとなった。まだ無名のクリエイターが第一線で活躍するバンドのMVを手掛ける本取り組みは、“若い世代を積極的にフックアップしたい”という、コエと2バンドの想いが重なり合ってのコラボレーションとなっている。

また、今回制作される6曲のMVのうち、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの3作品はこれまでに「All right part2」や「踵で愛を打ち鳴らせ」といった楽曲でタッグを組んできた関和亮が監修、KANA-BOONの3作品は6,000万回を超える再生回数を誇る「ないものねだり」ほか、『SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA 2015』にて「シネマチックアワード」を受賞した「生きてゆく」など、KANA-BOONと共に数々の名作を生み出してきた山岸聖太が監修にあたる。

特設サイトでは、全6作品の中からまずはASIAN KUNG-FU GENERATION「UCLA」(監督:松永光明)、KANA-BOON「ネリネ」(監督:加藤秀仁)の2作品を公開! 他4作品は追って公開されるのでお楽しみに。ASIAN KUNG-FU GENERATIONとKANA-BOONの楽曲が、新しい才能によってどのように映像化されるのか、引き続き注目だ。

■『コエ』オーディション × ASIAN KUNG-FU GENERATION & KANA-BOON 特設サイト
http://www.kioon.com/koe/

■【コメント】

■ASIAN KUNG-FU GENERATION「UCLA」 監督:松永光明
「このMVを通して、主人公の感情の移り変わりをストーリーやそれぞれのカット、カメラワークなどで深くまで表現してみたいと思いこの企画を考えました。
また企画段階から編集まで関監督のアドバイスを頂き、脳みそが沸騰するくらい考えました。
今の自分の全力を出し切るという事の大切さを再認識させられました。今回この企画を通して経験したことを糧に、常に今までの自分には無かった表現やアイディアを今後も模索し続けていきたいと思います」

■KANA-BOON「ネリネ」 監督:加藤秀仁
「いろんなしがらみがあったりの世の中を
単純な心のままに突き進めというのは、
簡単そうでめちゃくちゃ難しく思えたりします。
軽トラで運ばれる箱入り娘。それを追いかける両親。
家族で肉料理を食べているときに床が抜けて、
娘だけがそのまま軽トラで運ばれてきたようなバカみたいな話。
ともすれば俯瞰するとへんてこりんな状況が多い世の中ですが、
悩んで悩んで悩みぬいてる人が、さては大したことねえな、と気づくのは寝て起きた次の日の朝だったり。
そんな悪い魔法から解けるようにこの映像を見終わって一笑して、
ちょっと前に進んでみようと思えるようなそんな映像になってるなら本望です。
KANA-BOONさんのステキな応援歌。ぜひ楽しんでご覧ください」

アルバム『ホームタウン』

2018年12月5日発売



【初回生産限定盤】(2CD+DVD)
KSCL-3121〜3/¥4,600+税
※プレイパス対応
<収録曲>
■CD1
『ホームタウン』
1.クロックワーク
2.ホームタウン
3.レインボーフラッグ
4.サーカス
5.荒野を歩け
6.UCLA
7.モータープール
8.ダンシングガール
9.さようならソルジャー
10.ボーイズ&ガールズ
■CD2
『Can\'t Sleep EP』
1.スリープ
2.廃墟の記憶
3.イエロー
4.はじまりの季節
5.生者のマーチ
■DVD
・『ASIAN KUNG-FU GENERATION America Tour Documentary Pt.2 (Latin America)』



【通常盤】(CDのみ)
KSCL-3124/¥2,913+税
※プレイパス対応
<収録曲>
1.クロックワーク
2.ホームタウン
3.レインボーフラッグ
4.サーカス
5.荒野を歩け
6.UCLA
7.モータープール
8.ダンシングガール
9.さようならソルジャー
10.ボーイズ&ガールズ

ミニアルバム『ネリネ』

2018年12月19日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3127〜3128/¥2,500+税
※どうでもいいオマケ020封入
<収録曲>
■CD
1. ネリネ
2. アフターワード
3. 春を待って
4. 湯気
5. ペンギン
■DVD
『KANA-BOONのGO!GO!5周年!シーズン3 野外ワンマン ヨイサヨイサのただいまつり!2018 in 堺 - Introduction ?』
1. A.oh!!
2. バカ
3. 街色
4. シルエット
5. 眠れぬ森の君のため
6. 盛者必衰の理、お断り (和和和 version)
7. ないものねだり
8. 夜の窓辺から



【通常盤】(CD)
KSCL-3129/¥1,500+税 
※初回仕様:どうでもいいオマケ020封入
<収録曲>
1. ネリネ
2. アフターワード
3. 春を待って
4. 湯気
5. ペンギン



【関連リンク】
アジカン&KANA-BOON、新人映像作家とコラボし6曲の新曲MVを公開決定
ASIAN KUNG-FU GENERATIONまとめ
KANA-BOONまとめ
数々のヒット曲を持つドイツ人プロデューサー・Robin Schulzが新木場ageHaに初登場

【関連アーティスト】
ASIAN KUNG-FU GENERATION, KANA-BOON
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, コラボレーション, コラボ, ミュージックビデオ, MV

数々のヒット曲を持つドイツ人プロデューサー・Robin Schulzが新木場ageHaに初登場
Fri, 07 Dec 2018 20:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ドイツ人プロデューサー/DJの“Robin Schulz”が12月15日に東京・新木場ageHaで開催される『#MOVENIGHT_ feat. Robin Schulz』に出演。本公演が新木場ageHa初登場となる。 ロビンの大ヒット曲「Sugar」はYouTube再生回数3億回以上を記録し、その他にも「Sun Goes Down」「OK」など数億回規模の再生回数を誇るヒット曲を持つ。日本では『ULTRA JAPAN』出演時にその人気を証明した。

2018年4月にイギリス出身のトッププロデューサーJonas Blueを招聘し、大成功を収めた『#MOVENIGHT_』。本公演は2018年ラストということで、本年の締め括りをを飾るにふさわしいブッキングがそろっている。

ARENAエリアの国内勢は、日本を代表する音楽プロデューサーのKSUKEをはじめ、人気・実力を兼ね備えた若手DJたちがラインナップ! KSUKEは2015年3月にWarner Music Japan Internationalと専属契約し、自身のオリジナル作品の他、国内外アーティスト達のリミックスワークも多数手掛けている。

また、今や国内を飛び越えて世界中を席巻しているゴーゴーダンサーチーム・CYBERJAPAN DANCERSより、圧倒的な人気を誇るダンス特化型ユニット・TEAM Xもパーティに花を添える。ISLANDエリアではそのCYBERJAPANの大人気パーティ『BIKINI NIGHT WINTER』が行なわれるので、ぜひ立ち寄ってみよう。

さらに、現在ageHaのアカウントをフォローしてTwitter、Instagramにハッシュタグ『#MOVENIGHT_』『#ageHarobin』付きで投稿すると、抽選でロビン・シュルツ本人に会えるミート&グリートやTシャツの当たるキャンペーンを実施中。イベント前日の12月14日(金) 20:00まで応募を受け付けているので、この機会にぜひチェックしてほしい。

■『#MOVENIGHT_ feat. Robin Schulz』

12月15日(土) 東京・新木場ageHa
OPEN 23:00
<チケット>
DOOR / 当日 ¥4,000
U-25(25歳以下)¥3,500
INTERNATIONAL COUPON ¥3,500
20TH PASS ¥1,000(20TH YEARS OLD)

■ADVANCE TICKET(FAST LINE/優先入場)
GA TICKET (一般前売りチケット)¥3,500
U-25 TICKET (25歳以下専用)¥3,000
GROUP TICKET(10 set)¥30,000
(From - 13th Nov. 12:00- )

<出演>
■ARENA
#MOVENIGHT_
※GENRE:EDM/HOUSE

・SPECIAL GUEST
Robin Schulz

・LINE UP
KSUKE
DJ HOSAKA
SHOTA

・PICK UP
So-on
gu^2

・DANCER
TEAM X from CYBERJAPAN DANCERS
MOJO DANCERS

■ISLAND
BIKINI NIGHT WINTER 2018-19
(GENRE:HOUSE/EDM)

・RESIDENT
MITOMI TOKOTO

・DANCER
CYBERJAPAN DANCERS

・LINE UP
SIXTEN
SONE
YAMATOMAYA

■WATER
Dolly Noire Night
(GENRE:HIP HOP/BASS)

・SHOWCASE:
Dolly Noire Presents SP Show

・LINE UP
SELECT
33
MIGHTY
NG
THETA
AIKO
SHOW
NAOMI

Supported by BAY THE WAVE Yokohama

■BOX
Hands Up!
(GENRE:EDM/BASS)

・LINE UP
YOSHIMASA (TCPT/TINY DUCKS)
INAGEE
TAKAHASHI YU(TCPT)
23TO(TCPT)
AKI-HIRO(TCPT)
NIKO
and more..

・VJ
T.B.A

■STAR
BEGINNING
(GENRE:HOUSE/BASS)

・LINE UP
SAKO
?E$!!
lady kaga
Kent
Mocha
DiAloMa
Torahiko Shinoda
Betty

【Robin Schulz MV作品】

■Sugar (feat. Francesco Yates)
https://www.youtube.com/watch?v=bvC_0foemLY
■OK (feat. James Blunt)
https://www.youtube.com/watch?v=P9-4xHVc7uk
■Sun Goes Down feat. Jasmine Thompson
https://www.youtube.com/watch?v=Mo4cmTaEDIk
■Headlights [feat. Ilsey]
https://www.youtube.com/watch?v=vAEwLvxHVVk
■Tomorrowland Belgium Mainstage 2018
https://www.youtube.com/watch?v=Z_lh3o2rvVY



【関連リンク】
数々のヒット曲を持つドイツ人プロデューサー・Robin Schulzが新木場ageHaに初登場
エドガー・サリヴァン、クリスマスの名曲「チキンライス」をカバー

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-POP, ニュース, DJ

エドガー・サリヴァン、クリスマスの名曲「チキンライス」をカバー
Fri, 07 Dec 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

エドガー・サリヴァンが浜田雅功&槇原敬之の名曲「チキンライス」をアレンジ&カバーし、12月7日に配信限定でリリースした。

エドガー・サリヴァンの公式YouTubeチャンネルで不定期に更新しているセルフカバー&アレンジ企画『EDO JAM』。オンライン上で楽曲をカバー&アレンジしメンバー各々の自宅でJAMセッションをしている企画動画から、今回クリスマスの名曲が誕生した。ヴォーカルの佐々木萌曰く“エドガー・サリヴァンと対局の位置にある名曲をあえてエドサリっぽくカバーしてみたい”という想いでこの曲を選曲したという。

『EDO JAM』では、メンバー3人共に作詞・作曲・アレンジができることから毎回1人のメンバーがアレンジを行なっており、今作はベースの高木祥太が担当。原曲のエモーショナルかつ90年代の古き良きJ-POPさを残しつつ、クリスマスシーズンと相性の良いゴスペル、ベルの音色を織り交ぜながらもボコーダーを駆使した新しさでエドガー・サリヴァンとしての軸をしっかりと持つ1曲となっている。佐々木が歌う、本家とは異なるスウィートな「チキンライス」をぜひ堪能してほしい。

配信シングル「チキンライス」

2018年12月7日(金)配信開始



【関連リンク】
エドガー・サリヴァン、クリスマスの名曲「チキンライス」をカバー
エドガー・サリヴァンまとめ
Shine Fine Movement、3rdシングルのMV&ジャケは“光”がモチーフ

【関連アーティスト】
エドガー・サリヴァン
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, 発表, 発売, 配信

Shine Fine Movement、3rdシングルのMV&ジャケは“光”がモチーフ
Fri, 07 Dec 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月19日にリリースとなるShine Fine Movementの3rdシングル「リフレクト」のMV&ジャケット写真が公開された。MV、ジャケ写ともにグループのコンセプトでもある“光”をモチーフに表現されており、特にMVでは明暗のコントラストが印象的な仕上がりとなっている。

表題曲「リフレクト」はAKB48「ポニーテールとシュシュ」などの作曲で知られる多田慎也の手によるもので、“光の反射”にかけて逆境に立ち向かう人々へエールを送る、力強さを秘めた楽曲。

Type-A、Type-B共通のカップリング曲には、サンバビートが軽快な「シンクロ」が、Type-Aのカップリングとして疾走感あふれるバンドサウンドが心地良い「星に願いを」が、Type-Bのカップリングは前作に引き続いてJanne Da Arcのkiyoが楽曲提供した「雪桜」がそれぞれ収録される。

12月8日(土)には、TSUTAYA O-WEST(東京・渋谷)で『Shine Fine Movement 3rdワンマンライブ 〜リフレクティア〜』が開催。9月に予定されていたワンマンが台風の影響で中止となってしまっただけに、メンバーにとってもファンにとっても待望の公演となる。詳しくはオフィシャルHPへ!

シングル「リフレクト」

2018年12月19日発売



【Type-A】
COCA-17543/¥1,111+税
<収録曲>
01.リフレクト
02.シンクロ
03.星に願いを
04.リフレクト(Instrumental)
05.シンクロ(Instrumental)
06.星に願いを(Instrumental)



【Type-B】
COCA-17544/¥1,111+税
<収録曲>
01.リフレクト
02.シンクロ
03.雪桜
04.リフレクト(Instrumental)
05.シンクロ(Instrumental)
06.雪桜(Instrumental)

『Shine Fine Movement 3rdワンマンライブ 〜リフレクティア〜』

12月08日(土) 東京 TSUTAYA O-West
開場11:30/開演12:00



【関連リンク】
Shine Fine Movement、3rdシングルのMV&ジャケは“光”がモチーフ
Shine Fine Movementまとめ
kiyoまとめ
Janne Da Arcまとめ
BiSH、 横浜赤レンガ倉庫フリーライブのLINE LIVE生配信が決定

【関連アーティスト】
Shine Fine Movement, kiyo, Janne Da Arc
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, グループ, ミュージックビデオ, MV, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス, ライブ, ワンマン

BiSH、 横浜赤レンガ倉庫フリーライブのLINE LIVE生配信が決定
Fri, 07 Dec 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

“楽器を持たないパンクバンド"ことBiSHが、12月5日に発売したメジャー5作目となるニューシングル「stereo future」のリリース記念として、12月7日より3日間に渡って開催中の人気企画『#BiSH参勤交代thebeyond』。その最終日、12月9日に最終集結地点の横浜赤レンガ倉庫にて開催する、過去最大規模のフリーライブ『stereoなfutureにしないYOKOHAMA』のLINE LIVE生配信が決定した。

今回の『#BiSH参勤交代thebeyond』は全国18ヶ所でのトークイベントを繰り広げ、前回同様メンバーの盗撮が可能というもの。参勤交代に参加してみたい清掃員は、まずHPでルールや詳細を確認しTwitterでハッシュタグを追ってみてはいかがだろうか。

■BiSH オフィシャルTwitter
https://twitter.com/bishidol
■BiSH オフィシャルHP
http://www.bish.tokyo

■【LINE LIVE詳細】

配信日時:12月9日(日)17:50〜
配信ページ:https://lin.ee/81n1m2H/lnms
※番組内容、開始時間は予告なく変更となる可能性がございます。



【関連リンク】
BiSH、 横浜赤レンガ倉庫フリーライブのLINE LIVE生配信が決定
BiSHまとめ
BLUE ENCOUNT、キャリア史上初のホールツアー決定

【関連アーティスト】
BiSH
【ジャンル】
J-ROCK, 女性アイドル, ニュース, ライブ

BLUE ENCOUNT、キャリア史上初のホールツアー決定
Fri, 07 Dec 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

『DO IT HERE vol.1』と題し、12月6日(木)と7日(金)にそれぞれキュウソネコカミとSiMを迎えて地元・熊本のライヴハウスB.9 V1で自主企画公演を開催したBLUE ENCOUNT。激アツの対バンとなった2日目の公演において、キャリア史上初のホールツアー『BLUE ENCOUNT HALL TOUR 2019』を2019年6月から行なうことが発表された。

6月9日(日)の熊本市民会館公演に始まり、東京は中野サンプラザホール、大阪が大阪オリックス劇場、そして名古屋の名古屋市公会堂と全4公演が行なわれる。ライヴハウスを主戦場として活動してきたブルエンだが、2018年にリリースの3rdアルバム『VECTOR』や最新シングル「FREEDOM」でも幅広い音楽性でファンを魅了してきただけに、このホールツアーでどのようなステージを見せてくれるのか期待が高まる。

チケットはブルエンのモバイル会員『LIVER\'S CREW』にて先行予約受付がスタートしており、この先行での購入者のみ同行者様も含めてオリジナルラバーバンドが付いてくるので要チェック!

■『BLUE ENCOUNT HALL TOUR 2019』

6月09日(日) 熊本・熊本市民会館シアーズホーム夢ホール
6月21日(金) 東京・中野サンプラザホール
6月28日(金) 大阪・大阪オリックス劇場
7月15日(月) 愛知・名古屋市公会堂

<チケット>
前売¥5,300(税込)
■『LIVER\'S CREW』先行 ※抽選方式
2018年12月7日(金)22:00〜2018年12月13日(木)23:59
※こちらの先行で購入者のみオリジナルラバーバンド付き(同行者様も)
※枚数制限:お1人様につき1申込のみ、最大2枚まで(複数公演申込可)
※3歳以上チケット必要。3歳未満は保護者1名様につきお子様1名のみ膝上で鑑賞可能。

シングル「FREEDOM」

発売中



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3118〜9/¥1,759+税
※プレイパス対応
<収録曲>
■CD
01.FREEDOM
02.ミュージック
03.それでも、君は走り続ける
■DVD
2018年7月27日に熊本B.9 V1で行なわれた『TOUR2018 Choice Your「→」』のライヴパフォーマンスとツアードキュメンタリー
01.Waaaake!!!!
02.JUMP
03.コンパス
04.灯せ
05.こたえ
06.Making of TOUR2018 Choice Your「→」



【通常盤】(CDのみ)
KSCL-3120/¥1,204+税
<収録曲>
01.FREEDOM
02.ミュージック
03.それでも、君は走り続ける



【関連リンク】
BLUE ENCOUNT、キャリア史上初のホールツアー決定
BLUE ENCOUNTまとめ
超特急、全33公演のホールツアー決定&ドラマ『フルーツ宅配便』の主題歌を担当

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット

超特急、全33公演のホールツアー決定&ドラマ『フルーツ宅配便』の主題歌を担当
Fri, 07 Dec 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月7日(金)にアリーナツアー『GOLDEN EPOCH』の初日公演をさいたまスーパーアリーナで迎えた超特急が、終演後に新情報を発表! 超特急史上最大規模となる全33公演10万人動員のホールツアーを、2019年4月より開催することが決定し、同年1月期 テレビ東京ドラマ24『フルーツ宅配便』の主題歌を担当することも発表された。新たな時代の幕開けにふさわしい2つのビッグニュースで、会場を埋め尽くした2万3千人の大歓声を浴びた。

『BULLET TRAIN SPRING/SUMMER TOUR 2019 EUPHORIA 〜Breakthrough, The Six Brave Stars〜』と名付けられた全国ツアー。今回は全33公演のうち、第1弾として11都市16公演の日程が発表され、4月20日(土)、21日(日)の松戸・森のホール2DAYS公演を皮切りにスタートすることが分かった。

ホールツアーは2年ぶりとなるが、その間に発表したCDは全てオリコンウィークリーランキングで3位以内を獲得し、メディアでの露出もグッと増した彼らが選んだツアータイトルは“EUPHORIA”。ズバリ“幸福感”という意味を持つ上、ツアー最中の6月にはCDデビュー7周年を迎えるだけに、どんな歓びでオーディエンスを満たしてくれるのか? そして、“The Six Brave Star=6人の勇ましき星々”が果たしてどんな壁を“Breakthrough=突破”するのか? “8号車”と呼ばれる超特急ファンならずとも興味が高まる。

また、主題歌を担当することが決定したドラマ『フルーツ宅配便』は、デリヘルで働くワケあり女子の人間模様をデリヘルの店長になったごく普通の男・咲田真一の目線を通して描く作品。主人公の咲田は、CMやドラマで幅広く活躍する濱田 岳が演じる。加えて、主題歌の「ソレイユ」は伝説的フォークシンガー・高田渡を父に持ち、自身もマルチ弦楽器奏者として数々のソロ作品を発表してきた高田漣が作詞・作曲を担当。フランス語で“太陽”の名を持つ楽曲が、どんな光や温もりをドラマや視聴者にもたらしてくれるのかにも注目したい。

超特急史上最大キャパシティーのさいたまスーパーアリーナ公演を熱狂のうちに終え、ステージの左右に設置された大型LEDモニターに流れるエンドロール映像で2つのニュースが発表となると、場内は8号車の歓喜の悲鳴とメンバーカラーのペンライトで華やかに満たされた。全公演のチケットが即日完売したツアー『GOLDEN EPOCH』は12月26日(水)、27日(木)の大阪城ホール2DAYSまで続くが、その先も彼らの歩みが止まることはない。2019年4月30日(火)に幕を閉じる平成から、新たな元号へ…。時代を跨ぐツアーと8月に発売された前作シングル「Jesus」に続くドラマ主題歌でさらなる高みを目指す超特急の、亥年らしい勇ましき邁進に期待しよう。

■『BULLET TRAIN SPRING/SUMMER TOUR 2019 EUPHORIA 〜Breakthrough, The Six Brave Stars〜』

<2019年>
4月20日(土) 千葉・松戸・森のホール21 大ホール
4月21日(日) 千葉・松戸・森のホール21 大ホール
4月28日(日) 神奈川・カルッツかわさき ホール
4月29日(月) 神奈川・カルッツかわさき ホール
5月02日(木) 大阪・大阪国際会議場 メインホール
5月03日(金) 大阪・大阪国際会議場 メインホール
5月05日(日) 大阪・大阪国際会議場 メインホール
5月11日(土) 鳥取・とりぎん文化会館 ※初開通
5月12日(日) 島根・島根県民会館 ※初開通
5月17日(金) 福岡・福岡サンパレス
5月18日(土) 長崎・長崎ブリックホール
5月25日(土) 愛知・愛知県芸術劇場大ホール
5月26日(日) 愛知・愛知県芸術劇場大ホール
6月01日(土) 神奈川・パシフィコ横浜 国立大ホール
6月02日(日) 埼玉・大宮ソニックシティ 大ホール
6月08日(土) 広島・上野学園ホール

■ツアー特設サイト
http://bullettrain.jp/euphoria/

【チケット情報】

指定席¥7,800(税込)/ファミリー号車席¥7,800(税込)
※3歳以上はチケットが必要となります。
※3歳未満のお子様は大人1名につき1名まで膝上に限り無料。ただしお席が必要な場合はチケットが必要です。
※ファミリー席に関する注意事項はツアー特設サイトをご確認下さい。

■夢の青春8きっぷ会員限定先行受付(抽選)(ファンクラブ会員)
2018年12月7日(金)21:00〜2018年12月17日(月)23:59
※お一人様2枚まで/ファミリー号車席は2枚まで
http://fc.bullettrain.jp/
<申込対象者>
2018年12月2日(日)23:59までの入会者⇒2018年12月7日(金)21:00〜申込可能。
2018年12月3日(月)0:00〜2018年12月12日(水)23:59までの入会者⇒2018年12月14日(金)18:00〜申込可能。



【関連リンク】
超特急、全33公演のホールツアー決定&ドラマ『フルーツ宅配便』の主題歌を担当
超特急まとめ
高田漣まとめ
木村カエラ、プリプリなど平成時代の“ニッポンの女性”に愛された歌の集大成コンピが登場

【関連アーティスト】
超特急, 高田漣
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, 発表, ポップス, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット, TVドラマ, 主題歌, エンディング

木村カエラ、プリプリなど平成時代の“ニッポンの女性”に愛された歌の集大成コンピが登場
Fri, 07 Dec 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月19日にリリースされる、平成の時代“ニッポンの女性”に愛された歌の集大成、女性版J-バラードのアルバム『わたしはこの愛を歌いたい 〜ハナミズキ・愛が生まれた日〜』のダイジェスト試聴動画が配信開始となった。

一青窈の代表曲「ハナミズキ」をはじめ、結婚披露宴で広く歌われている木村カエラの「Butterfly」、日本の代表的なデュエットソングとなった藤谷美和子の「愛が生まれた日」、松田聖子の「あなたに逢いたくて〜Missing You〜」、今井美樹の「PIECE OF MY WISH」といった女性カラオケユーザーの定番曲や、PRINCESS PRINCESSの「M」、岡本真夜の「Alone」などの名バラード曲、長きにわたって愛され続けている美空ひばりの「川の流れのように」「愛燦燦」。その他、小林明子、杏里、沢田知可子、河合奈保子、マルシア、庄野真代、Le Coupleら有名アーティストによる時代を彩ったヒット曲ばかりを一つのアルバムに収録している。

10年経っても色褪せない、これからもずっと“ニッポンの女性”の味方となる名盤。ぜひチェックを!

アルバム『わたしはこの愛を歌いたい 〜ハナミズキ・愛が生まれた日〜』

2018年12月19日発売



COCP-40661/¥2,200+税
<収録曲>
01.ハナミズキ/一青窈
02.愛が生まれた日/藤谷美和子・大内義昭
03.M/PRINCESS PRINCESS
04.Alone/岡本真夜
05.愛燦燦/美空ひばり
06.会いたい/沢田知可子
07.PIECE OF MY WISH/今井美樹
08.中央フリー・ウェイ/庄野真代
09.Butterfly/木村カエラ
10.for you…/マルシア
11.オリビアを聴きながら/杏里
12.ひだまりの詩/Le Couple
13.けんかをやめて/河合奈保子
14.恋におちて-Fall in love-/小林明子
15.川の流れのように/美空ひばり
16.あなたに逢いたくいて〜Missing You〜/松田聖子

■詳細はこちら
http://columbia.jp/prod-info/COCP-40661/



【関連リンク】
木村カエラ、プリプリなど平成時代の“ニッポンの女性”に愛された歌の集大成コンピが登場
松田聖子まとめ
一青窈まとめ
プリンセス プリンセスまとめ
美空ひばりまとめ

【関連アーティスト】
松田聖子, 一青窈, プリンセス プリンセス, 美空ひばり, 木村カエラ, 杏里, Le Couple, 河合奈保子, 小林明子, 岡本真夜, 沢田知可子, 今井美樹, 庄野真代, マルシア
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, ユニット, トレーラー, CD, アルバム, 発表, 名曲, リリース, 発売, ポップス, 歌謡曲

シェネル、初のクリスマスEPを配信限定でリリース
Fri, 07 Dec 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

“ラブソングプリンセス”ことシェネルが、自身初となるクリスマスEP『Holiday Party』を12月7日に配信限定でリリースした。全曲完全英語詞の洋楽作品で、オリジナル2曲とカバー1曲が収録されており、2017年12月6日発売のデビュー10周年記念ベストアルバム『10th アニバーサリー・オールタイムベスト』以来、実に1年ぶりのリリースだ。

シェネルは今作のリリースに伴い、“1曲目のオリジナル曲は「Holiday Party」。アップ・テンポで、家族や友達と集まるときに踊りだしたくなるようなワクワクする曲。もう1曲は「One More Christmas」で、こちらはミディアム・テンポのちょっと切ないクリスマス・ラブソング。そして、私が大好きなクリスマス聖歌「Silent Night(邦題:きよしこの夜)」のカバーも収録しました。バラード風に始まり、トロピカルなダンス・サウンドに変わりゆく楽しいトラックです。みなさん、メリー・クリスマス!!”とファンにメッセージを送っている。

また、自身のインスタグラムには「One More Christmas」のアカペラ動画をアップしているので、そちらもチェックしてみてほしい。

■シェネル インスタグラム
https://www.instagram.com/p/Bq8fzOQB3j0/?utm_source=ig_web_copy_link

EP『Holiday Party』

発売中



¥750(税込)
<収録曲>
01.Holiday Party
02.One More Christmas
03.Silent Night

■ダウンロード・ストリーミングはこちらから
https://umj.lnk.to/che_hpPR



【関連リンク】
シェネル、初のクリスマスEPを配信限定でリリース
シェネルまとめ
Rei、影響を受けたアーティストのオマージュも散りばめた「My Name is Rei」のMV公開

【関連アーティスト】
シェネル
【ジャンル】
洋楽, ニュース, シンガーソング・ライター, 発表, リリース, 発売, EP, 配信, ポップス, 音楽配信

Rei、影響を受けたアーティストのオマージュも散りばめた「My Name is Rei」のMV公開
Fri, 07 Dec 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シンガーソングライター/ギタリストのReiが、11月7日にリリースした1stアルバム『REI』収録曲の「My Name is Rei」のMVを公開した。

「My Name is Rei」はRei自身の思想や目指す夢を語る歌詞が印象的な自己紹介ソングで、華やかなホーンセクションも映えたファンクチューン。MVはReiと大久保拓朗監督との共同プロデュース作品で、Rei自身が影響を受けたアーティストへのオマージュも随所に散りばめた、キュートでカラフルな作品に仕上がっている。『REI』のレコーディングで使用したスタジオで撮影を行ない、バンドメンバーには書類審査で勝ち抜いた7名のロックなキッズを起用。衣装をFRED PERRY協力のもとでスタイリングを行なった点にも注目だ。

また、同アルバムに収録されている「Silver Shoes」が全国のFM33局でパワープレイとなり、11月の1カ月間にFMラジオで最もオンエアされた楽曲となった(プランテック調べ)。そして、2019年2月1日(金)静岡・浜松FORCE公演を皮切りに、全国10カ所で開催されるライヴツアーのチケット一般発売は12月8日(土)よりスタートとなる。詳しくはオフィシャルHPへ!

アルバム『REI』

発売中



【Limited Edition】(CD+DVD)
UCCJ-9217/¥3,600+税
※7inch見開き紙ジャケ仕様
<収録曲>
■CD
01.BZ BZ
02.LAZY LOSER
03.My Name is Rei
04.Follow the Big Wave
05.PLANETS
06.Dreamin\'
07.Silver Shoes
08.Clara
09.MELODY MAKER
10.The Reflection
11.Arabic Yamato
12.before sunrise
■DVD
MUSIC FILM #2 “Rei of Light”



【Standard Edition】(CDのみ)
UCCJ-2163/¥2,800+税
※CDサイズ見開き紙ジャケ仕様



【関連リンク】
Rei、影響を受けたアーティストのオマージュも散りばめた「My Name is Rei」のMV公開
Reiまとめ
高橋 優、横浜アリーナ2DAYS公演のチケット一般発売が間もなくスタート

【関連アーティスト】
Rei
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, ミュージックビデオ, MV, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット

高橋 優、横浜アリーナ2DAYS公演のチケット一般発売が間もなくスタート
Fri, 07 Dec 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年9月に自身の地元である秋田県の仙北市田沢湖生保内公園野球場で3回目となる主催イベント『秋田CARAVAN MUSIC FES 2018』を開催し、10月24日(水)には全16曲を収録したニューアルバム『STARTING OVER』をリリースした高橋 優が、12月22日(土)の福岡国際センター公演を皮切りに、同アルバムを引っ提げた全国ツアー『LIVE TOUR 2018-2019 「STARTING OVER」』を約4カ月間にわたって開催する。

本ツアーは2019年に入ってから全国各地のホールやアリーナを巡る18カ所22公演を予定。すでにチケット完売の公演も出ている中、いよいよ横浜アリーナ2DAYS公演のチケット一般発売が12月8日(土)10:00よりスタート! 高橋 優の優しく熱いライブパフォーマンスは必見。完売必至の公演となっているので、このチャンスを逃さずチェックしてほしい。

■『高橋 優 LIVE TOUR 2018-2019 「STARTING OVER」』

【2019年】
3月02日(土) 神奈川・横浜アリーナ
開場16:30 / 開演17:30
3月03日(日) 神奈川・横浜アリーナ
開場14:00 / 開演15:00

<チケット>
全席指定¥7,560(税込) ※4歳以上チケット必要・3歳以下入場不可
12月8日(土)10:00よりチケット一般発スタート!
詳細はこちら:http://www.kyodoyokohama.com/schedule/detail/775



【関連リンク】
高橋 優、横浜アリーナ2DAYS公演のチケット一般発売が間もなくスタート
高橋優まとめ
みやかわくん、ぼくりり書き下ろしのシングル「略奪」発売決定

【関連アーティスト】
高橋優
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, ツアー, チケット

みやかわくん、ぼくりり書き下ろしのシングル「略奪」発売決定
Fri, 07 Dec 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年10月にリリースした1stシングル「イダテンドリーマー」はオリコン週間シングルランキング5位となり、iTunes週間シングルランキングでは1位を記録。絶好調の男性ソロシンガー、みやかわくんが、2019年第1弾シングルとなる「略奪」を1月30日にリリースする。

表題曲「略奪」はアーティスト活動“辞職”を発表したぼくのりりっくのぼうよみが書き下ろし。タイトル通り、“略奪”をテーマにした楽曲とのこと。全4タイプが用意され、初回限定映像盤には2018年10月から12月にかけて開催した全国ツアー『ORION 〜星の詩〜』より、ファイナルとなったZepp Tokyo公演のライヴ映像を抜粋してDVDに収録。初回限定グッズ盤は“2019年オリジナルフォトカレンダー”を封入し、みやかわくんオフィシャルファンクラブ『secret blue』会員限定のファンクラブ限定盤はみやかわくん描き下ろしデザインのオリジナルミニトートバッグが付属となる。

2017年3月に公開したflumpool「君に届け」のカバー動画が、現在までに約1,200万回再生を記録し、その後発表したカバー動画4作品の総再生回数は約2,000万回以上を記録。Twitterだけでも86万人以上のフォロワーがおり、その他のSNSやWEBでのフォロワーが220万人以上を記録している、みやかわくんの新作も要注目だ。

シングル「略奪」

2019年1月30日発売



【初回限定映像盤】(CD+DVD)
UMCK-9987/¥2,500(税込)

【初回限定グッズ盤】(CD+フォトカレンダー)
UMCK-9988/¥1,500(税込)
※グッズ内容 :「2019 年オリジナルフォトカレンダー」

【通常盤】(CD)
UMCK-5667/¥1,000(税込)
【ファンクラブ限定 secret blue盤】(CD+ミニトートバッグ)

PROS-5021/¥2,500(税込)
※完全受注生産限定盤 予約期間:2018年12月6日(木)22:00〜2018年12月23日(日)23:59
※グッズ内容:「オリジナルミニトートバッグ」(みやかわくん描き下ろしデザイン)
※豪華BOX仕様

<収録曲>
■CD ※全タイプ共通
01.略奪
他2曲(内容未定)+インスト3曲
■DVD ※初回限定映像盤のみ
『ORION 〜星の詩〜@Zepp Tokyo』より抜粋(収録内容未定)



【関連リンク】
みやかわくん、ぼくりり書き下ろしのシングル「略奪」発売決定
みやかわくんまとめ
ぼくのりりっくのぼうよみまとめ
結成15周年/メジャー10周年のD、初の組曲「狂王」詳細など続々解禁!

【関連アーティスト】
みやかわくん, ぼくのりりっくのぼうよみ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, コラボ, CD, DVD, シングル, 発表, リリース, 発売

結成15周年/メジャー10周年のD、初の組曲「狂王」詳細など続々解禁!
Fri, 07 Dec 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

D史上初の組曲「狂王」(未発表曲)のアートワーク、収録曲の詳細が解禁となった。

“ヴァンパイアストーリー第2章”が幕を開け、前作に続き濃厚なストーリーと世界観が展開されるニューシングル「Deadly sin」を引っ提げて、全国ワンマンツアー真っ只中のD。ツアーファイナルであり、D結成15周年、メジャー10周年イヤーのグランドファイナルとなる12月21日(金)の豊洲PIT公演にて、指定席でご来場の方に限定盤としてプレゼントされ、通常盤としても急遽発売が決定した、D史上初の組曲「狂王」のアートワークが公開であり、収録曲が解禁された。

この楽曲はDが描き続けているヴァンパイアストーリーの最新作であり、ヴァンパイアの王・ドライツェンの壮絶な様相が伝わる、まさに最高傑作と呼べる作品になっている。プレゼントされる限定盤には“第夢番”“第幻番”を含む全7曲が収録されており、アートワーク、そして各楽章の副題からもASAGIが描くこの組曲の物語の壮大さや奥深さが感じ取れるはずだ。

豊洲PIT公演では組曲「狂王」の披露が決定しており、結成15周年を記念した特別価格¥1,500立ち見チケットもあり。さらにツアー全公演終演後、物販購入者対象特典会もありということで、メモリアルイヤーを締め括るライヴにぜひ参加してみてほしい。5曲収録の組曲「狂王」通常盤は豊洲PITより会場販売開始、通販は12月22日から開始とのこと。

また、12月19日リリースのヴァンパイアコンセプトのベストアルバム『Vampire Chronicle 〜V-Best Selection Vol.2〜』に収録されている未発表曲4曲の試聴動画も先日公開。この4曲は大地を司るヴァンパイア・ウィルダネスを主人公とした「千夜一夜のダラブッカ」、風を司るヴァンパイア・ラファーガを主人公とした「Ghost in the mirror」、水を司るヴァンパイア・キルヒアイス、火を司るヴァンパイア・カーバンクルを含めた四騎士が活躍するインスト曲「Stray children」、ドラムソロ曲「ザハブを継ぐ者」という、ベストアルバムに書き下ろされた新曲であり、すでにツアーで披露されている曲もあるので、ぜひ試聴してライヴで曲の世界観を体感してみよう。

ベストアルバムの初回生産限定盤は2CD+2DVD+豪華写真集28P+12inch LPサイズ特殊仕様BOXパッケージで、2018年4月に品川インターシティホールで行なわれた『「Narrow Escape」Final Live』を収めたDVDがセットになった、スペシャルな仕様となっている。購入者対象リリースイベントも発表となったので、こちらもお楽しみに。

そして、ニューシングルの表題曲「Deadly sin」はダブステップをはじめとするデジタル要素を巧みに取り入れた、スピード感溢れるヘヴィーかつメロディアスな楽曲になっており、ASAGIによる強く凛々しい歌唱、シリアスな歌詞、楽器隊のパンチあるサウンドも必聴だ。カップリングには、水を司るヴァンパイア・キルヒアイスを主人公とした「STAR SAPPHIRE」、火を司るヴァンパイア・カーバンクルを主人公とした「The Secret Rose Garden」、ラファーガ・ウィルダネスを含めた四騎士が活躍するインスト曲「Blood war」を収録。こちらの全曲試聴動画も公開となったので、公開中のMVフルと合わせて試聴し、今作の渾身の出来を感じてほしい。MVフルは12月21日(金)の豊洲PIT公演までの期間限定公開。

全国ツアーと並行して「Deadly sin」発売記念インストアイベントも開催。トークや握手、サイン会、サイン入りポスターの手渡し会、ポーズが5パターンから選べるチェキ撮影会など、各店舗それぞれ趣向を凝らした内容になっている。

1月13日(日)には、品川インターシティーホールでASAGIによる『“浅葱” 新春特別企画 二部制単独公演』も開催。サポートメンバーにHIRO(Gu/La\'cryma Christi、Creature Creature)、you(Gu/Janne Da Arc)、人時(Ba/黒夢、Creature Creature)、Sakura-櫻澤泰徳(Dr/gibkiy gibkiy gibkiy、Rayflower、THE MADCAP LAUGHS、ZIGZO)という豪華な顔ぶれを迎え、『昼の部:斑 〜和菓子・うさぎや編〜』『夜の部:斑 〜物の怪草子編〜』として二部制で開催される。加えて、当日は発表曲音源の会場限定先行販売が決定。新曲は月界の御子の昼の姿である“和菓子・うさぎや”からお客様へ向けた温かく、優しい曲になる予定だそうだ。詳細は近日発表、後日通販予定とのこと。同公演は全席指定。

2019年1〜3月のライヴスケジュールも発表となったばかり。ニューシングル、ベストアルバムのリリース、夏ツアー、インストアイベント…Dの活動、そしてメンバーソロの動きを見逃すな! 詳しくはオフィシャルHPへ。

■『Vampire Chronicle 〜V-Best Selection Vol.2〜』収録未発表曲 試聴ページ
http://www.d-gcr.com/discography/discography2.html
■「Deadly sin」全曲試聴ページ
http://www.d-gcr.com/discography/discography.html
■「Deadly sin」特設サイト
http://d-gcr.com/deadly-sin/

組曲「狂王」【限定盤(豊洲PIT指定席プレゼント盤)】

2018年12月21日発売



【限定盤(豊洲PIT指定席プレゼント盤)】
GCR-174
※SPECIAL LIMITED EDITION
※D結成15周年 メジャー10周年Year Grand Final 2018.12.21 豊洲PITにて指定席でご来場の方にプレゼント
<収録曲>
01.組曲「狂王」第一番 〜灯火(とうか)の雄馬〜
02.組曲「狂王」第二番 〜死の影を運ぶ鳥〜
03.組曲「狂王」第三番 〜美醜なる不死の獣〜
04.組曲「狂王」第夢番 〜旅鼠(レミング)の行進〜
05.組曲「狂王」第幻番 〜死出虫の舞踏会〜
06.組曲「狂王」第四番 〜黒羊は忠誠の夢を見る〜
07.組曲「狂王」第五番 〜落陽に哭(な)く蝙蝠〜



【通常盤】
GCR-175/¥2,500(税込)
※会場、通販限定販売
※会場販売:2018年12月21日豊洲PITより販売開始
※通信販売:2018年12月22日12:00〜通販受付開始
http://www.rosen-kranz.jp/shop/
<収録曲>
01.組曲「狂王」第一番 〜灯火(とうか)の雄馬〜
02.組曲「狂王」第二番 〜死の影を運ぶ鳥〜
03.組曲「狂王」第三番 〜美醜なる不死の獣〜
04.組曲「狂王」第四番 〜黒羊は忠誠の夢を見る〜
05.組曲「狂王」第五番 〜落陽に哭(な)く蝙蝠〜

アルバム『Vampire Chronicle 〜V-Best Selection Vol.2〜』

2018年12月19日発売



【初回生産限定盤】(2CD+2DVD)
YICQ-10408〜9/B〜C/¥10,000+税
※豪華写真集28P+12inch LPサイズ特殊仕様BOXパッケージ
<収録曲>
■CD DISC-1
01.Vampire Missa
02.月と海の誓約
03.翠緑の翼
04.ひび割れた柘榴石
05.千夜一夜のダラブッカ
06.ザハブを継ぐ者(Instrumental)
07.Stray children(Instrumental)
08.赤き羊による晩餐会
09.DAY WALKER
10.太陽を背にして
11.Face
12.Sleeping beautiful beast
13.月夜の恋歌
14.繭月の棺
15.Der K?nig der Dunkelheit
16.無垢なる薔薇の祈り
■CD DISC-2
01.In the name of justice
02.Underground road
03.Grand Master
04.断罪の銃士(ガンナー)
05.Arabesque
06.what is Going On with The Human
07.氷の墓標
08.Kの氷奏曲
09.Ghost in the mirror
10.愛は棺の中に
11.Desert Warrior
12.Quartet〜真夜中の四重奏〜
13.Sleeper
14.Nocturnal
15.夜の眼と吟遊詩人
16.鬨の声
17.Dandelion
■DVD DISC-1
2018.4.22「Narrow Escape」Final Live at SHINAGAWA INTERCITY HALL
01.Night−ship“D”
02.Fanfare
03.闇より暗い慟哭のアカペラと薔薇より赤い情熱のアリア
04.太陽を葬る日
05.Rosette Nebula
06.花惑
07.弾丸
08.Underground Revolution 〜反逆の旋律(メロディー)〜Dr. solo、リズムセッション〜
09.Bon Voyage!
10.DEAD ROCK
11.Dearest you
12.Guardian
13.至高の美の崩壊
14.Tightrope
15.時空航海記〜光の彼方へ〜
16.Narrow Escape
■DVD DISC-2
01.BIRTH
02.7thRose〜Return to Zero〜
03.7th Rose
04.EDEN
05.春の宴
06.Dandelion



【通常盤】(2CD)
YICQ-10414〜5/¥3,000+税
<収録曲>
■CD DISC-1
01.Vampire Missa
02.月と海の誓約
03.翠緑の翼
04.ひび割れた柘榴石
05.千夜一夜のダラブッカ
06.ザハブを継ぐ者(Instrumental)
07.Stray children(Instrumental)
08.赤き羊による晩餐会
09.DAY WALKER
10.太陽を背にして
11.Face
12.Sleeping beautiful beast
13.月夜の恋歌
14.繭月の棺
15.Der K?nig der Dunkelheit
16.無垢なる薔薇の祈り
■CD DISC-2
01.In the name of justice
02.Underground road
03.Grand Master
04.断罪の銃士(ガンナー)
05.Arabesque
06.what is Going On with The Human
07.氷の墓標
08.Kの氷奏曲
09.Ghost in the mirror
10.愛は棺の中に
11.Desert Warrior
12.Quartet〜真夜中の四重奏〜
13.Sleeper
14.Nocturnal
15.夜の眼と吟遊詩人
16.鬨の声
17.Dandelion

『Vampire Chronicle 〜V-Best Selection Vol.2〜』購入者対象リリースイベント

12月22日(土) 東京 都内某所
「ネットサイン会・お渡し会」
※開始時間、サイン会内容、配信方法等はD Official websiteをご覧ください。
12月23日(日) 東京 タワーレコード 新宿店
イベント開始 15:00〜
※トーク+衣装2ショット or 衣装6ショット撮影+握手会(ASAGIはドライツェンの衣装での登場となります)
12月28日(金) 埼玉 HMV 大宮アルシェ
イベント開始 20:30〜
※ジャケットサイン&握手会

◎ イベントに関するお問い合わせ
問い合わせ先の記載のある会場は、各問い合わせ先へご連絡下さい。
◎ 商品に関するお問い合わせ・その他お問い合わせ
エイベックス・カスタマーサポート
https://ssl.avexnet.or.jp/form/ask/avexportal/
TEL:0570-064-414(対応時間 平日/11:00〜18:00)
※システムメンテナンスの為、電話対応をお休みさせて頂く場合がございます。
◎ 参加方法・詳細はこちら
http://www.d-gcr.com

D ニューシングル「Deadly sin」発売記念インストアイベント

12月09日(日) 宮城 タワーレコード仙台パルコ店
イベント開始 14:00〜
※私服2ショットチェキ or 私服6ショットチェキ撮影会」
12月09日(日) 宮城 little HEARTS.仙台店
イベント開始 18:00〜
※トーク+衣装2ショットチェキ or 衣装6ショットチェキ撮影+メンバー直筆サイン入りポスター手渡し会(お好きなメンバーから手渡し)
12月12日(水) 北海道 HMV札幌ステラプレイス店
イベント開始 17:30〜
※トーク+衣装2ショットチェキ or 衣装6ショットチェキ撮影+メンバー直筆サイン入りポスター手渡し会(お好きなメンバーから手渡し)
12月12日(水) 北海道 little HEARTS.札幌店
イベント開始 19:00〜
※私物サイン+握手会

◎ イベントに関するお問い合わせ
問い合わせ先の記載のある会場は、各問い合わせ先へご連絡下さい。
◎ 商品に関するお問い合わせ・その他お問い合わせ
エイベックス・カスタマーサポート
https://ssl.avexnet.or.jp/form/ask/avexportal/
TEL:0570-064-414(対応時間 平日/11:00〜18:00)
※システムメンテナンスの為、電話対応をお休みさせて頂く場合がございます。
◎ 参加方法・詳細はこちら
http://www.d-gcr.com

『D結成15周年 メジャー10周年Year Grand Final』

12月21日(金) 東京 豊洲PIT
OPEN/START 18:00/18:30
INFO.ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00〜19:00)
・当日は指定席でご来場者の方に組曲「狂王」(未発表曲)プレゼント有り!!!
・全公演終演後 物販購入者対象特典会有り!!!
<料金>
全券種DRINK代別途必要/3歳以上チケット必要
各地方公演・一般チケット発売中!
スタンディング¥5,000(税込)

◎各チケット概要
■結成15周年記念 CD&限定グッズ&特典付きプレミアムピクチャーチケット¥15,000(税込)
※FC先行のみ受付
※指定席(客席前方座席)
※来場者特典CD付
※プレミアムピクチャーチケット
※限定グッズ付(お渡し方法は後日ご案内致します)
※2ショットデカチェキ&握手会参加券付
(握手は2ショット撮影時、撮影したメンバーとの握手になります)
■メジャー10周年記念 CD付きペアチケット(2枚連番)¥10,000(税込)
※連番チケット(2枚1組まで)になります。
※指定席(2枚連番)
※来場者特典CD付
■CD付き通常チケット ¥5,500(税込)
※指定席
※来場者特典CD付
■後方立見チケット(結成15周年記念特別価格)¥1,500(税込)
※後方立見(一般発売分のみの取扱となります)
■豊洲PIT 席順・入場順
・前方より
結成15周年記念 CD&限定グッズ&特典付きプレミアムピクチャーチケット

FCメジャー10周年記念 CD付きペアチケット(2枚連番)&FC CD付き通常チケット

一般メジャー10周年記念 CD付きペアチケット(2枚連番)&一般 CD付き通常チケット

後方立見チケット
※開場時間を過ぎてからはご来場された順に入場となります。

◎ 各公演終演後特典会について
当日のグッズ特典会は10,000円以上ご購入で 2ショットチェキ&握手会に参加できます。
(握手は2ショット撮影時、撮影したメンバーとの握手になります)
※12月21日(金)豊洲PIT プレミアムピクチャーチケットご購入特典のデカチェキ撮影&握手会も、同列で同時に行います。

『“浅葱” 新春特別企画 二部制単独公演』

1月13日(日) 東京 品川インターシティホール
昼の部:斑 〜和菓子・うさぎや編〜
開場/開演:13:15 / 14:00
内容:小規模非電子的演奏会&御子様による世を偲ぶ仮の姿での和菓子贈呈

夜の部:斑 〜物の怪草子編〜
開場/開演:18:15 / 19:00
内容御子様による妖怪退治(物の怪草子)衣装での演奏会

<チケット>
昼の部 ¥3,530(税込D代別)
夜の部 ¥5,370(税込D代別)
二部通し券 ¥8,888(税込D代別)
※二部通し券は各部毎ご購入の方より優先的に前方座席となります。
※二部通して同じ座席となります、予めご了承下さい。
※全席指定

◎特典会
昼の部、夜の部共に終演後物販購入者対象特典会(チェキ&握手会)有り
※詳細近日発表

◎サポートメンバー
Gu:HIRO(La\'cryma Christi、Creature Creature)
Gu:you(Janne Da Arc)
Ba:人時(黒夢、Creature Creature)
Dr:Sakura-櫻澤泰徳(gibkiy gibkiy gibkiy、Rayflower、THE MADCAP LAUGHS、ZIGZO)

詳細はこちら
http://www.god-child-records.com/asagi/



【関連リンク】
結成15周年/メジャー10周年のD、初の組曲「狂王」詳細など続々解禁!
Dまとめ
Linked Horizon、ツアー『進撃の軌跡』映像作品のダイジェストを解禁

【関連アーティスト】
D
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, バンド, MV, トレーラー, CD, DVD, シングル, アルバム, キャンペーン, 発表, 新曲, リリース, 発売, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット

Linked Horizon、ツアー『進撃の軌跡』映像作品のダイジェストを解禁
Fri, 07 Dec 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月26にリリースされる、予約殺到中の「Linked Horizon Live Tour『進撃の軌跡』総員集結 凱旋公演」Blu-ray。その発売を記念して、作品のダイジェスト映像が公開となった。

TVアニメ『進撃の巨人』Season 1オープニング主題歌「紅蓮の弓矢」で最高潮に盛り上がりを見せた観客による“イェーガー”の掛け声をはじめ、同アニメSeason 2オープニング主題歌「心臓を捧げよ!」での会場が一体となり、心臓を捧げた様子などが収められている。

Linked Horizonとしての活動開始から5周年を迎えた2017年、5ヶ月にわたって国内外34公演を駆け抜けたLive Tour 2017『進撃の軌跡』。このBlu-rayには同ツアーに参加した豪華メンバー、そして1stアルバム『ルクセンダルク大紀行』の歌姫たちを集結させ、『進撃の軌跡』だけではなく、これまでのLinked Horizonの集大成となった2018年1月13日&14日に横浜アリーナでの凱旋公演の模様を収録している。さらに、ライヴ当日は味わえなかった特殊効果などさまざまな演出が加えられた、貴重な映像作品となる。

TVアニメ『進撃の巨人』の歴代主題歌5曲をはじめ、Revoが『進撃の巨人』に寄り添って制作した楽曲を収録した2ndアルバム『進撃の軌跡』の内容を余すことなく披露したコンサート本編【第一壁】を特装盤、初回盤、通常盤全てに収録。さらに、特装盤と初回盤には1stアルバムの歌姫たちも加わり、「Theme of the Linked Horizon」やその他Linked Horizon楽曲、Sound Horizon楽曲などを披露した【第二壁】を収録予定だ。

Blu-ray『Linked Horizon Live Tour『進撃の軌跡』総員集結 凱旋公演』

2018年12月26日発売



【初回盤】
PCXP-50585/¥15,000+税
※サイズ:約W28.7cm×H16.5cm×D4.6cm/重さ:約900g
<収録曲>
■Disc 1
Linked Horizon Live Tour『進撃の軌跡』総員集結 凱旋公演【第一壁】
■Disc 2
Linked Horizon Live Tour『進撃の軌跡』総員集結 凱旋公演【第ニ壁】



【通常盤】
PCXP-50586/¥7,000+税
※サイズ:約W13.5cm×H17cm×D1.4cm/重さ:約90g
<収録曲>
Linked Horizon Live Tour『進撃の軌跡』総員集結 凱旋公演【第一壁】



【関連リンク】
Linked Horizon、ツアー『進撃の軌跡』映像作品のダイジェストを解禁
Linked Horizonまとめ
ORESAMA、配信シングル「ワンダーランドへようこそ」リリース決定

【関連アーティスト】
Linked Horizon
【ジャンル】
アニメ・声優, ニュース, ユニット, トレーラー, Blu-ray, 発表, リリース, 発売, アニメ, ライブ, ツアー, ワンマン, オープニング

ORESAMA、配信シングル「ワンダーランドへようこそ」リリース決定
Fri, 07 Dec 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月9日(金)のTSUTAYA O-EASTでのイベントで発表された、ORESAMAの新曲配信の内容が明らかになった。

2019年1月3日に配信される新曲は「ワンダーランドへようこそ」と、Yamato Kasai(Mili)アレンジによる「秘密」の2曲に決定。「ワンダーランドへようこそ」はORESAMA結成当初から存在する楽曲であり、ORESAMAのワンマンライヴのタイトルにもなっていることから、ワンマンに足を運んだことのある方には馴染み深いタイトルだろう。今回の配信曲のPOP担当となる。

「秘密」はORESAMAが初期から大切に温めてきたバラードで、ライヴに足を運んでいる方は耳にしたことがある楽曲だ。アレンジを担当したYamato Kasai(Mili)は放送中のTVアニメ『ゴブリンスレイヤー』OPテーマ「Rightfully」が話題沸騰中で、海外でのライヴ活動も精力的に行なっており、世界基準の音楽制作集団。ORESAMAとも所縁のある注目アーティストだ。ORESAMAとはまた異なるアプローチ届けられる「秘密」を楽しみにしてほしい。

また、両曲とも2月2日(土)新木場STUDIO COASTで開催されるORESAMA過去最大のワンマンライヴ『ワンダーランドへようこそ 〜in STUDIO COAST〜』での歌唱を予定している。ワンダーランドへ誘う新曲とORESAMAのバラードの新たなアレンジ曲を、ぜひワンマンを連想しながら聴いて、当日の披露を楽しみにしておこう!

配信シングル「ワンダーランドへようこそ」

2019年1月3日発売



<収録曲>
01.ワンダーランドへようこそ
作詞:ぽん 作曲・編曲:小島英也
02.秘密
作詞:ぽん 作曲:小島英也 編曲:小島英也・Yamato Kasai(Mili)
03.ワンダーランドへようこそ -Instrumental-
04.秘密 -Instrumental-
※M3、M4はハイレゾ配信サイトのみ。

<配信>
iTunes Store、レコチョク、mora、LINE MUSIC、animelo mix、music.jp、Google Play Store 他
<ハイレゾ>
e-onkyo music、mora、music.jp、レコチョク、groovers
※ハイレゾ音源は全楽曲96kHz/24bitにて配信。e-onkyo musicのみ96kHz/32bitも配信。
<サブスクリプションサービス>
ANiUTa

Blu-ray『Welcome to WONDERLAND Vol.1』

2019年2月2日発売



※新木場STUDIO COAST会場で販売
品番未定/¥4,500(税込) ※上記会場での販売価格
<収録曲>
『ワンダーランドへようこそ〜in AKASAKA BLITZ〜』のライヴ映像

※新木場STUDIO COAST会場限定特典
ORESAMA WONDERLAND PassCard&特製ORESAMA COASTer
(特典内容は予告なく変更となる場合がございます)

『ワンダーランドへようこそ 〜in STUDIO COAST〜』

2月02日(土) 東京・新木場STUDIO COAST
OPEN 16:00 / START 17:00

<チケット>
各種プレイガイド先行実施中!
▼LINE TICKET先行(先着) 2018年12月8日(土)23:59まで
https://ticket.line.me/events/1260/1
▼ローチケ プレリク2次先行(先着) 2018年12月20日(木)22:00まで
https://l-tike.com/oresama22
▼イープラス プレオーダー2次(先着) 2018年12月16日(日)23:59まで
https://eplus.jp/oresama/
▼ぴあ プレリザーブ2次(先着)12月16日(日)23:59まで
http://w.pia.jp/t/oresama-sc/
▼楽天チケット2次(先着) 12月17日(月)23:59まで
http://r-t.jp/oresama



【関連リンク】
ORESAMA、配信シングル「ワンダーランドへようこそ」リリース決定
ORESAMAまとめ
空想委員会、現体制での活動終了を発表

【関連アーティスト】
ORESAMA
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, ユニット, Blu-ray, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典, 配信, ポップス, ダンス, ファンク, ライブ, ワンマン, チケット, 音楽配信

空想委員会、現体制での活動終了を発表
Fri, 07 Dec 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

空想委員会が、2019年3月31日(日)をもって現体制での活動を終了することを発表した。

1月16日(水)から全国19カ所で行なわれるツアータイトルも『空想委員会ラストワンマンツアー『結び』』に決定し、3月31日(日)の東京・ヒューリックホール公演を最後に活動終了となる。空想委員会の“今”をぜひ感じてほしい。

さらに、2019年1月23日(水)にはベストアルバム『空想録(二〇一一‐二〇一八)』がリリースされることも分かった。インディーズデビューをした2011年から最新作「宛先不明と再配達」「エール」までが収録された2枚組のCDと、ライブ映像やメイキング映像も収録されたDVDも付属し、空想委員会の集大成といえるベスト盤となっている。

■【コメント】

■三浦隆一(Vo&Gu)
「音楽の魅力に取り憑かれた日から、今日までずっと走ってきました。がむしゃらに走っていたら、いつの間にか世の中における音楽の在り方は変わり、私の中での歌う意味も変わっていきました。大好きな音楽とともに生きていくためには一度走るのをやめ、これから進む道をしっかり考えるべきだと思いました。そのために空想委員会の活動を終了することにしました。私に歌う場所を与えてくださって本当にありがとうございました。音楽によって繋がった皆さんとの縁は宝物です。私の人生を笑顔で溢れたものに変えてくれた皆さんのこれからの日々が、より素晴らしいものになることを願ってます。これからも大いに音楽を楽しんでください。私も大いに楽しませていただきます」

■佐々木直也(Gu)
「突然このような発表で驚かせてしまってごめんなさい。発表の通り、現体制での活動が終了します。今ステージに立ってる4人での演奏は、次のワンマンツアーが最後です。このバンドをやり始めた頃のメンバー3人だけに完全に戻りますが、次いつ活動できるかってのは全くの未定です。この体制での最後のワンマンツアー、命削って演奏します」

■岡田典之(Ba)
「いつも応援してくれているファンの皆様、関係者の皆様へ。楽しかった大歌の改新 祭り編の余韻も残る中、突然のご報告で驚かせてしまって申し訳ありません。2019年1月から始まるワンマンツアーをもって空想委員会は現体制での活動を終了いたします。空想委員会はこの3人になってから、常に向上心を持ちつつとても精力的に活動してきました。しかしどうやらそれではまだまだ足らなかったようです。4月以降の活動に関しては未定です。それに伴ってお世話になった事務所とレコード会社を離れ、また3人に戻ります。事務所にはデビュー前から今までずっと力を貸していただき、そしてここまで運んでくれました。心から感謝しています。まだまだ空想委員会として音楽を届けたいし、色んな楽しさを共有したいし、全国のファンの皆さんに直接ライブを届けたい気持ちがあり正直、悔しすぎます。でもそのためには一旦時間を空け、それぞれが力を付けることが必要なんだと納得しました。個人的には、もはや僕の人生において音楽という作品を世に残していくことが生きがいとなっているので、常に音楽と向き合っていたいと思います。岡田のソロに挑戦したいし、もちろん僕のBassを必要としてくれる場所には積極的に参加させていただくつもりです。音楽という姿に変わり、誰かの生活の一部になって常に側にいたい気持ちは今までもこれからも変わりません。ファンの皆様のおかげでたくさんの素敵な景色を見れました。素敵な場所に行けました。素敵な方に出会えました。本当にありがとうございます。いつまでもその中に浸っていたいけど、今は我慢します。それぞれが、それぞれの場所で力を付け、いつかまた集まった時に今より更に大きな存在になりたいねって3人で話し合いました。なので引き続き3人を、変わらぬ愛で応援していただけたら心から嬉しいです」

アルバム『空想録(二〇一一‐二〇一八)』

2019年1月23日発売



【2CD+DVD】
KIZC-515〜7/?3,889(税抜)
<収録曲>
■DISC1
1.八方塞がり美人(2014)
2.純愛、故に性悪説(2014)
3.春恋、覚醒(2015)
4.マフラー少女(2015)
5.劇的夏革命(2015)
6.僕が雪を嫌うわけ(2015)
7.私が雪を待つ理由(2015)
8.ミュージック(2016)
9.ビジョン(2016)
10.二重螺旋構造(2016)
11.色恋狂詩曲(2016)
12.スタートシグナル(2017)
13.罪と罰(2017)
14.宛先不明と再配達(2018)
15.エール(2018)
■DISC2
1.完全犯罪彼女(2011)
2.独占禁止法(2011)
3.空想ディスコ(2011)
4.エンペラータイム(2011)
5.恋愛下手の作り方(2011)
6.難攻不落ガール(2012)
7.サヨナラ絶望人生(2012)
8.単独飛行少年史(2012)
9.美女眼鏡(2012)
10.ワールズエンド(2012)
11.波動砲ガールフレンド(2013)
12.プロポーズ(2014)
13.霧雨ガール(2014)
■DVD
●ワンマンライブスペシャルセレクション映像
1.エンペラータイム(2013.12.21 メジャーデビュー発表LIVE at 下北沢GARDEN)
2.名前を呼んでくれ(2016.2.5 ワンマンライブツアー『GPS〜21機の人工衛星〜』at TSUTAYA O-EAST)
3.ラブトレーダー(2016.2.5 ワンマンライブツアー『GPS〜21機の人工衛星〜』at TSUTAYA O-EAST)
4.マフラー少女(2016.2.5 ワンマンライブツアー『GPS〜21機の人工衛星〜』at TSUTAYA O-EAST)
5.春恋、覚醒(2016.2.5 ワンマンライブツアー『GPS〜21機の人工衛星〜』at TSUTAYA O-EAST)
6.劇的夏革命(2016.9.22 ワンマンライブ『空想野外大音楽祭』at 日比谷野外大音楽堂)
7.僕が雪を嫌うわけ(2016.9.22 ワンマンライブ『空想野外大音楽祭』at 日比谷野外大音楽堂)
8.私が雪を待つ理由(2016.9.22 ワンマンライブ『空想野外大音楽祭』at 日比谷野外大音楽堂)
9.空想ディスコ(2016.9.22 ワンマンライブ『空想野外大音楽祭』at 日比谷野外大音楽堂)
10.ワールズエンド(2016.9.22 ワンマンライブ『空想野外大音楽祭』at 日比谷野外大音楽堂)
●ジャケット撮影メイキング映像
●空想ほろ酔い回顧録

■商品詳細ページURL
http://www.kingrecords.co.jp/cs/t/t11431/

『空想委員会ラストワンマンツアー『結び』』

【2019年】
1月16日(水) 千葉・LOOK
1月19日(土) 長野・LIVEHOUSE J
1月20日(日) 愛知・名古屋SPADE BOX
1月26日(土) 福岡・INSA
1月27日(日) 熊本・B.9 V2
2月02日(土) 栃木・宇都宮HELLO DOLLY
2月03日(日) 静岡・浜松FORCE
2月09日(土) 広島・SECOND CRUTCH
2月11日(月・祝) 愛媛・松山 Double-u studio
2月23日(土) 大阪・梅田Shangri-La
3月02日(土) 香川・高松MONSTER
3月03日(日) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
3月09日(土) 福島・郡山 LIVE STAGE PEAK ACTION
3月10日(日) 新潟・CLUB RIVERST
3月16日(土) 北海道・札幌Sound lab mole
3月21日(木・祝) 青森・LIVE HOUSE FOR ME
3月23日(土) 岩手・盛岡 the five morioka
3月24日(日) 宮城・仙台MACANA
3月31日(日) 東京・ヒューリックホール東京



【関連リンク】
空想委員会、現体制での活動終了を発表
空想委員会まとめ
キュウソネコカミ、“炊かれたいバンド”としての地位を確立したMV公開

【関連アーティスト】
空想委員会
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, ライブ, ツアー, 解散

キュウソネコカミ、“炊かれたいバンド”としての地位を確立したMV公開
Fri, 07 Dec 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

キュウソネコカミが、12月5日より発売中のニューアルバム『ギリ平成』より収録曲「炊き上がれ召し上がれ」のMVを公開した。

このMVは、先日まで実施されていたワンマンツアー『DMCC REAL ONEMAN TOUR 2018 EXTRA -PAINT IT WHITE!!!-』の東名阪ライヴの模様が収められたもの。同イベントは参加条件として“白”というドレスコードがあり、観客を“米”に見立ててウォール・オブ・デス(W.O.D)を実施し、お米が踊り炊きされる様を表現してMV撮影を行なうことが事前アナウンスされていた。

東京・名古屋・大阪各所、一面“白”で埋め尽くされたライヴハウスで“W.O.D(ウォール・オブ・デス)ならぬM.O.D(みんなで踊り炊き)”を実施! 激しく“米”が踊り炊かれる様子が表現されている。

観客を“炊き上げる”という前代未聞の企画を実施したキュウソネコカミ。同ツアーの各会場で観客から“炊いてー!”という黄色い声援を受け、“炊かれたいバンド”としての地位(!?)も確立。観ているだけでお米が食べたくなる「炊き上がれ召し上がれ」のMVを、あなたもぜひ召し上がれ!

アルバム『ギリ平成』

2018年12月5日発売



【完全限定生産盤】(CD+DVD)
VIZL-1473/¥3,800(税抜)
※通常盤・完全限定生産盤特典:『試練のTAIMAN TOUR 2019』最速先行シリアル予約ナンバー封入!
<収録曲>
■CD
1.推しのいる生活 
2. The band
3. ただしイケメンに限らない
4. 馬乗りマウンティング
5. 遊泳
6. 真面目に
7. KENKO不KENKO
8. ピクピク
9. 炊き上がれ召し上がれ
10. 米米米米
11. 越えていけ
12. ギリ昭和
■DVD
※副音声:メンバー全員による解説(雑談)を収録!
DMCC REAL ONEMAN TOUR 2018(-Despair Makes Cowards Courageous) -越えていけ 編-ドキュメント
DMCC REAL ONEMAN TOUR 2018(-Despair Makes Cowards Courageous) -The band 編-ドキュメント
DMCC REAL ONEMAN TOUR 2018(-Despair Makes Cowards Courageous) -The band 編-ツアーファイナル・ライブ(at 新代田FEVER 2018.8.28)

キュウソネコカミ
5RATS
邪邪邪 VS ジャスティス
メンヘラちゃん
MUKI不MUKI
- MC -
推しのいる生活
ウィーワーインディーズバンド!!
良いDJ
御法度
- MC -
困った
ネコ踊る
TOSHI-LOWさん
オリジナリティ
- MC -
MEGA SHAKE IT!
KMDT25
DQNなりたい、40代で死にたい
ブルース
The band
en, お願いシェンロン



【通常盤】(CD)
VICL-65077/¥2,600+税



【関連リンク】
キュウソネコカミ、“炊かれたいバンド”としての地位を確立したMV公開
キュウソネコカミまとめ
日本の洋楽シーンをルーツ志向にシフトさせたニッティ・グリッティ・ダート・バンドの『アンクル・チャーリーと愛犬テディ』

【関連アーティスト】
キュウソネコカミ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ライブ, ツアー, ワンマン

日本の洋楽シーンをルーツ志向にシフトさせたニッティ・グリッティ・ダート・バンドの『アンクル・チャーリーと愛犬テディ』
Fri, 07 Dec 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今、ニッティ・グリッティ・ダート・バンドのことを知っている人がどれだけいるのかは分からないが、彼らの音楽が70年代前半の日本のポピュラー音楽シーンに与えた影響はすごかった。アメリカのポピュラー音楽のグループとして、77年に初めてロシア(当時はソビエト)でコンサートを開催するなど、アメリカでは国民的なスターである。1966年にグループが結成されてから何度もメンバーチェンジは行なわれているが、現在まで解散はせず、50年以上の長きにわたり活動している。今回は彼らが1970年にリリースした5作目となる傑作『アンクル・チャーリーと愛犬テディ(原題:Uncle Charlie and His Dog Teddy)』を取り上げる。

■素朴なジーンズミュージック

僕が彼らのことを知ったのは中学2年生の時。それまではブリティッシュ系のハードロックやプログレばかり聴いていたのだが、ある時ラジオでオンエアされたのがニッティ・グリッティ・ダート・バンドの「ミスター・ボージャングル」であった。もちろん、最初はグループ名もタイトルも覚えられなかったが、この曲自体はすぐに好きになった。それまでロックでは馴染みがなかったフラットマンドリンやアコーディオンなどを使っていたせいか、演奏自体が新鮮だったし、何より叙情的な美しいメロディーに引き込まれた。

この「ミスター・ボージャングル」はニューヨークのフォークシーンで人気のあったジェリー・ジェフ・ウォーカーの代表曲で、ジャズ、フォーク、ロック、ソウル、ポップスなどまで幅広いジャンルのシンガーやグループにカバーされているアメリカを代表する名曲のひとつ。中学2年当時、そのことを知りアメリカの音楽にも興味が沸いてきた。

70年代前半、ニッティ・グリッティ・ダート・バンドが演奏するような土臭い音楽が日本でも流行っていて、山本コウタローとソルティシュガーのヒット曲「走れコウタロー」をはじめ、「気楽に行こう」(鈴木ヒロミツ)、「家を作るなら」(加藤和彦)、「ケンとメリー 〜愛と風のように〜」(BUZZ)など、コマーシャルソングでも素朴なサウンドが流れていた。特に「家を作るなら」は子供が聴いても、明らかに「ミスター・ボージャングル」をネタに作られていることが分かったぐらいである。これらの素朴でフォーキーなテイストを持つ音楽をフォークロックやカントリーロックと呼ぶ。当時ジーンズミュージックという呼び方をしているレコード会社もあったが、あまり定着はしなかった。

■カントリーロックとブルーグラスロック

60年代を全速力で駆け抜けた高度成長期も70年代に入り、日本人は疲れていたのだ。素朴で土臭く、くつろげるような音楽が必要な時代だったのだと思う。アメリカでも似たような状況であったのか、奇しくもイーグルスのデビュー曲「テイク・イット・イージー」(’72)もバンジョーがフィーチャーされ、先ほど挙げた日本のポピュラー曲のように、土臭くアーシーなところがよく似ていた。本当は日本のミュージシャンたちがアメリカのカントリー系のロックに影響されていたわけなのだが、小坂忠の『もっともっと』(’72)、細野晴臣の『HOSONO HOUSE』(‘73)、はちみつぱいの『センチメンタル通り』(’73)など、和製カントリーロックの名盤は数多い。

しかし、イーグルスやバーズらに代表されるカントリーロックとニッティ・グリッティの音楽は少し違う。ニッティ・グリッティはカントリー的な要素は少なく、もっと土臭いブルーグラス音楽に影響を受けている。カントリーとブルーグラスをごっちゃにしたような解説をよく見かけるが音楽的にはかなり違う。ブルーグラスは、バンジョー、フラットマンドリン、フィドル、ギター、ベース、ドブロあたりのアコースティックな楽器(電気楽器を使う場合もある)が使われており、カントリーは電気楽器を主に使っている。

カントリーロックはフォークやカントリーの要素が大きく、ザ・バーズの『ロデオの恋人(原題:Sweetheart Of The Rodeo)』(’68)、ポコの『ピッキン・アップ・ザ・ピーセズ』(’69)、イーグルスの1枚目『イーグルス・ファースト』(’72)、ニュー・ライダース・オブ・ザ・パープル・セイジの『パワーグライド』(’72)などが代表的な作品だろう。それに対してブルーグラスをベースにしたロック(すなわちブルーグラスロック)はディラーズの諸作品や、ブルー・ベルベット・バンドの『スウィート・モーメンツ』(’69)、ディラード&クラークの『ファンタスティック・エクスペディション・オブ・ディラード&クラーク』(’68)、エリック・ワイズバーグ&デリヴァランスの『ルーラル・フリー・デリヴァリー』(’73)などがあるが、日本ではリアルタイムでリリースされたものは少ない。

カントリーロックは日本でも数多くリリースされているのに、ブルーグラスロックが日本であまりリリースされていないのは、ひと言で言えばポップさが足りないからである。しかし、ニッティ・グリッティ・ダート・バンドはブルーグラスの楽器を使いながら、ポップなテイストを前面に押し出すことで、ブルーグラスロックを提示することができたのである。ちなみに、彼らは後の72年にリリースする『永遠の絆(原題:Will the Circle Be Unbroken)』(LP時代は3枚組)で本物に近いブルーグラスに取り組み、それが日本でも大いに売れ、ブルーグラス人口(大学生が中心)の増加にひと役買ったという事実がある。

■ニッティ・グリッティ・ダート・バンドの歩み

ジェフ・ハンナとジミー・ファッデンが中心となってグループが結成されて、今年で52年になる。それだけでもすごいことだが、最初は売れないジャグバンド音楽のグループであった。初期にはジャクソン・ブラウンが在籍していたこともあったが、デビュー作の『ニッティ・グリッティ・ダート・バンド』(’66)から4作目の『アライヴ』(’69)まではたいしたセールスにはならず、メンバーの入れ替えも度々あった。69年に才能豊かなジム・イボットソンが加入した頃から、グループの音楽が上向きになっていく。これまでのジャグバンド的なサウンドから、ロックグループへと本格的に移行したのである。

■本作『アンクル・チャーリーと 愛犬テディ』について

そして、70年にリリースされたのが本作『アンクル・チャーリーと愛犬テディ』だ。レトロなアメリカを表現した秀逸なふたつ折りジャケット(LP)の表側にはグループのメンバーは写っておらず、アルバムのコンセプトを象徴するアンクル・チャーリーと愛犬テディが主役である。当時、ふたつ折りのエンボス付きジャケットは豪華に見えたが、今振り返ってもこれだけの見事なジャケットは少ない。アルバムデザインはニルソンやリンダ・ロンスタットも手掛けたディーン・トーレンスである。

収録曲は短い曲やアンクル・チャーリーのインタビューなどもあって21曲ある。なんと言っても本作は名曲揃いで、前述したジェリー・ジェフ・ウォーカー作の「ミスター・ボージャングル」、マイク・ネスミスの「サム・オブ・シェリーズ・ブルース」と「近親(原題:Propinquity)」、ケニー・ロギンスの「プー横丁の家(原題:House at Pooh Corner)」、ランディ・ニューマンの「リビング・ウイズアウト・ユー」といった絶対的な名曲を始め、バンジョー、マンドリン、アコーディオン、ハーモニカなどルーツ音楽で使われる楽器を駆使して、ロックンロール、フォークロック、ブルーグラス、ジャグバンド、ハードロックなどを楽しげに演奏している。土臭いナンバーは多いが、ヴォーカルの西海岸っぽいさわやかさで、ポップ感覚を前面に押し出しているから誰もが聴きやすく仕上がっている。この軽快なポップ感覚が彼らの最大の特徴だろう。そして、コーラスも素晴らしい。

また、バンジョーを弾くジョン・マッキューエンは、ツインバンジョーやクラシックまで演奏するなど、このアルバムがリリースされるまで誰もやっていなかった試みを披露しており、本作でかなり大きな役割を担っていると言える。

このアルバムがリリースされてから、日本のロックアーティストの多くがニッティ・グリッティ化し、アメリカンルーツにのめり込んでいった。特に「ミスター・ボージャングル」(全米チャート9位)は日本やイギリスのロックシーンに大きな影響を与えた。ちなみに、当時無名だったケニー・ロギンスの曲を4曲も取り上げ、ロギンスが認められるきっかけを作ったのも本作である。

『アンクル・チャーリーと愛犬テディ』は70年代アメリカンロックの進む方向を示唆したエポックメイキングな傑作であり、収められた数々の名曲は今も全く色褪せていない。

TEXT:河崎直人

アルバム『Uncle Charlie and His Dog Teddy』

1970年発表作品



<収録曲>
1. サム・オブ・シェリーズ・ブルース/Some Of Shelly\'s Blues
2. 放蕩息子の帰郷/Prodigal\'s Return
3. 治療/The Cure
4. トラベリン・ムード/Travelin\' Mood
5. チッキン・リール/Chicken Reel
6. ユーコン鉄道/Yukon Railroad
7. リビン・ウィズ・アウト・ユー/Livin\' Without You
8. クリンチ・マウンテン・バックステップ/Clinch Mountain Backstep
9. レイブ・オン/Rave On
10. ビリ・イン・ザ・ロウ・グラウンド/Billy In The Low Ground
11. ジェシー・ジェームス/Jesse James
12. アンクル・チャーリー・インタビュー/Uncle Charlie Interview
13. ミスター・ボージャングルズ/Mr. Bojangles
14. 作品36番・クレメンティ/Opus 36
15. サンタ・ローザ/Santa Rosa
16. 近親/Propinquity
17. アンクル・チャーリー/Uncle Charlie
18. ランディ・リン・ラグ/Randy Lynn Rag
19. プー横丁の家/House At Pooh Corner
20. スワニー・リバー/Swanee River
21. アンクル・チャーリー・インタビュー#2〜ジ・エンド/スパニッシュ・ファンダンゴ/Uncle Charlie Interview #2 - The End / Spanish Fandango



【関連リンク】
日本の洋楽シーンをルーツ志向にシフトさせたニッティ・グリッティ・ダート・バンドの『アンクル・チャーリーと愛犬テディ』
Nitty Gritty Dirt Bandまとめ
INTERSECTION、シングル「Body Language」発売&渋谷で撮影したMVも公開

【関連アーティスト】
Nitty Gritty Dirt Band
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, CD, アルバム, リリース

INTERSECTION、シングル「Body Language」発売&渋谷で撮影したMVも公開
Fri, 07 Dec 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年10月5日に配信シングル「Heart of Gold」でデビューを果たした、日本とアメリカのダブルカルチャーを持つボーイズグループ、INTERSECTION。同作と2ndシングル「Falling」はYouTubeでそれぞれ25万再生を記録し、iTunesトップミュージックビデオでは1位、2位を独占。さらには音楽サブスクリプションサービスで多くの重要プレイリストに軒並みセレクトされるなど勢いに乗っている彼らが、12月7日に3rdシングル「Body Language」をリリースした。同曲は、“好きという気持ちは、言語が違くても行動で伝えることができる”というメッセージを込めたダンスチューンで、渋谷で撮影されたMVも必見だ。

INTERSECTIONは、11月に中国テンセントの大型音楽番組『Yo!Bang(由?音?榜?)』に生出演し、「Heart of Gold」を披露するとリアルタイムの同時視聴者数が900万人を超え、番組出演後には中国最大のSNSであるWeibo(微博)で彼らのハッシュタグ“#INTERSECTION”の検索ボリュームが600万件を超えるなど、大きなインパクトを残した。

また、11月16日〜12月2日に渋谷・桜丘町で開催されたアート展『ARIGATO SAKURAGAOKA』では、世界的写真家のレスリー・キーがYOHJI YAMAMOTOの服を身にまとった彼らを撮影した作品も発表され、好評を博した。YouTubeにはレスリー・キー撮影による映像も公開されているので、こちらも要注目だ。

11月30日に開催された、Diorの2019年プレ・フォール・コレクション『Dior MEN\'S FALL 2019 Runway Show in TOKYO』では、国内外の錚々たるセレブリティが集う中、10代で招待されることはかなり珍しく、次世代アイコンとしてファッション業界からも注目を集めている。ラッパーのA Rockyやポップアーティストの村上 隆と交流する場面もあったとのこと。

各地で話題となっている彼は、12月22日に初となるファン向けシークレットイベント『Christmas “Meet & Greet” #1』を開催。応募受付は12月15日(土)までとなっており、当選者のみに詳細が知らされる。気になった方はオフィシャルHPをチェック!

シングル「Body Language」

2018年12月7日発売



■配信URL
https://lnk.to/intersection_bodylanguage

『Christmas “Meet & Greet”#1』

12月22日(土) 都内某所にて開催
※開催場所の詳細は当選者に追ってご案内(14:00-15:00予定)
応募期間:12月15日(土)23:59まで
■詳細 https://intersection-tokyo.jp/news/detail.php?id=1067812



【関連リンク】
INTERSECTION、シングル「Body Language」発売&渋谷で撮影したMVも公開
INTERSECTIONまとめ
家入レオ、ニューシングル「この世界で」3形態のジャケ写公開

【関連アーティスト】
INTERSECTION
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, リリース, 音楽配信

家入レオ、ニューシングル「この世界で」3形態のジャケ写公開
Fri, 07 Dec 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

初の映画タイアップとなる『コードギアス 復活のルルーシュ』オープニング主題歌「この世界で」を、2019年第一弾シングルとして1月30日にリリースすることを発表した家入レオが、同シングル3形態のジャケット写真を公開した。

今回のアートワークは11月下旬に千葉県鴨川市某所の海岸にて撮影。最新アーティスト写真にも家入の背景に写っているシルバーの球体は、一見合成にも見えるが実際に岩に括り付けられているもの。その球体でも表現された“世界”が印象的なアートワークとなっている。

初回限定盤のジャケット写真は、大胆なプリーツが特徴的なロングワンピースをまとった家入を映す一枚。髪やスカートが風になびく絶妙な瞬間をとらえており、家入の持つ強さや凛々しさと、自然の雄々しさを収めたものとなっている。それとは打って変わって完全生産限定盤のジャケット写真は、シルバーの球体を抱きしめた家入が、目を閉じて優しさにあふれた表情を見せている。また、アニメジャケット限定盤は『コードギアス 復活のルルーシュ』のイラストジャケットで、コードギアスシリーズのヒロインであるC.C.(シーツー)が全面に描かれた仕様だ。

映画『コードギアス 復活のルルーシュ』は、2006年〜2007年に『コードギアス 反逆のルルーシュ』としてテレビアニメ第1期、2008年に第2期が放送されたコードギアスシリーズの完全新作劇場版。2017年10月〜2018年5月にはテレビシリーズに新作パートを追加&全編新規アフレコで再構築した劇場版3部作が公開され、この3部作の“その後”を描いた待望の完全新作となるのが今回の『コードギアス 復活のルルーシュ』で、2019年2月9日より全国120館での公開が予定されている。

「この世界で」に関して家入は、“私の歌が流れる場面のまだまだ制作過程のラフなイメージ映像を拝見したんですが、そこには世界の果てと悲しみの色が漂っていて。『コードギアス 復活のルルーシュ』と本当の意味でひとつになるにはどうしたらいいだろう?と考えた時に、悲しみは相手を信じているからこそ生まれるものだ、と思い、人の大きな心の動きではなく、小さな、取るに足らない痛みや悲しみについて歌えたらと思いました。また、過去の作品を観た時に、そのスケール感に圧倒されたんです。人って圧倒的なものを見ると、素直に感動してしまう。考える暇を与えないってすごいな、と。だから最新作の主題歌もその感覚を大事にしようと思いました。理由は分からないけれど、熱くなったり、悲しくなったりするような。説明せず、歌い過ぎず、力強い想いがただここにある、という気持ちを込めました”と語っている。

家入は12月12日(水)に自身6度目の全国ツアーの模様を収めた映像作品『TIME 〜6th Live Tour〜』のリリースを控えており、24歳の誕生日となる12月13日(木)には同作品のリリースを記念したCDショップ2店舗限定 1DAYサーキットお渡し会の開催も決定。詳しくはオフィシャルHPをチェック!

シングル「この世界で」

2019年1月30日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1517/¥1,700+税
<収録曲>
1.この世界で
2.Spark
3.もし君を許せたら(Piano Version)
4.この世界で(Instrumental)
5.Spark(Instrumental)
■DVD
1.「この世界で」Music Video
2.「この世界で」MV Making Movie



【完全生産限定盤】(2CD)
VIZL-1518/¥2,900+税
<収録曲>
■CD1
1.この世界で
2.Spark
3.もし君を許せたら(Piano Version)
4.この世界で(Instrumental)
5.Spark(Instrumental)
■CD2
『B-Side Collection』
1.ripe
2.カラフル
3.心のカ・タ・チ
4.Wake you up
5.Who\' s that
6.願い事
7.I am foolish
8.Driving day
9.Shooter
10.わたしの歌
11.ヒーロー



【アニメジャケット限定盤】(CD)
VICL-37454/¥1,400+税
※デジパック仕様
※『コードギアス 復活のルルーシュ』イラストジャケット
<収録曲>
1.この世界で
2.Spark
3.もし君を許せたら(Piano Version)
4.この世界で(Instrumental)
5.Spark(Instrumental)


Blu-ray&DVD『TIME 〜6th Live Tour〜』

2018年12月12日発売



【Blu-ray】
VIXL-249/¥4,600+tax
【DVD】
VIBL-924/¥4,000+tax
<収録内容>
ずっと、ふたりで / 春風 / Shine / Relax / 恋のはじまり / 君がくれた夏 / 太陽の女神 / Silly / だってネコだから / 微熱 / ありきたりですが / 恍惚 / TOKYO / アフターダーク / サブリナ / ファンタジー / 祈りのメロディ / あおぞら / もし君を許せたら / パパの時計 / 大事なものすべて



【関連リンク】
家入レオ、ニューシングル「この世界で」3形態のジャケ写公開
家入レオまとめ

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, DVD, Blu-ray, シングル, リリース













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1