歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年12月02日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/12/11
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
SUPER JUNIOR、東京ドーム2dayで10万人を魅了
Sun, 02 Dec 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SUPER JUNIORが11月30日(金)と12月1日(土)、東京ドームにてワールドツアー日本公演2daysを開催し、計10万人を動員した。この公演は昨年12月から始まった『SUPER JUNIOR WORLD TOUR“SUPER SHOW 7”』の日本公演として行われたもので、4年ぶり4回連続の東京ドーム公演という今回のステージでは、11月28日(水)に発売されたばかりのニューシングル「One More Time」から「One More Time(日本語 Ver.)」を含む新曲3曲を初披露したほか、「SORRY SORRY」「Mr.Simple」などのヒット曲やメドレーを含む、計28曲をパフォーマンスした。

オープニングから「Black Suit」の流れでステージへ姿を現したSUPER JUNIORは、曲名を象徴するようなスパンコールをあしらった黒いスーツで登場。待ちわびた観客の興奮を前に、「Scene Stealer」「MAMACITA -AYAYA-」と畳み掛けるように続く。

最初の挨拶では、メンバー全員が「久しぶりの東京ドームですね」「みなさんに会いたかったです」「東京ドームは特別なステージ」と心底うれしそうにコメント。昨年12月から開始したツアーということもあり、「(日本の)みなさんに会うまでに1年かかりましたね」と、ファンだけでなくSUPER JUNIORもこの公演を心待ちにしていたことが伺える。ダンスパフォーマンスと歌声で魅了する曲から、全てを忘れて全力で踊って楽しむことのできるアップテンポ曲まで、その持ち前の振り幅の広さで観客を存分に楽しませた。また、最後の曲「Miracle」ではラストのサビで観客が一斉に青いボードを掲げるという観客からのサプライズも大成功し、同時に天井に『Welcome back☆SUPER JUNIOR』と映し出される演出もあった。リーダーのイトゥクは「本当に幸せな時間でした。みなさんがたくさん僕たちを愛してくれるように、時間が経っても、僕たちがみなさんの愛に応えていけたらと思います。」と語った。

観客をすぐさま世界に惹き込ませるパフォーマンスと魅力が詰まった“SUPER SHOW”は、まさに“エンタテインメントショー”。アーティストとしてだけでなく、これからも彼らはエンターテイナーとして進化を遂げていくだろう。このツアーではメンバーのシンドンとウニョクがそれぞれ映像と演出を手掛けたことでも注目を浴びているが、SUPER JUNIORのメンバー全員が個々に確立したエンターテイナーであることは明白だろう。ニューシングル「One More Time」もオリコンデイリーシングルランキングで1位を獲得し、変わらぬ実力と人気を証明している。常に第一線でシーンをリードし続けているSUPER JUNIOR。彼らの今後の活動にも注目してほしい。

photo by 田中聖太郎写真事務所

【セットリスト】
1.Black Suit
2.Scene Stealer
3.MAMACITA-AYAYA-
4.Shirt
5.Animals
6.It\'s You
7.One More Time(JPN)
8.愛してるって?えない
9.One More Chance
10.The Little Prince
11.\'Bout You+Oppa, Oppa(JPN)+Can You Feel It?
12.Runaway
13.Too Many Beautiful Girl
14.★BAMBINA★(JPN)
15.On and On (JPN)
16.Super Duper
17.SORRY,SORRY
18.Mr. Simple
19.美人(BONAMANA)
20.Marry U(inst)
21.I Do
22.Make You Smile(JPN)
23.Shining Star
[Encore]
1.Devil
2.Wow!Wow!!Wow!!!
3.Miracle

シングル「One More Time」

発売中



【CD+DVD】
¥2,700+税
【CD+Blu-ray】
¥3,200+税
※初回生産限定盤
※スマプラ対応
※特典:
・デジパックスリーブ仕様
・限定映像収録
・PHOTOBOOK付き(40P)
・トレーディングカード封入(全8種のうちランダム1種)
<収録曲>
■CD
1. One More Time(Otra Vez)(Feat. REIK)
2. Wow!Wow!!Wow!!!
3. Make You Smile
4. One More Time(Otra Vez)−Inst−
5. Wow!Wow!!Wow!!!−Inst−
6. Make You Smile −Inst−
■DVD&Blu-ray
・One More Time(Otra Vez)(Feat. REIK)MV
・MV Making
・Jacket Making

【CD】
¥1,000+税
※スマプラ対応
※初回封入特典
・トレーディングカード封入(全8種のうちランダム1種)
<収録曲>
1. One More Time (Otra Vez) (Feat. REIK)
2. Wow! Wow!! Wow!!!
3. Make You Smile
4. One More Time (Otra Vez) ?Inst-
5. Wow! Wow!! Wow!!! ?Inst-
6. Make You Smile ?Inst-
※CD+DVD盤(AVCK-79514/B)と同様

【CD】(E.L.F-JAPAN盤)
¥3,000+税
※初回生産限定盤
※スマプラ対応
※mu-moショップ・E.L.F-JAPANショップ限定商品
※仕様・封入特典
・8?CD+タンブラー付きBOX仕様
・トレーディングカード封入(全8種のうちランダム1種)
<収録曲>
1. One More Time (Otra Vez) (Feat. REIK)
2. Wow! Wow!! Wow!!!
3. Make You Smile
4. One More Time (Otra Vez) ?Inst-
5. Wow! Wow!! Wow!!! ?Inst-
6. Make You Smile ?Inst-

◎ [MAKING]、[SPECIAL INTERVIEW]、[a-nation 2018 LIVE IN OSAKA]は【初回生産限定盤】のみの限定映像となります。【通常盤】には『One More Time (Otra Vez) (Feat. REIK) -Music Video-』のみ収録されます。
◎ 【CD+Blu-ray】【CD+DVD】が無くなり次第、【通常盤】に切り替わります。




【関連リンク】
SUPER JUNIOR、東京ドーム2dayで10万人を魅了
SUPER JUNIORまとめ
EBiSSH、一足早いクリスマスライブでファンとの相思相愛ぶりを証明

【関連アーティスト】
SUPER JUNIOR
【ジャンル】
K-POP, ニュース, 韓流アイドル, ツアー, ライブレポ

EBiSSH、一足早いクリスマスライブでファンとの相思相愛ぶりを証明
Sun, 02 Dec 2018 23:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

スターダストプロモーションの若手アーティスト集団・EBiDANの一員であり、さとり少年団との合同プロジェクト・ONE N\' ONLYではMV2曲でYouTube再生回数330万を突破するなど、今、話題の4人組ダンス&ボーカルユニット・EBiSSHが、12月2日にマイナビBLITZ赤坂でクリスマスライブを開催した。クリスマスらしさ満点のメニューに加え、ゲストApeaceとONE N\' ONLYを迎えたステージは、リーダーのNAOYAいわく「一夜限りのプレミアム」なものに。『Merry EBiSSHmas! 2018〜with FRIENDS〜』というタイトル通り、切磋琢磨と和気藹々を共存させて、集まったBAEBAE(EBiSSHファンの呼称)に一足早いクリスマスをプレゼントしてくれた。
 
開演前から普段とは違うおしゃれなジャズBGMが流れ、満員の1300人がひしめくフロアはグループカラーである赤のペンライトでいっぱいに。と、ステージに緑のライトが灯り、クリスマスカラ―に彩ったところで、「Merry EBiSSHmas!」と走り込んできたTETTAを先頭とする4人の頭には、なんとサンタ帽が! まずは、彼らの音楽プロデューサーであるKの楽曲「Christmas Time Again」を全員で大きく手を振りながら届けると、曲終わりにはリーダーのNAOYAが「Merry Christmas」と囁いて、BAEBAEに黄色い悲鳴をあげさせる。続いて「一夜限りのライブを楽しみましょう! ジングルベル!」と本日だけの煽りから雪崩れ込んだ「KIMI GA SUKI」といい、いつもよりメンバー間のスキンシップは激しく、いつもより笑顔も多い。

ジャケットを脱ぎ、雪を思わせる白いつなぎ姿になってのMCではゲスト陣について触れ、REIから「Apeaceのシヒョクくんとは、すごく仲がいいんですよ。しかも同い年。いつか韓国旅行に二人で行きたい」という告白も。さらにデビュー曲の「恋はタイミング」から、TETTAとREIのボーカル組によるエモーショナルな歌唱が映える「今日は家に帰らないで」、ダンサー陣のNAOYAとKOHKIがラップを入れつつ、振りつけで想いを訴える「HI・KA・RI〜君となら〜」と、EBiSSHらしいスタイリッシュなラブソングを並べて、クリスマスにふさわしい甘いムードを創り上げてゆく。

ここで第一のゲストとして、日本を拠点に活動する韓国出身のボーイズグループ・Apeaceが登場。12人のメンバー全員が180センチ以上という高身長から繰り出す迫力のパフォーマンスで4曲を披露すると、今度はTETTAとREIがステージへ。Apeaceのワンチョル・ヨンウォン・ウォンシク・ソンホと共に山下達郎の「クリスマス・イブ」をカヴァーし、この日だけのスペシャルなハーモニーを美しく響かせてくれた。2グループの全員を呼び戻してからは、来場者から募集したお題に沿って、それぞれが“胸キュンフレーズ"を自作披露するコーナーに突入。イルミネーションを観に行くというお題で、ApeaceのヨンウクがEBiSSHで最も小柄なTETTAを彼女役に指名した際には、カップルそのものの身長差で抱き合う二人に、客席から黄色い悲鳴が湧いた。そんな和気藹々とした空気を一変させたのがEBiSSHによる後半戦で、セクシーな「Just Like Me」を皮切りにダンサブルに攻め立てると、ミラーボールが回る「エビパレ」に「Let\'s EBiSSH!」では曲中のアドリブで全員並んで投げキス。「最後に俺らと熱い恋をしようぜ」と贈られた「KOi・Ni・OCHi・YO!」では、フロアの赤ペンライトがEBiSSHへの燃えるような恋情を表して、BAEBAEとの相思相愛ぶりを証明してみせる。

そして、アンコールには第二のゲストが見参。「I\'M SWAG」のハードなイントロが爆音で鳴って、スタートしたのはもちろんONE N\' ONLYのステージだ。EBiSSHの4人にさとり少年団の3人が加わり、今度はONE N\' ONLYのイメージカラーである白の光がフロアに灯ると、本編とはガラリと違うパワフルで自信に満ちた、まさに“SWAG=ヤバい"パフォーマンスで場内を魅了。小粋でシャレた「Everything\'s Changing」では曲終わりにEIKUが漏らした笑い声に歓声が湧き、一転、強力なダンスビートが響く「Dark Knight」ではダンサーのHAYATOとKENSHINが歪んだラップを畳みかけて、CD未発表曲にもかかわらず客席の大興奮を引き出してゆく。緩急のあるセットリストながら、その根本にあるものは、やはりダイナミックな攻撃性。パッショネイトなEDMチューン「Sexy Beach Party Yes!!」では一糸乱れぬシンクロダンスもあり、その“圧"のあるパフォーマンスでEBiSSHとは色の異なる個性を見せつけた。

最後は再びApeaceの12人を呼び込み、総勢19人全員でサンタ帽を被って一夜限りのスペシャルメドレーへ。「赤鼻のトナカイ」「ママがサンタにキスをした」「サンタが街にやってくる」と、おなじみのクリスマスソングをグループの枠を超えて肩を組みながらハッピーに歌い繋ぎ、ラストは全員でジャンプするがタイミングが今イチ合わず、「バラバラ!」と笑い合う姿も微笑ましい。また、今日が誕生日のヒョンソンのためにバースデーケーキが登場したり、このライブを最後に兵役のためグループを離れるゴンヒ・スンヒョク・ソンホの3人に、EBiSSHから「それを見て今日のことを思い出してほしい」(NAOYA)と時計が贈られるサプライズも。TETTAから「今度はぜひApeaceさんのライブに」と再会の約束も交わされ、プレミアムな一夜は幕を閉じた。

1月に誕生日を迎える2人のメンバー、REIとKOHKIのために、来年1月13日には吉祥寺CLUB SEATAでバースデーライブも開催。最年少のKOHKIが二十歳になり、全員が成人となるEBiSSHの飛躍を、来るべき2019年、楽しみにしていたい。

photo by 笹森健一
text by 清水素子

【セットリスト】
M1: Christmas Time Again/EBiSSH
M2: KIMI GA SUKI/EBiSSH
M3: 恋はタイミング/EBiSSH
M4: 今日は家に帰らないで/EBiSSH
M5: HI・KA・RI〜君となら〜/EBiSSH
M6: VEIL/Apeace
M7: Brand New Day/Apeace
M8: Ur my life/Apeace
M9: BANG!BURN!LOVE/Apeace
M10: クリスマス・イブ(山下達郎カバー)/TETTA・REI+Apeace4名
M11: Just Like Me/EBiSSH
M12: エビパレ/EBiSSH
M13: Let\'s EBiSSH!/EBiSSH
M14: KOi・Ni・OCHi・YO!
EN1: I\'M SWAG/ONE N\' ONLY
EN2: Everything\'s Changing/ONE N\' ONLY
EN3: Dark Knight/ONE N\' ONLY
EN4: Sexy Beach Party Yes!!/ONE N\' ONLY
EN5: クリスマスメドレー(赤鼻のトナカイ・ママがサンタにキスをした・サンタが街にやってくる)/ONE N\' ONLY×Apeace



【関連リンク】
EBiSSH、一足早いクリスマスライブでファンとの相思相愛ぶりを証明
さとり少年団まとめ
ONE N\' ONLYまとめ
EBiSSHまとめ
APEACEまとめ

【関連アーティスト】
さとり少年団, ONE N\' ONLY, EBiSSH, APEACE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, ライブ, ライブレポ, レポート

さくらしめじ、リリイベファイナルはファンと一緒に楽しく温かい空間に
Sun, 02 Dec 2018 22:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

田中雅功と?田彪我とによる高校生フォークデュオさくらしめじが、11月28日に発売した1st EP『うたはつづくよどこまでも』のリリース記念イベントを、12月2日(日)に東京・タワーレコード渋谷店屋上 スカイガーデンで開催した。本イベントはリリースイベント期間の最終日。会場いっぱいにきのこりあん(さくらしめじのファン)が詰めかけ、楽しく温かい空間が作り上げられた。

大勢のきのこりあんが待つ屋上の会場に、ギターを手にした田中と?田が登場すると大きな拍手が沸き起こる。2人は、野外の寒さを吹き飛ばすように「My Sunshine」からライブをスタート。前向きなメッセージの詰まった歌詞を、突き抜けるようなメロディで力強いボーカルで歌っていく。続けて、コレサワが楽曲提供した「届けそこねたラブソング」を披露。観客のハンドクラップに合わせて、田中と高田は爽やかなポップチューンを笑顔たっぷりに観客に届けた。

MCコーナーでは、ファンに生の歌をプレゼントする『あなたのために歌います』というスペシャル企画が行われた。当選したひとりの観客が、用意された5曲の中から「おもいでくれよん」をリクエスト。ステージ上でそのファンに向けて、2人はマイクもギターアンプも通さず弾き語り。さくらしめじらしい、温かい歌のプレゼントが贈られた。

ライブに戻ると、AAAのカバー「恋音と雨空」を披露。切なくも温かいメロディを、2人は伸びやかなハーモニーで会場に響かせる。さらに会場のテンションをあげるように、さくらしめじ流ダンスチューン「てぃーけーじー」をドロップ。ギターを置いてハンドマイクになった高田は、ダンスを織り交ぜノリノリでパフォーマンス。2人は観客とともに、てぃーけーじーポーズを作り楽しさ全開。そして、田中の「最後、みんなで盛りあがっていきましょう!」の声から勢いたっぷりに「スタートダッシュ」を歌唱。2人は目を見つめあってギターをかき鳴らし、抜群の歌のコンビネーションを聞かせる。ファンはハンドクラップで盛りあがり、熱い一体感が作り上げられた。

全ての曲を歌い終えたあと、2人はイベントの感想を語っていった。 ?田は「今日は、こんなにたくさんの方とライブできるんだと思ってすごくワクワクして、曲が始まってハイテンションになっちゃいました。さくらしめじにとって、思い出に残る1日だったと思います。この楽しさを12月15日に行う中野サンプラザ公演、その先の先の夢の舞台に持っていけるようにがんばっていきます!」と興奮気味に語る。そして、田中は「今日は、ほんとにすごく楽しめました。それもみなさんのおかげです。素敵な笑顔で迎えてくれて盛りあがってくれて、それが相乗効果になるライブができたと思います。今日でリリースイベントは終了ですが、僕たちは、ずっと先のステージに走っていきます。中野サンプラザだけじゃなく、来年もツアーが決まっています。僕たちは歌い続けていくので、もっと多くの人と楽しい気持ちを共有していきたいと思います!」と、熱い気持ちを口にする。そして、2人で生声で「ありがとうございました!!」と声をあげてイベントは終了となった。

12月15日に中野サンプラザで行われるワンマンライブ『さくらしめじのHappy X\'mash LIVE 2018 in 中野サンプラザ』に向けてますますパワーたっぷり。勢いを増すさくらしめじを体感できるステージとなった。

Photo by 大庭 元
Text by 土屋恵介

【セットリスト】
M-1. My Sunshine
M-2. 届けそこねたラブソング
M-3. 恋音と雨空
M-4.てぃーけーじー
M-5. スタートダッシュ

【ライブ情報】


『さくらしめじのHappy X\'mash LIVE 2018 in 中野サンプラザ』
12月15日(土) 東京・中野サンプラザ

『リリース記念ライブツアー「うたはつづくよどこまでも」』
12月23日(日) 福岡・DRUM LOGOS
【2019年】
1月06日(日) 大阪・バナナホール
1月20日(日) 広島・広島クラブクアトロ
http://sakurashimeji.com/utahatsudukuyotour2018/

EP『うたはつづくよどこまでも』

2018年11月28日(水)発売



【CD+DVD盤】(CD+DVD)
ZXRC-1176/?2,200(税込)
※期間限定でCD収録曲、「ポンコツデリシャスロード(弾き語りver.)」がダウンロードできるプレイパス封入
<収録曲>
■CD
1.My Sunshine
2.恋音と雨空
3.スプーンの初恋 〜あゝ、好きだよベイベー〜
4.届けそこねたラブソング
■DVD
『みんなが選んだ!さくらしめじライブ映像ベストセレクション!』
・おもいでくれよん@2016.10.9『おたまじゃくしの宴』@よこすか芸術劇場
・夕空小道@2017.4.23『春しめじのeat shun』@TOKYO DOME CITY HALL
・スタートダッシュ@2017.12.9『菌育 in the 家(はうす)スペシャル!』@マイナビBLITZ赤坂
・えそらごと@2017.12.9『菌育 in the 家(はうす)スペシャル!』@マイナビBLITZ赤坂
『「うたはつづくよどこまでも」ジャケット撮影メイキングムービー』

【通常盤】
ZXRC-1177/¥1,500(税込)
※期間限定でCD収録曲、「勉強をしたいのに?(弾き語りver.)」がダウンロードできるプレイパス封入
※特典“うたつづカード”全4種から1枚封入
<収録曲>
1.My Sunshine
2.恋音と雨空
3.スプーンの初恋 〜あゝ、好きだよベイベー〜
4.届けそこねたラブソング

【イベント盤】
ZXRC-1178/¥1,500(税込)
※イベント会場限定販売
※プレイパス封入
<収録曲>
1.My Sunshine
2.恋音と雨空
3.スプーンの初恋 〜あゝ、好きだよベイベー〜
4.届けそこねたラブソング



【関連リンク】
さくらしめじ、リリイベファイナルはファンと一緒に楽しく温かい空間に
さくらしめじまとめ
D、ベストアルバム収録の未発表曲4曲の試聴動画公開

【関連アーティスト】
さくらしめじ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, キャンペーン, リリース, ミニアルバム, ライブ, ライブレポ, レポート

D、ベストアルバム収録の未発表曲4曲の試聴動画公開
Sun, 02 Dec 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ヴァンパイアストーリー第2章が幕を開け、ニューシングル「Deadly sin」を引っ提げて現在全国ワンマンツアー真っ只中のDが、12月19日(水)にリリースするヴァンパイアコンセプトのベストアルバム『Vampire Chronicle〜V-Best Selection Vol.2〜』より、未発表曲4曲の試聴動画を公開した。

この4曲は大地を司るヴァンパイア・ウィルダネスを主人公とした「千夜一夜のダラブッカ」、風を司るヴァンパイア・ラファーガを主人公とした「Ghost in the mirror」、水を司るヴァンパイア・キルヒアイス、火を司るヴァンパイア・カーバンクルを含めた四騎士が活躍するインスト曲「Stray children」、ドラムソロ曲「ザハブを継ぐ者」という、ベストアルバムに書き下ろされた新曲であり、すでにツアーでは披露されている曲もあるので、ぜひ試聴しライブで曲の世界観を体感してほしい。

ベストアルバムの初回生産限定盤は、2CD+2DVD+豪華写真集28P+12inch LPサイズ特殊仕様BOXパッケージで、今年4月に品川インターシティホールで行われた「Narrow Escape」Final Liveを収めたDVDがセットになった、まさにスペシャルな仕様になっており、購入者対象リリースイベントも発表された。

また、ニューシングルの表題曲「Deadly sin」は、ダブステップをはじめとするデジタル要素を巧みに取り入れた、スピード感溢れるヘヴィかつメロディアスな楽曲になっており、Vo.ASAGIによる強く凛々しい歌唱とシリアスな歌詞、楽器隊のパンチあるサウンドも必聴だ。カップリングには、水を司るヴァンパイア・キルヒアイスを主人公とした「STAR SAPPHIRE」、火を司るヴァンパイア・カーバンクルを主人公とした「The Secret Rose Garden」、インスト曲「Blood war」では、ラファーガ・ウィルダネスを含めた四騎士が活躍する楽曲となっており、全曲試聴動画も公開となったので、12月21日(金)の豊洲PIT公演まで期間限定公開中のMV Fullと合わせて今作品の渾身の出来を感じてほしい。

そのツアーファイナルであり、D結成15周年 メジャー10周年イヤーのグランドファイナルとなる豊洲 PIT公演は、指定席での来場者に組曲「狂王」(未発表曲)プレゼント有り、そして結成15周年を記念した特別価格の¥1,500 立ち見チケットも有り、さらにツアー全公演終演後、物販購入者対象特典会も有りということで、ぜひ参加してほしい。

そして、全国ツアーと平行して「Deadly sin」発売記念インストアイベントも開催中。トークや握手、サイン会、サイン入りポスターの手渡し会、ポーズが5パターンから選ぶ事が出来るチェキ撮影会など、各店舗それぞれ趣向を凝らした内容になっているので、こちらも見逃せない。

早くも2019年1〜3月のライブスケジュールも発表となり、ニューシングル、ベストアルバムのリリース、夏ツアー、インストアイベントなど、盛りだくさんのDの活動、そしてメンバーソロの動きを要チェック!

■シングル「Deadly sin」特設サイト
http://d-gcr.com/deadly-sin/

アルバム『Vampire Chronicle 〜V-Best Selection Vol.2〜』

2018年12月19日発売



【初回生産限定盤】(2CD+2DVD)
YICQ-10408〜9/B〜C/¥10,000+税
※豪華写真集28P+12inch LPサイズ特殊仕様BOXパッケージ
<収録曲>
■CD DISC-1
01.Vampire Missa
02.月と海の誓約
03.翠緑の翼
04.ひび割れた柘榴石
05.千夜一夜のダラブッカ
06.ザハブを継ぐ者(Instrumental)
07.Stray children(Instrumental)
08.赤き羊による晩餐会
09.DAY WALKER
10.太陽を背にして
11.Face
12.Sleeping beautiful beast
13.月夜の恋歌
14.繭月の棺
15.Der K?nig der Dunkelheit
16.無垢なる薔薇の祈り
■CD DISC-2
01.In the name of justice
02.Underground road
03.Grand Master
04.断罪の銃士(ガンナー)
05.Arabesque
06.what is Going On with The Human
07.氷の墓標
08.Kの氷奏曲
09.Ghost in the mirror
10.愛は棺の中に
11.Desert Warrior
12.Quartet〜真夜中の四重奏〜
13.Sleeper
14.Nocturnal
15.夜の眼と吟遊詩人
16.鬨の声
17.Dandelion
■DVD DISC-1
2018.4.22「Narrow Escape」Final Live at SHINAGAWA INTERCITY HALL
01.Night−ship“D”?
02.Fanfare?
03.闇より暗い慟哭のアカペラと薔薇より赤い情熱のアリア?
04.太陽を葬る日?
05.Rosette Nebula?
06.花惑?
07.弾丸?
08.Underground Revolution 〜反逆の旋律(メロディー)〜?〜Dr. solo、リズムセッション〜?
09.Bon Voyage!?
10.DEAD ROCK?
11.Dearest you?
12.Guardian?
13.至高の美の崩壊?
14.Tightrope?
15.時空航海記〜光の彼方へ〜?
16.Narrow Escape?
■DVD DISC-2
1.BIRTH?
2.7thRose〜Return to Zero〜
3.7th Rose?
4.EDEN?
5.春の宴?
6.Dandelion



【通常盤】(2CD)
YICQ-10414〜5/¥3,000+税
<収録曲>
■CD DISC-1
01.Vampire Missa
02.月と海の誓約
03.翠緑の翼
04.ひび割れた柘榴石
05.千夜一夜のダラブッカ
06.ザハブを継ぐ者(Instrumental)
07.Stray children(Instrumental)
08.赤き羊による晩餐会
09.DAY WALKER
10.太陽を背にして
11.Face
12.Sleeping beautiful beast
13.月夜の恋歌
14.繭月の棺
15.Der K?nig der Dunkelheit
16.無垢なる薔薇の祈り
■CD DISC-2
01.In the name of justice
02.Underground road
03.Grand Master
04.断罪の銃士(ガンナー)
05.Arabesque
06.what is Going On with The Human
07.氷の墓標
08.Kの氷奏曲
09.Ghost in the mirror
10.愛は棺の中に
11.Desert Warrior
12.Quartet〜真夜中の四重奏〜
13.Sleeper
14.Nocturnal
15.夜の眼と吟遊詩人
16.鬨の声
17.Dandelion

シングル「Deadly sin」

発売中



【TYPE-A】(CD+DVD)
YICQ-10411/B/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.Deadly sin
2.STAR SAPPHIRE
3.Deadly sin(Instrumental)
■DVD
1.Deadly sin(MV)



【TYPE-B】(CD+DVD)
YICQ-10412/B/¥1,800+税
※豪華ブックレット仕様
<収録曲>
■CD
1.Deadly sin
2.STAR SAPPHIRE
3.The Secret Rose Garden
■DVD
1.Deadly sin(MV Making)



【TYPE-C】(CD)
YICQ-10413/¥1,200+税
※初回特典(封入):トレーディングカード(全7種中1種ランダム封入)
<収録曲>
1.Deadly sin
2.STAR SAPPHIRE
3.The Secret Rose Garden
4.Blood war (Instrumental)

【「Deadly sin」発売記念インストアイベント】

12月09日(日) 宮城・タワーレコード仙台パルコ店

※私服2ショットチェキ or 私服6ショットチェキ撮影会

12月09日(日) 宮城・little HEARTS.仙台店
※トーク+衣装2ショットチェ キor 衣装6ショットチェキ撮影+メンバー直筆サイン入りポスター手渡し会(お好きなメンバーから手渡し)

12月12日(水) 北海道・HMV札幌ステラプレイス店
※トーク+衣装2ショットチェキ or 衣装6ショットチェキ撮影+メンバー直筆サイン入りポスター手渡し会(お好きなメンバーから手渡し)

12月12日(水) 北海道・little HEARTS.札幌店
※私物サイン+握手会

【『Vampire Chronicle 〜V-Best Selection Vol.2〜』購入者対象リリースイベント】

12月22日(土) 東京・都内某所
※ネットサイン会・お渡し会」

12月23日(日) 東京・タワーレコード新宿店
※トーク+衣装2ショット or 衣装6ショット撮影+握手会

12月28日(金) 埼玉・HMV大宮アルシェ
※ジャケットサイン & 握手会

【ライヴ情報】

『D Tour 2018「Deadly sin」』
12月07日(金) 石川・金沢AZ 
12月08日(土) 新潟・GOLDEN PIGS RED STAGE 
12月10日(月) 宮城・仙台 CLUB JUNK BOX 
12月13日(木) 北海道・札幌cube garden 

『D結成15周年 メジャー10周年Year Grand Final』
12月21日(金) 東京・豊洲 PIT 
※当日は指定席での来場者には、組曲「狂王」(未発表曲)プレゼント

『Ultimate lover 〜第三十二夜〜 D結成16周年YEAR記念特別編』
1月14日(月・祝) 東京・白金高輪SELENE b2

『D Official Fan Club主催 Ruiza Birthday Live「Ultimate lover 〜第三十三夜〜」』
2月16日(土) 東京・高田馬場AREA

『D Official Fan Club主催 Tsunehito Birthday Live「Ultimate lover 〜第三十四夜〜」』
2019年3月3日(日) 東京・目黒鹿鳴館



【関連リンク】
D、ベストアルバム収録の未発表曲4曲の試聴動画公開
Dまとめ
マイケル・ジャクソン、「スリラー」ショート・フィルム公開35周年!作品にまつわる数々のファクトを紹介

【関連アーティスト】
D
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, MV, アルバム, キャンペーン, 配信, ツアー

マイケル・ジャクソン、「スリラー」ショート・フィルム公開35周年!作品にまつわる数々のファクトを紹介
Sun, 02 Dec 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

秋の定番イベントとして日本でもすっかり定着したハロウィンだが、先日Spotifyが過去3年の“ハロウィンをテーマにしたプレイリスト”の中で「最も聴かれたハロウィンソング・ランキング」(世界/日本)を発表したが、世界、日本ともに、マイケル・ジャクソンの「スリラー」(1982年)が1位という結果となった。

同曲は2018年11月10日付ビルボードHot100で31位にランクインを果たし、1984年4月7日以降の再浮上において最高位のカムバックも成し遂げており、「スリラー」が今や世界中でハロウィンを象徴する1曲になっていることがうかがえる。「スリラー」がハロウィンのNo.1定番ソングになった背景には、世界一有名といっても過言ではないショート・フィルム(MV)の存在が欠かせないということに、もはや異論を唱える人はいないだろう。「スリラー」ショート・フィルムは、当時MVとしては異例の約14分に及ぶホラー映画風の作品で、特殊メイクでゾンビになったマイケルが墓場から蘇ったゾンビたちを従えてダンスをするという、画期的で刺激的な内容に世界中が度肝を抜かれた。この作品で、マイケルは全く新しい楽曲のパフォーマンス・スタイルを確立し、その先駆者としてポップカルチャー史において不動の地位を築いていく。

そんなマイケルのショート・フィルム「スリラー」は、1983年12月2日に世界で初めてMTVで放映され35周年を迎える。ちなみに日本では、『聖夜にスリラー』というキャッチコピーで展開された新聞の全面広告の前あおりをもって、ワールドプレミアから遅れること3週間の1983年12月24日のクリスマス・イブに、TV番組『ベストヒットUSA』にてフル尺で初公開された。当時はもちろんSNSも動画サイトもない時代だが、マイケルの先進性やほとばしる才気、比類なきスター性、作品のインパクトとクオリティは日本列島を一気に駆け抜け、いくつものバラエティー番組でパロディーになったり、全国至るところで老若男女がスリラー・ダンスを踊るなど、過去に例を見ない様な社会現象を巻き起こしたのだった。以下に、そんな「スリラー」ショート・フィルムにまつわる数々の“ファクト”を紹介しよう。

・YouTube公式動画の再生回数は7億2200万回以上
・初めてフィルムで撮影されたMV
・初めてMTVでワールド・プレミア放映されたMV
・初めて大スクリーンで公開されたMV
・初めて(そして唯一)アメリカ国立フィルム登録簿に登録され、アメリカ議会図書館でフィルムが永久保存されたMV
・初めてインターネットでダンスが爆発的に広まったMV
・初めてIMAX 3Dで上映されたMV
・世界最大規模のフラッシュモブとしてギネス認定(2009年8月、メキシコシティに13597人のファンが集まり、マイケルと同じ振付で踊った)

そんな“初めて”づくし、記録づくしの名作を、35周年のアニバーサリーを機にぜひ視聴してみてはどうだろう。

アルバム『スリラー」

発売中



SICP-31151/¥2,200+税
<収録曲>
1. スタート・サムシング
2. ベイビー・ビー・マイン
3. ガール・イズ・マイン(With ポール・マッカートニー)
4. スリラー
5. 今夜はビート・イット
6. ビリー・ジーン
7. ヒューマン・ネイチャー
8. P.Y.T. (Pretty Young Thing)
9. レディ・イン・マイ・ライフ




【関連リンク】
マイケル・ジャクソン、「スリラー」ショート・フィルム公開35周年!作品にまつわる数々のファクトを紹介
Michael Jacksonまとめ
EXILE TETSUYA、卓球選手育成プロジェクトのスペシャルサポーターに就任

【関連アーティスト】
Michael Jackson
【ジャンル】
洋楽, ニュース, ミュージックビデオ

EXILE TETSUYA、卓球選手育成プロジェクトのスペシャルサポーターに就任
Sun, 02 Dec 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月30日(土)と12月1日(日)に静岡県磐田市 磐田卓球場(通称:磐田ラリーナ)にて開催されたプロジェクト『U-7卓球選手育成事業“未来のメダリスト”』の強化合宿にEXILE TETSUYAが訪れ、自身が考案した「卓球ダンストレーニング」を参加の子供たちが行っているところを視察した。

『U-7卓球選手育成事業“未来のメダリスト”』は一般財団法人KODAMA国際教育財団が主催する日本卓球界で初めてとなるU-7(7歳以下)を対象とした育成事業で、世界ランキング上位選手の低年齢化が進む卓球界においてトップに立てる日本人選手(“未来のメダリスト”)の育成を目指すプロジェクト。今回の強化合宿はその第一弾となり、TETSUYAはそのスペシャルサポーターに就任している。

TETSUYAはダンス教育に目を向けて、今年3月に早稲田大学院社会人修士課程を卒業。自身が所長を務める『EXILEパフォーマンス研究所(E.P.I.)』では、様々な角度からダンスの可能性について研究している。今回の強化合宿で、E.P.I.のインストラクターが子供たちにレクチャーする中、TETSUYAはサプライズで登場し、「今日は、みんなが卓球強化合宿で頑張っていると聞いて応援しに来ました。卓球ダンストレーニングを楽しくやってくれると嬉しいです」とエールを送った。EXILEの曲に合わせ体を動かす子供たちを見守る中、一緒に体を動かす場面も見られた。

レクチャーを終えてTETSUYAは、「もともと水泳をやっていてスポーツは大好きですし、LDH(所属事務所)にもスポーツ選手が所属しているので身近に感じています。早稲田大学大学院でスポーツ科学研究科に通っていた経緯もあり、今回このお話をいただいたときは嬉しくて、即答で『やります』と答えました」と説明。今回のトレーニングメニューについては、「ナショナルチームのアスレティックトレーナーにも相談しつつ、Tリーグの開幕戦も観て研究しました。卓球の動きがダンスの“アップ”という動きに似ていることからヒントを得たほか、動きのスピードが速いので、選曲もリズムの早いものを取り入れました」と解説し、「このダンストレーニングをやってくれた子供たちが、将来、世界のトップで活躍してくれると思うと、感動しました。いつか日の丸をつけて活躍しているところを見るのが自分の夢になりました」と語った。

強化合宿の感想を聞かれたTETSUYAは、「ダンス界でもこんな合宿があったら素敵」と答え、「今回本当に良い経験をさせていただいて、他の競技でもお声がかかればいつでも動けるようにフットワーク軽く、ダンスという切り口でスポーツ界に貢献していきたい」と今後の展望を述べた。



【関連リンク】
EXILE TETSUYA、卓球選手育成プロジェクトのスペシャルサポーターに就任
EXILE TETSUYAまとめ
EXILEまとめ
AIRFLIP、新作ミニアルバム『Friends In My Journey』発売決定

【関連アーティスト】
EXILE TETSUYA, EXILE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH

AIRFLIP、新作ミニアルバム『Friends In My Journey』発売決定
Sun, 02 Dec 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大阪の4人組ポップパンクバンド、AIRFLIPが2019年3月にニューミニアルバム『Friends In My Journey』を発売することがわかった。10月1日に配信シングル「Memory」を発表したAIRFLIP。同作のレコ発として東名阪を巡る自主企画ツアー『THUMBS UP』を開催しており、その最終日に当たる11月30日(金)に満員の大阪VARONのステージで発表された。

CDリリースは、2018年3月発売の前作ミニアルバム『CLOVER VOICE』以来約1年ぶり。収録曲の詳細などは続報を待とう!

ミニアルバム『Friends In My Journey』

2019年3月発売



※詳細は後日発表



【関連リンク】
AIRFLIP、新作ミニアルバム『Friends In My Journey』発売決定
AIRFLIPまとめ
Bentham、冬の恋愛ソングをクリスマス・イヴに配信

【関連アーティスト】
AIRFLIP
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, 発表, 新曲, リリース, 発売, ミニアルバム, パンク

Bentham、冬の恋愛ソングをクリスマス・イヴに配信
Sun, 02 Dec 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Benthamが東名阪ツーマンツアー『Boma Ye Tour』で初披露した新曲「cymbidium」を配信リリースすることになった。

2017年春にメジャーデビューし、TVドラマやTVアニメ、映画など数々の作品の主題歌を務め、台湾の大型フェス等にも参加するなどワールドワイドに活躍の場を拡げているBentham。これまでアッパーな楽曲を中心にシーンで頭角を現してきたが、今作はタイトル曲としては初のミディアムナンバーで、忘れられない恋をモチーフに、切ない冬の空気を言葉とサウンドで表現しており、Benthamの冬の名曲になること間違いなしだ。また、同時に公開されたジャケット写真と新アーティスト写真は、メンバー4人の所縁の地である多摩川にて撮影されたものだ。

「cymbidium」は、12月24日(月・祝)より1月3日(木)までレコチョク限定で先行配信され、1月4日(金)からは全配信サイトで一斉に配信開始となる。さらにレコチョクでの先行配信期間中は、通常価格250円(税込)、ハイレゾ432円(税込)のところ、期間限定セール価格の100円(税込)で販売される。ぜひ、この新曲を聴きこんで年末のフェスに臨んでほしい。

配信限定シングル「cymbidium」

2018年12月24日配信



PCSP-02567/¥232+税(ハイレゾ:¥400+税)
※2018年12月24日〜2019年1月3日のレコチョク限定先行配信期間中は¥93+税

【ライヴ情報】

『MERRY ROCK PARADE 2018』
12月24日(月・祝) 愛知・ポートメッセなごや1〜3号館

『COUNTDOWN JAPAN 18/19』
12月30日(日) 千葉・幕張メッセ国際展示場1〜11ホール、イベントホール

『LIVE DI:GA JUDGEMENT 2018』
12月31日(月) 東京・渋谷CLUB QUATTRO/TAKE OFF 7



【関連リンク】
Bentham、冬の恋愛ソングをクリスマス・イヴに配信
Benthamまとめ
葉月(lynch.)、クラシックな単独公演『奏艶』を開催

【関連アーティスト】
Bentham
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, 配信, ライブ

葉月(lynch.)、クラシックな単独公演『奏艶』を開催
Sun, 02 Dec 2018 11:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

lynch.のボーカル葉月による単独公演『奏艶』が12月1日(土)、竹芝NEW PIER HALLにて行なわれた。今回で4度目の開催となる本公演はストリングスやピアノを取り入れたクラシカルなステージで、1部・2部共にチケットは発売直後に即完売した好評企画だ。華やかなドレスや着物など、いつものライブの軽装とは異なるパーティー仕様の装いでオーディエンスたちが会場に集い、12月の季節感が漂う場内。開演前にはステージから弦楽器のチューニング音が聴こえ、これから始まるリサイタルに期待が高まる。

シックなスーツ姿で葉月が登場すると、『奏艶』のために書き下ろしたオリジナル曲「軽蔑」でスタート。続く「D.A.R.K.」はlynch.のラウドな楽曲からガラリとクラシックスタイルにアレンジされ、グランドピアノと6名のストリングス、そしてティンパニが奏でる音色たちが実に上品だ。着席スタイルで静まり返ったフロアに向かって葉月は“この荘厳な空気…MCのテクニックで粉々に破壊します(笑)ようこそいらっしゃいました!”と、通常のテンションでトークを始め、場を和ませた。“最近は色んな人がこういうクラシックスタイルでのライブをやってるから差をつけたくて、音だけじゃなく照明などもチャレンジしてます。この時間、僕は楽しくてしょうがないです!”と話すと、L\'Arc〜en〜Ciel「花葬」、安室奈美恵「Dreaming I was dreaming」、B\'z「月光」のカバーを次々と披露してゆく。“昨日sadsのライブに行きまして。そこで清春さんが「俺らの音楽好きな奴なんて、クラスに1人しかいないんだから」と言っていて「それだ!」って共感して…”と、自身が敬愛する清春(sads)について話し、黒夢「亡骸を」とLUNA SEA「FOREVER & EVER」、そしてDIR EN GREY「Ain\'t afraid to die」を歌い上げた。“僕は欲の塊ですから。来年は「葉月」として活動して20周年。来年も、さらに楽しくて、激しくて、素晴らしいもの見せられるようにしたいと思います。”と決意表明すると「PHANTOM」、「PHOENIX」とlynch.のナンバーを力強く、壮大なサウンドにのせて披露した。ラストには、6年前の12月に他界したボーカリスト・Kによるバンド、Pay money To my Pain「ANOTHER DAY COMES」のカバーと、葉月が亡き祖父について書いた「ETERNITY」を丹精込めて歌唱し、1部の幕が閉じた。

lynch.は来年2月8日(金)9日(土)にZepp Nagoyaで主催イベント『BLACK BEAUTY BEASTS』を開催する。両日出演のlynch.の他、2月8日(金)にはアルルカン、Angelo、D\'ERLANGERが、2月9日(土)にはRAZOR、MERRY、MUCC、SUGIZOが出演する。また、年末に『COUNTDOWN JAPAN 18/19』への初出演(12月29日(土)に出演)が決定しており、12月31日(月)にはZepp Nagoyaで『lynch. COUNTDOWN LIVE「2018-2019」』を開催する。

Photo by:土屋良太 
Text by:羽村萌

【セットリスト】
■1部
1. 軽蔑
2. D.A.R.K.
3. AMBLE
4. ANEMONE
5. 花葬(from L\'Arc-en-Ciel)
6. Dreaming I was dreaming(from 安室奈美恵)
7. 月光(from B\'z)
8. 亡骸を(from 黒夢)
9. FOREVER & EVER(from LUNA SEA)
10. Ain\'t afraid to die(from DIR EN GREY)
11. PHANTOM
12. PHOENIX
13. ANOTHER DAY COMES(from Pay money To my Pain)
14. ETERNITY
■2部
1. ETERNITY
2. D.A.R.K.
3. AMBLE
4. THIS COMA
5. 花葬(from L\'Arc-en-Ciel)
6. 1000の言葉(from 倖田來未)
7. 月光(from B\'z)
8. 亡骸を(from 黒夢)
9. Ray(from LUNA SEA)
10. Ain\'t afraid to die(from DIR EN GREY)
11. MELANCHOLIC
12. ANOTHER DAY COMES(from Pay money To my Pain)
13. PHOENIX
14. 軽蔑

Blu-ray&DVD『13th ANNIVERSARY -Xlll GALLOWS- [THE FIVE BLACKEST CROWS] 18.03.11 MAKUHARI MESSE』/lynch.

発売中



【Blu-ray】
KIXM-331/¥7,000+税
※初回プレス分のみフォトブック付き特殊パッケージ仕様
【DVD】
KIBM-734/¥5,000+税

アルバム『Xlll』/lynch.

発売中



【数量限定豪華盤】(2CD+Blu-ray)
KICS-93733/¥8,300+税
※特典:16.5inch CLEAR SLEEVE + DIGIPAK + 40P SPECIAL BOOKLET
【初回限定盤】(CD+DVD)
KICS-93735/¥3,500+税
※仕様:OUTER SLEEVE + DIGIPAK
【通常盤】(CD only)
KICS-3733/¥3,000+税

【ライヴ情報】

『COUNTDOWN JAPAN 18/19』
12月29日(土) 東京・幕張メッセ国際展示場1〜11ホール、イベントホール(千葉市美浜区)

『COUNTDOWN LIVE「2018-2019」』
12月31日(月) 愛知・Zepp Nagoya

『lynch. presents「BLACK BEAUTY BEASTS」』
2月08日(金)  愛知・Zepp Nagoya
2月09日(土)  愛知・Zepp Nagoya
http://pc.lynch.jp/bbb



【関連リンク】
葉月(lynch.)、クラシックな単独公演『奏艶』を開催
葉月(lynch.)まとめ
lynch.まとめ
Reol、ツアーファイナルでポップかつアヴァンギャルドに全26曲を披露

【関連アーティスト】
葉月(lynch.), lynch.
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, ライブ, ライブレポ

Reol、ツアーファイナルでポップかつアヴァンギャルドに全26曲を披露
Sun, 02 Dec 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1stフルアルバム『事実上』を10月17日にリリースしたシンガーソングライターのReol。全国5都市で開催してきたツアー『Reol Japan Tour MADE IN FACTION』が、11月30日にお台場ZeppTokyoにてツアーファイナルを迎えた。

ライブ開演前には、年内公開予定『事実上』のリード曲「激白」のMVを初解禁。前作「SAIREN」に続いて監督は番場秀一が担当し、鮮やかな色彩で「激白」の世界観を表現する作品に仕上がった。そしてオープニングは、半透明の紗幕スクリーンに映し出される映像が神秘的な「サイサキ」からスタート。盟友であるお菊を含め、3名の映像作家による縦横無尽に可変するリリック・ムービーを駆使した見所満載の未来派エンタメ・ワールド。裏テーマは“冥土IN FACTION”。シーケンスによる音圧あるダンサブルな展開と、生バンドを従えてのグルーヴィーなパフォーマンスを、神に捧げる祝祭のごとく、ポップかつアヴァンギャルドに繰り広げていく全26曲の驚異の音絵巻となった。

これまでReolが活躍してきた、様々な時代のスタイルを横断するベスト選曲でのステージは、「劣等上等」、「SAIREN」、「エンド」など、圧巻のヴォーカリゼーションによってオーディエンスを熱狂の渦へと巻き込んでいく。「今回はコンセプトが“冥土”ということで、みなさん日常でいいこともあれば悪いことも起こると思います。嫌なことからちょっと逃避するためにも音楽はあると思っていて。こうやってライブ会場で、いろんな人たちの人生が集まって同じ時間を過ごせるということに、音楽の良さを感じています。みんながもっと遠くまで意識を飛ばせるように、私が“冥土”へ誘いたいと思います。」といったMCから、ドープなサイケデリック・ナンバー「カルト」、そしてサグいラップソング「煩悩遊戯」へ。勢いは止まることなく、最高潮に盛り上がる和テイストに溢れた踊れるアッパーチューン「宵々古今」、「オオエドランヴ」とハッピ姿での人気曲が続き、会場中が多幸感に包まれていく。 花火映像が挟まれ一変して、黒いドレス風のハイヒール姿へと早着替え。ジャジーかつレトロスペクティブなポップソング「ROXY」ではReolがトランペット・ソロを魅せるなど聞きどころいっぱい。あっという間に、本編ラストとなるポップアンセム「激白」へと畳み掛ける。

アンコールでは、テクノポップ調なイントロが流れ、まさかの中森明菜「Desire」を鬼才トラックメーカーGigaによるリプロダクションでお楽しみのカバー。続いて、自身の活動のターニングポイントとなり、動画共有サイトで2千5百万再生を誇る代表曲「No title」を思いを込めて歌い上げていく。ラストは、家族との思い出に触れたドラマティックかつ切なさでいっぱいな「秋映」、とどめにダンサブルな「LUVORATORRRRRY!」によって大団円へ。

また、その翌日12月1日には六本木super eight西麻布にて、自身初となる展示会『Reol展』を開催。過去のライブ衣装やライブ写真、ミュージックビデオで使用した美術品などを展示し、これまでの活動を振り返る空間を作りあげた。そして、今後は海外でのワンマンライブも決定している。12月15日に韓国・ソウルのhonda muv hall、来年1月10日に中国・広州Mao Livehouse、1月12日に中国・上海ModernskyLab、1月13日に中国・北京にて、それぞれ開催される。日本の熱狂をそのままに、国境を越えても愛されるReolによる魔法めいた音楽から、2019年も目が離せない。

photo by Shusei.、六波羅龍

【セットリスト】
0.Intro
1.サイサキ
2.十中八九
3.−Opening−
4.劣等上等
5.極彩色
6.ミッシンク
7.真空オールト?ロース
8.あ可よろし
9.SAIREN
10.染
11.−MANDARA FACT−
12.幽居のワルツ
13.エンド
14.ミラージュ
15.mede:mede −JJJ Remix−
16.平面鏡
17.カルト
18.煩悩遊戯
19.宵々古今
20.オオエドランヴ
21.ROXY
22.激白
EN1.Desire(中森明菜カヴァー)
EN2.No title
EN3.秋映
EN4.LUVORATORRRRRY!

※当日のセットリストを再現したプレイリストを、サブスクリプションサービスにて配信中
https://jvcmusic.lnk.to/reol_20181130

アルバム『事実上』

発売中



【初回限定盤】(CD+DVD) 
VIZL-1418/¥3,800+税
※特典:『事実上』オリジナル・コンセプトブック封入(全36P)
<収録曲>
■CD
01.幽居のワルツ
02.サイサキ
03.激白 
04.十中八九
05.煩悩遊戯
06.−MANDARA FACT−
07.真空オールドローズ
08.ミラージュ
09.SAIREN
10.秋映
11.mede:mede −JJJ Remix−(CD購入者限定ボーナストラック)
■DVD(初回盤のみ)
・「エンド」MV
・「サイサキ」MV
・「SAIREN」MV
・「事実上制作」メイキング

【通常盤】(CDのみ)
VICL-65037/¥2,500+税
<収録曲>
01.幽居のワルツ
02.サイサキ
03.激白 
04.十中八九
05.煩悩遊戯
06.−MANDARA FACT−
07.真空オールドローズ
08.ミラージュ
09.SAIREN
10.秋映
11.mede:mede −JJJ Remix−(CD購入者限定ボーナストラック)

【配信盤】
<収録曲>
01.幽居のワルツ
02.サイサキ
03.激白 
04.十中八九
05.煩悩遊戯
06.−MANDARA FACT−
07.真空オールドローズ
08.ミラージュ
09.SAIREN
10.秋映
11.劣等上等(配信アルバム購入者限定ボーナストラック)
※iTunes Storeほか主要配信サイト、LINE MUSIC、Apple Music、dヒッツほか定額制聴き放題サービスで配信中。

【ライヴ情報】

『Reol MADE IN FACTION in KOREA』
12月15日(土) 韓国・ソウルHONDAE MUVHALL

『Reol MADE IN FACTION in CHINA』
1月10日(木) 中国・広州Mao live house
1月12日(土) 中国・上海 Modernsky Lab
1月13日(日) 中国・北京Tango live



【関連リンク】
Reol、ツアーファイナルでポップかつアヴァンギャルドに全26曲を披露
Reolまとめ
古川毅(SUPER★DRAGON)、冷静沈着な問題児役でドラマ出演決定

【関連アーティスト】
Reol
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, ライブレポ

古川毅(SUPER★DRAGON)、冷静沈着な問題児役でドラマ出演決定
Sun, 02 Dec 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SUPER★DARGONでメインボーカルを務める古川毅が、来年1月6日(日)より毎週日曜22時30分から放送の菅田将暉主演・新日曜ドラマ『3年A組−今から皆さんは、人質です−』(初回は22時から30分拡大で放送)に出演することがわかった。

同作は卒業を10日後に控える高校を舞台に、生徒を人質に取った一人の美術教師が行う「最後の授業」を描いた超衝撃的学園ミステリー。古川は3年A組の問題児の中で一番の切れ者で、冷静沈着なモテ男・須永賢を演じる。 現在、永野芽郁以外明かされていなかったクラスメイト29名を、5日間に渡り役名の出席番号順に解禁中。古川は川栄李奈、上白石萌歌、新條由芽、鈴木仁、望月歩とともに第二弾で発表された。ドラマ公式ホームページでは、生徒紹介の特別ムービーも公開している。

また、SUPER★DRAGONは2019年2月27日(水)に発売する2ndアルバム『2nd Emotion』を引っさげて、3月21日(木・祝)よりグループ史上最大動員数の約1万人となる、全国五大都市ワンマンライブツアーを開催するので、ぜひ足を運んでほしい。

■「3年A組−今から皆さんは、人質です−」番組サイト
https://www.ntv.co.jp/3A10/

アルバム『2nd Emotion』

2019年2月27日発売

『7th ONEMAN LIVE TOUR』

3月21日(木・祝) 福岡・Zepp Fukuoka
3月22日(金) 大阪・Zepp Namba
3月29日(金) 愛知・Zepp Nagoya
3月31日(日) 宮城・仙台GIGS
4月03日(水) 東京・Zepp Tokyo(2部制)

■ライブツアー特設サイト
http://sp.super-dragon.jp/



【関連リンク】
古川毅(SUPER★DRAGON)、冷静沈着な問題児役でドラマ出演決定
SUPER★DRAGONまとめ
04 Limited Sazabys、遊び心満載の「Kitchen」MVを公開

【関連アーティスト】
SUPER★DRAGON
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, アルバム, ツアー, TVドラマ

04 Limited Sazabys、遊び心満載の「Kitchen」MVを公開
Sun, 02 Dec 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

04 Limited Sazabysが約2年ぶりのフルアルバム『SOIL』 より、「Kitchen」 のミュージックビデオを公開! 「Kitchen」 はキュートさとクールさのバランスが絶妙なフォーリミ流のポップナンバーとなっており、同MVではコックに扮したメンバーがキッチンスタジオに立ち、リズミカルに料理に挑戦するが…。ヘルシーでカラフル、遊び心満載のミュージックビデオは必見だ!

アルバム『SOIL』

2018年10月10日発売



【初回盤】(CD+DVD)
COZP-1474〜5/¥3,500+税
【通常盤】(CD)
COCP-40494/¥2,700+税
※初回プレス(初回盤・通常盤共通)封入特典 :「SOIL tour 2019 〜one man series〜」先行応募ID 封入
<収録曲>
■CD
01. message
02. My HERO
※テレビ東京系ドラマ24 第50弾特別企画「オー・マイ・ジャンプ!〜少年ジャンプが地球を救う〜」オープニングテーマ
03. Brain sugar
04. Utopia
※NHK Eテレアニメ「ラディアン」オープニングテーマ
05. Milestone
06. Password
07. Alien
08. Kitchen
09. Galapagos
10. memory lane
11. Shine
※ロート製薬「スキンアクア」CMソング
12. Squall
※大塚製薬「カロリーメイト」ニコイチメイトテーマソング
■DVD ※初回盤のみ
"YON FES 2018" live & document
"SOIL" Recording document

【ライブ情報】

『SOIL tour 2018』
12月01日(土) 和歌山 SHELTER  
w/ナードマグネット
12月02日(日) 兵庫 神戸太陽と虎 
w/ナードマグネット
12月05日(水) 秋田 club SWINDLE  
w/ONIONRING
12月06日(木) 岩手 盛岡club change WAVE  
w/ONIONRING
12月10日(月) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM  
w/Survive Said The Prophet
12月11日(火) 山口 周南RISING HALL
w/Survive Said The Prophet
12月13日(木) 鹿児島 CAPARVO HALL
w/ヤングオオハラ
12月15日(土) 宮崎 WEATHER KING
w/teto
12月16日(日) 熊本 B.9 V1
w/teto

『SOIL tour 2019〜one man series〜』
1月06日(日) 北海道 Zepp Sapporo
1月11日(金) 新潟 LOTS
1月12日(土) 新潟 LOTS
1月15日(火) 東京 Zepp Tokyo
1月16日(水) 東京 Zepp Tokyo
1月25日(金) 福岡 Zepp Fukuoka
2月03日(日) 広島 BLUE LIVE HIROSHIMA
2月08日(金) 宮城 仙台PIT
2月11日(月・祝) 愛媛 松山市総合コミュニティーセンター
2月13日(水) 大阪 Zepp Osaka Bayside
2月14日(木) 大阪 Zepp Osaka Bayside
2月20日(水) 愛知 Zepp Nagoya
2月21日(木) 愛知 Zepp Nagoya

『YON FES 2019』
4月06日(土) モリコロパーク(愛・地球博記念公園)
4月07日(日) モリコロパーク(愛・地球博記念公園)



【関連リンク】
04 Limited Sazabys、遊び心満載の「Kitchen」MVを公開
04 Limited Sazabysまとめ

【関連アーティスト】
04 Limited Sazabys
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, CD, アルバム













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1