歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年12月01日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/12/10
2018/12/09
2018/12/08
2018/12/07
2018/12/06
2018/12/05
2018/12/04
2018/12/03
2018/12/02
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
家入レオ 、『コードギアス 復活のルルーシュ』 OP主題歌を1月にリリース
Sat, 01 Dec 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

家入レオのニューシングル「この世界で」が2019年1月30日にリリースされることがわかった。タイトル曲「この世界で」は映画『コードギアス 復活のルルーシュ』のオープニング主題歌で、家入にとって初の映画タイアップであり、これまでにもコラボレーションしている尾崎雄貴(Bird Bear Hare and Fish、ex Galileo Galilei)が書き下ろした。

CDにはこのほか、パラスポーツのヒーローを描く短編アニメ『アニ×パラ〜あなたのヒーローは誰ですか〜』の第3弾として放送された『車いすテニス編』のテーマ曲として家入自身が書き下ろし、CHRYSANTHEMUM BRIDGEがサウンドプロデュースを務めた「Spark」、「もし君を許せたら」のピアノバージョンを含めた全5曲を収録する。 同日からデジタル配信もスタート。

シングルは初回限定盤、完全生産限定盤、アニメジャケット限定盤の3形態を用意。初回限定盤には「この世界で」MVと、メイキングムービーを収録したDVDが付属。完全生産限定盤はこれまでにリリースした14枚のシングルのカップリング曲のうち、アルバムに収録されていない楽曲を集めた全11曲収録の “B-Side Collection”が付属する。アニメジャケット限定盤は『コードギアス 復活のルルーシュ』のイラストジャケットとなる。

『コードギアス 復活のルルーシュ』は、アニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』のシリーズ新作劇場版。2006年にテレビアニメ『コードギアス 反逆のルルーシュ』第1期、2008年に第2期、2017年10月から2018年5月までテレビシリーズに新作パートを追加、全編新規アフレコで再構築した劇場版3部作が公開された。映画は2019年2月9日から全国120館で公開予定。

家入は2019年2月24日にはデビュー7周年を記念した初の大阪城ワンマンライヴ『7th Anniversary Live at 大阪城ホール 〜Premium Symphonic Night〜』を開催する。バンド編成と、オーケストラとのコラボレーションの2部制となる。チケットは現在販売中だ。

シングル「この世界で」

2019年1月30日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1517/¥1,700+税
<収録曲>
■CD
1.この世界で
2.Spark
3.もし君を許せたら(Piano Version)
4.この世界で(Instrumental)
5.Spark(Instrumental)
■DVD
1.「この世界で」MV
2.「この世界で」MVメイキングムービー

【完全生産限定盤】(2CD)
VIZL-1518/¥2,900+税
<収録曲>
■CD1
1.この世界で
2.Spark
3.もし君を許せたら(Piano Version)
4.この世界で(Instrumental)
5.Spark(Instrumental)
■CD2
『B-Side Collection』
1.ripe
2.カラフル
3.心のカ・タ・チ
4.Wake you up
5.Who\' s that
6.願い事
7.I am foolish
8.Driving day
9.Shooter
10.わたしの歌
11.ヒーロー

【アニメジャケット限定盤】(CD)
VICL-37454/¥1,400+税
<収録曲>
1.この世界で
2.Spark
3.もし君を許せたら(Piano Version)
4.この世界で(Instrumental)
5.Spark(Instrumental)

『家入レオ 7th Anniversary
Live at 大阪城ホール
〜Premium Symphonic Night〜』

2月24日(日) 大阪城ホール
開場16:00/開演17:00
http://www.ken-on.co.jp/leoieiri_psn



【関連リンク】
家入レオ 、『コードギアス 復活のルルーシュ』 OP主題歌を1月にリリース
家入レオまとめ
yonige、全国ワンマンツアー終了!追加公演はダーツで決定

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, 新曲, ライブ, オープニング, 映画

yonige、全国ワンマンツアー終了!追加公演はダーツで決定
Sat, 01 Dec 2018 21:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

yonigeが11月30日に東京・Zepp DiverCity TOKYOで全国ワンマンライヴ『君のおへその形を忘れたツアー』のファイナルを迎えた。同ツアーは11月2日に地元・大阪からスタートし、札幌、広島、福岡、名古屋、仙台を経て、この日で7箇所目。バンド結成5年目を迎えた彼女たちにとっては初のZepp DiverCityは、同世代の同性である女の子のオーディンスを中心に大勢の観客が詰めかけ、満員となっていた。

ライヴはツアータイトルになっている<君のおへその形すらもう 忘れてしまっている>というフレーズが印象的な夏フェス会場限定シングル「リボルバー」で幕を開け、3rdミニアルバム『Neyagawa City Pop』に収録曲で、素直に言えない気持ちを罪と表した「our time city」から、1stミニアルバム『Coming Spring』収録の「バッドエンド週末」と、何気ない日常をテーマにした最新のミニアルバム『HOUSE』収録曲を中心にしながらも新旧を織り交ぜ、これまでの集大成とのようなセットリストとなっていた。

ボーカル&ギターの牛丸が、初夏にチャリを爆走していたときの心境をそのまま曲に落とし込んだ「顔で虫が死ぬ」を早口で捲し立て、グルーヴとスピード感を一気にあげたかと思えば、続く「2月の水槽」では、一転して暗闇の中で憂鬱な気持ちを訥々と歌うなど1曲ごとにくるくると表情とムードを変えていった。

<男も女もない、かたつむりになりたい>と切望する「あのこのゆくえ」から始まった中盤では、ミニアルバムとは異なるエレキギターでの演奏となった「ベランダ」をはじめ、「バイ・マイ・サイ」「しがないふたり」とミドルテンポのナンバーを立て続けに披露し、観客は牛丸のハスキーで気だるい歌声にじっくりと耳を傾けて聴きいっていた。

MCではベースのごっきんが「楽しいな、今日。ファイナル、浮かれるわ」と語りかけ、本ツアー中に広島のパワースポットである宮島を訪れたエピソードを話し、「どうでもよくなる」のMV撮影で「人生で初めてガリガリ君が当たった」という裏話を明かすと、場内から笑い声と拍手が起きた。

そして、ごっきんの「後半戦、みんなが知ってる曲を一杯やります」というコメントを合図に後半戦に突入。

曲フリの時点で歓喜の声が上がった「センチメンタルシスター」や、アボガドを投げつけて喧嘩した元彼との実話を描いた「アボガド」、MVの人気も高い「さよならアイデンティティー」と、女性から高い共感を集めている激的な失恋ソングでフロアを盛り上げ、君がいない日々から乗り越えていく瞬間を体現した「さよならプリズナー」、バックライトが照らされる中で激しくカオティックな演奏を見せた「最愛の恋人たち」で本編は締めくくられた。

アンコールでは、au 三太郎シリーズ「笑おう」篇のTVCMソングに起用されて大きな反響を浴びた「笑おう」に続き、牛丸からサプライズとして3 箇所での追加公演が発表されると、満員の観客から大歓声が沸き起こった。

ここで、『今回のツアー物足りないんやったら増やしまっせ』企画として、40箇所の県名と4つの?マークのついた巨大なダーツが登場。

まず、サポートドラムのホリエが島根、続く、ごっきんは、お客さんのリクエストに応えて見事に埼玉を命中。最後に牛丸が“?”マークを当て、フリップをめくると、なんと“海外ライヴ”の文字が。

後日、日程と会場は公式ホームページで発表となるが、ふたりは「うちら、パスポートとらなあかん」と少し戸惑いながら、最後に「さよならバイバイ」をダイナミックにプレイし、「また、ライブハウスで会いましょう」という言葉を残し、ステージを後にした。

text by 永堀アツオ
photo by 太田好治

【セットリスト】
1.リボルバー
2.our time city
3.バッドエンド週末
4.顔で虫が死ぬ
5.2月の水槽
6.最終回
7.悲しみはいつもの中
8.あのこのゆくえ
9.最近のこと
10.バイ・マイ・サイ
11.ベランダ
12.しがないふたり
13.沙希
14.どうでもよくなる
15.センチメンタルシスター
16.ワンルーム
17.アボガド
18.さよならアイデンティティー
19.春の嵐
20.さよならプリズナー
21.最愛の恋人たち
アンコール
1.笑おう
2.さよならバイバイ



【関連リンク】
yonige、全国ワンマンツアー終了!追加公演はダーツで決定
yonigeまとめ
go!go!vanillas、ニューシングルを1月にリリース&東名阪ツアー開催を発表

【関連アーティスト】
yonige
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ワンマン, セットリスト, ライブレポ

go!go!vanillas、ニューシングルを1月にリリース&東名阪ツアー開催を発表
Sat, 01 Dec 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

go!go!vanillasがニューシングル「No.999」を2019年1月23日にリリースすることを発表した。表題曲「No.999」はバニラズにとってCDリリース通算55曲目となる楽曲で、イギリス他、各国で使用されている緊急ダイアル番号“No.999”をモチーフにした歌詞で一時代の終焉と新時代への覚醒を叫ぶ、“墓場からのロックンロール!”に仕上がっているという。 シングルはDVD付の9999枚完全限定生産盤とCDのみの通常盤の2形態が用意され、9,99枚完全限定生産盤にはジャケットに4桁のシリアルナンバーが印字される。

タワーレコード全国各店とタワーレコード オンラインでは、早期予約キャンペーンが2期に渡って実施。第1弾の予約特典はタイトルにもちなんだ“99(救急)絆創膏”で、バニラズのロゴやシングルタイトルがプリントされる。第2弾は“特製ステッカーで、デザインは後日公開される。

また、全店共通特典として“平成”限定!特典音源ダウンロードカードも付属する。カードには特別音源「平成ペイン (牧達弥 弾き語りver.)」のダウンロードコードが記載されており、録音当日の現場を撮り下ろしたフォトカード仕様になっている。音源の録音には、より立体的なサウンドを楽しむために考案された新機軸のレコーディング技術“VR MIX”が採用された。音源のダウンロード期限は平成最後の日となる4月30日までと。

さらに、4月にはTOWER RECORDSとタッグを組んだツアー『LIVE! TO \ワー/ RECORDS feat. go!go!vanillas 〜新曲大解禁〜』を開催することも発表。4月14日のZepp Tokyo、4月21日のZepp Osaka Bayside公演はワンマンライヴとなり、4月28日の名古屋 Zepp Nagoya公演は対バン公演となる。対バン相手は後日発表。現在チケットのファンクラブ先行を実施中だ。

■『LIVE! TO \ワー/ RECORDS feat. go!go!vanillas 〜新曲大解禁〜』

4月14日(日) 東京 Zepp Tokyo
4月21日(日) 大阪 Zepp Osaka Bayside
4月28日(日) 名古屋 Zepp Nagoya

シングル「No.999」

2019年1月23日(水)発売



【9,999枚完全限定生産盤】(CD+DVD)
VIZL-1472/¥1,999+税
※プレイパス対応
【通常盤】(CD)
VICL-37441/¥999+税
※プレイパス対応

◎「No.999」タワーレコード早期予約キャンペーン
タワーレコード、タワーレコードオンラインで「No.999」を第1弾予約期間中に予約すると「99(救急)絆創膏」、第2弾予約期間中に予約すると「特製ステッカー」をプレゼント。
第1弾予約期間:12月1日(土)12:00〜12月25日22:00
第2弾予約期間:12月26日(水)00:00〜1月17日(木)23:59
※【“平成”限定!特典音源ダウンロードカード】も対象となります。
※12月25日(火)22:00〜23:59に予約した場合、早期予約特典は対象外。
※店舗予約の締切は各店舗の閉店時間まで。

◎全店共通特典
タワーレコード、HMV、TSUTAYA、Amazon、楽天ブックス、その他一般店で購入すると、先着で特別音源「平成ペイン (牧 達弥 弾き語りver.)」が聴ける【“平成"限定!特典音源ダウンロードカード】をプレゼント。
※Amazon.co.jpでは、特典付商品カートがアップ。



【関連リンク】
go!go!vanillas、ニューシングルを1月にリリース&東名阪ツアー開催を発表
go!go!vanillasまとめ
ファンキー加藤、地元であるオリンパスホール八王子で追加公演開催決定

【関連アーティスト】
go!go!vanillas
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, 新曲, ツアー

ファンキー加藤、地元であるオリンパスホール八王子で追加公演開催決定
Sat, 01 Dec 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ファンキー加藤が現在開催中のホールツアー『希望のWooh oh TOUR』。その追加公演が2019年1月11日と12日にオリンパスホール八王子で行なわれることが発表された。

オリンパスホール八王子公演は両日ともファンクラブ限定の特別追加ライヴ。ファンキー加藤のファンクラブ加入者が対象となり、同行者は非会員でも入場可能とのこと。

『希望のWooh oh TOUR』は今後、札幌市教育文化会館、福岡市民会館、サンポートホール高松、仙台サンプラザホールを巡る。

■『希望のWooh oh TOUR』

12月07日(金) 札幌市教育文化会館 大ホール
12月21日(金) 福岡市民会館 大ホール
12月23日(日) サンポートホール高松 大ホール
12月29日(土) 仙台サンプラザホール
【2019年】
1月11日(金) オリンパスホール八王子
※ファンクラブ限定特別追加公演
1月12日(土) オリンパスホール八王子
※ファンクラブ限定特別追加公演

シングル「希望のWooh」

発売中



【初回限定盤】(CD+DVD)
MUCD-9127/8/¥1,667+税
<収録曲>
■CD
1.希望のWooh
2.40
3.ラフソング
4.CBCラジオ『ナガオカ×スクランブル』×ファンキー加藤
■DVD
・「希望のWooh」MV
・「希望のWooh」MVメイキング映像
・KatoTube



【通常盤】(CD)
MUCD-5349/¥1,000+税
<収録曲>
1.希望のWooh
2.40
3.ラフソング



【関連リンク】
ファンキー加藤、地元であるオリンパスホール八王子で追加公演開催決定
ファンキー加藤まとめ
片平里菜、個人事務所の設立を発表&ワンマンライヴ先行予約スタート

【関連アーティスト】
ファンキー加藤
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, ツアー

片平里菜、個人事務所の設立を発表&ワンマンライヴ先行予約スタート
Sat, 01 Dec 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

片平里菜がウェブサービス『note』で公式認定されていたことがわかった。

『note』は文章、写真、イラスト、音楽、映像などの作品を投稿して、クリエイターとユーザーをつなぐウェブサービス。片平はベストアルバムの発売日である11月14日からアカウントを開設。不定期に近況報告を投稿し、多くのユーザーからの反響を受けていた。

また、12月1日の投稿で、自身が描いたフレンチブルドッグのイラストと共に、個人事務所“BUCHI.”の設立を発表。今後は自らの事務所を拠点として活動していくとのこと。 片平は投稿の中で「そりゃうまくいかないときもあるよね。 でもやっぱり諦めないで続けてたらいいことあるんだよってこの身で示したい。 示すよ。さ、行きましょ。 またあたらしい音楽人生を歩き出します。これからもどうぞよろしくおねがいします」で決意を明らかにしている。今後は近況に加え、本人の書き下ろしのイラストといった投稿も計画しているという。

片平は2019年2月10日になんば Hatch、2月24日に東京Zepp DiverCityでワンマンライヴ『片平里菜 live 2019 fragment live darling & honey』を開催。オフィシャルHPでは先行予約を受付中だ。

■片平里菜 公式note
https://note.mu/katarina_81

『片平里菜 live 2019 fragment live darling & honey』

〜day1 darling〜
2月10日(日) 大阪なんば Hatch
〜day2 honey〜
2月24日 (日) 東京 Zepp DiverCity



【関連リンク】
片平里菜、個人事務所の設立を発表&ワンマンライヴ先行予約スタート
片平里菜まとめ
SDRがあなたの夢をバックアップ!『超ドリームオーディション』受付がスタート!

【関連アーティスト】
片平里菜
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター

SDRがあなたの夢をバックアップ!『超ドリームオーディション』受付がスタート!
Sat, 01 Dec 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

STARDUSTグループのレーベル<SDR>の新たなオーディション企画『超ドリームオーディション』を開催! 12月16日まで応募を受け付けている。

超特急、DISH//、PrizmaX、M!LKらが所属する<SDR>。『超ドリームオーディション』ではグランプリ受賞者に“自分のデビューの方法が選べる”権利が与えられる。応募時点で特定の事務所に所属していない、または契約を交わしていなければ年齢、性別不問。ジャンル問わずボーカリスト、ダンサー、映像作家、音楽作家、コレオグラファーなど、音楽に関わるものを目指す応募者を受け付けている。

応募はオフィシャルHPのほか、LINEで『超ドリームオーディション』アカウントを友だち追加することでも可能となる。他薦も募集しており、推薦した応募者がグランプリに選ばれた場合は、推薦者にテーマパーク1DAYチケットがプレゼントされる。

また「LINE LIVE」では、 配信サービスを利用する年齢層、ターゲットに向けた「LINE LIVE枠」も用意。「ボーカリスト限定・配信イベントに参加するだけで書類選考免除」というシステムが採用されている。

■LINE LIVE『超ドリームオーディション〜LINE LIVE枠〜』
https://lin.ee/adWGXAb/dtzb/ot



【関連リンク】
SDRがあなたの夢をバックアップ!『超ドリームオーディション』受付がスタート!
MUCC、『Lock on snipe Tour #3』でデモカセット第3弾限定販売

【関連アーティスト】

【ジャンル】
男性アイドル, ニュース

MUCC、『Lock on snipe Tour #3』でデモカセット第3弾限定販売
Sat, 01 Dec 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

MUCCのデモカセットシリーズ第3弾『メルト DEMO』が12月15日からライヴツアー『MUCC 2018 Lock on snipe Tour #3「北陸型収監6days」』の各会場で限定販売される。

『メルト DEMO』は11月8日に行なわれたイベント『Loft presents「Free space 〜MUCC DEMO TAPE公開レコーディング 北陸編〜』で、カセットMTRを使用してレコーディングされたもの。イベント当日は 全10曲が披露されたという。

あわせて「TIMER」のMVがオフィシャルYouTubeチャンネルで公開。また、同曲が収録されるシングル「時限爆弾」の初回生産限定盤に付属するエムカードにメンバーインタビューが追加されることも明らかになった。詳細はオフィシャルHPで確認しよう。

デモテープ『メルト DEMO』

2018年12月15日(土)発売



MSHN-053/¥1,000(税込)
<収録曲>
1.メルト DEMO

※『Lock on snipe Tour』12月15日福井CHOPから各会場で限定販売。
※通信販売の予定はございません。

MUCC 2018 Lock on snipe Tour #3『北陸型収監6days』

12月15日(土) 福井CHOP
12月16日(日) 富山MAIRO
12月18日(火) 金沢AZ
12月19日(水) 金沢AZ
12月22日(土) 新潟LOTS
12月23日(日) 新潟LOTS



【関連リンク】
MUCC、『Lock on snipe Tour #3』でデモカセット第3弾限定販売
MUCCまとめ
sads、ツアーラストライヴで全歴史を網羅!追加公演発表も!

【関連アーティスト】
MUCC
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, MV, 新曲

sads、ツアーラストライヴで全歴史を網羅!追加公演発表も!
Sat, 01 Dec 2018 13:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年11月30日、東京・品川ステラボール。本年をもって活動休止するsadsがラストツアー『The reproduction 7th anniversary「FALLING」Chapter3 TOKYO 7DAYS」の最終夜を豪華に彩った。

全会場ソールドアウトの本ツアー最終章は、この日も当然、超満員。全国各地から集結したファンで溢れた場内は、ロックンロールの熱気が激しく渦巻く空間へと変貌した。

1999年に結成、2010年に新たなメンバーで再始動してから実に7年を経ての活動休止。本公演の1つ手前、11月27日の下北沢GARDEN公演で、清春(Vo)は観客に向けてこんなふうに語っていた。「品川は僕らの最初のライヴのつもりで来てください。『こんな新しいバンドを組んだんだ!』って感じで。綺麗に、美しく、生きてることを実感しながら観てください」そんな鮮烈な光景を1秒でも多く目に焼き付けようと、開演前からオーディエンスの気分は最高潮に高まっている。

SEが鳴り、sadsのメンバーが現われると、フロアからは絶叫に近い歓声が放たれる。清春が1曲目の「freely」を歌い始めた瞬間に、観客の意識はひとつに束ねられた。今年リリースされた事実上のラスト・オリジナル・アルバム『FALLING』からのこの楽曲を皮切りに、sadsが生み出してきた名曲の数々が息つく間もなく繰り出される。緻密かつ情熱的に爆音を操るK-A-Z(G)、激烈な連打で空間を揺らすGO(Dr)、華やかなグルーヴで魅了するYUTARO(B)。強力な個性の彼らを従えた清春の統率力に、観客は早くも陶酔している。「年季の入った悪い感じを楽しんで!」と清春が煽り、「See A Pink Thin Cellophane」と「FREEZE」で妖しくフロアを揺らせば、本編序盤にして「ID POP」「WHITE HELL」「AMARYLLIS」などの必殺のナンバーが畳み掛けられるゴージャスな展開。1曲演奏されるごとに、フロアの熱気は上昇してゆく。

K-A-Zが巧みなテクニックで情緒たっぷりのギターソロを奏でると、本編は中盤へと突入。清春が妖しく淫らに観衆を扇動する「GOTHIC CIRCUS」の後、「HONEY」「Hate」といった甘く邪悪な轟音が続く流れなどは、聴覚的にも視覚的にもワクワクさせてくれる。

GOが渾身のドラムソロで観客を熱気まみれにすると、本編はいよいよ終盤へと向かう。「GIRL IN RED」「MAKING MOTHER FUCKER」「NIGHTMARE」などの過激な楽曲が連発されると、オーディエンスは当然のごとく、揉みくちゃ状態に。ここから清春が天性のカリスマを発揮する「Because」へと到達すると、本編は狂乱のうちに幕を閉じた。

観客はまだまだド派手なロックンロールを求めている。再びステージ上に姿を現すsadsの面々。清春が観衆に向けて語りだす。「K-A-Zくん、GOくん、YUTAROとの関係は死ぬまで続きます。ファンのみんなにも会えたし、sadsをやって良かった。僕はあんまりバンドというものが好きじゃない。でも、僕がやったバンドの中でも、これが一番強烈だったと思います」アンコールに応えた彼らは、「LIAR」「Liberation」といった攻撃的なチューンを続けた後に、「Mr.「YA」」「TRIPPER」といった初期sadsのキャッチーな必殺曲を投下。極上の笑みが瞬く間にフロアじゅうに広がっていくのがわかる。

客席の狂熱は未だ収まりそうな気配がない。この夜、2度目にして最後のアンコールが披露されようとしている。本ツアーがChapter3に入ってからというもの、アンコールは1回限りだっただけに、こうしたラスト・サプライズが嬉しい。だが、ここで更に衝撃的だったのは、清春の口から告げられた“お知らせ”だ。「12月21日、追加公演、川崎クラブチッタ! そこでsadsの最後のブザマな姿をさらします!〉この瞬間、場内にこの日最大級の歓喜の声が広がったのは言うまでもない。

ここからsadsのロックンロールの代名詞ともいえる「SANDY」でフロアを踊り狂わせると、ラストに鳴り響いたのは「CRACKER\' S BABY」。凶悪で重厚なサウンドが炸裂し、ステラボールを塗りつぶしてゆく。「突っ込め! 突っ込め!」の清春の挑発を受けて、思い思いの生きざまを爆発させるオーディエンスの姿が印象深い。この痛快無比な爆裂チューンが着地点を迎えると、フロアからは惜しみない拍手と感謝の言葉がステージに向けて贈られていた。

終わってみれば、sadsのヒストリーを網羅した究極のセットリスト。他の誰にも成し遂げようのない、圧倒的なラストダンスだった。もちろん、sadsの過去の名シーンの数々を思い出して感傷的になってしまう瞬間もあった。だが、それ以上に心に残ったのは、アルバム『FALLING』という傑作を作り、ツアー〈FALLING〉を完遂した現在の輝かしさだ。華麗、強靭、妖艶......。最後の最後に絶頂期を迎えて活動を休止するというカッコ良さ。まさにsadsが我々に与えてくれた、“最後の宝物”とでも呼ぶべきライヴだった。史上類を見ない活動休止ツアーの最終夜は、ファンにとって、生涯忘れることのできない美しい思い出となった。

しかしながら、この最終章には、想定外の“続き"が用意されている。本来開催されるはずのなかった、12月21日に川崎クラブチッタでの追加公演。正直なところ、現時点ではどんな内容のライヴになるのか、まったく推測できない。つくづく、sadsというバンドには、何をしでかすのかわからないスリルがある。その危険な魅力に、我々はこれからもずっと笑顔で踊らされ続けるのだろう。

text by 志村つくね
photo by 森 好弘(Yoshihiro Mori)、柏田芳敬(Yoshitaka Kashiwada)

【セットリスト】
SE
1.freely
2.See a pink thin Cellophane
3.FREEZE
4.ID POP
5.WHITE HELL
6.AMARYLIS
K-A-Z Gt.solo
7.GOTHIC CIRCUS
8.HONEY
9.Hate
GO Dr.solo
10.GIRL IN RED
11.MAKING MOTHER FUCKER
12.NIGHTMARE
13.Because
ENCORE1
14.LIAR
15.Liberation
16.Mr.「YA」
17.TRIPPER
ENCORE2
18.SANDY
19.CRECKER\'S BABY



【関連リンク】
sads、ツアーラストライヴで全歴史を網羅!追加公演発表も!
sadsまとめ
清春まとめ
桑田佳祐&The Pin Boys、「レッツゴーボウリング」が日本ボウリング競技の公式ソングに

【関連アーティスト】
sads, 清春
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, セットリスト, ライブレポ

桑田佳祐&The Pin Boys、「レッツゴーボウリング」が日本ボウリング競技の公式ソングに
Sat, 01 Dec 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

桑田佳祐 & The Pin Boysが2019年1月1日に発売する「レッツゴーボウリング」が、誰でも参加可能なボウリング大会『KUWATA CUP 2019』の公式ソングに加え、日本プロボウリング協会など国内ボウリング8団からなる日本ボウリング機構から、日本ボウリング競技の公式ソングとして正式認定された。

今回、「ボウリングというスポーツ競技の活性化に向け大きな役割を果たしてくれる」として、日本ボウリング競技の公式ソングに決定。公益社団法人 日本プロボウリング協会長の谷口健は「クリスマスにはクリスマスソング、お正月にはお正月の歌があるように、ボウリング場には「レッツゴーボウリング」が末永く鳴り響くことでしょう」、日本ボウリング場協会長の中里則彦は 「ワクワクするような軽快なリズムにボウリング愛溢れる歌詞、まさに桑田節ともいうべき曲に合わせ、日本中が盛り上がる様子が目に浮かぶようです」と賞賛している。

また、完全生産限定盤ボウリング場限定パッケージバージョンの「レッツゴーボウリング」が全国183ヶ所のボウリング場で販売されることもは発表。CDショップで販売される完全生産限定盤とはパッケージの色や付属のピンバッジのデザインが異なるとのこと。

■【関係者コメント】

■公益社団法人 日本プロボウリング協会 1期生  矢島純一
桑田さんとは20年ぐらいになると思います。ボウリングを通じて良き時間を共有させて頂いておりますが、まさかこんな素敵な歌でボウリング業界を盛り上げてくれる時が来るなんて思ってもおりませんでした。メロディはアップテンポで知らぬ間に体が動いてしまう程軽快で、歌詞はまさに桑田さんのボウリング愛をひしひしと感じる内容です。そしてまさかまさか私の名前が曲中に登場するなんて感激極まりありません。ボウリングボールを手にした事がない方もこの曲を聴きて是非ボウリング場に足を運んでください。

■公益社団法人 日本プロボウリング協会1期生 中山律子
以前に桑田さんをボウリング場でお見かけしたことがありまして、
ボウリングがお好きなことも、プロ並みにお上手なことも知っておりました。
この曲を初めて聴かせて頂いた時、嬉しくて、歌詞を見ながら何度も歌っておりました。
そして、自然と体が動き出し、すぐにでもボウリングをしたい気持ちになりました。
このすてきな曲をきっかけに、ボウリング場に来てくださる方が増えたら、こんなに嬉しいことはありません。
桑田さんに心から感謝申し上げます。レッツゴーボウリング!

■公益社団法人 日本プロボウリング協会会長 谷口健
平成29年に会長に就任した私ですが、就任中「KUWATA CUP 2019」というこんな素晴らしいイベントに携われるなんて光栄極まりありません。
老若男女、世代を超えて愛され続けるサザンオールスターズ。そのボーカル桑田佳祐さんがボウリングの為に歌を作ってくださるなんて感激至極です!桑田さんのボウリング愛がたっぷり詰まってノリが良く親しみやすいこの曲は、ボウリングを愛する人々が「ボウリングが好きなんです♪」とすぐに口ずさんでしまう歌詞です。クリスマスにはクリスマスソング、お正月にはお正月の歌があるように、ボウリング場には「レッツゴーボウリング」が末永く鳴り響くことでしょう。
もちろんプロボウリング協会として公式ソングに認定し、トーナメント会場で使用させて頂きます。
桑田さん、宝物のような曲を作って頂き本当にありがとうございます。

■公益社団法人日本ボウリング場協会会長 中里則彦
桑田佳祐さん、素敵な曲を本当にありがとうございます。
ワクワクするような軽快なリズムにボウリング愛溢れる歌詞、まさに桑田節ともいうべき曲に合わせ、日本中が盛り上がる様子が目に浮かぶようです。
皆さん、職場の仲間や友達と、ご家族と、もちろんお一人でも、是非ボウリング場に来てください。プロボウラーやスタッフに会いに来てください。
この曲の歌詞にもあるように、私達ボウリング場はたくさんの幸せを用意して、皆様のお越しをお待ちしております!

シングル「レッツゴーボウリング」

2019年1月1日(火)発売



【完全生産限定盤】ボウリング場限定パッケージ(CD+GOODS)
NZS-800/¥1,200(税込)
※KUWATA CUPピンズ封入
※オリジナルA2ポスター封入
<収録曲>
1.レッツゴーボウリング
2.レッツゴーボウリング(Instrumental)

◎2019年1月1日12:00販売開始
※一部元日休業のボウリング場については新年営業開始日が販売開始日となります。
※各地の天候、交通事情等の影響によりまして販売開始の遅れる場合がございます。
※販売の詳細につきましてはボウリング場によって事情が異なります。 販売開始日時、ご予約受付の可否等につきましては各ボウリング場にお問い合わせください。




【完全生産限定盤】(CD+GOODS)
VIZL-2000/¥1,200(税込)
※オリジナルピンズ全10色から1色をランダムで封入
※オリジナルA2ポスター封入
【通常盤】 (CD)
VICL-38400/¥648円(税込)
【アナログ盤】 (7インチアナログ盤)
VIKL-30100/¥1,404円(税込)
<収録曲>
1.レッツゴーボウリング
2.レッツゴーボウリング(Instrumental)



【関連リンク】
桑田佳祐&The Pin Boys、「レッツゴーボウリング」が日本ボウリング競技の公式ソングに
桑田佳祐 & The Pin Boysまとめ
桑田佳祐まとめ
アジカン、新AL『ホームタウン』の48時間限定フル試聴がスタート

【関連アーティスト】
桑田佳祐 & The Pin Boys, 桑田佳祐
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, 新曲

アジカン、新AL『ホームタウン』の48時間限定フル試聴がスタート
Sat, 01 Dec 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ASIAN KUNG-FU GENERATIONが12月5日にリリースするニューアルバム『ホームタウン』の48時間限定フルサイズ試聴サービスが特設サイトで実施中だ。

試聴特設サイトでは、“心おきなくとどまって音楽を聴ける場所”をホームタウンと位置付け、動きを感知するスマートファンのジャイロ機能を活かし、スマートフォンを固定することでアルバムの音源を聴くことができる。

『ホームタウン』はCDのみの通常盤と2枚組CDとDVDが同梱する初回生産限定盤の2形態でリリースされ、両携帯の共通CDには先行発売された「ボーイズ&ガールズ」をはじめとする10曲が収録されている。初回生産限定盤に付属するCD『Can\'t Sleep EP』にはホリエアツシ(ストレイテナー)とのコラボ作「廃墟の記憶」など全5曲、DVDにはドキュメンタリー『ASIAN KUNG-FU GENERATION America Tour Documentary Pt.2 (Latin America) 』が収められる。

■ASIAN KUNG-FU GENERATION アルバム『ホームタウン』試聴特設サイト
http://www.asiankung-fu.com/hometown_special

アルバム『ホームタウン』

2018年12月5日発売



【初回生産限定盤】(2CD+DVD)
KSCL-3121〜3/¥4,600+税
※プレイパス対応
<収録曲>
■CD1
『ホームタウン』
1.クロックワーク
2.ホームタウン
3.レインボーフラッグ
4.サーカス
5.荒野を歩け
6.UCLA
7.モータープール
8.ダンシングガール
9.さようならソルジャー
10.ボーイズ&ガールズ
■CD2
『Can\'t Sleep EP』
1.スリープ
2.廃墟の記憶
3.イエロー
4.はじまりの季節
5.生者のマーチ
■DVD
・『ASIAN KUNG-FU GENERATION America Tour Documentary Pt.2 (Latin America)』



【通常盤】(CDのみ)
KSCL-3124/¥2,913+税
※プレイパス対応
<収録曲>
1.クロックワーク
2.ホームタウン
3.レインボーフラッグ
4.サーカス
5.荒野を歩け
6.UCLA
7.モータープール
8.ダンシングガール
9.さようならソルジャー
10.ボーイズ&ガールズ



【関連リンク】
アジカン、新AL『ホームタウン』の48時間限定フル試聴がスタート
ASIAN KUNG-FU GENERATIONまとめ
ホリエアツシまとめ
Base Ball Bear、新作『ポラリス』詳細&新曲「試される」ライヴ映像公開

【関連アーティスト】
ASIAN KUNG-FU GENERATION, ホリエアツシ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム

Base Ball Bear、新作『ポラリス』詳細&新曲「試される」ライヴ映像公開
Sat, 01 Dec 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Base Ball Bearが2019年1月30日にリリースする2枚組EP『ポラリス』の全貌が明らかになった。

『ポラリス』は2枚組全13曲入りのEPで、5000セット限定生産パッケージ。DISC1の『ポラリスEP』には新曲「試される」「Flame」「ポラリス」「PARK」を収録する。DISC2の『日比谷ノンフィクションVII』には、10月に日比谷野外大音楽堂で開催したイベント『Tour「LIVE IN LIVE〜I HUB YOU〜」日比谷ノンフィクションVII』からのライヴ音源に加え、「17才」を新たにスタジオレコーディングした「17才(17th Ver.)」がボーナストラックとして収められる。

また、この発表と合せて結成17周年を迎えた11月11日のライヴにて初披露した新曲「試される」のライヴバージョン「試される(2018.11.11 Ver.)」の映像と、メンバーが設立した新レーベル“Drum Gorilla Park Records”のロゴが発表された。

Base Ball Bearは2019年2月3日から全18公演の全国ツアー『LIVE IN LIVE〜17才から17年やってますツアー〜』を実施する。

EP『ポラリス』

2019年1月30日発売



【2CD】
VICL-65121〜2/¥3,500+税
※5,000セット限定生産
<収録曲>
■DISC1
『ポラリス EP』
・試される
・Flame
・ポラリス
・PARK
■DISC2
『日比谷ノンフィクションVII』
1.The Cut -feat. RHYMESTER-
2.LOVE MATHEMATICS
3.君はノンフィクション
4.SHINE 5. Tabibito In The Dark
6. yoakemae
7.ドラマチック
8.祭りのあと
9.17才(17th Ver.) - Bonus Track

『tour Base Ball Bear 「LIVE IN LIVE〜17才から17年やってますツアー〜」 』

【2019年】
2月03日(日) 広島CAVE-BE
2月10日(日) 仙台Rensa
2月11日(祝・月) 盛岡CLUB CHANGE WAVE
2月16日(土) 静岡UMBER
2月17日(日) なんばHatch
2月23日(土) 札幌PENNY LANE 24
2月24日(日) 帯広Rest
3月02日(土) 金沢AZ
3月03日(日) 新潟LOTS
3月09日(土) 岡山IMAGE
3月10日(日) 名古屋DIAMOND HALL
3月15日(金) 東京Zepp Diver City
3月23日(土) 福岡DRUM LOGOS
3月24日(日) 鹿児島SR HALL
4月06日(土) HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心VJ-3
4月07日(日) 水戸LIGHT HOUSE
4月11日(木) 京都磔磔
4月13日(土) 高松DIME



【関連リンク】
Base Ball Bear、新作『ポラリス』詳細&新曲「試される」ライヴ映像公開
Base Ball Bearまとめ
西野カナ、横浜アリーナ公演を収録した映像作品リリース決定

【関連アーティスト】
Base Ball Bear
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, 新曲, ツアー

西野カナ、横浜アリーナ公演を収録した映像作品リリース決定
Sat, 01 Dec 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年にデビュー10周年を迎えたことを記念し、『全国アリーナツアー2018「LOVE it Tour 〜10th Anniversary〜」』を開催した西野カナ。同ツアーから10月9日(火)、10日(水)に開催された横浜アリーナ公演の模様がBlu-ray&DVD『LOVE it Tour 〜10th Anniversary〜』として、12月26日(水)にリリースされることが決定した。

今作は、「Bedtime Story」「パッ」などの最新ヒット曲から、「トリセツ」「Darling」などの大人気曲はもちろん、「if」や「涙色」などの初期の曲、ライブならではのクールなダンス曲メドレー、トロッコに乗った「Have a nice day」、“持つLED”ハンディビジョンを取り入れたダンスパフォーマンスなど、豪華な演出が満載! 華やかな11着の衣装姿も収められており、ぜひとも手に入れておきたい作品だ。SNSではリリースの発表を受け“待ってました!”、“カナやんからのクリスマスプレゼントだ!”など、歓喜のコメントが続出している。

また、初回仕様限定盤の特典はポストカード型カレンダーで、店舗購入者特典としてB3サイズポスターも用意される。現在予約受付中なので、ぜひチェックしてほしい。

西野カナは『第69回NHK紅白歌合戦』に、平成生まれの女性ソロアーティストとしては最多出場となる9年連続9回目の出場が決定。最新シングル「Bedtime Story」が『第60回 輝く!日本レコード大賞』にて優秀作品賞を受賞、ベストアルバムが2度目の1位2位を独占しソロアーティストとして史上初の快挙を達成している。

■Blu-ray&DVD『LOVE it Tour 〜10th Anniversary〜』予約ページURL
https://nishinokana.lnk.to/LOVEitTour_10th

Blu-ray&DVD『LOVE it Tour 〜10th Anniversary〜』

2018年12月26日発売



【Blu-ray】
SEXL-129/¥8,100(税込)
※『LOVE it Tour 〜10th Anniversary〜』オフィシャルフォトブック付
※オリジナル三方背ジャケット
※ポストカード型カレンダーTypeA封入
<収録曲>
1.Girls
2.We Don\'t Stop
3.パッ
4.Darling
5.あなたの好きなところ
6.Liar (Short ver.)
7.LIGHTS, CAMERA, ACTION (Short ver.)
8.MEOW (Short ver.)
9.Best Friends Forever (Short ver.)
10.もしも運命の人がいるのなら (Short ver.)
11.Dance Performance
12.if
13.手をつなぐ理由
14.涙色
15.DJ Megamix
16.doll (Short ver.)
17.LOVE IS BLIND (Short ver.)
18.No.1 (Short ver.)
19.GIRLS GIRLS (Short ver.)
20.candy (Short ver.)
21.スマホ (Short ver.)
22.LOVE & JOY (Short ver.)
23.Band Performance
24.LOVE
25.トリセツ
26.Bedtime Story
27.アイラブユー
[Encore]
28.Have a nice day
29.Believe
30.Happy Time



【DVD】
SEBL-263〜264/¥7,020(税込)
※『LOVE it Tour 〜10th Anniversary〜』オフィシャルフォトブック付
※オリジナル三方背ジャケット
※ポストカード型カレンダーTypeB封入

◎店舗購入者特典
『LOVE it Tour 〜10th Anniversary〜』B3サイズポスター
※ポスターの絵柄は、Blu-ray・DVD共通になります。
■対象店舗・チェーン一覧
http://www.nishinokana.com/shoplist/181226/



【関連リンク】
西野カナ、横浜アリーナ公演を収録した映像作品リリース決定
西野カナまとめ
村川梨衣、アニメ『ピアノの森』ED曲「はじまりの場所」をシングルリリース決定

【関連アーティスト】
西野カナ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, DVD, Blu-ray, 発表, リリース, 発売, ライブ

村川梨衣、アニメ『ピアノの森』ED曲「はじまりの場所」をシングルリリース決定
Sat, 01 Dec 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

声優として数々の作品でメインキャラクターを演じる一方、アーティストとしても活動を続ける村川梨衣。そんな彼女のニューシングル「はじまりの場所」が、2月20日にリリースされることがわかった。1月より放送開始予定のTVアニメ『ピアノの森』エンディングテーマにも決定している本楽曲は、彼女の伸びやかな歌声が生きる、さわやかながらも壮大な楽曲だ。

さらに、「はじまりの場所」のリリース後、4月20日(土)には舞浜アンフィシアターでフルオーケストラをバックに歌唱するオーケストラコンサートの開催が決定! 同ライヴの最速先行申し込みシリアルがシングル「はじまりの場所」初回限定盤、通常盤両タイプの初回生産分に封入される。

■TVアニメ『ピアノの森』公式サイト
※1月27日(日)深夜24:10よりNHK総合テレビで放送開始
http://piano-anime.jp/

シングル「はじまりの場所」

2019年2月20日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
COZC-1516〜7/¥1,800+税
【通常盤】(CD)
COCC-17555/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
01.はじまりの場所
02.NoSTALGiA
03.はじまりの場所(Instrumental)
04.NoSTALGiA(Instrumental)
■DVD ※初回限定盤のみ
01.はじまりの場所(MV)
02.週刊RiEMUSiC〜はじまりの場所編〜

『村川梨衣 オーケストラコンサート〜梨の季節〜』

2019年4月20日(土) 千葉・舞浜アンフィシアター
昼の部 13:15開場 / 14:00開演
夜の部 17:15開場 / 18:00開演
<出演>
村川梨衣、東京ニューシティ管弦楽団
<チケット>
2月20日発売シングル「はじまりの場所」初回生産分に最速申込シリアル封入
※チケット価格等、詳細は後日発表いたします。
※その他、各プレイガイドにて発売予定。



【関連リンク】
村川梨衣、アニメ『ピアノの森』ED曲「はじまりの場所」をシングルリリース決定
村川梨衣まとめ
Tsubasa Shimada(PrizmaX) presents『Wet Crate』 - 第30回 GRAZE -

【関連アーティスト】
村川梨衣
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス, アニメ, エンディング

Tsubasa Shimada(PrizmaX) presents『Wet Crate』 - 第30回 GRAZE -
Sat, 01 Dec 2018 18:00:00 +0900


PrizmaXのパフォーマーでありながらDJとしても活躍する島田翼が、長年集め続けた珠玉のレコードコレクションの中からお気に入りを紹介する、偏ったエゴ満載の連載企画。この機会にぜひ、ループミュージックの世界観に浸ってみてはいかがでしょうか?

こんにちは。島田翼です。
気づいたら年の瀬ですね。

大掃除なんてレベルの量ではないレコードを大掃除しています。手放すのも物悲しい気持ちではありますが。
レコードを買い溜めて気づいたこと、買ったその日やその場所、担いで行った場所、同じレコードをプレイしていたあのDJのセット、そんな記憶のひとつひとつが針を落とした瞬間に蘇るんですね。だからやめられない。あれ、こんな話前にもしたっけ。

しかしながら、過去にいつ買ったから分からないレコードとかも数多くあるわけで、そういうのは所謂思い出から消えてたりするんですね。そういうレコードを僕は冗談も含めて4軍、5軍とかって言ってます。

そう、散々溜め込んできたレコードを少しばかり整理して、せめて部屋の足の置き場だけでも確保しよう。っていう目論みで
す。その名も「4組5軍を整理して1軍を1枚買えればいっかキャンペーン」。
ワードローブの整理はとても大切だと気付かされることが最近あって、久しぶりに大断捨離企画をしてます。物売るのとかほぼやったことないからどうなんだろう。売値はいかに。昔100円で買ったレコードが今は5000円とかで取引されてる、みたいなこともよくある市場なので、楽しみです。

さて、そんな断捨離中に出てきた思い出のレコードを今回は紹介しました。高校生の頃の僕が思い描いていた”テクノ/ハウス”。
通学中、ついつい足取りが早くなってしまったな。とか思い出すんです。

MVが魅力的で、こういう無機的でジオメトリックな世界の美しさに気づいたきっかけの曲です。このレコードを見つける度に一生、高校生の頃を思い出すのだろうなと思います。
MVももしよければ。

Tsubasa Shimada(PrizmaX)

シマダツバサ:幼少の頃よりダンサーとしてのキャリアを積み、高校生の時にニューヨークへ単身短期留学に発つ。現在はダンス&ヴォーカルユニット、PrizmaXのパフォーマーとしてステージに立つかたわら、DJや写真などのカルチャーに没頭する。縦横無尽にさまざまな音楽体験を経た中で、現在はダンスミュージックに着地し、ミニマルな繰り返しの中で独自のグルーヴを紡ぎ出すDJプレイで空間を彩る。ハウスミュージックの疾走感と共に、芸能界屈指のDJ/レコード・ディガーを目指し音の旅を続ける。



【関連リンク】
Tsubasa Shimada(PrizmaX) presents『Wet Crate』 - 第30回 GRAZE -
Tsubasa Shimada(PrizmaX)まとめ
PrizmaXまとめ

【関連アーティスト】
Tsubasa Shimada(PrizmaX), PrizmaX
【ジャンル】
Tsubasa Shimada(PrizmaX) / 「Wet Crate」, ギャラリー, 連載コラム, okmusic UP\'s vol.171, EBiDAN













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1