歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年11月22日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/12/01
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
GLIM SPANKY、アルバム『LOOKING FOR THE MAGIC』に松任谷由実、みうらじゅんら著名人からのコメントが到着
Thu, 22 Nov 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GLIM SPANKYの4thアルバム『LOOKING FOR THE MAGIC』が11月21日に発売となった。今作は、ジャック・ホワイト(The White Stripes)をサポートメンバーに迎え、LAにてレコーディングを実施。“至上のロック”を詰め込んだアルバムとなっている。

そんなアルバム『LOOKING FOR THE MAGIC』に寄せて、以前ラジオ番組で共演し交流のある松任谷由実をはじめ、“みうらじゅん賞”を受賞するなどGLIM SPANKYがかねてから応援を受けているというみうらじゅん、そしてドラマの主題歌担当を通して繋がりのある内藤剛志などからコメントが到着! モデルの小谷実由を含む全コメントは、GLIM SPANKY ユニバーサルミュージック公式サイトにて公開中なので、ぜひ目を通しておこう。

また、今作の初回盤には日本武道館ライブの本編が完全収録されたDVDが付属する。ライブ映像DVD付きのアルバム初回限定盤は毎回完売となっているので、お早めにゲットしてほしい。なお、UNIVERSAL MUSIC STORE 数量限定販売商品の松尾レミデザインTシャツ(白)はすでに完売。Tシャツ(黒)も残りわずかとなっているので、こちらもお買い逃がしのないようにチェックを!

■アルバム『LOOKING FOR THE MAGIC』コメント公開ページ
https://www.universal-music.co.jp/glim-spanky/looking-for-the-magic/

■【コメント】

■松任谷由実
強くて可愛いくて、
アブナくてイノセント。
5世代を経て、
日本のロックもここまで
成熟したんだなぁ、、。

■みうらじゅん
ロックは疑っている。世の中全体。自分をも。
それでも悪魔に魂売ってシビれるサウンドを奏でる時、僕は思うんだ。
グリム・スパンキー、いつもカッコよくてありがとうってね!

■内藤剛志
彼らは多くの人が通り過ぎる事に、ただならぬこだわりを持ち、立ち止まり考え抜く。言い換えればそれは『勇気』なのかもしれない。『勇気』はこのややこしい世界を駆け抜ける『燃料』だ。僕達に必要なものは、上機嫌であること、潔く誠実であること、そして情熱とラブとピースだ。その全てがこのアルバムの11枚のドアの向こうにある!また新しい場所に来たね、レミちゃん、亀本くん!
さあGLIM SPANKYと一緒に踊ろう。

■小谷実由
彼らの音楽に触れるたび、いつも熱い気持ちが込み上げてくる。
それは嫉妬か、愛おしさか、それとも彼らがこんなにも自由に、
そして強い気持ちを持って突き進んでいることへの憧れか。答えは全部。
あなたももっと自由にやってよ、と言われているような気がして、私にとって心地いい。

アルバム『LOOKING FOR THE MAGIC』

発売中



【初回盤】(CD+DVD)
TYCT-69132/¥4,600+税
<収録曲>
■CD
01.4 Dimensional Desert
02.Love Is There
03.TV Show
04.ハートが冷める前に
05.The Flowers
06.In the air
07.愚か者たち
08.Hello Sunshine
09.All Of Us
10.To The Music
11.Looking For The Magic

■DVD ※初回盤のみ
2018.05.12「GLIM SPANKY LIVE AT 日本武道館」ライブ映像
・アイスタンドアローン
・焦燥
・褒めろよ
・MIDNIGHT CIRCUS
・闇に目を凝らせば
・BIZARRE CARNIVAL
・The Trip
・お月様の歌
・ダミーロックとブルース
・ミュージック・フリーク
・いざメキシコへ
・怒りをくれよ
・吹き抜く風のように
・美しい棘
・ The Flowers
・All Of Us
・愚か者たち
・NEXT ONE
・END ROLL
・In the air
・サンライズジャーニー
・大人になったら



【通常盤】(CDのみ)
TYCT-60123/¥2,700+税

『LOOKING FOR THE MAGIC Tour 2019』

3月02日(土)  長野・長野CLUB JUNK BOX
3月03日(日)  長野・長野CLUB JUNK BOX
3月10日(日)  神奈川・横浜ベイホール
3月15日(金)  岩手・盛岡CLUB CHANGE WAVE
3月17日(日)  福島・郡山HIPSHOT JAPAN
3月21日(木)  兵庫・神戸CHICKEN GEORGE
3月22日(金)  岡山・岡山CRAZYMAMA KINGDOM
3月24日(日)  山口・周南RISING HALL
4月04日(木)  静岡・静岡ark
4月06日(土)  熊本・熊本B.9 V1
4月07日(日)  鹿児島・鹿児島CAPARVO HALL
4月09日(火)  京都・京都磔磔
4月11日(木)  愛媛・松山サロンキティ
4月13日(土)  高知・高知キャラバンサライ
4月14日(日)  香川・高松MONSTER
4月26日(金)  長野・松本a.C
4月28日(日)  新潟・新潟LOTS
4月29日(月)  石川・金沢EIGHT HALL
5月03日(金)  北海道・札幌PENNY LANE24
5月04日(土)  北海道・札幌PENNY LANE24
5月11日(土)  愛知・名古屋DIAMOND HALL
5月12日(日)  愛知・名古屋DIAMOND HALL
5月18日(土)  大阪・大阪なんばHatch
5月24日(金)  広島・広島CLUB QUATTRO
5月25日(土)  福岡・福岡DRUM LOGOS
5月31日(金)  宮城・仙台Rensa
6月08日(土)  東京・豊洲PIT



【関連リンク】
GLIM SPANKY、アルバム『LOOKING FOR THE MAGIC』に松任谷由実、みうらじゅんら著名人からのコメントが到着
GLIM SPANKYまとめ
SKY-HI、ニューアルバムより新曲MV公開&ツアー最終公演にMIYAVIらゲスト出演

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, 発表, 発売

SKY-HI、ニューアルバムより新曲MV公開&ツアー最終公演にMIYAVIらゲスト出演
Thu, 22 Nov 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SKY-HIが、12月12日にリリースする約2年ぶりのオリジナル4thアルバム『JAPRISON』収録曲「What a Wonderful World!!」のMVを公開した。

SKY-HIのセルフプロデュースとなるこの楽曲は、SKY-HIのピアノをメインに構築。そのトラックの上で、ブラジル音楽界のスーパースターであるセルジオ・メンデスが奏でるピアノソロと、SUPER FLYERSのユウホとカヨのコーラス、そしてSKY-HIの心情を綴ったエモーショナルなリリックが重なり合う、アルバム『JAPRISON』を代表する1曲だ。

公開されたMVは、これまでも多くのSKY-HIの作品に携わった東市篤憲(A4A)をディレクターに迎えて制作。今作品の象徴とも言える檻のセットを中心に、楽曲に込められたテーマを独創的な映像で表現している。

また、ミスiD2018受賞者の中でも圧倒的なビジュアルで話題となり、多彩な活躍で人気の美女"やね"が出演。髑髏のメイクでSKY-HIとのダンスシーンは、このMVが表現する楽曲の世界観をより深いものとしているだろう。「What a Wonderful World!!」は現在配信中で、iTunes Storeではアルバム『JAPRISON』のプレオーダーも期間限定プライスで受付中なので併せてチェックしてほしい。

さらに、現在開催中のツアー『SKY-HI Round A Ground 2018』のラストを飾る東京・豊洲PIT公演の第2弾ゲストアクトを発表! 既に発表されたゲストに加え、世界的に活躍するギタリスト・MIYAVIやRAU DEF、sleepyheadの出演が決定した。かねてよりSKY-HIと親交がある多彩なアーティストの面々がツアーラストを盛り上げる。チケットは一般発売中だが残りわずかとなっているので、お早めに!

『SKY-HI ROUND A GROUND 2018』

12月11日(火) 東京・豊洲PIT公演
<ゲスト>
金子ノブアキ、Kan Sano、mabanua、MIYAVI、sleepyhead

12月12日(水) 東京・豊洲PIT公演
<ゲスト>
eill、KEN THE 研究丸、SALU、Ja Mezz、田中 TAK 拓也、NovelCore、HIDEYOSHI、望月 敬史、RAU DEF、Reddy
※変更となる場合がございます。

アルバム『JAPRISON』

2018年12月12日発売



<一般流通商品>
【CD+スマプラミュージック】
AVCD-96047/?3,000+税

【Music Video盤】
■CD + DVD + スマプラミュージック & ムービー
AVCD-96045/B/ ?5,000+税
■CD + Blu-ray + スマプラミュージック & ムービー
AVCD-96046/B/?5,000+税

【Live盤】
■CD +2DVD + スマプラミュージック & ムービー
AVCD-96043/B~C/?6,500+税
■CD + Blu-ray + スマプラミュージック & ムービー
AVCD-96044/B/?6,500+税

<mu-moショップ / AAA Party / AAA mobile限定>
【Music Video盤】 
■2CD + DVD + スマプラミュージック & ムービー
AVC1-96052〜3/B/?7,000+税
※三方背ケース仕様
■2CD + Blu-ray + スマプラミュージック & ムービー
AVC1-96054〜5/B/?7,000+税
※三方背ケース仕様

【Live盤】
■2CD+2DVD+スマプラミュージック & ムービー
AVC1-96048〜9/B〜C/?8,500+税
※三方背ケース仕様
■2CD + Blu-ray + スマプラミュージック & ムービー
AVC1-96050〜1/B/?8,500+税
※三方背ケース仕様

<mu-moショップ / AAA Party / AAA mobile限定 グッズ付き>
【Music Video盤】
■2CD + DVD + スマプラミュージック & ムービー+ FEE TOKYOキャップ
AVC1-96052〜3/B+グッズ/¥10,241+税
※三方背ケース仕様
■2CD + Blu-ray + スマプラミュージック & ムービー + FEE TOKYOキャップ
AVC1-96054〜5/B+グッズ/¥10,241+税
※三方背ケース仕様

【Live盤】
■2CD + 2DVD + スマプラミュージック & ムービー+ 【FEE TOKYO】キャップ
AVC1-96048〜9/B〜C+グッズ/¥10,241+税
※三方背ケース仕様
■2CD + Blu-ray + スマプラミュージック & ムービー+ 【FEE TOKYO】キャップ
AVC1-96050〜1/B+グッズ/¥10,241+税
※三方背ケース仕様

◎初回封入特典(全形態対象)
JKTサイズステッカー ほか



【関連リンク】
SKY-HI、ニューアルバムより新曲MV公開&ツアー最終公演にMIYAVIらゲスト出演
SKY-HIまとめ
そらる、新曲「銀の祈誓」のフルバージョンMVを公開

【関連アーティスト】
SKY-HI
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, ツアー, チケット

そらる、新曲「銀の祈誓」のフルバージョンMVを公開
Thu, 22 Nov 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月15日に日本テレビ『ZIP!』内の『SHOWBIZ RABBIT!』で独占インタビューが特集され、大きな反響を呼んだそらるのニューシングル「銀の祈誓」のMVが公開。既に同番組でのサプライズとして一部が解禁され、TVを中心としたオンエアがされる中、満を持してネット上でフルサイズ解禁となった。

今回のMVは、そらるがイメージする“銀の祈誓”のストーリーや衣装の世界観を具現化するため、 [ALEXANDROS]、UNISON SQUARE GARDEN、Aimerなどの様々なアーティストの作品を手掛ける”フカツマサカズ“氏を監督に迎え、ソロ活動としては初めて自身が出演する実写版MVだ。11月28日にリリースされるシングル「銀の祈誓」初回限定盤AのDVDにも収録されるされるので、ぜひ手に取ってみてほしい。

シングル「銀の祈誓」

2018年11月28日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
<収録曲>
■CD
1.銀の祈誓  ※アニメ「ゴブリンスレイヤー」エンディングテーマ 
2.ゆきどけ
3.嘘つき魔女と灰色の虹 -acoustic ver.-
■DVD
「銀の祈誓」Music Video
「銀の祈誓」Music Video メイキング映像
「そらるに色々聞いてみた」
※幕張メッセ2DAYSを含む6大都市ツアーCD購入者限定チケット最速先行予約シリアルコード封入



【初回限定盤B】(CD+DVD)
<収録曲>
■CD
1.銀の祈誓  ※アニメ「ゴブリンスレイヤー」エンディングテーマ 
2.ゆきどけ
3.嘘つき魔女と灰色の虹 -acoustic ver.-
■DVD
「銀の祈誓 -Piano ver.-」Studio Session
「ハナミズキ -cover-」Studio Session
※幕張メッセ2DAYSを含む6大都市ツアーCD購入者限定チケット最速先行予約シリアルコード封入



【ゴブリンスレイヤー盤】(CD+DVD)
<収録曲>
■CD
1.銀の祈誓  ※アニメ「ゴブリンスレイヤー」エンディングテーマ 
2.ゆきどけ
3.嘘つき魔女と灰色の虹 -acoustic ver.-
4.銀の祈誓 -TV SIZE Version-
■DVD
「銀の祈誓」Animation Music Video
「アーティストビジュアル撮影 メイキング映像」
※幕張メッセ2DAYSを含む6大都市ツアーCD購入者限定チケット最速先行予約シリアルコード封入
※「ゴブリンスレイヤー」ステッカー封入



【通常盤】(CD)
<収録曲>
1.銀の祈誓  ※アニメ「ゴブリンスレイヤー」エンディングテーマ 
2.ゆきどけ
3.嘘つき魔女と灰色の虹 -acoustic ver.-
※ツアーCD購入者限定チケット最速先行予約シリアルコード、ランダムフォトカード5種類封入



【関連リンク】
そらる、新曲「銀の祈誓」のフルバージョンMVを公開
そらるまとめ
Mrs. GREEN APPLE、シングル「僕のこと」ジャケ写&映像作品のダイジェスト公開

【関連アーティスト】
そらる
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル

Mrs. GREEN APPLE、シングル「僕のこと」ジャケ写&映像作品のダイジェスト公開
Thu, 22 Nov 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Mrs. GREEN APPLEが2019年1月9日(水)にリリースする8枚目のニューシングル「僕のこと」のCDジャケット写真が公開された。

今作の表題曲「僕のこと」は、『第97回全国高校サッカー選手権大会』の応援歌で、カップリングには「灯火」「Folktale」の新曲2曲を収録。初回限定盤DVDには「僕のこと」のMV、メイキングに加えて、大盛況のうちに幕を閉じた『ゼンジン未到とプロテスト 〜回帰編〜』ツアー初日の札幌ペニーレーン24公演のライブ映像から厳選した5曲を収録する。

そして、同時発売となる幕張メッセ国際展示場でのライブ映像作品『ENSEMBLE TOUR 〜ソワレ・ドゥ・ラ・ブリュ〜』のダイジェスト映像も公開! 全会場即日完売を記録したホールツアー最終公演の熱狂の様子を垣間見ることができるので、ぜひチェックしてほしい。

また、シングル「僕のこと」とライブ映像作品『ENSEMBLE TOUR 〜ソワレ・ドゥ・ラ・ブリュ〜』のW購入者特典は、『The Making of ENSEMBLE TOUR』と題されたメイキング未公開映像に決定。それぞれ商品に封入されるダウンロードチラシから映像を視聴することができる。「僕のこと」では映像の前編、『ENSEMBLE TOUR 〜ソワレ・ドゥ・ラ・ブリュ〜』では後編を観ることができるので、ぜひ両方をゲットしてコンプリートしてみてはいかがだろうか。

■シングル「僕のこと」スペシャルページ
https://www.universal-music.co.jp/mrsgreenapple/bokunokoto

シングル「僕のこと」

2019年1月9日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-89399/¥ 1,700(税抜)
<収録曲>
■CD
1.僕のこと
2.灯火
3.Folktale
■DVD
・ 僕のこと Music Video
・ The Making of “僕のこと"
・「ゼンジン未到とプロテスト 〜回帰編〜」 at 札幌ペニーレーン24 on17th November, 2018より厳選した5曲を収録予定



【通常盤】(CD)
UPCH-80509/¥1,200(税抜)

◎購入者特典
■早期予約特典:クリアファイル(A4サイズ)
対象期間:11月17日(土)22:00〜12月02日(日)23:59
※一部お取扱いの無い店舗もございます。(詳しくは店頭にてお問い合わせください。)
※UNIVERSAL MUSIC STOREはこちらからご予約下さい。
http://store.universal-music.co.jp/artist/mrsgreenapple/

■チェーン別オリジナル特典
タワーレコード全店/ TSUTAYA RECORDS全店/HMV全店:2019年カレンダーポスター(B3サイズ※515mm×364mm)
Amazon.co.jp:2019年ポケットカレンダー(サイズ90mm×55mm)
※特典は無くなり次第終了となります。
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。
※一部取扱いのない店舗もございます。(詳しくは店頭にてお問い合わせください。)

■ショップ購入特典:告知ポスター(B2サイズ※728mm×515mm)
※チェーン別オリジナル特典が付く店舗は対象外となります。
※特典は無くなり次第終了となります。
※一部取扱いのない店舗もございます。(詳しくは店頭にてお問い合わせください。)

■『LIVE HOUSE TOUR2018 ゼンジン未到とプロテスト〜回帰編〜』会場特典
(1)ライブ会場限定オリジナルCDジャケット
(2)チェーン別オリジナル特典orショップ購入特典
※(2)に関しては、各会場のCD即売店でどちらが付くかご確認下さい。
※<早期予約特典>クリアファイル(A4サイズ)は対象外となります。

DVD&Blu-ray『ENSEMBLE TOUR 〜ソワレ・ドゥ・ラ・ブリュ〜』

2019年年1月9日(水)発売



【DVD】(2枚組)
UPBH-20235/6/¥5,378(税込)
【Blu-ray】(2枚組)
UPXH-20077/8/¥6,458(税込)
※カラー20P/写真とメンバーインタビュー満載のブックレット付きの豪華仕様

<収録曲>
『ENSEMBLE TOUR 〜ソワレ・ドゥ・ラ・ブリュ〜 @幕張メッセ 国際展示場 2018.09.09』
1.Love me, Love you
2.キコリ時計
3.愛情と矛先
4.StaRt
5.HeLLo
6.Oz
7.日々と君
8.パブリック
9.アウフヘーベン
10.Coffee
11.鯨の唄
12.FACTORY
13.ツキマシテハ 
14.WanteD! WanteD!
15.うブ
16.WHOO WHOO WHOO
17.L.P
18.REVERSE
19.青と夏 
20.Afternoon(未発表曲)
21.SPLASH!!!
22.Speaking
23.They are
24.PARTY
25.Love me, Love you
■Encore
1.光のうた
2.CONFLICT
3.はじまり
■W Encore
29.我逢人
※メンバー5人による2時間40分強に及ぶライブのオーディオコメンタリー付き

◎特典映像
・『「ENSEMBLE TOUR 〜フェット・ドゥ・ラ・ルージュ〜」@幕張メッセ 国際展示場 2018.09.08』
1.ナニヲナニヲ
2.リスキーゲーム
3.道徳と皿
4.ミスカサズ
・幕張ドキュメント映像

◎UNIVERSAL MUSIC STORE限定オリジナルデザインTシャツ
“ENSEMBLE TOUR LIMITED T-SHIRT”をセットした受注生産限定商品を発売
※幕張のライブ写真を画像トレースしてデザインされたオリジナルTシャツです!
※バックプリントはございません。
サイズ:【フリーサイズ】 着丈71cm×身幅53cm×肩幅44cm×袖丈21cm
素材:綿100%
カラー:ネイビー
生産国:ボディ:中国
プリント:日本 PDZN-1017
■DVD(2枚組)+『ENSEMBLE TOUR LIMITED T-SHIRT』
D2BN-1009/¥6,998(税込)
■BD(2枚組)+『ENSEMBLE TOUR LIMITED T-SHIRT』
D2XN-1007/¥8,078(税込)
◎注文受付URL
https://store.universal-music.co.jp/artist/mrsgreenapple/?s13=20190109#itemTitle

【シングル「僕のこと」&DVD&Blu-ray『ENSEMBLE TOUR 〜ソワレ・ドゥ・ラ・ブリュ〜』W購入者特典】

対象商品をご購入頂くと『ENSEMBLE TOUR』のメイキング未公開映像『The Making of ENSEMBLE TOUR』をプレゼント!
シングル、映像商品を両方ご購入頂くとコンプリート出来ます!

■シングル「僕のこと」
The Making of ENSEMBLE TOUR(前編)
■DVD&Blu-ray『ENSEMBLE TOUR 〜ソワレ・ドゥ・ラ・ブリュ〜』
The Making of ENSEMBLE TOUR(後編)

※詳細は、商品に封入されているダウンロードチラシをご確認下さい。
※ダウンロードチラシは、各商品とも初回プレス分に封入しております。



【関連リンク】
Mrs. GREEN APPLE、シングル「僕のこと」ジャケ写&映像作品のダイジェスト公開
Mrs. GREEN APPLEまとめ
THE ALFEE、『大阪国際女子マラソン』のイメージ曲を網羅したアルバム『Last Run!』のジャケ写解禁

【関連アーティスト】
Mrs. GREEN APPLE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, DVD, Blu-ray, シングル, 特典

THE ALFEE、『大阪国際女子マラソン』のイメージ曲を網羅したアルバム『Last Run!』のジャケ写解禁
Thu, 22 Nov 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE ALFEEが12月19日にリリースするアルバム『Last Run!』のジャケット写真が公開された。今作には、1987年の「夢よ急げ」から2018年の「勇気凛々」まで、THE ALFEEが31年間担当した『大阪国際女子マラソン』のイメージソング全31曲が収録される。

THE ALFEEは2018年夏のイベントから『Ch?teau of The Alfee』と銘打ち、キービジュアルに城をモチーフにしたものを打ち出しているが、今作のアルバムのジャケットもそれを踏襲し、荘厳な城をモチーフにしたビジュアルだ。

2019年にデビュー45周年を迎えるTHE ALFEEが、選手たちと共に走り抜けた約30年間の『大阪国際女子マラソン』を1つにしたコンプリートアルバム『Last Run!』。長年『大阪国際女子マラソン』を彩ってきた彼らの曲が網羅されたアルバムは、THE ALFEEのファンだけでなく毎年『大阪国際女子マラソン』を楽しみにしているマラソンファンも満足できる内容となっているので、ぜひ手に取ってほしい。

※注※
1987年〜2018年の32年間ですが、1995年は阪神・淡路大震災のため中止。

アルバム『Last Run!』

2018年12月19日発売



TYCT-60130〜2/¥4,500+税
<収録曲>
■Disc1
01.勇気凛々
02.創造への楔
03.風の翼
04.One Step 〜再始動〜
05.LOVES FOR ONE
06.もう一度ここから始めよう
07.生きよう
08.Let It Go
09.GET YOUR CHANCE
10.Shining Run〜輝く道に向かって〜
■Disc2
01.Wonderful Days
02.Dear My Life
03.ONE
04.ZeRoになれ!
05.夜明けの星を目指して
06.孤独な世代
07.Chaos(カオス)の世界
08.Change the wind
09.自由になるために
10.Beginning of the Time
■Disc3
01.Beyond the Win
02.LIBERTY BELL
03.Glory Days
04.風を追いかけて
05.Running Wild
06.Someday
07.Arcadia
08.FLOWER REVOLUTION
09.High-Heel Resistance
10.It\'s Alright
11.夢よ急げ

【ライブ情報】

『45th Anniversary Best Hit Alfee 2018 秋ノ巻 Ch?teau of The Alfee II』
11月23日(金・祝) 群馬・桐生市市民文化会館シルクホール
12月01日(土) 熊本・市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
12月02日(日) 長崎・アルカスSASEBO
12月08日(土) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
12月09日(日) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
12月14日(金) 長野・上田市交流文化芸術センター(サントミューゼ)
12月15日(土) 新潟・長岡市立劇場
 
『45th Anniversary Best Hit Alfee Final 2018 冬ノ巻 Ch?teau of The Alfee III』
12月23日(日・祝) 東京・日本武道館
12月24日(月・休) 東京・日本武道館
12月29日(土) 大阪・大阪城ホール



【関連リンク】
THE ALFEE、『大阪国際女子マラソン』のイメージ曲を網羅したアルバム『Last Run!』のジャケ写解禁
THE ALFEEまとめ
阿部真央、ベスト盤にも収録される「なんにもない今から」MV公開

【関連アーティスト】
THE ALFEE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム

阿部真央、ベスト盤にも収録される「なんにもない今から」MV公開
Thu, 22 Nov 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

阿部真央が10月24日(水)にリリースしたシングル「変わりたい唄」に収録されている「なんにもない今から」のMVを公開した。

阿部は11月より全国ホールツアー『阿部真央 らいぶNo.8〜Road to 10th Anniversary〜』を開催中。今回のMVでもツアーに帯同するバンドメンバーと車に乗り込んでドライブするという、まさにツアータイトルにある“Road to 10th Anniversary”のロードムービーのような仕上がりだ。また、「なんにもない今から」は“10周年を前にした制作期間の中で突破口となった楽曲”と阿部自身がインタビューでも度々語っている。

この1カ月間で、シングル「変わりたい唄」に収録されている「変わりたい唄」「まだ僕は生きてる」「なんにもない今から」の3曲のMVを立て続けに公開した阿部真央。この3曲は2019年1月23日(水)にリリースされるベストアルバム『阿部真央ベスト』にも収録されるので、こちらもぜひ注目を!

シングル「変わりたい唄」

2018年10月24日(水)発売



PCCA-04700/¥1,200+税
<収録曲>
01.変わりたい唄
02.まだ僕は生きてる
03.なんにもない今から
04.いつもありがとう〜あべまにあの唄〜
ボーナストラック:まだ僕は生きてる(弾き語りVer.)

アルバム『阿部真央ベスト』

2019年1月23日(水)発売



【初回限定盤】(2CD+DVD)
¥4,500(税込)
【通常盤】(2CD)
¥3,000(税込)
<収録曲>
■CD DISC 1(初回限定盤・通常盤共通)
01.ふりぃ
02.キレイな唄
03.デッドライン
04.Don\'t leave me
05.17歳の唄
06.伝えたいこと
07.I wanna see you
08.貴方の恋人になりたいのです
09.いつの日も
10.私は貴方がいいのです
11.未だ
12.モンロー
13.ポーカーフェイス
14.ロンリー
15.morning
16.モットー。
17.じゃあ、何故
18.ストーカーの唄〜3丁目、貴方の家〜
■CD DISC 2(初回限定盤・通常盤共通)
01.側にいて
02.戦いは終わらない
03.天使はいたんだ
04.Believe in yourself
05.それぞれ歩き出そう
06.這い上がれMY WAY
07.Don\'t let me down
08.女たち
09.逝きそうなヒーローと糠に釘男
10.母である為に
11.K.I.S.S.I.N.G.
12.immorality(Arranged by 岡崎体育)
13.喝采
14.まだ僕は生きてる
15.変わりたい唄
16.なんにもない今から
17.クソメンクソガールの唄
18.新曲(タイトル未定)
■初回限定盤DVD
・「変わりたい唄」「まだ僕は生きてる」「なんにもない今から」Music Video
・「変わりたい唄」「まだ僕は生きてる」「なんにもない今から」Music Videoメイキング
・「阿部真央ベスト」ジャケットメイキング
・あべまおらじお〜10周年だよ!超超超超番外編〜メイキング

◎初回生産分封入特典(初回限定盤・通常盤共通)
プレイパス
◎各ライブ会場・各レコードショップ・オンラインサイト先着予約購入特典
阿部真央デザイン「okabeってぃ」缶バッジ(全18種)

【ライブ情報】

『阿部真央 らいぶNo.8 〜Road to 10th Anniversary〜』
12月01日(土) 愛知 日本特殊陶業市民会館フォレストホール(名古屋市民会館)
12月02日(日) 岡山 岡山市民会館
12月07日(金) 長野 ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)・中ホール
12月09日(日) 石川 金沢市文化ホール
12月14日(金) 広島 JMSアステールプラザ 大ホール
12月16日(日) 福岡 福岡サンパレスホテル&ホール
【2019年】
1月11日(金) 大分 J:COM ホルトホール大分 大ホール
1月12日(土) 熊本 市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
1月14日(月・祝) 静岡 静岡市民文化会館 中ホール
1月20日(日) 宮城 仙台電力ホール

『阿部真央 らいぶNo.8 〜10th Anniversary Special〜』
1月22日(火) 東京 日本武道館
1月27日(日) 兵庫 神戸ワールド記念ホール

※終了分は割愛



【関連リンク】
阿部真央、ベスト盤にも収録される「なんにもない今から」MV公開
阿部真央まとめ
曽我部瑚夏、深い森をひとり彷徨う「かみかくし」MV公開

【関連アーティスト】
阿部真央
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, アルバム, ライブ, ツアー

曽我部瑚夏、深い森をひとり彷徨う「かみかくし」MV公開
Thu, 22 Nov 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

北海道在住の20歳、曽我部瑚夏(そかべこなつ)が新曲「かみかくし」のMVを自身のYoutubeチャンネルにて公開した。

曽我部瑚夏はその深く透明な唄声の美しさからCMソングに起用され、寺尾紗穂の北海道ツアーへ抜擢されるなど、注目を集めるシンガーソングライター。公開となったMVは、前作「海底」を手掛けた杉浦穂奈実が演出し、曽我部が傘を片手に深い森をひとり彷徨う印象的な映像作品に仕上がっている。

本人からのコメントも到着したので、こちらも併せてチェックしよう。

■【曽我部瑚夏 コメント】

「めを瞑れば手を引かれている 薄闇から枝が伸びて足を取られる
ひとをひとでなくそうとする森は わたしを離そうとしないのです」



【関連リンク】
曽我部瑚夏、深い森をひとり彷徨う「かみかくし」MV公開
曽我部瑚夏まとめ
BiSH、ソフトバンクのプロモーション動画で6つの音楽ジャンルに挑戦

【関連アーティスト】
曽我部瑚夏
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, ミュージックビデオ, MV

BiSH、ソフトバンクのプロモーション動画で6つの音楽ジャンルに挑戦
Thu, 22 Nov 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BiSHがソフトバンク株式会社の料金プラン『ウルトラギガモンスター+(プラス)』のプロモーション動画に出演することが発表され、11月22日にはYouTubeにその映像が公開された。

プロモーション動画では、BiSHのメンバーがジャンルの“制限”から解放され、アニソン、HIP-HOP、フォーク、EDM、演歌、パンクの6種類の音楽に挑戦。“どんな音楽動画も見放題”と、『ウルトラギガモンスター+』の特長をPRしている。6種類のオリジナルソングをこの動画の為にレコーディングし、さらにHIP-HOPファッション、着物、フォークロアなど様々な衣装に身を包んだ、BiSHの“NO LIMIT”な魅力の伝わる動画に完成した。

12月5日にはメジャー5thシングル「stereo future」のリリース、12月22日に幕張メッセ9~11ホールで過去最大規模のワンマンを控えるBiSH。年末の風物詩『輝く!日本レコード大賞』での新人賞ノミネートに続き、ソフトバンクのプロモーション動画にも起用されるなど、躍進が止まらないBiSHに引き続き注目だ。

シングル「stereo future」

2018年12月5日(水)発売



【初回生産限定盤】(2CD+Blu-ray)
AVCD-94215〜6/B/¥6,800+税
<収録曲>
■CD
01 stereo future
02 S・H・i・T
03 stereo future (GOD EATER 3 Ver.)
■Live CD
2018.08.29 ZEPP TOKYO
TOKYO BiSH SHiNE4
01 NO THANK YOU
02 summertime
03 DA DANCE!!
04 社会のルール
05 BUDOKANかもしくはTAMANEGI
06 本当本気
07 Lonely girl
08 スパーク
09 VOMiT SONG
10 サラバかな
11 デパーチャーズ
12 ぴらぴろ
13 プロミスザスター
14 beautifulさ
15 ALL YOU NEED IS LOVE
16 BiSH -星が瞬く夜に-
■Blu-ray
2018.08.29 ZEPP TOKYO
TOKYO BiSH SHiNE4
01 NO THANK YOU
02 summertime
03 DA DANCE!!
04 社会のルール
05 BUDOKANかもしくはTAMANEGI
06 本当本気
07 Lonely girl
08 スパーク
09 VOMiT SONG
10 サラバかな
11 デパーチャーズ
12 ぴらぴろ
13 プロミスザスター
14 beautifulさ
15 ALL YOU NEED IS LOVE
-ENCORE-
16 BiSH -星が瞬く夜に-
-Music Video
stereo future
-Making Movie

【DVD盤】(CD+DVD)
AVCD-94217/B/¥4,500+税
<収録曲>
■CD
01 stereo future
02 S・H・i・T
■DVD
2018.08.29 ZEPP TOKYO
TOKYO BiSH SHiNE4
01 NO THANK YOU
02 summertime
03 DA DANCE!!
04 社会のルール
05 BUDOKANかもしくはTAMANEGI
06 本当本気
07 Lonely girl
08 スパーク
09 VOMiT SONG
10 サラバかな
11 デパーチャーズ
12 ぴらぴろ
13 プロミスザスター
14 beautifulさ
15 ALL YOU NEED IS LOVE
-ENCORE-
16 BiSH -星が瞬く夜に-

【CD盤】
AVCD-94218/?1,000+税
<収録曲>
01 stereo future
02 S・H・i・T

『BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR FiNAL "THE NUDE" 』

12月22日(土) 千葉・幕張メッセ9・10・11ホール
<チケット>
スタンディング¥7,000 ※ブロック指定
女性限定スタンディング¥7,000 ※ブロック指定
指定席¥7,000



【関連リンク】
BiSH、ソフトバンクのプロモーション動画で6つの音楽ジャンルに挑戦
BiSHまとめ
BUNNY、自身初のオリジナルソングをシングルリリース

【関連アーティスト】
BiSH
【ジャンル】
J-ROCK, 女性アイドル, ニュース, TVCM, CMソング

BUNNY、自身初のオリジナルソングをシングルリリース
Thu, 22 Nov 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

弱冠22歳にして世界から注目を集めている日本人DJのBUNNYが、自身初となるシングル「Sick-Hearted (feat. Becko)」を11月21日にリリースした。

BUNNYは17歳からキャリアをスタートさせ、“高校生DJ”としてSNSを中心に名前を広めていった若手DJ。活動2カ月あまりでSound Cloudに公開した「BTS - Fake Love(BUNNY Remix)」がネット上で話題になりはじめていた矢先、イベント『ULTRA KOREA 2018』に出演したZeddがプレイした。

Zeddはロシア生まれ、ドイツのカイザースラウテルン育ちのDJ、音楽プロデューサー。2017年アレッシア・カーラとコラボしたシングル「Stay」は、全米ラジオ・トップ40で初の1位を獲得し、グラミー賞にも2度ノミネートされ、たくさんの人の心を掴んでいる。Zeddのディスコグラフィー全体を合計すると、ストリーミング回数は50億回以上、そして世界中で1,200万トラック以上を売り上げている超大物だ。そんなZeddはツイッター上で“Love the remix bud! Great job.”とBUNNYへの賞賛メッセージを送るなど、その様子が米ビルボードでも取り上げるほど大きな話題となった。

音楽ルーツにロック/パンクを持ち中学時代からバンドでギターを弾いていたBUNNYは、“いつかダンスミュージックの制作にもパンクのバイブスを持ち込みたいと考えていた”という。その言葉を具現化し、シングル「Sick-Hearted (feat. Becko)」ではフューチャーベース×パンク=“Future Punk”を構築。ゲストシンガーで参加したBeckoは、ULTRAフェス常連のDJ Kayzoの楽曲「Fake Fake Fake」にも参加しているバンド・Xo Sadのメインヴォーカルで、“僕好みなポップパンク系の声質だったので、すぐにオファーすることに決めた”という。彼の目論見通り、ポップなメロディセンスに強烈なパンクスピリットが注入された進化型のサウンドに仕上がっているので、ぜひチェックしてみよう!

シングル「Sick-Hearted (feat. Becko)」

2018年11月21日より配信開始



<配信サイト>
■Spotify
https://linkco.re/PGQZfB7V
■Spotify以外
https://linkco.re/A2y6Zrde

【ライブ情報】

『16th Aniversary -AGEHA PRIDE -』
11月24日(土) 東京・新木場ageHa

『COUNTDOWN to 2019 -YEAR OF PRIDE -』
12月31日(月) 東京・新木場ageHa



【関連リンク】
BUNNY、自身初のオリジナルソングをシングルリリース
Bunnyまとめ
LOVEBITES、バンド史上初の欧州ツアーを完遂

【関連アーティスト】
Bunny
【ジャンル】
J-POP, ニュース, コラボレーション, コラボ, シングル, 音楽配信

LOVEBITES、バンド史上初の欧州ツアーを完遂
Thu, 22 Nov 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ヘヴィメタルバンド、LOVEBITESが4カ国全6公演を行なった初の欧州ヘッドラインツアーの最終公演を11月21日に英国・ロンドンにて開催した。会場のO2アカデミー・イスリントンは、イギリス国内にて数多くのコンサート会場を展開するアカデミー・ミュージック・グループ運営のO2アカデミーのうちのひとつ。最大800人を収容し、マイ・ケミカル・ロマンスやゼブラヘッドをはじめとする著名なロック・バンドがそのステージに立ったことがあり、2013年にはHYDE率いるVAMPSもライヴを行なっている。

英国での公演は、8月のフェスティヴァル『ブラッドストック・オープン・エア』以来3カ月ぶり。フルセットのショウに限って言えば2017年11月28日以来、実に約1年ぶりとなる。英国の老舗メタル専門誌『メタル・ハマー』主催の式典にてベスト・ニュー・バンドを受賞したこともあり、彼女たちのライヴを待ちわびた地元のメタルヘッズが数多く会場に詰め掛け、場内を移動することも容易ではないほどだった。

夜9時なると、「ジ・アウェイクニング」のSEをバックにメンバーがステージに登場。歓声をかき消すかのように、バンド初期のリード曲「ドント・バイト・ザ・ダスト」でショウはスタート。キャッチーでノリの良い楽曲に、オーディエンスの熱気がシンクロしている。曲が終わり、ヴォーカリストのasamiによる“We are LOVEBITES and we play heavy metal!”というお馴染みの口上を挟んでのスラッシュメタルナンバー「ブレイク・ザ・ウォール」に、会場のヴォルテージはさらに上がる。続いて、跳ねるようなリズムが印象的な「スクリーム・フォー・ミー」へ雪崩れ込み、オーディエンスの掛け声が重要なこの曲において、イギリスのファンもきっちりバンドをサポートした。

直後のMCでは、asamiがベーシストのmihoに対して“What comes to mind when you hear London?(ロンドンと言えば何を思い浮かべる?)”と尋ね、お酒好きのmihoが“Cider!! Cheers!!”と答えると和やかな雰囲気に。そしてプレイされたのは、記念すべき1stアルバム『アウェイクニング・フロム・アビス』から、リードトラック「シャドウメイカー」だ。ギターソロの長さとテクニカルな部分が、英国の人気メタルバンド、ドラゴンフォースを想起させると度々言われるLOVEBITESだが、中間部の1分間を超えるmidoriとmiyakoの高速ギターソロに、場内は割れんばかりの歓声だ。

目下の最新作にあたる2ndミニアルバム『バトル・アゲンスト・ダムネイション』から「アバヴ・ザ・ブラック・シー」をプレイしたのち、“ニューアルバム『クロックワーク・イモータリティ』が、JPUレコードを通して、ここイギリスでもリリースされます。1stシングルはすでに配信が開始されてますが、ライヴでプレイするのはこのツアーが初めてです”というasamiの英語のMCから、「ライジング」が披露された。同曲のMVは、ヨーロッパのテリトリーの権利を持つ世界最大メタルレーベルであるニュークリア・ブラスト/アライジング・エンパイア、そして日本のビクターの両アカウントから全世界同時に公開され、注目の新曲だ。イギリス、そしてヨーロッパでも間もなく発売となる2ndアルバム『クロックワーク・イモータリティ』への期待感が高まったことだろう。

破壊力のあるファストナンバー「ザ・ハマー・オブ・ラス」、イントロでmiyakoがキーボードを弾く「ライアー」、壮大かつ高揚感のある「アンダー・ザ・レッド・スカイ」で本編は終了。鳴り止まないLOVEBITESコールに応え、ステージに戻ってきたメンバーたち。“疲れてるの? 眠いんじゃないの?”というasamiの煽りに全力で“No!”と答えたオーディエンスのために、組曲的な「エッジ・オブ・ザ・ワールド」、そして疾走感あるメロディックスピードメタルチューン「ブレイヴハーテッド」をアンコールに配置。もう一度のハイライトを生み出したバンドは、“We are LOVEBITES and we play heavy metal!”というasamiのシャウトと共に、初の欧州ツアーの最終公演は幕を閉じた。

ステージから去る際asamiが、“イギリスは私たちの第2の故郷。またすぐに会おうね!”と発したが、このツアーが、『クロックワーク・イモータリティ』を携えた2019年の海外公演への足掛かりになることは間違いない。そう感じさせてくれるツアーであった。LOVEBITESはこの勢いそのままに、2019年1月からの日本国内ツアーに臨む。

なお、11月23日には新作アルバム『クロックワーク・イモータリティ』からの2ndシングルの配信が開始するので、こちらも要注目だ。

■2ndシングル配信リンク
https://lovebites.lnk.to/clockwork

photo by (c)Saya Camera Lady & Chizzy Kakizawa ※LOVEBITES_Live_London_01を除く

■【コメント】

■asami(Vo)
「LOVEBITES初の欧州ツアー無事完走!控えめに言って.. 最高に楽しかった!!どの国もみんな温かく迎え入れてくれて、且つ、熱く盛り上がってくれました。感無量です。本当に本当にありがとう!!We love u so much!! See you again!! :))」

■midori(Gu)
「初めて行く国々もありましたが、どこの国でも沢山の方が盛り上がってくださって、楽しくライヴできました!移動が多くてタフではありましたが、充実したツアーになったかと思います。ありがとうございました!」

■miyako(Gu)
「公演を重ねるごとにバンド・サウンドがまとまり、良いライヴになっていきました!このままの感じで来年からの日本でのツアーに挑みますので、楽しみにしててくださいね!」

■miho(Ba)
「日本から遠く離れた地にもかかわらず、こんなに多くの方が私達を応援してくれているのかと、感動の日々でした。今回行けなかった国も含め、遠くないうちに戻ってきたいです!」

■haruna(Dr)
「初めての海外ツアーで、楽しみな反面、ハードなスケジュールに不安もありましたが、予想を遥かに超える盛り上がりと沢山の熱い声援をいただいて、とても楽しく最高なライヴが出来ました!来年の国内ツアーもこの勢いで突っ走っていきたいです!」

アルバム『LOCKWORK IMMORTALITY』

2018年12月5日発売



【完全生産限定盤A】(CD+Blu-ray)
¥5,500+税
【完全生産限定盤B】(CD+DVD)
¥4,500+税
【通常盤】(CD)
¥2,900+税
<収録曲>
1. Addicted / アディクテッド
2. Pledge Of The Saviour / プレッジ・オブ・ザ・セイヴィアー
3. Rising / ライジング
4. Empty Daydream / エンプティ・デイドリーム
5. Mastermind 01 / マスターマインド01
6. M.D.O. / M.D.O.
7. Journey To The Otherside / ジャーニー・トゥ・ジ・アザーサイド
8. The Final Collision / ザ・ファイナル・コリジョン
9. We The United / ウィ・ザ・ユナイテッド
10. Epilogue / エピローグ


『CLOCKWORK IMMORTALITY TOUR IN JAPAN 2019』

1月12日(土) 大阪・梅田クラブクアトロ
1月13日(日) 愛知・名古屋E.L.L
1月27日(日) 東京・マイナビBLITZ赤坂
2月10日(日) 福岡DRUM SON
2月15日(金) 宮城・仙台MACANA
2月23日(土) 北海道・札幌DUCE SAPPORO
※チケット一般発売: 12月8日(土)正午



【関連リンク】
LOVEBITES、バンド史上初の欧州ツアーを完遂
LOVEBITESまとめ
Kis-My-Ft2、デビュー7周年イヤーに7曲目のCMタイアップが決定

【関連アーティスト】
LOVEBITES
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

Kis-My-Ft2、デビュー7周年イヤーに7曲目のCMタイアップが決定
Thu, 22 Nov 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Kis-My-Ft2の最新曲「Hurray! Hurray!」が、11月22日より放送となるベネッセ『進研ゼミ中学準備講座』のCMソングに決定したことが分かった。

同CMのために書き下ろされた「Hurray! Hurray!」は、勉強をはじめ、仕事、スポーツ、家事から趣味まで、どんなことでも何かを頑張る人たちの背中を少しでも押すことができたらという思いで作られた応援ソング。 “自分を信じて立ち向かう心こそが、揺るぎない強さになる。答えはきっとその先にあるからー。そして、その頑張りを誰かがちゃんと見ていてくれるからー”というメッセージが込められている。また、2018年にキスマイの楽曲がCMソングとして起用されるのは今回で7曲目で、音楽シーンでもデビュー7周年に相応しい活躍だ。

なお、新曲のリリースは未定とのこと。デビュー7周年の集大成として11月28日には初の5大ドームツアー『LIVE TOUR 2018 Yummy!! you&me』のDVD&Blu-rayもリリースされるKis-My-Ft2。リリースに先駆けてオフィシャルサイトでは、これまでデビュー7年間でリリースされた楽曲全240曲の中から、ユーザーが自分好みの“マイプレイリスト”が作成できるという画期的な『キスマイプレイリスト』機能もスタート。オフィシャルサイト上で誰でも簡単にアクセスでき、無料で楽しむことができる。

『キスマイプレイリスト』は試聴サイズで最大15曲までのプレイリストとなるが、自分が試聴するだけではなく、TwitterやFacebookでシェアすることも可能で、公開以降ファンのアクセスが殺到。すでに作成された“マイプレイリスト”数は何と2万パターンを超えているといい、SNS上でも拡散されている。『キスマイプレイリスト』やYouTube上で公開されているライブ映像も合わせて楽しんでみてはいかがだろうか。

また、12月には大阪、東京にて開催するドーム公演『Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2018 YOU&ME Extra Yummy!!』も決定し、12月24日から生放送の24時間ラジオ『ラジオチャリティミュージックソン』のメインパーソナリティーにも抜擢するなど、年末に向けてKis-My-Ft2の話題がさらに加速していきそうだ。

【2018年 Kis-My-Ft2 CMタイアップ曲一覧】

・東京インテリアCMソング:「HOME」
・セブンネットショッピングCMソング:「Mr.Star Light」
・コーワ「ウナコーワクール」CMソング:「L.O.V.E.」
・ヤマザキ「夏のおいしくチョイス!キャンペーン」CMソング:「セルフィー」
・第一興商「LIVE DAM STADIUM」CMソング:「Because I Love You」
・コーワ「ホッカイロ新ぬくぬく当番」CMソング:「君、僕。」
・ベネッセ「進研ゼミ中学準備講座」CMソング:「Hurray! Hurray!」
※発表順
※CMソング以外にドラマ主題歌TV番組テーマ曲も含めるとタイアップ曲は9曲



【関連リンク】
Kis-My-Ft2、デビュー7周年イヤーに7曲目のCMタイアップが決定
Kis-My-Ft2まとめ
竹内まりやのヒットを探る「臼井孝のヒット曲探検隊 〜アーティスト別 ベストヒット20」

【関連アーティスト】
Kis-My-Ft2
【ジャンル】
J-POP, 男性アイドル, ニュース, CMソング

竹内まりやのヒットを探る「臼井孝のヒット曲探検隊 〜アーティスト別 ベストヒット20」
Thu, 22 Nov 2018 18:00:00 +0900


CD、音楽配信、カラオケの3部門からヒットを読み解く『臼井孝のヒット曲探検隊』。この連載の概要については、第1回目の冒頭部分をご参照いただきたい。ただし、第5回の安室奈美恵からは2017年末までのデータを反映している。

■スローペースな音楽活動ながら 第一線をキープ

目まぐるしく移り変わる日本の音楽界の中で、竹内まりやは最も幸運な立ち位置で活動しているアーティストの一人だろう。なにしろ、デビュー当時はバラエティー色のある音楽番組やレコード会社対抗運動会などタレント的な活動を並行しつつもその数年後から自然な形でシンガーソングライターに移行し、82年の山下達郎との結婚後は数年に1枚アルバムをリリースするというスローペースを維持、その合間も女性アイドルを中心とした楽曲提供が途絶えることがなく、ほぼ第一線をキープしているのだから。

具体的に2018年末現在、新録アルバム(オリジナル+カバー)の作品数を、日本の3大女性シンガーソングライターで比較してみると、1972年デビューの松任谷由実が39作、1975年〜の中島みゆきが42作、そして1978年〜の竹内まりやが12作と、他の2人に比べて圧倒的に少ない。勿論、時代に左右されないエバーグリーンでハイクオリティーな作品が多いから当然だという意見もありそうだが、新作を発表しないうちに売上を大きく落としてしまう邦楽アーティストが大半の中、竹内の場合は作品が出るたびに「○年ぶりの新作!」と大きな話題となるので、やはり恵まれた状況にあるのは間違いないだろう。

■竹内まりや×山下達郎のタッグにより、30年間にわたってアルバムが連続ヒット

そんな彼女は1955年島根県出身で、慶應義塾大学での音楽サークルでの活動を経て、1978年11月25日にシングル「戻っておいで・私の時間」とアルバム『BEGINNING』で同時デビュー。デビュー当時はTV番組にも多数出演しており、1979年にシングル「SEPTEMBER」で日本レコード大賞新人賞を受賞、翌1980年には資生堂の化粧品ソング「不思議なピーチパイ」で『ザ・ベストテン』にも登場、同作を収録した3rdアルバム『LOVE SONGS』は初のオリコン週間1位にもなった。

1982年にはレーベルメイトで音楽的な相談相手でもあった山下達郎と結婚し、出産した1984年、アルバム『VARIETY』以降は基本的には本人が全楽曲の作詞・作曲をし、山下達郎が全面プロデュースするというスタイルが定着。以降、結婚生活や山下達郎の音楽活動を優先したマイペースな音楽活動ながら30数年間にわたって発表した7枚のアルバムはいずれも週間1位レベルの高セールスとなっている。

■人気アイドルへの楽曲提供でも ヒット曲多数

これだけ寡作ながら常にアーティストとしての現役感を保っているには、1980年以降に始めたアイドルを中心とした楽曲提供も大きいだろう。河合奈保子の「けんかをやめて」の初TOP10入りを皮切りに、薬師丸ひろ子、岡田有希子、中山美穂、中森明菜、広末涼子、松田聖子などのヒット・シングルやアルバムのリード曲を手がけており、常に話題となってきた。また、2016年には竹内が作詞、山下が作曲した嵐の「復活LOVE」も50万枚以上のヒットとなっている。

■2018年はデビュー40周年、 数少ないメディア露出も自然体

さらに、2018年には約4年ぶりとなる両A面のCDシングル「小さな願い/今を生きよう(Seize the Day)」を発表、またデビュー40周年を記念して過去の貴重なLIVE映像をまとめた『souvenir the movie〜Mariya Takeuchi Theater Live〜』の映画館での上映も開始される。

山下達郎のラジオ番組など年1〜2回のペースでラジオ番組に出演したり、近年の自身の作品でライナーノーツを手がけたりする際に垣間見える、男気すら感じさせるほどサバけている本人のキャラクターも魅力的だ。特に、ライナーノーツはもともと音楽編集者を目指していたということもあり、各作品やアーティストに対する愛情が溢れていて、何度も読み返したくなるほど。

「souvenir the movie 〜MARIYA TAKEUCHI Theater Live〜 」特報映像

タレント・シンガーとして、シンガーソングライターとして、楽曲提供者として多面的に人気を築いてきた竹内にはどんな曲が総合的にヒットしているのか、以下見ていこう。

■総合1位は1989年の『火サス』主題歌

総合1位は1989年から翌年末に使われた『火曜サスペンス劇場』主題歌の「シングル・アゲイン」。シングルは当時の年間TOP10級となる約54万枚で自身2番目のセールス、配信やカラオケでもロングヒット、さらに発売当時は有線放送では圧倒的な人気で1989年の年間1位を獲得し、1990年も年間10位、その後も長くリクエスト上位が続いた。

本作はテレサ・テンが歌ってもヒットしそうなほど歌謡曲テイストのミディアム・バラードで、歌詞のテーマも、かつての恋人がまた独りに戻って心がさわめくという、なんともドラマティックな内容だ。その“火サス”効果もあり、CDは32週にわたってTOP100に入る自身最長のヒットとなった。なお、総合9位の「告白」も「シングル・アゲイン」に続いて同番組の主題歌に起用された。こちらも既に幸せな女性がかつての恋人から告白されるという内容で、前作と繋がりが感じられるドラマティックなスロー・バラード。本当に彼女はクライアントも視聴者の需要もよく分かっていると感心するばかりだ。

■総合2位と4位は1990年代の トレンディドラマ主題歌

総合2位は1994年の「純愛ラプソディ」。ドラマタイアップ・ブームの90年代前半に発売されたこともあって、CDは約90万枚で自身最高のセールスとなっている。また、本作はドラマ『出逢った頃の君でいて』の主題歌でもあり、主演の酒井法子が演じるOLが妻子ある男性(陣内孝則)に恋してしまうという不倫ドラマだったが、“遅すぎためぐり逢い”を敢えて明るい曲調や歌声で表現することで、内館牧子原作のドラマのドロドロ感を緩和する役割をしていたことも大きい。

総合4位にランクインした1998年の「カムフラージュ」もドラマ『眠れる森』の主題歌。こちらは中山美穂と木村拓哉がカップルを演じたヒット確実のドラマという触れ込みもあって、自身初、現在のところ唯一となるオリコン1位曲で、CDは約46万枚のヒット。そして、そのミステリアスなドラマの内容に合わせたのか、歌詞をよく読みといて聴けば心に沁みるようなラブソングだ。こちらもシリアスなドラマを緩和する穏やかさや、最後は悲しい結末にならないであろうと安心感があり、大ヒットドラマの陰の功労者と言えよう。

それにしても、総合TOP20には前述の1位、2位、4位のほか、6位「人生の扉」、7位「家(うち)に帰ろう」、9位「告白」、11位「もう一度」、13位「いのちの歌」、14位「真夜中のナイチンゲール」、15位「幸せのものさし」、16位「天使のため息」、19位「恋の嵐」、20位「ロンリー・ウーマン」と総合TOP20内に合計13作ものドラマタイアップ曲がランクインしている。1989年から2000年頃までは“ドラマタイアップ=CDヒット確実”と言われ、そのヒット・スキームはドラマティックな歌詞や視聴者に寄り添える穏やかな歌声の竹内にはいっそう当てはまったのだろう。もうドラマ関連曲だけでアナザー・ベストが出せそうなほどだ(微笑)。

■総合3位と5位は、珠玉の歌姫への 提供曲のセルフカバー

そして、総合3位は1987年にアルバム『REQUEST』内に収録された「駅」。本作は、その前年末に中森明菜のアルバム『CRIMSON』用に提供された、かつての恋人を駅で見かけるという切ないバラードをセルフカバーしたものだ。竹内版の「駅」は1987年末にシングル・カットされ、有線放送で年間3位となる人気で、1991年には映画『グッバイ・ママ』の主題歌に起用されてCDシングルが再ヒットしたため、竹内まりや版をオリジナルだと思っている人も多いかもしれない。実際、「駅」が有線やカラオケでじわじわ売れていったことが、『REQUEST』の3年越しでのミリオンヒットの主要因だろうし、21世紀になって解禁された配信部門ではダントツの1位、そしてカラオケもここ数年、彼女の中で最大人気曲なのだから(もし、アルバムより先にシングルが発売されていたら、まりや版「駅」もシングルヒットしていて、総合1位だったかもしれない)。

ただし、中森明菜版と竹内まりや版は、それぞれの世界観が確立していて聴こえ方がまるで異なるのが興味深い。明菜版は“ありふれた夜がやってくる”ように、さりげなく過去の恋を想い出す程度で冷たい街に紛れていく都会の女性が登場するのに対し、竹内版は彼が“私だけ(を)愛してたこと”に気づいて後悔しまくるというメロドラマ風に仕上がっている。それぞれの一流の解釈の違いを楽しんでみてはどうだろうか。

こちらは、竹内と同レーベルの藤澤ノリマサのカバーによる「駅」

総合5位の「元気を出して」もセルフカバー作だ。提供作のセルフカバーが人気曲のうち2作を占めるというのも竹内まりやの大きな特徴だろう。特に配信とカラオケでは、ともに1位が「駅」、2位が「元気を出して」と、なんとセルフカバーが上位を独占しているのだから。それだけクオリティーの高い作品を、それぞれの歌手に提供したということだ。あるいは、中森明菜や薬師丸ひろ子といった類まれなスターが、竹内の中の作家能力を引き出したのだろう。そして、そこに竹内の歌声が乗ることで、より時代性を感じさせないエバーグリーンな作品となったのであろう。

「元気を出して」は1984年に薬師丸ひろ子のアルバム『古今集』用に提供したバラードを、1987年のアルバム『REQUEST』にて竹内も歌唱。竹内の発売後にSEIKOやTBCなどのCMに起用されたり、2003年の島谷ひとみがさらにカバーしてヒットしたりと、今では“エールソング”の定番となっている。《彼だけが 男じゃないことに気付いて》という1フレーズも、女性共感度の高さを象徴する竹内まりやらしい歌詞だ。ちなみに、薬師丸バージョンでは竹内がコーラスに参加し、竹内バージョンでは薬師丸がコーラスに参加している。

アルバム『REQUEST -30th Anniversary Edition』Trailer (猫の恋)

■「駅」「元気を出して」「人生の扉」…ファンの人気曲はいずれもアルバム発

総合6位の「人生の扉」についても触れておきたい。本作は2007年にアルバム『Denim』に収録され、その後のシングル「チャンスの前髪」にリカットで収録されている。20歳、30歳、40歳…、そして90歳以上と、それぞれの年齢で感じること、感じていたいことを歌にした穏やかなバラードで、桜や紅葉を《この先いったい何度 見ることになるだろう》というフレーズも実に印象的。年輩のタレントやミュージシャンが、この歌に励まされたといってメディアで紹介することも多い。決して派手ではないが確実に人々の心に浸透しているようだ。

ちなみに、2008年のベスト盤『Expressions』発売時のファン投票で1位になったのが「駅」、2位が「人生の扉」、そして3位は「元気を出して」で、いずれも最初はシングルではなくアルバム収録だった点も興味深い。彼女もまた、シングルだけでは評価できない偉大なアーティストということだろう。

■自作曲以外での最大人気は 「不思議なピーチパイ」

総合1位から9位まで自作曲が並ぶ中、10位でようやく初期の出世作となった1980年の「不思議なピーチパイ」が登場。本作は作詞:安井かずみ、作曲:加藤和彦のお洒落でポップなミディアム・チューンで、資生堂『春のキャンペーンソング』に起用されシングル・レコードは約39万枚のヒット。確かに♪かーくしきれない気分は ピーチパ〜イというサビは、当時TVを観ていた人ならばほぼ全員が口ずさめるほどの強烈なインパクトがあるが、果たしてどれだけの人が“ピーチパイ”をイメージできたのかと個人的にはとても気になる(笑)。

ちなみに、この「不思議なピーチパイ」の前年に発表した「ドリーム・オブ・ユー〜レモンライムの青い風〜」や「SEPTEMBER」は、ともにシングル・レコードは累計10万枚台のヒットながら、どちらも半年近くTOP100にチャートインしている。どちらも自作ではないが安定した人気を誇り、当時発売されたアルバム『UNIVERSITY STREET』も累計20万枚を超えるヒットとなっていた。つまり、デビュー当時から既にシングルよりもアルバムで聴きたいアーティストだったようだ。これも凄腕のミュージシャンによる一流サウンドをバックに爽やかな雰囲気を醸し出すヴォーカリストとして、当時から高い評価を得ていたからではないだろうか。

なお、総合TOP20入りしているものの、「告白」「マンハッタン・キス」「不思議なピーチパイ」などの人気曲は2018年現在、配信されているのはAmazonのストリーミング・サービスのみで、今後解禁されることを期待したい。

■ドラマ主題歌、セルフカバー、 そしてクリスマスのケンタッキー!

また、95年当時、ケンタッキーフライドチキン(KFC)CMソングとして起用されたパーティー・ソングの「今夜はHEARTY PARTY」が総合8位(歌詞中に《キムタクさえも かすむような男》と出てくることから、木村拓哉本人にコーラスとセリフを依頼したというのも話題に)。近年のクリスマス時期にディズニー映画のようなゴージャスなサウンドで、もう“チキンを食べなきゃクリスマスじゃない”とCM内で迫ってくるのが2001年作品の「すてきなホリデイ」で、こちらは総合17位。今やKFCも、ドラマ主題歌やセルフカバーに次ぐ彼女の代表ブランドとも言えるだろう。この他にも語りたい名曲はあるが、長くなるので総合TOP20からはここまでとさせていただく。

■総合TOP20には入っていないのに、 実は海外で大人気!!

ちなみに、海外では1984年のアルバム『VARIETY』に収録され、翌年にEXTENDED CLUB MIXとして12インチ・シングルにてリカットされた「PLASTIC LOVE」が動画サイトで2000万回を超えるほどの人気となっている(YouTubeのコメント欄を見ると9割以上が英語)。日本ではレコードは当時1万枚以下、配信やカラオケ部門でも20位台でそこそこ定評はあるものの、海外での人気は比べ物にならないほど高い。

本作はあえてビートの強いディスコ・チューンにすることで、愛に傷ついて不毛に遊びまくる女性を表現しているが、バンド・サウンドに絡んでくる管楽器や弦楽器の演奏も絶妙で、海外で人気ということは、その山下達郎が編曲したカッコいいサウンドや、カレン・カーペンターにも通じる凛とした歌声が高評価されているということだろうか。あるいは、同じく海外評価の高い大貫妙子がバック・コーラスで参加していることも一因か。いずれにせよ、今後、Spotifyなどで竹内まりやや山下達郎の楽曲が解禁されれば、日本のすぐれたアーティストや楽曲が逆輸入という形で注目されることも増えるかもしれない。

■最後のフレーズにヒットの秘訣が!?

最後に、ムダ知識を一つ。以下に総合1位から9位の竹内まりやが作詞した楽曲の歌詞の最後のフレーズを並べてみた。

もうお分かりになった方もいるだろう。そう、彼女の人気曲のうち、半数以上が英語で締めくくられているのだ。「純愛ラプソディ」のように、その大半の歌詞が日本語なのに、ラストになると突如英語が現れるというのも少なくない。

しかし、だからこそポピュラーソングのような雰囲気が醸し出され、楽曲の普遍性が増している気がする(←やや強引な解釈(笑))。今でも変わらぬ穏やかなアルトの歌声と、優しいメロディーは永遠の人気なので、今後も新たな名曲が聞けることだろう。

プロフィール
臼井 孝(うすい・たかし)
1968年京都府出身。地元大学理学部修了→化学会社勤務という理系人生を経て、97年に何を思ったか(笑)音楽系広告代理店に転職。以降、様々な音楽作品のマーケティングに携わり、05年にT2U音楽研究所を設立。現在は、本業で音楽市場の分析や配信サイトでの選曲、さらにCD企画(松崎しげる『愛のメモリー』メガ盛りシングルや、演歌歌手によるJ-POPカバーシリーズ『エンカのチカラ』)をする傍ら、共同通信、月刊タレントパワーランキングでも愛と情熱に満ちた連載を執筆。Twitterは @t2umusic、CDセールス、ダウンロード、ストリーミング、カラオケ、ビルボード、各番組で紹介された独自ランキングなどなど、様々なヒット情報を分析してお伝えしています。気軽にフォローしてください♪



【関連リンク】
竹内まりやのヒットを探る「臼井孝のヒット曲探検隊 〜アーティスト別 ベストヒット20」
竹内まりやまとめ
Keishi Tanaka × the band apart、全国6会場にて2マンツアーを開催

【関連アーティスト】
竹内まりや
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 連載コラム, 臼井孝のヒット曲探検隊-アーティスト別ベストヒット20

Keishi Tanaka × the band apart、全国6会場にて2マンツアーを開催
Thu, 22 Nov 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Keishi Tanakaとthe band apartが2019年1月7日(月)代官山UNIT公演を皮切りに、1月27日(日)沖縄Output公演までの全国6会場で2マンツアー『SMOOTH LIKE NEW KICKS TOUR』を開催することが分かった。

この2組は、6月にFLAKE SOUNDSからスプリット7inchシングル「Break It Down / Falling in Love」をリリースし、ライブ会場を中心に即完売したほか、Spotify本社で行なったプレミアムライブなどで話題となった。今回のツアーは、その作品から始まった一連の流れの最終章として行なわれる。また、『SMOOTH LIKE NEW KICKS』は2016年に開催してSOLD OUTとなった共同主催イベントで、今回は待望のツアー開催だ。

バンドでの対バン、弾き語りでの共演、DJでレギュラーイベントを持つなど、かねてから親交も深いこの2組だからこその各地特別なライブとなるだろう。チケットは、11月22日(木)12時よりオフィシャル先行を受付中なので、要チェック!

■『Keishi Tanaka × the band apart SMOOTH LIKE NEW KICKS TOUR』

【2019年】
1月07日 (月) 代官山・UNIT
1月13日 (日) 静岡・UMBER
1月14日 (月・祝) 京都・磔磔
1月19日 (土) 福岡・Kieth Flack
DJ出演:KAZUO / SHOTA-LOW
1月20日 (日) 高松 TOONICE
1月27日 (日) 沖縄 Output

<チケット>
■オフィシャル先行(抽選)
11月22日(木)12:00〜11月29日(木)23:59
http://eplus.jp/kt-tba/

7インチアナログ「Break It Down / Falling in Love」

2018年6月20日発売



FLAKES-194/?1,500(税抜)
<収録曲>
■A面
1.Break It Down / Keishi Tanaka
■AA面
2.Falling in Love / the band apart




※AA面ジャケット



【関連リンク】
Keishi Tanaka × the band apart、全国6会場にて2マンツアーを開催
Keishi Tanakaまとめ
the band apartまとめ
山下達郎、2018年の『クリスマス・イブ』スペシャルパッケージは映画『未来のミライ』とコラボ

【関連アーティスト】
Keishi Tanaka, the band apart
【ジャンル】
ライブ・フェス, ニュース

山下達郎、2018年の『クリスマス・イブ』スペシャルパッケージは映画『未来のミライ』とコラボ
Thu, 22 Nov 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

山下達郎が2018年のクリスマス・スペシャル・パッケージ『クリスマス・イブ』を、12月11日(火)〜12月25日(火)の期間限定でリリースすることを発表した。

今作は、現行商品である『クリスマス・イブ』(30th Anniversary Edition)をベースに、山下達郎がオープニングテーマ・エンディングテーマを手がけた映画『未来のミライ』(細田守監督/スタジオ地図作品)とコラボした描き下ろしイラストによる豪華三方背ボックス仕様。映画を盛り上げたシングル「ミライのテーマ/うたのきしゃ」に続き、『未来のミライ』とのタッグが再び実現した。

イラストは細田守監督によるディレクションのもと、作画監督の青山浩行によって描き下ろされたもの。映画の主人公、4歳の男の子“くんちゃん”と妹の“ミライちゃん”が描かれ、とても温かみのあるキュートな新ジャケットとなった。また、商品には同イラストのクリスマスカードも封入される。

ポップ史に輝く永遠のクリスマス・スタンダード「クリスマス・イブ」は、2017年前人未踏の32年連続オリコン週間シングルランキングTOP100入りを果たしており、2018年は33年連続チャートインの記録樹立に高い注目が集まっている。さらに「クリスマス・イブ」は現在、吉沢亮と玉城ティナが出演する『G-SHOCK 2018 WINTER MOVIE』のキャンペーンソングとしても使用されており、この名曲は、今年も全国各地のクリスマスに彩りを与えることとなるだろう。

2018 クリスマス・スペシャル・パッケージ『クリスマス・イブ』

2018年12月11日(火)〜12月25日(火)
※クリスマスまでの期間限定販売



WPCL-11665/¥1,000+税
<収録曲>
1.クリスマス・イブ
2.ホワイト・クリスマス
3.クリスマス・イブ(イングリッシュ・バージョン)
4.クリスマス・イブ(アコースティック・ライブ・バージョン)
5.クリスマス・イブ(オリジナル・カラオケ)
Produced & Arranged by Tatsuro Yamashita
※収録曲は、2013年にリリースした『クリスマス・イブ』(30th Anniversary Edition)と同内容となります。



【関連リンク】
山下達郎、2018年の『クリスマス・イブ』スペシャルパッケージは映画『未来のミライ』とコラボ
山下達郎まとめ
シド、全31公演の全国ツアーを完走し、横浜アリーナ公演の詳細を発表

【関連アーティスト】
山下達郎
【ジャンル】
J-POP, ニュース, コラボレーション, コラボ, エンディング, オープニング, 映画

シド、全31公演の全国ツアーを完走し、横浜アリーナ公演の詳細を発表
Thu, 22 Nov 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シドが、全31公演SOLD OUTの全国ツアー『SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 「いちばん好きな場所 2018」』を完走。各地熱狂のままファイナルとなる11月21日の東京・マイナビBLITZ 赤坂公演を迎え、兼ねてから話題を集めていた、2019年3月10日(日)に行なわれる横浜アリーナ公演『SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ 〜その未来へ〜』の詳細を発表した。

横浜アリーナ公演は、バンド結成15周年のGRAND FINALとしてアニバーサリーイヤーを締め括るのみならず、その先の未来を示していく意図を感じるタイトルにより一層ライブへの期待も高まる。チケットの先行予約は11月22日(木)よりファンクラブにて行なわれ、一般発売は2019年2月9日(土)からスタートする。

さらに、2019年早春には、マガジン『シド×ぴあ』が発売されることも発表された。巻頭表紙は完全撮り下ろしで、独占インタビューも掲載。ぴあでしか見れないシドが詰まった一冊になるとのことなので、こちらもお楽しみに。

photo by 今元秀明

■『SID 15th Anniversary GRAND FINAL at 横浜アリーナ 〜その未来へ〜』

2019年3月10日(日) 神奈川・横浜アリーナ

<チケット>
全席指定 ¥7,500(税込) 
※未就学児童入場不可

■ID-S BASIC優先予約
11月22日(木)12:00〜11月27日(火)16:00
※11月20日(火)中に入会が完了している方が対象となります。

■ID-S LIGHT優先予約
11月28日(水)12:00〜12月04日(火)16:00
※11月26日(月)中に入会が完了している方が対象となります。

■ID-S BASIC 2次先行
12月05日(水)12:00〜12月11日(火)23:00
※12月03日(月)中に入会が完了している方が対象となります。



【関連リンク】
シド、全31公演の全国ツアーを完走し、横浜アリーナ公演の詳細を発表
シドまとめ
島谷ひとみ、映画『カメ止め』主演俳優が出演するショートムービーをGYAO!独占先行配信

【関連アーティスト】
シド
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ツアー, チケット

島谷ひとみ、映画『カメ止め』主演俳優が出演するショートムービーをGYAO!独占先行配信
Thu, 22 Nov 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

島谷ひとみが11月28日(水)にリリースする9枚目のアルバム『misty』のリリース記念企画として、映像配信サービス『GYAO!』でショートムービー『musical short Movie『misty』』を独占先行配信スタート! 

本映像は、『misty』から「The Bright Side」「gentle rain」の2曲を使用しており、話題の映画『カメラを止めるな!』で主演を務めた俳優・濱津隆之と、映画の主題歌を担当した女優の山本真由美が出演。島谷ひとみが演じる“恋の女神”が恋模様の行方を見守り、追いかけるというストーリーで、めまぐるしい心の移り変わりをスピーディーな長回し1カット撮影で表現している。

さらに『GYAO!』では、11月22日(木)より島谷ひとみの既発曲のMVをアップしており、2ndシングル「解放区」から最新シングル「Golden Lady」を1日1曲ずつ配信して行く予定なので、こちらも併せてチェックしてほしい。

■【GYAO! 配信概要】

■『GYAO! musical short Movie「misty」by 島谷ひとみ』
配信日時:11月22日 (木)0:00〜
視聴URL: https://gyao.yahoo.co.jp/player/00071/v10120/v1000000000000004079/

■『GYAO!島谷ひとみMV 配信概要
配信タイトル: 2ndシングル「解放区」から最新シングル「Golden Lady」までを続々配信!
視聴URL:https://gyao.yahoo.co.jp/p/00071/v10120/
配信日時:11月22日 (木)0:00〜より1日1曲配信



【関連リンク】
島谷ひとみ、映画『カメ止め』主演俳優が出演するショートムービーをGYAO!独占先行配信
島谷ひとみまとめ
フジファブリック、新曲「破顔」がアニメ『3D彼女』第2シーズンEDテーマに決定

【関連アーティスト】
島谷ひとみ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 音楽配信

フジファブリック、新曲「破顔」がアニメ『3D彼女』第2シーズンEDテーマに決定
Thu, 22 Nov 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フジファブリックの新曲「破顔」が、2019年1月からスタートするTVアニメ『3D彼女 リアルガール』第2シーズンのエンディングテーマに決定! 山内総一郎(Vo&Gu)が作詞作曲を務めた「破顔」は、1月23日発売のニューアルバム『F』に収録される。今回のタイアップ決定に寄せて山内からのコメントも到着した。

『3D彼女 リアルガール』は、那波マオ原作による同名タイトル漫画をアニメ化したもので、コミックは電子含め累計145万部を突破し、2018年4月から6月にテレビアニメ第1シーズンの放送がスタート、9月には実写映画を公開したばかりだ。アニメの第2シーズンは2019年1月期に日本テレビAnichU枠ほかにて放送を予定しているので、ご覧の際にはぜひエンディングにも注目してほしい。

■【山内総一郎(Vo&Gu)コメント】

「エンディングテーマとして『3D彼女 リアルガール』に関わることができて大変光栄に思っています。2ndシーズン、クライマックスに向かって加速する物語のスピード感、変わっていくもの、変わらないものの普遍性をテーマに音楽を作りました。アニメーションの中でどう化学変化が起きるのか、今からO.Aを楽しみにしております!!」

(c)那波マオ/講談社・アニメ「3D彼女 リアルガール」製作委員会

アルバム『F』

2019年1月23日発売



<収録曲>
「手紙」
「破顔」※TVアニメ『3D彼女 リアルガール』エンディングテーマ
「恋するパスタ」※SHARP:スマートフォンAQUOSフラグシップモデル「AQUOS R2」CMソング
など収録
※その他詳細は後日発表

TVアニメ『3D彼女 リアルガール』第2シーズン

2019年1月より、日本テレビAnichU枠ほかにて放送予定

■アニメ公式サイト http://www.3dkanojo-anime.com
■アニメ公式twitter https://twitter.com/3Dkanojo_anime

【ライブ情報】

■『フジファブリック LIVE TOUR 2019』
【2019年】
3月02日(土) 神奈川・横浜BAY HALL
3月09日(土) 広島・CLUB QUATTRO
3月10日(日) 福岡・DRUM LOGOS
3月16日(土) 愛知・Zepp Nagoya
3月21日(木) 北海道・札幌 PENNY LANE24
3月24日(日) 宮城・仙台 Rensa
3月30日(土) 石川・金沢 EIGHT HALL
4月06日(土) 新潟・NIIGATA LOTS
4月14日(日) 東京・Zepp DiverCity
4月19日(金) 大阪・Zepp Osaka Bayside

■『フジファブリック 15th anniversary SPECIAL LIVE at 大阪城ホール2019「IN MY TOWN」』
10月20日(日) 大阪・大阪城ホール
※詳しくは"フジファブリック15周年SPECIAL SITE"にて http://www.fujifabric.com/special/15th/



【関連リンク】
フジファブリック、新曲「破顔」がアニメ『3D彼女』第2シーズンEDテーマに決定
フジファブリックまとめ
伊藤美来、ニューシングルの表題曲がアニメ『上野さんは不器用』のオープニング曲に決定

【関連アーティスト】
フジファブリック
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, 発表, エンディング

伊藤美来、ニューシングルの表題曲がアニメ『上野さんは不器用』のオープニング曲に決定
Thu, 22 Nov 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

伊藤美来の5thシングル「閃きハートビート」の表題曲が、TVアニメ『上野さんは不器用』のオープニング主題歌に決定! シングルは2019年1月16日(水)にリリースとなる。

本シングルに収録される2曲の作曲とアレンジを担当するのは、fh?naのリーダーでもある佐藤純一。「閃きハートビート」は、軽やかなステップが踏みたくなる軽快なリズムに、可愛らしさとちょっとの切なさが盛り込まれた歌詞が乗った、22歳の伊藤美来に歌ってもらいたい、たくさんのときめきが込められた一曲に仕上がった。

『上野さんは不器用』は、『このマンガがすごい!2017』で『第3回次にくるマンガ大賞』にノミネートされ、WEBでも話題沸騰、コミックは既刊4巻累計で18万部(電子版を含む)を突破した作品。アニメはTOKYO MX、BS11、J:COMテレビにて2019年1月より放送開始予定なので、オンエアを楽しみに待っていてほしい。

また、伊藤美来はアニメ『上野さんは不器用』に声優としても出演することが決定。田中の妹役“田中よもぎ”のキャラクターボイスを担当することが発表になっているので、ご覧の際にはぜひ注目を!

(c)tugeneko・白泉社/上野さんは不器用製作委員会

シングル「閃きハートビート」

2019年1月16日発売



【DVD付き限定盤】
COZC-1497/8/¥1,800+税
【通常盤】
COCC-17542/¥1,200+税

<収録曲>
■CD
1.閃きハートビート
作詞:林英樹  作曲・編曲:佐藤純一(fh?na)
2. TickTack Invitation
作詞:RIRIKO 作曲・編曲:佐藤純一(fh?na)
3.閃きハートビート(off vocal ver.)
4. TickTack Invitation(off vocal ver.)
■DVD ※限定盤のみ
1.「閃きハートビート」Music Video
2.メイキング映像

TVアニメ『上野さんは不器用』

<放送情報>
TOKYO MX、BS11、J:COMテレビにて2019年1月より放送開始!
<スタッフ>
原作:tugeneko『上野さんは不器用』
(白泉社『ヤングアニマル』連載)
監督・シリーズ構成:月見里智弘 
キャラクターデザイン・作画監督:大和田彩乃
美術監督:猿谷勝己
色彩設計:のぼりはるこ
音響監督:阿部信行
音楽:三澤康広 
音楽制作:日本コロムビア
制作協力:ギャザリング 
アニメーション制作:レスプリ
<キャスト>
上野:芹澤 優
田中:田中あいみ
山下:影山 灯
田中みずな:大森日雅
田中よもぎ:伊藤美来
タモン:井澤詩織

■公式サイト http://www.miss-ueno.com
■公式Twitter https://twitter.com/missueno_anime



【関連リンク】
伊藤美来、ニューシングルの表題曲がアニメ『上野さんは不器用』のオープニング曲に決定
伊藤美来まとめ
fh?naまとめ

【関連アーティスト】
伊藤美来, fh?na
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, シングル, アニメ, オープニング













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1