歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年11月21日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/11/30
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
color-code、限定シングルリリース&『超ワンマン』開催。“3人それぞれのカラーを出したい”
Wed, 21 Nov 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

会場限定盤シングル「冬恋花火 / SCRAP & BUILD」のリリース。そして学園祭ツアーを経て11月30日にTSUTAYA O-nestで『color-box 〜 超ワンマン 2018 〜』を開催するcolor-code。そんな彼女たちから放たれる新しいカラーに迫ってみた。

ーー今回は会場限定シングルとして「冬恋花火 / SCRAP & BUILD」をリリースしましたが、こちらはどんな作品になっていますか?

NANAMI:
音楽的にも今までと違っていますね。

MARISA:
color-codeって今、1回壊してもう1回作って改めて走りだそうという気持ちなんですが、そこの部分をうまく表現出来た作品になっていると思います。

ーー「冬恋花火」は、4月にリリースした「if 〜この声が届くなら〜」に続いてのバラードですね。

MARISA:
以前に配信リリースした「a friend -monochrome-」は、片思いの相手が友達で、振り向いて貰えないという楽曲だったんですが、そこから数年経って「冬恋花火」でその片思いの友達が遂に結婚みたいなストーリーになっているんですよ。それを知ってから聴くとまた楽しめると思います。

ーー「if 〜この声が届くなら〜」とはまた違う別れの歌ですね。

NANAMI:
「if 〜この声が届くなら〜」は性別問わず大切な人との別れの歌だったんですが、「冬恋花火」は恋愛の歌ですね。

MAKO:
恋愛の気持ちって夢とかと被る部分があると思うんです。諦めなきゃいけなかった夢とかは、色が違うけど失恋と似た感じがあるので、そんな目線で聴いて貰えれば、もっと楽曲には入り込んで貰えると思います。

ーー「SCRAP & BUILD」は今までとは違う雰囲気の楽曲ですね。

NANAMI:
怒りを超えて達観した感じのテンション感の楽曲です。

MARISA:
この曲は、自分の足で立ってしっかり歩いて行くんだ! という強い意志が込められてます。

ーーラップはNANAMIさんの作詞なんですね。

NANAMI:
“元彼に対して歌った曲なんだよね。”ってコンセプトを作曲の方から聞いていたので、それを踏まえて自分の引き出しの中から色々引っ張りだして書きました。

ーーそのリリックを見て他のメンバーはいかがでしたか?

MAKO:
めっちゃその情景が浮かんで来ました! リアルなところがガッツリ見えました(笑)。

ーーそこがライブでもきっちり伝わるとテンションあがりますよね! 注目する点も教えてください。

NANAMI:
今回の「SCRAP & BUILD」のライブパフォーマンスはハツラツと元気にやっているので、それを見て爽快感を味わって元気になって欲しいです。

ーーサビの振り付けは一緒にできますよね。

MARISA:
そうなんです。サビの部分は一緒に踊れる振りになっているので、楽しい曲になってます。

NANAMI:
簡単にできるので、一緒にやって欲しいですね。

MAKO:
ストレス発散というか弾けてもらえたら嬉しいです。

ーー本当に新しい一面が表現できてますね。

NANAMI:
今までとは違う角度からcolor-codeを表現できますね。

MAKO:
ポップです!

NANAMI:
カワイイ部分あるじゃん、color-code!!って思って貰えてるはずです(笑)。

ーーとなるとカワイイ担当のMARISAさんは?

MARISA:
やっと私の本気が出せる曲が来たなって思いました! やりやすいというか自分の素の部分が凄く出せてます。特にサビの部分の振り付けが自分でもヤバイ! カワイイって思いました。

MAKO:
実は手話とかも組み込まれてて、私もカワイイ担当を狙ってパフォーマンスしてます。

MARISA:
でもカワイイ担当は、譲りませんけどね(笑)。

一同:(笑)。

ーー「マボロシ」についても聞かせてください。

MARISA:
元々は、VOUGEダンスの音源として作ったので、CDに収録するとは考えてなかったです。

NANAMI:
遊びながら作った楽曲だったのですが、今回「SCRAP & BUILD」のラップとリンクする部分もあるんです。

MAKO:
「SCRAP & BUILD」の裏の顔の部分が「マボロシ」として表現されてます。なので、この楽曲を聴いてもらうと「SCRAP & BUILD」と同じ爽快感は味わえるはずです。

ーー会場限定のCDってのも新しいですよね。

MARISA:
CDを買って頂いたファンの方に直接渡せてお礼を言えることが、今だけの特別感もあるので、1枚ずつ大切に渡したいと思ってます。ジャケットもたくさんのパターンを作ってますし。

ーージャケットのパターンというのは?

NANAMI:
全部で6パターンあります。メインが1パターンあって残り5 パターンあります。メインと残り3パターンはMAKOが作って残りの2パターンは、「冬恋花火 / SCRAP & BUILD」のイメージになるように私とMARISAで好きなようにデザインさせてもらいました。

ーーそれぞれのジャケットのコンセプトは?

NANAMI:
私は、たまにライブの合間にふざけてメンバーの似顔絵を描くのですが、それが意外に良いなと思ってノリでやってみました。

MAKO:
アジしかない…。

NANAMI:
特にMARISAが似てるかなって思います。そこがポイントです!

MARISA:
似てないって(笑)。

ーーMARISAさんのデザインは?

MARISA:
NANAMIは絶対に似顔絵で、MAKOちゃんはグラフィックだなって思ったので私は"下手うま"な感じでいこうと思いました。絵でも写真でもなく悩んだ時に、コスプレで使った色紙があったので、ちぎって貼り絵にしました。そしたら良い感じに出来ました(笑)。貼り絵にすることで、"SCRAP & BUILD"で"花火"を作成しました。

ーーそして、MAKOさん!

MAKO:
メインもアザーもドレスをテーマにしてます。ドレスって特別な時に着るイメージが強いので、今回の作品は各メンバーのクリエイティブも多く組み込まれてますし会場限定って部分もあってスペシャル感を出そうと思いました。メインは、花火が咲いているのをドレスで表現しました。サブは綺麗な色合いをイメージしてデザインしてます。シンプルなものも必要かなと思って色んなパターンをデザインしました。

ーー11月30日にはTSUTAYA O-nestで『color-box 〜 超ワンマン 2018 〜』の開催も決まってますね。

NANAMI:
前回のワンマンライブより、さらに洗練されたcolor-codeにしたいなと思っていて今までのワンマンの中で1番のライブにしたいと思ってます。

MARISA:
ソロ活動が増えてきた中で、3人それぞれのカラーを出したいなって考えてます。ソロを多く入れようと思っていますが、バラバラ感の中にまとまりのあるライブにしたいなと思ってます。

MAKO:
進化した自分たちが出せるライブにしたいです。個々の輝きが集まった時にさらに大きな輝きになるようなライブにしたいです。是非、ライブに遊びに来てもらって、何が起こるのか見てもらいたいです!!

シングル「冬恋花火 / SCRAP & BUILD」

発売中



FOCD-0053 ¥1,000(税込)
※オフィシャルHP、会場にて限定発売中

<収録曲>
1. 冬恋花火
2. SCRAP & BUILD
3. マボロシ
4. 冬恋花火 (instrumental)
5. SCRAP & BUILD (instrumental)

『color-box 〜超ワンマン2018〜』

11月30日(金) 東京・TSUTAYA O-nest
開場 18:30/開演 19:00
チケット代 ¥3,500(当日 ¥4,000)※ドリンク別

■チケット一般販売中
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002273597P0050001P006001P0030001

『color-code学園祭ツアー「Campus-code Tour 2018」』

『第6回葛飾地区理大祭』
11月24日(土) 東京・東京理科大学 葛飾キャンパス
※終了分は割愛



【関連リンク】
color-code、限定シングルリリース&『超ワンマン』開催。“3人それぞれのカラーを出したい”
color-codeまとめ
キュウソネコカミ、2019年に対バンツアー開催&アルバム『ギリ平成』限定盤DVDの予告編を公開

【関連アーティスト】
color-code
【ジャンル】
J-POP, ニュース

キュウソネコカミ、2019年に対バンツアー開催&アルバム『ギリ平成』限定盤DVDの予告編を公開
Wed, 21 Nov 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

キュウソネコカミが対バンツアー『試練のTAIMAN TOUR 2019』を開催することを発表した。

本ツアーは、すでに発表されている平成最後のワンマンツアー『DMCC REAL ONEMAN TOUR 2019 -Despair Makes Cowards Courageous- 〜ギリ平成〜』終了後の、2019年5月2日から開催。全国14カ所でキュウソネコカミが敬愛し、ライバル視してやまない多くの強敵・対バンとのタイマンツアーとなる。全公演チケット完売必至のツアーとなるが、アルバム『ギリ平成』には最速先行シリアル予約ナンバーが封入されるのでぜひチェックしておこう。

また、12月5日にリリースとなるアルバム『ギリ平成』完全限定生産盤に付属するDVDの予告編も公開! こちらは、『DMCC REAL ONEMAN TOUR 2018-Despair Makes Cowards Courageous』の越えていけ 編、The band 編のドキュメントや、The band 編のツアーファイナルである新代田FEVER公演の模様を、一足先にちょっぴり楽しむことができるものとなっている。

さらに今作の発売を記念して、大阪と東京でスペシャルイベントの開催も決定! 11月25日にはNU茶屋町 1F コリドールプラザ、12月5日はタワーレコード渋谷店1Fエントランスにて、“生”ネズミくんによる特製ポケットティッシュの配布が行なわれるほか、記念撮影用のパネルも設置されるとのことだ。なお、特製ポケットティッシュは数量限定に加え、本イベントでしか手に入らない限定版となるのでぜひイベントに参加して手に入れてほしい。

■『試練のTAIMAN TOUR 2019』

5月02日(木) 北海道・Zepp Sapporo
5月08日(水) 石川・金沢EIGHT HALL
5月09日(木) 新潟・LOTS
5月17日(金) 香川・高松festhalle
5月21日(火) 広島・CLUB QUATTRO
5月22日(水) 山口・周南RISING HALL
6月05日(水) 神奈川・川崎CLUB CITTA\'
6月06日(木) 東京・新木場STUDIO COAST
6月11日(火) 愛知・Zepp Nagoya
6月12日(水) 静岡・浜松窓枠
6月17日(月) 滋賀・U★STONE
6月18日(火) 大阪・なんばHatch
6月21日(金) 福岡・Zepp Fukuoka
6月30日(日) 宮城・仙台PIT

アルバム『ギリ平成』

2018年12月5日発売



【完全限定生産盤】(CD+DVD)
VIZL-1473/¥3,800+税
<収録曲>
■CD
01.推しのいる生活
02.The band
03.ただしイケメンに限らない
04.馬乗りマウンティング
05.遊泳
06.真面目に
07.KENKO不KENKO
08.ピクピク
09.炊き上がれ召し上がれ
10.米米米米
11.越えていけ
12.ギリ昭和
■DVD ※完全限定生産盤のみ
・DMCC REAL ONEMAN TOUR 2018(-Despair Makes Cowards Courageous) ?越えていけ 編?ドキュメント
・DMCC REAL ONEMAN TOUR 2018(-Despair Makes Cowards Courageous) ?The band 編?ドキュメント
・DMCC REAL ONEMAN TOUR 2018(-Despair Makes Cowards Courageous) ?The band 編? ツアーファイナル・ライブ(at 新代田FEVER 2018.8.28)
※副音声:メンバー全員による解説(雑談)を収録
キュウソネコカミ
5RATS
邪邪邪 VS ジャスティス
メンヘラちゃん
MUKI不MUKI
- MC -
推しのいる生活
ウィーアーインディーズバンド!!
良いDJ
御法度
- MC -
困った
ネコ踊る
TOSHI-LOWさん
オリジナリティ
- MC -
MEGA SHAKE IT!
KMDT25
DQNなりたい、40代で死にたい
ブルース
The band
en, お願いシェンロン



【通常盤】(CDのみ)
VICL-65077/¥2,600+税

◎iTunes Storeでは、アルバム『ギリ平成』の予約がスタート
https://itunes.apple.com/jp/album/id1440468667?app=itunes&ls=1
※予約すると新曲「推しのいる生活」「米米米米」と既に発売されているシングル「越えていけ」「The band」を先行ダウンロードしてお楽しみいただけます。
<先行配信楽曲>
■「推しのいる生活」
https://jvcmusic.lnk.to/kyuso_oshi
■「米米米米」
https://jvcmusic.lnk.to/kyuso_bemy

【ライブ・イベント情報】

『キュウソネコカミ New Album「ギリ平成」発売記念SPECIAL DAY 』
11月25日(日) 大阪・NU茶屋町 1F コリドールプラザ
12月05日(水) 東京・タワーレコード渋谷店1Fエントランス

『DMCC REAL ONEMAN TOUR 2019 -Despair Makes Cowards Courageous- 〜ギリ平成〜』
<2019年>
1月22日(火) 千葉・LOOK
1月23日(水) 東京・Zepp diver city(TOKYO)
1月26日(土) 香川・高松olive hall
1月27日(日) 愛媛・松山WstudioRED
1月31日(木) 神奈川・F.A.D YOKOHAMA
2月01日(金) 埼玉・北浦和KYARA
2月03日(日) 山梨・CONVICTION
2月06日(水) 広島・CLUB QUATTRO
2月08日(金) 福岡・DRUM LOGOS
2月09日(土) 長崎・DRUM Be-7
2月11日(月) 宮崎・SR BOX
2月14日(木) 兵庫・神戸 太陽と虎
2月15日(金) 大阪・Zepp Osaka Bayside
2月17日(日) 京都・磔磔
2月18日(月) 和歌山・GATE
2月20日(水) 島根・出雲APOLLO
2月21日(木) 岡山・YEBISU YA PRO
2月26日(火) 静岡・清水SOUND SHOWER ark
2月28日(木) 愛知・Zepp Nagoya
3月01日(金) 三重・ROOTS
3月06日(水) 北海道・札幌PENNY LANE 24
3月07日(木) 北海道・旭川CASINO DRIVE
3月09日(土) 北海道・釧路NAVANA STUDIO
3月11日(月) 北海道・苫小牧ELL CUBE
3月19日(火) 宮城・仙台RENSA
3月21日(木) 秋田・club SWINDLE
3月22日(金) 青森_Quarter
3月24日(日) 岩手・石巻BLUE RESISTANCE
3月25日(月) 茨城・水戸LIGHTHOUSE
4月01日(月) 長野・CLUB JUNK BOX
4月03日(水) 富山・MAIRO
4月04日(木) 福井・CHOP
4月13日(土) 沖縄・桜坂セントラル



【関連リンク】
キュウソネコカミ、2019年に対バンツアー開催&アルバム『ギリ平成』限定盤DVDの予告編を公開
キュウソネコカミまとめ
RADWIMPS、日常の1コマも切り取られた自身初の写真展を開催

【関連アーティスト】
キュウソネコカミ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, CD, アルバム, 発表, 特典, ライブ, ツアー

RADWIMPS、日常の1コマも切り取られた自身初の写真展を開催
Wed, 21 Nov 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

RADWIMPSが自身初の写真展『RADWIMPS PHOTO EXHIBITION 雨と路と光』を、東京、名古屋、大阪の3都市で開催することが発表された。

この写真展では、2018年6月の国内ツアー『Road to Catharsis Tour 2018』、7月および8月のアジアツアー『RADWIMPS Asia Live Tour 2018』に同行したカメラマン・ヤオタケシが撮影した膨大な写真の中から、ライヴシーンやバックヤード、日常の1コマまで、長いツアーの中でみせたバンドの様々な瞬間が展示される。

また、会場構成・デザインには、美術・カルチャーシーンで活躍する畑 ユリエを迎え、コラージュなど編集的な展示によってひとつひとつのシーンが絡み合い、物語が感じられる世界が作り上げられているとのこと。写真展ならではの限定商品もお披露目予定とのことなので、開催概要と合わせてぜひチェックしておこう。

■写真展『RADWIMPS PHOTO EXHIBITION 雨と路と光』

■東京
期間:12月08日(土)〜12月25日(火)11:00〜21:00
場所:東京・渋谷モディ6F HMVミュージアム

■愛知
期間:12月06日(木)〜12月25日(火)10:00〜21:00 ※最終日は18:00閉場
場所:愛知・名古屋パルコ南館8F特設会場

■大阪
期間:12月05日(水)〜12月16日(日)10:30〜21:00 ※最終日は18:00閉場 
場所:大阪・梅田ロフト4F特設会場

※全会場、入場は閉場の30分前まで

<入場料>
一般¥500
学生¥400(小学生以下無料)
※チケットは各会場入口にて当日販売

■詳細ページ
https://art.parco.jp/otherspace/detail/?id=112

アルバム『ANTI ANTI GENERATION』

2018年12月12日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-29313/¥3,800+税
【通常盤】(CD)
UPCH-20503/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.Anti Anti overture
02.tazuna
03.NEVER EVER ENDER
04.IKIJIBIKI feat.Taka
05.カタルシスト
06.洗脳(Anti Anti Mix)
07.そっけない
08.<宿題発表-skit->
09.PAPARAZZI〜*この物語はフィクションです〜
10.HOCUSPOCUS
11.万歳千唱
12.I I U
13.泣き出しそうだよ feat.あいみょん
14.TIE TONGUE feat.Miyachi, Tabu Zombie
15.Mountain Top
16.サイハテアイニ
17.正解(18FES ver.)
■初回限定盤DVD
『君の名は。』『人間開花』以降から今作にたどり着くまでのRADWIMPSを、メンバーインタビューを軸に過去の膨大な映像を再構築したドキュメント映像を収録。

Blu-ray&DVD『Road to Catharsis Tour 2018』

2018年12月12日(水)発売



【Blu-ray】
UPXH-20076/¥6,300+税
【DVD】
UPBH-20233/¥5,800+税
<収録曲>
01.AADAAKOODAA
02.One man live
03.ます。
04.ふたりごと
05.遠恋
06.俺色スカイ
07.やどかり
08.揶揄
09.秋祭り
10.スパークル
11.おしゃかしゃま
12.カタルシスト
13.洗脳
14.週刊少年ジャンプ
15.HINOMARU
16.トレモロ
17.いいんですか?
18.君と羊と青
19.棒人間
20.DADA



【関連リンク】
RADWIMPS、日常の1コマも切り取られた自身初の写真展を開催
RADWIMPSまとめ
星野源、アルバム『POP VIRUS』詳細解禁&特設サイトもオープン

【関連アーティスト】
RADWIMPS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 発表

星野源、アルバム『POP VIRUS』詳細解禁&特設サイトもオープン
Wed, 21 Nov 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

星野源が12月19日(水)にリリースするニューアルバム『POP VIRUS』の詳細が明らかとなった。

今作には、大ヒット曲「恋」「Family Song」「アイデア」はもちろん、音楽的にも高い評価を受け、ファンからの人気も高い「肌」「Continues」「KIDS」、そして11月21日にオンエア解禁となった「Hello Song」を含む新録曲8曲を加えた全14曲を収録。星野の“これまで”と“これから”が詰まった、“これぞ星野源”と呼ぶべきアルバムとなっている。

また、収録内容の発表と同時に『POP VIRUS』の特設サイトがオープン! 今後コンテンツが増えていく予定なので、こまめにチェックしておこう。

さらに、イヤーブック『YELLOW MAGZINE 2017-2018』の購入者がアクセスできる『YELLOW PASS』では、会員限定の企画として12月6日に全国5大都市にて『『POP VIRUS』プレミア試聴会』の開催が決定! いち早くアルバムを体感できる試聴会となっているので、こちらもお見逃しなく。

■アルバム『POP VIRUS』特設サイト
http://www.hoshinogen.com/special/popvirus/

アルバム『POP VIRUS』

2018年12月19日発売



【初回限定盤A】(CD+Blu-ray+特製ブックレット)
VIZL-1490/¥5,000+税
【初回限定盤B】(CD+DVD+特製ブックレット)
VIZL-1491/¥4,800+税(税抜)
【通常盤 初回限定仕様】(CD+特製ブックレット)
VIZL-1492/¥3,100+税
【通常盤】(CDのみ)
VICL-65085/¥3,000+税

<収録曲>
■CD
1.Pop Virus
2.恋 (TBS系火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』主題歌)
3.Get a Feel
4.肌 (花王ビオレuボディウォッシュCMソング)
5.Pair Dancer
6.Present
7.Dead Leaf
8.KIDS
9.Continues (スカパー!『リオ2016パラリンピック』テーマ曲)
10.サピエンス
11.アイデア ( NHK連続テレビ小説『半分、青い。』主題歌)
12.Family Song (日本テレビ系水曜ドラマ『過保護のカホコ』主題歌)
13.Nothing
14.Hello Song(ACジャパン2016年度全国キャンペーン「ライバルは、1964年。」TVCM・ラジオCMソング)
■Blu-ray & DVD ※初回限定盤のみ
・星野源 Live at ONKIO HAUS Studio
01.Night Troop
02.肌
03.桜の森
04.Snow Men
05.KIDS
06.SUN
07.海を掬う
08.恋
09.プリン
10.アイデア
11.Friend Ship
・創作密着ドキュメンタリー「ニセ明と、仲間たち」
星野源と友人によるコメンタリー付

『星野源 ニューアルバム『POP VIRUS』プレミア試聴会』

<日時>
12月06日(木)19:00開演
<会場>
北海道・札幌シネマフロンティ
東京・TOHOシネマズ 日比谷
東京・TOHOシネマズ 上野
東京・新宿ピカデリー
東京・TOHOシネマズ 府中
愛知・TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ
大阪・大阪ステーションシティシネマ
大阪・TOHOシネマズ なんば
大阪・MOVIX八尾
福岡・ユナイテッド・シネマ キャナルシティ13
※その他詳細は『YELLOW PASS』にアクセスし、詳細をご確認ください。

■『YELLOW PASS』HP https://yp.hoshinogen.com/mob/index.php?site=YP&ima=4214

『星野源 DOME TOUR 2019「POP VIRUS」』

2月02日(土) 大阪・京セラドーム大阪
2月03日(日) 大阪・京セラドーム大阪
2月16日(土) 愛知・ナゴヤドーム
2月17日(日) 愛知・ナゴヤドーム
2月23日(土) 北海道・札幌ドーム
2月27日(水) 東京・東京ドーム
2月28日(木) 東京・東京ドーム
3月10日(日) 福岡・ヤフオク!ドーム
<チケット>
料金¥8,500(税込)
一般発売:2019年1月12日(土)   
入場制限:4歳以上チケット必要/入場に関する年齢制限無し
ただし3歳以下のお子様でお座席を必要とする場合は、チケット必要
※チケット券面に記載のお名前の方以外はご入場出来ません。公演当日要顔写真付身分証明書。



【関連リンク】
星野源、アルバム『POP VIRUS』詳細解禁&特設サイトもオープン
星野源まとめ
Novelbright、ベースの勇太朗が脱退。12現体制でのライブは

【関連アーティスト】
星野源
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, キャンペーン, 発表

Novelbright、ベースの勇太朗が脱退。12現体制でのライブは
Wed, 21 Nov 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Novelbrightからベースの勇太朗が脱退することが発表された。脱退の理由は、"ベーシストとしてモチベーションを保てなくなったため”。現体制でのラストライブは、VOI SQUARE CAT、The 3 minutesとの共同企画『東名阪フレンズTOUR’18』の12月5日(金)アメリカ村CLAPPER公演となる。

なお、大阪公演以外の『東名阪フレンズTOUR’18』全公演と、12月9日の静岡・LIVE HOUSE Sunashで行なわれるバンドハラスメントのツアーは、The 3 minutesからわたべをサポートベーシストに迎えることが決定しており、それ以降のサポートベーシストは後日発表とのこと。

また、11月9日に雄大(Vo)の体調不良により延期となった公演の振替日程も決定したので、詳しくは公式HPをチェックしてほしい。

【ライヴ情報】

『「SKYWALK」ReleaseTour×東名阪フレンズTOUR’18』
12月01日(土) 福岡・Queblick
12月03日(月) 香川・DIME
12月05日(水) 大阪・アメリカ村CLAPPER
12月07日(金) 愛知・今池GROW
12月13日(木) 宮城・仙台spaceZero
12月14日(金) 東京・渋谷TSUTAYAO-Crest

『バンド名だけでメタルバンドって 勘違いされがちの僕は、バイトの面接に落ちた。』
12月09日(日) 静岡・LIVE HOUSE Sunash ※Novelbright参加公演
12月16日(日) 大分・club SPOT ※Novelbright参加公演

『「SKYWALK」Release Tour Final ONEMAN』
【2019年】
1月27日(日) 東京・渋谷Milkyway
2月03日(日) 大阪・アメリカ村BEYOND

『「SKYWALK」 Release Party リベンジ編』
3月15日(金) 大阪・アメリカ村 DROP

ミニアルバム『SKYWALK』

発売中



EPM-10001/¥1,800(税抜)
<収録曲>
1.Walking with you
2.Morning Light
3.ヒカリへ
4.Count on me
5.また明日
6.My Savior
7.We are calling you



【関連リンク】
Novelbright、ベースの勇太朗が脱退。12現体制でのライブは
Novelbrightまとめ
brainchild\'s、ライヴ映像作品より「Esper Girl」を先行公開

【関連アーティスト】
Novelbright
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, 卒業

brainchild\'s、ライヴ映像作品より「Esper Girl」を先行公開
Wed, 21 Nov 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

菊地英昭のソロプロジェクト、brainchild’sが11月28日にリリースするライヴBlu-ray&DVD『brainchild\'s -STAY ALIVE- LIVE at EX THEATER ROPPONGI』 より収録曲「Esper Girl」の映像を先行公開した。同曲は、2018年4月にリリースされたbrainchild’sのメジャー第1弾フルアルバム『STAY ALIVE』に収録されており、ヴォーカルの渡會将士節が炸裂した人気ナンバーだ。ライヴならではの圧倒的な熱量をこのライヴ映像にてぜひ体感してほしい。

また、アルバム『STAY ALIVE』リリース時に実施されて大反響を呼んだダッバーワーラー企画の第2弾を実施することも発表! これは、メンバー手作りの大当たり盤が入った世界で1枚の商品を購入した人に、直接本来の正規盤を届けるというもの。今回はBlu-rayの初回仕様を対象に、世界で1枚だけとなるメンバーの副音声収録の模様を収めたBlu-ray-R入りの大当たり盤が含まれる。こちらを購入した方の希望場所までbrainchild\'sのメンバーが自ら本来の商品盤をお届けするので、ドキドキしながらパッケージを開封してみよう!

Blu-ray&DVD『brainchild\'s -STAY ALIVE- LIVE at EX THEATER ROPPONGI』

2018年11月28日発売



【Blu-ray】
BVXL-73/¥6,900(税込)
※Blu-ray初回仕様のみ三方背ケース付属
<収録曲>
1.恋の踏み絵
2.Twisted Shout
3.Rolling Rola
4.SexTant
5.Flight to the north
6.Rain Stain
7.On My Own
8.それでいいよ
9.Blow
10.Higher
11.Better Day to Get Away
12.TWILIGHT
13.Esper Girl
14.地獄と天国
15.群衆
16.Rock band on the beach
17.Phase2
18.STAY ALIVE
END SE PANGEA 2018

◎Blu-rayのみ
・Making of "Better Day to Get Away" Music Video Shooting
・"Better Day to Get Away" Music Video
・BACK SHOT of brainchild\'s TOUR 2018-STAY ALIVE-at EX THEATER ROPPONGI

【DVD】
BVBL-144/¥5,500(税込)
<収録曲>
1.恋の踏み絵
2.Twisted Shout
3.Rolling Rola
4.SexTant
5.Flight to the north
6.Rain Stain
7.On My Own
8.それでいいよ
9.Blow
10.Higher
11.Better Day to Get Away
12.TWILIGHT
13.Esper Girl
14.地獄と天国
15.群衆
16.Rock band on the beach
17.Phase2
18.STAY ALIVE
END SE PANGEA 2018

◎共通特典
・メンバーによる副音声 
・Blu-rayのみ「Better Day to Get Away」MV、オフショットなど収録予定



【関連リンク】
brainchild\'s、ライヴ映像作品より「Esper Girl」を先行公開
brainchild\'sまとめ
ユアネス × mol-74、全国5カ所で2マンツアーを開催

【関連アーティスト】
brainchild\'s
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray, キャンペーン, 発表, 発売

ユアネス × mol-74、全国5カ所で2マンツアーを開催
Wed, 21 Nov 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ユアネスとmol-74が、2019年2月に2マンツアー『ユアネス × mol-74 2man Tour 2019 “ White Line ”』を開催することを発表した。このツアーでは2月1日(金)の仙台公演を皮切りに、横浜・金沢・神戸・山口の5カ所を1カ月間で回る。

チケットは、11月21日(水)よりそれぞれのオフィシャルHPにて先行予約(抽選)がスタートしているので、気になる方はお早めのチェックしよう! また、ユアネスは11月21日(水)に1st EP『Shift』がリリースとなったので、こちらも注目だ。

■『ユアネス × mol-74  2man Tour 2019 “ White Line ”』

【2019年】
2月01日(金) 宮城・仙台 enn 2nd
2月02日(土) 神奈川・横浜 BAYSIS
2月11日(月・祝) 石川・金沢 vanvanV4
2月23日(土) 兵庫・神戸 ART HOUSE
2月24日(日) 山口・LIVE rise SHUNAN

<チケット>
前売り¥3,000 / 当日¥3,500(+1drink)
■オフィシャルHP先行予約(抽選)
2018年11月21日(水)18:00〜11月27日(火)23:59
■チケット一般発売
2019年1月05日(土)



【関連リンク】
ユアネス × mol-74、全国5カ所で2マンツアーを開催
ユアネスまとめ
mol-74まとめ
マキシマム ザ ホルモン、先着で豪華特典がもらえる旧譜キャンペーンを実施

【関連アーティスト】
ユアネス, mol-74
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, コラボ, ライブ, ツアー, チケット

マキシマム ザ ホルモン、先着で豪華特典がもらえる旧譜キャンペーンを実施
Wed, 21 Nov 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

約15年在籍していたVAPを円満退社したマキシマム ザ ホルモンが、入社先のワーナーミュージックジャパンから11月28日(水)にDVD付き書籍『これからの麺カタコッテリの話をしよう』を発刊するが、それに相まって旧譜キャンペーン『ホルモン、VAP抜けるってよ。』を実施することを発表! このキャンペーンでは、11月28日(水)より対象商品のアルバム・DVDを1枚購入につき、先着でマキシマムザ亮君デザイン監修特典をプレゼントするというもの。

特典は、抽選で30名様にホルモンのベストが当たる応募ハガキ『BEST OF THE VEST』と、“車に貼れちゃう強いシール<ホルモンVAP作品メモリアルReEDITデザイン>”(全3種ランダム)が用意されるので、ホルモンのCDやDVDを持っていない腹ペコビギナーはこの機会にぜひゲットしてほしい。キャンペーン対象店舗またはオンラインショップなどの詳細はオフィシャルHPをチェック!

■『ホルモン、VAP抜けるってよ。』

<アルバム>                 
『ロッキンポ殺し』(VPCC-81507)
『ぶっ生き返す』(VPCC-81558)
『予襲復讐』(VPCC-81770)

<DVD>
『Debu Vs Debu〜デブ対デブ〜』(VPBQ-19027)
『Deco Vs Deco〜デコ対デコ〜』(VPBQ-19050)
『Deka Vs Deka〜デカ対デカ〜』(VPBQ-19093)

◎実施店舗詳細等はバンドオフィシャルホームページまで!

■マキシマム ザ ホルモン オフィシャルHP
http://www.55mth.com



【関連リンク】
マキシマム ザ ホルモン、先着で豪華特典がもらえる旧譜キャンペーンを実施
マキシマム ザ ホルモンまとめ
戸川純が『玉姫様』に宿した深淵なる情念と性

【関連アーティスト】
マキシマム ザ ホルモン
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, アルバム, キャンペーン

戸川純が『玉姫様』に宿した深淵なる情念と性
Wed, 21 Nov 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

戸川純とアーバンギャルドのおおくぼけいによるユニット、“戸川純 avec おおくぼけい”の1stアルバム『Jun Togawa avec Kei Ookubo』が11月21日にリリースされた。というわけで、今週は戸川純のソロデビュー作品『玉姫様』を紹介する。彼女のデビュー以前と以後では女性アーティストの在り方が変わったようなところすらある、のちの音楽シーンに決定的な影響を与えた人物。『玉姫様』は間違いなく歴史的名盤である。

■衝撃だった《玉姫様 乱心》

リリースされて30年以上を経た今でも、個人的には「玉姫様」以上に衝撃を受けた楽曲はそうはない。いや、この30数年間ですら、所謂バカレコード(アレコード)の類いを含めても、ちょっと思い浮かばない。それほど、当時、烏賊臭い高校生男子だった筆者にとって「玉姫様」は“何だ、これは!?”の案件だった。おっさんになった今でも“よくこれを題材したな”と思う。

ちなみに、「玉姫様」が収録されたアルバム『玉姫様』で3曲作詞を担当しているサエキけんぞう(※註:本作では佐伯健三名義)はパール兄弟以前にハルメンズというバンドを組んでおり、そこに戸川純がゲストヴォーカルとして参加していた。その縁もあったのだろう。「玉姫様」の歌詞が完成した時、戸川はサエキに電話をかけ、受話器越しにそれを読み聴かせたという。彼はそれに衝撃を受け、自身が執筆するコラムで[女性の生理感覚を肉体性に結びつけ、狂気さえも感覚の爆発として理路整然と表現に結びつけている完成された世界があった]と述懐している([]は『大人のMusic Calendar』からの引用)。以下、その歌詞である。

《ひと月に一度 座敷牢の奥で玉姫様の発作がおきる》《中枢神経 子宮に移り/十万馬力の破壊力/レディヒステリック 玉姫様 乱心》《もう何も見えない もう聞こえない/あなたの話が理解できない》《神秘 神秘 月に一度/神秘 神秘 神秘の現象》(M6「玉姫様」)。

こちらのほうが《あなたの話が理解できない》である。いや、理解できなくはない。女子だけ別の授業を受けることに対してキョトンとしていた小学生時代ならいざ知らず、その頃になるとさすがにその意味は分かっていた。ただ、《レディヒステリック 玉姫様 乱心》とかは、当時は噂で聞くレベル。正直言って、簡単に共感できるわけもない。だが、それゆえに「玉姫様」を最初に聴いた時、何かいけないものを見てしまったような、まさしくタブーに触れたような感覚を抱いたことは確かだし、それが余計にパンク、ニューウェイブ感を強くしたとも思う。

■緊急避難的に始まったソロ活動

戸川純の存在が巷に広まったのは歴史的なキャッチコピー“おしりだって、洗ってほしい”で知られるTOTOのCMであろう。それが1982年。それまでも女優としてドラマや映画に出演していたが、それ以後は所謂、不思議ちゃんキャラとして多くのバラエティー番組へも出演した。音楽活動はそれに先駆けること1年前にスタート。1981年に件のハルメンズでキーボードを担当していた上野耕路、画家の太田螢一と共にバンド、ゲルニカを結成し、ヴォーカリストを務めた。

そのゲルニカは1982年にメジャーデビューするも、諸般の事情で活動休止を余儀なくされ、その代替案として戸川のソロ活動がスタートする。もともと女優志望であり、ミュージシャンになるつもりはなかったという彼女。ゲルニカでもフロントに徹して、音楽的志向は他のメンバーに任せていたそうである。そんなところ、言わば、緊急避難的に始まった“ソロ・戸川純”だけに、当初は彼女自身の主体性がなかった…とは言わないまでも、ゲルニカとは別の方向性を出そうといった明確な音楽性の提示はなかったという。お茶の間にも浸透した彼女のキャラが手伝ったのも確かだろうが、そんなふうに臨んだソロがヒットするのだから、やはり世の中は分からないものである。当初、ゲルニカは1984年から活動を再開させる予定だったというが、戸川純のヒットにより、結果的に再開したのは1988年だった。

■カバー曲多く、実は大衆的な作品

アルバム『玉姫様』は、のちの彼女の作品集がそうであるように、カバー曲が多い。M2「諦念プシガンガ」はアンデス民謡「EL BORRACHITO」。M3「昆虫軍」はハルメンズの「昆虫群」。M4「憂悶の戯画」はコールユーブンゲン「No.26のC」。M8「踊れない」は8 1/2という、ハルメンズの前身バンドの同名曲。M9「蛹化の女」はヨハン・パッヘルベル「カノン」。以上がそれぞれの元曲である。オリジナル曲が少ないと、アルバム自体がいかにも急ごしらえな感じもするが(もしかすると、M3「昆虫軍」とM8「踊れない」に関しては若干、急場しのぎな感があったのかもしれないが…)、彼女のロックの原体験はパンク以降だったものの、それ以前は懐メロやクラシックが好きだったというから、これはこれでルーツには忠実なようだ。また、のちに、その頃はコンポーズに対しての興味も薄く、歌さえ歌えればいいという感じだったと振り返っていたのだから、この選曲にも納得である。ゲルニカよりも彼女の指向が前に出て、アーティスト、戸川純のフォルムがはっきりとしたようなところはあったとは思う。

さらに言えば、民謡、クラシックをチョイスしたことで(これはもしかすると図らずも…だったのかもしれないが)作品自体に大衆性が出たとも言える。M2「諦念プシガンガ」もM9「蛹化の女」も決して明るいタイプではない。それゆえにこれらはポップという意味での大衆性はないかもしれないが、当然メロディーがしっかりとしているので、とても耳馴染みがいい。さすがに彼女独特の歌詞を乗せても土台がびくともしないというか、むしろその世界を奥深くしているかのような印象がある。そして、ポップさはM3「昆虫軍」やM8「踊れない」、あるいは本作のオリジナル曲であるM5「隣の印度人」やM7「森の人々」が司り、アルバム全体に彩りを加え、うまくバランスを取っていると思う。

■80’sサウンドに乗せた見事な歌唱

M2「諦念プシガンガ」はアーシーに、M9「蛹化の女」はストリングスできれいに、それらしく仕上がっているものの、サウンドはさすがに80年代。全体的にはパンク〜ニューウェイブの香りがする。オープニングのM1「怒涛の恋愛」からしてパイプオルガンのようでもテルミンのようでもある音色が楽曲全体を引っ張り、サイケと言えば収まりはいいが、誤解を恐れずに言えば、若干気持ちが悪い。その鍵盤(?)の奏でるメロディーは童謡のようで、讃美歌的でも昭和歌謡的でもある歌メロと相まって、不思議としか言えない仕上がりになっている。M3「昆虫軍」、M5「隣の印度人」はまさしく80’S。テクノポップとパンクロックの融合といった様相は、この時期ならではのものと言っていいだろう。M8「踊れない」は完全にニューウェイブだが、元がハルメンズよりも古いからか、全体的にはどこかいなたい印象で、それがむしろいい味を出している感じ。いかにも…なリズムだが、後半の変拍子気味にずれるところを含めて、だからこそ今も愛おしいナンバーである。細野晴臣作曲のM6「玉姫様」は、細野のアレンジではないようだが、いい意味で細野作品の雰囲気を踏襲している。どことなく中期YMOのようなサウンドもいいし、Bメロのサウンドがサイケなところとか、オールドスクールなテイストをピリッと効かせているのも心憎い。

もちろん、戸川純のヴォーカルパフォーマンスの素晴らしさを忘れてはならない。そうした80年代ならでは…と言える、ある意味でアクの強いサウンドに耐え得るヴォーカリストであったからこそ、『玉姫様』を始めとする彼女の作品は時代に愛されたのだと思う。M3「昆虫軍」、M5「隣の印度人」ではエモーショナルで激しい抑揚を見せる一方、M7「森の人々」ではキャッチーなメロディーを可愛らしく、M9「蛹化の女」では綺麗な旋律を丁寧に歌い上げる。また、M8「踊れない」での幼児っぽいテイストでありつつ、それでいて感情を表に出し過ぎない表現は、ロボットを綴った歌詞にぴったり。M6「玉姫様」は比較的淡々とした生真面目な歌唱といった雰囲気もあるが、それがどこか思春期を感じさせるようでもあって、文字通り、成長の神秘、神聖さを感じるようなところだ。

■高い文学性を感じさせる歌詞

M6「玉姫様」以上に“これぞ、戸川純!”と言える歌唱は、やはりM2「諦念プシガンガ」ではなかろうか。少女っぽく、淡々と、しかも感情を抑えて歌う様子が、強烈なインパクトを残す。歌詞は以下の通り。

《空の彼方に 浮かぶは雲/嗚々 我が恋愛の名において/その暴虐の 仕打ちさえ/もはやただ 甘んじて許す/牛のように/豚のように 殺してもいい/いいのよ 我 一塊の肉塊なり》《空に消えゆく お昼のドン/嗚々 我が恋愛は終止せり/あの泥流の 恩讐が/もはやただ あとかたもなしや/愕然とする間もなく/腐敗し始める/我 一塊の肉塊なり》(M2「諦念プシガンガ」)。

同梱の歌詞カードには《一塊》となっているが、本当は《一介》だそうである。レーベルからの指摘で変更したのだという(おそらく、《一介》だと人を指す意味になってしまうからだろう)。♪ライラライラライ〜がキャッチーだが、ポップに響かないのはマイナーなメロディーにせいでもあるが、歌詞によるところが大きいだろう。彼女の著書によれば、歌詞の意味するところは“受身側の攻撃”だという。何がどうしてどうなったのかはっきりと分かるものではないが、情念は十分に感じられる。エキセントリックに歌うのではなく、落ち着いた歌唱だからこそ、より迫力が増すことを分かっていたのだろう。それは女優としての本能だったのか。それとも、それだけ自身の抱えた情念が大きかったからだろうか。

アルバムを締め括るM9「蛹化の女」も、青白い炎のような、見た目のクールさに反して熱量は高い情念を感じるところだ。この楽曲で終わっていることで、アルバム『玉姫様』は当時、話題の女優が作った作品というだけでなく、本作は戸川純の血が通い、肉を成した作品であることを示しているように見える。戸川純という人のアーティスト性をしっかりと見せているのである。

《月光の白き林で/木の根掘れば蝉の蛹のいくつも出てきし/ああ/それはあなたを思い過ぎて変り果てた私の姿》《私に気づくころ/飴色のはらもつ/虫と化した娘は/不思議な草に寄生されて/飴色の背中に悲しみのくきがのびる》(M9「蛹化の女」)。

アイドルでも女優でも、もちろん所謂、不思議ちゃんでも何でもなく、表現者として一本筋が通った文学性に、彼女の性根のようなものを感じるのである。

TEXT:帆苅智之

アルバム『玉姫様』

1984年発表作品



<収録曲>
1.怒涛の恋愛
2.諦念プシガンガ
3.昆虫軍
4.憂悶の戯画
5.隣の印度人
6.玉姫様
7.森の人々
8.踊れない
9.蛹化の女



【関連リンク】
戸川純が『玉姫様』に宿した深淵なる情念と性
戸川純まとめ
ゲルニカまとめ
ビッケブランカ、ドラマ『けもなれ』挿入歌「まっしろ」のMV公開

【関連アーティスト】
戸川純, ゲルニカ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!, アルバム, リリース

ビッケブランカ、ドラマ『けもなれ』挿入歌「まっしろ」のMV公開
Wed, 21 Nov 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ビッケブランカが新垣結衣と松田龍平がダブル主演を務める日本テレビ系水曜ドラマ『獣になれない私たち』の挿入歌「まっしろ」のMVを公開した。MVでは電気が消え、月明かりとほんの少しのライトの中、獣のような出で立ちでピアノを弾くビッケブランカと、しなやかに部屋の中を動く一人の女性が登場。スミス監督による“人になれない獣たち“をテーマにした作品となっている。

各音楽配信サイトにて絶賛配信中の「まっしろ」は、このドラマのために書き下ろした新曲。『週間 USEN HIT J-POPランキング』3位(11月14日付)、歌詞検索サービス『歌ネット注目度ランキング』1位(10月11日付)、中国最大の音楽ストリーミングサービスQQ音楽J-POP週間ランキング1位(10月25日付)、またSpotify急上昇ランキング、音楽認識アプリ『Shazam』ランキングでも配信後に上位にランクインするなど大きな反響を呼んでいる。

ビッケブランカは「まっしろ」も収録した1年4カ月振りとなる2ndアルバム『wizard』を11月21日にリリースし、iTunes総合アルバムランキングでは早速2位を獲得している。また、アルバムの初回封入特典として、全7都市を回る全国ツアー『WIZARD TOUR 2019』のチケット先行抽選応募が実施されることが決定! チケットの申込期間は、11月20日(火)10時〜12月2日(日)までとなるので、ぜひアルバムを手に取って応募しよう。

ほかにも現在『wizard』のリリースを記念したイベントを全5都市で開催しており、12月22日(土)『MERRY ROCK PARADE 2018』、12月23日(日)『エアトリ presents 毎日がクリスマス 2018〜KEYTALK × ビッケブランカ〜』、12月26日(水)『BARIYOKA ROCK 2018』、12月29日(土)『COUNTDOWN JAPAN 18/19』と、年末イベントにも多く出演が決定している。11月25日(日)にはテレビ大阪・東京『JAPAN COUNTDOWN』でのインタビュー出演や、11月27日(火)TBS『PLAYLIST』での新曲披露も決定しているので、ライブやメディア情報もぜひチェックしてほしい。

■「wizard」配信リンク
https://avex.lnk.to/Vickeblanka_wizard

アルバム『wizard』

2018年11月21日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
AVCD−96009/B/¥3,800+税
※初回封入特典:『WIZARD TOUR 2019』チケット先行抽選応募券
※申込期間:11月20日(火)10時から12月2日(日)
<収録曲>
■CD
01.Wizard
02.Winter Beat
03.まっしろ
04.Lights Out
05.ウララ
06.Black Rover
07.Buntline Special
08.夏の夢
09.キロン
10.Smash(Right This Way)
11.WALK(long ver.)
12.Great Squall 
■DVD
ULALA TOUR 2018@SHIBUYA TSUTAYA O-EAST
01.Get Physical
02.Natural Woman
03.Bad Boy Love
04.Your Days
05.TARA
06.Black Rover
07.Moon Ride
08.Slave of Love
09.ウララ



【通常盤】(CD)
AVCD-96010/¥3,000+税
※初回封入特典:『WIZARD TOUR 2019』チケット先行抽選応募券
※申込期間:11月20日(火)10時から12月2日(日)
<収録曲>
■CD
01.Wizard
02.Winter Beat
03.まっしろ
04.Lights Out
05.ウララ
06.Black Rover
07.Buntline Special
08.夏の夢
09.キロン
10.Smash(Right This Way)
11.WALK(long ver.)
12.Great Squall

【ライブ・イベント情報】

■アルバムリリース記念イベント
11月24日(土)16:00〜  大阪・タワーレコード梅田NU茶屋店
11月25日(日)16:00〜  愛知・名古屋パルコ店西館1F外
12月02日(日)16:00〜  福岡・タワーレコード福岡パルコ店
12月09日(日)13:00〜  東京・タワーレコード渋谷B1F CUTUP STUDIO
※内容:アコースティックライブ+サイン会

■『WIZARD TOUR 2019』
【2019年】
1月12日(土) 宮城・仙台darwin
1月14日(月) 北海道・札幌ペニーレーン24
1月19日(土) 福岡・DRUM LOGOS
1月20日(日) 広島・セカンドクラッチ
1月25日(金) 愛知・名古屋ダイアモンドホール
1月26日(土) 大阪・BIGCAT
2月10日(日) 東京・Zepp Tokyo



【関連リンク】
ビッケブランカ、ドラマ『けもなれ』挿入歌「まっしろ」のMV公開
ビッケブランカまとめ
竹内まりや、初期作品の40周年記念最新リマスター盤を連続リリース

【関連アーティスト】
ビッケブランカ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, TVドラマ

竹内まりや、初期作品の40周年記念最新リマスター盤を連続リリース
Wed, 21 Nov 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年11月25日(日)にデビュー40周年を迎える、シンガーソングライター竹内まりやの初期作品のリマスター盤も続々とリリースされる!

まずは1978年11月25日に発売となった1st アルバム『BEGINNING』の40周年記念最新リマスター盤が11月21日(水)に発売された。今回新たに1981年8月25日に開催された中野サンプラザ公演(『MARIYA POPPING TOUR』)より、同アルバム収録曲の中から「夏の恋人」「グッドバイ・サマーブリーズ」「すてきなヒットソング」の秘蔵ライブ音源3曲、及び、デビューシングル「戻っておいで・私の時間(オーケストラVer.)」の計4曲がボーナストラックとして収録されている。

そして、12月26日(水)には1979年5月21日に発売となった、2nd アルバム『UNIVERSITY STREET』の40周年記念最新リマスター盤が発売となるが、収録されるボーナストラックが決定した。1981年8月25日に開催された中野サンプラザ公演(『MARIYA POPPING TOUR』)より、同アルバム収録曲の中から「J-Boy」「想い出のサマーデイズ」のライブ音源、及び、「ブルー・ホライズン」の1981年12月22日 の厚生年金ホール(『 SO LONG LIVE』)のライブ音源を収録。さらにヒット曲「ドリーム・オブ・ユー〜レモンライムの青い風〜」のシングル Ver.と、合計4曲が新たに収録される。

また、1980年3月5日発売、3rd アルバム『LOVE SONGS』の40周年記念最新リマスター盤が2019年1月23日(水)に発売される事も決定した。1st、2nd,、3rdアルバム共に、能地祐子さんによる読み応え十分なライナーノーツも記載されているのでそちらも要チェックだ。

■竹内まりや 40th特設サイト
https://www.mariya40th.com/

アルバム『BEGINNING』40周年記念最新リマスター盤

2018年11月21日(水)発売
※オリジナル:1978年11月25日発売



BVCL940/¥2,000(税込)
※ライナーノーツ・能地祐子
<収録曲>
1. グッドバイ・サマーブリーズ
2. 戻っておいで・私の時間
3. 夏の恋人
4. 輝くスターリー・ナイト
5. 目覚め
6. ジャスト・フレンド
7. 突然の贈りもの
8. おかしな二人
9. ムーンライト・ホールド・ミー・タイト
10. サンタモニカ・ハイウェイ
11. すてきなヒットソング
- Bonus Tracks -
12. 夏の恋人(LIVE Ver.)
※1981年8月25日 中野サンプラザ MARIYA POPPING TOUR音源
13. グッドバイ・サマーブリーズ(LIVE Ver.)
※1981年8月25日 中野サンプラザ MARIYA POPPING TOUR音源
14. すてきなヒットソング(LIVE Ver.)
※1981年8月25日 中野サンプラザ MARIYA POPPING TOUR音源
15. 戻っておいで・私の時間(オーケストラVer.)

アルバム『UNIVERSITY STREET』40周年記念最新リマスター盤

2018年12月26日(水)発売
※オリジナル:1979年5月21日発売



BVCL941/¥2,000(税込)
※ライナーノーツ・能地祐子
<収録曲>
1. オン・ザ・ユニヴァーシティ・ストリート
2. 涙のワンサイデッド・ラヴ
3. 想い出のサマーデイズ
4. イズント・イット・オールウェイズ・ラブ
5. ホールド・オン
6. J-Boy
7. ブルー・ホライズン
8. ドリーム・オブ・ユー〜レモンライムの青い風〜
9. かえらぬ面影
10. グッドバイ・ユニヴァ−シティ
- Bonus Tracks -
11:J-Boy(LIVE Ver.)
※1981年8月25日 中野サンプラザ MARIYA POPPING TOUR音源
12:想い出のサマーデイズ(LIVE Ver.)
※1981年8月25日 中野サンプラザ MARIYA POPPING TOUR音源
13:ブルー・ホライズン(LIVE Ver.)
※1981年12月22日 厚生年金ホール SO LONG LIVE音源
14:ドリーム・オブ・ユー〜レモンライムの青い風〜(シングルVer.)

アルバム『LOVE SONGS』40周年記念最新リマスター盤

2019年1月23日(水)発売
※オリジナル:1980年3月5日発売



BVCL942/¥2,000(税込)
※ライナーノーツ・能地祐子
<収録曲>
1. FLY AWAY
2. さよならの夜明け
3. 磁気嵐
4. 象牙海岸
5. 五線紙
6. LONELY WIND
7. 恋の終わりに
8. 待っているわ
9. SEPTEMBER
10. 不思議なピーチパイ
11. little lullaby  
- Bonus Tracks -
収録予定、詳細は決定次第発表致します。



【関連リンク】
竹内まりや、初期作品の40周年記念最新リマスター盤を連続リリース
竹内まりやまとめ
LUNA SEA、機動戦士ガンダム40周年プロジェクトのテーマ曲&TVシリーズ OPテーマ曲を担当

【関連アーティスト】
竹内まりや
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, アルバム, 発表, リリース, 発売

LUNA SEA、機動戦士ガンダム40周年プロジェクトのテーマ曲&TVシリーズ OPテーマ曲を担当
Wed, 21 Nov 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LUNA SEAが機動戦士ガンダム40周年プロジェクトのプロジェクトテーマ曲と、『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』TVシリーズ(2019年4月よりNHK総合テレビにて全国放送予定)のオープニングテーマ曲を担当することを発表した。

記者会見には、このプロジェクトの音楽トータルプロデュースを担当することが発表されたSUGIZO(Gt/Vn)も参加し、機動戦士ガンダム40周年プロジェクトのテーマ曲となる「THE BEYOND」をヴァイオリン演奏で披露。ガンダムが持つ壮大な世界観、未来へ託す希望、重厚さや光の予兆を感じさせられるような強く美しい音を奏で、これから始まるプロジェクトへの期待感を演出した。

また、SUGIZOはTVシリーズの全OP・ED曲もプロデュースするが、LUNA SEAの楽曲の他にもガンダムの未来を示唆する書き下ろし新曲をはじめ、かつてのガンダムの名曲を様々なフィーチャリング・アーティストとのコラボレーションによるカバー・プロジェクトも推進中とのことだ。

そんなLUNA SEAは、12月22日、23日に開催される『LUNATIC X\'MAS 2018 ?Introduction to the 30th Anniversary-』と銘打った、さいたまスーパーアリーナ2days公演を開催するが、そのチケットは発売即日にSOLD OUT! デビュー初期のツアータイトルである『IMAGE or REAL』『SEARCH FOR MY EDEN』と各日にサブタイトルが付けられたことからも大きな話題となっている。

■機動戦士ガンダム40周年プロジェクト公式サイト
http://gundam40th.net/
■『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』公式サイト
http://www.gundam-the-origin.net/

『LUNATIC X\'MAS 2018 -Introduction to the 30th Anniversary- 』

「IMAGE or REAL」
12月22日(土) さいたまスーパーアリーナ 

「SEARCH FOR MY EDEN」
12月23日(日) さいたまスーパーアリーナ



【関連リンク】
LUNA SEA、機動戦士ガンダム40周年プロジェクトのテーマ曲&TVシリーズ OPテーマ曲を担当
LUNA SEAまとめ
SUGIZOまとめ
実力派ギタリストの竹田NINJA京右が メジャー1stアルバムをリリース

【関連アーティスト】
LUNA SEA, SUGIZO
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, アニメ, 主題歌

実力派ギタリストの竹田NINJA京右が メジャー1stアルバムをリリース
Wed, 21 Nov 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

伊賀流忍者修行の地・三重県名張市出身、自身の名前にも“NINJA"と表掲し、故郷に根付いた活動を続ける竹田NINJA京右。2016年には、大阪のレコード会社GIZA studioの作品『d-project with ZARD』収録の「かけがえのないもの」にアレンジャーとして参加する等、活躍の幅を広げる実力派ギタリスト竹田NINJA京右が11月21日にメジャー1stアルバムとなる『My Endless Melody』をリリースした。

今作は自身の得意とする“和"のテイストを巧みに取り入れた、情感溢れるギターによるインストゥルメンタル楽曲が中心となっており、ギターとピアノが優しい音色を奏でる「I will remember my memories」、大人気アニメ『名探偵コナン』テーマ曲となった小松未歩の「謎」ギターインストヴァージョンも収録。加えてボーカリストを迎えたギターインストとのコラボレーション曲「Dawn of Humanity」、「I will remember my memories」やブルースにも初挑戦。竹田NINJA京右の新たな一面が垣間見える作品に仕上がっている。

11月20日には故郷名張市制施行65周年を記念するライブ『名張市制施行65周年PREMIUM LIVE』に出演し、華やかなギターで会場を盛り上げるとともに、ゲストとして、同じく名張市出身DIR EN GREYのギタリストDieを迎えて熱いステージを披露。「名張市の65歳を皆さまと盛大にお祝いしましょう!」という竹田の言葉通り、1st Album収録曲を数多く披露し、名張市制65周年の祝賀イベントに花を添えた。

アルバム『My Endless Melody』

2018年11月21日(水)発売



GZCD-5011/¥1,852(+税)
<収録曲>
1. 謎 〜Guitar Instrumental Version〜
2. I will remember my memories
3. I\'ll be missing you 〜100回目の合図で伝わるかな〜
4. NINJA Parade
5. 大阪Nostalgicブルース
6. Dance of the Polovtsian 〜閃〜
7. 華物語 〜時空を超える想い〜
8. Dawn of Humanity



【関連リンク】
実力派ギタリストの竹田NINJA京右が メジャー1stアルバムをリリース
竹田NINJA京右まとめ
BLUE ENCOUNT、ニューシングル「FREEDOM」MVフルを期間限定で公開

【関連アーティスト】
竹田NINJA京右
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, CD, アルバム, 発表, リリース

BLUE ENCOUNT、ニューシングル「FREEDOM」MVフルを期間限定で公開
Wed, 21 Nov 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BLUE ENCOUNTが11月21日にリリースしたニューシングル「FREEDOM」の発売を記念して、「FREEDOM」のMVフルバージョンがオフィシャルプレーヤーにて5日間限定で公開した。

「FREEDOM」はフジテレビ“ノイタミナ"TVアニメ「BANANA FISH」第2クール オープニング・テーマで、英詞と日本語詞を織り交ぜながら“自由を渇望し戦う決意"を歌う、ソリッドなロックチューン。
MVはバンド演奏シーンで構成され、白の世界と黒を基調したグラフィックやコラージュギミックが効果的に使用された疾走感のある作品となっている。

なお、BLUE ENCOUNTは11月21日のTOKYO FM / JFN 38 Stations「SCHOOL OF LOCK!」に生出演する。新曲「FREEDOM」の話はもちろん、メンバーととーやま校長、あしざわ教頭とのトークは盛り上がること間違いなしなので聴いてみよう。

■「FREEDOM」MVフルバージョン
http://www.sonymusic.co.jp/player/IR452-21V
※11月21日12:00〜11月25日24:00公開

■TOKYO FM / JFN 38 STATIONS「SCHOOL OF LOCK!」
11月21日(水)22:00〜23:55
https://www.tfm.co.jp/lock/index.html

シングル「FREEDOM」



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3118〜3119/¥1,759(税抜)
※プレイパス対応
<収録曲>
■CD
01. FREEDOM
02. ミュージック
03. それでも、君は走り続ける
■DVD
2018年7月27日に熊本B.9 V1にて行われた<TOUR2018 Choice Your「→」>のライブパフォーマンスとツアードキュメンタリーを収録
01. Waaaake!!!!
02. JUMP
03. コンパス
04. 灯せ
05. こたえ
06. Making of TOUR2018 Choice Your「→」



【通常盤】(CD)
KSCL-3120/¥1,204(税抜)
<収録曲>
01. FREEDOM
02. ミュージック
03. それでも、君は走り続ける



【関連リンク】
BLUE ENCOUNT、ニューシングル「FREEDOM」MVフルを期間限定で公開
BLUE ENCOUNTまとめ
超特急、春のアリーナツアーをMC含め完全収録した映像作品のリリースが決定

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, CD, シングル, 出演

超特急、春のアリーナツアーをMC含め完全収録した映像作品のリリースが決定
Wed, 21 Nov 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急が最新ワンマンを収めたBlu-ray『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2018 Sweetest Battlefield at Musashino Forest Sport Plaza Main Arena』を2019年1月23日にリリースすることが決定した。

本作は5万人を動員した2018年春のアリーナツアーから、5月に行われた武蔵野の森総合スポーツプラザメインアリーナ公演の最終日をMCも含め完全収録したもの。360度開放したセンターステージでアリーナツアーを回るのが初ということで、さまざまな意味での“チャレンジ”に挑む彼らの姿が詰め込まれた映像となっている。

“8号車”と呼ばれるファンに全方位から視線を注がれるなか、いつにも増して緊張感みなぎるダンス&ボーカル。筒状の大型LEDビジョンやリフトアップしながら回転する円形ステージ。そしてトロッコによるアリーナ客席一周など、満員の1万5千人が埋め尽くす広大なアリーナ空間を活かしたダイナミックなパフォーマンスが本作の最大の見どころ。

また、中盤ではメンバーが入れ替わるノンストップメドレーに続いて、カラーガードによるパフォーマンスにも初挑戦しており、アクロバットを交えながら巨大なフラッグを空中で鮮やかに操る6人の見事なアクションも目撃できる。

バラエティ豊かなナンバーを怒涛のごとく畳みかける計30曲約2時間半のライブは、超特急のツアー史上最長にして最多曲数となる。終盤のMCでリーダーのリョウガも“本当に“キツい”の3文字で締めくくれるくらいなんだけど、そのぶん楽しいのがライブ。身を削るほど、魂を削るほど楽しめるのがライブなんです”と語っており、まさしく“ライブの真髄”というものを味わうことのできる作品になっている。と同時に、『Sweetest Battlefield』というツアータイトルに込められた“8号車とあらゆるものに立ち向かっていきたい”という彼らの願いも、その端々から感じとることができるだろう。

本作は通常盤、Loppi・HMV限定盤、WIZZY限定盤の3形態でリリースされる。Loppi・HMV限定盤にはライブの裏側を収めたドキュントDISCが付属し、舞台裏に設置された小型カメラや本番中のメンバーに密着したアクションカメラの映像に加え、それをリョウガ&タカシが解説するオーディオコメンタリーも収録されている。映像の緊迫感と語りのユルさが同居する、これまた超特急らしいライブドキュメントになりそうだ。

リーダーのリョウガは“360度ステージやメンバーの表情などが抜かれた本編も素敵ですが、一番の見所は、“裏側”をテーマに撮影されたメイキング。Loppi・HMV限定盤で是非その目で確かめてください”とコメント。

さらに、プロジェクトサイトにて期間限定予約のみで入手できるWIZZY限定盤は、6人がカイ&タカシ、リョウガ&ユーキ、タクヤ&ユースケの3組に分かれて対話形式で行ったコメンタリー音声のダウンロードコード付き。どんな裏話が飛び出すか、こちらも期待大だ。

タイトル通り、6人と8号車との“甘い”一体感を生み出した“エキサイティング”なパフォーマンスを、多方面から楽しんでほしい。

■【3号車 リーダー リョウガコメント】

「今回のBlu-ray!!
360度ステージやメンバーの表情などが抜かれた本編も素敵ですが、何より一番の見所は…、“裏側”をテーマに撮影されたメイキングッ
まるで秘密組織の基地なのかというレベルで会場の裏動線に仕掛けられたカメラや、スタッフさんの頭部に装着されたカメラが今まで見せた事ないような僕達の姿が…。
今回ばかりは手に入れるほかありませんねこりゃ…。
Loppi・HMV限定盤で是非その目で確かめてください(^o^)」

Blu-ray『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2018 Sweetest Bttlefield at Musashino Forest Sport Plaza Main Arena』

2019年1月23日発売



【Loppi・HMV限定盤】(2Blu-ray+ブックレット40P+三方背+デジパック仕様)
ZXRB-3039-40/¥10,356
<収録曲>
■DISC1
1. Overture
2. 超ネバギバDANCE
3. 超えてアバンチュール
4. OVER DRIVE
5. Pretty Girl
6. No.1
7. SAY NO
8. One Life
9. Starlight
10. Billion Beats
11. Clap Our Hands!
S.B.F Medley
12. My Buddy
13. DJ Dominator
14. Turn Up
15. Yell
16. Rush Hour
17. HOPE STEP JUMP
18. fanfare
19. S.B.F Rave Track
20. Feel the light
21. We Can Do It!
22. Kura☆Kura
23. Synchronism
24. バッタマン
25. BREAK OFF
26. 浮つきWAVES
27. a kind of love
28. Party Maker
29. Burn!
30. 走れ!!!!超特急
■DISC2
BULLET TRAIN ARENA TOUR 2018 Sweetest Battlefield DOCUMENT

※ブックレット40Pは通常盤と同内容です。



【通常盤】(1Blu-ray+ブックレット40P+三方背+デジパック仕様 )
ZXRB-3038/¥7,980(税込)
【WIZY限定盤】(1Blu-ray+ブックレット40P+三方背+デジパック仕様)
ZXRB-3041/¥9,060(税込)
※パッケージの絵柄を含むBlu-ray・ブックレット40Pは通常盤と同内容です。

◎WIZY限定盤特典
『Sweetest Battlefield at Musashino Forest Sport Plaza Main Arena』公演の映像にメンバー6人が2人ずつに別れて、メンバー対話式で行なったコメンタリー音声を視聴出来るダウンロードコード付き!WIZYプロジェクトサイトにて期間限定予約のみで入手できる限定盤!(プロジェクトサイトのURLは後日発表)
<コメンタリーメンバー分け>
カイ&タカシ
リョウガ&ユーキ
タクヤ&ユースケ

『BULLET TRAIN Arena Tour 2018 GOLDEN EPOCH』

12月07日(金) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
12月26日(水) 大阪・大阪城ホール
12月27日(木) 大阪・大阪城ホール



【関連リンク】
超特急、春のアリーナツアーをMC含め完全収録した映像作品のリリースが決定
超特急まとめ
『ROXY PARTY vol.9』開催決定!PIGGY BANKS、柳家睦&THE RAT BONESらが出演!

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, Blu-ray, ライブ

『ROXY PARTY vol.9』開催決定!PIGGY BANKS、柳家睦&THE RAT BONESらが出演!
Wed, 21 Nov 2018 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

『ROXY PARTY vol.9』が2019年1月19日にライブハウスのメッカ・下北沢CLUB Queにて開催することが決定した。

毎年、数多のバンドが生まれるが“音楽離れ”という言葉もよく耳にする昨今。音楽以外のものに興味が向かい、“音楽”が本来持つ力は失いかけているとも言われている。そんな時代、音楽に価値はあるのか?いや、どんなに時代が変わっても“生”のライヴだけは決して変わらない。その志に賛同したアーティストとオーディエンスが作り上げてきた、この「ROXY PARTY』である。

現在、出演が決まっているバンドは11月16日(金)にWWW Xにてデビュー10周年イベントを大盛況に終えた、矢沢洋子率いるPIGGY BANKS。そして、東京発!パンクス、スキンズ、サイコスからなるレベル歌謡曲バンド、柳家睦&THE RAT BONES。さらにもう一組のバンドが参加予定となっており、最高の生きた音楽を体感することができることは間違いない。

■『ROXY PARTY vol.9』

2019年1月19日(金) 東京・下北沢CLUB Que
OPEN 17:30 / START 18:00
<チケット>
前売¥3,500円(税込)+1Drink
当日¥3,800(税込)+1Drink
出演:PIGGY BANKS / 柳家睦&THE RAT BONES / and more...

◎チケット発売中
下北沢CLUB Que(店頭販売)
LIVEPOCKET:https://t.livepocket.jp/e/que20190119
イープラス:http://ur0.biz/NCpX
ローソンチケット:https://l-tike.com/search/?lcd=75268 Lコード: 75268

一般問い合わせ:ガルル 03-3582-3030(平日11:00?18:00)



【関連リンク】
『ROXY PARTY vol.9』開催決定!PIGGY BANKS、柳家睦&THE RAT BONESらが出演!
矢沢洋子&THE PLASMARSまとめ
柳家睦&THE RAT BONESまとめ
矢沢洋子まとめ
PIGGY BANKSまとめ

【関連アーティスト】
矢沢洋子&THE PLASMARS, 柳家睦&THE RAT BONES, 矢沢洋子, PIGGY BANKS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ

超特急、11月27日放送の『オールナイトニッポン』パーソナリティを担当
Wed, 21 Nov 2018 07:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

月曜〜土曜日の深夜1時〜3時、ニッポン放送にて放送中の深夜の看板番組『オールナイトニッポン』。11月27日(火)の生放送は超特急がパーソナリティを担当することが決定した。

超特急は2017年4月29日(土)にニッポン放送で『オールナイトニッポンR』のパーソナリティを1度担当しているが、通称「1部」と呼ばれる深夜1時からの『オールナイトニッポン』のパーソナリティは初挑戦。さらに、当時は収録での放送であったため、生放送での『オールナイトニッポン』パーソナリティを担当するのも初めてのこととなる。

11月にニューアルバム『GOLDEN EPOCH』をリリースし、12月にはさいたまスーパーアリーナと大阪城ホールでのライブを控え勢いに乗る超特急。2019年に向けさらなる飛躍が期待される彼らのトークに注目だ。

番組では、リスナーから「2018年の世相」を教えてもらったり、「リスナーにとってのGOLDEN EPOCH」を紹介したりしながら、6人で2時間の生放送を賑やかにお送りしていく。

『超特急のオールナイトニッポン』は11月27日(火)深夜1時からニッポン放送をキーステーションに全国36局ネット で生放送される。

※この番組は、radikoのタイムフリー機能で、放送後1週間まで聴くことができる。
http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20181128010000

■【コメント】

■2号車 カイ
「超特急のオールナイトニッポン」が決定しました!
ラジオ好きの僕にとっては幸せすぎることなので、普段「オールナイトニッポン」を聴いているリスナーの皆さまに 超特急を知っていただけるよう楽しい放送にしたいと思います。
普段ラジオを聴く方も聴かない方も、この日は夜更かしして一緒に楽しい夜を過ごしましょう!

■3号車 リーダー・リョウガ
いつも早寝の良い子達よ、1日だけ夜更かししないかい? 遅寝の悪い子達はこの日を最後に早寝しなさい。
生放送という事で、何が起こるかわかりません...///レポートで知るより生で知ろうぜ☆ よろしく(^o^)

■4号車 タクヤ
初めての「オールナイトニッポン」、6人全員での出演なので大騒ぎになりそうです。笑
ちょっぴり遅い時間にはなりますが、この日は夜更かし確定でお願いしますね。

■5号車 ユーキ
「オールナイトニッポン」に超特急が生出演することが決定しました!! 汗涙喜汗汗汗汗汗
11/27は番組のタイトルを「超特急のオールナイトニッポン」として深夜1時〜生放送します!!
超特急を知らないたくさんのリスナーのみなさんに興味を持っていただけるように、
全身全霊頑張りますので是非この超特急史上伝説となる放送をお見逃しなく!
喋れ 喋れ 超特急で♪

■6号車 ユースケ
「超特急のオールナイトニッポン」決まりました。ありがとうございます! 嬉しいです! 夢のようです!
スターになれるような逸材な喋りをラジオ通して聴いてくださる方々に届けられるよう頑張ります!!

■7号車 タカシ
誰しもが知っている「オールナイトニッポン」に出演!超特急のグループ名が番組タイトルになるなんて本当に光栄です!
ありがとうございます!
深夜にリスナーさんを精一杯楽しませれる様に頑張りますので是非聴いてください!

■『超特急のオールナイトニッポン』

放送日時:11月27日(火) 深夜1時〜3時 生放送
(ニッポン放送をキーステーションに全国36局ネット)
パーソナリティ:超特急
番組メールアドレス :bt@allnightnippon.com
番組HP: http://www.allnightnippon.com/
番組Twitter:https://twitter.com/ann_since1967
Twitterハッシュタグ:#超特急ann



【関連リンク】
超特急、11月27日放送の『オールナイトニッポン』パーソナリティを担当
超特急まとめ
ONEPIXCEL、シングル「Girls Don\'t Cry」MV公開&初の東名阪ツアー開催

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, 出演

ONEPIXCEL、シングル「Girls Don\'t Cry」MV公開&初の東名阪ツアー開催
Wed, 21 Nov 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ONEPIXCELが12月5日にリリースするメジャー3rdシングル「Girls Don\'t Cry」のミュージックビデオを公開した。これまでのミュージックビデオから一転、楽曲の持つメッセージ性を表現すべく大人になっていく3人のシリアスな部分を切り取った非常にクールな作品となっている。

また、ONEPIXCELは2019年、初となる東名阪ツアーを行うことを自身のLINE LIVEで発表した。先行チケット販売の詳細は12月5日に発売されるシングル「Girls Don\'t Cry」のCDに封入されたフライヤーでチェックしてほしい。

■『ONEPIXCEL Respect Tour 2019 〜勉強させていただきます〜』

3月02日(土) 愛知・名古屋Heartland
3月03日(日) 大阪・阿倍野ROCKTOWN
3月07日(木) 東京・代官山UNIT

シングル「Girls Don\'t Cry」

2018年12月5日発売



COCA−7540/¥1,389+税
<収録曲>
1.Girls Don\'t Cry
2.TURN ME ON
3.Sparkle Utae Remix
4.We Go Now pavilion xool Remix
5.Girls Don\'t Cry(Instrumental)
6.Turn Me On(Instrumental)

『ONEPIXCEL 3rdシングル「Girls Don\'t Cry」リリースイベント』

11月23日(金・祝)神奈川・タワーレコード川崎店 店内イベントスペース
(1)13:00 (2)15:00
11月24日(土) 東京・HMVエソラ池袋店
18:00〜
11月25日(日) 神奈川・たまプラーザテラス ゲートプラザ1Fフェスティバルコート
(1)17:00 (2)19:00
12月1日(土) 東京・立川アレアレア2内 ラーメンスクエア 特設ステージ
(1)13:00 (2)15:00
12月02日(日) 埼玉・そごう大宮店2F 駅前正面出入り口 特設ステージ
(1)13:00 (2)15:00
12月03日(月) 東京・ヴィレッジ ヴァンガード 下北沢店
19:30〜
12月04日(火) 東京・HMV&BOOKS SHIBUYA 7Fイベントスペース
19:00〜
12月05日(水) 東京・東京スカイツリータウン・ソラマチ ウエストヤード4階「テレビ局公式ショップ〜ツリービレッジ〜」
18:30〜
12月06日(木) 東京・タワーレコード池袋店 6Fイベントスペース
19:30〜
12月07日(金) 東京・タワーレコード渋谷店 4Fイベントスペース
20:30〜
12月08日(土) 東京・Space emo池袋
(1)開場12:30 / 開演13:00 (2)開場15:30 / 開演16:00
12月09日(日) 東京・ニコニコ本社 B2F イベントスペース
(1)12:00 (2)14:00
12月22日(土) 都内某所

■詳細はコチラをチェック
http://columbia.jp/artist-info/onepixcel/live/



【関連リンク】
ONEPIXCEL、シングル「Girls Don\'t Cry」MV公開&初の東名阪ツアー開催
ONEPIXCELまとめ
THE COLLECTORS、26作品全356曲を全世界でサブスク配信解禁

【関連アーティスト】
ONEPIXCEL
【ジャンル】
J-POP, ニュース, グループ, ミュージックビデオ, MV, ツアー

THE COLLECTORS、26作品全356曲を全世界でサブスク配信解禁
Wed, 21 Nov 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE COLLECTORSが1987年にテイチクエンタテインメントからリリースしたメジャーデビューアルバム『僕はコレクター』をはじめ、オリジナルアルバム21作品を含む26作品全356曲を11月21日(水)0時より日本国内・全世界にてサブスクリプションサービスで一斉配信する。

11月7日(水)に23枚目のオリジナルアルバム『YOUNG MAN ROCK』をリリースし、さらに11月23日(金)より初のドキュメンタリー映画『THE COLLECTORS〜さらば青春の新宿JAM〜』がいよいよ公開となるTHE COLLECTORS。サブスクリプションサービスであれば気軽に聴くことができるので、ぜひ多くの方にTHE COLLECTORSの音楽と歴史に触れてほしい。

■【サブスク配信作品一覧】

『僕はコレクター』
『虹色サーカス団』
『ぼくを苦悩させるさまざまな怪物たち』
『PICTURESQUE COLLECTORS\' LAND 〜幻想王国のコレクターズ〜』
『COLLECTOR NUMBER. 5 + 2』
『UFO CLUV + 5』
『CANDYMAN + 3』
『Free + 2』
『MIGHTY BLOW + 7』
『HERE TODAY + 6』
『BEAT SYMPHONIC + 3』
『SUPERSONIC SUNRISE』
『GLITTER TUNE』
『夜明けと未来と未来のカタチ −The Future in the Shade of Dawn−』
『ロック教室〜THE ROCK\'N ROLL CULTURE SCHOOL〜』
『東京虫BUGS』
『青春ミラー(キミを想う長い午後)』
『地球の歩き方』『99匹目のサル』
『鳴り止まないラブソング「言いたいこと 言えないこと 言いそびれたこと」』
『THE GREATEST TRACKS』
『BIFF BANG POW』
『愛ある世界』
『LIVING FOUR KICKS (COMPLETE LIVE BEST)』
『RETROSPECTIVE』

<主要配信 URL>
■Apple Music
https://geo.itunes.apple.com/jp/album/id156927516?mt=1&app=music
■Spotify
http://open.spotify.com/artist/3OV5dcuHvNPXmgPFwXLf37
■LINE MUSIC
https://music.line.me/launch?target=artist&item=mi000000000010b20b&cc=JP
■Amazon Music Unlimited
https://music.amazon.co.jp/artists/B00H1XX7N6/CATALOG?ref=dm_wcp_artist_link_pr_s
■Google Play Music
https://play.google.com/music/preview/Abern3xry27644mv2datak44vz4?u=0#

アルバム『YOUNG MAN ROCK』

2018年11月7日(水)発売



COCP-40539/¥2,800(税込)
<収録曲>
01.クライム サスペンス
02.ひとりぼっちのアイラブユー
03.サブマリン
04.限界ライン
05.セントラルステーション
06.ニューヨーク気分
07.永遠の14歳
08.泣かないで火星人
09.恋のホットサマーレシピ
10.振り返る夜

映画『THE COLLECTORS〜さらば青春の新宿JAM〜』

11月23日(金・祝)より新宿ピカデリー他にて劇場公開
http://thecollectors-film.com/

【ライブ・イベント情報】

『THE COLLECTORS「YOUNG MAN ROCK」発売記念インストアイベント』
イベント内容:トーク&握手会(握手会時にイベント限定特典の“直筆サイン入り色紙”もプレゼント)
11月24日(土) 東京・タワーレコード池袋店6Fイベントスペース
出演:加藤ひさし、古市コータロー
11月26日(月) 大阪・ディスクピア日本橋店イベントフロア テレビゲーム館2F 18:30START
出演:加藤ひさし

<2019年>
『THE COLLECTORS TOUR 2019“YOUNG MAN ROCK”』
1月20日(日) 北海道・札幌cube garden
1月26日(土) 宮城・仙台CLUB JUNK BOX
2月02日(土) 岡山・YEBISU YA PRO
2月03日(日) 福岡・DRUM LOGOS
2月09日(土) 東京・新木場STUDIO COAST
2月16日(土) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
2月17日(日) 大阪・BIG CAT
<チケット>
一般¥4,200/キッズ(小学生対象)¥2,800 ※D代別
■一般発売:12月1日(土)



【関連リンク】
THE COLLECTORS、26作品全356曲を全世界でサブスク配信解禁
THE COLLECTORSまとめ
→Pia-no-jaC←、ニューアルバム『JAPANESQUE』ヴィレヴァン限定盤を先行リリース

【関連アーティスト】
THE COLLECTORS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 配信, 音楽配信

→Pia-no-jaC←、ニューアルバム『JAPANESQUE』ヴィレヴァン限定盤を先行リリース
Wed, 21 Nov 2018 10:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

→Pia-no-jaC←が2019年1月23日(水)にリリースを予定しているアルバム『JAPANESQUE』のVillage Vanguard限定盤が発売されることになった。しかも、今回は初の試みとして通常・初回限定盤より1週早い1月16日(水)のリリースとなる。

Village Vanguard限定盤・特典映像には「MA・TSU・RI」のミュージックビデオに加え、日比谷野外大音楽堂にて行われた『→PJ← History EAT A 野音3 〜5年振りにやります全曲ジャック〜』のメイキング映像を収録される。

また、今回のニューアルバムのテーマは「和」となっており、世界進出を目指す→Pia-no-jaC←の新たなサウンドとシンクロする日本の象徴を詰め込んだ→PJ←流の『JAPANESQUE ART』なジャケットが完成した。

彼らの10年に対する想いなどのインタビューも収録される予定で、1月23日に発売される『EAT A 野音3』をフルに収めた初回限定盤への期待感を一層高めるアイテムとなっている。

そして、2019年1月27日の横浜・LANDMARK HALLを皮切りにスタートするリリースツアー『JAPANESQUE TOUR 2019』の開催も決定した。キャリア11年目となる熟練の→Pia-no-jaC←サウンドを体感してほしい。

■『JAPANESQUE TOUR 2019』

1月27日(日) 神奈川・yokohama LANDMARK HALL
2月02日(土) 香川・高松オリーブホール
2月03日(日) 高知・田野町ふれあいセンター イベントホール
2月09日(土) 石川・金沢EIGHT HALL
2月10日(日) 京都磔磔
2月11日(月・祝) 兵庫・THE LIVE HOUSE CHICKEN GEORGE
2月16日(土) 三重・Live Music M\'AXA
2月17日(日) 岐阜Club-G
2月23日(土) 宮城・仙台Rensa
2月24日(日) 千葉・柏PALOOZA
3月02日(土) 福岡DRUM LOGOS
3月03日(日) 大阪・BIGCAT
3月09日(土) 愛知・名古屋DIAMOND HALL
3月10日(日) 長野・松本Sound Hall a.C
3月17日(日) 静岡・Live House 浜松窓枠
3月21日(木・祝) 新潟・新潟LOTS
3月24日(日) 北海道・道新ホール
3月30日(土) 広島・HIROSHIMA CLUB QUATTRO
3月31日(日) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
4月06日(土) 東京・ヒューリックホール東京
全公演 OPEN 16:30 / START 17:00
<チケット>
前売 5,000円(消費税込/ドリンク代別)
OFFICIAL HP 2次チケット先行予約(先着)受付中
受付期間:11月20日(火)10:00 〜 11月28日(水)23:59
※予定枚数終了次第、受付終了
http://www.cnplayguide.com/pj19hp/

アルバム『JAPANESQUE』

【Village Vangard限定盤】2019年1月16日(水)発売
【初回限定盤】【通常盤】2019年1月23日(水)発売



【Village Vangard限定盤】(CD+DVD)
XQIJ-91018/¥3,240(税込)
<収録曲>
■CD
1 MA・TSU・RI
2 忍
3 ふるさと
4 Primitive
5 Starting Over
6 追憶
7 VOICE
■DVD
「MA・TSU・RI」のミュージックビデオ、『→PJ← History EAT A 野音3 〜5年振りにやります全曲ジャック〜』のメイキング映像を収録。



【初回限定盤】(CD+2DVD)
XQIJ-91017/¥5,940(税込)
<収録曲>
■CD
1 MA・TSU・RI
2 忍
3 ふるさと
4 Primitive
5 Starting Over
6 追憶
7 VOICE
■DVD
2018年10月08日に行われた『10th Anniversary「→PJ← History」 EAT A 野音3 〜5年振りにやります全曲ジャック〜』を収録。



【通常盤】(CD)
XQIJ-1017/¥2,160(税込)
<収録曲>
1 MA・TSU・RI
2 忍
3 ふるさと
4 Primitive
5 Starting Over
6 追憶
7 VOICE




【関連リンク】
→Pia-no-jaC←、ニューアルバム『JAPANESQUE』ヴィレヴァン限定盤を先行リリース
→Pia-no-jaC←まとめ

【関連アーティスト】
→Pia-no-jaC←
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ユニット, CD, アルバム, インストゥルメンタル













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1