歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年11月20日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/11/29
2018/11/28
2018/11/27
2018/11/26
2018/11/25
2018/11/24
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
WEBER、“覚悟”をテーマにしたニューシングル「READY」発売決定
Tue, 20 Nov 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ダンスボーカルユニットのWEBERが、ビクターエンタテインメントへの移籍と2019年2月20日に移籍第1弾シングル「READY」をリリースすると発表した。シングル「READY」は、前作シングル「僕の記憶が嘘をつく」から約1年振りとなる待望のニューシングルとなる。

これまでもメロディーや歌詞に込められた思いをダンスと歌で伝えてきたWEBERが、今作でテーマにしたのは“READY”=“覚悟”。弱く臆病な自分が未来を掴むための勇気をリズムとボーカルのグルーヴで表現した、彼らが得意とするミディアムバラード調の作品だ。数々の作品やライブを通して着実にステップアップしてきた今のWEBERだからこそ表現できる、“覚悟”を感じられるシングルとなる。

さらに、ビクターへの移籍を記念したイベント『WEBERビクター移籍記念イベント 〜アフターバレンタイン〜』を2019年2月16日(土)六本木morph-tokyoにて開催することも決定。その他、シングル「READY」に関する詳細や移籍記念イベントのチケット販売に関する情報は後日発表となるので、続報を楽しみに待っていてほしい。確かな実力と表現力、そして新たな“覚悟”を胸に力強く歩み続けるWEBERの新章がついに幕を開ける!

■『WEBER ビクター移籍記念イベント  〜アフターバレンタイン〜』

2019年2月16日(土) 東京・六本木morph-tokyo
1部…12:30開場/13:00開演
2部…15:30開場/16:00開演
3部…18:30開場/19:00開演

<チケット>
¥4,500(税込)※別途ドリンク代¥600
※ビクター移籍記念WEBERדNipper”コラボレーショングッズ(マフラータオル)付き
※チケット販売に関する詳細は後日発表

シングル「READY」

2019年2月20日(水)発売



※その他、商品詳細は後日発表

『WEBER Christmas Special Live 〜だからまだクリスマスじゃないって何回言えば気がすむんだ〜』

12月16日(日) 大阪・Drop
12月21日(金) 東京・渋谷 TSUTAYA O-EAST
<チケット>
全自由¥4,000(税込・入場時ドリンク代別途)
※未就学児童入場不可
一般発売:11月24日(土)



【関連リンク】
WEBER、“覚悟”をテーマにしたニューシングル「READY」発売決定
WEBERまとめ
SUGIZO、念願のパレスチナ公演をドキュメンタリータッチで描いた「FATIMA」Palestine編 MV公開

【関連アーティスト】
WEBER
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ユニット, CD, シングル, 発表, リリース

SUGIZO、念願のパレスチナ公演をドキュメンタリータッチで描いた「FATIMA」Palestine編 MV公開
Tue, 20 Nov 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

“20年前からパレスチナを訪れたいと思っていた”というSUGIZOが遂にパレスチナ西岸地区の3つの都市でライヴを成功させた。パレスチナでは現在もイスラエル建国に始まる国境線の争いや占領が続いている。日本からは遠い世界の出来事のように思えるが、SUGIZOの音楽はその距離を超えて鳴り響いた。

このライヴで調整役を務めた山本真希氏は、パレスチナ難民の方々の作る着物の帯などを販売する事業を行なっている。“文化や芸術というものは、国や人種、言葉や宗教の違いを超えて繋がり合える”、そう信じる山本氏とSUGIZOのソロプロジェクト『COSMIC DANCE QUARTET』のメンバーやNGO職員、日本国政府や国連機関の人々、そして地元の人々が協力して作り上げた“手作りのライヴ”となった。

そして今回、SUGIZO公式ライヴストリーミング・チャンネル『SugizoTube』にて先行公開されていた「FATIMA」のPalestine編MVを一般公開! この作品ではパレスチナでの様子をドキュメンタリータッチに描いた生々しい映像を背景に、「FATIMA」の壮大なメロディーが紡がれている。延々と続く分離壁、そこに描かれた力強いグラフィティアート、日常をたくましく生きる人々、SUGIZOの音楽に体を揺らす難民キャンプの子供たちの笑顔。このMVもまた、日本とパレスチナの距離を縮める架け橋となることだろう。

アルバム『COSMOSCAPE II』

2018年12月19日発売



【初回限定盤】(SHM-CD2枚組)
UICZ-9108/9/¥5,500+税
※特殊LPジャケット仕様
【通常盤】(SHM-CD2枚組)
UICZ-4437/8/¥3,500+税 
<収録曲>
■Disc1
1.百鬼夜行〜Psychedelia〜 feat. 怪物舞踏団
2.MESSIAH 
3.ARC MOON
4.FATIMA
5.SLEEP AWAY(New Mix)
6.Dear SPIRITUAL LIFE
7.DO-FUNK DANCE
8.眠狂四郎(New Mix)
9.Duke
■Disc2
1.IRA   
2.VOID 
3.Lux Aeterna
4.The Voyage Home(New Arrange) 
5.永遠 feat. RYUICHI 
6.絶彩 feat. 京
7.Rebellmusik feat. K Dub Shine
8.PHOENIX〜HINOTORI〜 feat. Toshl
9.東京デシベル

Blu-ray&DVD『Unity for Universal Truth』

発売中



【Blu-ray】
UIXZ-4082/¥6,000(税抜)
<収録曲>
■第一部
1. IRA
2. THE CAGE   
3. MESSIAH
4. NEO COSMOSCAPE
5. ARC MOON
6. FATIMA
7. Lux Aeterna
8. ENOLA GAY RELOADED
9. Decaying
10. 禊
11. TELL ME WHY?
■第二部
12. 永遠 feat.RYUICHI
13. VOICE feat.清春
14. PHOENIX~HINOTORI~ feat.Toshl
15. DO-FUNK DANCE
16. The Voyage Home

◎SPECIAL FEATURE
MV:VOICE feat.清春
MV:感情漂流 feat. 辻仁成
Photo Gallery



【DVD】
UIBZ-5082/¥5,000(税抜)



【関連リンク】
SUGIZO、念願のパレスチナ公演をドキュメンタリータッチで描いた「FATIMA」Palestine編 MV公開
SUGIZOまとめ
LUNA SEAまとめ
X JAPANまとめ
超特急、男性限定ライブを2019年2月に開催

【関連アーティスト】
SUGIZO, LUNA SEA, X JAPAN
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ミュージックビデオ, MV, ライブ

超特急、男性限定ライブを2019年2月に開催
Tue, 20 Nov 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急が2019年2月3日(日)に東京・恵比寿 LIQUIDROOMにて、男性限定ライブ『BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.5』を開催することが決定した。

2015年からスタートした超特急の『BOYS GIG』は男性だけの8号車(超特急ファン)が集結してパワーみなぎる男祭りとして、すでに超特急の恒例行事となっており、2019年で5年連続の開催となる。

リーダーのリョウガは“男同士でしか出来ない事、男同士だから出来る事をやっていきたいと思う”とコメント。さらにダンサーのタクヤは“男8号車が少しずつ増えていることが嬉しい。その恩返しをしたい”とその意気込みを語っている。

チケットの先行申込みは11月20日20時よりスタートしているので、興味のある方は忘れずにチェックしよう。

■【コメント】

■3号車 リーダー リョウガ
「毎年恒例行事…ッ
男祭りがやってきたぜ…ッ
男同士でしか出来ない事、男同士だからこそ出来る事。やっていきたいと思うぜ。
その会場に俺たちの想いを、臭いを、染み込ませてやろうぜ(^o^)」

■4号車 タクヤ
「早くも5回目の開催になりました。
年々ライブを重ねていくごとに男8号車が少しずつ増えているなぁと嬉しく思ってます。
その恩返しをこの男祭りでさせてください」

■『BULLET TRAIN BOYS GIG Vol.05』

2019年 2月3日(日) 東京・恵比寿リキッドルーム
開場17:00/開演18:00
<料金>
オールスタンディング ¥4,000/友乗りチケット(2枚組) ¥7,000

※入場時別途ドリンク代500円必要
※複数枚お申し込みされる場合は、同行者様も男性のみとなります。
※女性はチケットの購入はできません。女性の方がご来場された場合は、いかなる場合でもご入場をお断りします。また、返金対応はございません。
※会場内は混雑いたしますので、身軽な格好でお越しください。大きな荷物は駅のロッカー等にお預けください。会場内にもロッカーはありますが、サイズ、数ともに限りがございます。
※戸籍上男性限定のイベントです。チケット購入時、入場時にIDチェックを行う場合がございますので、当日顔写真付き+性別がわかる身分証明書を必ずご持参ください。
※顔写真付き身分証明書をお持ちでない場合は、下記の中より2種類以上必ずお持ちください。
(学生証、保険証、住民票、戸籍謄本、戸籍抄本、印鑑登録証明書、年金手帳)
※身分証明書の期限切れ、コピーは無効になります。身分証明書で性別が確認できない場合、入場をお断りする場合がございます。
※当日は撮影のカメラが入ります。写り込む可能性がございますので、あらかじめご了承ください。
※中学生未満の方のご入場は不可となります。

◎チケット先行情報
【夢の青春8きっぷ会員限定先行(抽選)】ファンクラブご入会もこちらから!
お申し込みはこちら→http://fc.bullettrain.jp/
受付期間:2018年11月20日(火)20:00〜11月29日(木)23:59
当落・入金期間:2018年12月6日(木)14:00〜12月9日(日)23:00
申込み対象者:11月27日(火)23:59までに夢の青春8きっぷに入会(=入金)した方
【オフィシャル先行(抽選)】
受付URL: https://l-tike.com/st1/boysgig5
受付期間:2018年11月20日(火)20:00〜11月29日(木)23:59
当落・入金期間:2018年12月6日(木)14:00〜12月9日(日)23:00

『BULLET TRAIN Arena Tour 2018 GOLDEN EPOCH』

12月07日(金) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
12月26日(水) 大阪・大阪城ホール
12月27日(木) 大阪・大阪城ホール

アルバム『GOLDEN EPOCH』

発売中



【通常盤】
ZXRC-2036/¥3,024(税込)
※アートワークはファッションマガジン「NYLON JAPAN」コラボ仕様
※通常盤限定封入特典: メッセージボイスカード封入!!!!!!
<収録曲>
1. need you
2. Booster
3. Jesus
4. ???????????? *「超特急の食べ鉄 タイ編」テーマ曲
5. 超ネバギバDANCE (AL ver.)
6. 霖雨
7. Full moon
8. a kind of love (AL ver.)
9. My Buddy (AL ver.)
10. PUMP ME UP
11. You know, I know
12. 8号車との歌 *ユースケ作詞・作曲新曲
13. Time of GOLD *アリーナツアー「GOLDEN EPOCH」テーマ曲



【関連リンク】
超特急、男性限定ライブを2019年2月に開催
超特急まとめ
She, in the haze、「Mirror」MV&新アー写を公開

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, ライブ, チケット

She, in the haze、「Mirror」MV&新アー写を公開
Tue, 20 Nov 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

She, in the hazeが12月5日(水)にリリースされるニューシングルから、自ら企画制作を手がけた新作MV「Mirror」を公開し、あわせて新アーティスト写真も発表した。

昨今の邦楽シーンで見られるMVとは明らかに一線を画す世界観の映像とともに、感情を揺さぶる圧倒的サウンドを放つ本作品は、世界で話題沸騰中の異才クリエイター集団であるShe, in the hazeにとって新しい幕開けとも言える芸術作品となっている。

イントロから激しく歪んだ音が重なり合う強烈な“混沌”が続く中、サビで一気に“天国”にでも連れていかれたような美しい世界観が広がる。その様は、まさに鏡のように相反する“凶暴性”と“理性”の二面性を映し出しているかのようだ。クライマックスでは断末魔の叫びのようなシャウトから、人格を破壊する出口の無い痛み、受け入れ難い真実との対峙を描いており、驚愕の映像作品となっている。

She, in the hazeだが、本作のリリース後にはツアー『She, in the haze “Mirror” tour 2018』を開催。12月14日(金)の名古屋HeartLandから始まり、12月20日(木)は大阪・心斎橋VARON、そして12月23日(日)は東京・渋谷SPACE ODDにて、新鋭のロックバンドpollyを迎えたツアーファイナルツーマンを開催する。

現実離れした叙情的なライブパフォーマンスで感動を巻き起こし、今世界規模で話題沸騰中のShe, in the haze。今後彼らからますます目が離せなくなるだろう。

シングル「Mirror」

2018年12月5日発売



DDCB-94022/¥500+税
<収録曲>
1. Mirror
2. Last dance

※TOWER RECORDS一部店舗限定販売(数量限定)
取扱い店舗 : 札幌ピヴォ店、仙台パルコ店、新宿店、渋谷店、横浜ビブレ店、名古屋近鉄パッセ店、名古屋パルコ店、京都店、梅田大阪マルビル店、梅田NU茶屋町店、難波店、神戸店、広島店、福岡パルコ店
■CD詳細
http://sheinthehaze.com/ja/index.html#discography

『She, in the haze “Mirror” tour 2018』

12月14日(金) 愛知・名古屋 HeartLand
12月20日(木) 大阪・心斎橋VARON

ツアーファイナルツーマン
12月23日(日) 東京・渋谷SPACE ODD
w/polly

■チケット購入については公式HPライブ情報にて
http://sheinthehaze.com/ja/index.html#live



【関連リンク】
She, in the haze、「Mirror」MV&新アー写を公開
She, in the hazeまとめ
楽曲の中毒性が見事に表現されたORANGE RANGEや話題になった水カンの「桃太郎」など頭から離れないアニメMV

【関連アーティスト】
She, in the haze
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV

楽曲の中毒性が見事に表現されたORANGE RANGEや話題になった水カンの「桃太郎」など頭から離れないアニメMV
Tue, 20 Nov 2018 18:00:00 +0900


忘れられない映画のシーンや心に残る楽曲など、ずっと記憶にあるものは人それぞれにたくさんあると思いますが、今回ご紹介するのはそれとはちょっと違う“頭から離れないアニメMV”。一度観てしまったら忘れることができない、しばらく頭の中をループしてしまう中毒性の高いMVを5本集めました!

■「はたらきたくない」(’18) /打首獄門同好会

“生活密着型ラウドロック”を掲げる打首獄門同好会ならではの脱力系ユーモアが癖になるMV! ゲーム『WORK×WORK』のテーマソングとして、労働意欲がないダメバイトの主人公・ポチ夫の“はたらきたくない”気持ちを重厚なサウンドで表現した楽曲だけでも心が掴まれるだろう。歌詞に合せたポチ夫の動きや、サビでキャラクターが行進する派手なシーンなど、アニメーションならではの素朴な映像が楽曲の面白さをさらに盛り上げている。寝転んだりうつ伏せになっていたポチ夫がしっかり立っている最後のシーンでは、大サビの《でもはたらいたよね》がより染み入る…。“はたらきたくない”気持ちになった時にこの曲が頭で流れてくると同時に、一度観たら必ずサビの“あの画”が浮かんでくること間違いなし。寒くなってきたこの時期には「布団の中から出たくない」もおすすめ!

■「布団の中から出たくない」MV
https://youtu.be/s4DxPeLNVuw

■「あなたもロボットになれる feat. かもめ児童合唱団」(’14) /坂本慎太郎

ゆらゆら帝国のギターヴォーカルとして活動していた坂本慎太郎による「あなたもロボットになれる」は“頭から離れないMV”を紹介する上で絶対に外せない! 《眉間に小さなチップを埋めるだけ》から始まるぶっ飛んだ歌詞はもちろん、それをかもめ児童合唱団が歌っているのだから狂気性もひとしお。“人間がロボットになることで不安や虚無から解放される”という発想と坂本がアクリル絵の具で描いた絵もちょっと不気味で、自信初のカラーアニメ作品にしてかなり強烈な仕上がりだ。また、伴奏シーンでは楽園っぽいサウンドを奏でるスティールギターを弾く坂本の姿も。歌詞内で人間のロボット化を賛成している日本人が2割から5割に増えているのもリアルで、“いつかそんな時代が来るのでは…”といろいろな想像が脳内を駆け巡る。

■「THERAPY」(’10)/group_inou

imai(TRACK)とcp(MC)からなるユニットgroup_inouとCGアニメーション制作チーム“AC部”による、今回紹介する中でもっとも謎めいた作品。バラバラな画のタッチでプロレス、サモエド、ユリ・ゲラーとここで初めて交わるようなシーンが羅列し、唐突な心理テストやテレフォンショッピングなどのパロディーも盛り込みながらピコピコとエレクトロサウンドが打ち込まれていく…。説明するだけでもこんがらがるが、映像はもっとしっちゃかめっちゃか! group_inou のMVでお馴染みのキャラクター“イルカのイルカくん”が登場する場面で漠然と“自宅で簡単イルカセラピーって何?”と歌詞への疑問も浮かびつつ、最後の伏線回収的なシーンにはちょっと納得してしまうのも一本取られた感があってにくい。ラストに向かってテンポアップしていく楽曲につられ、どんどんのめり込んでしまうコミカルかつ奇妙な一本。

■「SUSHI食べたい feat. ソイソース」 (’15)/ORANGE RANGE

続いてこちらも“AC部”による映像作品。《SUSHI食べたい》とループする楽曲ながら《会いたい今夜》などの心情が節々に隠されたナンバーで、MVもちょっぴりラブストーリー仕立て。女性が夜中に家を飛び出して向かう寿司屋からイケメン寿司職人が登場したり、浮かない表情で鏡に映る自分を見つめたりと叙情的なカットも少し入れつつ、最後は漁師で締め括られるというやっぱり謎なフィナーレ。観ている人の思考などお構いなしの展開や、アンバランスなイラスト、どことなく漂うチープ感など節々にある違和感こそが“下手うま”と称される“AC部”の魅力のようにも感じる。しかも、その違和感が楽曲の中毒性にしっかりマッチしているのがリピートしてしまう理由なのだろう。自由奔放な音楽を生み出すORANGE RANGEのマニアックな部分を見事映像でも表現し切っているのがすごい!

■「桃太郎」(’14) /水曜日のカンパネラ

“昔話『桃太郎』を水曜日のカンパネラが解釈したら…”という展開で制作され、“桃太郎”をそのままタイトルに持ってきたことや“引きこもりの太郎少年がひょんなことから鬼退治に行く”という独特な切り出しなどが話題となった。この曲が広まった理由には、楽曲のストーリーにぴったりはめ込んだ、このMVも大きな役割を果たしているだろう。だらしない生活を送る桃太郎に鬼ヶ島へ行くようにと告げたおばあさんが実は鬼と仲良くやっていたり、戦力外通告していたはずのキジが桃太郎を奮い立たせたりと、複雑な人間関係が交差するMVを観ると楽曲の中での“桃太郎”はどこにでもいる現代人のことを指しているように感じる。サビのフレーズ《きびきびだーん》や、きびだんごのレシピが出てくる場面など画的にインパクトのあるシーンも多いが、ドラマを観ているかのような人間臭い展開と、鬼ヶ島へ向かう桃太郎が見せる怠けてた自分を倒しに行くような表情にも注目!

TEXT:千々和香苗



【関連リンク】
楽曲の中毒性が見事に表現されたORANGE RANGEや話題になった水カンの「桃太郎」など頭から離れないアニメMV
水曜日のカンパネラまとめ
ORANGE RANGEまとめ
打首獄門同好会まとめ
group_inouまとめ

【関連アーティスト】
水曜日のカンパネラ, ORANGE RANGE, 打首獄門同好会, group_inou, 坂本慎太郎, ゆらゆら帝国, かもめ児童合唱団
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, 連載コラム, 気になるワードでディグる! 〇〇なMV, ミュージックビデオ, MV, シングル, アルバム

みのりほのか、大ヒット曲「UFO」のカバーや12月に控えたワンマン公演についてのインタビューが到着
Tue, 20 Nov 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

最強の洗脳アイテム“アンドル”としてラスタァ星から地球を征服しにやってきたはずが、今やすっかり“地球人に夢中”になっているみのりほのか。彼女が地球人を洗脳するための手段として、9月いっぱい毎週木曜日深夜に『勇者ああああ〜ゲーム知識ゼロでもなんとなく見られるゲーム番組〜』のエンディングテーマとして、地球に住む一部アイドルヲタクたちのハートを虜にしてきた「宇宙人だ」のMVを流したところ、“これ、最強のチップチューン(簡単に説明するならゲーム音楽風の音を用いた楽曲)じゃねぇ!!”とゲーマーたちの間で一部話題沸騰に。実際にライブへ足を運ぶ人たちが増えだした。でも、まだ一部なのが残念だ。

続けて「宇宙人だ」を海外の配信サイトで「Alien」という題名でダウンロード販売を始めたところ、一部のEDMファンや日本のアイドルマニアの間で話題となり、最近ではみのりほのかのライブを観に海外からも足を運ぶ人たちも出始めている。海外でも一部の話題なのは残念だが、彼女の存在が海外にまで浸透し始めたように、ラスタァ星人の存在が世界中に広がり出したのは事実。ということは、ますます地球の平和が危うくなるということ…?

みのりほのかは、9月に2ndアルバム『銀河ドロップ』をリリース。この作品のコンセプトが、“ゴールデンレコード(※)を受け取った宇宙人みのりほのかの、地球に対してのアンサーアルバム”。いや、そんなことより、このアルバムもかなりヤバい。「チュパカブラfeat.ワクワクさんでお馴染みの久保田雅人」を通しUMA(未確認動)のチュパカブラに恋をすれば、「ざしきのあのこ」では、少し大人にバージョンアップしたせいで座敷童子とバイバイ。ドンタン響くティンパニの響きも印象深い「ジュラシックガール」を通して原始のパワーを引き出せば、「キラキラ☆ギャラクシー」ではラスタァ星のことは騙らずに銀河系を解説。果ては、「ムーンウォーク」を通しミノケルホノソン(みのりほのか+マイケル・ジャクソン)に変身。華麗にムーンウォークを披露したりと、『月刊ムー』も驚きの(?)行動を展開。『銀河ドロップ』と題したこのアルバム、じつはチップ/テクノなEDMナンバーに載せ楽曲へ触れた人たちの脳内に音のチップを埋め込み洗脳する、最強の侵略マシーンなのです。

地球で言うCDという洗脳マシーン『銀河ドロップ』が予想以上の効果を発揮したことから、みのりほのかは地球人の意識をマインドコントロールするさらに強烈なアイテムとして、11月27日(火)に新たなCDをドロップする。それが、みのりほのかの2ndシングル「UFO」だ!! この楽曲は、ピンク・レディーのオフィシャルカバーソング。ここではラスタァ星からアイドルに扮して地球を侵略しに来たみのりほのかの最新のインタビューをお届けする。

(※)1977年にNASAが打ち上げた無人宇宙探査機「ボイジャー1号」に搭載した、「地球人はどんな存在なのか」を記録した金色のレコード盤のこと。

■お客さんが、みのりのことを “床評論家”と呼ぶようになりました。

──地球征服は、着実に進んでいます?
「はい、楽しく進んでいます。最近では海外から遊びに来てくれる人たちも出始めたように、まだまだ地球は広いなって感じてます」

──海外にも、みのりほのかの名前が浸透し始めているんてすね。
「そうなんです。海外でも「宇宙人だ」を「Alien」というタイトルでダウンロード販売しているんですけど。興味を持ってポチッと押して聞いてくれたことで、みのりの音楽にはまってくれた人たちが海外にも増えています」

──どんどん地球侵略が進行していますね。
「ウフフフフッ。でも、もっともっと広げていきたいなと思っています」

──9月には、アルバム『銀河ドロップ』も発売になりました。改めて、このアルバムの魅力も教えてください。
「『銀河ドロップ』は、みのりほのかのことをみんなにわかりやすく知ってもらえるアルバムになっています。中には、みのりの代表曲の「宇宙人だ」が入っていれば、チュパカブラというUMA(未確認動物)のことを歌にした「チュパカブラfeat.ワクワクさんでお馴染みの久保田雅人」があったり。「もしかしてエスパー」では“はいぃ〜”とスプーンを曲げれば、「キラキラ☆ギャラクシー」では銀河のこともセリフを通して説明してたりと、1曲1曲に聞かせ所を持った作品に仕上げています」

――ライブで、アルバム収録曲の「ムーンウォーク」を歌うときには、実際にほのかさんのムーンウォークまで飛び出しますからね。
「そうなんです。でも、「ムーンウォーク」を歌いながら実際にムーンウォークを始めるようになったら、お客さんが、みのりのことを“床評論家”と呼ぶようになりました」

――えっ、床評論家ですか?
「そうなんです。“今日のライブハウスの床は滑りやすかったですか?”、“ムーンウォーク的に何点くらいの床ですか?”って聞いてくれるようになって。それで、わたしもライブハウスにおけるムーンウォークのやりやすさを意識するようになりました」

──今のところの経験談として、“ここはムーンウォーク泣かせだな”という場所は何処になります?
「わたしのホームのはずなのに、渋谷DESEOでムーンウォークをやったときは一歩も進まなかったことがあって。“ステージの上は滑らないように”、“危なくないように”という面ではライブハウスとしてすごく正しいことなんですけど。でも、“滑ろう”と試みたところ、一歩も滑らなかったのは渋谷DESEOだけです(笑)。ただ、12月21日から移転した先ではどうなるのか、そこも楽しみにしています」

──今やみのりさんのムーンウォークも、ライブの大きな見せ場になっていますからね。
「お客さんたちも、綺麗に滑れたら“オーッ!!”と喜んでくれるし、滑らなかったら滑らなかったで笑ってくれるように、そこは毎回すごく助けられています」

──みのりさん、実際のところ、ムーンウォークは得意なんですか?
「ムーンウォークは一生懸命練習をしています(笑)。よく、ライブでムーンウォークを披露したあとの物販で“今日、すごくいい後ずさりだね”と言われます(笑)」 

■「UFO」は、みのりほのか史上 一番セクシーな歌になりました。

──9月には、「宇宙人だ」がテレビ東京系『勇者ああああ〜ゲーム知識ゼロでもなんとなく見られるゲーム番組〜』のエンディングテーマとして1カ月流れました。あの反響もけっこうあったんでしょ。
「普段から『勇者ああああ』を観てくれている人たちの中、エンディングで「宇宙人だ」が流れたことをきっかけにライブを観に来てくれるようになった人たちもいました。アイドルさんの仲が良い子でも、実はゲーマーで毎週番組を観ているらしく、“『勇者ああああ』を観てたらほのかちゃんの歌が流れてきてビックリしたよぉ”と言われたこともありました。あのときのタイアップをきっかけに、みのりのライブへ遊びに来てくれるゲーマーさんも増えてきたから、すごくありがたかったです」

――ゲーマーが好きな…と言えば、みのりさんは、ピンク・レディーの大人気ナンバー「UFO」をカバー、11月27日にシングル発売します。この楽曲がまさに、ゲームミュージック風にアレンジを施したチップチューン。この曲調は、ゲーマーにもかなり刺さるんじゃない?
「ピンク・レディーさんの「UFO」が、可愛いチップチューン・アレンジになりましたぁ!! 」

──「UFO」のカバーをすると聞いたとき、どんな気持ちでしたか?
「わたしも、ラスタァ星にいる頃から「UFO」は大好きな曲でした。ただ、ラスタァ星にも名前が轟いているほどピンク・レディーさんが偉大すぎて、みのりが楽曲をカバーさせていただくなんてとっても恐縮していました。「UFO」のレコーディングはいつも以上に時間をかければ、納得のいく作品にしたくて歌の録り直しまでしています」

――そこまで力を入れていたとは…。
「そうなんです。というのにも理由があって。最初に歌入れをした「UFO」では、ピンク・レディーさんのセクシーな面も強く意識して歌ったせいか、みのりほのからしさを抑えてしまったんですね。なので、“もっとみのりらしさも感じてもらえる作品にしよう”ということから、ピンク・レディーさんのようなセクシーさも取り入れる形にしながら、いつものみのりほのからしさを活かして歌いました。その結果、みのりらしい弾けた部分を軸にしながら要所要所に息づかいとかでセクシーな部分を取り入れた、上手くバランスの取れた歌になりました」

――サビで《地球の男に あきたところよ》の後に響く“あーっ!!”というほのかさんの吐息のような声、あれ、めっちゃセクシーですよね。
「ありがとうございます、嬉しいです。「UFO」は、みのりほのか史上一番セクシーな歌になりました」

──ラスタァ星にも、ピンクレディの存在は知れ渡っているんですね。
「ラスタァ星で地球のことを研究してゆく中、ピンク・レディーさんの歌う姿はよく観させていただいていました。もちろん、「UFO」のダンスもばっちり練習しています」

──みのりさんのライブでも、「UFO」の振り付けを楽しめるわけだ。
「ダンスは、細かいニュアンスまでしっかり取り入れさせていただいています」

――まさに「UFO」は、ほのかさんにとっての新しいキラーチューンになりそうだ。
「お客さんたちからも“早くライブで歌って欲しい”と言われていますけど、11月27日に渋谷STAR LOUNGEさんで『公式カバー『UFO』発売主催イベント』を行なうように、この日はかならず披露します」

──「UFO」では《地球の男に あきたところよ》と歌っています。ほのかさん自身はどうなんですか?
「飽きるどころか、もっともっと知りたいです。日々、“ホントにいろんな地球人がいるんだなぁ”と思って生活をしています。それに、地球人はみんな優しいです。そのあったかさが居心地良くって、つい地球に居ついてしまいました。今でも地球征服の任務を遂行しながらも、ずっとこの星に居たいと思うくらい地球人を気に入ってます」

──改めてほのかさんから、「UFO」の聞きどころを語っていただけますか?
「“あっ”の吐息のところだったり、「UFO」の最初の部分をあえてちょっと低めのキーで歌っているところです。他にも、細かい部分での息の使い方にもすごくこだわって歌わせていただいたように、いつものみのりの歌声との違いも感じてもらえたら嬉しいなと思います」

■「ムーンウォーク」は、ミノケル ホノソン(みのりほのか+マイケル・ ジャクソン)になれちゃう曲。

──C/Wには、「宇宙人だ(Live Ver.)」も収録しています。
「みんなに、ライブ中に叫んでもらいました。だから、ライブの雰囲気がそのまま伝われば、歌い方もライブならではらしくちょっと違っているので、ぜひ音源を通してみのりの生のライブの空気を感じてもらえたら嬉しいです」

──「宇宙人だ」を通して、ほのかさんと出会った方も多いんじゃないですか?
「「宇宙人だ」をきっかけに知ってくれた人たちは多いですね。「宇宙人だ」は、みのりの名詞変わりの歌のように、まずは「宇宙人だ」を聞いてもらい、それで興味を持ってもらえたら、ぜひアルバム『銀河ドロップ』に触れてください。この中には、ミノケルホノソン(みのりほのか+マイケル・ジャクソン)になれちゃう曲(「ムーンウォーク」)もあるので。あと、ライブでは、ぜひ「宇宙人だ」の人力エコーでフェードアウトしていくところにも参加してくださいね」

──最近、ほのかさんの物販でESPチェキカードを発売し始めましたよね。
「これはですね、チェキ1枚か写メ3枚撮れるカードになります。表は、全5種類のESPカードになっています。このカードを持って来ていただければ、1枚ごとにわたしとチェキ撮影ができます。中には、表側がキラキラとしたホログラムになっている当たりカードもあります。もちろん、1枚1枚販売していますが、全タイプを詰め込んだコンプリートセットも発売しています。これを手にした方は、1枚お得にチェキ撮影ができるようになっています。このESPチェキカード、全種類を集めてESPゲームをしたり、わたしとのチェキを撮りに使っていただいたりと、それぞれに愛用してもらえたらなと思います。とても恰好いいカードへ仕上がったので、使わずに持っていて欲しい気持ちもありますけど。このカードがチェキ撮影の引換券でもあるように、ぜひ一緒に撮影したいなぁともみのりは思っています。なので、ぜひ“保存用”と“撮影用”と使い分けてください。これは、星人(ファン)たちの必需品ですから」

■12月26日は、みのりほのかが 2019年版にアップデートをする日。

──11月27日には、渋谷スターラウンジでシングル「UFO」の発売記念主催イベントが行なわれます。ぜひ、このイベントへ向けての言葉を聞かせてください。
「公式カバー曲「UFO」のシングル発売記念ということで、渋谷スターラウンジさんで主催ライブをやらせていただくんですけど。これをきっかけに、いつも応援してくれてる人たちはもちろん。みのりほのかに少しでも興味を持ってくれている人たちも巻き込んでいきたいなと思っています。初めての人でもすぐに馴染めて楽しめること間違いなしだから、ぜひ気持ちを一歩踏み出し、お気軽に遊びに来て欲しいです。とくに「UFO」は、世代を越えてみんなが知っている曲だからこそ、みのりほのかのカバーした「UFO」のチップチューンバージョンも好きになって欲しいし、これをきっかけに、もっともっといろんな人にみのりほのかのことを知ってもらえる第一歩になれたらなと思います。ぜひ、ライブに遊びに来てください」

――12月26日には、秋葉原CLUB GOODMANを舞台にワンマン公演『MINORI HONOKA UPDEATE 2019 ONE MAN LIVE@秋葉原CLUB GOODMAN』が開催になります。
「12月26日は、みのりほのかが2019年版にアップデートをする日。この日、みんなが会いに来てくれないと、みのりはアップデート出来ないんです。だから、みんなの力を合わせてみのりをアップデートさせてくれたら嬉しいなと思います」

──アップデートをすると、どう変わるんですか?
「どんな風になるかは、来てくれた人しかわからないです。ウフフフフッ。2018年はみのり史上一番踏み出せた年だなと思っているので、2019年はもっともっと加速して“みんなでいくぞ!!”という気合いを入れるライブにしたいなぁと思っています」

──この日のライブは、まさにベストオブ…。
「ベストオブ宇宙旅行って感じですね。フフフフフッ。ぜひ、ご搭乗いただいて、フフフッ。みのりは、みんなの力と融合することで初めてアップデート化されるので、ぜひよろしくお願いします」

TEXT:長澤智典

シングル「UFO」

2018年11月27日(火)発売



HVR-0006/¥1,000(税込)
<収録曲>
1.UFO(作詞:阿久 悠・作曲:都倉俊一)
2.宇宙人だ(Live Ver.)
3.UFO(Instrumental )

(C)1977 by NIPPON TELEVISION MUSIC CORPORATION & NICHION, INC.

【ライブ情報】

『みのりほのか主催『ピンク・レディー「UFO」公式カバーCD発売イベント』』
11月27日(火) 東京・渋谷Star lounge ※レコ発
OPEN 18:15/START 18:30
出演:みのりほのか/やまもとゆい/加藤育実/キセキレイ/星乃ちろる/大瀧佳奈
<チケット>
前売り¥2,500 当日¥3,000(1D代別¥600)
※アーティスト予約
※入場順:当日並んだ順

『MINORI HONOKA UPDEATE 2019 ONE MAN LIVE』
12月26日(水) 東京・秋葉原CLUB GOODMAN
OPEN 19:00/START 19:30
出演:みのりほのか
<チケット>
前売り¥2,500 当日¥3,000(1D代別)
※みのりほのか物販、メール予約にて受付
※入場順:整理番号順

【2019年】
『みのりほのか生誕2MAN LIVE『みのりほのか VS TEPPAN』』
1月10日(木) 東京・SHIBUYA DESEO
OPEN 18:30/START 19:00
出演:みのりほのか/TEPPAN
<チケット>
前売り¥2,500 当日¥3,000(1D代別)
※アーティスト予約、DESEO電話予約
※入場順:当日並んだ順

◎お問い合わせ:minorihonoka@hvt-inc.com

【関連リンク】

■みのりほのか Twitter https://twitter.com/honoka_minori7
■みのりほのか Web https://www.hvt-inc.com/minorihonoka/
■「宇宙人だ」MV https://www.youtube.com/watch?v=A5PiDEEBHwQ
■「ムーンウォーク」MV https://www.youtube.com/watch?v=wR3M9hyqh0I&feature=youtu.be
■みのりほのか2nd Full Album『銀河ドロップ』クロスフェード https://www.youtube.com/watch?v=c5CjAXkOuEs
■みのりほのか「チュパカブラ feat.ワクワクさんでお馴染みの久保田雅人」MV(Short Ver.)https://www.youtube.com/watch?v=XqenAY4o0rw



【関連リンク】
みのりほのか、大ヒット曲「UFO」のカバーや12月に控えたワンマン公演についてのインタビューが到着
みのりほのかまとめ
Toshl、新たに「赤いスイートピー」「道」のスタジオ歌唱映像を公開

【関連アーティスト】
みのりほのか
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, シングル, ライブ

Toshl、新たに「赤いスイートピー」「道」のスタジオ歌唱映像を公開
Tue, 20 Nov 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Toshlが11月28日(水)にリリースする初のカバーアルバム『IM A SINGER』の「365日の紙飛行機」スタジオ歌唱映像がYouTubeに公開されてから5日間で40万回を超える再生回数を記録した。同曲はNHK連続テレビ小説『あさが来た』の主題歌として2015年にAKB48がリリースした国民的ヒット曲であり、YouTubeのコメント欄には300件を超える感想が書き込まれ、「仕事終わりに聴いて涙が止まらなくなりました」「いい歌が更にいい歌に聞こえる。心が洗われる感覚です」「歌詞の内容がしっかり入ってきて感動しました」「ずっと鳥肌立ちまくりっす」など、絶賛の声が多く寄せられている。Toshlの「365日の紙飛行機」は、USENでも注目曲としてよくオンエアされており、気になるリスナーも多いようでShazamミュージックチャートの日本のランキングでは最高4位を記録している。

そして、11月14日に公開された「チキンライス」のミュージックビデオは30万回、10月15日に公開された「糸」のスタジオ歌唱映像は80万回を超える再生回数を突破し、YouTubeで公開されるToshlの映像に注目が集まる中、松田聖子の「赤いスイートピー」、EXILEの「道」をカバーしたスタジオ歌唱映像が本日解禁となった。

アルバム『IM A SINGER』がいよいよ来週発売ということもありメディア露出も厚さを増し、11月24日にTBS『王様のブランチ』、11月27日にNHK総合『うたコン』への出演が決まっている。なお、現在アルバム発売に先駆けて「365日の紙飛行機」「チキンライス」「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」の3曲が先行配信中。iTunes Storeではアルバムの予約注文が可能となっており、直筆サイン入りポスターがもらえるTwitterキャンペーン実施中なのでチェックしてみてほしい。

アルバム『IM A SINGER』

2018年11月28日(水)発売



TYCT-60124/¥2,700(税別)
<収録曲>
01. 手紙 〜拝啓 十五の君へ〜
オリジナル:アンジェラ・アキ(2008年)
02. 365日の紙飛行機
オリジナル:AKB48 (2015年)
03. チキンライス
オリジナル:浜田雅功と槇原敬之(2004年)
04. 糸
オリジナル:中島みゆき(1992年)
05. 赤いスイートピー
オリジナル:松田聖子(1982年)
06. 道
オリジナル:EXILE(2007年)
07. ひこうき雲
オリジナル:荒井由実(1973年)
08. Everything
オリジナル:MISIA(2000年)
09. I LOVE YOU
オリジナル:尾崎豊(1983年)
10. 幸せのちから
オリジナル:和田アキ子(2008年)

■CD予約・先行配信・iTunes予約
https://umj.lnk.to/toshl_isPR
■名前入り直筆サインポスターが貰えるTwitter企画詳細
http://po.st/toshl_pre



【関連リンク】
Toshl、新たに「赤いスイートピー」「道」のスタジオ歌唱映像を公開
Toshlまとめ
X JAPANまとめ
酸欠少女さユり×MY FIRST STORY、『ゴールデンカムイ』OP曲「レイメイ」MVダイジェストを公開

【関連アーティスト】
Toshl, X JAPAN
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, MV, CD, アルバム, リリース

酸欠少女さユり×MY FIRST STORY、『ゴールデンカムイ』OP曲「レイメイ」MVダイジェストを公開
Tue, 20 Nov 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

酸欠少女 さユりとMY FIRST STORYが大人気TVアニメ『ゴールデンカムイ』第二期のOPテーマとして書き下ろした、衝撃のコラボシングル「レイメイ」のMV(ダイジェストver.)がさユりTwitterにて公開された。

「レイメイ」MVは、さユりが歌うべき孤独とHiroが歌うべき孤独が、お互いに交差し絡みあっていく静と動の歌世界と、摩擦のような熱量でぶつかり合いながら絆のように混ざり合う演奏に、その世界を衝撃的かつ深淵に描いたCGと言葉が舞う、さユり×MY FIRST STORYの“黎明”を描いた壮大な一大絵巻。

今回公開されたMV(ダイジェストver)は、先日公開されたMV(1番ver.)では見ることができない、さユりとMY FIRST STORYの“選ぶべき”黎明のその先が垣間見える、特別なダイジェスト映像となっている。

さユりが向かう“それでもの先”とは? MY FIRST STORYの描く深淵なる希望とは?その先に待ち構えているであろう“運命と共鳴”を鳴らし続け、歩き続けるさユりとMY FIRST STORYの“選ぶべき”その先の黎明の全貌を見ることができる、「レイメイ」 MV(フルレングスver.)は、12月5日発売のシングルCDの初回生産限定盤のDVDに収録される。

また、「レイメイ」シングルCD発売に先がけて、11月27日から全国のCDショップ等で先行試聴がスタートすることが発表されている。

そして、「レイメイ」特設サイトにて、「異名メーカー」という新企画も本日スタートした。この企画は、いくつかの質問に答えることで、オリジナルのキャツチコピーと「レイメイワード」がランダムに手に入るという言葉を楽しむオリジナル企画になっている。ぜひ『オリジナル異名』を掴み取ってほしい。

さユりによる「レイメイ」予約会イベントでは、さユりがその場でサインをする予約会のみのオリジナル特典がもらえる。さらに12月4日からはリリースイベントが開催されるなど、今後も見逃せないイベントが目白押しなので、先行試聴と合わせて、「レイメイ」特設サイトや公式サイトで詳細をチェックしてほしい。

歌うことで酸欠世代の孤独に寄り添い、酸欠世代との循環する共鳴の中で歩み続ける“酸欠少女”さユりと、10代〜20代の精神と未来にシンクロする共鳴者MY FIRST STORYとのコラボにより誕生したニューシングル「レイメイ」。

TVアニメ『ゴールデンカムイ』の世界とシンクロし、2組のアーティストが“その先の真実”を掴むための夜明け=黎明(レイメイ)となる、新たな始まりとその真相を、放送中のTVアニメ『ゴールデンカムイ』と、「レイメイ」MV(ダイジェストver.)にて五感で感じて、MV(フルレングスver.)の世界を想像しながら、12月5日の発売を楽しみにして欲しい。

■「レイメイ」MV(ダイジェストver.)公開 さユり Twitter
https://twitter.com/taltalasuka
■「レイメイ 」特設サイト
http://reimei.sayuri-web.com/
■TVアニメ『ゴールデンカムイ』公式HP
http://www.kamuy-anime.com/

■【さユり×MY FIRST STORY コメント】

■さユり
「この度オープニングテーマをMY FIRST STORYさんとのコラボで担当させていただきます。アシ(リ)パや杉元達と一緒に冒険しているという思いで作りました。物語の始まりを素敵に照らせるような曲になれば嬉しいです!」

■Hiro(MY FIRST STORY)
「今回こんな素晴らしい機会を頂いて本当に感謝してます。このお話を頂く前から『ゴールデンカムイ』の漫画が大好きだったので、一ファンとしてこの作品に関われて光栄です!僕等の全てを出し切れたと思うので是非聴いていただけたら嬉しいです!」

シングル「レイメイ」

2018年12月5日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
BVCL-923〜924/¥1,667+税
※4種合わせて絵柄が完成するアナザークリアジャケット1種付き(4種の中から1種ランダム)
※酸欠少女さユりカード(3種の中から1種ランダム封入)
<収録曲>
■CD
1. レイメイ /さユり×MY FIRST STORY
2. よだかの詩 /さユり
3. CHiLD-error- さユり弾き語りver. /さユり
■DVD
レイメイ MV(フルレングスver.)

【期間生産限定盤】(CD+DVD)
BVCL- 926〜927/¥1,481+税
※アニメ描き下ろしジャケットデジパック仕様
※初回限定:TVアニメ『ゴールデンカムイ』アシ(リ)パ百面相カード(3種の中から1種ランダム封入)
<収録曲>
■CD
1. レイメイ /さユり×MY FIRST STORY
2. 月と花束-弾き語りver.- /さユり
3. レイメイ-TVアニメ『ゴールデンカムイ』OP ver.- /さユり×MY FIRST STORY
■DVD
TVアニメ『ゴールデンカムイ』(第二期)-ノンクレジットOP映像-

【通常盤】(CD)
BVCL-925/¥926 +税
※初回仕様限定特典:酸欠少女さユりカード(3種の中から1種ランダム封入)
<収録曲>
1. レイメイ /さユり×MY FIRST STORY
2. ミカヅキ -Hiro(MY FIRST STORY)Vo ver.- /Hiro(MY FIRST STORY)



【関連リンク】
酸欠少女さユり×MY FIRST STORY、『ゴールデンカムイ』OP曲「レイメイ」MVダイジェストを公開
酸欠少女 さユりまとめ
MY FIRST STORYまとめ
KOKIA、8年ぶりのパリ公演でヨーロッパのファンから大喝采

【関連アーティスト】
酸欠少女 さユり, MY FIRST STORY
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アニメ, オープニング

KOKIA、8年ぶりのパリ公演でヨーロッパのファンから大喝采
Tue, 20 Nov 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シンガーソングライターのKOKIAが11月11日にフランス・パリでの8年ぶりとなるコンサート『KOKIA 20th Anniversary Stage in Paris』を、名だたる世界的アーティストたちに親しまれているパリ18区のロシュシュアール大通りにある劇場ラ・シガールで開催し、大喝采での終幕となった。

ヨーロッパでのコンサートは、2010年に7カ国11公演のヨーロッパツアー『KOKIA REALWORLDTour2010 Paris』の最終公演をパリにあるTheatre Michelで行って以来。そして、今回の会場であるラ・シガールでのコンサートは2009年に初公演を行って以来、9年ぶりの公演だ。

KOKIAの海外コンサートは、日本で行なわれるコンサート内容同様に日本語で歌われる。ポップスとクラシックを感じさせる旋律にのせて歌われるメッセージソングの数々、そしてオーディエンスを包み込む唯一無二の魅力をもつ声と抜群の歌唱力は、言葉の壁を越え、世界中の人々の心に感動を届け続けてきた。今回KOKIAのコンサートを待ち望んでいたヨーロッパ中のファンの声に応える形で、20周年のアニバーサリーイヤーにあたる2018年、一夜限りのパリ公演が再び実現した。

コンサートはフランス語による挨拶で幕が開き、全15曲のうち3曲以外は全てヨーロッパ公演初披露となった。この8年間にKOKIAが自身が辿った人生とその中で育まれてきた楽曲をオーディエンスとゆっくりと会話をするかのような雰囲気で1曲ごとに想いを伝え、約2時間、2部構成でのステージを披露。KOKIA自身も待ち望んでいた本公演は、この地で歌う喜びや会場に集ったファンへの感謝の気持ちを込めて1曲1曲を紡いでいく。

ラストでは代表曲「Remember the kiss」の全編英語バージョンを披露。オーディエンスの歌声も加わり、ステージと客席との距離がより近づいて会場全体が一つになり、心が通い合い、音楽に包み込まれるような瞬間が訪れた。そして鳴り止まないスタンディングオベーションの中、一夜限りのパリ公演は幕を閉じた。

ヨーロッパにおける日本人歌手のパイオニア的存在と位置付けられているKOKIA。本公演でのオーディエンスは地元フランスからはもちろん、ウクライナ、ロシア、イングランド、ポルトガル、スペインにまでに及び、彼女の歌声を楽しみにしていたファンの熱狂ぶりを伺い知ることができるコンサートとなった。今回の公演を機に今後はまた、ヨーロッパでの活動の再始動を考えているという。世界で通用するミュージシャンとしてKOKIAの今後の活動が期待される。

【セットリスト】
■第1部
1.Family Tree
2.usaghi
3.フクロウ 〜フクロウが知らせる客が来たと〜
4.キリン 〜長い首したキリンさん〜
5.カバ 〜マダムヒッポ(カバ夫人)の夢〜
6.私の中の獣
7.Faraway
8.傘を貸してあげて

■第2部
9.調和
10.I believe〜海の底から〜
11.お化けが怖いなんて
12.moment〜今を生きる〜
13.この地球がまるいお陰で
14.音のアルバム
15.Remember the kiss [英語ver.]

【コンサート情報】

『I remember YOU』
11月24日(土) 大阪・ビルボードライブ大阪
1st OPEN 15:30/START 16:30
2nd OPEN 18:30/START 19:30 ※完全入れ替え制
<チケット>
サービスエリア¥7,900
カジュアルエリア(1ドリンク付)¥6,900-
※飲食代金は別途生じます
※詳しくはこちらをご覧ください http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=11148&shop=2
<2019年>
『KOKIA with super 5 〜Passion + Technique + Heart = WOW 〜』
1月06日(日) 東京・サントリーホール ブルーローズ
昼公演 開場14:30/開演15:30
夜公演 開場18:30/開演19:30
<チケット>
¥6,800(税込、簡易書留送付手数料500円別途)
※未就学児の入場はご遠慮いただいております。
■一般発売日:11月22日(木)10:00〜



【関連リンク】
KOKIA、8年ぶりのパリ公演でヨーロッパのファンから大喝采
KOKIAまとめ
Wienners、ツアー会場限定作品より「マイノリティ」のライブ映像公開

【関連アーティスト】
KOKIA
【ジャンル】
ニュース, シンガーソング・ライター, ライブ, ライブレポ, レポート

Wienners、ツアー会場限定作品より「マイノリティ」のライブ映像公開
Tue, 20 Nov 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Wiennersが10周年イヤーのラストを飾る全国ツアー『SUPER THANKS,ULTRA JOY TOUR 2018』の会場限定でリリースする作品『SUPER THANKS/ULTRA JOY』より「マイノリティ」のライブ映像を公開した。

この作品はCDとDVDの2枚組となっており、CDには全国のWiennersファンへの感謝の気持ちを目一杯に詰め込んだ新曲「SUPER THANKS」「ULTRA JOY」の2曲を収録。DVDには4年ぶりのオリジナルアルバム『TEN』を携えた全国ツアー『TEN TOUR 2018』のツアーファイナル公演のライブ映像が25曲収録されている。

なお、この作品が発売される『SUPER THANKS,ULTRA JOY TOUR 2018』は、12月5日(水)名古屋CLUB UPSET公演を皮切りに12月20日(木)渋谷CLUB QUATTRO公演のツアーファイナルまで全国7カ所にて開催。チケットは現在一般発売が始まっており、残りわずかとなっているので全国のWiennersファンは完売する前にぜひ手に入れてほしい。

会場限定作品『SUPER THANKS/ULTRA JOY』

2018年12月5日発売



CD+DVD
NBPC-0063/64/¥2,000(税込)
<収録曲>
■CD
1.SUPER TAHKNS
2.ULTRA JOY
■DVD
『TEN TOUR 2018 FINAL ONEMAN @恵比寿 LIQUIDROOM』
1.TEN
2.TRADITIONAL
3.レスキューレンジャー
4.恋のバングラビート
5.ASTRO BOY
6.RAISE A RIOT
7.DANCE HALL CRUSHERS
8.BECAUSE I LOVE IT
9.ジュリアナ ディスコ ゾンビーズ
10.stimulation guerrilla
11.片瀬江ノ島
12.ドリームビート
13.カンフーモンキー
14.FUTURE
15.おおるないとじゃっぷせっしょん
16.VIDEO GIRL
17.極楽浄土のあなたへ
18.マイノリティ
19.子供の心
20.LOVE ME TENDER
21.蒼天ディライト
22.愛鳥賛歌
23.TRY MY LUCK
24.Cult pop suicide
25.Idol


Wienners 10th Anniversary『SUPER THANKS,ULTRA JOY TOUR 2018』

12月05日(水) 愛知・名古屋CLUB UPSET (ワンマン)
12月06日(木) 新潟 GOLDEN PIGS BLACK STAGE (ワンマン)
12月11日(火) 福岡Queblick (ワンマン)
12月12日(水) 大阪・梅田Shangri-La (ワンマン)
12月17日(月) 北海道・札幌COLONY (ワンマン)
12月19日(水) 宮城・仙台enn2nd (ワンマン)
12月20日(木) 東京・渋谷CLUB QUATTRO (ワンマン)



【関連リンク】
Wienners、ツアー会場限定作品より「マイノリティ」のライブ映像公開
Wiennersまとめ
【INTERVIEW:緑黄色社会】自分のための音楽が誰かのためにもなる

【関連アーティスト】
Wienners
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, DVD, 発売

【INTERVIEW:緑黄色社会】自分のための音楽が誰かのためにもなる
Tue, 20 Nov 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

コラボ企画『G-Next』の第9回目はメジャーデビュー作となるミニアルバム『溢れた水の行方』をリリースしたばかりの緑黄色社会。今作に込めた想いはもちろん、彼女たちの抱く“夢”や“音楽をやることの意味”について直撃した。

日本工学院専門学校×GYAO!×OKMusic Presents
【G-NEXT POWER PUSH ! #9_INTERVIEW:緑黄色社会】

――みなさんは高校の同級生と幼馴染で結成されてるとのことですが、お互いの初めての印象はいかがでした?

長屋:バンドの始まりは私と壱誓で、最初はSNS上で“バンドを組もうね”というやりとりをしていて。それで高校に入学してから学校で会ったのが最初です。peppeともSNS上でつながっていて、実際に会ってみると笑顔がかわいくて明るい女の子だなと思いました。初めて会った時は(笑)。

全員:(笑)。

小林:バンドとしてオリジナル曲を作るという時にベースの子が辞めちゃって、それで僕が幼馴染の真吾を誘ったんです。

長屋:彼は最初乗り気じゃなさそうで。同じ軽音部内でバンドを組んでいたのに、入ってきたのは歳下で人見知りだし、どう接していいか分からなかったです。

peppe:私は兄弟に男の子がいないから話し方が分からなくて。最初の1年間ぐらい喋ってないんじゃないかっていうくらい。

穴見:peppeはカラコン付けて髪の毛をくるくる巻いて、スカートも短くて、怖かった(笑)。

――何がきっかけで今のような関係に?

長屋:最初は全員が“軽音部のバンド”っていう認識だったと思うんですけど、どんどんライヴを重ねていくうちに、みんながバンドとして自覚できるようになりました。

――音楽性としては初めてオリジナル曲を作った時からずっと変わっていないのですか?

小林:『閃光ライオット』で準グランプリを獲ったあとに、自分たちはこれからどうしたらいいのかって宙ぶらりんになった時期があって、そこで改めて“自分たちとは何か?”を考えたんです。2年間ぐらいかな。結構悩み抜いて今のスタイルになったんです。
 
――そうなんですね。さて、今回のアルバムですが、まずはタイトル“溢れた水の行方”のコンセプトを教えてもらえますか。

長屋:私たちの音楽への気持ちが、このバンドを7〜8年やっている中でどんどん大きくなって膨らんでいって。その気持ちがあふれたところをちゃんと受け止めてくれる人がどこかにいるという想いと、気持ちがあふれた先に私たちの夢があって、そこにつながればいいなと。その気持ちがあふれてもそれは無駄じゃないと思うし、どんどんあふれていけばいいなって。そういう意味を込めてこのタイトルを付けました。

――このアルバムでメジャーデビューとなりますが、どういった感覚がありますか?

長屋:心境としてはあまり変わっていなくて、あくまでメジャーデビューというのは通過点ですね。それでも単純に状況は変わってきていて、スタッフが増えて、私たちのために頑張ってくださる人が見えないところにもたくさんいる。人と関わることが増えて、気持ちがどんどん前に進んでいると思います。

――リード曲の「あのころ見た光」にある“あのころ”というのはいつのことを示しているのですか? 歌詞に《twenty-one》とあるので21歳の頃なのかと思ったんですが。

長屋:そうですね。21歳の時の気持ちを書いた曲になります。

――やっぱりそうなんですね。「リトルシンガー」もMVが公開されていますが、作中に登場する女の子は、長屋さん本人と照らし合わせてるのですか?

長屋:『きみに届け。はじまりの歌』という小説とコラボさせていただいて、作品の作中詞を書かせてもらったんです。

小林:小説に登場するバンドが構成とかも含め僕たちとすごく似ていて。だから、自然と入り込めたし、自分たちのことのように曲を書きました。

――音楽活動をしていく上での目標とするところはどこなのでしょうか?

長屋:一番目指したいのは“国民的な存在になりたい”ということですね。あと、『緑黄色夜祭』という自主企画があって、それをさらに大きくしたいと思っています。今まで開催していたのは名古屋だけだったんですけど、やっと東名阪に広げられたんです。さらに会場や規模を広げていって、この『緑黄色夜祭』の名前も有名にしたいっていう想いはありますね。

小林:それこそ全国規模のお祭りにしたくて。いつかはスタジアム級でやれたらなって思っています。

穴見:名古屋ドームでね(笑)。

――みなさんがライヴをやる、もっと言えば音楽をやるのは、何のためなのでしょうか?

長屋:私は音楽を始めたのもただ単純に歌が好きで、“歌が歌いたい”というところから始まったので、自分のためだったりするところもあって。好きだから歌っているし、曲も作っているし。人と話すことが苦手なので書いている歌詞は、ある意味で捌け口になっています。自分のための音楽が結果としてどんどん大きくなって誰かのためにもなっているのかなって。誰かのためにやろうとしなくてもそうなるんだったら、まずは自分のために音楽をやってもいいのかなとも思っていて、単純に音楽を楽しみたいです。

穴見:僕は自分と同じ人がいると思いながら音楽をやっていて。きっと生まれながらにして音楽好きな体質というか、脳というか。例えばラジオやテレビのCMに流れてくるものを自然に聴いてきたんだけど、その中でもすごくいいなって感動するものがある…そういうものを共有したいです。

peppe:私は喋ることが苦手で。だから、自分を理解してもらうことが“音で表現する”ということだと思っています。あとは、ずっと続けてきたピアノが単純に好きで楽しいから。ライヴでもそれが伝わればいいなって思うし、自分を見て“ピアノを始めたい!”って思ってくれる子がいたら嬉しいなって思っています。

小林:自分自身の経験で、コンビニとかでふと聴こえてきた音楽に、アーティスト名も何も知らないけど、衝撃を受けて勇気をもらったり元気をもらったりとか、そういうことってあるじゃないですか。僕らの音楽でそういうことが起こったらいいなって。それで救われる人が多ければ多いほど嬉しい。だから、まずは自分たちが大きくならないといけないと思ってます。

撮影:村上大地/取材:木村圭太、高梨 唯/編集:林 なな
(日本工学院専門学校 蒲田校コンサート・イベント科)

ミニアルバム『溢れた水の行方』



ESCL-5118
¥2,000(税込)


『緑黄色社会ライブツアー 「溢れた音の行方」』

11/22(木) 宮城・仙台CLUB JUNK BOX
11/24(土) 愛知・名古屋ダイアモンドホール
11/30(金) 福岡・DRUM Be-1
12/01(土) 広島・CAVE−BE
12/08(土) 大阪・BIGCAT
12/15(土) 北海道・札幌cube garden
12/21(金) 東京・マイナビBLITZ赤坂



【関連リンク】
【INTERVIEW:緑黄色社会】自分のための音楽が誰かのためにもなる
緑黄色社会まとめ
BUCK-TICK、超満員のオーディエンスを熱狂させたスタンディングツアー豊洲PIT公演

【関連アーティスト】
緑黄色社会
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 連載コラム, G-NEXT POWER PUSH, リリース, ミニアルバム

BUCK-TICK、超満員のオーディエンスを熱狂させたスタンディングツアー豊洲PIT公演
Tue, 20 Nov 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10月13日の東京公演を皮切りに全国19ヶ所21公演を行っているBUCK-TICKのツアー『TOUR No.0 - Guernican Moon -』から、11月10日に東京、豊洲PITで行われたライブの模様をレポートする。本公演ももちろんソールドアウト、3100人に及ぶ超満員のオーディエンスを前にライブは行なわれた。

今回のツアーは2018年3月にリリースされた実に21枚目となるオリジナルアルバム『No.0』を引っさげたライブハウスツアーだ。アルバム『No.0』はオリコンアルバム週間ランキング、ビルボード週間アルバムセールスで共に2位を獲得、6月27日にリリースした映像作品『CLIMAX TOGETHER ON SCREEN 1992-2016 / CLIMAX TOGETHER 3rd』はオリコンウイークリー映画Blu-ray、DVD両ランキング1位を獲得するなど絶好調の中、ツアーは行なわれている。

また、11月20日19時から、12月26日にリリースされる、2018年映像三部作のラストを飾るライブ映像作品『THE DAY IN QUESTION 2017』を記したLINE LIVEが実施される。12月29日には恒例となっている日本武道館公演『TOUR No.0 -FINAL-』の開催も決定するなど、デビュー31年目迎えてなお走り続けているBUCK-TICKに注目して欲しい。

■『TOUR No.0 - Guernican Moon -』 11月10日 at 東京・豊洲PIT

BUCK-TICKが、10月13日よりスタートした全国ツアー『TOUR No.0 - Guernican Moon -』の東京公演を、11月10日三日月の夜、豊洲PITで行なった。

このツアーはアルバム『No.0』を携えた、全国19ヶ所21公演のスタンディングツアー。3月から7月まで行なわれたホールツアー『BUCK-TICK 2018 TOUR No.0』は重厚なステージセットや楽曲を彩る映像と共に、スケール感のあるパフォーマンスで『No.0』のストーリーに観客の心をグッと引き込んだステージだったが、今回のスタンディングツアーは、ウィットに富んだセットリストと開放感のあるステージングで、テーマは変わらずとも、その世界観を一緒に体感するものへと変化させていた。

例えば「光の帝国」での手拍子のシンクロ具合や、「GUSTAVE」での猫の手ダンスの狂乱ぶりはホールツアーからさらにパワーアップしていたし、メンバーの一挙手一投足に反応する歓呼の声はより高らかで、レポートする者として平静を保とうとするも、どうにも心が踊る。ヤガミ・トール(D)の抑揚のあるドラミングや、樋口豊(B)の歌うようなベースラインがグルーヴを生み、エッジの効いた星野英彦(G)のギターリフと、ノイジーかつエモーショナルな今井寿(G)のギターサウンドが絡み合い、会場の高揚感をさらに引き上げる。そして、ホールツアーでは楽曲を演出する映像や照明の中で演じるように歌っていた櫻井敦司(vo)の表現力はより洗練され、情感豊かなヴォーカルと、よりアグレッシヴになったパフォーマンスだけで、映像的と言われる『No.0』の世界をシンプルなステージ上で体現してみせた。

ツアーはまだ中盤のため詳細は控えるが、『No.0』のナンバーを中心にセレクトされた今回のセットリストは、ツアータイトルにもある“月”が一つのキーワードになっているようだ。「BABEL」では気高き愚者の咆哮を、「Moon さよならを教えて」では今にも消えそうな儚い命を表現する彼らのパフォーマンスを見守るように“月”が登場している。月の満ち欠けと人の生死は、古来より様々な形で関連づけられ表現されてきた。それは、ダイナミックなサウンドで生命の誕生を感じさせる「零式13型「愛」」で始まり、むき出しの感情で最期に愛を叫ぶ「胎内回帰」で終わる『No.0』の“愛と死”の循環と、まさにリンクしているように思える。そしてシリアスに偏ることなく、“生への歓び”に昇華しているところが、今回のツアーの肝ではないだろうか。言葉は違えど、このツアーの各所で櫻井が口にしている“みなさん、幸せになってください”という想いもまた、心に残る。

本公演は12月22日(土)京都・KBSホールまで続き、下弦の月が輝く12月29日(土)には『TOUR No.0 -FINAL-』と題した東京・日本武道館公演が開催される。ぜひ、この歓びに満ちた至高の時間を一緒に体感してほしい。

text by 大窪由香
photo by 田中聖太郎写真事務所

【LINE LIVE】

『6時のラジオ 番外編 BUCK-TICK 『THE DAY IN QUESTION 2017』スペシャル』
配信日時:11月20日(火) 19時〜
チャンネル:ビクターエンタテインメントチャンネル
https://live.line.me/channels/520/upcoming/9978349

【ライブ情報】

『TOUR No.0 - Guernican Moon -』
11月10日(土) 東京・豊洲PIT 
11月11日(日) 神奈川・CLUB CITTA\'川崎 
11月17日(土) 愛知・Zepp Nagoya 
11月18日(日) 愛知・名古屋ダイアモンドホール
※ファンクラブ会員限定
11月23日(金・祝) 大阪・Zepp Osaka Bayside
11月24日(土) 大阪・なんばHatch
※ファンクラブ会員限定
12月01日(土) 広島・BLUE LIVE広島 
12月02日(日) 香川・高松festhalle
12月08日(土) 東京・Zepp DiverCity(TOKYO)
※ファンクラブ会員限定 
12月09日(日) 東京・Zepp DiverCity(TOKYO)
12月15日(土) 福岡・福岡DRUM LOGOS
※ファンクラブ会員限定
12月16日(日) 福岡・Zepp Fukuoka
12月20日(木) 熊本・熊本B.9 V1 
12月22日(土) 京都・KBSホール

『TOUR No.0 -FINAL-』
12月29日(土) 東京・日本武道館 

Blu-ray&DVD『THE DAY IN QUESTION 2017』

2018年12月26日 発売



【完全生産限定盤】(3BD+PHOTOBOOK)
VIZL-1495/¥12,000+税
【完全生産限定盤】(3DVD+PHOTOBOOK)
VIZL-1496/¥11,000+税
【通常盤】(2BD)
VIXL-247〜248/¥7,000+税
【通常盤】(2DVD)
VIBL-922〜923/¥6,000+税
<収録曲>
■Disc1&2(December 28th, 2017.)
SE. THEME OF B-T
01. 独壇場Beauty -R.I.P.-
02. ICONOCLASM
03. ANGELIC CONVERSATION
04. THE SEASIDE STORY
05. Baby, I want you.
06. スピード
07. LOVE PARADE
08. ノクターン -Rain Song-
09. サファイア
10. BABEL
11. BOY septem peccata mortalia
12. Django!!! -眩惑のジャンゴ-
13. 絶界
14. Memento mori
15. COSMOS
16. MACHINE -Remodel-
17. 夢魔 -The Nightmare
18. 愛の葬列
19. JUPITER
20. MY EYES & YOUR EYES
21. CLIMAX TOGETHER
22. New World
■DISC3 ※完全生産限定盤のみ
全国各地を追いかけたツアードキュメント「THE DAY IN QUESTION 2017 Documentary」

◎完全生産限定盤(Blu-ray/DVD共通)
1)「THE DAY IN QUESTION 2017 Documentary」映像ディスク付属
2) LIVE PHOTOBOOK [全64P]封入
3) スペシャルパッケージ仕様



【関連リンク】
BUCK-TICK、超満員のオーディエンスを熱狂させたスタンディングツアー豊洲PIT公演
BUCK-TICKまとめ
back number、初の男性主人公作品となった「オールドファッション」MV公開

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, バンド, ライブ, ツアー, ライブレポ, レポート

back number、初の男性主人公作品となった「オールドファッション」MV公開
Tue, 20 Nov 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月21日にリリースとなるback numberの19枚目のシングル「オールドファッション」のMVが公開された。

TBS系金曜ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』の主題歌として書き下ろされた今作。今回のMVはback number初の男性主人公の作品で、ドラマや映画で活躍中の若手俳優・大和孔太が出演している。

また、合わせて「オールドファッション」の特設サイトでは今回唯一のback numberインタビューを掲載! 「オールドファッション」についてはもちろんMVやカップリング曲についても語っているので、こちらもぜひチェックしてほしい。

■「オールドファッション」特設サイト
https://sp.universal-music.co.jp/backnumber/old-fashion/

シングル「オールドファッション」

2018年11月21日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UMCK-9977/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.オールドファッション 
2.サマーワンダーランド
3.Jaguar
4.オールドファッション(instrumental)
5.サマーワンダーランド(instrumental)
6.Jaguar(instrumental)
■DVD ※初回限定盤のみ
「オールドファッション」music video、making of studio recording&music video&photo session、他



【通常盤】(CD)
UMCK-5664/¥1,000+税

【2019年全国アリーナツアースケジュール】 

4月20日(土) 静岡・静岡エコパアリーナ
4月21日(日) 静岡・静岡エコパアリーナ
4月27日(土) 岩手・盛岡タカヤアリーナ
4月28日(日) 岩手・盛岡タカヤアリーナ
5月03日(金・祝)  長野・ビッグハット
5月04日(土) 長野・ビッグハット
5月18日(土) 新潟・朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
5月19日(日) 新潟・朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
5月25日(土) 北海道・北海道立総合体育センター北海きたえーる
5月26日(日) 北海道・北海道立総合体育センター北海きたえーる
6月01日(土) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
6月02日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
6月08日(土) 大分・別府ビーコンプラザ コンベンションホール
6月09日(日) 大分・別府ビーコンプラザ コンベンションホール
6月22日(土) 広島・グリーンアリーナ
6月23日(日) 広島・グリーンアリーナ
6月29日(土) 愛媛・愛媛県武道館
6月30日(日) 愛媛・愛媛県武道館
7月06日(土) 神奈川・横浜アリーナ
7月07日(日) 神奈川・横浜アリーナ
7月20日(土) 三重・三重県営サンアリーナ
7月21日(日) 三重・三重県営サンアリーナ
7月25日(木) 東京・日本武道館
7月26日(金) 東京・日本武道館
8月03日(土) 和歌山・ビッグホエール
8月04日(日) 和歌山・ビッグホエール
8月10日(土) 福井・サンドーム福井
8月11日(日・祝) 福井・サンドーム福井
8月17日(土) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
8月18日(日) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ
8月23日(金) 大阪・大阪城ホール
8月24日(土) 大阪・大阪城ホール
8月31日(土) 福岡・マリンメッセ福岡
9月01日(日) 福岡・マリンメッセ福岡
9月20日(金) 沖縄・コンベンションセンター展示棟
9月21日(土) 沖縄・コンベンションセンター展示棟
■ツアー特設サイト http://backnumber.info/feature/tour2019



【関連リンク】
back number、初の男性主人公作品となった「オールドファッション」MV公開
back numberまとめ
山崎エリイ、ソロデビュー2周年記念イベントにてファンへの想いを語る

【関連アーティスト】
back number
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, TVドラマ, 主題歌

山崎エリイ、ソロデビュー2周年記念イベントにてファンへの想いを語る
Tue, 20 Nov 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月16日にソロデビュー2周年を迎えた山崎エリイを祝う『トーク&ミニライブ&山崎エリイ お渡され会』が、11月17日(土)に東京・科学技術館サイエンスホールにて行なわれた。11月21日にリリースされる山崎エリイの2ndアルバム『夜明けのシンデレラ』を予約した方を招待して行なわれた本イベント。会場と同時に、入り口で山崎エリイ本人がファンをお出迎えし、“今日は来てくれて、ありがとう〜”と言いながら、ファンの方々から一輪のばらの花を笑顔で受け取っていた。

お渡され会のあとに行なわれたステージでは、トークでこの2年間の活動を振り返っていく。より意思をしっかり込めた口調で“こういった楽曲を、こういう気持ちで歌っていきたい!というのを常に進化させていきたい”と語る姿に、この2年間の成長も感じられた。そして、新曲をリリースできることや新しいことに挑戦できることで“次も頑張ろう”と思えることへの感謝も繰り返し話していた。

企画コーナーでは、会場に集まったファンへのアンケート『山崎エリイのおすすめの1曲 ベスト3』を発表。3位が「Lunatic Romance」、2位が「全部キミのせいだ」、1位が「星の数じゃたりない」とライブに強い楽曲が選ばれ、それぞれの曲についてのエピソードもたっぷり語る。特に1位の「星の数じゃたりない」はファンのことを歌った曲で、彼女にとっても大切な曲だ。“皆さんに出会えたこと、イベントとかに会いに来ようと思ってくれたことがすごく嬉しくて、「また会いに来るね」とか「曲をいっぱい聴くよ」って言ってくれるひと言ひと言が大切な思い出なので、この曲を歌っているときは皆さんのことを考えながら歌っています”と想いを伝えた。

その後、サイン入りポスターをかけたクイズ大会のあとは、ライブでこの2年間の活動を振り返っていく。デビュー1stアルバムから「全部、君のせいだ。」、1stシングルの「十代交響曲」。そして、11月21日にリリースするアルバム『夜明けのシンデレラ』からは可愛い2曲を。「a little little thing」と、このイベントが初披露となる「未完成のキャンバス」を歌唱し、4曲ながらクールさやキュートさといった、いろいろな表情を見せた。

いよいよ11月21日にアルバムがリリースされるが、その前日の11月20日(火)山崎エリイの誕生日当日には、サンシャイン噴水広場でフリーライブ&バースデーカードお渡し会が行なわれる。“21歳になる記念の日にステージに立たせていただけることもそうですし、デビューぶりのサンシャインになるので、ぜひ遊びに来てください。あの曲を初披露っていうのもあるかもしれないです”と笑顔で話した。

さらに12月23日(日・祝)には東京・AiiA theaterで『山崎エリイ SPECIAL LIVE 〜夜明けのシンデレラ〜』を開催。こちらはセットリストも決まり、衣装もこれまでで一番お気に入りとのことなので、ぜひ彼女のパフォーマンスを観に足を運んでみてはいかがだろうか。

アルバム『夜明けのシンデレラ』

2018年11月21日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
COZX-1491〜2/¥3,800+税
【通常盤】(CD)
COCX-40578/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1.a little little thing
2.Vivid my world
3.十代交響曲
4.Flowery Dance
5.未完成のキャンバス
6.Starlight
7.My Twilight
8.Steady
9.シンデレラの朝
10.ラズベリー・パーク
■DVD
「a little little thing」ミュージックビデオ+メイキング映像

【ライブ・イベント情報】

■『夜明けのシンデレラ』リリース記念フリーイベント
11月20日(火) 東京・サンシャインシティ噴水広場
出演:山崎エリイ
内容:トーク&ミニライブ&山崎エリイ バースデーカードお渡され会
※イベントの参加方法や詳細は山崎エリイOfficial Music Informationをご確認ください。
http://columbia.jp/yamazakierii/
■『山崎エリイ SPECIAL LIVE〜夜明けのシンデレラ〜』
12月23日(日) 東京・AiiA theater
昼の部:開場13:00 開演14:00
夜の部:開場18:00 開演19:00
<チケット>
全席指定 ¥6,500(税込)
※一般発売中!
・チケットぴあ (Pコード:134-275)
・ローソンチケット (Lコード:74117)
・イープラス



【関連リンク】
山崎エリイ、ソロデビュー2周年記念イベントにてファンへの想いを語る
山崎エリイまとめ
SUPER★DRAGON 楽『楽楽★PAINT』- 第26回『シザーハンズ』 -

【関連アーティスト】
山崎エリイ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, アニメ・声優, ニュース, アルバム, リリース

SUPER★DRAGON 楽『楽楽★PAINT』- 第26回『シザーハンズ』 -
Tue, 20 Nov 2018 10:00:00 +0900


SUPER★DRAGONの楽が、大好きな映画のイメージを絵に描いてみなさんにオススメします!

今回僕が選んだ映画は『シザーハンズ』です!

この映画は、繊細で心優しい人造人間のエドワードと少女キムのちょっと悲しいラブストーリーです!

ハサミで作った仮の手をエドワードに付けたまま発明家はこの世を去ってしまいました。
山奥の屋敷で1人暮らしていた彼は、ある日優しい女性と出会い町に行きます。

これが現実だったら? もし自分だったら?と考えると、
“他の人と違う”手をコンプレックスにしてしまうような気がします。

けれど純真無垢なエドワードは”他の人と違う”手を強みとして、
植木のお手入れや、ペットのトリミング、女性のヘアカットなどで
町の人気者になるのがすばらしいです!

今回の絵は、愛したくても傷つけてしまうエドワードを表現しました!
包帯に巻かれたハートが血を流しています。
だけど、愛から生まれた奇跡の雪がハートを包み込みます。

SUPER★DRAGON

スーパー★ドラゴン:スターダストプロモーションが手掛ける若手俳優集団・恵比寿学園男子部“EBiDAN”から生まれた、9人組ミクスチャーユニット。通称“スパドラ”。2016年11月にリリースしたデビューシングル「Pendulum Beat!」は人気アニメ『遊☆戯☆王ARC-V』のオープニング主題歌となり、オリコンデイリーチャート3位にランクイン。ヘヴィロックにラップやダンス、メンバーによるヒューマンビートボックスまで融合させた、ニューミクスチャースタイルな楽曲に、目まぐるしく変わる9人のフォーメーションダンス、そしてキャッチーで一緒に踊りたくなる振り付けが特徴。



【関連リンク】
SUPER★DRAGON 楽『楽楽★PAINT』- 第26回『シザーハンズ』 -
SUPER★DRAGONまとめ
OLDCODEX Painter YORKE.『WHY I PAINT〜なぜボクがえをかくのか〜』- 第71回 ♪Simple As This / Jake Bugg -

【関連アーティスト】
SUPER★DRAGON
【ジャンル】
SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」, J-ROCK, ギャラリー, 連載コラム, okmusic UP\'s vol.171, EBiDAN

OLDCODEX Painter YORKE.『WHY I PAINT〜なぜボクがえをかくのか〜』- 第71回 ♪Simple As This / Jake Bugg -
Tue, 20 Nov 2018 10:00:00 +0900


落っこちて ぶつかって 粉々になる
僕がそんな状況の一方で
君はじっと待っていたんだ
いつだってこの僕を

新しい仲間と旅に出かける。
もう何年も忘れていた感覚をガソリンの匂いが
思い出させてくれる。
気付けば忙しいって事を言い訳に走り続けて
自分が本当に大切にしてきたモノを
見失ってたりする。
自分じゃない誰かや何かに振り回されて
自分の大切な人や物まで傷つけてしまう。
それは本来、自分のペースや世界になかった事。
またゼロからでもいいじゃないか。
きっと10年前のゼロとは思考も直感も違ってる。

なるべく好きな人や物だけに囲まれていれば
発想も豊かに育っていくのに。

時にそうじゃない物に教えてもらうことも必要?
それが最近じゃあまり意味がないほど歩いたのかも。
世の中が高価な値打ちを付けても
偽物はたくさん存在するしすぐに侵入して来る。
それに自分が踊らされたりしない様に。

父親が現在通っているデイサービスの担当の人が
送ってくれたiPhoneのムービーの中。
父親は子どもみたいに笑って、子どもみたいに踊ってる。
その出来事を彼は眠ったら忘れてしまうのに。
“いったい何故気付かずにいたのだろう
こんなにも単純なものに”

YORKE. / November, 2018

OLDCODEX

オルドコデックス:2009年に結成。ラウド、ダンス、パンク等の様々な要素を取り込んだサウンド、それにインスパイアされながらアートワークを作り出すペインティングにより、観る者、聴く者の、五感を刺激する作品を打ち出している。TVアニメシリーズの主題歌を担当することも多く、『SERVAMP』『GOD EATER』『黒子のバスケ』『Free!』シリーズ等、タイアップは多岐にわたる。15年に初の日本武道館公演を行ない、16年6月に発売した4thアルバム『Fixed Engine』では、オリコンウィークリーチャート3位を記録。ライヴではYORKE.自らが制作に携わる巨大なセットという名のアートを背負い、その存在感を見せつけている。そして、バックドロップにも必ず手を加えるので、常に作り手の体温が感じられることも特徴のひとつ。国内を中心としつつ、アメリカ・台湾・中国・韓国・シンガポールでもライヴを敢行するなど、ワールドワイドな活動を行なっている。



【関連リンク】
OLDCODEX Painter YORKE.『WHY I PAINT〜なぜボクがえをかくのか〜』- 第71回 ♪Simple As This / Jake Bugg -
OLDCODEXまとめ

【関連アーティスト】
OLDCODEX
【ジャンル】
OLDCODEX / 「WHY I PAINT 〜なぜボクがえをかくのか〜」, J-ROCK, ギャラリー, 連載コラム, okmusic UP\'s vol.171













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1