歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年11月14日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/11/23
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
THE PINBALLS、アルバム『時の肋骨』収録曲「CRACK」のMVは無骨でクールな仕上がり
Wed, 14 Nov 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE PINBALLSが11月14日にリリースしたメジャー1stフルアルバム『時の肋骨』より収録曲「CRACK」のMVが公開された。同曲は、ツインボーカルのように畳み掛けるサビが印象的な英語詞のアップナンバー。モノクロの映像に合わせて詞が映し出される無骨でクールな映像となっている。

本アルバムは全12曲の全てが新曲。THE PINBALLSらしさはそのままに、古川貴之(Vo&Gu)によるファンタジックな詞世界にもさらに磨きがかかることで、バンドの世界観がより一層深まる1枚となった。一日の時の流れを軸に構成された全12編の物語のような作品は全曲必聴だ。

また、初回プレス分には全国10カ所を回るリリースワンマンツアー『end of the days tour』のチケット先行応募IDが封入されており、応募締切は11月25日(日)23時までとなっているので早めにチェックしよう!

アルバム『時の肋骨』

2018年11月14日発売



【初回盤】(CD+DVD)
COZP-1481〜2/¥3,200+税
※特殊パッケージ仕様
<収録曲>
■CD
01. アダムの肋骨
02. 水兵と黒い犬
03. DAWN
04. 失われた宇宙
05. BEAUTIFUL DAY
06. CRACK
07. ヤンシュヴァイクマイエルの午後
08. 風見鶏の髪飾り
09. 回転する宇宙の卵
10. DUSK
11. COME ON
12. 銀河の風
■初回盤DVD
Document of Leap with Lightnings tour

◎初回プレス分(初回盤・通常盤共通)
『end of the days tour』ツアー先行応募ID封入



【通常盤】(CDのみ)
COCP-40538/¥2,600+税

【ライブ・イベント情報】

■『end of the days tour』
【2019年】
2月17日(日) 千葉LOOK
2月23日(土) 長野LIVEHOUSE J
2月28日(木) 仙台enn2nd
3月02日(土) 札幌DEUCE
3月07日(木) 福岡Voodoo Lounge
3月09日(土) 高松toonice
3月10日(日) 梅田CLUB QUATTRO
3月16日(土) 岡山ペパーランド
3月17日(日) 名古屋CLUB QUATTRO
3月22日(金) 恵比寿LIQUIDROOM

■『時の肋骨』発売記念プレミアライブ『THE PINBALLS unplugged』
12月01日(土) 東京・青山 月見ル君想フ
※200名完全招待制(ドリンク代別¥600)
応募期間:11月13日(火)12:00〜11月21日(水)23:59
◎応募に関する詳細はこちら http://columbia.jp/artist-info/pinballs/



【関連リンク】
THE PINBALLS、アルバム『時の肋骨』収録曲「CRACK」のMVは無骨でクールな仕上がり
THE PINBALLSまとめ
超特急、ドラマ性豊かな振り付けを披露する「need you」ダンスバージョンMV公開

【関連アーティスト】
THE PINBALLS
【ジャンル】
ニュース

超特急、ドラマ性豊かな振り付けを披露する「need you」ダンスバージョンMV公開
Wed, 14 Nov 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月14日に3rdアルバム『GOLDEN EPOCH』をリリースした超特急が、リード曲「need you」のダンスバージョンMVを解禁! ワンカット収録による定点映像で、一輪の薔薇をモチーフにしたドラマティックなダンスをさまざまな想いと共に情熱的に届けている。

これまでになく“大人”な方向に振り切った意欲作として、発売前から8号車(超特急ファン)の間でも注目を集めていた本アルバム。そのリード曲「need you」も憂いを帯びたクールなダンスナンバーに仕上がっており、彼らの新たな可能性を示すものとなっている。公開中のMVでも、たった一人の“you=運命の人”を探して宇宙をさまようというストーリーで、ワイヤーアクションによる無重力ダンスシーンに初挑戦! 安室奈美恵や数々のCMを手がけてきた安田大地監督のディレクションによる、CGを駆使した幻想的かつスタイリッシュな映像で衝撃を与えていた。

そんな作り込まれた作品から一転、ダンスバージョンMVはシンプルな壁をバックに、曲の頭から終わりまでフルで踊る6人を定点カメラで真正面から収録したもの。カット割りのない長回しによるワンカット撮影のため、黒スーツをまとった6人のシャープかつセクシーなダンスを、切れ目なく頭の先からつま先まで目撃することができる。中でもダンスリーダーであるユーキが敬愛するダンサー&振付師・TAKAHIROと共に作り上げた、躍動的でドラマ性豊かな振り付けは大きな見どころだ。各メンバーがセンターを務めた過去曲など、彼らの歴史を彷彿とさせる要素が盛り込まれていることで、すでにMV公開時から8号車の間で話題となっていたが、そんな愛にあふれた仕掛けをしっかりと確認できる“見れば見るほど”発見のある映像となっている。

また、曲冒頭でカイが放り投げる一輪の薔薇もポイント! 曲中でメンバーに翻弄され、ラストにユーキが拾い上げるこの薔薇にはどんな意味合いが込められているのか…? 想像を巡らせながら、それぞれの物語を創造していくのも楽しいだろう。

超特急の“GOLDEN EPOCH=黄金時代”へと進んでいこうという意志が、楽曲にもダンスにも濃密に詰め込まれた「need you」。この曲を看板としたアルバムを引っ提げ、12月7日のさいたまスーパーアリーナに12月26・27日の大阪城ホール2DAYSと、年末には東阪アリーナツアーも敢行される。グループ史上最大規模のツアーながらチケットは3公演とも即日完売し、勢いに乗る彼らの新たな息吹が吹き込まれた最新作『GOLDEN EPOCH』を、ぜひその五感で体感してみてほしい。

アルバム『GOLDEN EPOCH』

2018年11月14日発売



【FC-A シーサー☆ボーイズ盤】(CD+Blu-ray)
ZXRC-2037/¥5,184(税込)
※シーサー☆ボーイズ生写真1枚ランダムで封入
<収録曲>
■CD
1.need you
2.Booster
3.Jesus
4.????????????
5.超ネバギバDANCE(AL ver.)
6.霖雨
7.Full moon
8.a kind of love(AL ver.)
9.My Buddy(AL ver.)
10.PUMP ME UP
11.You know, I know
12. インオキナワ(シーサー☆ボーイズ)
■Blu-ray
・番組『GOLDEN BATTLE〜シーサー☆ボーイズ編〜』
・「インオキナワ」MV

【FC-B 座・武士道盤】(CD+Blu-ray)
ZXRC-2038/¥5,184(税込)
※座・武士道生写真1枚ランダムで封入
<収録曲>
■CD
1.need you
2.Booster
3.Jesus
4.????????????
5.超ネバギバDANCE(AL ver.)
6.霖雨
7.Full moon
8.a kind of love(AL ver.)
9.My Buddy(AL ver.)
10.PUMP ME UP
11. You know, I know
12. ツンデレチビ王子(座・武士道)
■Blu-ray
・番組『GOLDEN BATTLE〜座・武士道編〜』
・「ツンデレチビ王子」MV

【初回限定盤】(CD+PhotoBook)
ZXRC-2035/¥4,104(税込)
※『NYLON JAPAN』コラボ仕様
<収録曲>
1.need you
2.Booster
3.Jesus
4.????????????
5.超ネバギバDANCE(AL ver.)
6.霖雨
7.Full moon
8.a kind of love(AL ver.)
9.My Buddy(AL ver.)
10.PUMP ME UP
11.You know, I know
12. 超特急です!!!!!!!! (AL ver.)

【通常盤】(CD)
ZXRC-2036/¥3,024(税込) 
※『NYLON JAPAN』コラボ仕様
※メッセージボイスカード封入
<収録曲>
1.need you
2.Booster
3.Jesus
4.????????????
5.超ネバギバDANCE(AL ver.)
6.霖雨
7.Full moon
8.a kind of love(AL ver.)
9.My Buddy(AL ver.)
10.PUMP ME UP
11.You know, I know
12. 8号車との歌 
※ユースケ作詞・作曲新曲
13. Time of GOLD
※アリーナツアー「GOLDEN EPOCH」テーマ曲

【WIZY限定盤】(CD+Playpass)
ZXRC-2039/¥5,184(税込)
※神戸ワールド記念ホールでのライヴ映像を視聴出来るダウンロードコード付き
<収録曲>
■CD
1.need you
2.Booster
3.Jesus
4.????????????
5.超ネバギバDANCE(AL ver.)
6.霖雨
7.Full moon
8.a kind of love(AL ver.)
9.My Buddy(AL ver.)
10.PUMP ME UP
11.You know, I know
■Playpass
1.Overture
2.Kiss Me Baby
3.BREAK OFF
4.Burn!
5.Believe×Believe
6.SURVIVOR
7.SAY NO
8.EBiDAY EBiNAI
9.Billion Beats
10.HOPE STEP JUMP
11.S.B.F Medley(My Buddy/STYLE/Shake body/FLASHBACK/Seventh Heaven/Clap Our Hands!)
12.fanfare
13.S.B.F Rave Track
14.Feel the light
15.Beasty Spider
16.Gravitation
17.Synchronism
18.バッタマン
19.超えてアバンチュール
20.PAPAPAPA JUMPERS
21.a kind of love
-アンコール-
22.Starlight
23.走れ!!!!超特急
24.Party Maker

『BULLET TRAIN Arena Tour 2018 GOLDEN EPOCH』

12月07日(金) さいたまスーパーアリーナ
12月26日(水) 大阪城ホール
12月27日(木) 大阪城ホール



【関連リンク】
超特急、ドラマ性豊かな振り付けを披露する「need you」ダンスバージョンMV公開
超特急まとめ
シド、5年振りとなる台湾&香港公演を発表

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, ミュージックビデオ, MV, アルバム

シド、5年振りとなる台湾&香港公演を発表
Wed, 14 Nov 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

全国ツアー『SID 15th Anniversary LIVE HOUSE TOUR 「いちばん好きな場所 2018」』も各地熱狂のままに、残り2公演と終盤に差し掛かっているシドからアジアツアーの開催が発表された。

今回発表されたのは、2月15日(金)の台湾公演と2月20日(水)の香港公演で、『SID TOUR 2014 OUTSIDER』以来、実に5年ぶりの開催となる。ツアータイトルも現在の国内ツアーに続き『SID 15th Anniversary ASIA TOUR “THE PLACE WHERE WE LOVE MOST 2019”』と“シドにとってはアジアも“いちばん好きな場所”である”というアジアのファンへ向けた意味合いが込められている。その他の公演については後日詳細が発表される予定なのでお楽しみに!

2019年3月10日(日)に横浜アリーナで開催される結成15周年のGRAND FINAL公演に向けて、このアジアツアーも重要な位置づけになることは間違いないだろう。

■『SID 15th Anniversary ASIA TOUR “THE PLACE WHERE WE LOVE MOST 2019”』

『SID 15th Anniversary ASIA TOUR “THE PLACE WHERE WE LOVE MOST 2019” in Taipei』
2月15日(金) 台湾・Legacy Taipei

<チケット>
※オールスタンディング
VIP NT$4,000/前売券NT$3,000/当日券NT$3,200
◎VIPチケット特典
終演後、ハイタッチ会参加&サイン入りポスタープレゼント
■一般発売
2018年12月1日(土)14:00〜
Famiport & FamiTicket:https://www.famiticket.com.tw

『SID 15th Anniversary ASIA TOUR “THE PLACE WHERE WE LOVE MOST 2019” in Hong Kong』
2月20日(水) 香港・MacPherson Stadium, Mongkok, Kowloon

<チケット>
VIPスタンディングHK$1,100
スタンディング HK$890
指定席 HK$690 /$490/$390
◎VIPチケット特典
終演後、ハイタッチ会参加&サイン入りポスタープレゼント
■一般発売
2018年12月4日(火) 10:00〜

『SID 15th Anniversary GRAND FINAL』

2019年3月10日(日) 神奈川・横浜アリーナ ※詳細近日発表!
<チケット>
■ID-S BASIC優先予約
2018年11月22日(木)12:00〜11月27日(火)16:00
※2018年11月20日(火)中に入会が完了している方が対象となります。
■ID-S LIGHT優先予約
2018年11月28日(水)12:00〜12月4日(火)16:00
※2018年11月26日(月)中に入会が完了している方が対象となります。



【関連リンク】
シド、5年振りとなる台湾&香港公演を発表
シドまとめ
GLIM SPANKY、ニューアルバムの制作過程を映したドキュメンタリー映像を公開

【関連アーティスト】
シド
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, ツアー, チケット

GLIM SPANKY、ニューアルバムの制作過程を映したドキュメンタリー映像を公開
Wed, 14 Nov 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GLIM SPANKYが11月21日(水)にリリースする4thアルバム『LOOKING FOR THE MAGIC』の制作過程である、L.A.レコーディング&ビジュアル撮影時の裏側を映したドキュメンタリー映像を公開! 撮影に込められた秘話や、初めての海外レコーディングでの衝撃等を語り、充実した制作過程が伺えるものとなっている。

松尾レミ(Vo&Gu)は“ドリーミーなもの、そして激しいロックまで入っていて、今の私達の求める理想郷を創った”、亀本寛貴(Gu)は“本当に聴いていること、見てること、考え方とかが全然違うので、違うことでいいんだということを分かってはいたけど、しっかり自分の体で体感できたことが大きかった”と語っており、アルバムへの期待が大きく膨らむ仕上がりだ。

また、アルバム『LOOKING FOR THE MAGIC』の全曲試聴映像も公開され、アルバムの全貌が明らかに! L.A.でレコーディングしたリード曲「TV Show」は先行配信中で、iTunesアルバム予約&SpotifyのアルバムPre-saveも受付中。

そして、これまで発売してきたライブ映像DVD付きのアルバム初回限定盤は毎回完売となっており、今作の日本武道館ライブ本編完全収録のDVD付き初回限定盤も、完売になるのは必至だろう。また、UNIVERSAL MUSIC STORE 数量限定販売商品の松尾レミデザインTシャツも残りわずかとなっているので、気になる方はこちらもお早めにチェックしてほしい。

アルバム『LOOKING FOR THE MAGIC』

2018年11月21日発売



【初回盤】(CD+DVD)
TYCT-69132/¥4,600+税
<収録曲>
■CD
01.4 Dimensional Desert
02.Love Is There
03.TV Show
04.ハートが冷める前に
05.The Flowers
06.In the air
07.愚か者たち
08.Hello Sunshine
09.All Of Us
10.To The Music
11.Looking For The Magic
■DVD
2018.05.12「GLIM SPANKY LIVE AT 日本武道館」ライブ映像



【通常盤】(CDのみ)
TYCT-60123/¥2,700+税

■プレオーダー
iTunes:https://umj.lnk.to/glim_lftmPR
Spotify Pre-save:https://umusic.digital/lfzhpx/
※11月20日までにSpotifyのアルバムPre-saveをしてくれた方には、L.A.で撮影されたオリジナル壁紙をプレゼント

■「TV Show」先行配信
https://umj.lnk.to/glim_tvsPR

『LOOKING FOR THE MAGIC Tour 2019』

<2019年>
3月02日(土)  長野 長野CLUB JUNK BOX
3月03日(日)  長野 長野CLUB JUNK BOX
3月10日(日)  神奈川 横浜ベイホール
3月15日(金)  岩手 盛岡CLUB CHANGE WAVE
3月17日(日)  福島 郡山HIPSHOT JAPAN
3月21日(木・祝)  兵庫 神戸CHICKEN GEORGE
3月22日(金)  岡山 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
3月24日(日)  山口 周南RISING HALL
4月04日(木)  静岡 静岡ark
4月06日(土)  熊本 熊本B.9 V1
4月07日(日)  鹿児島 鹿児島CAPARVO HALL
4月09日(火)  京都 京都磔磔
4月11日(木)  愛媛 松山サロンキティ
4月13日(土)  高知 高知キャラバンサライ
4月14日(日)  香川 高松MONSTER
4月26日(金)  長野 松本a.C
4月28日(日)  新潟 新潟LOTS
4月29日(月・祝)  石川 金沢EIGHT HALL
5月03日(金・祝)  北海道 札幌PENNY LANE24
5月04日(土・祝)  北海道 札幌PENNY LANE24
5月11日(土)  愛知 名古屋DIAMOND HALL
5月12日(日)  愛知 名古屋DIAMOND HALL
5月18日(土)  大阪 大阪なんばHatch
5月24日(金)  広島 広島CLUB QUATTRO
5月25日(土)  福岡 福岡DRUM LOGOS
5月31日(金)  宮城 仙台Rensa
6月08日(土)  東京 豊洲PIT



【関連リンク】
GLIM SPANKY、ニューアルバムの制作過程を映したドキュメンタリー映像を公開
GLIM SPANKYまとめ
ビッケブランカ、アルバム『wizard』の全曲試聴トレーラー公開

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, アルバム, 音楽配信

ビッケブランカ、アルバム『wizard』の全曲試聴トレーラー公開
Wed, 14 Nov 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ビッケブランカが11月21日(水)にリリースするメジャー2ndアルバム『wizard』の全曲試聴トレーラー映像が公開された。

今作は、新垣結衣と松田龍平がダブル主演を務める日本テレビ系水曜ドラマ『獣になれない私たち』挿入歌「まっしろ」のほか、全国のラジオ局チャートの首位・上位を賑わせたシングル「ウララ」「夏の夢」、話題のアニメ映画『詩季織々』の主題歌や、TVアニメのOPやEDテーマなど、タイアップ曲多数の12曲を収録。お気楽ローファイロックから、ビッケ流ダンスミュージック、一転して美しいファルセット・ヴォイスのバラード、多幸感溢れるシンフォニックサウンドまで、新たな音楽シーンの覚醒となるような作品に仕上がっている。

また、アルバム初回封入特典として全国ツアー『WIZARD TOUR 2019』のチケット先行抽選応募を実施! 本ツアーは2019年1月12日(土)仙台・darwin公演を皮切りに、2月10日(日)東京・ZEPP Tokyo公演まで全7都市を回る。チケット先行の申込期間は11月20日(火)10時〜12月2日(日)までとなるので、トレーラー映像をチェックの上、CDもお早めに手に取ってほしい。

さらに、今作はCDリリースに先駆けて11月20日(火)に配信リリースされることが決定しており、配信日までにiTunesで予約注文すると通常価格¥2,000からなんとプライスオフ価格¥1,500でダウンロードできる期間限定キャンペーンも実施中だ。こちらもお見逃しなく。

アルバム『wizard』

2018年11月21日 発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
AVCD−96009/B/¥3,800+税
※初回封入特典:『WIZARD TOUR 2019』チケット先行抽選応募券
※申込期間:11月20日(火)10時から12月2日(日)
<収録曲>
■CD
01.Wizard
02.Winter Beat
03.まっしろ
04.Lights Out
05.ウララ
06.Black Rover
07.Buntline Special
08.夏の夢
09.キロン
10.Smash(Right This Way)
11.WALK(long ver.)
12.Great Squall 
■DVD
ULALA TOUR 2018@SHIBUYA TSUTAYA O-EAST
01.Get Physical
02.Natural Woman
03.Bad Boy Love
04.Your Days
05.TARA
06.Black Rover
07.Moon Ride
08.Slave of Love
09.ウララ



【通常盤】(CD)
AVCD-96010/¥3,000+税
※初回封入特典:『WIZARD TOUR 2019』チケット先行抽選応募券
※申込期間:11月20日(火)10時から12月2日(日)
<収録曲>
■CD
01.Wizard
02.Winter Beat
03.まっしろ
04.Lights Out
05.ウララ
06.Black Rover
07.Buntline Special
08.夏の夢
09.キロン
10.Smash(Right This Way)
11.WALK(long ver.)
12.Great Squall

【ライブ・イベント情報】

■アルバムリリース記念イベント
11月16日(金)18:30〜  北海道・三井アウトレットパーク北広島
(『AIR-G\'brilliant days×Fライブイベントin 三井アウトレットパーク 札幌北広島』)
11月24日(土)16:00〜  大阪・タワーレコード梅田NU茶屋店
11月25日(日)16:00〜  愛知・名古屋パルコ店西館1F外
12月02日(日)16:00〜  福岡・タワーレコード福岡パルコ店
12月09日(日)13:00〜  東京・タワーレコード渋谷B1F CUTUP STUDIO
※内容:アコースティックライブ+サイン会

■『WIZARD TOUR 2019』
【2019年】
1月12日(土) 宮城・仙台darwin
1月14日(月) 北海道・札幌ペニーレーン24
1月19日(土) 福岡・DRUM LOGOS
1月20日(日) 広島・セカンドクラッチ
1月25日(金) 愛知・名古屋ダイアモンドホール
1月26日(土) 大阪・BIGCAT
2月10日(日) 東京・Zepp Tokyo



【関連リンク】
ビッケブランカ、アルバム『wizard』の全曲試聴トレーラー公開
ビッケブランカまとめ
Sasanomaly、シングル「MUIMI」をリリース&アートワークとMVも解禁

【関連アーティスト】
ビッケブランカ
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, トレーラー, CD, アルバム, ライブ, ツアー

Sasanomaly、シングル「MUIMI」をリリース&アートワークとMVも解禁
Wed, 14 Nov 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

サウンドプロデューサーとしても活動するSasanomaly(ササノマリイ)の新たなスタイルが表現された配信シングル「MUIMI」が11月14日にリリースされた。今作のアートワークは、adidasやSTUSSY、New Balance、G-SHOCKなどを手掛け、UKで活動するアーティスト“Joe Cruz”が担当しており、モノクロ写真をベースにローテクな画材を用いたアートワークが採用されている。

また、ビジュアル作品やインタラクティブアートを得意とする若手アーティスト集団“METACRAFT”から、Victor Nomotoが監督を務めた「MUIMI」のMVも解禁! 今回のデジタルシングルは、今後10曲の作品がリリースされる予定の中での第1段目の発表作とのことなので、楽曲ダウンロードやMVをチェックの上、次なる作品も楽しみに待とう。

配信シングル「MUIMI」

2018年11月14日配信開始



■iTunes
https://smar.lnk.to/7QuwCAW
■Apple Music
https://smar.lnk.to/3FZ8HAW
■Spotify
https://smar.lnk.to/dSA3CAW
■LINE MUSIC
https://smar.lnk.to/Rw3KWAW



【関連リンク】
Sasanomaly、シングル「MUIMI」をリリース&アートワークとMVも解禁
ササノマリイまとめ
GLAY、ニューシングル発売前夜に開催したスペシャルライブが大盛況にて終幕

【関連アーティスト】
ササノマリイ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 音楽配信

GLAY、ニューシングル発売前夜に開催したスペシャルライブが大盛況にて終幕
Wed, 14 Nov 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月14日(水)に56枚目のニューシングル「愁いのPrisoner/YOUR SONG」を発売したGLAYが、発売前夜の11月13日(火)に六本木ヒルズアリーナでスペシャルライブを開催した。

今回のライブはシングル予約購入者の中から抽選で1,000名が限定招待されており、会場はGLAYの登場を待つ期待感で埋め尽くされていた。イルミネーションできらめくけやき坂を横目に、SEがかかるとついにメンバーがステージに登場。11月とあって冷え込む会場であったが、“熱"が急上昇していくのが肌で感じ取れた。

1曲目に披露したのは2ndアルバム『BEAT out!』収録の「More than Love」。GLAYのライブでもオープニングを飾ることの多いナンバーということもあり、のっけからGLAYロックを魅せてくれた。会場が暖まると、続けて披露したのは定番のスネアロールから始まる「誘惑」。問答無用に会場のボルテージはピークに達し、ラストのサビでは会場が一体となって合唱が起こった。

MCでは“今日はニューシングルの発売記念ライブ、Yahoo!での生配信もしているとのことで、生中継で観てる人たちにも届いてるかな?”とTERUが語りかける。続けて“発売記念だし、初めてこの曲をライブで披露します!”とスタートしたのは、セブン−イレブンとの大型フェアタイアップ曲ともなっている「愁いのPrisoner」。この曲はTAKURO作詞・作曲であり、“GLAYを大きな空の下に連れて行きたい”といった想いも込められている。11月という愁いの季節、開放感のあるヒルズアリーナがよりこの曲を際立てていた。

最後はTERU作詞・作曲の「YOUR SONG」を披露。この曲は“夢を追いかける大切さ、そしてみんなで楽しめる曲”といったTERUの想いが込められた、GLAY流応援歌となっている。楽曲途中の《Oh Doo-bee Doo-wop》では会場から大合唱が起こり、ヒルズアリーナが一体となった瞬間であった。

さらに曲終わりでTERUから“今日は特別! みんなこの光景を自分の携帯で写真撮ってOK。みんなの力でこの景色を広げてくれ”とサプライズプレゼント。これに客席からは大きな歓声が起き、各々が今日の記憶を写真に収める。愁いの季節、光に包まれたヒルズアリーナでのライブは、歓声と共に幕を閉じた。

photo by 岡田裕介/田辺佳子

シングル「愁いのPrisoner/YOUR SONG」

2018年11月14日(水)発売



【CD+DVD盤】
PCCN.00031/¥2,000+税
【CD Only盤】
PCCN.00032/¥1,200+税

<収録曲>
■DISC1 (CD)
1. 愁いのPrisoner GLAY × セブン−イレブンフェアタイアップ曲
2. YOUR SONG スペシャルオリンピックス日本公式応援ソング
3. 彼女の“Modern…" feat.EXILE NESMITH (from LUNATIC FEST. 2018)
4. 誘惑 feat.SUGIZO (from LUNATIC FEST. 2018)
5. FATE (from LUNATIC FEST. 2018)
6. 君が見つめた海 (from GLAY x HOKKAIDO 150 GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.3)
7. YOUR SONG (from GLAY x HOKKAIDO 150 GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.3)
■DISC2 (DVD)
1. 愁いのPrisoner (Music Video)
2. YOUR SONG (Music Video)
3. GLAY MAKING MOVIE of MUSIC VIDEO in LOS ANGELES
4. サバイバル (from LUNATIC FEST. 2018)
5. BELOVED feat.EXILE TAKAHIRO (from LUNATIC FEST. 2018)
6. SHUTTER SPEEDSのテーマ feat.明希 (from LUNATIC FEST. 2018)

◎封入特典
フォトブック(12P)

Blu-ray&DVD『GLAY x HOKKAIDO 150 GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.3』

2019年3月5日発売



【Blu-ray BOX】(DAY1&DAY2収録 )
PCXE.53341 /¥10,000(税抜)
【DVD】(DAY1)
PCBE.54845/¥5,000(税抜)
【DVD】(DAY2)
PCBE.54846/¥5,000(税抜)



【関連リンク】
GLAY、ニューシングル発売前夜に開催したスペシャルライブが大盛況にて終幕
GLAYまとめ
夏代孝明、アルバム『G?nger』発売記念LINE LIVE特番配信決定

【関連アーティスト】
GLAY
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, CD, シングル, 発表, 発売, ライブ, ライブレポ

夏代孝明、アルバム『G?nger』発売記念LINE LIVE特番配信決定
Wed, 14 Nov 2018 17:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

夏代孝明のニューアルバム『G?nger』のリリースを記念して、11月17日(土)にビクターエンタテインメントpresents LINE LIVE『夏代孝明 SPECIAL RADIO PROGRAM』が配信されることが決定した。

本番組では夏代をゲストに迎え、11月17日(土)の13時と19時の2部構成にてラジオ形式で放送。『G?nger』の楽曲やアートワーク、MVなどの制作秘話などが語られる予定とのことだ。夏代がビクターエンタテインメントの公式チャンネルに登場するのは今回が初のことで、11月14日(水)より番組の視聴予約がスタートしているのでぜひチェックしておこう。

また、夏代は11月14日(水)にSHIBUYA TSUTAYAにてサイン会を予定しており、11月16日(金)および18日(日)にはアルバム『Ganger』のウムラウト盤に封入される“ダミーチケット”を具現化したスペシャルイベントを開催する。参加方法などの詳細はオフィシャルHPにて!

ビクターエンタテインメントpresents LINE LIVE『夏代孝明 SPECIAL RADIO PROGRAM』

■第一部 #1 11月17日(土) 13:00〜13:30配信
試聴URL https://live.line.me/channels/520/upcoming/9967870
■第二部 #2 11月17日(土) 19:00〜19:30配信
試聴URL https://live.line.me/channels/520/upcoming/9967876

アルバム『G?nger』

2018年11月14日発売



【ウムラウト盤】(初回限定)
VIZL-1462/¥3,200(税抜)
※特別ブックレット[月面移住計画]
※アートポスター[G?nger]
※映画"End Roll"ダミーチケット / "プラネタリウム"ダミーチケット(ランダム封入)
※クリアスリーブ仕様
<収録曲>
01. Ganger
02. エンドロール
03. ジャガーノート
04. REX
05. ニア
06. 世界の真ん中を歩く
07. ユニバース
08. キャラメル
09. プラネタリウムの真実
10. 君のいない夜

◎ 初回特典
ウムラウト盤・通常盤の初回生産分に、ワンマンツアー『Fu?g?nger』最速先行予約応募券封入
購入者最速先行予約期間:11月13日(火)10:00〜12月2日(日)23:59
・2019年3月15日(金)大阪・梅田 Banana Hall
・2019年3月17日(日)東京・恵比寿 LIQUIDROOM



【通常盤】
VICL-65067/¥2,300(税抜)

【アルバム『Ganger』購入者イベント情報】

■SHIBUYA TSUTAYA サイン会
11月14日(水) 東京・SHIBUYA TSUTAYA 2階特設会場
(18:15 SHIBUYA TSUTAYA 2階エレベーター横集合 / 18:30 サイン会開始)

■『ダミーチケットSpecialイベント「映画" End Roll"上映会」』
11月16日(金) 東京・スペースFS汐留
17:50 整列開始 / 18:00〜18:45 抽選会 / 19:00〜イベント&握手会

■『ダミーチケットSpecialイベント「“プラネタリウムの真実"上映会」』
11月18日(日) 東京・北とぴあ ドームホール
18:20 整列開始 / 18:30〜19:15 抽選会(701会議室) / 19:30〜イベント&握手会

※11月16日(金)と11月18日(日)のイベント内容は同じです。
※詳細はビクターエンタテインメント公式サイトをご覧ください。
https://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A026167.html

■アニメイト サイン&握手会[抽選]イベント特典:"Secret"ダミーチケット
【2019年】
2月02日(土) 東京・アニメイト新宿店 12:30開場 / 13:00開演
2月03日(日) 広島・アニメイト広島店 12:30開場 / 13:00開演
2月03日(日) 大阪・アニメイト大阪日本橋店 17:30開場 / 18:00開演

ワンマンツアー『Fu?g?nger』

【2019年】
3月15日(金) 大阪・梅田 Banana Hall
3月17日(日) 東京・恵比寿 LIQUIDROOM
<チケット>
『Ganger』購入者最速先行予約期間:11月13日(火) 10:00〜12月2日(日)23:59
※アルバム『Ganger』(両盤)封入チラシ記載のシリアルナンバーにて受付



【関連リンク】
夏代孝明、アルバム『G?nger』発売記念LINE LIVE特番配信決定
夏代孝明まとめ
『夢助』は夢を抱くすべての人へ、忌野清志郎が遺したマイルストーン

【関連アーティスト】
夏代孝明
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, キャンペーン, 配信, 出演

『夢助』は夢を抱くすべての人へ、忌野清志郎が遺したマイルストーン
Wed, 14 Nov 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月7日、アルバム『ベストヒット清志郎』がリリースされたり、11月9日にはRCサクセションの「体操しようよ」が主題歌に起用された、草刈正雄主演映画『体操しようよ』が公開されたりと、にわかに忌野清志郎にスポットが当たっている不思議な日本の2018年11月である。過去、RC、THE TIMERS、HISと、当コラムでは清志郎関連作品を取り上げてきたが(THE TIMERSは清志郎ではないけれども…)、この機会にソロ作品にもスポットを当ててみたいと思う。

■ミュージシャン・忌野清志郎の集大成

今回リリースされた『ベストヒット清志郎』は、CMタイアップ曲、映画やテレビで使用された曲が多数収録された作品集。一方の「体操しようよ」はアルバム『PLEASE』のトリを飾るナンバーではあるものの、同アルバムに収録された「トランジスタ・ラジオ」や「Sweet Soul Music」「いい事ばかりはありゃしない」といったRCの代表曲に比べれば比較的地味なナンバー。それがこういうかたちで陽の目を浴びるのもいいことだなぁと思うところでもある。

アーティストが亡くなったあと、いろんなベスト盤やらコンピやら企画ものやらがリリースされることは、個人的にはやや閉口ではある。少なくともアルバムアーティストを自認したような人の作品であるなら、やはりオリジナル盤を聴いてなんぼだと思うからである。ただ、清志郎の場合、RC、ソロだけでなく、さまざまなバンド、ユニットで活動しているだけにそのアルバムも膨大で、代表作を選ぶのがなかなか困難だったりもすることも事実だ。

RCなら『ラプソディー』『シングル・マン』『COVERS』は当然として、それこそ『PLEASE』もいいし、『BLUE』も『the TEARS OF a CLOWN』もいい。あれは清志郎ではないものの、『TIMERS』も外せないし、細野晴臣、坂本冬美とのユニット、HISの『日本の人』も佳作だ。2・3\'sであれば『GO GO 2・3\'s』だろうし、Little Screaming Revueは『Groovin\' Time』もいいし、『冬の十字架』もいい。…これは確かに選べない。

やはりビギナーやライトなリスナーにはベスト盤がお手軽お手頃で、そこから入って、気に入った時代のアルバムに手を出すのが正しい清志郎への道という気もする。今回のような、RCを含めて何度目かのベスト盤も、稀代のロックミュージシャンへの手引書として必要なものだと理解できる。

その意味では、『ベストヒット清志郎』で、〈ディスク2〉M 30「誇り高く生きよう」にピンと来た人には、このナンバーが収録されたアルバム『夢助』を手にしてほしいところではある。いや、今回のベスト盤を聴いたり、映画『体操しようよ』を見たりして、少しでも忌野清志郎というミュージシャンに興味を持った人がいるのなら、『夢助』はぜひ聴いてほしいと思う。

何しろ『夢助』は清志郎の遺作、氏がこの世に残した最後のアルバムである。『夢助』以上に新しい清志郎はない。言わば、永遠の最新作だ。氏を偲ぶ意味で聴いておいたほうがいいというところもある。だが、それだけではない。本作は忌野清志郎のミュージシャンとしての集大成といった面持ちがあるからだ。ベスト盤が既出曲を集めたものだとすると、本作は清志郎自身が自らの歩みを自らで曲にし、それまでに関わった人たちとともに作り上げた作品といった印象。そういう意味での集大成だ。これが遺作となることを当人がどこまで意識していたのか分からないが、忌野清志郎としてのスタジオ録音作品、そのフィナーレとしてこの上なく相応しいアルバム…言い方は微妙だけれども、そうしたイメージが強いのである。

■憧れた人たちと憧れの地で録音

『夢助』のプロデューサーはSteve Cropper。Booker T. & the M.G.\'sのギタリストだ。演奏はもちろんBooker T. & the M.G.\'s が務め、ホーンセクションにはMemphis Hornsが参加している。Booker T. & the M.G.\'sとMemphis Hornsは、1960年代において、サザンソウル、メンフィスソウルの発信基地だったと言えるレコードレーベル“Stax Records”で、Otis Redding、Sam & Daveらのレコーディングに参加したアーティスト。オーセンティックなR&B、そのサウンドを作り上げた伝説的なミュージシャンである。別にその辺の細かい音楽史の知らなくてもいいと思う。ただ、それらのメンバーとのレコーディングが清志郎にとって素晴らしい現場であったことは知っておいてほしい。『夢助』にはM11「オーティスが教えてくれた」というナンバーがある。作曲はSteve Cropperだ。歌詞は以下の通り。

《遠い遠い あの眩しい冬/オーティスが シャウトしてた/勇気を出せよ 君の人生だろ》《オーティスが 教えてくれた/遠い国の やせっぽちの少年に/オーティスが そっと教えてくれた/歌うこと 恋に落ちること》《愛し合うこと/君と歩くこと/笑うこと/涙を拭くこと/しゃべること/信じること/抱きしめること/旅に出ること/叫ぶこと/愛し合うこと/戦争をやめること》(M11「オーティスが教えてくれた」)。

オーティスとは前述のOtis Reddingのこと。歌詞中の《遠い国の やせっぽちの少年》とは間違いなく清志郎自身のことだろう。つまり、自分の音楽ルーツであるOtis Reddingへの想いを、そのOtis Reddingの数々の楽曲を手掛けたメンバーの演奏で歌っている。もっともBooker T. & the M.G.\'s、Memphis Hornsとは1992年のソロ2ndアルバム『Memphis』が初共演で、そこでもOtis Reddingから清志郎が拝借したシャウト“ガッタガッタ”を披露しているので、清志郎はもとからその影響を隠してはいなかったが、ここでは実にストレートに憧憬と敬愛を示している。《愛し合うこと》というフレーズ辺りは、清志郎の有名なMC「愛し合ってるかい?」の元ネタがOtis Reddingであると公言しているに等しい。

もうひとつのSteve Cropper作曲のナンバーであるM8「THIS TIME」ではこんなふうに綴っている。

《今こそ その時がやってきたんだ/もう誰にも 僕を止められないさ/今こそ 行くべき場所がわかったんだ/音楽に導かれて 行き着くのさ》《ずっと夢に見ていた こんな日が来る事を/君は夢を持ってるかい きっと叶えられるさ》(M8「THIS TIME」)。

本作が生前最後のアルバムとなった今では複雑な感慨は拭えないが、米国テネシー州ナッシュビルで若き日に憧れたミュージシャンたちと再度自分のレコードを作っている清志郎が、その喜びを爆発させている様子が手に取るように伝わってくる。本作に限らず、“夢”は清志郎楽曲の重要なキーワードである。それを上記のように何の衒いもなく使い、それこそアルバムタイトルを『夢助』としたことにも、清志郎がそれまで以上に胸襟を開いていたことが感じられる。

■旧友、盟友たちとの素敵な再会

『夢助』では久々のコラボ曲も聴けた。これも本作のいいところだ。M14「あいつの口笛」は細野晴臣が作曲している。前述の通り、細野と清志郎とは坂本冬美とともにHISを結成し、1990年にアルバム『日本の人』を制作した間柄。HISでは、音楽ジャンルの垣根をなくしたプロデューサー、細野の手腕が光った。M14「あいつの口笛」では細野らしい、いい意味で肩の力が抜けたメロディーが、50代半ばとなった渋い清志郎を演出しようとしているかのようである。R&Rの基礎とも言える2ビート。清志郎の弾くウクレレ。独特の細野の低音コーラス。かすれ気味の口笛。ひとつひとつの個性的な音がとてもいいバランスで重なっていくのは、Steve Cropperのプロデュース能力の高さによるところも大きいのだろうか。

《自転車を盗まれ うちひしがれている時/どこからかあいつが やって来てくれた/口笛吹きながら 長い影を連れて/なつかしい笑顔の 古い友達さ》《遠い旅の途中で ふと立ちどまる時/かすれた口笛が 聞こえた気がしたんだ》《オレンジ色の風が 青い朝の道を/ゆっくりと走り出す 旅はどこまでも》(M14「あいつの口笛」)。

《自転車を盗まれ》というのは、2005年に清志郎の自転車“オレンジ号”が盗まれた時のこと。《オレンジ色の風》は愛車のことだろう。その盗難事件の際に細野が清志郎を慰めに行ったのかどうかは定かではないが、その時期に会ったことは確かなのだろうし、その再会によって《うちひしがれている》清志郎は幾分救われたのだろう。旧友、細野のメロディーに上記のような表現で応えているのは、何とも清志郎らしいシャイな感じがして、とても味わい深い。また、《かすれた口笛》は、Otis Redding「(Sittin\' on) The Dock of the Bay」のアウトロでの口笛とする説がある。実際、それと「あいつの口笛」のアウトロでの口笛とはメロディーが酷似している。だとすると悲しい偶然が痛々しい。「(Sittin\' on) The Dock of the Bay」のレコーディング3日目後にOtis Reddingは事故で亡くなっている。つまり、「(Sittin\' on) The Dock of the Bay」も、(「あいつの口笛」がそうであったか分からないが、それが収録された)『夢助』も、それぞれの作者にとって最後の作品なのだから──。

■RCを彷彿させるCHABOとの共演

『夢助』の注目は、何と言ってもM3「激しい雨」だろう。これはRC時代の盟友、仲井戸“CHABO”麗市との共作である。RCの活動休止後、両名は1994年8月に日比谷野外大音楽堂で共演を果たしているし(その模様はライヴアルバム『GLAD ALL OVER』に収録)、1997年に忌野清志郎 Little Screaming Revueで発表したシングル「メロメロ」がRC後期の未発表曲で清志郎&CHABOの共作だったりして、少なくともこの頃には、お互いに変なわだかまりはなくなっていたようではある。

「激しい雨」制作のきっかけは、2006年2月の『新 ナニワ・サリバン・ショー』の打ち上げ。その首謀者(?)は三宅伸治だったらしい。もとは運転手兼付き人であり、NICE MIDDLE with NEW BLUE DAY HORNSのバンマスでもあり、数多くの楽曲を清志郎とともに作ってきた、清志郎の愛弟子である(『夢助』で三宅はM5「涙のプリンセス」を清志郎と共作している)。その三宅からCHABOに“昔みたいに一緒に曲を作ったりできませんか”と後押しがあったという。その後、清志郎とCHABOが直接連絡を取り合って、“よし、やろう!”ということになり、三宅がベースを弾き、新井田耕造がドラムを叩いて、デモを完成させた。2009年にリリースされた清志郎最後のシングル「Oh! RADIO」のカップリングに収録されている「激しい雨 (2006.05.14 Private Session)」がその時のものである。

「激しい雨」は仲井戸“CHABO”麗市と清志郎とでともに手掛けただけにさすがにRCの匂いがする。サウンドこそ、本場のR&B、ソウルのフレイバーが色濃いが、「雨あがりの夜空に」であったり、「ドカドカうるさいR&Rバンド」であったり、RCのライヴのハイライトで聴いた、あのカタルシスがここにも間違いなく存在している。

《海は街を飲み込んで ますます荒れ狂ってる/築きあげた文明が 音を立てて崩れてる/お前を忘れられず/世界はこのありさま》《季節はずれの 激しい雨が降ってる/歩き出した未来は 冷たく濡れたままでも/誰もが見守ってる/世界は愛し合うのか》《Oh 何度でも 夢を見せてやる/Oh あの夏の 陽焼けしたままの夢(Oh ダイヤモンドが 輝いてる夜の夢)》《RCサクセションがきこえる/RCサクセションが流れてる》(M3「激しい雨」)。

Neil Youngが2000年のアルバム『Silver & Gold』で「Buffalo Springfield Again」と歌ったように(※註:Buffalo SpringfieldはNeil Youngが在籍していたバンド。1968年に解散)、“RCサクセション”と歌う清志郎の声がラジオから聴こえてきたら…とCHABOは考えたという。ふたりの間でどんなやり取りがあって「激しい雨」に至ったのかは分からない。ただ、両名にとってのRCが大きくて不可侵なものであったことは確かなようで、歌詞の中での距離感が絶妙だ。力強く後押ししてくれるようにも、冷静に見つめているだけのようにも思える。でも、結果的にはそこがとてもいいのだと思う。

『COVERS』の内容とそれを発売した清志郎の姿勢に反発して、それ以降は清志郎の楽曲から離れていた爆笑問題の太田光は、東日本大震災後、「激しい雨」を聴いて鳥肌が立ったという。1999年に太田光が自身のコラムで“政治家に影響力はない”と書いたことに清志郎が憤慨して、爆笑問題と誌上対談した時のことも振り返りながら、“俺は清志郎さんの手のひらの上(だった)”と述懐していたそうである。清志郎という存在は日本ロック界のマイルストーンであることを思い知らされるエピソードだ。「激しい雨」のみならず、聴く人にとって清志郎の楽曲は時に警鐘となったり、時に光明となったりするのだろう。冒頭で、個人としては故人のベスト盤には閉口と述べたが、撤回する。清志郎に限っては定期的に出したほうがいい。それは、日本のロック界に限らず、“夢”を抱く多くの人が道を迷わないためにも必要なことのような気がする。

TEXT:帆苅智之

アルバム『夢助』

2006年発表作品



<収録曲>
1.誇り高く生きよう
2.ダンスミュージック☆あいつ
3.激しい雨
4.花びら
5.涙のプリンセス
6.残り香
7.雨の降る日
8.THIS TIME
9.温故知新
10.毎日がブランニューデイ
11.オーティスが教えてくれた
12.NIGHT AND DAY
13.ダイアモンドが呼んでいる
14.あいつの口笛




【関連リンク】
『夢助』は夢を抱くすべての人へ、忌野清志郎が遺したマイルストーン
忌野清志郎まとめ
RCサクセションまとめ
THE TIMERSまとめ
HISまとめ

【関連アーティスト】
忌野清志郎, RCサクセション, THE TIMERS, HIS, 忌野清志郎&2・3\'s, 忌野清志郎 Little Screaming Revue, 仲井戸“CHABO”麗市
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!, アルバム, リリース

奥華子、配信限定シングル「クリスマスの夜」リリース決定
Wed, 14 Nov 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

奥華子がニューシングル「クリスマスの夜」を11月26日(月)に配信限定リリース決定! 合わせて最新のアーティスト写真とジャケット写真も公開となった。

今作はシングルとしては初のクリスマスソングで、奥華子ならではの視点で綴られた、切なくも温かい一曲に仕上がっている。心の奥にしまいこんだ大切な誰かの幸せを想う切ない歌詞と歌声にストリングスアレンジが相まることによって、“失恋ソングの女王”と称される奥華子の魅力が詰まった儚くも切ないラヴバラードだ。

なお、同曲は11月17日(土)にTOKYO FMで放送されているレギュラープログラム『MAST presents 奥華子 Room No.875』で初オンエアされるので、リリースよりひと足先に聴いてみよう。

配信シングル「クリスマスの夜」

2018年11月26日配信開始



■配信URL
https://lnk.to/okuhanakoPR

【「クリスマスの夜」オンエア情報】

『MAST presents 奥華子 Room No.875』
11月17日(土)19:30〜19:55
■番組URL https://www.tfm.co.jp/875/



【関連リンク】
奥華子、配信限定シングル「クリスマスの夜」リリース決定
奥華子まとめ
アンティック-珈琲店-、 ベストアルバムのジャケ写公開&テイクアウトカード販売開始

【関連アーティスト】
奥華子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, 新曲, 発売, 配信, ポップス

アンティック-珈琲店-、 ベストアルバムのジャケ写公開&テイクアウトカード販売開始
Wed, 14 Nov 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

今年で結成15周年を迎え、来年1月で現体制での活動を休止すると発表したアンティック-珈琲店-(アンカフェ)が12月5日にリリースする、メジャーデビューシングル「千年DIVE!!!!!」から活動休止前の最後のシングル「願い事は1つさ」までのシングル、アルバムを全て網羅したベストアルバム『BEST 2015〜2018』のジャケット写真が公開となった。 

通常盤はメジャーデビューから最後のシングルまでのジャケット写真が全てコラージュされたものとなっており、音楽ポータルサイト「Musing」で販売されるMusing盤はアンカフェらしいコーヒーカップでデザインされたものとなっている。

さらに、Musing盤の特典DVDに収録される、今年の春に大盛況に終わった『15th Anniversary Year LIVE CAFE TOUR Grand Final』での日比谷野外大音楽堂ワンマンライブの映像を、先行で視聴できるというテイクアウトライブカードの販売も開始された。

アンティック-珈琲店-初となるこのテイクアウトライブカードは、Musingにて5パターン限定販売(みく ver. / takuya ver. / カノン ver. / ゆうき ver. / 輝喜 ver. ) 。各メンバーがセレクトしたライブ映像はもちろん、ここだけしか観れないメッセージ動画を含め、スマホやタブレットで手軽に視聴可能となっている。 さらに! 未公開写真を使用した絵柄と、全てのカードに各メンバー直筆のサイン入りという豪華な仕様となっているため是非チェックしてほしい。

■テイクアウトライブとは
http://www.takeoutlive.com/about

アルバム『BEST 2015〜2018』

2018年12月5日(水)発売



【Musing盤】(2CD+2DVD+グッズ )
JBCF-9011〜9012/¥13,889(税抜)
※数量限定
※ライナーノーツ+シリアルナンバー入り!
※グッズ: 1000ピースのジグゾーパズル+ポーチ入り
※音楽ポータルサイト「Musing」のみでのお取り扱いとなります。
<収録曲>
■CD DISC 1
01.千年DIVE!!!!!
02.We Can Do It!
03.世界にたった一つの温もり
04.スマイル一番イイ♀〜2015ver,〜
05.恋するサンタクロース
06.JIBUN
07.キミにエール
08.青春TRAIN
09.BondS〜絆〜2016ver.
10.熱くなれ
11.生きるための3秒ルール
12.逃避回路 〜2016ver.〜
■CD DISC 2
1.Spring Snow
2.JUMBO
3.涙より重いWAR
4.似た者同士
5.ラフ・ソング
6.スマイル一番イイ♀〜2015ver.〜-English ver.-
7.熱くなれ-English ver.-
8.イケない妄想×アブない珍獣
9.天手古舞
10.バルーンガール
11.願い事は1つさ
12.ねぇ
13.キミはいつか鍵になる〜truth or lie〜
■DVD
・15th Anniversary Year LIVE CAFE TOUR Grand Final
『僕らの奇跡の合言葉は“ニャッピーo(≧∀≦)o"』
〜Hibiya On ★ザ★ 御New世界(完)〜 2018.4.28 at.日比谷野外大音楽堂
・MUSIC CLIP 全曲集 2015?2018

◎Musingオリジナル特典
・お好きなメンバーのチェキを1枚プレゼント



【通常盤】(2CD)
JBCW-9003〜-9004/¥2,593(税抜)
※ライナーノーツ入り
<収録曲>
■CD DISC 1
01.千年DIVE!!!!!
02.We Can Do It!
03.世界にたった一つの温もり
04.スマイル一番イイ♀〜2015ver,〜
05.恋するサンタクロース
06.JIBUN
07.キミにエール
08.青春TRAIN
09.BondS〜絆〜2016ver.
10.熱くなれ
11.生きるための3秒ルール
12.逃避回路 〜2016ver.〜
■CD DISC 2
1.Spring Snow
2.JUMBO
3.涙より重いWAR
4.似た者同士
5.ラフ・ソング
6.スマイル一番イイ♀〜2015ver.〜-English ver.-
7.熱くなれ-English ver.-
8.イケない妄想×アブない珍獣
9.天手古舞
10.バルーンガール
11.願い事は1つさ
12.ねぇ
13.キミはいつか鍵になる〜truth or lie〜



【関連リンク】
アンティック-珈琲店-、 ベストアルバムのジャケ写公開&テイクアウトカード販売開始
アンティック-珈琲店-まとめ
the peggies、全国ツアーに先駆けてインディーズアルバム3作を配信

【関連アーティスト】
アンティック-珈琲店-
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, CD, アルバム, 発表, リリース, 発売

the peggies、全国ツアーに先駆けてインディーズアルバム3作を配信
Wed, 14 Nov 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月20日の仙台公演から全国7カ所を回る『the peggies 2018冬全国ツアー〜君のせいで最終バス乗り過ごしたツアー〜』をスタートさせるthe peggiesが、2014年から2016年に発表したインディーズアルバム3タイトルを各ダウンロード&サブスクリプションサービスにて配信開始した。

今回配信されたのは、2014年11月発売のアルバム『goodmorning in TOKYO』、2015年5月発売のミニアルバム『PPEP1』、同年11月発売のアルバム『NEW KINGDOM』の3作。「グライダー」や「JAM」をはじめとするインディーズ時代から愛されている楽曲が収録されているものの、現在では入手困難となった作品もあるため、この機会にぜひ聴いてみてほしい。ツアーのチケットは現在発売中なので、詳細はオフィシャルHPをチェック!

アルバム『goodmorning in TOKYO』

2014年11月19日発売



<収録曲>
1.アイラブユー
2.MOTTO
3.ボーイミーツガール
4.ATOM
5.金曜日の夜
6.メロディメーカー
7.人形のやつ
8.goodmorning in TOKYO

ミニアルバム『PPEP1』

2015年5月27日発売



<収録曲>
1.JAM
2.どきどき☆レボリューション
3.カウンター!
4.僕らの戦争
5.ヘルズ

アルバム『NEW KINGDOM』

2015年11月11日発売



<収録曲>
1.グライダー
2.青春なんかに泣かされて
3.LOVE in the TOKYO
4.ブリキ
5. 花
6.いきてる
7.深海
8.ときめき?シンフォニー
9.P/F

【ダウンロードURL】

■iTunes https://itunes.apple.com/jp/artist/id1437602348?at=1l3vbso?app=itunes
■レコチョク http://recochoku.jp/artist/2000573314/
■dwango.jp http://r.dwango.jp/e001M985
■music.jp http://music-book.jp/music/Artist/594916
■オリコンミュージックストア https://music.oricon.co.jp/php/artist/ArtistTop.php?artist=A1061423
■mora https://mora.jp/artist/790405/all
■Amazon https://www.amazon.co.jp/the-peggies/e/B00V7BGBNG/digital/ref=ntt_mp3_rdr?_encoding=UTF8&sn=d
■Google Play Music https://play.google.com/store/music/artist?id=Atdgab4h2tmgzuh6fgw7sq7vw4m
※iTunes(海外)https://itunes.apple.com/jp/artist/id1437602348?at=1l3vbso?app=itunes

【ストリーミング URL】

■Spotify https://open.spotify.com/artist/3imCOAQnI4fF5dsncQqLBW?si=6lSy-tWSRqC7lJZSr8zWAw
■LINE MUSIC https://music.line.me/artist/mi000000000d49c21d
■Apple Music https://itunes.apple.com/jp/artist/id1437602348?at=1l3vbso
■AWA https://mf.awa.fm/2Dh8pdQ
■KKBOX https://www.kkbox.com/jp/ja/artist/EWyBp78wr136O-0F0V..G08K-index-1.html
■Google Play Music https://play.google.com/store/music/artist?id=Atdgab4h2tmgzuh6fgw7sq7vw4m
■レコチョクベスト http://recochoku.com/best/thepeggies/
■Amazon Music Unlimited https://www.amazon.co.jp/the-peggies/e/B00V7BGBNG/digital/ref=ntt_mp3_rdr?_encoding=UTF8&sn=d
■dヒッツ(ラジオ型)https://selection.music.dmkt-sp.jp/artist/2000573314/
※Apple Music(海外)https://itunes.apple.com/jp/artist/id1437602348?at=1l3vbso

『the peggies 2018冬全国ツアー〜君のせいで最終バス乗り過ごしたツアー〜』

11月20日(火) 宮城・仙台LIVE HOUSE enn 2nd
11月26日(月) 福岡・DRUM Be-1
11月27日(火) 岡山・IMAGE
11月29日(木) 大阪・バナナホール
11月30日(金) 愛知・名古屋JAMMIN\'
12月02日(日) 東京・TSUTAYA O-EAST
12月07日(金) 北海道・札幌DUCE
<チケット>
オールスタンディング 前売¥3,500(D代別)



【関連リンク】
the peggies、全国ツアーに先駆けてインディーズアルバム3作を配信
the peggiesまとめ
シーナ&ロケッツ、7インチアナログ「レモンティー」のジャケ写公開

【関連アーティスト】
the peggies
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ライブ, ツアー, 音楽配信

シーナ&ロケッツ、7インチアナログ「レモンティー」のジャケ写公開
Wed, 14 Nov 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

シーナ&ロケッツが11月28日に発売する、初期の人気曲「レモンティー」の7インチアナログ・シングルのジャケットデザインを公開した。

アナログ化にあたり世界的名エンジニア、ハリウッツドのバーニー・グランドマンによるカッティングで、ヨーロッパでも評価の高いレコード・インダストリー社(オランダ)にてプレスされる同作は完全生産限定盤となっており、カップリング曲にはYMOとのコラボレートで制作されたロックとテクノの化学反応を試みた先駆的アルバム『真空パック』より「オマエガホシイ」が収録されている。

■シーナ&ロケッツ スペシャルサイト
http://www.110107.com/sheena_and_the_rokkets

7インチアナログ「レモンティー」

2018年11月28日発売



MHKL 15/¥1,800+税
※完全生産限定盤
<収録曲>
■A面
レモンティー
■B面
オマエガホシイ



【関連リンク】
シーナ&ロケッツ、7インチアナログ「レモンティー」のジャケ写公開
シーナ&ロケッツまとめ
鮎川誠まとめ
超特急、2018年を締め括る大阪城ホール公演をWOWOWで生中継

【関連アーティスト】
シーナ&ロケッツ, 鮎川誠
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル

超特急、2018年を締め括る大阪城ホール公演をWOWOWで生中継
Wed, 14 Nov 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月27日(木)に大阪城ホールで開催される超特急のアリーナ公演『BULLET TRAIN ARENA TOUR 2018 「GOLDEN EPOCH」』が、WOWOWにて独占生中継されることが発表された。

2018年春より6人体制での新たなスタートを切ったボーイズグループ超特急。4月に発売した6人体制での初シングル「a kind of lov e」が自身最高のシングルセールスを記録し、5月と6月に開催したアリーナツアーもチケットは即日完売。さらにメンバー個々の活動も多岐に広がっており、ドラマやバラエティなどさまざまなフィールドで超特急の名が急速に知れ渡る一年となった。

そんな彼らが毎年恒例となっている年末ライブで激動の2018年を締め括る。2017年に続いてよりダイナミックに躍動する6人のステージに期待だ。2019年のさらなる“加速”が注目される彼らの一挙手一投足を生中継で味わおう!



【関連リンク】
超特急、2018年を締め括る大阪城ホール公演をWOWOWで生中継
超特急まとめ
あゆみくりかまき、まねきケチャ出演の2マンライブが12月に開催決定

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, テレビ番組, ライブ

あゆみくりかまき、まねきケチャ出演の2マンライブが12月に開催決定
Wed, 14 Nov 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

あゆみくりかまきとまねきケチャが、12月6日(木)にShibuya WWWにてツーマンライブ『DISK GARAGE presents シブヤ冬のパンダまつり』に出演することを発表した。

同イベントは、DISK GARAGEが主催し、開催するもの。あゆみくりかまきは2019年1月より『ボクらの熊魂2019〜お前もまたぎにしてやろうか!!TOUR〜』を予定しており、まねきケチャも12月15日(土)から始まる東名阪ツアーを控えた中でのツーマンライブとなる。

なお、チケットは11月14日(水)18:00よりそれぞれの出演者のオフィシャル先行受付がスタートしているので、各HPをチェックしてほしい。

■『DISK GARAGE presents シブヤ冬のパンダまつり』

12月6日(木) 東京・Shibuya WWW
OPEN 18:30 / START 19:00

<出演>
あゆみくりかまき/まねきケチャ

<チケット>
オールスタンディング ¥3,500(税込) +別途ドリンク代
■オフィシャル先行
11月14日(水)18:00〜11月18日(日)23:59
※各出演者オフィシャルサイトにて受付
■一般発売:11月24日(土)10:00〜

お問い合わせ:DISK GARAGE 050-5533-0888(平日12:00〜19:00)

【あゆみくりかまき ライブ情報】

『ボクらの熊魂2019〜お前もまたぎにしてやろうか!!TOUR〜』
<2019年>
1月26日(土) 大阪・OSAKA MUSE
2月02日(土) 福岡DRUM SON
2月09日(土) 宮城・仙台MACANA
2月11日(月・祝) 愛知・名古屋RAD HALL
2月17日(日) 東京・マイナビBLITZ赤坂
■特設サイト http://ayumikurikamaki.com/feature/tour2019

【まねきケチャ ライブ情報】

『まねきケチャ東名阪ツアー2018』
12月15日(土) 大阪・STUDIO PARTITA
12月23日(土) 東京・ヒューリックホール東京
12月24日(日) 愛知・Zepp Nagoya

『TDCでまねきケチャ2019!』
2019年1月5日(土) 東京・TOKYO DOME CITY HALL



【関連リンク】
あゆみくりかまき、まねきケチャ出演の2マンライブが12月に開催決定
あゆみくりかまきまとめ
まねきケチャまとめ
ユアネス、EP『Shift』をサブスク限定で先行配信&全曲トレイラーも公開

【関連アーティスト】
あゆみくりかまき, まねきケチャ
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, ライブ

ユアネス、EP『Shift』をサブスク限定で先行配信&全曲トレイラーも公開
Wed, 14 Nov 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ユアネスが1st EP『Shift』のCDリリースとなる11月21日に先駆けて、サブスクリプションサービス限定で先行配信をスタートさせた。リード曲「凩」のMVが好評でCDリリースを前に注目が集まっている今作の全収録曲をApple Music、LINE MUSIC、Spotifyなどの各種サブスクリプションサービスでいち早く聴くことができる。

また、メンバーの古閑翔平(Gu)が「凩」のMVに続いてディレクションした全曲トレイラー映像も公開! 収録曲をイメージしたこだわりの映像が作品をより際立たせる内容となっているので、こちらも注目だ。

ユアネスは、2019年1月にワンマンツアー『ユアネス「Shift Tour 2019」- ONE MAN TOUR -』を開催。チケット一般発売は2018年12月1日よりスタートする。

■EP『Shift』スマートリンク(サブスクリプションサービス試聴アドレス)
https://Yourness.lnk.to/Shift

EP 『Shift』

2018年11月21日発売



YRNS-0002/¥1,500+税
<収録曲>
1.変化に気づかない
2.凩
3.少年少女をやめてから
4.T0YUE9(読み:かわんないよ)
5.夜中に
6.日々、月を見る

【ライブ情報】

■『rockin\'on presents JAPAN\'S NEXT 渋谷JACK 2018 WINTER』
12月09日(日) 東京・渋谷エリア ライブハウス

■『大ナナイトvol.120 〜HEAVEN\'S ROCK 熊谷 VJ-1 25th ANNIVERSARY〜』
12月15日(土) 埼玉・HEAVEN\'S ROCK 熊谷 VJ-1
出演:Ivy to Fraudulent Game / MAGIC OF LiFE / ユアネス

■『MERRY ROCK PARADE 2018』
12月22日(土) 愛知・ポートメッセなごや1?3号館

■『COUNTDOWN JAPAN 18/19』
12月31日(月) 千葉・幕張メッセ国際展示場1〜11ホール、イベントホール

■『ユアネス「Shift Tour 2019」- ONE MAN TOUR -』
<2019年>
1月05日(土) 福岡・INSA
1月13日(日) 東京・渋谷 WWW
1月19日(土) 愛知・APOLLO BASE
1月20日(日) 大阪・RUIDO
<チケット>
前売 ¥2,500(税込)※ドリンク代別
一般発売:12月1日(土)10:00



【関連リンク】
ユアネス、EP『Shift』をサブスク限定で先行配信&全曲トレイラーも公開
ユアネスまとめ
LABOUM、アパレルブランド『FUGA』とコラボ&店頭イベントでは購入特典も

【関連アーティスト】
ユアネス
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, トレーラー, EP, 配信

LABOUM、アパレルブランド『FUGA』とコラボ&店頭イベントでは購入特典も
Wed, 14 Nov 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

韓国発の5人組ガールズグループ・LABOUMが、独創的かつこだわりぬいた、型にはまらない自由なスタイリングで今注目のブランド『FUGA』とコラボすることが決定した。

今回のコラボでは、ユニセックスをテーマにした『FUGA』今季の秋冬カタログ『2018 WINTER LOOKBOOK』に、LABOUMメンバーが登場。『FUGA』がセレクトしている韓国のドメスティックブランド『OY』のジャパンコレクションラインの販売も決定し、国内一部でしか販売されないレアアイテムも着用・掲載したスペシャルブックとなっている。普段では見ることのできないLABOUMメンバーの新しい表情と、『FUGA』のスタイルが混ざり合ったトレンド感溢れる一冊をぜひ手に取ってみよう。

また、コラボを記念した店頭イベントの開催が決定。店内商品の購入でLABOUMメンバーとの撮影、サイン会に参加できるスペシャルなイベントなので、あわせてこちらもチェックしてほしい。

■【店頭イベント情報】

11月25日(日) 東京・FUGA渋谷店(MAGNET BY SHIBUYA109)12:00〜
■イベント内容
グループショット撮影会&カタログ生サイン会
■イベント参加条件
11月17日(土)よりFUGA渋谷店において店内商品を1会計につき5000円(税込)以上お買い上げのお客様にイベント参加券を1枚配布致します。
※FUGA渋谷店でお買い上げのお客様にのみ、イベントチケットは配布致します。
■イベントに関するお問い合わせ
株式会社パワー・ボム
TEL: 03-3708-4555

【FUGA 2018 WINTER LOOKBOOK配布店舗】

11月25日(日)各店オープン時間より店頭無料配布致します。
『FUGA』:横浜店/福岡店/札幌店/梅田店
『GOSTAR DE FUGA』:渋谷店/新宿店/池袋店/越谷店/東京ベイ店/名古屋店/阪急メンズ館店/天王寺MIO店
『WEB』:楽天市場店/渋谷109公式通販
※お一人様一冊の配布とさせて頂きます。

シングル「Hwi hwi」

発売中



【初回限定盤A】(CD+DVD)
COZA-1483-4/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
1. Hwi hwi -Japanese Ver.-
2. Sugar Pop
3. Shooting Love -Japanese Ver.-
4. Hwi hwi ?Instrumental-
■DVD
・Hwi hwi -Japanese Ver.- Music Video
・Hwi hwi -Japanese Ver.- Music Video Making
・Recording Making



【初回限定盤B】(CD+DVD)
COZA-1485-6/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
1. Hwi hwi -Japanese Ver.-
2. Sugar Pop
3. killer killer Tune
4. Hwi hwi ?Remix-
■DVD
『LABOUM JAPAN MAJOR DEBUT MEMORIAL MOVIE』
・スペシャルインタビュー
・「Fight!2018 in お台場」LIVE当日に密着
・「Fight!2018 in お台場」LIVE
・「Fight!2018 in お台場」終演後インタビュー



【通常盤A】(CD)
COCA-17532/¥1,204+税
<収録曲>
1. Hwi hwi -Japanese Ver.-
2. Sugar Pop
3. Shooting Love -Japanese Ver.-
4. Hwi hwi ?Instrumental-



【通常盤B】(CD)
COCA-17533/¥1,204+税
<収録曲>
1. Hwi hwi -Japanese Ver.-
2. Sugar Pop
3. killer killer Tune
4. Hwi hwi ?Remix-

【ライブ情報】

11月22日(木) 大阪・umeda TRAD
1部 14:00/15:00 2部 18:00/19:00
11月24日(土) 神奈川・横浜BAYHALL
1部 14:00/15:00 2部 18:00/19:00



【関連リンク】
LABOUM、アパレルブランド『FUGA』とコラボ&店頭イベントでは購入特典も
LABOUMまとめ
キュウソネコカミ、弥生時代を舞台にした「推しのいる生活」MV公開

【関連アーティスト】
LABOUM
【ジャンル】
K-POP, ニュース, コラボレーション, 韓流

キュウソネコカミ、弥生時代を舞台にした「推しのいる生活」MV公開
Wed, 14 Nov 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

キュウソネコカミが12月5日にリリースするニューアルバム『ギリ平成』の収録曲「推しのいる生活」のMVを公開した。

このMVの舞台はなんと弥生時代! 人々の心の拠り所であった卑弥呼(ひみこ)を、弥生人に扮したキュウソメンバーが一生懸命“推す”というストーリーだ。キュウソならではの面白さが随所に散りばめられ、“ギリ平成”どころか“モロ弥生”に仕上がったファン必見の作品となっている。

さらに『ギリ平成』の収録楽曲である「推しのいる生活」と「米米米米」がiTunes Store、レコチョク等主要配信ストア及びApple Music、LINE MUSIC、Spotify、AWAなど主要定額制音楽ストリーミングサービスにて先行配信がスタート! iTunes Storeではアルバムの予約もスタートしたので、こちらも併せてチェックしてほしい。

アルバム『ギリ平成』

2018年12月5日発売



【完全限定生産盤】(CD+DVD)
VIZL-1473/¥3,800+税
<収録楽曲>
■CD
1. 推しのいる生活
2. The band
3. ただしイケメンに限らない
4. 馬乗りマウンティング
5. 遊泳
6. 真面目に
7. KENKO不KENKO
8. ピクピク
9. 炊き上がれ召し上がれ
10. 米米米米
11. 越えていけ
12. ギリ昭和
■DVD ※完全限定生産盤のみ
・DMCC REAL ONEMAN TOUR 2018(-Despair Makes Cowards Courageous) ? 越えていけ 編 ?ドキュメント
・DMCC REAL ONEMAN TOUR 2018(-Despair Makes Cowards Courageous) ? The band 編 ?ドキュメント
・DMCC REAL ONEMAN TOUR 2018(-Despair Makes Cowards Courageous) ? The band 編 ? ツアーファイナル・ライブ(at 新代田FEVER 2018.8.28)
※副音声:メンバー全員による解説(雑談)を収録
《収録曲》
キュウソネコカミ
5RATS  
邪邪邪 VS ジャスティス
メンヘラちゃん
MUKI不MUKI
- MC -
推しのいる生活
ウィーアーインディーズバンド!!
良いDJ
御法度
- MC -
困った
ネコ踊る
TOSHI-LOWさん
オリジナリティ
- MC -
MEGA SHAKE IT!
KMDT25
DQNなりたい、40代で死にたい
ブルース
The band
en, お願いシェンロン



【通常盤】(CD)
VICL-65077/¥2,600+税

◎iTunes Storeでは、アルバム『ギリ平成』の予約がスタート
https://itunes.apple.com/jp/album/id1440468667?app=itunes&ls=1
※予約すると新曲「推しのいる生活」「米米米米」と既に発売されているシングル「越えていけ」「The band」を先行ダウンロードしてお楽しみいただけます。
※先行ダウンロード開始は11月14日(水)未明を予定しております。
<先行配信楽曲>
■「推しのいる生活」 https://jvcmusic.lnk.to/kyuso_oshi
■「米米米米」 https://jvcmusic.lnk.to/kyuso_bemy

LINE LIVE『キュウソネコカミ アルバム「ギリ平成」事前告知LINE LIVEスペシャル』

放送日時:11月15日(木)21時〜
放送URL: https://live.line.me/channels/520/upcoming/9955528
◎事前募集メール:「平成に起こった個人的大事件」
11月14日(水)23:59までに以下メールアドレスにお送りください。
送り先:kyusostaff@gmail.com
※タイトルに必ず「平成に起こった個人的大事件」とご記載ください。
※年齢 / 性別 / 職業 / LINE LIVEで紹介する際のペンネーム をご記載ください

【ライブ情報】

『DMCC REAL ONEMAN TOUR 2018 EXTRA -PAINT IT WHITE!!!-』
※ドレスコード:白Tシャツ&白帽子
(ドレスコードである白帽子は、当日お土産としてお渡しするものを使用することも可能)
11月21日(水) 東京 新木場STUDIO COAST
11月27日(火) 愛知 名古屋DIAMOND HALL
12月03日(月) 大阪 なんばHatch

『DMCC REAL ONEMAN TOUR 2019 -Despair Makes Cowards Courageous- 〜ギリ平成〜』
1月22日(火)  千葉 LOOK
1月23日(水)  東京 Zepp DiverCity
1月26日(土)  香川 高松Olive Hall
1月27日(日)  愛媛 松山WstudioRED
1月31日(木)  神奈川 F.A.D横浜
2月01日(金)  埼玉 北浦和KYARA
2月03日(日)  山梨 CONVICTION
2月06日(水)  広島 CLUB QUATTRO
2月08日(金)  福岡 DRUM LOGOS
2月09日(土)  長崎 Drum Be-7
2月11日(月・祝)  宮崎 SR HALL
2月14日(木)  兵庫 神戸 太陽と虎
2月15日(金)  大阪 Zepp Osaka Bayside
2月17日(日)  京都 磔磔
2月18日(月)  和歌山 GATE
2月20日(水)  島根 出雲APOLLO
2月21日(木)  岡山 YEBISU YA PRO
2月26日(火)  静岡 清水SOUND SHOWER ark
2月28日(木)  愛知 Zepp Nagoya
3月01日(金)  三重 ROOTS
3月06日(水)  北海道 札幌PENNY LANE 54
3月07日(木)  北海道 旭川CASINO DRIVE
3月09日(土)  北海道 釧路NAVANA STUDIO
3月11日(月)  北海道 苫小牧ELL CUBE
3月19日(火)  宮城 仙台RENSA
3月21日(木・祝)  秋田 club SWINDLE
3月22日(金)  青森 Quartor
3月24日(日)  宮城 石巻BLUE RESISTANCE
3月25日(月)  茨城 水戸LIGHTHOUSE
4月01日(月)  長野 CLUB JUNK BOX
4月03日(水)  富山 MAIRO
4月04日(木)  福井 CHOP
4月13日(土)  沖縄 桜坂セントラル



【関連リンク】
キュウソネコカミ、弥生時代を舞台にした「推しのいる生活」MV公開
キュウソネコカミまとめ
SUSHIBOYS、最新EP『350』を掲げた初のワンマンツアーには“楽しい仕掛け”も!

【関連アーティスト】
キュウソネコカミ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, リリース

SUSHIBOYS、最新EP『350』を掲げた初のワンマンツアーには“楽しい仕掛け”も!
Wed, 14 Nov 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

独自な視点とユーモアに富んだリリックと、ドープなビートからキャッチーなトラックまでを乗りこなす本格的なラップスキルが生み出す世界観で、メキメキと頭角を現しているSUSHIBOYS。彼らにとって飛躍の年となった2018年は、1月発売のシングル「なんでもできる」を発端に、6月にはアルバム『WASABI』をひっさげたリリースツアーを敢行し、渋谷公演はソールドアウトとなる盛況ぶりを見せた。そして半年ぶりに最新EP『350』をリリース。ここでは新作に加えて、2018年を締める初のワンマンツアーへの思い入れについて、ファームハウス、サンテナの2人に聞いた。

お金をかけずに遊べるものが必要で
それがヒップホップだった

――前作のアルバム『WASABI』が話題になりましたが、新作EP『350』はどんな作品にしようと思っていましたか?

ファームハウス:自分としてはそんなに話題になった気もしていなかったので、前作の『WASABI』以上に、自分たちらしさを出したいと思っていました。僕らはUSヒップホップのトレンドを取り入れてオリジナルなサウンドを作るタイプなわけでもないし、自分たちにとって挑戦していることといったら、トピックやリリックの内容、あとはフロウですよね。

――でも、そこが評価されているわけですよね。「ママチャリ」みたいに、ビートはトラップだけど、歌詞の内容が自転車だったりっていう“ギャップ”の部分というか。

ファームハウス:そうですね。そういう部分は相変わらず取り入れています。

――今言っていましたトピックとかリリックの内容は、どんな風に考え出しているんですか?

サンテナ:普段の生活で見ているものがテーマになることが多いですね。ヒップホップって人によっては曖昧で抽象的なことをテーマにしますが、そうすると僕としては“何を言っているか分かりにくい”って思うことも多くて。だから僕らは、今までずっと世話になった“チャリンコ”のことを、感謝を込めて取り上げてみたりします。今まで自分たちがよく見てきたものってちゃんと分かっているから、そういうものを曲にして楽しんでいる感覚ですね。

ファームハウス:僕はそういうなかにメッセージを入れているつもりで、「ママチャリ」でも、自分のヴァースでは自転車について歌っているわけじゃなくて、今はまだレコーディングの機材も全然そろっていないけど、ヤバいラップするぜっていう内容だったりもします。だからヒップホップっぽいことを言いつつも、“ママチャリ”っていうフィルターを通すことでよりポップになって、いろんな人に聴いてもらえるかなと思ってはいますね。

――郊外に住む人ならではの、物事を切り取る視点の面白さもあると思いますが、住んでいる環境がもたらしているものが大きいと思いますか?

ファームハウス:それはありますね。もし都内に住んでいたら、音楽をやっていなかったと思います。僕らが住んでいる郊外って山と川しかないし、ホントにやることがないんですよ。それにお金もなかったから、お金をかけずに遊べるものが必要で、それがヒップホップだったんですよね。録音する機材とかも持っていなかったので、古いデジタルカメラ1台でPVも音声も全部録ってました。

――住んでいる場所って、どれくらい郊外なんですか?

ファームハウス:そうは言っても埼玉県なので、特に生活に不自由するほどではないです。でも、駅前にコンビニもないし、電車に乗るときは切符を買うとハンコを押してくれます。

――新作のPV「Shopping Cart Racer」に映っている街が、住んでいる場所だったり?

ファームハウス:そうですね。あの映像には住んでいる街やその周辺で自分たちが遊んでいた場所が出てきます。これまでは自分たちの曲に合わせてラップしているビデオが多かったので、あのPVではもっとシュールな視点というか……映像作品に寄せたかったんですよね。それもあって固定のカメラを全体の7割くらい使いました。

――確かに固定カメラの映像って観ちゃいますよね。PVのなかにカートに乗った3人が車に引っ張られていくシーンがありましたけど、あれは定点だったのに加えて、間があって面白かったです。

ファームハウス:固定カメラってなんか観ちゃったり、何度も観たくなるんです。サンテナも映像にはこだわりがあって、カメラの画角とかけっこううるさく言ってきますね。

サンテナ:いろんなビデオを見たりして、とりあえず自分が気になった構図とかは試してみたりしますね。まあ、でもそれで満足して終わるというか、使うかどうかはあとで決めます。

「Shopping Cart Racer」MV
https://youtu.be/wzf6lO-LDUY

――「Shopping Cart Racer」はどんな風にしてできた曲ですか?

サンテナ:もともとは僕らが学生時代に、今で言うYouTuberよりも前から面白い動画をYouTubeに投稿していたんです。そのなかでスーパーのショッピングカートを拝借して、公園でレースをやったことがあって……それを思い出して、曲にしてみようってところからはじまったんですよね。

ファームハウス:ホント意味分かんないですよね(笑)。この曲のPV撮っているときは、自分でも何やってるんだろうって思った瞬間が何度もありました。

――この曲のリリックはどんな感じに書いていったんですか?

ファームハウス:メンバーそれぞれで違うんですけど、サンテナ君は主婦の目線っていうところが面白かったですね。

サンテナ:カートを日々の生活のなかで一番押しているのは、主婦の方たちだなって思って。で、曲のテーマは“レース”だったから、スーパーに来る主婦の心理を自分なりに解釈して書きました。今は共働きの家庭も増えているので、ちょっと前の時代の感覚かもしれないけど、昔は主婦ってガチっていうか、1円でも安いスーパーがあったらそっちに行く風潮があったじゃないですか。その感覚がレーサーっぽいなって感じたので、そこからイメージを膨らませました。

ファームハウス:僕はわりとノリで書きましたね。入店してからレジに行くまでの流れを人生に例えたと言うか。僕は天国に思い出だけは持っていけると思っているので、自分が好きなものを取っていくっていうことを書きました。

素の自分でステージに立つようになってからは
ライブ自体をもっと楽しめるようになった

――「味の素」はSUSHIBOYSのユーモアがウマく出た曲でしたが、どんな経緯でできたのですか?

ファームハウス:今年(2018年)の3月くらいに、みんなでカンボジアに遊びに行ったんです。街を歩いていたときに現地の客引きが、僕らが日本人と分かると“味の素、味の素”って言いはじめて……たぶん振り向いてほしくて、とりあえず知っている日本語を発していたと思うんですが、それまで味の素がそんなに世界的に知られているって思ってもいなかったんですよね。こうなってくると、僕らとしては曲にするしかないなって感じで。で、味の素をテーマにして、今の日本人の文化はこうなっているぞっていうのを世界に向けて発信したのがこの曲ですね。味の素しか知らない人に「味の素」で返してやったというか。

――やっぱりそういうテーマを選ぶセンスが面白いですよね。

ファームハウス:どうなんだろう……それは僕らでも正直あまり分かっていないというか。普段からそういう視点で物事を見ているんですよ。物事には1つひとつストーリーがあって、それを自分の体験に重ねてみたりして、リリックを書いています。

――前作『WASABI』のリリースツアーをやってみて、印象に残っていることはありますか?

ファームハウス:すごくお客さんがついてきてくれた印象があって、それって1年前には考えられなかったことでした。前に「Peach jonn」って曲でパンツ被ってライブをやったりしてたんですけど、全然人も少ないし、盛り上がらなかったりもして。でも『WASABI』を出したあとのツアーは、地方でもみんな盛り上がってくれたから、正直驚きました。

――前回のツアーで印象に残っている場所はありますか?

ファームハウス:どの場所も盛り上がってくれたので、一番どこがいいとかは決められないですね。

サンテナ:名古屋ですね。飯が美味かったんですよ。はじめて“なか卵”に行って……

ファームハウス:なか卵かよ。
(一同笑)

サンテナ:昔、大阪はお客さんが全然入らなかったけど、前回のツアーはしっかり入ってくれたし、盛り上がったので嬉しかったですね。

――これまで、ライブのスタイルの変遷みたいなものってあったりしますか?

ファームハウス:そんなに変わっていないんですが、最近、個人的に変わった部分があって。それまでは自分が思い描くアーティスト像にこだわっていた時期があって、ライブをやっていても最後まで自分自身が楽しめなかったんです。で、それが必要ないと気づいてからは素の自分でステージに立つようになって、ライブ自体をもっと楽しめるようになった。それがお客さんにも伝わっているって感じるんですよね。ある意味では、よりユルくなった感じもあるというか。

――新作『350』のツアーをもって、メンバーのエビデンスさんが脱退ということですが。

ファームハウス:エビデンスの脱退に関して、僕らがそんなに語ることはないんですけど……全員が楽しく音楽を続けていくためには正しい判断だったというか。脱退したからといってSUSHIBOYSがなくなるわけじゃないし、何年後かにエビデンスが戻ってきて、もっとヤバいグループになるっていうシナリオも、僕のなかにはあります。

――ツアーは12月からはじまりますが、意気込みについて教えてください。

ファームハウス:もっと盛り上げたいですし、ライブに来てくれる人をがっかりさせたくないって気持ちがあります。来てくれたひとりひとりが楽しんで、明日からもSUSHIBOYSを聴きながら、がんばろうっていうくらいのテンションで帰ってもらいたいというか。そのために僕らも楽しい仕掛けを考えています。ある意味ショウもPVと同じというか。前回のツアーならアヒルのボートを客席に投げ込んだり、ああいう変わったハプニングもあったらいいなって思ってます。あと、前回のツアーもMCのシナリオみたいなものを仕込んでいたんですけど、それは今回もやろうかなって思っていますね。

――ツアー初日は渋谷WWW Xですね。

サンテナ:ツアーのなかで一番大きい会場だし、やっぱりツアーの初日でもあるので、来てくれた人に行ってよかったなって思ってもらえて、“渋谷のライブ、マジでヤバかった”って噂が広まるようなものにしたいです。

――SUSHIBOYSのライブをより楽しむために、知っておいたほうがいいことってありますか?

サンテナ:1曲でも僕らの曲を知っていたら楽しめると思います。あと、PVを観てもらって、一緒に歌えるフックを覚えてきてもらったりすると、もっと楽しめるかなと。そうは言っても、1人ひとりライブの楽しみ方は違うと思うので、好きに楽しんでくれたら、僕らも嬉しいですね。

取材:伊藤大輔

『SUSHIBOYS ワンマンツアー2018』
12月02日(日) 東京・Shibuya WWW X
12月07日(金) 愛知・CLUB ROCK\'N\'ROLL
12月09日(日) 北海道・SPIRITUAL LOUNGE
12月12日(水) 大阪・心斎橋Pangea
12月14日(金) 福岡・graf
12月22日(土) 埼玉・川越G-style
<チケット>
前売¥2,800(税込)※ドリンク代別途

■特設ページ:http://sushiboys.jp/archives/349

ミニアルバム『350』

2018年11月21日発売



TRGR-1010/¥1,500+税
<収録曲>
01.Shopping Cart Racer
02.味の素
03.Drivin\'
04.8月32日
05.遊戯王
06.USB
07.とりま-Bonus Track-



【関連リンク】
SUSHIBOYS、最新EP『350』を掲げた初のワンマンツアーには“楽しい仕掛け”も!
SUSHIBOYSまとめ

【関連アーティスト】
SUSHIBOYS
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ラップ, ツアー, ワンマン, チケット













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1