歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年11月13日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/11/22
2018/11/21
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
苦手を克服する姿を描いたM!LKや変わりたいと歌う阿部真央など成長する瞬間の爆発が凄まじいMV特集
Tue, 13 Nov 2018 18:00:00 +0900


今回は、気分が落ち込んだ人にぜひ観ていただきたい爆発にスポットを当てたMVを5つ集めました。全てを吹き飛ばしてくれるような爆発シーンは、鬱屈した気分を一掃してくれる力強さを感じさせてくれます。この特集ではMVの爆発度を1〜5段階で評価。読み進むにつれて規模が大きくなっていくので、全部観終わった頃には溜まった鬱憤やストレスが解消されていること間違いなしです!

■「テルネロファイター」(’17) /M!LK

爆発度:★★☆☆☆

8月に山中柔太朗、曽野舜太、琉弥が加わり、新体制でスタートを切ったばかりのM!LK。「テルネロファイター」は山?悠稀が在籍していた時の5人体制でリリースされた楽曲で、“立派な牛になる”という野望が特徴的なポップナンバー。MVは初の野外オールロケ、ドローンを使った空撮など、迫力のあるダイナミックな映像となっており、火柱が上がる中、ダンスを踊るメンバーの姿がクールでカッコ良い。牛乳ビンを投げ捨てて爆発を起こすラストシーンでは、爆発をものともせず堂々と前を向いて歩く姿に、苦手に立ち向かい克服したメンバーの成長が感じられるので評価は星2つ。

■「抱きしめたい」(’18)/ONIGAWARA

爆発度:★★★☆☆

斉藤伸也(Vo&GAYA&Programming)の“爆発したい”という強い希望のもと企画されたこのMVでは、何度も何度も繰り返される爆発シーンが観どころ。爆発までのセッティングは斉藤と竹内サティフォ(Vo&Gu&Programming)自らが行なっており、導火線を持った竹内が転倒し、うっかり爆発してしまうシーンは思わずツッコミを入れたくなるが、徐々に爆発は大きくなっていき、ラストサビでは画面いっぱいに爆煙が巻き起こるほどの大爆発に! 観ていて爽快感を感じさせる映像に仕上がっているので、こちらは星3つです。

■「日常」(’18)/乃木坂46

爆発度:★★★☆☆

乃木坂46のシングル選抜メンバーとは別に活動している、アンダーメンバーによる楽曲「日常」のMVをご紹介。とある遊牧民たちの“日常”を描いた作品で、広い原っぱに少ない食料で生活するメンバーたちの姿が観ていて切ない。ある果物を食べてしまったために目を覚まさなくなってしまった岩本蓮加を、爆発でもって起こそうとするシーンがあるのだが、メンバーが耳栓をして撮影に臨んだというエピソードもうなずけるほどの爆発の凄まじさで星は3つ。だが、それを受けて何事もなかったかのように起き上がる岩本の姿がなんともおかしさを感じさせる…。公開されているMVはショートバージョンだが、シングル「帰り道は遠回りしたくなる」初回仕様限定盤タイプBに付属するDISC 2にはフルバージョンが収録されているので、ぜひこちらもチェックしてほしい。

■「変わりたい唄」(’18)/阿部真央

爆発度:★★★★☆

デビュー10周年を目前に控えた阿部真央がリリースした「変わりたい唄」は、 “自分を生きたい”という強烈なメッセージが込められた作品。MVでは“変わりたい”と願う阿部が大分のローカルヒーロー・パワーシティオオイタと出会ったことをきっかけに前を向いていく様子が描かれており、阿部の心情を映しているような細かい爆発、変わっていくための新しい一歩を踏み出そうとするようなアクション映画ばりの爆発が印象的。疾走感のあるキャッチーなメロディーと爆発の爽快感が相まってポジティブな気持ちにさせてくれるので星4つ!

■「Heaven」(’10)/UNKLE

DJ ShadowやDJ Krushを世界に輩出し、90年代クラブミュージックに大きく影響を与えたレーベル『Mo\'Wax』の創始者であるジェームス・ラヴェルのプロジェクト、UNKLE。ビョークやビースティ・ボーイズの作品を手掛けたことがあるスパイク・ジョーンズが監督を務めたMVは、爆発の規模、回数ともに文句なしの星5つ!! スケーターたちが華麗なテクニックを披露している中、次々と爆発が発生し、そこから逃れようとする必死な姿や転倒している姿は、思わず心配になってしまうほど生々しい。そのあまりにも刺激的な内容から、iTunesエレクトロニック・ビデオ・チャートの1位にも輝いたこともあるこのMVを、ぜひ一度ご堪能あれ!

TEXT:鈴木 瞬



【関連リンク】
苦手を克服する姿を描いたM!LKや変わりたいと歌う阿部真央など成長する瞬間の爆発が凄まじいMV特集
M!LKまとめ
ONIGAWARAまとめ
乃木坂46まとめ
阿部真央まとめ

【関連アーティスト】
M!LK, ONIGAWARA, 乃木坂46, 阿部真央, UNKLE
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, 洋楽, ニュース, 連載コラム, 気になるワードでディグる! 〇〇なMV, ミュージックビデオ, MV

RADWIMPS、ニューアルバムでワンオクTakaらとコラボ&収録曲「そっけない」MV公開
Tue, 13 Nov 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

RADWIMPSが12月12日にリリースするニューアルバム『ANTI ANTI GENERATION』(読み:アンティ アンタイ ジェネレーション)の詳細が発表となった。

今作は、これまでにシングルとしてリリースした「サイハテアイニ」(2017アクエリアスTVCMソング)、「Mountain Top」(映画『空海―KU-KAI―美しき王妃の謎』主題歌)、「カタルシスト」(2018フジテレビ系サッカー テーマ曲)に加え、2018年10月にNHK『18祭』でパフォーマンスされ話題となっていた「万歳千唱」「正解(18FES ver.)」などを収録する。

さらに、新たに書き下ろされた楽曲のうち3曲には、ONE OK ROCKのフロントマン・Taka、シンガーソングライター・あいみょん、NY在住のラッパー・MiyachiとSOIL&"PIMP"SESSIONSのTabu Zombieという豪華アーティストがゲスト参加しており、RADWIMPS史上初の最強のコラボレーションが実現!

通常盤、初回限定盤の2形態でリリースされ、初回限定盤DVDにはメンバーインタビューを軸に過去の膨大な映像を再構築したドキュメント映像を収録。バンドの今を凝縮した見逃せない内容になっている。また、同時に公開された最新のアーティストビジュアルとアイコニックな缶のモチーフが目を引くジャケットビジュアルは、前作『人間開花』に引き続きアートディレクターの永戸鉄也が手掛けているので、こちらも注目だ。

さらに本発表に合わせて、新曲「そっけない」のMVも公開となった。MVには、モデル・女優の小松菜奈と、若手俳優の神尾楓珠(かみお ふうじゅ)が出演し、とある日の明け方の微妙で曖昧な男女の機微を見事に演じた作品となっている。MV公開に際し、両者からのコメントも到着しているので併せてチェックしてほしい。

■【コメント】

■小松菜奈
「2011年に「君と羊と青」のミュージックビデオに出演させていただいたときはまだ私が10代の時でした。今回もまた出演させていただけて、すごく嬉しかったです。「そっけない」は静かな楽曲の中に、男の子のもどかしい感情が詰まっていて、何回でも繰り返して聴きたい素敵な楽曲です。野田さんの声は本当に魅力的な声だなと思います。このミュージックビデオは登場人物がほとんど目を閉じている設定のストーリーですが、監督から“身体が目になっていると思って”と言われたので、その空気感の中の男女の物語をすごく大切に演じたいと思いました」

■神尾楓珠
「もともとRADWIMPSさんのファンだったので、お話を頂いて素直にとても嬉しかったです。「そっけない」の歌詞は、男子全員が共感すると思います。メロディーラインも綺麗だし、ずっと聴いていたい曲だなと思いました。慣れないミュージックビデオの撮影で最初は戸惑ったけど、徐々に小松さんとの波長も合って、楽しく撮影することが出来ました」

アルバム『ANTI ANTI GENERATION』

2018年12月12日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-29313/?3,800(税抜)
【通常盤】(CDのみ)
UPCH-20503/¥3,000(税抜) 
<収録曲>
■CD
01. Anti Anti overture
02. tazuna
03. NEVER EVER ENDER
04. IKIJIBIKI feat.Taka
05. カタルシスト
06. 洗脳(Anti Anti Mix)
07. そっけない
08. <宿題発表-skit->
09. PAPARAZZI〜*この物語はフィクションです〜
10. HOCUSPOCUS
11. 万歳千唱
12. I I U
13. 泣き出しそうだよ feat.あいみょん
14. TIE TONGUE feat.Miyachi, Tabu Zombie
15. Mountain Top
16. サイハテアイニ
17. 正解(18FES ver.)
■DVD(初回限定盤)
「君の名は。」「人間開花」以降から今作にたどり着くまでのRADWIMPSを、 メンバーインタビューを軸に過去の膨大な映像を再構築したドキュメント映像を収録。

Blu-ray&DVD『タイトル未定』

2018年12月12日発売



【Blu-ray】
UPXH-20076/¥6,300(税抜)
【DVD】
UPBH-20233/¥5,800(税抜)
<収録曲>
01. AADAAKOODAA
02. One man live
03. ます。
04. ふたりごと
05. 遠恋
06. 俺色スカイ
07. やどかり
08. 揶揄
09. 秋祭り
10. スパークル
11. おしゃかしゃま
12. カタルシスト
13. 洗脳
14. 週刊少年ジャンプ
15. HINOMARU
16. トレモロ
17. いいんですか?
18. 君と羊と青
19. 棒人間
20. DADA



【関連リンク】
RADWIMPS、ニューアルバムでワンオクTakaらとコラボ&収録曲「そっけない」MV公開
RADWIMPSまとめ
ONE OK ROCKまとめ
あいみょんまとめ
SOIL&"PIMP"SESSIONSまとめ

【関連アーティスト】
RADWIMPS, ONE OK ROCK, あいみょん, SOIL&"PIMP"SESSIONS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, コラボ, ミュージックビデオ, MV, CD, アルバム, 発表

ORANGE RANGE、主催イベント『テレビズナイト019』開催決定&チケ最速先行スタート
Tue, 13 Nov 2018 16:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ORANGE RANGEがデビュー前の学生時代から開催してきた主催イベント『テレビズナイト』が、約2年ぶりとなる2019年4月13日に開催されることが決定した。

『テレビズナイト』は音楽のみならず様々なストリートカルチャーを織り交ぜたイベントで、2014年からホームタウンでもある沖縄市に場所を移し、2017年は同市内の闘牛場にて野外イベントとして開催。2018年の充電期間を経て、2019年4月13日にコザ・ミュージックタウン音市場&音楽広場にて行われる。

さらに開催発表に合わせて、RANGE AID+会員限定でお得な早割チケットと学割チケットの最速先行予約がスタートしているのでチェックしておこう。

■『ORANGE RANGE presents “テレビズナイト019”』

2019年4月13日(土) 沖縄・ミュージックタウン音市場&音楽広場
3F有料エリア 開場16:30/開演17:15(予定)
※1F無料エリアの時間は後日発表
出演:ORANGE RANGE and more…

<チケット>
通常チケット:5,500円
お得な早割チケット:4,800円
もっとお得な早割ペアチケット:8,500円
学割チケット:3,800円
沖縄県民限定学割チケット:3,300円
※共に税込/ドリンク代別途必要
※小学生以上チケット必要
※学割チケットの券種は、小学生・中学生・高校生・専門学校生・短大生・大学生・大学院生が対象(入場時に学生証の提示必須)
問い合わせ:PMエージェンシー 098-898-1331(平日10:00〜18:00)

◎RANGE AID+会員限定最速先行予約詳細
受付期間:2018年11月13日(火) 12:00〜2018年11月25日(日) 23:59
https://pia.jp/v/orangerange19fc/
※お申込には、RANGE AID+ ID(“RA"を除く半角数字7桁)とパスワード(半角数字8桁)が必要になります。
※お一人様1回につき1券種のみお申込いただけます。



【関連リンク】
ORANGE RANGE、主催イベント『テレビズナイト019』開催決定&チケ最速先行スタート
ORANGE RANGEまとめ
ASIAN KUNG-FU GENERATION、様々なアングルで魅せる「ホームタウン」MV公開

【関連アーティスト】
ORANGE RANGE
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, バンド, ライブ

ASIAN KUNG-FU GENERATION、様々なアングルで魅せる「ホームタウン」MV公開
Tue, 13 Nov 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ASIAN KUNG-FU GENERATIONが12月5日にリリースするアルバム『ホームタウン』より、タイトルトラックである「ホームタウン」のMVが公開された。

同曲は、明るいギターにポップなメロディーが印象的なパワーポップナンバー。MVは「Easter / 復活祭」「Opera Glasses / オペラグラス」「ブラッドサーキュレーター」などのMVを手がけた大喜多正毅が監督を務めており、未来への希望を歌う歌詞が際立つような、上下左右のない様々なアングルの白い世界で魅せる作品になっている。

また、メンバーが組体操の技“サボテン”を行なってポーズを決める姿や、見えないバイクを運転しているようなシュールでパンチの効いた画にも注目だ。

アルバム『ホームタウン』

2018年12月5日発売



【初回生産限定盤】(2CD + DVD)
KSCL-3121〜3123/¥4,600+税
※プレイパス対応
<収録曲>
■CD1
01. クロックワーク
02. ホームタウン
03. レインボーフラッグ
04. サーカス
05. 荒野を歩け
06. UCLA
07. モータープール
08. ダンシングガール
09. さようならソルジャー
10. ボーイズ&ガールズ
■CD2
『Can\'t Sleep EP』(初回限定)
01. スリープ
02. 廃墟の記憶
03. イエロー
04. はじまりの季節
05. 生者のマーチ
■初回生産限定盤付属DVD
2017年に行なわれたアメリカツアーより南米編のライブや海外ファンの私生活を追いかけたライブドキュメンタリーを収録
ASIAN KUNG-FU GENERATION America Tour Documentary Pt.2 (Latin America)



【通常盤】(CD)
KSCL-3124/¥2,913+税
※初回仕様:プレイパス対応
<収録曲>
01. クロックワーク
02. ホームタウン
03. レインボーフラッグ
04. サーカス
05. 荒野を歩け
06. UCLA
07. モータープール
08. ダンシングガール
09. さようならソルジャー
10. ボーイズ&ガールズ



【関連リンク】
ASIAN KUNG-FU GENERATION、様々なアングルで魅せる「ホームタウン」MV公開
ASIAN KUNG-FU GENERATIONまとめ
ケツメイシ、ニューアルバム『ケツノポリス11』収録曲「なみだ川」MV公開

【関連アーティスト】
ASIAN KUNG-FU GENERATION
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, CD, アルバム, 発表

ケツメイシ、ニューアルバム『ケツノポリス11』収録曲「なみだ川」MV公開
Tue, 13 Nov 2018 17:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ケツメイシのニューアルバム『ケツノポリス11』に収録されている新曲「なみだ川」のミュージックビデオが解禁された。

「なみだ川」は和テイストのトラックにのせ、涙の循環をテーマに《人間も自然の一部だ》と歌う、ケツメイシらしい美メロが光る秀曲だ。MVは『TEDxSapporo』にスピーカーとして出演するなどマルチな活動を行なっている、改田哲也氏(風の企画事務所)が企画/監修を担当している。

『ケツノポリス11』は、10月24日の発売タイミングにはオリコン週間アルバムランキングで初登場1位を獲得したほか、ビルボードジャパン総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”1位、iTunes 週間アルバム・ランキング1位、レコチョクウィークリーアルバムランキング1位など各ランキングを席捲。メットライフドームライブを記念した、西武線とのコラボレーションによる異色の電車広告のクリエイティブが話題になったことも記憶に新しい。

なお、ケツメイシは2019年3月より全国ツアー『KTM TOUR 2019 荒野をさすらう4人のガンマン』をスタートさせる。『ケツノポリス11』を引っ提げた、全国11会場20公演のツアーとなる予定なので、こちらも注目だ。

アルバム『ケツノポリス11』

発売中



【CD+DVD】
AVCD-96008/¥3,800+税
【CD】
AVCD-96007/B/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1. 人生劇場
2. 夏のプリンス (プリンスホテル 2018 Do! 夏プリ CMソング)
3. はじまりの予感 (DHC [F1] ミネラルベースメークシリーズ CMタイアップ曲)
4. つながって (「KITTE名古屋」グランドオープン記念プロジェクトタイアップ曲)
5. 風は吹いている (TVアニメ「深夜!天才バカボン」エンディングテーマ)
6. 僕らの暮らしっく (中日新聞・北陸中日新聞・東京新聞CMソング)
7. 飲みニケーション
8. シェイク No.1
9. 夢中 (テレビ朝日系列バドミントン中継イメージソング)
10. 覚悟はいいか
11. 大東京
12. ライフ (たまひよCMソング)
13. なみだ川
14. 旅に出よう (ドッグフード「モグワン」 CMソング)
15. カンパイの唄 (オリオンドラフト オリジナルCMソング)
■DVD
「僕らの暮らしっく」MV
「はじまりの予感」MV
「カンパイの唄」MV
ケツメイシ × オリオンドラフト特別映像&スペシャルインタビュー

<配信・サブスクリプションはこちら>
https://avex.lnk.to/_ketsumeishi_ketsunopolis11

<ご予約はこちら>
・セブンネット(限定特典付き)
https://7net.omni7.jp/general/004101/180903ketsume
・amazon(特典付き)
https://www.amazon.co.jp/dp/B07H181DH2
・楽天ブックス
http://books.rakuten.co.jp/rb/15610909/
・TOWER RECORDS ONLINE
https://tower.jp/item/4795740
・HMV ONLINE
http://www.hmv.co.jp/product/detail/9139942
・TSUTAYA オンラインショッピング
http://shop.tsutaya.co.jp/cd/product/4988064960071/

【ライブ情報】

『KTM TOUR 2019 荒野をさすらう4人のガンマン』
<2019年>
3月30日(土) 静岡エコパアリーナ
3月31日(日) 静岡エコパアリーナ
4月06日(土) 北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
4月13日(土) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)
4月14日(日) 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)
4月20日(土) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
4月21日(日) 兵庫・神戸ワールド記念ホール
4月27日(土) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
4月28日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
5月03日(金・祝) 福岡・マリンメッセ福岡
5月04日(土) 福岡・マリンメッセ福岡
5月11日(土) 愛媛県武道館
5月12日(日) 愛媛県武道館
5月25日(土) 大阪城ホール
5月26日(日) 大阪城ホール
6月01日(土) 神奈川・横浜アリーナ
6月02日(日) 神奈川・横浜アリーナ
6月08日(土) 広島グリーンアリーナ
6月09日(日) 広島グリーンアリーナ
6月22(土) 福井・サンドーム福井

<チケット>
¥8,640(税込)
※4歳以上チケット必要、3歳以下入場不可
■KTM TOUR 2019特設サイト http://tour2019.ketsume.com/



【関連リンク】
ケツメイシ、ニューアルバム『ケツノポリス11』収録曲「なみだ川」MV公開
ケツメイシまとめ
BLUE ENCOUNT、シングル「FREEDOM」初回盤DVDのトレーラー映像を公開

【関連アーティスト】
ケツメイシ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV

BLUE ENCOUNT、シングル「FREEDOM」初回盤DVDのトレーラー映像を公開
Tue, 13 Nov 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BLUE ENCOUNTが11月21日にリリースするニューシングル「FREEDOM」の初回生産限定盤付属DVDのトレーラー映像を公開した。

「FREEDOM」はフジテレビ“ノイタミナ”TVアニメ『BANANA FISH』第2クールのオープニング・テーマとなっており、英詞と日本語詞を織り交ぜながら“自由を渇望し戦う決意”を歌うソリッドなロックチューン。同曲を表題に掲げるニューシングルの初回生産限定盤付属のDVDには、2018年7月27日にメンバー3人の地元である熊本の熊本B.9 V1にて行われた『TOUR2018 Choice Your「→」』のライブパフォーマンスとツアードキュメンタリーが収録されている。

そして、今回公開されたトレーラー映像は、辻村(Ba.)が誕生日を祝われている様子や江口(Gt.)の衣装がライブ直前になっても届かない事件について垣間見れる他、地元熊本ということで一層熱く「灯せ」を演奏する彼らのライブシーンが収められている。

■TVアニメ『BANANA FISH』公式サイト
https://bananafish.tv/

シングル「FREEDOM」

2018年11月21日 発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3118〜3119/¥1,759+税
※プレイパス対応
<収録曲>
■CD
01. FREEDOM
02. ミュージック
03. それでも、君は走り続ける
■DVD
2018年7月27日に熊本B.9 V1にて行われた『TOUR2018 Choice Your「→」』のライブパフォーマンスとツアードキュメンタリーを収録
01. Waaaake!!!!
02. JUMP
03. コンパス
04. 灯せ
05. こたえ
06. Making of TOUR2018 Choice Your「→」



【通常盤】(CD)
KSCL-3120/¥1,204+税

【ライブ情報】

『BLUE ENCOUNT presents 「DO IT HERE vol.1」』
12月6日(木) 熊本B.9 V1
出演:BLUE ENCOUNT / キュウソネコカミ
12月7日(金) 熊本B.9 V1
出演: BLUE ENCOUNT / SiM
<チケット>
スタンディング:4300円(税込・ドリンク代別)
一般発売 10月27日(土)AM10:00



【関連リンク】
BLUE ENCOUNT、シングル「FREEDOM」初回盤DVDのトレーラー映像を公開
BLUE ENCOUNTまとめ
Jillionaireも登場した、メキシコの祝日を祝う“DAY OF THE DEAD”が大盛況

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, トレーラー, CD, シングル, 主題歌, オープニング

Jillionaireも登場した、メキシコの祝日を祝う“DAY OF THE DEAD”が大盛況
Tue, 13 Nov 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月2日(金)の夜、六本木ヒルズに隣接するケヤキ坂下交差点にあるクラブ“1 OAK TOKYO(ワンオークトウキョウ)”にて、テキーラ販売量世界NO.1のブランド・Jose Cuervoのサポートで“Day of the Dead(死者の日)”のイベントがMajor LazerのJillionaireをメインアクトに迎えて開催された。

“Day of the Dead(死者の日)”は10月31日から11月2日まで行なわれるメキシコの祝日で、200年以上の歴史を誇る。年に一度のこの期間は死者の魂が蘇るとされ、生きている者が故人を思いながら集まり、明るく楽しく祝いながら時間を過ごすという期間で、最近ではピクサー映画『リメンバー・ミー』の題材となったことで知ったという人も多いかもしれない。

本国アメリカと同様にセレブリティが集結することで知られ、普段から招待客のみ足を踏み入れることが許されている1 OAK。この夜は2部制(1部は完全招待制)でイベントを開催した。会場に入ってまず目を奪われるのはエントランスに設置された3mを超える真っ白なスカルのオブジェ。このオブジェには、一夜を通してライブペインティングが行なわれ、その姿を変え続けることで来場する人々を圧倒していた。

1部では3階に位置するVIPフロアが会場となり、海外文化やトレンドにアンテナを張っているモデルや女優、ミュージシャンから芸人まで、招待されたVIPのみが来場した。死者の日に欠かせないスカルメイクを体験できるオープンブースを会場に設置すると、著名人もメイクを施した順に“死者の日モード”に染まっていく。

もちろんイベントのお楽しみはゾンビメイクだけではない。ビュッフェスタイルのメキシカンフードと、クエルボ・カクテルコンペのチャンピオンが考案した3種類の特別なクエルボカクテル“ワカモレ・マルガリータ”、“クエルボ・ピクニック”、“テキ・ティキ”。さらに昔は製造に関わる家族しか楽しむことができなかったと言われている世界で最初のエクストラ・アネホ(熟成)テキーラ“クエルボ・レゼルバ・デ・ラ・ファミリア”をテイスティングし放題という贅沢な企画に、バーでは一晩中人が溢れかえっていた。

顔にはスカルメイク、手にはクエルボのカクテルを持った来客者たちでパーティーが盛り上がり始めると、フロアの奥からは煌びやかなメキシカンハットを被ったマリアッチがダンサーを従えて登場し、メキシコの祝日の夜に華を添える。2部もスタートして1、2階フロアの扉が開くとすぐ満員に。2階に設置されたオープンメイクブースでもスカルメイクを求める来場者で早くから行列ができていた。フロアのDJブース上部にはこの日限定のプロジェクションマッピングによる演出があり、一味違った異空間と化していた。

この日のメインアクトを務めたMajor LazerのJillionaireが登場すると、フロアの熱気はさらに加熱! スカルメイクのオーディエンスでラグジュアリーな空間が埋め尽くされる頃、ステージ上には先ほどのマリアッチが登場し、クエルボで乾杯して“Day of the Dead(死者の日)”を楽しんでいた。

この盛り上がりを見る限りでは今後日本でも“Day of the Dead(死者の日)”のイベントの知名度はまだまだ上がり続けて、大人のハロウィン的な祝祭として定着していくかもしれない。2019年の“Day of the Dead(死者の日)”では、クエルボとスカルメイクで故人を思いながら楽しい時間を過ごしてみてはいかがだろうか?



【関連リンク】
Jillionaireも登場した、メキシコの祝日を祝う“DAY OF THE DEAD”が大盛況
Major Lazerまとめ
IA、ワールドツアーの初回公演は日本で2DAYS開催

【関連アーティスト】
Major Lazer
【ジャンル】
ニュース, DJ, ライブレポ

IA、ワールドツアーの初回公演は日本で2DAYS開催
Tue, 13 Nov 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

バーチャルアーティストIA(イア)の最新ワールドツアー『MUSICAL & LIVE SHOW “ARIA”』の記念すべき初回公演が1月26日、27日に神奈川・DMM VR THEATER YOKOHAMAで開催されることが決定した。

『ARIA』は、IAとその妹のONEが誕生し成長を育んだ惑星“ARIA”と、地球で活動する“今”の彼女たちを繋ぐ物語を、“生命”と“愛”“平和”をテーマに人間とヴァーチャルの共生が織り成す“音楽とアートとテクノロジー”でクロスオーバーさせた、五感で体験する新しいスタイルのライブエンタテインメントショー。全4章構成のショーとなっており、ライブパートの第2章では2015年からヴァーチャルとリアル(人間)の共演をテーマにしたIAのファーストワールドツアーの続編『PARTY A GO-GO2』として楽しむことも出来る。

公演会場であるDMM VR THEATER YOKOHAMAでは、フランスで行なわれたプレ公演と同様にホログラムという映像技術を使った演出が取り入れられる。すでに行なわれたテスト公演やフランスのプレ公演に触れた関係者の間では、昨今のデジタルアートの中でも類を見ない作品クオリティであるとの評価も。最新テクノロジーを駆使した環境の中で、IAは今まで以上のパフォーマンスを発揮するだろう。

そしてこの公演でもう一つ特記すべきは“常に成長と変化を続けるショー”として様々なスタイル、表現方法によって変化と成長を遂げていく様も楽しめるという点だ。ファンと共に作り上げていくといった参加型のコンテンツも盛り込んでいく予定で、その試みの一つとして公演チケットや特典はクラウドファンディングのプラットフォーム『Makuake』にて先行発売を行なう。ライブのエンドロールに支援者自身の名前を掲載する権利や、Makuake限定でIAから支援者宛にオリジナルメッセージ動画が届く特典などが用意されているのでぜひ注目を!

また、公演最終日の1月27日はIA生誕7周年とONE生誕4周年であることから、毎年開催されるアニバーサリーイベント『IA 7th & ONE 4th Anniversary -Special Talk & Live-』もDMM VR THEATERで行なわれることが決定した。盛りだくさんの2日間を楽しみに待っていてほしい。

■『MUSICAL & LIVE SHOW “ARIA”』

<2019年>
■1月26日(土) 神奈川・DMM VR THEATER YOKOHAMA
第1部 開場14:00/ 開演14:30
第2部 開場18:00/ 開演18:30

■1月27日(日) 神奈川・DMM VR THEATER YOKOHAMA
第1部 開場11:30/ 開演 12:00
第2部 開場14:30/ 開演15:00
『IA 7th & ONE 4th Anniversary -Special Talk & Live-』

※1月27日(日)同会場2部公演後に毎年恒例のAnniversary Live eventを行ないます。
※チケット券売、その他の情報の詳細は、後日発表。
※公演時間に関しては、多少変更になる可能性があります。

◎『MUSICAL & LIVE SHOW “ARIA”』特設サイト:http://planetesaria.com
◎チケット情報Makuakeサイト:https://www.makuake.com/project/aria/



【関連リンク】
IA、ワールドツアーの初回公演は日本で2DAYS開催
IAまとめ
LAZYgunsBRISKY、6カ国を巡ったヨーロッパツアーをワンマンライブで締め括る

【関連アーティスト】
IA
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ボーカロイド, ライブ, チケット

LAZYgunsBRISKY、6カ国を巡ったヨーロッパツアーをワンマンライブで締め括る
Tue, 13 Nov 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ガールズロックバンドLAZYgunsBRISKYが、11月11日(日)に東京・下北沢LIVEHOLICにて『LAZYgunsBRISKY EU tour 2018 - Hello, again! -』のツアーファイナルとなるワンマンライブを開催した。今回のツアーはヨーロッパ5カ国9都市、日本では東名阪を巡り、ツアーファイナルの東京公演は会場の通路まで観客が溢れるほどの大盛況ぶりだった。

オープニングは、ヨーロッパツアーでの様子が収められたオリジナルムービーと共に始まった。飛行機の窓から見下ろしたような空の映像に切り替わると、機内音のSE、そしてキャビンアテンダントを模したLucy(Vo)のアナウンスが流れる。彼女の穏やかなアナウンスが徐々に荒々しい煽りのMCへと変わっていくと、会場の歓声も最高潮に。その歓声に応えるようにMoe(Dr)が力強くドラムを叩き始め、Yuko(Gu)とAzu(Ba)が加わると、重厚なロックサウンドが特徴の「Pretty lights」が始まり、ライブがスタートした。

勢いを落とさずに、サビのコールアンドレスポンスが定番となっている「Axis」へ。通常ライブだと“A,B,C,D!”のコールが定番になっているこの曲だが、この日は観客からのリクエストのもと“い、ろ、は、に!”という日本語ver.でのコールアンドレスポンスが、会場を一体感に包んだ。その後MCを挟み、ギターの軽快なサウンドが心地良い「18」、メンバー揃っての掛け声が印象的な「B.o.Y」、ベースの低音から始まり、ダークポップな世界観を表現する「Navy Star」と立て続けに観客を魅了する曲が演奏された。

7曲目の「Underway」にて初披露したプロジェクションマッピングを導入した演出では、色とりどりの光が演奏しているメンバーの姿に投影され、幻想的な雰囲気が作りだされていた。8曲目は、ニューシングル「Hello, again!」(会場限定盤CD)に収録されている「Kiss me(English ver.)」。疾走感のあるサウンドは、手を挙げずにはいられない珠玉の一曲であった。

その後、バンドの雰囲気を一変させる「Suitable suicide」、ライブでは久々の演奏となった「Way out」が続く。そして新曲のバラード「Pray」を披露。メンバーの声が重なり合って静かなハーモニーを奏でる本曲は、今までのLAZYgunsBRISKYにはない穏やかさと切なさで、会場を包み込んでいた。

そんな空気をガラッと明るくしたのは、ギターのサウンドから始まる「Goodnight」、続いてLucyとAzuで「la la la」を熱唱。同曲では楽器隊それぞれのソロもあり、ヨーロッパツアーで一段と磨きのかかったテクニックで観客を魅了していた。

ライブ終盤、会場の熱気がさらにヒートアップしているところで演奏されたのが、ライブの定番曲である「Midnight rider」「but I know」の2曲。15曲目「Shiny」では、軽快なダンスビートと掛け声に合わせて多くの手が上がり、会場を揺らした。本編の締め括りとなったのは、今回のツアーで発表された「Hello, again!」。Lucyが、この曲やツアーにかけてきた思いを語った後、“どうか、またお会いしましょう!”という言葉と共に曲が始まると、会場全体が笑顔に溢れ、観客と共に最高潮の盛り上がりをみせた。

アンコールでは「Michigan」を演奏。“これぞLAZYgunsBRISKY”というロックンロールな幕切れに、会場のファンの声援はいつまでも鳴りやまなかった。1カ月に及ぶツアーを完遂した彼女達だが、すでに年末、年始にかけてのライブも発表になり、今後の動向に注目が集まってきている。

photo by Kaji

【セットリスト】
1. Pretty lights
2. Axis
3. 18
4. B.o.Y
5. Navy Star
6. Underway
7. Kiss me (English ver.)
8. Suitable Suicide
9. Way out
10. Pray
11. goodnight
12. la la la
13. Midnight rider
14. but I know
15. Shiny
16. Hello, again!
(enc).Michigan



【関連リンク】
LAZYgunsBRISKY、6カ国を巡ったヨーロッパツアーをワンマンライブで締め括る
LAZYgunsBRISKYまとめ
『ベストヒットUSA』によるDJイベント開催前に小林克也のインタビューを公開

【関連アーティスト】
LAZYgunsBRISKY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, ライブ, ツアー, レポート

『ベストヒットUSA』によるDJイベント開催前に小林克也のインタビューを公開
Tue, 13 Nov 2018 18:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月1日(土)恵比寿ザ・ガーデンホールにて、スペシャルDJイベント『ベストヒットUSA presents 『小林克也・祝喜寿 〜ベストヒットUSA・DJナイト〜』』が開催される。

『ベストヒットUSA』は、日本でMTVの放送が始まる前の1981年に放送がスタートし、日本中の10代20代に多大な影響を与えた洋楽番組。一時的に番組が終了した時期や放送局が変わった時期もあるが、2003年以降はBS朝日に固定され、現在も放送中だ。

番組スタートから37年にして初めての開催となる本イベントには、石野卓球、DJ KAORI、TOWA TEI、屋敷豪太の4人のDJたちが出演する。同番組が始まった時代であり、日本でもっとも洋楽が広く聴かれた時代でもある80年代の曲を中心にプレイするという趣旨で、番組内の人気コーナー『スター・オブ・ザ・ウィーク』を小林克也が再現する企画も! 今回は『ベストヒットUSA』のVJであり、DJナイトにも出演する小林克也に語ってもらった。

■【小林克也 インタビュー】

──どのように企画が立ち上がったんでしょうか。
小林:僕が今年喜寿で、番組サイドから“せっかくだから何かやった方がおもしろいですよね”という提案があって。たとえばこの間は、番組のオフィシャルCDを発売したりとか、そういうことはやって来たんですけどね。だからそれの一環みたいなものなんだけど、ただ、お客さんに参加してもらってイベントとして行うのは、初めてなので。今まで顔を見ることができなかったお客さんたちに会える、というのは、僕にとっては特別なものがありますね。

──『スター・オブ・ザ・ウィーク』もやるんですよね。これは出演者とトークショー?
小林:はい、そう考えてますね。

──小林さんの出番は、そこぐらい?
小林:それはまだわかんないですけど、今のところは……僕は1971年の終わりから、1976年までの5年間ぐらい、ディスコで皿回しをしていたんです。だから、DJも、やろうと思えばできるんですけど。ただ、僕らの時は、今のDJとはテイストが違って──。

──しゃべるんですよね、曲の間に。
小林:そう、しゃべりながらDJをやる。だから、今のDJとは違いますよね。あと、今と違うのは……その頃から80年代くらいまでは、“ディスコ・クラブ向けの音楽”っていうカテゴリー分けはなくて。とにかくダンサブルな音楽だったらなんでもいい、踊らせるのはDJの腕という。今なら考えられないような選曲で、たとえばママス&パパスだとか、イーグルスだとかも平気でかかる。大阪のディスコでは、みんな山下達郎で踊っていたし。今はもっと、クラブによって、DJによって、ヒップホップ、EDM、レゲエって音楽のテイストが分かれているし、お客さんの好みも細分化されているでしょ。でもこの『ベストヒットUSA』のイベントは、昔のようにノンジャンルな音楽がかかる、“Get together”っていう感じの時間になると思います。そこも、とても楽しみなんですよね。

撮影:堀 清香取材:兵庫慎司

『小林克也・祝喜寿 〜ベストヒットUSA・DJナイト〜』

12月01日(土) 東京・恵比寿ザ・ガーデンホール

<出演>
小林克也
DJ:石野卓球 / DJ KAORI / TOWA TEI /屋敷豪太(50音順)
※本公演は出演者の演奏によるLIVEはございません。
※都合により出演者が変更になる場合がございます。予め御了承ください。

<チケット>
オールスタンディング¥5,000(税込/ドリンク代別)
※未就学児入場不可
■チケット一般発売
・チケットぴあ http://w.pia.jp/t/besthit-usa/
・ローソンチケット http://l-tike.com/besthits-usa
・e+(イープラス) http://eplus.jp/besthitusa/
・YAHOOチケット https://ticket.yahoo.co.jp/
・CNプレイガイド http://www.cnplayguide.com/
0570-08-9999(10:00〜18:00)
■お問合せ:ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00〜19:00)



【関連リンク】
『ベストヒットUSA』によるDJイベント開催前に小林克也のインタビューを公開
石野卓球まとめ
DJ KAORIまとめ
TOWA TEIまとめ
屋敷豪太まとめ

【関連アーティスト】
石野卓球, DJ KAORI, TOWA TEI, 屋敷豪太
【ジャンル】
J-POP, ニュース, DJ, ライブ, チケット

The Winking Owl、“色の躍動感”をコンセプトにしたニューシングル「Try」MV公開
Tue, 13 Nov 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

The Winking Owlの1年半ぶりとなるニューシングル「Try」のMVが公開された。

この曲はSky(株)のCMソングに決定しており、現在オンエア中。今作のMVのコンセプトは“色の躍動感”で、水の中で爆発するように広がっていくインクの映像が象徴的だ。白ホリゾントがベースの明るい空間での演奏シーンの中に躍動感のある色が広がっていく。シンプルなカッコ良さがありながらインクの色やメンバーに当てる照明の効果で、楽曲のカラフルな世界観が伝わる意欲作となっているので、ぜひチェックしてほしい。

また、シングル「Try」は現在絶賛発売中で、各音楽配信サービスでも配信中なのでぜひ楽曲にも注目してじっくり聴いてみてはいかがだろうか。

シングル「Try」

発売中



WPCL-12977/¥1,111(税抜)
<収録曲>
・Try
・Night&Day
・Dream Sailor

■配信URL
https://thewinkingowl.lnk.to/x55_2



【関連リンク】
The Winking Owl、“色の躍動感”をコンセプトにしたニューシングル「Try」MV公開
The Winking Owlまとめ
DREAMS COME TRUE、新曲「THE WAY I DREAM」を起用した新CMが全国でOA開始

【関連アーティスト】
The Winking Owl
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV

DREAMS COME TRUE、新曲「THE WAY I DREAM」を起用した新CMが全国でOA開始
Tue, 13 Nov 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月14日(水)発売のDREAMS COME TRUEと株式会社MTGのコラボレーションソング「THE WAY I DREAM」が起用された、MTG社初の企業TVCM『MTG 「The Way I Dream 」篇』が、11月13日(火)より全国でOA開始となる。

「THE WAY I DREAM」は、ドリカムによると“MTGのチャレンジングな姿勢で革新的なブランドを次々と世界へ発信している『ブランド開発カンパニー』としてのイメージをもとに作曲した”という一曲。1人称ではっきりと宣言するような力強さのある曲に仕上がっており、サウンドのアプローチやメロディーライン、そして言葉のひとつひとつにおいて、今までのドリカムのバラードにはなかったような試みがなされている。

今回タイトルに“DREAM”という言葉が使用されているが、ドリカムがバンド名にもなっているこの言葉を使うのは、オリジナルリリースとして初めてのこと。今回それを解禁したのは、MTGのスローガン“We have many dreams”という“夢を大切に、夢に挑戦し続ける”姿勢と、ドリカムの30周年に向けた新たな夢、挑戦に対する意志がシンクロしたことが理由とのことだ。

本CMは“誰も見たことのない壮大な景色”の中、夢に向かって力強く進む姿を表現するため、連日スペイン各地を中心に周り撮影された。スペインの海、 砂漠、太陽、風を体で感じている様子が印象的で、CMの最後は、吉田美和の「THE WAY I DREAM」「MTG」のナレーションで締め括られている。また、風景の一部にMTG社松下社長の出身地である五島列島とドリカム吉田美和の出身地である北海道の景色も映し出されているので、ぜひ探してみてほしい。

■【コメント】

■株式会社MTG代表取締役社長 松下剛
「“We have many dreams”のスローガンの通り、MTGが最も大切にしている、“夢へ挑戦する姿勢”に、DREAMS COME TRUEのお二人に共感いただき、素晴らしい楽曲を作っていただきまして、こうして初の企業CMが完成しました。美しさ、力強さ、そして何よりも“夢へ挑戦する姿勢”を、このCMでは表現しています。また、このCMには吉田美和さんの出身地である北海道、私の出身地である五島列島の映像も使われています。グローバルに成長を続けるMTGだからこそ、世界の雄大な大自然と共に、“原点”を表す映像を入れたいと考えました。長崎県の皆様にもご覧になっていただき、少しでも夢に向かう元気を与えられたら嬉しいですね」

■DREAMS COME TRUE 中村正人 吉田美和
「MTGさんは何事にもチャレンジ精神で挑む新しい時代の会社。
社訓が“We have many dreams”ということで、 私達のオリジナル日本語詩楽曲としては初めてタイトルに「DREAM」というワードを使いました。MTGさんのアグレッシヴな姿勢にインスパイアされ、 歌詩はもちろんのこと、パフォーマンスにおいても、トラック制作においても、ドリカムとして様々な挑戦をした作品です」



【関連リンク】
DREAMS COME TRUE、新曲「THE WAY I DREAM」を起用した新CMが全国でOA開始
DREAMS COME TRUEまとめ
ジョン・レノンの『イマジン:アルティメイト・コレクション』に安田顕からコメントが到着

【関連アーティスト】
DREAMS COME TRUE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, コラボレーション, TVCM, CMソング

ジョン・レノンの『イマジン:アルティメイト・コレクション』に安田顕からコメントが到着
Tue, 13 Nov 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ジョン・レノンの代表作『イマジン』が最新ステレオ・リミックス&5.1chサラウンドとなり、未発表&レア音源が多数収録されて発売となった『イマジン:アルティメイト・コレクション』に向け、30年来のザ・ビートルズのファンとして知られる俳優の安田顕氏からコメントが到着した。

『イマジン:アルティメイト・コレクション』の最新音源を使用した「パワー・トゥ・ザ・ピープル」の映像も公開となっているので、こちらも併せてチェックしてほしい。

■【安田顕 コメント】

中学生の頃に出会ってから、
ジョンの歌声を聴くたび、どうにかなってしまいそうな自分がいます。
彼の歌声は、喜怒哀楽そのものです。
彼の歌声、その全てが正解に思えます。
つまり、彼の歌声に正解はないのです。
だから、彼の新しい何かが届くたび、心が踊ります。

変えられない音楽。
変えちゃいけない音楽。
そんな音楽が詰まっています。
だからこそ、後世に遺すべきもの。
このコレクションの意義は大きく、
新鮮な気持ちで聴けたことが何より嬉しい。
久々に、一つの作品をじっくり聴き入る時間を過ごしました。
感謝。

音。声。臨場感。

……ジェラスガイ。
ジョンって、やっぱり、こんなにも優しく歌う人だったんだなぁ。

アルバム『イマジン:アルティメイト・コレクション』

発売中



【スーパー・デラックス・エディション】(4CD + 2Blu-ray)
※完全生産盤
※豪華本付ボックス・セット輸入国内盤仕様
※日本盤のみ:SHM-CD仕様、英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
UICY-78855/¥12,000+税
<収録内容>
■CD1
アルバム ? アルティメイト・ミックス ディスク1
■CD2
アルティメイト・ミックス ディスク2
■CD3
ロウ・スタジオ・ミックス
■CD4
エヴォリューション・ドキュメンタリー
■Blu-ray1
イマジン: アルティメイト・ミックス
■Blu-ray2
イン・ザ・スタジオ・アンド・ディーパー・リスニング

【2CDデラックス・エディション】
UICY-15758/9/¥3,600+税
※日本盤のみ:SHM-CD仕様、英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
<収録内容>
■CD1
リミックス・アルバム+シングルズ&エクストラズ
■CD2
エレメンツ・ミックス+アウトテイクス

【1CD】
UICY-15760/¥2,500+税
※日本盤のみ:SHM-CD仕様、英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
<収録内容>
リミックス・アルバム+シングルズ&エクストラズ

【2LP】
UIJY-75091/2/¥5,500+税
※輸入国内盤仕様/完全生産盤
※日本盤のみ:英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
<収録内容>
■LP1
リミックス・アルバム
■LP2
アウトテイクス

【2LPクリア・ヴィニール】
PDJT-1015/6/¥6,000+税
※UNIVERSAL MUSIC STORE限定
※輸入国内盤仕様/完全生産盤
※日本盤のみ:英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
<収録内容>
■LP1
リミックス・アルバム
■LP2
アウトテイクス


DVD&Blu-ray『イマジン/ギミ・サム・トゥルース』/ジョン・レノン&ヨーコ・オノ

発売中



【DVD】
UIBY-15092/¥3,700+税
※日本盤のみ: 日本語字幕付/英文ライナー翻訳付
【Blu-ray】
UIXY-15020/¥4,600+税
※日本盤のみ: 日本語字幕付/英文ライナー翻訳付




【関連リンク】
ジョン・レノンの『イマジン:アルティメイト・コレクション』に安田顕からコメントが到着
John Lennonまとめ
音楽ゲーム『CHUNITHM』のオリジナル楽曲をピアノアレンジで初音源化

【関連アーティスト】
John Lennon
【ジャンル】
洋楽, ニュース, MV, CD, アルバム

音楽ゲーム『CHUNITHM』のオリジナル楽曲をピアノアレンジで初音源化
Tue, 13 Nov 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大人気アーケード音楽ゲーム『CHUNITHM(チュウニズム)』に収録されたオリジナル楽曲をピアノ・アレンジで音源化したアルバム『SEGA 音ゲーピアノコレクション ver.CHUNITHM vol.1』が、2019年1月11日にヤマハミュージックコミュニケーションズより発売されることが発表された。

2015年7月16日より稼働開始した『CHUNITHM』(株式会社セガ・インタラクティブ)は、3年以上経過した現在でも音楽ゲームの中でトップクラスの人気を誇る。オリジナル楽曲はもちろんのこと、定番のPOPSやアニメ楽曲、ニコニコ動画で人気の楽曲など、400曲以上のさまざまなジャンルの楽曲が収録されており、ファンからの支持も絶大だ。

今回発売するCDに収録される曲目は、『CHUNITHM』稼働当初からいまもなお人気の高い楽曲や、ピアノ・アレンジにマッチした楽曲はもちろん、ヘビーユーザーが挑戦するいわゆるボス曲と呼ばれる高難易度の楽曲まで、多彩なレパートリーがピアノ・アレンジで収録される予定とのこと。

ピアニストには、ゲーム音楽演奏家・作曲家で、オリジナルアルバム『SKMT』がiTunes Storeのエレクトロニックチャートでアルバム・シングルダブル1位を獲得した“サカモト教授”と、15歳で『太鼓の達人全国大会課題曲公募』最年少受賞・人気投票1位を獲得、登録者数15万人のYouTubeチャンネルも運営中の作曲家・ピアニスト・講師である“よみぃ”を起用。今作では、2人のピアニストのコントラストと煌びやかでスピード感溢れるピアノサウンドによって、ゲームとはまた違った感覚で音ゲーの世界を楽しむことができる。

また、2019年1月14日には銀座ヤマハホールにて『SEGA 音ゲーピアノコンサート ver.CHUNITHM vol.1』を開催! MCは『CHUNITHM』から生まれた女子高生バンドユニット“イロドリミドリ”でキーボードを担当する“小仏凪”のキャラクターボイスを務める佐倉薫が務める。チケットは絶賛発売中なので、気になった方はお早めにチェック。

アルバム『SEGA 音ゲーピアノコレクション ver.CHUNITHM vol.1』

2019年1月11日発売



YCCS-10064/¥2,700+税
<収録曲>
01.Counselor  作曲:DECO*27
02.We Gonna Journey 作曲:Queen P.A.L.
03.L\'episode 作曲:Osamu Kubota
04.夕暮れワンルーム  作曲:40mP
05.朝焼けプラットホーム 作曲:40mP
06.Garakuta Doll Play(sasakure.UK clutter remix) 作曲:t+pazolite
07.stella=steLLa 作曲:marasy
08.その群青が愛しかったようだった 作曲:n-buna
09.Sparking Revolver 作曲:xi
10.World Vanquisher 作曲:void(Mournfinale)
11.時の冒険者 作曲:40mP
12.昵懇レファレンス 作曲:halyosy
13.エンドマークに希望と涙を添えて 作曲:cosMo@暴走P
14.Schrecklicher Aufstand 作曲:Spiegel
15.玩具狂奏曲 -終焉- 作曲:きくお
16.イロドリミドリ 新曲 
他数曲収録予定。曲順未定。 

■Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B07KCVGJ96/
■YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS
https://www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=991&artist_id=97

『SEGA 音ゲーピアノコンサート ver.CHUNITHM vol.1 』

2019年1月14日(月・祝) 東京・ヤマハホール
【1部】開場14:00/開演14:30 【2部】開場17:30/開演18:00
<出演>
サカモト教授(ピアノ)、よみぃ(ピアノ)
ゲスト:小早川賢(SEGA音ゲーチーム 総合ディレクター)
MC:佐倉薫 (「イロドリミドリ」 小仏凪役)

<チケット>
前売5,500円(税込 / 全席指定)※未就学児童入場不可
◎Peatix、チケットぴあ、イープラスにて発売中 !

主催:株式会社ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス
制作協力:株式会社セガ・インタラクティブ、株式会社セガホールディングス



【関連リンク】
音楽ゲーム『CHUNITHM』のオリジナル楽曲をピアノアレンジで初音源化
サカモト教授まとめ
よみぃまとめ
まねきケチャ、映像作品『日本武道館 de まねきケチャ』よりライブシーンをまとめたティザー公開

【関連アーティスト】
サカモト教授, よみぃ
【ジャンル】
ニュース, CD, アルバム

まねきケチャ、映像作品『日本武道館 de まねきケチャ』よりライブシーンをまとめたティザー公開
Tue, 13 Nov 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

まねきケチャが12月19日にリリースするBlu-ray/DVD『日本武道館 de まねきケチャ』のティザー映像が公開された。

『日本武道館 de まねきケチャ』は2018年9月24日に開催され、グループ結成3周年記念にして藤川千愛の卒業公演にもなった、まねきケチャの日本武道館単独公演の模様をおさめたライブ映像作品。メンバーそれぞれが初のソロ楽曲に挑戦するなど、3年間の集大成を見せたライブとなった。

公開されたティザー映像では3時間半にも及んだ圧巻のライブパフォーマンスの一部が楽しめる。なお、本作にはライブ本編に加えて、ツアーのドキュメンタリー映像やリハーサル映像などの特典映像も収録予定だ。

まねきケチャは、12月15日から東名阪ワンマンツアーを開催するほか、それに合わせて12月16日から24日にかけて東名阪全4会場でのBlu-ray/DVD発売記念イベントの開催も決定している。

Blu-ray&DVD『日本武道館 de まねきケチャ』

2018年12月19日発売



【Blu-ray】
COXA-1168/¥5,500(税込)
※収録内容をスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス対応
<収録内容>
1.冗談じゃないね
2.キミに届け
3.ありよりのあり
4.ありきたりな言葉で
5.キミが笑えば
6.青息吐息
7.モンスターとケチャ
8.昨日のあたしに負けたくないの(アコースティックver.)
9.鏡の中から
10.どうでもいいや
11.Guess!!(宮内凛ソロ)
12.虹を探しに(中川美優・藤川千愛デュエット)
13.相思い
14.奇跡
15.ハリネズミの唄
16.愛言葉
17.カクカクシカジカ
18.漫画みたいに恋したい(松下玲緒菜ソロ)
19.ジャンプ(深瀬美桜ソロ)
20.勝手にひとりでドキドキすんなよ(藤川千愛ソロ)
21.あたしの残りぜんぶあげる
22.タイムマシン
〜Encore〜
23.さよならなんて 武道館ver.
〜W-Encore〜
24.告白のススメ
25.きみわずらい
・特典映像
密着ドキュメンタリー

◎Blu-ray&DVD店頭購入者特典
対象店舗orオンラインストアにて予約・購入者に先着でブロマイド(全5種類)をプレゼント。
http://columbia.jp/artist-info/maneki-kecak/info/62613.html



【DVD】(2枚組)
COBA-7060~1/¥4,500(税込)
※収録内容をスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス対応
<収録内容>
1.冗談じゃないね
2.キミに届け
3.ありよりのあり
4.ありきたりな言葉で
5.キミが笑えば
6.青息吐息
7.モンスターとケチャ
8.昨日のあたしに負けたくないの(アコースティックver.)
9.鏡の中から
10.どうでもいいや
11.Guess!!(宮内凛ソロ)
12.虹を探しに(中川美優・藤川千愛デュエット)
13.相思い
14.奇跡
15.ハリネズミの唄
16.愛言葉
17.カクカクシカジカ
18.漫画みたいに恋したい(松下玲緒菜ソロ)
19.ジャンプ(深瀬美桜ソロ)
20.勝手にひとりでドキドキすんなよ(藤川千愛ソロ)
21.あたしの残りぜんぶあげる
22.タイムマシン
〜Encore〜
23.さよならなんて 武道館ver.
〜W-Encore〜
24.告白のススメ
25.きみわずらい
・特典映像
密着ドキュメンタリー
・DVD特典映像
リハーサル映像

【ライブ情報】

『まねきケチャ「日本武道館 de まねきケチャ」リリースイベント』
12月16日(日) 兵庫・阪急西宮ガーデンズ
12:30〜/16:00〜
12月18日(火) 東京・タワーレコード渋谷店 B1 CUTUP STUDIO
19:45〜
12月19日(水) 東京・ニコニコ本社
19:00〜
12月24日(月・祝) 愛知・タワーレコード名古屋近鉄パッセ店
12:30〜
※イベント詳細はオフィシャルHP&Twitterにて

『まねきケチャ東名阪ツアー2018 「STUDIO PARTITAでまねきケチャ」』
12月15日(土) 大阪STUDIO PARTITA

『HULIC HALLでまねきケチャ』
12月23日(日) 東京・ヒューリックホール東京

『Zepp Nagoyaでまねきケチャ』
12月24日(月祝) 愛知・Zepp Nagoya

『TDCでまねきケチャ2019!』
1月5日(土) TOKYO DOME CITY HALL



【関連リンク】
まねきケチャ、映像作品『日本武道館 de まねきケチャ』よりライブシーンをまとめたティザー公開
まねきケチャまとめ
ハルカミライ、EMI Recordsよりアルバム『永遠の花』をリリース

【関連アーティスト】
まねきケチャ
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, トレーラー, DVD, Blu-ray

ハルカミライ、EMI Recordsよりアルバム『永遠の花』をリリース
Tue, 13 Nov 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ハルカミライがEMI Recordsより2019年1月16日(水)にアルバム『永遠の花』をリリースすることが発表された。マネージメントは引き続きTHE NINTH APOLLOが務める。

2018年には150本以上のライブを敢行してきた彼らが、数々のライブハウスで積み重ね、練り上げてきた楽曲達が収録される予定だ。

12月21日(金)には、10月に発売した2ndシングル「世界を終わらせて」のリリース記念としてZepp Tokyoにてレコ発ワンマンライブを開催予定で、これが自身2回目のワンマンライブとなる。

さらに又吉直樹が原作・脚本・監修、池田克彦が監督を務め、佐野勇斗・本郷奏多のW主演で2019年2月22日(金)に公開される映画『凛』の主題歌に、2017年にリリースしたアルバム『センスオブワンダー』収録曲「ヨーロービル、朝」が起用されることも決定している。

アルバム『永遠の花』

2019年1月16日(水)発売



UPCH-20504/¥3,024(税込)



【関連リンク】
ハルカミライ、EMI Recordsよりアルバム『永遠の花』をリリース
ハルカミライまとめ
そこに鳴る、オランダやドイツなど6ヵ国をまわるヨーロッパツアー決定

【関連アーティスト】
ハルカミライ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, アルバム

そこに鳴る、オランダやドイツなど6ヵ国をまわるヨーロッパツアー決定
Tue, 13 Nov 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2019年1月29日にバンド初のワンマンライブを予定しているそこに鳴るが、ワンマン直後の2019年2月に全6カ国14公演に及ぶヨーロッパツアーを開催することが明らかになった。

今回のヨーロッパツアーは、現在YouTubeで130万回再生に届こうとしている前作『ゼロ』収録のMV「掌で踊る」がヨーロッパの現地プロモーターの目にとまり、オファーを受け実現したもの。2019年2月8日のオランダ・フス公演を皮切りに、ドイツ・イギリス・スイス・オーストリア・フランスの計6ヵ国・14公演を行う予定であり、ツアー最終日は2月24日のフランス『JAPAN TOUR FESTIVAL』に出演する。

海外ツアー自体バンド史上初であるが、16日間で14公演という過密なツアーはバンドとしても初めて。まさに武者修行であるこのヨーロッパツアー、帰国後はさらなる進化を遂げたそこに鳴るを見ることができるだろう。

■『そこに鳴るヨーロッパツアー "The Japanese Riff Explosion" European Tour February 2019』

2月08日 オランダ GOES・T´BEEST
2月09日 ドイツ WOLFSBURG・HALLENBAD
2月10日 オランダ VLAARDINGEN・KROEPOEKFABRIEK
2月12日 イギリス LONDON・UNDERWORLD
2月14日 ドイツ STUTTGART・KELLER KLUB
2月15日 ドイツ WEINHEIM・CAFE CENTRAL
2月16日 スイス LAUSANNE・JAPAN IMPACT
2月17日 フランス PARIS・PARIS MANGA
2月19日 オーストリア WIEN・ARENA
2月20日 オーストリア GRAZ・EXPLOSIV
2月21日 スイス SANKT GALLEN・GRABBENHALLE
2月22日 スイス CHUR・PALAZZO
2月23日 スイス SIERRE・ANCIENS ABATTOIRS
2月24日 フランス TOURS・JAPAN TOURS

【ライブ情報】

『破壊と再生〜そこに鳴る1st one man live〜 「力こそパワー」』
2019年1月29日(火) 東京・下北沢SHELTER
open 19:00 / start 19:30
adv.¥2500 / door ¥3000(+1d)

『KOGA RECORDS NIGHT』
11月21日(水) 東京・下北沢SHELTER
開場 / 開演時間 18:30 / 19:00
出演:そこに鳴る / Crispy Camera Club / アップル斎藤と愉快なヘラクレスたち
Special Guest 1 Band!!!
DJ : Melime(KOGA RECORDS)
前売り¥3,500
※前売チケットご購入の来場者にもれなくKOGA RECORDS Tシャツプレゼント!

alcott presents
『BUTAFES 2018 -NAMAKEBUTA METABOLIC ROCK FESTIVAL-』
11月23日(金・祝) 兵庫・神戸地区ライブハウス5会場
開場 / 開演時間 13:00 / 14:00
前売り¥2,900

『SIAN “you, me, alt” TOUR FINAL』
12月08日(土) 東京・六本木morph-tokyo
開場 / 開演時間 18:00 / 18:30
出演: SIAN / そこに鳴る / 小林太郎
前売り¥3,000

ライブ会場限定シングル「re:program」

発売中



<収録曲>
1. re:program
2. tragic antinomy
3. re:program -demo-

アルバム「ゼロ」

発売中



<収録曲>
KOCA-96/¥1,700+税
1. 掌で踊る
2. Less Than Zero
3. 表裏一体
4. self connection
5. physical destrudo
6. indelible time



【関連リンク】
そこに鳴る、オランダやドイツなど6ヵ国をまわるヨーロッパツアー決定
そこに鳴るまとめ
音楽プロデューサー・瀬尾一三、自ら手がけた中島みゆきらの名曲を収録した作品集第2弾が発売決定

【関連アーティスト】
そこに鳴る
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ツアー

音楽プロデューサー・瀬尾一三、自ら手がけた中島みゆきらの名曲を収録した作品集第2弾が発売決定
Tue, 13 Nov 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

日本音楽界のレジェンド的プロデューサー瀬尾一三の芸能活動50年のワークスをまとめた作品集第2弾が2019年1月30日に発売となる。

1969年から作・編曲活動をはじめた瀬尾は、2019年に芸能活動50周年を迎える。1990年に?永英明「壊れかけのRadio」で第32回レコード大賞編曲賞を受賞、また中島みゆきの音楽プロデューサーを長年努める中では、名曲となった「糸」、NHK紅白歌合戦出場曲「地上の星」、NHK連続テレビ小説『マッサン』の主題歌「麦の唄」のほか、ミリオンを達成した「浅い眠り」、「空と君のあいだに」、「旅人のうた」など数多くのヒット作を生み出している。その他では、吉田拓郎、長渕剛など、誰もが知る日本を代表するアーティストのヒット作品も数多く手がけている。

そんな瀬尾一三の生誕70周年を記念して2017年に発売した作品集第1弾は、音楽プロデューサーの作品集としては異例の好セールスを記録し、いまなおその記録を伸ばし続けている。

瀬尾が関わった歴史的名曲を通して、フォーク、ニューミュージック、J-POPの黎明期から現在まで、50年にわたる日本の音楽シーンの軌跡を歩むことが出来る作品集の第2弾もまた、誰もが知るアーティストばかりの内容となっており、全17曲が収録される。今回発表された16曲以外の最後の1曲については近日公開予定とのことだが、その発表が待ち遠しい。

なお、同じく1月30日に中島みゆきの90年代後半のオリジナル・ベスト・アルバム『大銀幕』の再発売が決定しているが、こちらもまた瀬尾のアレンジによる作品ばかりなので、ぜひチェックしてもらいたい。

アルバム『「時代を創った名曲たち 2」〜瀬尾一三作品集 SUPER digest〜』

2019年1月30日発売



YCCW-10357/¥2,778+税
<収録曲>※曲順未定
01. 最後の言い訳(1988)/ ?永英明
02. ヘッドライト・テールライト(2000)/ 中島みゆき
03. 終章(エピローグ)〜追想の主題(1980)/ CHAGE and ASKA
04. 中央フリーウエイ(1977)/ Hi-Fi Set
05. 聖・少女(1982)/ 西城秀樹
06. RONIN(1985)/ 吉田拓郎
07. 雪・月・花(1998)/ 工藤静香
08. 6月の雨(1984)/ 松山千春
09. NATURALLY(1983)/ 八神純子
10. マスカレード(1978)/ 庄野真代
11. グッド・タイム・ミュージック(1974)/ 斉藤哲夫
12. 魔法使いの恋人が逃げた(1978)/ 谷山浩子
13. 春でも夏でもない季節(1985)/ 石川優子
14. 海風(1977)/ 風
15. ひとつぶの涙(1972)/ シモンズ
16. 気分を出してもう一度(1977)/ 立木リサ&今野雄二
他、全17曲収録予定

■Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B07KCVGNHW/
■YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS
https://www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=989&artist_id=97



【関連リンク】
音楽プロデューサー・瀬尾一三、自ら手がけた中島みゆきらの名曲を収録した作品集第2弾が発売決定
瀬尾一三まとめ
徳永英明まとめ
中島みゆきまとめ
CHAGE and ASKAまとめ

【関連アーティスト】
瀬尾一三, 徳永英明, 中島みゆき, CHAGE and ASKA, ハイファイ・セット, 西城秀樹, 吉田拓郎, 工藤静香, 松山千春, 八神純子, 庄野真代, 斉藤哲夫, 谷山浩子, 石川優子, 風, シモンズ, 立木リサ&今野雄二
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, アルバム

amazarashi、1日限定オープンのシークレットショップで全101種類の限定Tシャツを販売
Tue, 13 Nov 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

amazarashiが11月10日、自身初の武道館公演『朗読演奏実験空間"新言語秩序"』に向けてシークレットゲリラショップを1日限定でオープンした。

「新言語秩序」プロジェクトとは秋田ひろむ書き下ろしの小説『新言語秩序』を中心とし、楽曲やライブ演出にとどまらず、現実世界の中でオーディエンスがさまざまなカタチで継続的に『新言語秩序』の世界を体験するまったく新しいアーティストによる表現作品群。

武道館公演『新言語秩序』アプリ上で公開されたシークレットゲリラショップは、検閲された歌詞が大きくデザインされたショウウィンドウや「リビングデッド」のMVの世界観を彷彿とさせるインスタレーションに、武道館公演を記念して制作された、amazarashiの楽曲101曲から秋田ひろむがセレクトしたフレーズがデザインされている全101種類の限定Tシャツ、武道館のためにYKBX氏が描き下ろしたイラストなどが展示。限定アイテム以外にも「新言語秩序」の世界観を感じられる仕掛けが施されたショップに、多くのファンが足を運んだ。

ニューシングル「リビングデッド」の発売、アプリ内でのMV公開など、新しい表現に挑戦する武道館公演は、いよいよ11月16日(金)に開催される。

■『新言語秩序』アプリダウンロード
http://www.amazarashi.com/newlogosorder/app/

amazarashi 武道館公演『朗読演奏実験空間“新言語秩序”』supported by uP!!!

11月16日(金) 東京・日本武道館
開場18:00/開演19:00
※TICKET SOLD OUT※

■特設サイト
http://www.amazarashi.com/newlogosorder/

【ライブ・ビューイング】

■amazarashi Live『朗読演奏実験空間“新言語秩序”』 LIVE VIEWING
11月16日(金)19:00開演
全席指定 3,600円(税込)

■amazarashi Live『朗読演奏実験空間“新言語秩序”』 DELAY VIEWING
11月25日(日)19:00開演
11月26日(月)19:00開演
※11月16日(金)公演の再上映となります。
全席指定 3,600円(税込)※限定チケットホルダー付

<会場>
全国各地の映画館
https://liveviewing.jp/amazarashi_newlogosorder/

シングル「リビングデッド」

発売中



【初回生産限定盤】(CD+GOODS)
AICL-3590〜3591/¥2,130+税
※スペシャルボックス仕様
※グッズ:新言語秩序バリケードテープ
<収録曲>
1. リビングデッド
2. 月が綺麗
3. 独白(検閲済み)
4. リビングデッド -instrumental-
5. 月が綺麗 -instrumental-

◎予約購入者特典
・TOWER RECORDS全店(オンライン含む/一部店舗除く)
オリジナルステッカー(A)
・TSUTAYA RECORDS(一部店舗除く)/ TSUTAYAオンラインショッピング(予約のみ)
オリジナルステッカー(B)
・HMV全店(ローチケHMV/一部店舗除く)/全国のローソン・ミニストップ店頭Loppi端末
オリジナルステッカー(C)
・Amazon.co.jp
オリジナルステッカー(D)
・楽天ブックス
オリジナルステッカー(E)
・応援店
オリジナルステッカー(F)※店舗リストは追って公開致します



【通常盤】(CD)
AICL-3592/¥1,185+税
<収録曲>
1. リビングデッド
2. 月が綺麗
3. 独白(検閲済み)



【関連リンク】
amazarashi、1日限定オープンのシークレットショップで全101種類の限定Tシャツを販売
amazarashiまとめ
FLOW、Gacharic Spin、ヒステリックパニックらが参加するプレゼント企画を『DI:GA ONLINE』にて展開中!

【関連アーティスト】
amazarashi
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド

FLOW、Gacharic Spin、ヒステリックパニックらが参加するプレゼント企画を『DI:GA ONLINE』にて展開中!
Tue, 13 Nov 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

DISK GARAGEが運営するライブ・エンタメWEBマガジン『DI:GA ONLINE』では、FLOW、Gacharic Spin、ヒステリックパニックなどのアーティストが参加するプレゼント企画を実施している。

『DI:GA ONLINE』ではプレゼント企画に参加のアーティストを含む、さまざまなアーティストのインタビューやライブレポートを公開中! 10年ぶりの日本武道館単独公演についてたっぷり語るFLOWや、“毒”がコンセプトのミニアルバム『Hypnotic Poison』をリリースしたヒステリックパニック、Gacharic Spinの最新ミニアルバム『Go Luck!』などのインタビュー記事に加え、佐野元春 & THE COYOTE BANDによるZepp DiverCity TOKYO公演のレポートなど、見どころ満載のラインナップが揃っている。各記事の最下部にはプレゼント企画の詳細ページがあるので、こちらも併せて要チェックだ。

各アーティストのプレゼントアイテムについて、FLOWからは日本武道館公演の告知ポスターを3名様にプレゼント。Gacharic Spinのサイン入り『Go Luck!』スマホスタンドや、LUNKHEADのサイン入りポスター、ヒステリックパニックの直筆サイン入り・うさTシャツ(ホワイト/XL)など、サイン入りアイテムも多数用意されている。そして、中には『DI:GA ONLINE』ならではのレアアイテムも! 寺田恵子(SHOW-YA)とEYE(Mary’s Blood)の対談記事を記念した寄せ書きサイン色紙、そしてギターインストイベント『Legend Guitarist』からKOJI(ALvino、La’cryma Christi)とyou(Janne Da Arc)による直筆色紙が各1名様に当たるのでお見逃しなく。

応募方法はTwitterからの応募とメール応募の2通りとなっており、どちらでも気軽にエントリーができる。受付期間は各アーティストによって異なるため、プレゼント詳細ページにて確認してほしい。



【関連リンク】
FLOW、Gacharic Spin、ヒステリックパニックらが参加するプレゼント企画を『DI:GA ONLINE』にて展開中!
FLOWまとめ
STANCE PUNKSまとめ
Gacharic Spinまとめ
ヒステリックパニックまとめ

【関連アーティスト】
FLOW, STANCE PUNKS, Gacharic Spin, ヒステリックパニック, KIRINJI, 佐野元春, メトロノーム, Mary’s Blood, SHOW-YA, LUNKHEAD, JUON, cali≠gari, Rayflower, Kra
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, キャンペーン













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1