歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年11月11日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/11/20
2018/11/19
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
オメでたい頭でなにより、アルバムのレコ発ワンマンツアーが決定
Sun, 11 Nov 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

オメでたい頭でなによりの1stフルアルバム『オメでたい頭でなにより1(読み:わん)』が2019年1月9日(水)に発売されることになり、レコ発ワンマンツアーも決定した。

アルバムのタイトルは『オメでたい頭でなにより1』に決定し、メジャーデビュー曲「鯛獲る」や、TVアニメ『火ノ丸相撲』のエンディングテーマとなった「日出ズル場所」などを収録予定。初回限定盤の特典DVDには、2018年7月16日にZepp DiverCityにて開催された『オメ道楽2018〜鯛獲るレコ発編〜本店』のライブ映像が17曲収録されるので、彼ら自身最大規模でのワンマンライブの模様を充分に堪能して欲しい。 また、初回生産分封入特典(初回限定盤・通常盤共通)には「オメくじ」「プレイパス」が付き、各店舗の予約特典に「寿マンステッカー」が付くので、早めの予約でゲットしてほしい。

さらに『オメでたい頭でなにより1』の発売を記念して、バンド史上初となる全国ワンマンツアー『オメでたい頭でなにより“1”マンツアー 〜今 いくね くるね〜』の開催も決定した。2019年2月9日(土)の千葉LOOKを皮切りに、メジャーデビュー1周年となる2019年4月4日(木)には赤坂マイナビBLITZ公演を開催するなど、4月14日(日)の福岡LIVEHOUSE CBまで全国11箇所を巡るツアーのチケットは、オフィシャル抽選先行販売が11月25日(日)23:59までとなっている。 また、後日ファイナル公演の情報も解禁されるということで、こちらもあわせてチェックしてほしい。

■『オメでたい頭でなにより “1”マンツアー 〜今 いくね くるね〜』

2月09日(土) 千葉・LOOK
2月17日(日) 茨城・水戸LIGHT HOUSE
2月22日(金) 愛知・名古屋ボトムライン
3月09日(土) 宮城・仙台MACANA
3月21日(木) 大阪・梅田CLUB QUATTRO
3月31日(日) 石川・金沢AZ
4月04日(木) 東京・赤坂マイナビBLITZ
4月07日(日) 北海道・札幌Sound lab mole
4月11日(木) 広島・SECOND CRUTCH
4月13日(土) 香川・高松MONSTER
4月14日(日) 福岡・LIVEHOUSE CB

<チケット>
前売り¥3,500(ドリンク代別)/当日¥4,000(ドリンク代別)
オフィシャル抽選先行:11月25日(日)23:59まで
イープラス:http://eplus.jp/omedeta19hp/
一般発売:2018年12月12日(水)12:00〜

アルバム『オメでたい頭でなにより1』

2019年1月9日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA-04733/¥4,445+税
【通常盤】(CD only)
PCCA-04734/¥2,593+税
<収録曲>
■CD
・鯛獲る
・日出ズル場所

■DVD ※初回限定盤のみ
オメ道楽2018〜鯛獲るレコ発編〜本店
2018年7月16日(月・祝)Zepp DiverCity
01.鯛獲る
02.えんがちょ!
03.憂き浮きウォッチング
04.wosushi〜ウォールオブ寿司〜
05.海老振り屋
06.七夕リアン☆リターンズ
07.歌謡サスペンス劇場〜わたしがやりました〜
08.推しごとメモリアル
09.ふわっふー
10.VIVA!ハピバ
11.ダルマさんは転ばないっ
12.スーパー銭湯〜オメの湯〜
13.We will luck you
14.オメでたい頭でなにより
15.笑うユメの生活
16.生霊の盆踊り
17:宴もたけなわプリンセス

◎初回生産分封入特典(初回限定盤・通常盤共通)
・オメくじ(食べないでください)
・プレイパス




【関連リンク】
オメでたい頭でなにより、アルバムのレコ発ワンマンツアーが決定
オメでたい頭でなによりまとめ
それでも世界が続くなら・篠塚、バンド継続を決めるソロ名義での初ワンマンを発表

【関連アーティスト】
オメでたい頭でなにより
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, ツアー

それでも世界が続くなら・篠塚、バンド継続を決めるソロ名義での初ワンマンを発表
Sun, 11 Nov 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Dr脱退のため活動中止を発表した、それでも世界が続くならのボーカリスト篠塚将行が、ソロ名義でのワンマンを来年2月3日に東京・下北沢club Queにて決行することを公式Twitterにて発表した。

2013年のメジャーデビュー後、2016年にはベルウッドレコードに移籍し、不登校やいじめの実体験をリアルな言葉とグランジやシューゲイザーの系譜の色濃いサウンドで、独自の活動を行なってきた伝説的オルタナティブ・パンクロックバンド・それでも世界が続くなら。「活動中止以降、バイトだけしかせず自分の音楽から離れた生活を、「ある種の廃人」とメンバーに心配されて、1回くらいライブしろと言われている」という篠原のツイートから、この「生存確認」ライヴが実現した形となる。

11月11日が篠塚の誕生日ということで、メンバーからのファンへの誕生日プレゼントとして準備されていた発表となった。ソロ名義でのワンマンは初となり、今後の予定は未定という。

それでも世界が続くならは、来年2月11日に、Dr栗原の進退次第で活動の継続についての発表を行う予定。活動報告直前となる2月3日のソロワンマンなだけに、注目の集まる公演になりそうだ。チケットは11月12日より先行発売が開始となるので、ぜひチェックして足を運んでほしい。

■『篠塚将行・初ワンマンライブ 「生存確認」』

2月3日(日) 東京・下北沢CLUB Que
<チケット>
前売り:¥3500、当日:¥4000
先行販売:11月12日(月)10:00〜11月18日(日)18:00
※イープラス  http://urx2.nu/NmjG
一般発売:11月25日(日)10:00〜



【関連リンク】
それでも世界が続くなら・篠塚、バンド継続を決めるソロ名義での初ワンマンを発表
篠塚将行まとめ
それでも世界が続くならまとめ
『ラブライブ!』シリーズよりμ\'s、Aqoursなどの楽曲がサブスク配信スタート

【関連アーティスト】
篠塚将行, それでも世界が続くなら
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 発表, ライブ, ワンマン

『ラブライブ!』シリーズよりμ\'s、Aqoursなどの楽曲がサブスク配信スタート
Sun, 11 Nov 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

スクールアイドルプロジェクト『ラブライブ!』および『ラブライブ!サンシャイン!!』の楽曲が、サブスクリプション型(定額制)配信サービスにて配信開始となった。

2010年8月にリリースされたμ’sの「僕らの LIVE 君との LIFE」から、2018年8月リリースのAqours「Thank you,FRIENDS!!」まで、現在ダウンロード配信を行なっている『ラブライブ!』68タイトル777曲、そして『ラブライブ! サンシャイン!!』26タイトル198曲が、Apple Music、ANiUTa、Amazon Music、AWA、Google Play Music、KKBOX、Spotify、LINE MUSIC、レコチョク Bestなど、その他主要サブスクリプションサービスにて楽しむことができる。

ぜひこの機会に『ラブライブ!』シリーズの楽曲をチェックしてみてはいかがだろうか。

(c)2013 プロジェクトラブライブ!
(c)2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!!

■【配信URL】

※2018年11月9日より順次配信開始

■Apple Music
http://applemusic.com/LoveLive

■ANiUTa
https://aniuta.co.jp/

■Amazon Music
μ’s:https://amzn.to/2qDsfZe
Aqours:https://amzn.to/2Qw2dCu

■AWA
μ’s:https://mf.awa.fm/2ST3kxz
Aqours:https://mf.awa.fm/2D7tHKO

■Google Play Music
μ’s:https://play.google.com/music/listen#/artist/Afurgtuxosloxqs3cpmfvpjes54/%CE%BC\'s
Aqours:https://play.google.com/music/listen#/artist/Alkvkxzty4qo355rwlabhqia3b4/Aqours

■KKBOX
μ’s:https://www.kkbox.com/jp/ja/artist/rm81axnt4PTAtO0F0lI6o08K-index-1.html
Aqours:https://www.kkbox.com/jp/ja/artist/NZh5Zp.AhIwVU20F0lI7O08K-index-1.html

■Spotify
μ’s:https://open.spotify.com/artist/2hYjPkmTry3LYVVSymws5i?si=zusSBMCWQJWo3-LGXPEtpA
Aqours:https://open.spotify.com/artist/6zxQda06WxXX8GmCeYstwV?si=EW5uspZaT0KdzPo9t1FKPw

■LINE MUSIC
μ’s:https://lin.ee/hxaA670/lnms
Aqours:https://lin.ee/hWdfJn7/lnms

■レコチョク Best
μ’s:https://best.recochoku.jp/#artist!artist_id=2000116350
Aqours:https://best.recochoku.jp/#artist!artist_id=2000463746

【ラブライブ! μ’s】

『ラブライブ!』は“みんなで叶える物語”をキーワードにオールメディア展開するスクールアイドルプロジェクト。2013年1月〜3月にTV アニメ1期、2014年4月〜6月にTV アニメ2期をそれぞれ放送し、2015年6月13日より公開された、完全新作劇場版『ラブライブ!The School Idol Movie』は観客動員数200万人超、興行収入は28億円を突破する大ヒットとなった。2016年3月31日・4月1日に東京ドームでμ\'s のファイナルワンマンライブが開催された。

【ラブライブ!サンシャイン!! Aqours】

新しい“みんなで叶える物語”をキーワードにオールメディア展開するスクールアイドルプロジェクト『ラブライブ!サンシャイン!!』。2015年4月に電撃 G’s マガジンを皮切りにプロジェクトを始動。同年10月に1stシングル「君のこころは輝いてるかい?」をリリースし、2016年7月よりTV アニメ1期、2017年10月からのTV アニメ2期放送を終え、ついに完全新作劇場版が来年2019年1月4日(金)全国ロードショー!!更にスクールアイドル Aqours は4thライブとして東京ドーム公演を2018年11月17日(土)・18日(日) に控えている。



【関連リンク】
『ラブライブ!』シリーズよりμ\'s、Aqoursなどの楽曲がサブスク配信スタート
μ\'sまとめ
Aqoursまとめ
『TOKYO CALLING2018』、『Love music』にてオンエア

【関連アーティスト】
μ\'s, Aqours
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, ゲーム, 音楽配信

『TOKYO CALLING2018』、『Love music』にてオンエア
Sun, 11 Nov 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月に開催された今年で3回目となるサーキットイベント『TOKYO CALLING 2018』。そこで実現した、フジテレビ系列『Love music』とのコラボステージの模様が、同番組にてオンエアされる!

■フジテレビ系列『Love music』 番組公式HP
http://www.fujitv.co.jp/lovemusic/

■フジテレビ系列『Love music』

11月11日(日) 24:30〜25:25放送予定
※放送時間の変更・放送が延期になる可能性がございます。
※地域によって放送日時が異なります。各放送局のHPにてご確認下さい。
※放送時間は日米野球次第で延長・延期にな流可能性があります。



【関連リンク】
『TOKYO CALLING2018』、『Love music』にてオンエア
吉澤嘉代子、アルバム『女優姉妹』初回盤付属LIVE DVDダイジェスト公開

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, コラボ, 音楽番組, ライブ

吉澤嘉代子、アルバム『女優姉妹』初回盤付属LIVE DVDダイジェスト公開
Sun, 11 Nov 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

吉澤嘉代子が11月7日に発売された4thアルバム『女優姉妹』初回限定盤に付属する、 2枚組LIVE DVD「吉澤嘉代子の発表会」のダイジェスト映像を公開した。 2018年6月16日、17日の2日間に渡り東京国際フォーラムで開催されたスペシャルコンサートの模様を、ほぼ丸ごとともいえる39曲収録された内容となっている。

『子供編』2018年6月16日から「未成年の主張」「ブルーベリーシガレット」「えらばれし子供たちの密話」「泣き虫ジュゴン」「?雪」、そして『大人編』2018年6月17日から「綺麗?」「地獄タクシー」「ストッキング」「残ってる」「ミューズ」「23歳 feat. ウィンディ」の11曲がダイジェスト映像で楽しめ、ワンマンではお馴染みの吉澤嘉代子の真骨頂、小芝居で進行するシーンも公開されている。

アルバム『女優姉妹』

発売中



【初回限定盤】(CD+2LIVE DVD)
CRCP-40563/¥6,463+税
<収録曲>
■CD
01.鏡
02.月曜日戦争
03.怪盗メタモルフォーゼ
04.女優
05.ミューズ
06.洋梨?
07.恥ずかしい(新録)
08.よるの向日葵?
09.残ってる?
10.最終回
■LIVE DVD
『吉澤嘉代子の発表会』東京国際フォーラム ホールC コンサート映像
[DISC1]『子供編』2018年6月16日
01.未成年の主張
02.恋愛倶楽部
03.美少女
04.チョベリグ
05.らりるれりん
06.ブルーベリーシガレット
07.ひゅー
08.ユキカ?
09.うそつき
10.なかよしグルーヴ
11.逃飛行少女
12.えらばれし子供たちの密話
13.キルキルキルミ
14.ひょうひょう
15.ラブラブ
16.movie
17.泣き虫ジュゴン
18.雪
19.ひゅるリメンバー
[DISC2]『大人編』2018年6月17日
01.綺麗?
02.ねえ中学生
03.ケケケ
04.月曜日戦争
05.手品
06.化粧落とし
07.がらんどう
08.ジャイアンみたい
09.ユートピア
10.シーラカンス通り
11.ちょっとちょうだい
12.麻婆
13.地獄タクシー
14.人魚?
15.一角獣
16.ストッキング
17.残ってる
18.ミューズ
19.東京絶景
20.23歳feat. ウィンディ



【通常盤】(CD)
CRCP-40564/¥2,778+税
<収録曲>
01.鏡
02.月曜日戦争
03.怪盗メタモルフォーゼ
04.女優
05.ミューズ
06.洋梨?
07.恥ずかしい(新録)
08.よるの向日葵?
09.残ってる?
10.最終回

『女優ツアー2019』

2月10日(日) 福岡・都久志会館
2月15日(金) 大阪・NHK大阪ホール
2月17日(日) 広島・BLUE LIVE広島
3月03日(日) 宮城・チームスマイル・仙台PIT
3月06日(水) 愛知・名古屋市芸術創造センター
3月10日(日) 北海道・Zepp札幌
3月17日(日) 東京・昭和女子大学人見記念講堂



【関連リンク】
吉澤嘉代子、アルバム『女優姉妹』初回盤付属LIVE DVDダイジェスト公開
吉澤嘉代子まとめ
HAN-KUN、クラブ空間でのプレミア10周年記念ライブが大盛況

【関連アーティスト】
吉澤嘉代子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, DVD, アルバム, 発表, 特典, ツアー

HAN-KUN、クラブ空間でのプレミア10周年記念ライブが大盛況
Sun, 11 Nov 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

HAN-KUN(From 湘南乃風)のソロデビュー10周年記念ワンマンライブ『HAN-KUN 10th Anniversary Show Case“SUPA DUPA FLY”』が、11月9日(金)に渋谷WOMBで行われた。レゲエを始めた頃から立ち続けてきた「クラブ」空間での500人限定記念プレミアムライブには、全国からファンが集結し開演前からフロアは熱気で包まれていた。

鳴り響くホイッスルと大歓声が起きる中「DEEP IMPACT」からライブの幕が開き、ヒット曲「KEEP IT BLAZING」「TOUCH THE SKY」などを披露。HAN-KUNセルフプロデュースのLEDビジョンに映し出された映像演出に加え、ライブの終盤で「ずっと feat. HAN-KUN & TEE」が始まると同時に、ステージにTEEが登場し会場はひとつに。MCでは、10周年を迎えることができた想いと共に、ファンやスタッフ、そして湘南乃風のメンバーへの感謝の言葉を述べ、「みんなこれからもよろしく!」と今後の決意を新たにした。

ラストはHAN-KUNの「全員出てこいやー!」の呼びかけと共に、最新楽曲「SUPA DUPA FLY(feat.湘南乃風,MOOMIN,KENTY GROSS,BES,APOLLO,NATURAL WEAPON,導楽)」を湘南乃風、MOOMINら仲間と熱唱し、圧巻のステージでファンを熱狂させ、ボルテージは最高潮のまま幕を閉じた。

2019年春には、自身初のカバーアルバムのリリースと、それを引っさげたワンマンライブも予定されており、今後の10周年の活動も要チェックだ。

【セットリスト】
01.DEEP IMPACT
02.TEPPEN!!
03.ROAD TO ZION
04.FIRE AGAIN
05.KEEP IT BLAZING
06.SAIKOH
07.MAGIC MOMENT
08.JOURNEY
09.DREAMER
10.FOREVER
11.NOT AN EASY ROAD
12.T.R.Y
13.TOUCH THE SKY
14.Roots&Future
15.REGGAE MAN
16.PULL UP
17.I&I
18.Never Mind
19.Don’t Give Up Yourself!!
20.POSSIBLE
21.ずっと feat.HAN−KUN&TEE
22.One Song
23.♯IROIRO
24.New Era
25.SUPA DUPA FLY(feat.湘南乃風,MOOMIN,KENTY GROSS,BES,APOLLO,NATURAL WEAPON,導楽)



【関連リンク】
HAN-KUN、クラブ空間でのプレミア10周年記念ライブが大盛況
HAN-KUN まとめ
湘南乃風まとめ
斉藤和義、主催チャリティライヴに奥田民生・Chara・YO-KINGらが集結

【関連アーティスト】
HAN-KUN , 湘南乃風
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ライブレポ

斉藤和義、主催チャリティライヴに奥田民生・Chara・YO-KINGらが集結
Sun, 11 Nov 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月8日(木)に東京・Zepp DiverCity Tokyoにて、斉藤和義を発起人とした西日本豪雨被災地復興のためのチャリティライブが開催された。斉藤の呼びかけで、岡村靖幸、奥田民生、Chara、寺岡呼人、浜崎貴司、藤原さくら、YO-KINGが集結し、シークレットゲストとして荻野目洋子も出演。会場にかけつけた満員のオーディエンスとともに熱いパフォーマンスが繰り広げられた。

これまでもチャリティイベントへの参加や主催をしてきた斉藤和義。今年デビュー25周年を記念して9月6日に行った日本武道館公演のMCにて、今年6月下旬から7月上旬にかけて台風7号及び梅雨前線等の影響で、西日本を中心に全国的に記録的な集中豪雨で被災した地域・人々の復興に向け、『西日本豪雨復興支援チャリティコンサート〜空に星が綺麗プロジェクト〜 斉藤和義 with Friends』を立ち上げることをファンの前で発表した。

超満員となった東京・Zepp DiverCity(Tokyo)、オープニングで斉藤が登場し「支援金の寄付の仕方はいろいろ検討中です。主旨に賛同してくれた素晴らしいミュージシャンたちが集まってくれました」と、まずはイベント開催について感謝の意を表明し、「月光」と2011年にリリースしたアルバム『45 STONES』に収録の「ウサギとカメ」をアコースティックギターとハーモニカで熱く弾き語った。「歌の不安もあるが、本日のイベントの進行役もあるので妙な緊張感があります(笑)」と照れくさそうに語り会場を和ませた。

今回のイベントは、それぞれのゲスト・アーティストを呼び込みながら、トーク+斉藤とのセッションというスタイルで構成されており、一人目のゲストYO-KINGを呼び込みいったんステージを去ると、YO-KINGは「Hey!みんな元気かい?」を弾き語った。斉藤が再び登場し、1993年発表の真心ブラザーズ「素晴らしきこの世界」をYO-KINGと協演。次に登場した寺岡呼人が自身の「大人」を歌い、「紳士協定」をセッション初披露したかと思えば、浜崎貴司が自身のバンドFLYING KIDSの「幸せであるように」を力強くのびやかに歌い上げ、“斉藤和義&浜崎貴司”名義で2004年に発表した「オリオン通り」を二人で熱演。その後、奥田民生が呼び込まれながらもいまだ何を歌うか決めてないと語り、「マシマロ」を歌った後に「イージュー★ライダー」で斉藤とともに会場を盛り上げた。ここで、先日デビューしたばかりの全員50代のフロントマンで結成されたスーパーバンド・カーリングシトーンズの曲「スベり知らずシラズ」「何シトン」を、寺岡シトーン(寺岡呼人)、奥田シトーン(奥田民生)、斉藤シトーン(斉藤和義)、浜崎シトーン(浜崎貴司)、キングシトーン(YO-KING)によるバンドセットでパフォーマンス。9月23日に行われたデビューライブでのみ披露されていた曲だけに、プレミアムなセットとなった。その後、藤原さくらが「500マイル」を弾き語りでじっくり聞かせたところで、キャロル・キングが1971年に発表した「You\'ve got a friend」をデュエット。この曲の歌詞が本イベントの主旨とも通づるような気がするとともに、藤原のヴォーカルも合うのではと選曲を提案したという。続いて、「Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜」をCharaがキーボード、斉藤がドラムというレアな編成でパフォーマンスしたのち、Charaが作詞、岡村靖幸が作曲した2001年リリースのポップチューン「レモンキャンディ」を岡村も迎え入れ3人でプレイ。しかも、岡村とCharaはこの日がライブ初共演という貴重な組み合わせでもあった。そのまま岡村がステージに残りファンキーなギターカッティングでスペシャルメドレーを弾き語った後、斉藤を交えブルージーなギターセッションを繰り広げたかと思えば、そこに岡村が即興で歌詞をのせ、会場は更に盛り上がったところで本編を終えた。

アンコールでは、荻野目洋子がシークレットゲストとして登場。奥田民生、寺岡呼人、浜崎貴司、YO-KING、斉藤和義をバックダンサーに「ダンシング・ヒーロー」を披露し、予想外の展開に会場は大いに盛り上がった。実は、今年の3月から9月まで行った全国ワンマンライブツアー内で、斉藤が「ダンシング・ヒーロー」をパフォーマンスしていたことを荻野目がSNSで知り、このイベントへ出演をオファーして実現したのだという。オーディエンスからも大ウケで、ともに踊り、一体化したところで斉藤の「歩いて帰ろう」を奥田民生、荻野目洋子、Chara、寺岡呼人、浜崎貴司、藤原さくら、YO-KINGとバンドスタイルでセッションし、最後はこのイベントのタイトルの一部にもなっている「空に星が綺麗」を斉藤がひとり弾き語り、全21曲・約3時間にわたったチャリティイライヴを締めくくった。なお、収益金の一部は被災地復興のための支援金として寄付され、収支内容と支援金の用途については、追って斉藤和義オフィシャルサイトにて発表される。

photo by 後藤倫人

【セットリスト】
01.月光(斉藤和義)
02.ウサギとカメ(斉藤和義)
03.Hey!みんな元気かい?(YO-KING)
04.素晴らしきこの世界(YO-KING/斉藤和義)
05.大人(寺岡呼人)
06.紳士協定(寺岡呼人/斉藤和義)
07.幸せであるように(浜崎貴司)
08.オリオン通り(浜崎貴司/斉藤和義)
09.マシマロ(奥田民生)
10.イージュー★ライダー(奥田民生/斉藤和義)
11.スベり知らずシラズ(奥田民生/寺岡呼人/浜崎貴司/YO-KING/斉藤和義)
12.何シトン(奥田民生/寺岡呼人/浜崎貴司/YO-KING/斉藤和義)
13.500マイル(藤原さくら)
14.You\'ve got a friend(藤原さくら/斉藤和義)
15.Swallowtail Butterfly〜あいのうた〜(Chara/斉藤和義)
16.レモンキャンディ(Chara/岡村靖幸/斉藤和義)
17.スペシャルメドレー(岡村靖幸)
18.ブルースセッション(岡村靖幸/斉藤和義)
EN01.ダンシング・ヒーロー(荻野目洋子/奥田民生/寺岡呼人/浜崎貴司/YO-KING/斉藤和義)
EN02.歩いて帰ろう(荻野目洋子/奥田民生/Chara/寺岡呼人/浜崎貴司/藤原さくら/YO-KING/斉藤和義)
EN03.空に星が綺麗(斉藤和義)

■斉藤和義 25周年スペシャルサイト
http://www.jvcmusic.co.jp/ks/



【関連リンク】
斉藤和義、主催チャリティライヴに奥田民生・Chara・YO-KINGらが集結
斉藤和義まとめ
岡村靖幸まとめ
荻野目洋子まとめ
奥田民生まとめ

【関連アーティスト】
斉藤和義, 岡村靖幸, 荻野目洋子, 奥田民生, Chara, 寺岡呼人, 浜崎貴司, 藤原さくら, YO-KING
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブレポ

三月のパンタシア、TVアニメ『ベルまま。』OPテーマを先行配信
Sun, 11 Nov 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ボーカリスト・みあによる、“終わりと始まりの物語を想像する音楽ユニット”三月のパンタシア。TVアニメ『ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。』のオープニングテーマとなっている新曲「ピンクレモネード」は、すでにTVオンエアやYouTubeにて公開されているリリックビデオが話題になっているが、この楽曲の先行フル配信が11月10日よりスタートとなった。

分島花音、やいり、堀江晶太という音楽クリエイター陣の参加に加え、ダイスケリチャードのイラストも注目を高めている本作品。シングル発売に先駆け、三月のパンタシアの世界観をぜひチェックしてほしい。

(c)matoba/SQUARE ENIX?「ベルまま。」製作委員会

先行配信シングル「ピンクレモネード」

配信中



https://smu.lnk.to/pl

シングル「ピンクレモネード」 

2018年11月21日発売



【初回生産限定盤 (ピンクレモネード盤)】(CD+DVD)
VVCL−1355〜1356/¥2,200+税
※仕様:オリジナルクリアポーチ+巻三つブックレット+のぞき穴付きピンク三方背+ホログラムステッカー
<収録曲>
■CD
1.ピンクレモネード
作詞:分島花音、作曲:やいり、編曲:堀江晶太(PENGUIN RESEARCH)/やいり
2.恋を落とす
作詞・作曲・編曲:n-buna
3.サイレン
作詞:みあ、作曲:蘭華、編曲:江口 亮
4.ピンクレモネード−Instrumental−
■DVD
1.ピンクレモネード−Lyric Video−

◎初回特典(3形態全て共通の特典となります。)
三月のパンタシア LIVE 2019「ピンクスパークス」ライブ応募シリアルナンバー封入
申込期間:11月20日(火)12:00〜11月26日(月)18:00まで



【通常盤】(CD)
VVCL−1357/¥1,200+税
<収録曲>
1.ピンクレモネード
作詞:分島花音、作曲:やいり、編曲:堀江晶太(PENGUIN RESEARCH)/やいり
2.恋を落とす
作詞・作曲・編曲:n-buna
3.サイレン
作詞:みあ、作曲:蘭華、編曲:江口 亮
4.ピンクレモネード−Instrumental−



【期間生産限定盤(「ベルまま。」盤)】(CD+DVD)
VVCL−1358〜1359/¥1,600+税
※仕様:TVアニメ「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」描き下ろしイラスト・デジ仕様
<収録曲>
■CD
1.ピンクレモネード
作詞:分島花音、作曲:やいり、編曲:堀江晶太(PENGUIN RESEARCH)/やいり
2.恋を落とす
作詞・作曲・編曲:n-buna
3.サイレン
作詞:みあ、作曲:蘭華、編曲:江口 亮
4.ピンクレモネード−TV size−
■DVD
1.TVアニメ『ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。』ノンクレジットオープニング

(C)matoba/SQUARE ENIX?「ベルまま。」製作委員会



【関連リンク】
三月のパンタシア、TVアニメ『ベルまま。』OPテーマを先行配信
三月のパンタシアまとめ
D、新曲「Deadly sin」MVフルver.を豊洲公演まで期間限定公開

【関連アーティスト】
三月のパンタシア
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, 配信, アニメ, オープニング

D、新曲「Deadly sin」MVフルver.を豊洲公演まで期間限定公開
Sun, 11 Nov 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

結成15周年・メジャー10周年を迎えたDの、ヴァンパイアストーリー第2章が幕を開けた。前作に続き濃厚なストーリーと世界観が展開される、11月14日発売のシングル「Deadly sin」のMV Fullバージョンを、11月10日(土)から豊洲PIT公演当日の12月21日(金)まで期間限定で公開!

ダブステップをはじめとするデジタル要素を巧みに取り入れた、スピード感溢れるヘヴィかつメロディアスな表題曲「Deadly sin」は、ASAGI(Vo)による強く凛々しい歌声にシリアスな歌詞、力強い楽器隊のサウンドが特徴的だ。MVではヴァンパイアストーリー第2章の幕開けにふさわしい不穏な空気と荒廃した世界観、戦闘シーンやゾンビに囲まれる緊迫した場面からの衝撃的なダンスシーンといった見どころがある。MV SPOTでは観ることができなかった全貌を楽しみにしてほしい。

カップリングには、水を司るヴァンパイア・キルヒアイスを主人公とした「STAR SAPPHIRE」、火を司るヴァンパイア・カーバンクルが主人公の「The Secret Rose Garden」に加え、TYPE-Cには風を司るヴァンパイア・ラファーガと、大地を司るヴァンアパイア・ウィルダネスを含めた四騎士が活躍するインスト曲「Blood war」も収録される。

また、発売を記念したインストアイベントも開催中。トークや握手、サイン会、サイン入りポスターの手渡し会、チェキ撮影会など、それぞれ趣向を凝らした内容になっているので、こちらもチェックしてほしい。

そして、先日発表となった12月19日発売『Vampire Chronicle〜V−Best Selection Vol.2〜』は、未発表曲4曲を追加したヴァンパイアコンセプトのベストアルバム。初回生産限定盤は、2CD+2DVD+豪華写真集28P+12inch LPサイズ特殊仕様BOXパッケージで、今年4月に品川インターシティホールで行われた「Narrow Escape」Final Liveを収めたDVDがセットになった、まさにスペシャルな仕様になっている。

現在、シングル「Deadly sin」やベストアルバムからの新曲も披露されている、全国ワンマンツアー真っ只中の彼ら。そのファイナルとなる12月21日(金)豊洲 PIT公演では、指定席での来場者限定で組曲「狂王」(未発表曲)のプレゼントが有り、結成15周年特別価格¥1,500立ち見チケットも有りとのこと。また、ツアー全公演終演後、物販購入者対象特典会も行われるということなので、ぜひ足を運んでほしい。

さらに、来年2019年1〜3月のライブスケジュールも発表となり、リリースやイベントも目白押しなDの活動、そしてメンバーソロの動きを要チェック!

■「Deadly sin」特設サイト
http://d-gcr.com/deadly-sin/
■「Deadly sin」全曲試聴ページ
http://www.d-gcr.com/discography/discography.html

シングル「Deadly sin」

2018年11月14日発売



【TYPE-A】(CD+DVD)
YICQ−10411/B/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1. Deadly sin
2. STAR SAPPHIRE
3. Deadly sin(Instrumental)
■DVD
1.Deadly sin(MV)



【TYPE-B】(CD+DVD)
YICQ−10412/B/¥1,800+税
※豪華ブックレット仕様
<収録曲>
■CD
1. Deadly sin
2. STAR SAPPHIRE
3. The Secret Rose Garden
■DVD
1.Deadly sin(MV Making)



【TYPE-C】(CD)
<収録曲>
1. Deadly sin
2. STAR SAPPHIRE
3. The Secret Rose Garden
4. Blood war (Instrumental)

アルバム『Vampire Chronicle 〜V-Best Selection Vol.2〜』

2018年12月19日発売



【初回生産限定盤】(2CD+2DVD)
YICQ−10408〜9/B〜C/¥10,000+税
※豪華写真集28P+12inch LPサイズ特殊仕様BOXパッケージ
<収録曲>
■CD[DISC-1]
01.Vampire Missa
02.月と海の誓約
03.翠緑の翼
04.ひび割れた柘榴石
05.千夜一夜のダラブッカ
06.ザハブを継ぐ者(Instrumental)
07.Stray children(Instrumental)
08.赤き羊による晩餐会
09.DAY WALKER
10.太陽を背にして
11.Face
12.Sleeping beautiful beast
13.月夜の恋歌
14.繭月の棺
15.Der K?nig der Dunkelheit
16.無垢なる薔薇の祈り
■CD[DISC-2]
01.In the name of justice
02.Underground road
03.Grand Master
04.断罪の銃士(ガンナー)
05.Arabesque
06.what is Going On with The Human
07.氷の墓標
08.Kの氷奏曲
09.Ghost in the mirror
10.愛は棺の中に
11.Desert Warrior
12.Quartet〜真夜中の四重奏〜
13.Sleeper
14.Nocturnal
15.夜の眼と吟遊詩人
16.鬨の声
17.Dandelion
■DVD[DISC-1]
2018.4.22「Narrow Escape」Final Live at SHINAGAWA INTERCITY HALL
01.Night−ship“D”?
02.Fanfare?
03.闇より暗い慟哭のアカペラと薔薇より赤い情熱のアリア?
04.太陽を葬る日?
05.Rosette Nebula?
06.花惑?
07.弾丸?
08.Underground Revolution 〜反逆の旋律(メロディー)〜?〜Dr. solo、リズムセッション〜?
09.Bon Voyage!?
10.DEAD ROCK?
11.Dearest you?
12.Guardian?
13.至高の美の崩壊?
14.Tightrope?
15.時空航海記〜光の彼方へ〜?
16.Narrow Escape?
■DVD[DISC-2]
1.BIRTH?
2.7thRose〜Return to Zero〜
3.7th Rose?
4.EDEN?
5.春の宴?
6.Dandelion




【通常盤】(2CD)
YICQ−10414〜5/¥3,000+税
<収録曲>
■CD[DISC-1]
01.Vampire Missa
02.月と海の誓約
03.翠緑の翼
04.ひび割れた柘榴石
05.千夜一夜のダラブッカ
06.ザハブを継ぐ者(Instrumental)
07.Stray children(Instrumental)
08.赤き羊による晩餐会
09.DAY WALKER
10.太陽を背にして
11.Face
12.Sleeping beautiful beast
13.月夜の恋歌
14.繭月の棺
15.Der K?nig der Dunkelheit
16.無垢なる薔薇の祈り
■CD[DISC-2]
01.In the name of justice
02.Underground road
03.Grand Master
04.断罪の銃士(ガンナー)
05.Arabesque
06.what is Going On with The Human
07.氷の墓標
08.Kの氷奏曲
09.Ghost in the mirror
10.愛は棺の中に
11.Desert Warrior
12.Quartet〜真夜中の四重奏〜
13.Sleeper
14.Nocturnal
15.夜の眼と吟遊詩人
16.鬨の声
17.Dandelion

【ライヴ情報】

『D Tour 2018「Deadly sin」』
11月17日(土) 愛知・名古屋 Electric Lady Land 
11月18日(日) 大阪・OSAKA MUSE 
11月23日(金・祝) 広島・SECOND CRUTCH 
11月25日(日) 福岡・DRUM Be-1 
12月01日(土) 埼玉・HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心VJ-3 
12月07日(金) 石川・金沢AZ 
12月08日(土) 新潟・GOLDEN PIGS RED STAGE 
12月10日(月) 宮城・仙台 CLUB JUNK BOX 
12月13日(木) 北海道・札幌cube garden 

『D結成15周年 メジャー10周年Year Grand Final』
12月21日(金) 東京・豊洲 PIT 
※当日は指定席での来場者には、組曲「狂王」(未発表曲)プレゼント



【関連リンク】
D、新曲「Deadly sin」MVフルver.を豊洲公演まで期間限定公開
Dまとめ
Chicago Poodle、ワンワンワンワンの日に配信シングル&あざといMV公開

【関連アーティスト】
D
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, MV, シングル, アルバム

Chicago Poodle、ワンワンワンワンの日に配信シングル&あざといMV公開
Sun, 11 Nov 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

来年2019年3月にメジャーデビュー10周年を迎えるChicago Poodle。ファンとの距離が近く感じられる会場にて行われてきた、全国11か所22公演となる1日2回公演のアコースティックツアーも、台風の振替となる松山公演を残すのみとなった。そんな中、配信限定でシングル「Wonderful Days」をリリースすることが決定した。

昨年8月の5thアルバム『袖振り合うも多生の縁』以来となる約1年3カ月ぶりの新曲リリースで、Chicago Poodleの真骨頂ともいえる美メロと切ない別れを歌った極上LOVE SONGに仕上がっている。また、同時に試聴用として「Wonderful Days」のMV Short Ver.も公開された。視聴率が取れると言われている三大要素を盛り込んで、あざといとは思いながらも心が柔らかくなる内容になっているので、そのしてやられた感も感じてみてほしい。

そして、来年2019年1月11日には地元・関西にてワンマンライブ、その名も『犬(one)man LIVE』を開催することが決定! 10周年に向けて加速する彼らの動きは要チェックだ。

配信シングル「Wonderful Days」

2018年11月11日 配信



¥232+税
<収録曲>
1.Wonderful Days

・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1441269298?app=itunes&ls=1
・mora
https://mora.jp/package/43000020/chicago-0154/
・レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1007485354/
・BEING GIZA STUDIO
https://sp.being.co.jp/music/chicago/chicago-0154

■『犬(one)man LIVE』

1月11日(金) 大阪・hillsパン工場
OPEN 18:30~ / START 19:00~



【関連リンク】
Chicago Poodle、ワンワンワンワンの日に配信シングル&あざといMV公開
Chicago Poodleまとめ
ザ・ビートルズ、ホワイト・アルバム50周年記念盤発売に富澤タク、佐野史郎が喜びのコメントを発表

【関連アーティスト】
Chicago Poodle
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, シングル, 配信, ワンマン

ザ・ビートルズ、ホワイト・アルバム50周年記念盤発売に富澤タク、佐野史郎が喜びのコメントを発表
Sun, 11 Nov 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月9日に発売されたザ・ビートルズの『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』50周年記念ニュー・エディション。この発売に対して、富澤タク氏、佐野史郎氏からコメントが到着した。

また、『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』50周年記念ニュー・エディションに収録される2018ステレオ・アルバム・ミックスを使用した「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」のリリック・ビデオも公開となっているので、こちらもチェックしていただきたい。

さらにこの発売を記念して、イギリス時間11月7日に行なわれた『ホワイト・アルバムが現代に与えた影響』についてのトーク・イベントの映像も公開された。このイベントには作品のリミックスなどを手掛けたプロデューサーのジャイルズ・マーティンや、ザ・ラスカルズやザ・ラスト・シャドウ・パペッツの活動で知られるマイルズ・ケイン、NMEやBBCの記者らが参加している。

■【コメント】

■富澤タク(グループ魂/Number the.)
驚異的な音楽性の幅広さ、ボリューム感。
相反するフィールドの境界を自由自在、縦横無尽に往来。
コンセプトアルバム? そんなのはもうやっちまった、関係ねぇぜ!
と言わんばかりのかまえ。
同時に、と或る物語の一つの区切りの終盤だけに立ち上がる
叙情的な哀愁と突き抜け感。

ロックにもバンドの形式にも囚われず
いかんともしがたい宿命的な制作の気配を
最初から最後まで隅々に感じる。
そして白一色のミニマルなジャケットアート。

極論、ここ50年のロックバンドアルバムは
これ1枚あればいいのかもしれない。

■佐野史郎
小学生の時からレコードで聴きこんできたビートルズの音。ホワイトアルバムは中学二年生の時。No A 028645と記された真っ白なレコードジャケットは薄汚れてしまったけれど、今でもレコード盤に針を落とす。1980年代になってレコードからCDへと移行していく時に、ビートルズの音がそれまで親しんできた音ではなくなってしまっていたので違和感が拭えず、それ以降ビートルズだけはどうしてもCDで聴くのがためらわれた。

聴こえていなかった音が明確に聴こえてきたことや、ヴォーカルやそれぞれの楽器のバランスも違って聴こえ、身体が受け付けなかったのだ。

さすがに30周年記念のホワイトアルバム“THE BEATLES"は買い求めたが、ずっと棚に眠ったままになっていた。No 0074385。

久しぶりに聴いたCDはとても良かったが、レコードとは別物と、身体が学習するようになってきたのだろう。

それも昨年リリースされた“Sgt. Pepper\'s Lonely Hearts Club Band"のリミックスがあまりにも素晴らしく、まるでビートルズが演奏しているスタジオで聴いているかのような錯覚を覚えるほどだった音を浴びて、アナログ〜デジタルの呪縛から解かれたからに違いない。

50周年記念版のホワイト・アルバムにはオリジナルアルバム未収録の楽曲も含まれる。次のナンバリングも楽しみだ。

また、こうしてビートルズのレコーディングセッションに立ち会える幸せを噛み締めながら、中学二年生だった1968年の自分にも聴かせて驚かせてやろう。

アルバム『ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム)』ニュー・エディション

2018年11月9日発売



【スーパー・デラックス・エディション】(6CD + 1ブルーレイ・オーディオ 収録豪華本付ボックス・セット)
UICY-78856/¥19,500+税
【3CDデラックス・エディション】
UICY-78857/9/¥3,600+税
【4LPデラックス・エディション】
UIJY-75096/9/¥14,300+税
【2LPエディション】
UIJY-75094/5/¥6,429+税
※フィジカル4形態で発売

■詳細・予約・視聴はこちら
https://lnk.to/TheBeatles_White



【関連リンク】
ザ・ビートルズ、ホワイト・アルバム50周年記念盤発売に富澤タク、佐野史郎が喜びのコメントを発表
The Beatlesまとめ
グループ魂まとめ
欅坂46、織田奈那が主演を務めた短編映画『未来のあたし』一般公開が決定

【関連アーティスト】
The Beatles, グループ魂
【ジャンル】
洋楽, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 発表, 名曲, リリース, 発売

欅坂46、織田奈那が主演を務めた短編映画『未来のあたし』一般公開が決定
Sun, 11 Nov 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

アジア最大のショートフィルムの映画祭『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)2018』にノミネーションされ、織田奈那(欅坂46)初主演作品としても話題を呼んだ短編映画『未来のあたし』の一般公開が決定した。

このショートフィルムの制作プロジェクトは主演の織田奈那、監督の豊島圭介をはじめ、クリエイティブディレクター原野守弘、作曲家・山本清香など、浜松出身の多彩なスタッフで固められており、撮影の舞台も浜松市であることから、11月10日に地元・浜松で開催された『はままつ映画祭2018』でもオープニング作品として上映。上映後のトークショーには豊島監督が登壇し、地元浜松での凱旋上映に『浜松のキャスト、スタッフとともに、浜松で撮影された作品が、今こうやって故郷で上映されることに、この作品にとっていちばんふさわしい場所で上映されているなと実感しました』と感慨深くコメントを残した。

また、上映回が早い段階から満席になってしまったことからも、沢山の方から『映画祭だけでなく一般上映をしてほしい』という声が寄せられ、リクエストにお応えする形で12月29日(土)より、同じく浜松の映画館・シネマイーラにて一般公開されることも決定。本プログラムは『未来のあたし〜豊島圭介ショートフィルム映画祭〜』と題され、『未来のあたし』以外にも豊島監督が過去に手掛けた短編作品『すけ坊』『あさのはなし』も同時上映される。

■『未来のあたし〜豊島圭介ショートフィルム映画祭〜』オフィシャルページ
http://www.keisuketoyoshima.com

【各関係者よりコメント】

■織田奈那(欅坂46)
はままつ映画祭2018のオープニング作品として『未来のあたし』が上映されたことを、出演させて頂いた立場としても、浜松出身者としてもとても光栄に思います。地元浜松での撮影ということで私自身とても気合が入り、一生懸命に取り組みました。そんな気持ちを込めて携われた作品なので、こうして沢山の方々に観ていただけることが本当に嬉しいです。 そして浜松のシネマイーラでも『未来のあたし』が一般公開されるということで感謝と嬉しさでいっぱいです。是非たくさんの方々に観ていただきたいです。

■豊島圭介
自分がコツコツと撮りためてきた短編作品がこうして陽の目を見ることができて嬉しいです。今まで、ホラーとかアイドルのヤンキーものとかアクションとかB級テイストのジャンルものを数多くやってきた僕ですが、今回は〈豊島圭介のホワイトサイド〉ともいうべき人情コメディや胸アツドラマを並べました。どの作品も「失われた時」にまつわる物語です。誰もが振り返れば思い当たるエピソードが詰まった作品群ですので、色んな世代の方にご覧いただけると嬉しいです。



【関連リンク】
欅坂46、織田奈那が主演を務めた短編映画『未来のあたし』一般公開が決定
欅坂46まとめ
MASK、未散の生還と結成15周年を祝う『生還祭』第二弾チケット発売を発表&待望のメンバーtwitterがスタート

【関連アーティスト】
欅坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, トレーラー, 発表, 映画

MASK、未散の生還と結成15周年を祝う『生還祭』第二弾チケット発売を発表&待望のメンバーtwitterがスタート
Sun, 11 Nov 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2006年5月1日、Zepp Tokyoのライブの場を持ってメンバー全員がバンドを卒業(解散)。その10年後となった2016年5月1日、Zepp Tokyoを舞台に第一期/第二期MASKとして復活。その後、年に一度集まる機会を作っては、活動を続けてきたMASK。今年は結成から数えて15年目に当たる年から、本当なら派手に祝いの場(ライブ)を設けようと思っていたのだが、先にNEWSとしても流れたようにリーダーの未散が死地を彷徨う病気を患い、MASKの存続どころか、未散自身の命さえ途絶えるかも知れぬ状況へ陥っていた。

美しい花咲き誇る岸辺の先へ渡ろうとしていた未散を引き止め、連れ戻したのがMASKのメンバーだったことは、後に未散自身が退院後に語ってくれた。今は無事に社会復帰しプロデュース業へ勤しんでいる未散だが、一度身体を蝕んだ病魔は、いまだ彼の体力を完全に回復させるまでには至っていない。だからこそ未散は、この身が自由である限り、みずからを今へ連れ戻してくれたMASKの仲間たちとステージに立ち続けると誓えば、第一期/第二期MASKのメンバー全員が、未散の意思へ賛同の声を上げ、MASKの継続を誓い合った。

2019年3月3日(日)、MASKはTSUTAYA O-EASTを舞台に『15th ANNIVERSARY YEAR LIVE〜生還祭-2019-』を行うことを発表。今回は、未散の生還とMASKの15年間の歩みへの記念日という2つのめでたいことが重なったように、オフィシャル先行で10月10日に発売した第一弾チケットは、発売するや瞬く間にVIP二階指定席はソールドアウトとなった。

あれから1ヶ月、第二弾となるYahoo!チケットの先行発売が11月11日(日)の22時よりスタートする。用意したチケットの内容は、下記のインフォメーションを見ていただきたい。12月12日(水)に一般発売分のチケットも抑えているとはいえ、MASKに対する今の期待感を鑑みると、今回の予定枚数分も瞬く間に売り切れそうだ。

さらに今回、嬉しいニュースとして、『MASKのメンバーが11月10日よりtwitterを開始する!』ことも告げてくれた。現状、MASKとしてのtwitterは動いているが、そこへMASKのメンバーのtwitterアカウントが増えることで、これまで以上にMASKの動きがファンたちにも伝わりそうだ。

第一期/第二期MASKのメンバーそれぞれが、すでに3月3日の『生還祭』へ向け水面下で動き始めている。この日は、MASKにとって平成最後となるライブ。そして、新たな元号と共に、MASK自体も新たな翼を広げ飛び立とうともしている。MASKにとっても未来へ向かううえでの分岐点となるワンマン公演のように、ぜひ、その姿を一人でも多くの人たちの瞼に焼き付けてもらいたい。

Text by 長澤智典

■『15th ANNIVERSARY YEAR LIVE 「生還祭-2019-」』

3月03日(日) 東京 渋谷 TSUTAYA O-EAST
<出演>
・MASK(JIN+SANA+MICHIRU+KAZUTAKE+MINAMI)
・MASK(AOI+SANA+MICHIRU+KAZUTAKE+NANA)
<チケット>
・VIP二階指定席
前売り:¥7,777(D別)※SOLD OUT!!
・一階安心後方指定席
前売り:¥6,666(D別)
・一階スタンディング
前売り:¥5,555(D別)
受付期間:
11月11日(日)22:00〜11月26日(月)23:59
http://r.y-tickets.jp/mask1901

【MASK メンバーオフィシャルTwitter】

■JIN オフィシャルTwitter
https://twitter.com/hero_tajahashi
■AOI オフィシャルTwitter
https://twitter.com/aoi_official
■SANA オフィシャルTwitter
https://twitter.com/MASK_SANA
■MICHIRU オフィシャルTwitter
https://twitter.com/michiru_loopash
■KAZUTAKE オフィシャルTwitter
https://twitter.com/kazutakepon
■MINAMI オフィシャルTwitter
https://twitter.com/MINAMI_DRUMS
■NANA オフィシャルTwitter
https://twitter.com/oyama1218



【関連リンク】
MASK、未散の生還と結成15周年を祝う『生還祭』第二弾チケット発売を発表&待望のメンバーtwitterがスタート
MASKまとめ

【関連アーティスト】
MASK
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, 発表, ライブ, チケット













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1