歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年11月09日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/11/18
2018/11/17
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
『ネオボジョ MATSURI 2018』にてANNO、dj EMOKEN、MASAKI KAWAMURAが特別な夜を演出
Fri, 09 Nov 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月15日(木)〜17日(土)の3日間、サナギ新宿で平成最後のボジョレ・ヌーヴォーの解禁を記念した一般向け体験型イベント『ネオボジョ MATSURI 2018〜ボジョレ・ヌーヴォー解禁!〜』が開催される。

ボジョレ・ヌーヴォーはフランスで65年以上前から続く伝統で、日本は輸出先国No.1。そんな日本ではバブル世代から続く風物詩として多くの人々に親しまれてきたが、これからはボジョレ・ヌーヴォーが若者たちと、そしてこれまでの世代の人々を繋ぎ、新たなバブル旋風を生み出す“ネオ・バブル”なワインであり、秋から冬にかけての“旬”を楽しむ嗜好品として堪能してもらいたいという想いから、イベントの実施に至ったという。

17:00からはお祭り騒ぎのParty Nightとなり、17:00〜21:00のDJ Timeでは、テクノとハウスを軸に独特の感性での選曲でジャンルを横断しながら開放感溢れる自由なバイブスを作るANNO、2017年に渋谷Asiaで開催された伝説のアンダーグラウンドパーティー『SL9』で6年ぶりにDJ再始動を果たした、エモーショナルなテクノ&ハウスを提供するdj EMOKEN、ディープハウスとテクノの間を自由に旅する技術と感性でフロアーに恍惚の瞬間を作り出すMASAKI KAWAMURA(EGGWORM)の3人が登場し、特別な夜を演出!

イベントでは、解禁したばかりのボジョレ・ヌーヴォーとボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォーを特別価格でグラス販売。会場内の照明や装飾も“ネオ・バブル”を体感できる空間になり、Party Nightで怪しく光るフェイスペインティングも体験できるとのこと。さらには、会場で“#ネオボジョ”のハッシュタグを付けて自分のSNSへ投稿すると、解禁したばかりのボジョレ・ヌーヴォーがなんと1杯無料で飲めるフォトスポットコーナーも登場するなど、お楽しみ要素も満載だ。

2018年は平成最後のボジョレ・ヌーヴォー解禁の節目の年。特別な“ネオ・バブル”の3日間にぜひ足を運んでみては?

■『ネオボジョMATSURI 2018 〜ボジョレ・ヌーヴォー解禁!〜』

実施日時:11月15日(木)〜11月17日(土)
12:00〜21:00(DJタイム / フェイスペインティング 17:00〜21:00)
実施場所:サナギ新宿(東京都新宿区新宿三丁目35番6号)

<参加費>
◎入場料無料
ボジョレ・ヌーヴォー 1杯¥300
ボジョレ・ヴィラージュ・ヌーヴォー 1杯¥500

※イベント内容は一部変更となる場合がございます。
※20歳未満のお客様にはご提供できません。
※各DJの登壇日時については公式HPをご確認下さい。

主催:ボジョレワイン委員会(Inter Beaujolais)



【関連リンク】
『ネオボジョ MATSURI 2018』にてANNO、dj EMOKEN、MASAKI KAWAMURAが特別な夜を演出
バンもん!、“バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI”に改名&アルバムリリースの発表も

【関連アーティスト】

【ジャンル】
ライブ・フェス, ニュース, 発表, ハウス, テクノ, DJ

バンもん!、“バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI”に改名&アルバムリリースの発表も
Fri, 09 Nov 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

バンドじゃないもん!が、グループ名を”バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI”に改名することを発表した。

これは11月9日(金)に、東京・Zepp Tokyoにて開催された『バンもん!おったまげ!肝試しツアー!FINAL「あなたには真実が見えますか?」〜いままでありがとう〜』にて発表されたもの。鳴り止まないアンコールが響き渡る中、ステージ上のスクリーンには“いままでありがとう、ご懐妊”の文字と、メンバーのマタニティ姿が印象的な映像が映し出される。続けてメンバーが登場し、グループ名を“バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI”と改名することを発表すると会場は大きくどよめいた。

また改名のほかに、メジャー2ndアルバムを来春リリースすること、そしてアルバムリリースに先駆けて“6曲連続出産”と称し、6曲連続先行配信することも発表。奥脇達也(アカシック)が提供した、“第一子”となるナンバー「ハッピーバースデーソング」は11月10日(土)より配信がスタートする。

さらに、メジャー2ndアルバムリリースに伴う全国ツアーの開催も決定! 詳細は後日発表されるとのことなので、続報を楽しみに待ちたい。

配信シングル「ハッピーバースデーソング」

11月10日配信開始



作詞:みさこ
作曲:奥脇達也
編曲:奥脇達也+萩谷まきお

■配信URL
https://lnk.to/banmonPR



【関連リンク】
バンもん!、“バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI”に改名&アルバムリリースの発表も
バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHIまとめ
アカシックまとめ
SHE\'S、シングル「The Everglow」の特典DVDダイジェストを水中息止めリレーで公開!?

【関連アーティスト】
バンドじゃないもん!MAXX NAKAYOSHI, アカシック
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, シングル, 発表, 配信, ライブ, ツアー

SHE\'S、シングル「The Everglow」の特典DVDダイジェストを水中息止めリレーで公開!?
Fri, 09 Nov 2018 21:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SHE\'Sが11月14日にリリースするニューシングル「The Everglow」の初回限定盤の特典DVDに収録されるライヴ映像ダイジェストが公開となった。

特典DVDに収録されるのは、5月27日(日)東京・中野サンプラザにてストリングス&ホーン隊を従えたスペシャル編成で行なわれたプレミアムライヴ『Sinfonia “Chronicle” #1』。今回公開された映像では、同ライヴの後篇ダイジェストを少しでも長く視聴者に見せるため、メンバー全員で水中息止めリレーに挑戦している。メンバーが1人ずつ水中息止めに挑戦し、息を止めている間だけダイジェスト映像を観ることができるという、普段とは異なるバンドの表情も楽しめるバラエティー企画だ。

SHE\'Sが体を張って紹介するダイジェストはもちろん、特典DVDが付属するシングル「The Everglow」初回限定盤もぜひ手に取ってほしい。

シングル「The Everglow」

2018年11月14日発売



【完全数量限定盤】(CD+豪華フォトブックレット+オリジナルラバーバンド)
TYCT-39094/¥2,600(税込)
<収録曲>
01.The Everglow
02.Come Back
03.月は美しく
04.The Everglow(Instrumental Version)
05.The Everglow(Backing Track Version)



【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-39093/¥1,836(税込)
<収録曲>
■CD
01.The Everglow
02.Come Back
03.月は美しく
04.The Everglow(Instrumental Version)
05.The Everglow(Backing Track Version)
■DVD
『Sinfonia “Chronicle” #1 〜後篇〜』
Un-science / パレードが終わる頃 / Ghost / The World Lost You / Over You / Home



【通常盤】(CDのみ)
TYCT-30082/¥1,080(税込)
<収録曲>
01.The Everglow
02.Come Back
03.月は美しく
04.The Everglow(Instrumental Version)
05.The Everglow(Backing Track Version)



【関連リンク】
SHE\'S、シングル「The Everglow」の特典DVDダイジェストを水中息止めリレーで公開!?
SHE\'Sまとめ
『大槻ケンヂミステリ文庫』、アルバム『アウトサイダー・アート』のジャケ写を解禁

【関連アーティスト】
SHE\'S
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, トレーラー, CD, DVD, シングル, キャンペーン, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典, ライブ, ワンマン

『大槻ケンヂミステリ文庫』、アルバム『アウトサイダー・アート』のジャケ写を解禁
Fri, 09 Nov 2018 20:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10月31日にメジャーデビュー30周年記念オリジナルアルバム『ザ・シサ』をリリースし、そのクオリティの高さにあらためて各所で評価されている筋肉少女帯。そんな中、大槻ケンヂが始動させた新プロジェクト『大槻ケンヂミステリ文庫』(略称“オケミス”)のアルバム『アウトサイダー・アート』のジャケ写が解禁となった。

今作は、ファンキーでジャジーでブルージーなオーケンの超世界観を、オワリカラと?橋竜がプロデュースしたライブレコーディングアルバムで、全10曲を収録。タイトルからも察することができるが、ミステリー小説に出てくるようなワードが散りばめられ、まさに言葉とスリルとサスペンスに溢れた、この宇宙で他に比べるものないオーケン・ロックを提示した作品だ。

大槻は“今回のジャケ写のデザインは、海外ミステリーの文庫の表紙のようにしたかったんです。ジャケのオーケンは探偵なのかもしれませんね。おそらくハードボイルド系でしょう”とコメントしている。

さらに、『大槻ケンヂミステリ文庫』のインストアイベントが12月7日(金)19時より渋谷ヴィレッジヴァンガードで行なわれることもアナウンスされ、その他CD店のオリジナル特典も合せて発表。2019年1月にはアルバムツアーも決定しているので、ぜひ生のライブを体感しに足を運んでみてはいかがだろうか。

ライブレコーディングアルバム『アウトサイダー・アート』

2018年12月5日(水)発売



TKCA-74739/3,240(税込)
<収録曲>
1.探偵はBARにいてGHOSTはフ?レインにいる
2.退行催眠の夢
3.オーケンファイト
4.ほ?えむ
5.去り時
6.美老人
7.スホ?ンティニアス・コンハ?ッション
8.タカトヒ?
9.奇妙に過き?るケース
10.企画物AVの女

◎予約/購入特典
・ディスクユニオン各店(通販、オンライン含む):特製オリジナル“ロゴキーホルダー”
※一部、特典配布の対象外店舗もございます。
・Amazon:デカジャケ
※Amazonにて既にご予約済みでも、そのままでは特典は付きません。
※特典付き商品をご希望されるお客様は、予約済み商品をキャンセルして頂き、特典付きカートから改めてのご注文をお願い致します。
・全国タワーレコ−ド各店舗及びタワーレコードONLINE:オリジナル“ロゴステッカー”
<注意>
・店舗によって特典の取り扱いの無い場合もございます。
・各サポートショップの特典は数に限りがございます。
・ご購入/ご予約の際は必ず店舗に特典残数をご確認頂きますようお願い致します。


『大槻ケンヂミステリ文庫“12/5発売 album「アウトサイダー・アート」”リリース記念CD購入者イベント』

12月07日(金) 東京・ヴィレッジヴァンガード渋谷本店 イベントスペース
19:00〜 ミニトークライブ&握手会&ポスターお渡し
<商品・特典券配布開始>
12月07日(水)10:00〜 ※ご注意…事前の商品及び特典券のご予約は承れません。 
<参加方法>
ヴィレッジヴァンガード渋谷本店にて、大槻ケンヂミステリ文庫album『アウトサイダー・アート』ご購入頂いた方に先着で「整理番号付き優先観覧券」「特典券」をお渡し致します。
「整理番号付き優先観覧券」は、お1人様1枚までの配布となります。整理番号はランダムでの発行となります。
「特典券」は対象商品の購入枚数分差し上げます。
各部「整理番号付き優先観覧券」のお客様が入場後、「整理番号付き優先観覧券」をお持ちでないお客様もミニトークライブの観覧は可能です。(入場規制をかけさせて頂く場合がございます。予めご了承ください)
<特典会>
◎握手会&ポスターお渡し
・特典券をお持ちの方はミニトークライブ終了後の握手会にご参加頂けます。
(特典券をお持ちでない方はご参加できません。)
・ポスターについてはイベント時にスタッフよりお渡し致します。

『オケミス アウトサイダー・アートツアー』

【2019年】
1月13日(日) 大阪・Music Club JANUS
1月14日(祝・月) 岡山・Desperado
1月25日(金) 愛知・名古屋・ELL(Electric Lady Land)

『オーケンナイトニッポン4 大槻ケンヂ生誕祭オケミスSP アウトサイダー・アートツアーファイナル』
2月06日(水) 東京・duo MUSIC EXCHANGE
<Tour Member>
Vo.大槻ケンヂ、G.友森昭一、B. 高橋竜、Dr. 長谷川浩二、Key. おおくぼ けい



【関連リンク】
『大槻ケンヂミステリ文庫』、アルバム『アウトサイダー・アート』のジャケ写を解禁
大槻ケンヂまとめ
筋肉少女帯まとめ
オワリカラまとめ
さくらしめじ、決意表明を込めた新曲「My Sunshine」MVを公開

【関連アーティスト】
大槻ケンヂ, 筋肉少女帯, オワリカラ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

さくらしめじ、決意表明を込めた新曲「My Sunshine」MVを公開
Fri, 09 Nov 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

さくらしめじが11月28日にリリースする1st EP盤『うたはつづくよどこまでも』よりリード曲であり、フォークデュオとしての決意表明を歌った渾身の1曲と言える「My Sunshine」のMVを公開した。

■【コメント】

■田中雅功
「My Sunshine」のMVは、僕たちの“これから"が詰め込まれたMVになっています。
“これまでのさくらしめじ"という僕たち2人とファンのみなさんで築きあげてきた土台の上に、さらにこれから新しいものをつくりあげていくような、そんな想いがこめられています。
このMVは“これまでのさくらしめじ"から“これからのさくらしめじ"へ進んでいく姿を表現したMVだと、僕は思っています。
これからも、新しいものをつくり続けていきたいと思います。
たくさん見てください!! 

■?田彪我
今回のMVでは、僕達の表情だけでなく背景やエフェクトも含め、色々な感情が表現されたMVになっています。例えば大人っぽさや子供っぽさだったり、影だったり光だったり、優しさだったり厳しさだったり、真逆の要素が少しずつ散りばめられています。
そんな色々な変化が、僕達の「これから」に繋がっていくんだというメッセージが添えられたMVになっています。
曲と同じくこのMVにもいろんな想いがこめられてるので、ぜひみなさん見ていただいて、感じてもらえると嬉しいです!

EP『うたはつづくよどこまでも』

2018年11月28日(水)発売



<収録楽曲>
01.My Sunshine
02.恋音と雨空
03.スプーンの初恋 〜あゝ、好きだよベイベー〜
04.届けそこねたラブソング


【ライブ情報】

『リリース記念ライブツアー「うたはつづくよどこまでも」』
10月28日(日) 新潟・NIIGATA LOTS
11月11日(日) 宮城・仙台darwin
12月23日(日) 福岡・DRUM LOGOS
【2019年】
1月06日(日) 大阪・バナナホール 会
1月20日(日) 広島・広島クラブクアトロ
http://sakurashimeji.com/utahatsudukuyotour2018/

『さくらしめじのHappy X\'mash LIVE 2018 in 中野サンプラザ』
12月15日(土) 東京・中野サンプラザ



【関連リンク】
さくらしめじ、決意表明を込めた新曲「My Sunshine」MVを公開
さくらしめじまとめ
Lia、10年振りとなる国内ワンマンの超プレミアムなチケット一般販売決定

【関連アーティスト】
さくらしめじ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, MV, CD, EP

Lia、10年振りとなる国内ワンマンの超プレミアムなチケット一般販売決定
Fri, 09 Nov 2018 22:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

グラミー賞受賞経歴に加え、その歌声がクリスタルヴォイスと称されるなど、アニソンシーンのレジェンド的存在として知られるボーカリスト“Lia"が、日本国内では約10年振りとなるワンマンライブを12月18日(追加公演)、19日の二日間にかけて渋谷マウントレーニアホールで行う。追加公演分として用意された先行チケットも発売から数秒で完売してしまう等、同公演のチケットは入手困難のプレミアムチケットとしても話題になっている。

その超プレミアムなチケットの一般販売が11月10日(土)10時より各プレイガイドにて開始される! なお、追加公演の一般販売も各プレイガイドにて11月17日(土)10時からスタートされる。

■『Lia LIVE 2018 REVIVES』

12月18日(火) Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
12月19日(水) Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

<チケット>
料金:S席 5,990円(税込)※サイン入りポスター付き / A席 4,490円(税込)
前売チケット発売:チケットぴあ、ローチケ、イープラス
※お一人様4枚まで



【関連リンク】
Lia、10年振りとなる国内ワンマンの超プレミアムなチケット一般販売決定
Liaまとめ
琉弥(M!LK)、齊藤なぎさ主演『ナツヨゾラ』で映画初出演が決定

【関連アーティスト】
Lia
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, ライブ, ワンマン

琉弥(M!LK)、齊藤なぎさ主演『ナツヨゾラ』で映画初出演が決定
Fri, 09 Nov 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

M!LKの琉弥が映画『ナツヨゾラ』にて映画初出演することが分かった。

『ナツヨゾラ』 は、“芦屋町で映画を作りたい”という構想をしていた芦屋町役場と、映画『風のたより』などを手がける映画監督の向井宗敏が出会い、意気投合したことから福岡県遠賀郡芦屋町での撮影が実現。『芦屋町で映画を作ろう』第1弾作品として公開される。今作の主人公・田中ゆみ役に=LOVEの齊藤なぎさ、主人公の幼馴染みである小杉亘役にM!LKの琉弥が決定し、共に今回が映画初出演とのことだ。2019年春頃に春頃に完成披露上映会を芦屋町で開催し、その後、劇場公開は2019年5月以降を予定している。

なお、『芦屋町で映画を作ろう』は現在第1〜4弾まで準備中。第2弾以降も随時解禁されていくのでお楽しみに。

映画『ナツヨゾラ』

主演:齊藤なぎさ(=LOVE)
出演:琉弥(M!LK)、萩原護、岩佐真悠子、荒井敦史
監督・脚本:向井宗敏(『風のたより』新木優子・大杉漣ほか)
<あらすじ>
芦屋中学校に通う田中ゆみ(齊藤なぎさ)と幼なじみの小杉亘(琉弥)。小杉の母親(岩佐真悠子)が再婚することになり引っ越す事が決まる小杉。そのことをゆみに黙ってたことをきっかけに仲が気まずくなり…。その頃、小学生の間で4日後に願いの叶う大きな花火が上がるという噂が流れていた。



【関連リンク】
琉弥(M!LK)、齊藤なぎさ主演『ナツヨゾラ』で映画初出演が決定
M!LKまとめ
=LOVEまとめ
夏代孝明、アルバム『Ganger』全曲試聴トレーラー公開

【関連アーティスト】
M!LK, =LOVE
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, 出演, 映画

夏代孝明、アルバム『Ganger』全曲試聴トレーラー公開
Fri, 09 Nov 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

夏代孝明が11月14日にリリースするニューアルバム『Ganger』の全曲試聴トレーラー映像を公開した。

本映像では、今作のジャケット写真やアーティスト写真のメイキング映像を使用。背景のグラフィティアートの制作過程や、撮影時の状況なども垣間見ることができる。また、アルバムのために制作された新曲「REX」「キャラメル」「君のいない夜」など新曲の一部も初公開となった。

アルバム『Ganger』は、現在iTunes Storeでもプレオーダーを受付中! 予約特典ボーナストラックとして人気曲「エンドロール」の別アレンジバージョンが手に入るほか、同曲と「ジャガーノート」の先行ダウンロードができる。

また、夏代は11月10日にPOP UP STOREでの1日店長イベント、11月14日にSHIBUYA TSUTAYAにてサイン会を予定しており、11月16日および18日には今作のウムラウト盤に封入される“ダミーチケット”を具現化したスペシャルイベントを開催する。参加方法などの詳細はオフィシャルHPにてチェックしよう。

■iTunes Store アルバム『Ganger』プレオーダー
https://itunes.apple.com/jp/album/id1439060310?app=itunes&ls=1

アルバム『Ganger』

2018年11月14日発売



【ウムラウト盤】
VIZL-1462/¥3,200(税抜)
※特別ブックレット[月面移住計画]
※アートポスター[G?nger]
※映画"End Roll"ダミーチケット / "プラネタリウム"ダミーチケット(ランダム封入)
※クリアスリーブ仕様
<収録曲>
01. Ganger
02. エンドロール
03. ジャガーノート
04. REX
05. ニア
06. 世界の真ん中を歩く
07. ユニバース
08. キャラメル
09. プラネタリウムの真実
10. 君のいない夜

◎ 初回特典
ウムラウト盤・通常盤の初回生産分に、ワンマンツアー『Fu?g?nger』最速先行予約応募券封入
購入者最速先行予約期間:11月13日(火)10:00〜12月2日(日)23:59
・2019年3月15日(金)大阪・梅田 Banana Hall
・2019年3月17日(日)東京・恵比寿 LIQUIDROOM



【通常盤】
VICL-65067/¥2,300(税抜)

【アルバム『Ganger』購入者イベント情報】

■POP UP STORE 1日店長 イベント特典:サイン入りLOOK BOOK
11月10日(土) 東京・ルミネエスト新宿 5F 18:00〜特典お渡しスタート

■SHIBUYA TSUTAYA サイン会
11月14日(水) 東京・SHIBUYA TSUTAYA 2階特設会場
(18:15 SHIBUYA TSUTAYA 2階エレベーター横集合 / 18:30 サイン会開始)

■『ダミーチケットSpecialイベント「映画" End Roll"上映会」』
11月16日(金) 東京・スペースFS汐留
17:50 整列開始 / 18:00〜18:45 抽選会 / 19:00〜イベント&握手会

■『ダミーチケットSpecialイベント「“プラネタリウムの真実"上映会」』
11月18日(日) 東京・北とぴあ ドームホール
18:20 整列開始 / 18:30〜19:15 抽選会(701会議室) / 19:30〜イベント&握手会

※11月16日(金)と11月18日(日)のイベント内容は同じです。
※詳細はビクターエンタテインメント公式サイトをご覧ください。
https://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A026167.html

■アニメイト サイン&握手会[抽選]イベント特典:"Secret"ダミーチケット
【2019年】
2月02日(土) 東京・アニメイト新宿店 12:30開場 / 13:00開演
2月03日(日) 広島・アニメイト広島店 12:30開場 / 13:00開演
2月03日(日) 大阪・アニメイト大阪日本橋店 17:30開場 / 18:00開演

ワンマンツアー『Fu?g?nger』

【2019年】
3月15日(金) 大阪・梅田 Banana Hall
3月17日(日) 東京・恵比寿 LIQUIDROOM
<チケット>
『Ganger』購入者最速先行予約期間:11月13日(火) 10:00〜12月2日(日)23:59
※アルバム『Ganger』(両盤)封入チラシ記載のシリアルナンバーにて受付



【関連リンク】
夏代孝明、アルバム『Ganger』全曲試聴トレーラー公開
夏代孝明まとめ
超特急、ニューアルバム発売記念としてタワーレコードにて『GOLDEN EPOCH キャンペーン』開催

【関連アーティスト】
夏代孝明
【ジャンル】
J-POP, ニュース, トレーラー, CD, アルバム, 発表

超特急、ニューアルバム発売記念としてタワーレコードにて『GOLDEN EPOCH キャンペーン』開催
Fri, 09 Nov 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6人組メインダンサー&バックヴォーカルグループの超特急が、11月14日発売の最新アルバム『GOLDEN EPOCH』のリリースを記念して、11月13日(火)から全国のタワーレコード店舗で『超特急×TOWER RECORDS "GOLDEN EPOCHキャンペーン"』を開催することが決定した。

このキャンペーンでは、タワーレコード全店およびタワーレコード オンラインにて超特急の旧作CD・DVDをお買い上げの方に、特典として“千社札ステッカー”をプレゼントするほか、限定店舗で超特急の立て看板、パネル展の設置など、盛りだくさんの内容で実施される。実施店舗はキャンペーン内容によって異なるので、詳細ページをチェックの上、お近くのタワーレコードに足を運んでみてはいかがだろうか。

■『GOLDEN EPOCHキャンペーン』詳細ページ
https://tower.jp/article/feature_item/2018/11/09/0701

【超特急×TOWER RECORDS "GOLDEN EPOCHキャンペーン"】

■超特急 旧譜キャンペーン
期間中、タワーレコード全店およびタワーレコード オンラインにて超特急の旧作CD・DVDをお買い上げの方に、特典“千社札ステッカー”をプレゼント! 特典は先着で無くなり次第終了となります。
<期間>
11月13日(火)〜特典無くなり次第終了
<対象商品>
ビクターエンタテインメントより発売されている超特急の旧譜(CD、DVD)全タイトル。
※「Jesus<トレカキーホルダー付きタワーレコード限定セット>」も対象です。

■超特急立て看板設置
<期間>
11月13日(火)〜11月26日(月) ※店舗により終了日が異なる場合がございます。
<実施店舗>
タワーミニ ダイバーシティ東京 プラザ店
ららぽーと立川立飛店
難波店
タワーミニ くずはモール店
タワーミニ もりのみやキューズモール店

■超特急パネル展
<期間>
11月13日(火)〜11月26日(月)※店舗により終了日が異なる場合がございます。
<実施店舗>
秋田オーパ店
仙台パルコ店
渋谷店
新宿店
池袋店
タワーミニ ダイバーシティ東京 プラザ店
ららぽーと立川立飛店
イオンレイクタウン店
名古屋近鉄パッセ店
上田店
難波店
梅田NU茶屋町店
タワーミニ くずはモール店
タワーミニ もりのみやキューズモール店
アリオ八尾店
広島店
福岡パルコ店
アミュプラザ博多店

■超特急 パネルプレゼント
タワーレコード全店およびタワーレコード オンラインにてニュー・アルバム『GOLDEN EPOCH』をお買い上げの方に、特典「応募カード」を差し上げます。カードに記載の応募方法に従って応募した方の中から、抽選で6名様に超特急のメンバーサイン入りソロパネルをプレゼント!(全6種を各1名様にプレゼント)
※絵柄は超特急パネル展で展示している写真と同内容となります。
※『GOLDEN EPOCH』トレカミラー付き限定セットは対象外となります。
※応募カードは先着で無くなり次第終了となります。
※応募にはメンバーズ登録が必要となります。
※応募〆切:2018年11月26日(月)23:59まで。

アルバム『GOLDEN EPOCH』

2018年11月14日発売



【FC-A シーサー☆ボーイズ盤】(CD+Blu-ray)
ZXRC-2037/¥5,184(税込)
※シーサー☆ボーイズ生写真1枚ランダムで封入
<収録曲>
■CD
1.need you
2.Booster
3.Jesus
4.????????????
5.超ネバギバDANCE(AL ver.)
6.霖雨
7.Full moon
8.a kind of love(AL ver.)
9.My Buddy(AL ver.)
10.PUMP ME UP
11.You know, I know
12. インオキナワ(シーサー☆ボーイズ)
■Blu-ray
・番組『GOLDEN BATTLE〜シーサー☆ボーイズ編〜』
・「インオキナワ」MV

【FC-B 座・武士道盤】(CD+Blu-ray)
ZXRC-2038/¥5,184(税込)
※座・武士道生写真1枚ランダムで封入
<収録曲>
■CD
1.need you
2.Booster
3.Jesus
4.????????????
5.超ネバギバDANCE(AL ver.)
6.霖雨
7.Full moon
8.a kind of love(AL ver.)
9.My Buddy(AL ver.)
10.PUMP ME UP
11. You know, I know
12. ツンデレチビ王子(座・武士道)
■Blu-ray
・番組『GOLDEN BATTLE〜座・武士道編〜』
・「ツンデレチビ王子」MV

【初回限定盤】(CD+PhotoBook)
ZXRC-2035/¥4,104(税込)
※『NYLON JAPAN』コラボ仕様
<収録曲>
1.need you
2.Booster
3.Jesus
4.????????????
5.超ネバギバDANCE(AL ver.)
6.霖雨
7.Full moon
8.a kind of love(AL ver.)
9.My Buddy(AL ver.)
10.PUMP ME UP
11.You know, I know
12. 超特急です!!!!!!!! (AL ver.)

【通常盤】(CD)
ZXRC-2036/¥3,024(税込) 
※『NYLON JAPAN』コラボ仕様
※メッセージボイスカード封入
<収録曲>
1.need you
2.Booster
3.Jesus
4.????????????
5.超ネバギバDANCE(AL ver.)
6.霖雨
7.Full moon
8.a kind of love(AL ver.)
9.My Buddy(AL ver.)
10.PUMP ME UP
11.You know, I know
12. 8号車との歌 
※ユースケ作詞・作曲新曲
13. Time of GOLD
※アリーナツアー「GOLDEN EPOCH」テーマ曲

【WIZY限定盤】(CD+Playpass)
ZXRC-2039/¥5,184(税込)
※神戸ワールド記念ホールでのライヴ映像を視聴出来るダウンロードコード付き
<収録曲>
■CD
1.need you
2.Booster
3.Jesus
4.????????????
5.超ネバギバDANCE(AL ver.)
6.霖雨
7.Full moon
8.a kind of love(AL ver.)
9.My Buddy(AL ver.)
10.PUMP ME UP
11.You know, I know
■Playpass
1.Overture
2.Kiss Me Baby
3.BREAK OFF
4.Burn!
5.Believe×Believe
6.SURVIVOR
7.SAY NO
8.EBiDAY EBiNAI
9.Billion Beats
10.HOPE STEP JUMP
11.S.B.F Medley(My Buddy/STYLE/Shake body/FLASHBACK/Seventh Heaven/Clap Our Hands!)
12.fanfare
13.S.B.F Rave Track
14.Feel the light
15.Beasty Spider
16.Gravitation
17.Synchronism
18.バッタマン
19.超えてアバンチュール
20.PAPAPAPA JUMPERS
21.a kind of love
アンコール
22.Starlight
23.走れ!!!!超特急
24.Party Maker



【関連リンク】
超特急、ニューアルバム発売記念としてタワーレコードにて『GOLDEN EPOCH キャンペーン』開催
超特急まとめ
日米ハーフのボーイズグループ・INTERSECTION、鎌倉で撮影した「Falling」MV公開

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, CD, アルバム, キャンペーン, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス

日米ハーフのボーイズグループ・INTERSECTION、鎌倉で撮影した「Falling」MV公開
Fri, 09 Nov 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10月5日に配信シングル「Heart of Gold」でデビューを果たし、同曲のMVがYouTubeで約25万視聴されるなど国内外で反響を呼んでいる、日本とアメリカのダブルカルチャーを持つボーイズグループ・INTERSECTION(インターセクション)。彼らが11月9日に2ndシングル「Falling」を配信リリースした。

同曲はティーンの恋心をリアルに描いたラブソングで、配信開始と同時に全編を鎌倉で撮影したMVも公開! スケートボードやスプレーアート、弓道、ガールフレンドとのデートなど、青春を謳歌する若者の実像を映しつつも、夕映えの海辺で歌唱するシーンでは哀愁を誘う。iTunesトップミュージックビデオ(R&B/SOUL)では早くも「Falling」が1位、「Heart of Gold」が2位と、INTERSECTIONが1位と2位を独占している。

また、「Falling」は11月度のM-ON『M-ON! Recommend』に決定。さらに未発表曲「Twisted」は、リリースに先駆けて11月度のMTV Japan『HOT SEAT』に決定した。

2019年1月12日(?)にはツインメッセ静岡で開催される『SDGs推進 TGC しずおか 2019 by TOKYO GIRLS COLLECTION』への出演を控えており、“No Boarder“”Feel it”“To live together”(国境を越えて感動と共感を世界へ)をメッセージとして掲げる新世代ボーイズグループ・INTERSECTIONの今後の活動に注目だ。

配信シングル「Falling」

2018年11月9日配信開始



¥250(税込)

■配信URL
https://avex.lnk.to/_INTERSECTION_Falling

『SDGs推進 TGC しずおか 2019 by TOKYO GIRLS COLLECTION』

2019年1月12日(?) 静岡・ツインメッセ静岡 北館大展示場
■オフィシャルHP http://girlswalker.com/tgc/shizuoka/2019/about/



【関連リンク】
日米ハーフのボーイズグループ・INTERSECTION、鎌倉で撮影した「Falling」MV公開
INTERSECTIONまとめ
Gacharic Spinの米米CLUBカバーをカールスモーキー石井が絶賛! WIZYプロジェクト決定

【関連アーティスト】
INTERSECTION
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, グループ, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ポップス, ジャズ, ヒップホップ, ラップ, ハウス, テクノ, R&B, ソウル, ライブ, 音楽配信

Gacharic Spinの米米CLUBカバーをカールスモーキー石井が絶賛! WIZYプロジェクト決定
Fri, 09 Nov 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

“全力エンターテイメントガールズバンド”Gacharic Spinが、11月21日にリリースする“エンタメミュージック”をテーマにカバーミニアルバム『Go Luck!』。同作に収録される米米CLUB「Shake Hip!」をカバーしたGacharic Spinに対し、なんと本家である米米CLUBメンバーのカールスモーキー石井からコメント到着!

そして、11月9日(金)から12月2日(日)までの期間限定で『カバーミニアルバム発売記念!Gacharic Spin限定フレーム販売』プロジェクトをアーティストとファンをつなぐ共創・体験型プラットフォーム『WIZY(ウィジー)』で展開することが決定した。

WIZY限定オリジナルフレームは全7カラーで、好きな場所に貼付できるGacharic Spinロゴが印刷されたゴールドのアルミプレートも付属する。Gacharic Spin版と特典LPアナログ版はメンバー直筆のバンド名とシリアルナンバー入り、メンバー版はメンバーそれぞれの直筆サインとシリアルナンバーが入ったWIZYでしか手に入らない特典付きなので、ぜひゲットしてほしい。

また、12月16日(日)にはWIZY特別イベントが開催されることも決定。購入したフレームによって参加できる特別イベントが異なるので、詳しくはWIZYサイトをチェック!

さらに、11月13日(火)21:30からはカバーミニアルバム『Go Luck!』の発売を記念してLINE LIVEの生配信が決定しており、メンバー全員で『Go Luck!』の全曲視聴やトーク、そして『Go Luck!』(娯楽)ゲームコーナーなど目白押しの内容となる予定だ。

■【カールスモーキー石井 コメント】

「まずは、米米CLUBを代表して、数ある楽曲の中から「Shake Hip!」を選んでいただきありがとうございます。
敢えて「Shake Hip!」をカバーするのには勇気が要ったと思いますが、
米米とはまた違う激しさがあり、女の子が歌うとこんなにいやらしく聴こえるのか!と、
とても新鮮でした。
米米のライブでも鉄板ですから、ぜひGacharic Spinさんのライブでもこの曲で盛り上げていってください」

■【「カバーミニアルバム発売記念! Gacharic Spin限定フレーム販売」 プロジェクト】

期間:11月09日(金)12:00〜12月02日(日)23:59
URL:https://wizy.jp/project/144/

<イベントお渡し>
■イベント参加権付きCD+フレームプラン¥5,000円(税込)※数量限定
・オリジナルフレーム(6種類の中から1種類選択)
・11/21発売 カバーミニアルバム『Go Luck!』(選択したフレームの種類に応じたタイプのパッケージが付きます)
・特別イベント参加権:2018年12月16日(日)都内某所にて開催
※選択いただいたフレームの種類によって、参加いただくイベント内容・時間が異なりますので、必ずアイテム詳細をご確認いただいた後にご購入ください。

<配送>
■CD+フレームプラン¥6,100(税込・送料込)※数量限定
・オリジナルフレーム(6種類の中から1種類選択)
・11/21発売 カバーミニアルバム『Go Luck!』(選択したフレームの種類に応じたタイプのパッケージが付きます)
■フレームプラン¥3,500(税込・送料込)※数量限定
・オリジナルフレーム(6種類の中から1種類選択)
■フレーム(レッド)プラン¥3,500(税込・送料込)※数量限定
・オリジナルフレーム(特典LPアナログ版:レッド)

※フレームは数量限定のため、ご希望の商品がご購入いただけない場合がございますので、予めご了承ください。
※CDを含むアイテムの発送は、発売後の【12月下旬頃】を予定しております。
※その他詳細は、WIZYプロジェクトサイトをご覧ください。

ミニアルバム『Go Luck!』

2018年11月21日発売



【Type-GACHA】
VIZL-1481/¥2,407+税
※LPサイズ“カバー”仕様(GACHA ver.)
※メンバーデザインブックレット(GACHA ver.)
※プレイパス限定「ゴーストルール」MV+Making Movie(GACHA ver.)※MVはプレイパス限定ではありません
<収録曲>
01.ゴーストルール
02.Shake Hip!
03.涙
04.YELLOW YELLOW HAPPY
05.RPG

【Type-KOGA】
VIZL-1482/¥2,407+税
※LPサイズ“カバー”仕様(KOGA ver.)
※メンバーデザインブックレット(KOGA ver.)
※プレイパス限定「ゴーストルール」MV+Making Movie(KOGA ver.)
<収録曲>
01.ゴーストルール
02.Shake Hip!
03.涙
04.YELLOW YELLOW HAPPY
05.RPG

【Type-HANA】
VIZL-1483/¥2,407+税
※LPサイズ“カバー”仕様(HANA ver.)
※メンバーデザインブックレット(HANA ver.)
※プレイパス限定「ゴーストルール」MV+Making Movie(HANA ver.)
<収録曲>
01.ゴーストルール
02.Shake Hip!
03.涙
04.YELLOW YELLOW HAPPY
05.RPG

【Type-TOMO-ZO】
VIZL-1484/¥2,407+税
※LPサイズ“カバー”仕様(TOMO-ZO ver.)
※メンバーデザインブックレット(TOMO-ZO ver.)
※プレイパス限定「ゴーストルール」MV+Making Movie(TOMO-ZO ver.)
<収録曲>
01.ゴーストルール
02.Shake Hip!
03.涙
04.YELLOW YELLOW HAPPY
05.RPG

【Type-OREO】
VIZL-1485/¥2,407+税
※LPサイズ“カバー”仕様(OREO ver.)
※メンバーデザインブックレット(OREO ver.)
※プレイパス限定「ゴーストルール」MV+Making Movie(OREO ver.)
<収録曲>
01.ゴーストルール
02.Shake Hip!
03.涙
04.YELLOW YELLOW HAPPY
05.RPG

【Type-MAI】
VIZL-1486/¥2,407+税
※LPサイズ“カバー”仕様(MAI ver.)
※メンバーデザインブックレット(MAI ver.)
※プレイパス限定「ゴーストルール」MV+Making Movie(MAI ver.)
<収録曲>
01.ゴーストルール
02.Shake Hip!
03.涙
04.YELLOW YELLOW HAPPY
05.RPG

◎9,999枚限定/6タイプ完全生産限定盤
◎全6種で完成する合体バックカバーアートワーク
◎スマホで今すぐに聴ける全収録楽曲プレイパス対応(全5曲)

【Gacharic Spin:WIZY特別イベント】

12月16日(日) 都内某所
<内容>
■まいサイン会
対象アイテム:イベント付きCD+フレームMAI版
■オレオレオナサイン会
対象アイテム:イベント付きCD+フレームOREO版
■Gacharic Spinトーク&お渡し会
対象アイテム:イベント付きCD+フレームGacharic Spin版
■TOMO-ZOサイン会
対象アイテム:イベント付きCD+フレームTOMO-ZO版
■はなサイン会
対象アイテム:イベント付きCD+フレームHANA版
■F チョッパー KOGAサイン会
対象アイテム:イベント付きCD+フレームKOGA版
※イベントは購入いただくアイテムによって内容・時間が異なりますので、WIZYサイトにて詳細をご確認の上、お申し込みください。
※イベント/フレームは数量限定のため、ご希望の商品がご購入いただけない場合がございますので、予めご了承ください。

LINE LIVE『Gacharic Spin カバーミニアルバム『Go Luck!』発売記念特番』

配信:11月13日(火)21:30〜
出演:Gacharic Spin
https://live.line.me/channels/520/upcoming/9924235



【関連リンク】
Gacharic Spinの米米CLUBカバーをカールスモーキー石井が絶賛! WIZYプロジェクト決定
Gacharic Spinまとめ
米米CLUBまとめ
HAPPY、約1年半ぶりの全国流通盤として両A面の7インチシングル「Ice Age Summer / Venus」発売

【関連アーティスト】
Gacharic Spin, 米米CLUB
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, CD, 発表, 名曲, 新曲, リリース, 発売, 特典, ミニアルバム, 出演

HAPPY、約1年半ぶりの全国流通盤として両A面の7インチシングル「Ice Age Summer / Venus」発売
Fri, 09 Nov 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

HAPPYが12月19日に両A面の7インチシングル「Ice Age Summer / Venus」をリリースされることが決定した。7インチも両ジャケ仕様になっており、B面にはギャルソンやズッカとのコラボレーションワークなどファッション分野でも注目の美術家・安野?昌穂のイラストを起用している。

2018年の夏に突然YouTubeにアップされたことでも話題になった「Ice Age Summer」は、6月にGLIM SPANKYを招いて行なった自主企画の来場者にプレゼントとして配布された楽曲で、YouTubeとサブスクリプション配信のみとなっていた。今回はリマスタリングを施して収録しており、サイケデリック感が漂い、重層的なハーモニー、レイジーなギターが生み出す心地良さが気分を高揚させてくれる。

「Venus」はウイスキー会社に提供した未流通の新曲で、インディーロックに歩み寄り、グルーブ〜R&B感が強く出たロックナンバーに仕上がった。

HAPPYの全国流通としては、「MELLOW FELLOW / HEY」以来の約1年半ぶりとなる新作。長い制作期間を経て、今後の彼らの活躍が楽しみになる第一報だ。

7inchシングル「Ice Age Summer / Venus」

2018年12月19日発売



HPY-2/¥1,500+税
<収録曲>
SIDE A.Ice Age Summer
SIDE B.Venus



※B面ジャケット



【関連リンク】
HAPPY、約1年半ぶりの全国流通盤として両A面の7インチシングル「Ice Age Summer / Venus」発売
HAPPYまとめ
きゃりーぱみゅぱみゅ、indigo la Endらが競演! 『unBORDE LUCKY 7TH TOUR』終幕

【関連アーティスト】
HAPPY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, サイケデリック, オルタナティブ

きゃりーぱみゅぱみゅ、indigo la Endらが競演! 『unBORDE LUCKY 7TH TOUR』終幕
Fri, 09 Nov 2018 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月8日(木)Zepp Tokyoにて『unBORDE LUCKY 7TH TOUR』の最終公演が開催された。

当ツアーは、ワーナーミュージック内レーベル『unBORDE』が設立7周年を迎えたことを記念し、毎年1度開催されてきた恒例のレーベルフェスを(“7”にちなんで)仙台・札幌・広島・名古屋・福岡・大阪・東京の7大都市でのライブハウスツアーに拡大したもの。WANIMA、yonige、高橋優、TEAM SHACHI、あいみょん、奇妙礼太郎、神聖かまってちゃん、tofubeats、DADARAY、ジェニーハイ、ロイ-R?E-、chelmicoと各都市異なるラインナップで組まれてきた彩り豊かなツアーだからこそ、リスナーにとっては新たな音楽との出会い、アーティストにとっては普段ありえない共演を新たな糧とする機会になってきたであろう。

その最終日は、ジャンルにかかわらず角の出たアーティストを次々に輩出してきたunBORDEのレーベルカラーを体現するようにしてchelmico、あいみょん、indigo la End、きゃりーぱみゅぱみゅの4組が四者四様の熱演を繰り広げた。

まず登場したのは、2018年8月にunBORDEからデビューしたラップユニット・chelmico。“ど〜も〜”とゆったりステージに登場するや否や「Highlight」でライヴの口火を切ると、そのリラクシングな楽曲の通り、RachelとMamikoのラップが緩やかに折り重なっていく様は、まるでふたりの部屋での会話と呼吸がそのまま音楽になったかのよう。さらにMamikoの“chelmicoを初めて知った人〜”という言葉に応じて会場中の大多数が手を上げると、それを見透かしていたように「OK, Cheers!」を投下。“初めまして”を、“この日の出会いに祝杯を上げよう”というパーティーに転化し、タオル回しでオーディエンスを煽る“Player"へと雪崩れ込む。

ビートやラップ以上に“ふたりの空間を心から楽しんでいる”という天真爛漫かつ嘘のない態度が伝染し、会場全体へと確かにFunが伝っていくライヴだ。“愛したい”、“恋したい”、“でも愛されたい”??。の掛け合いから披露された終曲は「Love is Over」。演奏が終わっても、居心地のいい緩やかな空気が持続していた。一気に“ホーム”を作り上げる最高のオープニングだった。

続いて大歓声とともに迎えられたのは、あいみょん。「憧れてきたんだ」で《私の知ってる/シンガーソングライター/数年前にメジャーを辞めた》、《歌うこと 歌うこと/まだ続けていてくれよお願いだ》と歌い上げた瞬間に、ゾクッとするほどの“歌への業”が会場全体に突き刺さる。トーキンブルースから命そのものへの想いを滾らせていく「生きていたんだよな」にしろ、恋心の距離をロックに映した「君はロックを聴かない」にしろ、喜びも傷も迷いも自分の証にしながら、己の人生の在りかを丁寧に確かめていく切実な表現だ。

さらに歌声の輪郭が淡く滲んだり、途端にエッジを立てて突き抜けたり。歌声のスケールが曲ごとにグングン増していき、その極点を刻むようにして「マリーゴールド」の美しいメロディが響き渡った。“寒くなってきたけど、いろんな人に愛を伝える季節だなと思うので”。そう語った後に披露された「愛を伝えたいだとか」。そして終曲は「貴方解剖純愛歌〜死ね〜」を披露し、繊細と豪胆、しとやかさと凶暴性。そのすべてを存分に見せつけるアクトだった。

この日唯一のバンドであるindigo la Endは、メロディアスに動き続けるボトムにしろ、徹頭徹尾弾き倒されるギターの響きにしろ、繊細な歌を突き破らんとするアンサンブルで冒頭からオーディエンスを圧倒。「煙恋」では川谷絵音(Vo&Gu)がギターを下ろしてゆったりと歌い上げ、女性コーラスとの絡みが美しいメロディをより一層際立たせる。溜めの効いた展開から細やかなキメを繰り返して昇っていくストイックな展開は、この4人のプレイヤビリティとアンサンブルの妙を思い切り堪能できる真骨頂だ。

川谷“僕らはもうunBORDEじゃないんですけど。まあ同じワーナーだから兄弟みたいな感じですね。他の3組はわかるんだけど、なんで俺らがいるのかって思います(笑)。だから、この後もただストイックにやって帰ろうと思います”という言葉の通り、緩やかな愛の歌に突如凶暴なギターを挿す「蒼糸」も、急激なリズムチェンジが決まっていく「鍵泣く命」も、ひたすら深く音に没入していく。かと思えばAORに振れた「夏夜のマジック」ではオーディエンスとともに揺れる、硬軟自在なライヴだ。

“最後くらいは、僕らはこういうバンドですと少しでもわかってもらえるような曲をやろうと思います。初めてやる曲です”というスペシャルな言葉から最後に披露されたのは、「Unpublished manuscript」。青い夢、童心のまま無垢に生きることを肯定したいと祈り、転げ回っては泣きわめくような轟音を最後の最後の名刺にしてステージを降りたindigo la End。曲ごとに表情を変えていくアンサンブルと未だ変わらぬ核心のメッセージ、その両方を叩き込んだ濃密な40分だった。

そして、今ツアー最後の最後を締め括る大トリとして登場したのは、きゃりーぱみゅぱみゅ。unBORDEのアンカーとして《僕はインベーダー》、《世界征服だ》と歌われると、“トレンドを追う”のではなく“オルタナティヴを本道に変えていく”アーティストを数々輩出し続けてきたunBORDEというレーベルのアティテュードそのものが表現されていように思える。

“私もunBORDEと同じ7周年で、同期のように一緒にやってこられて感謝しています”と語ったきゃりーだが、「演歌ナトリウム」のように、洗練されたテクノと和太鼓・竹笛が交錯する曲や、「きみのみかた」「キズナミ」のように、海外R&Bポップスのビートやメロディを増強したかのようなトラックに直球のエールソングを乗せる曲。それら最新曲のパフォーマンスには、確かに表現者としての自分をアップデートし、ファンタジーやキャラクター性ではない“人として伝えたいメッセージ”を確かに掴んできた道のりが映っている。まさに“unBORDEと歩みを共にしてきた”と言えるアーティストのひとりであるきゃりー。少女から大人へ。ファンタジーも現実も同じ線上に。unBORDEレーベルイベントのステージの大トリを務めるに相応しい、この7年に経てきた成長と変化のドキュメントのようなライヴだった。

unBORDEというレーベルが表現し続ける多様性、そして多様性を面白がることこそが音楽を更新していく鍵なのだという姿勢が、カラーもジャンルも違うアーティスト同士の対峙から浮き上がってくるツアーファイナル。2019年がもしあるとしたら、次はさらにカラフルなものになるであろう。

なお、ツアー公式サイトでは、『unBORDE LUCKY 7TH TOUR』の各会場のライブ写真も公開されているので、こちらも併せてチェックしてほしい。

photo by 橋本塁(SOUND SHOOTER)
text by 矢島大地



【関連リンク】
きゃりーぱみゅぱみゅ、indigo la Endらが競演! 『unBORDE LUCKY 7TH TOUR』終幕
きゃりーぱみゅぱみゅまとめ
indigo la Endまとめ
あいみょんまとめ
chelmicoまとめ

【関連アーティスト】
きゃりーぱみゅぱみゅ, indigo la End, あいみょん, chelmico
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブレポ

ロン・ウッドのレイドバックを楽しみたい『俺と仲間』
Fri, 09 Nov 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ロン・ウッドは野心のないミュージシャンだ。自分の音楽にドラマチックさは盛らない。ただただ、自分が楽しいと思えるロックを素直に演奏する、僕はそれがロン・ウッドだと思っている。フェイセズやザ・ローリング・ストーンズのメンバーとして活動する時も、ソロとして活動する時もスタンスは同じようにしか見えない。今回は彼のミュージシャンとしての資質がよく分かる彼の初ソロアルバム『俺と仲間(原題:I\'ve Got My Own Album to Do)』を取り上げる。熱心なファン以外に話題になることは少ないが、このアルバムを聴かなくちゃ損するよ。

■スモール・フェイセズからフェイセズへ

1965年にロンドン東部で結成されたスモール・フェイセズは、スティーブ・マリオットの黒っぽいヴォーカルが売りの、R&Bをベースにしたビートグループであった。当時イギリスで流行していたモッズ(乱暴に言えば日本の暴走族と似ている)たちのお気に入りはマニアックなR&Bで、そこにぴったりはまったグループがスモール・フェイセズだった。しかし、日々ロックが進化していた60年代中期以降、一部の熱狂的なファンはいたものの、オリジナリティーという意味ではストーンズやビートルズの創造性には及ばず、トップグループにはなれずにいた。ライヴでは圧倒的なパフォーマンスで観客を魅了したのだが、ヒット曲を作るためのスタジオ作業に嫌気が差したマリオットは、真のロックを求めてハンブル・パイを結成するために脱退する。

その頃、ジェフ・ベック・グループにいたロッド・スチュワートとロン・ウッドはスモール・フェイセズからマリオットが脱退したことを知り、グループのメンバーである旧知のロニー・レインとコンタクトを取り、ふたりの参加が決まった。当時、ジェフ・ベック・グループは『トゥルース』(‘68)『ベック・オラ』(’69)の2枚の名作を生み出していたが、ロン・ウッドは『トゥルース』リリース後のツアーで一度ベックから解雇されていたし、そもそもジェフ・ベックのきっちりした音作りとロン・ウッドの大らかな音楽性は相入れるはずがないのである。そんなこともあって、ロン・ウッドとロッド・スチュワートはスモール・フェイセズに加入、それを機にスモール・フェイセズはフェイセズと改名する。

■レイドバックしたサウンドが 持ち味のフェイセズ作品

70年、メンバーチェンジ後にリリースしたのが『ファースト・ステップ』だ。素晴らしい作品だと思う。68年、アメリカでザ・バンドのデビューアルバム『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』がリリースされてから、ブリティッシュロック界はザ・バンド旋風が吹き荒れ、フェイセズもR&Bテイストを残しながら、徐々にバンド風サウンドやスワンプ風サウンドを取り入れていく。特にロン・ウッドとロニー・レインはルーツロック志向であったために、グループのサウンドはますます泥臭くアーシーになっていく。

2枚目の『ロング・プレイヤー』(‘71)は1作目同様、アメリカのバンドかと思わせるさまざまなスタイルのルーツロックが詰め込まれていて、このアルバムも良い。ロッドの歌、ウッドのギター、マクレガンのキーボードと、フェイセズは3本の柱で骨太のサウンドを展開している。ただ、ここまでは“こんなこともあんなこともできます”という紹介に終始しているみたいで、リスナーが散漫な印象を持ってしまうのもまた事実であった。

そして、次作の『馬の耳に念仏(原題:A Nod\'s As Good As a Wink... to a Blind Horse)』(‘71)でフェイセズは開眼する。このアルバムはロックンロールバンドとしての力量が発揮されたブリティッシュロック史上に残る名盤だ。マクレガンのキーボードの素晴らしさはもちろん、ロン・ウッドのギターも締まったプレイであった。これは前作までのセルフプロデュースからグリン・ジョンズを共同プロデューサーに迎えたことが大きい。この作品では大ヒットした「ステイ・ウィズ・ミー」をはじめアルバムの半数がロッドとウッドの共作で、ソングライティングも冴え渡っている。要するにグループとして脂の乗り切った時期であったのだろう。ウッドはスライドの他、ペダルスティールギターも弾いており、どれも彼の人柄がしのばれる温かみのあるプレイが聴ける。

続く『ウー・ララ』(‘73)は最後のスタジオ作で全英1位となった。このアルバムが1位になった要因はスチュワートのソロ作品の人気が高かったことが大きい。彼はグループ活動と並行してソロ活動にも積極的で、すでにロッククラシックとなっている「マギー・メイ」(’71)を全英1位にしているのだ。『ウー・ララ』の出来は前作より劣る気もするが名曲は多い。特にロニー・レインの曲作りが光るB面(6〜10曲目)の充実度は濃密だ。

■本作『俺と仲間』について

ロン・ウッドはフェイセズ在籍中からギターの腕を買われて、他のアーティスト作品に参加することも少なくなかったが、74年に初ソロ作品となる本作『俺と仲間』をリリースする。原題の“I\'ve Got My Own Album to Do”とは意味は違うが、邦題の“俺と仲間”は秀逸な意訳だと思う。アルバム全編を通して気心の知れた友人たちと演奏する楽しさがしっかりと伝わってくる。ゆったりしてくつろげる、まさに究極のレイドバック作品である。

参加メンバーは、ミック・ジャガー、キース・リチャーズ(ロン・ウッドとは双子みたいなギタリスト)、ミック・テイラーのストーンズチーム、イアン・マクレガンとロッドのフェイセズチーム、ジェフ・ベック・グループ時代の盟友ミッキー・ウォーラー(ドラム)、ジョージ・ハリスン、デビッド・ボウイ、そしてリズムセクションにはアメリカ最強のウィリー・ウィークスとアンディ・ニューマークのコンビなど、ロン・ウッドの友人たちばかりで占められている。本作を聴いて感じるのは、友達と呑みながら余興で演奏もしてみました的な感覚。

リズムセクションをはじめ、参加しているのは熟練したメンバーばかりなので演奏は悪くなりようがない。サウンド的にはディランとフェイセズとストーンズをミックスした感じで、そういう意味ではロン・ウッドらしさの出た仕上がりだと言える。結局、本作がきっかけとなって、彼はこの後ストーンズに加入することになる。

収録曲は全部で11曲。ジョージ・ハリスンとウッドの共作「Far East Man」、ジャガー&リチャーズの「Act Together」「Sure The One You Need」、ボニー・レイットやアメイジング・リズム・エイセズの名演でも知られるルディ・クラークのソウル名曲「If You Gotta Make a Fool of Somebody」の他、ロン・ウッド作の曲は、まるでロニー・レインが書いた曲のようなやさしさを持っている。アルバム最後を締め括るのはウィリー・ウィークス作のインストで、スタジオでのジャムをそのまま録音したであろうナンバー。

本作は、ロック史に残るとか、大ヒットするとか、テクニックがすごい、とかいう性質のアルバムでは決してないが、ロックの楽しさや良い曲を味わいたい人は、ぜひ聴いてみてほしい。僕はこのアルバムを事あるごとに、特にゆったりしたい時に聴くことが多いが、そのたびにロン・ウッドの気取らない、そして彼の人懐っこさをしっかり感じるのだ。一生、付き合っていきたいアルバムである。

TEXT:河崎直人

アルバム『I\'ve Got My Own Album to Do』

1974年発表作品



<収録曲>
1. 俺の炎 / I CAN FEEL THE FIRE
2. ファー・イースト・マン / FAR EAST MAN
3. ミスティファイズ・ミー / MYSTIFIES ME
4. あいつをごらんよ / TAKE A LOOK AT THE GUY
5. 一緒にやろうぜ / ACT TOGETHER
6. 君に夢中だよ / AM I GROOVING YOU
7. 俺のシャーリー / SHIRLEY
8. 何もかもおしまいサ! / CANCEL EVERYTHING
9. 君のとっても大事なもの / SURE THE ONE YOU NEED
10. フール・オブ・サムボディ / IF YOU GOTTA MAKE A FOOL OF SOMEBODY
11. クロッチ・ミュージック / CROTCH MUSIC



【関連リンク】
ロン・ウッドのレイドバックを楽しみたい『俺と仲間』
Ron Woodまとめ
Facesまとめ
The Rolling Stonesまとめ
ポセイドン・石川、メジャーデビュー作品は美空ひばりを山下達郎風味で歌う!?

【関連アーティスト】
Ron Wood, Faces, The Rolling Stones
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, アルバム, リリース

ポセイドン・石川、メジャーデビュー作品は美空ひばりを山下達郎風味で歌う!?
Fri, 09 Nov 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ジャズピアニスト/シティーポップ芸人としてTwitterをはじめとしたSNSで大きな注目を集めているポセイドン・石川が、日本コロムビアよりデビューする。

ポセイドン・石川は、山下達郎を真似して歌う動画を2018年8月Twitterにアップして大反響! DA PUMPのうたってみた動画「U.S.A.」はTwitter上で約150万回再生を記録し、その意外な組み合わせとクオリティーの高い山下達郎風味、そしてオリジナリティ溢れるサウンド作りが注目され、瞬間風速的に今最も注目されている1人となっている。

そのクオリティーはいきものがかりの水野良樹に大絶賛され、地元・石川県で10月13日(土)に開催された中田ヤスタカ主催のフェス『OTONOKO 2018』に急遽ゲスト出演が決定するなど、ミュージシャンからの注目度も日増しに高まっている。さらに、TBS『あさチャン!』や朝日放送『おはよう朝日です』、フジテレビ『めざましテレビ』『ノンストップ』『ネタパレ』などでもこの映像がたびたび取り上げられ、年末にかけても多くの出演依頼が舞い込んできている状況だ。

そんなポセイドン・石川が11月8日(木)に東京・代官山UNITで行なわれたライヴイベント『FANCY CLUB in 代官山UNIT』に出演し、舞台上でメジャーデビューの報告をした。初リリースは11月28日を予定しており、同じ日本コロムビアの大先輩である美空ひばりの名曲「リンゴ追分」を山下達郎風味で歌い上げるトラックを配信限定でリリースする。

さらに、12月には動画アプリ『Tik Tok』で人気再燃中の「め組のひと」、わらべうた「あんたがたどこさ」の2タイトルの配信。来春にはCDリリースが予定されている。

■DA PUMP「U.S.A.」山下達郎さん風カバー動画
https://twitter.com/pose_inc/status/1032192842750251008



【関連リンク】
ポセイドン・石川、メジャーデビュー作品は美空ひばりを山下達郎風味で歌う!?
ポセイドン・石川まとめ
HEESEY(THE YELLOW MONKEY)、ソロツアーの模様をDVD化

【関連アーティスト】
ポセイドン・石川
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, 発表, 名曲, 新曲, リリース, 発売, 配信, ポップス, AOR, ファンク, ソウル, 歌謡曲, テレビ番組, 出演, 反響, 音楽配信

HEESEY(THE YELLOW MONKEY)、ソロツアーの模様をDVD化
Fri, 09 Nov 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE YELLOW MONKEYのベーシスト、廣瀬“HEESEY”洋一が2018年5月〜6月に開催したソロツアー『HEESEY SOLO TOUR2018〜HEESEY A GO! GO!〜』の6月2日に行なった東京・代官山UNITファイナル凱旋公演を収めたライヴDVD『TRIUMPH A GO! GO! 〜HEESEY Live at UNIT, TOKYO』をリリースする。

発売は2019年4月を予定しており、収録内容などの詳細は未定とのことなので、続報を楽しみに待とう!

DVD『TRIUMPH A GO! GO! 〜HEESEY Live at UNIT, TOKYO』

2019年4月発売



※詳細未定
※2018年6月2日 東京・代官山UNITファイナル公演の模様を収録



【関連リンク】
HEESEY(THE YELLOW MONKEY)、ソロツアーの模様をDVD化
HEESEYまとめ
THE YELLOW MONKEYまとめ
初音ミク、『東京150年祭』グッズを追加生産&巡音ルカと『かわさきジャズ』に出演

【関連アーティスト】
HEESEY, THE YELLOW MONKEY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, DVD, 発表, リリース, 発売, ライブハウス, ライブ, ツアー, ワンマン

初音ミク、『東京150年祭』グッズを追加生産&巡音ルカと『かわさきジャズ』に出演
Fri, 09 Nov 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

人気のバーチャルシンガー、初音ミクが東京都主催で10月26日(金)〜28日(日)に浜離宮恩賜庭園で行なわれた『東京150年祭』に出演した。

『刻を遊ぶ時空の旅〜初音ミク Links Tokyo150〜』と題されたプログラムでは、庭園内の潮入の池に幅30m高さ15mのウォータースクリーンを設置し、初音ミクを投影。ミクが明治、大正、昭和、平成のファッションとともに、これまで150年の間に生まれた39曲の楽曲をメドレー形式で歌唱して話題を呼んだが、同じく『150年祭』会場内では東京150年祭公式初音ミクグッズが販売され、全日即完売となった。

入手できなかったファンからの再販の声が大きく、主催である東京都の特別な配慮を踏まえ、発売元の日本コロムビアはすべてのグッズについて受注予約生産の再販を行なうことを発表! 受注予約は11月9日(金)〜11月30日(金)まで、日本国内は日本コロムビアのECサイト『コロムビア・ミュージック・ショップ』、海外の希望者は『東京オタクモード』のサイトで注文を受け付ける。

また、11月11日(日)には川崎のカルッツかわさきホールで『150年祭』で音楽監督を務めた名ジャズプレイヤー佐藤允彦をメインプレイヤーに迎え、初音ミクと巡音ルカをメインヴォーカルとして展開するライヴ『かわさきジャズ2018 Jazz, Anime & Internet Songs vol.1』の開催が予定されている。

ミク&ルカが佐藤允彦バンドの演奏で数々のジャズヴォーカルナンバーに挑戦する他、ミクとルカのVOCALOID楽曲のジャズバンドアレンジも披露。オープニングアクトのさとうもか with 初音ミクでは、この秋にMVが公開されて話題となった初音ミク with さとうもかの「スキップ」や、お洒落なアニメソングも演奏される予定だ。

そして、会場ではチケット購入者限定グッズを販売。人気のイラストレーターRellaの描いたビジュアルを用いたラインナップを中心に、ミク&ルカのアクリルキーホルダーのガチャも設置される他、ジャズライヴでありながら、12色可変でミク&ルカ色も設定可能なサイリウム(ペンライト)も販売される。なお、主催側からのコメントは“他のお客様のご迷惑にならない範囲で自由に振っていただけます”とのこと。グッズにも使用されるミク&ルカのジャズをデュエットする新たなビジュアルも公開中!

■『東京150年祭』公式 初音ミク グッズHP
http://columbia.jp/hatsunemiku/#tokyo150goods

■コロムビアミュージックショップHP(国内向け販売)
https://shop.columbia.jp/shop/e/etokyo150miku/

■東京オタクモード(海外向け販売/日本国外からのアクセスのみ可能)
https://otakumode.com/fb/gaP

illustration by Rella
(c)Crypton Future Media, INC. www.piapro.net

『かわさきジャズ2018 Jazz, Anime & Internet Songs vol.1』

11月11日(日) 神奈川・カルッツかわさき(川崎市スポーツ・文化総合センター)ホール

<オープニングアクト>
さとうもか with 初音ミク(twin vocal)
入江陽(syn, vocal)、小金丸慧(guitar)、秋元修(drum)
<メインプログラム>
佐藤允彦JAZZ BAND & VOCAL ENSEMBLE feat.初音ミク&巡音ルカ
佐藤允彦(piano)、加藤真一(bass)、村上寛(drums)、岡部洋一(percussion)、初音ミク(talk、vocal)、巡音ルカ(talk、vocal)、上杉亜希子(vocal)、前田玲奈(vocal)

<チケット>
料金:S席¥5,500、A席¥4,500、B席¥3,500
・チケットぴあ Pコード:125-583
・ローチケ Lコード:75504
・カルッツかわさき 044-222-5223
・ミューザ川崎シンフォニーホール
044-520-0200(10時〜18時)
■公式HP https://www.kawasakijazz.jp/
■会場HP http://culttz.city.kawasaki.jp/performance/5568/



【関連リンク】
初音ミク、『東京150年祭』グッズを追加生産&巡音ルカと『かわさきジャズ』に出演
初音ミクまとめ
巡音ルカまとめ
佐藤允彦まとめ
THE YELLOW MONKEY、新曲「天道虫」配信スタート&台湾で撮影したMVも公開

【関連アーティスト】
初音ミク, 巡音ルカ, 佐藤允彦
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, シンガーソング・ライター, コラボ, ミュージックビデオ, MV, 発表, リリース, 発売, ポップス, ジャズ, ボーカロイド, アニメ, ライブ, チケット, グッズ

THE YELLOW MONKEY、新曲「天道虫」配信スタート&台湾で撮影したMVも公開
Fri, 09 Nov 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ATLANTIC / Warner Music Japanとのタッグを発表してから初となる、THE YELLOW MONKEYの新曲「天道虫」の配信がスタートした。

新たな幕開けに相応しい骨太て?エッシ?ーなロックチューンで、エネルキ?ーと勢いに溢れた楽曲だ。ドラマ主題歌にも起用されているが、ヴォーカルの吉井和哉は“久しぶりに短い楽曲ができた”と話しており、短い構成の中にもイエローモンキーらしさがギュッと詰まった、これからの彼らを暗示するような楽曲にもなっている。

そして、「天道虫」のMVも公開! このMVは10月中旬に台湾の市場で撮影され、リアルな台湾のネオン、モチーフとしての麻雀卓、台湾のキャスト総勢16人が参加し、台湾ならではの雑多な雰囲気での撮影となった。楽曲の世界観と相まってヒリヒリしたスピード感があるので、こちらもぜひチェックしてみよう。

また、新曲「天道虫」を含むシングル28枚、アルバム15枚のストリーミング配信もスタートし、さらに全世界配信も開始となったので、この機会に他の楽曲も聴いてみてはいかがだろうか。

■【田辺秀伸 監督コメント】

「楽曲の持つ世界観を表現すべく、娯楽ではなく生活や命をかけて戦う本場のヒリヒリした空気感を演出するために
日本ではないロケーションを求めて台湾で撮影しました。
そんな空気感の中でビビッドに色づいたメンバーにどこか色気を感じてもらえたらと思います。
自由に歌って演奏してもらうことでその世界観にうまく調和し、空間、キャストと共にエッジィなミュージックビデオが作れたと思います」

配信曲「天道虫」

配信中



¥250(税込)

■配信URL
https://tym.lnk.to/tentomushiPu



【関連リンク】
THE YELLOW MONKEY、新曲「天道虫」配信スタート&台湾で撮影したMVも公開
THE YELLOW MONKEYまとめ
吉田凜音、主演映画のシーンで構成された新曲「FOREVER YOUNG」MV公開

【関連アーティスト】
THE YELLOW MONKEY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, 音楽配信

吉田凜音、主演映画のシーンで構成された新曲「FOREVER YOUNG」MV公開
Fri, 09 Nov 2018 13:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

吉田凜音が初主演を務めた映画『ヌヌ子の聖★戦 〜HARAJUKU STORY〜』の渋谷先行上映が11月9日よりスタートする。映画が全国公開となる11月16日(金)に合せて、挿入歌に抜擢されている吉田凜音の新曲「FOREVER YOUNG」が11月14日(水)より配信されることが決定! さらに同曲のMVも公開された。

公開となったMVは、原宿竹下通りを愛し、双子コーデを楽しむふたりの女子の物語として制作された映画のシーンで構成。新しい吉田凜音の顔が見える映像となっているので、MVをチェックしつつ映画の全国公開を楽しみに待とう。

配信シングル「FOREVER YOUNG」

2018年11月14日配信開始



※主要ダウンロードサイト、サブスクリプションサービスにて配信
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1440468545?app=itunes&ls=1
■レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1007472714
■mora
http://mora.jp/package/43000005/VE3WA-18283/
■Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/album/id1440468545
■LINE MUSIC
https://music.line.me/launch?target=album&item=mb000000000176273b&cc=JP
■Google Play Music
https://play.google.com/music/m/Bk7mm4oolx7oykjttgiizgrlmfi
■Spotify
http://open.spotify.com/album/4QSkYxpuJnR0OmmkAhQTUb

映画『ヌヌ子の聖★戦 ~HARAJUKU STORY~』

11月16日(金)全国ロードショー
企画・プロデュース:深川栄洋(『60歳のラブレター』『神様のカルテ』)
監督:進藤丈広
脚本:濱田真和
吉田凜音/久間田琳加
中山咲月/糸瀬七葉/横田真悠/西岡?馬

『「Find your #film」tour supported by spinns 』

12月16日(日) 兵庫・SUPER SPINNS 神戸三宮VIVRE店&スピンズ京都本店
12月17日(月) 大阪・北堀江 club vijon
12月18日(火) 愛知・名古屋 ell SIZE
<2019年>
1月12日(土) 福岡・スーパースピンズ福岡天神コア店
1月14日(月・祝) 東京・渋谷WWW



【関連リンク】
吉田凜音、主演映画のシーンで構成された新曲「FOREVER YOUNG」MV公開
吉田凜音まとめ
LUNA SEA、日本武道館公演の模様をファンクラブ『SLAVE』限定商品として映像化

【関連アーティスト】
吉田凜音
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 新曲, 映画, 音楽配信

LUNA SEA、日本武道館公演の模様をファンクラブ『SLAVE』限定商品として映像化
Fri, 09 Nov 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LUNA SEAが2017年12月20日にリリースしたアルバム『LUV』を引っ提げて開催した全国ツアー『LUNA SEA LIVE TOUR 2018 The LUV -World left behind-』のファイナル公演を、オフィシャルファンクラブ 『SLAVE』限定の映像作品としてリリースすることが明らかになった。

同公演は、2018年5月29日に日本武道館にて開催。LUNA SEAのライヴ映像作品としては3年8カ月振りのリリースであり、LUNA SEA結成記念日である5月29日に行なわれたライヴとしては、初の映像作品となる。

今作には、全方位360度から見渡せるセットが組まれた会場に集結した超満員のファンに向け、アルバム『LUV』の楽曲を中心としながらもヒット曲やLUNA SEAのライヴには欠かせない定番曲も織り交ぜたスペシャルなセットリストを全曲収録! 今なお進化を続けるLUNA SEAの最新ライヴ映像作品なだけに必見だ。ファンクラブ『SLAVE』にこれから入会する方も購入可能となっているので、この機会にぜひ会員となってゲットしよう。

2019年には結成30周年イヤーに突入するLUNA SEAだが、そのイントロダクションとして2018年末に開催される12月22日、23日のさいたまスーパーアリーナ公演はチケット発売即日にソールドアウト。メジャーデビュー当時のツアータイトル『IMAGE or REAL』『SEARCH FOR MY EDEN』を掲げて行なわれる2daysだけに、ファンの期待も膨らむばかりだ。

『LUNA SEA The Anniversary 2018 The LUV ?World left behind- FINAL 5.29日本武道館』

2019年2月27日発売
※受注開始日時:2018年11月9日(金)正午12:00〜



【Blu-ray】
PDXJ-1006/¥7,500(税込)
【DVD】
PDBJ-1013/¥7,500(税込)

<収録曲>
01. Hold You Down  
02. TONIGHT
03. D?j?vu 
04. JESUS  
05. Limit 
06. Brand New Days 
07. 誓い文
08. gravity 
09. 闇火
10. I for You 
11. Dr.Solo & Bass Solo
12. Be Awake
13. STORM
14. TIME IS DEAD
15. ROSIER
16. BLACK AND BLUE
[ENCORE]
01. So Sad 
02. BELIEVE
03. PRECIOUS...
04. WISH

◎期間限定購入者特典
2019年1月27日(日)23:59までにお申込み完了の方を対象に“スタッフパスレプリカ”をプレゼント

『LUNATIC X\'MAS 2018 -Introduction to the 30th Anniversary-』

12月22日(土) さいたまスーパーアリーナ ※IMAGE or REAL
12月23日(日) さいたまスーパーアリーナ ※SEARCH FOR MY EDEN



【関連リンク】
LUNA SEA、日本武道館公演の模様をファンクラブ『SLAVE』限定商品として映像化
LUNA SEAまとめ

【関連アーティスト】
LUNA SEA
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray, リリース, ライブ, ワンマン













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1