歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年11月07日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/11/16
2018/11/15
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
宇多田ヒカル、国内ツアーが開幕!「待っててくれて有難う」と感謝の言葉も
Wed, 07 Nov 2018 11:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ついに11月6日(火)より約12年ぶりの宇多田ヒカルの国内ツアー『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』がスタートした。

2010年12月に開催されたライブ『WILD LIFE』を最後に「人間活動」を宣言し、一時アーティスト活動休止期間に入っていたが、2016年4月に配信シングル「花束を君に」「真夏の通り雨」のリリースによってアーティスト活動を再始動。2017年3月にはEPICレコードジャパンにレーベル移籍。また2018年6月27日(水)に7枚目となるアルバム『初恋』を発表。そして今回12年ぶりのコンサートツアー『Laughter in the Dark』の開催、とまさにデビュー20周年を迎えるにふさわしい精力的な活動をみせている。

ツアー初日の横浜アリーナ公演にて、久々にファンの前に姿を見せた宇多田ヒカルは、冒頭のMCで“こんな悪天候の中、来てくれてありがとう。最後にここでコンサートを開いてから、ちょうど8年。お待たせしました。本当に待っててくれて有難う。皆さん、8年経っていれば、色々なことが、良いことも、悪いこともあったと思いますが、それは心の片隅において、今日は目一杯楽しんでいきましょう”と挨拶。待ちに待ったファンからの「おかえりー」の声に会場全体が包まれた。

本編中には、お笑い芸人であり作家でもある又吉直樹と、「Laughter in the Dark」をテーマにして制作されたショートムービーも披露。数々の名曲とともに、宇多田ヒカルの世界を存分に表現したステージとなった。

今回のツアーは横浜公演から始まり、福岡、名古屋、大阪、埼玉、千葉をまわる全12公演を予定しており、デビュー20周年目にあたるメモリアルデーでもある12月09日(日)のツアーファイナルまで、各地を駆け巡る。

また、11月6日(火)0時より3名のアジアン・ラッパーをフィーチャリングした「Too Proud featuring XZT, Suboi, EK (L1 Remix)」のサブスクリプション/ダウンロード配信がサプライズリリースされ、アジア各国のチャートにてランクイン中。そして、11月7日(水)にはアルバム『初恋』のアナログ盤(シリアルナンバー入り生産限定アナログ盤)もリリース。こちらも合わせて要チェックだ。

photo by 岸田哲平

■『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』オフィシャルHP
https://hikaruutadatour2018.jp/

【ライブ情報】

『Hikaru Utada Laughter in the Dark Tour 2018』
11月06日(火) 神奈川・横浜アリーナ 
11月07日(水) 神奈川・横浜アリーナ 
11月14日(水) 福岡・マリンメッセ福岡 
11月15日(木) 福岡・マリンメッセ福岡 
11月22日(木) 愛知・日本ガイシホール
11月23日(金・祝) 愛知・日本ガイシホール 
11月28日(水) 大阪城ホール
11月29日(木) 大阪城ホール
12月04日(火) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
12月05日(水) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
12月08日(土) 千葉・幕張メッセ国際展示場 9〜11ホール 
12月09日(日) 千葉・幕張メッセ国際展示場 9〜11ホール 


『伯耆国「大山開山 1300年祭」記念 宇多田ヒカル スペシャルライブ』 supported by サントリー天然水
11月17日(土) 鳥取・とりぎん文化会館 梨花ホール

配信楽曲「Too Proud featuring XZT, Suboi, EK (L1 Remix)」

2018年11月6日(火)配信スタート



■Spotify
https://erj.lnk.to/PW84QWN
■Apple Music
https://erj.lnk.to/k3QLAWN
■ダウンロード
iTunes
https://erj.lnk.to/sNQVBWN
mora
https://erj.lnk.to/fe7dnWN
レコチョク
https://erj.lnk.to/la-LfWN

アルバム『初恋』

2018年11月7日(水) 発売



【アナログ盤】(2LP)
ESJL 3094-5/5,000(税込)
※シリアルナンバー入り生産限定アナログ盤
<収録曲>
■Disc 1 Side A
01. Play A Love Song (『サントリー 南アルプススパークリング』CMソング)
02. あなた (映画『DESTINY 鎌倉ものがたり』主題歌/ソニー『ノイキャン・ワイヤレス』CMソング)
03. 初恋 (TBS系 火曜ドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』イメージソング)
■Disc 1 Side B
04. 誓い (ゲームソフト『KINGDOM HEARTS III』テーマソング)
05. Forevermore (TBS系 日曜劇場『ごめん、愛してる』主題歌)
06. Too Proud featuring Jevon
■Disc 2 Side A
07. Good Night (アニメーション映画『ペンギン・ハイウェイ』主題歌)
08. パクチーの唄
09. 残り香
■Disc 2 Side B
10. 大空で抱きしめて (『サントリー天然水』CMソング)
11. 夕凪
12. 嫉妬されるべき人生

■シリアルナンバー入り生産限定アナログ盤「初恋」購入はこちら
https://erj.lnk.to/Uz4mUWN

シングル「Face My Fears」

2019年1月18日(金)発売



【通常盤】
ESCL-5150/¥1,400(税込)
<収録曲>
1.Face My Fears
2.誓い
3.Face My Fears (English Version)
4.Don\'t Think Twice

■CDの予約はこちらから
https://erj.lnk.to/Tb3UTWN



【関連リンク】
宇多田ヒカル、国内ツアーが開幕!「待っててくれて有難う」と感謝の言葉も
宇多田ヒカルまとめ
ソロデビュー10周年を迎えるDiggy-MO\'が、独自の音楽へのこだわりを語ったインタビューを公開

【関連アーティスト】
宇多田ヒカル
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ライブ, ツアー, ワンマン

ソロデビュー10周年を迎えるDiggy-MO\'が、独自の音楽へのこだわりを語ったインタビューを公開
Wed, 07 Nov 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月26日にソロデビュー10周年を迎えるDiggy-MO\'が、11月7日にベストアルバム『DX - 10th Anniversary All This Time 2008-2018 -』をリリースし、同月に東名阪にて10周年記念ツアー『Diggy-MO’ LIVE TOUR 2018 “IN SKIN”』を開催する。そんなアニバーサリーイヤー真っ只中のDiggy-MO\'の心境に迫ったインタビューを、DISK GARAGEが運営するライブ・エンタメWEBマガジン『DI:GA ONLINE』にて公開中だ。

インタビュー記事ではベストアルバムの初回限定盤に付属となるアウト・ワークス集についてや、ツアーに向けての意気込み、さらにはDiggy-MO\'が所属していたヒップホップグループ・SOUL\'d OUTの話題も飛び出している。後編で語られるライブでのグルーブへのこだわりからはDiggy-MO\'の音楽に対する熱い想いを知ることができるだろう。リリースや東名阪ツアーなど、盛りだくさんな11月を迎える前にぜびチェックしてほしい。

■Diggy-MO’、ソロデビュー10周年にベスト盤発売&ツアー開催!ラップ・ミュージックの最前線を力強く歩み続ける男の、現在位置を探るインタビュー
前編:https://goo.gl/x6Xk3F
後編:https://goo.gl/KxG9CA

【ライブ情報】

■『Diggy-MO’ LIVE TOUR 2018 “IN SKIN”』
11月17日(土) 愛知・名古屋 CLUB QUATTRO
11月18日(日) 大阪・umeda TRAD
11月25日(日) 東京・ebisu LIQUIDROOM
※ツアー詳細情報はこちら http://diggy-mo.com/live-ticket/

■『Diggy-MO\' presents " Tiny Xmas Concert 2018 "』
12月24日(月・振休) 東京・EX THEATER ROPPONGI
※U-18:当日会場にて身分証提示で¥1,000キャッシュバック
・[Club D]会員限定最速チケット先行受付中
11月05日(月)13:00〜11月11日(日)23:59
※詳細は[Club D]オフィシャルサイトにてチェック https://diggy.mobi/
・オフィシャルサイト先行実施中!
11月07日(水)〜11月18日(日)23:59
※詳細はオフィシャルサイトにて
・チケット一般発売:12月01日(土)
◎チケット情報ページ https://goo.gl/WddcEb

アルバム『DX - 10th Anniversary All This Time 2008-2018 -』

2018年11月7日発売



【初回生産限定盤】(2CD+特典CD+ブックレット)
SECL-2341〜3/¥4,167+税
<収録曲>
■CD:disc1
1. JUVES (ジュヴィズ)
2. Lovin\' Junk
3. 先生、
4. PSYCHE PSYCHE
5. SHOTTTTEQKILLA (ショッテキーラ)
6. ノンシャランにゆけば feat. SHEILA
7. STAY BEAUTIFUL
8. Bayside Serenade
9. GIOVANNI (ジョヴァンニ) ※未発表曲
10. PTOLEMY (トレミー)
11. GOD SONG ※未発表曲
■CD:disc2
1. 首都高2
2. Blue World
3. ZAZA
4. YOYOY
5. Heartach Jive
6. COME ON feat. J\'quartus
7. サムライズム
8. FIRE WOO FOO FOO feat. LISA
9. 爆走夢歌
10. ONE VOW
11. Arcadia
■CD:Outworks(初回限定盤特典)
1. HALF Diggy-MO\' Remix / 女王蜂
2. Friday let me down featuring Diggy-MO\' (SOUL\'d OUT) / a.mia + Key of Life     
3. Ruby Hooty Jack / ViRCAN DiMMER
4. オアシス feat.Diggy-MO\' (SOUL\'d OUT) / BENNIE K
5. BELLE EPOQUE feat. Diggy-MO\' / lecca
6. DOPEMAN? / m-flo ? EMYLI & Diggy-MO\'
7. Garden feat. DJ KAORI, Diggy-MO\', クレンチ&ブリスタ / May J.
8. Diggy Diggy Diggy Pt.II (ViRCAN DiMMER Mix) / SOUL\'d OUT

◎初回限定盤特典ブックレット
「帽子の中身」 150Pインタビュー冊子
限定公開してきたインタビューを特別編集



【通常盤】(2CD)
SECL-2344〜5/¥3,241+税
<収録曲>
■CD:disc1
1. JUVES (ジュヴィズ)
2. Lovin\' Junk
3. 先生、
4. PSYCHE PSYCHE
5. SHOTTTTEQKILLA (ショッテキーラ)
6. ノンシャランにゆけば feat. SHEILA
7. STAY BEAUTIFUL
8. Bayside Serenade
9. GIOVANNI (ジョヴァンニ) ※未発表曲
10. PTOLEMY (トレミー)
11. GOD SONG ※未発表曲
■CD:disc2
1. 首都高2
2. Blue World
3. ZAZA
4. YOYOY
5. Heartach Jive
6. COME ON feat. J\'quartus
7. サムライズム
8. FIRE WOO FOO FOO feat. LISA
9. 爆走夢歌
10. ONE VOW
11. Arcadia



【関連リンク】
ソロデビュー10周年を迎えるDiggy-MO\'が、独自の音楽へのこだわりを語ったインタビューを公開
Diggy-MO’まとめ
SOUL\'d OUTまとめ
Mrs. GREEN APPLE、全国ツアーの最終公演を収録した映像作品の詳細解禁

【関連アーティスト】
Diggy-MO’, SOUL\'d OUT
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, ヒップホップ

Mrs. GREEN APPLE、全国ツアーの最終公演を収録した映像作品の詳細解禁
Wed, 07 Nov 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Mrs. GREEN APPLEが全公演即日ソールドアウトを記録し、全国で約4万人を動員した『ENSEMBLE TOUR』の9月9日(日)幕張メッセ国際展示場にて開催された最終公演を完全収録した映像作品を2019年1月9日(水)にリリースすることが分かった。

ミセスにとって『In the Morning Tour - LIVE at TOKYO DOME CITY HALL 20161208』以来1年9カ月ぶりのライブDVD&Blu-ray作品となる今作には、本編での未発表曲「Afternoon」に加え、9月8日(土)の幕張初日公演にしか演奏されなかった4曲とDOCUMENT特典映像も収録。これに加えてミセス5人による2時間40分強に及ぶライブ本編のオーディオコメンタリーが付き、さらにはライブ写真とメンバーインタビューで構成された20Pのブックレットが付属するという盛りだくさんな内容となっている。

また、UNIVERSAL MUSIC STORE限定で、ここでしか手に入らないオリジナルデザインTシャツ“ENSEMBLE TOUR LIMITED T-SHIRT”をセットした受注生産限定商品を発売することも発表された。幕張公演のライブ写真でデザインされたオリジナルTシャツで、申し込み期間は11月7日(水)18:00〜12月2日(日)23:59までとなっているので、ぜひこの機会にゲットしてほしい。

Mrs. GREEN APPLEは、11月17日(土)の札幌ペニーレーン公演を皮切りに14カ所17公演の規模で開催する全国ライブハウスツアー『ゼンジン未到とプロテスト〜回帰編〜』が全会場即日ソールドアウトを記録。そして12月30日(日)開幕の『第97回全国高校サッカー選手権大会』の応援歌を担当し、2019年1月14日(月・祝)には埼玉スタジアム2◯◯2でのライブパフォーマンスも発表されている。年末から年始に掛けても積極的に活動する彼らの動向に注目だ。

DVD&Blu-ray『ENSEMBLE TOUR 〜ソワレ・ドゥ・ラ・ブリュ〜』

2019年年1月9日(水)発売



【DVD】(2枚組)
UPBH-20235/6/¥5,378(税込)
<収録曲>
『ENSEMBLE TOUR 〜ソワレ・ドゥ・ラ・ブリュ〜 @幕張メッセ 国際展示場 2018.09.09』
1.Love me, Love you
2.キコリ時計
3.愛情と矛先
4.StaRt
5.HeLLo
6.Oz
7.日々と君
8.パブリック
9.アウフヘーベン
10.Coffee
11.鯨の唄
12.FACTORY
13.ツキマシテハ 
14.WanteD! WanteD!
15.うブ
16.WHOO WHOO WHOO
17.L.P
18.REVERSE
19.青と夏 
20.Afternoon(未発表曲)
21.SPLASH!!!
22.Speaking
23.They are
24.PARTY
25.Love me, Love you
■Encore
1.光のうた
2.CONFLICT
3.はじまり
■W Encore
29.我逢人
※メンバー5人による2時間40分強に及ぶライブのオーディオコメンタリー付き

◎特典映像
・『「ENSEMBLE TOUR 〜フェット・ドゥ・ラ・ルージュ〜」@幕張メッセ 国際展示場 2018.09.08』
1.ナニヲナニヲ
2.リスキーゲーム
3.道徳と皿
4.ミスカサズ
・幕張ドキュメント映像

◎UNIVERSAL MUSIC STORE限定 オリジナルデザインTシャツ
“ENSEMBLE TOUR LIMITED T-SHIRT”をセットした受注生産限定商品を発売
※幕張のライブ写真を画像トレースしてデザインされたオリジナルTシャツです!
※バックプリントはございません。
サイズ:【フリーサイズ】 着丈71cm×身幅53cm×肩幅44cm×袖丈21cm
素材:綿100% カラー:ネイビー 生産国:ボディ:中国 / プリント:日本 PDZN-1017
DVD(2枚組)+「ENSEMBLE TOUR LIMITED T-SHIRT」D2BN-1009/¥6,998(税込)
BD(2枚組)+「ENSEMBLE TOUR LIMITED T-SHIRT」D2XN-1007/¥8,078(税込)
注文受付:https://store.universal-music.co.jp/artist/mrsgreenapple/?s13=20190109#itemTitle



【Blu-ray】(2枚組)
UPXH-20077/8/¥6,458(税込)
※カラー20P/写真とメンバーインタビュー満載のブックレット付きの豪華仕様

『Mrs. GREEN APPLE LIVE HOUSE TOUR 2018≪ゼンジン未到とプロテスト 〜回帰編〜≫』

11月17日(土) 北海道・ペニーレーン24
11月18日(日) 北海道・ペニーレーン24
11月23日(金) 新潟・NIIGATA LOTS
11月26日(月) 京都・KYOTO FANJ
11月29日(木) 愛知・Zepp Nagoya
11月30日(金) 大阪・Zepp Osaka Bayside
12月02日(日) 宮城・仙台PIT
12月07日(金) 富山・MAIRO
12月08日(土) 岐阜・CLUBーG
12月12日(水) 東京・Zepp Tokyo
12月13日(木) 東京・Zepp Tokyo
12月15日(土) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
12月16日(日) 香川・festhalle
12月19日(水) 熊本・B.9V1
12月21日(金) 福岡・DRUM LOGOS
12月22日(土) 福岡・DRUM LOGOS
12月25日(火) 東京・CLUB CRAWL
※全公演SOLD OUT



【関連リンク】
Mrs. GREEN APPLE、全国ツアーの最終公演を収録した映像作品の詳細解禁
Mrs. GREEN APPLEまとめ
MIYAVI、対戦型コラボアルバムのジャケ写&KREVA、三浦大知らによるコメントを公開

【関連アーティスト】
Mrs. GREEN APPLE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray

MIYAVI、対戦型コラボアルバムのジャケ写&KREVA、三浦大知らによるコメントを公開
Wed, 07 Nov 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

MIYAVIが12月13日にリリースする対戦型コラボアルバム『SAMURAI SESSIONS vol.3 ? Worlds Collide -』のジャケ写が公開され、さらに今作に参戦する日本人アーティストのKREVA、三浦大知、AK-69、シシド・カフカ、加藤ミリヤからコメントが到着した。

また、海外アーティストの追加参戦も決定! アール・エー・シー(RAC)、ガラント(Gallant)、サミュエル・エル・ジャクソン(Samuel L. Jackson)、ショーン・ボウ(Seann Bowe)、ヌーズ (NVDES)、ミッキー・エッコ(Mikky Ekko)が発表され、それぞれのアーティストプロフィールも公開となったので、併せてチェックしてみよう。

今作の収録内容も解禁となり、全14曲が収録されるほか、初回限定盤のDVDには4月12日に開催されたZepp Tokyo公演『MIYAVI “DAY 2” World Tour Live at Zepp Tokyo』が収録される。また、12月には『SAMURAI SESSIONS vol.3 Release Tour“Before Worlds Collide”』 と題した東名阪ツアーも開催されるのでこちらもお楽しみに!

■【コメント】

■KREVA
「渡米したMYVの侍っぷりには磨きがかかっていて燃えました。大ちゃんとひっさびさに一緒にレコーディングして、改めてその歌の上手さとさらなる成長っぷりに度肝を抜かれました。ラップ侍も頑張りました!とにかく聴いてみてください」

■三浦大知
「前作に引き続き今回も御誘いいただき本当に嬉しかったです。
しかも今回はMIYAVIさんとKREVAさんと3人でという事でその中に混ぜて頂きとても幸せでした。
皆さんの心の奥、内側を熱く燃やす最高の一曲になっていると思います」

■AK-69
「高ぶるセッションをありがとう!押忍!!」

■シシド・カフカ
「世界で唯一無二の存在として奏で続ける
MIYAVIさんのサウンドを体感出来て幸せです
カラフルで自由自在
ギターの音色を聴いて
誰か判るミュージシャンは
そういないと思っています
ご一緒出来て
とても光栄でした」

■加藤ミリヤ
「形にとらわれない、
私たちなりの正義で愛を叫んでいます。
愛し合う二人が愛を貫く強さを表現したかった。
MIYAVIくんのギターが恋を愉しむ青年が歌うように鳴っている。
胸が締め付けられるけれど、愛や恋の幸福感で満たされます」

hide:(c)HEADWAX ORGANIZATION CO ., LTD. / photo by HIDEO CANNO(CAPS)
Betty Who:photo credit_ Zak Cassar
RAC:photo credit_Claire Marie Vogel

アルバム『SAMURAI SESSIONS vol.3 ? Worlds Collide -』 

2018年12月5日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-69137/¥5,000(税抜)
<収録曲>
■CD
01. Worlds Collide (Intro) / MIYAVI vs Samuel L. Jackson
02. Rain Dance / MIYAVI vs KREVA vs 三浦大知
03. U.G.L.Y. / MIYAVI vs DUCKWRTH
04. In Crowd (Remix) / MIYAVI vs Bok Nero
05. Runway / MIYAVI vs AK-69
06. I’m So / MIYAVI vs NVDES vs Seann Bowe
07. Easy / MIYAVI vs Betty Who vs RAC
08. Knock Me Out / MIYAVI vs Mikky Ekko
09. Gentleman (Remix) / MIYAVI vs Gallant
10. Pink Spider (Remix) / MIYAVI vs hide
11. Get Into My Heart (Radio Edit) / MIYAVI vs SHISHIDO KAVKA
12. Our Love / MIYAVI vs 加藤ミリヤ
13. Me and the Moonlight / MIYAVI vs Yuna
14. Fragile / MIYAVI vs 雅 -MIYAVI-
■DVD
2018.4.12 Zepp Tokyoのライブ映像
『MIYAVI “DAY 2” World Tour Live at Zepp Tokyo』

【参戦アーティスト】※50音順
アール・エー・シー(RAC)、AK-69、加藤ミリヤ、ガラント(Gallant)、KREVA、サミュエル・エル・ジャクソン(Samuel L. Jackson)、シシド・カフカ、ショーン・ボウ(Seann Bowe)、ダックワース(DUCKWRTH)、ヌーズ (NVDES)、hide(X JAPAN/hide with Spread Beaver/zilch)、ベティ―・フー(Betty Who)、ボック・ネロ(Bok Nero)、三浦大知、ミッキー・エッコ(Mikky Ekko)、ユナ(Yuna)、雅 ?MIYAVI-



【通常盤】(CD)
TYCT-60126/¥3,000(税抜)

【海外参戦アーティストのプロフィール】

■サミュエル・エル・ジャクソン(Samuel L. Jackson)
本名Samuel Leroy Jackson、アメリカ・ワシントンDC出身 1948年12月21日生まれアトランタのモアハウス・カレッジ卒業後、ニューヨークで下積み時代を送る。91年、スパイク・リー監督作「ジャングル・フィーバー」でカンヌ国際映画祭助演男優賞を獲得し、クエンティン・タランティーノ監督作「パルプ・フィクション」(94)でアカデミー助演男優賞にノミネートされ、人気俳優に。その後も「ダイ・ハード3」「スター・ウォーズ」新3部作、「アイアンマン」シリーズなどアクション大作から「ジャッキー・ブラウン」「交渉人」「コーチ・カーター」と幅広いジャンルの作品に出演。「Mr. インクレディブル」「アフロサムライ」「ATOM」では声優を務めている。
samuelljackson.com

■ダックワース(DUCKWRTH)
本名Jared Lee, 1988年5月13日生まれ、カルフォルニア出身のラッパー・シンガーソングライター。2016年に初のアルバム、I\'m Uuglyを発表し評価を高める。アンダーソン・パークの北米ツアーの前座をその後勤め、サブリナ・クラウディオが参加した”I’M DEAD”はSpotifyを中心にヒットを記録。Republic Recordsとメジャー契約を結び、2017年後期にはAn XTRA UUGLY Mixtapeを発表。
http://www.duckwrth.com/

■ボック・ネロ(Bok Nero)
フィラデルフィア出身のラッパー。スティーブ・アオキ(Steve Aoki)が代表を務めるレーベル、Dim Makに所属し、現在はロサンゼルを拠点に活動する。ヒップ・ホップのみにとどまらず、EDM, Pop,そしてロックと多様なジャンルの音の上にラップを刻む。
https://soundcloud.com/boknero

■ヌーズ (NVDES)
本名ジョッシュ・オーシャン(Josh Ocean)のエレクトロ・ポッププロジェクト。カルフォルニアを拠点に活動し、2016年に 初EP、Life with Lobsters を発表。2017年にはシングルを三曲発表し、それらの中の”D.Y.T.(Do Your Thing)”がiPhoneのCMに起用され、注目を集める。
https://www.nvdesmusic.com/

■ショーン・ボウ(Seann Bowe)
アメリカ出身のシンガーソングライター・プロデューサー。Weezer, Wiz Khalifa, VAMPSなどの名だたるバンド・グループに楽曲を提供。 2016年よりLenard SkolnikとともにMIYAVIプロジェクトに深く関わり、メロディーや楽曲構成に参加。幅広い音域、ボーカルスタイルに定評がある。
https://fanlink.to/SeannBowe

■ベティ―・フー(Betty Who)
本名 Jessica Anne Newham オーストラリア出身 1991年10月5日生まれのシンガーソングライター。2016年発売のシングル、"I Love You Always Forever" で一躍注目を浴び、現在はSpotifyで月間300万以上の再生回数を誇る。2017年3月に セカンド・アルバム The Valleyをリリース。
http://www.bettywhomusic.com/

■アール・エー・シー(RAC)
本名Andr? Allen Anjos。ポルトガルに生まれ、現在はアメリカのポートランドを拠点に活動するプロデューサー、RAC(アール・エー・シー)こと大学時代から、“Remix Artist Collective”を由来とするRAC名義での活動をスタートし、U2、レディー・ガガ、キングス・オブ・レオン、ラナ・デル・レイ、エリー・ゴールディング、など錚々たるアーティストのリミックスを手がけ、現在までにその総数は200曲を超える。2016年にはオデッザ「Say My Name」のリミックスでグラミー賞にノミネート、そして2017年度のグラミー賞では、ボブ・モージズ「Tearing Me Up」のリミックスで最優秀リミックス・レコーディング賞を受賞。
https://rac.fm/

■ミッキー・エッコ(Mikky Ekko)
本名ジョン・スティーヴン・サダス(John Stephen Sudduth)1984年12月17日生まれ ルイジアナ州出身のシンガーソングライター、音楽プロデューサー。2013年に発売され世界中でヒットしたリアーナのシングル「ステイ」で注目を集める。その後RCAレコードよりデビューアルバムTimeを2015年1月リリース。今年11月にセカンドアルバム Fameを発表。
http://www.mikkyekko.com/

■ガラント(Gallant)
本名 Christopher Gallant 。メリーランド州出身のR&Bシンガー・ソングライター。2014年に発表した「ZEBRA EP」がSpotifyのViral Chartにエントリー。2015年にMind Of A Geniusと契約を交わし、ロサンゼルスへ拠点を移す。その後共同プロデューサーのStintらとデビューアルバム『OLOGY』を制作し、2017年グラミー賞に最優秀アーバン・コンテンポラリー・アルバムのカテゴリでデビューアルバムにノミネートされる。
https://www.gallant.space/

■ユナ(Yuna)
1986年11月14日生まれ マレーシア出身のシンガー・ソングライター。 SNSを通じて高い若者を中心に人気を集める。2011年にアメリカのFader Labelと契約後、2016年にUsherとのコラボ楽曲 “Crush”を発表、US Billboard Adult R&B Chartで3位を獲得。
http://yunamusic.com/

【ライブ情報】

■『hide Birthday Party 2018』
12月13日(木) 東京・新木場STUDIO COAST
※イベント詳細 http://www.hide-city.com/mcontents/special/bday2018/
■『SAMURAI SESSIONS vol.3 Release Tour“Before Worlds Collide”』
12月16日(日) 東京・新木場Coast
12月18日(火) 大阪・なんばHatch
12月19日(水) 愛知・名古屋ダイアモンドホール



【関連リンク】
MIYAVI、対戦型コラボアルバムのジャケ写&KREVA、三浦大知らによるコメントを公開
MIYAVIまとめ
ASIAN KUNG-FU GENERATION、アルバム『ホームタウン』全貌公開&タイトルトラックの初OAも決定

【関連アーティスト】
MIYAVI
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, コラボレーション, コラボ, アルバム

ASIAN KUNG-FU GENERATION、アルバム『ホームタウン』全貌公開&タイトルトラックの初OAも決定
Wed, 07 Nov 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月5日にリリースされるASIAN KUNG-FU GENERATIONのニューアルバム『ホームタウン』のジャケットアートワークが公開された。ジャケットのイラストは、これまで同様に中村佑介が手掛けている。

そして、同時に収録内容も発表! 収録曲には先行シングル「ボーイズ&ガールズ」、アニメーション映画『夜は短し歩けよ乙女』の主題歌「荒野を歩け」のほか、Rivers Cuomo(Weezer)、Butch Walkerと後藤正文(Vo&Gu)の共作「クロックワーク」、同じくRivers Cuomo(Weezer)と後藤の共作「ダンシングガール」など、バンドの音楽的ルーツとも言えるパワーポップを主軸とした全10曲が収録される。「荒野を歩け」「ボーイズ&ガールズ」「生者のマーチ」は最新ミックスにて収録されるので、こちらもお楽しみに。

また、初回生産限定盤に付属するCD『Can\'t Sleep EP』には、Grant Nicholas(FEEDER)と後藤の共作「スリープ」、ホリエアツシ(ストレイテナー)が作曲を手がけ、一部ボーカルでも参加した「廃墟の記憶」、山田貴洋(Ba)初の歌唱楽曲「イエロー」、THE CHARM PARKが作曲を手掛けた「はじまりの季節」など、バリエーション豊かな5曲を収録する。

さらに、初回生産限定盤付属DVDには、2017年に行なわれたアメリカツアーより南米編のライブや海外ファンの私生活を追いかけたライブドキュメンタリーを収録。ツアー中のメンバーの素顔や、海外ファンの熱量の一端を垣間見ることができる貴重な映像作品に仕上がっているので、こちらもぜひ手に入れてほしい。

なお、アルバムタイトルトラックである「ホームタウン」は、11月07日(水)21:00よりJ-WAVE(81.3FM)にて放送のラジオ番組『SONAR MUSIC』にて初オンエアされることが決定! いち早くアルバムの楽曲を聴きたい方は要チェックだ。

アルバム『ホームタウン』

2018年12月5日発売



【初回生産限定盤】(2CD + DVD)
KSCL-3121〜3123/¥4,600+税
※プレイパス対応
<収録曲>
■CD1
01. クロックワーク
02. ホームタウン
03. レインボーフラッグ
04. サーカス
05. 荒野を歩け
06. UCLA
07. モータープール
08. ダンシングガール
09. さようならソルジャー
10. ボーイズ&ガールズ
■CD2
『Can\'t Sleep EP』(初回限定)
01. スリープ
02. 廃墟の記憶
03. イエロー
04. はじまりの季節
05. 生者のマーチ
■初回生産限定盤付属DVD
2017年に行なわれたアメリカツアーより南米編のライブや海外ファンの私生活を追いかけたライブドキュメンタリーを収録
ASIAN KUNG-FU GENERATION America Tour Documentary Pt.2 (Latin America)



【通常盤】(CD)
KSCL-3124/¥2,913+税
※初回仕様:プレイパス対応
<収録曲>
01. クロックワーク
02. ホームタウン
03. レインボーフラッグ
04. サーカス
05. 荒野を歩け
06. UCLA
07. モータープール
08. ダンシングガール
09. さようならソルジャー
10. ボーイズ&ガールズ

J-WAVE(81.3FM)『SONAR MUSIC』

11月07日(水)21:00〜24:00
ナビゲーター:藤田琢己
ミュージックレシーバー:Licaxxx
※アルバム『ホームタウン』より、楽曲「ホームタウン」を初オンエア!
https://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/



【関連リンク】
ASIAN KUNG-FU GENERATION、アルバム『ホームタウン』全貌公開&タイトルトラックの初OAも決定
ASIAN KUNG-FU GENERATIONまとめ
Weezerまとめ
Butch Walkerまとめ
Feederまとめ

【関連アーティスト】
ASIAN KUNG-FU GENERATION, Weezer, Butch Walker, Feeder, ストレイテナー
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, リリース

GLIM SPANKY、LAでレコーディングした新曲「Looking For The Magic」がスノーリゾートのタイアップ曲に決定
Wed, 07 Nov 2018 16:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

GLIM SPANKYが11月21日にリリースするニューアルバム『LOOKING FOR THE MAGIC』の収録曲「Looking For The Magic」が、『スノーリゾート2018-19タイアップ曲』に決定! 書き下ろしの新曲ということで、GLIM SPANKYに白羽の矢を立てたFM長野の坂井一正氏は“スノーリゾートの本場、長野県出身のGLIM SPANKYのグルービーなサウンドは、全国のスキーヤー・スノーボーダーの心を捉えて放さないでしょう!”とコメントしている。

「Looking For The Magic」に対して松尾レミ(Vo&Gu)は、“この楽曲はLAでレコーディングしてきて、エンジニアも演奏者も私達が大好き&最強な方達と一緒に制作しました。私達は日常でひらめきや魔法を探し続けて生きているのですが、そんな温かな信念のある思いを感じて頂ければと思い、この曲を作りました。この楽曲ができたきっかけはアメリカの広大な砂漠風景なのですが、聴く人によって森の中でも良いし、雪の中でも良いし、好き勝手自分のストーリーにして貰えたら嬉しいです”とコメント。

亀本寛貴(Gu)は“スキーに行く時、家族や恋人や友達と行くように、特別な時間を過ごすと思います。僕自身も、小さい時に父親と一緒にスキーやスノーボードに行き、とても特別な時間だったことを思い出し、今も記憶に残っています。そんな皆様の記憶に残る特別な時間に、少しでも良い雰囲気が作れる曲になってくれると嬉しいです”と語っている。また、LAでのレコーディング風景の写真も公開されているので、その雰囲気を感じてみてはいかがだろうか。さらに、こちらもLAでレコーディングした今作のリード曲「TV Show」の単曲先行配信が開始され、iTunesアルバム予約、SpotifyのアルバムPre-saveも開始!

また、SpotifyとGLIM SPANKYによるリスニングパーティーの開催が決定した。参加費は無料で、20名限定の特別なパーティーとなっている。イベントでは、アルバム楽曲をどこよりも早く聞ける先行試聴はもちろん、今作に込めた意気込み、メンバーのトーク、アコースティックのパフォーマンスを披露する予定とのこと。気になる方は詳細ページを要チェック。

■Spotify×GLIM SPANKY リスニングパーティー詳細
https://umusic.digital/lfzhpx/

■「TV Show」先行配信
https://umj.lnk.to/glim_tvsPR

アルバム『LOOKING FOR THE MAGIC』

2018年11月21日発売



【初回盤】(CD+DVD)
TYCT-69132/¥4,600+税
<収録曲>
■CD
01.4 Dimensional Desert
02.Love Is There
03.TV Show
04.ハートが冷める前に
05.The Flowers
06.In the air
07.愚か者たち
08.Hello Sunshine
09.All Of Us
10.To The Music
11.Looking For The Magic
■DVD
2018.05.12「GLIM SPANKY LIVE AT 日本武道館」ライブ映像



【通常盤】(CDのみ)
TYCT-60123/¥2,700+税

■プレオーダー
iTunes https://umj.lnk.to/glim_lftmPR
Spotify Pre-save:https://umusic.digital/lfzhpx/



【UNIVERSAL MUSIC STORE 数量限定販売商品】(CD+松尾レミデザインTシャツ)
TYCT-60123/¥5,500+税
※サイズ:男女兼用L/着丈73cm、身幅55cm
※素材:綿100%

■販売サイトはこちら。
https://store.universal-music.co.jp/artist/glim-spanky/

『LOOKING FOR THE MAGIC Tour 2019』

<2019年>
3月02日(土)  長野 長野CLUB JUNK BOX
3月03日(日)  長野 長野CLUB JUNK BOX
3月10日(日)  神奈川 横浜ベイホール
3月15日(金)  岩手 盛岡CLUB CHANGE WAVE
3月17日(日)  福島 郡山HIPSHOT JAPAN
3月21日(木・祝)  兵庫 神戸CHICKEN GEORGE
3月22日(金)  岡山 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
3月24日(日)  山口 周南RISING HALL
4月04日(木)  静岡 静岡ark
4月06日(土)  熊本 熊本B.9 V1
4月07日(日)  鹿児島 鹿児島CAPARVO HALL
4月09日(火)  京都 京都磔磔
4月11日(木)  愛媛 松山サロンキティ
4月13日(土)  高知 高知キャラバンサライ
4月14日(日)  香川 高松MONSTER
4月26日(金)  長野 松本a.C
4月28日(日)  新潟 新潟LOTS
4月29日(月・祝)  石川 金沢EIGHT HALL
5月03日(金・祝)  北海道 札幌PENNY LANE24
5月04日(土・祝)  北海道 札幌PENNY LANE24
5月11日(土)  愛知 名古屋DIAMOND HALL
5月12日(日)  愛知 名古屋DIAMOND HALL
5月18日(土)  大阪 大阪なんばHatch
5月24日(金)  広島 広島CLUB QUATTRO
5月25日(土)  福岡 福岡DRUM LOGOS
5月31日(金)  宮城 仙台Rensa
6月08日(土)  東京 豊洲PIT



【関連リンク】
GLIM SPANKY、LAでレコーディングした新曲「Looking For The Magic」がスノーリゾートのタイアップ曲に決定
GLIM SPANKYまとめ
Official髭男dism、6都市全7公演で開催するワンマンツアーを発表

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 新曲, リリース

Official髭男dism、6都市全7公演で開催するワンマンツアーを発表
Wed, 07 Nov 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

“ヒゲダン”ことOfficial髭男dismが2019年6月よりワンマンツアー『Official髭男dism one-man tour 2019』を開催することが分かった。

これは11月7日(水)に行なわれた『Official髭男dism one-man tour 18/19』の初日となる神奈川・横浜Bay Hall公演にて発表されたもので、2019年6月22日(土)宮城・SENDAI GIGS公演を皮切りに、2019年7月22日(月)の東京・Zepp DiverCity公演まで6都市・全7公演におよぶライブハウスツアーとなる。

また、チケットの先行受付は11月9日(金)よりモバイルファンクラブサイト『BROTHERS』にて会員限定で開始予定とのことなので、会員の方はぜひチェックしよう。

■『Official髭男dism one-man tour 2019』

【2019年】
6月22日(土) 宮城・SENDAI GIGS
6月30日(日) 福岡・Zepp Fukuoka
7月05日(金) 北海道・Zepp Sapporo
7月13日(土) 大阪・Zepp Namba OSAKA
7月14日(日) 愛知・Zepp Nagoya
7月21日(日) 東京・Zepp DiverCity
7月22日(月) 東京・Zepp DiverCity

<チケット>
スタンディング¥5,000(税込)※入場整理番号付き
2F指定席¥5,800(税込)
2F指定親子席:大人¥5,800(税込)・こども¥2,900(税込)※入場時、ドリンク代別途必要
◎11月9日(金)よりモバイルFCサイト『BROTHERS』にて会員限定先行受付開始

EP『Stand By You EP』

2018年10月17日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA-4716/¥2,200+税
※初回生産分封入特典:プレイパス
<収録曲>
■CD
1.Stand By You
2.FIRE GROUND
3.バッドフォーミー
4.Stand By You(Acoustic Ver.)
■DVD
「Official髭男dism one-man tour 2018 LIVE DVD」- selected from 2018.07.05 中野サンプラザホール?
1.ノーダウト
2.Second LINE
3.Tell Me Baby
4.Driver
5.相思相愛
6.たかがアイラブユー
7.115万キロのフィルム
8.犬かキャットかで死ぬまで喧嘩しよう!
9.ESCAPADE
10.発明家



【通常盤】(CD)
PCCA0-4717/¥1,200+税
※初回生産分封入特典:プレイパス
<収録曲>
1.Stand By You
2.FIRE GROUND
3.バッドフォーミー
4.Stand By You(Acoustic Ver.)

『Official髭男dism one-man tour 18/19』

11月07日(水) 神奈川 横浜Bay Hall
11月09日(金) 北海道 札幌cube garden ※追加公演
11月10日(土) 北海道 札幌cube garden
11月17日(土) 香川 高松DIME
11月18日(日) 愛媛 松山サロンキティ
11月22日(木) 島根 松江AZTiC canova
11月24日(土) 鳥取 米子AZTiC laughs
11月25日(日) 広島 広島CLUB QUATTRO
11月28日(水) 埼玉 HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心
12月01日(土) 宮城 チームスマイル・仙台PIT
12月02日(日) 福島 郡山CLUB #9
12月09日(日) 茨城 水戸ライトハウス
12月15日(土) 新潟 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
12月16日(日) 長野 長野CLUB JUNK BOX
【2019年】
1月11日(金) 大阪 NHK大阪ホール
1月12日(土) 鳥取 米子市文化ホール
1月16日(水) 愛知 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール ※追加公演
1月18日(金) 静岡 Live House 浜松 窓枠
1月19日(土) 愛知 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
1月24日(木) 東京 NHKホール
1月26日(土) 福岡 福岡DRUM LOGOS
1月27日(日) 鹿児島 鹿児島SR HALL
1月31日(木) 大阪 NHK大阪ホール ※追加公演
2月02日(土) 島根 島根県民会館 大ホール



【関連リンク】
Official髭男dism、6都市全7公演で開催するワンマンツアーを発表
Official髭男dismまとめ
吉澤嘉代子、カラオケDAMにてライブ&バックステージの招待キャンペーンを開始

【関連アーティスト】
Official髭男dism
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, EP, ライブ, ツアー, チケット

吉澤嘉代子、カラオケDAMにてライブ&バックステージの招待キャンペーンを開始
Wed, 07 Nov 2018 21:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月7日(水)に発売となった吉澤嘉代子の4thアルバム『女優姉妹』のリリースを記念して、『吉澤嘉代子 DAM★とも企画』がスタート! 

この企画は、『女優姉妹』に収録された「残ってる」「女優」をはじめとする全ての吉澤嘉代子楽曲を対象に、カラオケDAM設置店にてデンモクにログインして歌い、カラオケユーザーコミュニティサービス『DAM★とも』から応募すると、抽選で5組10名を『女優ツアー2019』の3月17日(日)東京・昭和女子大学人見記念講堂公演にライブ&バックステージ招待するというもの。応募期間は11月7日(水)〜12月25日(日)までなので、ぜひお近くのカラオケ店にてチャレンジしてみてはいかがだろうか。

また、吉澤嘉代子は、アルバム発売日よりリリースイベントを開催。11月11日(日)ヴィレッジヴァンガード下北沢店でのイベントには、収録曲「洋梨」でデュエットを披露した、人気イラストレーターたなかみさきがゲスト参加し、吉澤とダブルサイン会を実施することも発表している。

■『吉澤嘉代子DAM★とも企画』

対象楽曲:「残ってる」「女優」ほか、DAMで配信中の吉澤嘉代子の楽曲全曲
応募期間:11月07日(水)〜12月25日(火)

<A賞>
吉澤嘉代子『女優ツアー2019』ライブ&バックステージご招待
3月17日(日) 昭和女子大学人見記念講堂 
※抽選で5組10名様
<B賞>
サイン入りポスター
※抽選で10名様

■企画詳細はこちら
https://www.clubdam.com/app/damtomo/common/page.do?type=damtomo&source=P00923&subType=present

アルバム『女優姉妹』

2018年11月7日発売



【初回限定盤】(CD+2LIVE DVD)
CRCP-40563/¥6,463+税
<収録曲>
■CD
1. 鏡
2. 月曜日戦争
3. 怪盗メタモルフォーゼ
4. 女優
5. ミューズ
6. 洋梨
7. 恥ずかしい(新録)
8. よるの向日葵
9. 残ってる
10. 最終回
■LIVE DVD
「吉澤嘉代子の発表会」 東京国際フォーラム ホールC コンサート映像
・DISC1「子供編」2018年6月16日
未成年の主張
恋愛倶楽部
美少女
チョベリグ
らりるれりん
ブルーベリーシガレット
ひゅー
ユキカ
うそつき
なかよしグルーヴ
逃飛行少女
えらばれし子供たちの密話
キルキルキルミ
ひょうひょう
ラブラブ
movie
泣き虫ジュゴン

ひゅるリメンバー
・DISC2「大人編」 2018年6月17日
綺麗
ねえ中学生
ケケケ
月曜日戦争
手品
化粧落とし
がらんどう
ジャイアンみたい
ユートピア
シーラカンス通り
ちょっとちょうだい
麻婆
地獄タクシー
人魚
一角獣
ストッキング
残ってる
ミューズ
東京絶景
23歳 feat. ウィンディ



【通常盤】(CD)
CRCP-40564/¥2,778+税
<収録曲>
1. 鏡
2. 月曜日戦争
3. 怪盗メタモルフォーゼ
4. 女優
5. ミューズ
6. 洋梨
7. 恥ずかしい(新録)
8. よるの向日葵
9. 残ってる
10. 最終回

【ライブ・イベント情報】

■アルバム『女優姉妹』発売記念スペシャルインストアライブ
11月08日(木) 東京・タワーレコード渋谷店B1F CUTUP STUDIO

■アルバム『女優姉妹』発売記念イベント(サイン会&抽選会)
11月10日(土) 愛知・タワーレコード名古屋パルコ店 店内イベントスペース
11月11日(日) ※2公演
14:00〜 大阪・タワーレコード梅田大阪マルビル店 店内特設スペ−ス
19:30〜 東京・ヴィレッジヴァンガード下北沢店 店内イベントスペース ※ゲスト:たなかみさき

<抽選会特典内容>
長女賞:特製サイン入りMusicVideo DVD
次女賞:トートバッグ
三女賞:ボールペン
四女賞:しおり
※詳細に関してはイベント当日、会場にて発表致します。
◎各イベントの詳細はこちら http://www.crownrecord.co.jp/artist/yoshizawa/whats.html



【関連リンク】
吉澤嘉代子、カラオケDAMにてライブ&バックステージの招待キャンペーンを開始
吉澤嘉代子まとめ
PELICAN FANCLUB、デビュー作のジャケットをベースにした全曲ダイジェストを公開

【関連アーティスト】
吉澤嘉代子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, キャンペーン, リリース

PELICAN FANCLUB、デビュー作のジャケットをベースにした全曲ダイジェストを公開
Wed, 07 Nov 2018 20:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月7日(水)にミニアルバム『Boys just want to be culture』でメジャーデビューを果たしたPELICAN FANCLUBが、同作の全8曲が試聴できるダイジェスト映像を公開した。リリース前に収録曲「Telepath Telepath」「ハイネ」という全く異なる世界観のミュージックビデオを2作同時に公開するなど、その楽曲の持つ振り幅の広さから作品の全貌が心待ちにされていたミニアルバムが約3分に凝縮されている。

このダイジェストは、楽曲のみならず映像も印象的な仕上がりとなった。GraphersRockが手掛ける躍動感を切り取ったようなCDジャケットのアートワークをベースとして、聴覚・視覚の双方で今作を感じることができる独特な仕上がりになっているので、CDをゲットした方もぜひチェックしてほしい。

また、PELICAN FANCLUBはメジャーデビュー当週に、全国9カ所を巡るライブツアー『PELICAN FANCLUB TOUR 2018“Boys just want to be culture"』をスタートさせる。

ミニアルバム『Boys just want to be culture』

2018年11月7日発売



KSCL-3109/¥2,100+税
※初回のみステッカー封入、ピクチャーレーベル
<収録曲>
1.Telepath Telepath
2.ハイネ
3.ハッキング・ハックイーン
4.ヴァーチャルガールフレンド
5.アルミホイルを巻いて
6.VVAVE
7.to her
8.ノン・メリー

『PELICAN FANCLUB TOUR 2018“Boys just want to be culture"』

11月09日(金) 福岡・Queblick
w:2
11月11日(日) 香川・DIME
w:Teenager Kick Ass
11月14日(水) 愛知・UPSET
w:mol-74
11月15日(木) 大阪・Music Club JANUS
w:mol-74
11月17日(土) 広島・4.14
w:Teenager Kick Ass
11月19日(月) 宮城・enn 2nd
w:LILI LIMIT
11月26日(月) 北海道・COLONY
w:2
11月29日(木) 石川・vanvan V4
w:パノラマパナマタウン
12月05日(水) 東京・CLUB QUATTRO ※ワンマン



【関連リンク】
PELICAN FANCLUB、デビュー作のジャケットをベースにした全曲ダイジェストを公開
PELICAN FANCLUBまとめ
majiko、新作EP『COLOR』リリース&東名阪ワンマン開催決定

【関連アーティスト】
PELICAN FANCLUB
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, リリース, ミニアルバム, ツアー

majiko、新作EP『COLOR』リリース&東名阪ワンマン開催決定
Wed, 07 Nov 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

majikoが2019年1月23日に新作EP『COLOR』をリリースし、合せて東京、名古屋、大阪でワンマンライブを開催することが明らかになった。

これは11月7日に渋谷WWWで開催されたワンマンライブ『majiko ワンマンLIVE -Come on, LIVE or Regret-』の終演後に発表されたもの。新作EP『COLOR』は限定盤と通常盤の2形態でリリースされ、収録内容はmajiko本人による作詞作曲編曲のオリジナル曲のほか、コラボ曲、カバー曲が予定されている。また、YouTubeには本作の告知動画も公開中だ。

限定盤にのみ付属されるDVDには11月7日に開催された『majiko ワンマンLIVE -Come on, LIVE or Regret-』の模様を収録。ジャケット・イラストはクーラシェイカーのアルバム『K2.0』のジャケットを手掛け、majikoのシングル「ひび割れた世界」のジャケット写真も担当した、ロンドンを拠点に活躍するKate Baylay(ケイト・ベイリー)による描き下ろしのイラストが使用されている。

また、今回発表になった東名阪ワンマンは、3公演ともに11月8日よりmajikoのオフィシャルモバイルファンクラブ『zikka』にて先行発売が開始となるのでぜひチェックしてみよう。

■『majiko presents 「new EP “COLOR” Release Party 〜Come on, LIVE or Regret〜」』

【2019年】
1月26日(土) 大阪・梅田Zeela:開場17:15 / 開演18:00
2月02日(土) 愛知・名古屋ell FITS ALL:開場17:15 / 開演18:00
2月11日(月・祝) 東京・キネマ倶楽部:開場17:00 / 開演18:00

<チケット>
前売りオールスタンディング¥4,500
当日券オールスタンディング¥5,000
※別途ドリンク代
※4歳以上チケット必要。

■majikoオフィシャルモバイルファンクラブ「zikka」会員先行(東名阪3公演)
2018年11月08日(木)0:00〜11月18日(日)23:59
http://www.majiko.net/mobile-info/
■プレイガイド最速先行(東名阪3公演)
2018年11月21日(水)0:00〜11月25日(日)23:59
■一般発売
2018年12月22日(土)より各プレイガイドにて発売

EP『COLOR』

2019年1月23日発売



【限定盤】(CD+DVD)
UICZ-9110/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.未定(オリジナル曲)
02.未定(オリジナル曲)
03.未定(オリジナル曲)
04.未定(カバー曲)
05.未定(カバー曲)
■DVD
限定盤のみに付属のDVDには2018年11月7日に開催された『majiko ワンマンLIVE -Come on, LIVE or Regret-』の模様を収録
※収録内容は変更になる場合がございます



【通常盤】(CD)
UICZ-5102/¥1,800+税

◎法人別購入特典(オリトク)
■アマゾン オリジナル特典
クリアファイルA
■タワーレコード オリジナル特典
クリアファイルB
■サポート店特典
オリジナルロゴステッカー
Illustration:Kate Baylay



【関連リンク】
majiko、新作EP『COLOR』リリース&東名阪ワンマン開催決定
majikoまとめ
ダ・カーポ、みなとみらいホールにてデビュー45周年記念公演を開催

【関連アーティスト】
majiko
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, 発売, EP, ライブ, ツアー, ワンマン

ダ・カーポ、みなとみらいホールにてデビュー45周年記念公演を開催
Wed, 07 Nov 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ダ・カーポが、11月6日(火)に神奈川・横浜市みなとみらいホール 小ホールにてコンサート『デビュー45周年! おかげ様スペシャル2! 第30回ダ・カーポコンサート 〜童謡100年明日(あした)への贈りもの〜』を開催した。

ダ・カーポは、榊原まさとし・広子の夫婦によるフォーク・デュオで、1973年日本コロムビアからシングル「夏の日の忘れもの」でデビュー。翌年の1974年にはシングル「結婚するって本当ですか」が大ヒットし、その後は結婚、出産を経て1983年にはテレビドラマ『裸の大将放浪記』主題歌の「野に咲く花のように」をリリースし、こちらも大ヒットを記録した。2007年から2013年までは長女の榊原麻理子も正式メンバーとして加わり、3人で活動した時期もあった。

この日に行なわれた公演はみなとみらいホール 小ホールで3年連続となるコンサートになり、現在フランスにフルートで音楽留学中の長女・榊原麻理子も参加。ピアノ、チェロ、フルートの演奏で軽やかに幕が開けた。ダ・カーポは第1部、4曲目の登場となり、ヴォーカルの榊原広子が“全国から沢山の皆様に来ていただきました”とコメント。ギターの榊原まさとしは“今日のコンサートが30回ですが、これを40回、50回と続けられる様、頑張ります”と声を掛けると、会場から盛大な拍手が湧き上がる。

また2018年は童謡誕生100年の節目の年でもあり、これまでに約100曲程レコーディングしてきた童謡の中から第1号曲「かなりや」について語り、“この曲には現在にも通じるメッセージが残されております。どんな子でも環境を与えたり、その子の個性を認めてあげれば、きっと忘れた歌を思い出す。そんなメッセージがあると思います”と感想を述べた。

そして2018年7月に発売した45周年記念アルバム『童謡&抒情歌ファンタジーベスト〜明日への贈りもの〜』にも収録された「かなりや」を始めとする童謡・唱歌を9曲披露したほか、榊原まさとしのソロパートや「結婚するって本当ですか」「宗谷岬」を始めとしたヒット曲の数々を披露し会場を沸かせ、集まったファン約400人を魅了した。

<セットリスト>
1〜3曲目まで榊原麻理子(フルート)+ピアノ+チェロ
4〜22曲目までダ・カーポ+榊原麻理子(フルート)+ピアノ+チェロ
■第1部
1.バッハ フルートソナタ
2.風の通り道
3.赤とんぼ
4.春の小川
5.かなりや
6.みかんの花咲く丘
7.茶摘み
8.花の街
9.夏の思い出
10.おかあさん
11.赤い靴
12.月の砂漠
■第2部
13.よこはま詩集
14.夏の日の忘れもの
15.結婚するって本当ですか
16.地球(テラ)へ・・・
17.横浜縁日・一六地蔵
18.いもうと
19.名もない花
20.金色の山
21.15秒の風景
<アンコール>
22.宗谷岬



【関連リンク】
ダ・カーポ、みなとみらいホールにてデビュー45周年記念公演を開催
ダ・カーポまとめ
Shiggy Jr.、池田智子(Vo)が描いたアルバム『DANCE TO THE MUSIC』のトレーラー映像公開

【関連アーティスト】
ダ・カーポ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, アコースティック, フォーク, ライブ

Shiggy Jr.、池田智子(Vo)が描いたアルバム『DANCE TO THE MUSIC』のトレーラー映像公開
Wed, 07 Nov 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Shiggy Jr.が結成記念日である12月5日(水)にリリースするニューアルバム『DANCE TO THE MUSIC』の全曲トレーラー映像が公開となった。この全曲トレーラーは、池田智子(Vo.)がニューアルバムに収録される全11曲を独自の視点でイメージしたイラストを、楽曲に乗せて11曲分描いていく様子が収められている。Shiggy Jr.の中心となる音楽が凝縮された見ごたえのある映像に完成したので、ぜひチェックしてほしい。

そして、12月7日(金)20:00よりタワーレコード渋谷店B1F CUTUP STUDIOにて、今作のリリースを記念したスペシャルイベントを開催することが決定! タワーレコード渋谷店/新宿店/池袋店の購入者に先着で“イベント参加引換券”が配布される。バンドセットでのミニライブとなるので、いち早く披露されるニューアルバムの生演奏に期待だ。

さらに、店舗別オリジナル特典の絵柄も公開となった。ニューアルバムの予約・購入者には、2017年11月にリリースされた『SHUFFLE!! E.P.』収録曲「二人のストーリー」のライブ音源を収録したレア音源CDや、ニューアルバムのジャケットと異なるデザインのアザージャケット、オリジナルB2ポスター、オリジナルポケットカレンダーが先着でプレゼントされるが、対象店舗によって特典が異なるので詳細はオフィシャルHPにて。

また、11月13日(火)より、iTunesにてニューアルバム『DANCE TO THE MUSIC』の予約注文受付がスタートする。iTunesでアルバムを予約すると、予約特典として2018年開催された『Shiggy Jr. LIVE TOUR 2018 - Step by Step - summer ver.』より、ライブでのハイライトとなった「Juuuump!!」「僕は雨のなか」「お手上げサイキクス」の3曲をノンストップで繋いだツアーファイナル赤坂BLITZのライブ音源がプレゼントされる。ここでしか手に入らないライブ音源なので、ぜひゲットしてほしい。

アルバム『DANCE TO THE MUSIC』

2018年12月5日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1488/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1.ピュアなソルジャー 
※カンテレ・フジテレビ系列 火9ドラマ「僕らは奇跡でできている」オープニングテーマ曲
2.TUNE IN!! 
※TOKYO-MX「爆走ロケハンター」エンディングテーマ
3.シャンパンになりきれない私を
4.サングリア
5.magic of the winter
6.DANCE DANCE DANCE
7.we are the future
8.you are my girl 
※「PANTENE miracles 投票ラブストーリー」テーマソング
9.どうかしちゃってんだ
10.looking for you
11.誘惑のパーティー
※CS放送フジテレビTWO ドラマ・アニメ/フジテレビTWOsmart「過ちスクランブル」主題歌
■初回限定盤DVD
ピュアなソルジャー(Music Video)
MVメイキング



【通常盤】(CD)
VICL-65083/¥2,500+税

◎店舗別特典
・タワーレコード全国各店/タワーレコード オンライン
レア音源CD「二人のストーリー」(LIVE ver.)
・HMV全国各店/HMV & BOOKS online
アザージャケット
・Amazon.co.jp
※Amazon.co.jp では、特典つき商品のカートがアップされます。
特典をご要望のお客様は特典つき商品をお買い求め下さい。
オリジナルB2ポスター
・TSUTAYA RECORDS全国各店/ TSUTAYA オンラインショッピング
※TSUTAYAオンラインショッピングはご予約分のみ対象です。
オリジナルポケットカレンダー
※特典は無くなり次第終了となります。
※一部お取扱いの無い店舗等もございますので、詳しくはお近くの店舗へお問い合わせ下さい。

配信シングル「ピュアなソルジャー」

配信中



iTunes 、レコチョクほか主要DLサイト、Apple Music、LINE MUSIC、Spotify
ほか主要サブスクリプションサービスにて配信予定
<配信ページ>
https://jvcmusic.lnk.to/Pure_na_SoldierWE

【ライブ・イベント情報】

■ニューアルバム『DANCE TO THE MUSIC』リリース記念スペシャルイベント
12月07日(金) 東京・タワーレコード渋谷店B1F CUTUP STUDIO
内容:ミニライブ&サイン会
整理番号付きイベント参加券 引換時間:18:30(タワーレコード渋谷店B1特設カウンターにて)
対象店舗:タワーレコード渋谷店/新宿店/池袋店
お問い合わせ先:タワーレコード渋谷店 03-3496-3661
対象商品:アルバム『DANCE TO THE MUSIC』(初回限定盤/通常盤)

■『Shiggy Jr. LIVE TOUR 2019 -DANCE TO THE MUSIC-』
<2019年>
1月19日(土) 富山 MAIRO
1月20日(日) 大阪 梅田クラブクアトロ
1月26日(土) 広島 セカンドクラッチ
1月27日(日) 香川 高松DIME
2月01日(金) 宮城 仙台JUNK BOX
2月03日(日) 北海道 札幌COLONY
2月09日(土) 愛知 名古屋クラブクアトロ
2月11日(月・祝) 福岡 DRUM SON
2月17日(日) 東京 EX THEATER ROPPONGI
※チケット一般発売日:12月01日(土)10:00〜
※特設サイト http://www.shiggyjr.com/special/livetour2019/



【関連リンク】
Shiggy Jr.、池田智子(Vo)が描いたアルバム『DANCE TO THE MUSIC』のトレーラー映像公開
Shiggy Jr.まとめ
Aldious、アルバム『ALL BROSE』リード曲「Monster」MV解禁

【関連アーティスト】
Shiggy Jr.
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, アルバム, リリース, 特典

Aldious、アルバム『ALL BROSE』リード曲「Monster」MV解禁
Wed, 07 Nov 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Aldiousが11月21日(水)にリリースするニューアルバム『ALL BROSE』から、リーダーのYoshi(Gu)作曲による「Monster」のMVが公開となった。独自の美意識を貫いた一本となっており、同曲はアルバムのリード曲として収録されるので要チェックだ。

また、ライブDVD『Aldious Tour 2018 “We Are" Live at LIQUIDROOM』が11月7日(水)にリリースされた。同作は、全国ワンマンツアー『Aldious Tour 2018“We Are”』の7月27日(金)に開催された恵比寿LIQUIDROOM公演を収録したもので、これまでのAldiousのライブDVDの中で最も激しいライブが収録されている。先行公開された「Absoulute」「夜桜」 「Scabby Heart」のライブ動画に加えて、トレイラー映像も公開中!

さらに、初のMV集『Music Video Collection』を12月19日にリリースすることも発表! 全22曲とボーナス映像を収録したトータルタイム110分以上のDVD作品となっている。オフィシャルストアではスペシャルな特典が限定で付くことも決定し、特典内容は後日発表とのことなので楽しみに待っていてほしい。

■Aldious オフィシャルストア
https://vaastore.jp/aldious

アルバム『ALL BROSE』

2018年11月21日(水)発売?



【限定盤】(CD+DVD)
ALDI-022/¥2,300+税
<収録曲>
■CD
1. Monster
2. BLOWS
3. モノクローム
4. All of You 
■DVD
・Monster (Music Video)  
・Lose Control (Music Video)   
・The Making of “Lose Control”



【通常盤】(CD)
ALDI-021/¥1,800+税

DVD『Aldious Tour 2018 “We Are” Live at LIQUIDROOM』

2018年11月7日(水)発売



【一般流通盤】
ALDI-019/¥5,076(税込)
<収録内容>
01. Opening
02. We Are 
03. Persevere 
04. 夜桜 
05. 愛しい男 
06. Scabby Heart 
07. Instrumental 5 
08. Travelers 
09. Without You
10. die for you 
11. Moment 
12. Absolute 
13. Dominator 
14. Go away 
15. Re:fire 
16. IN THIS WORLD 
〜Encore〜
17. Utopia
18. Red strings

DVD『Music Video Collection』

2018年12月19日発売



ALDI-023/¥3,900+税
<収録曲>
01. Monster(Music Video)
02. We Are(Music Video)
03. 愛しい男 (Music Video)
04. Absolute (Live)
05. Utopia (Music Video)
06. Without You (Music Video)
07. Go away (Music Video)
08. Lose Control (Music Video)
09. fragile (Music Video)
10. Female Warrior (Music Video)
11. die for you (Music Video)
12. Believe Myself (Music Video)
13. THE END (Music Video)
14. Re:fire (Music Video)
15. Sweet Temptation (Music Video)
16. PIECE OF MY WISH (Music Video)
17. Butterfly Effect (Music Video)
18. Other World (Music Video)
19. I Don\'t Like Me (Music Video)
20. Dominator (Music Video)
21. Scrash (Music Video)
22. White Crow (Music Video)
〜Bonus Video〜
23. The Making of “Monster”



【関連リンク】
Aldious、アルバム『ALL BROSE』リード曲「Monster」MV解禁
Aldiousまとめ
『オーヴァードーズ』は小西康陽が野宮真貴の魅力を最大限に引き出したピチカート・ファイヴの傑作!

【関連アーティスト】
Aldious
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, DVD, アルバム, ライブ

『オーヴァードーズ』は小西康陽が野宮真貴の魅力を最大限に引き出したピチカート・ファイヴの傑作!
Wed, 07 Nov 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10月31日、2014年の『野宮真貴、渋谷系を歌う。〜Miss Maki Nomiya Sings Shibuya-kei Standards〜』から、2017年の『野宮真貴、ホリデイ渋谷系を歌う。』まで、シリーズ全5作のアルバムから“渋谷系”の代表曲をコンパイルした野宮真貴のベスト盤『野宮真貴 渋谷系ソングブック』がリリースされた。「東京は夜の七時」はリリース25周年を記念して、2001年のピチカート・ファイヴ解散後初の小西康陽編曲・プロデュースによる新録されており、ファン垂涎の音源として話題となっているが、本コラムも便乗して今週はピチカート・ファイヴでいこうと思う。もちろん、「東京は夜の七時」が収録されたオリジナルアルバムの紹介だ。

■“渋谷系”を体現したアーティスト、 小西康陽

ピチカート・ファイヴを語ろうとする時、避けて通れない“渋谷系”なるカテゴリー。四半世紀も前の言葉ゆえに、下手をすると今や“新新御三家”や“竹の子族”くらいの年代ものになっているのかもしれないが、まずはこの“渋谷系”とは何なのかを見てみよう。Wikipediaでは以下のように説明されている。

[それまでの流行りであった“イカ天バンド”などの流れとは一線を画し、1980年代のニューウェイブやギターポップ、ネオアコ、ハウス、ヒップホップ、1960年代・1970年代のソウルミュージックやラウンジミュージックといったジャンルを中心に、幅広いジャンルの音楽を素地として1980年代末頃に登場した都市型志向の音楽であるとされる。いとうせいこうは「渋谷レコ屋系」と分析し、「渋谷のレコード店に通い世界中の音楽を聴いたアーティストたちによって生み出された音楽」と述べており、渋谷系の共通点については、「オシャレ」、「力まない歌声」、「メインストリームとの絶妙な距離感」を挙げた](Wikipediaからの引用)。
“渋谷系”とは明確な音楽ジャンルではないので、[幅広いジャンルの音楽を素地]というのはその通り。ポストモダンとか、大きく言えばルネッサンスとかに近い概念だったと言ってもいいかもしれない。いとうせいこう氏の指摘もかなりしっくりくる。1980年代前半〜1990年代半ばの渋谷はレコードの聖地だった。最盛期にはレコードを扱うショップが200店舗近くもあったそうで、大袈裟ではなく、世界中のレコードが渋谷に集まっていたという。音楽マニアたちはそこで古今東西、雑多な音源を漁りまくった。

もっともピチカート・ファイヴのメジャーデビューは1985年なので、小西康陽をはじめ、高浪慶太郎らオリジナルメンバーが全盛期の渋谷の街で積極的にレコード収集に励んでいたかどうか分からないが、小西が筋金入りのレコードコレクターであることはファンならよくご存知の通り。音楽コラム、レコード評での執筆でも知られているし、グラフィックデザイナーでありフォトグラファーでもある常盤響氏との共著『いつもレコードのことばかり考えている人のために。』では1,500枚ものレコードを紹介している。

また、こんな話もある。1998年、小西はふかわりょうとユニット、ROCKETMANを結成した。当初はふたりの役割が分かれていたそうで、小西が音楽担当、ふかわがコント担当となっていたが、曲作りの現場に足を運んだふかわは小西の仕事っぷりにかなりの衝撃を受けたという。バッグから何枚かレコードを取り出してプレーヤーに乗せてサンプリング。それを数回繰り返すといつの間にか曲ができていたと、ふかわは述懐している。幅広くいろんなジャンルの音源を大量に聴いて体内に吸収していなければ、とてもそんなことができるわけがない。天才の所業にふかわは舌を巻いたという。小西は自身の音楽を“録音芸術”と呼んでいたと聞くが、それはまさしくアートの域であった。

フリッパーズ・ギターのふたりがそうであったように、小西もまた一流のアーティストであると同時に、一流のリスナーであったことは間違いない。しかも、年齢から考えれば、渋谷がレコードの聖地となった頃にはそのスタンスを確立していた、全盛期の渋谷の街においてはマニアが羨望の眼差しを向けるような人物であったと思われる。その点では氏自身が好むと好まざるとに関わらず、まさしく小西康陽こそ“渋谷系”を体現したアーティストであったと言っていいと思う。ピチカート・ファイヴを聴くことでその向こう側に宏漠なる世界があることを知り、音楽の趣味が広がったという人も少なくなかったことだろう。

■本歌取で換骨奪胎なその表現スタイル

小西康陽、ピチカート・ファイヴに限らず、“渋谷系”と呼ばれたアーティストたちの特徴として、自身が好きな音楽を自らの音楽に取り込むことに躊躇がなかった点が挙げられる。ヒップホップの手法、とりわけDJやサンプリングがポピュラーになったことがそれに大きく影響していたのだろう。同じことをバンドが人力でやったらパクリだ何だと言われるところを、大手を振ってやれた…というとやや語弊があるかもしれないが、送り手も受け手もその最先端の表現方法に歓喜していた(もしかして所謂渋谷系アーティストにユニット形態が多かったのはそういうことか!?と今思ったが、そう単純な話でもないか…)。

渋谷系の楽曲は、和歌で言うところの本歌取、詩文での換骨奪胎に酷似していたと思う。送り手も受け手も、その知識量とセンスが大きく問われるようなところがあった。とはいえ…中にはスノッブに元ネタをひけらかすような輩もいたのかもしれないが…その多くは無邪気な音楽マニアで、埋もれていた曲を見つけてきてはキャッキャと楽しんでいたような印象はある。アーティストサイドからすると“こんなのあったよ!”であり、リスナーサイドからは“こんなのあったの!?”であったと思う。

ピチカート・ファイヴ楽曲の多くでも元ネタは分かりやすく配されている。アルバム『オーヴァードーズ』収録で言えば、M2「エアプレイン」、M10「ヒッピー・デイ」を例に挙げるのが良いだろうか。前者はDonovanの「Epistle to Dippy」、後者はYoung-Hold Unlimitedの「Soulful Strut」への明らかなオマージュだ。ネタ元と聴き比べてもらえれば分かると思うが、それぞれの楽曲の印象的なフレーズを結構大胆に取り込んでいる。しかし、だからと言ってカバーのような感じではなく、あたかも最初からそこにあったかのような配し方と言おうか、“上手に入れたなぁ”とその仕事っぷりを湛えたいほどの巧みさである。

かと思えば、M9「東京は夜の七時」では“The Rolling Stonesの「Brown Sugar」ですよー!”とばかりにコーラスで《Yeah, yeah, yeah, wooo》を入れている。たぶんアレを入れても入れなくても楽曲そのものは大きく変わらないと思うので、おそらく彼らが確信的にサンプリングを多用していたフラグみたいなものだったと理解すればいいだろうか。アルバム『オーヴァードーズ』のテーマは“ロック”だったそうだが、その辺にも関係していたのかもしれない。

M9「東京は夜の七時」と言えば、これはもともとこの楽曲はフジテレビの番組『ウゴウゴルーガ2号』のテーマソングとして制作されたもので、アルバムに収録されたものとは大分、雰囲気が異なる。タイムはオリジナルの倍以上。4つ打ちのハウスビートをさらに強調した印象で、歌ものというよりもダンスミュージックといった様相だ。歌詞はかなり違う。

《あの日あなたに逢えず/ひとりでホテルに泊まった/一晩中眠りのない街/トーキョーは夜の七時》《ひとりで食事を済ませて/窓から街を眺めて/気が済むまで泣いて眠った/トーキョーの夜はフシギ》《ぼんやり風に吹かれた/タクシーの窓を開けて/あなたは何処にいるの/トーキョーは夜の七時》《あなたに逢えなくなって/あれから一年経って/私だって少し変わった/トーキョーは夜の七時》(M9「東京は夜の七時」)。

アルバム発表時には公表していなかったが、『オーヴァードーズ』バージョンには“one year after”という副題がある。1年後というだけあって、その物語にも変化が見られ、《早くあなたに逢いたい》の受け取り方が変わるというか、悲喜こもごもな様子も伝わってくる。連作としても味わい深く、こんなところからも小西康陽のセンスを良さが感じられるところだ。さらに言えば、企画ミニアルバム『ウゴウゴルーガのピチカート・ファイヴ』に収録された、のちに“readymade mfsb mix”と名付けられたバージョンの「東京は夜の七時」では、Harold Melvin & the Blue Notesの「Tell the World How I Feel About \'Cha Baby」を引用。とことん、渋谷系の小西であった。

ちなみに、余談ではあるが、“東京は夜の七時”というタイトルはテレビ番組『ウゴウゴルーガ2号』が東京で夜7時オンエアと聞いた小西が「じゃあ、“東京は夜の七時”で」と即答したものだそうだ。矢野顕子にも『東京は夜の7時』というライヴアルバムがある。おそらく、“東京”、“夜7時”と来たら、条件反射的に『東京は夜の7時』→「東京は夜の七時」が口から出たのであろう。ここからも彼のレコードコレクターの性が推測できる。

■ヴォーカル、野宮真貴の存在感

さて、そんな元祖渋谷系、古今東西の音楽をこよなく愛する男、小西康陽が司ったピチカート・ファイヴは野宮真貴の存在感なくしては語れない。これは動かしがたい事実だ。小西がグルーブの頭脳なら野宮がその他、本体の全てと言ってもいいほどだろう。

もはや、デビュー時のピチカート・ファイヴが4人編成のバンドであったことや、2代目ヴォーカリストがオリジナル・ラヴの田島貴男であったことも知らないリスナーのほうが多いのかもしれない。多くのリスナーにとって、ピチカート・ファイヴと言えば、野宮・小西のユニットといった印象だろう。それは野宮加入後にヒット曲が生まれたからでもあろうが、逆に言えば、それだけ野宮のキャラクターがピチカート・ファイヴにジャストフィットしていたからだとも言える。小西のプロデュース力も見事だった。もしかすると音楽を知る以前にそのルックからピチカート・ファイヴに惹かれた人もいたかもしれない。

もちろん、野宮にはルックスだけでない、歌唱力に裏付けされたシンガーとしての魅力も十二分にあった。アルバム『オーヴァードーズ』であれば、M5「ハッピー・サッド」でのパンチの効いた歌声でそれが確認できる。また、ヴォーカルの旋律を他の楽器と並列に扱っているからだろうか、M9「東京は夜の七時」を始め、歌はキャッチーでありつつ、ループと言ってもいいようなリフレインするタイプが多く見受けられるが、それでも単調に聴かせないのはヴォーカリストの手腕があってのことだろう。冒頭で所謂渋谷系の特徴のひとつとして“力まない歌声”があることを引用したが、聴いた感じは暑苦しくはないものの、力を抜いてはあの声は出ない。野宮真貴のヴォーカルスタイルは確かにスタイリッシュだが、決して脱力系のシンガーではないこともよく分かるのである。

オープニング、エンディングにアルバムタイトルを仏語(だよね?)で入れたり、M4「レディメイドFM」では仏語(これはたぶんそう)のナレーションを、M7「If I were a groupie」で宇野淑子アナウンサーのナレーションを大幅にフィーチャーしたり、ポップアート的な試みも、野宮の持つ空気感にパシッとハマっている。基本的に恋愛をベースにしつつも、それだけに依存しない(ように思える)ライフスタイルを描いた歌詞も同様だ。それは、のちに、シンガーソングライターではなく、職業作家になりたかったと述懐し、実際に数多のアーティストのプロデュース、楽曲提供を行なうこととなる小西康陽のプロデューサーとしての萌芽だった。一部では、それ以後のピチカート・ファイヴは『オーヴァードーズ』の繰り返しと揶揄する声もあるようだが、それは『オーヴァードーズ』でグループの型がしっかりと出来上がったからと見ることもできよう。その意味で、『オーヴァードーズ』は良作の多いピチカート・ファイヴの中でも格別のアルバムと言うことができると思う。

TEXT:帆苅智之

アルバム『オーヴァードーズ』

1994年発表作品



<収録曲>
1.OVERTURE
2.エアプレイン
3.自由の女神
4.レディメイドFM
5.ハッピー・サッド
6.スーパースター
7.If I were a groupie
8.ショッピング・バッグ
9.東京は夜の七時
10.ヒッピー・デイ
11.世界中でいちばんきれいな女の子
12.クエスチョンズ
13.陽の当たる大通り




【関連リンク】
『オーヴァードーズ』は小西康陽が野宮真貴の魅力を最大限に引き出したピチカート・ファイヴの傑作!
ピチカート・ファイヴまとめ
amazarashi、武道館公演に向けた小説『新言語秩序』の最終章&ゲリラショップの詳細を解禁

【関連アーティスト】
ピチカート・ファイヴ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!, アルバム

amazarashi、武道館公演に向けた小説『新言語秩序』の最終章&ゲリラショップの詳細を解禁
Wed, 07 Nov 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

amazarashiが11月16日(金)に開催する『amazarashi 武道館公演『朗読演奏実験空間“新言語秩序”』supported by uP!!!』にまつわる2つのコンテンツをオリジナルスマホアプリ上で公開した。1つは、武道館公演の軸となる小説『新言語秩序』の最終章となる4章。もう1つは、11月10日に限定オープンするシークレットゲリラショップの開催場所だ。

小説『新言語秩序』は秋田ひろむが武道館公演のために書き下ろしたもの。舞台は、テンプレート化された言葉の組み合わせのみであらゆるコミュニケーションが行われる、自由な発言が規制された世界。そこでは2つの対称的な組織が存在している。テンプレートを逸脱した自由な言葉を検閲する自警団“新言語秩序”と、自由な発言を肯定し、あえてテンプレートから逸脱した言葉を使い続ける活動家“言葉ゾンビ”たちとそのシンパ。2つの異なる価値観を有するグループは、日々抗争を繰り広げている。自由な発言によって傷つき、言葉を憎み、自由な言葉を取り締まる者。自由な言葉の可能性を信じて、自由な表現に挑み続ける者。相対する二人の主人公によってつむがれる“言葉”の物語だ。

最終章となる4章は、物語の終盤で検閲に耐えかねた“言葉ゾンビ”たちが、首相官邸前で大規模なデモ行為を繰り広げる中、二人の主人公・実多(みた)と希明(きあ)の邂逅が描かれる。スマホアプリ上では1〜3章も公開されているので、武道館公演前にぜひ併せて読んでみてほしい。

また、シークレットゲリラショップでは、“言葉”をテーマにした『新言語秩序』のコンセプトにのっとって、amazarashiの楽曲の中から選ばれた101曲の歌詞をデザイン・モチーフとした限定Tシャツ“101 Wearable Lyrics"を始め、ここで初めて先行限定発売されるものばかり。限定Tシャツ以外にも、キーメッセージである“言葉を取り戻せ”をデザインしたマスク “New Logos Order Mask" や、『新言語秩序』プロジェクトのためにYKBX氏が書き下ろしたイラストや『新言語秩序』のロゴをデザインしたオリジナルパーカー “New Logos Order Hoodie" 、Tシャツと同じく歌詞をデザインしたオリジナルステッカー “Lyric Sticker"、プロジェクトのキーグラフィックのポスター“New Logos Order Poster" などのショップ限定アイテムも販売される。

ゲリラショップは、11月10日(土)10時よりオープン予定で、事前に8時から整理券の配布を予定している。これまで 都内某所とのみ発表されていた開催場所は、『新言語秩序』のスマホアプリ内で公開中だ。

そして、11月7日には武道館公演のための新曲「リビングデッド」がリリースされた。事前にはノイズ混じりの衝撃的なMVが公開されるなど話題をさらった本楽曲だが、初回生産限定盤にはシークレットゲリラショップのイメージグラフィックでもスタイリングとして大胆に起用された“バリケードテープ”が同梱される。

武道館ライブ当日もバリケードテープを体に巻き付けることで、“言葉ゾンビ”として参加できるようになっているので、特に会場に足を運ぶ方にとっては必須アイテムとなるだろう。いずれのコンテンツもオリジナルアプリ『新言語秩序』上で詳細を確認することができ、アプリではプロジェクトにまつわる様々なコンテンツを閲覧できるほか、武道館ライブ当日にも演出の一部として使用される予定とのこと。ダウンロードしてライブ当日を楽しみに待とう。

■『新言語秩序』アプリダウンロードURL
http://www.amazarashi.com/newlogosorder/app/
※武道館ライブには、アプリを“最新の状態にして"お越しください。

■『朗読演奏実験空間“新言語秩序"』特設サイト
http://www.amazarashi.com/newlogosorder/

シングル「リビングデッド」

2018年11月7日発売



【初回生産限定盤】(CD+GOODS)
※スペシャルボックス仕様
AICL-3590〜3591/¥2,130+税
<収録曲>
1. リビングデッド
2. 月が綺麗
3. 独白(検閲済み)
4. リビングデッド -instrumental-
5. 月が綺麗 -instrumental-
◎グッズ:新言語秩序バリケードテープ

<予約はコチラ>
・Loppi・HMV限定セット(ネックストラップ付)
http://www.hmv.co.jp/newsdetail/article/1809131006/
・TOWER RECORDS
https://tower.jp/item/4785806/
・TSUTAYA ONLINE
http://shop.tsutaya.co.jp/cd/product/4547366376975/
・amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B07HH46MR2/
・楽天books
https://books.rakuten.co.jp/rb/15611774/
・Sony Music Shop
https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=AICL000003590&cid=os-AICL000003590

◎予約購入者特典
・TOWER RECORDS全店(オンライン含む/一部店舗除く)
オリジナルステッカー(A)
・TSUTAYA RECORDS(一部店舗除く)/ TSUTAYAオンラインショッピング(予約のみ)
オリジナルステッカー(B)
・HMV全店(ローチケHMV/一部店舗除く)/全国のローソン・ミニストップ店頭Loppi端末
オリジナルステッカー(C)
・Amazon.co.jp
オリジナルステッカー(D)
・楽天ブックス
オリジナルステッカー(E)
・応援店
オリジナルステッカー(F)※店舗リストは追って公開致します



【通常盤】(CD)
AICL-3592/¥1,185+税
<収録曲>
1. リビングデッド
2. 月が綺麗
3. 独白(検閲済み)

<予約はコチラ>
・Loppi・HMV限定セット(ネックストラップ付)
http://www.hmv.co.jp/newsdetail/article/1809131006/
・TOWER RECORDS
https://tower.jp/item/4785805/
・TSUTAYA ONLINE
http://shop.tsutaya.co.jp/cd/product/4547366376968/
・amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B07HH341YS/
・楽天books
https://books.rakuten.co.jp/rb/15611775/
・Sony Music Shop
https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=AICL000003592&cid=os-AICL000003592

『amazarashi 武道館公演『朗読演奏実験空間“新言語秩序”』supported by uP!!!』

【ライブ】
11月16日(金) 東京・日本武道館 ※SOLD OUT

【ライブ・ビューイング】
11月16日(金)19:00開演
チケット:全席指定¥3,600(税込)
問い合わせ:ホットスタッフ・プロモーション 03-5720-9999
※会場:全国各地の映画館
https://liveviewing.jp/amazarashi_newlogosorder/
【ディレイ・ビューイング】
11月25日(日)19:00開演
11月26日(月)19:00開演
※11月16日(金)公演の再上映となります。
チケット:全席指定¥3,600(税込)※限定チケットホルダー付
※会場:全国各地の映画館



【関連リンク】
amazarashi、武道館公演に向けた小説『新言語秩序』の最終章&ゲリラショップの詳細を解禁
amazarashiまとめ
SILENT SIREN、シングル「Go Way!」ダイジェスト&通常盤に付属するイラストジャケットを公開

【関連アーティスト】
amazarashi
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

SILENT SIREN、シングル「Go Way!」ダイジェスト&通常盤に付属するイラストジャケットを公開
Wed, 07 Nov 2018 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SILENT SIRENが自身のデビュー日でもある11月14日(水)にリリースするニューシングル「Go Way!」のダイジェスト映像を公開した。今作の表題曲はTBS系全国28局ネットTVアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』のエンディング主題歌となっており、パンクロックなビートと爽快でキャッチーなメロディーに加えて、歌詞や曲中の掛け声などアニメの世界観に合わせてアレンジされている。

毎回カップリング曲にも定評のあるサイサイだが、今作でも「クリームソーダ」「Melty」の2曲が収録されており、ダイジェスト映像で試聴することができる。「クリームソーダ」はポップなタイトルとは裏腹に歌詞の世界観が切ない印象の楽曲で、ウィンターソングの「Melty」はこれからの季節にぴったりな仕上がりだ。

さらに、通常盤(シンカリオン盤)の初回プレスに付属するシンカリオン・オリジナルイラストジャケットも公開! アニメチームによってメンバー4人がイラストされた特別仕様で、ステッカーとして使用することができるので、ぜひゲットしてほしい。

(c)PJ-S・J/S・TBS

シングル「Go Way!」

2018年11月14日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-89397/¥1,759+税
※トールサイズパッケージ仕様
※メンバーインタビュー入りSPECIAL LEAFLET (12P)
<収録曲>
■CD
1.Go Way!
2.クリームソーダ
3.Melty
■DVD
「Go Way!」Music Video
Behind the scenes of 「Go Way!」



【通常盤(シンカリオン盤)】(CDのみ)
UPCH-89398/¥1,204+税
※初回プレスのみシンカリオン・オリジナルイラストジャケット(メンバーイラスト有り)ステッカー付き
<収録曲>
1.Go Way!
2.クリームソーダ
3.Melty
4.「Go Way!」(カラオケ・バージョン)



【通常盤(シンカリオン盤)】(CD)
※初回プレス盤付属のシンカリオン・オリジナルイラストジャケット

(C)PJ-S・J/S・TBS



【関連リンク】
SILENT SIREN、シングル「Go Way!」ダイジェスト&通常盤に付属するイラストジャケットを公開
SILENT SIRENまとめ
キノコホテル、東名阪にて単独実演会を開催

【関連アーティスト】
SILENT SIREN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, トレーラー, シングル

キノコホテル、東名阪にて単独実演会を開催
Wed, 07 Nov 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

キノコホテルが東京、名古屋、大阪にて単独実演会(ライブ)を開催することが分かった。

11月22日(木)に愛知・名古屋クラブクアトロにて行なわれる単独公演『サロン・ド・キノコ〜矢場町ナイトクラブ』は、創業から通算500回目の実演会となることが判明し、当日の来場者には記念の粗品が配付される。

また、12月8日(土)〜9日(日)の2日間に大阪・梅田シャングリラで開催される『サロン・ド・キノコ〜幻惑サイケデリア』は、各日Side AとSide Bに分けられ、曲が被らないセットリストを予定。タイトル通りVJも参加したサイケデリックなムードを演出したステージにより、2日間で完結するような構成内容になるという。宣伝映像も公開となったので、こちらをチェックして開催を楽しみに待とう。

そして、12月20日(木)は東京・新宿ロフトにて、恒例の『サロン・ド・キノコ〜マリアンヌ東雲性誕祭』があり、2017年も好評だった“マリアンヌ東雲に歌って欲しいカバー曲”のリクエストも11月10日まで受付中! 詳しくはキノコホテルのオフィシャルHPをチェックしてほしい。

【ライヴ情報】

■『サロン・ド・キノコ〜矢場町ナイトクラブ 』
11月22日(木) 愛知・名古屋クラブクアトロ

■『サロン・ド・キノコ〜幻惑サイケデリア』
12月08日(土) 大阪・梅田Shangri-La
12月09日(日) 大阪・梅田Shangri-La

■『サロン・ド・キノコ〜マリアンヌ東雲性誕祭』
12月30日(木) 東京・新宿ロフト



【関連リンク】
キノコホテル、東名阪にて単独実演会を開催
キノコホテルまとめ
SF9、新曲「Now or Never」のメイキング映像を交えたMVを『GYAO!』にて配信スタート

【関連アーティスト】
キノコホテル
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, ワンマン

SF9、新曲「Now or Never」のメイキング映像を交えたMVを『GYAO!』にて配信スタート
Wed, 07 Nov 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

K-POPの9人組ダンスボーイズグループ・SF9の新曲「Now or Never -Japanese ver.-」のメイキング映像を交えたオリジナルMV「Now or Never -Japanese ver.-(Making Version)」が11月7日(水)より『GYAO!』にて配信開始となった。

このオリジナルMVは「Now or Never -Japanese ver.-」の未公開だったMV撮影風景を交えたスペシャルパージョンで、作品を完成させていくメンバーのオフショットが満載! 同曲はABCテレビ、映像配信サービス『GYAO!』で放送中のテレビドラマ『KBOYS』の主題歌にもなっており、ドラマの盛り上がりと共にSF9の新たな魅力に触れられるオリジナル映像にぜひ注目してほしい。

ヨンビン、インソン、ジェユン、ダウォン、ロウン、ジュホ、テヤン、フィヨン、チャニの9名で構成されたSF9は、2016年10月にシングル「Feeling Sensation」を発表し、韓国の音楽シーンに正式デビュー。2017年6月7日にはワーナーミュージック・ジャパンより「Fanfare」で日本メジャーデビューを果たし、2018年5月末には初の『Zepp Tour』を敢行。10月31日(水)リリースのシングル「NOW or NEVER」は、11月12日付のオリコン週間ランキングで最高位となる3位を獲得した。

■『Now or Never -Japanese ver.-(Making Version)』
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00107/v09818/v0947100000000540211/

シングル「NOW or NEVER」

2018年10月31日(水)発売



【初回限定盤A】(CD)
WPCL-12962/¥1,200
<収録曲>
01. Now or Never -Japanese ver.-
02. Different -Japanese ver.-
◎特典
・トレーディングカード[初回限定盤A ver,]10種類のうち1枚をランダム封入
・Event Ticket(19種類のうち1枚をランダム封入)

【初回限定盤B】(CD)
WPCL-12963/¥2,500
※LPサイズジャケット仕様
※LPサイズ2019カレンダー封入
<収録曲>
01. Now or Never -Japanese ver.-
02. PHOTOGRAPH -Japanese ver.-
◎特典
・トレーディングカード[初回限定盤B ver,]10種類のうち1枚をランダム封入
・Event Ticket(19種類のうち1枚をランダム封入)

【通常盤】(CD)
WPCL-12961/¥1,200
<収録曲>
01. Now or Never -Japanese ver.-
02. PHOTOGRAPH -Japanese ver.-
◎初回プレス分のみ封入
・トレーディングカード[通常盤ver,]10種類のうち1枚をランダム封入
・Event Ticket(19種類のうち1枚をランダム封入)




【関連リンク】
SF9、新曲「Now or Never」のメイキング映像を交えたMVを『GYAO!』にて配信スタート
SF9まとめ
MADKID、シングル「GIANT KILLING」のティザー映像を公開

【関連アーティスト】
SF9
【ジャンル】
K-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 新曲

MADKID、シングル「GIANT KILLING」のティザー映像を公開
Wed, 07 Nov 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

MADKIDが11月7日に配信限定シングル「GIANT KILLING」をリリースし、合せてYouTubeにティザー映像を公開した。

本楽曲はタイトルの「GIANT KILLING」(=番狂わせ、下克上)からも連想されるとおり、メロディーラインは美しくも、5人の強い意思を感じる楽曲に仕上がっている。フルバージョンはSpotify、Apple Music、LINE MUSIC、iTunes、レコチョクなどの各種音楽配信サービスで聴くことができるので、気になった方はぜひチェックしてほしい。

MADKIDは2018年1月にメジャーデビューした気鋭の5人組ダンスボーカルグループ。12月には自身初となる東名阪ツアー『MADKID LIVETOUR2018 \'GIANT KILLING\'』がスタートする。

配信限定シングル「GIANT KILLING」

配信中



■配信URL
https://nippon-columbia.lnk.to/Ps2B4

『MADKID LIVETOUR2018 \'GIANT KILLING\'』

12月15日(土) 大阪・心斎橋VARON(SOLD OUT)
12月16日(日) 愛知・RAD HALL(SOLD OUT)
12月26日(水) 東京・渋谷WWW
<チケット>
全公演共通¥4000円(税込)
※別途1ドリンク(全公演)※スタンディング
◎チケット発売中 https://t.pia.jp/



【関連リンク】
MADKID、シングル「GIANT KILLING」のティザー映像を公開
MADKIDまとめ
安藤裕子、アコースティックライブツアーへの意気込みと、これからの活動への想いを明かす

【関連アーティスト】
MADKID
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, 配信, 音楽配信

安藤裕子、アコースティックライブツアーへの意気込みと、これからの活動への想いを明かす
Wed, 07 Nov 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

デビュー15周年のアニバーサリーイヤーに精力的な活動を行なっているシンガーソングライターの安藤裕子が、約2年ぶりとなるアコースティックライブツアーを開催する。5月に15周年を記念した一夜限りのスペシャルライブを開催し、6月には初のセルフプロデュースアルバム『ITALAN』を発表。8月には<ITALAN CHIBIBAND TOUR 2018>と称した小編成による全国ツアーがあり、10月末には15周年記念ライブDVD『15th Anniversary Live〜長くなるでしょうからお夕飯はお早めに〜』、12月にアナログ2枚組のベストアルバム『Best Records』のリリースも決定した。メジャーとインディー、他者と自己、過去と現在、バンドセットとアコースティックセット……。さまざまな形で“安藤裕子の音楽”と向き合ってきた彼女にとって、久しぶりとなるアコースティックツアーはどんな位置付けなのか。ツアーに向けた意気込みとともに、ツアーを終えた後の“これから”についても話を聞いた。

このライブを終えて、ようやく私は、
本当の意味でのソロシンガーになるのかなって思いました

??アコースティックツアーの話の前に、15周年記念ライブから振り返っていただけますか。

安藤:今まで長年歌ってきたんですけど、境目をあまり覚えたことがなくて。10周年もほぼ忘れてたという感じだったから(笑)、区切りをつけるという意味があんまりわからなかったんだけど、近年、自分が歌えないという気持ちを味わったり、曲が作れないという感覚を覚えたりして。いろんな意味での進退を考えた時期もあったから、1個、強い区切りみたいなものを感じたライブでしたね。半分はリクエストだっていう曲選も特殊だったし、どっかこう、プロとしての分岐点みたいなものを覚えた一晩だったかな。

??その分岐点とはどういう意味ですか?

安藤:私はいつも、プロフェッショナルとして人前に立つということと、表現という意味での“歌唄い”というものの境目で揺らいでいて。でも、今回はファンの方からいただいたリクエスト曲の上位10曲は必ず歌うっていうお約束があったので、みんなが期待するような曲をやるんだっていう感覚だったし、それを楽しめたらいいなとも思ってて。もともとは、自分が本当にやりたいことが多分、みなさんには受け入れられないっていう感覚が強いんですよ。どこか歩み寄りながらやってきたりしているので、それを自分の中でも楽しんでやろうっていう感じのライブだったかなと思います。

??リクエストの結果はどう感じました?

安藤:ライブの最後に歌いそうなバラード曲ばかりが上位に来ちゃったので、セットリストを作るのが本当に大変でしたね。それに、次点で漏れてたような曲も入れないといけないし、昔から聴いてくれてるコアな人も聴きたい曲も入れたいし。かと言って、やっぱり、自分の中ではそれだけでは収まらないから、変なこともやりたいし。そう考えていたら……。

??「のうぜんかつら(リプライズ)」をやらなかったですよね。代表曲の1つなのに。

安藤:あははは。だって、トップ10に入ってこなかったんですよ」

??そこはみんな、絶対にやるだろうっていう予想のもとに投票しなかったんじゃないか、と。

安藤:だって、リクエスト曲を募集してるんだから、入ってなかったらやらないじゃない(笑)。ま、でも、それじゃいけないだろうなとも思ったので、ライブが終演した直後に音源をかけたんです。みんなにそれを聴いて帰ってもらおうって。

??その分というか、未発表曲「太陽の嘘つき」「The moon and the sun」をやりましたよね。

安藤:そうそう。ギターを弾きたいなと思って。当時もギターで弾きたいっていう思いで作った曲だったから、ちょっと引っ張り出してやるのもいいかなって。ちょっとやってみようかなっていう軽い気持ちでやりました。

??その後、20曲目に「聖者の行進」と同率1位の「さよならと君、ハローと僕」では……。

安藤:私、泣いちゃったんですよね。そこから、脳貧血みたいになっちゃって。そのあと、ぼけっとして歌ってたんですけど、本編最後の「歩く」で本気で一瞬、真っ白になって、膝をつくっていう。自分で映像を観てて、プロレスラーみたいだなって思いました(笑)。

??(笑)。涙が出たのはどうしてでした? 

安藤:わかんない。このライブは、自分が歌に入り込むということより、全うしようとしてたのね。気持ちを込めて歌うことより、舞台に立ってこの曲を歌う人っていうのを全うしようとしてたんだけど、どこらへんからかわからないけど、感情移入が強くなりすぎたのかもしれない。感情移入が強すぎるとバランスがちょっと崩れていくから。それが起きたなっていう感覚がありました。ただ、全体としては、いかに最後までやるかっていうのが自分の中でテーマとしてあって。唄い手は誰でも同じ悩みを抱えてやってるんだけど、私は副鼻腔炎もちで、気管支炎をくり返してて。当日はボイトレの先生に丹念にほぐしてもらって。ドキドキしたけど、無事にできてよかったですね。

??アンコールで「問うてる」を少しだけ歌ってくれました。

安藤:ちょこっと歌いましたね(笑)。「問うてる」も入れなきゃおかしい曲なんだけど、入る場所がもうなくて。ボリュームがね。もう入られなかった。

??全24曲を歌い終えて感じたことは?

安藤:安藤裕子という個人の15年というよりは、“チームアンディ”の集大成だったかな。エイベックスでデビューしてからの15年というのは、安藤雄司(ディレクター)/山本隆二(編曲)/安藤裕子という3人でサウンドプロダクトをやってきて。私はソロシンガーの体だったけど、実際はユニットだったと思うから。それを全うするための一夜だったかなっていう感じはしますね。どっか1個、バンドをやり切った気持ちっていうのかな。このライブを終えて、ようやく私は、本当の意味でのソロシンガーになるのかなって思いました。

あんまり行ってなかった地方にも行って、
ちゃんと人々に今の私が聴いてほしい歌を届けたい

??そして、2年ぶりのアコースティックツアーが決定しました。

安藤:もう1回、歌い手として立ち返るためには、悩んであんまり行ってなかった地方にも行って、ちゃんと人々に今の私が聴いてほしい歌を届けたいなと思って。もう1回、旅を始まるというイメージですね。

??初日は長崎ですね。2009年と2010年のアコーステックライブも長崎からでした。

安藤:私にとっては、アコースティックライブのスタートの地なので、マネージャーさんにも“長崎で歌いたいんです”ってお願いして。長崎は、生きててずっと気になる土地なんですよね。それがなんでなのか、自分ではまだ表現できないけど、長崎には知りたいことがあるんです。

??北海道を含む全7公演が決定してます。

安藤:直接歌いに行けるのが一番の楽しみですね。やっぱり、東京にいるだけだと、パッケージでの発信でしかなかったりするし。その土地に行かないとつながりのリアリティがないんですよね。だから、直接、みなさんに会いに行けるのは嬉しいです。

??ピアノはおなじみの山本隆二さんで、ギターがなんと名越由貴夫さんです。名越さんといえばエレキが思い浮かびますが……。

安藤:うちのアコースティックライブ、もはや名前だけで半分くらいエレキなので(笑)。まだ何を歌うかは決めてないんだけど、それこそ未発表の曲でやりたい曲があったりとかしますし、15周年記念ライブを終えての地方ライブなので、もうちょっと現在の自分に近づきたいという感覚もある。今、ギターを家でちょこちょこ練習してて。ギターを自分で弾いて歌える曲ないかなって思ったりしていますね。下手だけど、もうちょっと自発的なこともやりたいなと思ってます。

??楽しみにしているお客さんにメッセージをもらえますか?

安藤:お客さんは望んでないかもしれないけど、私としては、“今の自分”にもう1回、まっさらな気持ちで出会ってほしいんですよね。そうしないと、私はリスタートができないから。

??これまでを振り返るというよりは、ソロシンガーとしての新たなスタートを切った今の自分を見せるライブになるっていうことですね。

安藤:そうですね。ただ、もちろん、昔の曲もやりますし、普通に日々の暮らしの中の息抜きじゃないけど、楽しい1日になってくれたら私は一番嬉しいなと思います。帰り途で“行ってよかったね。楽しかったね。ご飯食べようっか。うまっ”みたいな1日になってくれたらいいかな(笑)。本来、ライブに行くって、自分のリフレッシュ作業の1つだと思うんですよ。私も休んでる時に人様のライブに行くことが増えたけど、そこでいただくものがたくさんあった。自分の生活の中の止まっていた何かのスイッチにできるし、キーワードをもらえる機会だったりするので、何かいいものを得て、帰ってもらえたら嬉しいかなと思いますね。ま、来たら、すげーいいことあると思う、とだけ言っときます。

??(笑)。12月にはアナログベストもリリースされます。2枚組になってますが。

安藤:1枚目は、15周年ライブのリクエストトップ10が入ってて。それだけではつまらないから、2枚目は全然違うことをやってやろうって。“秘密の裕子裏ベスト”になってます。

??ご自身で選曲した10曲が入るんですね。

安藤:そう。独断と偏見で私が選んだ裏ベストの2枚組にして。その偏見側の方が、ことごとくなんのリクエストにも入ってこないようなのばっかり。私が1人で、誰とも仲良くやってなかったらこんな曲ばっかりだったはずっていう曲たちですね。ライブDVDとアナログベストの1枚目はリクエスト曲と、みなさんの希望曲が集中して入ってるんです。完璧にお客さんに寄ったセットリストなんですけど、レコードの2枚目は、100パーセント誰の気持ちも考えないで選んでる。なんなら買うまで見ないでほしいな。買ってびっくりしてほしい。なんだこれ!ってなってほしいな(笑)。でも、これを好きだって言ってくれる人が私の真の友達なんじゃないかと思ってます。2枚目の方が好きだなって言ってくれる人と会いたいです。あははははは。

??(笑)。そして、2019年1月6日になかのZEROホールでファイナルを迎えます。その後というのはどんな展望を考えてますか?

安藤:アコースティックツアーを終えた後に、もうちょっと個人的な音楽を育てたほうがいいと思ってて。そういう修行をしたいし、そこからが本当の意味でのソロシンガーとしてのスタートになると思う。いろんな意味で、もうちょっと自分の足で立つ感じにはしていきたいなって思ってますね。もともとしゃかりきに動くタイプではないんですけど、もう1回、ちゃんと動かないといけないなって。あと、休んでる間に本を書いたり、小林(武史)さんのもとで朗読やナレーションの楽しさを知ったり、BSの番組『シリーズ 深読み読書会 横溝正史の集大成!』でもナレーターをやらせてもらって。声を操るのが好きなので、ナレーションも楽しいし、面白いなと思ったんですよね。どっか、音楽どっぷりで始めた音楽家じゃないから、自分が好きだったことも含めて、いろいろやれたらいいな〜と思ってますね。ほんとに停止の時間が長かったので、みんなに“何してんの? 大丈夫?”って心配されないくらいには、ガツガツ頑張りたいなと思います。

取材:永堀アツオ

【ライブ情報】
『2018-19 ACOUSTIC LIVE』
11月17日(土) 長崎・旧香港上海銀行長崎支店記念館 ※sold out
11月18日(日) 福岡・Gate\'s7
12月09日(日) 宮城・宮城野区文化センターパトナホール
12月14日(金) 北海道・札幌 BFH ホール
12月25日(火) 愛知・愛知県芸術劇場 小ホール
12月28日(金) 大阪・ドーンセンター7階ホール
【2019年】
1月06日(日) 東京・なかの ZERO 大ホール

<チケット>
前売り¥4,500(全自由席/税込)
※3歳未満入場不可、3 歳以上チケット必要

◎福岡公演 発売中
仙台、札幌公演 11月17日(土)12:00〜
名古屋、大阪、東京公演 12月09日(日)12:00〜

■安藤裕子 オフィシャルHP:https://ando-yuko.com/live/

アルバム『Best Records』

2018年12月26日(水)発売
オーダー締切り:2018年11月19日(月)
※数量限定のためショートの可能性があります



【2LP】
HRLP152/53/¥4,500+税
<収録曲>
■Side A
1.サリー
2.パラレル
3.TEXAS
4.ドラマチックレコード
5.海原の月
■Side B
1.唄い前夜
2.さよならと君、ハローと僕
3.歩く
4.隣人に光が差す時
5.聖者の行進
■Side C
1.エルロイ
2.健忘症
3.いらいらいらい
4.勘違い
5.都会の空を鳥が舞う
■Side D
1.アフリカの夜
2.たとえば君に嘘をついた
3.愛の季節
4.アメリカンリバー
5.人生お見舞いtake2

DVD『15th Anniversary Live〜長くなるでしょうからお夕飯はお早めに〜』

2018年10月31日(水)発売



LNBM-1260〜1/¥4,800+税
<収録曲>
■Disc1
01. "I"novel.
02. TEXAS
03. ドラマチックレコード 04. SUCRE HECACHA
05. さみしがり屋の言葉達 06. 黒い車
07. 雨月
08. 愛の日
09. 海原の月
10. 隣人に光が差すとき 11. 蒔かれた種について
■Disc2
12. 六月十三日、強い雨。
13. あなたと私にできる事
14. 水色の調べ
15. パラレル
16. 太陽の嘘つき
17. THE MOON AND THE SUN. 18. summer
19. Lost child,
20. さよならと君、ハローと僕 21. 唄い前夜
22. 歩く
23. サリー
24. 聖者の行進
※オーディオコメンタリー収録




【関連リンク】
安藤裕子、アコースティックライブツアーへの意気込みと、これからの活動への想いを明かす
安藤裕子まとめ

【関連アーティスト】
安藤裕子
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ライブ, ツアー, チケット













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1