歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年11月05日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/11/14
2018/11/13
2018/11/12
2018/11/11
2018/11/10
2018/11/09
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
M!LK、原宿・竹下通りをM!LK色に染め上げる!
Mon, 05 Nov 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月14日(水)に8thシングル「Over The Storm」をリリースするM!LKが、11月5日(月)より原宿・竹下通りにてビジュアルジャックを行なっている。

新メンバー3名が加入し、新体制7人組として始動したM!LK。原宿・竹下通りのゲート入口では、まず7人集合の横断幕がお出迎え。メインストリートはソロのフラッグでクールに彩られており、街頭のスピーカーからは新曲「Over The Storm」が流れるなど竹下通り一帯がM!LK色に染まり、行き交う若者やファンたちの視線を集めている。これらの横断幕6パターン、フラッグ22パターンはデザインが全て違う物になっているということで、竹下通りを訪れた際はこれら全てのパターンを探す楽しみもできそうだ。

M!LKは新体制としての初ワンマン『M!LK THE LIVE 2018 〜わちゃ? & cool これがM!LKっ〜』を11月23日(金・祝)東京・豊洲PIT、11月25日(日)大阪・堂島リバーフォーラムにて開催。ライブ中には、観客を巻き込んだおよそ6,000人規模のレコーディングも決定しており、話題と期待が寄せられている。

■M!LK 原宿・竹下通りビジュアルジャック
横断幕・フラッグジャック&BGMオンエア期間:11月5日(月)〜11月18日(日)

シングル「Over The Storm」

2018年11月14日(水)発売



【TYPE-A】 (CD)
ZXRC-1169/¥1,000(税込)
<収録曲>
M1.Over The Storm
M2.Brave Saga
【TYPE-B】(CD)
ZXRC-1170/¥1,000(税込)
<収録曲>
M1.Over The Storm
M2.Feel Alive
【TYPE-C】(CD)
ZXRC-1171/¥1,000(税込)
<収録曲>
M1.Over The Storm
M2.ハロー!

◎TYPE-A、B、Cにそれぞれトレカ8種類ランダム封入(各ソロ1枚×7名 集合1枚)×3パターン

『M!LK THE LIVE 2018 〜わちゃ? & cool これがM!LKっ〜』

11月23日(金・祝)  東京 豊洲PIT
開場17:00/開演18:00
11月25日(日)  大阪 堂島リバーフォーラム(大阪)
1部:開場14:00/開演14:45
2部:開場17:15/開演18:00



【関連リンク】
M!LK、原宿・竹下通りをM!LK色に染め上げる!
M!LKまとめ
ラックライフ、初の台湾公演で現地ファンと大合唱

【関連アーティスト】
M!LK
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, シングル, キャンペーン, リリース, 発売

ラックライフ、初の台湾公演で現地ファンと大合唱
Mon, 05 Nov 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ラックライフが台湾のファンの熱烈な期待に応え、初の海外公演開催地として台湾を訪れた。今回のセットリストは、事前にファンから募った『ライブで聞きたい曲アンケート』を参考に考えられ、アンケートでトップ3に輝いた「僕ら」「風が吹く街」、そしてメジャーデビュー曲「名前を呼ぶよ」を含んだもの。公演前には「名前を呼ぶよ」を特別にワンコーラス歌唱した訪台直前スペシャル映像を公開し、台湾のファンの期待を最高潮に盛り上げた。

ライブ当日、1曲目に披露されたTVアニメ『食戟のソーマ 餐ノ皿 遠月列車篇』オープニング主題歌「シンボル」で会場のテンションは一気に上昇。その後も「ブレイバー」などアップテンポな楽曲が続き、観客もノリノリな手拍子で応えた。「So Happy Day」歌唱前には、PON(Vo)が『音楽には人を元気にする力がある。この歌でみんなにも元気になってほしい』と客席に語りかける。はじめは台湾のファンに日本語のMCが伝わるかどうか不安に思っていたというメンバーだったが、客席からの温かい声援を受けてホッとした様子も垣間見え、メンバーの呼びかけに答えて会場が一体となって大合唱する場面も見受けられた。

メンバー全員が大阪出身のラックライフ。MCではPONが台湾のファンに『関西弁』を教える一幕も。親指を立てながら『ええやんええやん』というフレーズで観客とコール&レスポンスしたが、他のメンバーから『あまり使わない』とツッコミが入り、グループの仲の良さが伺えた。冗談交じりの関西弁講座の後、PONは『台湾のファンにどのように思いを伝えれば良いのかわからなかった』と不安を口にしたが、会場のファンを実際に目の前にしてそんな不安はどうでもよくなったという。『目と目があう距離にいるから、お互いが見えているから、気持ちを交換できるから』と客席に強く訴えかけた後、「その手とこの手」を披露。この曲は、これまで2013年にライブ会場限定で販売されたオムニバスCD『大阪の北側から。』にのみ収録されていたが、8月には2ndアルバム『Dear days』にも収録され多くのファンから反響を得た楽曲だ。

ラックライフにとって初の海外公演となった今回のライブだが、ステージの上で全力で演奏するメンバーにつられ、客席でも一緒に曲を口ずさむファンが多く見られた。そんな様子を目にして『歌ってて泣きそうや。だってここ台湾やもん!』とメンバーも感動を露わにした。PONは涙交じりに『ずっと今日のことは忘れない。海の向こうで俺らのこと思ってくれてる人がいるって(中略)またあなたに会いたいから、また台湾に歌いに来たい!』と話し、メジャーデビュー曲「名前を呼ぶよ」を披露。

最後は、アルバム『Dear days』のリード曲「走って」で本編が終了。PONは台湾でライブを開催できた事について『夢のようだった』と語り、『見つけてくれてありがとう』と再びファンへの感謝を口にした。その後、熱烈なアンコールの声に応えて再びメンバーがステージに登場。海外公演でのスペシャルな企画として、ファンからの質問にメンバーが直接答えるコーナーを実施。その後、最新曲「Naru」と、台湾での事前アンケートで一位となった楽曲「僕ら」が披露され、会場は大合唱に包まれる。こうして、ラックライフ初の海外公演は盛況のうちに幕を閉じたのだった。

台湾公演終了後、ラックライフは日本で10周年記念ツアーの追加公演『10th Anniversary Tour "Winding Road\'\'』追加公演@マイナビBLITZ赤坂を開催。また、11月14日にはTVアニメ『ツルネ ―風舞高校弓道部―』オープニング主題歌となる最新シングル「Naru」が発売される。ラックライフのさらなる飛躍に期待したい。

シングル「Naru」

2018年11月14日発売



LACM-14807/?1,404(税込)
<収録曲>
01.Naru(TVアニメ『ツルネ ―風舞高校弓道部―』オープニング主題歌)
02.棚の上の僕
03.おんがくのえき

『ラックライフ 10th Anniversary Tour "Winding Road"』

11月28日 (水) 東京・マイナビBLITZ赤坂
開場18:15 / 開演19:00
◎チケット一般販売受付中!
受付期間:9月22日(土)10:00〜11月25日(日)23:59



【関連リンク】
ラックライフ、初の台湾公演で現地ファンと大合唱
ラックライフまとめ
グドモ、“たな姉”が6時間半耐久お悩み相談会を実施!?

【関連アーティスト】
ラックライフ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, シングル, 新曲, ライブ, ライブレポ, レポート

グドモ、“たな姉”が6時間半耐久お悩み相談会を実施!?
Mon, 05 Nov 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

グッドモーニングアメリカが11月14日にリリースする6thオリジナルアルバム『!!!!YEAH!!!!』の発売を記念して、11月18日に東京・浅草 音のヨーロー堂でインストアイベント『6時間半耐久!出張たな姉お悩み相談』を開催する。

この日はYouTubeチャンネル『タナベヤ』に神出鬼没的に登場するたなしんの友人“たな姉"が、歌謡曲ショップの聖地・浅草ヨーロー堂に降臨。通常のインストアイベントとは一線を画す、業界初(?)アーティスト耐久型イベントとして『お悩み相談会』を6時間半に渡って開催する。ニューアルバム『!!!!YEAH!!!!』を1枚購入ごとに、たな姉に1つの悩みを直接相談、相談後に護符と称したたな姉の有難い一言の入った色紙をプレゼント…というキナ臭い内容だ。

さらに相談はなくても、リアル『たな姉』を見たい!というユーザーの為に、イベント時間内なら“いつ来ても!いつまでいても!出入り自由!"という画期的なユーザー滞在型インストアイベントでもある。『タナベヤ』での生配信やカラオケ大会開催など企画も盛りだくさん予定されているので、同日18時からタワーレコード新宿店で開催される金廣真悟『真悟の一人旅物語インストア編』の前に、お気軽に立ち寄ってみてはいかがだろうか。

■YouTubeチャンネル『タナベヤ』
https://www.youtube.com/channel/UCmP2dSqkj6vLV1rWzOHNMdA

■『タナベヤ』連動企画! 耐久&滞在型インストア 「6時間半耐久! 出張たな姉お悩み相談」

11月18日(日) 東京 音のヨーロー堂 イベントスペース
時間:10時半〜18時
<イベント内容>
・たな姉が6時間半店舗に滞在し、YouTubeチャンネル『タナベヤ』にて生配信します。
・11月14日の商品入荷日よりアルバム『!!!!YEAH!!!!』をご購入いただき、ご購入時にお渡しするお悩み相談参加券を会場にお持ちいただくとたな姉が直接お悩みをお受けします。更に、お悩み相談後にたな姉より護符(たな姉一言メッセージ入りサイン色紙)をその場でプレゼント。

※注意事項
・開催時間内のイベント観覧及び入退場は自由です。
・イベント参加者の飲食は禁止となります。
・お悩み相談参加券がない場合は、直接のお悩み相談にご参加が出来ませんので当日お忘れなきようお持ちください。
・当日の模様はSNS等で配信をする予定です。お客様が映りこむ可能性もございますので、予めご了承ください。

アルバム『!!!!YEAH!!!!』

2018年11月14日発売



【初回限定盤】(2CD)
COCP-40533/4/¥3,600(税込)
※Disc 1のみ全収録楽曲をスマホで簡単再生できる「プレイパス」コード封入
<収録曲>
■Disc 1 ※初回限定盤/通常盤共通
1.YEAH!!!!
※TBS系列「SUPER SOCCER」10月・11月エンディングテーマ
2.夢のマルティール
3.むすんでひらいて
4.Tonight Tonight
5.永遠に
6.ベツレヘムの星
7.悲しみ無き世界へ
8.寝ていらんないな
9.ゴールライン
※フジテレビ系列「奇跡体験!アンビリバボー」10月クールエンディングテーマ
10.I\'m thinking of you
11.ヒカリイロトリドリ
12.明日また
13.想像の果てへ
■DISC2(CD)※初回限定盤のみ
『Shingo Kanehiro WORKS I』
1.それはスポットライトではない(acoustic cover)
オリジナルアーティスト:浅川マキ
2.やさしさに包まれたなら(acoustic cover)
オリジナルアーティスト:荒井由実
3.嘲笑(acoustic cover)
オリジナルアーティスト:ビートたけし
4.言葉にならない(acoustic ver.)
5.餞の詩(original lyrics & acoustic ver.)
6.喝采(piano ver.)



【通常盤】(CD)
COCP-40535/¥3,000(税込)

【ライブ情報】

『金廣真悟 弾き語りツアー「真悟の一人旅物語」』
11月05日(月) 宮城 仙台HIGHBURY
11月17日(土) 東京 イーアス高尾
11月30日(金) 長崎 Music Bar Paranoia
12月01日(土) 福岡 shangri-la
12月02日(日) 熊本 sunny blue

『みんなで!!!!YEAH!!!!ONE-MAN tour 2019』
1月12日(土) 千葉 千葉LOOK
1月13日(日) 群馬 前橋DYVER
1月19日(土) 長崎 DRUM Be-7
1月20日(日) 福岡 DRUM SON
2月02日(土) 茨城 水戸LIGHT HOUSE
2月03日(日) 宮城 仙台enn 2nd
2月09日(土) 岡山 津山K2
2月10日(日) 兵庫 MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
2月11日(月・祝) 京都 GROWLY
2月16日(土) 新潟 新潟CLUB RIVERST
3月09日(土) 神奈川 横浜BAYSIS
4月20日(土) 愛知 名古屋CLUB QUATTRO
4月21日(日) 大阪 梅田CLUB QUATTRO
4月29日(月・祝) 東京 渋谷CLUB QUATTRO



【関連リンク】
グドモ、“たな姉”が6時間半耐久お悩み相談会を実施!?
グッドモーニングアメリカまとめ
土岐麻子、曽我部恵一が監督を務めた「名前」MV公開

【関連アーティスト】
グッドモーニングアメリカ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, キャンペーン, 発表, リリース, 発売, 配信

土岐麻子、曽我部恵一が監督を務めた「名前」MV公開
Mon, 05 Nov 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

5月30日にオリジナルアルバム『SAFARI』をリリースした土岐麻子が、サニーディ・サービスの曽我部恵一を監督に迎えた収録曲「名前」のMVを公開した。

ふたりが共にMCをつとめるエンタメ動画配信番組『ぷらすと』(現『ぷらすと×Paravi』)の出演がきっかけとなり、曽我部が監督をつとめたサニーデイ・サービスのMVに共感した土岐が監督をオファー。「名前」から映像のイメージが湧いたということで、今回の制作に至った。

曽我部のイメージを再現するため、明け方の水辺で行なわれた撮影では、当初の想定だと刻々と移りゆく空を背景に土岐がボートで漂うイメージであったが、前日の台風の影響で、実際には辺り一面に真白い霧が立ち込めていたという。結果的にはそれが功を奏し、幻想的且つ、土岐が「名前」に想う“母性”のようなやわらかな作品が完成した。

そんな「名前」が収録されているアルバム『SAFARI』のアナログ盤が、11月3日にリリース。さらに12月1日からは平成最後のワンマンツアー『TOKI ASAKO LIVE TOUR 2018 “サファリの夜の夢"』が全国5カ所にて開催される。こちらもぜひ注目しておこう。

■【曽我部恵一 コメント】

漂う舟に、漂う歌。
青の世界に行って撮ってきました。

アナログ盤『SAFARI』

発売中



KMKN-020/¥3,780
※数量限定生産
※180g重量盤/カラーヴァイナル(クリアオレンジ)
<収録曲>
■ Side-A
1. Black Savanna
2. CAN\'T STOP feat.大橋トリオ
3. FANTASY
4. STRIPE
5. Cry For The Moon 
■ Side-B
1. SUNNY SIDE
2. Flame
3. SHADOW MONSTER
4. mellow yellow
5.名前

◎マスター盤プレッシング 
通常はカッティングされたラッカー盤(凹)から、マスター盤(凸)→マザー盤(凹)→スタンパー盤(凸)という工程でアナログ盤をプレスしますが「マスター盤プレッシング」ではマザー盤・スタンパー盤を製作せずに、マスター盤から直接プレスします。 2度のコピーを省くため、カッティング時に近い溝が形成され、よりダイレクトでリアルな音の再生を実現いたしました。

『TOKI ASAKO LIVE TOUR 2018 “サファリの夜の夢" 』

メンバー:土岐麻子(Vo)、トオミヨウ(Key&Gu&Cho) 、玉木正太郎(Ba&Cho)、鈴木浩之(Dr)

12月01日(土) 大阪・ビルボードライブ大阪
1st 15:30 open / 16:30 start 
2nd 18:30 open / 19:30 start
12月10日(月) 愛知・名古屋ブルーノート
1st 17:30 open / 18:30 start
2nd 20:30 open / 21:15 start
12月15日(土) 東京・恵比寿ザ・ガーデンホール
16:00open /17:00 start 
12月17日(月) 広島・Live Juke
19:00open /19:30 start
12月18日(火) 香川・DIME
19:00open /19:30start



【関連リンク】
土岐麻子、曽我部恵一が監督を務めた「名前」MV公開
土岐麻子まとめ
曽我部恵一まとめ
angela、『K SEVEN STORIES』エンディング主題歌集のジャケ写はGoHandsによるイラスト仕様

【関連アーティスト】
土岐麻子, 曽我部恵一
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, CD, アルバム, ライブ, ツアー

angela、『K SEVEN STORIES』エンディング主題歌集のジャケ写はGoHandsによるイラスト仕様
Mon, 05 Nov 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

angelaが11月28日(水)にリリースする劇場アニメーション『K SEVEN STORIES』の各エピソードのエンディングを飾るエンディング主題歌をまとめたミニアルバム『K SEVEN SONGS』のアートワークがついに公開となった。

劇場アニメーション『K SEVEN STORIES』を手掛けるアニメスタジオ・GoHandsの手による描き下ろしのイラストで、作中登場キャラクター(左より周防 尊、謎の少年、伊佐那 社、宗像礼司)が繊細かつ美麗に描かれており、各キャラクターの表情が柔らかいところも印象的だ。トータルデザインもスタイリッシュなものに仕上がっている。

『K SEVEN STORIES』Episode 5「メモリー・オブ・レッド 〜BURN〜」も劇中公開中となっており、こちらではangelaのエンディング主題歌「BURN」も味わえるので、アニメーションと共に堪能してほしい。

(c)GoRA・GoHands/k-7project

■『K SEVEN STORIES』公式サイト
http://k-project.jpn.com/

ミニアルバム『K SEVEN SONGS』

2018年11月28日発売



KIZC-464〜5/¥2,800+税
※CD+Blu-ray
※初回製造分のみジャケットイラストステッカー封入
※『K SEVEN STORIES』描き下ろしイラストジャケット仕様
<収録曲>
■CD
1. BLAZE(Episode1「R:B 〜BLAZE〜」ED主題歌)
2. 天狼の如く(Episode2「SIDE:BLUE 〜天狼の如く〜」ED主題歌)
3. 上書き世界(Episode3「SIDE:GREEN 〜上書き世界〜」ED主題歌)
4. Lost Small World 〜檻の向こうに〜(Episode4「Lost Small World 〜檻の向こうに〜」ED主題歌)
5. BURN(Episode5「メモリー・オブ・レッド 〜BURN〜」ED主題歌)
6. Nameless Song(Episode6「Circle Vision 〜Nameless Song〜」ED主題歌)
■Blu-ray
・「SURVIVE!」MV、CM SPOT

シングル「SURVIVE!」

発売中



【期間限定盤】
KICM-91853/¥1,300+税
※クリアケース付
※初回製造分のみ『K SEVEN STORIES』OP映像場面写カード封入(全6種/ランダム1枚)
<収録曲>
1.SURVIVE!
2.KINGS(Live version)
3.To be with U!(Live version)
4.KIZUNA(Live version)
※Live version:2018年2月24日開催 EX THEATER ROPPONGI公演より
5.SURVIVE!(off vocal version)



【通常盤】
KICM-1854/¥800+税
※描き下ろしアニメイラスト使用ジャケット

アルバム『angela All Time Best 2003-2009』

発売中



KICS-3755〜6/¥3,300+税
※2CD
※高音質CD『UHQCD(Ultimate High Quality CD)』を採用
<収録曲>
■DISC 1
1.明日へのbrilliant road(TVアニメ『宇宙のステルヴィア』OPテーマ)
2.綺麗な夜空(TVアニメ『宇宙のステルヴィア』前期EDテーマ)
3.The end of the world(TVアニメ『宇宙のステルヴィア』後期EDテーマ)
4.over the limits
5.幸せの温度
6.How many? (ラジオ『angelaのsparking!talking!show!』OPテーマ)
7.merry-go-round(テレビ東京系『開運!なんでも鑑定団』EDテーマ)
8.butterfly(ラジオ『長澤奈央とangelaのオラ・ラジ〜オ!』テーマソング)
9.Stay With Me(TVアニメ『さいころボットコンボック』OPテーマ)
10.笑顔でバイバイ(TVアニメ『さいころボットコンボック』EDテーマ)
11.fly me to the sky(TVアニメ『蒼穹のファフナー』イメージソング)
12.in your arms(TVドラマ『ヴァンパイアホスト』OPテーマ)
13.Shangri-La(TVアニメ『蒼穹のファフナー』OPテーマ)
14.Separation(TVアニメ『蒼穹のファフナー』EDテーマ)
15.cheers!
■DISC 2
1.未来とゆう名の答え(TVアニメ『JINKI:EXTEND』EDテーマ)
2.DEAD SET(TVアニメ『蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT』イメージソング)
3.Peace of mind(TVアニメ『蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT』主題歌)
4.果て無きモノローグ(TVアニメ『蒼穹のファフナー RIGHT OF LEFT』挿入歌)
5.人生遊戯(TVドラマ『ライオン丸G』EDテーマ)
6.gravitation(TVアニメ『ヒロイック・エイジ』OPテーマ)
7.恋のfirst run
8.Beautiful fighter(TVアニメ『屍姫 赫』『屍姫 玄』OPテーマ)
9.約束(TVアニメ『蒼穹のファフナー』トリビュートソング)
10.Spiral(TVアニメ『アスラクライン』OPテーマ)
11.Link(TVアニメ『アスラクライン』EDテーマ)
12.光、探せなくとも(TVアニメ『屍姫 玄』EDテーマ)
13.此処に居るよ
14.オルタナティヴ(TVアニメ『アスラクライン2』OPテーマ)
15.memories(TVアニメ『神八剣伝』OPテーマ)

◎豪華初回製造分特典
・DIYジャケット用ケース
・DIYジャケット用ステッカー
・スペシャルブックレット

アルバム『angela All Time Best 2010-2017』

発売中



KICS-3757〜8/¥3,300+税
※2CD
※高音質CD『UHQCD(Ultimate High Quality CD)』を採用
<収録曲>
■DISC 1
1.蒼い春(TVアニメ『生徒会役員共』EDテーマ)
2.FORTUNES(劇場アニメ『蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH』イメージソング)
3.蒼穹(劇場アニメ『蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH』主題歌)
4.さよならの時くらい微笑んで(劇場アニメ『蒼穹のファフナー HEAVEN AND EARTH』挿入歌)
5.『リアル』は…(映画『心中天使』主題歌)
6.キラフワ(TVアニメ『アスラクライン2』最終話EDテーマ)
7.THE LIGHTS OF HEROES(PSP用ソフト『ヒーローズファンタジア』主題歌)
8.いつかのゼロから(TVアニメ『K』イメージソング)
9.KINGS(TVアニメ『K』OPテーマ)
10.To be with U! (TVアニメ『K』最終話EDテーマ)
11.僕じゃない(TVアニメ『革命機ヴァルヴレイヴ』EDテーマ)
12.ANGEL(TVアニメ『COPPELION』OPテーマ)
13.遠くまで(TVアニメ『COPPELION』EDテーマ)
14.バイバイオーライ(TVアニメ『COPPELION』最終話EDテーマ)
15.キラキラ-go-round(劇場版『モーレツ宇宙海賊ABYSS OF HYPERSPACE-亜空の深淵-』主題歌セルフカバー)
■DISC 2
1.シドニア(TVアニメ『シドニアの騎士』OPテーマ)
2.Different colors(劇場アニメ『劇場版 K MISSING KINGS』主題歌)
3.イグジスト(TVアニメ『蒼穹のファフナー EXODUS』OPテーマ)
4.暗夜航路(TVアニメ『蒼穹のファフナー EXODUS』EDテーマ)
5.その時、蒼穹へ(TVアニメ『蒼穹のファフナー EXODUS』挿入歌)
6.愛、ひと欠片(劇場アニメ『劇場版 シドニアの騎士』主題歌)
7.騎士行進曲(TVアニメ『シドニアの騎士 第九惑星戦役』OPテーマ)
8.DEAD OR ALIVE(TVアニメ『蒼穹のファフナー EXODUS』第2クールOPテーマ)
9.ホライズン(TVアニメ『蒼穹のファフナー EXODUS』第2クールEDテーマ)
10.愛すること(TVアニメ『蒼穹のファフナー EXODUS』第17話ED曲)
11.KIZUNA(TVアニメ『K RETURN OF KINGS』最終話EDテーマ)
12.僕は僕であって(TVシリーズ『亜人』第2クール前期OPテーマ)
13.全力☆Summer! (TVアニメ『アホガール』OPテーマ)
14.Calling you(劇場アニメ『BLAME!』主題歌)
15.笑顔をみせて

◎豪華初回製造分特典
・DIYジャケット用ケース
・DIYジャケット用ステッカー
・スペシャルブックレット



【関連リンク】
angela、『K SEVEN STORIES』エンディング主題歌集のジャケ写はGoHandsによるイラスト仕様
angelaまとめ
RCサクセションの名盤『RHAPSODY』ジャケットTシャツと「いい事ばかりはありゃしない」の音源が受注販売決定

【関連アーティスト】
angela
【ジャンル】
J-ROCK, アニメ・声優, ニュース, 発表, 新曲, リリース, 発売, ミニアルバム, アニメ, エンディング, 映画

RCサクセションの名盤『RHAPSODY』ジャケットTシャツと「いい事ばかりはありゃしない」の音源が受注販売決定
Mon, 05 Nov 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10月6日(土)にCLUB CITTA‘で行なわれた伝説的イベント『SATURDAY NIGHT ROCK SHOW』で販売し、即ソールドアウトとなっていたRCサクセションの『RHAPSODY』Tシャツと「いい事ばかりはありゃしない」音源(Mカード)の受注販売がスタートした。

1980年にリリースされたRCサクセションの伝説的名盤『RHAPSODY』のジャケットがフロントに、バックプリントには裏面の解説が印刷されている当時の『RHAPSODY』Tシャツの完全復刻となっている。このTシャツと、仲井戸麗市率いるTHE RHAPSODY ONLY CLUB CITTA\' BANDがRCサクセションの名曲「いい事ばかりはありゃしない」をカバーしたスペシャル音源がダウンロードできるMカードがセットになって登場。イベント当日、購入出来なかった多くのファンからの要望に応えて今回の販売が決定したとのこと。ちなみに、Mカードの題字は仲井戸麗市の直筆となっている。

この機会にぜひこのレアTシャツとスペシャル音源を手に入れてみてはいかがだろうか。

■特設販売サイト
https://www.fundom.co.jp/items/14383331

【「いい事ばかりはありゃしない」レコーディング参加メンバー】

仲井戸麗市/竹中直人/山崎まさよし/ MAGUMI(L?-ppisch)/さかいゆう/森高千里/杏子/元ちとせ/ワタナベイビー(ホフディラン)/梅津和時/片山広明/岡本定義(COIL)/あらきゆうこ



【関連リンク】
RCサクセションの名盤『RHAPSODY』ジャケットTシャツと「いい事ばかりはありゃしない」の音源が受注販売決定
RCサクセションまとめ
忌野清志郎まとめ
仲井戸麗市まとめ
THE RHAPSODY ONLY CLUB CITTA\'BANDまとめ

【関連アーティスト】
RCサクセション, 忌野清志郎, 仲井戸麗市, THE RHAPSODY ONLY CLUB CITTA\'BAND
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 名曲, 発売, グッズ

切なく長い秋の夜に、誰かを想って熱唱したい曲5選!
Mon, 05 Nov 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

最高気温を何十年振りかに更新した異常な夏はどこへやら、すっかり秋です。この時期になると「秋に聴きたい曲」なんて特集も目にしたりするけど、聴くだけじゃなくてさ、どうせなら歌っちゃおうよ、その切ない想いを誰かに向けて! ということで、実際に自分がカラオケでしょっちゅう選曲している秋を感じる曲をチョイスしてみました。そしてたった今、これを書くに当たって試しに歌ってみたところ(全曲CD所持)、ところどころで泣きが入るはめに(笑)。だって切ないんだよー! そんな秋の夜です。

■「歌うたいのバラッド」(’97) /斉藤和義

ベタですが、これはヤバイ。1997年11月にリリースされたこの曲は、今やBank Band(小林武史・桜井和寿を中心にしたバンド)をはじめ奥田民生、河口恭吾、鈴木雅之などそうそうたる面子がカバーをし、2017年には映画『夜明け告げるルーのうた』の主題歌にも起用されるなど、この20年間現役で人のハートに「愛してる」のたったひと言の強さを伝え続けてくれている曲だけど、確か記憶によると直後よりも時が経つにつれて認知され、愛されていったナンバーだった気がします。それってある意味ホンモノじゃない? 個人的には、全体的に言葉づかいが、一見フツーなようでひとつ残らず素敵な表現と配置をした、パーフェクトな詞だなと。一番好きな部分は最後のワンワードではなく《雨の夜も冬の朝もそばにいて》。

■「JAM」(’96)/THE YELLOW MONKY

イエモンのブレイクを決定的なものにした9枚目のシングル「JAM」。曲中に季節を表す表現は出てこないけど、このやり切れないもの悲しさみたいなものは、この季節にとっても合っている気がして選んでみた。当時、曲というよりは歌詞が注目されることが多かったようですが、嘘か本当かヴォーカルの吉井和哉が「この曲はヒットを狙って作りました」、と言ってるのを聞いた時に思ったのは、狙ったからって本当にヒットさせられるものじゃないということ。実際にはいろんな背景や想いがあったようで、解散後のフィルムコンサート最終日にメンバーが登場した時も、再結成して紅白に初出場した時も、披露したのはこの曲だった。その紅白の朝、新聞には歌詞全文とともにメッセージが添えられた。「残念だけど、この国にはまだこの歌が必要だ」。誰かを想う気持ちって、異性とか同じ目の色とか、そんなんじゃないよね。

■「夜王子と月の姫」(’02) /GOING STEADY

NHKの朝ドラ『ひよっこ』や前クールの『高嶺の花』で石原さとみの相手役を演じるなど、俳優としても話題の峯田和伸が、銀杏BOYZの前に在籍していたバンド・GOING STEADY。ちょうどその頃にインディーズシーンの仕事を担当していて、ずば抜けて人気(セールス)のあるバンドだな…と注目していたのが彼らだった。そのすごさたるものをこの目で確かめたい!と向かったライヴで、「9.11のニュースをホテルで彼女と一緒に観ていた。今目の前にいるこの人を、どんなことがあっても離したくないと思った」、そう言って演奏されたのが「夜王子と月の姫」でした。この日の私の日記にはこうある。「GOING STEADYにたくさんの人が惹かれる理由が分かった気がする」。MCと演奏中のギャップは激しく、それと同じくらい、破天荒なイメージの裏側にある誰よりも純真な部分が見え隠れする、峯田和伸ならではの一曲。月の夜、世界の終わりに迎えに来てほしい人を描きながら熱唱したい。

■「楓」(’98)/スピッツ

8thアルバム『フェイクファー』からのシングルカットとなったこの曲、秋の泣き歌としては鉄板じゃないだろうか。これ、泣かない人っているの!?なんて、偏った見解だけどそれくらい。人が曲に想いを込める時って、だいたいどちらかだと思うわけで。歌詞が自分の過去や現在の状況にぴったりはまったり、分かる分かる!みたいな場合と、その曲を聴いていた当時の記憶が呼び起こされて泣けてくる、みたいな場合。そういった意味では、この曲はどっちもいけるんじゃないかと。私なんて出だしの《忘れはしないよ》でもうダメだから(笑)。旅先でこの曲が収録されたベスト盤『RECYCLE Greatest Hits of SPITZ』を買って、ドライブ中ずっと聴いていて、あんなに楽しかったはずの曲たちが数カ月後、「スピッツってこんなに寂しかったっけ…」そう感じたMAXが最後に流れてきた「楓」だった。曲が変わったわけじゃない、変わったのは私の状況だったわけなんだけど(苦笑)、音楽ってそうやって人の人生に寄り添ってともに生きてるものだよな…って、この曲聴くとしみじみ思ったりするのです。

■「夏音」(’06)/GLAY

タイトルには「夏」がついているけれど、この曲は秋に聴くとより染みる。2006年9月に発売されたGLAYのシングルで、芸能人同士がデートをするというバラエティー番組『恋するハニカミ!』のテーマ曲として、リリースに先行するかたちで2006年7月〜9月をこの曲が担当。実はこの番組が異常に好きで、5年半観続けた中の個人的ベストデート上位ふたつが、この期間中のものだったという偶然か必然か。いいところで流れてくるわけですよ、TERUの声が。音や歌の持つ相乗効果ってすごいなと。サビのあたりではもう、自分がデートしてると勘違いするくらいドキドキしちゃってたりして(笑)。でも、ある時、このCDを手にして改めて歌詞カードを開いてみてショックを受けた。いつも勝手にどきどきしてたけど、こういう歌詞だったんだ…と。そして、ハニカミのテーマ曲としてではなく「夏音」が好きになった。《精一杯生きた証のような恋》か…明日ひとりカラオケ行っちゃおかな♪

TEXT:K子。

神奈川・湘南育ち。男闘呼組でバンドに目覚め、DIE IN CRIESで“音楽=音を楽しむ”ことを知り、好きな音楽の仕事がしたい!とOLを辞めてオリコン株式会社に9年所属。どっぷりの反動で旅行業界に転職後、副業で旅・エンタメ関連のWEBで執筆するも、音楽への愛が止められず出戻り人に。愛情込めまくりのレビューやライヴレポを得意とし、ライヴシチュエーション(ライヴハウス、ホール、アリーナクラス、野外、フェス、海外)による魅え方の違いにやけに興味を示す、体感型邦楽ロック好き。



【関連リンク】
切なく長い秋の夜に、誰かを想って熱唱したい曲5選!
斉藤和義まとめ
THE YELLOW MONKEYまとめ
GOING STEADYまとめ
スピッツまとめ

【関連アーティスト】
斉藤和義, THE YELLOW MONKEY, GOING STEADY, スピッツ, GLAY
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, 連載コラム, ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!, シングル, アルバム

Mayday、初となる大阪でのアリーナ2Daysが決定
Mon, 05 Nov 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

デビュー以降のライブ累計動員数は1,500万人を超え、大規模ワールドツアーをこれまで10回開催するなど、中華圏を中心としたアジア全域で絶大な人気を誇るMaydayが、2019年4月6日(土)・7日(日)に自身初となる大阪でのアリーナ公演となる『Mayday 2019 Just Rock It!!! “藍 | BLUE“』を、大阪城ホールにて開催することを発表した。

桜が咲き誇り、桜色一色に染まった大阪を、Maydayのバンドカラーである“BLUE“で塗り替えるであろうこのライブ。このライブタイトルには、デビューから3作品連続でアルバムのメインビジュアルカラーを“BLUE”にしていたことにも紐付けられ、“初心にかえる”という意味が込められているという。

2019年は歩みを少し緩めて活動すると宣言しているMayday。その特別限定公演と位置付けて開催する『2019 Just Rock It!!! “藍 | BLUE“』は、ここ日本、大阪からスタートする!

■【メンバーコメント】

■ASHIN
2年間のツアーを経て、再度、自分自身の考えをよく整理して、見つめ直す時期になりました。
4月の舞い散る桜を胸に抱いて、リラックスして初心にかえり、創作の為のエネルギーを集めたいと思います。

■MONSTER
2019年のMaydayは次のステージに進む準備の為に、活動のペースを少しゆっくりにします。
4月の大阪城の桜の下で歌い、インスピレーションをもらえることを楽しみにしています。

■STONE
活動の区切りに色彩を付けるように、4月の桜の季節をMaydayのBLUEで染めたいと思います。

■MASA
「Just Rock It!!!」は親友と集まったパーティーみたいな感じです。
桜の下でピクニックした後、僕らと一緒に歌ったり、おしゃべりしたりしに来てください。

■MING
Maydayが少しゆっくりと歩み始める前に、桜の下でばったり会ったら、僕に声をかけてね。

■『Mayday 2019 Just Rock It!!! 藍|BLUE』

4月06日(土) 大阪城ホール
開場 16:30/開演 17:30 
4月07日(日) 大阪城ホール
開場 14:00/開演 15:00 
<チケット>
SS指定席 ¥19,800(税込) 
※限定オリジナルグッズ付き(今治産フェイスタオル・ミニトートバッグ)、最前ブロックでの観覧となります。
S指定席 ¥12,800(税込)
A指定席 ¥9,800(税込)
B指定席 ¥8,800(税込)
VIPシート ¥25,800(税込・数量限定)
※限定オリジナルグッズ付き(今治産フェイスタオル・ミニトートバッグ)、優先入場口からのご入場、ウエルカムドリンク・軽食有り。VIP用のゆったりとしたシートでの観覧となります。
一般発売日:2019年3月2日(土)10:00〜 
最速先行:11月5日(月)10:00〜11月13日(火)23:59



【関連リンク】
Mayday、初となる大阪でのアリーナ2Daysが決定
Maydayまとめ
吉田山田、アルバム『欲望』収録の愛犬との実話「赤い首輪」MVを公開

【関連アーティスト】
Mayday
【ジャンル】
ニュース, ライブ, ツアー, ワンマン

吉田山田、アルバム『欲望』収録の愛犬との実話「赤い首輪」MVを公開
Mon, 05 Nov 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

吉田山田が10月31日(水)に発売したニューアルバム『欲望』より、「赤い首輪」のMVを公開した。

メンバー吉田の愛犬との実体験と、飼い主としての“願望”を基に書いた“犬の歌”であり、わずか15分で一気に書き上げたという今作。自宅でデモを録音しようとしても愛犬が嗚咽し過ぎて歌うことができず、山田やスタッフに歌詞だけを見てもらったというエピソードがある。山田曰く「よっちゃんがここまで自分をさらけ出した歌詞を書いたことがない」というこの歌は、動物が大好きな吉田の中で、敢えて作るのを避けてきた歌だった。ペットを家族として迎え、人生を共にしている全ての方々に聴いて欲しい楽曲となっている。

さらに、『欲望』全曲のダイジェストトレーラーもあわせて公開。収録されている全曲を少しずつ聴くことができるので、10周年に向けてむき出しの「欲望」を綴った彼らの想いをぜひチェックしてほしい。

また、吉田山田全国ワンマンツアー『吉田山田ツアー2018 <Band Set>』が11月17日(土)の東京国際フォーラム公演を皮切りに、12月26日(水)の愛知・Zepp Nagoya公演まで全国5か所で開催されるので、こちらもぜひ足を運んでほしい。

アルバム『欲望』

発売中



【デラックス盤】(CD+DVD)
PCCA−04707/¥3,500+税
※DVD収録内容:「宝物」MV、撮り下ろしロケ企画映像
※封入特典:スペシャル特典券
<収録曲>
01.欲望
02.Color
03.拝啓
04.冬の星座
05.虹の砂
06.エーデルワイス
07.もやし
08.貧乏
09.もし
10.赤い首輪
11.つながる



【ボーナストラック盤】(CD only)
PCCA−04706/¥2,500+税
※ボーナストラック1曲入り 
※封入特典:スペシャル特典券
<収録曲>
01.欲望
02.Color
03.拝啓
04.冬の星座
05.虹の砂
06.エーデルワイス
07.もやし
08.貧乏
09.もし
10.赤い首輪
11.つながる
12.泣き笑い(※ボーナストラック盤のみ収録)

【ライヴ情報】

『吉田山田ツアー2018 <Band Set>』
11月17日(土) 東京・東京国際フォーラム ホールC
12月08日(土) 大阪・なんばHatch
12月16日(日) 宮城・仙台Rensa
12月20日(木) 福岡・福岡DRUM LOGOS
12月26日(水) 愛知・Zepp Nagoya

『吉田山田ツアー2018 <Acoustic Set>振替公演』
11月25日(日) 北海道・札幌PENNY LANE24(振替公演)
12月13日(木) 千葉・柏PALOOZA(振替公演)



【関連リンク】
吉田山田、アルバム『欲望』収録の愛犬との実話「赤い首輪」MVを公開
吉田山田まとめ
lynch.、ツアーファイナルで来年2月に主催イベント開催を発表

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP, ニュース, MV, トレーラー, アルバム, ツアー

lynch.、ツアーファイナルで来年2月に主催イベント開催を発表
Mon, 05 Nov 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月4日(日)、lynch.の全国ツアー『TOUR\'18 Xlll-THE BEAUTIFUL NIGHTMARES-』の最終公演がTOKYO DOME CITY HALLで行われ、来年2月にlynch.主催イベント『BLACK BEAUTY BEASTS』が開催されることが発表された。

今年7月11日に発売されたアルバム『Xlll』を提げた今回のツアーはバンド史上最大規模の公演数で、最終日である当日は早々にチケットがソールドアウトした。定刻を過ぎ会場が暗転するや否や、ステージに配列された13本のLEDライトが「THIRTEEN」冒頭の葉月(Vo.)によるカウントダウンに合わせて一つ一つ点灯し、開幕を告げる。続く「EXIST」でラウドなサウンドを見せつけるとフロア中が激しいヘッドバンギングにまみれ、古き良きヴィジュアルロックを彷彿させる「GROTESQUE」へと繋げた。“すごい前に『Xlll』を出したけど、今日、ここを持って『Xlll』は完成します。任せていいか、東京!"葉月はそう言って「CREATURE」をドロップ。中盤の「AMBLE」や「SENSE OF EMPTINESS」では、これまでの激しいステージから一変、ミドルテンポなナンバーでバンド特有の艶美なパフォーマンスを見せつつも、キラーチューン「GALLOWS」が放たれた瞬間に会場は再び熱気に満ち溢れた。「FIVE」で銀テープが華やかに舞った後には、『Xlll』の最後に収録されている楽曲「A FOOL」で神秘的な表情を見せ、本編が終了。アンコールでは、前日11月3日に誕生日を迎えた玲央(Gt.)にサプライズでケーキが登場。“44歳になりました。年相応の音楽があると思いますが、僕たちは結成当初から変わらず極悪な音になってます。バンドがもっと大きくなれば、これが年相応の音楽になると思う。これからも応援して下さい。"と玲央が語ると、葉月は“「今が最大であり、最高である」という状況が続いています。まだ全然満たされてません。まだまだ夢があるので。着いて来てください!"と確固たる意思を表明した。その後、来年2月にバンドの故郷でもある名古屋で2日間の主催イベントを開催することが発表され、オーディエンスによる歓喜の声が上がった。“僕たちの音楽がスタンダードになれるように…いけるか!"玲央の合図で「MOON」を畳み掛け、再びライブがスタート。鳴り止まないダブルアンコールに応えて「EVOKE」をお見舞いし、ラストは二度目の「THIRTEEN」で約4ヶ月に渡った全34公演の全国ツアーの幕が閉じた。

来年2月8日(金)9日(土)にZepp Nagoyaで開催されるlynch.主催イベント『BLACK BEAUTY BEASTS』は、両日出演となるlynch.の他、2月8日(金)にはアルルカン、Angelo、D\'ERLANGERが、2月9日(土)にはRAZOR、MERRY、MUCC、SUGIZOが出演する。チケットは11月17日(土)15:00より先行受付がスタート。終演後にはイベントの特設サイトがオープンし、YouTubeにてトレーラー映像が公開された。lynch.は年末に『COUNTDOWN JAPAN 18/19』への初出演(12月29日(土)に出演)が決定しており、12月31日(月)にはZepp Nagoyaで『lynch. COUNTDOWN LIVE「2018-2019」』を開催する。

photo by 土屋良太
text by 羽村萌

【セットリスト】
1. THIRTEEN
2. EXIST
3. GROTESQUE
4. J?KER
5. CREATURE
6. THE OUTRAGE SEXUALITY
7. NEEDLEZ
8. GHOST
9. RENATUS
10. AMBLE
11. SENSE OF EMPTINESS
12. D.A.R.K
13. GALLOWS
14. NVADER
15. FAITH
16. OBVIOUS
17. pulse_
18. FIVE
19. A FOOL
En1-1. MOON
En1-2. INVINCIBLE
En1-3. MIRRORS
En1-4. THE FATAL HOUR HAS COME
En2-1. EVOKE
En2-2. THIRTEEN

■『lynch. presents 「BLACK BEAUTY BEASTS」』

『lynch. presents「BLACK BEAUTY BEASTS」』
2月08日(金) Zepp Nagoya
開場17:15/開演18:00
出演:アルルカン/Angelo/D\'ERLANGER/lynch. (順不同)
2月09日(土) Zepp Nagoya
開場15:45/開演16:30
出演:RAZOR/MERRY/MUCC/SUGIZO/lynch. (順不同)

■特設サイトURL
http://pc.lynch.jp/bbb

<チケット>
1Fスタンディング6,500円(税込)/2F指定 7,500円(税込)
*当日別途ドリンク代500円必要
*未就学児童入場不可
*出演者の変更・キャンセルに伴う払戻しは行いませんので予めご了承ください

◎オフィシャル先行(抽選)
エントリー期間:11月17日(土)15:00〜12月2日(日)23:59
受付URL:https://l-tike.com/st1/bbb-offtk
制限枚数:各公演お1人様1申込4枚まで(第二希望まで席種選択可)
一般発売日:12月22日(土) 10:00

【ライブ情報】

葉月 単独公演『奏艶』 ※SOLD OUT!
12月01日(土) 東京・NEW PIER HALL
1部:開場 14:00 / 開演 14:30
2部:開場 18:00 / 開演 18:30

『TOUR\'18「Xlll -THE BEAUTIFUL NIGHTMARES-」』
10月31日(水) 大阪・なんばHatch
11月04日(日) 東京・TOKYO DOME CITY HALL ※TOUR FINAL

『COUNTDOWN JAPAN 18/19』
12月29日(土) 千葉・幕張メッセ国際展示場1〜11ホール、イベントホール
http://countdownjapan.jp/

『COUNTDOWN LIVE「2018-2019」』
12月31日(月) 愛知・Zepp Nagoya

Blu-ray&DVD『13th ANNIVERSARY -Xlll GALLOWS- [THE FIVE BLACKEST CROWS] 18.03.11 MAKUHARI MESSE』

発売中



【Blu-ray】
KIXM-331/¥7,000+税
※初回プレス分のみフォトブック付き特殊パッケージ仕様
【DVD】
KIBM-734/¥5,000+税

アルバム『Xlll』

発売中



【数量限定豪華盤】(2CD+Blu-ray)
KICS-93733/¥8,300+税
※16.5inch CLEAR SLEEVE + DIGIPAK + 40P SPECIAL BOOKLET
【初回限定盤】(CD+DVD)
KICS-93735/¥3,500+税
※OUTER SLEEVE + DIGIPAK
【通常盤】(CD)
KICS-3733/¥3,000+税



【関連リンク】
lynch.、ツアーファイナルで来年2月に主催イベント開催を発表
lynch.まとめ
アルルカンまとめ
Angeloまとめ
D\'ERLANGERまとめ

【関連アーティスト】
lynch., アルルカン, Angelo, D\'ERLANGER, RAZOR, MERRY, MUCC, SUGIZO
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, ライブ, ツアー, ワンマン, ライブレポ, レポート

コブクロ、結成の地である大阪でのストリートライブで全6曲約45分のパフォーマンス!
Mon, 05 Nov 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

結成20周年を迎えたコブクロが11月4日、大阪府が主催する『御堂筋オータムパーティー2018 御堂筋ランウェイ』に出演! 御堂筋の中央には400mの"フィールド・ランウェイ"が出現し、沿層には約40万人の観衆がつめかけた。

本町駅近くの久太郎町3交差点付近に設置されたメインステージにイベント中盤15時過ぎにコブクロの2人が登場すると、地元大阪ということもあり、待ちに待ったファンから2人の登場にどよめきが起こる。小渕は冒頭に「大阪で生まれた小渕健太郎、黒田俊介 コブクロです。史上最大のストリートライブ今から行います。ここでストリートをやらせて頂けるのは僕らの夢です!」と話すと、すかさず黒田が「小渕さん、なんで俺の名前まで言うの?そこは言わせて!」 と冒頭からコブクロらしく笑いをそそった。

小渕は「昔、大阪の色々な場所で地べたで歌わせてもらってましたが、今日はこのステージの上から同じ空を見上げながら歌える事を誇りに思います」と感無量の表情で話し、ギター1本のインディーズ時代と同じスタイルで、1曲目にメジャーデビュー曲『YELL〜エール〜』を、続いてアップテンポな爽やかなナンバー『君という名の翼』を披露し、御堂筋がライブ会場のように拍手と歓声で大盛り上がりとなった。

そして、11月7日リリースのニューシングル『風をみつめて』、12月5日にリリースとなる初のコンプリートベスト『ALL TIME BEST 1998-2018』に収録されるコブクロ20周年記念ソング『晴々』を披露し、4曲を歌い終えると「ここから真っ直ぐ御堂筋をランウェイしましょう!」と、用意されていたフロート(移動式ステージ)に乗り、御堂筋の道を大歓声の中進み始めた。
あまりの人の多さに「すごい人!」と連発。「こんなこと一生ない」と、その場の光景をかみしめながら、結成のきっかけとなった代表曲『桜』、最後に『轍-わだち-』を移動しながら披露し、大盛り上がりで全6曲約45分パフォーマンスし、ステージを下りた。

その後、コブクロは最後のグランドフィナーレで松井府知事、「2025 日本万博誘致アンバサダー」であるダウンタウンと一緒に並び、イベントを締めくくった。

アルバム『ALL TIME BEST 1998-2018』

2018年12月5日発売



【初回生産限定盤】(4CD+1DVD)
WPZL-31536〜40/¥4,800+税
※三方背ケース+デジパック仕様
【ファンサイト会員限定盤】(4CD+DVD+BOOK)
WPZL-31541〜5/¥5,500+税
※三方背ケース+トールサイズ デジパック仕様
【通常盤】(4CD)
WPCL-12964〜7/¥3,400+税
<収録曲>
■DISC 1
01.桜
02.赤い糸
03.太陽
04.轍 -Street stroke-
05.DOOR 〜The knock again〜
06.Bell
07.ココロの羽
08.YELL 〜エール〜
09.miss you
10.光
11.ANSWER
12.YOU
13.風
14.願いの詩
■DISC 2
01.雪の降らない街
02.愛する人よ
03.宝島
04.blue blue
05.手紙
06.永遠にともに
07.Million Films
08.ここにしか咲かない花
09.あなたへと続く道
10.君という名の翼
11.風見鶏
12.蕾
13.WHITE DAYS
14.蒼く 優しく
■DISC 3
01.時の足音
02.虹
03.STAY
04.To calling of love
05.流星
06.Blue Bird
07.あの太陽が、この世界を照らし続けるように。
08.蜜蜂
09.紙飛行機
10.One Song From Two Hearts
11.ダイヤモンド
12.今、咲き誇る花たちよ
13.陽だまりの道
14.Twilight
15.42.195km
■DISC 4
01.奇跡
02.hana
03.未来
04.SNIFF OUT!
05.STAGE
06.心
07.バトン
08.君になれ
09.ONE TIMES ONE
10.晴々
11.風をみつめて
12.木蘭の涙with コブクロ(佐藤竹善)
13.WINDING ROAD(絢香×コブクロ)
14.太陽のメロディー(今井美樹×小渕健太郎 with 布袋寅泰+黒田俊介)
15.桜 -1st demo tape-

■『ALL TIME BEST 1998-2018』ファンサイト会員限定盤 詳細・予約
http://img.emtg.jp/feature/kobukuro20th_alltimebest/

シングル「風をみつめて」 

2018年11月7日(水)発売



WPCL-12953/¥1,204+税
<収録曲>
M1. 風をみつめて
※テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマBiz「ハラスメントゲーム」主題歌
M2 夏の雫
M3 白雪
M4 風をみつめて(Instrumental)
M5 夏の雫(Instrumental)
M6 白雪(Instrumental)


『KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY TOUR』


3月20日(水) 長野・ホクト文化ホール 大ホール(長野県県民文化会館)
3月21日(木) 長野・ホクト文化ホール 大ホール(長野県県民文化会館)
3月30日(土) 愛媛・ひめぎんホール(愛媛県県民文化会館)
3月31日(日) 愛媛・ひめぎんホール(愛媛県県民文化会館)
4月12日(金) 北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
4月13日(土) 北海道・札幌文化芸術劇場 hitaru
4月19日(金) 岩手・岩手県民会館 大ホール
4月20日(土) 岩手・岩手県民会館 大ホール
4月25日(木) 宮城・仙台サンプラザホール
4月26日(金) 宮城・仙台サンプラザホール
5月01日(水) 神奈川・パシフィコ横浜(横浜国際平和会議場)
5月02日(木) 神奈川・パシフィコ横浜(横浜国際平和会議場)
5月11日(土) 広島・広島グリーンアリーナ(広島県立総合体育館)
5月12日(日) 広島・広島グリーンアリーナ(広島県立総合体育館)
5月18日(土) 東京・日本武道館
5月19日(日) 東京・日本武道館
5月28日(火) 大阪・大阪城ホール
5月29日(水) 大阪・大阪城ホール
6月04日(火) 石川・金沢歌劇座
6月05日(水) 石川・金沢歌劇座
6月15日(土) 福岡・マリンメッセ福岡
6月16日(日) 福岡・マリンメッセ福岡
6月23日(日) 新潟・新潟県民会館
6月24日(月) 新潟・新潟県民会館
6月29日(土) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
6月30日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
7月05日(金) 鹿児島・鹿児島市民文化ホール第一
7月06日(土) 鹿児島・鹿児島市民文化ホール第一
7月13日(土) 愛知・ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
7月14日(日) 愛知・ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
7月20日(土) 大阪・京セラドーム大阪
7月21日(日) 大阪・京セラドーム大阪

<チケット料金>
全席指定¥8,200(税込)
※6歳未満入場不可
『KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY TOUR』ファンサイト会員チケット先行
・京セラドーム大阪会員特別一次先行
2018年10月23日(火)14:00〜2018年10月28日(日)14:00
・会員一次先行(京セラドーム大阪・大阪城ホール・日本武道館公演を除く全国会場を対象)
2018年11月2日(金)14:00〜2018年11月7日(水)14:00
※会員二次先行、日本武道館会員先行、大阪城ホール会員先行は後日実施予定



【関連リンク】
コブクロ、結成の地である大阪でのストリートライブで全6曲約45分のパフォーマンス!
コブクロまとめ

【関連アーティスト】
コブクロ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ライブ, ライブレポ, レポート













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1