歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年10月30日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/11/08
2018/11/07
2018/11/06
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
クリトリック・リス、クラウドファンディングでアルバムを完全自主制作
Tue, 30 Oct 2018 21:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

クリトリック・リスが10月29日に渋谷LOFT9で開催されたトークイベント『クリトリック・リス日比谷野音 決起集会Vol.2 〜スギム49歳誕生日〜』で、約2年ぶりとなる新作アルバムを自身初のクラウドファンディングで制作することを発表した。

この日49歳の誕生日を迎えたクリトリック・リスは、野音ワンマンのきっかけを作った後藤まりこを迎えたトーク内で、“胸を張ってミュージシャンと言える最高のCDを作りたい”と明かし、楽曲のトラック制作からミックス、マスタリング、流通、宣伝などを自分の力で行なうことを宣言。そのために100万円の制作資金を集めるクラウドファンディングを実施することを発表した。

約2年ぶりとなる新作アルバムは完全自主制作となり、すでにライブで披露されている曲をはじめ、新曲が収録される予定とのことだ。さらに『訳あって世に出す事が出来ない幻の音源集』や『クリトリック・リス主催の栗貴族のオープニングアクト出場権』など、クラウドファンディングでしか手に入らない限定リターンなどが用意されている。気になる人はぜひチェックしてみよう。

■【クリトリック・リス コメント】

「自分の音楽を妥協せずに皆さんにお届けしたい。ライブでお馴染みの曲も音源作品として新たにアレンジを加え生まれ変わります。メジャーが関わった過去2作品とは全く違うアプローチにより名作を生み出しますのでよろしくお願いします」

【クラウドファンディング詳細】

新アルバム制作プロジェクト『もうイロモノと言わせない!胸張ってミュージシャンと言える最高のCDを作りたい。クリトリック・リス』
支援募集期間:2018年10月29日 22時00分 〜 2019年1月10日 23時59分
※プロジェクトURL https://wefan.jp/crowdfunding/projects/clitoric

『クリトリック・リス 50th 生誕ワンマン』

2019年4月20日(土) 東京・日比谷野外大音楽堂
<チケット>
全席指定 ¥3,000
クリトリック・リス LINEチケット先行
■受付URL https://ticket.line.me/events/252?utm_source=LTWeb&utm_medium=premiumbanner&utm_content=clitorick&utm_campaign=2018101504
■クリトリック・リス 日比谷野音特設HP https://clitoricris-yaon.site/



【関連リンク】
クリトリック・リス、クラウドファンディングでアルバムを完全自主制作
クリトリック・リスまとめ
後藤まりこまとめ
amazarashi、世界初“検閲解除”必須の「リビングデッド」MVを公開

【関連アーティスト】
クリトリック・リス, 後藤まりこ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, キャンペーン, 発表

amazarashi、世界初“検閲解除”必須の「リビングデッド」MVを公開
Tue, 30 Oct 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

amazarashiが自身初の武道館公演『『朗読演奏実験空間“新言語秩序"』supported by uP!!!』にむけたテーマ曲であり、11月7日にリリースする新曲「リビングデッド」のMVを公開した。先だってオリジナルスマホアプリ上で公開された秋田ひろむ書き下ろしの小説『新言語秩序』に登場する、自由な発言を検閲する自警団“新言語秩序”によって“検閲”されており、楽曲もノイズ混じりという衝撃的なものに仕上がった。

小説『新言語秩序』とは、言葉が規制された世界で言葉の価値を問う物語。テンプレート化された言葉の組み合わせのみで、あらゆるコミュニケーションが行なわれる、自由な発言が規制された世界が舞台だ。自由な発言によって傷つき、言葉を憎み、自由な言葉を取り締まる者。自由な言葉の可能性を信じて、自由な表現に挑み続ける者。相対するふたりの主人公によってつむがれる“言葉”の物語である。

今回発表された“検閲済み”MVは、《同じ空の下で》や《こぼれた涙の数だけ》など、50行以上におよぶ“テンプレ歌詞”で全編埋め尽くされている挑戦的な内容。“テンプレート化された言葉だけの使用を推奨する”という『新言語秩序』の行動理念にのっとった表現となっている。この歌詞は産業技術総合研究所(佃 洸摂 研究員、後藤 真孝 首席研究員)が研究開発した“典型的歌詞フレーズ生成技術”を応用し、20万曲分もの日本語の歌詞を統計的に解析することで自動生成された“典型的なフレーズ”をベースに、独自に制作されたものとのことだ。

MVに施された“検閲”は、オリジナルスマホアプリ『新言語秩序』で解除することができる。“検閲解除済み”MVは、何者かに連れ去られた女性が閉鎖空間の中で、彼女の脳内にあるテンプレートを逸脱した楽曲である「リビングデッド」に上書きされるという洗脳を受けて悶え苦しむ、“検閲済み”MVよりもさらに過激な内容に仕上がっている。さらに女性の洗脳シーンだけではなく、秋田ひろむ本人が“再教育”に抵抗しながら歌う様子も描かれている。

amazarashiが立ち上げた『「新言語秩序」プロジェクト』とは、小説『新言語秩序』を中心とし、楽曲やライブ演出にとどまらず、現実世界の中でオーディエンスがさまざまなカタチで継続的に『新言語秩序』の世界を体験するという新しい表現作品群である。今回公開するミュージックビデオもその一環であり、ニューシングル「リビングデッド」のリリースなど、今後も武道館公演に向けて様々な作品が発表されていく。

■『朗読演奏実験空間“新言語秩序”』特設サイト
http://www.amazarashi.com/newlogosorder/

【オリジナルスマホアプリ『新言語秩序』】

・iOS版URL http://itunes.apple.com/jp/app/%e6%96%b0%e8%a8%80%e8%aa%9e%e7%a7%a9%e5%ba%8f%e3%80%80amazarashi%20%e6%ad%a6%e9%81%93%e9%a4%a8%e5%85%ac%e6%bc%94/id1438907255?mt=8
・android版 URL https://play.google.com/store/apps/details?id=com.amznlo

【「リビングデッド」テンプレ歌詞バージョン】

あと少しだけでいい
声を聞かせてよ
時計の針が止まったまま
いつだって君のことを
感じていたの

どこまでも続く道を
ずっと一緒にいて
いつものように君が
こぼれた涙の数だけ
話をしてた

静かに目を閉じ
探してたのは
10年後の未来

強い風に吹かれ
確かなものは何もない
まだ見ぬ世界へと
辿り着いたの

同じ空の下で
今日もまた君に
ごめんねと言って
ふと目を閉じて
終わらない夢を見ていた

時は流れてく
深い闇に包まれ
変わりゆく街の中で
電話のベルが鳴る

気付かないふりして
嘘をついてきた
怖いものなんてないよ
二人の心には
抱えきれないほどの愛

悲しみの中で君を見て
約束の場所へと続く道
永遠に続く道を歩いてく

上を向いて歩いた道は
まぶしい太陽が昇るまでは
瞳を閉じてもいいよね
一緒にいてもいいよね

切ないよね君のことを
そうさ君のことを
ああ 君のこと
思い出すよ君のこと

涙がこぼれてくの
まっすぐに見つめていたの
遥かな空には
夜空に浮かぶ月の光が
キラキラと輝いているの

少年は今もまだ知らないまま
きらめく星の数だけ強く
溢れ出す涙の数だけ
命の限りに叫んでも
もう何もないのにね

ちっぽけな僕の心には
あふれる想いを伝えたいことが
心からあなたを愛している

朝日が昇るまではまだ
物語は続いてくのさ

シングル「リビングデッド」

2018年11月7日発売



【初回生産限定盤】(CD+GOODS)
スペシャルボックス仕様
AICL-3590〜3591/¥2,130+税
<収録曲>
1. リビングデッド
2. 月が綺麗
3. 独白(検閲済み)
4. リビングデッド -instrumental-
5. 月が綺麗 -instrumental-
◎グッズ:新言語秩序バリケードテープ

予約はコチラ
・Loppi・HMV限定セット(ネックストラップ付): http://www.hmv.co.jp/newsdetail/article/1809131006/
・TOWER RECORDS: https://tower.jp/item/4785806/
・TSUTAYA ONLINE: http://shop.tsutaya.co.jp/cd/product/4547366376975/
・amazon: https://www.amazon.co.jp/dp/B07HH46MR2/
・楽天books: https://books.rakuten.co.jp/rb/15611774/
・Sony Music Shop: https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?site=S&cd=AICL000003590&cid=os-AICL000003590



【通常盤】(CD)
AICL-3592/¥1,185+税
<収録曲>
1. リビングデッド
2. 月が綺麗
3. 独白(検閲済み)

『amazarashi 武道館公演『朗読演奏実験空間“新言語秩序”』supported by uP!!!』

11月16日(金) 東京・日本武道館 ※SOLD OUT



【関連リンク】
amazarashi、世界初“検閲解除”必須の「リビングデッド」MVを公開
amazarashiまとめ
TWEEDEES、アルバム『DELICIOUS.』収録曲「美しい歌はいつも悲しい」MV公開

【関連アーティスト】
amazarashi
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV

TWEEDEES、アルバム『DELICIOUS.』収録曲「美しい歌はいつも悲しい」MV公開
Tue, 30 Oct 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10月31日に3rdアルバム『DELICIOUS.』をリリースする沖井礼二(Ba)と清浦夏実(Vo)によるポップグループ・TWEEDEESが、同作にも収録している新曲「美しい歌はいつも悲しい」のMVを公開した。

スピード感のあるリズムの中で、清らかに流れ出る清浦の透き通ったヴォーカルが非常に印象的な本楽曲。MVは清浦のソロショットのみで構成されたミニマルな作りになっており、神々しいまでの清浦の表現力に照明の美しさが相まって一瞬たりとも目の離せない作品となっている。

また、TWEEDEESの制作期間中に沖井がソロプロジェクトとして続けてきたイベントLIVE『沖井塾』の第4回目の開講を発表! 毎回若いミュージシャンとのセッションにより、TWEEDEESとは一味違った沖井礼二塾長を楽しめるイベントとなっているのでこちもぜひチェックしてほしい。

■【沖井礼二(Ba)コメント】

※『沖井礼二presents押忍!沖井塾 vol.4』について
「「ポップス/ロックは若い人のもの」という持論を展開しながらもすでに若者ではない沖井礼二が若く有能なミュージシャンたちと知恵を分け合うイベント「押忍!沖井塾」。
あれよあれよの第四講、開講決定。
TWEEDEESの渾身のサードアルバム『DELICIOUS.』を命からがら完成させた沖井礼二が夢見心地でお送りするひと時。
今回もポップス/ロックのさらなる深淵を覗きます。ぜひ」

『沖井礼二presents押忍!沖井塾 vol.4』

11月27日(火) 東京・下北沢THREE
<出演>
沖井礼二(TWEEDEES)、黒田隆憲(音楽ライター)
沖井塾バンド:bass 沖井礼二、vo.伶菜(POLLYANNA)、gt.クロサワ(POLLYANNA)、key.井上薫(Blue Peppers)、dr.村野瑞希(ザ・なつやすみバンド)
<チケット>
前売り¥3,000(1ドリンク別) 学割¥2,000(1ドリンク別)
当日¥3,500(1ドリンク別) 学割¥2,500(1ドリンク別)
*ご入場時に身分証明書のご提示願います
予約アドレス:ticket3@toos.co.jp
お問い合わせ:THREE 03-5486-8804

アルバム『DELICIOUS.』

2018年10月31日発売



COCP-40536/¥3,000(税抜)
<収録曲>
01. DELICIOUS.
02. 花束と磁力
03. 少年の見た夢は
04. 昼夜逆転の歌
05. エトワールはオルゴールの中で
06. Medley: 東京は夜の七時〜21世紀の子供達
07. 不機嫌なカプチーノ
08.美しい歌はいつも悲しい
09.間違いだらけの神様
10. 作戦前夜

アナログEP『”A Medley” e.p.』

2018年11月17日発売



TYO7S1011/¥1,500(税抜)
<収録曲>
SIDE A Medley: 東京は夜の七時〜21世紀の子供達
SIDE B 作戦前夜



【関連リンク】
TWEEDEES、アルバム『DELICIOUS.』収録曲「美しい歌はいつも悲しい」MV公開
TWEEDEESまとめ
沖井礼二まとめ
清浦夏実まとめ
XTEEN、SAKI(Mary\'s Blood)全面参加のシングル「ROMANTICIST」を発売

【関連アーティスト】
TWEEDEES, 沖井礼二, 清浦夏実
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV

XTEEN、SAKI(Mary\'s Blood)全面参加のシングル「ROMANTICIST」を発売
Tue, 30 Oct 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年2月結成の黒服系ホラーパンク・アイドルユニット、XTEEN(クリスティーン)がメンバーチェンジを経た新体制による2枚目の全国流通音源「ROMANTICIST」を10月31日(水)に発表した。前作以上に“ホラーパンク”に寄せたという今作では、生ドラムと生ベースのリズム隊に加え、前作同様ギタリストにSAKI(Mary\'s Blood)が全曲に参加している。

今作のリリースパーティーとして11月01日(木)には東京・新宿LOFT公演も決定しており、会場にてCDを購入すると“全員サイン入り「ROMANTICIST」ジャケットステッカー”のプレゼントも! 詳細はオフィシャルTwitterでのアナウンスをチェックしてほしい。

スティーヴン・キングのホラー小説『Christine』の影響を元に命名されたXTEEN。国内のアンダーグラウンドGOTHシーンに強い影響を残し、現在も活動するロックバンド・SPEED-iDのEUROがプロデュースと全作曲を手がけ、“ホラーパンク・メタルコアなどの音と世界観をスタイリッシュに表現する黒服系ガールズユニット”というコンセプトで活動中。GASTUNKの「DEVIL」を入場SEにprotoolsシステムを持ち込み、生のバンドサウンドを再現した爆音ライブが注目を集めている。

2018年2月の結成から約半年、始動時よりのオリジナルメンバー姫草雛奈子と、5月に加入した楔條詩苑に加え、新たに平成墓嵐のゆりあんぬ(ex.最終未来兵器mofu)が加入。現在のラインナップはこの3名となっている。ラウドル/ガールズメタル・シーンの新たなアイコンとなる、XTEEN(クリスティーン)の新体制による活動に注目だ。

シングル「ROMANTICIST」

2018年10月31日発売



BMBC-10002/¥926+税
<収録曲>
01.ROMANTICIST
02.Alice The Ripper
03.Living Dead Doll

Produced by EURO (SPEED-iD)
ギタリストにSAKI(Mary\'s Blood)参加
販売元:株式会社MPDビーエムドットスリー

『「ROMANTICIST」RELEASE PARTY』

11月01日(木) 東京・新宿LOFT
<出演>
mikicco、藤田恵名、飯塚理珠(from PINKYCASE)、FLOWLIGHT、リリィカオナ、XTEEN、Aphrodite
<チケット>
ADV¥2900/DOOR¥3400(DRINK代別¥600)

◎予約特典
当たり付き集合ランチェキ
私立栗栖天学園校章バッジ(ご予約先着順)
◎CD会場購入限定特典
全員サイン入り「ROMANTICIST」ジャケットステッカー



【関連リンク】
XTEEN、SAKI(Mary\'s Blood)全面参加のシングル「ROMANTICIST」を発売
XTEENまとめ
SAKIまとめ
Mary\'s Bloodまとめ
LEO今井、アルバム『VLP』レコ発ツアーに向けた連載型プレイリストを公開

【関連アーティスト】
XTEEN, SAKI, Mary\'s Blood
【ジャンル】
J-ROCK, 女性アイドル, ニュース, CD, シングル, 新曲, パンク

LEO今井、アルバム『VLP』レコ発ツアーに向けた連載型プレイリストを公開
Tue, 30 Oct 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LEO今井が、最新アルバム『VLP』を掲げたツアー『VLP Horse Power Tour』に向けて、ツアー初日までに計4回の更新を行なう連載型のプレイリスト『VLP Horse Power Playlist 1』を公開した。

第1回目となる今回は、Primus、KORN、Faith No More、Cathedralといった90年代のロックやメタルに、PrinceやParliamentのファンクネスまでをも含んだ、まさに『VLP』を彷彿させる内容だ。第2回目の『VLP Horse Power Playlist 2』は、11月10日頃の更新が予定されているのでこちらも楽しみに待ちたい。

なお、アルバム『VLP』もSpotifyやApple Musicなど配信サービスで楽しめるので、ぜひこの機会にチェックしておこう。ツアーは、12月3日の大阪・Shangri-La公演を皮切りに全4都市で開催される。

■プレイリスト 『VLP Horse Power Playlist 1 』詳細

1. New Roses - Leo Imai
2. Electric Uncle Sam - Primus
3. Redefine - Incubus
4. Good God - KORN
5. Ugly In The Morning - Faith No More
6. Thorn In My Side - Quicksand
7. Sickening - Meshuggah
8. Texan Book Of The Dead - Clutch
9. Midnight Mountain - Cathedral
10.Give Up The Funk (Tear The Roof Off The Sucker) - Parliament
11.Controversy - Prince
12.Blow Your Mind - Jamiroquai
13.Sarigenai - Leo Imai

■プレイリストURL
https://open.spotify.com/user/k04nbty79f3sbe9d1xacdjrq5/playlist/08e01d8WYzZrTpCCUK4Plx?si=3jSREC1zSTOP7vGWSVCCWg

『VLP Horse Power Tour』

※LEO IMAI(LEO今井、岡村夏彦、シゲクニ、白根賢一)
12月03日(月) 大阪・ UMEDA SHANGRI-LA
12月05日(水) 福岡・the Voodoo Lounge
12月07日(金) 東京・SHIBUYA WWW
12月13日(木) 北海道・BESSIE HALL

アルバム『VLP』

発売中



COCP-40400/¥3,000+税
<収録曲>
01.Wino
02.Bite
03.Fresh Horses
04.Tiffany
05.Sarigenai
06.New Roses
07.On Videotape
08.Real
09.Car Alarm
10.Need To Leave

■アルバム『VLP』配信URL
Spotify:http://open.spotify.com/album/4NzbngLZ0kaQqw2VRCfiBn
Apple Music:https://geo.itunes.apple.com/jp/album/id1369835720?mt=1&app=music

アナログ盤『VLP』

2018年12月12日発売



JSLP104/¥3,426(税抜)
<収録曲>
■Side A
1. Wino
2. Bite
3. Fresh Horses
4. Tiffany
5. Sarigenai
■Side B
1. New Roses
2. On Videotape
3. Real
4. Car Alarm
5. Need To Leave

◎iTunes
https://geo.itunes.apple.com/jp/album/id1369835720?app=itunes
◎予約受付『JET SET Online』
https://www.jetsetrecords.net/i/824005507209/



【関連リンク】
LEO今井、アルバム『VLP』レコ発ツアーに向けた連載型プレイリストを公開
LEO今井まとめ
10-FEET、アルバム『Fin』の流れを汲んだライブ映像作品のジャケ写公開

【関連アーティスト】
LEO今井
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, ライブ, ツアー

10-FEET、アルバム『Fin』の流れを汲んだライブ映像作品のジャケ写公開
Tue, 30 Oct 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10-FEETが12月5日(水)にリリースするライブBlu-ray&DVD『OF THE KIDS, BY THE KIDS, FOR THE KIDS! VII』のジャケット画像を公開! 2017年リリースしたアルバム『Fin』からの流れを汲んでおり、アルバムではマフィンにフィンが刺さっていたが、今回はDVDが刺さっており、初回生産限定盤と通常盤で異なるデザインとなっている。

併せて、今作の発売に先駆けて行なわれる特別先行上映会のチケットとBlu-rayまたはDVDがセットとなった商品に付属する限定特典“DVDジャケット・アクリルキーホルダー”の画像も公開された。この特典付きの商品は、10月30日(火)23:59で受付が締め切られる“U-CONNECT先行受付(抽選)”での申し込みが必要となるのでこのチャンスは見逃せないところだ。なお、11月18日(日)に全国8都市の映画館で開催される上映会のチケットも、抽選のU-CONNECT先行が10月30日(火)で受付終了となるのでぜひチェックを!

この上映会で放映される映像は、ライブBlu-ray&DVDのダイジェスト編集版に留まらず、西日本豪雨の影響により残念ながら中止となってしまった2018年の『京都大作戦』の模様や、このために特別に撮り下ろしされた「RIVER」と「シガードッグ」のスタジオLIVEセッション、さらに新撮となるメンバー・インタビューなど、本作には収録されない映像を満載した“超スペシャル版”を、映画館の大画面と大音量で堪能することができる。

Blu-ray & DVDはアルバム『Fin』を引っ提げて行われた、全61箇所に及ぶ全国ツアー『10-FEET "Fin" TOUR 2017-2018』より、2018年2月22日にZepp Tokyoで行われたワンマンライブの模様全27曲を収録。Blu-ray、DVDともに、通常盤にたったのプラス199円(税抜)で手に入る初回生産限定盤には、2018年6月11日に沖縄・桜坂セントラルで行なわれたツアー最終公演のダイジェストと、その翌日にツアー大打ち上げとして行なわれた船上パーティーの模様も含むオフショット映像が追加収録されるので、ファンならずとも“初回盤一択”だろう。

Blu-ray & DVD『OF THE KIDS, BY THE KIDS, FOR THE KIDS! VII』

2018年12月5日発売



【Blu-ray 初回生産限定盤】
UPXH-29029/¥4,999+税
【DVD 初回生産限定盤】
UPBH-29079〜80/¥3,999+税

<収録曲> ※Blu-ray / DVD共通
〈『10-FEET “Fin” TOUR 2017-2018』2018年2月22日(木)Zepp Tokyoより〉
01.1 size FITS ALL
02.火とリズム
03.SHOES
04.fast edge emotion
05.2%
06.十二支
07.JUNGLES
08.Fin
09.風
10.月 〜sound jammer せやな〜
11.FUTURE
12.super stomper
13.back to the sunset
14.4REST
15.夢の泥舟
16.STONE COLD BREAK
17.太陽4号
18.アンテナラスト
19.VIBES BY VIBES
20.goes on
21.蜃気楼
22.1sec.
23.ヒトリセカイ
24.その向こうへ
25.RIVER
26.JUST A FALSE! JUST A HOLE!
27.hammer ska

※初回生産限定盤のみ追加収録内容(Blu-ray / DVD共通)
『10-FEET “Fin” TOUR 2017-2018』2018年6月11日(月)沖縄・桜坂セントラル、ライブ・ダイジェスト+船上パーティーの模様も含む沖縄オフショット映像。



【Blu-ray 通常盤】
UPXH-20074/¥4,800+税
【DVD 通常盤】
UPBH-20229〜30/¥3,800+税

【先行上映会概要】

11月18日(日) 札幌・札幌シネマフロンティア
11月18日(日) 仙台・MOVIX仙台
11月18日(日) 東京・新宿バルト9
11月18日(日) 名古屋・ミッドランドスクエアシネマ
11月18日(日) 京都・MOVIX京都
11月18日(日) 兵庫・MOVIXあまがさき
11月18日(日) 福岡・Tジョイ博多
11月18日(日) 長崎・ユナイテッド・シネマ長崎

<上映内容>
Blu-ray&DVD『OF THE KIDS, BY THE KIDS, FOR THE KIDS! VII』のダイジェスト編集版のみならず、2018年の京都大作戦当日の模様や新たに撮り下ろしされたスタジオLIVE2曲、メンバーによるトーク・セッションなど、未公開映像満載の『超スペシャル版』を上映。
※メンバーによる舞台挨拶はございません。

<チケット>
1.鑑賞チケット¥2,300(税込)+初回盤Blu-ray¥5,399(税込)+購入者特典=¥7,699(税込)
2.鑑賞チケット¥2,300(税込)+初回盤DVD¥4,319(税込)+購入者特典=¥6,619(税込)
3.鑑賞チケットのみ¥2,300(税込)
※1、2の特典は、商品発送時に同梱致します。
※1公演4枚までお申込み頂けます。
※購入者特典:DVDジャケット・アクリルキーホルダー
※未就学児童入場不可
※全席指定
■U-CONNECT先行受付(抽選)
10月20日(土)18:00〜10月30日(火)23:59
※お1人様4枚まで /未就学児童入場不可
◎詳細はこちら http://www.uconnect-ticket.jp/artist/10-feet



【関連リンク】
10-FEET、アルバム『Fin』の流れを汲んだライブ映像作品のジャケ写公開
10-FEETまとめ
Mrs. GREEN APPLE、アベンジャーズに変身!? ハロウィーンイベントにてマーベル愛を語る

【関連アーティスト】
10-FEET
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray, 特典, チケット, 映画

Mrs. GREEN APPLE、アベンジャーズに変身!? ハロウィーンイベントにてマーベル愛を語る
Tue, 30 Oct 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ハロウィーン熱が高まる週末の10月26日(金)27日(土)、東京・マイナビBLITZ赤坂でライブイベント『インフィニティ ハロウィーンナイトSupported by 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』 MovieNEX』が開催され、アベンジャーズをこよなく愛する人気アーティストたちが顔をそろえて、ファンの目の前で熱気あふれるパフォーマンスを繰り広げた。

10月27日はオープニングでMrs. GREEN APPLEの5人がアベンジャーズの仮装をして登場! 大森元貴(Vo&Gu)がアイアンマン、若井滉斗(Gu)がスパイダーマン、山中綾華(Dr)がブラック・ウィドウ、藤澤涼架(Key)がソー、?野清宗(Ba)がキャプテン・アメリカの扮装でステージに現われ、超満員の客席からは歓声が巻き起こる。アイアンマンの大森が光る右手をかざしてポーズを決めたり、大森とキャプテン・アメリカの?野が向かい合って対決し『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の名場面を再現したりするなど、ノリノリで仮装を楽しんでいた。

もともとMrs. GREEN APPLEは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』をメンバー全員で見たというほどのマーベル好き。終演後にも同作について“冒頭からラストまであまりに衝撃的で、日常ではありえないほどの喪失感に打ちのめされました”(大森)、”キャプテン・アメリカが出てくるところは興奮してニヤニヤ。衝撃だけじゃないかっこよさもありました”(若井)と口々に熱く感想を語った。

さらに東京カランコロンと坂口有望も参加。東京カランコロンはマーベルの映画は全作見ているという熱烈なファンの“かみむー氏”(Dr)を中心に、マーベル愛を表現。『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の感想は“アベンジャーズはアクションが派手というイメージだったけれど、最強の敵サノスが出てきたことで物語がぐっと深くなり、いろんなことを考えさせられました”とかみむー氏。ハロウィーンにしてみたい仮装は、かみむー氏が『ガーディアン・オブ・ギャラクシー』のスター・ロード、“いちろー”(ヴォーカル/ギター)と“せんせい”(ヴォーカル/キーボード)がスパイダーマン、“おいたん”(ギター/コーラス)がハルク、“佐藤全部”(ベース)が『ガーディアン・オブ・ギャラクシー』のグルートとのこと。

また、現役高校生の坂口有望はアントマンが推しヒーロー。身長1.5cmのミクロなヒーローに、10代のシンガーソングライターという最年少の立場で活動してきた自分を重ね合わせているという。挑戦してみたい仮装については“Mrs. GREEN APPLEの山中さんがしていたブラック・ウィドウに憧れますが、大好きなアントマンの相棒ワスプもやってみたい”と言って笑顔を見せた。

前日26日にはヒップホップ界を牽引するSALU、SWAY、AK-69がパフォーマンス。子供の頃からアメコミ好きだというSALUは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の壮大で衝撃的な展開をドキドキしながら見たという。好きなヒーローはハルクだが、“ハロウィーンに仮装するならアイアンマン”とチョイス。“パワードスーツを着れば顔がわからなくなるのがいいですよね。その格好で渋谷に行っちゃいます(笑)”と冗談まじりにコメントした。

SWAYのお気に入りキャラクターは『ブラックパンサー』に主人公のライバルとして登場するキルモンガー。映画を鑑賞した日にキルモンガーと同じグリル(歯に着けるアクセサリー)を注文したというほど好きで、この日のステージでもそれを着けて登場した。当然、ハロウィーンにしてみたい仮装もキルモンガーで、“『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が『ブラックパンサー』の続きの物語と聞いて、ますます見たくなりました”と語る。

そして、AK-69はハロウィーンにしたい仮装としてアイアンマンを選んだ。“装備するメカニックが面白い。近い将来、技術の力でアイアンマンのように空を飛べるんじゃないかという感じがして、そのリアルさにワクワク。男心をくすぐられますね”と語った。両日ともエンディングでアイアンマンとキャプテン・アメリカがステージに出現し、参加アーティストや客席のファンとともに記念撮影をする場面も。この様子がSNSで拡散されるなど、音楽ファンとマーベルファンがクロスし、大きな盛り上がりを見せた。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、MovieNEX、4K UHD MovieNEX、4K UHD MovieNEXプレミアムBOX(数量限定)、4K UHD ムービー・コレクション(初回限定)で発売中。関連商品全てに初回限定で豪華特典ブルーレイ付きとなっており、デジタルでも配信中だ。

(c) 2018 MARVEL



【関連リンク】
Mrs. GREEN APPLE、アベンジャーズに変身!? ハロウィーンイベントにてマーベル愛を語る
Mrs. GREEN APPLEまとめ
東京カランコロンまとめ
坂口有望まとめ
SALUまとめ

【関連アーティスト】
Mrs. GREEN APPLE, 東京カランコロン, 坂口有望, SALU, SWAY, AK-69
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray, レポート

vistlip、アルバム『STYLE』詳細解禁&リード曲「[glider]」MV公開
Tue, 30 Oct 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

vistlipが11月28日にリリースする、通算6枚目のアルバム『STYLE』の全貌が明らかになった。結成10周年の2017年に2カ月連続リリースした「It」「Timer」、そしてこの夏の話題のアニメ『千銃士』のEDを飾った「BLACK MATRIX」のシングル群に加え、新たに書き下ろされた11曲のバラエティ溢れる新曲をフィーチャー。今回は敢えて世界観を決定付ける明確なコンセプトを持たずに制作され、バンドが持つ音楽性の振り幅の大きさを存分に楽しめる作品となっている。

パッケージは3タイプを同時発売! LIMITED EDITION盤付属のDVDには、お馴染みの"ROUGH the vistlip"を収録し、今回のテーマは“アクション大好きvistlip”。メンバーが殺陣やワイヤーアクションなど、様々なアクションを体を張って挑戦する姿は必見だ。vister盤付属のDVDには、アルバムのリードトラック「[glider]」のMVとメイキング映像を収録。CDのみのlipper盤にはTohya(Dr)作曲の「 And The Beauty. 」が追加される。

そして今作からリードトラック「[glider]」のMVが早くも公開! ミスマッチな場所での演奏シーンがどこかコミカルで印象深い映像となっている。また最新のアーティスト写真も同時公開され、今回もビジュアルを手掛けるリーダーの海(Gu)からコメントも届いているので、こちらも併せてチェックしてほしい。

■【海(Gu)コメント】

「前回とは違った形での悪そうなストリート感が今回の衣装のテーマ。一人一人で見るとバラバラ、だけど5人揃った時にはバランスが取れる様に組みました。STYLEの楽曲が出揃った時に僕が初めに思った印象をそのまま形にしたつもりです。思っていた以上にうまい事仕上げる事が出来たと思ってます。写真の質感はここ1〜2年くらいのものとは少し意図的に変えてあります。収録曲を全て聴いてもらえれば全てがぴったりハマるんじゃないかな、と思っています」

アルバム『STYLE』

2018年11月28日発売



【LIMITED EDITION(初回生産限定盤)】(CD+DVD)
MJSA-01257〜8/¥3,600+税
※初回生産仕様:メンバートレーディングカード(全10種類)
<収録曲>
■CD
01.New ERA
02.Timer
03.And The Beast.
04.[glider]
05.ELIZA
06.My Name is #Think.
07.Original Words Complex [album ver.]
08.INPUT
09.chapter:NOVEL
10.HONEYCOMB
11.BLACK MATRIX
12.Hey You!
13.It
14.OVER TIME
■DVD
ROUGH the vistlip 〜アクション大好きvistlip〜



【vister】(CD+DVD)
MJSA-01259〜60/¥3,600+税
※初回生産仕様:メンバートレーディングカード(全10種類)
<収録曲>
■CD
01.New ERA
02.Timer
03.And The Beast.
04.[glider]
05.ELIZA
06.My Name is #Think.
07.Original Words Complex [album ver.]
08.INPUT
09.chapter:NOVEL
10.HONEYCOMB
11.BLACK MATRIX
12.Hey You!
13.It
14.OVER TIME
■DVD
「 [glider]」 music video + making



【lipper】(CD)
MJSA-01261/¥3,000+税
※初回生産仕様:メンバートレーディングカード(全10種類)
<収録曲>
■CD
01.New ERA
02.Timer
03.And The Beast.
04.[glider]
05.ELIZA
06.My Name is #Think.
07.Original Words Complex [album ver.]
08.INPUT
09.chapter:NOVEL
10.HONEYCOMB
11.BLACK MATRIX
12.Hey You!
13.It
14.OVER TIME
15.And The Beauty.※(lipperのみ収録)


『New ERA STYLE』

12月02日(日) 福岡・福岡BEAT STAION
12月08日(土) 石川・金沢EIGHT HALL
12月09日(日) 大阪BIG CAT
12月14日(金) 宮城・仙台RENSA
12月17日(月) 北海道・札幌ペニーレーン24
12月22日(土) 愛知・名古屋DIAMOND HALL
12月26日(水) 東京・新木場STUDIO COAST
<チケット>
※一般発売中!
■e+ http://eplus.jp/vistlip/
■ぴあ http://w.pia.jp/t/vistlip18/
■ローソン https://l-tike.com/vistlip/



【関連リンク】
vistlip、アルバム『STYLE』詳細解禁&リード曲「[glider]」MV公開
vistlipまとめ
『JACK IN THE BOX 2018』第1弾出演アーティストとしてMUCC、シドなど4組が解禁

【関連アーティスト】
vistlip
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, CD, アルバム, リリース

『JACK IN THE BOX 2018』第1弾出演アーティストとしてMUCC、シドなど4組が解禁
Tue, 30 Oct 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月27日(木)日本武道館にて『平成最後の年末緊急招集!! MAVERICK DC GROUP PRESENTS JACK IN THE BOX 2018 〜LAST BUDOKAN〜』が開催されることが分かった。本イベント『JACK IN THE BOX』はMAVERICK DC GROUP主催のライヴイベント。2007年にイベント名が『天嘉』から『JACK IN THE BOX』となってから2011年の武道館まで5年連続で開催し、夏の公演なども含め計10回の公演を行なってきた。今回の開催は2016年以来2年ぶりとなる。

まず第1弾出演アーティストとして発表されたのは、前身イベント『天嘉』から出演し続け、タフなライヴパフォーマンスで国内外から高い評価を得るMUCC。そして『JACK IN THE BOX』には過去フル出演、華麗なステージングとキャッチーな楽曲で日本のロックシーンを牽引するシド。自由な音楽性と洗練されたヴィジュアルで定評のあるユナイト。ストイック且つ攻撃的なスタイルはV系随一とも称されるDEZERTの4組。そして10年に渡り数々の伝説的セッションを生み出したMDC SUPER ALL STARSの4バンド1セッションも発表となった。

前身イベント『天嘉』時代より、様々な組み合わせで伝説に残るセッションが頻繁に行なわれてきた日本武道館で、今回はどんな名演、怪演が繰り広げられるのか全く予想がつかない。しかし、今回も『JACK IN THE BOX』というタイトル通り、“びっくり箱”のごとく観るものを驚かせてくれるのは間違いないだろう。さらに、2018年はシドの結成15周年イヤーにも重なっているので、なおさら待せざるを得ない。

今回の『JACK IN THE BOX 2018』は“〜LAST BUDOKAN〜”というサブタイトルもついており、“LAST”が“改修前最後の武道館”という意味なのか、はたまた別の意味を持っているのか。何かが起こる“最後”の武道館に注目しよう。

■『平成最後の年末緊急招集!! MAVERICK DC GROUP PRESENTS JACK IN THE BOX 2018 〜LAST BUDOKAN〜』

12月27日(木) 東京・日本武道館
<出演>
DEZERT / シド / MUCC / ユナイト / MDC SUPER ALL STARS and more…

<チケット>
全席指定・前売¥7,500(税込)
※4歳以上有料
※出演者の変更に伴うチケットの変更、払い戻しはできません。ご了承ください。
※営利目的の転売禁止
■出演者FC先行予約
10月31日(水)12:00〜11月06日(火)23:00
※シド / MUCC / ユナイトのFC会員の方は、各FCからのお知らせの通りにお申込みください。
■出演者ホームページ先行予約
10月31日(水)12:00〜11月06日(火)23:00
※DEZERTのオフィシャルホームページをご覧の上、お申込みください。
■ローソンチケット最速プレリクエスト
11月07日(水)12:00〜11月13日(火)23:00
受付URL:https://l-tike.com/jitb2018/



【関連リンク】
『JACK IN THE BOX 2018』第1弾出演アーティストとしてMUCC、シドなど4組が解禁
DEZERTまとめ
シドまとめ
MUCCまとめ
ユナイトまとめ

【関連アーティスト】
DEZERT, シド, MUCC, ユナイト
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表

音楽界に革命を起こしたマイケル・ジャクソンや貞子、伽椰子が出演する聖飢魔IIなどホラーMVをピックアップ
Tue, 30 Oct 2018 18:00:00 +0900


10月のイベントといったらなんと言ってもハロウィン! 魔女やおばけに仮装したり、かぼちゃの中身をくり抜いたジャック・オー・ランタンを飾り付けたりと日本でも毎年盛り上がるイベントにちなんで、今回はホラーにスポットを当てたMVを5本紹介していきます。

■「Thriller」(‘82) /Michael Jackson

マイケル・ジャクソンがゾンビとダンスをするシーンが特に有名で、おそらく観たことのない人はほとんどいないであろう「Thriller」。MVとしては異例の長さを誇る13分強、そして総製作費はなんと1億円以上という特大スケールの作品で、その作り込まれた演出も発表当時から大きな注目を集めた。特殊メイクによって変身したマイケルのゾンビ姿や、彼女役を演じる女優のオーラ・レイのリアルな演技は強い恐怖感をあたえる出来に。長尺の中、マイケルが踊り続けるキレキレのダンスも圧巻のひと言だ。ゾンビたちとの息の合ったチームワークも完璧で、この映像が革命的だと言われる所以もうなずける。

■「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」(‘16) /聖飢魔II

映画『貞子 vs 伽椰子』の主題歌として書き下ろされた「呪いのシャ・ナ・ナ・ナ」は、へヴィなサウンドとキャッチーなメロディーが融合したミドルナンバー。MVでは映画本編に登場する貞子、伽椰子、そして伽椰子の息子である俊雄も登場し、原作同様、その存在感で強烈なインパクトを植え付けている。さらに聖飢魔IIの代わりに彼女らが楽器を演奏しているシーンも! 映画では想像もできないアグレッシブなスタイルで演奏している姿は怖いというよりも、むしろカッコ良い…。サビでは前述した「Thriller」のゾンビダンスを思わせる“シャ・ナ・ナ・ナダンス”が披露されており、幽霊を思い起こさせるような手をだらりと下げる仕草など凝った演出がなされている。

■「Dance Tonight」(‘07) /Paul McCartney

10月31日より来日ツアーをスタートさせるポール・マッカートニーから、2007年にリリースしたシングル「Dance Tonight」のMVをピックアップ。女優のナタリー・ポートマンや俳優のマッケンジー・クルックが出演していることで話題を呼んだこのMVは、ポールが演奏するマンドリンに合わせて洋服や額縁の格好をした幽霊が登場し、その元気に動き回る姿がなんとも楽しげ。それまで実体があったポールがマンドリンを奪われたことで幽霊になってしまい、身体が物をすり抜けていくシーンも印象的だ。煙と鏡の特殊効果で生み出されたという幽霊はどこかノスタルジックな感じで、ホラーが苦手な人にもおすすめ。

■「FAKE DIVINE」(‘18)/HYDE

最後にハロウィンにぴったりな最新MVをご紹介。HYDE発案による『不思議の国のアリス』をモチーフとしたハロウィン仕様の作品で、地下で一年中ハロウィンを行なっている魔物たちの世界が描かれている。ジョーカーやマッドハッターに扮するHYDEが「FAKE DIVINE」を歌い、マッドな姿のうさぎやハートの女王などといったお馴染みのキャラクターたちが怪しくうごめく様子は、まるで観てはいけないものを観てしまったかのよう。ラストの地下に引きずり込まれるシーンは、一度はまってしまったらなかなか抜け出せないこの楽曲の中毒性を表しているようにも感じる。

TEXT:鈴木 瞬



【関連リンク】
音楽界に革命を起こしたマイケル・ジャクソンや貞子、伽椰子が出演する聖飢魔IIなどホラーMVをピックアップ
Michael Jacksonまとめ
聖飢魔IIまとめ
Paul McCartneyまとめ
HYDEまとめ

【関連アーティスト】
Michael Jackson, 聖飢魔II, Paul McCartney, HYDE
【ジャンル】
J-ROCK, 洋楽, ニュース, 連載コラム, 気になるワードでディグる! 〇〇なMV, ミュージックビデオ, MV, シングル, アルバム

Perfume、過去最大規模となる海外ツアーの詳細を発表
Tue, 30 Oct 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ニューアルバム『Future Pop』を携えて全国アリーナツアーを行なっているPerfumeが、2019年3月よりスタートするアジア・北米ツアー『Perfume WORLD TOUR 4th「FUTURE POP」』の詳細を発表した。

アジアは台湾公演のほか初の上海公演を開催し、北米では以前にもツアーで訪れたことのあるニューヨーク、シカゴ、ロサンゼルスに加え、初上陸となるトロント・シアトル・ダラス・サンノゼを含む7都市を巡る、過去最大規模の海外ツアーだ。アジアツアーは2014年の『Perfume WORLD TOUR 3rd』以来約4年半振りとなり、北米ツアーは『Perfume 6th Tour 2016 『COSMIC EXPLORER』』以来約2年半振りの開催となる。

また、アジア・北米ツアー詳細発表と同時に、Perfume Global siteもリニューアルオープン! このサイトでは、Perfumeがこれまでに行なってきたライヴ、ミュージックビデオ、Website、モバイルアプリなど様々なプロジェクトを中心に、近年Perfumeがテクノロジーと身体表現の融合や、観客とパフォーマーの関係性を更新することへのチャレンジが紹介されているので、こちらもぜひチェックしてほしい。

■Perfume Global Site
http://perfume-global.com/

■【Perfume コメント】

「2年ぶりのワールドツアーが決定しました!
初めて行く都市もある過去最大規模のワールドツアーでやる気満々です!!長い長いツアーになるので、行っとる間にアメリカナイズされて“ジェスチャー過剰女達”で帰ってくるかもしれません 笑。
8月にリリースしたアルバム『Future Pop』がエレクトロチャート20ヶ国1位になりました。このアルバムをメインに、今私たちが最高にカッコいいと思うライブを海外でも更新していきたいと考えています。
たくさんのファンの方と会えるのを楽しみにしています!!
ライブで会いましょう♪」

■『Perfume WORLD TOUR 4th 「FUTURE POP」』

<2019年>
3月02日(土) 台湾・台湾大学体育館(台大體育館1樓)
3月30日(土) New York・HAMMERSTEIN BALLROOM
4月02日(火) Toronto・QUEEN ELIZABETH THEATRE
4月05日(金) Chicago・CHICAGO THEATRE
4月07日(日) Dallas・THE BOMB FACTORY
4月10日(水) Seattle・PARAMOUNT THEATRE
4月17日(水) San Jose・CITY NATIONAL CIVIC
4月19日(金) Los Angeles・ACE THEATRE
※上海公演については、詳細が決まり次第、随時Perfumeオフィシャルサイトおよびツアー特設サイトで発表予定。

■ツアー特設サイト
http://www.perfume-web.jp/cam/FUTUREPOP/world/

『Perfume 7th Tour 2018 「FUTURE POP」』

※開催終了分は割愛
11月03日 (土・祝) 北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
11月04日 (日) 北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
11月19日 (月) 愛知・日本ガイシホール
11月20日 (火) 愛知・日本ガイシホール
12月11日 (火) 神奈川・横浜アリーナ
12月12日 (水) 神奈川・横浜アリーナ
12月23日 (日・祝) 福岡・マリンメッセ福岡
12月24日 (月・休) 福岡・マリンメッセ福岡
12月28日 (金) 神奈川・横浜アリーナ
12月29日 (土) 神奈川・横浜アリーナ
12月31日 (月) 神奈川・横浜アリーナ
※Perfumeファンクラブ『P.T.A.』会員限定 カウントダウンライブ
※12月31日(月)は深夜公演のため、神奈川県青少年保護育成条例により、18歳未満の方は20歳以上の方が同伴でもご入場いただけません。
<チケット>
前売:全席指定¥8,100(税込)
※4歳以上はチケットが必要、3歳以下のお子様はご入場不可となります。
※当日座席番号発券システムを実施いたします。
■詳細はツアー特設サイトをチェック! http://www.perfume-web.jp/cam/FUTUREPOP/

アルバム『Future Pop』

発売中



【通常盤】(CD+Blu-ray)
UPCP-1003/¥3,980 (税込)
【通常盤】(CD+DVD)
UPCP-1004/¥3,600 (税込)
<収録曲>
■CD
01. Start-Up
02. Future Pop
03. If you wanna
04. TOKYO GIRL
05. FUSION
06. Tiny Baby
07. Let Me Know
08. 超来輪
09. 無限未来
10. 宝石の雨
11. 天空
12. Everyday
■通常盤特典 Blu-ray、DVD
・TOKYO GIRL -Video Clip-
・If you wanna -Video Clip-
・Everyday -Video Clip-
・無限未来 -Video Clip-
・Let Me Know -Video Clip-
・Perfumeのただただラジオが好きだからレイディオ! 3



【関連リンク】
Perfume、過去最大規模となる海外ツアーの詳細を発表
Perfumeまとめ
葉月(lynch.)、ソロ公演『奏艶』チケット即完

【関連アーティスト】
Perfume
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 発表, ツアー

葉月(lynch.)、ソロ公演『奏艶』チケット即完
Tue, 30 Oct 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

12月01日(土)にNEW PIER HALLで開催されるlynch.のボーカル葉月の単独公演『奏艶』がチケット発売直後、1部・2部共に即完売した。

この公演は葉月によるソロライブで、ストリングスやピアノを取り入れたクラシカルな内容になっており、1部は14時半開演、2部は18時半開演を予定している。

また、lynch.が現在開催しているlynch.全国ツアー『Xlll -THE BEAUTIFUL NIGHTMARES-』は残り2公演となったが、ハロウィン当日・10月31日(水)に開催されるなんばHacth公演のチケットは残りわずかとなっている(1階席のみ販売中)。ファイナルとなる11月04日(日)のTOKYO DOME CITY HALL公演のチケットは完売していたが、急遽、注釈付指定席(当日引換券)の発売が決定。チケットは数量限定にて発売中で売り切れ次第終了となる。

lynch.は12月31日(月)に毎年恒例イベント『lynch.COUNTDOWN LIVE「2018-2019」』、12月29日(土)には『COUNTDOWN JAPAN 18/19』への初出演も決まっており、年末に向けてさらに盛り上がりそうだ。

【ライブ情報】

葉月 単独公演『奏艶』 ※SOLD OUT!
12月01日(土) 東京・NEW PIER HALL
1部:開場 14:00 / 開演 14:30
2部:開場 18:00 / 開演 18:30

『TOUR\'18「Xlll -THE BEAUTIFUL NIGHTMARES-」』
10月31日(水) 大阪・なんばHatch
11月04日(日) 東京・TOKYO DOME CITY HALL ※TOUR FINAL

『COUNTDOWN JAPAN 18/19』
12月29日(土) 千葉・幕張メッセ国際展示場1〜11ホール、イベントホール
※詳細 http://countdownjapan.jp/

『COUNTDOWN LIVE「2018-2019」』
12月31日(月) 愛知・Zepp Nagoya

Blu-ray&DVD『13th ANNIVERSARY -Xlll GALLOWS- [THE FIVE BLACKEST CROWS] 18.03.11 MAKUHARI MESSE』

発売中



【Blu-ray】
KIXM-331/¥7,000+税
※初回プレス分のみフォトブック付き特殊パッケージ仕様
【DVD】
KIBM-734/¥5,000+税

アルバム『Xlll』

発売中



【数量限定豪華盤】(2CD+Blu-ray)
KICS-93733/¥8,300+税
※16.5inch CLEAR SLEEVE + DIGIPAK + 40P SPECIAL BOOKLET
【初回限定盤】(CD+DVD)
KICS-93735/¥3,500+税
※OUTER SLEEVE + DIGIPAK
【通常盤】(CD)
KICS-3733/¥3,000+税



【関連リンク】
葉月(lynch.)、ソロ公演『奏艶』チケット即完
葉月(lynch.)まとめ
lynch.まとめ
FUKI、AbemaTV『私の年下王子さま』テーマ曲&挿入歌を担当!「あと少しだけ」先行配信&MV公開!

【関連アーティスト】
葉月(lynch.), lynch.
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド

FUKI、AbemaTV『私の年下王子さま』テーマ曲&挿入歌を担当!「あと少しだけ」先行配信&MV公開!
Tue, 30 Oct 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

FUKIの「ホンモノの恋、はじめませんか?」が、11月03日(土)夜10時よりレギュラー放送を開始するAbemaTV恋愛リアリティーショー『私の年下王子さま Winter Lovers』のテーマ曲に、そしてデビュー曲の「キミじゃなきゃ」が挿入歌に決定した。

この2曲はFUKIがデビュー当初にリリースしたラブソングだが、2018年7月に放送を開始した『私の年下王子さま』番組内でも起用されていることから、番組視聴者を中心に再度話題となっている。

12月05日(水)にラブソング決定盤ともいえるニューアルバム『IN LOVE』の発売も決定しているFUKI。ボーナストラックとして「ホンモノの恋、はじめませんか?」「キミじゃなきゃ」のリマスター音源も収録。また7月と9月にリリースし、LINE MUSICで2冠達成した人気のラブソング「星が降る夜」「大切なひと」や、クリス・ハートの名曲を初めてオフィシャルカバーした「I LOVE YOU」など、ラブソングだけが詰まった全13曲入りの内容に仕上がっている。

アルバム収録曲より11月09日(金)に先行配信される「あと少しだけ」のミュージックビデオも公開されたので合わせてチェックしてほしい。

■「ホンモノの恋、はじめませんか?」「キミじゃなきゃ」他、FUKIのラブソング視聴
https://jvcmusic.lnk.to/fuki_artist

AbemaTV恋愛リアリテーショー
『私の年下王子さま Winter Lovers』

女性なら誰もが一度は憧れる年下男子との、運命の恋。眠れる恋心を呼び覚ましてくれる【年下王子】は、きっとココにいる!!この番組は、ピュアな美少年=年下王子と年の離れたオトナ女子が出逢って恋をする奇跡の恋愛リアリティーショー。まっすぐで嘘のない誠実な恋心をぶつけてくる美少年たち。彼らはまさに、恋の年下王子さま。その脈ありサイン、本気にしていいの?とびっきり甘くて切ない、恋の駆け引きに、揺れて乱れるオトナ女子たちの戦いがついに、新章へと突入!新たな王子とオトナ女子たちが、ふたたび禁断の恋に堕ちていく…。

<放送日時・概要>
放送日時:毎週土曜夜10:00〜11:00
■初回(#1) 放送:11月03日(土)夜10:00〜11:00
https://abema.tv/channels/abema-special/slots/EEd8uWNxCkHvAs
■事前特番「年下王子凝縮SP」:11月03日(土)夜9:00〜10:00
https://abema.tv/channels/abema-special/slots/EEd8upDEQzZ2HD

放送チャンネル:AbemaSPECIALチャンネル
MC: 木下優樹菜
ゲスト:青山テルマ、佐藤友祐(lol)
ナレーション:中村悠一
テーマ曲:FUKI「ホンモノの恋、はじめませんか?」
挿入歌:FUKI「キミじゃなきゃ」
エンディング曲:SILENT SIREN「Melty」

◎年下王子 新シーズン 最新映像を独占公開!イケメン年下男子を比べてみました?
https://www.youtube.com/watch?v=q8FYdveUsng&feature=youtu.be

【FUKIレギュラーLINE LIVE】

ニューアルバム『IN LOVE』の発売を記念して初のLINE LIVEレギュラー化が決定!!  10月から放送スタート。隔週火曜日21時〜FUKIレギュラーLINE LIVEを放送中。

<放送スケジュール>
11月06日(火) 夜9時〜 
視聴予約:https://live.line.me/channels/517/upcoming/9556877
11月20日(火) 夜9時〜 
視聴予約:https://live.line.me/channels/517/upcoming/9556884

アルバム『IN LOVE』

2018年12月5日(水)発売



【CD】
VICL-65066/¥2,800(税込)
【配信】
¥1,900(iTunes価格)
<収録曲>
M-01. 星が降る夜 (Remastered)
M-02. あと少しだけ
M-03. 大切なひと (Remastered)
M-04. I LOVE YOU
M-05. サヨナラ、あいしてる。
M-06. Christmas Time Again
M-07. All For You
M-08. シアワセ
M-09. 思い出になる前に -Silent Starry Night- (Remastered)
M-10. In Love
M-11. キミじゃなきゃ (Remastered) ※
M-12. ホンモノの恋、はじめませんか? (Remastered) ※
M-13. I LOVE YOU -SPICY CHOCOLATE REMIX - (Remastered) ※
※Bonus Track

◎ M-2「あと少しだけ」11月09日(金)、各ダウンロードサイト・サブスクリプションサービスにて先行配信決定!!さらに同日、iTunesプレオーダーがスタート。アルバム発売前日(12月4日)までにiTunes Storeにてニューアルバム『IN LOVE』をご予約頂いたお客様には、特典音源「あと少しだけ -Acoustic Ver.-」をプレゼント。



【関連リンク】
FUKI、AbemaTV『私の年下王子さま』テーマ曲&挿入歌を担当!「あと少しだけ」先行配信&MV公開!
FUKIまとめ
SILENT SIREN、ニューシングル「Go Way!」の先行配信スタート&ダンスを披露したMVも公開

【関連アーティスト】
FUKI
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 配信, 主題歌

SILENT SIREN、ニューシングル「Go Way!」の先行配信スタート&ダンスを披露したMVも公開
Tue, 30 Oct 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SILENT SIRENが自身のデビュー日でもある11月14日(水)にリリースするニューシングル「Go Way!」の先行配信がスタートした。

iTunesでは4曲入りシングルを購入すると、オリコン週間初登場3位を記録したライブ映像作品『天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 〜“Girls will be Bears"TOUR〜 @豊洲PIT』と、同公演から「19 summer note.」のライブ音源が特典として付属する。

また、同曲のMUSIC VIDEOも公開された。カラフルで疾走感溢れるCGを背景に、演奏だけでなくキャッチーな振付のダンスを披露するメンバーにも注目だ。こちらも合わせて要チェック!

■「Go Way!」 ダウンロード&ストリーミング

iTunes: http://po.st/bdGoWay_it
Apple Music: http://po.st/bdGoWay_am
レコチョク: http://po.st/trGoWay_re
LINE MUSIC: http://po.st/trGoWay_lm
Spotify: http://po.st/trGoWay_sp

※期間は10月30日(火)より11月11日(月)まで

シングル「Go Way!」

2018年11月14日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-89397/¥1,759+税
※トールサイズパッケージ仕様
※メンバーインタビュー入りSPECIAL LEAFLET (12P)
<収録曲>
■CD
1.Go Way!
2.クリームソーダ
3.Melty
■DVD
「Go Way!」Music Video
Behind the scenes of 「Go Way!」



【通常盤(シンカリオン盤)】(CDのみ)
UPCH-89398/¥1,204+税
※初回プレスのみシンカリオン・オリジナルイラストジャケット(メンバーイラスト有り)ステッカー付き
<収録曲>
1.Go Way!
2.クリームソーダ
3.Melty
4.「Go Way!」(カラオケ・バージョン)



【ファンクラブ限定盤】(CD+DVD+GOODS)
※受付終了しました。

【ライブ情報】

11月01日(木) 明治学院大学学園祭
11月03日(土祝) 大分大学学園祭
11月04日(日) 熊本大学学園祭
11月23日(金祝) 岡山文理大学学園祭
11月24日(土) 松山大学学園祭

『SILENT SIREN 年末スペシャルライブ2018「平成最後だョ!サイファミ全員集合!!」』
12月30日(日)  神奈川県・横浜文化体育館
年末スペシャルライブ2018のチケット購入はこちらから
http://r.y-tickets.jp/silentsiren1803_sp



【関連リンク】
SILENT SIREN、ニューシングル「Go Way!」の先行配信スタート&ダンスを披露したMVも公開
SILENT SIRENまとめ
DAY6、“ワールドクラス”のパフォーマンスを見せつけた一夜

【関連アーティスト】
SILENT SIREN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 配信, 主題歌, エンディング

DAY6、“ワールドクラス”のパフォーマンスを見せつけた一夜
Tue, 30 Oct 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2015年9月に発売されたデビューアルバム『The Day』がアメリカのビルボードワールドアルバムチャートで2位を記録。2018年3月14日には読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『リピート〜運命を変える10か月〜』主題歌にも抜擢されたシングル「If 〜また逢えたら〜」で日本デビューを果たした韓国発の5ピースバンド“DAY6”が、6月から韓国を皮切りにアジア、オーストラリア、カナダ、アメリカ、ヨーロッパを周るワールドツアーを敢行。10月にJAPAN 1stアルバム『UNLOCK』をリリースした彼らは、『DAY6 2nd LIVE TOUR in JAPAN “UNLOCK”』を開催。その東京公演が、10月24日(水)東京・マイナビBLITZ赤坂にて行なわれた。

韓国の音楽シーンというと、ヴォーカルやダンスを主体としたアイドルグループを真っ先に思い浮かべる人が多いかもしれない。しかしバンドシーンに目を向けると、洋楽のスケール感とメロディアスな要素を追従しながら独自の進化を遂げた良質なバンドが数多く存在する。そんな中、若手バンドの注目株として脚光を浴びているのがDAY6である。前回の来日が6月の東京・大阪公演のみだと考えると、仙台、東京、名古屋、福岡、大阪を周る今回のツアーは驚くべきスケールアップと言える。

ソールドアウトとなった会場は、開演前から登場を待ちわびるファンたちの熱気に包まれている。客電が落ち、SEなしでメンバーがステージに登場するとフロアから大歓声が上がる。ライヴはアルバム『UNLOCK』と同じく「Live Your Life」からスタート。扉が開かれるような壮麗なロックビートと、イントロから大合唱を誘う展開はまさに日本でのライヴを想定しており、確かな意志を持ったソンジン(Vo&Gu)の図太いバッキングと、真っ白なキャンパスに色彩豊かな絵を描くようなジェイ(Gu&Vo&Rap)のリードプレイが絶妙なコントラストを生み出し、バンド全体に立体的な音像をもたらしている。

一方のリズム隊であるヨンケイ(Ba&Vo&Rap)とドウン(Dr)は、リズムをタイトに刻む堅実なプレイ。派手なプレイで魅せるというよりも、楽曲の世界観に寄り添うことで豊潤なグルーヴを担っている。「My Day」や「Better Better」のようにダイナミクスがついた楽曲では、ウォンピル(Key&Syn&Vo)がキーボードやシンセサイザーを駆使したきらびやかなフレーズで、まさに調味料的な役割で彩りを加える。その楽曲が求める景色によって、それぞれのパートが出たり引いたり、絡み合ったりほどけたりして、ロマンチックなその歌を鮮明に浮かび上がらせているのだ。

ピアノロック、ポップス、エモ、ロックンロール、オルタナティブ、はてはR&Bやファンクのようなブラックミュージックまで、多彩なジャンルを自由に行き来する懐の深い音楽性は、メンバー自身が作詞作曲を手掛け、4人がメインヴォーカルを取るという形態に起因する部分が大きい。その楽曲のどれもが圧倒的な生命力で聴く者の胸を打つのは、メロディーの素晴らしさ、そして卓越した歌唱力に他ならない。その強みが顕著に表れているのがバラードだ。

冬の空のような侘しさと美しさをまとったピアノバラード「When you love someone」や、ソンジンのロングサステインとジェイの繊細なアルペジオという2本のギターが織りなすフレーズから、5人の楽器が渾然一体となって押し寄せるサビへとなだれ込む「Goodbye winter」など、聴き手の脳裏にいくつものサウンドスケープを刻み込む。徐々に緊張が解けてきたのか、アルバム『UNLOCK』に収録された「Nobody Knows」ではジェイとヨンケイはエモーショナルに体を揺らしながら楽曲を表現する。

また、今回のMCをすべて日本語で挑戦しているのにも好感が持てた。“皆さんアルバムは聴いてくれましたか? “UNLOCK”というタイトルには音楽のジャンルにとらわれずに、もっと自由に歌を聴かせたいという思いが込められています”とヨンケイが流暢な日本で話したかと思えば、“みんなの笑顔が本当にビューティフルで好きです”とドウンもアピール。ジェイのことを“モデルみたいで羨ましい”と突っ込んだり、日本語で無邪気にやりとりする姿は見ているだけでほっこりしてしまう。

“そんなビューティフルなみんなに送る曲です”とヨンケイが話したあと、ソンジンがアコースティックギターに持ち替えての「Beautiful Feeling」「I\'m Serious」を披露。DAY6の歌詞観に触れると、主人公は決して強くたくましくクレバーであるとは言い難いが、少年が持つ神秘性と青年が持つ叙情性をはらんでいて、それを個性豊かなヴォーカリストたちが歌うことで息吹が吹き込まれるかのように躍動しはじめる。真っ直ぐに届くソンジンの声、甘く人懐っこいジェイの声、豊かな倍音を感じさせるヨンケイの声、艶やかで憂いを帯びたウォンピルの声、時折登場するドウンの声もスモーキーで味わいがあり、自由自在に歌唱がスイッチしたり流麗なコーラスが加わることで、車窓からの景色のように新しい世界が次々と目の前で繰り広げられる。フロントの4人が横並びにセッティングされた理由も納得だ。

“次は誰でもロックンロールになれる曲です”とソンジンが宣言すると、ジェイの軽快なカッティングとともに手拍子が沸き起こった「Everybody Rock!」、ベースラインがうねるように鳴り響く「What Can I Do」、EDMの趣も感じさせるダンサブルなロックチューン「Somehow」、イントロが流れた瞬間に大歓声とともにフロアが大きく波打った妖艶な「Shoot Me」など、プレイヤーとしてのバイタリティが開花した攻撃的な楽曲を立て続けに投下。

終盤は、日本デビュー曲の「If 〜また逢えたら〜」、日本2ndシングルの「Stop The Rain」、日本テレビ系『ダウンタウンDX』の11〜12月度エンディングテーマにも決定した「Breaking Down」など、日本のファンにとっても馴染み深い楽曲を披露。特に「Stop The Rain」は生形真一(Nothing’s Carved In Stone、ELLEGARDEN)がプロデュースを手掛けた楽曲ということもあり、これまでDAY6のサウンドでは見られなかったワウやオクターバー、フランジャーといったギターエフェクトも果敢に取り入れ、“静”から“動”へと振り切るようなダイナミックな音像で圧倒。

盛大なアンコールに迎えられ、再度ステージに登場したメンバー。彼らのデビュー曲「Congratulations」ではこの日一番の大合唱が起こり、メンバーも思わず“フー!”と唸るほどの一体感に包まれる。自分のもとを去った愛する人の残像に苛まれ、その悲哀を吐露した珠玉のバラード「You Were Beautiful」では、荘厳さえも感じさせるコーラスワークで空間をドラマティックに色付けてみせた。

そして、メンバーから日本語でファンに向けた感謝の気持ちが述べられる。“6月に東京と大阪で初ワンマンライヴをして、今こうやって全国ツアーができているのは皆さんのおかげです。ありがとうございます”(ソンジン)、“今回のツアーでは皆さんと思い切り盛り上がりたかったのですが、それができてとても幸せです”(ジェイ)、“日本デビューしてまだ6カ月ですが、いろんな経験ができて皆さんと会う機会も増えてすごく嬉しいです”(ウォンピル)、“これからも僕たちDAY6のことをもっともっと愛してくださいね。その気持ちに応えられるように頑張ります”(ヨンケイ)、“今日は来てくださって本当にありがとうございます。楽しすぎて帰りたくないです! 今日はDAY6の夢を見てくださいね。約束ですよ”(ドウン)と少し照れながら話し、ラストはパーティの締め括りに相応しいゴキゲンなナンバー「DANCE DANCE」で幕を閉じた。

どのシーンを切り取ってもクライマックスのような熱量で、文字通り“ワールドクラス”のパフォーマンスをやってのけたDAY6。世界を周る旅(ツアー)の途中だが、遠くない未来に世界を席巻することを確信させるには十分すぎるステージだった。

Text by 溝口元海
Photo by ヤマダマサヒロ

アルバム『UNLOCK』

発売中



【初回限定盤】(CD+DVD)
WPZL- 31524/5/¥3,500+税
<収録曲>
■CD ※各形態共通
01. Live Your Life
02. Breaking Down
03. Stop The Rain
04. Say Hello
05. Everybody Rock!
06. I Just
07. Nobody Knows
08. Falling
09. If 〜また逢えたら〜
10. Baby, it\'s okay
■DVD
01. 「Breaking Down」Music Video
02. DAY6 JAPAN 1st ALBUM「UNLOCK」Making Video
03. 「If 〜また逢えたら〜」 Music Video Another Ver.
04. 「Stop The Rain」 Music Video Another Ver. 

◎初回限定盤・通常盤 (初回プレスのみ)共通特典
トレーディングカード
※5種類のうち1枚ランダム封入   



【通常盤】(CD)
WPCL-12947/¥3,000+税



【ピクチャーレーベル盤】(CD)
・SUNGJIN ver.:WPCL-12948/¥2,200+税
・JAE ver.:WPCL-12949/¥2,200+税
・YOUNG K ver.:WPCL-12950/¥2,200+税
・WONPIL ver.:WPCL-12951/¥2,200+税
・DOWOON ver.:WPCL-12952/¥2,200+税

◎ピクチャーレーベル盤特典(初回プレスのみ)
トレーディングカード封入
※各ピクチャーレーベル盤のメンバーと同一メンバーのトレーディングカード封入



【関連リンク】
DAY6、“ワールドクラス”のパフォーマンスを見せつけた一夜
DAY6まとめ
グドモ企画『HACHIDORI天狗祭』に稲村太佑(アルカラ)、a crowd of rebellion、愛はズボーンが出演決定

【関連アーティスト】
DAY6
【ジャンル】
K-POP, ライブ・フェス, ニュース, ライブ

グドモ企画『HACHIDORI天狗祭』に稲村太佑(アルカラ)、a crowd of rebellion、愛はズボーンが出演決定
Tue, 30 Oct 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

グッドモーニングアメリカが、12月22日(土)に八王子で行なわれるサーキットイベント『HACHIDORI天狗祭サーキット』の出演アーティスト第2弾として愛はズボーン、a crowd of rebellion、そして金廣真悟プロデュースのアコースティックステージにバンドとも親交が深いアルカラの稲村太佑の出演を発表した。

本公演は、結成10周年アニバーサリー企画『グッドモーニングアメリカからの10くらいの恩返し』の11個目に発表されたイベント。八王子発のロックバンドが全国で多数活躍していることを背景に、そのバンドたちの夢を通じて街自体を活力漲るものにするため、市内で活動するロックバンドなど約100組以上を集め3年連続で開催されているサーキットイベント『HACHIOJI ROCK DREAM(通称:HACHIDORI)』と、グッドモーニングアメリカが主催するフェス『八王子天狗祭』がガッチリ協力し、八王子RIPS、Match Vox、papaBeatの3会場を使用して初開催を迎える。

グッドモーニングアメリカは11月14日に発売されるニューアルバム『!!!!YEAH!!!!』のレコ発ツアーとして3年ぶりとなるワンマンツアー『みんなで!!!!YEAH!!!! ONE-MAN tour 2019』の開催も発表しており、今後の活動からますます目が離せない。まずは各情報の詳細をチェックして、お近くの会場に足を運んでほしい。

■『グッドモーニングアメリカ pre. HACHIDORI天狗祭サーキット』

日程:12月22日(土)
会場:八王子RIPS/八王子Match Vox/八王子papaBeat
※3会場にて開催

<出演>
グッドモーニングアメリカ、a flood of circle、THE イナズマ戦隊、OCEANS、感覚ピエロ、Slimcat、超能力戦士ドリアン、Bentham、POT、a crowd of rebellion(New!)、愛はズボーン(New!) 他
■アコースティックステージ
金廣真悟、山岸健太、らせん。a.k.a 上里洋志(Half-Life)、わたなべたいすけ(D.W.ニコルズ)、稲村太佑(アルカラ)(New!) 他

<チケット>
前売¥3,980(サン・キュー・ハチ・テン価格)
※e+にて一般発売中

アルバム『!!!!YEAH!!!!』

2018年11月14日(水)発売



【初回限定盤】(2CD)
COCP-40533/4/¥3,600(税込)
※DISC 1のプレイパス封入
<収録曲>
■DISC 1
1.YEAH!!!!
2.夢のマルティール
3.むすんでひらいて
4.Tonight Tonight
5.永遠に
6.ベツレヘムの星
7.悲しみ無き世界へ
8.寝ていらんないな
9.ゴールライン
10.I\'m thinking of you
11.ヒカリイロトリドリ
12.明日また
13.想像の果てへ
■DISC 1
『Shingo Kanehiro WORKS I』
1.それはスポットライトではない
2.やさしさに包まれたなら
3.嘲笑
4.言葉にならない(acoustic ver.)
5.餞の詩(original lyrics & acoustic ver.)
6.喝采(piano ver.)



【通常盤】(CD)
COCP-40535/¥3,000(税込)
※DISC 1のプレイパス封入
<収録曲>
1.YEAH!!!!
2.夢のマルティール
3.むすんでひらいて
4.Tonight Tonight
5.永遠に
6.ベツレヘムの星
7.悲しみ無き世界へ
8.寝ていらんないな
9.ゴールライン
10.I\'m thinking of you
11.ヒカリイロトリドリ
12.明日また
13.想像の果てへ

『みんなで!!!!YEAH!!!!ONE-MAN tour 2019』

<2019年>
1月12日(土) 千葉 千葉LOOK
1月13日(日) 群馬 前橋DYVER
1月19日(土) 長崎 DRUM Be-7
1月20日(日) 福岡 DRUM SON
2月02日(土) 茨城 水戸LIGHT HOUSE
2月03日(日) 宮城 仙台enn 2nd
2月09日(土) 岡山 津山K2
2月10日(日) 兵庫 MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
2月11日(月・祝) 京都 GROWLY
2月16日(土) 新潟 新潟CLUB RIVERST
3月09日(土) 神奈川 横浜BAYSIS
4月20日(土) 愛知 名古屋CLUB QUATTRO
4月21日(日) 大阪 梅田CLUB QUATTRO
4月29日(月・祝) 東京 渋谷CLUB QUATTRO
https://goodmorningamerica.jp/contents/204878



【関連リンク】
グドモ企画『HACHIDORI天狗祭』に稲村太佑(アルカラ)、a crowd of rebellion、愛はズボーンが出演決定
グッドモーニングアメリカまとめ
愛はズボーンまとめ
a crowd of rebellionまとめ
アルカラまとめ

【関連アーティスト】
グッドモーニングアメリカ, 愛はズボーン, a crowd of rebellion, アルカラ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 出演, ライブ, ツアー

MUCC、「TIMER」のMVをGYAO!にて独占配信スタート
Tue, 30 Oct 2018 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

MUCCの楽曲「TIMER」のMVが動画配信サイト『GYAO!』にて独占先行配信開始となった。

「TIMER」は7月にリリースされたシングル「時限爆弾」に収録されている1曲だ。MVの製作総指揮は、ジャケットも担当していたKei Kamachi (RFA digital brains Inc.) が担当し、この曲が持つアンニュイながらもどことなく醸す悲しさ儚さをクールに表現した仕上がりになっている。ライヴではすでに何度も観ている夢烏(MUCCファンの呼称)も多いだろうが、このMVを見て新たな「TIMER」を発見してみてほしい。MVを観て改めてライヴを観ると、より一層この楽曲への理解が深まるだろう。

MUCCは2019年1月からDEZERTとのツーマンツアーも控えており、ライヴを観るチャンスも多いはず。この機会にぜひ合わせてチェックしてみてはいかがだろうか。

■「TIMER」MV 配信ページ
https://gyao.yahoo.co.jp/player/00456/v09584/v0957400000000541290/

【ライヴ情報】

『MUCC 2018 Lock on snipe Tour #3「北陸型収監6days」』
12月15日(土) 福井 CHOP
12月16日(日) 富山 MAIRO
12月18日(火) 石川 金沢AZ 
12月19日(水) 石川 金沢AZ 
12月22日(土) 新潟 LOTS
12月23日(日) 新潟 LOTS

『【Is This The “FACT"?】TOUR 2019』
出演:MUCC / DEZERT
1月07日(月)  福岡 BEATSTATION
1月08日(火)  福岡 BEATSTATION
1月10日(木)  大阪 STUDIO PARTITA
1月11日(金)  大阪 STUDIO PARTITA
1月15日(火)  東京 恵比寿LIQUIDROOM
1月16日(水)  東京 恵比寿LIQUIDROOM
1月29日(火)  東京 恵比寿LIQUIDROOM
1月30日(水)  東京 恵比寿LIQUIDROOM



【関連リンク】
MUCC、「TIMER」のMVをGYAO!にて独占配信スタート
MUCCまとめ

【関連アーティスト】
MUCC
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表, ツアー













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1