歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年10月27日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/11/05
2018/11/04
2018/11/03
2018/11/02
2018/11/01
2018/10/31
2018/10/30
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
ハルカトミユキ、アニメ『色づく世界の明日から』仕様の「17才」 MV公開
Sat, 27 Oct 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ハルカトミユキの新曲「17才」(『色づく世界の明日から』OP ver.)MVが公開された。

「17才」は11月17日にリリースするニューシングルのタイトル曲で、アニメ『色づく世界の明日から』のオープニングテーマとなっており、同MVではアニメの映像が使用されている。

シングル「17才」は通常盤と期間限定アニメ盤の2形態でリリース。通常盤にはタイトル曲をはじめ、先行配信中の「朝焼けはエンドロールのように」、歌人の穂村弘が歌詞を提供した「そんな海はどこにもない」の全3曲が収められる。期間限定アニメ盤のCDには同3曲と「17才」のピアノバージョン、Blu-rayにはアニメのノンクレジット版オープニング映像を収録するほか、ジャケットに『色づく世界の明日から』の主人公・瞳美の描き下ろしイラストが使用される。

シングル「17才」

2018年11月14日発売



【期間限定アニメ盤】(CD+Blu-ray)
AICL-3593/3594/¥1,600(税込)
<収録曲>
■CD
1.17才
2.朝焼けはエンドロールのように
3.そんな海はどこにもない
4. 17才(piano ver.)
■Blu-ray
・アニメ『色づく世界の明日から』オープニング映像

【通常盤】(CD)
AICL-3595/¥1,200(税込)
<収録曲>
1.17才
2.朝焼けはエンドロールのように
3.そんな海はどこにもない



【関連リンク】
ハルカトミユキ、アニメ『色づく世界の明日から』仕様の「17才」 MV公開
ハルカトミユキまとめ
グドモの「YEAH!!!!」動画を作ろう!TikTok×JOYSOUNDコラボ企画スタート

【関連アーティスト】
ハルカトミユキ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, CD, 新曲, オープニング

グドモの「YEAH!!!!」動画を作ろう!TikTok×JOYSOUNDコラボ企画スタート
Sat, 27 Oct 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

グッドモーニングアメリカ、TikTok、JOYSOUNDのコラボレーション企画『「YEAH!!!!」を歌って!繋がってプレミアムカラオケムービーを創ろう!』が10月27日からスタートした。

同企画はグッドモーニングアメリカの6thオリジナルアルバム『!!!!YEAH!!!!』のリリースを記念して行なわれるもので、TikTokで配信中の収録曲「YEAH!!!!」の音源を使用し、オリジナルのカラオケムービーを制作できるほか、ハッシュタグ「#グドモチャレンジ」を付けて投稿された動画はJOYSOUND限定の「YEAH!!!!」カラオケ背景映像として配信される。応募期間は11月9日まで。

なお、企画にあわせてYouTuberとしても活動しているメンバーのたなしんは、TikTokerを目指すべくTikTokアカウントを開設。様々な企画を展開していく予定とのこと。

■TikTok×JOYSOUNDコラボ企画 『「YEAH!!!!」を歌って! 繋がってプレミアムカラオケムービーを創ろう!』

<企画内容>
TikTokで「#グドモチャレンジ」をつけて投稿された作品をすべて使用してグッドモーニングアメリカ「YEAH!!!!」のJOYSOUND限定で配信されるカラオケ背景映像を制作
<応募期間>
2018年10月27日(土)〜11月9日(金)23:59
カラオケ背景映像配信期間:2018年12月上旬〜(予定)
<参加方法>
動画アプリ「TikTok」で配信中のグッドモーニングアメリカ「YEAH!!!!」を使用した動画をハッシュタグ「#グドモチャレンジ」をつけて投稿
<注意事項>
・ハッシュタグで投稿された動画はカラオケムービーで使用されますので予めご了承ください

■たなしんTikTokアカウント
https://t.tiktok.com/i18n/share/user/6613965201401217026/

グッドモーニングアメリカ バンド結成10周年アニバーサリー企画
『グッドモーニングアメリカからの10くらいの恩返し』

一つ「ファン投票で決まるベストアルバム発売」
二つ「たなしん、YouTuberデビュー」
三つ「金廣、弾き語りライブ活性化」
四つ「for better, for worseベストアルバム、1夜限りの復活ライブ敢行」
五つ「ベストアルバム楽曲投票1位のMVをみんなで創ろう!」
六つ「“GMAオールスター感謝祭"開催!」
七つ「the BEST HIT GMA tour 2018 開催決定!」
八つ「渡邊幸一企画W杯日本代表初戦の日に送るサッカー好きの為のイベント“頑張れ日本!!"開催」
九つ「6th オリジナルアルバム『!!!!YEAH!!!!』発売決定」
10個目「BIG & MEEファーストライブでファンが聴きたい曲を募集」
11個目「『HACHIDORI天狗祭サーキット』開催」
12個目「3年振りワンマンツアー『みんなで!!!!YEAH!!!!ONE-MAN tour 2019』開催」

■グッドモーニングアメリカ 結成10周年記念サイト
http://www.gma-10th.com

アルバム『!!!!YEAH!!!!』

2018年11月14日(水)発売



【初回限定盤】(2CD)
COCP-40533/4/¥3,600(税込)
※DISC 1のプレイパス封入
<収録曲>
■DISC 1
1.YEAH!!!!
2.夢のマルティール
3.むすんでひらいて
4.Tonight Tonight
5.永遠に
6.ベツレヘムの星
7.悲しみ無き世界へ
8.寝ていらんないな
9.ゴールライン
10.I\'m thinking of you
11.ヒカリイロトリドリ
12.明日また
13.想像の果てへ
■DISC 1
『Shingo Kanehiro WORKS I』
1.それはスポットライトではない
2.やさしさに包まれたなら
3.嘲笑
4.言葉にならない(acoustic ver.)
5.餞の詩(original lyrics & acoustic ver.)
6.喝采(piano ver.)



【通常盤】(CD)
COCP-40535/¥3,000(税込)
※DISC 1のプレイパス封入
<収録曲>
1.YEAH!!!!
2.夢のマルティール
3.むすんでひらいて
4.Tonight Tonight
5.永遠に
6.ベツレヘムの星
7.悲しみ無き世界へ
8.寝ていらんないな
9.ゴールライン
10.I\'m thinking of you
11.ヒカリイロトリドリ
12.明日また
13.想像の果てへ



【関連リンク】
グドモの「YEAH!!!!」動画を作ろう!TikTok×JOYSOUNDコラボ企画スタート
グッドモーニングアメリカまとめ
KENZO(彩冷える)とYOUSAY(ex. THE KIDDIE)による新ユニットがYouTube番組を開始

【関連アーティスト】
グッドモーニングアメリカ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, コラボレーション, MV, CD, アルバム

KENZO(彩冷える)とYOUSAY(ex. THE KIDDIE)による新ユニットがYouTube番組を開始
Sat, 27 Oct 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ドラマーのKENZO(彩冷える)とギタリストのYOUSAY(ex. THE KIDDIE)による新ユニット“雷兄弟"が、ディレクターにインテツ(彩冷える)を迎えてYouTube番組を開始した。

インテツの奇想天外企画、発案のお題を、日々ミュージシャン活動に忙しいふたりがオフ日返上でこなしていくリアリティ番組となっており、「今日もやっちゃいました。」を番組コンセプトとして、様々なことにチャレンジしていく。

雷兄弟曰く、内容よっては試練とも言われる活動する訳は「収録後の至福の乾杯」をするためだけであるとのことだ。



【関連リンク】
KENZO(彩冷える)とYOUSAY(ex. THE KIDDIE)による新ユニットがYouTube番組を開始
雷兄弟まとめ
彩冷えるまとめ
THE KIDDIEまとめ
dps、マーティ・フリードマンと森丘直樹のギターバトル動画公開!

【関連アーティスト】
雷兄弟, 彩冷える, THE KIDDIE
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース

dps、マーティ・フリードマンと森丘直樹のギターバトル動画公開!
Sat, 27 Oct 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

森丘直樹(dps)とマーティ・フリードマンのギターバトル動画が公開された。

森丘直樹は2017年に大阪で結成された4人組バンドdpsのメンバー。11月7日にリリースするメジャーデビューシングル「タイムライン」のタイトル曲は、TVアニメ『名探偵コナン』のオープニングテーマに起用されている。

コラボレーションのきっかけは木村涼介(dps)が撮影し、Twitterで公開した『名探偵コナン』のテーマソングを演奏する森丘の姿をとらえた映像。寄せられた反響の大きさから「他のギタリストともセッションで共演できたらおもしろいかもね!」と盛り上がり、森丘がリスペクトするマーティ・フリードマンに企画を提案したところ、東京のスタジオに入ることになったという。スタジオではセッションを繰り返し、終了後もメールでやり取りを続け、最終アレンジを完成させたとのこと。

後日、大阪のスタジオで2度目のセッションを敢行。撮影時は数テイクのみ演奏しただけで、2人の集中した状態をそのまま切り取った映像になっている。

なお、dpsは11月17日に堂島リバーフォーラムで開催される『DFT presents 音都 ON TO 〜NEO ROCK from KANSAI〜』に出演する。

■dps オフィシャルTwitter 森丘直樹『名探偵コナン』試奏映像
https://twitter.com/d_p_special/status/1040889363238813696

シングル「タイムライン」

2018年11月7日発売



【初回限定盤】(CD+Photobook)
GZCA-7172/¥1,500+税
<収録曲>
1.タイムライン
2.さよなら愛しい日々よ
3.タイムライン ?Instrumental-



【名探偵コナン盤】(CD)
<収録曲>
1.タイムライン
2.さよなら愛しい日々よ
3.タイムライン ?TV Edit-



【通常盤】(CD)
<収録曲>
1.タイムライン
2.さよなら愛しい日々よ
3.タイムライン ?Instrumental-



【関連リンク】
dps、マーティ・フリードマンと森丘直樹のギターバトル動画公開!
dpsまとめ
Marty Friedmanまとめ
NOW ON AIR、ニューシングルの詳細&最新アーティスト写真公開

【関連アーティスト】
dps, Marty Friedman
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, CD

NOW ON AIR、ニューシングルの詳細&最新アーティスト写真公開
Sat, 27 Oct 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

NOW ON AIRが12月5日にリリースするニューシングル「わたし的Progress」の詳細と最新アーティスト写真が公開された。

プロジェクト2周年を記念してリリースされる「わたし的Progress」は、これまでシングルの作詞を担当していた結城アイラがサウンドプロデューサーを担当。タイトル曲に加え、「restart my resolution」「君が好きで好きでダメだよ」、3曲のオフボーカルバージョンが収録される。発表とあわせ、ジャケット写真も公開となった。

NOW ON AIRは、声優発掘・育成を目的としたプロジェクト『キミコエ・オーディション』で3000人の中から選ばれた飯野美沙子、岩淵桃音、片平美那、神戸光歩、鈴木陽斗実 、田中有紀によって結成。2017年3月にCDデビューし、2ndシングル「キボウノカケラ」は映画『きみの声をとどけたい』のエンディング主題歌となった。

シングル「わたし的Progress」

2018年12月5日発売



LACM-14809/¥1,400+税
<収録曲>
1.わたし的Progress
2.restart my resolution
3.君が好きで好きでダメだよ
4.わたし的Progress(Off Vocal)
5.restart my resolution(Off Vocal)
6.君が好きで好きでダメだよ(Off Vocal)



【関連リンク】
NOW ON AIR、ニューシングルの詳細&最新アーティスト写真公開
NOW ON AIRまとめ
HYDE主宰『HALLOWEEN PARTY』、ついに開幕!

【関連アーティスト】
NOW ON AIR
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, MV, CD, 新曲

HYDE主宰『HALLOWEEN PARTY』、ついに開幕!
Sat, 27 Oct 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

HYDEが主宰する『HALLOWEEN PARTY 2018 supported by XFLAG』が幕張メッセ国際展示場で幕を開けた。

10月26日、27日、28日の3日間にわたって開催されるイベントの初日には、 仮装をほどこした大勢のオーディエンスが集結!

“旬もの担当”と自称するBREAKERZは話題のDA PUMPの衣装とダンス、オープニングをつとめた分島花音はアリスの扮装で歌いながらチェロを演奏。4度目の『HALLOWEEN PARTY』出演となるMY FIRST STORYは『ワンピース』、ももいろクローバーZは「トイストーリー」のキャラクターに扮し、ステージを繰り広げた。

HYDEは『HALLOWEEN PARTY』だけのスペシャルバンドと共に “HYDE with HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA”で登場。Sakura(Dr)がサプライズで参加し、ライヴを披露した。 中盤ではHYDEがチェシャ猫姿にお色直しをして再登場する初の試みも行なわれた。また、ゲストとして山中拓也(THE ORAL CIGARETTES)が登場し、HYDEと3曲を熱唱した。

幕間にはペレ草田がパフォーマンスを披露したほか、来場客の中からHYDEらのお眼鏡にかなった仮装をした オーディエンスだけが出演者と同じステージを歩ける『HALLOWEEN COLLECTION』も開催。『HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA』として出演する逹瑯(MUCC)、Shinya(DIR EN GREY、SERAPH)、喜矢武豊(ゴールデンボンバー)、YUKIYUKI(Rayflower、DUSTAR-3)、今年初出演となるASH DA HEROらもステージに現れた。

会場には観客が仮装をするための着替えスペースやクロークも設置。 HYDEの曲名にちなんだメニューも味わえるフードコートや、アーティストグッズが買える物販コーナー、 ボディーペイントが出来るコーナーに加え、ライフカードブースにはHYDEのパネル、XFLAGブースにはお茶会風デコレーションスペース、『FAKE DIVINE』のMVの雰囲気を味わえるフォトスペースなどが転換された。

なお、10月27日はTERU(GLAY)、10月28日はYOSHIKIがスペシャルゲストで登場する。

photo by 今元秀明、緒車寿一
text by 早川加奈子

『HALLOWEEN PARTY 2018 supported by XFLAG』

10月26日〜28日(日) 幕張メッセ国際展示場 9・10・11ホール
<出演>
■10月27日
氣志團/DAIGO/超特急/HYDE/HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
SPECIAL GUEST:
TERU(GLAY)
LIVE DAM STADIUM PERFORMER STAGE:
逹瑯(MUCC)/ASH DA HERO
HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA:
氣志團/DAIGO/超特急/HYDE/ASH DA HERO /喜矢武豊(ゴールデンボンバー) /Shinya(DIR EN GREY、SERAPH)/逹瑯(MUCC)/TERU(GLAY)/柩(GREMLINS、NIGHTMARE)/YUKI(Rayflower、DUSTAR-3)/ROLLY/分島花音
MC:バラキ
■10月28日
ゲスの極み乙女。/ジェジュン/HYDE/BREAKERZ/HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
SPECIAL GUEST:
YOSHIKI
LIVE DAM STADIUM PERFORMER STAGE:
青木隆治
HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA:
HYDE/ジェジュン/BREAKERZ/青木隆治/ASH DA HERO/喜矢武豊(ゴールデンボンバー)/Shinya(DIR EN GREY、SERAPH)/逹瑯(MUCC)/柩(GREMLINS, NIGHTMARE)/YUKI(Rayflower、DUSTAR-3)/ROLLY/分島花音
MC:バラキ
※終了分は割愛



【関連リンク】
HYDE主宰『HALLOWEEN PARTY』、ついに開幕!
HYDEまとめ
BREAKERZまとめ
ももいろクローバーZまとめ
MY FIRST STORYまとめ

【関連アーティスト】
HYDE, BREAKERZ, ももいろクローバーZ, MY FIRST STORY, 分島花音, HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA, 喜矢武豊, 逹瑯, Shinya, YUKI, ASH DA HERO, 山中拓也
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブレポ

きゃりーぱみゅぱみゅとけやき坂46がホットスタッフ40周年企画で共演
Sat, 27 Oct 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ホットスタッフプロモーション40周年記念イベント『Hot Stuff Promotion 40th Anniversary MASAKA』の初日公演に、けやき坂46ときゃりーぱみゅぱみゅが出演した。

10月26日から28日の3日間にわたり、日本武道館で開催される同イベント。“Mutation of POP”と題された26日は、けやき坂46ときゃりーぱみゅぱみゅのコラボレーションが実現した。

待ちわびるファンたちを前に、まずはけやき坂46のメンバーが登場。 「ひらがなで恋したい」をパフォーマンスすると歓声が巻き起こり、最新曲「ハッピーオーラ」が披露された。キャプテンの佐々木久美が「ホットスタッフさん40周年おめでとうございます!40周年と言う記念のライブに出させて頂けるなんて夢のようです!」と喜びを語ると、同じくメンバーの加藤史帆は「今日はきゃりーぱみゅぱみゅさんも出演されると言うことで、きゃりーぱみゅぱみゅさんとけやき坂46のコラボTシャツを作って頂いたんですが、同じステージに立てるだけで光栄なのに、Tシャツに名前が並ぶなんて…!」と明かした。

また、この日限りの特別な演出でハロウィンダンスを披露。続けて本来5人のユニット曲「ハロウィンのカボチャが割れた」をメンバー全員でパフォーマンスし、一足早いハロウィンを楽しんだ。

続いてきゃりーぱみゅぱみゅのステージがスタート。ヒット曲満載のナンバーで会場を盛り上げていく。「キズナミ」でパフォーマンスが終わると、会場からはアンコールの掛け声があがり、「最&高」をパフォーマンスした。

そしてアンコールラスト、きゃりーぱみゅぱみゅの呼び込みによりけやき坂46が再登場。 佐々木が「メンバーの中に特にきゃりーぱみゅぱみゅさんの事が好きな子がいるんです…」と告白すると、東村芽依が「実はずっときゃりーぱみゅぱみゅさんの事が大好きで、ライヴにも行ったことがあるんです…今日はこうやって一緒のステージに立つことが出来て本当に嬉しいです!」と喜びを露わにした。渡邉美穂は「フェスにきゃりーぱみゅぱみゅさんが出演していた時に何としてでもライヴを見たくて5時間最前列で立って待ってました!」と思いの丈を伝えた。

最後に佐々木が「きゃりーさんの後ろで踊ってたんですけど、本当に可愛くてこんな幸せな時間は無いなあ…と思いました。」と伝えると、きゃりーぱみゅぱみゅも「ありがとうございます! けやき坂46の皆さん本当に可愛いですし、パフォーマンスも力強かったので私もこれから頑張って行こうと思いました!」と感謝を述べた。

【セットリスト】
■けやき坂46
1.ひらがなで恋したい
2.ハッピーオーラ
3.こんな整列を誰がさせるのか?
4.未熟な怒り
DANCE TRACK
5.ハロウィンのカボチャが割れた
6.永遠の白線
7.半分の記憶
8.期待していない自分
9.誰よりも高く飛べ!
10.NO WAR in the future
■きゃりーぱみゅぱみゅ
1.音ノ国
2.にんじゃりばんばん
3.キミに100パーセント
4.インベーダーインベーダー
5.もんだいガール
6.演歌ナトリウム
7.ちゃみ ちゃーみん
8.Crazy Party Night 〜ぱんぷきんの逆襲〜
9.つけまつける
10.ファッションモンスター
11.キズナミ
アンコール
1.最&高
2.原宿いやほい〜with けやき坂46〜



【関連リンク】
きゃりーぱみゅぱみゅとけやき坂46がホットスタッフ40周年企画で共演
きゃりーぱみゅぱみゅまとめ
けやき坂46まとめ
Diggy-MO\'、ベールに包まれていた未発表曲「GOD SONG」を解禁

【関連アーティスト】
きゃりーぱみゅぱみゅ, けやき坂46
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, 女性アイドル, ニュース, セットリスト, ライブレポ

Diggy-MO\'、ベールに包まれていた未発表曲「GOD SONG」を解禁
Sat, 27 Oct 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月7日にソロデビュー10周年を迎えるDiggy-MO\'のベスト盤『DX(ディー・テン) - 10th Anniversary All This Time 2008-2018 -』に収録の未発表曲として謎のベールに包まれていた「GOD SONG」が公開された。

SOUL\'d OUTデビュー初期から“ラップモンスター”という異名に磨きをかけつつ、ヒップホップをはじめ、ブラックミュージック、EDM、クラシックに至るまで、既存のジャンルにとらわれない楽曲、核心に迫るリリック、そしてサウンドプロデューサーとして新境地を開拓し続けた軌跡が凝縮された1枚に新曲として収録されたこの“神曲”は、Diggy-MO\'の持つクラシック音楽の素養(弦楽器のアンサンブル)とモダンなエレクトロダンスミュージックとがミクスチャーされた、優雅なスリル漂う1曲となった。

スピリチュアルな意識を散文的に描く歌詞は、いくつもの謎とヒントを撒き散らかす黙示録のような深みを持つものだ。

さらに、映画『スモールフット』日本語吹き替え版 劇中歌の訳詞および監修、音楽演出をDiggy-MO\'が担当! 『ミニオンズ』『怪盗グルー』シリーズを手掛けた原作者と音楽スタッフが贈る、この秋一番の“モジャかわ”ミュージックファンタジー『スモールフット』。ポップで覚えやすく、思わず歌いたくなる楽しげな音楽がいっぱい詰め込まれた本作は、10月12日(金)より全国公開中だ。

また、新曲「GOD SONG」の公開を記念して、Diggy-MO\'オフィシャルTwitterでは楽曲のキャッチコピーを10月26日(金)から11月1日(木)までの期間で募集中! “神コピー”には、Diggy-MO\'がMVでも使用している「10th Anniv Cap」をプレゼント。詳しくはオフィシャルHP、オフィシャルTwitterをチェックしてみよう。

■映画『スモールフット』公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/smallfoot/

■Diggy-MO\' オフィシャルTwitter
https://twitter.com/diggy_staff

アルバム『DX - 10th Anniversary All This Time 2008-2018 -』

2018年11月7日発売



【初回生産限定盤】(2CD+特典CD+ブックレット)
SECL-2341〜3/¥4,167+税
<収録曲>
■CD:disc1
1. JUVES (ジュヴィズ)
2. Lovin\' Junk
3. 先生、
4. PSYCHE PSYCHE
5. SHOTTTTEQKILLA (ショッテキーラ)
6. ノンシャランにゆけば feat. SHEILA
7. STAY BEAUTIFUL
8. Bayside Serenade
9. GIOVANNI (ジョヴァンニ) ※未発表曲
10. PTOLEMY (トレミー)
11. GOD SONG ※未発表曲
■CD:disc2
1. 首都高2
2. Blue World
3. ZAZA
4. YOYOY
5. Heartach Jive
6. COME ON feat. J\'quartus
7. サムライズム
8. FIRE WOO FOO FOO feat. LISA
9. 爆走夢歌
10. ONE VOW
11. Arcadia
■CD:Outworks(初回限定盤特典)
1. HALF Diggy-MO\' Remix / 女王蜂
2. Friday let me down featuring Diggy-MO\' (SOUL\'d OUT) / a.mia + Key of Life     
3. Ruby Hooty Jack / ViRCAN DiMMER
4. オアシス feat.Diggy-MO\' (SOUL\'d OUT) / BENNIE K
5. BELLE EPOQUE feat. Diggy-MO\' / lecca
6. DOPEMAN? / m-flo ? EMYLI & Diggy-MO\'
7. Garden feat. DJ KAORI, Diggy-MO\', クレンチ&ブリスタ / May J.
8. Diggy Diggy Diggy Pt.II (ViRCAN DiMMER Mix) / SOUL\'d OUT

◎初回限定盤特典ブックレット
「帽子の中身」 150Pインタビュー冊子
限定公開してきたインタビューを特別編集



【通常盤】(2CD)
SECL-2344〜5/¥3,241+税
<収録曲>
■CD:disc1
1. JUVES (ジュヴィズ)
2. Lovin\' Junk
3. 先生、
4. PSYCHE PSYCHE
5. SHOTTTTEQKILLA (ショッテキーラ)
6. ノンシャランにゆけば feat. SHEILA
7. STAY BEAUTIFUL
8. Bayside Serenade
9. GIOVANNI (ジョヴァンニ) ※未発表曲
10. PTOLEMY (トレミー)
11. GOD SONG ※未発表曲
■CD:disc2
1. 首都高2
2. Blue World
3. ZAZA
4. YOYOY
5. Heartach Jive
6. COME ON feat. J\'quartus
7. サムライズム
8. FIRE WOO FOO FOO feat. LISA
9. 爆走夢歌
10. ONE VOW
11. Arcadia



【関連リンク】
Diggy-MO\'、ベールに包まれていた未発表曲「GOD SONG」を解禁
Diggy-MO’まとめ
SOUL\'d OUTまとめ
THE PINBALLS、アルバム『時の肋骨』のジャケ写&リード曲「アダムの肋骨」MV公開

【関連アーティスト】
Diggy-MO’, SOUL\'d OUT
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, ミュージックビデオ, MV, CD, アルバム, キャンペーン, 発表, 名曲, 新曲, リリース, 発売, ダンス, ヒップホップ, EDM, オルタナティブ, クラシック, 映画

THE PINBALLS、アルバム『時の肋骨』のジャケ写&リード曲「アダムの肋骨」MV公開
Fri, 26 Oct 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE PINBALLSが11月14日にメジャー1stフルアルバム『時の肋骨』をリリースする。同作のリード曲で、怪しさと高揚感が疾走するアップナンバー「アダムの肋骨」のMVが公開された。夜をイメージした楽曲で、MVは妖艶さが印象的な中毒性の高い映像となっている。

さらに、併せてアルバムのジャケットも解禁となった。初回盤は砂時計、通常盤は肋骨がモチーフとなっており、全12曲が時の流れを軸にして構成されたという今作の世界観が表現されている。

THE PINBALLSは2019年2月よりスタートする今作を引っ提げたワンマンツアー『end of the days tour』を控えており、CDの初回プレス分には先行応募IDの封入も。そして今回、購入者特典の詳細も解禁されたので、詳細はオフィシャルHPをチェック!

アルバム『時の肋骨』

2018年11月14日発売



【初回盤】(CD+DVD)
COZP-1481〜2/¥3,200+税
※特殊パッケージ仕様
<収録曲>
■CD
01. アダムの肋骨
02. 水兵と黒い犬
03. DAWN
04. 失われた宇宙
05. BEAUTIFUL DAY
06. CRACK
07. ヤンシュヴァイクマイエルの午後
08. 風見鶏の髪飾り
09. 回転する宇宙の卵
10. DUSK
11. COME ON
12. 銀河の風
■初回盤DVD
Document of Leap with Lightnings tour

◎初回プレス分(初回盤・通常盤共通)
『end of the days tour』ツアー先行応募ID封入



【通常盤】(CDのみ)
COCP-40538/¥2,600+税

『end of the days tour』

【2019年】
2月17日(日) 千葉LOOK
2月23日(土) 長野LIVEHOUSE J
2月28日(木) 仙台enn2nd
3月02日(土) 札幌DEUCE
3月07日(木) 福岡Voodoo Lounge
3月09日(土) 高松toonice
3月10日(日) 梅田CLUB QUATTRO
3月16日(土) 岡山ペパーランド
3月17日(日) 名古屋CLUB QUATTRO
3月22日(金) 恵比寿LIQUIDROOM



【関連リンク】
THE PINBALLS、アルバム『時の肋骨』のジャケ写&リード曲「アダムの肋骨」MV公開
THE PINBALLSまとめ
三月のパンタシア、2019年にワンマン決定&ニューシングルにはチケット最速先行予約を封入

【関連アーティスト】
THE PINBALLS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, CD, DVD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, 特典

三月のパンタシア、2019年にワンマン決定&ニューシングルにはチケット最速先行予約を封入
Fri, 26 Oct 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ボーカリスト”みあ”による、終わりと始まりの物語を想像する音楽ユニット・三月のパンタシアが、2019年2月7日(木)に東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて、ワンマンライブ『ピンクスパークス』を開催することが分かった。

本公演は、三月のパンタシアが11月21日(水)にニューシングル「ピンクレモネード」をリリースすることを記念して行なわれる。今作の初回プレス分には、チケットの最速先行予約(抽選)に申し込めるシリアルナンバーが封入されるので要チェックだ。なお、先行予約の受付期間は11月20日(火)〜26日(月)までとなっているのでお忘れなく!

なお、シングル「ピンクレモネード」のピンクレモネード盤はスペシャルパッケージ仕様で、オリジナルクリアポーチやホログラムステッカーが付属する。こちらもぜひゲットしてほしい。

■『三月のパンタシア LIVE 2019 「ピンクスパークス」』

【2019年】
2月07日(木) 東京・Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE
<チケット>
前売り¥5,400(税込・ドリンク代別)
※シングル「ピンクレモネード」に最速先行予約(抽選)シリアルナンバー封入

(c)matoba/SQUARE ENIX?「ベルまま。」製作委員会

シングル「ピンクレモネード」 

2018年11月21日発売



【初回生産限定盤(ピンクレモネード盤)】(CD+DVD)
VVCL-1355〜1356/¥2,200+税
※オリジナルクリアポーチ、巻三つブックレット、のぞき穴付きピンク三方背、ホログラムステッカー
<収録曲>
■CD
1.ピンクレモネード
2.恋を落とす
3.サイレン
4.ピンクレモネード -Instrumental-
■DVD
・「ピンクレモネード」 -Lyric Video-

イラストレーター:ダイスケリチャード



【通常盤】(CD)
VVCL-1357/¥1,200+税
<収録曲>
1.ピンクレモネード
2.恋を落とす
3.サイレン
4.ピンクレモネード -Instrumental-



【期間生産限定盤(「ベルまま。」盤)】(CD+DVD)
VVCL-1358〜1359/¥1,600+税
※TVアニメ『ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。』描き下ろしイラスト・デジ仕様
<収録曲>
■CD
1.ピンクレモネード
2.恋を落とす
3.サイレン
4.ピンクレモネード ?TV size-
■DVD
・TVアニメ『ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。』ノンクレジットオープニング

(C)matoba/SQUARE ENIX?「ベルまま。」製作委員会



【関連リンク】
三月のパンタシア、2019年にワンマン決定&ニューシングルにはチケット最速先行予約を封入
三月のパンタシアまとめ
MIYAVI、対戦型コラボアルバム第三弾にhideの参戦が決定!

【関連アーティスト】
三月のパンタシア
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, シングル, リリース, 特典, ネットカルチャー, ワンマン, チケット

MIYAVI、対戦型コラボアルバム第三弾にhideの参戦が決定!
Fri, 26 Oct 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

MIYAVIが12月13日にリリースする対戦型コラボアルバム『SAMURAI SESSIONS vol.3 ? Worlds Collide -』にhide(X JAPAN/hide with Spread Beaver/zilch)の参戦が決定! 

MIYAVIはライブでhideの「ピンク スパイダー」をパフォーマンスしたこともあり、“音楽に対する姿勢、応援しているファンに対しての姿勢、そして世界と対峙するという姿勢。たくさんのことを学ばせて頂きました。自分がデビューした当時は制作チームが一緒で、勝手に自分が引き継がなければ、その先の景色を自分が背負わなければと、勝手に背負って、しんどくなってしまったこともありましたが、こうして改めて、フラットに真っ直ぐに向き合うことができて、嬉しく、光栄に思っています。世界中にいる彼が愛した全ての人達にこの作品を捧げたいと思います”と語っている。

本作での対戦相手には、AK-69、加藤ミリヤ、KREVA、シシド・カフカ、三浦大知などを筆頭に国内外からの豪華アーティストが続々と発表されている。楽曲などの詳細はまだ明らかになっていないので、引き続き続報に注目だ。

さらに、12月13日(木)に新木場STUDIO COASTで開催される『hide Birthday Party 2018』にMIYAVIの出演が決定。詳細はイベントページをチェックしてほしい。

(c)HEADWAX ORGANIZATION CO ., LTD. / photo by HIDEO CANNO(CAPS)

【ライブ情報】

■『hide Birthday Party 2018』
12月13日(木) 東京・新木場STUDIO COAST
※イベント詳細 http://www.hide-city.com/mcontents/special/bday2018/
■『SAMURAI SESSIONS vol.3 Release Tour“Before Worlds Collide”』
12月16日(日) 東京・新木場Coast
12月18日(火) 大阪・なんばHatch
12月19日(水) 愛知・名古屋ダイアモンドホール

アルバム『SAMURAI SESSIONS vol.3 ? Worlds Collide -』 

2018年12月5日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-69137/¥5,000(税抜)
<収録曲>
■CD
※収録内容後日発表
■DVD
2018.4.12 Zepp Tokyoのライブ映像

【通常盤】(CD)
TYCT-60126/¥3,000(税抜)
<収録曲>
■CD
※収録内容後日発表

【参戦アーティスト】※50音順
AK-69、加藤ミリヤ、KREVA、シシド・カフカ、ダックワース(DUCKWRTH)、hide(X JAPAN/hide with Spread Beaver/zilch)、ベティ―・フー(Betty Who)、ボック・ネロ(Bok Nero)、三浦大知、ユナ(Yuna)



【関連リンク】
MIYAVI、対戦型コラボアルバム第三弾にhideの参戦が決定!
MIYAVIまとめ
hideまとめ
X JAPANまとめ
アブラーズのライヴに藤井フミヤが登場! チェッカーズ曲連発でファン感涙

【関連アーティスト】
MIYAVI, hide, X JAPAN
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, コラボレーション, コラボ, アルバム, リリース

アブラーズのライヴに藤井フミヤが登場! チェッカーズ曲連発でファン感涙
Fri, 26 Oct 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

チェッカーズの楽器チームで構成されるアブラーズが、10月24日(水)に大阪・なんばHatchでライヴを開催。サプライズゲストにはミッシェル藤井こと藤井フミヤが登場し、集まった観客を大いに沸かせた。

アブラーズはギターのアンバサダー武内(武内享)、ベースのアルマジロ大土井(大土井裕二)、サックスのリットル藤井(藤井尚之)に、ドラムの故・サニー徳永(徳永“クロベエ”善也)の4人で、2003年のチェッカーズ20周年時に結成されたバンド。不定期に活動を続け、この日のライヴはアブラーズとしては3年ぶり。しかしながら、9月に東京で開催された“ミニサミ”名義でマンスリーライヴも行なっているので、3人の息はぴったりだ。

冒頭に2曲演奏したあと、トークが始まる。天気の話から始まり、脱線気味のグダグダトーク。このユルいトークがアブラーズの名物でもあり、ファンも温かく見守る。続いて、4曲を演奏後のMCでは、デビューの頃の年齢の話から、互いの年齢ネタをいじり合うトークに。アンバサダー武内から“昔話をするならば、やっぱり、俺よりも年上を呼ぶしか無い! ミッシェル藤井こと藤井フミヤ!”と今日のスペシャルゲストをステージに呼び出すと、会場からは黄色い歓声が飛び交う。

ミッシェル藤井がデビュー日の思い出を振ると、武内は“目黒の権之助坂のパチンコ屋に並んでた...”、アルマジロ大土井は“『おれ、覚えて無いんだよね・・・、デビュー日自体を”と話し、場内が爆笑! 尚之は“(当時所属していた)YAMAHAのお姉さん達が“おめでと!”ってケーキをくれた”と、フミヤは“駅ビルのレコード屋さんに行って。“あった!”って言ってた覚えがある”と話すと、小さく喝采が。

さらに、“デビュー当時の曲は何が好きだった?”という武内の問いに、自身は「あの娘とスキャンダル」と答え、他の3人は「ジュリアに傷心」。フミヤが“俺は意外と、“ギザギザハート”も好きだよ”と話すと、“最初はちょっと抵抗があったけど、今聴いたらカッコいいよね”と、武内はイントロフレーズをギターで弾く。メンバーからチェッカーズ時代の話は滅多に聞けないだけに、ファンは大喜び! ここで武内が“昔の話をしたので、懐かしい曲を一曲やろう!”と、4人がスツールに座っての「涙のリクエスト」(1984年1月21日発表)を演奏。こちらも滅多に演らない曲だけに、泣き出すファンもいるほどの大盛り上がりだった。

この興奮した会場に応えるかのように、フミヤが“みんなが、薄目で見てくれれば、チェッカーズだから、な? 四人ですけど...”と自嘲気味に、「Hello」〜「運命(SADAME)」〜「誰もいないweekend」のチェッカーズメドレーを歌う。最後に「おまえが嫌いだ」(1980年発表)を歌い、ミッシェル藤井のゲストコーナーは終了。

このあと、各メンバーのソロヴォーカル披露コーナーを経て、MCで2019年2月から国内11箇所のアブラーズのツアー開催を発表。そして、もうひとりのメンバーの“うちのリーダー・サニーに大きな拍手を!”と呼びかけ、ラストナンバー「太陽をおいかけろ」を演奏した。

アンコールでは、お馴染みとなったメンバー3人のゆるゆるトークで始まり、メンバー紹介を経て、再びステージにミッシェル藤井が登場、大喝采の中でアブラーズの大阪公演は終了。中盤のまさかのチェッカーズナンバー大盤振る舞いに、集まったお客さんも大満足で帰路についた。

アブラーズは2019年2月から全国11箇所で『アブラサミット・ツアー』を開催。ミッシェル藤井こと藤井フミヤは、改装前の最後のカウントダウンとなる武道館ライヴを12月31日(月)に開催する。

<セットリスト>
1.Shake
2.アブラでツイストR&R
3.Rudy\'s Rock
4.BodyLine
5.Mood
6.EveryBody
☆ミッシェル藤井・ゲストコーナー(M07〜09)
7.涙のリクエスト
8.メドレー:Hello〜運命-SADAME-〜誰もいないweekend
9.おまえが嫌いだ
10.FINAL LAP
11.歌コーナー:憎いあの娘(ユウジ)〜ねぇムーミン(トオル)〜彼女はダイナマイト(ナオユキ)
12.ROLL ON
13.キザな奴
14.エスカルゴ
15.太陽をおいかけろ
<ENCORE>
16.酔いどれのブギウギ

■アブラーズ:
営業担当:アンバサダー武内(武内享)/会計担当・アルマジロ大土井(大土井裕二)/宴会担当:リットル藤井(藤井尚之)
SPゲスト:ミッシェル藤井(藤井フミヤ)

藤井フミヤ『武道館 LAST COUNTDOWN PARTY 2018-2019』

12月31日(月) 東京・日本武道館
開場21:30 開演22:30
<チケット>
指定席¥9,000(税込)
※深夜公演につき、未就学児童入場不可
チケット発売日:10月27日(土)10:00〜



【関連リンク】
アブラーズのライヴに藤井フミヤが登場! チェッカーズ曲連発でファン感涙
武内享まとめ
藤井尚之まとめ
藤井フミヤまとめ
チェッカーズまとめ

【関連アーティスト】
武内享, 藤井尚之, 藤井フミヤ, チェッカーズ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, バンド, 発表, 名曲, ポップス, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット, セットリスト, ライブレポ

Rei、「Silver Shoes」MVフル解禁! インストア・ライヴも決定!
Fri, 26 Oct 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月7日に1stアルバム『REI』をリリースするシンガーソングライター/ギタリストのReiが、同作に収録される「Silver Shoes」のMVフルバージョンを公開した。このMVを観てSNSでシェアすると、「Silver Shoes」のアナザージャケットがもらえるキャンペーンも実施されている。詳細は下記サイトをチェックしてみてほしい。

また、1stアルバム『REI』のリリースインストアライヴを東京、大阪の計3ヶ所で開催することも決定した。こちらもお見逃しなく!

さらに、Reiを継続的に応援するCDショップ「CReiZY SHOPS」が全国規模で決定。「CReiZY SHOPS」では、そこでしか入手できない情報も多数展開される予定で、その第1弾として10月27日(土)より「CReiZY SHOPS“Secret Card”」の無料配布がスタート。この“Secret Card”に隠されている秘密のコードにアクセスすると、エクスクルーシブなプログラムを楽しむことができる。

1stアルバム『REI』は、iTunesでのpre-orderとSpotifyのpre-saveも受付中。今ならSpotifyでpre-saveすると、Reiのスペシャル動画コメントを観ることが可能だ。

■「Silver Shoes」シェアキャンペーン 詳細
https://umusic.digital/ednvyt/
■「CReiZY SHOPS」全国店リスト
https://www.universal-music.co.jp/rei/news/2018-10-26-shop/
※各店舗とも数量に限りがございます。
※一部店舗では配送の都合により配布スタートが遅れる場合もございます。詳細は各店舗にお問い合わせください。

■【インストアライヴ情報】

11月08日(木)19:30〜 東京 タワーレコード渋谷店
11月10日(土)21:00〜 東京 タワーレコード新宿店
11月13日(火)19:30〜 大阪 タワーレコード梅田NU茶屋町店

■詳細はこちら
https://www.universal-music.co.jp/rei/news/2018-10-26-event/

アルバム『REI』

2018年11月7日発売



【Limited Edition】(CD+DVD)
UCCJ-9217/¥3,600+税
※7inch見開き紙ジャケ仕様
<収録曲>
■CD
01.BZ BZ
02.LAZY LOSER
03.My Name is Rei
04.Follow the Big Wave
05.PLANETS
06.Dreamin\'
07.Silver Shoes
08.Clara
09.MELODY MAKER
10.The Reflection
11.Arabic Yamato
12.before sunrise
■DVD
MUSIC FILM #2 “Rei of Light”

◎ 参加ミュージシャン
Vocal & Guitar:Rei/Bass:KenKen(LIFE IS GROOVE、RIZE、Dragon Ash)、角田隆太(ものんくる)、真船勝博(FLOWER FLOWER)/Drums & Percussion:ASA-CHANG(ASA-CHANG & 巡礼)、伊藤大地、HAZE、みどりん(SOIL&“PIMP”SESSIONS)/Keyboards:ちゃんMARI(ゲスの極み乙女。)、渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)/Marimba & Glocken:加納りな/Sax:後関好宏/Trumpet:村上基(在日ファンク、Gentle Forest Jazz Band)/Trombone:ジェントル久保田(在日ファンク、Gentle Forest Jazz Band)/Flute:武嶋聡/Harp:千賀太郎(MONSTER大陸)/Chorus:マナ、カナ、ユナ(CHAI)
Produced, Composed & Performed by Rei



【Standard Edition】(CDのみ)
UCCJ-2163/¥2,800+税
※CDサイズ見開き紙ジャケ仕様

配信シングル「Silver Shoes」

配信中



¥250(税込)

■配信URL
https://lnk.to/Rei_Album_REI



【関連リンク】
Rei、「Silver Shoes」MVフル解禁! インストア・ライヴも決定!
Reiまとめ
宇多田ヒカル、Skrillexとの新曲含むCDシングルが予約スタート!

【関連アーティスト】
Rei
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, ミュージックビデオ, MV, CD, シングル, アルバム, キャンペーン, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ライブ, 音楽配信

宇多田ヒカル、Skrillexとの新曲含むCDシングルが予約スタート!
Fri, 26 Oct 2018 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ゲームソフト『KINGDOM HEARTS III』のオープニングテーマ「Face My Fears」が先日発表され、SNSを中心に大きな話題を呼んだ宇多田ヒカル。その楽曲も含めたCDシングルの発売、商品詳細が明らかになった。

発売日は1月18日。収録曲は『KINGDOM HEARTS III』のエンディングテーマ「誓い」、「誓い」の英語詞となる「Don\'t Think Twice」、『KINGDOM HEARTS III』のオープニングテーマ「Face My Fears」、「Face My Fears」の英語詞ver.の4曲で、「誓い」以外は全て初収録の楽曲だ。

また、全曲が1月25日発売のゲームソフト『KINGDOM HEARTS III』関連曲となっており、ファン垂涎の1枚となっている。

注目すべき楽曲は世界的なエレクトロミュージシャン、Skrillexと宇多田ヒカルによる共作「Face My Fears」。かねてよりSkrillexは『KINGDOM HEARTS』ファンを公言していたため、彼と親交のあった宇多田ヒカルは当初「誓い」のリミックス制作を依頼した。しかしながら、Skrillexの“REMIXではなく新たな曲を一緒に作りたい”との逆提案によってこのコラボレーションが始動。Skrillexとの共作も多いPoo Bear(Justin Bieberの「What Do You Mean?」などを手掛けるレコードプロデューサー)も加わり、3人のアーティストによって制作された「Face My Fears」がゲームのオープニングを飾ることとなった。

『KINGDOM HEARTS』シリーズは今までエンディングテーマのリミックスをオープニングに起用してきたが、オープニングとエンディング用に全く別のテーマソングが制作されたのは今作『KINGDOM HEARTS III』が初めてとなる。

宇多田ヒカルがシングルCDを発売するのは、2008年5月発売の「Prisoner Of Love」以来で約11年ぶり。

10月26日(金)より、CDショップ他ECサイトでも予約可能となっている。ぜひ、ゲームソフトと合わせて予約してみては?

■『KINGDOM HEARTS III』オフィシャルHP
https://www.jp.square-enix.com/kingdom/kh3/

シングル「Face My Fears」

2019年1月18日発売



ESCL-5150/¥1,296+税
※配信も同日リリース
<収録曲>
01.Face My Fears
02.誓い
03.Face My Fears(English Version)
04.Don\'t Think Twice

■CD予約はこちら。
https://erj.lnk.to/Tb3UTWN



【関連リンク】
宇多田ヒカル、Skrillexとの新曲含むCDシングルが予約スタート!
宇多田ヒカルまとめ
Skrillexまとめ
POT、ツアーのゲストにHump Back、KNOCK OUT MONKEYら出演決定

【関連アーティスト】
宇多田ヒカル, Skrillex
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, コラボ, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ポップス, ダンス, ハウス, EDM, R&B, ゲーム, 主題歌, エンディング, オープニング, 音楽配信

POT、ツアーのゲストにHump Back、KNOCK OUT MONKEYら出演決定
Fri, 26 Oct 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

POTが12月にリリースする新作フルアルバムのリリースツアー『POT “SPARK TOUR2018-2019”』にKNOCK OUT MONKEY、FABLED NUMBER、Track\'s、Hump Backがゲスト出演することがわかった。

チケットは初日大阪公演(ソールドアウト)を除く、12月16日(日)沖縄・Out Putから2月24日(日)岡山・CRAZYMAMA 2nd ROOMまで一般発売中だ。

『POT “SPARK TOUR 2018-2019”』

12月14日(金) 大阪 心斎橋新神楽
GUEST:KNOCK OUT MONKEY
12月16日(日) 沖縄 Out Put

12月21日(金) 千葉 LOOK
GUEST:FABLED NUMBER
12月23日(日) 長野 松本ALECX

12月24日(月) 愛知 名古屋R.A.D
GUEST:Track\'s
【2019年】
1月06日(日) 石川 金沢vanvan V4

1月12日(土) 茨城 水戸LIGHT HOUSE

1月13日(日) 福島 郡山#9

1月14日(月) 東京 渋谷TSUTAYA O-CREST

1月18日(金) 香川 高松DIME

1月19日(土) 高知 X-pt.

1月20日(日) 愛媛 松山double-u studio

1月26日(土) 広島 CAVE-BE

1月27日(日) 福岡 小倉FUSE

2月03日(日) 長野 ライブハウスJ
GUEST:Hump Back
2月09日(土) 神奈川 F.A.D YOKOHAMA

2月10日(日) 栃木 宇都宮HEAVEN\'S ROCK

2月11日(月) 静岡 UMBER

2月24日(日) 岡山 CRAZYMAMA 2nd ROOM

3月01日(金) 岐阜 柳ヶ瀬ANTS

3月03日(日) 埼玉 熊谷HEAVEN\'S ROCK

3月09日(土) 北海道 札幌COLONY

3月10日(日) 北海道 苫小牧ELL CUBE

3月13日(水) 島根 出雲APOLLO

3月21日(木) 京都 MUSE

4月04日(木) 東京 八王子RIPS

4月06日(土) 秋田 CLUB SWINDLE

4月07日(日) 岩手 the five morioka

4月12日(金) 鳥取 米子AZTiC laughs

4月13日(土) 山口 周南live rise

4月14日(日) 福岡 Queblick

4月20日(土) 群馬 高崎CLUB FLEEZ

4月21日(日) 新潟 GOLDEN PIGS BLACK STAGE

5月04日(土) 宮城 仙台MACANA

5月10日(金) 滋賀 B-flat

5月11日(土) 愛知 豊橋CLUB KNOT

5月12日(日) 三重 鈴鹿ANSWER

5月18日(土) 福井 CHOP

5月19日(日) 富山 Soul Power


to be continued...



【関連リンク】
POT、ツアーのゲストにHump Back、KNOCK OUT MONKEYら出演決定
POTまとめ
KNOCK OUT MONKEYまとめ
FABLED NUMBERまとめ
Track\'sまとめ

【関連アーティスト】
POT, KNOCK OUT MONKEY, FABLED NUMBER, Track\'s, Hump Back
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, アルバム, 発表, リリース, 発売, ライブ, ツアー, チケット

CYNTIAのギタリストYUIが活動を再開
Sat, 27 Oct 2018 12:00:00 +0900


無期限活動休止中のCyntiaのギタリスト、YUIの活動再開が発表された。

病気療養のため今年1月より活動を休止していたYUIだが、リハビリを重ねていくうちに少しずつではあるが病状が回復してきたとのことで、本人の希望もあって、11月05日(月)に恵比寿LIQUIDROOMにて開催される大塚紗英のファンミーティングにてギタリストとしての活動を再開することがアナウンスされた。

■大塚紗英 公式ブログ
https://ameblo.jp/otsuka-sae/entry-12406596633.html

■【Cyntia オフィシャルHPより】

いつもYUIを応援してくださりありがとうございます。

皆様へ、大切なお知らせがございます。
病気療養のため、本年の1月より活動を休止しておりましたYUIですが、活動休止期間に入りリハビリを重ねていくうちに、少しずつではありますが、病状が回復してまいりました。
YUI本人とスタッフで話し合いを重ねた結果、「また、ステージでギターを弾きたい」という本人の想いが強く、少しずつではありますが、ギタリストとしての活動を再開させていただくことになりました。
暖かいご声援をくださった皆様へ心より御礼申し上げます。
復帰後、初のステージは、11月5日(月)に恵比寿LIQUIDROOMにて開催される、大塚紗英さんのファンミーティングでございます。
ぜひご来場いただきたくお願い申し上げます。

今後とも変わらぬご声援のほど、何卒宜しくお願い致します。

YUI・スタッフ一同

■『SAE Vo.yage!vol.3 〜MAGICALOGIC!〜』

11月05日(月) 恵比寿LIQUIDROOM
開場18:00/開演19:00

■チケット販売
http://www.cnplayguide.com/otsukasae1105/



【関連リンク】
CYNTIAのギタリストYUIが活動を再開
Cyntiaまとめ
初音ミク、浜離宮恩賜庭園を彩るプロジェクションマッピングショーがいよいよ開幕

【関連アーティスト】
Cyntia
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

初音ミク、浜離宮恩賜庭園を彩るプロジェクションマッピングショーがいよいよ開幕
Fri, 26 Oct 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

人気バーチャルシンガー初音ミクが、明治・大正・昭和・平成と時代とともに移り変わるファッションを身にまとい、39曲の名曲を熱唱するプロジェクションマッピングショー『刻をあそぶ 時空の旅 〜初音ミク Links Tokyo150〜』が10月26日(金)〜28日(日)にかけて、東京・浜離宮恩賜庭の潮入の池を舞台に開催される。これは、期間中に浜離宮恩賜庭園にて行なわれる『東京150年祭』のメインプログラムとして上映されるもの。

1868年(慶応4年/明治元年)に江戸が東京と改称され、東京府が誕生。2018年は東京府開設から150年の節目となり、記念事業『Old meets New 東京150年』が展開されている。その一環である『東京150年祭』は、東京の魅力である“伝統と革新”を展覧するとともに、都民と一緒に東京誕生150年を祝うイベントだ。

『東京150年祭』開幕の前日となる25日にはプレオープンイベントが行なわれ、『刻をあそぶ 時空の旅 〜初音ミク Links Tokyo150〜』がお披露目された。夜に行われたプレオープンイベントは、ショーの音楽監督を務めたジャズピアニスト・作曲家の佐藤允彦によるピアノ生演奏でスタート。浜離宮恩賜庭園は都心のビルも見渡せる場所にあるが、庭園内に一歩足を踏み入れると木立に囲まれた夜の世界が広がり、足下は『東京150年祭』のために特別に設置された明かりが照らす。“伝統と革新”を表現するにふさわしい舞台が庭園全体に作り上げられていた。

ピアノ生演奏に続いて、小池百合子東京都知事が主催者挨拶を行なう。小池知事は“今日は満月です。こんな月明かりの中で、東京誕生150周年をお祝いできることを嬉しく思います”と、各国大使や関係者たちに笑顔で語りかけ、“伝統と革新が共存する東京の魅力をさらに高めて世界へ発信し、そして、TOKYO2020大会を目指しさらにその発信力を高めていきたいと考えています”、“みなさまと手を携えて、愛着と誇りを持つことができる新しい東京、ニュー東京を作り上げていきたいと思います”とあいさつした。

孝藤流(孝藤右近・左近)による和太鼓を取り入れた歌舞伎舞踊“連獅子”が行なわれたあと、いよいよ。メインイベントとなった『刻をあそぶ 時空の旅 〜初音ミク Links Tokyo150〜』へ。開始時刻になると、静まりかえった潮入の池に、幅30m高さ15mのウォータースクリーンが浮かび上がった。そこに、初音ミクが登場。明治、大正、昭和、平成のファッションに次々と身を包みながら「銀座カンカン娘」「リンゴの唄」「ダンシング・ヒーロー」など東京をテーマにした名曲を次々と熱唱していった。

最後は「千本桜」で締め、“本日はご来場ありがとうございました。初音ミクでした。バイバイ!”とにっこり。池に浮かび上がる初音ミクとともに、中島の茶屋や池の周りの木々にも、色彩豊かなプロジェクションマッピングが投影され、日本の伝統を伝える庭園の中で行われた最新技術を駆使したショーに関係者たちは見とれていた。

『刻をあそぶ 時空の旅 〜初音ミク Links Tokyo150〜』は、26日から28日まで各日ごとに4回ずつ開催。また、佐藤允彦と初音ミクのコラボレーションは継続的に行なわれており、11月11日には『かわさきジャズ2018』のメインイベントのひとつとして、カルッツかわさきにてフルライブも予定されている。

提供/東京都・初音ミク (c)CFM

『東京150年祭』

開催日:10月26日(金)〜28日(日)
※雨天決行(荒天時は中止となる場合がございます。)
場所:浜離宮恩賜庭園(中央区浜離宮庭園1-1)

<チケット>
一般¥300
65歳以上¥150(カッパバッジ提示で無料)

(1)メイン・プログラム(プロジェクションマッピング)
『刻をあそぶ 時空の旅 〜初音ミク Links Tokyo150〜』上映
上映予定(各日):第1回18:30/第2回19:10/第3回19:50/第4回20:30
※当日は整理券を配布予定
上映時間:約18分
出演:初音ミク
音楽監督:佐藤 允彦(ジャズピアニスト・作曲家)
・潮入の池に、幅30m高さ15mのウォータースクリーンを設置。中島の御茶屋や背後の木々にも、プロジェクションマッピングを投影し、これまでにない空間を創出
・バーチャルシンガーとして世界中で人気の初音ミクが、明治、大正、昭和、平成のファッションで楽曲を歌い、東京の過去、現在、未来を表現する演出で、国内外に東京の魅力を発信

(2)展示ブース・コンテンツ
 <最新技術を活用した体験ブース>
・デジタル盆踊り〜東京2020音頭を初音ミクと踊ろう〜
全身スキャンで撮影した来場者の3Dアバターが初音ミクと踊る
・The Tokyo Traveler
来場者の3Dアバターが東京の街を散策
・300年の松 フォトスポット
150年前にタイムスリップした写真を撮影できるデジタル記念写真



【関連リンク】
初音ミク、浜離宮恩賜庭園を彩るプロジェクションマッピングショーがいよいよ開幕
初音ミクまとめ
ENTH、自主企画にSHADOWS、SHANK、スサシがゲスト出演決定

【関連アーティスト】
初音ミク
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ボーカロイド

ENTH、自主企画にSHADOWS、SHANK、スサシがゲスト出演決定
Sat, 27 Oct 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ENTHが12月7日に地元である名古屋のDiamond Hallにて開催する自主企画『SUPER HIGH』にSHADOWS、SHANK、SPARK!!SOUND!!SHOW!!のゲスト出演が発表された。

また、併せてLIVE&LOUNGE VIOにて『SUPER HIGH -After Party-』の開催も発表された。当公演の内容については後日発表される。

■【ライブ情報】

『ENTH presents 「SUPER HIGH」』
12月07日(金) 名古屋Diamond Hall
OPEN 17:00 / START 17:30
ADV ¥3000 / DOOR ¥3500
<出演>
ENTH
SHADOWS
SHANK
SPARK!!SOUND!!SHOW!!

『ENTH presents「SUPER HIGH」-After Party-』
12月07日(金) 名古屋LIVE&LOUNGE VIO
OPEN 22:00 / START22:00
ADV ¥500 / DOOR ¥1500
※Diamond Hallの半券を提示で前売り料金にて入場可能
<出演>
後日発表



【関連リンク】
ENTH、自主企画にSHADOWS、SHANK、スサシがゲスト出演決定
ENTHまとめ
SHADOWSまとめ
SHANKまとめ
SPARK!!SOUND!!SHOW!! まとめ

【関連アーティスト】
ENTH, SHADOWS, SHANK, SPARK!!SOUND!!SHOW!!
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブ

サイケデリックロックの代表格として知られるクイックシルバー・メッセンジャー・サービスの名盤『ただ愛のために』
Fri, 26 Oct 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

1950年代の中頃、既にはじまっていたフォーク・リバイバルの波はロック界にも浸透し、ディランがフォークロックの道を進み始めた60年代中期から、生ギターをエレキに持ち替える若者が激増した。今回紹介するクイックシルバー・メッセンジャー・サービス(以下、QMS)のメンバーたちも東部から西海岸サンフランシスコへと流れ、サイケデリックロックの源流となった。サンフランシスコでは、ジェファーソン・エアプレイン、グレイトフル・デッドと並ぶ3大グループとされ、ヒッピーたちから神格化されていた。チャートを賑わせるようなグループではなかったため日本ではあまり知られていないが、4作目となる本作『ただ愛のために(原題:Just For Love)』は典型的なサンフランシスコ・サウンドが詰まったサイケデリックロック(アシッドロック)の名盤だ。

■ヒッピー、ドラッグ、ラブ&ピース

60年代中頃のアメリカ産サイケデリックロックは、日本人に最も縁遠かったサウンドだと言ってもいいだろう。当時、サンフランシスコの3大グループと言われたのがジェファーソン・エアプレイン、グレイトフル・デッド、そしてQMSであったが、公民権運動、ヒッピー、ドラッグ、ベトナム戦争などと関連があり、それらは当時の日本の若者にしてみれば映画の世界のようで、自分たちの日常とは全くかけ離れていたのである。ベトナム戦争や公民権運動については勉強すれば分かるから、まだ理解できた。しかし、ドラッグやヒッピーの生活については、皆目見当がつかなかった。中学生になって、スタンリー・キューブリックの映画『2001年宇宙の旅』(‘68)を観たり、トム・ウルフの『クール・クール LSD交感テスト』(’71)やチャールズ・ライクのベストセラー『緑色革命』(‘71)を読んだりしたものの、どう転んでも体験できないだけに分からなかった。

「こんな感じ」というのが少しわかった気分になったのが、グレイトフル・デッドの『ライブ/デッド』(‘69)に収録された23分におよぶ「ダークスター」を聴いたとき。この曲は、デッドのスタジオ録音盤とは明らかにサウンドが違っていて、当時のオーディエンスが求めるものが理解できた“気”がしたものである。90年代以降、デッド、ジェファーソン、QMSらの60s〜70sの発掘ライブ音源が次々にCDでリリースされるようになり、日本と違ってアメリカでの彼らの人気は凄いものだったということを再認識した。

■モンタレー・ポップ・フェスティバル

サンフランシスコ周辺にミュージシャンやヒッピーたちが急激に増えるのは、67年に開催されたモンタレー・ポップ・フェスの頃からである。69年のウッドストック・フェスに先駆けて行われた大規模のこのコンサートでは、ビートルズ、ストーンズ、ディランなどの世界的なスターが参加しなかったこともあって、デッドをはじめ、ジェファーソン・エアプレイン、ジャニス・ジョプリン、QMSらのようなシスコのサイケデリックロック(呼び方はアシッドロックでもいい)のグループが目玉となった。他の場所から参加したオーティス・レディングやアニマルズ等の真面目(?)なグループと比べて、ザ・フーやジミヘンは破壊的な演奏で注目を浴びてはいたものの、シスコで活動する3大グループとジャニスらが全体の空気をコントロールしていたのは間違いない。

フェスのあとは、シスコに移住するヒッピーたちが激増し、彼らはデッド、ジェファーソン、QMSのコンサートに大挙して参加する。その多くがドラッグを楽しむという目的ではあったが、アーティスト側もドラッグ漬けで演奏していることが多く、この時代のサンフランシスコ・サウンドはドラッグ抜きでは語れないことから、サイケデリックロックとかアシッドロックなどと呼ばれることになったのだ。フィルモア・オーディトリアムのオーナー、ビル・グレアムは3大グループをしょっちゅう出演させていたので、シスコでの3大グループの人気はうなぎのぼりで、レコード会社の多くが彼らと契約しようと躍起になっていた。僕の個人的な感想では、サンフランシスコで活動していた多くのロックグループは、ライブとスタジオ録音では別人のように違う。これがサンフランシスコ・サウンドの特徴で、レコード会社はもっと売れると考えていたのかもしれないが、実際にはジェファーソン・エアプレインが2〜3曲のヒットを飛ばすのみであった。デッドもQMSも全米レベルのシングルヒットなど考えておらず、巨大化したヒッピー集団が熱狂するだけで満足していたのではないだろうか。

■クイックシルバー・メッセンジャー ・サービスの歩み

QMSは、東海岸でフォーク・リバイバルの洗礼を受けたディノ・バレンティをリーダーとするグループで、64年に結成されている。彼は、アメリカ人なら誰もが知っているロックの古典「ゲット・トゥゲザー」(ヤングブラッズの大ヒット曲)のソングライターとして著名な存在だ。当初はバレンティのカリスマ性が注目され人気を呼ぶが、ドラッグのゴタゴタなどもあって、バレンティは投獄されてしまう。ほかにもアレックス・スペンスがジェファーソン・エアプレインに引き抜かれてしまい、翌年、ふたりの代わりにギターのゲイリー・ダンカンとドラムのグレッグ・エルモアが加入し、オリジナルメンバーでギターのジョン・シポリナ、ベースのデヴィッド・フライバーグを中心に4人組として再スタート。このメンバーでモンタレー・ポップ・フェスに参加し、卓越したギタープレイに注目が集まった。大手のキャピトルレコードと契約した彼らは、68年に『Quicksilver Messenger Service』でデビュー、全米チャートで63位となる。デビュー作としてはまずまずの結果であったが、スタジオ録音では自分たちの魅力は伝えられないと、2作目の『愛の組曲(原題:Happy Trails)』(‘69)はフィルモア・イーストとフィルモア・ウエストで録音されたライブ作品となった。アルバムは長尺のナンバーで占められ、彼らのライブアクトとしての魅力が詰まった作品となった。全米27位を獲得するなど成功を収めたが、いま聴くと古臭さは否めない。

『愛の組曲』リリース後、ゲイリー・ダンカンがドラッグ中毒を癒やすために一時脱退、その穴を埋めるためにキーボード奏者のニッキー・ホプキンスが加入する。ホプキンスは、ブリティッシュロック界を代表するピアノ奏者である。ストーンズ、キンクス、ジェフベック・グループなどと彼は共演し、輝かしい成果を残している。そのホプキンスが参加してリリースされた『シェイディ・グローブ』(‘69)は、これまでのサウンドを一新し、スタジオ作でようやく満足のいく作品を作り上げた。ホプキンスに負うところは大きいものの、グループとしてのまとまりが感じられる異色ながらも好盤となった。9分以上におよぶホプキンス作のインスト「Edward, The Mad Shirt Grinder」はロックファン必聴のナンバー。全米25位。

■本作『ただ愛のために』について

いよいよ、オリジナルメンバーのバレンティが刑務所から出られることとなり、70年にグループに合流する。ドラッグ治療のダンカンも戻り、グループが最高の布陣となったなかでリリースされたのが本作『ただ愛のために』だ。前作ほどホプキンスは前面に出ることはなく、バレンティのリーダーシップが感じられるサウンドである。収録された9曲中、8曲がバレンティによって書かれたもの。本作はこれまでのアルバムと比べると、異色だった前作をベースにライブ時のサウンド感覚をミックスしたような仕上がりになっている。本作は、バレンティのソングライターとしてのすぐれた才能が生かされたアルバムで、彼らとしては珍しくシングルカットした「Fresh Air」が全米49位まで上昇している。この曲は彼らの最初で最後のヒット曲となった。

本作の後にリリースされた『What About Me』(‘70)は、『ただ愛のために』と同時に録音された6曲を含んでいるので、2枚組と捉えても良いかもしれない。どちらにしても、この時期の彼らは制作意欲も旺盛で、この2枚が彼らの代表作と考えるべきだろう。

このあと、ホプキンスとオリジナルメンバーのジョン・シポリナが脱退、デヴィッド・フライバーグは麻薬で投獄され、グループは大打撃を受ける。キーボードにバタフィールド・ブルースバンドの名手マーク・ナフタリンを迎え、71年に『Quicksilver』をリリースするが売り上げは伸びず、グループは失速していく(でも、僕は大好きなアルバム)。実はこの時、ロックシーンの中心はシスコからロサンジェルスへと移り変わりつつあり、ヒッピーも激減、すでにサイケデリックロックの時代は終わっていたのである。

今回は、日本でも小ヒットした「Fresh Air」が収録された『ただ愛のために』をセレクトした。日本で注目されることの少ないサンフランシスコ・サウンドの典型例として、ぜひクイックシルバー・メッセンジャ・サービスを聴いてみてください。

TEXT:河崎直人

アルバム『ただ愛のために』

1970年発表作品



<収録曲>
1.ウルフ・ラン (パート 1)/Wolf Run (Part 1)
2.ただ愛のために (パート 1)/Just For Love (Part 1)
3.コブラ/Cobra
4.ザ・ハット/The Hat
5.フリーウェイ・フライヤー/Freeway Flyer
6.ゴーン・アゲイン/Gone Again
7.フレッシュ・エアー/Fresh Air
8.ただ愛のために (パート2)/Just For Love (Part 2)
9.ウルフ・ラン (パート2)/Wolf Run (Part 2)



【関連リンク】
サイケデリックロックの代表格として知られるクイックシルバー・メッセンジャー・サービスの名盤『ただ愛のために』
Quicksilver Messenger Serviceまとめ
HIV/AIDSキャリア支援ライブにて全出演アーティスト収録のオムニバスCDを無料配布

【関連アーティスト】
Quicksilver Messenger Service
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, アルバム, リリース

HIV/AIDSキャリア支援ライブにて全出演アーティスト収録のオムニバスCDを無料配布
Fri, 26 Oct 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2013年より、河村隆一、SUGIZO、AUTO-MODなどボーダーレスかつ豪華な出演者勢により毎年開催となるHIV/AIDSキャリア支援を目的としたチャリティライブ『HOPE AND LIVE』が、今年もワールド・エイズ・ウイークの日曜日12月2日に渋谷clubasia・VUENOSの二会場同時開催の形で開催される。

今年の開催は90年代V系の伝説的アーティスト集結するclubasia[RED STAGE]と、ゴス・パンク・エクストリームに焦点を当てたVUENOS[BLACK STAGE]の2会場同時開催となる。clubasia[RED STAGE]には、「石月努」のアコースティック編成による出演の他、「THE DEAD P☆P STARS」「THE SOUND BEE HD」「tezya」「SPEED-iD」「Aphrodite」に加え「RENAME」の出演が追加発表となり、全7組のアーティストが出演となる。

VUENOS[BLACK STAGE]には、HAL、EURO(SPEED-iD)がかつて活動し1992年に解散となった「The Otherside」一夜の再結成GIGの他、「Madame Edwarda」「krishna blue」「コンチネンタル・キッズ」「フルダヌキ」「functioncode」「XTEEN」に加え「13th Moon」の出演が追加発表となり、全8組のアーティストが出演となる。

そして更に、本年度の開催では初の試みとして、この総勢全15組の出演アーティストが収録されたオムニバスCDが無料配布されることが決定となった。このCDはHIV/AIDSキャリア支援の啓蒙を目的としたパンフレットに同梱される形となり「ビジュアル、テキスト、そして音楽による啓蒙活動」という意味合いをもって配布される。

■『NPO法人JoinLIFE機構PRESENTS HIV/AIDSキャリア支援 「HOPE AND LIVE 2018」』

12月02日(日) 渋谷clubasia / VUENOS 2会場同時開催
■渋谷clubasia [RED STAGE]
開場/開演:14:00/15:00(予定)
出演:石月努 / THE DEAD P☆P STARS / tezya / THE SOUND BEE HD / Aphrodite / RENAME / SPEED-iD
前売/当日:3,000円/3,500円(+1D)
■渋谷VUENOS [BLACK STAGE]
開場/開演:15:00/16:00(予定)
出演:The Otherside / Madame Edwarda / krishna blue / コンチネンタル・キッズ / functioncode / フルダヌキ / 13th Moon / XTEEN
前売/当日:3,000円/3,500円(+1D)

※2会場通し入場フリーリストバンド5,000円(前売) 6,000円(当日)にて発売
※入場者に「HIV/AIDSキャリア支援啓蒙パンフレット」と「全出演アーティスト収録の限定盤オムニバスCD」を無料配布。数量限定。当日券にてご入場の方多数の場合、先着順にて配布終了。



【関連リンク】
HIV/AIDSキャリア支援ライブにて全出演アーティスト収録のオムニバスCDを無料配布
石月努まとめ
THE DEAD P☆P STARSまとめ
THE SOUND BEE HDまとめ
tezyaまとめ

【関連アーティスト】
石月努, THE DEAD P☆P STARS, THE SOUND BEE HD, tezya, SPEED-iD, Aphrodite, krishna blue, コンチネンタル・キッズ, フルダヌキ, functioncode, XTEEN, Madame Edwarda
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1