歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年10月20日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/10/29
2018/10/28
2018/10/27
2018/10/26
2018/10/25
2018/10/24
2018/10/23
2018/10/22
2018/10/21
2018/10/20
2018/10/19
2018/10/18
2018/10/17
2018/10/16
2018/10/15
2018/10/14
2018/10/13
2018/10/12
2018/10/11
2018/10/10
2018/10/09
2018/10/08
2018/10/07
2018/10/06
2018/10/05
2018/10/04
2018/10/03
2018/10/02
2018/10/01
2018/09/30
2018/09/29
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
さくらしめじ、最新EPの収録曲&ジャケット公開
Sat, 20 Oct 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

さくらしめじが11月28日にリリースするEP『うたはつづくよどこまでも』の収録内容とジャケットビジュアルが公開された。

EP『うたはつづくよどこまでも』はNHK『みんなのうた』で放送された「スプーンの初恋 〜あゝ、好きだよベイベー〜」、コレサワの提供曲「届けそこねたラブソング」、AAA「恋音と雨空」のカバー、リード曲「My Sunshine」の全4曲を収録。 CD+DVD盤、通常盤、イベント盤の3形態でのリリースとなり、CD+DVD盤、通常盤にはQRコードが封入。昨年のTOKYO DOME CITY公演で披露したオリジナル曲が弾き語りバージョンでダウンロードできる。 なお、「My Sunshine」は、リリースツアーの初日となる10月28日のNIIGATA LOTSで初披露される予定だ。

さくらしめじの田中は「野音でのライブを経て、もっとみなさんと一緒に音楽を楽しみたいという思いが強くなりました。 このEPに思いっきり込めたそんな気持ちがたくさんの人に伝染してほしいな。と強く思ってます」、?田は「リード曲『My Sunshine』は、これからも一歩一歩力強く歩いていくんだという僕達なりの決意を込めた曲です。 この思いは『My Sunshine』だけでなく今回のEPすべてにこめられていて、ちょっと変わったように思われるかもしれませんが、それもいろんな視点やみなさんなりの解釈で受け取ってもらえると嬉しいです! 」と述べている。

■【さくらしめじ コメント】

■田中雅功
僕達さくらしめじの「これから。」
僕達ときのこりあんのみなさんとの「これから。」が詰め込まれたEPです。
野音でのライブを経て、もっとみなさんと一緒に音楽を楽しみたいという思いが強くなりました。
このEPに思いっきり込めたそんな気持ちがたくさんの人に伝染してほしいな。と強く思ってます。
「うたはつづくよどこまでも。」タイトル通り、僕達と、みなさんの歌がどこまでも続きますように。
ぜひ聴いてください!

■リード曲「My Sunshine」は、これからも一歩一歩力強く歩いていくんだという僕達なりの決意を込めた曲です。
この思いは「My Sunshine」だけでなく今回のEPすべてにこめられていて、ちょっと変わったように思われるかもしれませんが、それもいろんな視点やみなさんなりの解釈で受け取ってもらえると嬉しいです!
もっともっとたくさんの方々に届くように僕たち頑張っていきます!
たくさん聴いてくださいね〜!

EP『うたはつづくよどこまでも』

2018年11月28日発売



【CD+DVD盤】(CD+DVD)
ZXRC-1176/?2,200(税込)
※期間限定でCD収録曲、「ポンコツデリシャスロード(弾き語りver.)」がダウンロードできるプレイパス封入
<収録曲>
■CD
1.My Sunshine
2.恋音と雨空
3.スプーンの初恋 〜あゝ、好きだよベイベー〜
4.届けそこねたラブソング
■DVD
『みんなが選んだ!さくらしめじライブ映像ベストセレクション!』
・おもいでくれよん@2016.10.9『おたまじゃくしの宴』@よこすか芸術劇場
・夕空小道@2017.4.23『春しめじのeat shun』@TOKYO DOME CITY HALL
・スタートダッシュ@2017.12.9『菌育 in the 家(はうす)スペシャル!』@マイナビBLITZ赤坂
・えそらごと@2017.12.9『菌育 in the 家(はうす)スペシャル!』@マイナビBLITZ赤坂
『「うたはつづくよどこまでも」ジャケット撮影メイキングムービー』






【通常盤】
ZXRC-1177/¥1,500(税込)
※期間限定でCD収録曲、「勉強をしたいのに?(弾き語りver.)」がダウンロードできるプレイパス封入
※特典“うたつづカード”全4種から1枚封入
<収録曲>
1.My Sunshine
2.恋音と雨空
3.スプーンの初恋 〜あゝ、好きだよベイベー〜
4.届けそこねたラブソング



【イベント盤】
ZXRC-1178/¥1,500(税込)
※イベント会場限定販売
※プレイパス封入
<収録曲>
1.My Sunshine
2.恋音と雨空
3.スプーンの初恋 〜あゝ、好きだよベイベー〜
4.届けそこねたラブソング

【ライブ情報】

『リリース記念ライブツアー「うたはつづくよどこまでも」』
10月28日(日) NIIGATA LOTS
11月11日(日) 仙台darwin
12月23日(日) 福岡DRUM LOGOS
【2019年】
1月06日(日) 大阪バナナホール
1月20日(日) 広島クラブクアトロ

『さくらしめじのHappy X\'mash LIVE 2018 in 中野サンプラザ』
12月15日(土) 中野サンプラザ



【関連リンク】
さくらしめじ、最新EPの収録曲&ジャケット公開
さくらしめじまとめ
dps、『名探偵コナン』OPテーマを先行配信&フルMVも公開

【関連アーティスト】
さくらしめじ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, 新曲, EP, ツアー

dps、『名探偵コナン』OPテーマを先行配信&フルMVも公開
Sat, 20 Oct 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

dpsが11月7日にリリースするメジャーデビューシングルのタイトル曲で、TVアニメ『名探偵コナン』のオープニングテーマでもある「タイムライン」がレコチョクにて先行配信リリースされた。なお、レコチョクでは同曲をダウンロードすると期間限定で“dps × 名探偵コナン オリジナル壁紙”がゲットできるキャンペーンも実施だ。

また、「タイムライン」のMVも公開された。演奏するメンバーを何人ものスタッフが取り囲み、スマートフォンで撮影する様子が映し出されている。

dpsは2017年に大阪で結成された、木村涼介(Vo)、森丘直樹(Gt&Cho)、安井剛志(Ba&Cho)、川村篤史(Dr&Cho) からなる4人組バンド。11月17日には堂島リバーフォーラムで開催される『DFT presents 音都 ON TO 〜NEO ROCK from KANSAI〜』に出演する。

シングル「タイムライン」

2018年11月7日発売



【初回限定盤】(CD+Photobook)
GZCA-7172/¥1,500+税
<収録曲>
1.タイムライン
2.さよなら愛しい日々よ
3.タイムライン ?Instrumental-



【名探偵コナン盤】(CD)
GZCA-7173/¥1,000+税
<収録曲>
1.タイムライン
2.さよなら愛しい日々よ
3.タイムライン ?TV Edit-



【通常盤】(CD)
GZCA-7174/¥1,000+税
<収録曲>
1.タイムライン
2.さよなら愛しい日々よ
3.タイムライン ?Instrumental-



【関連リンク】
dps、『名探偵コナン』OPテーマを先行配信&フルMVも公開
dpsまとめ
筋肉少女帯、『緊急検証!THE MOVIE』主題歌のMV公開&ニコ生特番決定

【関連アーティスト】
dps
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, CD, 新曲, 配信, オープニング

筋肉少女帯、『緊急検証!THE MOVIE』主題歌のMV公開&ニコ生特番決定
Sat, 20 Oct 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

メジャーデビュー30周年を迎えた筋肉少女帯の新曲「オカルト」のMVが公開された。

「オカルト」は10月31日にリリースされるニューアルバム『ザ・シサ』 の収録曲で、来年公開予定の映画『緊急検証!THE MOVIE』の主題歌。『緊急検証!THE MOVIE』は大槻ケンヂが出演しているCSファミリー劇場のバラエティー番組『緊急検証!』の映画版となる。MVは筋肉少女帯のライヴ映像や、コックリさん、UMA、宗教画、怪現象を捉えた動画などで構成されている。

また、『衝撃の筋肉少女帯全員出演ニコ生特番・リターンズ!!』が11月2日にニコニコ生放送で配信されることもあわせて発表された。司会をNoGoDの団長が務め、ライヴ映像やMVのオンエアに加え、メンバーも出演する。放送前日の11月1日には、昨年オンエアされた『【筋肉少女帯】メンバー全員ニコ生初降臨★ニューアルバム「Future!」発売記念特番』が再放送される。

全12曲を収録した『ザ・シサ』 は初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤の3形態でリリース。全形態にトレーディングカードや『筋少握手会』の応募券が封入。初回限定盤には『筋少動画02』と題した映像作品が収められる。『筋少動画02』には、『月光蟲』のレコーディング風景や、MV撮影時のオフショット、移動時やステージ裏でのシーン満載も織り込まれたライヴ映像など『レア映像流しっぱなし!90年代の記録』が映し出される。なお、タワーレコード新宿店では10月30日から衣装展の開催が開催。

さらに、大槻ケンヂの新たなプロジェクト“大槻ケンヂミステリ文庫”のアルバムが12月5日にリリースされる。こちらも要チェックだ。

■【ニコニコ生放送特番概要】

ニコニコ生放送『衝撃の筋肉少女帯全員出演ニコ生特番・リターンズ!!』
11月02日(金)19:00〜22:30
※プレミア放送枠あり
http://live2.nicovideo.jp/watch/lv316373516

ニコニコ生放送『筋肉少女帯】メンバー全員ニコ生初降臨★ニューアルバム『Future!』発売記念特番[再] 』
11月01日(木)20:00〜23:30
http://live2.nicovideo.jp/watch/lv316373453

アルバム『ザ・シサ』

2018年10月31日発売



【初回限定盤A】(CD+Blu-ray)
TKCA-74724/¥5,400(税込)
※大槻ケンヂによる『筋少動画02』ライナーノーツ、 トレーディングカード全10種のうち1種がランダム封入
【初回限定盤B】(CD+DVD)
TKCA-74725/¥4,860(税込)
※大槻ケンヂによる『筋少動画02』ライナーノーツ、トレーディングカード全10種のうち1種がランダム封入
<収録曲>
■CD
1.セレブレーション
2.I,頭屋
3.衝撃のアウトサイダー・アート
4.オカルト
5.ゾンビリバー 〜 Row your boat
6.なぜ人を殺しちゃいけないのだろうか?
7.宇宙の法則
8.マリリン・モンロー・リターンズ
09.ケンヂのズンドコ節
10.ネクスト・ジェネレーション
11.セレブレーションの視差
12.パララックスの視差
■Blu-ray&DVD
・『筋少動画02』



【通常盤】(CD)
TKCA-74726/¥3,240(税込)
※トレーディングカード全10種のうち1種がランダム封入
<収録曲>
1.セレブレーション
2.I,頭屋
3.衝撃のアウトサイダー・アート
4.オカルト
5.ゾンビリバー 〜 Row your boat
6.なぜ人を殺しちゃいけないのだろうか?
7.宇宙の法則
8.マリリン・モンロー・リターンズ
09.ケンヂのズンドコ節
10.ネクスト・ジェネレーション
11.セレブレーションの視差
12.パララックスの視差



【関連リンク】
筋肉少女帯、『緊急検証!THE MOVIE』主題歌のMV公開&ニコ生特番決定
筋肉少女帯まとめ
NoGoDまとめ
[ALEXANDROS]の新ALがアナログ化! Snack Time! とのコラボ企画も始動

【関連アーティスト】
筋肉少女帯, NoGoD
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, CD, アルバム, 主題歌, 映画

[ALEXANDROS]の新ALがアナログ化! Snack Time! とのコラボ企画も始動
Sat, 20 Oct 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

11月21日にリリースされる [ALEXANDROS]のニューアルバム『Sleepless in Brooklyn』のアナログ盤が、12月19日に発売となることがわかった。

アルバムには木村拓哉が主演するPlayStation(R)4用ソフト『JUDGE EYES:死神の遺言』の主題歌「アルペジオ」をはじめ、映画「BLEACH」主題歌「Mosquito Bite」、東京メトロ『Find my Tokyo.』CMソング「ハナウタ」など全13曲が収録されており、アナログ盤は完全生産限定商品となる。

また、今回の制作の拠点としていたニューヨークの“ストリート・ベンダー”をモチーフにしたフードプロジェクト『Snack Time! 』とのコラボレーション企画が始動! そのティザー映像が公開された。制作生活を送る中でストリート・ベンダーと触れ合い、そこで川上洋平(Vo&Gt)が少年時代の思い出の味 シャワルマに再会し、メンバーにも推薦。メンバーはシャワルマを食べながら日々の制作に挑んでいたという縁で、 今回のコラボが実現した。

『Snack Time! feat. [ALEXANDROS] "』は『Sleepless in Brooklyn』の世界観を表現した空間が展開され、同時にTシャツやキャップ、ラガーグラスなど、ここでしか手に入らないコラボグッズを販売するとのこと。イベントは11月14日にそこ?う横浜店で開催され、西武渋谷店、西武大津店、西武池袋店を巡る。

■アルバム『Sleepless in Brooklyn』特設サイト
https://sp.universal-music.co.jp/alexandros/

■『Snack Time! feat. [ALEXANDROS] 』詳細

11月14日(水)〜11月26日(月) そこ?う横浜店
11月20日(火)〜11月26日(月) 西武渋谷店
11月30日(金)〜12月10日(月) 西武大津店
12月18日(火)〜12月25日(火・祝) 西武池袋店

■『Snack Time! feat. [ALEXANDROS] 』オフィシャルHP
http://snacktime.jp

アルバム『Sleepless in Brooklyn』

CD:2018年11月21日発売
アナログ盤:2018年12月19日発売



【初回限定盤A】 (CD+Blu-ray)
UPCH-7471/¥6,800+税
【初回限定盤B】(CD+DVD)
UPCH-7472/¥5,800+税
【完全生産限定盤】 (2CD+GOODS+ DVD>
UPCH-7470/¥8,800+税
【通常盤】(CD)
UPCH-2180/¥3,000+税
【完全生産限定アナログ盤】(2アナログ盤)
UPJH-9060/1/¥4,000+税
<収録曲>
■CD&アナログ
1. LAST MINUTE
2.アルペジオ
3.Mosquito Bite
4.I Don\'t Believe In You
5.ハナウタ
6. PARTY IS OVER
7.MILK
8. spit!
9.KABUTO
10. Fish Tacos Party
11.Your Song
12.SNOW SOUND
13.明日、また
■Blu-ray&DVD ※初回限定盤のみ
『VIP PARTY 2018 at ZOZO MARINE STADIUM』
1.ワタリドリ
2.For Freedom
3.city
4.Cat 2
5.Waitress, Waitress!
6.spy
7.Forever Young
8.Starrrrrrr
9.Droshky!
10.Run Away
11.Girl A
12.ムーンソング
13.Oblivion
14.This is Teenage
15.Wanna Get Out
16.Famous Day
17.Kill Me If You Can
18.Waterdrop
19.Thunder
20.Travel
21.Leaving Grapefruits
22.LAST MINUTE
23.明日、また
24.I Don\'t Believe In You
25.Mosquito Bite
アンコール
1.ハナウタ
2.Adventure
3.Kick&Spin
・終演後、会長と楽屋にて (Director\'s cut)



【関連リンク】
[ALEXANDROS]の新ALがアナログ化! Snack Time! とのコラボ企画も始動
[ALEXANDROS]まとめ
WANIMA、yonige、chelmicoが『unBORDE LUCKY 7TH TOUR』で熱演

【関連アーティスト】
[ALEXANDROS]
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, コラボレーション, CD, アルバム

WANIMA、yonige、chelmicoが『unBORDE LUCKY 7TH TOUR』で熱演
Sat, 20 Oct 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

<ワーナーミュージック・ジャパン>内レーベル<unBORDE>の設立7周年を記念して7大都市で開催されるツアー『unBORDE LUCKY 7TH TOUR』の初日公演が、10月19日に仙台PITで行なわれた。

ツアーのスタートを飾ったのは、今年8月にメジャーデビューしたばかりのchelmico。 WANIMAのグッズTシャツを着て「WANIMAでーす!」と登場した2人を、フロアは手をあげて大きな歓声で迎えた。1曲目の「Highlight」からライヴはスタート。「こんなに大きな会場は、はじめてなんです」と語りながらも堂々としたステージングをみせた。 MCでは「はじめましてのお客さんが多いだろうし、不安だったのでWANIMAさんの威を借りました(笑)」と真意を明かし、「RIP SLYMEに憧れてラップをはじめました」と<unBORDE>との出会いを語った。「OK、Cheers!」での振り付けや、「Player」でオーディエンスが空中で回すタオル、「Love is Over」のコールアンドレスポンスなど、chelmicoを初めて観る来場者も巻き込んで、ツアーのスタートを賑やかに飾った。

続いて登場したyonigeは、最新ミニアルバム『HOUSE』の収録曲「リボルバー」でスタートし、「our time city」へと繋げ、じわじわと会場の熱量も上がっていく。「大阪寝屋川yonigeです」と自己紹介をし、「<unBORDE>に入って1年ぐらいたちますけど、<unBORDE>ってジャンプの主人公みたいな人ばっかりですよね」 「だからこのツアーも本当にカオス。一発目がWANIMAとchelmicoとyonigeって!笑」と、レーベルについて語った。新作に収録の「顔で虫が死ぬ」から「どうでもよくなる」「しがないふたり」、「さよならアイデンティティー」まで、新旧織り交ぜた選曲で骨太なパフォーマンスをみせ、ラストは「最愛の恋人たち」のハウリングを残してステージを後にした。

ラストを飾るのはWANIMA。 オープニングSEの「JUICE UP!!のテーマ」から観客のテンションはこの日の最高潮に。「Japanese Pride」「つづくもの」と勢いのいいスタートを切った直後、「WANIMAでした!」と言い残してステージは暗転。フロアから即刻「アンコール!」の声が湧くとすぐにステージに舞い戻り、「オドルヨル」「いいから」と続けざまにダンサブルな楽曲を披露した。そこから一転して「ヒューマン」をじっくりと聴かせ、さらにアップテンポな「Hey Lady」へと繋ぎ、緩急をつける。「<unBORDE>に大きな拍手を! 支えてくれるみんなに大きな拍手を!」とのMCから演奏された「HOME」ではファンが合唱する姿も。本編最後は「シグナル」で大団円と思いきや、自らの煽りからアンコールへ突入し、彼らのライヴでは恒例となっているリクエストコーナーへ。ステージから指名した観客のリクエストを受付るとすかさず「リベンジ」「エル」をパフォーマンスし、集まったファンたちを魅了した。

『unBORDE LUCKY 7TH TOUR』はこの後も札幌、広島、名古屋、福岡、大阪、東京を巡る。各会場にはレーベルに所属する高橋優、チームしゃちほこ、奇妙礼太郎、あいみょん、神聖かまってちゃん、tofubeats、DADARAY、きゃりーぱみゅぱみゅ、indigo la End、R?E、ジェニーハイなど、それぞれ個性的なアーティストがラインナップ。チケットは現在販売中だ。

photo by Yukihide“JON...”Takimoto

【セットリスト】
■chelmico
1.Highlight
2.Countdown
3.Timeless
4.Honey Bunny
5.OK, Cheers!
6.Player
7.Love is Over
■yonige
1.リボルバー
2.our time city
3.顔で虫が死ぬ
4.どうでもよくなる
5.しがないふたり
6.さよならアイデンティティー
7.最愛の恋人たち
■WANIMA
1.Japanese Pride
2.つづくもの
3.オドルヨル
4.いいから
5.ヒューマン
6.Hey Lady
7.HOME
8.シグナル
アンコール
9.リベンジ
10. エル

「unBORDE LUCKY 7TH TOUR」

10月21日(日) 北海道Zepp Sapporo
出演:高橋優/yonige/chelmico 
10月27日(土) 広島CLUB QUATTRO
出演:チームしゃちほこ/奇妙礼太郎/あいみょん/R?E
10月28日(日) 愛知Zepp Nagoya
出演:高橋優/チームしゃちほこ/あいみょん/R?E
11月03日(土・祝) 福岡DRUM LOGOS
出演:神聖かまってちゃん/チームしゃちほこ/tofubeats/DADARAY/ジェニーハイ
11月04日(日) 大阪Zepp Osaka Bayside
出演:神聖かまってちゃん/チームしゃちほこ/tofubeats/DADARAY/ジェニーハイ
11月08日(木) 東京Zepp Tokyo
出演:きゃりーぱみゅぱみゅ/indigo la End/あいみょん/chelmico



【関連リンク】
WANIMA、yonige、chelmicoが『unBORDE LUCKY 7TH TOUR』で熱演
chelmicoまとめ
yonigeまとめ
WANIMAまとめ
BUMP OF CHICKEN、ニューシングル付属DVDのトレイラー映像公開

【関連アーティスト】
chelmico, yonige, WANIMA
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ヒップホップ, ツアー, セットリスト, ライブレポ

BUMP OF CHICKEN、ニューシングル付属DVDのトレイラー映像公開
Sat, 20 Oct 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

?BUMP OF CHICKENが11月14日にリリースするニューシングル「話がしたいよ / シリウス / Spica」の特典と、初回限定盤に付属するDVDの収録内容を公開した。

初回限定盤付属DVDには収録曲とタイアップ作品のコラボレーションMVが収録。「話がしたいよ」は映画『億男』の本編映像を使用しており、現在東宝の公式YouTubeチャンネルで公開された映像とは異なるカットが登場する。「シリウス」「Spica」はTVアニメ『重神機パンドーラ』のオープニングおよびエンディング映像をベースとし、新規カットを加えて構成される。BUMP OF CHICKENの公式YouTubeチャンネルでは、コラボMVを視聴できるトレイラー映像が期間限定で公開中だ。

店舗別特典は「話がしたいよ」MVに登場したビジュアルをモチーフに採用。AmazonはA4クリアファイル、TOWER RECODSおよびTOWER RECORDS ONLINEは缶バッジ、TSUTAYA RECORDSはジャケットサイズステッカーシート、HMVおよびHMV & BOOKS onlineはマグネットシート、全国そのほかのCDショップ、オンラインショップはブックカバーが付属する。

シングル「話がしたいよ / シリウス / Spica」

2018年11月14日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
TFCC-89665/¥1,800+税
【通常盤】(CD)
TFCC-89666/¥1,200円+税
<収録曲>
■CD
1.話がしたいよ
2.シリウス
3.Spica
■DVD
1.「話がしたいよ」映画『億男』ver. MV
2.「シリウス」TVアニメ「重神機パンドーラ」ver. MV
3.「Spica」TVアニメ「重神機パンドーラ」ver. MV



【関連リンク】
BUMP OF CHICKEN、ニューシングル付属DVDのトレイラー映像公開
BUMP OF CHICKENまとめ
PrizmaX、2019年カレンダー完成!撮影は森崎ウィンの故郷ミャンマー!

【関連アーティスト】
BUMP OF CHICKEN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, トレーラー, CD, 新曲, 主題歌, 映画

PrizmaX、2019年カレンダー完成!撮影は森崎ウィンの故郷ミャンマー!
Sat, 20 Oct 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

PrizmaXの2019年マンスリーカレンダーが11月27日に発売される。撮影はメンバーの森崎ウィンの出身地であるミャンマーにて行われた。

また、ミャンマーの地上波チャンネルmntvでは森崎がホスト役を務め、メンバーの清水大樹、福本有希、島田翼がレギュラー出演するバラエティ番組『Win\'s Shooow Time!』が11月17日からスタート。今回はミャンマーで行われた同番組の収録にカメラマンが同行し、プライベートで海外旅行を楽しんでいるかのような自然体の写真、番組収録中のオフショット、日本とは少し雰囲気の違うミャンマーの収録スタジオでクールにキメた表情など、様々な姿が詰まったカレンダーとなった。

表紙はミャンマーの首都・ヤンゴンの路上でジャンプする楽しそうな4人の“記念撮影風”の1枚。メンバーの誕生月はオフ感あふれるソロカットとなっている。また、福本と島田の誕生月である5月は“福本バースデーページ”“島田バースデーページ”の2枚を収録する。

なお、11月25日にはHMV&BOOKS SHIBUYAで発売記念イベントを開催。イベント参加方法などの詳細は、オフィシャルHPでチェックしよう。

■カレンダー『PrizmaX Calendar 2019 in Myanmar』の詳細はこちら
http://www.stardustpictures.co.jp/book/2018/prizmax_calendar2019.html

■【PrizmaX コメント】

■森崎ウィン
またまたカレンダーを出せるという事で嬉しいですし、しかも僕の故郷ミャンマーで撮影できたのは本当に嬉しすぎて興奮してます!! ミャンマーでのPrizmaXを感じながら、1年間を共にしてください。

■清水大樹
2019年も皆のそばに飾ってもらえる事が嬉しい。収録の合間で撮影していたので、全部リラックスして楽しく撮れました。完成品を見たんですけど、すごくお気に入りのカレンダーになりましたね! そして7月の写真が好きなので是非見てね^ ^

■福本有希
初めて海外でのカレンダー撮影だったので、日本とは違った空気感で楽しかったです! 朝から夜まで合間を縫っての撮影だったから、眠そうな顔を撮られてたらごめんなさい(笑)! 僕ら4人の自然な部分とかミャンマーの空気感とかを感じてくれたら嬉しいです!

■島田翼
ミャンマーで撮影してきた2019年のカレンダー! 街のリアルな景色に溶け込む素の僕らの姿が写っています。めくり忘れないように! 2019年も毎日楽しもう〜!!

カレンダー『PrizmaX Calendar 2019 in Myanmar』

2018年11月27日発売



サイズ:A5判(リング綴じ・卓上)
ページ数:14ページ(表紙+1月〜12月 ※5月はメンバー2名の誕生月のため2ページ)
価格:¥2,000




【関連リンク】
PrizmaX、2019年カレンダー完成!撮影は森崎ウィンの故郷ミャンマー!
PrizmaXまとめ
MUCC×Psycho le C?mu×Waive、3マンイベントが終幕

【関連アーティスト】
PrizmaX
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN

MUCC×Psycho le C?mu×Waive、3マンイベントが終幕
Sat, 20 Oct 2018 00:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

MUCC、Psycho le C?mu、Waiveによる3マンイベントライブ『MUD FRIENDS 2000〜2018』が10月18日(木)、Zepp Tokyoにてファイナルを迎えた。同イベントは10月14(日)のZepp Osaka Baysideを皮切りに大阪・東京で計4公演を実施。2000年代初頭に時を同じくしてデビューし、ヴィジュアル・シーンをそれぞれの闘い方で生き抜いた?戦友″3 バンドが集い、温かくも熱い対バンを繰り広げた。

17:45、前説のためステージに登場したのはPsycho le C?muのYURAサマ(Dr)。巧みなトークと自他ともに認める「顔の良さ」で観客を虜にし、AYA(G)も合流して彼らの楽曲の「JUNGLE×JUNGLE」の振り付けをレクチャー。フロアは爆笑に包まれ最高のウォーミングアップとなった。

18時、いよいよトップバッターのWaiveのライブがスタート。幕開けを飾ったミディアム曲「HEART.」や中盤で聴き入らせた名バラード「C.」から、「Sad.」「ガーリッシュマインド」というダークな疾走系まで、多彩な楽曲群を披露。「いつか」を力強くラストで放ち、懐かしくも古くならない名曲群で圧倒した。現在のWaiveは解散状態にあり活動ペースは不定期だが、平成最後の日4月30日(火)にはこのZepp Tokyoで2年ぶりワンマンを開催する。田澤孝介(Vo)は、前夜の公演帰りにYUKKE(MUCC/Ba)と「じゃあ、また明日」と言い合えたことを、感慨深そうに語っていた。杉本善徳(Vo&G)は、「まさか2018年にこんなことが起きるなんて、2000年には想像してなかった。MUCCからもサイコ からも『またやろうと』と言われて、明らかに動いてない俺たちのせい、みたいな…(笑)。俺たちの活動がどうなっていくのかは4月30日(火)にかかっている」と繰り返しアピールし笑わせた。演奏時とMCのギャップも含め、その人間味が魅力的なステージだった。

続くMUCCは真っ赤なライトの中「アカ」で幕開け、2000年リリースのインディーズ1st Single「娼婦」や「絶望」など初期曲を中心としたセットリスト。MCコーナーを設けずに楽曲を畳みかけ、仄暗いムードで会場を満たし、妖気と殺気を漂わせていく。逹瑯(Vo)が「大嫌い」のイントロに乗せて「WaiveはMCが多く、サイコはお芝居やら衣装が多く、じゃあMUCCは何を多くアピールしようか? 暴れるしかねーよ!」と語った通り、3バンドは気心知れた盟友だが、本気でせめぎ合う異種格闘技でもあるからこそ、このイベントは楽しく充実したものになっている。「蘭鋳」でフロアの全員を座らせて、「全員、死刑!」の掛け声で一斉ジャンプするまでの間、「ここにいる全員が、またやりたいと思っているイベント」とも語った逹瑯。「次は願わくば、地方のオフもあるツアーがいい」と規模拡大への夢も明かした。ラストは「生と死と君」ですべてを浄化するように清らかに幕を閉じた。Satoち(Dr)が去り際に「JUNGLE×JUNGLE」の振りをすると笑いが起き、会場は温かい空気に包まれた。

大トリを務めたのはPsycho le C?mu。「5年前、5人は伝説のドラゴンに敗れた、そして今日は5人が再開する日…」というナレーションに乗せ、ライブはスタート。コンセプトに基づいた物語のキャラクターとして、メンバーが一人一人紹介されながら登場。前説で振り付けを練習した「JUNGLE×JUNGLE」に始まり、ダンスと歌と演奏とが混ざり合うファンタジックなステージングを展開。メジャーデビュー曲「愛の唄」からポップナンバーの「STAR TRAIN」へと繋げた後のMCで、「MUCC、Waiveを特別な関係だと思っています」「Psycho le C?muもいろいろあったけど、(2バンドが)近くにあり続けてくれていたことで、ステージに戻ってくることができた」と語ったseek(Ba)。「バンドを続けていくので、皆もバンギャル続けてくださいよ!」と呼び掛けると会場は沸き立った。そう、支えるファンが存在しなければ、シーンは存続しないのである。はちゃめちゃな楽しさの果てに、「皆の未来と僕らの夢に」とのDAISHI(Vo)の真剣な語りに続き「REMEMBRANCE」を披露。気迫に満ちたパフォーマンスで締め括り、ステージを去った。

最後に3バンド、13人が4公演中初めて一堂に会し、賑やかにトーク。Waiveを代表して杉本は、「同期に近いバンドで一番好きな2バンド。また全員集まるには活動が潤滑に進まないと。そのためには……(笑)」とこの日何度目かの4月30日(火)のワンマンへのお誘いを繰り返し、笑わせた。「このイベントが決まる10年前からseekと電話で話していて、やっと去年から実現に向けて動き出して。こんな癖が強いバンドが集まって、胸を張れることだと思っています。V系シーンでも我々世代が最強なんじゃないかと。終わって寂しいというより、『またできる』という確信が持てた」と、MUCCからはYUKKEが。seekも再度「出会った頃は、まずこの2バンドを蹴散らさないと上に行かれへんと思ってた。18年経つと、その感情は残ってるけど、ずっとMUCCとWaiveがいたから諦めずに続けてこられた」と感慨深げだった。ほぼ裸で全身赤塗りのいでたちだったseekに、ここで逹瑯が「今どういう格好してるか忘れてたでしょ?」と突っ込み。杉本が「ええ話してたやん!」とフォローする、という3 バンドの掛け合いも楽しく和気藹々。全員揃っての写真撮影でイベントは幕を閉じた。

2000年代初頭にしのぎを削り合い、切磋琢磨してシーンを賑わせていた3 バンドが、それぞれに紆余曲折を経て再度集まった、この2018年。初心を蘇らせながらも、ただノスタルジーに浸るだけではなく、磨き上げて来た力を本気でぶつけ合って放つ熱量に胸打たれた。これから更に各々が進化した末、また3バンドが交差する夜が訪れることに期待したい。    

text by 大前多恵
photo by Rina Asahi

■MUCC オフィシャルHP
https://55-69.com/
■Psycho le C?mu オフィシャルHP
http://psycholecemu.com/
■Waive Official オフィシャルHP
http://www.waivewaive.com/



【関連リンク】
MUCC×Psycho le C?mu×Waive、3マンイベントが終幕
MUCCまとめ
Psycho le Cemuまとめ
Waiveまとめ
山崎エリイ、2ndアルバムより3パターンの衣装で踊るリード曲MV&夜明けの湖で撮影したジャケ写公開

【関連アーティスト】
MUCC, Psycho le Cemu, Waive
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, ライブ, ライブレポ, レポート

山崎エリイ、2ndアルバムより3パターンの衣装で踊るリード曲MV&夜明けの湖で撮影したジャケ写公開
Sat, 20 Oct 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

声優・歌手として活動中の山崎エリイが、11月21日にリリースする2ndアルバム『夜明けのシンデレラ』のジャケット写真、リード曲「a little little thing」のMV Short Ver.を公開した。

ジャケット写真はタイトル通り“夜明け”に湖で撮影されたという、ドレス姿の山崎が印象的なビジュアルに仕上がっている。そして、「a little little thing」のMVでは、ソロとしては初めてMV内でダンスに挑戦。イメージの違う3パターンの衣装を纏う山崎エリイを観ることができる。

山崎エリイは12月23日(日)に東京・AiiA theaterで『山崎エリイ SPECIAL LIVE〜夜明けのシンデレラ〜』を昼・夜公演で開催。チケットはHP先行で申し込みを受け付けている。

アルバム『夜明けのシンデレラ』

2018年11月21日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
COZX-1491〜2/¥3,800+税
<収録曲>
■CD
1. a little little thing
2. Vivid my world
3. 十代交響曲
4. Flowery Dance
5. 未完成のキャンバス
6. Starlight
7. My Twilight
8. Steady
9. シンデレラの朝
10. ラズベリー・パーク
■DVD
「a little little thing」ミュージックビデオ+メイキング映像



【通常盤】(CDのみ)
COCX-40578/¥3,000+税

『山崎エリイ SPECIAL LIVE〜夜明けのシンデレラ〜』

12月23日(日) 東京 AiiA theater
[昼の部] 開場13:00 開演14:00
[夜の部] 開場18:00 開演19:00
料金:全席指定¥6,500(税込)
お問い合わせ先:ホットスタッフ・プロモーション TEL:03-5720-9999(平日12:00〜18:00)

<チケットHP先行受付中!>
受付期間:2018年10月12日(金)18:00〜2018年10月22日(月)23:59
当落発表:2018年10月25日(木)18:00頃



【関連リンク】
山崎エリイ、2ndアルバムより3パターンの衣装で踊るリード曲MV&夜明けの湖で撮影したジャケ写公開
山崎エリイまとめ
SUPER★DRAGON 楽『楽楽★PAINT』- 第25回『セブン』 -

【関連アーティスト】
山崎エリイ
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, シンガーソング・ライター, ミュージックビデオ, MV, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス, ライブ, ワンマン, チケット

SUPER★DRAGON 楽『楽楽★PAINT』- 第25回『セブン』 -
Sat, 20 Oct 2018 10:00:00 +0900


SUPER★DRAGONの楽が、大好きな映画のイメージを絵に描いてみなさんにオススメします!

今回僕が選んだ映画は『セブン』です!

この映画は、ベテラン刑事のサマセットと新人刑事のミルズが、
七つの大罪に沿った連続猟奇殺人事件を追うサスペンスです!

事件現場の描写はすごく酷くて目を背けたくなるけど、
映像としてはすごく美しくて芸術的な映画でした。

今回の絵は、七つの大罪をモチーフに操り人形を描きました。

操っているのは誰か、どうして罪が6つしかないのか、
この絵の謎も映画を観て解き明かしてください!

SUPER★DRAGON

スーパー★ドラゴン:スターダストプロモーションが手掛ける若手俳優集団・恵比寿学園男子部“EBiDAN”から生まれた、9人組ミクスチャーユニット。通称“スパドラ”。2016年11月にリリースしたデビューシングル「Pendulum Beat!」は人気アニメ『遊☆戯☆王ARC-V』のオープニング主題歌となり、オリコンデイリーチャート3位にランクイン。ヘヴィロックにラップやダンス、メンバーによるヒューマンビートボックスまで融合させた、ニューミクスチャースタイルな楽曲に、目まぐるしく変わる9人のフォーメーションダンス、そしてキャッチーで一緒に踊りたくなる振り付けが特徴。



【関連リンク】
SUPER★DRAGON 楽『楽楽★PAINT』- 第25回『セブン』 -
SUPER★DRAGONまとめ
OLDCODEX Painter YORKE.『WHY I PAINT〜なぜボクがえをかくのか〜』- 第70回 ♪Awful Things / Lil Peep -

【関連アーティスト】
SUPER★DRAGON
【ジャンル】
SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」, J-ROCK, ギャラリー, 連載コラム, okmusic UP\'s vol.170, EBiDAN

OLDCODEX Painter YORKE.『WHY I PAINT〜なぜボクがえをかくのか〜』- 第70回 ♪Awful Things / Lil Peep -
Sat, 20 Oct 2018 10:00:00 +0900


“記憶以外何もかも”
もし燃やし尽くしたとして
僕には何が残るのか。

季節はいつの間にか変わってて
朝の気温に驚いたりする。
それは毎年のことなのに。
あと何回、この感情を抱くことが出来る?
あと何度、季節の移り変わりを感じることが
出来るのだろう。

そんなことを考えてる部屋のスピーカーで
Lil Peepが歌ってる。
“When I die You will love me”
彼が最後に残した言葉の意味に近づいてみる。
若さ故のデンジャラスなゾーンに
僕自身の記憶が呼び覚まされる。
思い出したくない事と
いつまでも忘れられない美しい景色。

とりあえず今日は何かを捨てよう。
ぐるぐるした感情でもいいし、
ずっと部屋で転がってるガラクタでもいい。
着信拒否なんてことはしないよ。
でも電話で話すことはもうないだろう。
それよりも季節の移り変わりを感じていたいんだ。
例え花が枯れても右腕の薔薇は記憶してる。

僕は特別な存在なんかじゃないし、きっと君もそう。
Bother me, tell me awful things
You know I love it when you do that
そうしてくれたら嬉しいな。

YORKE. / october, 2018

OLDCODEX

オルドコデックス:2009年に結成。ラウド、ダンス、パンク等の様々な要素を取り込んだサウンド、それにインスパイアされながらアートワークを作り出すペインティングにより、観る者、聴く者の、五感を刺激する作品を打ち出している。TVアニメシリーズの主題歌を担当することも多く、『SERVAMP』『GOD EATER』『黒子のバスケ』『Free!』シリーズ等、タイアップは多岐にわたる。15年に初の日本武道館公演を行ない、16年6月に発売した4thアルバム『Fixed Engine』では、オリコンウィークリーチャート3位を記録。ライヴではYORKE.自らが制作に携わる巨大なセットという名のアートを背負い、その存在感を見せつけている。そして、バックドロップにも必ず手を加えるので、常に作り手の体温が感じられることも特徴のひとつ。国内を中心としつつ、アメリカ・台湾・中国・韓国・シンガポールでもライヴを敢行するなど、ワールドワイドな活動を行なっている。



【関連リンク】
OLDCODEX Painter YORKE.『WHY I PAINT〜なぜボクがえをかくのか〜』- 第70回 ♪Awful Things / Lil Peep -
OLDCODEXまとめ
コブクロ、20周年イヤーの集大成とも言うべき全国ツアー詳細決定

【関連アーティスト】
OLDCODEX
【ジャンル】
OLDCODEX / 「WHY I PAINT 〜なぜボクがえをかくのか〜」, J-ROCK, ギャラリー, okmusic UP\'s vol.170

コブクロ、20周年イヤーの集大成とも言うべき全国ツアー詳細決定
Sat, 20 Oct 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

結成20周年を迎え、12月5日に初のコンプリートベストアルバム『ALL TIME BEST 1998-2018』をリリースするコブクロが、20周年イヤーの集大成とも言うべき全国ツアー『KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY TOUR』の詳細を発表した。

アニバーサリーイヤーとなる2019年はベストアルバム『ALL TIME BEST 1998-2018』を携え、3月20日(水)長野・ホクト文化ホールからスタート。近年のツアーでは行くことができなかった岩手、初めての開催となる鹿児島、7年連続となる京セラドーム大阪などを含む、全国15都市32公演を実施する予定だ。

チケット販売は一般発売に先駆け、ファンサイト会員を対象としたチケット先行を10月23日(火)からツアー特設サイトで受付開始する。ツアースケジュールやチケット先行詳細については、ツアー特設サイトへ。

なお、今回の全国ツアーにおいても「EMTG電子チケット」を全公演で導入。EMTG電子チケットはチケットの申し込みから受取から当日の入場まで、スマホ1台だけで簡単に手続きが可能。スマートフォンに“ポン!”とスタンプを押すだけでスムーズに入場ができ、ライヴ終了後も余韻を楽しんでもらえるように、ライヴ写真、ムービーなどの記念コンテンツの配信を行なう「ライブコレクション」のサービスを提供する。

また、コブクロはこれまでもオークション、転売サイトでの高値での不正転売を防ぐ取り組みとして、入場時の本人確認を実施。ライヴに行けなくなった場合、定価取引、入場保証など、取引から入場まで安心の「チケットトレード」サービスを採用している。

■『KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY TOUR』

3月20日(水) 長野 ホクト文化ホール 大ホール(長野県県民文化会館)
3月21日(木) 長野 ホクト文化ホール 大ホール(長野県県民文化会館)
3月30日(土) 愛媛 ひめぎんホール(愛媛県県民文化会館)
3月31日(日) 愛媛 ひめぎんホール(愛媛県県民文化会館)
4月12日(金) 北海道 札幌文化芸術劇場 hitaru
4月13日(土) 北海道 札幌文化芸術劇場 hitaru
4月19日(金) 岩手 岩手県民会館 大ホール
4月20日(土) 岩手 岩手県民会館 大ホール
4月25日(木) 宮城 仙台サンプラザホール
4月26日(金) 宮城 仙台サンプラザホール
5月01日(水) 神奈川 パシフィコ横浜(横浜国際平和会議場)
5月02日(木) 神奈川 パシフィコ横浜(横浜国際平和会議場)
5月11日(土) 広島 広島グリーンアリーナ(広島県立総合体育館)
5月12日(日) 広島 広島グリーンアリーナ(広島県立総合体育館)
5月18日(土) 東京 日本武道館
5月19日(日) 東京 日本武道館
5月28日(火) 大阪 大阪城ホール
5月29日(水) 大阪 大阪城ホール
6月04日(火) 石川 金沢歌劇座
6月05日(水) 石川 金沢歌劇座
6月15日(土) 福岡 マリンメッセ福岡
6月16日(日) 福岡 マリンメッセ福岡
6月23日(日) 新潟 新潟県民会館
6月24日(月) 新潟 新潟県民会館
6月29日(土) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
6月30日(日) 埼玉 さいたまスーパーアリーナ
7月05日(金) 鹿児島 鹿児島市民文化ホール第一
7月06日(土) 鹿児島 鹿児島市民文化ホール第一
7月13日(土) 愛知 ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
7月14日(日) 愛知 ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
7月20日(土) 大阪 京セラドーム大阪
7月21日(日) 大阪 京セラドーム大阪

<チケット料金>
全席指定 8,200円(税込)
※6歳未満入場不可
『KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY TOUR』ファンサイト会員チケット先行
・京セラドーム大阪会員特別一次先行
2018年10月23日(火)14:00〜2018年10月28日(日)14:00
・会員一次先行(京セラドーム大阪・大阪城ホール・日本武道館公演を除く全国会場を対象)
2018年11月2日(金)14:00〜2018年11月7日(水)14:00
※会員二次先行、日本武道館会員先行、大阪城ホール会員先行は後日実施予定

■『KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY TOUR』特設サイト
http://kobukuro.com/r/tour2019/



【関連リンク】
コブクロ、20周年イヤーの集大成とも言うべき全国ツアー詳細決定
コブクロまとめ
ROTTENGRAFFTY、バンドにとって“歴史的記念日”となった日本武道館公演

【関連アーティスト】
コブクロ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ユニット, CD, アルバム, 発表, リリース, 発売, ポップス, フォーク, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット

ROTTENGRAFFTY、バンドにとって“歴史的記念日”となった日本武道館公演
Sat, 20 Oct 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

以前、取材時にメンバー本人の口から“日本武道館でライヴをやる”と聞いた時は心底驚いた。それと同時に、“何が何でもその瞬間を自分の目と心に焼き付けたい”と心の中で思った。

10月3日、ROTTENGRAFFTY(以下、ロットン)の最新アルバム『PLAY』に伴ったツアーのファイナル「ROTTENGRAFFTY PLAY ALL AROUND JAPAN TOUR 2018 in 日本武道館」がついにやって来た。18時35分、“ROTTENGRAFFTY 日本武道館”の文字がスクリーンに映されただけで、すでに熱いものが込み上げてくる。

N∀OKI(Vo)、NOBUYA(Vo)、KAZUOMI(Gu&Programming)、侑威地(Ba)、HIROSHI(Dr)のメンバー5人がゆっくりと登場し、KAZUOMIの切ないリフが日本武道館の空気を切り裂くと、「寂寞 -sekibaku-」で本編スタート。前述した新作の冒頭を飾る曲ではあるが、こうした哀切極まりない音色でライヴの火蓋を切るのも実にロットンらしい。それから90\'Sラウド/ミクスチャー・ロックに対する彼らなりのオマージュをたっぷり詰め込んだ「PLAYBACK」へ。スクリーンに《ハジケロ》(麻波25)、《Life goes on》(Dragon Ash)、《神 KAMI-UTA 歌》(THE MAD CAPSULE MARKETS)などの言葉が流れる演出に加え、ヘビーなグルーブ渦巻く攻めっぷりに早くも圧倒される。間髪入れずにスラッシーなリフを用いた「SHRED」、疾走感抜群の「夕映え雨アガレ」と続き、会場のテンションは上がる一方だ。その膨れ上がる熱気を「銀色スターリー」が追い打ちをかけ、“目の前の壁を壊せ!”とN∀OKIが歌詞にはないフレーズを瞬時に織り込んでいく。その短い言葉にもロットンの生き様が凝縮されている気さえした。

目くるめく展開で壮大なスケールを描く「So…Start」、火柱が上がる中で「世界の終わり」が披露されると、スクリーンには廃墟と化した街並やマグマが噴火する映像が流れ、曲調の雰囲気を一段と盛り立てる。「毒学PO.P革新犯」を挟んだ後、次は新作の中でも異色だった「夏休み」をここで披露。《RUN・・・・・》とリフレインするコーラスを観客も歌い上げ、見事に会場をひとつに束ねていた。それから「THIS WORLD」を演り終えた後、“俺らが武道館とか嘘やろ? おかしいやん”とN∀OKIが話すと、“「寂寞 -sekibaku-」が始まった瞬間、ステージが落ちるんちゃうかなって。ドッキリじゃなくて良かった!”とNOBUYAが返す場面もあった。苦節19年目にして辿り着いた日本武道館という舞台に、メンバー自身がどこかまだ信じられないという気持ちが心の片隅にあるのかもしれない。  中盤には「Just One More…」「「70cm四方の窓辺」」「暴イズDE∀D」、熱いコール&レスポンスで沸かせた「響く都」と個性豊かな曲調を次々と連打。それからサイレン音が鳴り響き、赤い照明が照らされる中で「STAY REAL」からスクリーンに零戦のイラストを配した「零戦SOUNDSYSTEM」とつなぐ流れは凄まじく、狂気に満ちたとんでもない爆発力で観客を制圧した。

“「暴イズDEAD」のMVはふたり(NOBUYA、N∀OKI)短パン履いてた。あの時は武道館なんて考えてもなかった”とNOBUYAが回想すると、“19年間、紆余曲折あったけど、ここにいるのが現実。叩き上げでここまで来た!”とN∀OKIが力強く言うと、会場からは熱い拍手が起きた。さらに他のメンバーもその発言に続き、“19年間、笑ったりミーティングしたりして、この5人で立つことができた”とHIROSHIが述べると、侑威地は“ここに立てるなんて夢にも思ってなかった”と涙を浮かべて話し、最後はKAZUOMIが“『PLAY』を作る時も大変で、完成できないんじゃないかと思ったけど、こんな1日があるなら苦しみなんて屁じゃない”と熱く語った。そして、癌と闘い続けているレーベル社長・松原氏のことを思って書いたという「アイオイ」をプレイ。N∀OKIのラップとNOBUYAの歌メロが交差し、螺旋階段を駆け上がるようなドラマ性に長けた曲調に胸を激しく突かれ、心の奥底から感動せずにはいられなかった。

後半に入り、「悪巧み〜Merry Christmas Mr.Lawrence」「D.A.N.C.E.」「金色グラフティー」と強力ナンバーを畳み掛け、本編ラストは「Error...」で堂々と締め括った。さらにアンコールに応え、“俺らはこの曲に出会って救われた!”(N∀OKI)と「マンダーラ」を披露。エモーションの全てを吐き出す全身全霊のパフォーマンスで日本武道館を焦がすと、最終曲「切り札」でとどめを刺す怒濤の攻めを観せつけ、2時間強に及ぶライヴは幕を閉じた。

この日のライヴ中に“もう一度武道館でやりたい、その時はよろしくな”とNOBUYAが言っていたけれど、“夢物語”だった武道館公演がこの日を以って“通過点”になっていた。その事実をいちファンとして噛みしめつつ、5年後、10年後でも構わない、もう一度ここでロットンの勇姿を観たい。そういう想いに駆られたのは僕だけではないだろう。彼らにとって初の日本武道館公演は、N∀OKIの言葉を借りるならば、間違いなくバンドにとって“歴史的記念日”となった。

撮影:HayachiN/取材:荒金良介

【セットリスト】
SE.hereafter
1.寂寞 -sekibaku-
2.PLAYBACK
3.SHRED
4.夕映え雨アガレ
5.銀色スターリー
6.So...Start
7.世界の終わり
8.毒学PO.P革新犯
9.夏休み
10. THIS WORLD
11.Just One More…
12.「70cm四方の窓辺」
13.P.I.L
14. 暴イズDE∀D
15.響く都
16.STAY REAL
17.零戦SOUNDSYSTEM
18.アイオイ
19.悪巧み〜Merry Christmas Mr.Lawrence
20.D.A.N.C.E.
21.金色グラフティー
22.Rainy
23.Error...
<ENCORE>
1.マンダーラ
2.切り札

【ライブ情報】
『ポルノ超特急2018 -5TH ANNIVERSARY-』

開催日:12月22日(土)〜12月23日(日)
会場:京都・京都パルスプラザ

<出演>
韻シスト / ENTH / オメでたい頭でなにより / Survive Said The Prophet / The BONEZ / THE ORAL CIGARETTES / SHIMA / SUPER BEAVER / 10-FEET / Northern19 / ハルカミライ / HAWAIIAN6 / ヤバイTシャツ屋さん / ROTTENGRAFFTY / and more
※ROTTENGRAFFTYは両日出演

<チケット>
1日券/乗車料金¥6,100(税別・全自由)
2日券/乗車料金¥11,000(税別・全自由)
※整理番号無し

■金色シート
1日券/乗車料金¥14,800(税別・指定席・おみや付き)
2日券/乗車料金¥24,800(税別・指定席・おみや付き)
※お席は金閣のみのご用意となります。
※2日券をご購入の場合、両日同じ席でのご用意となります。

一般発売:11月24日(土)午前10:00〜

■特設サイト
https://porno.rotten-g.com/18/



【関連リンク】
ROTTENGRAFFTY、バンドにとって“歴史的記念日”となった日本武道館公演
ROTTENGRAFFTY まとめ

【関連アーティスト】
ROTTENGRAFFTY
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ワンマン, チケット, ライブレポ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1