歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年09月19日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/09/28
2018/09/27
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
アユニ・D(BiSH)、バンド形態のソロプロジェクト“PEDRO”のドキュメント映像公開
Wed, 19 Sep 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BiSHのアユニ・Dによるバンド形態のソロプロジェクト“PEDRO”が、デビューミニアルバム『zoozoosea』を9月19日に完全無告知でゲリラリリースし、全国のCDショップでは品切れが続出するなど注目を集めている。そんな中、同作の初回限定生産盤に収録されているエリザベス宮地撮影・編集による30分におよぶドキュメント映像『THE BIRTH OF PEDRO』から、冒頭部分約7分30秒の映像がYouTubeに公開された。

『THE BIRTH OF PEDRO』は、BiSHがツアー『BiSH pUBLic imAGE LiMiTEd TOUR』を開催中の2月にマネージャーの渡辺淳之介が大阪を訪れ、アユニのみを“大事な話がある”と連れ出すシーンからスタート。その後8月のMV撮影まで約半年に及ぶアユニの激動の日々を記録した映像になっている。今回YouTubeにて公開となった映像でも、渡辺からプロジェクトの立ち上げを告げられる生々しいやり取りや、PEDRO誕生の理由、思惑などが明かされているので、要チェックだ。

9月25日には新代田FEVERでの『PEDRO first live “happy jam jam psycho"』開催を控えているPEDROの今後の動向に注目だ。

ミニアルバム『zoozoosea』

2018年9月19日発売



【初回生産限定盤】(CD+Blu-ray+PHOTOBOOK)
AVCD-93996/B/¥5,800+税
【通常盤】
AVCD-94077/B/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
01.ゴミ屑ロンリネス
02.GALILEO
03.自律神経出張中 
04.甘くないトーキョー
05.MAD DANCE
06.ハッピーに生きてくれ
07.うた
■Blu-ray ※初回生産限定盤のみ
・自律神経出張中(Music Video)
・THE BIRTH OF PEDRO(ドキュメンタリー映像)

『PEDRO first live "happy jamjam psyco" 』

9月25日(火) 東京・新代田FEVER

<チケット>
スタンディング¥4,000(税込)
※整理番号順による入場

■申し込み方法
申し込み時にミニアルバム『zoozoosea』封入の公演案内に記載のシリアルナンバーが必要になります。
受付期間内に記載されている受付ウェブサイトへアクセスしていただき、申込方法などのご案内および注意事項をご確認いただいた上、シリアルナンバー及びご応募に必要な事項をご入力してお申込ください。
※申込み枚数制限:シリアルナンバー1つにつき、1回のみお申込が可能です。

■"Smells Like Teen Spirits"会員限定抽選先行
9月18日(火)12:00〜9月18日(火)23:00
http://bish-fc.jp/
※CD購入者限定シリアルが必要
※ファンクラブサイトにログイン後「TiCKET」ページよりお申込みいただけます。

■一般発売
9月19日(水)12:00〜9月20日(木)23:00
http://w.pia.jp/t/pedro/
※CD購入者限定シリアルが必要



【関連リンク】
アユニ・D(BiSH)、バンド形態のソロプロジェクト“PEDRO”のドキュメント映像公開
BiSHまとめ
ベリーグッドマン、ベスト盤『BEST BEST BEST』のジャケ写&レコ発イベント情報解禁

【関連アーティスト】
BiSH
【ジャンル】
ニュース

ベリーグッドマン、ベスト盤『BEST BEST BEST』のジャケ写&レコ発イベント情報解禁
Wed, 19 Sep 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

結成5周年を迎えたベリーグッドマンが、インディーズからメジャーでの楽曲と新曲2曲を収めた計34曲2枚組のオールタイムベストアルバム『BEST BEST BEST』を10月24日にリリースする。そんな5周年のベストアルバムにふさわしいゴールドのジャケット写真が公開された。 

本作の発売を記念した『ベスト・アルバム『BEST BEST BEST』予約イベント』も決定! 10月22日(月)は東京・池袋サンシャインシティ、10月24日(水)は大阪・あべのキューズモールで行なわれ、観覧フリーのミニライブも予定しているとのこと。詳しくはベリーグッドマンのオフィシャルサイトをチェック!

ベストアルバム『BEST BEST BEST』

2018年10月24日発売



【初回限定盤】(2CD+DVD)
UPCH-7448/¥4,860+税

<収録曲>
■DISC1 CD「LIFE DISC」
01.Hello
02.Good Time
03.ライトスタンド
04.1988
05.さくら
06.ありがとう〜旅立ちの声〜
07.おかん〜yet〜
08.ライオン
09.Mornin\'
10.コンパス -2016 Ver.-
11.友達の歌
12.ハイライト
13.大切なもの
14.You
15.ファンファーレ (2018 New Mix)
16.ドリームキャッチャー
17.プレイヤー(新曲)
■DISC2 CD「LOVE DISC」
01.はじまりの恋
02.Eye to Eye
03.in what rain
04.君に恋をしています
05.Happy Wedding (2018 New Ver.)
06.ずっと
07.One Love
08.片想いの恋
09.You&Me -Remix-
10.Remember
11.エスコート (2018 New Mix)
12.冬が終わる頃に
13.君に願いを (2018 New Mix)
14.It\'s more love -Remix-
15.Pain, Pain Go Away feat. MUTSUKI from Softly
16.世界中のどんなラブソングよりも feat. erica
17.i(新曲)
■DVD ※初回限定盤のみ
コンパス [2015.1.31 @SHIBUYA CLUB QUATTRO]
Trip [2016.5.3 @BIGCAT]
ライトスタンド [2016.12.30 @なんばHatch]
おかん〜yet〜 [2017.7.15 @Zepp DiverCity]
Good Time [2018.1.27 @中野サンプラザ]
ライオン (2018 New Ver.) [2018.7.22 @Zepp DiverCity]
Chill Spot [2018.7.22 @Zepp DiverCity]
in what rain [2018.7.22 @Zepp DiverCity]
Hello [2018.7.22 @Zepp DiverCity]
ドリームキャッチャー [2018.7.22 @Zepp DiverCity]



【期間限定スペシャルプライス盤】(2CD)
UPCH-7449/50/¥2,980+税
※2018年12月31日までの期間限定プライス盤
※2019年1月1日出荷分より¥3,780(税込)の通常盤価格仕様となります。

【ベスト・アルバム『BEST BEST BEST』予約イベント 】

10月22日(月) 東京・池袋・サンシャインシティアルパB1F 噴水広場
10月24日(水) 大阪・あべのキューズモール3Fスカイコート ※雨天決行、荒天中止

<イベント内容>
ミニライブ & 特典会
※観覧フリーのミニライブと、ミニライブ終了後に対象商品のCDご予約もしくは、ご購入の方を対象とした特典会を行います。
※イベント・特典会の内容詳細については、近日発表予定です。しばらくお待ちください。

<対象商品>
アルバム 『BEST BEST BEST』
初回限定盤 [2CD+DVD] ?4,860(税込)
期間限定スペシャル・プライス盤 [2CD] ?2,980(税込)



【関連リンク】
ベリーグッドマン、ベスト盤『BEST BEST BEST』のジャケ写&レコ発イベント情報解禁
ベリーグッドマンまとめ
ジャニス・ジョプリンのデビュー作『チープ・スリル』が、完全復刻版としてリリース

【関連アーティスト】
ベリーグッドマン
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, リリース

ジャニス・ジョプリンのデビュー作『チープ・スリル』が、完全復刻版としてリリース
Wed, 19 Sep 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ジャニス・ジョプリンのメジャー・デビュー作『チープ・スリル』が、幻のオリジナル・タイトルに加え25曲に及ぶ未発表音源を満載し、完全復刻版となって12月5日に発売を予定している(輸入CDとLPは11月30日)。


半世紀前は過激すぎるという理由でレコード会社から却下された幻のオリジナルタイトル“Sex, Dope & Cheap Thrills”が表記された『チープ・スリル(50周年記念エディション)』には、バンドのビジョンや意図が伝わる、神話化された1968年のスタジオセッションから29曲(内25曲は未発表)のスタジオアウトテイクを含む、30曲ものレアな演奏が収められる。ジャニス・ジョプリンの名を世界に知らしめたビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールティング・カンパニーのアルバム『チープ・スリル』が生まれたセッションだ。また、1968年4月12日にウィンターランド・ボールルームで録音された「ボールとチェーン」の未発表ライヴ音源も追加となる。

今作には、再発に向けてジェファーソン・エアプレインのグレイス・スリックおよびビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールティング・カンパニーのドラマーのデヴィッド・ゲッツによるライナーノートも収められる。その中でグレイス・スリックは“あの歌声を聴いた瞬間、なんて凄い、止め処なく溢れるままのあらゆる感情の爆発…と思った。ジャニスはエプロン姿が女性の象徴だった50年代からノーブラに象徴される女性解放の60年代へと難なく適応した。私たちはみんな新しく得た自由を思い切り謳歌したし、音楽にも反映されたわ。このアルバムの世界的成功のお陰で、それまでサンフランシスコのベイエリアだけで起きていた現象を世界中の人々が聴くことが可能になった。そして今、新しい世代がこの『チープ・スリル』体験を楽しむことができる”と綴っている。

このリリースの発表前、ジャニス・ジョプリンの『グレイテスト・ヒッツ』は2018年7月31日にアメリカレコード協会より、800万枚を売り上げたプラチナディスクに認定された。また、ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールティング・カンパニーのオリジナル盤『チープ・スリル』はアメリカレコード協会から、200万枚の売上を超えたプラチナディスクに認定されている。

1968年8月12日に発売された『チープ・スリル』は即座に大ヒットとなり、チャート1位を記録する。1967年の『モンタレー・ポップ・フェスティバル』での評判もあり、ジャニス・ジョプリンはロック初のサイケデリックソウルシンガーという地位を確固たるものとし、今もなお後世に影響を与え続ける、ロックミュージックのアイコンとなった。『チープ・スリル(50周年記念エディション)』はそんな1968年のスタジオセッションに立ち返り、ジャニス・ジョプリンという天才と、そんな彼女がビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールティング・カンパニーのメンバーたちと共有した、途轍もない歴史的瞬間に新しい光を当てている。

『チープ・スリル(50周年記念エディション)』に収録されている30曲のうち、これまで世に出ているのは以下の5曲のみ。「サマータイム(テイク2)」(1993年発売コンピ『ジャニス』に収録)、「通行止め」(1999年『チープ・スリル』再発版に収録)、「イッツ・ア・ディール(テイク1)」「イージー・ワンス・ユー・ノウ・ハウ(テイク1)」(2曲とも1999年発売ボックスセット『Box of Pearls』の“レア・パールズ”ディスクに収録)、「マジック・オブ・ラヴ(テイク1)」(レコード・ストア・デイ特別盤『Move Over!』に収録)。

オリジナル盤『チープ・スリル』はライヴアルバムの雰囲気を持たせるために歓声が足されていたが、「ボールとチェーン」だけは実際にコンサートでライヴ録音された。『チープ・スリル(50周年記念エディション)』には、1968年4月12日にサンフランシスコのウィンターランド・ボールルームで録音した同曲の別ライヴバージョンを収録。リードヴォーカルのジャニス・ジョプリン、ギターのサム・アンドリューとジェイムス・ガーリー、ベースのピーター・アルビン、ドラムのデヴィッド・ゲッツの5人編成のサイケデリックバンドは、本作ができるまで数年もの下積み時代を重ねていた。ジャニスを迎えてから1年が経過した1967年に彼らはセルフタイトルのアルバムをリリースし、地元サンフランシスコと周辺地域で熱心なファンを獲得していった。

1967年の『モンタレー・ポップ・フェスティバル』での演奏により、ビッグ・ブラザーはその名を全国に轟かせる。ジャニスのとどまることを知らない全力の歌声に観客は総立ちとなった。その場にいたCBSレコード社長のクライヴ・デイヴィスはビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールティング・カンパニーをColumbiaレコードとの契約に漕ぎ着ける。ジョン・サイモンをプロデューサーに迎えた『チープ・スリル』はバンドのむき出しの才能と最前線の演奏力をそのまま抽出し、「愛する人が欲しい」「ふたりだけで」といった魅力溢れるオリジナル曲の他に、ジョージとアイラ・ガーシュウィンの「サマ−タイム」、ビッグ・ママ・ソーントンの「ボールとチェーン」、そしてジェリー・ラゴヴォイとバート・バーンズによるソウルバラードの名曲「心のかけら」といったジャズやブルースの人気曲のカバーを収録。「心のかけら」はジャニスの代表曲となり、彼女の存命中チャート最上位を記録したシングルとなった。

『チープ・スリル』は1968年10月から12月にかけて、2度にわたって累計8週間ビルボード200アルバムチャートの1位に輝いた。“『チープ・スリル』は時代を超えて生き残る作品となったようだ”とデヴィッド・ゲッツは『チープ・スリル(50周年記念エディション)』のライナーノーツに綴っている。

“それはこれがジャニス・ジョプリンという偉大なアーティストの最高傑作と言えるからなのかもしれない。間違いなくブラザー・アンド・ザ・ホールティング・カンパニーというバンドを最も忠実に表した作品であることは確かだ。さらに、ビッグ・ブラザー/ジャニスは1960年代のサンフランシスコ、サイケデリック、カウンター・カルチャーを体現したバンドであり、サウンドであったと付け加えておこう。そして、例えるとするなら、また50年という歳月によって生まれた見解から言わせて貰うなら、『チープ・スリル』は私にとって1968年という年のタイム・カプセルである。あの年はビッグ・ブラザー、ジャニス、そして1960年代のアシッドにどっぷり浸かって燃え尽きたカウンター・カルチャー世代が転機を迎えた瞬間だったのかもしれない”。

アルバム『チープ・スリル(50周年記念エディション)』

2018年12月5日発売



SICP-5935〜6/¥3,600+税
※解説・歌詞・対訳付き
<収録曲>
■DISC 1
01.ふたりだけで(テイク3)
02.愛する人が欲しい(テイク4)
03.サマ−タイム *(テイク2)
04.心のかけら(テイク6)
05.ハリー(テイク10)
06.タートル・ブルース(テイク4)
07.オー、スウィート・マリー
08.ボールとチェーン(ライヴ、ウィンターランド・ボールルーム、4月12日、1968年)
09.通行止め *(テイク1)
10.キャッチ・ミー・ダディ(テイク1)
11.イッツ・ア・ディール *(テイク1)
12.イージー・ワンス・ユー・ノウ・ハウ *(テイク1)
13.ハウ・メニー・タイムズ・ブルース・ジャム
14.フェアウェル・ソング(テイク7)
■DISC 2
01.フラワー・イン・ザ・サン(テイク3)
02.オー、スウィート・マリー
03.サマ−タイム(テイク1)
04.心のかけら(テイク4)
05.キャッチ・ミー・ダディ(テイク9)
06.キャッチ・ミー・ダディ(テイク10)
07.愛する人が欲しい(テイク3)
08.ハリー(テイク9)
09.フェアウェル・ソング(テイク4)
10.ミズリー(テイク2&3)
11.ミズリー(テイク4)
12.マジック・オブ・ラヴ *(テイク1)
13.タートル・ブルース(テイク9)
14.タートル・ブルー(ラスト・ヴァーステイク1-3)
15.心のかけら(テイク3)
16.フェアウェル・ソング(テイク5)
*の5曲を除き全て未発表



【関連リンク】
ジャニス・ジョプリンのデビュー作『チープ・スリル』が、完全復刻版としてリリース
Janis Joplinまとめ
上月せれな、シングル「星の数だけ ありがとう」は3バージョンでお届け

【関連アーティスト】
Janis Joplin
【ジャンル】
洋楽, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, アルバム, 発表, 名曲, リリース, 発売, ポップス, カントリー, フォーク, ジャズ

上月せれな、シングル「星の数だけ ありがとう」は3バージョンでお届け
Wed, 19 Sep 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

上月せれなが、ニューシングル「星の数だけ ありがとう」の詳細を解禁した。

今回のシングル曲はTOKYO MXで放送中のアニメ『スペースバグ』のエンディングテーマとしてオンエアされているが、この「星の数だけ ありがとう」には3種類のバージョンが存在することが判明! アニメタイアップである「バラードVer.」、CDの1曲目に収録されている「アップVer.」、そして3曲目の「English Ver.」となり、歌詞は一緒(Englishは英訳)ながらも曲調によって歌詞の意味合い、情景が変わってくる、まさに“三者三様”な捉え方ができるシングルだ。

「バラードVer.」はもちろん切なさ満載だが、「アップVer.」では青春を表現する疾走感が倍増。「English Ver.」ではブリティッシュ感があふれ出し、同じ歌詞ながら様々な世界が楽しめる。

リリースタイミングでは、イベントにも多数出演する上月せれな。ぜひイベント会場やFM富士のラジオレギュラー番組『FMFUJI GIRLS▼GIRLS▼GIRLS =flying high= 上月せれなのラジオモンスター』もチェックしてみてほしい。詳しくはオフィシャルHPへ!

※▼は黒塗りハートです

シングル「星の数だけ ありがとう」

2018年9月25日発売



品番未定/¥500+税
<収録曲>
01.星の数だけ ありがとう
02.星の数だけ ありがとう(Anime Ending ver.)
03.星の数だけ ありがとう(English ver.)
04.星の数だけ ありがとう(inst)

【ライブ・イベント情報】

■『GIRLS VISION@新宿BLAZE』
9月22日(土) 東京・新宿BLAZE
※詳細 http://girlsvision.tokyo

■『上月せれな“ワンコイン”定期公演』
9月23日(日) 東京・新宿RUIDO.K4
※当日会場にて新曲CD「星の数だけ ありがとう」を1枚ご予約(500円+税)でご入場いただけます(1D代別)
※詳細 http://serechu.com/

■『アイドル甲子園 in 新宿BLAZE』
9月23日(日) 東京・新宿BLAZE
※詳細 http://idolkoushien.com/

■インストアイベント ※全公演 観覧無料
9月24日(月) 神奈川・タワーレコード川崎店
9月25日(火) 東京・とらのあな秋葉原店C 4F
9月26日(水) 東京・HMV record shop新宿ALTA店
9月27日(木) 東京・タワーレコード池袋店
9月28日(金) 東京・dues新宿
9月29日(土) 東京・新星堂サンシャインシティアルタ店

■『星の数だけ ありがとう』リリースパーティー
9月30日(日) 東京・渋谷SOUND MUSEUM VISION
出演:上月せれな
ゲスト:NOW ON AIR / TOKYO PiXiON / 未完成リップスパークル / P.IDL / HAPPY▽ANNIVERSARY
※▽は白抜きハートです
※当日会場にて新曲CD「星の数だけ ありがとう」を1枚ご購入(500円+税)でご入場いただけます(1D代別)



【関連リンク】
上月せれな、シングル「星の数だけ ありがとう」は3バージョンでお届け
上月せれなまとめ
3日間にわたって開催された『TOKYO CALLING 2018』が、大盛況で終幕

【関連アーティスト】
上月せれな
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス, アニメ, 主題歌, エンディング

3日間にわたって開催された『TOKYO CALLING 2018』が、大盛況で終幕
Wed, 19 Sep 2018 18:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月15日〜17日にわたって開催された日本最大級のサーキットイベント『TOKYO CALLING 2018』が大盛況にて閉幕。2018年で3回目となる同イベントは、今年も新宿、下北沢、渋谷にて3日間にわたって開催し、会場数を増やして全34会場、全340組のアーティストが出演した。

このイベントは大阪の『見放題』、名古屋の『でらロックフェスティバル』、福岡の『TENJIN ONTAQ』という全国屈指のサーキットフェスが手を組み、それぞれの特色を活かしたここでしか観られない組み合わせのサーキットフェスとなっている。日本最大級のサーキットフェスに相応しく、笑顔と刺激に溢れた3日間となった。

主催の菅原隆文氏よりコメントも到着したので、ぜひチェックしてほしい。

■【主催者コメント】

TOKYO CALLING 2018無事に終了しました。
新しい音楽との出会いの場としてのサーキットフェスが三年目にして定着して来ました。
新宿、下北沢、渋谷という東京を代表するライブハウスの街で開催することで多くの出会いがあったことと思います。
340のアーティスト、34のライブハウス、そして関係者の皆様のおかげで無事終えることが出来ました。
大きなフェスとは違うサーキットフェスならではの良さをこれからも追求していければと思っています。
本当にありがとうございました。

TOKYO CALLING 菅原隆文



【関連リンク】
3日間にわたって開催された『TOKYO CALLING 2018』が、大盛況で終幕
THE COLLECTORS、アルバム『YOUNG MAN ROCK』ジャケ写&アー写を公開

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

THE COLLECTORS、アルバム『YOUNG MAN ROCK』ジャケ写&アー写を公開
Wed, 19 Sep 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE COLLECTORSが11月7日にリリースする23枚目のオリジナルアルバムのタイトルが『YOUNG MAN ROCK』に決定! 同作のアートワークも公開となり、毎回ジャケット写真やアーティスト写真ではスーツを着用していることが多いTHE COLLECTORSだが、今回は一転してこれまでになくラフな印象に仕上がっている。デモ楽曲制作中の一コマのようなナチュラルなイメージにも注目だ。

また、2019年1月よりスタートするアルバムリリースツアーのタイトルも『THE COLLECTORS TOUR 2019「YOUNG MAN ROCK」』に決定。9月21日(金)からツアー全7公演のオフィシャルサイト2次先行予約受付がスタートするので、お早めにチェックしてほしい。

さらに、11月23日(金) に公開されるコレクターズ初のドキュメンタリー映画『THE COLLECTORS〜さらば青春の新宿JAM〜』に合わせて、2008年に発売されて現在は廃盤となっている新宿JAMでの初ライヴ音源と映像を収録した『WELCOME TO FLOWER FIELDS LIVE SHOW 1986』が数量限定で11月21日に再発されることが分かった。こちらはCDショップだけでなく、映画が公開される劇場でも販売予定とのことなので、気になる方はぜひ手に取ってみてはいかがだろうか。

アルバム『YOUNG MAN ROCK』

2018年11月7日発売



COCP-40539/¥2,800(税込)
<収録曲>
全10曲予定

ライヴCD+DVD『WELCOME TO FLOWER FIELDS LIVE SHOW 1986』

2018年11月21日発売



COZP-1493〜4/¥3,500(税込)
※数量限定発売

『THE COLLECTORS TOUR 2019「YOUNG MAN ROCK」』

<2019年>
1月20日(日) 北海道 札幌cube garden
1月26日(土) 宮城 仙台CLUB JUNK BOX
2月02日(土) 岡山 YEBISU YA PRO
2月03日(日) 福岡 DRUM LOGOS
2月09日(土) 東京 新木場STUDIO COAST
2月16日(土) 愛知 名古屋CLUB QUATTRO
2月17日(日) 大阪 BIG CAT

<チケット>
一般¥4,200円 ※D代別
キッズ(小学生対象)¥2,800 ※D代別

■オフィシャルサイト2次先行予約受付
2018年9月21日(金)12:00〜9月26日(水)23:59
■チケット一般発売
2018年12月1日(土)



【関連リンク】
THE COLLECTORS、アルバム『YOUNG MAN ROCK』ジャケ写&アー写を公開
THE COLLECTORSまとめ
バンT無料展示イベント『BAND T-shirts Museum』がロフト名古屋で開催

【関連アーティスト】
THE COLLECTORS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, オルタナティブ, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット, 映画

バンT無料展示イベント『BAND T-shirts Museum』がロフト名古屋で開催
Wed, 19 Sep 2018 17:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

多くのアーティストグッズのデザインやプロダクト制作に携わるLUCK\'A Inc.が、創設10周年の集大成として開催してきた、バンドTシャツを集めた無料展示イベント『BAND T-shirts Museum(バンドTシャツミュージアム)』が、東京、大阪、北海道を経て、名古屋で初開催されることが決定! これまで制作に携わった邦楽アーティストのバンドTシャツを展示し、新しいバンドTシャツの魅せ方、価値観を提唱する展示を行なう。

当日はファッションと邦楽バンドTシャツの融合をテーマにした冊子『BT Magazine Issue #00』の配布のほか、BTMuseumメインモデルのアリスムカイデ&うちだゆうほのトークイベント、BT関連アーティストのsooogood!&アリスムカイデの「マハ×ラジャ」インストアイベント、そして愛知県出身のクリエイター、WASHIO TOMOYUKI x YAO TAKESHIがコラボレーションしたオリジナルデザインによるTシャツ販売と作品展示を実施する。開催期間は9月25日(火)〜10月8日(月)までとなっているので、お近くの方はぜひ足を運んでみてほしい。

■『BAND T-shirts Museum@NAGOYA』

期間:9月25日(火)〜10月8日(月)
会場:ロフト名古屋

<イベント内容>
・レコード風にパッケージされたバンドTシャツ展示 ※展示Tシャツの販売は行っておりません
・『BT Magazine Issue #00』の無料配布 ※条件あり
・BTMオリジナルステッカーの無料配布
・BTMオリジナルグッズ、LOFTコラボグッズの販売

<スケジュール>
・9月25日(火)〜10月8日(月) WASHIO TOMOYUKI × YAO TAKESHIコラボ展示
(WASHIO TOMOYUKI:イラストレーションやグラフィックデザイン、立体から写真など多岐に渡る制作活動を展開するデザイナー、アーティスト/YAO TAKESHI:RADWIMPS、04 Limited Sazabys、cinema staff等のアー写やライブフォトを撮影するフォトグラファー)
・10月6日(土)BT Museumメインモデル・アリスムカイデ&うちだゆうほトークイベント
・10月7日(日)sooogood!&アリスムカイデ「マハ×ラジャ」インストアイベント

<Goods>
・BTMオフィシャルTシャツ(ホワイト・ブラック)
・BTM×ロフトコラボTシャツ(限定カラー)
・BTMマルシェバッグ
・BTMシリコンバンド
・BTM缶バッヂ
・マスキングテープ(BTM Tシャツ柄)

■BTMオフィシャルサイト
http://luckast.com/btm/

【展示予定Tシャツラインナップ(ABC音順)】

a crowd of rebellion、a flood of circle、after the greenroom、赤色のグリッター、雨のパレード、アナログフィッシュ、aquarifa、或る感覚、アンテナ、Balls、BAND A、BIGMAMA、BRADIO、the cabs、サイダーガール、cinema staff、The cold tommy、cutman-booche、DAISHI DANCE、THE 抱きしめるズ、downy、ドラマストア、ドレスコーズ、DQS、Fated Lyeno、FEELFLIP、Fo\'xTails、ゲスの極み乙女。、THE GIRL、GOOD DOG HAPPY MEN、ハイスイノナサ、はこモーフ、Hello Sleepwalkers、HINTO、ヒトリエ、髭、堀込泰行、ハンバートハンバート、ill hiss clover、illion、indigo la End、井乃頭蓄音団、ジョゼ、KFK(ex.カフカ)、限りなく透明な果実、カラスは真っ白、毛皮のマリーズ、キセル、Kidori Kidori、killing Boy、キマグレン、キノコホテル、きのこ帝国、筋肉少女帯、KIRINJI、橘高文彦、Koochewsen、Laika Came Back、LIGHT BRINGER、ラックライフ、凛として時雨、LITE、LEGO BIG MORL、LOST IN TIME、THEラブ人間、MAGIC OF LiFE(ex. Dirty Old Men)、未完成vs新世界、みきなつみ、MinxZone、みそっかす、MIYAVI、mol-74、MO\'SOME TONEBENDER、Mrs. GREEN APPLE、mudy on the 昨晩、日本マドンナ、野田愛実、THE NOVEMBERS、小谷美紗子、OLDE WORLDE、音速ライン、おさむらいさん、おとぎ話、OVER THE DOGS、People In The Box、perfect piano lesson、ピエール中野、ポルカドットスティングレイ、Predawn、Qaijff、QOOLAND、RADWIMPS、reading note、rega、SAKEROCK、SEBASTIAN X、セカイイチ、serial TV drama、SISTER JET、曽我部恵一BAND、それでも世界が続くなら、SPANK PAGE、スパルタローカルズ、スピッツ、Suchmos、Suck a Stew Dry、空きっ腹に酒、サニーデイ・サービス、T.S.R.T.S、te\'、テスラは泣かない。、tricot、TRIPLANE、つばき、椿屋四重奏、TWEEDEES、UNISON SQUARE GARDEN、VOLA & THE ORIENTAL MACHINE、WHITE ASH、world\'s end girlfriend、ヤなことそっとミュート、吉田ヨウヘイgroup、逗子三兄弟 and more!!!
※展示予定アーティストは変更になる場合がございます。

【『BT Magazine Issue #00』について】

LUCK\'Aが発行するバンドTシャツに焦点を当てたフォトイシュー。LUCK\'A Inc.代表の加藤が過去10年に携わった2000種余りのバンドTシャツより約20〜30種を抜粋し、音楽に精通するモデル、ファッション業界を牽引するフォトグラファー、スタイリスト、ヘアメイクとの共創による、日本のバンドTシャツの新しい価値観を提唱できるものを発信します。
※会期中はBAND T-shirts Museum SNSのフォロー確認で無料配布

<雑誌形態>
印刷:オールカラー
サイズ:A5
ページ数:56ぺージ
配布:展示会場にて無料配布
モデル:菅野結以、アリスムカイデ、うちだゆうほ、ハヤシサトル、浅利琳太郎
フォトグラファー:松岡一哲
スタイリスト:Demi Demu
ヘアメイク:久慈愛(LUCK HAIR)
デザイン: LUCKON GRAPHICS
プロデューサー:加藤晴久



【関連リンク】
バンT無料展示イベント『BAND T-shirts Museum』がロフト名古屋で開催
ポール・マッカートニー、“イチバン!”を連呼する「バック・イン・ブラジル」MV公開

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表, おしゃれ

ポール・マッカートニー、“イチバン!”を連呼する「バック・イン・ブラジル」MV公開
Wed, 19 Sep 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ポール・マッカートニーが、ワールドツアーに先駆けて最新アルバム『エジプト・ステーション』から2本目のMV「バック・イン・ブラジル」を公開した。

ポールはこの曲について“ツアーでブラジルを訪れていた時、1日ぽっかりオフの日があったんだ。何も予定は入っていない。ホテルの部屋にはピアノがあったので、弾いているうちにリフが生まれ、ストーリーを考えたんだ。舞台はブラジル。その少女は未来を、世界を、夢見ていた。そしてある青年に出会い、意気投合。苦労もあれば、うまく行くこともある。彼女はデートをしたいが、彼は遅くまで仕事があって行けない…。そんなブラジル人の若いカップルの物語。ダンス調な曲調に合うブラジリアン・リズムやフレーバーを乗せたんだ”とコメントしている。

サビでは“イチバン!”“イチバン!”と日本語を連呼しており、日本に住む我々としては要注目の1曲だ。日本公演は10月31日(水)と11月1日(木)に東京ドーム、11月8日(木)にナゴヤドームで開催されるので、こちらも併せて注目してほしい。

アルバム『エジプト・ステーション』

発売中



【CD】
UICC-10040/¥2,600+税
※SHM-CD仕様
※ボーナストラック2曲収録

【2LP】
UIJC-90001〜2/¥7,800+税
※2018年9月21日発売
※直輸入盤仕様
※180g重量盤LP
※ブラックLP
※完全生産限定盤

【限定2LP】
PDJI-1041〜2/¥8,600+税
※2018年9月21日発売
※直輸入盤仕様
※Universal Music Store限定商品
※180g 重量盤LP
※カラーLP
※完全生産限定盤

『ポール・マッカートニー フレッシュン・アップ ジャパン・ツアー2018』

10月31日(水) 東京・東京ドーム
11月01日(木) 東京・東京ドーム
11月08日(木) 愛知・ナゴヤドーム
■公演公式サイト http://freshenup-japantour.jp/



【関連リンク】
ポール・マッカートニー、“イチバン!”を連呼する「バック・イン・ブラジル」MV公開
Paul McCartneyまとめ
みゆはん、『プロジェクトイーブイ』テーマ曲の公式MV公開

【関連アーティスト】
Paul McCartney
【ジャンル】
洋楽, ニュース, シンガーソング・ライター, ミュージックビデオ, MV, CD, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス, ライブ, ツアー, ワンマン

みゆはん、『プロジェクトイーブイ』テーマ曲の公式MV公開
Wed, 19 Sep 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

香川県出身のコミュ障シンガーソングライターで、元来ポケモン好きでも知られるみゆはんと『プロジェクトイーブイ』とのコラボから誕生した、『プロジェクトイーブイ』テーマ曲「イーブイマーチ」。この楽曲の公式MVが公開となった。

MVは人気動画クリエイター、パオパオチャンネルが振付を考案。元気でポップな振付で、思わず誰もが踊ってみたくなる映像に仕上がっている。「イーブイマーチ」は7月リリースの1stフルアルバム『ひきこもり情報弱者』に収録されていたが、この『プロジェクトイーブイ』公式MVの「イーブイマーチ」公開とともに、配信シングルとしてリカットとなった。まだチェックできてない方はこの機会にぜひ聴いてみてほしい。

■『プロジェクトイーブイ』 公式サイト
http://www.pokemon.jp/special/project_eevee/

(c)2018 Pok?mon. (c)1995-2018 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Pok?monは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

配信限定シングル「イーブイマーチ」

発売中



¥1,000(税込)
<収録曲>
01.イーブイマーチ
02.イーブイマーチ(ショートver.)
03.イーブイマーチ(カラオケ)
04.イーブイマーチ(ショートver./カラオケ)

以下の主要ダウンロードサイト、サブスクリプションサービスにて配信中!

■iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1434803435?app=itunes&ls=1
■レコチョク
http://recochoku.jp/album/A2001332782/?affiliate=4350010198
■mora
https://mora.jp/package/43000005/VEAWA-35778/

■Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/album/id1434803435
■LINE MUSIC
https://music.line.me/launch?target=album&item=mb00000000017017a1&cc=JP&from=tw
■Google Play Music
https://play.google.com/music/m/Blkj2yvvdrhugp3mk2jyxzneoqe
■Spotify
https://open.spotify.com/album/7kyDFm20sp52BhWK4xrWxQ?si=xdusgoodTg65Dxp2i9Rj-w
■AWA
https://mf.awa.fm/2xpxnUt

※配信サイトのURLをまとめたサイトはこちら
https://jvcmusic.lnk.to/Eevee_March



【関連リンク】
みゆはん、『プロジェクトイーブイ』テーマ曲の公式MV公開
みゆはんまとめ
欅坂46、初の映像作品『欅共和国2017』ダイジェスト公開

【関連アーティスト】
みゆはん
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, コラボ, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表, リリース, 発売, 配信, アニメ, 主題歌, 音楽配信

欅坂46、初の映像作品『欅共和国2017』ダイジェスト公開
Wed, 19 Sep 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月26日(水)に初の映像商品『欅共和国2017』のリリースを控える欅坂46が、同作のダイジェスト映像を公開した。

本作は、2017年7月に開催された初の野外ワンマンライヴ『欅共和国2017』を映像化したもの。公演直後から映像商品化が待たれており、ついに欅坂46にとって初の映像商品としてリリースが決定となった。当時の熱狂が伝わってくるダイジェスト映像をぜひチェックしてほしい。

DVD & Blu-ray『欅共和国2017』

2018年9月26日発売



【初回生産限定盤DVD】
SRBL-1817〜8/¥7,222+税
【初回生産限定盤Blu-ray】
SRXL-181〜2/¥9,074+税



【通常盤DVD】
SRBL-1819/¥4,630+税
【通常盤Blu-ray】
SRXL-183/¥6,481+税



【関連リンク】
欅坂46、初の映像作品『欅共和国2017』ダイジェスト公開
欅坂46まとめ
フジファブリック、大阪・中之島にてフリーライヴ開催

【関連アーティスト】
欅坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, AKB, トレーラー, DVD, Blu-ray, 発表, リリース, 発売, ポップス, ライブ, ワンマン

フジファブリック、大阪・中之島にてフリーライヴ開催
Wed, 19 Sep 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

フジファブリックが、10月20日(土)に大阪・中之島でフリーライヴ『水都大阪2018×大阪文化芸術フェスSPECIAL FREE LIVE「FM802×フジファブリックRoad to 大阪城ホール IN MY TOWN」』を開催することがわかった。

本イベントは、“水の都・大阪”を盛り上げるプログラムとして開催される『水都大阪フェス2018』内にてFM802が行なう『SPECIAL FREE LIVE』のひとつとして開催される。 2019年10月20日(日)には大阪城ホールでのワンマンライヴを控えているフジファブリックだが、そのキックオフとしても位置づけられる、ちょうど1年前のプレミアライヴとなる。会場のロケーションにもぴったりな名曲の数々をお楽しみに!

■『水都大阪2018×大阪文化芸術フェス SPECIAL FREE LIVE 「FM802×フジファブリックRoad to 大阪城ホール IN MY TOWN」』

10月20日(土) 大阪・中之島 水都大阪フェス(中之島剣先公園)
出演:フジファブリック
MC:大抜卓人(FM802)

<参加方法>
大阪城ホール公演サポーターにご登録いただいている皆様から抽選で1組2名計100名様を優先エリアにご招待!
既にサポーター登録がお済の方は本日配信のメルマガ「サポーター通信」で詳細をご覧ください。
期間中新規でサポーター登録された方もご応募いただけます。
2018年9月19日(水)以降にサポーター登録された方は、登録後に表示されるTHANKSページにて詳細をご覧ください。
※THANKSページは1度しか表示されませんのでご注意ください。
※募集期間:9月19日(水)15:00〜10月7日(日)23:59

■大阪城ホール公演サポーター募集ページ
http://www.fujifabric.com/special/15th/supporter.html

■イベント詳細:https://funky802.com/i/s5429
※優先観覧エリア400組800名様リスナー事前招待。当日、後方エリアは観覧フリー。

ミニアルバム『FAB FIVE』

2018年10月3日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
AICL-3574〜5/¥2,500+税
【通常盤】(CDのみ)
AICL-3576/¥1,800+税



【関連リンク】
フジファブリック、大阪・中之島にてフリーライヴ開催
フジファブリックまとめ
阿部真央、シングル「変わりたい唄」詳細公開&『MINAMI WHEEL』に10年ぶりの出演

【関連アーティスト】
フジファブリック
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, 発表, ライブ, ワンマン, 当落

阿部真央、シングル「変わりたい唄」詳細公開&『MINAMI WHEEL』に10年ぶりの出演
Wed, 19 Sep 2018 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ニューシングル「変わりたい唄」を10月24日にリリースする阿部真央が、その収録内容と新ビジュアルを公開した。CDシングルとしては2年2カ月ぶりのリリースとなる今作には、新曲として「変わりたい唄」「なんにもない今から」「いつもありがとう〜あべまにあの唄〜」の3曲と、先行配信した「まだ僕は生きてる」に加え、ボーナストラックとして「まだ僕は生きてる(弾き語りVer.)」が収録される。

そして新ビジュアルも公開! 「変わりたい唄」というタイトルらしく、変身ポーズをとっているような阿部真央が印象的なビジュアルとなった。「変わりたい唄」の特設サイトも公開されたので、こちらもチェックしてみよう。

さらに、ニューシングル発売前の10月6日(土)には、10年ぶりに『FM802 MINAMI WHEEL』に出演することが決定した。デビュー直前の2008年、『MINAMI WHEEL』10回目の年に出演して以来2度目の出演となる。今回も記念すべき開催20回目の『MINAMI WHEEL』ということで、節目のタイミングで自らの原点とも言える弾き語りで登場。その貴重なライヴをお見逃しなく!

また、阿部真央は来たる2019年のメジャーデビュー10周年に向けて“Road to 10th Anniversary”と題し、7つのトピックスを掲げて精力的に活動中。11月18日(日)からは全国ホールツアー『阿部真央 らいぶNo.8〜Road to 10th Anniversary〜』がスタートし、チケットの一般発売は9月29日(土)からとなっているので要チェックだ。

2019年1月には、5年ぶりとなる日本武道館、初となる神戸ワールド記念ホールでのデビュー10周年記念ライヴ『阿部真央 らいぶNo.8〜10th Anniversary Specaial〜』を控えており、10周年に向けて7つのトピックスを次々と駆け抜ける彼女の動向に引き続き注目を!

■「変わりたい唄」特設サイト
http://kawaritaiuta.ponycanyon.co.jp/

ニューシングル「変わりたい唄」

2018年10月24日発売



PCCA-04700/¥1,200+税
<収録曲>
01.変わりたい唄
02.まだ僕は生きてる
03.なんにもない今から
04.いつもありがとう〜あべまにあの唄〜
ボーナストラック:まだ僕は生きてる(弾き語りVer.)

【ライブ情報】

■『阿部真央 らいぶNo.8〜Road to 10th Anniversary〜』
11月18日(日) 新潟 新潟県民会館 
11月20日(火) 北海道 札幌市教育文化会館
12月01日(土) 愛知 日本特殊陶業市民会館フォレストホール (名古屋市民会館)
12月02日(日) 岡山 岡山市民会館
12月07日(金) 長野 ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)・中ホール
12月09日(日) 石川 金沢市文化ホール
12月14日(金) 広島 JMSアステールプラザ 大ホール
12月16日(日) 福岡 福岡サンパレスホテル&ホール
<2019年>
1月11日(金) 大分 J:COM ホルトホール大分 大ホール
1月12日(土) 熊本 市民会館シアーズホーム夢ホール (熊本市民会館)
1月14日(月・祝) 静岡 静岡市民文化会館 中ホール
1月20日(日) 宮城 仙台電力ホール

■『阿部真央 らいぶNo.8 〜10th Anniversary Special〜』
1月22日(火) 東京 日本武道館
1月27日(日) 兵庫 神戸ワールド記念ホール



【関連リンク】
阿部真央、シングル「変わりたい唄」詳細公開&『MINAMI WHEEL』に10年ぶりの出演
阿部真央まとめ
『SURF&SNOW』の非日常と現実、松任谷由実の歌詞に関する一考察

【関連アーティスト】
阿部真央
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, ポップス, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット

『SURF&SNOW』の非日常と現実、松任谷由実の歌詞に関する一考察
Wed, 19 Sep 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月22日、盛岡タカヤアリーナを皮切りに全国ツアー『Ghana Presents 松任谷由実 TIME MACHINE TOUR Traveling through 45 years』がスタートするということで、今週はユーミンのアルバムを取り上げる。と言っても、過去、本コラムでは荒井由実の『ひこうき雲』を紹介しているので、今回は松任谷由実名義のアルバムの中から選んでみた。1980年代はどれもこれも印象に残る作品でどれにしようかと迷った末、その収録曲が映画に使われたことで、1990年代前半のスキーブームに大きく寄与した『SURF&SNOW』が良かろうとチョイスしてみたのだが──。

■聴く人を眩惑するユーミン・ソング

先日観ていたテレビでマキタスポーツ氏が「ユーミンという存在って今のインスタグラマーみたいな感じがするわけですよ」と仰っていた。今のように「即物的に(スマホで撮った写真を)アップロードするわけではなく、ちゃんと熟成させて、音楽でもって情感を」伝え、「(当時)山梨に居るマキタ少年に“いいね!”を押させてくれた」存在であると、ユーミン独特のコード進行の妙を絡めて氏流のユーミン論を展開していた。曰く「どんだけ自慢上手だったんだ」と(※ここまで「」はマキタスポーツ氏の言葉からの引用)。さすがに上手いことを言う。確かにユーミンの楽曲には“インスタ映え”的な側面がある。楽曲が画的なことは大前提として、アングルやスタイリングなど切り取り方が絶妙な上に、色彩や明るさの調整、加工も実に見事だ。

“インスタ映え”に限らず、画像/映像は同じ被写体でも撮る人にとってこうも違うものになるのかと思ったことは誰にでもあるだろうが、ユーミン・ソングの場合、被写体がどこかで目にしたことがあるようなものでも、“これは私の知っているものとは明らかに違いますよね?”というような感慨を与えてくれるところがある。未視感と言おうか、聴く人を眩惑するような効果を持っていると思う。

例えば、大瀧詠一の名盤『A LONG VACATION』収録曲はどれもこれも素晴らしいポップスではあるものの、《渚を滑るディンギーで/手を振る君の小指から》(「君は天然色」)とか、《薄く切ったオレンジをアイスティーに浮かべて/海に向いたテラスでペンだけ滑らす》(「カナリア諸島にて」)とか、《君の手紙読み終えて切手を見た/スタンプにはロシア語の小さな文字》(「さらばシベリア鉄道」)とか、そこでは徹底的に生活感が排除されている。筆者は今もディンギーが何であるかよく知らないし、薄く切ったオレンジをアイスティーに浮かべたことはない(レモンならある)。ロシア語の消印が押してある書簡をもらうことなど今後もないだろう。大瀧も作詞の松本隆も意識的に和テイストを入れないことで浮世離れ感を狙ったのだろうし、それはそれでまったく否定する気はない。

ユーミンの手法はそれとは違う。いや、もちろんユーミンにも異国情緒を感じさせるナンバーはある。『時のないホテル』や『ダイアモンドダストが消えぬまに』のタイトルチューンがそうだし、『水の中のASIAへ』や『KATHMANDU』もそうだろう。ただ、印象としては自分が暮らしているところと地続きの歌が多い印象だし、少なくとも人気曲はそちらだと思う。まぁ、それはそれらが恋愛を扱っているからという、理由を言ってしまえば身も蓋もないことであるのだが、その辺にユーミン・ソングの秘密はあると考える。

■印象を上位互換させるフレーバー

インスタ、SNSに例えれば、自然と“いいね!”してしまうような仕掛けがそこにある。主に歌詞の話になるものの、その仕掛けを、1980年に発表された荒井由実から数えて通算10枚目、松任谷由実名義では6枚目のアルバム『SURF&SNOW』で探ってみたい。タイトルチューンとも言えるM8「サーフ天国、スキー天国」。今となっては“○○天国”というタイトルがさすがに40年近く前の作品であることを物語っているが、この楽曲はサーフィンにもスキーにもちょっとしたフレーバーを加えることで、それらの印象を上位互換させることに成功していると思う。

《自然は雪や太陽つれて/レビューを見せに来る/夕映え 樹氷を染めれば/しばらく地球は止まってる》《自然は波や 雨雲つれてレビューを見せに来る/チューブを透かして見る空/しばらく地球は止まってる》(M8「サーフ天国、スキー天国」)。

まず、“レビュー”という言葉選びがいい。レビューはどこか豪華でハイカラな感じがする。(そもそもメロディーに乗らないが)これが“ショー”だったとすると演歌っぽい雰囲気になり、日常感は拭えなかったと思う。こちらからアクセスするにもかかわらず、“見せに来る”と、海、山を主語にしている点も巧みだ。そこまで意図していたとは思わないが、“見せに来る”となると、どこかこちらに奉仕してくれるような感じもある。しかも、粉雪がスウイングしながら盛り上げてくれるのだ。

《スウイングしてる粉雪/Highな気分にさせるよ》
(M8「サーフ天国、スキー天国」)。

この辺に、例えば“国設○○スキー場”を“○○スキーリゾート”へ、民宿をペンションへと換えてしまうようなコンパチビリティーがあるように思う。サーフィンを“波乗り”と歌っているのもメロディーに乗せるためであろうが、海の家とか路上とかではなく、シャワー・ハウスで着がえて繰り出すのだから、これもまた“○○海岸”を“○○ビーチ”と変換するような効果があるだろう。

《シャワー・ハウスで着がえて/くり出せ熱い波乗り》(M8「サーフ天国、スキー天国」)。

■そこが米国であるような不思議さ

M4「まぶしい草野球」もそうだ。草野球だし、自称なのかあだ名なのか知らないけれどもエラーの名手と歌われている人が試合に出ているのだから、SEでの歓声は大きいが、実際には大したチームではなかろう。

《風の外野席 手のひらかざして/青い背番号 たしかめてみる/エラーの名手に届けるランチは/クローバーの上 ころがしたまま》《寝坊できる休みの日にも なぜあわててとんでゆくの そんなに夢中にさせるもの のぞいてみたい》(M4「まぶしい草野球」)。

クローバーが生えているというから外野席と言ってもフェンスすらないないかもしれない。寝坊できる休みの日に慌ててとんでいくこと辺りからすると、おそらく社会人だろう(学生なら部活で早起きするだろうからその表現は変わってくるだろう)。試合後の一杯のほうが楽しみなおっさんが多いチームの匂いもがしなくもない。

《ちょっと高いフライ 雲に溶けてボールが消えた/今日はじめて見た あなたがまぶしい草野球》(M4「まぶしい草野球」)。

しかし、ここで歌われているのはアメリカのボールパークでのひとコマのような感じがする。雲を破るようなフライというのは、彼女にはそう思えたとか、ボールの軌道が太陽と重なったとかいうことなのだろうが、軟球でおそらく金属バットなのだろうに、カーンという乾いた甲高い音を挙げて、打球がどこまでも昇っていくような画が浮かぶ。

M5「ワゴンに乗ってでかけよう」はスポーツものではないが、これにも同じ匂いがある。夜、楽器の音がうるさいと大家にどなられるということは、この物語の舞台は日本であろう。まぁ、比喩表現であろうから野暮な突っ込みであることを承知で述べるが、大陸横断と言ってもそもそも日本は大陸じゃないし、陽が昇るところから落ちるところを目指しても1日あれば行けてしまう。

《アクセルふかして Keep on truckin\'/自由な心は Happy/あてどもない旅 一度したいと思いませんか》《潮風感じて Keep on loving/たまにけんかして Slappy/陽が落ちるところ めざしてゆけば大陸横断》《荒野の灯りを Keep on searching/迷ってもいいさ Hippy/自然のベッドで 目ざめた日から世界が変わるよ》M5「ワゴンに乗ってでかけよう」)。

それなのに、キャンピングトレーラーか何かで果てしなく続く一本道を走っているようなイメージがある。これはHappy、Slappy、Hippyもそうだし、Keep onもそうで、英語詞の効果が過分にあるであろう。

■現実と地続きであることを堅持

サーフィンにしてもスキーにしてもそれはすでに非日常のものであるのだが、そこにユーミン・フレーバーを加えることでさらにランクアップさせて、あたかも異世界での出来事のように仕上げている(「まぶしい草野球」の主人公にとって草野球は非日常)。それによって何が生まれるかと言えば、恋愛で生じる高揚感、その喚起であり、促進であろう。それを聴くことによって、恋をしていた時の気持ちを思い出したり、場合によっては現在進行形の恋愛が後押しされる。勝手ながら、所謂“つり橋効果”に近いものではないかと考える。

ただ、ユーミンが凡百のシンガーソングライターと大きく異なるのは、それが単に素敵な恋愛のBGMにとどまっていないことだと思う。眩惑するにはするが、我々が暮らす場所と地続きであることを堅持しているからこそ、それが現実と薄紙一枚も隔てていないことも、残酷なまでに提示している。その点ではM2「灼けたアイドル」が極めて興味深い。

《ああ 時はさざ波 私達を/離ればなれ 遠い島へ運ぶ/ああ 店はさびれて ひと足先/彼の姿 この町から消えた》《誰かうわさしている あいつ見かけたよ/夜のダウンタウンで ビラをまいてたと笑う/ああ 時にゆられて 誰もかれも/いつか淋しい 大人になってゆく》《ああ 同じビーチで夕陽見れば/胸の奥の彼は変わらないの/会いたいわ 昔にもどって みんなに》(M2「灼けたアイドル」)。

非日常がいつまでも続かないことは自明の理だが、それをあえて明言しているかのようである。何しろこれがアルバムの2曲目だ。《踊り明かす ロッヂのディスコティーク》と歌われるポップなM1「彼から手をひいて」から続くのだから、勢い深読みしてしまうし、そこにユーミンの凄み、薄ら怖さすら感じさせる。

アルバム『SURF&SNOW』には、ユーミンの代表曲のひとつと言えるM6「恋人がサンタクロース」が収録されており、M8「サーフ天国、スキー天国」と併せて、映画『私をスキーに連れてって』(1987年)のそれぞれ劇中歌、主題歌となったことから、このアルバムは当時のミーハースキーヤーの定番BGMとなった。正直に告白すると、筆者も本作を聴きながらスキー場へ行ったことが何度もある。完全に浮かれていたあの頃はまったく意に介さなかったが、約30年振りに聴き直してみて、“インスタ映え”的センスを改めて感じると同時に、そこで描かれている非日常はおとぎ話のようではあるものの、決して空想や絵空事ではないこともしっかりと伝えていた。まぁ、だからこそ、彼女は日本音楽シーンのトップアーティストであり、それこそSNS的に言えば日本サブカル史上における最強のインフルエンサーとなり得たのであろう。しかも、過去にユーミンから影響を受けながらも、今は彼女言うところの“淋しい大人”になり下がった人も多い中、ユーミンは今も一線級の現役であるというのは何ともすごいことだと思う。

TEXT:帆苅智之

アルバム『SURF&SNOW』

1980年発表作品



<収録曲>
1.彼から手をひいて
2.灼けたアイドル
3.人魚になりたい
4.まぶしい草野球
5.ワゴンに乗ってでかけよう
6.恋人がサンタクロース
7.シーズン・オフの心には
8.サーフ天国、スキー天国
9.恋人と来ないで
10.雪だより



【関連リンク】
『SURF&SNOW』の非日常と現実、松任谷由実の歌詞に関する一考察
松任谷由実まとめ
そらる、シングル「銀の祈誓」発売決定&全国ツアーなど3大トピックも発表

【関連アーティスト】
松任谷由実
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!

そらる、シングル「銀の祈誓」発売決定&全国ツアーなど3大トピックも発表
Wed, 19 Sep 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

そらるの10th ANNIVERSARY YEAR第1弾シングル「銀の祈誓」が大手レコードメーカー、ユニバーサル ミュージック傘下のVirgin Musicから発売されることが決定した。

9月10日にそらるがTVアニメ『ゴブリンスレイヤー』エンディングテーマを担当することが発表された際には、SNSトレンドワードで1位を記録するなど話題となった。今作はそらる自身初となるアニメタイアップへの作詞曲も担当しており、アニメを盛り上げるロック調の楽曲に仕上がっている。

アニメ『ゴブリンスレイヤー』は10月6日(土)25:30の初回放送に合わせて世界同時配信が決まっており、アメリカ・ロサンゼルスで行なわれた『Anime Expo 2018』や台湾の『第19回漫画博覧会』でイベントが実施されるなど、世界でも注目度が高い作品となっている。「銀の祈誓」も世界251の国で配信リリースされるので要注目だ。

また、全国CDショップおよびECストアにてシングル「銀の祈誓」の予約がスタートし、CDを購入した方を対象とした3大トピックが明らかになった。まず、2019年春に10th ANNIVERSARYを記念して単独公演では初となる幕張メッセ2dayを含む総動員数35,000人となる全国6大都市ツアーを発表! CD購入者を対象としたチケット先行応募券が封入されているので、ツアー情報はオフィシャルHPにて。

アニメイト限定イベントを東京・大阪・名古屋・福岡・仙台で実施することも発表され、さらには「銀の祈誓」通常盤に封入のランダムフォトカードで当たりカードをゲットした方を対象に、全国5カ所(東京・神戸・名古屋・福岡・仙台)でハイタッチ会を実施するとのこと。詳細はユニバーサル ミュージックの「銀の祈誓」スペシャルサイトをチェック!

■「銀の祈誓」スペシャルサイト
https://www.universal-music.co.jp/soraru/ginnokisei/

シングル「銀の祈誓」

2018年11月28日発売



【初回限定盤A】(CD+DVD)
品番・価格未定
※ジャケット、収録曲は後日発表
※DVD:「銀の祈誓」本人MV、「銀の祈誓」本人MVメイキング映像収録(予定)
※幕張メッセ2DAYSを含む6大都市ツアーCD購入者限定チケット最速先行予約シリアルコード封入

【初回限定盤B】(CD+DVD)
品番・価格未定
※ジャケット、収録曲は後日発表
※DVD:「銀の祈誓(Piano Ver.)」歌唱映像、カバー歌唱映像(タイトルは後日発表)全2曲収録(予定)
※幕張メッセ2DAYSを含む6大都市ツアーCD購入者限定チケット最速先行予約シリアルコード封入

【ゴブリンスレイヤー盤】(CD+DVD)
品番・価格未定
※収録曲は後日発表、ジャケットは「ゴブリンスレイヤー」のデザインとなります。
※CD:「銀の祈誓(TVSIZE)」収録。
※DVD:「銀の祈誓」イラストMV、アーティストビジュアル撮影風景収録(予定)
※幕張メッセ2DAYSを含む6大都市ツアーCD購入者限定チケット最速先行予約シリアルコード封入、アニメ「ゴブリンスレイヤー」ステッカー封入

【通常盤】(CD)
※ジャケット、収録曲は後日発表
※幕張メッセ2DAYSを含む6大都市ツアーCD購入者限定チケット最速先行予約シリアルコード封入、ランダムフォトカード5種類封入

◎チェーン別オリジナル特典
アニメイト:缶バッジ
タワーレコード:ミニポスター
TSUTAYA:クリアファイル
Amazon.co.jp:ポストカード
とらのあな:ポストカード
そらるSHOP・UNIVERSAL MUSIC STORE:計4枚を1つに収納できるスリーブケース

【ライブ情報】

<2019年>
3月10日(日) 宮城・SENDAI GIGS
3月16日(土) 北海道・ZEEP SAPPORO
3月24日(日) 大阪・ZEPP OSAKA BAYSIDE
3月26日(火) 福岡・ ZEEP FUKUOKA
3月28日(木) 愛知・ZEPP NAGOYA
4月13日(土) 千葉・幕張メッセ国際展示場4・5・6ホール
4月14日(日) 千葉・幕張メッセ国際展示場4・5・6ホール

<CD購入者限定チケット最優先受付期間に関して>
■応募受付期間
11月28日(水)18:00〜12月16日(日)23:59
■受付方法:抽選
※応募方法などの詳細に関してはCDに封入される応募券にてご確認ください

【イベント情報】

■「銀の祈誓」通常盤封入特典イベント
通常盤(TYCT-30084)には、そらる実写による「ランダムフォトカード(5種類)」が封入されています。
5種類のうち1枚“当たりカード”が存在しており、当たりカードを引き当てた方を対象に、東京・神戸・名古屋・福岡・仙台で開催される「銀の祈誓」リリースイベントの“ハイタッチ会”へご参加頂けます。

<ハイタッチ会開催予定地区>
12月09日(日)仙台某所
12月15日(土)神戸某所
12月16日(日)福岡某所
12月22日(土)東京某所
12月24日(月)名古屋某所
※開催場所、開催時間、ご来場にあたってのご注意事項は、後日お知らせいたします。
※「銀の祈誓」リリースイベントの詳細と参加に必要な注意事項はUNIVERSAL MUSIC そらるアーティストページからご確認下さい。

■「銀の祈誓」アニメイト限定イベント

<対象商品>
11月28日発売「銀の祈誓」
【初回限定盤A】TYCT-39095
【初回限定盤B】TYCT-39096
【ゴブリンスレイヤー盤】TYCT-39097
※上記3タイトルのうち、いずれか1枚を全国アニメイトもしくはアニメイトオンラインで、ご予約頂いた方が対象となります。
※【通常盤】(TYCT-30084)は対象外となりますのでご注意ください。

<対象店舗>
アニメイト全店(アニメイトオンライン含む)

<イベント日程>
※イベント内容:トーク&握手会
12月09日(日)アニメイト仙台
12月15日(土)大阪某所
12月16日(日)あるあるCity B1Fスタジオ(小倉)
12月23日(日)都内某所
12月24日(月)名古屋某所
※1口につき1公演のみお申し込み頂けます。また、応募数に上限はございません。
※開場・開演日時は後日発表させて頂きます。



【関連リンク】
そらる、シングル「銀の祈誓」発売決定&全国ツアーなど3大トピックも発表
そらるまとめ
Sabao(シャボン)、10月のライブをもって活動休止を発表

【関連アーティスト】
そらる
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シンガーソング・ライター, CD, シングル, キャンペーン, 発表, リリース, 発売, 特典, ネットカルチャー, アニメ, ライブ, ツアー, ワンマン, チケット, 主題歌, エンディング

Sabao(シャボン)、10月のライブをもって活動休止を発表
Wed, 19 Sep 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

元Hysteric Blue(ヒステリック・ブルー)のTamaと楠瀬タクヤによる音楽ユニット・Sabao(シャボン)が、10月28日(日)東京・新宿ReNYにて開催されるツアーファイナル公演をもってライブ活動を休止することが明らかになった。

2018年はHysteric Blueのデビューから20周年に当たるメモリアルイヤー。同グループは2004年に解散したが、復活を願うファンの声に後押しされて2013年にシャボンとして再生した。2018年7月15日(日)に東京・青山RizMで初の全国ツアーをスタートさせた際には、“皆さまのおかげでアルバムリリースと全国ツアーという、ビッグトピックとなる素敵な20周年イヤーを彩ることが出来ましたことを深く感謝いたします”とコメント。

しかし、ボーカルのTamaは“いつまで続けるのか”ということをここ何年かずっと考えていたという。今回のライブ活動休止については、“デビュー20年という節目を迎えるにあたり、自分の中でちゃんとけじめをつけたいという思いからこの決断に至りました。ツアーファイナルまで残りわずかですが、ひとつひとつのライブやイベントを精一杯、大切に歌い届けたいと思います”とコメントし完全燃焼を誓っている。

※Sabaoの正式表記は、2番目のaに~が付きます。

■【コメント】

■Sabao
いつもSab?oへのご声援をありがとうございます。
今後の活動方針について、メンバーで話し合い、現在開催中のツアー「LASTING HOPE」の東京ファイナルをもちまして、Sab?oとしてのライブ活動を一旦満了することになりました。皆さまのおかげでアルバムリリースと全国ツアーという、ビッグトピック満載となる素敵な20周年イヤーを彩ることが出来ましたことを深く感謝いたします。

■Tama
ファンの皆さまへ いつも応援ありがとうございます。
10.28のSab?oのツアーファイナルをもちまして、Tamaとしての今後のライブ活動を休止することにしました。
「いつまで続けるのか」ということは、ここ何年かずっと考えていたのですが、デビュー20年という節目を迎えるにあたり、自分の中でちゃんとけじめをつけたいという思いからこの決断に至りました。本当はツアーファイナルを終えてから発表するつもりでしたが、ライブやイベントなどで応援の言葉をいただく度になんだか隠し事をしているような、裏切っているような気持ちになってしまい、このタイミングでの発表になりました。突然のご報告で驚かせてごめんなさい。ツアーファイナルまで残りわずかですが、ひとつひとつのライブやイベントを精一杯、大切に歌い届けたいと思います。

■楠瀬タクヤ
10/28のツアーファイナルをもちまして、Sab?oのライブ活動を満了させていただこうと思います。デビュー20周年イヤーという節目の年に始まった今年のライブとリリースのラッシュですが、その集大成とも言えるファイナルのステージが一つの節目となり、そして全国で待ってくれていたファンの皆様には、我々の想いがひととおり届き渡ったと感じております。ズルズルと続けていく活動ではなく、フワフワと続いている活動を目指すべく、一旦寝かしてみて、熟成期間を取るとどうなるのかな、と今は考えております。
残り少ない30代の時間というリソースを、家族との時間と演奏活動、そして新たな舞台芸術の創作に最大限振り切って、素敵なミュージシャンとしての40代を過ごせた暁には、またファンの皆様と一緒に同じ夜を迎えられるよう。日々を大切に生きて行く所存です。
残り短い期間ではありますが、悔いのないよう走り抜けようと思いますので、引き続きの応援、どうぞよろしくお願いいたします。

【ライブ情報】

■『Sabao TOUR 2018 「LASTING HOPE」』
9月23日(日) 大阪・RUIDO
10月07日(日) 福岡・Public space 四次元

■『FINAL STAGE「LAST HOPE」』
10月28日(日) 東京・新宿ReNY

※Sabaoの正式表記は、2番目のaに~が付きます。
※一般チケット販売中!
https://eplus.jp/ath/word/69797

■20thサプライズ公演『キュボン LIVE ONLY TWICE』
9月24日(月) 大阪・RUIDO
10月05日(金) 東京・青山RizM

<チケット>
前売¥5,900/当日¥6,900
※ドリンク代別途必要
・大阪公演
P code:117-018
L code:52516
E+:http://eplus.jp
・東京公演
P code:122-654
L code:70716
E+:http://eplus.jp



【関連リンク】
Sabao(シャボン)、10月のライブをもって活動休止を発表
Sab?oまとめ
Sabao (シャボン) まとめ
the band apart、WOMCADOLEら出演ライブ『泡沫〜ウタカタ〜』の模様をGYAO!にて配信スタート

【関連アーティスト】
Sab?o, Sabao (シャボン)
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, チケット, 活動休止

the band apart、WOMCADOLEら出演ライブ『泡沫〜ウタカタ〜』の模様をGYAO!にて配信スタート
Wed, 19 Sep 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7月26日にSHIBUYA O-EASTで開催されたライブイベント『GYAO+ PCI MUSIC+日本工学院ミュージックカレッジ Presents LIVE「泡沫〜ウタカタ〜 」』の模様がGYAO!にて配信スタートした。

本公演は、株式会社GYAOと株式会社 PCI MUSICの2社が主催し、日本工学院ミュージックカレッジが協賛した次世代アーティストの応援を目的とするライブイベント。GYAO!にて配信されているのは、当日出演したthe band apart、WOMCADOLE、Ivy to Fraudulent Game、koboreの4組のライブ映像となっている。学生たちが次世代アーティストと作り上げた熱い1日をぜひチェックしてみよう!

■『泡沫〜ウタカタ〜』配信URL

●the band apart
https://gyao.yahoo.co.jp/player/11278/v00001/v0000000000000000004/
●WOMCADOLE
https://gyao.yahoo.co.jp/player/11278/v00001/v0000000000000000007/
●Ivy to Fraudeulent Game
https://gyao.yahoo.co.jp/player/11278/v00001/v0000000000000000001/
●kobore
https://gyao.yahoo.co.jp/player/11278/v00001/v0000000000000000010/



【関連リンク】
the band apart、WOMCADOLEら出演ライブ『泡沫〜ウタカタ〜』の模様をGYAO!にて配信スタート
the band apartまとめ
WOMCADOLEまとめ
Ivy to Fraudulent Gameまとめ
koboreまとめ

【関連アーティスト】
the band apart, WOMCADOLE, Ivy to Fraudulent Game, kobore
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 配信

Crispy Camera Club、レコ発ツアー&インストアライヴが決定
Wed, 19 Sep 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Crispy Camera Club(クリスピー・カメラ・クラブ)が10月10日にリリースする6曲入りデビューミニアルバム『SWAG』。そのレコ発ツアーとインストアライヴの日程が発表された。

ツアータイトルは『Crispy Camera Club “SWAG of Stray Cats” Tour 2018』で、彼らが影響を受けた1980年代のネオロカビリーブームを代表するバンド、Stray Catsから取られている(リード曲「雨があがったら」の歌詞にも登場)。

ツアーは0月26日(金)の京都KBSホール『ボロフェスタ2018』を皮切りに、全国12箇所以上を予定。さらに、ツアーファイナルの12月20日(木)京都・二条 GROWLYの対バンも解禁となり、THE BOHEMIANS、ギリシャラブ、EASTOKLABとの4マンで行なうことが決定した。

また、主要都市6箇所でのインストアライヴも開催決定。こちらは観覧フリーの公演もあるので、お近くにお住まいの方はぜひチェックしてみてほしい。

■『Crispy Camera Club 「SWAG」発売記念インストアライブ』

10月14日(日)14:00〜 京都 タワーレコード 京都店
10月24日(水)20:00〜 東京 ヴィレッジヴァンガード 下北沢店
11月04日(日)18:30〜 愛知 タワーレコード 名古屋パルコ店
11月09日(金)19:00〜 大阪 タワーレコード 大阪梅田NU茶屋町店
11月19日(月)19:00〜 東京 タワーレコード 新宿店
11月20日(火)OPEN 19:00 / START 19:30 東京 ディスクユニオン dues新宿

※参加方法など詳しくは公式サイトをご確認下さい。

■『Crispy Camera Club “SWAG of Stray Cats” Tour 2018』

10月26日(金) 京都 KBSホール『ボロフェスタ2018』
10月30日(火) 岡山 CRAZYMAMA 2ndRoom
10月31日(水) 広島 CAVE-BE
11月01日(木) 福岡 Queblick
11月02日(金) 熊本 B.9 V2
11月08日(木) 愛知 名古屋 CLUB ROCK\'N\'ROLL
11月13日(火) 大阪 心斎橋 Pangea
w/ UlulU、Easycome and more...
12月01日(土) 宮城 仙台 LIVE HOUSE enn 2nd
12月12日(水) 東京 下北沢SHELTER
12月13日(木) 長野 松本ALECX
12月14日(金) 長野 the Venue
12月16日(日) 新潟 CLUB RIVERST
12月20日(木) 京都 二条 GROWLY (TOUR FINAL)
w/ THE BOHEMIANS、ギリシャラブ、EASTOKLAB

ミニアルバム『SWAG』

2018年10月10日発売



KOGA-212/¥1,500(税込)
<収録曲>
01.favorite train
02.雨か?あか?ったら
03.good morning sunshine
04.She\'s so cute
05.タンサ?ナイト
06.アナサ?ーテ?イ



【関連リンク】
Crispy Camera Club、レコ発ツアー&インストアライヴが決定
Crispy Camera Clubまとめ
YOSHIKI feat.HYDE、『Mステ ウルトラFES』の初コラボが“神の共演”とファン大熱狂!

【関連アーティスト】
Crispy Camera Club
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, CD, 発表, 新曲, リリース, 発売, ミニアルバム, ライブ, ツアー

YOSHIKI feat.HYDE、『Mステ ウルトラFES』の初コラボが“神の共演”とファン大熱狂!
Wed, 19 Sep 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月17日(月)に放送された『MUSIC STATION ウルトラFES 2018』(テレビ朝日系)でYOSHIKI feat.HYDEが「Red Swan ウルトラFES スペシャルバージョン」を披露。テレビ初となる二人のコラボパフォーマンスが実現した。

この日のパフォーマンスはテレビ朝日社屋の屋上から届けられた。夕方から降り始めた雨は二人のパフォーマンスと同時に止み、雨上がりに煙る幻想的な東京タワーをバックに、テクニカルなフレーズにもかかわらず白鳥のように美しくクリスタルピアノを奏でるYOSHIKIと、夜空を突き抜けるようなHYDEのヴォーカルが、この世のものとは思えない世界を作り出した。

二人がテレビで初めて披露したその美しいパフォーマンスに、SNS上では“最高に神がかってた”“XJapanでもないラルクでもない また新しい素敵な世界が見れました”“二人が並ぶと華やか”“Red Swanを見て震えた。YOSHIKIさん、HYDEさんの二人の神は偉大です”“YOSHIKIさんもHYDEさんもちょっと次元の違いすぎるアーティストだね”“神の共演”“YOSHIKIとHYDEが美しすぎて感動で泣きました”“YOSHIKIの作曲家としてのレベルがさらに増している”“曲名のごとく白鳥がピアノを弾いているようだった”と、熱狂的なコメントが殺到した。プライベートでの親交も深いYOSHIKIとHYDEだが、こうしてテレビでの共演パフォーマンスは初めてのこと。音楽界のトップに君臨するこの二人の共演を喜ぶ声はファンのみならず、多くの視聴者から寄せられた。

NHK総合で放送中のTVアニメ『進撃の巨人 Season3』のオープニングテーマ曲である「Red Swan」は発表以来、YOSHIKIとHYDEという世界的アーティストの夢のような共演に“奇跡のコラボレーション”と大きな話題を呼んでいた。様々な国の言葉で「Red Swan」はカバーされ、世界各国でYouTube上にアップされており、それは今なお増え続けている。先日放送された『YOSHIKI CHANNEL』では、完成した「Red Swan」全編楽曲がジャケット写真とともに世界初公開となり、本作は10月3日にリリースとなることも発表されたばかり。

テレビ出演後に行なわれた『YOSHIKI CHANNEL』で、“2回のリハでは雨が結構降ってたけど、その後雨が止んで・・・神がかってた”とYOSHIKI自身も語ったほど、雨をも味方につけたYOSHIKIとHYDEのテレビ初コラボは感動的なステージでだった。

10月28日(日)には、HYDE主宰の『HALLOWEEN PARTY 2018』で二人は再び共演を果たす予定。また、11月に開催される『YOSHIKI CLASSICAL 2018 〜紫に染まった夜〜 YOSHIKI with Philharmonic Orchestra』には、 HYDEがゲストとしていずれかの日に出演することも発表されている。

■YOSHIKI feat. HYDE「Red Swan」特設サイト
http://yoshiki-hyde.com

『HALLOWEEN PARTY 2018 supported by XFLAG』

<日程>
10月26日(金)、27日(土)、28日(日)
※YOSHIKIの出演は28日(日)
開場 15:30 / 開演 17:00
<会場>
幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール

<チケット代>
スタンディングブロック指定 S / 指定席 S ¥12,000(税込)
スタンディングブロック指定 A / 指定席 A ¥9,300(税込)
※3歳未満入場不可、3歳以上要チケット
チケット一般発売
2018年10月13日(土)10:00より

■『HALLOWEEN PARTY 2018』特設サイト
http://hwp2018.hyde.com/

『YOSHIKI CLASSICAL 2018 〜紫に染まった夜〜 YOSHIKI with Philharmonic Orchestra』

<日程>
11月12日(月)18:00開場/19:00開演
11月15日(木)18:00開場/19:00開演
<会場>
東京国際フォーラム ホールA

<チケット代>
10,800円(税込)全席指定
お一人様1公演4枚まで。
未就学児童入場不可
■スケジュール
2018年9月13日(木)発表と同時にYOSHIKI CARD FC先行(抽選)
【受付期間】2018年9月13日(木)〜2018年9月21日(金)23:00
2018年9月20日(木)各メンバーFC先行(抽選)
【受付期間】2018年9月20日(木)18:00〜2018年9月28日(金)23:00
2018年9月27日(木)各プレイガイド先行(抽選)
2018年10月6日(土)一般販売



【関連リンク】
YOSHIKI feat.HYDE、『Mステ ウルトラFES』の初コラボが“神の共演”とファン大熱狂!
YOSHIKI feat. HYDEまとめ
YOSHIKIまとめ
HYDEまとめ
マキシマム ザ ホルモン、ヘドバン&デス声を封印するも愛にあふれた新曲MVを公開

【関連アーティスト】
YOSHIKI feat. HYDE, YOSHIKI, HYDE
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, シンガーソング・ライター, コラボ, CD, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, ポップス, アニメ, クラシック, テレビ番組, 音楽番組, 出演, 主題歌, オープニング, 音楽配信

マキシマム ザ ホルモン、ヘドバン&デス声を封印するも愛にあふれた新曲MVを公開
Wed, 19 Sep 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ライヴ活動の一時休止を発表したロックバンド、マキシマム ザ ホルモンの新曲「拝啓VAP殿」のMVを公開! ヘドバン、デス声を自粛、さらに“惑星亮”という謎の星の言語を用いて作詞された今作は、過去の楽曲でも類を見ない意味深かつ愛に溢れたメッセージが込められているようだ。

MVには惑星亮で綴られた歌詞の対訳が字幕表示されるなど見逃せない内容となっているので、何はともあれまずはチェックしてみてほしい。



【関連リンク】
マキシマム ザ ホルモン、ヘドバン&デス声を封印するも愛にあふれた新曲MVを公開
マキシマム ザ ホルモンまとめ
ドラマチックアラスカ、1stフルアルバム全貌&「暴れだす」MV公開

【関連アーティスト】
マキシマム ザ ホルモン
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, バンド, ミュージックビデオ, MV, 発表, 新曲, メタル, パンク, 活動休止

ドラマチックアラスカ、1stフルアルバム全貌&「暴れだす」MV公開
Wed, 19 Sep 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ドラマチックアラスカが、11月7日(水)にリリースする1stフルアルバム『最後のフロンティア』の詳細と、今作に収録される新曲「暴れだす」MVも公開された。アラスカ州の別名でもあるこのタイトルは、バンドの節目となる作品が完成したらつけようと、昔からあたためていたとのこと。最新曲のほか、デビュー曲「リダイヤル」、代表曲「東京ワンダー」などの再録も含めた全14曲収録。数量限定初回盤にはデビュー5周年を記念し、8月28日に開催した『アラスカナイズワンマンSpecial』の舞台裏を収録したDVD「ドキュメンタリームービー 〜4人のフロンティア〜」つき。

また、タワーレコード、ヴィレッジヴァンガード購入特典として、8月28日に開催されたワンマンライブ映像をおさめたDVD「18年8月28日アラスカナイズワンマンSpecial in 渋谷チェルシーホテル」がつくことも決定した。詳しくは特設サイトへ。

■特設サイト
http://www.ldandk.com/dramaticalaska/lastfrontier

■【ヒジカタナオト(Vo&Gt)コメント】

「アラスカ州の別名を付けました。
いつかドラマチックアラスカの節目となるようなアルバムを
リリースするときに使おうと思って、かなり昔から取っておいたタイトルです。

前作を経てできたというよりも、デビューからの5年をかけて出来たアルバムなのかなあと思っています。

周囲の反応や仲間のバンドの状況をうかがってしまうこともあったけど、
アラスカに土地を買い根を張り、定住する覚悟を決めたような、そんな気持ちです。
ここからがスタートです!と言うのはもう最後にして、
僕たちはこの新天地を、まだ見ぬ景色を求めて僕たちなりに歩んで行こうと思います」

アルバム『最後のフロンティア』

2018年11月7日発売



【数量限定初回盤】(CD+DVD)
¥3,500+税
【通常盤】(CD)
¥2,500+税
<収録曲>
■CD
01.LAST FRONTIER
02.リダイヤル (2018 ver.)
03.夢現
04.人間ロック (2018 ver.)
05.無理無理無理 (2018 ver.)
06.ランニングデッド
07.和心 (2018 ver.)
08.こゝろ
09.暴れだす
10.THE ONE
11.東京ワンダー (2018 ver.)
12.クソッタレセカイ
13.おつかれさま
14.25
■初回盤DVD
「ドキュメンタリームービー 〜4人のフロンティア〜」

◎法人別購入特典
■TOWER RECORDS
「18年8月28日アラスカナイズワンマンSpecial in 渋谷チェルシーホテルA」
クソッタレセカイ、東京ワンダー、リダイヤル収録
■VILLAGE VANGUARD
「18年8月28日アラスカナイズワンマンSpecial in 渋谷チェルシーホテルB」
夢現、アレシボ・メッセージ、マイヒーロー収録



【関連リンク】
ドラマチックアラスカ、1stフルアルバム全貌&「暴れだす」MV公開
ドラマチックアラスカまとめ

【関連アーティスト】
ドラマチックアラスカ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 発表, 新曲, リリース, 発売













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1