歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年09月17日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/09/26
2018/09/25
2018/09/24
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
『YOSHIKI CHANNEL』にHYDEが登場! 「Red Swan」が世界初で全編公開!
Mon, 17 Sep 2018 18:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月15日(土)に放送された『YOSHIKI CHANNEL』に、 ゲストとしてHYDEが登場。 NHK総合『進撃の巨人 Season3』のオープニングテーマ曲であるYOSHIKI feat.HYDEの「Red Swan」が、 ついに世界初で全編公開され、 楽曲完成後初のお披露目となった。 そして番組内では「Red Swan」のリリース日が10月3日に決定したことも発表され、 あわせてジャケット写真2種類も初公開された。

楽曲の完成は、 LAでつい数日前のことと明かしたYOSHIKIは、 さらに「Red Swan」にはX JAPANの名曲「Rusty Nail」を一部意識しているパートがあるという秘話も語った。 また、 今回のコラボレーションについて、 YOSHIKIは『あらゆる意味で壁を壊していくような曲を作ることが、 ある種、 僕の使命だった。 まさか引き受けてくれるとは思わなかった(笑)』と語り、 HYDEも『YOSHIKIさんに頼まれて断れる人はいない(笑)。でも本当に喜んで引き受けました』とコメントし、 HYDE自身も「Red Swan」の完成版をヘビロテしていることを明かした。

番組内で、 全編公開となった楽曲を聴いたファンたちからは『YOSHIKI史上過去最高曲出た!』『何度でも聴きたい。 泣きそう』などと、 生放送中の画面は興奮のコメントで埋め尽くされた。またYOSHIKIから、 初公開されたジャケット写真の【YOSHIKI feat. HYDE 盤】については「Rusty Nail」のジャケット写真では青い血が流れているのでそれをイメージしてみたこと、 【進撃の巨人盤】では、 この曲の為に新たにイラストが書き下ろされたことなどの裏話も語られた。

そして、 HYDE主宰『HALLOWEEN PARTY 2018』にYOSHIKIが出演することも発表され、 10月28日のステージに立つことが明らかになった。『HALLOWEEN PARTY』への出演は2018年で3度目となり、 YOSHIKIからの『今年の目玉は?』という言葉にHYDEが『YOSHIKIさんが出ることですよ』と返した。 今年はどのようなハロウィンコスプレにしようかという話にYOSHIKIは『進撃のYOSHIKI!』と即答し、 会場に笑いが起きる一面も。

さらにこの日はもう一つ、 先日開催を発表したばかりのソロクラシックコンサート『YOSHIKI CLASSICAL 2018 〜紫に染まった夜〜 YOSHIKI with Philharmonic Orchestra』に、 HYDEがゲストとしてどちらかの日に出演することも発表された。番組の最後には、 YOSHIKIがHYDEに『本当にコラボレーションができて感謝している。 10、 20年前では、 このようなバンドの垣根を超えたコラボレーションは考えられなかった。 刺激しあって前に進むことができたことが嬉しい』と長年の親交の中から生まれたコラボレーションを改めて振り返り、 『X JAPANとしても前に進む原動力になった』と語り、日本の音楽業界のトップに君臨し世界でも活躍する二人によるこのビッグサプライズ連発の放送は、 勢いを増すYOSHIKI CHANNELにさらに拍車をかける神回となった。

なお、次回の『YOSHIKI CHANNEL』は9月17日。『MUSIC STATION ウルトラFES 2018』に出演するSILENT SIRENを迎えての放送となるので、ぜひチェックしてほしい。

■シングル「Red Swan」特設サイト
http://yoshiki-hyde.com

『YOSHIKI CHANNEL』

『YOSHIKI CHANNEL緊急決定〜YOSHIKI & HYDE生出演〜Red Swan全編独占初視聴〜』
※会員はタイムシフト(アーカイブ)視聴可能
http://ch.nicovideo.jp/yoshikiofficial/blomaga/ar1667522

『MUSIC STATION ウルトラFES2018出演直後生放送YOSHIKI直撃インタビュー&YOSHIKI CHANNEL 伝説対談SP VOL.28〜SILENT SIREN生出演〜』
放送日時:9月17日(月)22:30〜
ゲスト:SILENT SIREN
※会員はタイムシフト(アーカイブ)視聴可能
http://ch.nicovideo.jp/yoshikiofficial/blomaga/ar1669238

シングル「Red Swan」

2018年10月3日(水)発売



【YOSHIKI feat. HYDE 盤】
PCCA-70532/¥926+税
<収録曲>
M-1 Red Swan
M-2 Red Swan (Instrumental)

【進撃の巨人盤】
PCCA-70533/¥1,111+税
<収録曲>
M-1 Red Swan
M-2 Red Swan (Instrumental)
M-3 Red Swan -TV Edit-

『YOSHIKI CLASSICAL 2018 〜紫に染まった夜〜 YOSHIKI with Philharmonic Orchestra』

11月12日(月) 東京 国際フォーラム ホールA
時間:18:00開場/19:00開演
11月15日(木) 東京 国際フォーラム ホールA
時間:18:00開場/19:00開演



【関連リンク】
『YOSHIKI CHANNEL』にHYDEが登場! 「Red Swan」が世界初で全編公開!
YOSHIKIまとめ
HYDEまとめ
X JAPANまとめ
M!LK、スポンジ・ボブとのコラボグッズを販売決定

【関連アーティスト】
YOSHIKI, HYDE, X JAPAN
【ジャンル】
J-ROCK, ヴィジュアル, ニュース, シングル, 発表, 新曲, 出演, ライブ

M!LK、スポンジ・ボブとのコラボグッズを販売決定
Mon, 17 Sep 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

M!LKと海底都市“ビキニタウン"に住む人気者スポンジ・ボブのコラボ商品が 、9月18日〜10月4日までラフォーレ原宿2階 スポンジ・ボブPOP UP STOREにて販売されることが決定した。

メンバーカラーのソファーに座りミルクをのむ愛くるしい表情のスポンジ・ボブとのコラボアイテムは必見! 今回は第1弾としてTシャツ(S〜XL展開)、サコッシュ、キーホルダーが発売されるが、第2弾として9月28日(金)にはM!LK缶の発売も決定している。さらにラフォーレ原宿2階店頭にてM!LKのメンバーがミルク味の飴を入れてくれるイベントも開催予定とのこと。気になる方は是非ラフォーレ原宿期間限定STOREに足を運んでみてはいかがだろうか。

【スポンジ・ボブPOP UP STORE】

開催場所:東京 ラフォーレ原宿
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-11-6
営業時間:11:00〜21:00

『M!LK THE LIVE 2018 〜わちゃ2&Cool これがM!LKっ〜』

11月23日(金・祝)  東京 豊洲PIT
開場17:00/開演18:00
11月25日(日)  大阪 堂島リバーフォーラム
1部:開場14:00/開演14:45
2部:開場17:15/開演18:00



【関連リンク】
M!LK、スポンジ・ボブとのコラボグッズを販売決定
M!LKまとめ
Beverly、アニメ『FAIRY TAIL』先行上映会にてエンディングテーマを初解禁

【関連アーティスト】
M!LK
【ジャンル】
J-POP, ニュース, コラボレーション, EBiDAN, コラボ, 発表, グッズ

Beverly、アニメ『FAIRY TAIL』先行上映会にてエンディングテーマを初解禁
Mon, 17 Sep 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

TVアニメ『FAIRY TAIL』ファイナルシリーズ 第1クールのエンディングテーマを担当するBeverlyが、9月16日に行なわれた『FAIRY TAIL 竜王祭2018 -ファイナルシリーズ 先行上映会-』にスペシャルゲストとして原作者の真島ヒロ、主人公・ナツ役の声優である柿原徹也らと共に登壇し『FAIRY TAIL』への熱い想いを語った。

学生時代から作品のファンだったというBeverlyは『私は元々FAIRY TAILのファンなので、最終章のEDテーマを歌わせて頂けることに本当に感謝しています。毎回最後に私の曲が流れると思うと、興奮が収まりません! 冒頭のハイテンションで印象的なメロディーはもちろん、最後のフェイクの部分は自分の経験だけではなく、ナツやルーシィ、FAIRY TAILの戦いを思い浮かべて歌いました』と、テーマソングを担当するにあたって熱いコメントを寄せ、トークショー後に行なわれた先行上映会では、エンディングテーマ「Endless Harmony feat.LOREN 」が初のオンエアとなった。

この楽曲は『FAIRY TAIL』第1クールのオープニングテーマを担当する男女混成5人組ダンス&ヴォーカルグループ・lol -エルオーエル-の「power of the dream」と共に、2曲をコンパイルした配信限定パッケージとしてリリースが決定している。9月17日からはオフィシャルHPにて同曲の試聴もスタートしてるので、アニメの放送を前に、気になる方はいち早くチェックしてみてはいかがだろうか。

■「Endless Harmony feat.LOREN」試聴ページ
https://avex.jp/beverly/discography/
■アニメ『FAIRY TAIL』公式サイト
http://fairytail-tv.com/

配信限定シングル「FAIRY TAIL」

2018年10月5日より配信開始



<収録内容>
1.power of the dream(lol -エルオーエル -)
※TVアニメ「FAIRY TAIL」ファイナルシリーズ 第1クール オープニングテーマ
2.Endless Harmony feat.LOREN(Beverly)
※TVアニメ「FAIRY TAIL」ファイナルシリーズ 第1クール エンディングテーマ



【関連リンク】
Beverly、アニメ『FAIRY TAIL』先行上映会にてエンディングテーマを初解禁
Beverlyまとめ
最高だった『氣志團万博2018』で特に印象に残った曲5選

【関連アーティスト】
Beverly
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, シングル, 新曲, 配信, アニメ, 出演, エンディング

最高だった『氣志團万博2018』で特に印象に残った曲5選
Mon, 17 Sep 2018 18:00:00 +0900


9月15日(土)と16日(日)の2日間に渡って開催された『氣志團万博2018 〜房総爆音爆勝宣言〜』。「ひとつの奇跡も見逃すわけにはいかない!」と、毎年全てのアクトを生で観ることを課題にしてる僕。今年も最高だった『氣志團万博』で、特に印象に残った曲を紹介。あ〜、5曲じゃ収まらないっ!

■「survival dAnce 〜no no cry more〜」(’94)/TRF

初日、メインステージとなるYASSAIステージのトップバッターで登場したのが初登場となるTRF。午前中の出演ということで「おはよーっ!」と、およそTRFからは聞くことのない挨拶で始まったステージ。始まってみると、「どんだけヒット曲あるんだよ?」と仰天するほど、誰もが知ってるキラーチューンを連発して盛り上げ、ラストは「survival dAnce 〜no no cry more〜」で会場中を歌い踊らせる。衰えを知らないたくましく歌声とキレキレのダンスを観ながら、リリースから24年が経っても愛され続ける国民的大ヒットソングを持つ強みと、それに奢ることなく高みを目指すライヴへの姿勢に大感動! 最高の二日間の幕を切るに相応しい、素晴らしいステージでした。

■「The Revelation」(’13) /coldrain

『氣志團万博』に新時代到来!? ?SiM、KEYTALK、04 Limited Sazabys、打首獄門同好会など、若手の台頭による活躍が目立った今年の『氣志團万博』。“ヘドバン要員”の名を受けて、「この後、マキシマム ザ ホルモンっておじさんたちが出るけど、遅いヘドバンだから」とリスペクトと笑いを混ぜながらも先輩バンドを挑発するMCや、氣志團の絶頂期を知らないであろうキッズたちがモッシュやヘドバンをする姿を観て、『氣志團万博』に訪れた新しい時代と変化を感じたし、そんな変化も全て許容する『氣志團万博』の懐の深さを感じた。来年以降、若い世代が生み出すであろう『氣志團万博』の新たな歴史に期待大! あと、「YASSAIステージに出たい」と懇願しながら、3年目もMOSSAIステージに登場。「こうなったらMOSSAIの神、モッサイ様になる」と覚悟を決めた岡崎体育、「岡崎体育ばかりチヤホヤして」と嫉妬心を燃やすヤバイTシャツ屋さんも注目!(笑)

■「あんた飛ばしすぎ」(’18) /ももいろクローバーZ

9月14日に配信リリースされたばかりのももいろクローバーZの新曲。GARLICBOYSの名曲のリメイクとなるこの曲のリリースに、SNSなどではパンクファンがかなりザワついてるが。『氣志團万博』のステージで初披露&早乙女 光(氣志團/DANCE & SCREAM)も登場するMVが初公開! これ、『氣志團万博』に照準を合わせて作ったんじゃね?と思うくらい、タイミング良くリリースされたこの曲。もちろん、『氣志團万博』のステージに大はまりで、飛ばしすぎ!な歌とパフォーマンスで、会場を掻き回してました。『氣志團万博』を“ももクロ万博”と呼ぶほど、このフェスに強い思い入れを持つ彼女ら。万博ならではの演出を毎年楽しみにしてるモノノフ(ももクロファン)も多いが、今年もやりすぎな演出満載で最高でした!

■「星空のディスタンス」(’84) /THE ALFEE

昨年は布袋寅泰や山下達郎が出演したりと、想像もつかなかった大物の出演に毎年ビビらされるのも『氣志團万博』の楽しみ。今年は歌手生活50周年を迎えた和田アキ子が3度目の出演を果たしただけでなく、THE ALFEEが初登場! なかなか生で観る機会のない彼らのステージだが、45年のキャリアを持つ3人の美しいハーモニーとバンドアンサンブルは若いオーディエンスにもしっかり響き、会場中を魅了してました。ライヴ後半、アカペラで始まったのは名曲「星空のディスタンス」。惜しくも曇り空で星空の下というわけにはいかなかったけど、美しい歌と演奏からは星空の風景がしっかり見えてきました。すごかった!

■「走れ正直者」(’91)/西城秀樹

開催7年目にして、初の両日大トリを務めた氣志團。2日目に「『氣志團万博』は何でもアリだから!」と、ゲストにスカパラホーンズと西城秀樹のコスプレをした森山直太朗を呼び込んで披露したのがこの曲。西城秀樹とさくらももこの追悼の意味も込めて披露した曲だが、当然ながらこの曲で湿っぽくなることはなく。みんなで明るく楽しく偲べたのが最高でした! さらにこの曲に続いて、ももいろクローバーZを呼び込んでの「踊るポンポコリン」も披露。ちびまる子ちゃんのキャラやコジコジに扮したももクロと、ZO-3ギターを持って近藤房之助に扮する綾小路。平成最後の『氣志團万博』で、平成を駆け抜けた昭和ヤンキーと平成を代表するトップアイドルが、平成を象徴するアニメの主題歌を歌うのは意味深くもあり、感慨深いものがありました。

TEXT/フジジュン

フジジュン プロフィール:1975年、長野県生まれ。『イカ天』の影響でロックに目覚めて、雑誌『宝島』を教科書に育った、ロックとお笑い好きのおもしろライター。オリコン株式会社や『インディーズマガジン』を経て、00年よりライター、編集者、デザイナー、ラジオDJ、漫画原作者として活動。12年に(株)FUJIJUN WORKSを立ち上げ、バカ社長(クレイジーSKB公認)に就任。メジャー、インディーズ問わず、邦楽ロックが得意分野だが、EBiDANなど若い男の子も大好き。笑いやバカの要素を含むバンドは大好物。

(株)フジジュンワークスHP:http://fuji-jun.com/



【関連リンク】
最高だった『氣志團万博2018』で特に印象に残った曲5選
TRFまとめ
coldrainまとめ
ももいろクローバーZまとめ
THE ALFEEまとめ

【関連アーティスト】
TRF, coldrain, ももいろクローバーZ, THE ALFEE, 西城秀樹
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 連載コラム, ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!, シングル, アルバム, 配信, 夏フェス

color-code、デビュー記念日に“超”ワンマン開催決定! 会場限定シングルのリリースも!
Mon, 17 Sep 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

color-codeが11月30日に渋谷TSUTAYA O-nestで『color-box〜超ワンマン2018〜』を開催することがわかった。同時に枚数限定の会場限定盤シングルのリリースも発表し、今までとは一味違うシンプル&スタイリッシュな新ビジュアルも解禁となった。

これはcolor-codeのデビュー記念日でもある9月17日に大阪・心斎橋FAN Jで出演したイベントで、メンバーから直接発表されたもの。メンバーのMARISAは『新しい曲をまたみなさんに聞いてもらえること、そしてcolor-codeの良さを120%楽しめる超ワンマンを開催できること、どちらも私たちにとっての大きな一歩です。ここからでも、これからも、一緒に歩んでくれたら嬉しいです』とコメント。またみんなでcolor-codeを楽しめることを喜んだ。

11月30日のイベントは"ワンマンライブを超えるワンマンライブ"という意味が込められており、その意気込み通り、color-code初のライブ内容でお届けするようだ。是非、その目で未知のcolor-codeに触れてほしい。さらに学園祭ツアーの開催も発表されており、より多くの人にcolor-codeのバラエティにあふれた世界観をお届けしていく。

また、会場限定盤シングルについては、前作「if 〜この声が届くなら〜」に続き、泣けるバラード楽曲も収録予定とのこと。『約半年振りの新曲リリースです! 今回の曲でも、また新しいcolor-codeの色を見てもらえると思います! 楽しみにしててもらえると嬉しいです!』とMAKOが話すほど、仕上がりに自信を見せる。こちらの会場限定盤シングルは、color-code出演のイベントや一部学園祭で販売されるという。詳細情報は、随時オフィシャルHPで公開されるとのこと。

リーダーのNANAMIからも『今年も終わりに近づいてきましたがここで私達から、私たち自身もかなり楽しみな事を皆さんに発表できることがとても嬉しいです! これからのcolor-codeに、めいっぱい期待しててくださいね!』という意気込みが届いている。これからもcolor-codeの動向に要注目だ。

■『color-box 〜超ワンマン2018〜』

11月30日(金) 東京 TSUTAYA O-nest
開場 18:30/開演 19:00
<HP先行>
※受付期間:9月17日(月・祝) 19:00 - 9月30日(日) 23:59
https://color-code.jp/diary/109979

ライブ会場限定シングル「タイトル未定」

出演イベント、一部学園祭、ECサイトでのみの販売予定



FOCD-0053/¥1,000(税込)
※詳細情報は随時オフィシャルHPで公開

【その他 ライブ情報】

color-code学園祭ツアー『Campus-code Tour 2018』
「敬愛フェスティバル2018」
10月21日(日)  千葉 敬愛大学 稲毛キャンパス
「第65回理工展 〜科学が織りなす物語〜」
11月04日(日)  東京 早稲田大学 西早稲田キャンパス
「洗足学園フェスティバル2018」
11月11日(日)  神奈川 洗足学園音楽大学 C604教室
and more...!



【関連リンク】
color-code、デビュー記念日に“超”ワンマン開催決定! 会場限定シングルのリリースも!
color-codeまとめ
グッドモーニングアメリカ、女優・久保陽香が出演する「YEAH!!!!」MV公開

【関連アーティスト】
color-code
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シングル, 発表, ライブ, ワンマン

グッドモーニングアメリカ、女優・久保陽香が出演する「YEAH!!!!」MV公開
Mon, 17 Sep 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

グッドモーニングアメリカが11月14日にリリースする6thオリジナルアルバム『!!!!YEAH!!!!』より、リードトラック「YEAH!!!!」のMVを公開した。

現メンバーになって10周年、そしてメジャーデビュー5周年を迎えたグッドモーニングアメリカだが、結成10周年アニバーサリー企画『グッドモーニングアメリカからの10くらいの恩返し』の九つ目として、11月14日に6thオリジナルアルバム『!!!!YEAH!!!!』のリリースを発表したばかり。

アルバムのリードトラック「YEAH!!!!」のMVは『歌詞が入ってこないビデオ』としてファンを震撼させた「Darwin\'s Train」に続き、ウスイヒロシをディレクターに迎えて制作。共演者に映画やドラマ、CMで活躍中の女優・久保陽香を迎え、曲が持つ“ダサカッコよさ"が“90年代トレンディドラマ"をモチーフに描かれ、また“カラオケでみんなに歌って欲しい"という思いからカラオケ映像風作品に仕上げられている。

この映像は、ファンを招待して開催されたプレミアム試写会にていち早く公開。『歌詞は入ってくるけど、ライブバンドとして演奏シーンが無いビデオが続くのはどうなのよ? でもグドモらしくて好き』『カラオケで定番にします!』『メンバーの演技が悪乗り超えて本格的でびっくり』など反応は上々。繰り返し見たくなるMVとなっているので、ぜひチェックしてみてほしい。

■グッドモーニングアメリカ 結成10周年記念サイト
http://www.gma-10th.com

アルバム『!!!!YEAH!!!!』

2018年11月14日(水)発売



【初回限定盤】(2CD)
COCP-40533/4/¥3,600(税込)
【通常盤】(CD)
COCP-40535/¥3,000(税込)
<収録曲> ※初回限定盤/通常盤共通
1.YEAH!!!!
2.夢のマルティール
3.むすんでひらいて
4.Tonight Tonight
5.永遠に
6.ベツレヘムの星
7.悲しみ無き世界へ
8.寝ていらんないな
9.ゴールライン
10.I\'m thinking of you
11.ヒカリイロトリドリ
12.明日また
13.想像の果てへ
※初回限定盤内容詳細は後日発表

『the BEST HIT GMA tour 2018』

9月22日(土) 愛知 名古屋ElectricLadyLand
guest:アルカラ
9月25日(火) 大阪 BIGCAT
guest:BIGMAMA
9月28日(金) 東京 マイナビBLITZ赤坂
guest:for better, for worse



【関連リンク】
グッドモーニングアメリカ、女優・久保陽香が出演する「YEAH!!!!」MV公開
グッドモーニングアメリカまとめ
安室奈美恵、所縁あるアーティストと彩ったライブで25年の歴史に幕

【関連アーティスト】
グッドモーニングアメリカ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 発表, 新曲, リリース

安室奈美恵、所縁あるアーティストと彩ったライブで25年の歴史に幕
Mon, 17 Sep 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月16日に引退した平成の歌姫・安室奈美恵のラストを飾るイベント『We ▼(※) NAMIE HANABI SHOW supported by セブン-イレブン』が9月15日と16日の両日、沖縄県・宜野湾海浜公園で開催された。

9月15日には沖縄コンベンションセンター展示棟で前夜祭が行なわれ、計7組のアーティストが出演。3500人のファンの前で2時間30分に渡ってパフォーマンスを繰り広げた。翌16日昼には沖縄コンベンションセンター展示棟・劇場棟にてライブ映像上映会『We ▼ NAMIE 応援上映』、夜は宜野湾トロピカルビーチ特設会場にて安室の楽曲に合わせて1万2000発の花火が打ち上がった『We ▼ NAMIE HANABI SHOW』が開催された。応援上映、HANABI SHOWには3万人の観客が集まり、安室の引退を見送った。

15日の前夜祭、最初にステージに上がった平井堅はアコースティック・ギターのみ伴奏による「ノンフィクション」を披露。MCでは、自身がこのイベントに呼ばれた理由について『やはり顔? 安室さん、僕を沖縄出身だと思われたのかな?』と分析すると、場内は笑いに包まれた。安室の楽曲をカバーした「WANT ME, WANT ME」ではスパニッシュ・ギター風の激しいカッティングをバックに、畳み込むように歌う圧巻のパフォーマンスに場内が熱気に包まれた。続いて「POP STAR」では着ぐるみダンサーも登場し、会場を大いに盛り上げる。

2組目は地元・沖縄のバンドであるMONGOL800。「あなたに」「DON\'T WORRY BE HAPPY」で勢いよくスタート。ボーカルの清作は『同じステージに立てる日が来るとは!』と感激。『僕たちで安室しーじゃー(先輩)に、何か出来ないか?と考え、今日のために"TRY"してきた曲をやります!』と演奏したのは「TRY ME 〜私を信じて〜」のカバー。エイサーを取り込み、スカ調にアレンジされたモンパチ版「TRY ME」は、斬新なアプローチながら、一挙にオーディエンスのハートを掴んでいく。さらにラストの「小さな恋のうた」では全員が大合唱。清作が『安室しーじゃー、ありがとう!』と叫び、MONGOL800のパフォーマンスは幕を閉じた。

続いてはBEGIN。『まさか僕らに声がかかるなんて! 油断してました...』と比嘉栄昇も出演オファーに驚いていたよう。『奈美恵ちゃんの大事な歌を、みんなで一緒に歌いましょう!』と呼びかけて始まった曲は「Tempest」。同曲は琉球王朝を舞台にした同名タイトルのドラマの主題歌でもあり、BEGINにも地元の人にとっても思い入れがある曲だ。モニターには歌詞も映し出され、オーディエンスみんなで歌うという感動のカバーとなった。ここからは、BEGINの独壇場。「オジー自慢のオリオンビール」の間奏では『奈美恵ちゃんは地球では引退しますが、10年後に火星でライブやってるかも!』と珍コメントまで飛び出し、会場を笑いの渦に巻き込んだ。

そして19時50分。ステージ最上段のセンターに、安室奈美恵が現れると、会場から割れんばかりの声援が巻き起こった。6月まで開催されたファイナルツアー『namie amuro Final Tour 2018 〜Finally〜』でも披露された「Hope」で幕を開け、畳み掛けるように「Showtime」を披露し、観客はヒートアップ。

モニターには、これまで安室と他アーティストのコラボレーションしたMVがランダムに映し出され始めた。期待が高まる中、舞台上段に平井堅が登場すると彼のアルバム『THE STILL LIFE』(2016)に収録された「グロテスク feat.安室奈美恵」を二人で披露。ステージでの共演が初めてということもあり、客席は歓喜と興奮にあふれかえった。歌い終えた平井は安室と握手と抱擁を交わし、舞台を降りた。

再びモニターにMVが映し出され、画面から抜け出すように現れたのは台湾をはじめアジアで圧倒的な人気を誇る歌姫、ジョリン・ツァイ。2014年にリリースされたジョリンのアルバム『Play』に収められた「I\'m Not Yours Feat. 安室奈美惠」で安室と共演し、2015年に台北で行なわれたコンサートでも共演しているが、日本でのライブ共演は初めて。かねてから親交のある二人だけあって息のあったパフォーマンスを見せ、観客も声援で応えた。

続いてはサプライズの登場となった山下智久。突然現れた山下の歌声と姿に場内は騒然となり、黄色い悲鳴が湧き上がった。曲は安室のアルバム『Checkmate!』(2011) 収録の「UNUSUAL」。ステージでの共演は初めてにも関わらず、安室とのダンスも披露し客席を酔わせる。二人でポーズを決めると、熱狂的な歓声に包まれながら『ありがとうございます!』と笑顔を見せる。

続いて流れ出したMVはDOUBLEとの「BLACK DIAMOND」。曲の途中で出演者リストになかったDOUBLEが現れると観客は大きな歓声で迎えた。パフォーマンスが終わるとDOUBLEは安室に対し『25年間いてくれて、ありがとう!』と労い抱きしめた。

4組のコラボ・コーナーが終わると、再び安室のソロ。「Do It For Love」ではファイナルツアーの演出を彷彿させる文字で『I ▼ MUSIC』の文字が浮かび上がり、観客から地鳴りのような熱い歓声が巻き起こる。そして最後はファイナルツアーのラスト曲でもあった「How do you feel now?」。これまでのライブ・ヒストリーをたどる映像をバックに歌うと、涙を拭う観客たちの姿があちこちで見られた。

最後のパフォーマンスを終えた安室は、右腕を大きく振りながら『ありがとうございます!』と集まったファンに深々とお礼。続いて、この日参加したアーティストを呼び込み『素晴らしいアーティストに大きな拍手をお願いします! 今日この会場に来て頂いた皆様、本当にありがとうございました!』と話し、ステージを降りる。平成という時代を駆け抜けた安室奈美恵の最後のステージはこうして幕を閉じた。終演のアナウンスが響くなかでも『奈美恵コール』は鳴り止まず、観客が座席を離れない時間が永遠に続くようだった。

翌日の9月16日(日)には沖縄コンベンションセンター展示棟・劇場棟にてライブ映像上映会『We ▼ NAMIE 応援上映』が行なわれ、思い思いのコスチュームに身を包んだファンが5回に渡る上映に参加。19時30分からは、宜野湾トロピカルビーチ特設会場にて『We ▼ NAMIE HANABI SHOW supported by セブン-イレブン』も開催。安室の楽曲13曲に合わせ、1万2000発の花火が噴水やレーザーとともに豪華なショーして披露された。観客は安室奈美恵の引退に思いをはせながら、一曲ずつかみしめるように夜空を見上げていた。

※▼=ハートマーク

■【セットリスト】

<9月15日(土)>
■平井堅
01.ノンフィクション
02.even if
03.WANT ME, WANT ME
04.POP STAR
■MONGOL 800
01.あなたに
02.DON\'T WORRY BE HAPPY
03.TRY ME 〜私を信じて〜
04.PARTY
05.小さな恋のうた
■BEGIN
01.Tempest
02.三線の花
03.パーマ屋ゆんた
04.オジー自慢のオリオンビール
05.島人ぬ宝
■安室奈美恵
01.Hope
02.Showtime
03.グロテスクwith 平井堅
04.I\'m Not Yours with ジョリン・ツァイ
05.UNUSUAL with 山下智久
06.BLACK DIAMOND with DOUBLE
07.Do It For Love
08.How do you feel now?

<9月16日(日)> ※花火の曲順で安室奈美恵は出演していません
01.Do It For Love
02.Body Feels EXIT
03.Mint
04.Showtime
05.Just You and I
06.Get Myself Back
07.Baby Don\'t Cry
08.TRY ME 〜私を信じて〜
09.Chase the Chance
10.NEVER END
11.Fighter
12.Hero
13.Finally

■【参加アーティストよりコメント】

■平井堅
こんな記念すべき歴史的なイベントに出させて頂き、光栄に思ってます。私事ですが「グロテスク」を一緒に歌えて、忘れられないイベントになりました。最後までかっこよく潔い安室さんだったので、この先も楽しい人生を謳歌して欲しいと思います。

■BEGIN
プレッシャーもありましたが、お客さんが温かくて楽しいステージでした。沖縄中が安室さんに包まれていて、あらためてその凄さを感じました。最後のステージに一緒に立てたのが嬉しいです。安室さんが開いた扉の向こうにはいろんな形で光がたくさん射していると思います。先のことはわからないと思いますが、本当にお疲れ様でした!

■MONGOL800
20年の活動の中でもしかしたら一番緊張したかもというくらい大切なステージでした。お客さんが温かくて嬉しかったです。今後、10年、20年後、どこかでばったり会えたらいいなと思ってます! 最後の際に同じステージ立てたこと、「TRY ME 〜私を信じて〜」を演奏できたこと、同じウチナーンチュとして嬉しかったです。

■ジョリン・ツァイ
安室さんのファンの方々がここから離れたくない気持ちがいっぱいでいる中、その熱い気持ちをすごく感じました。安室さんの大事な故郷でのステージに自分が参加できることに感謝しています。これからはリラックスして笑顔いっぱいの人生を送ってください。また、私が必要になったら、いつでも声をかけてね。

■山下智久
貴重なステージに呼んでいただけて、一緒に時間を共有することが出来て、感無量です。子供時代から安室さんの音楽を聴きながら育ってきて、非常にさびしい気持ちになりますが、今日は本当に呼んでいただけて一生の思い出になりました。

■DOUBLE
この特別な前夜祭、初めは緊張していましたが、実際にステージに上がってみると楽しむことが出来ました。一見華やかに見えるショービジネスですが、楽しさもあるけれども、その過酷さとか、苦悩とか、そういった大変さというものもよく知っているので、本当に25年間走ってくれて心からお疲れ様でしたという気持ちです。



【関連リンク】
安室奈美恵、所縁あるアーティストと彩ったライブで25年の歴史に幕
安室奈美恵まとめ
平井 堅まとめ
BEGINまとめ
MONGOL800まとめ

【関連アーティスト】
安室奈美恵, 平井 堅, BEGIN, MONGOL800, 山下智久, DOUBLE, Jolin Tsai
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, コラボ, 名曲, ライブ, セットリスト, ライブレポ, レポート

コブクロ、宮崎県で開催した20周年記念ライブで「桜」を大合唱
Mon, 17 Sep 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月8日に結成20周年を迎えたコブクロが9月16日、小渕の地元である宮崎県にて20周年記念ライブ『KOBUKURO 20TH ANNIVERSARY LIVE IN MIYAZAKI』を行なった。

20周年を祝うように、数日前から宮崎市内や空港はコブクロのフラッグや展示物で彩られ、街中がお祝いムード。会場には、全国各地からコブクロの20周年をお祝いしようと宮崎へ集まったファン約25,000人が集結し、当日は30度を超える暑い宮崎をさらに熱く魅了する記念すべきライブが繰り広げられた。今回の会場である宮崎市生目の杜運動公園 多目的グラウンドでのライブは2010年10月10日以来、2回目。20周年という事で久々に宮崎の大型会場にて8年ぶりの開催となった。(宮崎でのワンマンは1年ぶり)

14:55に開演し、メンバーが登場すると会場一帯が温かい拍手で包まれた。オープニングに披露されたのはこの日の為に制作され「“オープニングソング」。歌詞には《20年》《ありがとう》《宮崎》というワードも入った感動的な楽曲で、みんなと一緒に20年を祝いたいという二人の思いと20年分の感謝が伝わり、ファンからは驚きとともに大歓声があがった。

続く1曲目の「君という名の翼」から、会場を埋め尽くすファンが手を振り上げてステージの二人に大きな声援を送る。2曲目の「Summer rain」ではステージから空に向け、一直線に高く上がった水の柱が水しぶきに変わり会場へ降り注ぐ。続いての「太陽」では、小渕、黒田、それぞれがフロートに乗り込み、広い会場をまわり、序盤から一気に会場全体を盛り上げた。『ただいまー!!』と大きな声で宮崎へ戻ってきたことを全身で喜ぶ小渕に対し、『ここから半分がファンでここから半分が小渕の親戚やろ?』と黒田が応えるいつもの笑い溢れるMCも健在の二人。晴れ渡る青空の下、終始、熱い盛り上がりが会場を包んだ。

野外ライブの為、アップテンポな楽曲が多めのセレクトとなったライブだが、コブクロの醍醐味でもある心に響くバラードでは、20年の思いを込めた心温まる歌声で、会場に集まったたくさんのファンを魅せた。その他、周年ライブにふさわしい楽曲「時の足音」や宮崎のために作られた楽曲「太陽のメロディー」を披露。『この曲は、8年前、口蹄疫で宮崎が大変だった時、元気な宮崎が悲しそうに見えて何か元気づけられることはないか、と宮崎の先輩である今井美樹さん、布袋寅泰さんと共に作り上げた楽曲。大切な宮崎の歌であるこの曲をコブクロ二人で披露するのは初めてです』と小渕が話し、2010年のライブでは、布袋寅泰と今井美樹が駆け付け4人で披露された楽曲を、今回は2人の歌声で会場へ届けた。

小渕が宮崎への想い、母への想いを強く込めた曲「遠くで・・」では、演奏前に大ビジョンで一番会いたいけれど一番遠くにいる母に向け『いつまでも遠くで聴いていてほしい』と思いを込めたメッセージが流される演出が感動的であった。

ライブ本編最後に、結成のきっかけとなった「桜」を歌唱。『僕たちの始まりのこの楽曲をみんなが育ててくれた。今日はみんなで歌いませんか?』と小渕がファンに投げかけると、しっとりと大事に歌い上げる二人の声に合わせ、会場からの歌声が次第に大きくなる。この演出は過去一度もなく、コブクロとファンの声が重なり合う、初めての「桜」の大合唱となった。

アンコールでは、20周年を迎え、新しいコブクロを感じてもらいたいと、11月7日に発売となる30枚目のシングル曲「風をみつめて」をファンの前で初披露。続いて、小渕がMCで『この20年、黒田の歌を世界中の人に聴いてほしい。そんな変わらぬ思いでやってきました。20年かけて僕らがやってきたエッセンスを、全て詰め込んだ楽曲です』と、この日の為に制作されたという20周年記念ソング「晴々」を歌唱し、ファンを喜ばせる場面も。この曲は20周年をお祝いするような明るい華やかな楽曲で、歌詞の中にコブクロの楽曲名20曲分と歌詞の引用が散りばめられたファンにとってはたまらない楽曲だ。こちらは現在各サイトにて配信中なので、気になる方はSPOT映像とともに是非チェックしてほしい。

20年目も一緒にいてくれてありがとう。

小渕、黒田の連名で大ビジョンに流されたメッセージからも伝わるように、コブクロの20周年をみんなで祝う盛大なバースデーパーティのようなライブ。最後には大ビジョンに小渕手書きのメッセージイラストが出て、集まった多くのファンを送り出し、ライブ後には地元の宮崎日日新聞の号外も配られるという20周年にふさわしいステージとなった。

コブクロは、12月5日に初のコンプリートベストアルバム『ALL TIME BEST 1998-2018』の発売が決定している。20周年を記念して、これまでの全シングルやファンから支持の高いアルバム曲などから?隠れ名曲?や、大ヒットコラボソングも収録した4枚組CDに58曲3400円という大ボリュームな内容。11月には黒田の地元・大阪にて『御堂筋オータムパーティー2018 御堂筋ランウェイ』の出演が決定しており、これからの活躍に目が離せない。20周年イヤーのコブクロに要注目だ。

【セットリスト】
OPENING 
01 君という名の翼
02 Summer rain
03 太陽
04 ストリートのテーマ
05 ONE TIMES ONE
06 hana
07 未来
08 太陽のメロディ
09 遠くで・・
10 時の足音
11 tOKi meki
12 SPLASH
13 虹
14 轍-わだち-
15 桜
-アンコール-
16 風をみつめて (2018年11月7日リリース 30thシングル)
17 晴々 (2018年9月17日より配信)

配信楽曲「晴々」

各配信サイトにて配信中



iTunes Storeで「晴々」をご購入いただくと、iTunesでしか入手できないスペシャル映像【「晴々」ムービーコメント[特典映像]】が付属します。
https://kobukuro.lnk.to/Harebare

シングル「風をみつめて」

2018年11月7日(水)発売



WPCL-12953/¥1,204+税
<収録曲>
M1. 風をみつめて    
※テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマBiz「ハラスメントゲーム」主題歌
M2. 夏の雫
M3. 白雪
M4. 風をみつめて(Instrumental)
M5. 夏の雫(Instrumental)
M6. 白雪(Instrumental)

『御堂筋オータムパーティー2018 御堂筋ランウェイ』

11月04日(日)大阪 御堂筋 [久太郎町3 交差点 ⇔ 新橋交差点]
時間:14:00〜16:00開催(予定)
※結成20周年を迎えたコブクロが登場し、誕生の地・大阪への感謝の思いを胸に、スペシャルライブを展開します。



【関連リンク】
コブクロ、宮崎県で開催した20周年記念ライブで「桜」を大合唱
コブクロまとめ
山下智久、ニューアルバムを11月28日にリリース

【関連アーティスト】
コブクロ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, トレーラー, シングル, 発表, 新曲, 配信, ライブ, セットリスト, ライブレポ, レポート

山下智久、ニューアルバムを11月28日にリリース
Mon, 17 Sep 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月21日(金)から全15会場33公演 13万人動員予定の全国コンサートツアー『TOMOHISA YAMASHITA LIVE TOUR 2018 UNLEASHED ?FEEL THE LOVE-』をスタートさせる山下智久が、約4年ぶりとなるオリジナルアルバム『UNLEASHED』を11月28日(水)にリリースする事がわかった。

こちらは9月18日(火)正午より全国のCDショップ・ECサイトで予約受付開始になる。アルバムの収録内容などは追って、オフィシャルHPで発表されるとのことで、アルバムに全国ツアーと今後も山下智久の動向から目が離せそうにない。

■【山下智久 コメント】

音楽活動を本格始動するまで、色んな世界で色んな音楽に出会い、触れてきました。
俳優業でも多くの事をインプットさせていただきました。
これを良い音楽としてアウトプットできたらという思いを込め、楽曲制作にも参加し、アルバム制作に取り組んでいます。
今の僕が、素直に良いと思える音楽を解き放ち、女性にも男性にもたくさんの人に届けたいアルバムです。

アルバム『UNLEASHED』

2018年11月28日(水)発売



【初回生産限定FEEL盤】(CD+DVD+豪華ブックレット)
SECL-2361〜2362/¥3,700+税
<DVD収録内容>
・Music Video1曲
・TOMOHISA YAMASHITA THE BEST LIVE TOUR 2016 「FUTURE FANTASY」から、FEEL盤のために
本人がセレクトしたライブ映像を数曲特別収録!

【初回生産限定LOVE盤】(CD+DVD+豪華ブックレット)
SECL-2363〜2364/¥3,700+税
<DVD収録内容>
・Music Video1曲
・TOMOHISA YAMASHITA THE BEST LIVE TOUR 2016 「FUTURE FANTASY」から、LOVE盤のために
本人がセレクトしたライブ映像を数曲特別収録!
※各初回生産限定盤のMusic Video/LIVE映像 の収録内容は、FEEL盤・LOVE盤ともに別映像が収録されます。 各映像収録内容につきましては、追って発表致します。

【通常盤】
SECL-2365/¥3,000+税
※ボーナストラック収録
<初回仕様限定特典>
・三方背スリーブケース付き
・リリックアナザージャケット封入

『TOMOHISA YAMASHITA LIVE TOUR 2018 UNLEASHED ?FEEL THE LOVE-』

9月21日(金) 千葉 市原市市民会館 大ホール
9月22日(土) 千葉 市原市市民会館 大ホール
9月23日(日・祝) 千葉 市原市市民会館 大ホール
10月01日(月) 大阪 フェスティバルホール
10月02日(火) 大阪 フェスティバルホール
10月09日(火) 神奈川 神奈川県民ホール 大ホール
10月10日(水) 神奈川 神奈川県民ホール 大ホール
10月11日(木) 神奈川 神奈川県民ホール 大ホール
10月15日(月) 福岡 福岡サンパレス
10月16日(火) 福岡 福岡サンパレス
10月17日(水) 福岡 福岡サンパレス
10月25日(木) 北海道 札幌文化芸術劇場hitaru
11月05日(月) 兵庫 神戸国際会館 こくさいホール
11月06日(火) 兵庫 神戸国際会館 こくさいホール
11月08日(木) 京都 ロームシアター京都 メインホール
11月09日(金) 京都 ロームシアター京都 メインホール
11月11日(日) 広島 広島文化学園HBGホール
11月14日(水) 大阪 グランキューブ大阪 メインホール
11月15日(木) 大阪 グランキューブ大阪 メインホール
11月19日(月) 静岡 アクトシティ浜松
11月23日(金・祝) 滋賀 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール大ホール
11月25日(日) 石川 本多の森ホール
11月29日(木) 宮城 仙台サンプラザホール
11月30日(金) 宮城 仙台サンプラザホール
12月03日(月) 愛知 名古屋国際会議場 センチュリーホール
12月04日(火) 愛知 名古屋国際会議場 センチュリーホール
12月07日(金) 神奈川 横浜アリーナ
12月08日(土) 神奈川 横浜アリーナ
12月09日(日) 神奈川 横浜アリーナ



【関連リンク】
山下智久、ニューアルバムを11月28日にリリース
山下智久まとめ
ROTTENGRAFFTY、最新アルバム収録曲「アイオイ」MVを解禁

【関連アーティスト】
山下智久
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ジャニーズ, アルバム, 発表, ツアー

ROTTENGRAFFTY、最新アルバム収録曲「アイオイ」MVを解禁
Mon, 17 Sep 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ROTTENGRAFFTYが10月3日(水)に開催する自身初の日本武道館公演を目前に、好調なセールスを続けるアルバム『PLAY』から「アイオイ」のMVをYouTubeで公開した。

「アイオイ」はアルバム『PLAY』で重要な位置づけとなっている熱く感動的な名曲。映像はメンバーの秘蔵のフォト&映像、本ツアーの映像で編集されており、歌詞の字幕も入っているため、各々の想いをめぐらせながら視聴して欲しい。

『ROTTENGRAFFTY PLAY ALL AROUND JAPAN TOUR 2018』も各地で大きな盛り上がりを見せ、日本武道館公演も非常に楽しみなところ。まずは公開された「アイオイ」のMVをチェックして、来たる10月3日(水)を楽しみにしていてほしい。

『ROTTENGRAFFTY PLAY ALL AROUND JAPAN TOUR 2018』

9月19日(水) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM (振替公演)
w/MONOEYES
10月03日(水) 東京 日本武道館
OPEN 17:30 / START 18:30
※終了分は割愛

アルバム『PLAY』

発売中



【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1323/¥3,800+税
※スリーブケース仕様
<収録曲>
■CD
1. 寂寞 -sekibaku-
2. PLAYBACK
3. 世界の終わり
4. SHRED
5. Just One More...
6. hereafter
7.「70cm四方の窓辺」
8. Rainy
9. 夏休み
10. P.I.L
11. アイオイ
12. So...Start
■DVD
『ロットンの日2017(2017/6/10 京都KBSホール)』
Opening/切り札/暴イズDE∀D/8/毒学PO.P革新犯/Asian Market Pow/RATMAN/夕映え雨アガレ/生クリーム/e for 20/075 GRAFFITI/GRIND VIBES/ケミカル犬/フロンティアスカンク/610行進曲/かくれんぼ/TIME IS OVER/「70cm四方の窓辺」/盲目の街/金色グラフティー



【通常盤】(CD)
VICL-64948/¥2,800+税
<収録曲>
1. 寂寞 -sekibaku-
2. PLAYBACK
3. 世界の終わり
4. SHRED
5. Just One More...
6. hereafter
7.「70cm四方の窓辺」
8. Rainy
9. 夏休み
10. P.I.L
11. アイオイ
12. So...Start



【関連リンク】
ROTTENGRAFFTY、最新アルバム収録曲「アイオイ」MVを解禁
ROTTENGRAFFTY まとめ
木村カエラ、11月にミニアルバムをリリース&新曲「COLOR」がドラマ主題歌に!

【関連アーティスト】
ROTTENGRAFFTY
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 発表, 名曲, ライブ, ツアー

木村カエラ、11月にミニアルバムをリリース&新曲「COLOR」がドラマ主題歌に!
Mon, 17 Sep 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2019年にデビュー15周年を迎える木村カエラが、11月21日にミニアルバム『?WHO?』のリリースを発表。さらに自身が作詞をした新曲「COLOR」が日本テレビ深夜ドラマ『プリティが多すぎる』の主題歌に決定した。

10月18日(木)から放送される千葉雄大が主演を務める連続ドラマ『プリティが多すぎる』(全10話)の主題歌である新曲「COLOR」は、熱さと切なさの融合したサウンドに、自分自身の持つ個性がとてもきれいでその姿が美しいメッセージをこめた楽曲となっている。大崎梢氏の同名小説が原作のこのドラマは、大手出版社で働く入社3年目の文芸編集部のエースである新見佳孝が、突如『原宿系ファッション誌』に異動するところからスタート。『自分の居場所はここじゃない』と思いながらも、一生懸命働いている多くの人に、前を向いて生きようと思って貰えるような“お仕事ドラマ”に木村カエラの歌声が華を添える。

ミニアルバム『?WHO?』にはタイトルにあるように、いろいろなカラーに変化できる木村カエラが詰まっており、新曲「COLOR」だけでなく、12月9日(日)に開催される『JAL ホノルルマラソン 2018』のオフィシャルソング「Run to the Rainbow」や、8月に公開した話題作『メアリと魔女の花』の劇場公開に続き、スタジオポノックが新プロジェクト“ポノック短編劇場"として手掛けた映画『ちいさな英雄 ―カニとタマゴと透明人間―』のエンディングテーマ「ちいさな英雄」、さらには『JRA HOT HOLIDAYS』のテーマソング「HOLIDAYS」を含む全5曲を収録。また初回限定盤DVDには「COLOR」のMVとメイキング映像が収録されるので、リリースを楽しみに待っていてほしい。

■ドラマ『プリティが多すぎる』公式HP
https://www.ntv.co.jp/pretty/

【ドラマ『プリティが多すぎる』関係者よりコメント】

■木村カエラ
ドラマを拝見させてもらった時、私の学生時代を思い出しました。
雑誌のスナップに声をかけてもらいたい、その一心で、お洒落をして原宿に行ったあの日のこと。その時代こそが、今の私を創り出し、夢を叶えるまでにつながりました。原宿が好きな人たち、自分だけの個性を探してる人たちみんなに届く歌を作りたいと思いました。個性は自由で綺麗だ。どんな壁も枠も跳び越えろ。そんな歌です。このドラマは見る度にワクワクが広がっていきます。そして、世界9つの国と地域で同時期放送・配信という新しいチャレンジをするこのドラマに、歌として参加できるこの喜び。本当にありがとうございます。

■千葉雄大
僕は学生の頃から木村カエラさんの大ファンでよくライブに参戦していたので、今回こういった形でご一緒できること、本当に嬉しく思います。学生時代の自分に教えてあげたいです。原宿という街を舞台にお話が進んでいく中で、その街を歩く人たちが求めるひとりひとり違った色。そんな画と気持ちがふと浮かぶ、素敵な曲だなぁ、と思いました。

■小田玲奈(プロデューサー)
日本を代表するカルチャー『KAWAII(カワイイ)』を題材にしたドラマということで、主題歌もとびきりポップな曲にしたいと木村カエラさんにお願いしました。“カワイイ"に全力な登場人物たちの気持ちが盛り上がったときに気持ち良く入ってくるカエラさんのボーカル! 最高! ピッタリな曲をいただき、心から感謝しております。

ミニアルバム『?WHO?』

2018年11月21日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
価格:¥2,300+税
【通常盤】(CD)
価格:¥1,800+税
<収録内容>
■DISC1 (CD)
「COLOR」(日本テレビ深夜ドラマ『プリティが多すぎる』主題歌)
「Run to the Rainbow」(『JAL ホノルルマラソン 2018』のオフィシャルソング)
「ちいさな英雄」(映画『ちいさな英雄 ―カニとタマゴと透明人間―』エンディングテーマ)
「HOLIDAYS」(『JRA HOT HOLIDAYS』テーマソング)
以上を含む全5曲を収録。
■DISC2 (DVD)※初回限定盤のみ収録
「COLOR」 (Music Video)
『COLOR」 (Making)

◎早期予約キャンペーン
対象店舗にてご予約・ご購入いただきました方に、先着で“『?WHO?』オリジナルA5クリアファイル"をプレゼント!
対象期間:2018年9月17日(月・祝)13:00〜2018年10月28日(日)23:59まで
※早期予約キャンペーン特典のお渡しは商品ご購入時となります。
<対象チェーン>
・タワーレコード全国各店 /タワーレコード オンライン
・HMV全国各店 /HMV & BOOKS online
・TSUTAYA全国各店 /TSUTAYAオンライン※一部お取扱いのない店舗もございます。
・WonderGOO /新星堂(一部店舗を除く) /新星堂WonderGOO楽天市場店
・山野楽器全国CD/DVD取扱店舗 /山野楽器オンラインショップ
・Amazon
・楽天ブックス
・セブンネットショッピング
・ビクターエンタテインメント オンラインショップ

◎チェーンオリジナル特典
下記の対象店舗にてご予約・ご購入いただいた方に、先着でオリジナル特典をプレゼント!
<対象店舗>
■タワーレコード・TOWERmini全国各店/ タワーレコード オンライン限定特典
ステッカーA
■HMV全国各店/ HMV & BOOKS online限定特典
ステッカーB
■TSUTAYA 全国各店/ TSUTAYA オンライン
ステッカーC
※TSUTAYAオンラインは予約分のみとなります。
※一部お取扱いのない店舗もございます。
■その他チェーン
ステッカーD
※対象店舗の追加発表は追ってご案内いたします。
※特典対象外の店舗もございます。ご予約・ご購入の前に必ず店舗へお問い合わせください。
※各特典ともに数に限りがございます。お早めにご予約ください。



【関連リンク】
木村カエラ、11月にミニアルバムをリリース&新曲「COLOR」がドラマ主題歌に!
木村カエラまとめ
THE BACK HORN、インディーズ楽曲を再録したアルバムのジャケット解禁

【関連アーティスト】
木村カエラ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 発表, 新曲, リリース, 発売, ミニアルバム, TVドラマ, 主題歌

THE BACK HORN、インディーズ楽曲を再録したアルバムのジャケット解禁
Mon, 17 Sep 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

結成20周年を迎えたTHE BACK HORNがインディーズ時代にリリースした名盤3作品『何処へ行く』(1stミニアルバム)、「風船」(1stシングル)、『甦る陽』(2ndアルバム)収録の全21曲のレコーディングを改めて行なったニューアルバム『ALL INDIES THE BACK HORN』のジャケットデザインを発表した。

インディーズ時代の3作品のジャケットの面影を感じさせながら、ここ近年のジャケット・イメージとは異なり、新たに生まれ変わった音源同様、白をベースにした象徴的なタイポグラフィーにてタイトルを表現した新生THE BACK HORNを感じさせるジャケット・デザインに仕上がっている。また、初回プレス分は三方背ブックケース仕様となっており、ブックレット表紙も初回プレス分のみの限定カラー仕様となっている。また今回の店舗別オリジナル特典は、廃盤となった懐かしのインディーズ時代の名盤3作品のCDジャケットサイズ・ステッカーとニューアルバムのジャケットをステッカーにした4種類が発表となった。対象店舗にて先着でプレゼントされるので、早期の予約をお勧めしたい。

アルバムにはメンバー直筆“一筆入魂てぬぐい"がライブ会場でもらえるライブ会場限定特典引換券が封入されている。10月1日からスタートする『THE BACK HORN 20th Anniversary「ALL TIME BESTワンマンツアー」〜KYO-MEI祭り〜』各会場に、このライブ会場限定特典引換券を持参すると、メンバーが魂を込めて全ての楽曲名を書き記した“一筆入魂てぬぐい"がプレゼントされるとのこと。今回のタイミングを逃すと手に入らないレアアイテムなので、是非この機会にゲットしてほしい。

■THE BACK HORN 20th Anniversary 特設サイト
http://www.thebackhorn.com/feature/20th_anniversary/

アルバム『ALL INDIES THE BACK HORN』

2018年10月17日(水)発売



VICL-65060〜65061/¥3,300+税
※初回プレス分のみ三方背ブックケース仕様
※初回プレス分のみ封入:ライブ会場限定特典引換券
<収録曲>
■Disc-1
01. ピンクソーダ
02. カラス
03. 冬のミルク
04. 魚雷
05. 雨乞い
06. 怪しき雲ゆき
07. 晩秋
08. 何処へ行く
09. 風船
10. ザクロ
11. 桜雪
■Disc-2
01. サーカス
02. 走る丘
03. 新世界
04. リムジン ドライブ
05. 無限の荒野
06. 甦る陽
07. 茜空
08. ひとり言
09. さらば、あの日
10. 泣いている人

※以下5曲は、再レコーディングを行ない既発済楽曲となっております。
「冬のミルク」(2008年1月発売『BEST THE BACK HORN』収録)
「ザクロ」(2013年9月発売『B-SIDE THE BACK HORN』収録)
「桜雪」(2013年9月発売『B-SIDE THE BACK HORN』収録)
「無限の荒野」(2017年10月発売『BEST THE BACK HORNII』収録)
「泣いている人」(2017年10月発売『BEST THE BACK HORNII』収録)
それ以外の16曲は、今作のために改めてレコーディングを行なった新録音源です。

◎オリジナル特典詳細
下記対象店にてご予約・ご購入の方に、先着で“THE BACK HORN INDIES CDジャケット・ステッカー"をプレゼントいたします。
■A type
タワーレコード 全国各店/タワーレコードオンライン
■B type
TSUTAYA RECORDS全国各店/TSUTAYAオンラインショッピング
※TSUTAYAオンラインショッピングは、ご予約分のみが対象です。
■C type
◆HMV全国各店/HMV&BOOKS online
■D type
Amazon.co.jp
※Amazon.co.jpでは、特典つき商品のカードがアップされます。
特典をご要望のお客様は特典つき商品をお買い求め下さい。

※特典typeにより、絵柄は異なります。
※特典は無くなり次第終了となります。
※上記チェーン店以外は、特典対象外となりますので、予め御了承下さい。

◎ライブ会場限定特典引換券について
初回プレス分のみ封入される“ライブ会場限定特典引換券"を「ALL TIME BESTワンマンツアー」〜KYO-MEI祭り〜の各会場にご持参頂けますと、もれなくTHE BACK HORN 20周年記念メンバー直筆“一筆入魂てぬぐい"を差し上げます。

『THE BACK HORN 20th Anniversary「ALL TIME BESTワンマンツアー」〜KYO-MEI祭り〜』

10月01日(月) 東京 新宿LOFT
10月05日(金) 北海道 札幌ペニーレーン24
10月13日(土) 岩手 盛岡Club Change WAVE
10月14日(日) 岩手 KESEN ROCK FREAKS
10月19日(金) 静岡 浜松窓枠
10月21日(日) 鳥取 米子AZTiC laughs
11月08日(木) 京都 磔磔
11月10日(土) 石川 金沢EIGHT HALL
11月11日(日) 長野 club JUNK BOX
11月17日(土) 香川 高松MONSTER
11月18日(日) 高知 X-pt.
11月30日(金) 愛知 名古屋ダイアモンドホール
12月08日(土) 福岡 DRUM LOGOS
12月15日(土) 大阪 なんばHatch
12月16日(日) 広島 クラブクアトロ
12月21日(金) 茨城 水戸LIGHT HOUSE
12月23日(日) 宮城 仙台Rensa
<2019年>
1月11日(金) 沖縄 桜坂セントラル
1月13日(日) 鹿児島 CAPARVO HALL
-ツアーファイナル-
2月08日(金) 東京 日本武道館



【関連リンク】
THE BACK HORN、インディーズ楽曲を再録したアルバムのジャケット解禁
THE BACK HORNまとめ
新生M!LK、『GirlsAward 2018」で新曲『Over The Storm』を披露

【関連アーティスト】
THE BACK HORN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, 名曲, リリース, 発売, 特典

新生M!LK、『GirlsAward 2018」で新曲『Over The Storm』を披露
Mon, 17 Sep 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

板垣瑞生、佐野勇斗、塩?太智、曽野舜太、山中柔太朗、吉田仁人、琉弥からなるボーカルダンスユニット「M!LK」が9月16日(日)、幕張メッセ 国際展示場1〜3ホールにて開催された日本最大級のファッション&音楽イベント『Rakuten GirlsAward 2018 AUTUMN/WINTER』のメインアクトとしてLIVEステージに登場し、来場者33,300人(延べ人数)の中、堂々たるパフォーマンスで会場を湧かせた!

「GirlsAward」中盤の18時過ぎ、センターステージに7人のシルエットが浮かび上がると、会場はメンバーカラーのペンライトで彩られ、大歓声に包まれながらM!LKが登場。 歌詞にM!LK 7人の自己紹介が盛りこまれているアゲアゲノリノリソング「めちゃモル」で幕明け、会場をM!LK色に染めあげると、新体制になってからの新曲で「Over The Storm」を披露し、会場を完全ロックオン! 疾走感溢れるスピーディーなメロディーにのせ、7人の王子たちが代わる代わるパフォーマンスでステージを魅了した。

MCでは「業界大注目のM!LKです!!」と堂々と挨拶すると、リーダー・吉田仁人が「今披露した僕たちの新曲『Over The Storm』を11月14日にリリースします! そして、そのリリースイベントが明日9月17日(月祝)から始まりますので、ぜひお近くの会場に遊びに来ていただけたらと思います。」とコメント。佐野勇斗は「M!LKのことを知らないという方も、覚えて帰っていただけたらと思います!」と話し、続けて「僕が出演する映画『3D彼女 リアルガール』が9月14日から公開されております。是非皆さん観てください!」と紹介。板垣瑞生も「僕が出演している映画『響 ?HIBIKI』が公開中ですので、是非劇場まで足を運んでください。お願いします!」と話し、俳優としても全力を注いでいるM!LKをアピールした。

最後は、佐野「次の曲は、皆さんも1度は耳にしたことがあるんじゃないでしょうか?是非知っている方もそうでない方も大きな声で叫んでください!!」と叫び、彼らの代表曲である「テルネロファイター」を披露すると、み!るきーず(M!LKのファン)以外の来場者らも巻き込むようにして、テルネロ〜テルネロ〜テルネロ〜♪"のメロディーでガルアワに深く爪あとを残し、新時代の幕開けを予感させた。

本編のファッションショーでは【NYLON JAPAN × G-STAR RAW】ステージにて、板垣瑞生・佐野勇斗の“いたちゃの"ペアが登場。モコモコの秋冬ファッションに身をつつみ、アーティスト活動だけではない、モデルとしての風格もみせ、ランウェイを楽しんだ。さらに、板垣は映画『響-HIBIKI-』ステージにも登場し、共演者らと共にランウェイ。佐野は『エイブル』の協賛ステージに単独で登場し、長丁場のイベントを終始M!LKメンバーたちが盛り上げていた。

音楽業界にとどまらず、俳優、モデル業界からも大注目の「M!LK」。そんな彼らの今後の活動も見逃せない!11月14日リリースのニューシングル「Over The Storm」を引っさげて、9月17日(月祝)の愛知・イオンモール常滑からフリーライブツアーがスタートする。 今秋には、東阪ツアー『M!LK THE LIVE 2018 〜わちゃ? & cool これがM!LKっ〜』を開催。11月23日(金祝)東京・豊洲PIT、11月25日(日)大阪・堂島リバーフォーラムでのワンマンライブが決まっており、動き出した新体制での活動が楽しみだ。

Photo by 笹森 健一

■「Over The Storm」特設サイト
http://sd-milk.com/overthestorm/
■M!LK特設ホームページ
http://sd-milk.com/overthestorm/

■【コメント】

■佐野勇斗
「『GirlsAward』さんのメインアクト出演をさせていただきました。7人体制になってからの出演ということで正直すごく緊張していましたが、その中でもファンの皆さんがすごく温かく迎えてくださって、アットホームな空気感が嬉しかったですし、これからもっと頑張っていきたいと強く思いました。ステージ裏に向かう時に、メンバーの吉田仁人とも話したんですけど、安心感というか自信というかすごく不思議な気持ちだったんですけど、なんか俺らいけるねって2人で話しながら本番に向かえたのが一生忘れられないなと思いました。本当に素敵な1日、そして良いM!LKのスタートになったんじゃないかなと思いました。今日来てくださった皆さん、M!LKのことを知らなかった皆さんも、もちろん知ってくださっているみ!るきーずの皆さんも本当にありがとうございました!」

■板垣瑞生
「自分たちがメインアクトとして出演させていただけるのは、本当に誇らしいことだし、7人で初めてこういうイベントにださせていただき、面白い化学反応が起こっていればいいなとすごく感じています。昔は緊張ばかりしていたんですけど、今日は最初からすごく楽しむことができました。たくさんの方が声をかけてくれたのがすごく嬉しかったです。今日は一日ありがとうございました。」

■山中柔太朗
「人生で1番大きいステージで、しかもいろいろなアーティストさんがいるという中で本当に夢のGirlsAwardさんに初めてださせていただいて、いろいろな方々が今までで1番良かったといってくださったので、LIVEとしても7人体制の新生M!LKとしてもすごく良いスタートが切れたんじゃないかなと思います。個人としてはまだまだいろいろな課題がありますが、今後もこのようなステージをたくさん経験させていただいて、もっと大きいステージに立てるように頑張っていきたいと思います。」

シングル「Over The Storm 」

2018年11月14日(水) 発売



【TYPE-A】
ZXRC-1169/¥1,000(税込)
<収録曲>
M1.Over The Storm
M2.タイトル未定

【TYPE-B】
ZXRC-1170/¥1,000(税込)
<収録曲>
M1.Over The Storm
M2.タイトル未定

【TYPE-C】
ZXRC-1171/¥1,000(税込)
<収録曲>
M1.Over The Storm
M2.タイトル未定

【WIZY限定盤】 (CD+Blu-ray )
ZXRC-1172/¥5,800(税込) ※別途送料 ¥800必要
※CD Blu-ray共に「プレイパス(PlayPASS)」サービスに対応
※9月17日まで<早期予約プラン>・CDブックレット内にお名前掲載
Blu-rayは本商品用に新たに映像編集された完全版仕様、メイキング収録(収録時間 約160分)
<収録楽曲>
■CD(TYPE-Aに準ずる)
M1. Over The Storm
M2. タイトル未定
■Blu-ray
・M!LK SPRING TOUR 2018 #バトレボ〜牛丸学園ブルジョワ部〜(2018年5月12日@大宮ソニックシティ 大ホール)ライブ本編
Now Story
疾走ヘ?ンテ?ュラム
新学期アラカルト
サンキュー!N・D・K!
白黒Brand New World
男子スイーツ部発足します
May
コーヒーか?飲めません
宇宙シ?ャンホ?リー
サラフ?レット?御曹司CITY BOY
テルネロファイター
めちゃモル
ホ?クラなりレホ?リューション
Goin\' Down
上昇思考クライマー
<アンコール>
Special Thanx
桜咲く頃には
・M!LK SPRING TOUR 2018 #バトレボ〜牛丸学園ブルジョワ部〜メイキング映像

◎TYPE-A、B、Cにそれぞれトレカ8種類ランダム封入(各ソロ1枚×7名 集合1枚)×3 パターン
全24種類(各ソロ3枚×7枚=21枚 集合3枚)

【ライブ情報】


『M!LK THE LIVE 2018 〜わちゃ? & cool これがM!LKっ〜』
11月23日(金・祝)  豊洲PIT(東京)
開場17:00/開演18:00
11月25日(日)  堂島リバーフォーラム(大阪)
[1部]開場14:00/開演14:45
[2部]開場17:15/開演18:00

<チケット>
料金:全自由 ¥6,500(税込)
※入場時別途ドリンク代¥500必要
※整理番号順でのご入場となります。
※未就学児のご入場はお断りをさせて頂きます。



【関連リンク】
新生M!LK、『GirlsAward 2018」で新曲『Over The Storm』を披露
M!LKまとめ
さとり少年団、颯斗の生誕際ライブで初の東名阪ワンマンツアーを発表

【関連アーティスト】
M!LK
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, EBiDAN, CD, シングル, ライブ, ライブレポ, レポート

さとり少年団、颯斗の生誕際ライブで初の東名阪ワンマンツアーを発表
Mon, 17 Sep 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

スターダストプロモーションの若手アーティスト集団・EBiDANに所属する3人組ダンス&ボーカルユニット・さとり少年団が、リーダーである颯斗の生誕祭『we are SBC !! 〜HAYATO 19th▼(※)〜』を9月16日に東京・Shibuya Milkywayで開催した。昼夜2公演で持ち曲の全てを披露しながら、EBiDAN内でも知られる高いパフォーマンス・スキルを存分に発揮。生誕祭ならではの数々のサプライズに、夜の2部では初の東名阪ワンマンツアーも発表して、満員のIROTAS(さとり少年団のファンの呼称)を歓喜と感動の涙で包んだ。

翌17日に19歳の誕生日を迎える颯斗は小学生からダンスを始め、さとり少年団を結成してからは2年間のストリートライブで経験を積み、先輩グループである超特急の楽曲振り付けのアシスタントをするなど、自他ともに認める“ダンスマスター"だけに、まずは自身の振りつけによるダンスショーケースという初の試みからライブをスタートさせた 。3人の巧みなフォーメーションとシャープな動きで迫力満点に観る者を惹き込むと、1部では「ヘルプユー」に「WE/GO」と頭からシングル曲を投下。 『皆さん、今日は俺の生誕祭だ!』とエネルギッシュに、緩急の利いたダンスを音ハメ良く魅せてゆく。 

場内から漏れる『カッコいい……!』の声を受け、永玖の艶のあるハスキーボイスが映えるダイナミックに大人びた「BREAK ME DOWN」から、お馴染みの自己紹介曲「WE ARE SBC 2018」では“WE ARE SBC!"のコールにフロアは大揺れ。永玖と謙信が『誕生日おめでとう!』と颯斗を抱え上げて『颯斗は俺のものだ!』と取り合った最後に、『颯斗はIROTASのものだよ』と颯斗がキメて、黄色い歓声を浴びる今日ならではのアドリブもあった。一方、1部のライブを締めくくった「I wanna say…」でチャーミングに幕開けた2部は、ハッピーからシリアスへと流れが真逆に。1曲目から颯斗がタフに煽り立ててフロアのペンライトを大きく揺らした直後、颯斗&謙信もラップを聴かせる「gomenne」に、3人の歌声とダンスが美しくシンクロする「Stay Alive」と、切ないラブバラードをドロップ。その表情豊かな歌とダンスに大きな歓声と拍手が湧き、彼らの“表現者"としての高い意識を感じさせられた。

こうした本格派のパフォーマンスと親近感あるキャラクターのギャップも彼らの魅力で、ライブ前には誕生日仕様のワインレッドのスーツを身にまとった颯斗が、IROTASからの質問に答えるコーナーも。“寝る前にすることは?"“生まれ変わったら何になりたい?"等のユルい質問から、“さとり少年団をどんなグループにしていきたいですか?"という問いには『さとり少年団じゃなきゃ楽しめない!と思わせるライブを毎回やりたい』と返答。一方、お茶の名産地・静岡出身であることにちなみ、せんぶり茶を罰ゲームにした山手線ゲームでは、本日の主人公にもかかわらず早々に負けて『ヤバい! 苦い!』と絶叫する場面もあった。そういった飾らない姿を素直に見せてくれるのも、ファンには嬉しいこと。さらに生誕祭ということで、後半戦では今までIROTASが見たことのない顔まで披露されることになった。

まず、 1部では『颯斗とIROTASにプレゼント』と永玖の弾き語りコーナーが 設けられ、Mr.Childrenの「しるし」をカバー。アコースティックギターを奏でながら歌い上げるアンニュイな表情に大きな拍手が湧き、加えて謙信は颯斗への想いをラップで贈るサプライズで彼を驚かせた。さらに2部はサプライズの大渋滞に。『19歳になったら免許を取りたい』というMCの途中で突然バースデーケーキが登場したのに続き 、永玖が『颯斗に向けて、オリジナル曲を作ってきた』と、 リーダーへの信頼を綴ったバラードを“いつまでも変わらないで"と弾き語る。IROTASたちが目を潤ませ、颯斗も『マジありがとう……危なかった』と涙を押し殺したところで、今度は謙信が颯斗への手紙を朗読。“これからもそのままでいてね"“一人で抱え込まないで時には頼って"という内容は永玖の歌詞にも通じるもので、さらにダメ押しとばかり静岡の実弟からボイスメッセージまで! 遂にこらえきれなくなった颯斗は『二人を引っ張らなきゃって思ってたから……二人ともに“頼っていいんだよ"って言われて……』と嗚咽を漏らした。『こんな姿を見られるなんて、IROTASも謙信も永玖も、もう家族みたいなもの。みんな、ついてきてくれますか!?』と贈られた「パラダイムシフト」では、曲に込められた“革命"を起こすべくフロアが一つに。そして『さとり少年団の夏は、まだまだこれからだ!』という颯斗の号令からの「夏へダイビング(仮)」が、タオルを振るIROTASたちの大音量コールで会場を揺らしていく。颯斗は『こんな泣くはずじゃなかった!』と漏らしたが、その涙のぶんだけIROTASとの絆は深まったに違いない。

2部のアンコールでは、1部の冒頭を飾ったシングル2曲でブチ上げ、合間のMCでは年末に東名阪ワンマンライブツアー『we are SBC !! 〜Merry Christmas 2018〜』を開催することも発表! 12月22日の大阪アメリカ村 DROPを皮切りに、24日の名古屋ell.FITS ALL、ファイナルは26日の下北沢GARDENというクリスマス公演は、さとり少年団にとっては初のワンマンツアーで、東京以外でワンマンを行なうのもこれが初めて。待ちわびていたIROTASも大歓声をあげて祝福の拍手を贈った。最後は“もっと上に行きたい"という決意を投影した「WE/GO」でIROTASのペンライトと共に拳を振り上げ、フロアはさとり少年団のイメージカラーであるオレンジ一色に。結成から3年、CDデビューから1年。その間の苦しみも葛藤も、すべてさらけ出しながらIROTASたちに誓った“もっと良い景色を見せる"という約束を果たすべく、3人は一歩一歩着実に歩んでいく。

Text by 清水素子

※▼=ハートマーク

【セットリスト】
■1部
01:ヘルプ ユー
02:WE/GO
03:BREAK ME DOWN
04:WE ARE SBC 2018
05:パラダイムシフト
06:しるし/Mr.Children(永玖弾き語りカバー)
07:夏へダイビング(仮)
08:It\'s My JK Life
09:I wanna say…

■2部
01:I wanna say…
02:gomenne
03:Stay Alive
04:永玖オリジナル曲
05:パラダイムシフト
06:夏へダイビング(仮)
EN1:ヘルプ ユー
EN2:WE/GO

『we are SBC !! 〜Merry Christmas 2018 〜』

12月22日(土)  大阪 アメリカ村DROP
12月24日(月・祝)  愛知 名古屋 ell.FITS ALL
12月26日(水)  東京 下北沢GARDEN
<オフィシャル先行>
受付期間:9月16日(日)22:00 〜 9月27日(木)23:59
http://eplus.jp/satorishonendan/



【関連リンク】
さとり少年団、颯斗の生誕際ライブで初の東名阪ワンマンツアーを発表
さとり少年団まとめ
さとり少年団、『颯斗生誕際』で初の東名阪ワンマンツアーを発表

【関連アーティスト】
さとり少年団
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, EBiDAN, 発表, ライブ, ツアー, セットリスト, ライブレポ, レポート

アラウンドザ天竺、渋谷QUATTROワンマン&ベスト盤リリース発表
Mon, 17 Sep 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

アラウンドザ天竺が9月15日に『TOKYO CALLING 2018 新宿編』に出演し、渋谷club QUATTROワンマンライヴの開催と、ベストアルバム『Welcome to アラテ部。 2017-2018』のリリースを発表した。

アラウンドザ天竺は同ステージでファンを乱入させ、L\'Arc〜en〜Cielのコピー、Su凸ko D凹koiのカバーなどを披露。ベストアルバム『「Welcome to アラテ部。 2017-2018」〜目指せ!2019年8月8日、QUATTROワンマン!500人来ないとローン地獄!〜』を12月12日にリリースすること、自身初となる渋谷club QUATTRO単独公演を2019年8月8日に行なうことを告知した。メンバーが「これが俺たちの本当の気持ち」と新曲「クアトロこわい」を熱唱後、アンコールでグラビアアイドルの小日向結衣がサプライズ出演した。

ベストアルバムは「ロンドンタナカLOUD弾き語りメドレー」を含む全13曲を収録。価格は500円で、特典として渋谷club QUATTROワンマンの500円ディスカウント券が付属する。同公演『アラウンドザ天竺 2nd ANNIVERSARY ONEMAN LIVE BEST ALBUMリリース記念・アラ天仲間大集合!8ヶ月連続主催Tour final 「Welcome to アラテ部。」』のチケット先行受付は現在実施中。

■アラウンドザ天竺 2nd ANNIVERSARY ONEMAN LIVE BEST ALBUMリリース記念・アラ天仲間大集合!8ヶ月連続主催Tour final 「Welcome to アラテ部。」

2019年8月08日(木) 東京・渋谷club QUATTRO
時間;開場18:20/開演19:00
<チケット>
3500円
イープラス:https://eplus.jp/ath/word/59642

アルバム『「Welcome to アラテ部。 2017-2018」〜目指せ!2019年8月8日、QUATTROワンマン!500人来ないとローン地獄!〜』

2018年12月12日発売



LFRR-0010/¥500+税
<収録曲>
1.ヤバイ、新聞屋さん。
2.サークルモッシュに入ろう
3.LOUD体操第一
4.男男男子 feat.小日向結衣
5.ミラクル崎体育
6.ゴキだ!! 〜家の外へ〜
7.それでも当たりが強いなら
8.イノセントボーイ 〜カラオケ行きたい〜
9.チャージは恥だが役に立つ
10.グラビア嬢の館
11.グラビアチェック
12.振り向けば小手指
13.ロンドンタナカLOUD弾き語りメドレー
・ヤバイ、新聞屋さん。
・チャージは恥だが役に立つ
・グラビアチェック
・振り向けば小手指
・男男男子
・ミラクル崎体育
・イノセントボーイ 〜カラオケ行きたい〜
・ゴキだ!! 〜家の外へ〜
・ひとりLOUD体操
・サークルモッシュに入ろう
・右が気になる(仮)

◎特典
『アラウンドザ天竺 2nd ANNIVERSARY ONEMAN LIVE BEST ALBUMリリース記念・アラ天仲間大集合!8ヶ月連続主催Tour final 「Welcome to アラテ部。」』のチケット500円割引券付属



【関連リンク】
アラウンドザ天竺、渋谷QUATTROワンマン&ベスト盤リリース発表
アラウンドザ天竺 まとめ

【関連アーティスト】
アラウンドザ天竺
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, ワンマン













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1