歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年09月14日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/09/23
2018/09/22
2018/09/21
2018/09/20
2018/09/19
2018/09/18
2018/09/17
2018/09/16
2018/09/15
2018/09/14
2018/09/13
2018/09/12
2018/09/11
2018/09/10
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
HONG¥O.JP、映像作品『本業DVD』のリリースツアーに9公演を追加!
Fri, 14 Sep 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月14日(金)にSHOWROOMで配信されたHONG¥O.JPのレギュラー番組『HONG¥OロードSHOW』にて、9月16日(日)よりスタートする『本業DVD』リリース記念フリーイベントツアー『WORKMAN.JP TOUR』の全日程が発表された。ツアー発表当初は、9月16日(日)・10月14日(日)・11月25日(日)に東京・EBISU BATICAでの3ヶ月連続公演のみだったが、今回の発表で愛知・大阪・宮城を含めた全12公演が発表となった。ライブでは新曲の披露も予定。全公演入場無料となっているため、是非この機会に足を運んでみてほしい。

イベント会場限定販売となる『本業DVD』は、旧グループ・MAGiC BOYZから生まれ変わり、音楽を本業とする決意を込めTOMA/RYUTO/JOEで新たにスタートしたHONG¥O.JPの活動の一歩として、心機一転ロサンゼルスでレコーディング・撮影を行った「Just Do It」「SUPER BANANA」2曲のMusic Videoフルバージョンと、1週間の現地滞在の様子を収めたメイキング映像を収録した、彼ら初の映像作品となっている。

リリースイベントツアー『HONG¥O.JPのWORKMAN.JP TOUR』

9月16日(日) 東京・EBISU BATICA
9月22日(土) 東京・HMV record shop渋谷店
9月29日(土) 東京・お台場
9月30日(日) 埼玉・富士見
10月14日(日) 東京・EBISU BATICA
10月20日(土) 東京・HMV record shop新宿店
11月03日(土) 愛知県
11月04日(日) 大阪府
11月11日(日) 宮城県
11月23日(金・祝) 東京都
11月24日(土) 東京都
11月25日(日) 東京・EBISU BATICA
※開催地域/詳細が決定次第、順次告知致します。
※開催日程/場所に関しては、変更の可能性がございます。
※EBISU BATICA公演のみ、事前の入場整理券申し込み、入場時にドリンク代が必要となります。

DVD『本業DVD』

2018年9月16日発売
※イベント会場限定販売



SDMD-0134/¥1,800(税込)
収録時間:35分



【関連リンク】
HONG¥O.JP、映像作品『本業DVD』のリリースツアーに9公演を追加!
HONG¥O.JPまとめ
M!LK、 7人体制初となるニューシングルのMVとジャケ写を解禁

【関連アーティスト】
HONG¥O.JP
【ジャンル】
J-POP, ニュース, DVD, 発表, リリース, ヒップホップ, ラップ, ツアー

M!LK、 7人体制初となるニューシングルのMVとジャケ写を解禁
Fri, 14 Sep 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

板垣瑞生、佐野勇斗、塩?太智、曽野舜太、山中柔太朗、吉田仁人、琉弥からなる7人組ボーカルダンスユニットM!LKが、11月14日リリースの「Over The Storm」のMVとジャケット写真を解禁した。

7人体制で初となるMVはスピード感あるカットで、歌とダンスで構成されたシンプルながらも、どこを切り取っても王子様大渋滞な見応えのあるものとなっている。そして、ジャケット写真は、ホワイトバルーンと水を用い、アーティスティックかつポップな世界観に。タイトな疾走感とマッシブなEDMの風を感じさせる「Over The Storm」を含む各2曲入り全3形態でのリリースとなる。

また、今回のシングルにはWIZY限定盤として、5月12日に大宮ソニックシティで行われた5人体制でのラストライブのBlu-rayが付いたシングルもリリースされる。9月17日までに予約するとCDブックレット内にお名前掲載されるという早期予約プランもあるので、気になっている人は早めにチェックしてみよう。

M!LKは9月16日に開催される『Rakuten GirlsAward 2018 AUTUMN/WINTER』にメインアクトとして出演が決まっており、9月17日(月・祝)の愛知・イオンモール常滑からフリーライブツアーがスタートする。さらに、11月23日(金・祝)に東京・豊洲PIT、11月25日(日)には大阪・堂島リバーフォーラムでのワンマンライブの開催も決まっており、徐々に動き出した新体制での活動から目が離せない。

■シングル「Over The Storm」特設サイト
http://sd-milk.com/overthestorm/

シングル「Over The Storm」

2018年11月14日(水) 発売



【TYPE-A】
ZXRC-1169/¥1000(税込)
<収録曲>
M1.Over The Storm
M2.タイトル未定

◎TYPE-A、B、Cにそれぞれトレカ8種類ランダム封入(各ソロ1枚×7名 集合1枚)×3 パターン
全24種類(各ソロ3枚×7枚=21枚 集合3枚)

【WIZY限定盤】
ZXRC-1172/¥5800(税込)※別途送料 ¥800必要
※「プレイパス(PlayPASS)」サービスに対応
※9月17日まで<早期予約プラン>・CDブックレット内にお名前掲載
※Blu-rayは本商品用に新たに映像編集された完全版仕様、メイキング収録(収録時間 約160分)
<収録曲>
■CD
M1.Over The Storm
M2.タイトル未定
■Blu-ray
・M!LK SPRING TOUR 2018 #バトレボ〜牛丸学園ブルジョワ部〜(2018年5月12日@大宮ソニックシティ 大ホール)ライブ本編
Now Story
疾走ペンデュラム
新学期アラカルト
サンキュー!N・D・K!
白黒Brand New World
男子スイーツ部発足します
May
コーヒーが飲めません
宇宙ジャンボリー
サラブレッド御曹司CITY BOY
テルネロファイター
めちゃモル
ボクラなりレボリューション
Goin\' Down
上昇思考クライマー
<アンコール>
Special Thanx
桜咲く頃には
・M!LK SPRING TOUR 2018 #バトレボ〜牛丸学園ブルジョワ部〜メイキング映像



【TYPE-B】
ZXRC-1170/¥1000(税込)
<収録曲>
M1.Over The Storm
M2.タイトル未定



【TYPE-C】
ZXRC-1171/¥1000(税込)
<収録曲>
M1.Over The Storm
M2.タイトル未定

【ライブ/イベント情報】

『M!LK THE LIVE 2018』
11月23日(金・祝)  豊洲PIT(東京)
開場17:00 / 開演18:00
11月25日(日)  堂島リバーフォーラム(大阪)
[1部] 開場14:00 / 開演14:45
[2部] 開場17:15 / 開演18:00

『Rakuten GirlsAward 2018 AUTUMN/WINTER』
9月16日(日) 幕張メッセ1〜3ホール(千葉県)
開場13:15 / 開演 14:30 / 終演 21:00(予定)



【関連リンク】
M!LK、 7人体制初となるニューシングルのMVとジャケ写を解禁
M!LKまとめ
THE PINBALLS、メジャー1stアルバム発売&リリースツアー決定

【関連アーティスト】
M!LK
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, MV, CD, シングル, 発表, リリース

THE PINBALLS、メジャー1stアルバム発売&リリースツアー決定
Fri, 14 Sep 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE PINBALLSがメジャー1stアルバム『時の肋骨』を11月14日(水)に発売することを発表した。本作品は全12曲、全てが新曲。THE PINBALLSらしさはそのままに、Vo.古川貴之によるファンタジックな詞世界にも更に磨きがかかり、THE PINBALLSの世界観がより一層深まる1枚となった。時の流れを軸に構成された全12編の物語のような作品は必聴だ。初回盤DVDには、前作『Primal Three』のリリースツアー“Leap with Lightnings tour”のツアードキュメントを収録。大盛況だったツアーの裏で、今まで見せる事の無かったメンバーのパーソナルな部分が収められたファン必見の内容となっている。

そして、アルバム『時の肋骨』を引っさげ、全国10箇所 を回るワンマンツアー『end of the days tour』の開催が決定した。初回プレス分にはツアー先行応募IDが封入されるので早めの予約を。荒々しくも唄心溢れる古川貴之のハスキーヴォイスと、キャッチーで勢いのあるメロディー、物語のようなファンタジックで印象的な詩世界でロックシーンを揺らす彼らの熱いライブを見逃さないでほしい。

■『end of the days tour』

2月17日(日) 千葉LOOK
2月23日(土) 長野LIVEHOUSE J
2月28日(木) 仙台enn2nd
3月02日(土) 札幌DEUCE
3月07日(木) 福岡Voodoo Lounge
3月09日(土) 高松toonice
3月10日(日) 梅田CLUB QUATTRO
3月16日(土) 岡山ペパーランド
3月17日(日) 名古屋CLUB QUATTRO
3月22日(金) 恵比寿LIQUIDROOM

アルバム『時の肋骨』

2018年11月14日発売



【初回盤】(CD+DVD)
COZP-1481-1482/¥3,200+税
※特殊パッケージ仕様
【通常盤】(CD)
COCP-40538/¥2,600+税
※初回プレス分(初回盤・通常盤共通)“end of the days tour”ツアー先行応募ID封入
応募期間:11月14日(水)12:00〜11月25日(日)23:00
<収録曲>
■CD
01.アダムの肋骨
02.水兵と黒い犬
03.DAWN
04.失われた宇宙
05.BEAUTIFUL DAY
06.CRACK
07.ヤンシュヴァイクマイエルの午後
08.風見鶏の髪飾り
09.回転する宇宙の卵
10.DUSK
11.COME ON
12.銀河の風
■DVD ※初回盤のみ
Document of Leap with Lightnings tour



【関連リンク】
THE PINBALLS、メジャー1stアルバム発売&リリースツアー決定
THE PINBALLSまとめ
柴田淳、ニューアルバム発売決定&最新ビジュアル公開

【関連アーティスト】
THE PINBALLS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売, ツアー

柴田淳、ニューアルバム発売決定&最新ビジュアル公開
Fri, 14 Sep 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

“失恋ソングの女王”として知られる唯一無二の歌声を持つシンガーソングライター・柴田淳が、アルバム『ブライニクル』を自身のデビュー記念日である10月31日(水)にリリースすることを発表した。同時に新アーティスト写真、ジャケット写真、商品概要も公開した。

全10曲入りとなるニューアルバム『ブライニクル」は、すでに自身のブログ・Twitterなどでニューアルバムのレコーディングを行っていたことを公表していた為、ファンの間ではニューアルバム発売への期待が高まっていた。この日発表されたタイトルの“ブライニクル(brinicle)”とは、「南極の海中において、海水中に極めて低温の塩水が流入した際に起こるとされる、つららのような形の凍結が起こる自然現象」を意味し、これに触れた生物を死に至らしめることから“死のつらら”と呼ばれることもある。柴田淳自身、ニューアルバムにこのタイトルをつけた意味を、「私の日常にとって音楽というのは、ある意味海に流れてきた低温の塩水と似ていて、そしてその低温の塩水に取り憑かれた私は、制作中は私に触れる人を凍りつかせるくらい鋭くなるので、まるで音楽の世界に潜ってる私はブライニクルそのものだなと思って…。」と語っている。

そして、赤いワンピースに身を包んだ強い眼差しが印象的な新アーティスト写真と、初回限定盤と通常盤計2種類のジャケット写真が公開された。初回限定盤、通常盤ともに共通で全10曲入り。アーティスト写真と同じ赤い衣装で思慮深い表情を浮かべるジャケット写真の初回限定盤は、スリーブケース仕様で、豪華32ページフォトブックと、CD・初回限定ブックレットが封入されている。そしてシックなベージュの衣装を着た物憂げな雰囲気を醸し出すジャケット写真の通常盤は、CDと通常ブックレットとなっている。初回限定盤、通常盤それぞれのブックレットに使用されている写真は、それぞれにしか使用していない写真が含まれている為、是非とも両方を手に取ってもらいたい。

収録曲名や予定している購入者特典等などの詳細は追って発表される予定だが、シンガーソングライター・柴田淳の魅力が満載されるであろうニューアルバム『ブライニクル』について、否が応でも期待は高まるばかりだ。今後の発表もチェックしてもらいたい。

■【柴田淳 コメント】

「柴田淳は、基本ライブ活動が地味な為、私の日常は音楽制作がなければ何も起きないつまらないもので、これじゃいかん!と自ら創作を始め、前作より約一年でのリリースとなりました。
今回はアルバム全体を考えず、とにかく好きな音楽をそのまま作ってみるというコンセプトで始めたのですが、やはり2時間ドラマのエンディングで流れるエモーショナルな音楽が好きなんだなと、自分の好みを再確認するほど、そのような場面で使われそうな曲調ばかりになりました。
あまりにも曲調がそっち系なものばかりだったので、アルバムとしてのバランスは置いておいて、ここはもう開き直って「サスペンス」というタイトルでとことんそっち系な曲を思い切り詰め込もうかとも考えていたくらいです。
また、あらゆる不安やストレスで一時期声が出なくなったりもしたのですが、今までで一番良い声が収録できた気がしています。
本来の私の声は、実はハスキーなんです。ですがモニター調整してる間に、その声の襞は削ぎ落とされていき、録音する頃にはツルツルの声になっていたりしたんです。しかし今回は、そのハスキーな声を漏れなく収録出来た気がしています。
あまり声を大にして言えないのですが、自分のアルバムを聴き返せることが本当に少なかったんです。反省点を見つけたくなくて恐ろしかったんです。ですが、今まででこれほど自分のアルバムを何度も聴き返せているものはありません。
どうぞ、私の趣味が詰まった、そして本来の声が収録出来た歌を聴いて下さい」

アルバム『ブライニクル』

2018年10月31日発売



【初回限定盤】(CD+DVD+初回限定ブックレット+豪華32ページフォトブック)
VIZL-1401/¥4,000+税
※スリーブケース仕様




【通常盤】(CD+通常ブックレット)
VICL-65028/¥3,000+税




【関連リンク】
柴田淳、ニューアルバム発売決定&最新ビジュアル公開
柴田淳まとめ
Hilcrhyme、アーティストブック第2弾で佐藤竹善(SING LIKE TALKING)、hime(lyrical school)と対談

【関連アーティスト】
柴田淳
【ジャンル】
J-POP, ニュース, シンガーソング・ライター, アルバム, 発表, リリース, 発売

Hilcrhyme、アーティストブック第2弾で佐藤竹善(SING LIKE TALKING)、hime(lyrical school)と対談
Fri, 14 Sep 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10月24日(水)に発売されるHilcrhymeのアーティストブック第2弾、Hilcrhyme OFFICIAL YEARBOOK 2018-2019「I」では、2組のアーティストをゲストに迎えた対談を行っており、今回その詳細と写真が公開された。

1組目は、2018年9月30日にデビュー30周年を迎えるSING LIKE TALKINGの佐藤竹善。Hilcrhymeが、2015年発売の6thアルバム『REVIVAL』でSING LIKE TALKINGの「Spirit Of Love」をカヴァーしたことをきっかけに交流が始まり、竹善のラジオレギュラー番組にHilcrhymeがゲスト出演したりと親交を深めてきたという。対談の中では“お互いの声の魅力”について語っており、竹善はHilcrhymeについて「何を伝えたいかが声に出てますよね。それはラップだけじゃなくて、彼の歌声にも出ていると思うし、ラップにも歌にも『意志』を感じるんですよね。どちらも自分の思いを伝えたいというメッセージが、声にしっかり提示されてると思う。それがTOCくん独特の声質になっているんだと思いますね」。TOCは竹善について「小さなパワーで大きな響かせ方をされていると思います。僕は口の中でどれだけ声を響かせられるかが大事だと思っているんですが、それを最高のレベルでやっているのが、竹善さんだと思うんです。そして、その声を響かせる技術に、ピッチや『間の取り方』というスキルが合わさっているので、本当に雲の上の人という感じです」 とそれぞれ語っている。

もう1組は、Hilcrhymeの熱狂的なファンで“Hilcrhymeに会うのが小学校からの人生の目標”だという、5人組HIP HOPアイドル・グループlyrical schoolの最年少メンバー、hime。今回の対談でTOCと挨拶した瞬間に号泣したそう。これまでHilcrhymeのライブに何回も足を運んでいるというhimeが、対談の中でTOCに質問したのは“Hilcrhymeが今までで記憶に残ってるライヴを教えて下さい”ということ。その質問に対するTOCの答えとは!?この対談の続きは、ぜひこの本を手に取ってチェックしてほしい。

Hilcrhyme OFFICIAL YEARBOOK 2018-2019「I」

2018年10月24日発売



【数量限定:本+Hilcrhymeオフィシャルタオル(ピンク)】
¥6,500+税
【本のみ】
¥4,500+税
判型:カラー/B5 100ページ 
※この本を購入された方だけが登録できる、WEBサービス付き。
(チケットの先行予約や、Hilcrhymeのムービーやフォトギャラリーなどの限定コンテンツが、2018年10月24日から1年間お楽しみいただけます。)
<対談内容>
■佐藤竹善(SING LIKE TALKING)×Hilcrhyme
・Hilcrhymeがカヴァーした、SING LIKE TALKING “Spirit Of Love"
・佐藤竹善の音楽的な原点は「演歌」
・ヒップホップは常識を破壊する
・音楽は『面白い』そして、それを探している
・Hilcrhyme楽曲のアイデンティティ
・TOCの声には「意志」がある
・Hilcrhymeと佐藤竹善がお互いに望むこと
■hime(lyrical school)×Hilcrhyme
・Hilcrhymeに会うのが小学校からの人生の目標
・himeの「Hilcrhyme体験」
・「ラップ・アイドル」というオリジナリティ
・Hilcrhymeが語る思い出のライヴ
・Hilcrhymeリリックの「オリジナリティ」とは
・「TOCさんになりたい」その思いに対するTOCからの回答とは

◎UNIVERSAL MUSIC STORE限定発売(オンライン)
http://store.universal-music.co.jp/artist/hilcrhyme/



【関連リンク】
Hilcrhyme、アーティストブック第2弾で佐藤竹善(SING LIKE TALKING)、hime(lyrical school)と対談
Hilcrhymeまとめ
SING LIKE TALKINGまとめ
佐藤竹善まとめ
lyrical schoolまとめ

【関連アーティスト】
Hilcrhyme, SING LIKE TALKING, 佐藤竹善, lyrical school
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, 発表, ヒップホップ, ラップ

BUCK-TICK、新宿ユニカビジョンで映像作品『THE PARADE〜30th anniversary〜』特集放映決定
Fri, 14 Sep 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

デビュー30周年イヤーのツアー『TOUR No.0』を終えたBUCK-TICK。デビュー記念日の9月21日(金)にリリースするLIVE Blu-ray&DVD『THE PARADE 〜30th anniversary〜』の特集が9月17日(月)〜9月23日(日)まで、西武新宿駅前の巨大ビジョン“ユニカビジョン”で放映されることが決定した。

『THE PARADE 〜30th anniversary〜』は2017年9月23日&24日の2日間に渡ってお台場の野外特設会場にて開催され、2万人を動員したBUCK-TICKの歴史に残るデビュー30周年記念スペシャルライヴである。30年におよぶレパートリーの中からそれぞれ異なるセットリストで演奏された全42曲を完全収録。BUCK-TICKの歴史に刻まれることとなった2日間が余すことなく映像作品化されている。今回の特集では2日間に渡るライヴの中から、「独壇場Beauty -R.I.P.-」 「MISS TAKE 〜僕はミス・テイク〜」 「LOVE PARADE」「Baby, I want you.」「スピード」「CLIMAX TOGETHER」以上6曲のライヴ映像が全曲ノーカットフルバージョンで放映されることになる。さらに、ここでしか見ることができないメンバーのコメントも放映されるので見逃さないで欲しい。放映時間は、10時・12時・14時・16時・18時・20時から約31分間となる。

また、放送期間中には「BUCK-TICK オリジナルグッズ」他がプレゼントがされる企画もあるので、詳しくはユニカビジョンオフィシャルHPで確認して欲しい。

■【ユニカビジョン BUCK-TICK特集】

放映期間:9月17日(月)〜9月23日(日)
時間:各日10時/12時/14時/16時/18時/20時より約31分間
※時間は、予告なく変更になる場合がございます 場所:東京・西武新宿駅前ユニカビジョン(東京都新宿区新宿3-23-7)
詳しくはこちら:https://www.yunikavision.jp

Blu-ray&DVD『THE PARADE 〜30th anniversary〜』

2018年9月21日発売



【完全生産限定盤】(2BD+4SHM-CD+PHOTOBOOK)
VIZL-1427/?14,000+税
【完全生産限定盤】(2DVD+4SHM-CD+PHOTOBOOK)
VIZL-1428/ ?13,000+税
【通常盤】(2BD)
VIXL-237〜238/?7,000+税
【通常盤】(2DVD)
VIBL-906〜907/ ?6,000+税
<収録内容>
■Disc1 「THE PARADE 〜30th anniversary〜 FLY SIDE」
SE. THEME OF B-T
01. STEPPERS -PARADE-
02. PHYSICAL NEUROSE
03. 独壇場Beauty -R.I.P.-
04. 惡の華
05. 蜉蝣 -かげろう-
SE. -Rainy-
06. セレナーデ -愛しのアンブレラ-
07. 人魚 -mermaid-
08. GALAXY
09. ILLUSION
10. ボードレールで眠れない
11. 疾風のブレードランナー
12. Ash-ra
13. ミウ
14. Django!!! -眩惑のジャンゴ-
15. MISS TAKE 〜僕はミス・テイク〜
16. 夢魔-The Nightmare
17. MY EYES & YOUR EYES
18. LOVE PARADE
19. TO-SEARCH
20. FLY HIGH
21. DIABOLO
SE. PARADE after dark
■Disc2 「THE PARADE 〜30th anniversary〜 HIGH SIDE」
SE. THEME OF B-T
01. FLY HIGH
02. Baby, I want you.
03. 真っ赤な夜
04. THE SEASIDE STORY
05. 薔薇色の日々
06. ORIENTAL LOVE STORY
07. スピード
08. RENDEZVOUS 〜ランデヴー〜
09. DADA DISCO - G J T H B K H T D ?
10. Coyote
11. Cuba Libre
12. CLIMAX TOGETHER
13. 美 NEO Universe
14. DIABOLO
15. 無題
16. ...IN HEAVEN...
17. MOON LIGHT
18. LOVE PARADE
19. STEPPERS -PARADE-
20. Alice in Wonder Underground
21. New World
SE. PARADE after dark

◎完全生産限定盤(Blu-ray/DVD共通)
1.LIVE TRACKS CD [4枚組]付属 ※すべてのCDプレーヤーで再生できる高品質CD「SHM-CD」を採用
2.LIVE PHOTO BOOKLET [全64P]封入
3.スペシャルパッケージ仕様



【関連リンク】
BUCK-TICK、新宿ユニカビジョンで映像作品『THE PARADE〜30th anniversary〜』特集放映決定
BUCK-TICKまとめ
ORESAMA、『FLAT NIGHT CARNIVAL』ファイナル開催決定

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray, 発表

ORESAMA、『FLAT NIGHT CARNIVAL』ファイナル開催決定
Fri, 14 Sep 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ORESAMAが9月13日(木)にマイナビBLITZ赤坂にて行なったワンマンライブ『ワンダーランドへようこそ〜in AKASAKA BLITZ〜』のMCにて、『TOKYO FLAT NIGHT CARNIVAL THE FINAL』を開催することを発表した。

『FLAT NIGHT CARNIVAL』は、2016年4月にO-nestにて始まった、ORESAMAがゲストを招いて1年にわたり定期開催してきたイベントで、2017年4月にはO-WESTにて『TOKYO FLAT NIGHT』開催するなど、その規模は大きくなっていった。そして、遂に2018年11月9日(金)、O-EASTでの開催をもってFINALを迎えることとなる。回を重ねる毎に大きくなっていったイベントのFINALは、fh?naとPENGUIN RESEARCHが出演する豪華な3マンをもって完結する。ワンダーランドとは異なる『FLAT NIGHT』ならではのイベントを楽しみにして頂きたい。

同イベントでは、ORESAMAのイラストも手掛けるイラストレーター「うとまる」氏(THINKR/POPCONE)の、販売して直ぐ完売となったアートブック『Something Wild』が、部数限定、そして会場限定Ver.で
販売することが決定。「うとまる」ファンにも嬉しいニュース、ぜひこの機会しか手に入らないVer.を手に入れてほしい。さらに、同イベントのチケット購入者には、「うとまる」氏イラストステッカーがプレゼントされるなど、「うとまる」氏のイラストがイベントFINALに花を添える。

O-nestからLIVEを見てきたファンに新たなファン、そしてfh?na、PENGUIN RESEARCH、うとまるのファンは、『TOKYO FLAT NIGHT CARNIVAL THE FINAL』にぜひ足を運んで頂き、FINALの瞬間を見届けて頂きたい。

■『TOKYO FLAT NIGHT CARNIVAL THE FINAL』

11月09日(金) 東京・TSUTAYA O-EAST
<出演>
ORESAMA、fh?na、PENGUIN RESEARCH
<チケット>
オフィシャル先行(抽選):9月13日(木)21:00〜9月18日(火)23:59
受付URL:http://l-tike.com/fnc
チケット購入者特典:「うとまる」氏イラストステッカー(会場にてプレゼント)
※当日販売するアートブック『Something Wild』の販売詳細は、後日発表予定。



【関連リンク】
ORESAMA、『FLAT NIGHT CARNIVAL』ファイナル開催決定
ORESAMAまとめ
fh?naまとめ
PENGUIN RESEARCHまとめ
9mm、『カオスの百年TOUR』札幌公演振替日&チャリティCD販売決定

【関連アーティスト】
ORESAMA, fh?na, PENGUIN RESEARCH
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 発表

9mm、『カオスの百年TOUR』札幌公演振替日&チャリティCD販売決定
Fri, 14 Sep 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

この度北海道胆振東部地方で発生した地震を受け、9月9日(日)に開催予定だった9mm Parabellum Bullet presents『カオスの百年TOUR 2018』札幌Zepp Sapporoの振替公演が2019年3月17日(日)に決定したことが発表された。また、今回の地震を受け『カオスの百年TOUR 2018』9月15日(土)仙台PIT公演より、各会場にて北海道胆振東部地震に向けたチャリティCDの販売を行うことが決定。ツアー初日だった北海道の為に、ツアー中に出来る事を行いたいというメンバーの気持ちから、5月27日(日)に日比谷野外大音楽堂で行われた公演のライブ音源4曲を収録。マル秘新曲CDをコンプリートし、チャリティCDを購入すると野音ライブ音源を全曲揃える事が出来る。

さらに、9mmの日と銘打たれたツアー初日が公演延期となったことから、急遽生配信された「2018/9/9『9mmの日』スペシャル生LIVE」が9月29日(土)23:59までアーカイブ視聴可能となっている。

■「2018/9/9『9mmの日』スペシャル生LIVE」アーカイブ
https://linliv.ee/d6r7dVB/co/ot/sh/pl

■『カオスの百年TOUR 2018』 札幌 Zepp Sapporo公演振替日程

3月17日(日) 札幌・Zepp Sapporo 開場16:30/開演17:30
※開場/開演時間、および会場に変更はございません。
※9月9日(日) のチケットをお持ちのお客様は、そのチケットでそのままご入場いただけます。
※3月17日(日)までにマル秘新曲CDをお受取になっていない方は専用窓口にて当日お渡しさせていただきます。
<チケット払い戻しについて>
振替公演に都合がつかないお客様に関しましては、下記の方法にて払い戻し対応をさせていただきます。
ご迷惑、お手数をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。
尚、払い戻しには必ずチケットが必要となりますので、なくさないよう大切に保管いただきますようお願い申し上げます。また、払い戻し期間を過ぎたチケットは無効となりますので、予めご了承ください。
■払い戻し期間:10月1日(月)10:00〜10月15日(月)23:59まで
*上記払い戻し期間は必ずお守りください。期日を過ぎますと払い戻し対応を致しかねます。
*一部店舗では払い戻しを当日対応出来ない場合もございますので、予めご了承ください。

<振替公演チケット一般発売>
新たに振替公演2019年3月17日(日)札幌 Zepp Sapporoのチケットをお求めのお客様は、下記内容をご確認のうえお買い求めください。
■一般発売:11月25日(日)
¥4,300(税込)※D代別
※払戻し、振替チケット購入の詳しい情報はオフィシャルHPへ。

ツアー『9mm Parabellum Bullet presents カオスの百年TOUR 2018』

9月15日(土) 宮城・仙台PIT
9月23日(日・祝) 大阪・Zepp Osaka Bayside
9月24日(月・祝) 愛知・Zepp Nagoya
9月28日(金) 東京・Zepp Tokyo
9月29日(土) 東京・Zepp Tokyo
3月17日(日) 北海道・Zepp Sapporo ※振替公演
<チケット>
前売り¥5,800(税込) ※マル秘新曲CD付 ※D代別

チャリティCD「北海道胆振東部地震チャリティCD」

『カオスの百年TOUR 2018』9月15日(土)仙台PIT公演より各会場にて販売



¥1,000(税込)

※ 2018年5月27日(日)日比谷野外大音楽堂で行われた公演のライブ音源4曲を収録。
※ 売上金額は全て北海道胆振東部地震の為に使用いたします。
※ ツアー後に売上金額を使用した内容はご報告いたします。



【関連リンク】
9mm、『カオスの百年TOUR』札幌公演振替日&チャリティCD販売決定
9mm Parabellum Bulletまとめ
驚きのダイレクトカッティングで録音されたリー・リトナーの『ジェントル・ソウツ』

【関連アーティスト】
9mm Parabellum Bullet
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 発表, チケット

驚きのダイレクトカッティングで録音されたリー・リトナーの『ジェントル・ソウツ』
Fri, 14 Sep 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

反体制の香りで若者の人気を集めたロックではあったが、70年代半ば過ぎにはレコード会社が巨大産業になり、大人が聴くための耳触りの良い音楽へと変わっていった。“ロック=大人の音楽”になろうとした時、反骨心を持った若者たちがパンクロックを生み出し、社会人になったかつてのロック少年たちはAORやフュージョン(初期はクロスオーバーと呼ばれた)を好んで聴いた。まぁ、現実には、こんなにはっきりと二分化されていたわけではないが、当時を知っている者にとっては当たらずとも遠からずだった。パンクロックのファンたちはフュージョンを毛嫌いしていたが、本作『ジェントル・ソウツ』のようなロックスピリットを感じさせるフュージョン作品があることを忘れてはいけない。なぜロックスピリットがあるのかって? それは本文を読んでいただきたい。

■SP盤からLP盤への進化

本作『ジェントル・ソウツ』はダイレクトカッティング録音である。このアルバムがリリースされた当時、最高の音質ということで大きな話題となった。そうはいっても、それは1977年の話であって、デジタル録音やハイレゾ音源すら登場している現在、最高の音質といっても、たかがしれているのは事実である。しかし、このダイレクトカッティングは単に音質だけが問題ではなく、実は恐るべき録音方法なのである。

アナログ時代のレコーディングはマスターテープと呼ばれる磁気テープに演奏を録音し、それをレコードにコピーしていたわけだが、この方法では磁気テープの弱点であるヒスノイズという雑音が、程度の差はあるが必ず残ってしまっていた。これはデジタル録音になるまでレコード業界の悩みの種であった。とはいっても、安い再生装置でポピュラー音楽を聴く場合はヒスノイズは気にならない。高価な装置でクラシックやジャズを聴く場合に問題になる程度で、お金の持ってないロックファンには関係のない話であったかもしれない。

そもそもSP盤の時代(100年ちょっとぐらい前の話…)は、演者が集音器(マイク)の前に立って演奏(もしくは喋る)するのをマスター盤に書き込むというシステムであった。SP盤は収録時間が3〜5分程度なので、ポピュラー音楽のアーティストは1曲ずつライヴレコーディングしていたと考えておけばよいだろう。これがダイレクトカッティングの仕組みである。ところが、1940年代にLP(Long Play)盤が登場する。片面に20分程度の録音が可能となり、録音技術も大幅に良くなった。マルチトラック録音やテープ編集の技術はどんどん進み、70年代には飛躍的に音質が向上、優れた再生装置も安価になり、ロックファンにも音質にこだわったリスナーが大幅に増えた。

■恐るべき70sの ダイレクトカッティング録音

もう一度言うが、本作『ジェントル・ソウツ』は70年代に行われたダイレクトカッティング録音である。片面20分程度の生演奏による録音が必要で、マスター盤は高価なのでレコーディングの失敗は許されない。通常、ライヴ盤はそうじゃないかと言う人がいるかも知れないが、実はどんなライヴ盤でもほとんどに編集作業が加えられているし、あとからスタジオ録音したものを編集でライヴ演奏に重ねている場合も少なくない。70年代はそれができるぐらいのレコーディング技術があったのだ。

ところが、70sのダイレクトカッティングは20分におよぶ生演奏で、テープに加工はできない。片面5曲収録であるなら、曲間の無音部分も含めて生演奏なのである。片面の収録が終わるまで、ミュージシャンたちは連続してミスのない演奏を強いられる。ミキサーもまた演奏を聴きながら卓をコントロールするわけで、演奏だけでなくエンジニアも含め全てが完璧なレコーディングを要求されるのだ。このレコーディング方法はミスをすれば台なしになってしまうのは当然だが、成功すればスタジオの緊張感までもがリスナーに伝わるという大きなメリットがある。ただ、繰り返しになるが、演奏を直接書き込む高価なマスター盤の無駄遣いになる可能性のほうが高いので、当然のことながらダイレクトカッティングで録音されたレコードは、これまでほんのひと握りしかない。

他にも、ダイレクトカッティングのデメリットはある。それは、マスター盤を使ってLPをプレスする際、3万枚ほどコピーすると磨耗してしまって使えなくなるのだ。要するに、これほどコスパの悪い商品はないのである。

■本作『ジェントル・ソウツ』について

フュージョンブームの真っ只中にあって、本作のダイレクトカッティングの試み(日本制作)は無謀ではあったが、リー・リトナーをはじめ、キーボードのデイブ・グルーシンとパトリース・ラッシェン、ベースのアンソニー・ジャクソン、ドラムのハーヴィ・メイソン、サックスのアーニー・ワッツ、パーカッションのスティーブ・フォアマン、フュージョン界を代表するこの7名は、まさに本作で緊張感にあふれる完璧な演奏を残した。

パンクロックを聴くには歳を取りすぎていた当時の青年たちは、AOR化した緩いロックを仕方なく聴いていたのだが、本作のような骨のあるフュージョンに出会って、昔どっぷり浸かって聴いていたレッド・ツェッペリン、クリーム、オールマン・ブラザーズなどに似た高揚感を覚えたのである。特にリー・リトナーのバカテクのギタープレイはロックファンを痺れさせ、人気を二分していたラリー・カールトンのプレイと同様、日本で一大センセーションを巻き起こしたのである。

収録曲は6曲(A面3曲、B面3曲)…ということは、20分のライヴセッションを2回やったということだ。もちろん一切編集はされておらず(というか前述したようにダイレクトカッティング録音は編集できない)、これだけのスリリングかつ超絶テクニックが聴けるということで、同年の来日公演(確か、六本木のピットイン)には多くの人が詰めかけ、彼らは日本のフュージョンブームを支える中心的な存在となった。70年代後半当時、大学の軽音ではどこでも、その多くが本作をコピーしようと日夜苦労していたものである。

このグループのプレーヤーは、誰もが(キーボードのパトリース・ラッシェンを除いて)数多くのセッションをこなしていた優れたスタジオミュージシャン集団であり、楽器を学ぶアマチュアミュージシャンにとっては、このグループの全員が“神”的な存在のアーティストたちなのであった。パトリース・ラッシェンはこの時まだ23歳、若くして神童と騒がれ、後にディスコ音楽の分野で大ヒットを連発する。ポピュラーからジャズまで何でもできる卓越したキーボード奏者である。

ドラムのハーヴィ・メイソンはハービー・ハンコックのヘッド・ハンターズで頭角を表し、ジョージ・ベンソンやキャロル・キングのアルバムにも参加している。タイトな16ビートを叩かせたら右に出る者はいない。バーナード・パーディーと並ぶ伝説の名手である。

ベースのアンソニー・ジャクソンも本作の録音時はまだ25歳で、若手ながらバカテクのメロディアスかつ重厚なプレイを聴かせている。

サックスのアーニー・ワッツとパーカッションのスティーブ・フォアマンの二人はフュージョンだけでなく、ウエストコーストロック作品にも数多く登場し、どちらも西海岸らしいカラッと乾いた音で勝負する売れっ子スタジオミュージシャン。

ジェントル・ソウツを率いるのはデイブ・グルーシンとリー・リトナーのふたり。グルーシンはもともとは映画音楽畑の人で、1967年にダスティン・ホフマン主演映画『卒業』のサントラでグラミー賞を獲得しているほどで、他のメンバーとは格が違うのだが、若いメンバーとともに新しい音楽に挑戦する姿はチャレンジャーそのものだと言えるだろう。リー・リトナーも当時25歳、大学時代からグルーシンと一緒に活動、デビュー時からジャズでもロックでもないまさにフュージョンギタリストとしてプレイをしていた。日本ではラリー・カールトンとともに大人気で、カールトンがロックやカントリーなど多くのセッション活動をこなしているのに対して、リトナーは自身のグループでの活動が多いのが特徴だ。本作でのリトナーのギターは恐ろしいぐらいのドライブ感で、やはり本作が彼を代表するアルバムと言えるだろう。

収められた曲は、グルーシン作のフュージョン界を代表する名曲「キャプテン・カリブ」をはじめ、リトナーの代名詞とも言える曲で何度も録音している「キャプテン・フィンガーズ」、ロバータ・フラックやマリーナ・ショウでお馴染みのニューソウルの名曲「愛のためいき」など名演ばかりで、一発録りにもかかわらずメンバー全員が攻めに徹しているのは壮絶だ。

■『ジェントル・ソウツ』テイク2

ダイレクトカッティングなのに、本作がなぜCD化できたのかという疑問がわいてくると思う。マスター盤は3万枚程度プレスすると劣化して使えなくなるから、普通ならマスターが残ってないはず…。答えは、ダイレクトカッティング録音と並行して磁気テープ(2トラック)にも録音されていたから。ちなみに、本作が好セールスだったため、もう一度『ジェントル・ソウツ』が録音されリリースされたのだが、ジャケットも同じであったから当時は同じ作品だと思っていた人(僕も含め)が多かったと思う。ところが、実はダイレクトカッティングで新たに録音されているので、曲順は同じでも違うセッション(似てはいるが、かなり違う)であったのだ。僕は本作がCD化されたあとで『ジェントル・ソウツ・テイク2』がリリースされた時に、この事実を初めて知った。テイク2が収められたCDは現在入手困難であるが、両方を聴くと改めて彼らのすごさが分かるので、機会があれば聴き比べてみてほしい。

僕は当時たくさんリリースされたフュージョン作品の中で、好きなアルバムは少ないのだが、少なくとも本作はロックスピリットにあふれた名盤だと思う。

TEXT:河崎直人

アルバム『GENTLE THOUGHTS』

1977年発表作品



<収録曲>
01. キャプテン・カリブ〜ゲッタウェイ/CAPTAIN CARIBE
02. シャンソン/CHANSON
03. 瞑想/MEISO
04. キャプテン・フィンガーズ/CAPTAIN FINGERS
05. 愛のためいき/FEEL LIKE MAKIN\' LOVE
06. ジェントル・ソウツ/GENTLE THOUGHTS



【関連リンク】
驚きのダイレクトカッティングで録音されたリー・リトナーの『ジェントル・ソウツ』
Lee Ritenour & His Gentle Thoughtsまとめ
Lee Ritenourまとめ
欅坂46、「サイレントマジョリティー」の聖地に“渋谷ストリーム”が誕生

【関連アーティスト】
Lee Ritenour & His Gentle Thoughts, Lee Ritenour
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, アルバム

欅坂46、「サイレントマジョリティー」の聖地に“渋谷ストリーム”が誕生
Fri, 14 Sep 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

欅坂46がデビューシングル「サイレントマジョリティー」のジャケット写真とMusic Videoを撮影した渋谷の“聖地”に凱旋した。「サイレントマジョリティー」のMusic Videoを撮影した工事現場(東急東横線旧渋谷駅ホーム・線路跡地など)が9月13日(木)に渋谷ストリームとして開業し、渋谷川まちびらきと渋谷ストリームの開業を記念したテープカットにキャプテンの菅井友香も参加。オープニングセレモニーに華を添えた。

さらに、同施設内にある渋谷ストリーム ホールのこけら落とし公演も欅坂46が担当した。こけら落とし公演では、ライブパートの前に「サイレントマジョリティー」とこの2年間を振り返る映像が上映され、その後「サイレントマジョリティー」、同じく1stシングルに収録されている「手を繋いで帰ろうか」、そして最新シングルの「アンビバレント」を披露した。キャパ500人の超プレミアムで至近距離でのライブで観客は大熱狂のうちに終わった。同ホールでは9月14日(金)から9月17日(月・祝)まで、映像の上映と衣装や当時の写真が展示される。

デビューから約2年半が経ち、大きく成長して出発の地に舞い戻った欅坂46。移り変わっていく渋谷の景色と彼女たちの成長に想いをはせながら改めて欅坂46のデビューシングルを堪能するのもいいかもしれない。



【関連リンク】
欅坂46、「サイレントマジョリティー」の聖地に“渋谷ストリーム”が誕生
欅坂46まとめ
Saucy Dog、ワンマンツアーのライブ音源2曲を配信開始

【関連アーティスト】
欅坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース

Saucy Dog、ワンマンツアーのライブ音源2曲を配信開始
Fri, 14 Sep 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Saucy Dogが7月11日(水)に渋谷WWWにて開催した『one-one tour 2018』ツアーファイナル公演のライブ音源「ロケット」「世界の果て」の2曲が9月14日(金)より配信開始された。初めてのワンマンツアーのファイナル公演となった渋谷WWWでの緊張感とライブ感が伝わる作品となっている。収録曲の「ロケット」は、Saucy Dogの初期曲で廃盤になった音源に収録されていた楽曲。さらに「世界の果て」は、アコースティックセットで演奏されたバージョンで収録されている。

なお、2018年秋から開催される『ワンダフルツアー2018』のワンマン公演のチケット一般発売が、9月15日(金)10:00よりスタートする。

ライブ音源配信『one-one tour 2018” Live at Shibuya WWW 07.11』

配信中



<配信楽曲>
・ロケット(Live at Shibuya WWW 2018.07.11)
・世界の果て(Live at Shibuya WWW 2018.07.11)
<対象サイト>
iTunes、レコチョク、Amazon Music、mora、LINE MUSIC、Google Play Music、music.jp、dwango、mu-mo、アーティスト公式サウンド、TSUTAYA 音楽配信

■購入はこちら:https://SaucyDog.lnk.to/one-one

全国ツアー『ワンダフルツアー2018』

11月08日(木) 東京・恵比寿LIQUIDROOM
11月12日(月) 福岡・福岡 BEAT STATION
11月14日(水) 広島・広島 SECOND CRUTCH
11月15日(木) 香川・高松 DIME
11月22日(木) 新潟・新潟 GOLDEN PIGS RED
11月25日(日) 宮城・仙台 MACANA
12月02日(日) 北海道・札幌KRAPS HALL
12月05日(水) 愛知・名古屋QUATTRO
12月06日(木) 大阪・梅田QUATTRO
12月14日(金) 東京・赤坂BLITZ
<チケット>
■一般発売:9月15日(土)10:00



【関連リンク】
Saucy Dog、ワンマンツアーのライブ音源2曲を配信開始
Saucy Dogまとめ
チャットモンチー、ラスト作となる3タイトルのジャケット写真&収録内容公開

【関連アーティスト】
Saucy Dog
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 発表, 配信, 音楽配信

チャットモンチー、ラスト作となる3タイトルのジャケット写真&収録内容公開
Fri, 14 Sep 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7月をもってバンドとしての活動を「完結」させたチャットモンチー。最後のライブとなった地元徳島で自身が開催したフェス『チャットモンチーの徳島こなそんそんフェス2018 〜みな、おいでなしてよ!〜』では親交の深い数多くのミュージシャンやお笑い芸人、そして日本各地から彼女たちの最後の勇姿を見ようと駆けつけた多くのファンが集う非常に温かな公演となったことも記憶に新しい。現在では“チャットモンチー(済)”としてマイペースに個人活動中だが、10月と11月にリリースされるチャットモンチーとしては最後の商品となる3タイトルのジャケットが公開された。

まずは7月4日に日本武道館で行われたラストワンマン公演『CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE 〜I Love CHATMONCHY〜』。早くも伝説となりつつあるこちらの公演だが、改めて当日演奏された楽曲全てが収録されることも発表された。プレミアムチケットとなった公演だけに、当日運良く会場に足を運べたファンはもちろん、ライブ・ビューイングでの参加、もしくは会場に来れなかったファンにとっては待望の作品化に他ならない。付属のフォトブックと伝説の一夜を改めて体験しよう!

そして10月31日にリリースされる13年間のキャリアを網羅するオールタイムとなる音源ベスト『BEST MONCHY 1 -Listening-』。こちらの完全生産限定盤に収録される特典CD収録曲の内容も公開された。リミックスとレア楽曲で構成された15曲。初CD化音源もあるだけに、これは聞き逃がせない。さらに豪華ブックレット(100ページを予定)も付属するなど、まさに永久保存版としての価値がある仕上がりになっている。

さらに音源ベストと同時リリース予定だった映像ベスト『BEST MONCHY 2 -Viewing-』は発売日が11月23日に変更されることが発表された。11月23日といえば、チャットファンにはお馴染みの彼女たちのメジャーデビュー日でもありメモリアルなリリースになることも間違いないだろう。チャットモンチーとしてのこちらの作品については、13年間のキャリアを網羅するオールタイム映像ベストとなっており、フル・ヴァージョンが存在する全ミュージック・ビデオと、時代別のLive映像ベスト選集を全曲リマスタリングで収録する。こちらも豪華ブックレット(80ページを予定)が付属する。

『CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE 〜I Love CHATMONCHY〜』、『BEST MONCHY 1 -Listening-』、『BEST MONCHY 2 -Viewing-』とチャットモンチーのエバーグリーンな魅力がこれでもかと堪能できる3作品。パッケージ作品ならでは仕様の素晴らしさも含め、発売を是非お楽しみに。

DVD&Blu-ray『CHATMONCHY LAST ONEMAN LIVE 〜I Love CHATMONCHY〜』

2018年10月24日発売



【DVD】
KSBL-6325/¥4,800+税
<収録曲>
■DVD・Blu-ray共通
[第一部]
01.Opening〜CHATMONCHY MECHA
02.たったさっきから3000年までの話
03.the key
04.裸足の街のスター
05.砂鉄
06.クッキング・ララ feat. DJみそしるとMCごはん
07.MC
08.惚たる蛍
09.染まるよ
10.チャットモンチー 2005〜2018 ヒストリー映像
[第二部]
11.majority blues
12.ウィークエンドのまぼろし
13.例えば、
14.MC
15.東京ハチミツオーケストラ
16.さよならGood bye
17.どなる、でんわ、どしゃぶり
18.Last Love Letter
19.真夜中遊園地
20.ハナノユメ
<Encore>
21.Encore
22.シャングリラ
23.風吹けば恋
24.MC
25.サラバ青春
26.Ending



【Blu-ray】
KSXL-271/¥5,300+税


アルバム『BEST MONCHY 1 -Listening-』

2018年10月31日発売



【完全生産限定盤】(3CD+Book)
※仕様:Disc3 Remixies&Rare Tracks付属
※三方背ケース入りトールサイズ商品+豪華ブックレット
KSCL-30067〜30070/¥3,700+税
【期間生産限定盤】(2CD+Book)
※仕様:三方背ケース入りトールサイズ商品+豪華ブックレット
KSCL-30071〜30073/¥3,200+税
<収録曲>
■Disc1 CD[2005-2011]
01.ハナノユメ
02.サラバ青春
03.恋の煙
04.恋愛スピリッツ
05.東京ハチミツオーケストラ
06.シャングリラ
07.女子たちに明日はない
08.バスロマンス
09.とび魚のバタフライ
10.世界が終わる夜に
11.橙
12.親知らず
13.ヒラヒラヒラク秘密ノ扉
14.風吹けば恋
15.染まるよ
16.Last Love Letter
17.8cmのピンヒール
18.ここだけの話
19.バースデーケーキの上を歩いて帰った
■Disc2 CD[2012-2018]
01.満月に吠えろ
02.テルマエ・ロマン
03.ハテナ
04.きらきらひかれ
05.コンビニエンスハネムーン
06.変身
07.こころとあたま
08.いたちごっこ
09.ときめき
10.隣の女
11.きみがその気なら
12.majority blues
13.消えない星
14.Magical Fiction
15.I Laugh You
16.たったさっきから3000年までの話
■Disc3 Remixies&Rare Tracks ※初回生産限定盤のみ
01.Shangrila (Takkyu Ishino Remix)
02.あいまいな感情 (Dub Mix)
03.変身 (GLIDER MIX) by group_inou
04.Last Love Letter (Koji Nakamura Remix)
05.やさしさ -s?b remix-
06.砂鉄 (golmol Remix)
07.恋の煙 (同期ver.) with 小出祐介 (Base Ball Bear)
08.お調子者
09.マイネオムーン イズ ヒア
10.夢心地
11.BETSUBARA
12.息子 (Cover)
13.かわいいひと (Cover)
14.きっきょん
15.とまらん

※通常盤の発売に関しては後日発表。

DVD&Blu-ray『BEST MONCHY 2 -Viewing-』

2018年11月23日発売



【完全生産限定盤】(4DVD+Book)
※仕様:三方背ケース入りトールサイズ商品+豪華ブックレット
KSBL-6317〜6321/¥5,000+税
<収録曲>
■Disc1 DVD Music Video [2005-2011]
01.ハナノユメ
02.恋の煙
03.恋愛スヒ?リッツ
04.シャンク?リラ
05.女子たちに明日はない
06.とひ?魚のハ?タフライ
07.世界が終わる夜に
08.橙
09.ヒラヒラヒラク秘密ノ扉
10.風吹けは?恋
11.染まるよ
12.Last Love Letter
13.バスロマンス
14.春夏秋
15.three sheep
16.ここだけの話
17.バースデーケーキの上を歩いて帰った
■Disc2 DVD Music Video[2012-2018]
01.満月に吠えろ
02.テルマエ・ロマン
03.ハテナ
04.きらきらひかれ
05.コンヒ?ニエンスハネムーン
06.こころとあたま
07.いたちこ?っこ
08.ときめき
09.隣の女
10.きみがその気なら
11.majority blues
12.消えない星
13.Magical Fiction
14.たったさっきから3000年までの話
■Disc3 DVD Live [2005-2011]
調整中
■Disc4 DVD Live [2012-2018]
調整中

【完全生産限定盤】(2Blu-ray+Book)
※仕様:三方背ケース入りトールサイズ商品+豪華ブックレット
KSXL-265〜267/¥5,500+税
<収録曲>
■Disc1 Blu-ray Music Video [2005-2018]
01.ハナノユメ
02.恋の煙
03.恋愛スヒ?リッツ
04.シャンク?リラ
05.女子たちに明日はない
06.とひ?魚のハ?タフライ
07.世界が終わる夜に
08.橙
09.ヒラヒラヒラク秘密ノ扉
10.風吹けは?恋
11.染まるよ
12.Last Love Letter
13.バスロマンス
14.春夏秋
15.three sheep
16.ここだけの話
17.バースデーケーキの上を歩いて帰った
18.満月に吠えろ
19.テルマエ・ロマン
20.ハテナ
21.きらきらひかれ
22.コンヒ?ニエンスハネムーン
23.こころとあたま
24.いたちこ?っこ
25.ときめき
26.隣の女
27.きみがその気なら
29.majority blues
29.消えない星
30.Magical Fiction
31.たったさっきから3000年までの話
■Disc2 Blu-ray Live [2005-2018]
調整中
※通常盤の発売に関しては後日発表。



【関連リンク】
チャットモンチー、ラスト作となる3タイトルのジャケット写真&収録内容公開
チャットモンチーまとめ
小坂 忠、アルハ?ム『ほうろう』を再現するフ?レミアムコンサートを開催

【関連アーティスト】
チャットモンチー
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray, アルバム, 発表, 発売

小坂 忠、アルハ?ム『ほうろう』を再現するフ?レミアムコンサートを開催
Fri, 14 Sep 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

音楽プロデューサー・武部聡志が選ぶ“100年後も聴き続けてほしい名アルバム”を、その音楽のDNAを受け継ぐアーティストが1曲目から全て再現する一夜限りのコンサート『新日本製薬 presents SONGS&FRIENDS』が、11月26日(月)東京国際フォーラム ホールAにて開催されることが決定した。

今回、待望の第2弾としてフィーチャーするアルバムは、1975年に発売された小坂 忠の名盤『ほうろう』。数多くの音楽ファンやミュージシャンに今も強く愛される小坂 忠にルーツを持つ、様々な世代のアーティストが代わる代わるパフォーマンスを披露する。さらに、日本ポップス界のレジェンド、ティン・パン・アレーから、当時のレコーディングメンバーも参加! 名盤が再び蘇る豪華な一夜となるので、ぜひ期待してほしい。

■【コメント】

■小坂 忠
「『HORO』は僕が初めてボーカリストとしてのスタイルを見つけられた作品で、
シンガーとしての音楽活動の出発点になりました。あのアルバムを作った1970年代の初めは、それまでの音楽界にはいなかったタイプの、
すごいミュージシャンがたくさん誕生して、それぞれの個性を発揮して、お互いを認め合って作品を作り上げました。
今回のライブにもすばらしいミュージシャンが参加してくれてすごくうれしい。みんなで一緒に歌おうよ、という感じのライブにしたいですね」

■武部聡志
「荒井由実『ひこうき雲』に続く、SONGS&FRIENDS第2弾は、小坂忠『ほうろう』です。
このアルバムが発売された1975年、当時18歳だった僕は、それまでになかった斬新なサウンド、そして忠さんのボーカルに衝撃を受け、
プロミュージシャンの道を目指した事を今でも鮮明に覚えています。
このアルバムが、後に世に出るジャパニーズソウル、R&Bの礎になった事は疑う余地がありません。
今回、当時レコーディングに参加し、日本の音楽シーンを変えていった名うてのミュージシャン、そして忠さんにゆかりのあるアーティスト、
更に彼らの遺伝子を受け継いでいる音楽家が集い、一夜限りのセッションが行われます。
きっと音楽や仲間の素晴らしさ、大切さを体感できる、最高のライヴになることでしょう」

『新日本製薬 presents SONGS&FRIENDS』

11月26日(月) 東京国際フォーラム ホールA
<出演>
小坂忠
尾崎亜美、さかいゆう、高橋幸宏、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、Char、
槇原敬之、矢野顕子 ※五十音順 ほか
鈴木茂、林立夫、松任谷正隆 (from ティン・パン・アレー)
追加アーティスト10月解禁予定!!
<チケット>
※全席指定・税込
・VIP席(お土産付)¥18,000
・S席¥10,800
・A席¥7,560
・学生席¥5,400

■コンサートオフィシャルHP https://www.wowow.co.jp/music/songsfriends/

アルバム『ほうろう』

1975年発表作品



<収録曲>
1.ほうろう
2.機関車
3.ボン・ボヤージ波止場
4.氷雨月のスケッチ
5.ゆうがたラブ
6.しらけちまうぜ
7.流星都市
8.つるべ糸
9.ふうらい坊

アルバム『HORO 2018 Special Live』

発売中



COCB-54264/¥3,200+税
<収録曲>
■CD
1.ほうろう
2.機関車
3.ボン・ボヤージ波止場
4.氷雨月のスケッチ
5.ゆうがたラブ
6.しらけちまうぜ
7.流星都市
8.つるべ糸
9.ふうらい坊
[アンコール]
10.上を向いて歩こう



【関連リンク】
小坂 忠、アルハ?ム『ほうろう』を再現するフ?レミアムコンサートを開催
小坂忠まとめ
Star T Rat、お茶目な一面が垣間見れる「ポジティブファイター」MV公開

【関連アーティスト】
小坂忠
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, アルバム, 発表

Star T Rat、お茶目な一面が垣間見れる「ポジティブファイター」MV公開
Fri, 14 Sep 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大阪・名古屋を中心に活動する幼馴染3人組ボーカルグループStar T Rat(スタートラット)が9月26日(水)にリリースする2nd Maxiシングル「ポジティブファイター」のMUSIC VIDEOを公開した。

今回のMVはメンバーが様々なシチュエーションでの撮影にチャレンジし、普段のライブでは見れないお茶目なスタトラが垣間見れる仕上がりに!

同シングルのリリースに伴い、9月30日(土)に名古屋CLUB-SARUでのワンマンライブも決定しているので、MVを観て興味を持ったらぜひ足を運んでほしい。

■【メンバー コメント】

<MUSIC VIDEOについて>
■RIKI
「ポジティブファイター」!!ズバリ!!!
これ見て元気になってください!って感じのMVに仕上がりました!!(笑)
大変だったのは、髪型ですね!(笑)
6パターンのシチュエーションをスタトラ3人自身が演じる部分があったんですが、
その度に髪型を変えるというのを、一日でやりきったので、そこは大変でしたね(笑)
皆さん!!!
画面越しに僕らに会いに来てくださいね!!
目指せ!100万再生!
それいけ!ポジティブファイター!!!

<ワンマンLIVEについて>
■TAKUMI
今回のワンマンライブはズバリ「ポジティブ!!」
会場に足を運んでくれた皆さんがポジティブに笑顔になれるような構成が盛り沢山!
僕達自身も久しぶりのワンマンライブ、
多くの関係者様のご協力の元実現出来たので
いつも気合い入ってるんですけど、いつも以上に気合が入ってます(笑)
君は当日、ポジティブファイターの勇姿を目のあたりにするだろう!!

■ほっつん
ワンマンで気を付けてる事は自分達がどれだけ楽しめるかです!
その姿を見て皆も楽しんでもらえると僕は思っていて、
やっぱり笑顔は笑顔を呼ぶので!(笑)
だから久しぶりの名古屋でのワンマン凄い楽しみなんです!!笑
そして今回のsingle「ポジティブファイター」は最高に楽しめる曲になってるので是非手に取って下さい!
ワンマンは一緒にアホになって最高に笑っていこう!!!

シングル「ポジティブファイター」

2018年9月26日発売



NKCD-010/¥1,200(税込)


【ライブ/イベント情報】

■ワンマンライブ
9月30日(土) 愛知・名古屋CLUB-SARU
OPEN/START 16:30/17:30
入場料:¥2,500(別途D代 ¥500)
チケット取り扱い:ぴあ
https://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1838256

■イベント
『BRUSH UP TV』
9月27日(木) 大阪・TSUTAYA EBISUBASHI
OPEN/START 19:30/20:00
入場料:¥1,000

『「ポジティブファイター」名古屋インストアイベント』
9月29日(金) 愛知・イオンモールナゴヤドーム前
OPEN/START 11:00〜(予定)
入場料:無料

『「肉とビール2018」フードフェス!!』
10月07日(日) 大阪・うめきた2期区域内うめきたサザンパーク(グランフロント大阪西側)
OPEN/START 11:00〜21:00
入場料:無料



【関連リンク】
Star T Rat、お茶目な一面が垣間見れる「ポジティブファイター」MV公開
Star T Ratまとめ
山崎エリイ、2ndアルバム『夜明けのシンデレラ』リリース決定

【関連アーティスト】
Star T Rat
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, シングル

山崎エリイ、2ndアルバム『夜明けのシンデレラ』リリース決定
Fri, 14 Sep 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

声優・歌手として活動中の山崎エリイが、11月21日(水)に2ndアルバム『夜明けのシンデレラ』をリリースすることが明らかになった。これは、自身がパーソナリティを担当している文化放送・超!A&G+『山崎エリイのザキャッチ』の番組の中で本人の口より発表されたもの。

約2年ぶりのリリースとなるアルバム『夜明けのシンデレラ』は、シングル「十代交響曲」や「Starlight」「Steady」ほか、全10曲を収録。初回限定盤付属のDVDにはアルバムリード曲「a little little thing」のミュージックビデオやメイキング映像が収録される。

なお、12月23日(日)に東京・AiiA theaterで開催されるライブのタイトルも『山崎エリイ SPECIAL LIVE〜夜明けのシンデレラ〜』に決定。本ライブのチケット先行申し込みがオフィシャルファンクラブ『Cherii▽』にて9月14日(金)18時よりスタートする。2ndアルバムの楽曲も歌唱予定とのことなので、この機会にぜひチケットを申し込もう。

※▽は白抜きハートになります

アルバム『夜明けのシンデレラ』

2018年11月21日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
COZX-1491〜2/¥3,800+税
【通常盤】(CD)
COCX-40578/¥3,000+税

<収録曲>
■CD
1. a little little thing
2. Vivid my world
3. 十代交響曲
4. Flowery Dance
5. 未完成のキャンバス
6. Starlight
7. My Twilight
8. Steady
9. シンデレラの朝
10. ラズベリー・パーク
■DVD
「a little little thing」ミュージックビデオ+メイキング映像

『山崎エリイ SPECIAL LIVE〜夜明けのシンデレラ〜 』

12月23日(日)  東京・AiiA theater
【昼の部】開場13:00 開演14:00
【夜の部】開場18:00 開演19:00

<チケット>
全席指定 ¥6,500(税込)
■昼の部
山崎エリイオフィシャルファンクラブ『Cherii▽』会員先行受付実施予定  
9月14日(金)18:00〜
■夜の部
山崎エリイオフィシャルファンクラブ『Cherii▽』会員先行受付実施予定
9月14日(金)18:00〜
※▽は白抜きハートになります
※その他、チケットの発売情報等詳細は後日発表となります



【関連リンク】
山崎エリイ、2ndアルバム『夜明けのシンデレラ』リリース決定
山崎エリイまとめ
Lynn、TVアニメ『となりの吸血鬼さん』RECレポート第3弾を公開

【関連アーティスト】
山崎エリイ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, アルバム

Lynn、TVアニメ『となりの吸血鬼さん』RECレポート第3弾を公開
Fri, 14 Sep 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10月より放送スタートとなるTVアニメ『となりの吸血鬼さん』より、夏木ひなたとしてOP&ED主題歌を歌唱するLynnのレコーディングレポートが公開された。さらに10月31日発売の主題歌シングル「†吸tie Ladies† / HAPPY!!ストレンジフレンズ」のジャケット写真も解禁!

毎月27日発売の『月刊コミックキューン』にて好評連載中の『となりの吸血鬼さん』は、10月よりTVアニメ放送が開始。そのOP&ED主題歌にはソフィー・トワイライト(CV:富田美憂)、天野灯(CV:篠原侑)、夏木ひなた(CV:Lynn)、エリー(CV:和氣あず未)の4名が担当することが発表されている。まずはレポートをチェックの上、アニメの放送と楽曲のリリースを楽しみに待っていてほしい。

■【レコーディングレポート第3弾 Lynn(夏木ひなた 役)】

ーー演じている夏木ひなたは、どんな子ですか?
Lynn:ひなたは天野灯の昔からの親友で、灯のことが大好きなんです。灯をアイドルとか天使くらいに思っていて愛でまくっている。ただ、それをあまり表には出さずに隠しているところもあって、一見すると少年っぽいサバサバした子のように見えるんですけど、内面はすごく乙女な女の子かなぁと思います。

ーーソフィーと灯の仲の良さに嫉妬したりもしますからね。Lynnさんとしては、元気な声を出している感じですか?
Lynn:私にしたら若めです(笑)。ソフィーと灯に対してのツッコミ役みたいなところもあるので、そこはするどめに行ったりとか、心の声はぼそっと低いところで言ってみたりとか。いろいろとコミカルに、その振り幅を自分でも楽しみながら演じていますね。

ーー現場はどうですか?
Lynn:みんなすごくキャラクターが濃い印象があります。初めてご一緒する方や、あまり共演したことがない方もいらっしゃるので、まだ様子を見ているところなんですけど(笑)。

ーーOPとEDを主要キャストの4人で歌うことになりました。それを聞いたときの感想はありますか?
Lynn:私、こういうかわいらしくて、キラッとふわっとしている作品に、これまであまりご縁がなかったんです(笑)。声質も、ギリギリひなたのボーイッシュなラインでいけるのかな?くらいなので、もう諦めかけていた作品ジャンルなんですね。なので、今回出演できること自体がとっても驚きでしたし、嬉しかったんです。だからOPとEDをユニットで歌うことになったときは「やった!」という思いと、この作風に合ったかわいらしい歌が私に歌えるのだろうか?という不安もありました。

ーー今日のED曲の収録も、そのかわいさに合わせるのが大変そうでしたね。
Lynn:どちらの曲も一番手の収録ではなかったので、他の方のを聴いて、イメージを掴んでレコーディングをしました。OPの「†吸tie Ladies†」は、ひなたの元気なところやボーイッシュさを出して歌おうかということになったので、結構ノリノリで楽しく歌わせていただいたんです。自分的にも歌っているときは楽しかったですし、最後に自分の歌を聴かせていただいたときも意外といい感じで、OPらしくかわいらしい感じになっているのではなかろうかと思ったんですけど、EDの「HAPPY!!ストレンジフレンズ」はめちゃくちゃ苦戦しました(苦笑)。これまで歌ったキャラソンの中で一番苦戦したかも…。

ーー声を張らない歌ですからね。
Lynn:私、そもそもアタックが強い歌い方をしていて、言葉を立てたりとか切ったりする歌い方をしがちなんです。だから優しくとか、なめらかに歌うというのがもともと苦手だったんですね。しかも今回はそれに加え、かわいらしさとか年齢感、ひなた感を意識しなければならなかったので、そのバランスがとても難しくて……。言われていることはわかっていても、喉が思うように反応してくれなかったです……。

ーーでも、その分あまり聴いたことがない、Lynnさんの歌声にはなっていたと思います。
Lynn:そうですね。今までのどのキャラソンの声とも違う感じになっているかも。最初、ED曲のデモをいただいたときに「結構高めですけど大丈夫ですか?」と聞かれたんですけど、「このままで素敵な雰囲気の曲なので、このまま歌いたいので頑張ります」と言ったものの、家で練習をしながら泣きそうでした(笑)。

ーーでは、それぞれの曲の良さについてはいかがですか? 好きなところなどはありますか?
Lynn:軽やかでリズミカルで、OPとEDどっちも好きです。OPの「†吸tie Ladies†」は、最初に〈(Chu!Chu!Chu!)〉ってあるんですけど、そのあとに〈吸っちゃうぞ〉って言ってるから吸ってるんでしょうけど、私としては違うChu!のニュアンスを想像してやっていました(笑)。あと2Aの、〈さあ午前二時をまわりました 寝てる人誰ですか?〉は、結構ニュアンスを付けていて、ニヤリ感というか、ニシシみたいな雰囲気で歌ったので、結構好きで、楽しい部分です。

ーーEDの「HAPPY!!ストレンジフレンズ」はいかがですか?
Lynn:〈「おはよう」〉という歌詞があるんですけど、シチュエーション的には夜だとディレクションをいただいたので、パジャマパーティーみたいな感じを想像しました。小さな明かりでみんなでギュッとなってささやき合っているみたいなイメージもところどころ持ちながら歌いました。それと、“ストレンジフレンズ"とサラッと歌ってますけど結構面白いワードですよね…(笑)。あと、Dメロは、曲調もテンポ感も変わるし、春夏秋冬を歌っているところもあって、すごく好きです。

ーーDメロ最後の〈雪がキラキラ〉のニュアンスもこだわってましたね?
Lynn:最初にソフィーの歌を聴かせてもらったら、そこがすごくかわいかったので、それに合わせられたらいいなと思って歌いました。

ーーそのあとのサビの〈ときめくね〉のところもすごく良かったです。
Lynn:サビの終わりの部分はセリフっぽく切り替えてというところで、ちょっとひなた感を出せたし、気持ちも込めやすかったです。

ーーでは最後に、アニメを楽しみにしているファンの方にメッセージをお願いします。
Lynn:かわいらしくて、ゆったりまったりしていて、吸血鬼と人間の“ストレンジフレンズ"な話ですけど、これを見て癒やされてくれたら嬉しいです。夜に、しっとり見てくれてもいいのかなって思います。

(c)甘党・KADOKAWA/となりの吸血鬼さん製作委員会

シングル「†吸tie Ladies† / HAPPY!!ストレンジフレンズ」

2018年10月31日発売



COCC-17504/¥1,200+税
<収録曲>
1.†吸tie Ladies†
TVアニメ『となりの吸血鬼さん』オープニングテーマ
2. HAPPY!!ストレンジフレンズ
TVアニメ『となりの吸血鬼さん』エンディングテーマ
3.†吸tie Ladies†(オリジナル・カラオケ)
4. HAPPY!!ストレンジフレンズ(オリジナル・カラオケ)

TVアニメ『となりの吸血鬼さん』

2018年10月より放送開始!
<CAST>
ソフィー・トワイライト(CV:富田美憂)
天野灯(CV:篠原侑)
夏木ひなた(CV:Lynn)
エリー(CV:和氣あず未)
倉井朔夜(CV:日高里菜)
青木夕(CV:内田彩)
■アニメ公式HP http://kyuketsukisan-anime.com/



【関連リンク】
Lynn、TVアニメ『となりの吸血鬼さん』RECレポート第3弾を公開
Lynnまとめ

【関連アーティスト】
Lynn
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, 主題歌, エンディング, オープニング













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1