歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年08月31日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/09/09
2018/09/08
2018/09/07
2018/09/06
2018/09/05
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
PassCode、「Taking you out」が『musicるTV』9月度OP曲に決定
Fri, 31 Aug 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

PassCodeが9月12日(水)にリリースするニュー両A面シングル「Tonight / Taking you out」の「Taking you out」が、テレビ朝日系全国放送「musicるTV」9月度オープニングテーマに決定した。初回放送は9月3日(月)(※関東地区)で、「Taking you out」のMVがオンエアされる。

また、「Taking you out」のMVは、全世界累計ダウンロード6億5,000万を突破しているモバイルレースゲーム『アスファルト』シリーズ最新作『アスファルト9:Legends』とコラボレーションが決定している。

テレビ朝日系『musicるTV』

毎週月曜日25:26〜放送中
※放送地区により放送日時は異なりますので、詳しくは番組HPをご覧ください。
9月度エンディングテーマ:PassCode「Taking you out」
番組HP:http://www.music-ru.com/

シングル「Tonight / Taking you out」

2018年9月12日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UICZ-9103/¥3,241+税
<収録曲>
■CD
1.Tonight
2.Taking you out
■DVD
『PassCode presents VERSUS PASSCODE 2018 at BIGCAT』ライブ映像
01.Ray
02.ONE STEP BEYOND
03.Same to you
04.Toxic
05.rise in revolt
06.TRICKSTER
07.Scarlet night
08.Never Sleep Again
09.PARALLEL
10.bite the bullet
11.TRACE
12.Insanity
13.UNTILL THE DAWN
14.MISS UNLIMITED



【通常盤】(CD)
UICZ-5095/¥1,000+税
<収録曲>
1.Tonight
2.Taking you out

◎購入者特典:オリジナルB2ポスター
全国各地の応援店では、シングル「Tonight/Taking you out」初回盤もしくは通常盤をご予約・ご購入頂いた方に、先着で「オリジナルB2ポスター」をプレゼント。
応援店はオフィシャルHPにて後日発表。



【関連リンク】
PassCode、「Taking you out」が『musicるTV』9月度OP曲に決定
PassCodeまとめ
ROGUEの西山史晃(Ba)が11月に自主企画を開催

【関連アーティスト】
PassCode
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, シングル, 発表, 新曲, 音楽番組, オープニング

ROGUEの西山史晃(Ba)が11月に自主企画を開催
Fri, 31 Aug 2018 19:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ROGUEのベーシストである西山史晃が自主企画『Voyaking TOKYO 2018』を11月3日に代々木Zher the ZOOにて開催することを発表した。

出演バンドは、西山がボーカルもつとめ、ROGUEの香川誠(G)、深沢靖明(Dr)との3人で活動しているKNiFe(ナイフ)。現在不定期な活動を続けている彼らの東京でのライヴは昨年4月の新宿LOFT以来となる。そして、茂木たかし(Vo)、高橋裕巳(G)、 安部川”minzoku”右亮(Dr)、西山(Ba)からなる4人組ロックバンドのThe Spindle(スピンドル)、さらに西山がライブサポートしている女性ボーカリストのミューアがゲストで参加する。

この日は西山の55歳のバースデイにあたるので、彼のこれまでの音楽人生を感じるさせるような選曲に期待したい!

■【西山史晃 コメント】

「久しぶりの自主イベント!気心しれたメンバーで、でも普段とはちょっと変わった趣向で…お楽しみに(//∇//)」

■『Voyaking TOKYO 2018』

11月03日(土) Zher the ZOO YOYOGI
時間:OPEN 18:00/START 18:30
出演:KNiFe、The Spindle
GUEST:ミューア
<チケット>
前売 \4,000/当日 \4,500(+1DRINK \500)
前売チケット:9月9日〜
※代々木Zher the ZOO店頭、イープラス、ローソン、チケットぴあ 

■代々木Zher the ZOO オフィシャルHP
https://www.zherthezoo.com/   



【関連リンク】
ROGUEの西山史晃(Ba)が11月に自主企画を開催
ROGUEまとめ
ミューアまとめ
OAU、『New Acoustic Camp』公式テーマソング「MIDNIGHT SUN」のMVを公開

【関連アーティスト】
ROGUE, ミューア
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブ

OAU、『New Acoustic Camp』公式テーマソング「MIDNIGHT SUN」のMVを公開
Fri, 31 Aug 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月24日(金)に配信シングルとしてリリースされたOVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND(以下、OAU)による『New Acoustic Camp』公式テーマソング「MIDNIGHT SUN」のミュージックビデオが解禁された。

OAUが主催するキャンプフェス『New Acoustic Camp』の星空をイメージして作られた同ミュージックビデオ。撮影場所は当イベントの会場である水上高原リゾート200で行われ、監督は永戸知之が担当。超高輝度LEDを搭載した最新のドローンライティングのみで全編撮影された映像は、暗がりに佇む深緑を幻想的に映し出し、さらに水上の夜空に輝く満天の星々が圧巻の世界観を作り出している。そんな神秘的な暗闇の中でキラキラと響く「MIDNIGHT SUN」のアコースティックサウンドは、まさに、真夜中に浮かぶ光のように、心の中を優しく照らしてくれるだろう。

『New Acoustic Camp 2018』

9月15日(土) 水上高原リゾート 200
9月16日(日) 水上高原リゾート 200
<出演>
OAU / EGO-WRAPPIN\' /東京スカパラダイスオーケストラ/ MONOEYES / SPYAIR / ACIDMAN
RHYMESTER /フレデリック/ スガシカオ / 竹原ピストル/ハナレグミ/ NICO Touches the Walls / 崎山蒼志/ and more

配信シングル「MIDNIGHT SUN」

配信中



<配信情報>
■ダウンロード
・iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/artist/overground-acoustic-underground/122930871?l=ja&ls=1&app=itunes
・レコチョク
http://recochoku.jp/artist/2000009265/
・mora
http://mora.jp/artist/21057/all
・music.jp
http://music-book.jp/music/Artist/52692
・dwango
http://r.dwango.jp/8K43fqxE
・LINE MUSIC
https://lin.ee/2PuXRq1/lnms
・Google Play Music
http://play.google.com/store/music/artist?id=A57vaehd2hnc6uzsgxrtcxztmsa
・Amazonデジタルミュージックストア
https://www.amazon.co.jp/OVERGROUND-ACOUSTIC-UNDERGROUND/e/B002E3HOHS/digital/
■サブスクリプション
・Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/artist/overground-acoustic-underground/122930871
・AWA
https://mf.awa.fm/2Mpu3Cc
・Google Play Music
https://play.google.com/music/listen#/artist/A57vaehd2hnc6uzsgxrtcxztmsa
・KKBOX
https://www.kkbox.com/jp/ja/artist/qzujLZKjhM65JH0F0iJlx08K-index-1.html
・Spotify
http://open.spotify.com/artist/0G8nCniuunXiXxUFBMDlYa
・LINE MUSIC
https://lin.ee/2PuXRq1/lnms
・レコチョクBest
http://recochoku.com/best/oau/
・Amazon Music Unlimited
https://www.amazon.co.jp/OVERGROUND-ACOUSTIC-UNDERGROUND/e/B002E3HOHS/digital/



【関連リンク】
OAU、『New Acoustic Camp』公式テーマソング「MIDNIGHT SUN」のMVを公開
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUNDまとめ
ガガガSP主催『長田大行進曲2018』に四星球、セクマシ、Hump Backら出演決定

【関連アーティスト】
OVERGROUND ACOUSTIC UNDERGROUND
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表, 配信, 音楽配信

ガガガSP主催『長田大行進曲2018』に四星球、セクマシ、Hump Backら出演決定
Fri, 31 Aug 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ガガガSPが地元・神戸で開催する主催フェス『長田大行進曲2018』の全出演ラインナップが発表された。

最終発表されたのは長きにわたってガガガSPの盟友である、泣けるコミックバンド・四星球、ガガガSPと同じ神戸の強者ロックバンド・セックスマシーン、今注目される3ピースロックバンド・Hump Back、そして“お笑い界のミスターあらびき”と呼ばれ、ピン芸人日本一を決める『R-1グランプリ2016』のチャンピオンである、お笑い芸人の・ハリウッドザコシショウの4組だ。

ガガガSPメンバーのラブコールを受けたハリウッドザコシショウは、今回が初の音楽フェス登場。果たしてどんなパフォーマンスを見せるのか!? イベントタイムテーブルも近日公開とのことなのでぜひ楽しみにしていてほしい。夏の終わりの神戸で唯一無二の才能たちが一同に集う、混沌の野外フェスをお見逃しなく!

■『長田大行進曲2018』

9月29日(土) 兵庫・神戸空港島内 多目的広場 特設野外ステージ

<出演者>
■NAGATA・SUMAステージ(50音順)
藍坊主 / 175R / 打首獄門同好会 / SA / オメでたい頭でなにより / ガガガSP / かりゆし58
四星球 ※NEW / STANCE PUNKS / セックスマシーン ※NEW / 怒髪天
KNOCK OUT MONKEY / ハルカミライ / Hump Back ※NEW / ハリウッドザコシショウ ※NEW / POT

■ITAYADOステージ(50音順)
Theサード / 人性補欠 / THE SENSATIONS / 寺山リウジ / 花団 / THE FOREVER YOUNG / ヤングオオハラ / 流血ブリザード / LATLX

<チケット>
¥6,480(税込/整理番号なし)
※各プレイガイドにてチケット一般発売中!
・イープラス:http://eplus.jp/nagatafes2018/ (PC&モバイル)
・ローソンチケット:Lコード 55063(TEL 0570-084-005)
・チケットぴあ:Pコード 115-582(TEL 0570-02-9999)



【関連リンク】
ガガガSP主催『長田大行進曲2018』に四星球、セクマシ、Hump Backら出演決定
ガガガSPまとめ
四星球まとめ
セックスマシーンまとめ
Hump Backまとめ

【関連アーティスト】
ガガガSP, 四星球, セックスマシーン, Hump Back
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, 出演

Kis-My-Ft2、ニューシングル「君、僕。」のジャケット写真を公開
Fri, 31 Aug 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

初の5大ドームツアーを終えたKis-My-Ft2が、10月3日(水)にリリースするニューシングル「君、僕。」のジャケット写真をオフィシャルサイトにて解禁した。

今回のツアーでドーム会場を白一色のペンライトに染めたKis-My-Ft2。最新作「君、僕。」では、そんな白いキャンバスからメンバーそれぞれのカラーが溢れ出していくという展開になっている。“きっと7人の個性(色)が集まってこそ、美しく、そして大きな虹は生まれるはずだから―”そんなメッセージがジャケット写真のアートワークにも込められている。

「君、僕。」はデビュー7周年を迎え、7人グループとして今伝えたい想いも込められた王道POPのラブソング。実は、メンバー自身が楽曲解禁前に歌詞はメンバーカラーのフレーズがあり、その部分がソロパートになっていると発信しており、どんな歌詞なのかファンの間では注目されていたが、今回の通常盤ジャケット写真に描かれたイラストでその謎解きと想像ができるようにもなっている。さらなる話題へと拡散していきそうだ。

また、予約特典として初回盤A・初回盤B・通常盤の全3形態を予約の方に先着で『LIVE TOUR 2018 Yummy!!〜you&me〜 先得スペシャルMOVIE』が視聴できるシリアルナンバーとジャケットカード(メンバービジュアル)をプレゼント。詳しくは、各店舗・ECサイトを要チェックだ。

シングル「君、僕。」

2018年10月3日発売



【初回盤A】(CD+DVD)
AVCD-94185/B/¥1,600+税
<収録曲>
■CD
1.君、僕。
2.Rainy Days
■DVD
「君、僕。」MUSIC VIDEO
「君、僕。」MUSIC VIDEOメイキングドキュメント



【初回盤B】(CD+DVD)
AVCD-94186/B/¥1,600+税
<収録曲>
■CD
1.君、僕。
2.ソライロ
■DVD
『KIS-MY-PARTY』



【通常盤】(CD)
AVCD-94187/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
・君、僕。
・Your Life
・Still song for you
<bonus track>
KIS-MY-VOICE



【関連リンク】
Kis-My-Ft2、ニューシングル「君、僕。」のジャケット写真を公開
Kis-My-Ft2まとめ
G-FREAK FACTORY主宰の『山人音楽祭2018』、タイムテーブル発表

【関連アーティスト】
Kis-My-Ft2
【ジャンル】
J-POP, 男性アイドル, ニュース, シングル, 発表

G-FREAK FACTORY主宰の『山人音楽祭2018』、タイムテーブル発表
Fri, 31 Aug 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

9月22日(土)23日(日)に群馬・ヤマダグリーンドーム前橋にて開催される『山人音楽祭2018』のタイムテーブルが解禁となった。

同イベントには主宰のG-FREAK FACTORYが両日出演するほか、9月22日(土)公演にTHE BACK HORN、BRAHMAN、ヤバイTシャツ屋さんらが出演。9月23日(日)公演にはUVERworld、SA、10-FEET、かりゆし58などの出演がアナウンスされており、両日のオープニングアクトは高崎頼政太鼓が決定した。

また、9月23日(日)公演に行なわれる『山人MCバトル』の開催も発表! K.I.Gが司会、R da MastaがDJを担当し、Mc.Kj、我次郎MIC、小池潔宗、TK da 黒ぶち、GOLBY、晋平太、NAIKA MC、N∀OKI(ROTTENGRAFFTY)、FRANKEN、BUSS、歩歩、輪入道がMCバトルを繰り広げる。

そして、当日はチケットをお持ちでない方も入場できる屋外フリーエリア『MAEBASHI PARK PARTY』(愛称:マエパ)が用意され、ダイノジほか群馬出身のお笑い芸人が多数出演するので、こちらもぜひ立ち寄ってみてほしい。チケットはプレイガイドにて発売中なので、お早めにチェックを!

■『山人音楽祭2018』タイムテーブル
http://yamabito-ongakusai.com/2018/timetable/

■『山人音楽祭2018』

開催日:9月22日(土)9月23日(日)
会場:群馬・ヤマダグリーンドーム前橋

<出演>
■9月22日公演
Yellow Studs/打首獄門同好会/OVER ARM THROW/キュウソネコカミ/SIX LOUNGE/G-FREAK FACTORY/SHADOWS/清水ミチコ/四星球/DJダイノジ/teto/NakamuraEmi/NUBO/THE BACK HORN/BRAHMAN/HEY-SMITH/My Hair is Bad/MONOEYES/ヤバイTシャツ屋さん(※五十音順)
オープニングアクト:高崎頼政太鼓

■9月23日公演
アルカラ/韻シスト/UVERworld/SA/音の旅crew/かりゆし58/Caravan/サンボマスター/G-FREAK FACTORY/SHANK/Dizzy Sunfist/10-FEET/東京スカパラダイスオーケストラ/HAWAIIAN6/FIRE BALL with HOME GROWN/FOMARE/mabanua/ROTTENGRAFFTY/ローホー(※五十音順)
オープニングアクト:高崎頼政太鼓

■山人 MCバトル ※9月23日公演
Mc.Kj / 我次郎MIC / 小池潔宗 / TK da 黒ぶち/ GOLBY / 晋平太 / NAIKA MC / N∀OKI(ROTTENGRAFFTY) / FRANKEN / BUSS / 歩歩 / 輪入道(※五十音順)
司会:KIG / DJ:R da masta

■お笑いライブ ※屋外フリーエリア『MAEBASHI PARK PARTY』にて開催
ダイノジ / 5GAP / えっちゅう / ウラヌス / アンカンミンカン / せきあっし / じぐろ京介 / マジシャンShuN

<チケット>
1日券¥8,000(税込)
2日券¥15,000(税込)
※以下プレイガイドにて発売中!
・e+:http://eplus.jp/yamabitoongakusai/
・ローソンチケット:0570-084-003/Lコード:72278
・チケットぴあ:0570-02-9999/Pコード:109-382
(駐車場付入場券は先行販売にてSOLD OUT)

【MCバトルとは?】

ラップの手法に、フリースタイルラップと言うものがある。ラッパーが即興で韻を踏みながらラップをするという表現手法のひとつ。
その中でも、DJが流すビートに決められた時間内でラッパーが、ラッパーに対して即興でディスをかまし合い、自己顕示すると共にライブ会場や現場でプロップスを得る(ラッパーとして知名度を上げる・支持を得る)ことを目的にした戦いがMCバトルである。
MCバトルの面白さは、個性と個性がぶつかり合うことで生まれるドラマと、その熱量の圧倒的な高さ即興だから生まれる瞬間の芸術、見る側にも行う側にも予測出来ないジェットコースターのようなスリルがある。最近ではTV番組フリースタイルダンジョンや高校生RAP選手権、日本一を決める大会UMBやKING OF KINGS、YOUTUBEで総再生回数1000万回を超える戦極MCBATTLEなど確実にその面白さが拡大してきている。
今回の山人MCバトルには最近話題の若手から、MCバトルでの実績あるラッパーまでが参加し、変則的な戦い方や、ここでしか見れないスペシャルなバトルとなっている。また勝敗を決めるのは会場に集まったオーディエンスの声で決定する。
FESと言う様々な音楽がある中で、言葉の格闘技と称されるMCバトルを是非生で体感してもらえたらと思います。

NAIKA MC



【関連リンク】
G-FREAK FACTORY主宰の『山人音楽祭2018』、タイムテーブル発表
UVERworldまとめ
THE BACK HORNまとめ
Yellow Studsまとめ
打首獄門同好会まとめ

【関連アーティスト】
UVERworld, THE BACK HORN, Yellow Studs, 打首獄門同好会, OVER ARM THROW, キュウソネコカミ, SIX LOUNGE, G-FREAK FACTORY, SHADOWS, 清水ミチコ, 四星球, DJダイノジ, teto, NakamuraEmi, NUBO, BRAHMAN, HEY-SMITH, My Hair is Bad, MONOEYES, ヤバイTシャツ屋さん, アルカラ, 韻シスト, SA, 音の旅crew, かりゆし58, Caravan, サンボマスター, SHANK, Dizzy Sunfist, 10-FEET, 東京スカパラダイスオーケストラ, HAWAIIAN6, FIRE BALL with HOME GROWN, FOMARE, mabanua, ROTTENGRAFFTY , ローホー
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, チケット, 夏フェス, ライブレポ

ピンク・フロイドの『おせっかい』は大作と小品が同居した初期の傑作
Fri, 31 Aug 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

60年代後半にはキング・クリムゾン、イエス、エマーソン・レイク&パーマーなど、いくつかのプログレのアーティストが登場し、その多くはクラシックやジャズ等の高度なテクニックを演奏に取り入れていた。そんな中にあって、ピンク・フロイドは牧歌的な雰囲気を重視した独特のサウンドで人気を得たグループである。今回取り上げる『おせっかい(原題:Meddle)』は彼らの6thアルバムで、全英1位となった5thアルバム『原子心母(原題:Atom Heart Mother)』(‘70)と彼らの最高傑作と称される8thアルバム『狂気(原題:The Dark Side Of The Moon)』(’73)の間に挟まれ、あまり脚光を浴びることはないが、本作が一番好きだと言うフロイドファンは少なくない。

■狂気の天才シド・バレット

1967年に『夜明けの口笛吹き(原題:The Piper At The Gates Of Dawn)』でデビューしたピンク・フロイドは、シド・バレットのカリスマ的なリーダーシップのもとで、彼の書く曲を中心に据え、当初はサイケデリックなサウンドを展開していた。シドは内向的な性格であったからか、デビュー直後から薬物依存に走り、次第に精神を病んでいく。そのため、ライヴをキャンセルしたりスタジオに現れなかったこともあった。結局、デビュー作をリリースした1年後にはグループを脱退する。

約1年間のブランクの後にソロ活動をスタートし、70年にリリースした『帽子が笑う…不気味に(原題:The Madcap Laughs)』は、ピンク・フロイドやソフト・マシーンの面々をバックに、シドらしい奇妙なサイケデリックロックを披露している。このソロ作を聴くと彼がピンク・フロイドでやりたかったこと(プログレ的なサウンドを持ったアシッドフォークロック)がよく分かる。後にピンク・フロイドを背負って立つロジャー・ウォーターズは、シドの才能への憧れと反発を感じており、そのコンプレックスは逆に長い間彼の創作の助けとなった。

■初期のピンク・フロイド

シドの不調の中でピンク・フロイドは2ndアルバム『神秘(原題:A Saucerful Of Secrets)』(‘68)のレコーディングをスタートするのだが、シドの奇行もあって、メンバーたち共通の古い友人でもあるデビッド・ギルモアをギタリストとして迎え入れることに決定、グループは過渡期の中でも真摯に自分たちのサウンドを模索していた時期にあたる。続いて、映画のサントラとして『モア』(’69)をシド抜きでレコーディング、このアルバムからギターのデビッド・ギルモア、ベースのロジャー・ウォーターズ、キーボードのリック・ライト、ドラムのニック・メイスンの4人組となる。この作品はシドの関わりがなく、新生ピンク・フロイドとしてのスタート地点に立った時期である。

■大作主義者としてのピンク・フロイド

続いて彼らは、初の2枚組アルバム『ウマグマ(原題:Ummagumma)』(‘69)をリリースする。初期の集大成を目指したのか、新たなスタートという意味なのか、ひょっとしたらその両方なのかもしれない。1枚目はライヴで、これまでの代表曲を新たなアレンジで聴かせているのだが、収録曲はたった4曲(LPでは片面2曲ずつ)だ。もう1枚のスタジオ録音サイドは、クラシックやフリージャズなど、メンバーそれぞれのやりたいことをソロ作品のごとく1曲ずつ(ウォーターズのみ2曲)披露している。このアルバム(特にスタジオ録音面)はプログレというよりは実験音楽や現代音楽に近く、かなり難解な作品に仕上がっているものの、全英5位まで上昇、アメリカでも初のランクイン(74位)となり、世界でピンク・フロイドの名が知られるきっかけとなった。そして、ここから70年代中頃までピンク・フロイドはロック界のトップスターとして大活躍するのである。

続いてリリースしたのが、初期の代表作『原子心母』(‘70)である。この作品も24分におよぶタイトルトラックを収録しているだけに大作主義は継続しているのだが、B面に収録された3曲が小品ながら美しく儚げなメロディーを奏でていて、ピンク・フロイドの“ドラマチックでありながら牧歌的なサウンド”が聴ける最初のアルバムである。ヒプノシス制作の独創的なジャケット(草原で乳牛が振り返っている)は彼らの音楽性を巧みに表現していると思う。ストリングスや合唱団などの他、現代音楽の作曲家であるロン・ギーシンがゲスト参加しているためにこの作品も前作同様、プログレというよりは実験音楽的で、全英1位になったのは驚きだ。

■本作『おせっかい』について

僕が中2の頃、生まれて初めて聴いたプログレが本作『おせっかい』の1曲目に収録された「吹けよ風、呼べよ嵐(原題:One Of These Days)」で、特にこれといったメロディーはなく、途中でおどろおどろしい語りが入るだけなのだが名曲だと思った。当時はシングルヒットしていたからか、ラジオで毎日のようにオンエアされていたのだが、今聴いてもやっぱり良い曲だと思う。それまでポップスやフォーク、ハードロックしか聴いておらず、初めて聴いたプログレが大好きになったのだ。この曲に見られるようなサウンドアプローチは彼らにとっても初めてで、グループにとって新たな段階に入ったことを意味するナンバーである。

何と言っても、本作には前2作に見られた派手めのゲストはおらず、メンバー4人だけで作り上げているだけに、ハンドメイドのプログレサウンドになっており、彼らの“ドラマチックでありながら牧歌的なサウンド”を創造するにはもってこいの編成だと思う。続く「A Pillow Of Winds」「Fearless」「San Tropez」の3曲は小品ながら彼らのメロディーメイカーぶりが分かるし、2分ほどの「Seamus」では唯一のゲスト犬を交えて(吠えてるだけ…w)ユーモラスなブルースを演奏している。よく考えてみると、本作はシドが脱退した後でメンバー4人だけで力を合わせて作った最初のアルバムと言っても良いのではないか。これまでのアルバム制作を通して培った技術や精神的なつながりなども含め、その集大成として収録されたラストの23分におよぶ大作「Echoes」は名曲であり名演奏となった。

グループとしてのまとまり、楽曲の仕上がり、演奏の充実度など、どれをとっても、本作はこれまでのアルバムには見られない高い完成度になっている。そして、このアルバムでの試みを、より高みへと向かわせたのが彼らの一世一代の傑作として知られる『狂気』(‘73)なのだが、決して『おせっかい』も負けてはいないと僕は思う。テクニック至上主義でないだけ華はないかもしれないが、長い間聴き続けられるのがピンク・フロイドの音楽である。

もし、ピンク・フロイドのアルバムを聴いたことがないのなら『おせっかい』か『狂気』のどちらかをまずは聴いてください。どちらも彼らのエッセンスが詰まっているだけに、伝わる何かがきっとあると思う♪

TEXT:河崎直人

アルバム『Meddle』

1971年発表作品



<収録曲>
1. 吹けよ風、呼べよ嵐/One Of These Days
2. ピロウ・オブ・ウインズ/A Pillow Of Winds
3. フィアレス/Fearless
4. サン・トロペ/SAN Tropez
5. シーマスのブルース/Seamus
6. エコーズ/Echoes



【関連リンク】
ピンク・フロイドの『おせっかい』は大作と小品が同居した初期の傑作
Pink Floydまとめ
HAN-KUN、豪華メンツ10人とのコラボ楽曲をリリース&500人限定ワンマン決定

【関連アーティスト】
Pink Floyd
【ジャンル】
洋楽, ニュース, 連載コラム, これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!, アルバム

HAN-KUN、豪華メンツ10人とのコラボ楽曲をリリース&500人限定ワンマン決定
Fri, 31 Aug 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

湘南乃風のHAN-KUNが2018年にソロデビュー10周年を迎えることを記念し、10人のアーティストで唄う奇跡のコラボレーション楽曲を10月10日(水)に配信リリースする。

参加アーティストは、彼のレゲエミュージシャン人生に影響を与えたてきた先輩・仲間たち。RED RICE・若旦那・SHOCK EYEと湘南乃風のメンバーをはじめ、レゲエを始めた頃からの憧れの先輩・MOOMIN、苦楽を共にした大阪レゲエシーンからは、KENTY GROSS、BES、APOLLO、NATURAL WEAPON、地元湘南の意思をしっかり引き継いでいる後輩・導楽といった豪華なメンツだ。ソロ名義として10年間で初めてリリースするコラボレーション楽曲ということもあり、レゲエを愛し続け、このタイミングだからこそ創り上げられたまさに奇跡の1曲となるだろう。

さらに、10周年を祝う500人限定のアニバーサリーワンマンライブ『HAN-KUN 10th Anniversary Show Case “SUPA DUPA FLY”』の開催が決定! 11月09日(金)東京・WOMBにて“ライブハウス”ではなく、レゲエを始めた頃から立ち続けてきた“クラブ”空間での記念ライブとなる。タイトルの通り“ブチ上がる”こと間違いなしのプレミアムイベントなので、ぜひチケットを手にして、彼の熱いレゲエへの想いを体感してほしい。

配信楽曲「SUPA DUPA FLY feat. 湘南乃風・MOOMIN・KENTY GROSS・BES・APOLLO NATURAL WEAPON・導楽」

2018年10月10日配信開始

『HAN-KUN 10th Anniversary Show Case “SUPA DUPA FLY”』

11月09日(金) 東京・WOMB
<チケット>
Limited Items付きチケット¥7,000(税込)
※D代¥700必要
※3歳未満入場不可、3歳以上チケット必要



【関連リンク】
HAN-KUN、豪華メンツ10人とのコラボ楽曲をリリース&500人限定ワンマン決定
HAN-KUN まとめ
湘南乃風まとめ
MOOMINまとめ
KENTY GROSSまとめ

【関連アーティスト】
HAN-KUN , 湘南乃風, MOOMIN, KENTY GROSS, BES, APOLLO, NATURAL WEAPON, 導楽
【ジャンル】
ライブ・フェス, ニュース, コラボレーション, 発表, 新曲, リリース, 発売, 配信, レゲエ, ワンマン

ACID ANDROID主催イベントにハヤシ(POLYSICS)、Yui OnoderaがDJ出演決定
Fri, 31 Aug 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

L\'Arc〜en〜Cielのドラマーyukihiroのソロプロジェクト、ACID ANDROIDが11月2日(金)3日(土)に開催する主催イベント『acid android in an alcove』に出演するDJアクトが発表された。

11月2日(金)は2017年に結成20周年を迎えたニューウェーブパンクバンド・POLYSICSよりDJハヤシ、11月3日(土)はドイツの名門テクノレーベルより作品をリリース、世界的に活躍する電子音楽家のYui Onodera (KOMPAKT)、そして両日共yukihiroがDJとしても出演する。

秋の夜長と電子音が融け合うテクノファン垂涎のこのイベント、チケット一般発売は各プレイガイドにて9月1日(土)10:00にスタートするのでお見逃しなく!

■【ライブ情報】

『acid android in an alcove 20181102 “ashes to ashes”』
11月02日(金) 東京・代官山 space odd
<出演>
live act:acid android
dj act:DJハヤシ(POLYSICS)、yukihiro

『acid android in an alcove 20181103 “ashes to ashes”』
11月03日(土) 東京・代官山 space odd
<出演>
live act:acid android
dj act:Yui Onodera(KOMPAKT)、yukihiro

<チケット>
オールスタンディング¥5,500(税込)※D代別
一般発売:9月1日(土)10:00〜
■チケットぴあ(Pコード:128-634)
http://w.pia.jp/t/acidandroid-as/
■イープラス
http://eplus.jp/acidandroid/ 
■ローソンチケット(Lコード:74411)
http://l-tike.com/acidandroid



【関連リンク】
ACID ANDROID主催イベントにハヤシ(POLYSICS)、Yui OnoderaがDJ出演決定
acid androidまとめ
L’Arc〜en〜Cielまとめ
POLYSICSまとめ
小沢健二、「強い気持ち・強い愛」など3曲のリリックビデオを一挙公開

【関連アーティスト】
acid android, L’Arc〜en〜Ciel, POLYSICS
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, DJ, 出演

小沢健二、「強い気持ち・強い愛」など3曲のリリックビデオを一挙公開
Fri, 31 Aug 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

小沢健二の初となるリリックビデオ「強い気持ち・強い愛」「流動体について」「シナモン(都市と家庭)」の3曲が一挙に公開された。リリックビデオは“Official 魔法的字幕”と題され、2016年の5月〜6月に行なわれた全国ツアー『魔法的 Gターr ベasス Dラms キーeyズ』にも“魔法的”という言葉が使われている。

同ツアーでは、その後小沢のキャリア上でも重要なヒット曲となる「流動体について」「フクロウの声が聞こえる」「シナモン(都市と家庭)」などの新曲が、録音前のバージョンで予告なく初演されていた。次々と演奏される、全く未公開の新曲。それらの曲のイントロはエクステンデッド・ミックスのように長く、長いイントロが続く間のステージには、これから歌われる歌詞が白文字で映し出されていた。その演出は2017年のフジロックでも踏襲され、「強い気持ち・強い愛」「ラブリー」などJ-POP史上に残るクラッシックとなっている曲を含め、全曲の歌詞が夏の夜空に投影された。

闇に回転し、流動し、現れては消えていくゴシック体の歌詞。今回公開されるリリックビデオ“Official 魔法的字幕”は、そのライブの演出をオンライン化した作品と言える。『魔法的』ツアーを観た者はもちろん、観てない者もその後の小沢の活動を予告していたあの“魔法的”な空間を追体験することができそうだ。



【関連リンク】
小沢健二、「強い気持ち・強い愛」など3曲のリリックビデオを一挙公開
小沢健二まとめ
『YOSHIKI CHANNEL』3周年記念SPにて、ももクロ、INORANら5組がYOSHIKIと対談

【関連アーティスト】
小沢健二
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 発表

『YOSHIKI CHANNEL』3周年記念SPにて、ももクロ、INORANら5組がYOSHIKIと対談
Thu, 30 Aug 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月25日(土)〜27日(月)に日本最大級の動画サービス『niconico』のニコニコチャンネルでアーティスト部門1位を独走する『YOSHIKI CHANNEL』の3周年記念SPが放送された。初日はハリウッドからYOSHIKIのパフォーマンスが生中継され、翌日にはYOSHIKIが『24時間テレビ』出演のため緊急帰国し、その直後『YOSHIKI CHANNEL』に出演。番組では、清春、ももいろクローバーZ、水野良樹(いきものがかり)、FLOW、INORAN(LUNA SEA)の計5組の豪華ゲストと対談した。

清春との対談ではここでしか聞けない貴重なトークが次々と飛び出し、清春色に染まった「紅」の反響も大きく、“黒紅(くろない)”にしびれたファンたちからは早くも再共演を望む声が続々届いた。

YOSHIKIとは初の対談となった、ももいろクローバーZ。下積み時代のエピソードや“海外公演あるある"など、ジャンルを超えた二組が共感し合う場面もあり大いに盛り上がった。そして生セッションでは、YOSHIKIのピアノ演奏に合わせてメンバー全員で歌う「白金の夜明け」と、赤色担当の百田夏菜子が歌う「紅」を披露。前日に清春が歌った「紅」で“くろない(黒紅)”という造語が画面上に飛び交ったように、ここでも“ももない(桃紅)”の造語が殺到した。YOSHIKIは桃色に染まった紅の余韻に浸りながら“ももクロにはオーラがある”と絶賛! “今度、曲でもつくりましょうか”というまさかの一言に“今なんていいました(驚)!?”とメンバーは何度も確認をし、熱望する様子も。

いきものがかりの水野良樹を迎えた同番組初となる“Wヨシキ”対談では、“AIと人間の作る音楽の違い”などクリエイターならではトークが繰り広げられた。楽曲制作に対する姿勢など、二人は共通点を次々に発見しトークはどんどん白熱。そして、いきものがかりの「SAKURA」が話題にのぼると、YOSHIKIがその曲を即興でピアノ演奏し、本人の感激はもちろんことネット上のファンも大騒ぎの事態となった。

FLOWとの対談では、メンバーのKOHSHI(Vo)TAKE(Gu)兄弟はX JAPANがきっかけでバンドを始めたほどの大ファンだと明かし、24年前のX JAPANの東京ドームライブにて限定で配られた「Longing〜跡切れたmelody〜」のデモテープを自ら持参。YOSHIKIとの生セッションでは、FLOWの「COLORS」とX JAPANの「WEEKEND」が披露され、最後には「Longing〜跡切れたmelody〜」をYOSHIKIがピアノで演奏、メンバーは感極まった。

LUNA SEAのINORAN(Gu)とのトークでは、6月にYOSHIKIが出演した『LUNATIC FEST. 2018』の話題に。実は約30年来の仲でありながらステージ上での初めてのコラボだったというLUNA SEAとYOSHIKIの「I for You」。INORANがLUNA SEAにとっては同曲にピアノが加わることも初めてであり、YOSHIKIとの共演を幸せな時間だったと振り返ると、YOSHIKIも“やっていて愛情を感じた”と、しみじみと当日の心境を語った。

また、『ゲーム大会 YOSHIKI CUP』では、世界でも活躍しているプロゲーマー達が勢ぞろいし、バンドメンバー達と繰り広げられた熱い対戦は大きな盛り上がりを見せた。今後、毎月番組内でトーナメントが行なわれ、年末には賞金300万円をかけた決勝戦が行なわれる。

ほか、番組内では『X JAPAN Live 日本公演 2018〜紅に染まった夜〜 Makuhari Messe 3Days』のチケットFC二次受付を行なうことを発表。受付は、9月1日(土)2日(日)の2日間のみとなるのでお見逃しなく。

3日間を通して、ここでしか聞くことのできない秘話が連発した『YOSHIKI CHANNEL』では、早くも次回8月31日(金)、9月1日(土)、9月15日(土)の生中継が発表された。8月31日(金)9月1日(土)はディナーショー『EVENING WITH YOSHIKI 2018』会場からの生中継が行なわれる。あまりにも人気が高く、発表とともに全10公演が即ソールドアウトとなり、一般販売では競争率100倍超えで一部のファンにしか見ることができないディナーショーの貴重なショーの一部や興奮必至のチャリティーオークションなどが放送されるとのこと。9月15日には、X JAPANとして出演する『テレビ朝日ドリームフェスティバル』終了後、YOSHIKI楽屋からの“スペシャル番組"が放送される予定なので、こちらもお楽しみに!

※文中敬称略
※会員はタイムシフト(アーカイブ)視聴が可能
http://ch.nicovideo.jp/yoshikiofficial/blomaga/ar1656290

【『YOSHIKI CHANNEL』情報】

■『EVENING WITH YOSHIKI 2018』DAY5&ファイナル公演一部生中継+会場密着レポート&公演後YOSHIKI 生出演
放送日時:8月31日(金)18:00〜
放送日時:9月01日(土)13:00〜
http://ch.nicovideo.jp/yoshikiofficial/blomaga/ar1657041

■『DREAM FESTIVAL 電撃参戦 〜終演後の楽屋からYOSHIKI生出演』
放送日時:9月15日(土)22:00〜
http://ch.nicovideo.jp/yoshikiofficial/blomaga/ar1656649



【関連リンク】
『YOSHIKI CHANNEL』3周年記念SPにて、ももクロ、INORANら5組がYOSHIKIと対談
YOSHIKIまとめ
X JAPANまとめ
Novelbright、ミニアルバム『SKYWALK』リード曲「Walking with you」MV公開

【関連アーティスト】
YOSHIKI, X JAPAN
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, 女性アイドル, ニュース, コラボレーション, コラボ, 音楽番組, 出演

Novelbright、ミニアルバム『SKYWALK』リード曲「Walking with you」MV公開
Fri, 31 Aug 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Novelbrightが10月3日(水)にリリースする初の全国流通ミニアルバム『SKYWALK』より、リード曲「Walking with you」のMVを公開した。同曲はライブで定番のロックチューンで、クリエイティブチーム『THINGS.』がMVの制作を担当している。

また、今作のリリースを記念して10月21日(日)タワーレコード難波店にてインストアライブ&サイン会の実施が決定! インストアライブの観覧は無料で、タワーレコード難波店・梅田大阪マルビル店・梅田NU茶屋町店・神戸店・京都店・あべのHOOP店にて『SKYWALK』を購入すると、先着でサイン会への参加券が入手できる。

そして『SKYWALK』の購入特典は、全国のタワーレコード店での購入者を対象に8月に行なわれた2マン企画より『ファンタスティック兄弟 東阪2マンドキュメントDVD』が先着でプレゼントされる。詳しくは公式サイトを要チェック!

ミニアルバム『SKYWALK』

2018年10月3日発売



EPM-10001/¥1800+税
<収録曲>
1.Walking with you
2.Morning Light
3.ヒカリへ
4.Count on me
5.また明日
6.My Savior
7.We are calling you

【ミニアルバム『SKYWALK』発売記念イベント】

10月21日(日) 大阪・タワーレコード難波店5Fイベントスペース
内容:アコースティックライブ&サイン会
※詳細はNovelbrightオフィシャルHPにて



【関連リンク】
Novelbright、ミニアルバム『SKYWALK』リード曲「Walking with you」MV公開
Novelbrightまとめ
04 Limited Sazabys、新曲「Utopia」が10月スタートのアニメ『ラディアン』OP曲に決定

【関連アーティスト】
Novelbright
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, MV

04 Limited Sazabys、新曲「Utopia」が10月スタートのアニメ『ラディアン』OP曲に決定
Fri, 31 Aug 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

04 Limited Sazabysの新曲「Utopia」が、NHK Eテレの新作アニメ『ラディアン』のオープニングテーマに決定した。「Utopia」は10月10日に発売となるフルアルバム『SOIL』に収録される。

『ラディアン』はフランス発の少年漫画で、魔法使い見習いの少年・セトが世界を救うまでの活躍を描いた冒険ファンタジーだ。アニメは10月6日(土)よりNHK Eテレで毎週土曜午後5:35〜6:00 (全21話)放送予定なので、オンエアをぜひチェックしてみよう。

(c) 2018 Tony Valente, ANKAMA EDITIONS / NHK, NEP

アルバム『SOIL』

2018年10月10日発売



【初回盤】(CD+DVD)
COZP-1474〜5/¥3,500+税
【通常盤】(CD)
COCP-40494/¥2,700+税
<収録曲>
■CD
1. message
2. My HERO(テレビ東京系ドラマ24 第50弾特別企画「オー・マイ・ジャンプ!〜少年ジャンプが地球を救う〜」オープニングテーマ)
3. Brain sugar
4. Utopia
5. Milestone
6. Password
7. Alien
8. Kitchen
9. Galapagos
10. memory lane
11. Shine (ロート製薬「スキンアクア」CMソング)
12. Squall (カロリーメイト「ニコイチメイト」テーマソング)
■DVD  ※初回盤のみ
"YON FES 2018" live & docment
"SOIL" Recording document

◎初回プレス(初回盤・通常盤共通)封入特典
『SOIL tour 2019 〜one man series〜』先行応募ID封入
詳細:http://www.04limitedsazabys.com/

NHK Eテレアニメ『ラディアン』

10月6日(土)よりEテレにて、毎週土曜午後5:35〜6:00放送(全21話)
■番組公式サイト http://www.nhk.or.jp/anime/radiant/
■番組Twitter https://twitter.com/nhk_animeworld



【関連リンク】
04 Limited Sazabys、新曲「Utopia」が10月スタートのアニメ『ラディアン』OP曲に決定
04 Limited Sazabysまとめ
三月のパンタシア、新企画の第一弾楽曲「青春なんていらないわ」リリックビデオ公開

【関連アーティスト】
04 Limited Sazabys
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 新曲, アニメ, オープニング

三月のパンタシア、新企画の第一弾楽曲「青春なんていらないわ」リリックビデオ公開
Thu, 30 Aug 2018 21:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ボーカリストの“みあ”による、終わりと始まりの物語を空想する音楽ユニット・三月のパンタシアが、“音楽×小説×イラスト”を連動させた新企画『ガールズブルー』の第一弾楽曲となる「青春なんていらないわ」のリリックビデオを解禁した。

楽曲はバンド・ヨルシカとしても活動中のサウンドクリエーター・n-bunaが担当し、イラストを淡い色合いと漂う気怠さが特徴的なイラストレーター・ダイスケリチャードが手掛け、共にみあが書いた小説をもとにした書き下ろしとなっている。作品全体には女の子特有の憂鬱さや、ひと夏の恋の甘酸っぱさが込められている。

また、三月のパンタシアは8月30日(木)21:00よりLINE LIVE『お世辞なんていらないわ〜みんなの感想を聞かせて下さいSP〜』の配信も予定しており、ゲストにダイスケリチャードを迎えて「青春なんていらないわ」についてトークを行なうとのこと。どんな制作秘話が聞けるのかこちらも楽しみにしておこう!

LINE LIVE『お世辞なんていらないわ〜みんなの感想を聞かせて下さいSP〜』

配信日時:8月30日(木)21:00〜
https://live.line.me/channels/2363704/upcoming/9260698



【関連リンク】
三月のパンタシア、新企画の第一弾楽曲「青春なんていらないわ」リリックビデオ公開
三月のパンタシアまとめ
ヨルシカまとめ
SILENT SIREN、1日2公演ワンマンツアー完走&毎年恒例の年末ワンマン発表

【関連アーティスト】
三月のパンタシア, ヨルシカ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 新曲, ネットカルチャー

SILENT SIREN、1日2公演ワンマンツアー完走&毎年恒例の年末ワンマン発表
Thu, 30 Aug 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SILENT SIRENが、最新シングル「19 summer note.」のリリースを記念して『夏のスペシャルワンマンライブ』と題したショートツアーを開催した。東名阪3カ所のライブハウスで開催され、『〜101編・こってりROCKライブ〜』『〜19編・青春19きっぷライブ〜』とそれぞれ1日2部構成で行なわれた。

夏の終わりを感じさせない炎天下の中、1部のスタート前にはサイサイカラーのピンクのTシャツを着たファンが集合。『〜101編・こってりROCKライブ〜』ではオープニング映像が終わるとメンバーが天下一品のユニフォーム姿で登場し「天下一品のテーマ」からライブスタート。その後「Routine」「Are you Ready?」と間髪入れずにハードなROCKナンバーを次々と演奏した。“こってりROCK盛り上がってるー?”といった短いMCはあるものの、演奏が中心のセットリストで「八月の夜」「ODOREmotion」などでは前半パートのピークを迎える。その後もタイトで激しいロックナンバーが最後まで続き1部は終了。

2部『〜19編・青春19きっぷライブ〜』ではオープニング映像が終わると「19 summer note.」のMVの衣装で登場し、同曲から本番スタート! こちらは「ジャストミート」「Soda」「恋花」「ぐるぐるワンダーランド」など新旧織り交ぜた爽やか青春ナンバーが中心となったセットリストで最後は「milk boy」で締め括った。4日間のうち3日間が本番で計6公演、1日30曲近く演奏とタフなスケジュールを難なくこなす彼女たちのライブはまだまだ続く。

そして初日の品川公演では年末12月30日(日)に毎年恒例となる年の瀬ワンマンライブ、『SILENT SIREN 年末スペシャルライブ2018「平成最後だョ!サイファミ全員集合!!」』を横浜文化体育館で開催することも発表! こちらも要注目だ。

【『夏のスペシャルワンマンライブ』セットリスト】

<8月25日(土)東京・品川ステラボール>
■〜101編・こってりROCKライブ〜
01. 天下一品のテーマ
02. Routine
03. 「Are you Ready?」
04. 爽快ロック
05. Love install
06. 八月の夜
07. ODOREmotion
08. 女子校戦争
09. Starmine
10. ビーサン
11. 19 summer note.
12. What show is it?
13. フジヤマディスコ
Encore
14. 吉田さん

■〜19編・青春19きっぷライブ〜
01. 19 summer note.
02. ジャストミート
03. Ring Ring Ring
04. BANG!BANG!BANG!
05. Crazy Lady
06. Soda
07. 恋花
08. 天下一品のテーマ
09. 女子校戦争
10. Starmine
11. ぐるぐるワンダーランド
12. チェリボム
13. All Right〜"今"を懸ける〜
Encore
14. milk boy

<8月26日(日)大阪・BIGCAT>
■〜101編・こってりROCKライブ〜
01. 天下一品のテーマ
02. Routine
03. 「Are you Ready?」
04. 爽快ロック
05. Love install
06. 八月の夜
07. ODOREmotion
08. 女子校戦争
09. Starmine
10. ビーサン
11. 19 summer note.
12. What show is it?
13. フジヤマディスコ
Encore
14. 吉田さん

■〜19編・青春19きっぷライブ〜
01. 19 summer note.
02. ジャストミート
03. Ring Ring Ring
04. BANG!BANG!BANG!
05. Crazy Lady
06. Soda
07. 恋花
08. 女子校戦争
09. Starmine
10. ぐるぐるワンダーランド
11. 天下一品のテーマ
12. チェリボム
13. All Right〜"今"を懸ける〜
Encore
14. milk boy

<8月28日(火)愛知・名古屋ボトムライン>
■〜101編・こってりROCKライブ〜
01. 天下一品のテーマ
02. Routine
03. 「Are you Ready?」
04. 爽快ロック
05. Love install
06. 八月の夜
07. ODOREmotion
08. 女子校戦争
09. Starmine
10. ビーサン
11. 19 summer note.
12. What show is it?
13. フジヤマディスコ
Encore
14. 吉田さん

■〜19編・青春19きっぷライブ〜
01. 19 summer note.
02. ジャストミート
03. Ring Ring Ring
04. BANG!BANG!BANG!
05. Crazy Lady
06. Soda
07. 恋花
08. 女子校戦争
09. Starmine
10. ぐるぐるワンダーランド
11. 天下一品のテーマ
12. チェリボム
13. All Right〜"今"を懸ける〜
Encore
14. 八月の夜
15. milk boy

Blu-ray & DVD『天下一品 presents SILENT SIREN LIVE TOUR 2018 〜“Girls will be Bears”TOUR〜 @豊洲PIT』

2018年10月17日発売



【初回限定盤】(Blu-ray+GOODS)
UPXH-2902/¥5,800+税
【初回限定盤】(DVD+GOODS)
UPBH-29077/¥4,800+税
GOODS:“Girls will be Bears”TOURパスレプリカステッカー
【ファンクラブ限定盤】(Blu-ray+CD+GOODS+SPECIAL BOOK)
PDXN-1907/¥8,800+税
【ファンクラブ限定盤】(DVD+CD +GOODS+SPECIAL BOOK)
PDBN-1907/¥7,800+税
※予約締め切りは2018年9月11日(火)23:59まで
http://silent-siren.com/special/20181017/
CD:ライヴアルバム『“Girls will be Bears”TOUR @ 豊洲PIT』(14曲収録予定)
GOODS:“Girls will be Bears”TOURパスレプリカステッカー
※スペシャル・フォトブック付き豪華パッケージ仕様

<収録曲>
ピッピ
merry-go-round
KNiFE
八月の夜
パパヤパヤパ
天下一品のテーマ
女子校戦争
DanceMusiQ
milk boy
さくら咲く青い春
Love Balloon
さよなら日比谷
AKANE
Pandora
Kaleidoscope
ODOREmotion
チェリボム
ジャストミート
フジヤマディスコ
19 summer note.(Encore)
KAKUMEI(Encore)
ビーサン(Encore)
+ドキュメント映像



【関連リンク】
SILENT SIREN、1日2公演ワンマンツアー完走&毎年恒例の年末ワンマン発表
SILENT SIRENまとめ
WANIMA、1,000人の18歳世代と奏でた「シグナル」のライブ映像を公開

【関連アーティスト】
SILENT SIREN
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ワンマン, セットリスト

WANIMA、1,000人の18歳世代と奏でた「シグナル」のライブ映像を公開
Thu, 30 Aug 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

WANIMAが2017年12月20日に出演したNHK総合『WANIMA 18 祭-1000 人のシグナル-』で1,000人の18歳世代(満17歳〜19歳)とともに披露した「シグナル」のパフォーマンス模様が、NHK公式YOUTUBEと、NHKの様々な動画をWEB上で見ることができるサイト“どーがレージチャンネル”にて公開となった。

この番組ではWANIMAと全国から選ばれた1,000人の18歳世代でひとつのステージを創り上げるという企画のもと、番組のために書き下ろされた「シグナル」を集まった1,000人が担当するブラス隊とコーラス隊とともにこの日だけのアレンジで披露。様々な思いを胸に集まった1,000人の18歳世代とともにパフォーマンスする姿が多くの人々の胸を打ち、放送されるや否やSNS上では大きな話題に! その反響を受けて公開となった、ここでしか観られない「シグナル」をぜひチェックしてほしい。

■NHK どーがレージチャンネル『WANIMA 18 祭(フェス) -1000 人のシグナル-』
https://www.nhk.or.jp/d-garage-mov/movie/83-1.html

アルバム『Everybody!!』

発売中



WPCL-12817/¥3,000+税
<収録曲>
1.JUICE UP!!のテーマ
2.OLE!!
3.シグナル
4.CHEEKY
5.ヒューマン
6.花火
7.サブマリン
8.CHARM
9.ANCHOR
10.やってみよう
11.エム
12.SNOW
13.ともに
14.Everybody!!

『1CHANCE NIGHT TOUR 2018-2019』

11月05日(月) 愛知 Zepp NAGOYA
11月07日(水) 大阪 Zepp Osaka Bayside
11月08日(木) 大阪 Zepp Osaka Bayside
11月13日(火) 宮城 仙台PIT
11月19日(月) 北海道 Zepp Sapporo
11月21日(水) 北海道 旭川市民文化会館
11月23日(金) 北海道 釧路市民文化会館
11月25日(日) 北海道 苫小牧市民会館
12月08日(土) 福岡 Zepp Fukuoka
<2019年>
1月11日(金) 山口 周南市文化会館
1月13日(日) 鳥取 米子コンベンションセンター BiG SHiP
1月14日(月・祝) 岡山 倉敷市民会館
1月24日(木) 石川 本多の森ホール
1月25日(金) 福井 フェニックス・プラザ
1月27日(日) 山梨 コラニー文化ホール(山梨県立県民文化ホール)大ホール
1月29日(火) 長野 ホクト文化ホール 大ホール
2月07日(木) 滋賀 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 大ホール
2月08日(金) 奈良 なら100年会館 大ホール
2月16日(土) 栃木 宇都宮市文化会館 大ホール
2月17日(日) 群馬 ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール
2月19日(火) 福島 けんしん郡山文化センター大ホール(郡山市民文化センター)
2月21日(木) 青森 リンクステーションホール青森(青森市文化会館)
2月26日(火) 鹿児島 鹿児島市民文化ホール 第一
2月27日(水) 福岡 アルモニーサンク 北九州ソレイユホール
3月01日(金) 大分 iichiko総合文化センター
3月02日(土) 熊本 市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
3月04日(月) 佐賀 佐賀市文化会館 大ホール
<チケット>
SATANIC ENT.先行受付期間
8月29日(水)18:00〜9月2日(日)23:00
https://satanic.jp



【関連リンク】
WANIMA、1,000人の18歳世代と奏でた「シグナル」のライブ映像を公開
WANIMAまとめ
神聖かまってちゃん、チームしゃちほこなど『unBORDE LUCKY 7TH TOUR』出演者によるQ&A企画スタート

【関連アーティスト】
WANIMA
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, コラボ, アルバム, テレビ番組, 音楽番組

神聖かまってちゃん、チームしゃちほこなど『unBORDE LUCKY 7TH TOUR』出演者によるQ&A企画スタート
Thu, 30 Aug 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ワーナーミュージック・ジャパン内のレーベル “unBORDE"(アンボルデ)の設立7周年を記念して、全国7大都市で行なう『unBORDE LUCKY 7TH TOUR』のチケット一般発売にあわせて、特設サイト上で出演アーティストによるQ&A企画がスタートした。

まず第一弾として神聖かまってちゃん、チームしゃちほこ、tofubeats、DADARAY、ジェニーハイが出演する、11月3日(土)の福岡公演のラインナップによるQ&Aを公開! こちらをチェックの上、気になった方はチケットもお早めにゲットしてほしい。

本ツアーには、WANIMAやyonige、高橋優、きゃりーぱみゅぱみゅ、indigo la Endなどをはじめとするアーティストが出演。Q&A企画は、今後も各会場のラインナップ同士で展開され、エッジーなアーティストが揃うこのレーベルのミュージシャン同士ならではの会話が繰り広げられていく予定だ。

■『unBORDE LUCKY 7TH TOUR』特設サイト
https://sp.wmg.jp/unbordelucky7thtour/

『unBORDE LUCKY 7TH TOUR』

10月19日(金) 宮城・仙台PIT
出演:WANIMA、yonige
upcoming artist:chelmico

10月21日(日) 北海道・Zepp Sapporo
出演:高橋優、yonige
upcoming artistchelmico 

10月27日(土) 広島・CLUB QUATTRO
出演:チームしゃちほこ、奇妙礼太郎、あいみょん
upcoming artist:R?E

10月28日(日) 愛知・Zepp Nagoya
出演:高橋優、チームしゃちほこ、あいみょん
upcoming artist:R?E

11月03日(土) 福岡・DRUM LOGOS
出演:神聖かまってちゃん、チームしゃちほこ、tofubeats、DADARAY
upcoming artist:ジェニーハイ

11月04日(日) 大阪・Zepp Osaka Bayside
出演:神聖かまってちゃん、チームしゃちほこ、tofubeats、DADARAY
upcoming artist:ジェニーハイ

11月08日(木) 東京・Zepp Tokyo
出演:きゃりーぱみゅぱみゅ、indigo la End、あいみょん
upcoming artist:chelmico



【関連リンク】
神聖かまってちゃん、チームしゃちほこなど『unBORDE LUCKY 7TH TOUR』出演者によるQ&A企画スタート
神聖かまってちゃんまとめ
チームしゃちほこまとめ
tofubeatsまとめ
DADARAYまとめ

【関連アーティスト】
神聖かまってちゃん, チームしゃちほこ, tofubeats, DADARAY, ジェニーハイ, WANIMA, yonige, chelmico, 高橋優, 奇妙礼太郎, あいみょん, R?E, きゃりーぱみゅぱみゅ, indigo la End
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース

The Wisely Brothers、主題歌「柔らかな」を書き下ろした映画『柔らかな』に栗原類が主演
Thu, 30 Aug 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

The Wisely Brothers が音楽を担当し、主題歌「柔らかな」を書き下ろした映画『青のハスより』のメインキャストと最新映像が発表された。

映画『青のハスより』は映画を撮るため東京を目指す男たちの物語とライブツアーを巡るバンドのドキュメンタリーを並行して描く異色の青春群像劇。主演の荻島役にはバラエティーやモデルとしても活躍中で今作が映画単独初主演となる栗原類、ともに上京する松川役には『モリのいる場所』『素敵なダイナマイトスキャンダル』の大友律、同じく三浦役には『野球部員、演劇の舞台に立つ!』の渡辺佑太朗が出演。そして物語のカギを握る女性、和田/青蓮役は『桐島、部活やめるってよ』『南瓜とマヨネーズ』の清水くるみが一人二役を演じる。

『青のハスより』は、11月に新宿のK\'s cinemaほかで順次開催される音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB 2018」の長編部門に出品され、映画書き下ろしの主題歌「柔らかな」は11月14日(水)に7inchアナログと配信でリリースとなる。

■【コメント】

■荻島役 栗原類
話をいただいた時凄い不安がありました。“僕でいいのか?“と言う恐怖をずっと抱えていました。でも撮影前に大友さん、渡辺さんと顔合わせで会ってお話しもしていったらなんか一瞬“繋がった"と感じて全面的に信じることができました。いい意味で男のダサさがつまりまくった作品です。かっこつけている所やセリフのやりとり。自分が言うのもなんですが、3人組が本当に可愛く見えて仕方なかったです。
このカンパニーの皆さんと一緒に素晴らしいものが作れました。是非よろしくお願いします。

■和田/青蓮役 清水くるみ
一人二役と初めての経験をさせていただきました。初めて行く地域で撮影したりなど、色々なことが新鮮な現場でした。学生時代の仲間、淡い恋心…誰もが感じたことのある感情、懐かしい青春物語になってると思います。たくさんの方に観ていただけると嬉しいです!

■The Wisely Brothers
初めて映画に曲を作りました。荻島監督のつくるストーリーの温度が好きです。
誰の物語だって、他の人の目で見れば楽しめるのかもしれない。
何気ない日々の、それぞれの眼差しがいつでも光っているわけじゃないから、彼らが愛しいのかな。

■荻島健斗監督 
この映画は私の実体験をフィクションとして再構築するという企画からスタートしました。しかし荻島役(なんと私自身の役)として栗原類さんを迎えられたこと、和田と青蓮という一人二役を清水くるみさんが引き受けてくれたこと、そしてThe Wisely Brothersのライブツアーに同行できたことでその様相が徐々に変化しました。単なる青春ドラマでも音楽ドキュメンタリーでもない、カメラの前で起こる「奇跡」みたいな出来事を捉えているような気がして。この不思議な感覚を共有できる日を、映画に携わったすべての人への感謝を込めて心待ちにしています。

【映画『青のハスより』 詳細】

映画を撮るため意気揚々と上京する3人の男、荻島と松川と三浦。しかしその道中、荻島は和田という女性に遭遇し、彼女の後を追う。彼女は荻島の初恋の相手、青蓮に瓜二つだった。そして彼らと並行して3人組バンド、The Wisely Brothersがライブツアーを巡る。

出演:栗原類 大友律 渡辺佑太朗 清水くるみ 相良大起 田中志朋 小倉綾乃 RIKACHIN The Wisely Brothers
脚本・監督:荻島健斗 
企画:直井卓俊 
音楽:The Wisely Brothers 

カラー/デジタル/ビスタ/5.1ch/87分(予定)
公式ツイッター:https://twitter.com/aohasu_official



【関連リンク】
The Wisely Brothers、主題歌「柔らかな」を書き下ろした映画『柔らかな』に栗原類が主演
The Wisely Brothersまとめ
BUMP OF CHICKEN、映画『億男』の主題歌を書き下ろし

【関連アーティスト】
The Wisely Brothers
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, 主題歌, 映画

BUMP OF CHICKEN、映画『億男』の主題歌を書き下ろし
Thu, 30 Aug 2018 17:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BUMP OF CHICKENが新曲「話がしたいよ」を10月19日(金)全国公開の映画『億男』の主題歌として書き下ろしたことを発表した。

映画『億男』は映画『ハゲタカ』や『るろうに剣心』シリーズで新しいエンターテインメントを切り開いてきた大友啓史監督がメガホンを取り、川村元気による累計発行部数66万部を突破した小説「億男」を原作とした新作映画。大金を手にした主人公が個性的な億万長者たちと向き合い、幸せのあり方、家族のあり方、友情のあり方などに対する答えを探し出す姿が描かれる。主人公・一男役は佐藤健が、一男の大学時代の親友であるにもかかわらず一男が手にした3億円とともに忽然と姿を消す謎多き男・九十九役は高橋一生が担当。さらに黒木華、池田エライザ、沢尻エリカ、北村一輝、藤原竜也ら実力および話題性ある豪華な演技派キャストが脇を固める。

その主題歌である「話がしたいよ」は映画のために藤原基央(Vo, G)が書き下ろした新曲。ピアノに重ねた、柔らかさと凛々しさを同時に感じさせる藤原の独唱から始まり、アコースティックギターやエレキギター、コーラスが積まれていく、広がりのある展開を持つ。そして壮大なアレンジのバンドサウンドを経て、最後にはまた音数の少ない弾き語りのようなアレンジに。清涼感とぬくもりを聴き手の胸に残す曲となった。一男と九十九、そして観客が自分なりの「お金」と「幸せ」の答えを探し求めた後、エンディングで流れるこの主題歌は、2人の道程を讃美し物語を締めくくる歌でありつつ、観客が未来に踏み出す力を与える曲だと言えるだろう。

公開された映画の最新映像を使用した本予告では、「話がしたいよ」を少しだけ聴くことができる。映像はYouTubeの東宝MOVIEチャンネルで視聴可能なので、早速アクセスしてみよう。

(c)2018映画「億男」製作委員会

■映画『億男』公式サイト
http://okuotoko-movie.jp/

■【コメント】

■BUMP OF CHICKEN
このたび映画『億男』の主題歌のお話を頂きまして、とても光栄に思いました。
原作もとても面白く読ませて頂きましたが、佐藤健さん・高橋一生さんをはじめとした豪華出演者の皆様の快演により、よりリアリティを持って楽しめました。
改めて劇場で観ることが待ち遠しいです。

■佐藤健
まず初心に返りまして、相変わらず良い声だなと思いました(笑)
ノスタルジックな空気感が、映画『億男』の世界観にとてもマッチしていて、何年も前の友達とのことを思い出すような感覚になれる曲だと思います。エンドロールまで含めて1本の映画になっているので、ぜひ最後まで楽しんでもらいたいです。

■高橋一生
ずっとBUMP OF CHICKENさんの歌を聴いてきたので、今回の主題歌を聴いたとき、今までのBUMP OF CHICKENの定義がいい意味で解け始め、彼らの新しい側面をみたような気がしました。エンドロールでかかった時、一男(佐藤)と九十九(高橋)という2人の歌だと思える、そしてこの曲をもって映画が完結する、そんな曲に感じました。

■佐藤善宏プロデューサー
悩みました。
お金にまつわる人間の業の深さや煩悩を扱いつつ、新しいお金の価値を探し、本当は身近にある気づきにくい小さな幸せを見つける旅でもある本作品を、その全ての要素を包み込んで映画を終着させてくれる歌はあるのだろうかと考え抜きました。
正直に、BUMP OF CHICKEN藤原さんに悩みを共有しました。
歌をあげて頂いた時に監督と顔を見合わせました。あったね、これだね、と頷き合いました。



【関連リンク】
BUMP OF CHICKEN、映画『億男』の主題歌を書き下ろし
BUMP OF CHICKENまとめ
大原櫻子、夏を駆け抜けたツアー映像作品発売&先行予約キャンペーン決定

【関連アーティスト】
BUMP OF CHICKEN
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, 主題歌, 映画

大原櫻子、夏を駆け抜けたツアー映像作品発売&先行予約キャンペーン決定
Thu, 30 Aug 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

大原櫻子が3rdアルバムを引っ提げて開催した全国ツアー『大原櫻子 5th TOUR 2018 〜Enjoy?〜』(全国9か所9公演・総動員数20,000人)の映像作品のリリースが決定した。

アルバムタイトルに“?"が追加され、「みんな(ライブを)楽しんでる?」と言うメッセージが込められていた今ツアー。その為、ステージにはドライブシアターを模したカラフルでPOPなイメージで、中央にオールドアメリカンな車が配置された豪華仕様で行われていた。収録されるのは全国ツアー共通の曲目となったアンコールを含む全19曲。そして特典映像として、各会場で大反響となったデビュー曲「明日も」客席サプライズ歌唱の密着映像、ツアー全体の密着ドキュメントを収録。封入のブックレットもと充実している。

そして、リリースの発表と同時に先行予約キャンペーンもスタートとなった。対象チェーン店、およびショッピングサイトにて予約をすると、シリアルナンバー入りフォトカードがプレゼントされる。カードに記載されているシリアルナンバーをパソコン・スマートフォンで入力すると、ここでしか観ることの出来ないスペシャル映像が視聴できるとの事だ。期間限定となっているので早めの予約がお勧めだ。

12月にはデビュー満5周年を迎えるため、しばらくは舞台活動期間となっているが、音楽面での今後の動きも引き続き注目だ。

photo by 田中聖太郎

■【先行予約キャンペーン詳細】

以下の対象チェーン店、およびショッピングサイトにてBlu-ray&DVD『大原櫻子 5th TOUR 2018 〜Enjoy?〜』を受付期間中にご予約いただいた方に、下記特典をプレゼント致します。 期間限定ですので、お早めにご予約下さい。

<対象商品>
2018年11月21日(水)発売  
Blu-ray&DVD『大原櫻子 5th TOUR 2018 〜Enjoy?〜』
Blu-ray:VIXL-245/ ¥5,500+税  
DVD:VIBL-917 / ¥5,000+税

<キャンペーン内容>
対象商品を期間中にご予約いただいた方に、シリアルナンバー入りフォトカードをプレゼント!さらに記載されているシリアルナンバーをパソコン・スマートフォンで入力すると、ここだけのスペシャル映像を視聴できます!

<対象店舗>
・TOWER RECORDS 全国各店 / TOWER RECORDS ONLINE
・HMV全国各店 / HMV & BOOKS online
・TSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYA オンラインショッピング
・Amazon.co.jp
※Amazon.co.jpでは、特典付き商品のカートがアップされます。特典をご要望のお客様は特典付き商品をご予約下さい。

※カードの絵柄は1種類、サイズは名刺サイズ(55mm×91mm)です。
※一部、特典の取扱いが無い店舗もございます。予めご了承下さい。
※商品引き取り時、または商品配送時にお渡しいたします。

<受付期間>
2018年8月30日(木)17:00〜2018年9月30日(日)23:59 ※店舗は各店の閉店時間まで

<スペシャル映像視聴注意事項>
・映像の配信は2018年12月28日(金)23:59までとなります。(スケジュールは予告なく変更となる場合がある事をご了承願います)
・配信期間中は5回までご視聴いただけます。制限回数を越えた場合や配信期間を過ぎるとシリアルナンバーをお持ちの方でも視聴はできません。
・映像視聴前や視聴中に該当ページを閉じた場合も1回とカウントされますので、ご注意ください。
・ライブ映像は、パソコン・スマートフォンからのみご視聴いただけます。フィーチャーフォン・PHS・タブレット端末からは視聴できません。
・一部の機種・環境によってはご覧いただけない場合もございますので、予めご了承ください。
・通信費はお客様のご負担となります。

Blu-ray&DVD『大原櫻子 5th TOUR 2018 〜Enjoy?〜』

2018年11月21日発売



【Blu-ray】
VIXL-245/¥5,500+税
<収録曲>
(SE Opening-Enjoy)
1 Joy & Joy 
2 Jet Set Music!
3 READY GO!
4 真夏の太陽 
5 ツキアカリ 
6 one 
7 Close to you
(inst-Enjoy)
8 明日も(acoustic ver.) 
9 いとしのギーモ 
10 みんな空の下(acoustic ver.)
11 さよなら
12 瞳 
(interlude-Enjoy)
13 青い季節 
14 夏のおいしいところだけ
15 energy
16 踊ろう
17 泣きたいくらい
EN1 甘えてしまうんだよ
EN2 遠くまで
(全ライブ会場共通曲目・Total約120分)
(ライブ本編映像は神奈川県民ホール公演)
※特典映像1:ツアー密着ドキュメント
※特典映像2:「明日も」サプライズ歌唱ドキュメント
※ブックレット封入



【DVD】
VIBL-917/¥5,000+税
<収録曲>
(SE Opening-Enjoy)
1 Joy & Joy 
2 Jet Set Music!
3 READY GO!
4 真夏の太陽 
5 ツキアカリ 
6 one 
7 Close to you
(inst-Enjoy)
8 明日も(acoustic ver.) 
9 いとしのギーモ 
10 みんな空の下(acoustic ver.)
11 さよなら
12 瞳 
(interlude-Enjoy)
13 青い季節 
14 夏のおいしいところだけ
15 energy
16 踊ろう
17 泣きたいくらい
EN1 甘えてしまうんだよ
EN2 遠くまで
(全ライブ会場共通曲目・Total約120分)