歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年08月26日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/09/04
2018/09/03
2018/09/02
2018/09/01
2018/08/31
2018/08/30
2018/08/29
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
『a-nation2018』ファイナルとなる東京公演初日が開幕!
Sun, 26 Aug 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年で17回目を迎えた夏の野外音楽フェス『a-nation』。2018年は国内4会場と規模を拡大して行われた。そのファイナルとなる東京公演が8月25日(土)に味の素スタジアムで開催された。

東京公演の初日の8月25日(土)はヘッドライナーの東方神起をはじめ、NCT 127、m-flo、CHEMISTRY、C&K、Da-iCE、超特急、BiSH、BoAなど17組が出演し、5万人を動員。オープニングアクトには、ディズニー映画『リメンバー・ミー』で主演を務めた14歳シンガー・石橋陽彩やTHE BEAT GARDEN、さらにシューティングアクトとしてSOLIDEMO、EMPiRE、Beverlyという注目の若手アーティストも名を連ねたほか、イベントの中盤にはエイベックスの名曲をカバーするリバイバル企画も開催。8時間にわたってバラエティ豊かなアーティストを堪能できる濃密な1日になった。

■BiSH
オープニングアクトのあと、「楽器を持たないパンクバンド」の異名を持つ6人組ガールズグループBiSHがa-nationに初参戦。セントチヒロ・チッチが“トップバッター、ガンガンやって帰ります!”と元気いっぱいに挨拶すると、ヘヴィなナンバーにのせて激しくヘッドバンキングを繰り出すなど、ロックなダンスと歌で会場を湧かせた。

■C&K
ガテン系の作業着を着たCLIEVYが“現場はどこだ〜!?”とステージ下で彷徨うというネタで登場から笑いをとったシンガーソングライターユニット・C&K。ダンサーを招いたアゲアゲのパーティソングから、CLIEVYとKEENの伸びやかな歌声が響き渡ったバラードまで、気分が激しく乱高下するジェットコースターのようなショータイムだった。

■超特急
“僕たちは会場のみなさんと一緒に作り上げるライブです!”というカイの言葉のとおり、アグレッシヴなパフォーマンスで会場を一体にした超特急。腕立て伏せやボクシングをダンスに取り入れた「SAY NO」やポップで中毒性の高い新曲「Jesus」で、スクリーンに向かって変顔やキメ顔を連発するサービス精神満点のパフォーマンスを繰り広げた。

■CHEMISTRY
5年の活動休止期間を経て2017年再始動を果たしたCHEMISTRYがa-nationに初参戦。堂珍嘉邦と川畑要という全くタイプの異なる歌声が心地好く溶け合い、美しいハーモニーを届けていく。「PIECES OF A DREAM」や「Point of No Return」など惜しげもなく披露されたヒット曲の数々が、少しずつ陽が傾いてきたスタジアムに涼しい風を届けてくれた。

■NCT 127
多国籍な9人のメンバーが横一列に並んで登場したNCT 127。世界基準のヒップホップ/R&Bトラックにのせて、クールで挑発的な表情を見せながら、キレのあるパフォーマンスを繰り広げると、会場は大きな歓声に包まれた。“みなさんの素敵な夏の思い出になれるように頑張ります”とテヨン。今後さらに大きな舞台へとスケールアップしていくであろうNCT 127は、2019年2月から7都市13公演をまわる初のジャパンツアーも決定している。

■Da-iCE
「TOKYO MERRY GO ROUND」から、高い身体能力を生かした躍動感のあるダンスパフォーマンスで幕を開けたのは、デビュー5周年イヤーに突入したDa-iCE。“a-nation、調子はどうですか?”と大野雄大が問いかけると、リリースされたばかりの最新アルバム『BET』から、「Bodyguard」や「BET」など、“最新型のDa-iCE”へとアップデートされた楽曲たちでスタジアムを湧かせる。花村想太がお客さんの歌うパートをレクチャーして会場が一体になった「エビバディ」のあと、タオル回しで盛り上がったサマーチューン「パラダイブ」では、「僕たちDa-iCE、幸せです!」という大野の言葉が熱かった。

■BoA
いきなりm-flo・VERBALをゲストに迎えた「BUMP BUMP!feat.VERBAL(m-flo)」を披露すると、「久しぶりのa-nation、とても楽しみにしていました」と笑顔を見せたBoA。スタジアムをうっとりとさせたバラード曲「Only One」のあとは、“夏フェスですし、ちょっと懐かしい曲を歌おうと思います”と語り、脚線美が映えるショートパンツ姿でセクシーかつキレのあるダンスを披露しながら、ヒット曲「LISTEN TO MY HEART」や「VALENTI」をメドレーで届けた。「一緒にBoAコールいきますか?」という言葉から、スタジアムにBoA!BoA!という大歓声が響き渡ると、最後はレトロと最先端のサウンドとが融合した最新ナンバー「Jazzclub」でスタジアムを魅了。BoAはこのステージで、7年ぶりとなるクリスマスライブ『BoA THE LIVE 2018 “X\'mas”』を開催することも発表した。

■m-flo
LISAが復帰してVERBAL、☆Takuとともに15年ぶりにオリジナルメンバーによる活動をスタートさせたm-flo。全員ブルーのつなぎ姿で登場すると、「gET oN!」のLISAバージョンからアクセル全開でスタジアムを盛り上げていく。サポートバンドにパーカッションとギタリストを加えた編成で、「TRIPOD BABY」や「SOUND BOY THRILLER」をノンストップで畳みかけると、LISAは“3人でステージに立つなんて久しぶり。とっても幸せです!”と笑顔を見せた。再出発に寄せる想いを込めた真骨頂のダンスチューン「No Question」のあと、VERBALが改めて☆TakuとLISAを紹介すると、LISAも“宇宙一のMCでしょ? 最高にかっこいい!”とVERBALを紹介。ラストソング「come again」まで歌い終えたLISAは感極まったように目を潤ませていた。

■東方神起
光るうちわで青く照らされていた会場が赤いサイリウムで染まると、4年ぶりに東方神起がa-nationのヘッドライナーに帰ってきた。再始動後初のa-nation出演となる。悲鳴のような歓声が湧くなか、「Reboot」からライブはスタート。大勢のダンサーに囲まれて圧巻の歌とダンスで魅せる「ANDROID」と「Superstar」で序盤を盛り上げたあと、ユンホは“4年ぶりだけど、ブランクを感じさせないぐらい盛り上がってますね”、チャンミンは“ドキドキしていたけど、みなさんが楽しんでる笑顔を見たらパワーアップしちゃいますよね”と、表情をほころばせた。MCを終えて、次の曲にいこうとすると、もっとふたりの言葉を聞きたいとでも言うようにお客さんから「えー!?」という声。それに、“これは単独ライブではないし(笑)”となだめるように言って、7月にリリースされた最新曲「Road」へ。穏やかなメロディにのせた“また歩いていこう”というフレーズに、東方神起の新たな決意を感じる楽曲だ。センターステージに移動したふたりが向き合い渾身の力で歌い上げたバラード「Bolero」のあと、再始動後のドームツアーやスタジアムでのライブを振り返り、チャンミンは“変わらずに東方神起のことを応援してくれて、ありがとうございます”と感謝を伝えた。後半は「Purple Line」と「Why?[Keep Your Head Down]」という激しいナンバーの連続に、さらに会場はヒートアップ。“みんなこの曲、知ってる?”と問いかけた「ウィーアー!」から、ふたりはトロッコへと乗り込み、「OCEAN」、「Summer Dream」(ユンホのバク宙も決まった!)、「Somebody To Love」と、東方神起のライブには欠かせない楽曲をメドレーで繋いでライブは終了。満月の夜空に花火が打ち上ると、“みなさんのおかげで楽しかったです”(チャンミン)、“これからもがんばっていくので、東方神起の大きなちからになってください”(ユンホ)という誠実な言葉で、東方神起5度目のヘッドライナーのステージは大歓声に包まれて幕を閉じた。

「再始動」をトピックにしたメモリアルなステージが数多く披露されたほか、エイベックスが誇るエンターテイメントの神髄をすべて注ぎ込まれていた東京公演初日。この熱狂を引き継ぎ、8月26日(日)にファイナルを迎える。

Text by 秦理絵



【関連リンク】
『a-nation2018』ファイナルとなる東京公演初日が開幕!
BiSHまとめ
C&Kまとめ
超特急まとめ
CHEMISTRYまとめ

【関連アーティスト】
BiSH, C&K, 超特急, CHEMISTRY, NCT 127, Da-iCE, BoA, m-flo, 東方神起
【ジャンル】
J-POP, K-POP, ライブ・フェス, ニュース, EBiDAN, 韓流アイドル, 夏フェス, ライブレポ

伊藤美裕、『ミユダマ2018』で岩沢幸矢、川島ケイジらと熱唱!
Sun, 26 Aug 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

伊藤美裕が主催する歌謡曲フェス『伊藤美裕のミユダマ〜2018夏の歌謡祭〜』が、8月25日(土)に東京・赤坂グラフィティにて開催された。コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティストとして、2011年4月にデビュー、同年末のレコード大賞新人賞を受賞、2018年に活動7年目を迎えている「歌謡曲の歌姫」伊藤美裕。2013年より、ロックならぬ“歌謡曲の夏フェス”を作ろうという趣旨で、伊藤美裕自身が呼びかけ『伊藤美裕のミユダマ』という歌謡曲フェスティバルを年に一回、開催。歌謡曲を独自の感覚でリスペクトするアーティストたちが集い、世代を超えた音楽ファンと楽しめる夏フェスとなっている。

今回、伊藤美裕の呼びかけに賛同してくれた、ブレッド&バターの岩沢幸矢、シンガーソングライターの川島ケイジの2組のアーティストが出演した。本番前にマスコミ用の公開リハーサルに臨み、全員でアンコールで歌うはっぴいえんどの「風をあつめて」を歌唱。本番までの意気込みをそれぞれ語った。

伊藤は“2013年から趣向を凝らしてやってきたんですが、今年は大人っぽいさわやかな風を感じてもらえるような、特に猛暑だったので、夏の終わりにさわやかな気持ちになって、みんなで夏の思い出を作ろうというイベントにしたいなと思ったのが始まりでした。ブレッド&バターの岩沢幸矢さんと川島ケイジさんに2018年は来ていただきました。岩沢さんに関してはブレッド&バターさんがコロムビアレコードの大先輩だし、ポップスの草分け的な伝説的な存在で、まさか来ていただけるとは思っていなかったのですが、快く来ていただけて本当に嬉しいです。私自身がすごく楽しみです。そして川島ケイジさんもスタッフの方からすごくかっこいいシンガーソングライターがいるよ、ということで聴かせていただいてたのですが、2017年はタイミングが合わず、2018年は来ていただけるということですごく楽しみにしていました。私自身がお二人のパフォーマンスをとても楽しみにしています。お二人が夏男なので、お二人の燃える夏男感に負けないように頑張ります”と語った。川島は“2018年は急遽、一週間前に出演が決定しまして、素敵なアーティストの皆さんとステージを作れることが楽しみです。美裕さんとのデュエットも「夏の終わりのハーモニー」を歌わせてもらうんですが、楽しみにしています”と語った。岩沢は“僕だけ年配なんですが、楽しくやりたいと思います”と語った。

選曲について伊藤は“私はこれまで歌謡曲をずっとやっていましたが、歌謡曲とポップスの接点みたいなところを探していて、そこから70年代のポップスなんかを色々と聴いていたんですが、いしだあゆみさんとティンパンアレイの曲だったり、そういう接点みたいなものの中から選曲しました”と語った。また、このイベントが6回目だと言うことを問われると、“あんまり頑張りすぎるのは好きじゃないので、ゆるゆると考えて実現してマイペースに作っていきたいなと思います”と語った。

本番は60名の観客の前に白のワンピース姿で登場した伊藤が、大瀧詠一の「カナリア諸島にて」のカバーでスタート。“みなさん、こんにちは。伊藤美裕です。今日はミユダマ2018夏の歌謡祭にようこそお越しくださいました。このイベントは2013年から毎年行っている夏のイベントで、夏の終わり最後の週末に行っているんですが、みんなで夏の思い出を最後に作りましょう。と言うことで、いろいろとテーマを変えたりなんかしてお届けしてきました。2018年は大人なさわやかな風を、2018年は暑かったので、音楽でさわやかになってほしいと、素敵なゲストの方にきていただいて実現することが出来ました。今日は最後まで楽しんでいってほしいなと思います”と語った。

その後、一人目のゲストの川島ケイジを呼び込むと、川島は「All are」でステージをスタート。続けて「Stay Away」を歌うと、伊藤美裕について“美裕さんとは今回初めてお会いしたんですが、二言三言会話したくらいで面白い人だなとわかった。歌うとぐっとスイッチが入って、大人な感じになるのがギャップがあって、かっこいいなと思いました。”と印象を語った。その後、玉置浩二さんの「メロディ」をカバー。オリジナルの「夜の向こう側」を歌うと、伊藤を呼び込み、二人で「夏の終わりのハーモニー」をコラボしてカバーした。

二人目のゲストはブレッド&バターの岩沢幸矢。岩沢は慣れない昼のステージに“なんか今日はすごく朝早くて、いつもは夜型なんで、結構まだおねむさんですけど”と笑いながら、「夕焼けのない町」でスタート。“これは実際に辻堂にあったお店で、いろんな人が来ていて、自分の心の安らぐ場所でした”と話すと、ハーモニカをふきながら「リトルジョージ」を歌唱。その後、伊藤を呼び込み、スティーヴィー・ワンダーから提供された「特別な気持ち」をコラボして歌唱。その後はブレッド&バターの名曲を含めて披露した。

伊藤はトリで山口百恵の「喪服さがし」で登場。いしだあゆみの「私自身」と続けると、“みなさん、楽しんでくださってますか?素晴らしい方々に立て続けに登場していただいて、私自身も岩沢さんの生の声に感無量になっています。ここからは爽やかな風を感じてもらえるように一生懸命歌いたいと思います”と語った。その後、ティンパンアレイのカバーや沢田研二のカバーなど70年代のカバー曲を5曲歌唱。アンコールでは「蘇州夜曲」を歌唱して再登場。最後に川島と岩沢を再度呼び込み、はっぴいえんどの「風をあつめて」を3人で歌唱して伊藤美裕の夏フェスはフィナーレを迎えた。

また、伊藤は12月2日(日)に大阪のソープオペラクラシックスで、12月8日(土)に恵比寿天窓switch.で、ワンマンライブを行うことも発表した。

【セットリスト】
01.カナリア諸島にて(大瀧詠一)(伊藤美裕福)
02.All are(川島ケイジ)
03.Stay Away(川島ケイジ)
04.メロディ(玉置浩二)(川島ケイジ)
05.夜の向こう側(川島ケイジ)
06.夏の終わりのハーモニー(井上陽水&安全地帯)(川島,伊藤)
07.夕焼けのない町(ブレッド&バター) (岩沢幸矢)
08.リトルジョージ(ブレッド&バター)(岩沢幸矢)
09.特別な気持ち(I just call to say I love you)(ブレッド&バター) (岩沢,伊藤)
10.I don\'t want talk about it(ロッド・スチュワート)(岩沢幸矢)
11.Pink Shadow(ブレッド&バター)(岩沢幸矢)
12.マリエ(ブレッド&バター)(岩沢幸矢)
13.喪服さがし(山口百恵)(伊藤美裕)
14.私自身(いしだあゆみ)(伊藤美裕)
15.Midnight Love Call(石川セリ)(伊藤美裕)
16.中央フリーウェイ(松任谷由実)(伊藤美裕)
17.ろっかばいまいべいびい(ティンパンアレイ)(伊藤美裕)
18.君をのせて(沢田研二)(伊藤美裕)
19.ソバカスのある少女(ティンパンアレイ)(伊藤美裕)
<アンコール>
1.蘇州夜曲(伊藤美裕)
2.風をあつめて(はっぴいえんど)(伊藤,岩沢,川島)



【関連リンク】
伊藤美裕、『ミユダマ2018』で岩沢幸矢、川島ケイジらと熱唱!
伊藤美裕まとめ
ブレッド&バターまとめ
川島ケイジまとめ
ジョン・レノン、アルバム『イマジン:アルティメイト・コレクション』発売決定

【関連アーティスト】
伊藤美裕, ブレッド&バター, 川島ケイジ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, 夏フェス, セットリスト, ライブレポ

ジョン・レノン、アルバム『イマジン:アルティメイト・コレクション』発売決定
Sun, 26 Aug 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ジョン・レノンの「イマジン」の全てがわかる最強コレクション『イマジン:アルティメイト・コレクション』 が、10月5日(金)に発売されることがわかった。さらにジョン&ヨーコが製作した2本の映像作品も同時発売決定。140曲にも及ぶリミックス、リマスター、ライヴ、アウトテイク等を収録した4CD+2ブルーレイ入りボックス・セットを含む、『イマジン:アルティメイト・コレクション』は、『イマジン』がいかにして作られたかを体験できる内容。2本の映像作品『イマジン』と『ギミ・サム・トゥルース』はオリジナルのネガを1コマずつ手作業で修復し、HDでリマスター。『イマジン』は今回初のDVD、ブルーレイでの発売、『ギミ・サム・トゥルース』も初のブルーレイで発売される。

また、10月9日(火)にはヤマハミュージックエンタテインメントホールディングスより、世界初公開の写真資料が満載の書籍『イマジン ジョン&ヨーコ』が全世界同時発売される。

“『イマジン』は世界中の子どもたちへの溢れるほどの愛と心遣いをもってつくられたアルバムです。皆さん、楽しんでいただけると嬉しいです”ボックス・セットに収録されている120ページのブックレットの序文でヨーコ・オノ・レノンはそう綴っている。この140曲に亘る歴史的なリミックスおよびリマスター・コレクションは、すべてヨーコ・オノ・レノンからのクリエイティヴ・ディレクション、および全体監修のもとに制作。CD4枚とブルーレイ・ディスク2枚に及ぶこのコレクションは、様々なリスニング体験を可能にする。このアイコン的なアルバムに含まれる時代を超越した楽曲に対して全く新たな音的深みを与えるミックスから、レノンとプラスティック・オノ・バンドのオリジナルの飾り気のない演奏が聴けるライヴ・スタジオ・ミックス、限界を広げた5.1サラウンド・サウンドのミックス、そして約50年ぶりに蘇ったオリジナルの4チャンネルのスピーカー用のミックスのリマスター。

この究極のディープなリスニング体験には、未発表のデモ・ヴァージョン、レアなアウトテイク、隔離されたトラック・エレメント、そしてユニークな各々の楽曲の音声解説である“エヴォリューション・ドキュメンタリー”ではそれぞれの曲がデモ・テープの段階からマスター・レコーディングとして仕上がるまでの過程を、楽曲への指示、リハーサル、レコーディング、マルチトラックでのミキシング作業、そしてスタジオでの話し合い時の音声で再現。オリジナルの『イマジン』アルバムは、ヨーコ・オノ・レノンの監修の下、アビイ・ロード・スタジオで前述のポール・ヒックスにより忠実にリミックスされた。ヒックスはこの作業のためにHDの24-bit/96kHzを使用して、アルバムのオリジナルの第一世代マルチトラック・レコーディング・テープのオーディオ・トランスファーを行なった。そして、その結果、楽器とヴォーカルの両方が今までよりも格段にクリアに聴こえるようになった。

特にブルーレイ・ディスク1のサラウンド・サウンドのミックスではそれが顕著だ。スーパー・デラックス版に付属するブックレットでヒックスもこう記している。“ヨーコは、このアルティメット・ミックスでは、3 つのことを達成したいと熱心に語っていた。オリジナルに忠実で、オリジナル音源に敬意を表したものであること、全体的にクリアな音にすること、そして、ジョンのヴォーカルをより明瞭に聴かせること。‘ジョンが肝心だから’と彼女は言っていた。そして彼女は正しかった。彼の声こそ、このアルバムに感情的なインパクトを与える最も大きな要素だった。”と。加えてヒックスは、オリジナルのスペクター/レノン/オノの手による『イマジン』の4チャンネル・ステレオ用のミックスのリマスターも行なった。オリジナルがリリースされて以来、この4チャンネル用のミックスに手が加えられたのは初めてのこととなる。

『イマジン:アルティメット・コレクション』は、クリエイティヴな才能の頂点を極めていたアーティストの作業を完璧に網羅した、究極のディープ・リスニング体験へと誘うコレクションである。ぜひチェックしてほしい。

アルバム『イマジン:アルティメイト・コレクション』

2018年10月5日発売



【スーパー・デラックス・エディション】(4CD+2Blu-ray+豪華ブック付きボックスセット)
UICY-78855/¥12,000+税
※日本盤のみ:SHM-CD仕様/英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
<収録内容>
・CD1:アルバム ? アルティメイト・ミックス ディスク1
・CD2:アルティメイト・ミックス ディスク2
・CD3:ロウ・スタジオ・ミックス
・CD4:エヴォリューション・ドキュメンタリー
・Blu-ray1:イマジン: アルティメイト・ミックス
・Blu-ray2:イン・ザ・スタジオ・アンド・ディーパー・リスニング



【2CDデラックス・エディション】
UICY-15758/9/¥3,600+税
※日本盤のみ:SHM-CD仕様/英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
<収録内容>
・CD1:リミックス・アルバム+シングルズ&エクストラズ
・CD2:エレメンツ・ミックス+アウトテイクス

【1CD】
UICY-15760/¥2,500+税
※日本盤のみ:SHM-CD仕様/英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
<収録内容>
・リミックス・アルバム+シングルズ&エクストラズ

【2LP(輸入国内盤仕様/完全生産盤)】
UIJY-75091/2/¥5,500+税
※日本盤のみ:英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
<収録内容>
・LP1:リミックス・アルバム
・LP2:アウトテイクス

【2LPクリア・ヴィニール(UNIVERSAL MUSIC STORE限定/輸入国内盤仕様/完全生産盤)】
PDJT-1015/6/¥6,000+税
※日本盤のみ:英文ライナー翻訳付/歌詞対訳付
<収録内容>
・LP1:リミックス・アルバム
・LP2:アウトテイクス

◎詳しくはこちら:https://www.universal-music.co.jp/john-lennon/discography/cat/album/

書籍『イマジン ジョン&ヨーコ』

2018年10月9日発売



GTB01090097/¥5,800+税
仕様:320ページ、大型本、ハードカバー
著:ジョン・レノン/オノ・ヨーコ
日本版監修:松村雄策
翻訳:川岸 史/岩井木綿子

DVD『イマジン/ギミ・サム・トゥルース』/ジョン・レノン&ヨーコ・オノ

2018年10月5日発売



UIBY-15092/¥3,700+税
※日本盤のみ:日本語字幕付/英文ライナー翻訳付

◎詳しくはこちら:https://www.universal-music.co.jp/john-lennon/discography/cat/other/

Blu-ray『イマジン/ギミ・サム・トゥルース』/ジョン・レノン&ヨーコ・オノ

2018年10月5日発売



UIXY-15020/¥4,600+税
※日本盤のみ:日本語字幕付/英文ライナー翻訳付

◎詳しくはこちら:https://www.universal-music.co.jp/john-lennon/discography/cat/other/



【関連リンク】
ジョン・レノン、アルバム『イマジン:アルティメイト・コレクション』発売決定
John Lennonまとめ
A9、14周年記念ワンマンライブで来春に再録ベスト盤発売&ワンマンツアー開催を発表

【関連アーティスト】
John Lennon
【ジャンル】
洋楽, ニュース, DVD, Blu-ray, アルバム, 発表, リリース, 発売

A9、14周年記念ワンマンライブで来春に再録ベスト盤発売&ワンマンツアー開催を発表
Sun, 26 Aug 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

A9が14周年を記念したワンマンライブ『14TH ANNIVERSARY&ONEMAN TOUR 2018 FINAL 「ALICE IN CASTLE」-星の王子と月の城-」』を8月25日(土)に新木場STUDIO COASTにて開催した。

本公演は事前に「A9史上初の試み。」とだけ発表されており、謎のベールに包まれたままだった。ステージに表示された時計が進み17時14分に鐘の音と共に開演。ナレーションが流れ、SEと共に順番に王子姿のメンバーがステージに設置された階段から登場しライブスタート。4曲目にて早くも話題の「CASTLE OF THE NINE」へ突入。しかし、大盛り上がりの会場に突然の煙が発生しライブが中断。会場が騒然となっているところに、モニターには目玉が映り怪しい声と共に魔王が登場した。そう、A9史上初の試みが始まった。メンバーが普段から口にしているV系を総合芸術として定義するという言葉が現実となり、大いに会場を沸かせた。行けなかった方やもう一度見たい方は、2018年に発売が決定している本公演のLIVE DVD&Blu-rayにて是非確認してほしい。

そして、今回の公演にはスーパーバイザーとしてKen(L\'Arc-en-Ciel)が参加。しかも、A9と共に会場を盛り上げた魔王の声を演じたのが先日OLDCODEXとして対談し、メンバーからの異例のオファーに応えた“ta_2”こと鈴木達央である。

また、終演後には、“狂乱と官能に染まった「攻め」のA9” 『「絶対“黒”領域」A9 2018冬TOUR』と、“14年の歴史の中で生まれた数々の名曲達をオーケストラアレンジで彩る聖なる夜”『ALICEMAS 2018〜A9 with ORCHESTRA』の開催が新たなアートワークとともに発表になった。更には2019年春にメンバーセレクトの“全曲再録”2枚組ベストアルバムの発売も発表になり会場を大いに沸かせた。

Photo by Miki Fujiwara

【ライブ情報】

ツアー『「絶対“黒”領域」A9 2018冬TOUR-狂乱と官能に染まった「攻め」のA9- 』
12月21日(金) NAGOYA ReNY limited
12月23日(日・祝) 品川プリンス ステラボール
1月06日(日) なんばHatch

ライブ『「ALICEMAS 2018〜A9 with ORCHESTRA」-14年の歴史の中で生まれた数々の名曲達を、オーケストラアレンジで彩る聖なる夜-』
12月24日(月・振休) 品川プリンス ステラボール

※詳しくはオフィシャルHPへ。

ベストアルバム『タイトル未定』

2019年春発売予定



<収録曲>
■DISC1 CD
01.タイムマシン
02.華一匁
03.グラデーション
04.H.A.N.A.B.I.
05.銀の月 黒い星 ※Single"F+IX=YOU"収録
06.無限の花
07.平成十七年七月七日
08..光環
09.ヴェルヴェット
10.FANTASY
■DISC2 CD
01.NUMBER SIX.
02.-Dice-
03.虹彩
04.RAINBOWS
05.CROSS GAME
06.the beautiful name
07.Waterfall
08.Le Grand Bleu
09.GEMINI-0-eternal
10.GEMINI-I-the void
11.GEMINI-II-the luv



【関連リンク】
A9、14周年記念ワンマンライブで来春に再録ベスト盤発売&ワンマンツアー開催を発表
A9まとめ
ストレイテナー、“ファンが選ぶ”ベスト盤収録曲の投票結果を発表

【関連アーティスト】
A9
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売, ツアー, ワンマン, ライブレポ

ストレイテナー、“ファンが選ぶ”ベスト盤収録曲の投票結果を発表
Sun, 26 Aug 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ストレイテナーが8月25日(水)、“ファンが選ぶ”究極のベストアルバムの開票イベントを恵比寿ガーデンルームにて開催し、楽曲の投票ランキング発表にあわせて、アルバムの詳細も発表した。2003年のメジャーデビュー以降にリリースした全楽曲の中から、ファン投票によって選ばれた、まさに真のベストアルバムとして2枚同時リリースとなる。ファン投票(投票期間:6月12日〜8月17日)によって選ばれた上位25曲に加え、メンバーそれぞれが選んだ4曲、さらに現在放送中のTVアニメ『アンゴルモア-元寇合戦記-』オープニングテーマとしてデジタル配信中の「Braver」を加えた全30曲。これらを15曲ずつに分け、メンバーが考え抜いた曲順でVol.1とVol.2に分けて収録。初回限定盤のDVDにはCDに収録される楽曲ぞれぞれのLIVE映像が収録される。過去のどのLIVE映像が収録されるのか?!メンバー3人時代か?はたまた2人時代か?初収録の貴重な映像も収録予定なので見逃せない。なお、初回限定盤Vol.1とVol.2同時ご購入の方には、“スペシャル三方背スリーブケース”がCD SHOP/WEB SHOP特典としてプレゼントされる。

そして、2ヶ月にわたったファン投票で数ある楽曲の中からランキングが発表され、見事1位の栄冠に輝いたのは、2004年リリースのミニアルバム『ROCK END ROLL』に収録された「REMINDER」。続く2位は2015年シングルリリースし、アルバム『COLD DISC』にも収録された「シーグラス」、3位は2014年リリースのアルバム『Behind The Scene』に収録された「彩雲」がランクイン。1位から25位までの楽曲、25曲がベストアルバムには収録されるので、追々発表されるメンバーが考え抜いた曲順を楽しみにしていて欲しい。

なお、本イベントでサプライズで解禁された、TVアニメ『アンゴルモア-元寇合戦記-』オープニングテーマ曲「Braver」のミュージックビデオのフル尺がYouTube上にも公開された。アニメ尺で公開されていたミュージックビデオの全貌を是非チェックして欲しい。

また、ジャケットやタイトル等その他の情報は追って、アナウンスされるので楽しみに待っていて欲しい。アニバーサリーイヤーのリリース第5弾となる、このベストアルバムは昔からのファンはもちろん、最近ストレイテナーを知った人でも楽しめる、真のベスト盤となる作品になるので是非手に入れて欲しい。

■BEST ALBUM特設サイト
http://smarturl.it/tener_20thbest

■【ベストアルバム 投票ランキング】 ※上位25位まで

01.REMINDER
02.シーグラス
03.彩雲
04.Melodic Storm
05.冬の太陽
06.ROCKSTEADY
07.SIX DAY WONDER
08.Lighting
09.Farewell Dear Deadman
10.Toneless Twilight
11.DAY TO DAY
12.ネクサス
13.Ark
14.シンクロ
15.AGAINST THE WALL
16.TRAIN
17.シンデレラソング
18.SAD AND BEAUTIFUL WORLD
19.PLAY THE STAR GUITAR
20.KILLER TUNE
21.DISCOGRAPHY
22.羊の群れは丘を登る
23.泳ぐ鳥
24.WHITE ROOM BLACK STAR
25.TENDER

アルバム『タイトル未定』

2018年10月17日発売



◎「タイトル未定」Vol.1
【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-69130/¥3,996+税
【通常盤】(CD)
TYCT-60121/¥2,916+税

◎「タイトル未定」Vol.2
【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-69131/¥3,996+税
【通常盤】(CD)
TYCT-60122/¥2,916+税



【関連リンク】
ストレイテナー、“ファンが選ぶ”ベスト盤収録曲の投票結果を発表
ストレイテナーまとめ
鶫真衣擁する陸上自衛隊中部方面音楽隊がライヴ映像公開

【関連アーティスト】
ストレイテナー
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, ライブレポ

鶫真衣擁する陸上自衛隊中部方面音楽隊がライヴ映像公開
Sun, 26 Aug 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ソプラノ歌手の鶇真衣3曹を擁する陸上自衛隊中部方面音楽隊が、大阪城音楽堂で行なわれた『たそがれコンサート』のステージ映像を公開した。

公開された楽曲は、 椎名林檎「NIPPON」、supercell「君の知らない物語」のカバーで、2曲とも陸上自衛隊中部方面音楽隊のアルバム『いのちの音』に収録されている。なお、同アルバムは7月9日付のオリコン週間アルバムクラシックランキング初登場1位を記録した。

アルバム『いのちの音』

発売中



COZQ-1444〜1445/¥3,241(税抜)
※CD+DVD:
<収録曲>
1.NIPPON(椎名林檎2014年)  
2.おひさま〜大切なあなたへ(平原綾香2011年)
3. I believe(絢香2006年)
4.いのちの名前(木村弓2001年)
5.おんがく(合唱曲2011年)
6.ひまわりの約束(秦基博2014年)
7.君の知らない物語(supercell 2009年)
8.世界の約束(倍賞千恵子2004年)
9.いのちの理由(さだまさし2011年)
10.いのちの歌(茉奈佳奈2009年)
11.さよならの夏〜コクリコ坂から〜(手嶌葵2011年)
12. いのちの音(オリジナル2018年)




【関連リンク】
鶫真衣擁する陸上自衛隊中部方面音楽隊がライヴ映像公開
陸上自衛隊中部方面音楽隊まとめ
鶫真衣まとめ
寿君、「あー夏休み」MV撮影地のスパリゾートハワイアンズにてライブ開催決定

【関連アーティスト】
陸上自衛隊中部方面音楽隊, 鶫真衣
【ジャンル】
J-POP, ニュース

寿君、「あー夏休み」MV撮影地のスパリゾートハワイアンズにてライブ開催決定
Sun, 26 Aug 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7月にアルバム『ニューレベ』でメジャーデビューを果たしたレゲエシーン期待の星・寿君。国民的夏歌であるTUBEの「あー夏休み」を大胆にフレーズサンプリングした、“寿君”節炸裂の超夏うた「あー夏休み」のミュージックビデオが話題となりYouTubeで現在60万再生突破している。

そのミュージックビデオ撮影地となる福島県いわき市にあるスパリゾートハワイアンズにて、9月2日(日)にスペシャルライブの開催が決定した。ライブ後はサイン会の開催も予定されている。平成最後の夏休みの最終日となる日曜日。寿君のライブと合わせて東京ドーム6個分の敷地に6つのテーマパークを備えるスパリゾートハワイアンズで1日楽しめること間違いなし!

そして、2018年10・11月からは寿君ワンマンツアーを控えるので是非そちらも合わせてチェックしてほしい。詳しくはオフィシャルHPへ。

■『「あー夏休みSPECIAL LIVE」 in スパリゾートハワイアンズ』

9月02日(日) 福島スパリゾートハワイアンズ
<時間>
1部:12時〜/2部:15時〜
<料金>
観覧無料 ※スパリゾートへの入場料が別途かかります。
※詳細はこちら:http://kotobukikun.com/news/detail/275

■『NEW LEVEL TOUR 2018』

10月14日(日) 宮城・space Zero
10月20日(土) 愛知・RAD HALL
10月27日(土) 福岡・DRUM SON
11月03日(土) 大阪・十三GABU
11月10日(土) 東京・O-WEST
<チケット>
¥4,000(税込)
■特設ページ:http://kotobukikun.com/newleveltour2018/index.php

アルバム『ニューレベ』

発売中



【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-69129/¥3,241+税
【通常盤】(CDのみ)
TYCT-60119/¥2,315+税
<収録曲>
■CD
01.一人じゃない
02.あー夏休み
03.Jump & Let\'s Go feat.ベリーグッドマン
04.SUMMAH!!
05.マンマ・ミーア feat.APOLLO
06.自由に舞う
07.Touch inna Jamaica
08.大阪 X’mas Eve Lover
09.キミと未来 feat.Ms OOJA & 寿君 / SPICY CHOCOLATE
10.曇りのち晴れ
11.ONE LIFE
■DVD ※初回限定盤のみ
01.SUMMAH!!(MV)
02.あー夏休み(MV Making)
03.あー夏休み(MV)
04.「not Alone TOUR-一人じゃない-」名古屋公演(2018.5.12)ダイジェスト
05.一人じゃない(MV Making)
06.一人じゃない(MV)
07.大阪 X’mas Eve Lover(MV)
08.ONE LIFE(MV)



【関連リンク】
寿君、「あー夏休み」MV撮影地のスパリゾートハワイアンズにてライブ開催決定
寿君まとめ
『第4回 Perfume ダンスコンテスト』グランプリが決定!

【関連アーティスト】
寿君
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 発表, レゲエ

『第4回 Perfume ダンスコンテスト』グランプリが決定!
Sun, 26 Aug 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2011年から不定期で行われている、Perfumeの楽曲を課題曲としたダンスコンテストの『第4回 Perfumeダンスコンテスト“〜踊れ!TOKYO GIRL〜”』の決勝戦が、8月25日(土)に東京・六本木の泉ガーデンギャラリーにて開催された。

この大会はPerfumeの楽曲に合わせて出場者たちがダンスを踊り、そのスキルの高さを競うというもの。前回から3年ぶりの開催となる今回は「TOKYO GIRL」を課題曲として実施。振り付けはもちろん、メンバーの細かいクセや表情、グルーヴまで完全コピーすることが求められる。決勝にはグループとソロを合わせて24組が出場し、国内のみならず中国、カナダ、イギリス、台湾、オーストラリアなどからパフォーマーが参加。Perfumeの3人が自ら審査員を務め、ハリセンボンの2人が司会としてイベントを進行した。また加えて、Perfumeの楽曲「Everyday」を課題曲にしたパナソニック主催の「AWA DANCE CONTEST」も合同開催。これはパナソニック洗濯機の独自機能である温水泡洗浄を自由なオリジナルダンスを通して表現するというもので、「子供・親子部門」「夫婦・カップル部門」「友達・職場同僚部門」の3部門から、Perfumeの振付演出を担当するMIKIKOの審査により選ばれた各1グループがパフォーマンスを披露した。「踊れ!TOKYO GIRL」「AWA DANCE CONTEST」共にグランプリには温水泡洗浄搭載のパナソニック洗濯機が1台贈呈され、さらに各グランプリと準グランプリに「Perfumeダンスヒール」が1人1足プレゼントされた。

パナソニック主催の『AWA DANCE CONTEST』でグランプリを受賞したのは、「子供・親子部門」に出場した32歳の父親と9歳の息子からなる泡洗浄ボーイズ。のっちはこれについて「最初の『It\'s so happy』の笑顔にやられちゃった」と説明した。「Perfumeダンスコンテスト」では、海外の参加者の中から選ばれるインターナショナル賞をカナダ・バンクーバーから来日したManniが受賞。彼女とのっちが並んで立つと、改めてそのそっくりぶりに会場が沸き、のっち「ドッペルゲンガーはカナダにおったんやねえ」と笑った。特別賞は女性ソロダンサー・やまこと、ポッチャリ体型の男性3人組・D×Dが獲得。やまこは「癖のないダンスと、ここから伸びていくだろうなという可能性、ダンスに対する純粋な気持ち」が受賞の決め手になったとのことで、D×Dについては「忘れられないキャラクター」を評価ポイントとして挙げて「いろんな人たちに私たちのダンスを踊ってもらいたいという気持ちがあるけれど、それを体現してくれている」と語った。準グランプリに選ばれたのは23歳の女性3人組・WaRM。彼女たちについて、のっちは「正直優勝です。最後の出番で緊張したと思うけど、それを見せないチームワークとパフォーマンスでした」と絶賛した。

そして、『Perfumeダンスコンテスト』のグランプリに輝いたのは、広島在住の女性3人組・Fragrance。彼女たちのダンスについて、あ〜ちゃんは感慨深げに“満場一致でした。心を動かされるダンスってこういうことだよねという答えを見たような気がします。私たちもこういうグループでありたいし、こういうダンスを踊りたいねって、3人とも感じてました”と評していた。受賞を受けてFragranceのメンバーは“1回目のコンテストからこのステージに立つことをずっと夢見ていたので、決勝に出れるって決まった時点で信じられないくらいだったんですけど、まさかグランプリまでいただけるなんて。本当に胸がいっぱいです”と涙ながらにコメントした。

イベントの最後にはPerfumeが、「AWA DANCE CONTEST」グランプリ受賞者の泡洗浄ボーイズ、『踊れ!TOKYO GIRL』グランプリ受賞者のFragranceとそれぞれステージでコラボダンスを披露し、会場は拍手と歓声の渦に。イベントの最後にあ〜ちゃんは“最高の時間でした。こんなにも自分たちのやってることが多くの方たちに届いてて、研究してくれてたり思いを重ねてくれているというのが伝わってきて『Perfumeやってきてよかったな』『ダンス続けてきてよかったな』って思いました”と挨拶した。

Text by 橋本尚平
Photo by 上山陽介

■『第4回 Perfume ダンスコンテスト 〜踊れ!TOKYO GIRL〜』特設サイト
https://www.perfume-web.jp/cam/odoreTOKYOGIRL/
■『AWA DANCE CONTEST』特設サイト
https://panasonic.jp/wash/awa/dc1.html



【関連リンク】
『第4回 Perfume ダンスコンテスト』グランプリが決定!
Perfumeまとめ
NOISEMAKER、自主企画ファイナルで2019年1月にCDリリースを発表

【関連アーティスト】
Perfume
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ダンス, レポート

NOISEMAKER、自主企画ファイナルで2019年1月にCDリリースを発表
Sun, 26 Aug 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

NOISEMAKERが東京・名古屋・大阪・札幌の4箇所で自主企画『NOISEMANIA』を開催し、全箇所ソールドアウトを達成! そして、そのファイナル公演となる8月25日(土)に行われた新代田FEVERでのライブにて、早くも次の新作CDのリリースを発表した。

これまでのキャリアが長い中、本当の意味でライブやバンド活動が、一人で行えているものではないと語る彼らは、ファンも全て背負って大きな「翼」を広げて上へ上がっていくことを決意。その決意がパフォーマンスからも伝わり、近年のNOISEMAKERのライブ動員は増えに増えている。そんな状況ゆえに、制作意欲が湧きだし、次作の発表となった模様である。詳しいことは追ってHPなどで解禁されていくようだが、新作は来年の1月にリリース計画中とのこと。

NOISEMAKERはこの秋、全国ツアー『JMS presents BODY and SOUL TOUR』に帯同が決まっており、その他大規模なイベントにも出演が多く、さらに多くの人の前で彼らが翼を広げ飛ぶ姿を観れるであろう。

全国ツアー『JMS presents BODY and SOUL TOUR』

10月06日(土) DIAMOND HALL
10月13日(土) 仙台Rensa
10月14日(日) 新潟LOTS
10月16日(火) 神戸 太陽と虎
10月19日(金) 福岡 BEAT STATION
10月20日(土) 大阪 BIG CAT
10月28日(日) 新木場 STUDIO COAST

シングル「Wings」

発売中



PS-1002/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.Wings feat. JESSE (RIZE / The BONEZ)
2.SUNRISE
■DVD
『1/27 LIQUIDROOM ONE MAN SHOW』
01.Change My Life
02.One Dream One Roof
03.Something New
04.Flag
05.Mouse Trap
06.Butterfly
07.Home
08.SADVENTURES
09.Nothing to Lose
10.Fork in the Road



【関連リンク】
NOISEMAKER、自主企画ファイナルで2019年1月にCDリリースを発表
NOISEMAKERまとめ
『EBiDAN THE LIVE 2018』、スターダストチャンネルで生中継決定

【関連アーティスト】
NOISEMAKER
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, 発表, リリース, 発売, ライブレポ

『EBiDAN THE LIVE 2018』、スターダストチャンネルで生中継決定
Sun, 26 Aug 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月28日(火)・29日(水)に東京国際フォーラム ホールAにて行なわれるEBiDANのライブイベント『EBiDAN THE LIVE 2018 〜Summer Party〜』の模様が、月額制動画配信サービス『スターダストチャンネル』と、YouTubeにて生配信されることが決定した。

ライブの本編配信に加え、1日目は2017年に引き続き、誰が出演するのか予測不能の生番組『答えてエビライ2018』を配信予定。Twitterで“#答えてエビライ2018”で募集したファンの質問に、ライブ出演前のEBiDANメンバーが代わる代わる答えていく。2日目には、オープニングアクト出場権をかけたライブバトル「夢と涙のD7 〜ROAD TO EBiDAN THE LIVE 2018〜」の配信も予定されている。さらに2018年は、ライブ本編のリピート配信を実施。予定が合わずに視聴できなかったファンや、もう一度ライブを見たいファンは、忘れずにチェックしよう。

■『EBiDAN THE LIVE 2018 〜Summer Party〜』生配信情報

■8月28日(火)DAY1
事前無料配信:14:00〜オープニングアクトまで
ライブ本編(有料):17:00〜
リピート配信(有料):21:00〜
■8月29日(水)DAY2
D7ホールライブ配信(有料):13:00〜
ライブ本編(有料):16:00〜
リピート配信(有料):21:00〜

<配信ページ>
■生配信特設ページURL
http://stardust-ch.jp/feat/ebidanthelive2018
■無料配信URL
https://www.youtube.com/user/stardustdigital
※一部無料配信あり
※配信時間は変更となる場合があります。
※またリピート配信は、やむをえない事情により、内容の一部改変や、配信を中止とさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。



【関連リンク】
『EBiDAN THE LIVE 2018』、スターダストチャンネルで生中継決定
超特急まとめ
DISH//まとめ
PrizmaXまとめ
M!LKまとめ

【関連アーティスト】
超特急, DISH//, PrizmaX, M!LK, SUPER★DRAGON, EBiSSH, さくらしめじ, HONG¥O.JP, さとり少年団
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, EBiDAN, 配信

木村カエラ、『ちいさな英雄』コラボ映像公開
Sun, 26 Aug 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

木村カエラの新曲「ちいさな英雄」と映画『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間』のコラボレーションビデオが公開された。

同曲は8月24日から全国で公開されている映画『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間』のエンディングテーマ。制作サイドからのオファーを受け、子供から大人までが楽しめるアニメーション映画とのタッグを希望していた木村が楽曲提供した。

公開された映像には、『メアリと魔女の花』の米林宏昌監督の自身初となるオリジナルストーリーとなる『カニーニとカニーノ』や、高畑勲監督の右腕として活動してきた百瀬義行監督による『サムライエッ』」、宮崎駿監督作品の中心を担った山下明彦監督『透明人間』のシーンが挿入されている。

配信シングル「ちいさな英雄」

配信中



<収録曲>
1.ちいさな英雄
2.ポノック短編劇場のテーマ

■配信URL
・iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1421784186?app=itunes&ls=1
・レコチョク
http://recochoku.jp/album/A1010662429/
・mora
http://mora.jp/package/43000005/VEAWA-35715/
・Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/album/id1421784186
・LINE MUSIC
https://music.line.me/launch?target=album&item=mb00000000016c9efb&cc=JP
・Spotify
http://open.spotify.com/album/3JYLTTUHtf6Hpp3jD9UwvI



【関連リンク】
木村カエラ、『ちいさな英雄』コラボ映像公開
木村カエラまとめ
LAZYgunsBRISKY、日本公演の詳細発表&ファイナルは半年ぶりワンマン

【関連アーティスト】
木村カエラ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, MV, 配信, エンディング, 映画

LAZYgunsBRISKY、日本公演の詳細発表&ファイナルは半年ぶりワンマン
Sun, 26 Aug 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

LAZYgunsBRISKYが10月から開催するツアー『LAZYgunsBRISKY EU Tour 2018 -Hallo,again!-』の日本公演の詳細が発表された。

日本公演は3公演を予定しており、11月8日の大阪knaveには赤丸、Outside dandy、SaToMansion、11月9日の愛知CLUB ROCK‘N\'ROLLには赤丸、SaToMansionをゲストに迎える。11月11日の下北沢LIVEHOLICは約半年ぶりのワンマンライヴとなり、bastetoneがオープニングアクトを務める.

LAZYgunsBRISKYはLucy(Vo)、Yuko(Gt)、Azu(Ba)、Moe(Dr)からなる4人組ロックバンド。浅井健一のプロデュースで2008年にメジャーデビューを果たすが、2012年に解散。約3年の時を経て2015年に復活し、2017年にアルバム『NO BUTS』をリリースした。

■【『LAZYgunsBRISKY EU Tour 2018 -Hallo,again!-』日本公演概要】

11月08日(木) 大阪・knave
w:SaToMansion/赤丸/Outside dandy
11月09日(金) 愛知・CLUB ROCK‘N\'ROLL
w : SaToMansion/赤丸
11月11日(日) 東京・LIVEHOLIC
出演 : LAZYgunsBRISKY/bastetone(オープニングアクト)



【関連リンク】
LAZYgunsBRISKY、日本公演の詳細発表&ファイナルは半年ぶりワンマン
LAZYgunsBRISKYまとめ
Outside dandyまとめ
赤丸まとめ
SaToMansionまとめ

【関連アーティスト】
LAZYgunsBRISKY, Outside dandy, 赤丸, SaToMansion, bastetone
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, ツアー













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1