歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年08月19日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/08/28
2018/08/27
2018/08/26
2018/08/25
2018/08/24
2018/08/23
2018/08/22
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
X JAPAN、3日間で10万人を動員する幕張3Daysライブ開催決定
Sun, 19 Aug 2018 21:45:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

X JAPANが9月28日(金)〜30日(日)の3日間、幕張メッセで『X JAPAN Live 日本公演 2018 〜紅に染まった夜〜 Makuhari Messe 3Days』を開催することが決定した。これは8月19日(日)に放送された『YOSHIKI CHANNEL』の放送内でYOSHIKI自らの口から発表されたもので、開催発表と同時にチケット先行予約受付が開始された。3日間10万人規模のコンサートを、開催1ヶ月前での発表とは極めて異例。他に例のない、X JAPANらしい前代未聞のビッグサプライズである。

YOSHIKIはロサンゼルスから生出演した『YOSHIKI CHANNEL』で、今回のライブについて“直前まで、いろんな葛藤があったけど、もう一度前に進んでみようと思う。それがどのような未来に繋がるのか、このコンサートで決めようと思う”と語った。また、心臓に疾患を抱えて、実は現在治療を受けている最中にも関わらず、今回のライブ開催を決断したということも明かされた。

これほどの大型ライブ開催は、2010年に13万人を動員した日産スタジアム2Days以来となる。X JAPANがこれまでに行った日本公演は数限られており、いざ開催が決定すると毎回そのライブチケットの競争率の高さがニュースになるほど。今回も争奪戦になることは間違いない。ロックの殿堂、米マディソン・スクエア・ガーデンや、英ウェンブリー・アリーナ、また世界最大級の米国フェス・コーチェラでの大成功を経て、いまや世界的に活躍するアーティストとなったX JAPANのパフォーマンスを日本で見る事のできる数少ないチャンス。この貴重な機会を見逃す事はできない。

■『X JAPAN Live 日本公演 2018 〜紅に染まった夜〜 Makuhari Messe 3Days』

9月28日(金) 幕張メッセ国際展示場 1〜3 ホール
9月29日(土) 幕張メッセ国際展示場 1〜3 ホール
9月30日(日) 幕張メッセ国際展示場 1〜3 ホール
<チケット>
■スタンディング ¥13,000(税込)
■VIPパッケージ
・ゴールド:¥55,000(税込)
GOLD専用席(プラチナ席左右/後方・指定座)、VIPグッズ、サウンドチェックパーティー、VIP優先物販販売、VIP専用入場口
・プラチナ:¥98,000(税込)
プラチナ専用席(最前中央ブロック・指定席)、VIPグッズ、バックステージツアー、サウンドチェックパーティー、VIPトイレ、VIP優先クローク、VIP優先物販販売、VIP専用入場口

YOSHIKI CARD FC先行(抽選):8月19日(日)〜 8月21日(火)23:00



【関連リンク】
X JAPAN、3日間で10万人を動員する幕張3Daysライブ開催決定
X JAPANまとめ
ONE N\' ONLY、デビューシングル発売決定&最新アー写公開

【関連アーティスト】
X JAPAN
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, 発表

ONE N\' ONLY、デビューシングル発売決定&最新アー写公開
Sun, 19 Aug 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

“EBiSSH”と“さとり少年団(SBC)”による合同プロジェクト・ONE N\' ONLYが、11月21日(水)にデビューシングルをリリースすることを発表した。詳細はまだ発表されていないが、世界が注目するONE N\' ONLY =“唯一無二”のデビューシングル、その今後の動向を見逃さないでほしい。

ONE N\' ONLYはスターダストプロモーション所属の若手男性アーティスト集団EBiDAN (恵比寿学園男子部)のユニットであるEBiSSHとさとり少年団(SBC)の2グループが融合した、EIKU(Vo.)・TETTA(Vo.)・REI(Vo.)・HAYATO(Da.)・KENSHIN(Da.)・KOHKI(Da.)・NAOYA(Da.)からなる7人組のダンス&ボーカルユニット。2018年4月には、EBiSSHとSBCによる2マンライブにて初披露、その後YouTube上に公開された第一弾楽曲 「I\'M SWAG」 のMusic Videoは広く拡散され、特にアジア圏からのアクセスが殺到し100万回再生を突破!さらにデビュー前にもかかわらず10月には東名阪Zeppツアーの開催を発表するなど、その異例の動きに各所から注目を集めている。

■東名阪Zeppツアー『ONE N\' ONLY 〜EBiSSH×SBC〜 Zepp Tour 2018』

10月07日(日) Zepp Namba
10月14日(日) Zepp Tokyo
10月19日(金) Zepp Nagoya
<チケット>
全会場共通¥4,800(税込)
チケットプレオーダー受付:8月14日(火)12:00〜8月27日(月)23:59
※詳細はこちら:http://one-n-only.jp

シングル「タイトル未定」

2018年11月21日(水) 発売



【関連リンク】
ONE N\' ONLY、デビューシングル発売決定&最新アー写公開
ONE N\' ONLYまとめ
EBiSSHまとめ
さとり少年団まとめ
THE COLLECTORS、ニューアルバム発売&リリースツアー開催決定

【関連アーティスト】
ONE N\' ONLY, EBiSSH, さとり少年団
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, シングル, 発表, リリース, 発売

THE COLLECTORS、ニューアルバム発売&リリースツアー開催決定
Sun, 19 Aug 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

THE COLLECTORSが前作より約2年ぶりとなる、23枚目のオリジナルアルバムを11月7日(水)に発売することを発表した。この情報は8月19日(日)に渋谷CLUB QUATTROにて行われたライブのステージで発表されたもの。ライブでいち早く披露されている新曲を含む全10曲収録予定。

そして、同時にニューアルバムのリリースツアーが2019年1月20日(日)の札幌cube gardenを皮切りに全国7か所で開催されることも決定した。一般発売に先駆けて8月29日(水)よりオフィシャルサイト先行予約の受付がスタートする。確実にチケットを手にしたい方はお早めに。

THE COLLECTORSは先日バンドとして初のドキュメンタリー映画、そして日本初のモッズドキュメンタリー映画『THE COLLECTORS〜さらば青春の新宿JAM〜』の公開が発表されたばかり。結成30周年を越えてなお勢いを増すTHE COLLECTORSからまだまだ目が離せない。

■『THE COLLECTORS  アルバムツアー「タイトル未定」』

1月20日(日) 札幌cube garden
1月26日(土) 仙台CLUB JUNK BOX 
2月02日(土) 岡山YEBISU YA PRO 
2月03日(日) 福岡DRUM LOGOS 
2月09日(土) 新木場STUDIO COAST 
2月16日(土) 名古屋CLUB QUATTRO 
2月17日(日) 大阪BIG CAT 
<チケット>
一般¥4,200/キッズ(小学生対象)¥2,800 ※D代別
一般発売:12月1日(土)

アルバム『タイトル未定』

COCP-40539/¥2,800(税込)



全10曲収録予定

映画『THE COLLECTORS〜さらば青春の新宿JAM〜』

11月23日(金・祝)より新宿ピカデリー他にて劇場公開
公式HP:http://thecollectors-film.com/



【関連リンク】
THE COLLECTORS、ニューアルバム発売&リリースツアー開催決定
THE COLLECTORSまとめ
元イエスのリック・ウェイクマン、新作よりビートルズのカバーを先行配信

【関連アーティスト】
THE COLLECTORS
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売, ツアー

元イエスのリック・ウェイクマン、新作よりビートルズのカバーを先行配信
Sun, 19 Aug 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

リック・ウェイクマン(ex.イエス)のニューアルバム『ピアノ・オデッセイ』の日本盤が10月10日にリリースされる。日本盤のボーナストラックとなる「ジグ」のライヴ音源をはじめ、オリジナル曲4曲や、イエス、ザ・ビートルズ、クイーン、デヴィッド・ボウイのカバーなど、全13曲を収録。リックは弦楽オーケストラをバックに全曲スタインウェイピアノを演奏し、オーケストレーションと編曲も手掛けている。また、「ボヘミアン・ラプソディ」にはブライアン・メイ(クイーン)がアコースティックギターでゲスト参加している。

そして、そんなアルバムより「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」の配信がスタートした。

リックはアルバムに付属する自筆ライナーノーツで「“ラウンドアバウト”では、おそらくバンド形式では表すことのできない、この原曲の持つ異なる何層もの音色を明瞭に披露している。また私は長年ずっと“ボヘミアン・ラプソディ”ピアノ版を演奏してみたいと思っていた。この曲は傑出した楽曲であり、それは芸術作品と呼ぶべきだろう。…そして、我が友人のブライアン・メイがこの録音を許可し、寛大にも私のために驚くほど美しいアコースティック・ギターを演奏し、最高の花を添えてくれた」と語っている。

配信シングル「ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス」

配信中



■配信URL
https://itunes.apple.com/jp/album/id1424876314?at=10lpgB&ct=886447116890_al&app=itunes

アルバム『ピアノ・オデッセイ』

2018年10月10日発売



2018年10月10日発売
SICP-31182/¥2,500+税
<収録曲>
1.ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス(ザ・ビートルズ)
2.愛の夢(リスト)/アフター・ザ・ボール
3.アンド・ユー・アンド・アイ(イエス)
4.ロッキー(ザ・レガシー)
5.ボクサー(サイモン&ガーファンクル)
6.ワイルド・アイド・ボーイ・フロム・フリー・クラウド(デヴィッド・ボウイ)
7.ストロベリー・フィールズ・フォーエヴァー(ザ・ビートルズ)
8.ラウンドアバウト
9.シリル・ウルヴァリン
10.ジェーン・シーモア
11.ラルゴス(ヘンデル&ドヴォルザーク)
12.ボヘミアン・ラプソディ with ブライアン・メイ(クイーン)
13.ジグ(2018年3月のライヴ音源、日本盤限定ボーナストラック)
※リック・ウェイクマン執筆ライナーノーツ付属



【関連リンク】
元イエスのリック・ウェイクマン、新作よりビートルズのカバーを先行配信
Rick Wakemanまとめ
Yesまとめ
Brian Mayまとめ
angela、『蒼穹のファフナー』のスペシャルイベントにシークレットゲストで登場

【関連アーティスト】
Rick Wakeman, Yes, Brian May
【ジャンル】
洋楽, ニュース, CD, 新曲, 配信

angela、『蒼穹のファフナー』のスペシャルイベントにシークレットゲストで登場
Sun, 19 Aug 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

『蒼穹のファフナー』シリーズ最新作『蒼穹のファフナー THE BEYOND』を冠したスペシャルイベント『「蒼穹のファフナー THE BEYOND」スペシャルイベント〜真実〜』が8月18日(土)に神奈川県民ホール大ホールにて開催され、特報映像、出演キャストによるトーク、生アフレコ、すべてのシリーズで主題歌を担当するangelaによるミニライブに加え、様々な新情報が発表となった。

イベントが始まると、まずステージ上の巨大なLEDスクリーンに映し出されたのは『蒼穹のファフナー THE BEYOND』のプロモーション映像。angelaによるイメージソング「Prologue ―君の向こう側―」にのせた映像は、平和な日常と戦いに臨む姿の対比が息をつく間を与えない。

その余韻を残す中、次にファンが目にしたのは「蒼穹のファフナー」シリーズにおいて様々なドラマを思い出させる夏祭りをイメージしたセット。神社の入り口に暖かい光を放つぼんぼりが連なっている。司会の呼び込みに、今回のイベントの出演キャスト陣、皆城総士役の喜安浩平さん、真壁一騎役の石井 真さん、遠見真矢役の松本まりかさん、近藤剣司役の白石 稔さん、近藤咲良役の新井里美さん、水鏡美三香役の石川由依さんが、艶やかで涼しげな浴衣姿で登場。それぞれの柄は作中でキャラクターが着ている浴衣を意識し、モチーフや色に取り入れられた浴衣。今回の夏祭りのステージセットに映える衣裳での登場となった。

次は「蒼穹のファフナー」の過去作を振り返るコーナーへ。皆城総士と真壁一騎がメインの名シーンを中心に映像を見せながら、なんと総士役の喜安浩平、一騎役の石井 真が生アフレコ。各シーズンが肉声でさらに鮮やかに思い起こされる各シーンは、会場を感動と切なさと笑顔で満たした。生アフレコの後は、各々の作品について出演者全員で想い出を話した。普段のアフレコの現場では背中しか見ないと他の出演陣が客席と同じくらい興味津々で生アフレコをみつめる様子も楽しい。

過去作をたっぷりと振り返り、次はその先、『THE BEYOND』へ。ここで、『蒼穹のファフナー THE BEYOND』のビジュアルを見ながら、ビジュアルだけで出演者陣が内容を想像しあうコーナーへ。その中で使用されたビジュアルの1つは、今回公式サイトでも公開された瓦礫の街に両方の拳を握りしめ、瞳を真っ直ぐに前を見つめる幼さの残る総士と、その背後には総士と同様に真っ直ぐと前を見据える一騎。美しく広がる空が妄想を掻き立てるビジュアルだが、まだキャストも全容を知らない『THE BEYOND』。各々のキャストが想像する内容があまりにもフリーダムで、会場はたびたび爆笑が巻き起こった。また、誰に頼まれたわけでもなく、一騎役の石井真さんが自ら考えてきた「蒼穹のファフナー THE び音頭」(表記不明)を良い声で朗々と披露。まだ『蒼穹のファフナー THE BEYOND』の内容は伝えられないが、とにかく楽しみにさせるような歌詞のオリジナルソングで、会場にはその愛情がしっかり伝わっただろう。

次のコーナーは白石稔と新井里美の両者が揃っているということで、それぞれが演じている近藤剣司と近藤咲良の絆を振り返るものに。前作『蒼穹のファフナー EXODUS』で、二人は結婚。咲良は「要 咲良」から「近藤咲良」に変わった。これらのシーンを、またも贅沢に剣司役の白石さんと、咲良役の新井さんによる生アフレコで振り返る。総士と一騎のアフレコの時に興味深げに見ていた新井さんは、実際アフレコ用のマイクの前に立つと、少し照れつつも、実際の映像に合わせたポーズも白石さんと披露すると、客席は大盛り上がり。さらに、結婚式のシーンでは、二人の結婚を見ることなく去った人たちの存在や、当人でさえすぐ先の未来さえ杳として知れない幸せと悲しさの両方を内包するものだったが、今日は会場全体で二人の結婚式を祝った。

剣司と咲良の結婚式には遺影を抱えた参加者が多く参列していた。たくさんの仲間たちが散っていく中で今がある。そして、彼ら、彼女らを誰一人として決して“忘れない”。改めて散って行った仲間たちのラストシーンを集約した映像を、会場全体で見、改めて追悼した。

『蒼穹のファフナーEXODUS』で散った羽佐間カノンのラストシーンがフェードアウトしていくと、実際にカノンのラスト回のみで流れたエンディング主題歌、「愛すること」のイントロが流れ始め、ゆっくりと明るくなると浴衣に身を包んだangelaがステージに。シークレットゲストとしての登場だったため驚きと喜びの歓声が起こったが、ヴォーカルのatsukoが優しく語るように歌い始めると、また会場はカノンの余韻へと浸っていく。KATSUのアコースティックギターが加わり、サウンドがさらに厚みを増していく。それはカノンの想いが美しいatsukoの歌声に映り、会場の隅々まで満たされていくようだった。

割れるような拍手の後、“シークレット(ゲスト)のangelaです!いてもたってもいられなくて来てしまいました!”とangelaがさらに会場をトークで盛り上げ、石井さんに触発されたのか、atsukoも音頭を披露するという展開もあったが、最後は「蒼穹のファフナー」ファンの誰もがソラで歌えるであろう歌いだしで「蒼穹のファフナー」第一期OP主題歌の「Shangri-La」へ。衣裳が浴衣ということで、いつもはタオルのところ、青い手ぬぐいを振り回して一気にテンションをぶち上げる。KATSUもギターをエレキに持ち替えて粋に演奏する。会場のファンは総立ちで、手持ちのタオルや来場者プレゼントのオリジナル団扇など、様々なものを楽しげに回した。出演キャストも全員勢揃いして青い手ぬぐいを回し、このイベントに参加した全員で盛り上がった。

イベント出演キャスト全員とシークレットゲストのangelaもラインナップしたところで、怒涛の新情報発表へ。

まず『蒼穹のファフナー THE BEYOND』が完全新作の12話で2019年より劇場にて順次先行上映が開始されることが発表となった。第一期の放送開始から14年の時を経て、12話の完全新作というフルボリュームの情報に会場も、むしろステージ上の出演者も歓喜と驚きの声を上げた。そして、その新作の主題歌を担当するのは、もちろんangela。そうでなかったらもはや暴動が起きるレベルだろう。そして、2010年に公開された劇場アニメ『蒼穹のファフナー HEAVEN&EARTH』が、4D上映されることが企画中とのこと。いったいどんな観覧経験が得られるのか全くの未知数。さらに、“「蒼穹のファフナー」究極BD-BOX&CD-BOX”の発売が発表された。「究極」の意味するところが何なのか、詳細は後発表とのことだ。最後に、2018年12月29日にパシフィコ横浜で“総士生誕祭”が開催されることが発表となった。

最後に、この日初公開の新作カットによる特報映像が映し出される。美しい海と、空に浮かび上がる多数のランタンがあたたかい映像の後、激しい戦闘シーンの連続。叫ぶ総士が心を突き刺す映像に、会場の誰もが息を飲むハラハラとした雰囲気が大ホール中に伝わった。心が揺さぶられたままの状態で『「蒼穹のファフナー THE BEYOND」スペシャルイベント〜真実〜』は終演を迎えた。

2018年で14年。多くの熱いファンに永きわたって愛されている「蒼穹のファフナー」は、たくさんの別れや痛み、それでも逃げずに対話をし続けることの大事さを、鮮やかに色濃く描いている作品。いよいよ形が見え始めてきた『THE BEYOND』が、どんな痛みを、そして祝福を魅せるのか、目を離さないでいてほしい。

Photo by コザイリサ
(c)XEBEC・FAFNER BEYOND PROJECT



【関連リンク】
angela、『蒼穹のファフナー』のスペシャルイベントにシークレットゲストで登場
angelaまとめ
Kis-My-Ft2、10月にニューシングル「君、僕。」リリース決定

【関連アーティスト】
angela
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アニメ, レポート

Kis-My-Ft2、10月にニューシングル「君、僕。」リリース決定
Sun, 19 Aug 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月10日(金)にデビュー7周年を迎えたKis-My-Ft2が、ニューシングル「君、僕。」を10月3日(水)に発売することをオフシャルHPにて発表した。今作は王道のPOPチューンとなるラブソングで、「君がいるから、僕がいるんだー」といった、デビュー7周年を迎え7人グループとして今伝えたい想いも込められているという。また、今回のツアーでドーム会場を白一色のペンライトに染めた彼らだが、「今度はその白いキャンバスから、メンバーそれぞれのカラーが溢れ出していく。きっと7人の個性(色)が集まってこそ、美しくそして大きな虹は生まれるはずだからー」そんなメッセージも込められたシングルとなっている。

初回盤AのDVDには、「君、僕。」MUSIC VIDEOとメイキングドキュメントを収録。初回盤BのDVDには、デビュー記念日の8月10日(金)に、メンバー7人だけで集まって行われた『KIS-MY-PARTY』の模様を特別収録。通常盤には、タイアップ曲(後日発表)含む新曲3曲を収録。さらに、[bonus track]としてメンバーボイスメッセージも収録。

また、予約特典として、初回盤A・初回盤B・通常盤の全3形態を予約の方に先着で、『LIVE TOUR 2018 Yummy!!〜you&me〜 先得スペシャルMOVIE』が視聴できるシリアルナンバーとジャケットカード(メンバービジュアル)をプレゼントする。詳しくは、各店舗・ECサイトまで。

シングル「君、僕。」

2018年10月3日発売



【初回盤A】(CD+DVD)
AVCD-94185/B/¥1,600+税
<収録曲>
■CD
・君、僕。
・新曲A(タイトル未定)
■DVD
・「君、僕。」MUSIC VIDEO
・「君、僕。」MUSIC VIDEOメイキングドキュメント

【初回盤B】(CD+DVD)
AVCD-94186/B/¥1,600+税
<収録曲>
■CD
・君、僕。
・新曲B(タイトル未定)
■DVD
・「KIS-MY-PARTY」

【通常盤】(CDのみ)
AVCD-94187/¥1,000+税
<収録曲>
・君、僕。
・新曲C(タイトル未定)
・新曲D(タイトル未定)
[bonus track] KIS-MY-VOICE



【関連リンク】
Kis-My-Ft2、10月にニューシングル「君、僕。」リリース決定
Kis-My-Ft2まとめ
V.I、『a-nation』にソロで初出演!BIGBANG人気曲も披露!

【関連アーティスト】
Kis-My-Ft2
【ジャンル】
J-POP, 男性アイドル, ニュース, ジャニーズ, シングル, 発表, リリース, 発売

V.I、『a-nation』にソロで初出演!BIGBANG人気曲も披露!
Sun, 19 Aug 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

グループ活動休止中のBIGBANGのメンバーであり、現在タレント、アーティスト活動を精力的にこなすV.Iが、8月18日(土)にヤンマースタジアム長居で行われた国内最大級の夏フェス『a-nation 2018』大阪公演に出演した。BIGBANGとしては過去4回、2014年からは3年連続ヘッドライナーとして出演しており、今回V.Iはソロとして初の出演となった。

この日、V.Iはすっかり日も暮れ客席を埋め尽くすBIGBANGペンライトと光るうちわの海が一面に広がる中登場。この日最大級ともいえるスタジアムの割れんばかりの歓声で迎えられた彼のステージは、デビュー曲「STRONG BABY」でスタート。現在ソロツアーを共にしている、息もぴったりなバンドとダンサーを従え、その圧倒的なパフォーマンスでたちまちに観客を魅了。2曲目,3曲目では、15ヶ国のiTunes総合アルバムランキングで1位を獲得している最新作『THE GREAT SEUNGRI』からヒットメーカーTEDDYがプロデュースしたタイトル曲「1, 2, 3!」「WHERE R U FROM」を披露、ファンのボルテージは急上昇。

“BIGBANGが活動休止のなか、ソロとして初のa-nation出演になりますが、今日は大好きな大阪でBIGBANGのグループの名前をかけ、命懸けで頑張ります。皆さんが楽しめるようなステージを準備しましたので一緒に盛りあがりましょう”というMCコメントにあったとおり、自身の曲だけでなく、BIGBANGの人気曲「HaruHaru」をV.I自身が編曲したブルージーなアレンジでの披露やBIGBANGメドレーなど多様なBIGBANG楽曲の披露を通じて、現在BIGBANGが活動休止中で寂しんでいるファンへの愛を感じられるステージングも盛り込まれていた。

そしてステージの最後を飾ったのは、こんなお祭りの日にはもってこいの「BANG BANG BANG」、「FANTASTIC BABY」というBIGBANGの最強アンセム2曲。ステージと観客が一体となり、まさに「熱狂」という2文字で覆い尽くされた5万人全員の大合唱がこだまし、長居スタジアムに響き渡った。ユーモアセンス抜群のMC、貫禄たっぷりのステージングで、超一流のエンターテナーっぷりをみせつけたV.Iは、終始スタジアムを揺らし続け、約30分間のステージを大盛況のうちに終了した。

現在、V.Iは8月12日(土)・13日(日)幕張メッセより開幕した自身初のソロツアー『SEUNGRI 2018 1ST SOLO TOUR [THE GREAT SEUNGRI] IN JAPAN』の真っ最中。9月5日(水)・6日(木) 福岡・福岡国際センター、9月19日(水)・20日(木) 大阪・大阪城ホール、12月15日(土)・16日(日) 大阪・インテックス大阪5号館の全3都市8公演9万8,000人動員という初のソロツアーにして異例の規模で開催中。

そしてこの夏、フル稼働しているV.Iはツアー以外にもリリースが目白押しとなっている。9月5日(水)には約5年ぶりとなる待望のジャパンニューソロアルバム『THE GREAT SEUNGRI』をリリース。CDには日本エクスクルーシブ楽曲「SCREAM feat. SLANDER」を含む新録日本語バージョン全10曲と「THE GREAT SEUNGRI -KR EDITION-」全9曲が収録される他、V.Iの代表曲11曲のREMIXバージョンも初収録されるなど、全30曲が収録。DVDには「1, 2, 3!」や「WHERE R U FROM feat. MINO (from WINNER)」の日本語バージョン&韓国オリジナルバージョンのMUSIC VIDEO他、「1, 2, 3!」のBEHIND THE SCENES、DANCE PRACTICE VIDEOを併せて収録。さらに2012年に行われたV.I初のファンミーティング『V.I FAN MEETING 2012 IN JAPAN』のトーク部分を集めた秘蔵映像を初収録したトータル147分の映像コンテンツが堪能できる豪華内容となっている。

また、BIGBANGとしても活動休止前最後の日本ドームツアーのファイナル公演の映像作品『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2017 -LAST DANCE- : THE FINAL』が8月17日(金)リリースとなり、オリコンデイリーDVD総合ランキング・Blu-ray総合ランキングでともに初登場首位を獲得。この夏、アーティスト、タレントと精力的に活動するV.Iの動向に目が離せない。

全国ツアー『SEUNGRI 2018 1ST SOLO TOUR [THE GREAT SEUNGRI] IN JAPAN』

9月05日(水) 福岡・福岡国際センター
9月06日(木) 福岡・福岡国際センター
9月19日(水) 大阪・大阪城ホール
9月20日(木) 大阪・大阪城ホール
12月15日(土) インテックス大阪 5号館 ※追加公演
12月16日(日) インテックス大阪 5号館 ※追加公演
<チケット>
全席指定¥10,800(税込)
※BIGBANGオフィシャルファンクラブに8月19日(日)23:59までに入会(=入金)するとファンクラブ第1弾チケット先行抽選予約に申し込み可能。



【関連リンク】
V.I、『a-nation』にソロで初出演!BIGBANG人気曲も披露!
BIGBANGまとめ
V.I (from BIGBANG)まとめ
ポルカドットスティングレイ、Vo.雫の生誕ワンマンライブ開催決定

【関連アーティスト】
BIGBANG, V.I (from BIGBANG)
【ジャンル】
K-POP, ライブ・フェス, ニュース, 夏フェス, ライブレポ

ポルカドットスティングレイ、Vo.雫の生誕ワンマンライブ開催決定
Sun, 19 Aug 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

7月の『JOIN ALIVE』に始まり全国各地の夏フェス荒らし中の新人らしからぬ新人・ポルカドットスティングレイ 。8月18日(土)には初出演となった『SUMMER SONIC 2018』のRAINBOW STAGEを盛り上げた彼らだが、そのステージ上にてVo&Gt.雫から次回のワンマンライブ『ポルフェス30 “教祖爆誕ワンマン”』が、10月15日(月)に東京・新木場STUDIO COASTで開催されることが発表された。

10月15日(月)は雫の26歳となる誕生日で、2017年同日には代官山UNITにてワンマンライブが開催されていたが、それから一年が経った今回はグッと規模感を上げ、新木場スタジオコーストでの開催。さらに、この日は“ポルフェス”と名付けられた彼らのイベントも記念すべき30回目。今回もステージにてまた何か新しい告知が行われるのではないかとファンの期待が募るであろうこのワンマンライブ。いち早くチケットをゲットして、次なる情報を心待ちにしていて欲しい。

なお、チケットは8月25日(土)12:00からオフィシャルHPでの先行受付がスタート予定。申し込みのためのURLは追ってHPにて公開されるとのことなので、期待してお待ちいただきたい。

■『ポルフェス30“教祖爆誕ワンマン”』

10月15日(月) 東京・新木場STUDIO COAST
<チケット>
1Fスタンディング¥3 ,500/2F指定席¥4,000
オフィシャルHP先行受付(抽選):8月25日(土)12:00〜
※申し込みURLは後日オフィシャルHPにて掲載。



【関連リンク】
ポルカドットスティングレイ、Vo.雫の生誕ワンマンライブ開催決定
ポルカドットスティングレイまとめ
サザンオールスターズ、『海のOh, Yeah!!』が更に楽しくなるアルバム全曲解説をオフィシャルHPで公開!

【関連アーティスト】
ポルカドットスティングレイ
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, ワンマン

サザンオールスターズ、『海のOh, Yeah!!』が更に楽しくなるアルバム全曲解説をオフィシャルHPで公開!
Sat, 18 Aug 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

サザンオールスターズのニューアルバム『海のOh,Yeah!!』の全収録曲のレビューがオフィシャルHPで公開された。

今年活動40周年を迎え、8月1日に『海のOh,Yeah!!』をリリースしたサザンオールスターズ。同作は完全生産限定盤と通常盤の2形態となり、1998年から現在に到るまでの20年間で発表してきた楽曲に加え、新曲を3曲収録している。オフィシャルライターが執筆した全曲解説ページでは、完全生産限定盤にのみ収められているボーナストラック「弥蜜?菜のしらべ」を含む全33曲のレビューが掲載されている。

■『海のOh, Yeah!!』全曲解説
https://special.southernallstars.jp/sas2018/review/

アルバム『海のOh, Yeah!!』

発売中



【完全生産限定盤】(2CD)
VICL-66000〜1/¥3,704+税
※完全生産限定盤のみデジパック仕様/ボーナストラック1曲
【通常盤】(2CD)
VICL-67000〜1/¥3,704+税
<収録曲>
■DISC1「Daddy side」
01.TSUNAMI
02.LOVE AFFAIR〜秘密のデート〜
03.BLUE HEAVEN
04.イエローマン〜星の王子様〜 ※
05.SEA SIDE WOMAN BLUES
06.彩〜Aja〜
07.HOTEL PACIFIC ※
08.唐人物語(ラシャメンのうた)
09.SAUDADE〜真冬の蜃気楼〜
10.涙の海で抱かれたい〜SEA OF LOVE〜
11.私の世紀末カルテ
12.OH!! SUMMER QUEEN〜夏の女王様〜 ※
13.LONELY WOMAN
14.01MESSENGER〜電子狂の詩(うた)〜
15.限りなき永遠(とわ)の愛
16.素敵な夢を叶えましょう
■DISC2「Mommy side」
01.東京VICTORY
02.ロックンロール・スーパーマン〜Rock\'n Roll Superman〜
03.愛と欲望の日々
04.DIRTY OLD MAN〜さらば夏よ〜 ※
05.I AM YOUR SINGER ※
06.はっぴいえんど
07.北鎌倉の思い出
08.FRIENDS
09.ピースとハイライト
10.アロエ
11.神の島遥か国
12.栄光の男
13.BOHBO No.5
14.蛍
15.闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて
16.壮年JUMP
完全生産限定盤 Bonus Track. 弥蜜?菜のしらべ(初音源化)

※はアルバム初収録曲



【関連リンク】
サザンオールスターズ、『海のOh, Yeah!!』が更に楽しくなるアルバム全曲解説をオフィシャルHPで公開!
サザンオールスターズまとめ
夏木マリ、清水寺で5年目の文化奉納『PLAY × PRAY』開催

【関連アーティスト】
サザンオールスターズ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム

夏木マリ、清水寺で5年目の文化奉納『PLAY × PRAY』開催
Sat, 18 Aug 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

夏木マリによる文化奉納イベント『NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2018「PLAY×PRAY」第五夜』が11月18日に京都の清水寺で開催される。

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの顧問を務める夏木マリ。『PLAY×PRAY』は毎年11月に清水寺の経堂で実施している奉納パフォーマンスで、5年目となる今回もパフォーマンス集団MNT(マリナツキテロワール)と共に作り上げる「印象派N?O」のパーツパフォーマンスと、清水寺の執事補である森清顕氏の声明とのコラボレーションで文化奉納を行なう。

観覧の応募はメールのみでの受付となり、8月21日12時から10月26日の18時まで募集する。詳細はオフィシャルHPで確認しよう。

■『NATSUKI MARI FESTIVAL in KYOTO 2018「PLAY×PRAY」第五夜』

11月18日(日) 京都・音羽山 清水寺 経堂
18:00〜(30-40分予定)
■料金:清水寺拝観料のみ
※収容人数には限りがございます為、経堂内での観覧は抽選とさせていただきます。(未就学時の入堂はご遠慮いただいております)
※場内に募金箱を設置し「One of Loveプロジェクト」の支援へ繋がるお気持ちも募ります。
■応募方法
件名に「PLAY × PRAY応募」、本文に氏名、電話番号、ご希望人数(2人まで)を入力の上、E-mailにて応募ください。
※当選発表は当選通知メールの送信をもって代えさせていただきます。(2018年10月末送信予定)
※応募は1人につき1回までとさせていただきます。
■応募先E-mailアドレス
playbypray@nf-kyoto.com
■募集期間
2018年8月21日(火)12:00〜10月26日(金)18:00
■Webサイト
http://www.natsukirock.com/posts/4753286?categoryIds=89



【関連リンク】
夏木マリ、清水寺で5年目の文化奉納『PLAY × PRAY』開催
夏木マリまとめ
焚吐、Cellchrome、NormCore、First placeが『超☆汐留パラダイス!』に登場

【関連アーティスト】
夏木マリ
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ライブ

焚吐、Cellchrome、NormCore、First placeが『超☆汐留パラダイス!』に登場
Sat, 18 Aug 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

お盆が明け、夏の猛烈な暑さもひと段落し、涼しさが顔を見せはじめた8月17日。突然吹き荒れた突風に負けないほど、勢いのある4組のアーティストが『超☆汐留パラダイス!』の行なわれた汐留・汐パラ ビアカフェステージに揃った。

『超☆汐留パラダイス!』は2015年から日本テレビが毎年開催しているイベント。今回は、「Being NewComer Artist Live」と題し、<Being>所属の期待の新人4組が登場するステージとなった。この4組には共通点があり、国内だけでなく海外でも根強い人気を誇る、TVアニメ『名探偵コナン』の今年のオープニング・エンディングテーマを担当している。今回MCを務めるのは俳優として活躍する小野匠。冒頭から小野の呼び込みと共に登場したのは、この日のために駆けつけてくれた江戸川コナンである。小野との掛け合いで会場を温め1組目へバトンをつないだ。

1組目は、2015年11月結成、名古屋を拠点に活動するロックバンドCellchrome。Mizki(Vo)の掛け声と共に観客も手拍子で盛り上げる。1曲目は8月22日に発売する4thシングルから「アダムトイブ」。夏が似合う爽やかでポップなメロディーの中に、ニワケン(Ba)のベースソロや、陽介(Gt)のコーラスと見所が満載だ。東京でのライヴは約3か月振りということもあり、とても楽しみにしていたというtatsuma(Dr)。「トップから一番暑いステージにするためにブチ上げていきます !!」と力強くオーディエンスを煽った。2曲目に披露したのは、「She\'s So Nice」。メンバー全員が客席に微笑みかけながら楽しそうに演奏をしている様子を受け、ファンの強張った体もほぐれ、徐々に会場が一丸となっていくのがわかる。そして最後に披露したのは、今年の1月からオープニングテーマを担当した「Everything OK!!」。バンドサウンドの中に、彼ららしい明るくカラフルでポップなメロディーについ体が揺れてしまう。ラストのサビでコナンを呼び込み、強風に負けないステージを見せてくれた。

2組目に登場したのは、原宿・渋谷を中心に800回以上ストリートライヴを行ってきた実力派ヴォーカルグループFirst place。勢いよくステージに飛び出してきた4人が1曲目に披露したのは「TREASER TRAVEL」。途中KAITOのラップパートがあったり、普段の彼らと少し違った表情も見ることができる1曲だ。2曲目に披露したのは、セルフタイトルでもある「FIRST PLACE」。キャッチーなメロディーに合わせて、客席後方まで手を上げて盛り上がっているのがわかる。800回以上ストリートライヴを行ってきた実力が歌声だけでないことは、ライヴを一目見ればわかる。「テーマ曲である「FIRST PLACE」を聴いていただきました」、と少し緊張気味に話すRYOMAにKENTOが間髪入れずツッコミを入れるなど、メンバーもテンポの良い掛け合いも見ていて飽きない。そして最後に披露したのが8月29日にリリースする1stシングル「さだめ」。この楽曲は現在放送中『名探偵コナン』のエンディングテーマで、同シングルのリリースを以って、彼らはメジャーデビューを果たす。すでに披露した2曲とは異なり、4人のハーモニーの重厚感が心地よいバラードナンバーだ。冒頭からTAIHEIが一言一言を丁寧に大切に伝えようとしているのがわかる。楽曲の終盤でKAITOがステージ袖からコナンを連れてきて、全員で一緒に揺れながら高らかに歌い上げた。

3組目は、異色でありながら、3人の織りなす唯一無二のアンサンブルが音楽偏差値の高さを物語っているシンフォニックロックユニットNormCore。1曲目に披露したのはミディアムバラードの「モハンカイトウ」。Tatsu(Vn)とNatsu(C&Gt)の絶妙のハーモニーの中に、F?mi(Vo)の力強い歌声が心に響く。続いて披露された「永遠の記憶」はヴァイオリンが奏でる美しいメロディが印象的なバラードナンバー。つい聞き入ってしまう心地よさは、それぞれの技術力の高さがあるからだろう。そしてその高い演奏力は、聴いていて飽きのこないパフォーマンスへと繋がっている。途中のMCで、自己紹介代わりにTatsuとNatsuが『名探偵コナン』のテーマソングを奏でるという彼ららしいパフォーマンスもその一つだ。そして、F?miがコナンを呼び込み、最後に披露したのが、8月29日にリリースする3rdシングルでもあり、同アニメのオープニングテーマ「カウントダウン」。すでに披露した2曲とはガラッと変わり、F?miのハイトーンボイスが映える、鋭さの中にミステリアスな世界観が見え隠れするロックナンバーだ。最後はコナンとF?miが同じポーズを決め、4組目へバトンを渡した。

最後に登場したのが、現役大学生シンガソングライターの焚吐。普段はバンド編成でライヴを披露することが多い彼だが、今日は1人でアコースティックギターを抱え登場した。普段、あまり大きな声を出さない彼だが、「トリを務めさせていただくということで、元気を出していきましょう!」と言った後、今まで彼からは聞いたこともないような大きな声で「焚吐です!!!」と自己紹介をし、会場和ませた。1曲目に披露したのは、「ふたりの秒針」。実は『名探偵コナン』のエンディングテーマを2回担当しており、同楽曲は2016年4月にエンディングテーマを担当している。儚くも力強い歌声でバラードナンバーを歌い上げた。あいにく今日は強風が吹き荒れていたのだが、MCでは「この風は、僕の衣装がひらひらしているので、実は僕が吹かせています」というお得意の"焚吐節”を交えたジョークで笑いに変える。ここでアコースティックギターを置き、今年の7月から新たな試みとして挑戦しているという、ハンドマイクスタイルで新曲「トウメイニンゲン」を披露した。最後の1曲を披露する前に、再びコナンが登場。今年の1月からエンディングテーマを担当した「神風エクスプレス」を力強く歌い上げステージは幕を閉じた。

2時間に及ぶ4組のステージを終え、観客の表情から満足度の高さが伺える。最後に全アーティストがステージに集結し、コナンと共に記念撮影をして全てのアクトが終了した。各アーティスト『名探偵コナン』のオープニング・エンディングテーマを担当したアーティスト同士、このステージを機に切磋琢磨しながら成長していくのだろう。彼らの今後に大きな期待を膨らませ、注目していきたい。

(c)青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996

【セットリスト】
■Cellchrome
1.アダムトイブ
2.She\'s So Nice
3.Everything OK!!
■First place
1.TREASER TRAVEL
2.FIRST PLACE
3.さだめ
■NormCore
1.モハンカイトウ
2.永遠の記憶
3.カウントダウン
■焚吐
1.ふたりの秒針
2.トウメイニンゲン
3.神風エクスプレス



【関連リンク】
焚吐、Cellchrome、NormCore、First placeが『超☆汐留パラダイス!』に登場
焚吐まとめ
Cellchromeまとめ
NormCoreまとめ
First placeまとめ

【関連アーティスト】
焚吐, Cellchrome, NormCore, First place
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, アニメ, セットリスト, ライブレポ, エンディング, オープニング

BURNOUT SYNDROMES、来年開催のワンマンツアーに大阪BIG CAT公演追加
Sat, 18 Aug 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

BURNOUT SYNDROMESが2019年3月から開催する『全国ワンマンツアー2019』の追加公演が発表された。追加となったのは5月10日の大阪BIG CAT公演で、3月10日に同会場で行なわれる公演のチケットが完売したことを受けて急きょ決定。大阪出身のメンバーにとっては凱旋ライヴとなる。チケットの先行予約受付期間は8月24日まで実施中だ。

BURNOUT SYNDROMESは8月3日に新作となる配信シングル「世界を回せ」をリリース。オフィシャルYouTubetチャンネルでは同曲のMVが公開されている。

『BURNOUT SYNDROMES 全国ワンマンツアー2019』

3月02日(土) 広島・SECOND CRUTCH
3月03日(日) 福岡・DRUM Be-1
3月10日(日) 大阪・BIG CAT
3月16日(土) 愛知・Electric Lady Land
3月23日(土) 東京・LIQUIDROOM
3月30日(土) 宮城・darwin
4月26日(金) 東京・TSUTAYA O-EAST 
5月10日(金) 大阪・BIG CAT ※追加公演

配信限定シングル「世界を回せ」

配信中



【関連リンク】
BURNOUT SYNDROMES、来年開催のワンマンツアーに大阪BIG CAT公演追加
BURNOUT SYNDROMESまとめ
SING LIKE TALKING、小山薫堂が参加した30周年記念サプライズ映像完成

【関連アーティスト】
BURNOUT SYNDROMES
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, 新曲, 配信, ツアー

SING LIKE TALKING、小山薫堂が参加した30周年記念サプライズ映像完成
Sun, 19 Aug 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SING LIKE TALKINGの30周年を記念する特別映像「小山薫堂 東京会議企画 SING LIKE TALKING 30th Anniversary Video〜Spirit Of Love〜」が完成した。

同映像は佐藤竹善(SING LIKE TALKING)に向けて実施されたサプライズ企画。脚本家・放送作家の小山薫堂、SING LIKE TALKINGの藤田千章、西村智彦の3人が仕掛け人となり、写真家 ハービー・山口によるニセの撮影やJ-WAVEのスタジオでニセの番組収録風景などが盛り込まれ、佐藤の知らない間にSING LIKE TALKINGの楽曲「Spirit Of Love」のMVが完成するという内容になっている。佐藤はサプライズに動揺しつつも「悔しいけど、感動しましたね」とコメント。仕掛け人の小山は「一番のホメ言葉で嬉しかったですね(笑)」と振り返った。

SING LIKE TALKINGは8月22日に30周年を記念したベストアルバム『3rd REUNION』をリリース。また、デビュー30周年記念ライヴ『SING LIKE TALKING 30th Anniversary Live Amusement Pocket “FESTIVE”』が9月24日に大阪フェスティバルホール、9月29に東京国際フォーラムホール A、10月8日に大宮ソニックシティ 大ホール、10 月21日日リンクステーションホール青森で開催する。

撮影協力:タワーレコード渋谷店

■SING LIKE TALKING 30周年特設サイト
http://sp.universal-music.co.jp/sing-like-talking/30th/

■【小山薫堂 コメント】

実験的なドラマを作ろうと思っていて、それで竹善さんにいかに悟られずに、竹善さんが主演のちょっとしたドラマを作れるかっていうことからまず考えました。本当は別企画も考えたのですが、それはいろんな理由から出来ずで、こういった形で完成させることが出来ましたし、ハービーさんに写真を撮っていただけましたし、インストアライブの映像も使うことが出来て、色んな要素を詰め込めることができて良かったなと思います。それも西村さん、千章さんが協力してくれたことが大きかったですね。いつもは竹善さんとのやりとりが多かったので、西村さん、千章さんの二人とこうして悪巧みできたことが僕にとって一番嬉しかったですね(笑)。
(撮影途中、佐藤竹善さんからその撮影に関してメッセージがきたことに関して)その時はじめ「やばい! バレたのかな!?」って思いましたけど、行間を察するに全くバレてないという感じで……むしろ、手応えを感じたと言うか、エサに食い付いてるなって(笑)。それで今回、完成したMVを見た竹善さんが言った「悔しいけど、感動した」っていうのが、一番のホメ言葉で嬉しかったですね(笑)。

アルバム『3rd REUNION』

2018年8月22日発売



【初回盤】(2CD)
UPCH-7425/6/¥4,000+税
<収録曲>
■Disc 1『3rd REUNION』
1.Vox Humana
2.魔力
3.回想の詩
4.One Day
5.月への階段
6.Hello
7.The Love We Make
8.Through The Night
9.涙の螺旋
10.Dearest
11.89番目の星座
12.Luz
13.The Great Escape
14.風が吹いた日
15.闇に咲く花 〜The Catastrophe〜 feat. サラ・オレイン(Single Version)
■Disc 2『SING LIKE TALKING 2018 The Tour with Next Generation Live at Tokyo Dome City Hall 03.25.2018』
1.If You Are Kind To Us
2.Finally
3.Closer 〜寒空のaurora〜
4.Human
5.Dearest
6.Livin’ For The Beat
7.Desert Rose(Adenium)
8.Longing 〜雨のRegret〜



【通常盤】(CD)
UPCH-2164/¥3,000+税
<収録曲>
1.Vox Humana
2.魔力
3.回想の詩
4.One Day
5.月への階段
6.Hello
7.The Love We Make
8.Through The Night
9.涙の螺旋
10.Dearest
11.89番目の星座
12.Luz
13.The Great Escape
14.風が吹いた日
15.闇に咲く花 〜The Catastrophe〜 feat. サラ・オレイン(Single Version)



【「3rd REUNION」スペシャル・パッケージ - Deluxe Edition -】(4CD)
UPCH-7418/21/¥5,200+税
<収録曲>
■Disc 1『3rd REUNION』
1.Vox Humana
2.魔力
3.回想の詩
4.One Day
5.月への階段
6.Hello
7.The Love We Make
8.Through The Night
9.涙の螺旋
10.Dearest
11.89番目の星座
12.Luz
13.The Great Escape
14.風が吹いた日
15.闇に咲く花 〜The Catastrophe〜 feat. サラ・オレイン(Single Version)
■Disc 2『SECOND REUNION』
2018年リマスター
■Disc 3『REUNION』
2018年リマスター
■Disc 4『SING LIKE TALKING 2018 The Tour with Next Generation Live at Tokyo Dome City Hall 03.25.2018』
1.If You Are Kind To Us
2.Finally
3.Closer 〜寒空のaurora〜
4.Human
5.Dearest
6.Livin’ For The Beat
7.Desert Rose(Adenium)
8.Longing 〜雨のRegret〜



【「3rd REUNION」スペシャル・パッケージ】(3CD)
UPCH-7422/4/¥4,200+税
<収録曲>
■Disc 1『3rd REUNION』
1.Vox Humana
2.魔力
3.回想の詩
4.One Day
5.月への階段
6.Hello
7.The Love We Make
8.Through The Night
9.涙の螺旋
10.Dearest
11.89番目の星座
12.Luz
13.The Great Escape
14.風が吹いた日
15.闇に咲く花 〜The Catastrophe〜 feat. サラ・オレイン(Single Version)
■Disc 2『SECOND REUNION』
2018年リマスター
■Disc 3『REUNION』
2018年リマスター

『SING LIKE TALKING 30th Anniversary Live Amusement Pocket “FESTIVE”』

9月24日 (月・祝) 大阪・フェスティバルホール
9月29日(土) 東京・東京国際フォーラムホールA
10月08日(月・祝) 埼玉・大宮ソニックシティ 大ホール
10月21日(日) 青森・リンクステーションホール青森

バンドメンバー:江口信夫(Dr)/塩谷哲(Pf)/高水健司(Ba)/大儀見元(Per)/渕上祥人(Cho&Gt)/露崎春女 (Cho)/FIRE HORNS



【関連リンク】
SING LIKE TALKING、小山薫堂が参加した30周年記念サプライズ映像完成
SING LIKE TALKINGまとめ
Perfume、ニューアルバムのタイトル曲MV解禁&西日本豪雨災害チャリティーオークション実施

【関連アーティスト】
SING LIKE TALKING
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, アルバム, ツアー

Perfume、ニューアルバムのタイトル曲MV解禁&西日本豪雨災害チャリティーオークション実施
Sat, 18 Aug 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

Perfumeのライヴイベント『NEW ALBUM「Future Pop」発売記念 スペシャルライブ 』が8月17日に都内某所で実施され、ニコ生、YouTube、Twitterrでの生配信を約8万5000人が視聴した。

ニューアルバムの発売を記念して開催された今回のライヴ。アルバムのジャケットで印象的な“光の線を”をコンセプトに、64本のレーザーファイバーを規則的にシンメトリーに配置することで光のパターンが美しく浮かび上がる中、ジャケットと同じ衣装を着たメンバーがタイトル曲「Future Pop」を初披露した。 パフォーマンス終了後、YouTubeなどの書き込みを見たPerfumeはアルバムが多くのリスナーに届いていることを噛み締め、自分たちもリリース日の午前0時に自身のアルバムをダウンロードしたことなどもコメントし、アルバムリリースの喜びを告げた。

また、平成30年西日本豪雨災害の支援金としてヤフオク!を通じて衣装チャリティーオークションに出品することを発表。アルバム『Future Pop』の売り上げの一部と、9月21日からスタートする全国アリーナツアー『Perfume 7th Tour 2018 「FUTURE POP」』のツアーグッズ売り上げの一部も寄付される。

配信ライヴの最後に最新映像「【Perfume × docomo“Future Pop”Project】『Future Pop』MV Teaser version」が公開。同プロジェクトでは、 昨年11月からスタートした『Future-Experiment VOL.01』に続いて行なわれているPerfumeとNTTドコモのコラボレーションで、docomoが持つ通信テクノロジーを活用し、Perfumeのコラボレーションコンテンツを展開する一環として「Future Pop」のMVを共同制作した。MVは、人やモノ、街のすべてがつながりあう「Future Pop」が空想する未来の世界を描き出す作品となっており、すべての家電が通信で制御されたスマートホームや、自動運転で街を走る車など、スマートシティ化した世界を舞台に、3人がパフォーマンスをする様子が収められている。

同MVは「Perfume × docomo“Future Pop”Project」特設サイトで公開中!

■「Perfume × docomo “Future Pop" Project」特設サイト
http://future-pop.jp

アルバム『Future Pop』

発売中



【完全生産限定盤】(CD+Blu-ray+ステッカー)
PCP-9020/¥4,980(税込)
【完全生産限定盤】(CD+DVD+ステッカー)
UPCP-9021/¥4,600(税込)
<収録曲>
■CD
1.Start-Up
2.Future Pop
3.If you wanna
4.TOKYO GIRL
5.FUSION
6.Tiny Baby
7.Let Me Know
8.超来輪
9.無限未来
10.宝石の雨
11.天空
12.Everyday
■Blu-ray、DVD
・TOKYO GIRL -Video Clip-
・If you wanna -Video Clip-
・Everyday -Video Clip-
・無限未来 -Video Clip-
・Let Me Know -Video Clip-
・Let Me Know -メイキング映像-
・TOKYO GIRL -発売記念Special Live-
・If you wanna -発売記念Special Live-
・TOKYO GIRL -2017年12月31日 第68回NHK紅白歌合戦-
・FUSION -Perfume×TECHNOLOGY presents“Reframe”-
・Perfumeのただただラジオが好きだからレイディオ!3



【通常盤】(CD+Blu-ray)
UPCP-1003/¥3,980(税込)
【通常盤】(CD+DVD)
UPCP-1004/¥3,600(税込)
<収録曲>
■CD
1.Start-Up
2.Future Pop
3.If you wanna
4.TOKYO GIRL
5.FUSION
6.Tiny Baby
7.Let Me Know
8.超来輪
9.無限未来
10.宝石の雨
11.天空
12.Everyday
■Blu-ray、DVD
・TOKYO GIRL -Video Clip-
・If you wanna -Video Clip-
・Everyday -Video Clip-
・無限未来 -Video Clip-
・Let Me Know -Video Clip-
・Perfumeのただただラジオが好きだからレイディオ!3



【関連リンク】
Perfume、ニューアルバムのタイトル曲MV解禁&西日本豪雨災害チャリティーオークション実施
Perfumeまとめ
DIR EN GREY、東京国際フォーラム公演で「Ranunculus」MV上映決定

【関連アーティスト】
Perfume
【ジャンル】
J-POP, ニュース, MV, CD, アルバム, テクノ

DIR EN GREY、東京国際フォーラム公演で「Ranunculus」MV上映決定
Sat, 18 Aug 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月23日(木)・24日(金)に東京国際フォーラム ホールAでライブを行うDIR EN GREYが、本ライブ終了後に会場内で、9月26日(水)にリリース予定のニューアルバム『The Insulated World』のリード曲「Ranunculus」のMV(Promotion Edit Ver.)を初公開することを発表した。

DIR EN GREYは、8月2日(木)より京都からスタートさせた全国ツアー『TOUR18 WEARING HUMAN SKIN』で、リリースを控えた新作『The Insulated World』から早くも4曲もの新曲を惜しみなく披露。重厚なサウンドと、悲しみ故に悪意とも取られかねない鮮烈な歌詞が重なるこれらの楽曲と「Ranunculus」のMVは、LEDスクリーンとともに会場内で唸りあげることだろう。特に今回のツアーは久々の欧州6カ国での公演を含むこともあり、DIR EN GREYが作り出す独特なライブ空間に世界中が引き込まれることになるはずだ。

なお、今回の東京国際フォーラム2days公演に向けたトレイラー映像がオフィシャルYouTubeチャンネルで公開されているので、この映像をチェックしてぜひライブへの期待を高めてほしい。

ツアー『WEARING HUMAN SKIN』は東京公演のあとも、9月15日(土)まで福岡、大阪、新潟、名古屋にて開催される。各公演のチケットは各種プレイガイドにて購入可能となっている。

ツアー『TOUR18 WEARING HUMAN SKIN』

8月23日(木) 東京・東京国際フォーラム・ホールA
8月24日(金) 東京・東京国際フォーラム・ホールA
8月28日(火) 福岡・福岡市民会館
8月30日(木) 大阪・なんばHatch
8月31日(金) 大阪・なんばHatch
9月04日(火) 新潟・新潟LOTS
9月05日(水) 新潟・新潟LOTS
9月14日(金) 愛知・Zepp Nagoya
9月15日(土) 愛知・Zepp Nagoya

アルバム『The Insulated World』

2018年9月26日発売



【完全生産限定盤】(2CD+特典CD+特典Blu-ray)
SFCD-0229〜231/¥9,000+税
【完全生産限定盤】(2CD+特典CD+特典DVD)
SFCD-0232〜234/¥8,000+税
※特殊パッケージ仕様
※29th SINGLE『人間を被る』【完全生産限定盤】との連動特典専用応募ハガキ封入
【初回生産限定盤】(CD+特典CD)
SFCD-0235〜236/¥3,400+税
【通常盤】(CDのみ)
SFCD-0237/¥3,000+税



【関連リンク】
DIR EN GREY、東京国際フォーラム公演で「Ranunculus」MV上映決定
DIR EN GREYまとめ
そこに鳴る、ライヴ会場限定SG「re:program」MV&アートワーク公開

【関連アーティスト】
DIR EN GREY
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ヴィジュアル, ニュース, ツアー

そこに鳴る、ライヴ会場限定SG「re:program」MV&アートワーク公開
Sat, 18 Aug 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

そこに鳴るが9月27日にリリースするライヴ会場限定シングル「re:program」のMVとアートワークが公開された。MVは前作「掌で踊る」を手掛けた木村和亮(this is the end) がディレクションを担当しており、轟音と目まぐるしい展開で構成された楽曲を多彩なエフェクトと激しく切り替わるカメラワークで再現。また、アートワークはリリースツアーにも銘打たれた『破壊と再生』がテーマとなっている。

さらに、公開とあわせて「re:program」がYouTubeで展開予定のストーリーコンテンツ『未完終戟のヒストーリア-夢幻覇神楽-』の主題歌に起用されたことも発表された。同作は現在、プロジェクト実現のためのクラウドファンディングを実施中だ。

■『未完終戟のヒストーリア-夢幻覇神楽-』オフィシャルHP
https://www.miracred.com/unfin-historia

ライブ会場限定シングル「re:program」

2018年9月27日発売



KOGA-213/¥1,000(税込)
<収録曲>
1.re:program
2.tragic antinomy
3. re:program -demo-

そこに鳴るpresents『破壊と再生』〜「re:program」リリース記念東名阪ツーマンツアー〜

9月27日(木) 愛知・新栄APOLLO BASE
w:鳴ル銅鑼
10月02日(火) 大阪・心斎橋Pangea
w:キタニタツヤ
10月11日(木) 東京・渋谷Milkyway
w:Hello Sleepwalkers



【関連リンク】
そこに鳴る、ライヴ会場限定SG「re:program」MV&アートワーク公開
そこに鳴るまとめ
スカート、映画『高崎グラフィティ。』主題歌を配信リリース

【関連アーティスト】
そこに鳴る
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, CD, 新曲, ツアー

スカート、映画『高崎グラフィティ。』主題歌を配信リリース
Sat, 18 Aug 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

澤部渡によるソロプロジェクト“スカート”のニューシングル「遠い春(Movie Edit)」が配信リリースされた。「遠い春」は8月18日から高崎で先行公開される映画『高崎グラフィティ。』の主題歌として書き下ろした新曲で、配信リリースされたバージョンは映画サイズとなる。

スカートは9月29日にライヴイベント『スカート presents「静かな夜がいい」Vol.1』を京都MUSEで開催。ゲストにtofubeatsを迎える。

■映画『高崎グラフィティ。』公式サイト
http://takasaki-graffiti.com/

配信シングル「遠い春(Movie Edit)」

配信中



■iTunes配信URL
https://itunes.apple.com/jp/album/id1424890937?l=ja&ls=1&app=itunes

『スカート presents
「静かな夜がいい」Vol.1』

9月29日(土) 京都・MUSE
出演:スカート/tofubeats



【関連リンク】
スカート、映画『高崎グラフィティ。』主題歌を配信リリース
スカートまとめ
澤部渡まとめ
tofubeatsまとめ
04 Limited Sazabys、10周年記念公演の裏ツアーを発表

【関連アーティスト】
スカート, 澤部渡, tofubeats
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 新曲, 配信, ライブ, 主題歌, 映画

04 Limited Sazabys、10周年記念公演の裏ツアーを発表
Sat, 18 Aug 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

04 Limited Sazabysが10周年記念公演として行なったバンド史上最大規模の東名阪アリーナツアー『10th Anniversary Live』の裏ツアーとして東名坂ツアー『04 Limited Sazabys 「裏 10th Anniversary Live」』の開催を発表した。

8月17日に行われた映像作品『04 Limited Sazabys「10th Anniversary Live」』の先行上映会でサプライズ発表された同ツアー。9月30日の栄R.A.Dを皮切りに、10月2日に下北沢SHELTER、10月4日に心斎橋Pangeaで行なわれる。

8月22日発売の『04 Limited Sazabys「10th Anniversary Live」』には、ツアーチケットの先行応募IDが封入。応募期間8月22日12時から8月31日までとなる。

■『04 Limited Sazabys 「裏 10th Anniversary Live」』

9月30日(日) 愛知・栄R.A.D
10月02日(火) 東京・下北沢SHELTER
10月04日(木) 大阪・心斎橋Pangea
<チケット>
前売 2,500円/当日3,000円(※販売未定)
※映像作品「10th Anniversary Live」(Blu-ray/DVD)封入先行応募期間:2018年8月22日(水)12:00〜8月31日(金)23:59

Blu-ray&DVD『04 Limited Sazabys「10th Anniversary Live」』

2018年8月22日発売



【Blu-ray】
COXA-1155/¥5,800+税
※スリーブケース仕様
【2DVD】
COBA-7038〜9/¥5,000+税
※スリーブケース仕様
<収録曲>
・10th Anniversary Live@2018.5.5 日本ガイシホール
・Document of“10th Anniversary Live”
・Original Short Movie“夕凪”
・Special Memorial Book

◎封入特典
「裏 10th Anniversary Live 」先行応募ID 封入
購入者特典などの詳細:http://www.04limitedsazabys.com/



【関連リンク】
04 Limited Sazabys、10周年記念公演の裏ツアーを発表
04 Limited Sazabysまとめ
HYDE、再始動したソロ活動と『HYDE LIVE 2018』追加公演に向けての意気込みを語る

【関連アーティスト】
04 Limited Sazabys
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, DVD, Blu-ray, ツアー

HYDE、再始動したソロ活動と『HYDE LIVE 2018』追加公演に向けての意気込みを語る
Fri, 17 Aug 2018 21:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

6月29日、東京・ZEPP TOKYO公演で幕開けし、8月1日、大阪・ZEPP OSAKA BAYSIDE公演まで5都市18公演を行なったライヴハウスツアー『HYDE LIVE 2018』で本格的にソロ活動を再スタートさせ、圧倒的な世界観で妖しく凶暴なHYDEワールドを音楽シーンに見せつけたHYDE。

8月10日にはアメリカのシネマティック・ロック・バンド、STARSETが彼らの代表曲にHYDEのヴォーカルをフィーチャーした「Monster feat. HYDE」をSpotify、Apple Musicなどを通して配信リリース。ツアー後も各方面でHYDEワールドが拡散し続けていくなか、早くも今秋『HYDE LIVE 2018』の追加公演を開催することが決定した。

東京8公演にHYDEをフィーチャーした楽曲をリリースしたSTARSETが初来日を果たし、サポート・アクトをつとめる。現在も精力的にソロ活動を展開しているHYDEに、再スタートしたソロについて、さらには追加公演に向けての意気込み、サポート・アクトのSTARSETについてなどメールインタビューを試みた。

──HYDE名義のソロツアー<HYDE LIVE 2018>は本当に久々だった訳ですけれども。やってみての手応えはどう感じてらっしゃいますか?

「思いの外早く到達点に達したんで、さらにそれを更新し続けている状況です。その地点からしか見えないものがあるので、新しい発見が続いてます」

──その回答を聞く限り、各会場でのオーディエンスも期待以上の盛り上がりを見せてくれているということですか?

「とっても最高な状況だよ! みんなが喜んでくれるから毎ステージこっちも全力でいけるんだ」

撮影:岡田貴之/取材:東條祥恵

■『HYDE LIVE 2018』

9月01日(土) 東京・Zepp Tokyo
9月02日(日) 東京・Zepp Tokyo
9月04日(火) 東京・Zepp Tokyo
9月05日(水) 東京・Zepp Tokyo
9月07日(金) 東京・Zepp Tokyo
9月08日(土) 東京・Zepp Tokyo ※BEAUTY&THE BEAST
9月10日(月) 東京・Zepp Tokyo
9月11日(火) 東京・Zepp Tokyo

サポートアクト:STARSET

<チケット>
1Fスタンディング¥7,190(税込)
2階指定席(グッズ付)¥10,800(税込)

※BEAUTY&THE BEAST公演のみ
男性1Fスタンディング¥7,190(税込)
女性2F指定席(オリジナルグッズ付)¥10,800(税込)
女性1F後方スタンディング¥7,190(税込)

■チケット情報ページ:https://goo.gl/LqkW6A



【関連リンク】
HYDE、再始動したソロ活動と『HYDE LIVE 2018』追加公演に向けての意気込みを語る
HYDEまとめ
KICK THE CAN CREW、いよいよ開催目前に迫った武道館ワンマンについてメンバー全員にインタビュー

【関連アーティスト】
HYDE
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ツアー, チケット

KICK THE CAN CREW、いよいよ開催目前に迫った武道館ワンマンについてメンバー全員にインタビュー
Fri, 17 Aug 2018 22:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ーー『葉加瀬太郎サマーフェス\'18 〜50thanks evolution〜 東京公演』をちょうど先ほど見ていたのですが、KICKのバンドセットのライブ、すごくよかったですね。

KREVA:完全にバンドセットでやったのはほとんどないと思うんだよね。

ーーやってみてどうでしたか?

KREVA:なかなかあの大人数でバンドセットをやってもらうってことがないんですけど、自分たちのやりたいセットリストを全部曲にしてもらえたので、今回はすごい良かったですね。

ーーいつものDJセットと比べてもて、まったく違和感がなくて、演奏にもとても良い再現性があったと思います。

KREVA:バンドでやるのもまた違った緊張感があって。今日とか特にドラムの玉田さん(豊夢)も盛り上がってくれて、どんどん手数が増えたりしたんで、それを聴きながらライブするのも楽しかったですね。

撮影・取材:伊藤大輔

■『現地集合〜武道館ワンマンライブ〜』

9月01日(土) 東京・日本武道館

<チケット>
指定席¥7,000(税込)※3歳以上チケット必要

◎U-19キャッシュバック有り(U-19の皆様へ1,000円を当日に返金)
※年齢を確認できる公的な身分証明書などを当日窓口へご提示ください

◎託児所のご案内
託児所(有料)を設置します。完全予約制で定員になり次第受付終了となります。
お預かり日時:開場時〜終演時間まで(料金¥5500)

■チケット情報ページ:https://goo.gl/GV3tZL
■特設サイト:http://www.kickthecancrew.com/genchishugou/



【関連リンク】
KICK THE CAN CREW、いよいよ開催目前に迫った武道館ワンマンについてメンバー全員にインタビュー
KICK THE CAN CREWまとめ
the band apart、初トリビュート盤と再録ベスト盤の収録内容解禁

【関連アーティスト】
KICK THE CAN CREW
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ワンマン, チケット













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1