歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年08月12日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/08/21
2018/08/20
2018/08/19
2018/08/18
2018/08/17
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
魔法少女になり隊、2部制のハロウィンライブ開催決定
Sun, 12 Aug 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

魔法少女になり隊が初めてとなるハロウィン色を打ち出したワンマンライブを開催することを発表した。「ヴォーカルの“火寺バジル”は魔女に呪いをかけられてしゃべられない」などのストーリーを持ち、RPG系バンドを形容される彼ら。そんなバンドとハロウィンとの化学反応を期待しつつも、この超人気行事に乗っかるべく開催に至ったという。

この日はとことんハロウィンに乗っかるべく、二部制となっており、第一部ではこの日ならでは、このバンドならではのハロウィン・ショウを実施し、第二部では初の試みである“アフターパーチ―”を開催。会場のみんなで盛り上がれるゲームやDJなどなど、いつもは見られないメンバーの素顔が垣間見れる内容となりそうだ。秋の夜長にとことんハロウィンに乗っかってみてはいかがだろうか。

最速でチケットをゲット出来るオフィシャルHP先行の受付は、8月12日(日)18:00よりスタートしている。年に一度のこの機会をお見逃しなく。

■【ライブ情報】

■昼の部
『魔法少女になり隊 presents ハロウィンに乗っかりな祭 〜ころもくんの逆襲〜』
10月27日(土) 代官山UNIT
開場14:30/開演15:00
<チケット>
オールスタンディング前売¥3,300(税込)/当日¥3,800(税込) ※D代別
オフィシャルHP先行:8月12日(日)18:00〜8月22日(水)23:59
受付URL:http://w.pia.jp/s/mahousyoujoninaritai18of/  

■夜の部
『魔法少女になり隊 presents ハロウィンに乗っかりな祭 〜アフターパーチー〜』
10月27日(土) 代官山UNIT
開場19:00/開演19:30
※夜公演はメンバーとゲームやDJなどを楽しむパーチーとなりますので、ライブは行いません。
<チケット>
オールスタンディング前売¥1,500 (税込)/当日¥1,800(税込)※D代別
オフィシャルHP先行:8月12日(日)18:00〜8月22日(水)23:59
受付URL:http://w.pia.jp/s/mahousyoujoninaritai18of/

シングル「?START」

発売中



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9814〜15/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
1.?START
2.シェキナゴン
3.ミッドナイトシンドローム
4.変幻自在のスパーキングZ
■DVD
1. 「?START」MUSIC VIDEO
2. 『魔法少女になり隊 ワンマンツアー〜まだ知らぬ勇者たちへ〜』LIVE AT 01.28 SHIBUYA TSUTAYA O-EAST DIGEST(全6曲)
「my! show! time!」
「アルテ魔ダンテ」
「ヒトリ サク ラジオ」
「ヒメサマスピリッツ」
「完全無敵のぶっとバスターX」
「願い星」
3. 『OMAKE MOVIE』魔法少女になり隊 SPECIAL STORY SPOT ?外伝-(全10話)



【通常盤】(CD)
SRCL-9816/¥1,000+税
<収録曲>
1.?START
2.シェキナゴン



【関連リンク】
魔法少女になり隊、2部制のハロウィンライブ開催決定
魔法少女になり隊まとめ
RAMMELLS、ニューミニアルバム再現ライブでワンマンライブ開催を発表

【関連アーティスト】
魔法少女になり隊
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表

RAMMELLS、ニューミニアルバム再現ライブでワンマンライブ開催を発表
Sun, 12 Aug 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

4人組オルタナティヴロックバンド・RAMMELLSが、ミニアルバム『take the sensor』の再現ライブを8月11日(土)に渋谷eggmanで開催した。この日のライブは2018年7月にリリースした同アルバムの購入者を対象にしたもので、会場に訪れた観客は勿論アルバムをじっくり聞き込んだファンばかり。客同士の会話を耳にしたが、スタジオで緻密に作られたあの作品がライブではどう表現されるのか、誰もがそこに興味津々でいるようだ。

開演時間の13:00ジャストに客電が消えSEが流れる中、メンバーがステージに登場。真田徹(G)が爪弾くアドリブっぽいフレーズが、そのまま1曲目「Sensor」のイントロに繋がって行く。アルバムでは逆再生音からの導入だった部分をきっちりとライブバージョンにアレンジしている辺りは流石だ。アルバムのリード曲であり全体のテーマも示唆しているこのナンバーは、RAMMELLSの持ち味であるブラックミュージックを基調に置きつつ、シューゲイザーを髣髴させるギターサウンドが織り交ざったキラーチューン。黒田秋子(Vo、Key)が伸びやかに奏でるサビの歌メロのみならず、ギターフレーズ、ベースライン、ドラムのビートまで、全てが印象に残る曲だ。ライブで披露された回数はまだ多くないはずだが、レコード音源とはまた違う“厚み”のあるサウンドと歌でのっけから聴衆を引き込んでいく。

「Sensor」のアウトロギターの余韻が残る中でクラップ音が鳴り始めると、黒田が“どうもありがとう!RAMMELLSです。CDと参加券をゲットしてここに来てくれた、ハッピーでラッキーなみんなにこの曲を贈ります”と短いMCを挟む。その途中でサウンドが変わったことに気づきステージに目をやると、彦坂玄(Dr)はPADを使いリズムを刻み、村山努(B)は何とベースを肩から下ろしてシンセベースを演奏し始める。アルバムの中でもその軽快なアレンジで耳を引いた「FINE」がスタート。ある種のディスコサウウンド的な要素のあったこの曲だが、このライブ・ヴァージョンの音色になることによって所謂“80\'S”色が加味され、ダンスチューンとしてのパワーが増したように感じられた。続く「YOU」でも村山はシンセベースを使っており、真田の放つシューゲイザーっぽいギターとの絡みは何とも言えない良いマッチングを醸し出している。どうやら今回の“再現ライブ”は単にCDの音をなぞるのではなく、ライブならではの“うまみ”を加味するという意向のようだ。

“この曲は2年前からライブでもやってるんで知ってる人も多いんじゃないかな。色んな人のそれぞれの価値観、言葉、理想があるのは当たり前だけれども、そんな中で誰かが窮屈な思いをする世の中は絶対に違うと思う。誰がどこにいたって伸び伸び生きて行けますようにと思って作った歌です”と言う黒田のMCに続いて演奏されたのは「blah blah」。ずっと音源化したかったと語っていた愛着のあるナンバーらしく、演奏する側のその伸び伸びとしたプレイが聴く側にもしっかりと伝わる好演奏だったと思う。

6曲収録のミニアルバムで構成されているこの日の企画ということで、ステージはあっという間に終盤を迎える。5曲目に演奏された「Night out」はアルバムのもうひとつのリード曲とも言えるナンバーで、とにかくサビのメロディーが秀逸。これまでRAMMELLSが発表してきた中でも、No.1の破壊力ではないかと個人的には思っている曲だ。ライブでも幾度か聴いていたが、この日の演奏は間違いなくベストな出来で、同じフレーズでも頭サビと後半でしっかりと表情を変えて歌い上げる黒田のボーカル力の進歩には舌を巻いた。当然リスナーにもそれは伝わったようで、曲終わりでの歓声と拍手は一段とボルテージの高いものであった。本編最後は「愛のパラリア」。何度も繰り返される謎の“愛のパラリア”というフレーズ。“パラリア”とはいったい何なのか?そんなことを考えている間にも身体は自然に揺れ出している恐るべき中毒性を持つこの曲。この日のライブでは黒田がキーボード演奏をせずにハンドマイクでステージ前方で歌ったり、後半にコーラスフレーズを組み込み、観客と一緒に歌うという新しい試みも導入されており、これから先のライブでも盛り上がり必至の定番曲になりそうな予兆を感じさせてくれた。

鳴り止まない拍手の中、アンコールでステージに上がったメンバーから12月に行われるワンマンライブの開催が発表されると、観客からはひときわ大きい歓声が。そして何度も何度も黒田の口から出る“ありがとう”という感謝の言葉の後に、バンドを結成して一番最初に作ったという大切な曲「Blue」を演奏してステージは幕を閉じた。

ロック、ソウル、JAZZ、ファンク、R&B…様々なジャンルの要素を融合させて創り出されているRAMMELLSサウンドはデビュー前から耳の早いリスナーから評判を得ていたが、これまでやもするとライブよりもレコーディング音源が評価されているバンドという印象があったのは確かだろう。但し、この日のライブはそれを覆す演奏力とステージ運びのレベルアップを見せてくれるものであった。何よりも強く確信したのは彼らの本質は"お洒落"なものなんかでは無く、むしろそれらをぶち壊す"熱さ"だという事だ。この後も引き続きRAMMELLSの動向に注目して行きたい。

Photo by ToshiSENDA
Text by 甲斐幹人

■『RAMMELLS 2nd oneman live 「on your mark」』

12月13日(木) 大阪・LIVE SPACE CONPASS
12月21日(金) 東京・TSUTAYA O-nest
※チケット販売情報は後日発表。

ミニアルバム『take the sensor』

発売中



CRCP-40556/¥1,667+税
<収録曲>
01.Sensor
02.FINE
03.YOU
04.blah blah
05.Night Out
06.愛のパラリア



【関連リンク】
RAMMELLS、ニューミニアルバム再現ライブでワンマンライブ開催を発表
RAMMELLSまとめ
RUANN、デジタルシングル「LOVE&HOPE」で9月にメジャーデビュー!

【関連アーティスト】
RAMMELLS
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表, ミニアルバム, ワンマン, ライブレポ

RUANN、デジタルシングル「LOVE&HOPE」で9月にメジャーデビュー!
Sun, 12 Aug 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

YouTubeやSNSで話題を呼び、企業CM や人気アニメのエンディングテーマに抜擢されるなど、業界でも話題となっている(アーティスト)とIdol(アイドル)を融合したArtidol(アーチドル)のRUANNが、8月11日(土)に梅田・Shangri-Laにて開催したワンマンライブ『RUANN TOUR 2018 SUMMER』大阪公演にてトイズファクトリーよりメジャーデビューをすることを発表した。デビュー曲は桐谷美玲が出演するJOYSOUND の新機種『JOYSOUND MAX2』の新CM ソングに起用されている「LOVE&HOPE」で、9月10日(月)にデジタルシングルとしてリリースされる。

そんな「LOVE&HOPE」はLIVE では披露されており音源化をファンの間でも熱望されていたナンバー。≪諦めるな、最高の成功は失敗から成り立っている。愛と希望はもっともっとこの世界を幸せにしてくれる!≫と彼女のこれまでの15年間を楽曲にしたかのような力強い歌詞とPOPな曲調が印象的で、その作詞作曲共にRUANNが担当している。RUANN はマイケル・ジャクソン、ビヨンセ、レディー・ガガ、テイラー・スウィフトなどに影響を受け、自身で音楽の取得方法もオリジナルで取得。また、K-POP等にも興味を持ち、独自の自分なりのやり方で英語、韓国語も学び、カバーをライブにて披露する逸材だ。

今後、8月26日(日)に新宿ReNYにてワンマンライブを開催予定。9月1日(土)には、さいたまスーパーアリーナで開催される『マイナビ presents 第27回 東京ガールズコレクション 2018 AUTUMN/WINTER』にもオープニングアクトとして出演が決定。また、10月6日(土)に開催される『takagi presents TGC KITAKYUSHU 2018 by TOKYO GIRLS COLLECTION』にも出演する。

配信シングル「LOVE&HOPE」

2018年9月10日(月)発売

【ライブ情報】

『RUANN TOUR 2018 SUMMER “LOVE&HOPE”』
8月26日(日) 新宿 ReNY

『マイナビ presents 第27回 東京ガールズコレクション 2018 AUTUMN/WINTER』
9月01日(土) さいたまスーパーアリーナ

『takagi presents TGC KITAKYUSHU 2018 by TOKYO GIRLS COLLECTION』
10月06日(土) 西日本総合展示場新館



【関連リンク】
RUANN、デジタルシングル「LOVE&HOPE」で9月にメジャーデビュー!
RUANNまとめ
欅坂46、ニューシングル特典映像の予告動画を公開

【関連アーティスト】
RUANN
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, シングル, 発表, リリース, 発売, 配信, ライブレポ, 音楽配信

欅坂46、ニューシングル特典映像の予告動画を公開
Sun, 12 Aug 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

欅坂46が8月15日(水)にリリースするニューシングル「アンビバレント」のTypeAとBに付属するDVDに収録される特典映像の予告動画が公開となった。

前作の特典映像で大好評を博した自撮りTVが今作の特典映像では、欅坂46メンバーとけやき坂46がペアになり収録されている。けやき坂46の成長に伴い、ツアーや冠番組も別になり、2グループが一緒に活動することが少なくなってきている中で、今回の特典映像はファン待望の企画と言えるだろう。また、映像の多くが自撮りで撮影されているので、メンバーの素の表情も楽しめる内容になっているようだ。予告動画を見て、特典映像本編への期待もますます募るばかりである。

■【TypeA 特典映像】

■【TypeB 特典映像】

シングル「アンビバレント」

2018年8月15日発売



【初回仕様限定盤 TYPE-A】(CD+DVD)
SRCL-9922〜9923/¥1,528+税

◎各初回仕様限定盤共通封入特典
・「全国握手会イベント参加券orスペシャルプレゼント応募券」1枚封入
・「メンバー生写真」ランダム1枚封入



【初回仕様限定盤 TYPE-B】(CD+DVD)
SRCL-9924〜9925/¥1,528+税



【初回仕様限定盤 TYPE-C】(CD+DVD)
SRCL-9926〜9927/¥1,528+税



【初回仕様限定盤 TYPE-D】(CD+DVD)
SRCL-9928〜9929/¥1,528+税



【通常盤】(CD)
SRCL-9930/¥972+税



【関連リンク】
欅坂46、ニューシングル特典映像の予告動画を公開
欅坂46まとめ
コレサワ、本人念願のコラボカフェが期間限定でオープン決定

【関連アーティスト】
欅坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ニュース, トレーラー, DVD, シングル, 発表

コレサワ、本人念願のコラボカフェが期間限定でオープン決定
Sun, 12 Aug 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

コレサワが9月19日(水)発売のの2ndアルバム『コレでしょ』リリースを記念して、東京・下北沢に期間限定のコラボカフェがオープンすることが発表された。

9月14日(金)〜9月30日(日)の期間中に、コレサワ考案のオリジナル食事メニューやドリンクが販売される。中でも目玉メニューは『コレでしょ』収録曲「東京コロッケ」にちなんだ東京コロッケ。大阪出身のコレサワが子供の頃、縁日の屋台でよく食べていた大好物の『東京コロッケ』だが、上京したら本場の東京コロッケが食べれる!と思いきや、実は東京には東京コロッケはなかった!という衝撃の歌のエピソードにちなんで、コレサワ監修のもと、mona recordsの協力で念願の東京コロッケの完全再現が実現した。コレサワは“やってみたかったコラボカフェ、ついに夢が叶いました!コレサワの大好きな食べ物を沢山用意してもらいました。し・か・も、大好物の東京コロッケをみんなにも食べてもらえることがとても嬉しいです!ぜひご来店くださーーい!!!”とコメントしている。

なお、期間限定コラボカフェ コレサワの『カフェでしょ』では限定メニューだけでなく、コレサワの全MV、LIVE映像等を楽しむことができるまさに“コレサワールド”が全開のカフェなので、お楽しみに。

■【期間限定コラボカフェ コレサワの「カフェでしょ」詳細】

期間:9月14日(金)〜9月30日(日)
場所:下北沢mona records おんがく食堂 (2F)
アクセス:http://www.mona-records.com/access.php
期間中はグッズ、CDの購入者にオリジナル特典でコースターをプレゼント。

<コラボカフェ限定メニュー>
・「噂の東京コロッケ」 420円(税込)
・「れ子ちゃんパンケーキ」680円 (税込)
・「君とバターチキンカレー」864円 (税込)
※ナンおかわり(1枚)はプラス100円 (税込)
・「コレちゃんの好きなやつ 」 864円 (税込)
※ごはん付きはプラス100円(税込)
※ディナータイム(18:00〜)限定
・「悪いユメジュース」 540円(税込)
・「マンゴーラッシー」 518円 (税込)
※カレーとセットでご注文の場合は400円(税込)

アルバム『コレでしょ』

2018年9月19日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
CRCP-40558/¥3,333+税
<収録曲>
■CD
01.彼氏はいません今夜だけ
02.いたいいたい
03.泣く門には福きたる
04.パープル
05.夜にして
06.君と満員電車
07.友達だからかな
08.東京コロッケ
09.悪いユメ
10.プラネタリウムに憧れた
11.君とぬいぐるみ
12.最後の有給
■DVD
・彼氏はいません今夜だけ MUSIC VIDEO
・いたいいたい MUSIC VIDEO
・君とぬいぐるみ MUSIC VIDEO
・死ぬこと以外かすり傷 MUSIC VIDEO
・SSW (LIVE)(2018年5月12日 コレサワ ワンマンショー「コレシアター04」LIQUIDROOMにて収録)
・阪急電車と2DK (LIVE)(2018年5月12日 コレサワ ワンマンショー「コレシアター04」LIQUIDROOMにて収録)
・コレサワの超難関ジェスチャークイズ Vol.2



【通常盤】(CD)
CRCP-40559/¥2,778+税
<収録曲>
01.彼氏はいません今夜だけ
02.いたいいたい
03.泣く門には福きたる
04.パープル
05.夜にして
06.君と満員電車
07.友達だからかな
08.東京コロッケ
09.悪いユメ
10.プラネタリウムに憧れた
11.君とぬいぐるみ
12.最後の有給



【関連リンク】
コレサワ、本人念願のコラボカフェが期間限定でオープン決定
コレサワまとめ
スターダスト☆レビュー、『楽園音楽祭2017』の映像化が決定

【関連アーティスト】
コレサワ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, アルバム, キャンペーン, 発表

スターダスト☆レビュー、『楽園音楽祭2017』の映像化が決定
Sun, 12 Aug 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

毎年恒例の野外ツアー『楽園音楽祭2018』を開催中のスターダスト☆レビューが、8月11日(土)に東京・日比谷野外大音楽堂にてワンマン公演を開催した。会場はおよそ3,000人のファンで埋め尽くされ、代表曲「今夜だけきっと」、「木蘭の涙」、最新アルバムから「世界はいつも夜明け前」、「You\'re My Love」、「還暦少年」、含む23曲を披露し、会場を沸かせた。

さらに公演中のMCにて、2017年に開催された『楽園音楽祭2017』の模様を収めたDVD&Blu-rayを10月24日(水)に発売することも発表された。今作には『楽園音楽祭2017』から、G&Vo根本要とB&Vo柿沼清史の還暦記念公演となった2017年9月10日(日)大阪府・大阪城音楽堂での公演全24曲・約3時間にわたる公演が完全収録されるほか、メンバーによる恒例の副音声も収録予定。また、初回生産限定盤はスペシャルパッケージ仕様となる。対象CDショップで期間内に DVDまたはBlu-rayを予約すると、特典がもらえる予約キャンペーンも実施されるので、詳しくはオフィシャルHPをチェックしてほしい。

Photo by Shinji okawa

DVD&Blu-ray『STARDUST REVUE 楽園音楽祭 2017 還暦スペシャル in大阪城音楽堂』

2018年10月24日発売



【初回生産限定盤DVD】
COBA-7048-9/¥6,112+税
【通常盤DVD】
COBA-7050-1/¥6,112+税
【初回生産限定盤Blu-ray】
COXA-1160/¥6,945+税
【通常盤Blu-ray】
COXA-1167/¥6,945+税
<収録曲>※収録内容は変更となる可能性がございます。
■DVD・Blu-ray共通
01.人力ヒコーキのバラード
02.柱時計が10時半
03.何やってんだろう
04.瞳の中の天国
05.Joanna
06.Sweet Harmony
07.Welcome To The Jungle
08.I Believe In Love
09.星に唄えば
10.B型を愛してください
11.もう一度ハーバーライト
12.Daydream Believer
13.What is Love?
14.Rockn\'Roll Blues
15.紅いハンカチ
16.木蘭の涙
17.街まで50マイル-My Old Friend-
18.AVERAGE YELLOW BAND
19.Goin\' Back To 1981
20.NO! NO! Lucky Lady
[アンコール]
21.スタートライン〜新しい風
22.今夜だけきっと
23.もっとそばに来て
24.ふるさと
※特典映像収録(内容は後日発表)

◎予約特典
8月11日(土)〜10月13日(土)までに予約をされた方に以下の特典をプレゼントします。
・タワーレコード/タワーレコードオンライン:ステッカー(タワーレコードオリジナルデザイン)
・山野楽器ソフト取扱店およびオンラインショップ:ステッカー(山野楽器オリジナルデザイン)
・スターダスト☆レビュー応援店:ステッカー(応援店オリジナルデザイン)
※デザインは後日発表
※詳細はこちら:http://columbia.jp/artist-info/s-d-r/info/61335.html

『楽園音楽祭 2018』

8月25日(土) 富山・太閤山ランド 野外劇場
8月26日(土) 富山・太閤山ランド 野外劇場
9月02日(日) 富山・とっとり花回廊・野外ステージ広場
9月29日(土) 大阪・大阪城音楽堂
10月06日(土) 山形・天童市わくわくランド 野外ステージ
10月08日(月・祝) 愛知・モリコロパーク【愛・地球博記念公園】
10月13日(土) 山梨・河口湖ステラシアター ※7月28日より振替公演



【関連リンク】
スターダスト☆レビュー、『楽園音楽祭2017』の映像化が決定
スターダストレビューまとめ
レキシ、LINE LIVEでアルバムのジャケットに手書きする様子を生配信

【関連アーティスト】
スターダストレビュー
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, DVD, Blu-ray, 発表, 発売, ライブレポ

レキシ、LINE LIVEでアルバムのジャケットに手書きする様子を生配信
Sun, 12 Aug 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

先日、三浦大知、上原ひろみ、手嶌葵が参加する約2年3ヶ月ぶりの6thアルバムを9月26日(水)にリリースすることを発表したレキシが、アルバム初回限定盤に付属する「手書きジャケット」を手書きする番組『手書きジャケット 16,666枚! 目指せ!ムキ新記録!』を、8月12日(日)21時よりLINE LIVE ビクターエンタテインメントチャンネルで生配信することを発表した。

この番組は、レキシが一枚一枚手書きしている様子を爆笑トークを交えながら、いつも通りまったりと生配信。手書きしながらのアルバムについてのトークやその他もろもろの脱線トークなど、初回配信ならではの内容になること必至なので、是非チェックしてみよう。

また、この手書きジャケットはレキシ本人が一枚づつアルバムタイトルを手書きし、その手書きされたジャケットにはレキシ印のハンコが押され、文字通りオンリーワンの完全生産限定盤として出荷される。この手書きジャケット付き限定盤は過去5作のアルバムでも毎回実施され、前作『Vキシ』では予約時点でほぼ完売。今回は6枚目を記念して、過去最高となる16,666枚を目指して手書きが行われることとなった。また、手書きジャケットはアルバムタイトル『ムキシ』だけでなく、脱線したタイトルや節目枚数の“キリ盤ジャケ”などに加え、“レア盤”とされる参加ゲスト、ミュージシャンらによるレキシ以外が手書きしたジャケットも存在し、それらすべてランダムに出荷。それぞれ誰が手書きしたか判別できるオリジナルハンコも押されているので、是非お気に入りの一枚を手に入れて欲しい。

■LINE LIVE『手書きジャケット 16,666枚! 目指せ!ムキ新記録!』

8月12日(日)21:00〜
チャンネル:LINE LIVEビクターエンタテインメントチャンネル
配信URL:https://live.line.me/channels/520/upcoming/9135057

アルバム『ムキシ』

2018年9月26日発売



【手書きジャケット付き完全初回生産限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1440/¥3,800+税
【通常盤】(CD+DVD)
VIZL-1441/¥3,800+税
【通常盤】(CD)
VICL-65054/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
全10曲収録(収録曲など詳細は後日発表)
■DVD
バラエティー風ドキュメンタリー番組『レキシどうでしょう〜稲じゃなくていいねが欲しいの』

※iTunes Store、レコチョクなどの主要ダウンロードサイトでも9月26日より配信開始。



【関連リンク】
レキシ、LINE LIVEでアルバムのジャケットに手書きする様子を生配信
レキシまとめ
10-FEET×BRAHMANコラボT販売、収益は西日本豪雨災害の復興支援に

【関連アーティスト】
レキシ
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, 配信

10-FEET×BRAHMANコラボT販売、収益は西日本豪雨災害の復興支援に
Sat, 11 Aug 2018 19:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

10-FEETとBRAHMANによる“西日本豪雨復興支援 10-FEET × BRAHMAN WネームTシャツ”の販売がスタートした。

このコラボTシャツは、7月に発生した西日本豪雨災害の復興支援ために制作されたもので、10-FEETとBRAHMANのメンバーの話し合いによって販売が決定した。最低限の諸経費をのぞいた全金額を現地で活動する幡ヶ谷再生大学に寄託し、被災地の要望にそった支援物資をはじめとするさまざまな復興支援の為の活動支援金として使用される。

Tシャツの1次受付期間は8月20日までとなっており、9月10日以降に順次発送予定だ。2次受付期間の日程は未定となっている。

■西日本豪雨復興支援 10-FEET × BRAHMAN WネームTシャツ 詳細

■西日本豪雨復興支援 10-FEET × BRAHMAN WネームTシャツ
価格:¥3,240(税込)
カラー:黒 / 白 / 赤 / 青 サイズ:S / M / L / XL

■西日本豪雨復興支援 10-FEET × BRAHMAN WネームロングスリーブTシャツ
価格:¥3,780(税込)
カラー:黒 / 白 サイズ:S / M / L / XL ※袖リブあり

1次受付期間(受注生産):8月11日(土)19:00〜8月20日(月)23:59
※2次受付期間(受注生産)の日程は未定です。決まり次第告知させて頂きます。
※今回のTシャツはライブ会場での販売は予定しておりません。
※現状“西日本豪雨復興支援 10-FEET × BRAHMAN WネームTシャツ取り扱いSHOP”での通販のみとなります。

発送日:9月10日(月)以降に順次発送予定
※申し込み多数の場合は遅れが生じる可能性がございます。ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。

■取り扱いSHOPホームページ
https://store.skiyaki.net/br10



【関連リンク】
10-FEET×BRAHMANコラボT販売、収益は西日本豪雨災害の復興支援に
10-FEETまとめ
BRAHMANまとめ
angela、30曲入り2枚組ベストを2枚同時リリース

【関連アーティスト】
10-FEET, BRAHMAN
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース

angela、30曲入り2枚組ベストを2枚同時リリース
Sun, 12 Aug 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

angelaのデビュー15周年を記念したベストアルバム『angela All Time Best 2003-2009 』『angela All Time Best 2010-2017』が10月24日に同時リリースされる。両作共30曲入りの2枚組で、初回製造分のみ三方背ボックス仕様となり、ブックレットとステッカーが付属する。

収録曲は活動してきた15年を2つの期間に分け、angela自身が中心となって1曲1曲選出。『angela All Time Best 2003-2009 』には<キングレコード>デビュー前にリリースした“デビュー前のデビュー曲”である「memories」、『angela All Time Best 2010-2017』には「memories」のカップリング「笑顔をみせて」を収録。「memories」は昨年開催された単独武道館ライヴで歌うまで、約18年間封印していたという楽曲だ。

angelaは10月27日に日比谷野外大音楽堂にてワンマンライヴを開催予定。詳細はオフィシャルHPで確認しよう。

アルバム『angela All Time Best 2003-2009 』

2018年10月24日発売



KICS-3755〜6/¥3,300+税
<収録曲>
■DISC 1
・明日へのbrilliant road
・綺麗な夜空
・The end of the world
・over the limits
・幸せの温度
・How many?
・merry-go-round
・butterfly
・Stay With Me
・笑顔でバイバイ
・fly me to the sky
・in your arms
・Shangri-La
・Separation
・cheers!
■DISC 2
・未来とゆう名の答え
・DEAD SET
・Peace of mind
・果て無きモノローグ
・人生遊戯
・gravitation
・恋のfirst run
・Beautiful fighter
・約束
・Spiral
・Link
・光、探せなくとも
・此処に居るよ
・オルタナティヴ
・memories

◎初回製造分特典
・スペシャルブックレット2003-2009
・おたのしみステッカー数種
・三方背ボックス仕様

アルバム『angela All Time Best 2010-2017』

2018年10月24日発売



KICS-3757〜8/¥3,300+税
<収録曲>
■DISC 1
・蒼い春
・FORTUNES
・蒼穹
・さよならの時くらい微笑んで
・『リアル』は…
・キラフワ
・THE LIGHTS OF HEROES
・KINGS
・僕じゃない
・いつかのゼロから
・To be with U
・ANGEL
・遠くまで
・バイバイオーライ
・キラキラ-go-round
■DISC 2
・シドニア
・Different colors
・イグジスト
・暗夜航路
・その時、蒼穹へ
・愛、ひと欠片
・騎士行進曲
・DEAD OR ALIVE
・ホライズン
・愛すること
・KIZUNA
・僕は僕であって
・全力☆Summer!
・Calling you
・笑顔をみせて

◎初回製造分特典
・スペシャルブックレット2010-2017
・おたのしみステッカー数種
・三方背ボックス仕様

『angela Live2018 All Time Best in 日比谷野音』

10月27日(土) 東京・日比谷野外大音楽堂
開場:16:30 開演:17:30



【関連リンク】
angela、30曲入り2枚組ベストを2枚同時リリース
angelaまとめ
SIX LOUNGE、レコ発ツアーから「ORANGE」ライヴ映像公開

【関連アーティスト】
angela
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, CD, アルバム, ライブ

SIX LOUNGE、レコ発ツアーから「ORANGE」ライヴ映像公開
Sat, 11 Aug 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SIX LOUNGEのライヴ映像が公開された。

今春にミニアルバム『夢うつつ』をリリースし、全国ツアー『SIX LOUNGE TOUR 2018“夢うつつ”』を開催したSIX LOUNGE。今回公開されたのは、同ツアーの恵比寿LIQUIDROOM公演で披露した「ORANGE」のステージを収めたもの。現在YouTubeで公開されている映像はショートバージョンとなり、フルサイズは登録無料のメンバーサイトSICKSで視聴可能だ。
 
バンドは12月からワンマンツアー『SIX LOUNGE ONEMAN TOUR“LOVE”2018〜2019』を実施する。

『SIX LOUNGE ONEMAN TOUR“LOVE”2018〜2019』

12月08日(土) 福岡・BEATSTATION
12月13日(木) 大阪・umeda TRAD
12月14日(金) 愛知・APOLLO BASE
12月16日(日) 北海道・札幌BESSIE HALL
【2019年】
1月11日(金) 宮城・仙台MACANA
1月13日(日) 新潟・CLUB RIVERST
1月18日(金) 岡山・CRAZYMAMA 2nd Room
1月19日(土) 香川・高松MONSTER
1月25日(金) 広島・SECOND CRUTCH
1月31日(木) 東京・マイナビBLITZ赤坂
2月03日(日) 大分・T.O.P.S Bitts HALL



【関連リンク】
SIX LOUNGE、レコ発ツアーから「ORANGE」ライヴ映像公開
SIX LOUNGEまとめ
欅坂46、尾関梨香・小池美波・長濱ねるのユニット曲「音楽室に片想い」MV公開

【関連アーティスト】
SIX LOUNGE
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ツアー

欅坂46、尾関梨香・小池美波・長濱ねるのユニット曲「音楽室に片想い」MV公開
Sat, 11 Aug 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月15日にリリースされる欅坂46の7thシングル「アンビバレント」のカップリング曲「音楽室に片想い」のMVが公開となった。「音楽室に片想い」は前作「バスルームトラベル」で新たに結成された尾関梨香、小池美波、長濱ねるからなるユニットが歌唱。 MVは花々に囲まれたキュートな3人が印象的な作品に仕上がっている。

シングル「アンビバレント」

2018年8月15日発売



【初回仕様限定盤 TYPE-A】(CD+DVD)
SRCL-9922〜3/¥1,528+税



【初回仕様限定盤 TYPE-B】(CD+DVD)
SRCL-9924〜5/¥1,528+税



【初回仕様限定盤 TYPE-C】(CD+DVD)
SRCL-9926〜7/¥1,528+税



【初回仕様限定盤 TYPE-D】(CD+DVD)
SRCL-9928〜9/¥1,528+税



【通常盤】(CD)
SRCL-9930/¥972+税



【関連リンク】
欅坂46、尾関梨香・小池美波・長濱ねるのユニット曲「音楽室に片想い」MV公開
欅坂46まとめ
尾関梨香まとめ
小池美波まとめ
長濱ねるまとめ

【関連アーティスト】
欅坂46, 尾関梨香, 小池美波, 長濱ねる
【ジャンル】
女性アイドル, ニュース, AKB, MV, CD, 新曲

キンプリの全国ツアーが開幕&2ndシングルを10月リリース
Sat, 11 Aug 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

King & Princeが8月10日に横浜アリーナにて、初となるコンサートツアー『King & Prince First Concert Tour 2018』をスタートさせた。

巨大なライオンのオブジェがステージの両端に鎮座し、中央には真っ赤な絨毯の大階段。大勢のJr.が踊る厳かなステージの上に、6人は空中に浮かんだ王座のゴンドラに乗って現れた。その驚きの登場に大歓声であふれる中、披露されたのは大ヒットとなったデビュー曲「シンデレラガール」だ。会場中に揺れるペンライトがファンの盛り上がりを伝え、メンバーもうれしそうな笑顔を浮かべる。ステージに舞い降りた6人の「最初のコンサート楽しもうぜ!」(?橋)「俺達のコンサート盛り上がってくれるか!?」(岸)というあおりから、ビートの効いた曲を連発。一気にKing & Princeの世界に引き込んでいく。ラップ調でメンバーを紹介していく新曲「We are King & Prince!」も披露。会場からはさっそくメンバーの名前を呼ぶコール&レスポンスが起こった。

メンバー6人で肩を組んだ列車となって仲良くバッグステージに移動すると、「サマーステーション」のイントロが。銀テープが会場中に飛び、ゆらゆら踊る風船が現れ、会場は一気に楽しい夏となる。タッキー&翼の「Ho!サマー」、Sexy Zoneの「Sexy Summerに雪が降る」など先輩たちの夏ソングメドレーでは、メンバー同士が笑顔で戯れながら踊ったり、ファンにとびっきりの笑顔を振りまいたりと、ステージ上ではしゃぐ彼らのテンションもMAX。さらに「MIXTURE」などJr.時代の曲では本格的なダンスを見せつけたり、平野、神宮寺、永瀬がV6の「君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか」をしっとりと歌い上げたかと思えば、岩橋、岸、?橋が顔面プリントTシャツを着て、ステージ上をわちゃわちゃと走り回りながら「やっちゃった」(舞祭組)でファンを楽しませたり。次から次へと彼らの持つ魅力を放っていく。

「次の曲は、僕たちの新しい曲。僕たちからファンの皆さんに贈った曲です。歌詞に注目して聴いてほしいです」という平野の言葉で歌い始めたのは「ゴールデンアワー」。さわやかなメロディーに乗せて、ファンとの奇跡の出会いに感謝する気持ちをていねいにファンへと届けた。

MCでは、ステージ上で公開囲み取材も。1stコンサートについての感想を聞かれると「どこを見渡しても僕たちのファンですから、こんなに心強いことはない」と永瀬。?橋も「実感が沸かなくて、ずっとふわふわしてる感じ。でも皆さんに幸せ届けたいと思ってここに立ってるんで、1人1人に届けばいいなと思います」と夢心地ながらもファンを思いやる気持ちを見せた。メンバー紹介ソング「We are King & Prince!」ではメンバー同士で歌詞を考えたということで、岸の紹介歌詞を書いた平野が「ちょっとふざけて岸くんをファッションモンスターって言ったんですよ」と暴露。「冗談なの?おしゃれっていう意味じゃないの?」と驚く岸に、「だって岸くん、いつも枝豆みたいな色の服を着てるから」と平野が続けて笑いを起こす。

会見では、10月10日に2ndシングルをリリースすることも発表。「皆さん、“じゅ〜じゅ〜”ですよ!」と岸語が飛び出す。さらに神宮寺から「カップリング候補曲が3曲あるので、1曲をファンの皆さんに決めてもらいたいと思います」という企画が発表され、すぐに「Misbehave」「秋空」「Glass Flower」とタイプの違う候補曲3曲を披露した。

ライブ後半戦でも、KingとPrinceのコーナーや、ドラマチックな世界観に釘付けになる「Wake me up」などの新曲でファンを引きつけ、ガンガンに盛り上げていく6人。ラストの曲の前にはそれぞれが改めて気持ちをファンに伝える。

「ティアラの皆さんの顔を見るとすごく安心します。みんなが僕たちと一緒に歌ってくれる姿や踊ってくれる姿、本当にステキなので、いつまでも、これからも、僕たちにずっとついてきてください」(神宮寺)

「幕が開いて皆さんの顔を見たとき、本当にうれしくて。泣いてる方もいたりして。それくらい僕たちに気持ちを込めていてくれてるんだなって、改めて実感できました。次からは涙は見せずに、笑ってる顔だけ見せに来てください」(永瀬)

「僕はジャニーズ入った頃、ある夢を見ました。それは今日この日、幕が開いて、6人が上から登場して、ティアラの皆さんを見て、みんなの歓声が聞こえるという夢です。それが今日やっと、叶いました。僕はこの夢を信じ続けて、この6人でデビューすることができました。僕たちは、まだまだこれからです。これからティアラとKing & Princeのステキな歴史を作っていきましょう」(岩橋)

「デビューコンサート一ツアのー発目、不安もあったんですけど、こうやってキラキラのペンライトの中で、僕たちはとても幸せな時間を過ごせました。これからKing & Prince、ずっと突き進んでいきますが、10年後、20年後もこの子たちを応援しててよかったって思ってもらえるような人たちになっていきたいと思います。それまでよろしくお願いします」(?橋)

「(ジャニーズに)入ったときから夢見てた大きなステージで皆さんと会えるということが、夢なのかなと思うくらい不思議な感覚でいます。僕たちをここまで来させてくれた皆さんのおかげですし、感謝の気持ちは僕のボキャブラリーじゃうまく伝えられないですけど(笑)、これから、幸せにしていきます。皆さんの心にくるパフォーマンスや喜びを、1人1人に与えたいと思います」(岸)

「デビューしてから初めてのコンサートでとても楽しすぎて、ちょっと前半なに演ったか覚えてないんですけど(笑)。こうやってファンの皆さんと少しずつ、大切な思い出、ステキな時間を作っていけるようにこれから僕たち頑張るので、これからも、ずっとずっとずっと、僕たちの応援よろしくお願いします。そして、またすぐ会いましょう」(平野)

そうして、再び王座のゴンドラに乗り込んだ彼らが披露した本編ラスト・ソングは、新曲の「King & Prince,Queen & Princess」。ライヴの最後にふさわしい、ファンと6人を歌った美しい曲で、夢のような時間を締めた。

アンコールでは、王冠がついた6つのゴンドラに乗って空中から登場。ここでもまた、サプライズ登場でファンを喜ばせる。まだまだ元気いっぱいの彼らは、11月9日公開予定の平野主演映画「ういらぶ。」の主題歌「High On Love!」などノリのいい曲で会場中の駆けめぐり、最後の最後までファンとのふれあいを楽しんだ。

彼らのフレッシュな魅力がたっぷりと詰まったコンサートは始まったばかり。最終日となる9月22日の宮城セキスイハイムスーパーアリーナまで全国5都市、21公演を行い、総動員数26万人を予定している。



【関連リンク】
キンプリの全国ツアーが開幕&2ndシングルを10月リリース
King & Princeまとめ
ポップしなないで、「言うとおり、神さま」MV公開&東名阪ツアー開催決定

【関連アーティスト】
King & Prince
【ジャンル】
男性アイドル, ニュース, ジャニーズ, ツアー, ライブレポ

ポップしなないで、「言うとおり、神さま」MV公開&東名阪ツアー開催決定
Sat, 11 Aug 2018 16:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2015年結成のボーカル・かめがい、ドラム・かわむらによるセカイ系おしゃべりJPOP“ポップしなないで”が、強烈なタイトルを冠したミニアルバム『CDはもう売れない』のリード曲「言うとおり、神さま」のMVを公開した。MVを手掛けたのは、今作のジャケットを始めとする同バンドのデザインワークに数多く参加している伊豆見香苗。ジャケットにも登場している少女が、どこか終末を感じさせる世界で、可愛らしくも異質な「神さま」と対峙している様子を描いている。彼女独自のタッチと世界観で描かれた物語の断片は、ポップしなないでの持つ哲学的とも言える音楽世界を存分に表現しているものといえる。

MVの公開と併せて、ポップしなないで新たなアー写も公開となった。青空の下、かわむら(左)、かめがい(右)の二人が、バラエティ番組でよく目にする“パイ”を顔面にぶつけられた“顔が見えない”ものに仕上がっている。

さらに、ポップしなないで初となる東名阪ツアーの開催も決定した。バンド初の遠征という事もあり、各地の“ポしな”ファンは是非足を運んでほしい。ファイナルとなる東京公演はこれまた初となるワンマン公演となっている。2018年、大きく動き出すポップしなないでから目が離せない。

■東名阪ツアー『「CDはもう売れない」 レコ発ツアー“神さまは実家に帰る”』

11月17日(土) 名古屋 TIGHT ROPE
11月18日(日) 大阪 地下一階
12月24日(月・祝) 東京 BASEMENT BAR ※ツアーFINAL(ワンマン公演)
<チケット>
前売¥2,500/当日¥3,000 ※D代別
発売日:8月11日(土)10:00〜

ミニアルバム『CDはもう売れない』

2018年10月24日発売



NCJD-10001/¥1,500+税
<収録曲>
1.言うとおり、神さま
2.魔法使いのマキちゃん
3.砂漠の惑星
4.bedroom sound system
5.フルーツサンドとポテサラ



【関連リンク】
ポップしなないで、「言うとおり、神さま」MV公開&東名阪ツアー開催決定
ポップしなないでまとめ
水木一郎、“原点”に立ち返るデビュー50周年記念ライヴで30曲熱唱

【関連アーティスト】
ポップしなないで
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 発表, ミニアルバム, ツアー

水木一郎、“原点”に立ち返るデビュー50周年記念ライヴで30曲熱唱
Sat, 11 Aug 2018 15:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

水木一郎が8月10日、Zepp Tokyoで『水木一郎 デビュー50周年記念 特別公演〜原点オンパレードだゼーット!〜』と銘打った50周年記念ライヴを開いた。

“アニキ”の愛称で親しまれ、“アニメソング界の帝王”としていまなお第一線で活躍中の水木。1968年7月にカンツォーネ歌謡「君にささげる僕の歌」でレコードデビューして以来、半世紀にわたってアニメ・特撮主題歌を中心に数多く楽曲をレコーディング。今回のライヴはデビューのきっかけとなったオーディショングランプリ受賞曲、メジャーデビュー前に吹き込んだ初レコーディング曲、本邦初公開の幻のデビュー曲、初アニメソング、初特撮ソング、初ゲームソングなど、水木一郎の“原点”が堪能できる内容で構成された。

約1000人の熱狂的ファンが詰めかける中、水木は「今日は、海外からもたくさん来ていただいてありがとう。水木一郎50周年、本当にうれしいです。偶然に、探して探して探してやっと見つかった幻のデビュー曲とか、お蔵入りしていたいろんな歌が発見されましたので、そういうような歌を交ぜていこうかなと思っています。今日は、僕の原点をたっぷりお楽しみください」とあいさつ。ゲストに堀江美都子、影山ヒロノブ、TAKERUと瀬下千晶からなるボイジャーらを迎え、デビュー曲「君にささげる僕の歌」をはじめ、「原始少年リュウが行く」「嵐よ叫べ」「アストロガンガー」「僕のマシュマロちゃん」、初レコーディング曲「シェナンドー」、幻のデビュー曲「くちづけ」を歌唱。メドレーコーナーでは「マジンガーZ」「ぼくらのマジンガーZ」「セタップ!仮面ライダーX」「燃えろ!仮面ライダー」「劇場版マジンガーZ/INFINITY」「マジンガーZ/ INFINITYバージョン」を披露し、全30曲を熱唱した。 

さらにサプライズ企画として、50周年のアニバーサリーソング「ハピネス」が披露。串田アキラ、森口博子、米倉千尋ら35人のミュージシャンに加え、コーラス、司会者の全41人によるサプライズ参加メンバーたちが歌唱した。「ハピネス」は堀江美都子が発起人となって制作されたオリジナル曲で、作詞を堀江と遠藤正明、作曲を影山ヒロノブが手がけた。同曲は10月24日にリリースされる水木のニューアルバムに収録予定だ。

水木8月11日にライヴイベント『スーパーヒーロー魂2018“夏の陣”』、12日に『スーパーアニソン魂2018“夏の陣”』を行ない、8月18日に『ANIME JAPAN FES2018“大阪 夏の陣”』を開催する。詳細はオフィシャルHPで確認しよう。

アルバム『タイトル未定』

2018年10月24日発売



COCX-40541/¥3,000+税
<収録予定曲>
・シェナンドー
・君にささげる 僕の歌
・くちづけ
・素敵な夜
・星に祈りをこめて
・誰もいない海
・おやすみなさい恋人
・愛の世界
・初恋は死んだ
・霧の東京
・許して母さん
・和倉のあいの物語
・ハピネス
ほか



【関連リンク】
水木一郎、“原点”に立ち返るデビュー50周年記念ライヴで30曲熱唱
水木一郎まとめ
堀江美都子まとめ
影山ヒロノブまとめ
ボイジャーまとめ

【関連アーティスト】
水木一郎, 堀江美都子, 影山ヒロノブ, ボイジャー, 串田アキラ, 森口博子, 米倉千尋, 遠藤正明
【ジャンル】
J-POP, アニメ・声優, ニュース, CD, アルバム, ライブレポ

福山雅治、『NHK高校野球』テーマソング「甲子園」を配信リリース決定
Sat, 11 Aug 2018 15:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

福山雅治のニューシングル「甲子園」が8月27日に配信リリースされる。

『NHK高校野球』のテーマソングに起用された同曲だが、全国高校野球選手権大会が今夏第100回を迎えるにあたって、試合中継を行なうNHKが今回初めてテーマソングを制作。福山がこれまでに曲を通して伝えてきた、人々が普遍的に大切にしてきたこと、“故郷への想い”や“壁にぶつかった人へのエール”、“家族愛”が、高校野球を通して伝えたいことと一致するという理由でNHKが福山に楽曲制作をオファーした。8月5日から開幕した大会のNHK中継などでオンエアされている。

そして、リリースの発表と同時にジャケット写真も公開。福山が小学校時代にソフトボールをやっていた当時の写真を使ってデザインされたものが採用された。ジャケット写真について福山は“この写真はポラロイド写真で、1枚しかなく日付けもありません。推測では小学校4年生の頃かと。当時、僕の故郷長崎ではソフトボールが盛んでした。少年達の多くは当たり前のように野球選手になることに憧れてました。僕も周りの友達同様にプロ野球カードを集めていて、町内のソフトボールチームに入ってピッチャーをやっていました。その小学生の頃の憧れとは違いますが、今回こうやって音楽で野球に関われることをとても光栄に思っています。甲子園という場所は多くの人の憧れの場所ですが、「憧れは形を変えて叶うこともある」という僕の実体験から、この写真をジャケットに選びました” とコメントを寄せている。

NHK甲子園のオフィシャルHPでは、同曲のMVをフルサイズで公開中! このMVは、“ブラスバンド部の学生達と共に撮影したい”という福山からの提案により企画され、京都橘高等学校、関西学院高等部、甲子園学院高等学校、武庫川女子大学附属高等学校、仁川学院高等学校の5校の総勢300名を超える学生達とともに阪神甲子園球場で撮影。撮影現場の盛り上がりも垣間見えるメイキング映像も収められているので、ぜひチェックしてほしい。小学生時代にソフトボールでピッチャーを、中学時代では吹奏楽部で部長を務めていたという福山は、学生時代“甲子園のアルプススタンドで応援するブラスバンド部を「これこそがブラスバンドの檜舞台だ!」と憧れの眼差しで見ていた”と語っている。

■【福山雅治 コメント】

子供の頃からテレビ観戦していた伝統ある甲子園に、野球のイメージとはおよそかけ離れている僕が音楽で参加させていただけるとは夢にも思っていませんでした。 小学校の頃はソフトボールでピッチャーを、中学校の3年間はブラスバンド部で過ごした経験がある僕からすると、甲子園という場所は、グラウンドもアルプススタンドも、憧れの全てが詰まっている場所です。 ひたむきに戦う選手たち、声を枯らしながら声援を送る応援団の汗と涙。
故郷長崎での少年時代、テレビで観戦しながら何度も心揺さぶられてきました。
上京後は野球とはかけ離れた生活を送っていますが、甲子園の季節になると故郷長崎の出場校の勝敗は毎大会チェックしています。
故郷、仲間、ひたむきさ。
そして、すべての試合にある笑顔と涙。
甲子園には、甲子園でしか表現することが出来ない感動があるように思います。
いつまでも忘れられない、大人になってもずっと心の中で抱き続けている「青春の輝き」が。
そんな「青春の輝き」を感じさせてくれる甲子園を、僕なりの音楽で表現できるよう頑張ります。

■『NHK甲子園』オフィシャルHP
https://www.nhk.or.jp/osaka/koushien/

配信楽曲「甲子園」

2018年8月27日配信リリース



【関連リンク】
福山雅治、『NHK高校野球』テーマソング「甲子園」を配信リリース決定
福山雅治まとめ
I Don\'t Like Mondays. ×SALU、コラボ楽曲のMVが公開

【関連アーティスト】
福山雅治
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 新曲

I Don\'t Like Mondays. ×SALU、コラボ楽曲のMVが公開
Sat, 11 Aug 2018 14:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

I Don\'t Like Mondays.とSALUのコラボレーション楽曲「ONE THING feat. SALU」のMVが公開された。

同曲はLDHへの移籍が話題を呼んだSALUを客演に迎えて制作された、I Don\'t Like Mondays.にとってキャリア初となるコラボレーション楽曲。MVは、YU(Vo)と彼女役の野口ジュリの濃厚なラブシーンが展開される傍ら、ストーリーテラーのようなSALUのフローが街の夜景を浮き上がらせる内容となっている。

I Don\'t Like Mondays.は、来月9月8日に約1年ぶりとなるEP『A GIRL IN THE CITY』をリリースする。これにともない、9月からは2度目となる全国ツアーを開催。8月18日からチケットの一般販売を開始する。

『I Don\'t Like Mondays. LIVE TOUR 2018(仮) 』

9月30日(日) 大阪・梅田クラブクアトロ
10月08日(月・祝) 東京・品川ステラボール
10月19日(金) 宮城・仙台darwin
11月03日(土) 神奈川・横浜ランドマークホール
11月11日(日) 愛知・名古屋E.L.L.
11月18日(日) 栃木・HEAVEN\'S ROCK 宇都宮 VJ-2
12月01日(土) 福岡・スカラエスパシオ
12月16日(日) 北海道・札幌DUCE



【関連リンク】
I Don\'t Like Mondays. ×SALU、コラボ楽曲のMVが公開
I Don\'t Like Mondays. まとめ
SALUまとめ
米津玄師プロデュース楽曲「パプリカ」のジャケット写真公開

【関連アーティスト】
I Don\'t Like Mondays. , SALU
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, MV, ツアー

米津玄師プロデュース楽曲「パプリカ」のジャケット写真公開
Sat, 11 Aug 2018 13:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

米津玄師がプロデュースするFoorinのシングル「パプリカ」のジャケット写真が公開された。「パプリカ」は“2020年とその先の未来に向かって頑張っているすべての人”を応援する『<NHK>2020応援ソングプロジェクト』として米津玄師が書き下ろした楽曲で、 米津玄師がプロデュースする小学生ユニットFoorinが歌唱しており、NHK『みんなのうた』の8月、9月のうたにも起用。

そして、シングルは初回生産限定盤、通常盤の2形態を用意。 初回生産限定盤には7インチの紙ジャケットにポスター型歌詞カードと『みんなのうた』の楽譜、DVDが付属。 DVDにはFoorinが自然の中で「パプリカ」を踊るワンカットで撮影されたMVをはじめ、振り付けを担当した辻本知彦と菅原小春による教則用映像や、 「パプリカ」の世界観を表したもう1つのMVと計3タイプの映像作品が収録される。あわせて特典の“夢を描こうマグネット”の画像も公開された白枠にペンを入れられる仕様となっている。

なお、 8月15日のCDリリースに先駆け、8月13日から同曲のダウンロードおよびサブスクリプションがスタートすることも発表された。

■【米津玄師 コメント】

子どものころを思い返すことがここ最近の音楽活動に於いて、重要なテーマになっていたところに、ダイレクトに子どもへ向けた音楽を作ることになりました。子どもたちが素直に楽しめるものを作るためには、子どもの目線で生活を省みつつ、まず子どもを舐めないところから始めるべきだと思いました。この曲を聴いた子どもたちが、小さな世界を元気に生きていく為の糧になりますように。

シングル「パプリカ」/Foorin

2018年8月15日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9934〜9935/¥1,500(税込)
※7インチ紙ジャケ、みんなのうた楽譜、ポスター型歌詞カード付属
【通常盤】(CD)
SRCL‐9936/¥700(税込) 
※みんなのうた楽譜付属
<収録曲>
■CD
1.パプリカ
2.パプリカ(Instrumental)
■DVD ※初回限定盤のみ
1. 「パプリカ」MV
2. 「パプリカ」ティーチャービデオ
3. 「パプリカ」MV2



【関連リンク】
米津玄師プロデュース楽曲「パプリカ」のジャケット写真公開
米津玄師まとめ
Foorinまとめ
向井太一、アルバム収録曲「Crazy」を先行配信&Jevonの新曲に客演参加

【関連アーティスト】
米津玄師, Foorin
【ジャンル】
J-POP, ニュース, MV, CD, 新曲

向井太一、アルバム収録曲「Crazy」を先行配信&Jevonの新曲に客演参加
Sat, 11 Aug 2018 17:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

向井太一のニューシングル「Crazy」が8月29日に配信リリースされる。同曲は11月14日に発売する2ndアルバム『PURE』の収録曲されるダンスナンバーで、先日開催したツアーで初パフォーマンスされた。ジャケットのデザインは向井が自ら手掛けたもの。

また、アメリカのラッパーで、プロデューサーとしても活動するJevonの楽曲「Promises」にも客演参加することに。Jevonからのラブコールを受けての実現となった。

向井は『PURE』の発売を記念して、全国ツアー『向井太一“PURE TOUR 2018-2019”』を開催。12月12日のマイナヒ?BLITZ赤坂を皮切りに、2019年1月11日に仙台 enn 2nd、1月18日に札幌KRAPS HALL、1月25日に福岡DRUM Be-1、 1月26日に伏見JAMMIIN\'、2月1日に大阪BIGCATを巡る。現在チケットのオフィシャル1次先行を実施中。

先行配信シングル「Crazy」

2018年8月29日配信リリース

シングル「Promises」/Jevon

アルバム『PURE』

2018年11月14日発売



【初回盤】
TFCC-86647/¥3,000+税
【通常盤】
TFCC-86648/¥2,315+税

『向井太一 "PURE TOUR 2018-2019" 』

12月12日(水) 東京・マイナヒ?BLITZ赤坂
【2019年】
1月11日(金) 宮城・enn 2nd
1月18日(金) 北海道・KRAPS HALL
1月25日(金) 福岡・DRUM Be-1
1月26日(土) 愛知・伏見JAMMIIN\'
2月01日(金) 大阪・BIGCAT



【関連リンク】
向井太一、アルバム収録曲「Crazy」を先行配信&Jevonの新曲に客演参加
向井太一まとめ
Jevonまとめ
GLAYのTERUがウカスカジーのライヴにサプライズ出演

【関連アーティスト】
向井太一, Jevon
【ジャンル】
J-POP, ニュース, CD, アルバム, 新曲, ヒップホップ, ツアー

GLAYのTERUがウカスカジーのライヴにサプライズ出演
Sat, 11 Aug 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月4日に豊洲PITにて開催された、桜井和寿(Mr.Children)とGAKU-MCによる“ウカスカシ?ー”が主催するフットボールの祭典『MIFA Football Park 4th anniversary party 〜MIFA 夏祭り〜』に、GLAYのTERUがサプライズ出演した。

今年で4回目を迎える『MIFA Football Park』。会場では子供から大人まで楽しめるフットボールコンテンツ、ワークショップ、フードエリアなどが展開された。そして、メインとなるウカスカジーのライヴ中盤、GAKU-MCによる「MIFA Football Parkの会員さんを1人紹介しようかなと思って、 僕らのサッカーのお友達て?す!」 という紹介て?TERU(GLAY)がステージに登場。突然のサプライズに客席は驚きの声に包まれた。

TERUを迎えての1曲目はGLAYの「HOWEVER 」。桜井と共に歌唱したTERUは「このハ?ーシ?ョンはなかなか聞けないよね。リハーサルて?鳥肌か?たった」と語った。 続いてGAKU-MCか?ラッフ?て?参加した「疾走れ!ミライ」を披露し、最後に「誘惑」を再び桜井とパフォーマンス。会場のボルテージはピークを迎えた。

アンコールでTERUは再びステーシ?に上がり、ウカスカシ?ーの「勝利の笑みを 君と」を合唱。 6月に開催されたロシアワールドカップの日本代表戦て?ロシアの空に響きわたったサッカー日本代表公式応援ソンク?か?、豊洲に響いた。

なお、GLAYは8月25日、26日に函館・緑の島野外特設ステージで野外イベント『GLAY Special Live 2018 in HAKODATE GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.3』を行なう。

■MIFAオフィシャルHP
http://mifa.co.jp/info/4342.html

『GLAY Special Live 2018 in HAKODATE GLORIOUS MILLION DOLLAR NIGHT Vol.3』

8月25日(土) 北海道・函館・緑の島野外特設ステージ
8月26日(日) 北海道・函館・緑の島野外特設ステージ

■特設サイト
http://www.glay.co.jp/gmdn2018/



【関連リンク】
GLAYのTERUがウカスカジーのライヴにサプライズ出演
ウカスカジーまとめ
TERUまとめ
桜井和寿まとめ
GAKU-MCまとめ

【関連アーティスト】
ウカスカジー, TERU, 桜井和寿, GAKU-MC, GLAY
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブレポ

レキシ、三浦大知や上原ひろみらが参加する6thアルバム発売決定!
Sat, 11 Aug 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

レキシが6thアルバム『ムキシ』を9月26日にリリースすることを発表した。タイトルには『六(ム)』と『無(ム)』の2つの意味が込められており、全10曲を収録予定だ。初回限定生産盤はDVDと手書きジャケットが付属し、通常盤はCD単体とCDとDVDの2枚組の2種類が用意されている。DVDには映像作品『バラエティー風ドキュメンタリー番組「レキシどうでしょう〜稲じゃなくていいねが欲しいの」?』を収める。

手書きジャケットは6枚目にちなんで、限定16666枚を目標に制作。8月12日にはレキシが題字を手書きする姿を生配信する番組がLINE LIVEビクターエンタテインメントで放送される。

さらに、第1弾ゲストアーティストも発表された。レキシネーム“ビッグ門左衛門”こ三浦大知が石川五右衛門をテーマとした楽曲で初共演するほか、“オシャレキシ”こと上原ひろみ、“カモン葵”こと手嶌葵が参加した。今後もゲストアーティストがアナウンスされる予定だ。

また、最新のアーティスト写真とジャケット写真も同時公開された。アーティスト写真は石川五右衛門がテーマで、撮影を蜷川実花、クリエイティブディレクターを箭内道彦が担当している。

そして、11月から開催される全国ツアー『レキシ TOUR 2018』の追加公演も発表。1月22日、23日の横浜アリーナ公演と、2月6日の大阪城ホール公演が追加となった。オフィシャルファンクラブでは現在チケットの先行予約受付を実施中。

アルバム『ムキシ』

2018年9月26日発売



【完全初回生産限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1440/¥3,800+税
【通常盤(CD+DVD)
VIZL-1441/¥3,800+税
【通常盤】(CD)
VICL-65054/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
全10曲収録予定
■DVD収録映像
・『バラエティー風ドキュメンタリー番組「レキシどうでしょう〜稲じゃなくていいねが欲しいの』

LINE LIVEビクターエンタテインメントチャンネル『手書きジャケット 16,666枚! 目指せ!ムキ新記録!』

8月12日(日)21:00〜
https://live.line.me/channels/520/upcoming/9135057

『レキシ TOUR 2018』

11月07日(水) 北海道・旭川市民文化会館 大ホール
11月08日(木) 北海道・わくわくホリデーホール 大ホール
11月15日(木) 岩手・盛岡市民文化ホール 大ホール
11月16日(金) 宮城・仙台銀行ホール イズミティ21 大ホール
11月19日(月) 東京・中野サンプラザホール
11月21日(水) 群馬・桐生市市民文化会館 シルクホール
11月29日(木) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
11月30日(金) 広島・広島上野学園ホール
12月04日(火) 神奈川・神奈川県民ホール 大ホール
12月05日(水) 神奈川・神奈川県民ホール 大ホール
12月10日(月) 香川・サンポートホール高松大ホール
12月12日(水) 熊本・市民会館シアーズホーム夢ホール
12月13日(木) 福岡・サンパレス
12月17日(月) 兵庫・神戸国際会館こくさいホール
12月18日(火) 京都・ロームシアター京都 メインホール
12月20日(木) 千葉・市川市文化会館 大ホール
12月23日(日) 石川・金沢市文化ホール
12月26日(水) 静岡・静岡市民文化会館 中ホール
【2019年】
1月22日(火) 神奈川・横浜アリーナ
1月23日(水) 神奈川・横浜アリーナ
2月06日(水) 大阪・大阪城ホール
※4歳以上要チケット



【関連リンク】
レキシ、三浦大知や上原ひろみらが参加する6thアルバム発売決定!
レキシまとめ
上原ひろみまとめ
手嶌葵まとめ
三浦大知まとめ

【関連アーティスト】
レキシ, 上原ひろみ, 手嶌葵, 三浦大知
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, CD, アルバム, ファンク, ツアー













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1