歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2018年08月07日)
バックナンバー
最新ニュース
2018/08/16
2018/08/15
2018/08/14
2018/08/13
2018/08/12
2018/08/11
2018/08/10
2018/08/09
2018/08/08
2018/08/07
2018/08/06
2018/08/05
2018/08/04
2018/08/03
2018/08/02
2018/08/01
2018/07/31
2018/07/30
2018/07/29
2018/07/28
2018/07/27
2018/07/26
2018/07/25
2018/07/24
2018/07/23
2018/07/22
2018/07/21
2018/07/20
2018/07/19
2018/07/18
2018/07/17
2018/07/16
2018/07/15
2018/07/14
2018/07/13
2018/07/12
2018/07/11
2018/07/10
2018/07/09
2018/07/08
2018/07/07
2018/07/06
2018/07/05
2018/07/04
2018/07/03
2018/07/02
2018/07/01
2018/06/30
2018/06/29
2018/06/28
2018/06/27
2018/06/26
2018/06/25
2018/06/24
2018/06/23
2018/06/22
2018/06/21
2018/06/20
2018/06/19
2018/06/18
2018/06/17
2018/06/16
2018/06/15
2018/06/14
2018/06/13
2018/06/12
2018/06/11
2018/06/10
2018/06/09
2018/06/08
2018/06/07
2018/06/06
2018/06/05
2018/06/04
2018/06/03
2018/06/02
2018/06/01
2018/05/31
2018/05/30
2018/05/29
2018/05/28
2018/05/27
2018/05/26
2018/05/25
2018/05/24
2018/05/23
2018/05/22
2018/05/21
2018/05/20
2018/05/19
2018/05/18
2018/05/17
2018/05/16
2018/05/15
2018/05/14
2018/05/13
2018/05/12
2018/05/11
2018/05/10
2018/05/09
2018/05/08
2018/05/07
2018/05/06
2018/05/05
2018/05/04
2018/05/03
2018/05/02
2018/05/01
2018/04/30
2018/04/29
2018/04/28
2018/04/27
2018/04/26
2018/04/25
2018/04/24
2018/04/23
2018/04/22
2018/04/21
2018/04/20
2018/04/19
2018/04/18
2018/04/17
2018/04/16
2018/04/15
2018/04/14
2018/04/13
2018/04/12
2018/04/11
2018/04/10
2018/04/09
2018/04/08
2018/04/07
2018/04/06
2018/04/05
2018/04/04
2018/04/03
2018/04/02
2018/04/01
2018/03/31
2018/03/30
2018/03/29
2018/03/28
2018/03/27
2018/03/26
2018/03/25
2018/03/24
2018/03/23
2018/03/22
2018/03/21
2018/03/20
2018/03/19
2018/03/18
2018/03/17
2018/03/16
2018/03/15
2018/03/14
2018/03/13
2018/03/12
2018/03/11
2018/03/10
2018/03/09
2018/03/08
2018/03/07
2018/03/06
2018/03/05
2018/03/04
2018/03/03
2018/03/02
2018/03/01
2018/02/28
2018/02/27
2018/02/26
2018/02/25
2018/02/24
2018/02/23
2018/02/22
2018/02/21
2018/02/20
2018/02/19
2018/02/18
2018/02/17
2018/02/16
2018/02/15
2018/02/14
2018/02/13
2018/02/12
2018/02/11
2018/02/10
2018/02/09
2018/02/08
2018/02/07
2018/02/06
2018/02/05
2018/02/04
2018/02/03
2018/02/02
2018/02/01
2018/01/31
2018/01/30
2018/01/29
2018/01/28
2018/01/27
2018/01/26
2018/01/25
2018/01/24
2018/01/23
2018/01/22
2018/01/21
2018/01/20
2018/01/19
2018/01/18
2018/01/17
2018/01/16
2018/01/15
2018/01/14
2018/01/13
2018/01/12
2018/01/11
2018/01/10
2018/01/09
2018/01/08
2018/01/07
2018/01/06
2018/01/05
2018/01/04
2018/01/03
2018/01/02
2018/01/01
2017/12/31
2017/12/30
2017/12/29
2017/12/28
2017/12/27
2017/12/26
2017/12/25
2017/12/24
2017/12/23
2017/12/22
2017/12/21
2017/12/20
2017/12/19
2017/12/18
2017/12/17
2017/12/16
2017/12/15
2017/12/14
2017/12/13
2017/12/12
2017/12/11
2017/12/10
2017/12/09
2017/12/08
2017/12/07
2017/12/06
2017/12/05
2017/12/04
2017/12/03
2017/12/02
2017/12/01
2017/11/30
2017/11/29
2017/11/28
2017/11/27
2017/11/26
2017/11/25
2017/11/24
2017/11/23
2017/11/22
2017/11/21
2017/11/20
2017/11/19
2017/11/18
2017/11/17
2017/11/16
2017/11/15
2017/11/14
2017/11/13
2017/11/12
2017/11/11
2017/11/10
2017/11/09
2017/11/08
2017/11/07
2017/11/06
2017/11/05
2017/11/04
2017/11/03
2017/11/02
2017/11/01
2017/10/31
2017/10/30
2017/10/29
2017/10/28
2017/10/27
2017/10/26
2017/10/25
2017/10/24
2017/10/23
2017/10/22
2017/10/21
2017/10/20
2017/10/19
2017/10/18
2017/10/17
2017/10/16
2017/10/15
2017/10/14
2017/10/13
2017/10/12
2017/10/11
2017/10/10
2017/10/09
2017/10/08
2017/10/07
2017/10/06
2017/10/05
2017/10/04
2017/10/03
2017/10/02
2017/10/01
2017/09/30
2017/09/29
2017/09/28
2017/09/27
2017/09/26
2017/09/25
2017/09/24
2017/09/23
2017/09/22
2017/09/21
2017/09/20
2017/09/19
2017/09/18
2017/09/17
2017/09/16
2017/09/15
2017/09/14
2017/09/13
2017/09/12
2017/09/11
2017/09/10
2017/09/09
2017/09/08
2017/09/07
2017/09/06
2017/09/05
2017/09/04
2017/09/03
2017/09/02
2017/09/01
2017/08/31
2017/08/30
2017/08/29
2017/08/28
2017/08/27
2017/08/26
2017/08/25
2017/08/24
2017/08/23
2017/08/22
2017/08/21
2017/08/20
2017/08/19
2017/08/18
2017/08/17
2017/08/16
2017/08/15
どしゃ降りの中スタイリッシュに踊る超特急、プールで爽快なパフォーマンスを見せるWANIMAなどびしょ濡れになりながら歌うMV集第二弾
Tue, 07 Aug 2018 18:00:00 +0900


前回ご紹介したアーティストがびしょ濡れになりながらパフォーマンスするMV、実はまだまだあるんです! アーティストによって濡れ方もパフォーマンスの仕方もさまざま。今回は、大御所から新人アーティストまで幅広くご紹介します。引き続き、それぞれの特徴を見つけながらMVの魅力を探っていきましょう!

■「キラーチューン」(’13)/東京事変

びしょ濡れ度:★★★☆☆

伊澤一葉(Key)作曲の軽快なスウィング感と、作詞も務めた椎名林檎のどこまでも突き抜けていく歌が爽快なナンバー。デモ音源を聴いた椎名が“この曲はキラーチューンだ”と思いそのままタイトルにしたというエピソードもあるこの楽曲はMVも魅力的。椎名は地下から上がってきた時に降っていた雨をもろともせず、どこか嬉しそうな表情を見せる。“雨は濡れるし嫌なもの”という概念を覆す映像作品だ。個人的には、ドラムスティックがヘッドに当たるのと同時に細かい雨粒が跳ねるところに心をくすぐられるので星評価は3つ!

■「ともに」(’16)/WANIMA

びしょ濡れ度:★★★★☆

ニベア花王『8x4ボディフレッシュ』のCMソングとして初めて書き下ろした「ともに」は、WANIMAの音楽がお茶の間にも広く知れ渡るきっかけにもなった楽曲。MVは神奈川県の湘南にある大磯ロングビーチを舞台に、プールの水と照明でパワフルかつ爽快な作品に。メンバー同士がホースで躊躇なく水をかけあうシーンでは仲の良さが滲み出ており、エンディングのプールにダイブする瞬間の表情も必見。びしょ濡れになっても全身全霊でパフォーマンスする姿が非常に魅力的で元気が湧いてくるので星4つ!

■「スターダスト LOVE TRAIN」 (’15)/超特急

びしょ濡れ度:★★★★☆

プロデューサーに小室哲哉を迎えた今作は、両A面シングルの表題曲で、タイトルからいきなりTM NETWORKの名曲「Love Train」を彷彿させる。前半のスローバラードから打って変わってダンサブルなサビへ変化する楽曲にあわせるように、どしゃ降りの雨や水しぶきを活かしたダンスシーンが。2トン以上もの水を使用したとのことで、全身びしょ濡れながらも、張り付いた髪の毛も気にせず踊るメンバーの姿が非常にクールなので星評価は4つ。もうひとつの表題曲「バッタマン」はヒャダインこと前山田健一プロデュースで、楽曲はもちろん、MV もこの曲とはまったく違う、超特急の原点であるとびきり“ダサカッコ良い”作品になっている。こちらも見逃せない!

■「どうせ夏ならバテてみない?」 (ほぼFull.Ver)(’18)/ましのみ

びしょ濡れ度:★★★★★

これはびしょ濡れどころか、もはや水中で歌っているので文句なしの星5つ!! 2018年2月にメジャーデビューしたシンガーソングライター・ましのみの初めての夏ソング。プールの上に設置された四畳半の部屋がどこかシュールだが、カップルの間で生じる“好き”の重さの違いをテーマに、ましのみ自ら体を張ってプールに飛び込み、女の子のかまってほしい気持ちが徐々にヒートアップしていく様子を上手く描写している。水の中で大きな目を見開いて歌う姿には視聴者から驚きの声も! エンディングで踊り出す水着姿の男女もインパクト大。振り付け動画も公開されているのでチェックしてみては?

TEXT:溝口愛奈



【関連リンク】
どしゃ降りの中スタイリッシュに踊る超特急、プールで爽快なパフォーマンスを見せるWANIMAなどびしょ濡れになりながら歌うMV集第二弾
東京事変まとめ
WANIMAまとめ
超特急まとめ
ましのみまとめ

【関連アーティスト】
東京事変, WANIMA, 超特急, ましのみ
【ジャンル】
J-POP, J-ROCK, ニュース, 連載コラム, 気になるワードでディグる! 〇〇なMV, ミュージックビデオ, MV

LACCO TOWER、アルバム『若葉ノ頃』よりリード曲「雨後晴」MV公開
Tue, 07 Aug 2018 20:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年で結成16周年を迎えたLACCO TOWERが、8月22日にリリースするメジャー4thアルバム『若葉ノ頃』のリードトラック「雨後晴」のMVを公開した。ザスパクサツ群馬 2018公式応援ソングに決定している同曲のMVは井上強がディレクターを務めており、8月8日からは収録曲「花束」とともに先行配信がスタート。さらに、同日よりiTunesにてアルバム『若葉ノ頃』のプレオーダーが開始となり、全曲試聴が可能に! 過去の作品である『非幸福論』『心臓文庫』『薔薇色ノ怪人』の3枚のアルバムとシングル「薄紅」の各種ストリーミングサービス配信もスタートするので、今作と併せてチェックしてほしい。

また、今作からすでに5本のタイアップが決定しているが、収録曲「狂喜乱舞」が伊勢崎オートレースの公式テーマソングに決定したことも分かった。近日公開が予定されている「狂喜乱舞」のMVでは、オートレースの絶対王者と呼ばれる伊勢崎所属の高橋貢選手を筆頭に伊勢崎オートレースの選手たちが特別出演するとのこと。当オートレース場を使ってのMV撮影は史上初ということもあり、ファンならずとも一度は観てもらいたい。伊勢崎オートレース場では、8月11日〜15日までの5日間「狂喜乱舞」のMVが北関東最大の大型ビジョンにて先行放映されるので、こちらも注目だ。

『若葉ノ頃』の発売を記念して、群馬県内の対象ショップにてスタンプラリー『若葉ノ収穫祭』の開催も発表された。対象期間に5種類のスタンプをすべて集めると、オリジナル不織布バッグがプレゼントされる。スタンプラリー実施の一部店舗ではメンバーによるイベントが実施される予定なので、詳しくはオフィシャルHPへ!

アルバム『若葉ノ頃』

2018年8月22日発売



COCP-40471/?3,000+税
<収録曲>
1.若葉
2.蜜柑
3.雨後晴 (Album Mix)
4.薄荷飴
5.最果
6.狂喜乱舞
7.愛情
8.切手
9.非英雄
10.花束

※8月8日よりiTunesプレオーダー開始

【「雨後晴」「花束」先行配信情報】

・iTunes Store https://geo.itunes.apple.com/jp/album/id1419888707?app=itunes
・Apple Music https://geo.itunes.apple.com/jp/album/id1419888707?mt=1&app=music
・Spotify http://open.spotify.com/album/1UJzW0aiidIkO27x5GYg8T
・LINE MUSIC https://music.line.me/launch?target=album&item=mb00000000016c6d1a&cc=JP

スタンプラリー『若葉ノ頃収穫祭』

■8月25日(土)
・13:00〜 ハイノート伊勢崎店
内容:塩崎啓示・重田雅俊によるKIDS ROCKS自販機お絵かきイベント
・15:00〜 HMVイオンモール太田
内容:細川大介によるサイン会&特別イベント
・17:00〜 蔦屋書店 伊勢崎宮子店
内容:塩崎啓示・重田雅俊によるサイン会&特別イベント

■8月26日(日)
・13:00〜 蔦屋書店 前橋みなみモール店
内容:塩崎啓示によるサイン会&特別イベント
・15:00〜 ワンダーグー高崎店
内容:重田雅俊によるサイン会&特別イベント
・18:00〜 タワーレコード高崎オーパ店
内容:細川大介によるギターインストア、サイン会&特別イベント

※詳細はこちら http://laccotower.com/news/3536



【関連リンク】
LACCO TOWER、アルバム『若葉ノ頃』よりリード曲「雨後晴」MV公開
LACCO TOWERまとめ
SWAY、アルバム『UNCHAINED』にAK-69、HIROOMI TOSAKAら豪華参戦

【関連アーティスト】
LACCO TOWER
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, リリース

SWAY、アルバム『UNCHAINED』にAK-69、HIROOMI TOSAKAら豪華参戦
Tue, 07 Aug 2018 19:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SWAYが自身のTwitter、Instagramにて8月29日に発売となるDef Jam Recordings 1stアルバム『UNCHAINED』の収録曲を発表し、さらに2nd先行配信シングル「 Never Goodbye feat. EXILE SHOKICHI & SALU 」が8月22日にリリースされることをティザー映像とともに明らかにした。

アルバムにはDef Jam Recordingsの復活の狼煙を上げたAK-69をはじめ、HIROOMI TOSAKA、EXILE SHOKICHI、SALUなどが豪華参戦。プロダクションサイドには、OLDMANWILDIN\'(P-CHO, JAY\'ED, NAOtheLAIZA)、TEE、KM-MARKIT、THE BACKCOURT (Matt Cab × TOMA), SUNNY BOYなどが名を連ねる。ヒップホップ、R&B、そしてポピュラーミュージックの最高峰、最先端のカラフルなサウンドが詰まった期待大の強力盤となりそうだ。

また、札幌がホームタウンの3人がタッグを組んだ先行配信シングル「Never Goodbye feat. EXILE SHOKICHI & SALU」にも注目! 配信に先駆けて同曲の歌詞がUta-netにて公開され、またSWAYのソーシャルにアップされた映像にはこの曲のイントロが流れており、その世界観を垣間見ることができる。こちらをチェックの上、8月22日の先行配信を楽しみに待っていてほしい。
 
■「Never Goodbye feat. EXILE SHOKICHI & SALU」歌詞(Uta-net)
https://www.uta-net.com/song/253770/ 

アルバム『UNCHAINED』

2018年8月27日発売



【初回限定盤】(CD+DVD) 
UICV-9287/¥3,500(税込)
<収録曲>
■CD
1.Intro
2.Be a Beast
3.MANZANA
4.Never Say Goodbye feat. EXILE SHOKICHI & SALU
5.Perfect Love
6.XXX feat. AK-69 & HIROOMI TOSAKA
7.SWAY SWAY
8.Unchained
9.NAKED
10.Friday Night
11.Camouflage U
12.Look Up In The Sky
13. Let Me Know
■DVD
SWAY Documentary Interview
※SWAYがルーツから現在までを語った撮り下ろしのドキュメンタリー・インタビュー
■ブックレット表3対向 スタッフクレジット



【通常盤】(CD) 
UICV-1101/¥2,500(税込)



【FC, mobile限定盤】(CD+フォトブック+三方背スリーブケース) 
PROV-1916/¥3,500(税込)
※フォトブック:全撮り下ろし32ページ



【UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤】(CD+ブレスバンド) 
PDCV-1020/¥3,500(税込)
※ブレスバンド:SWAYデザインによる限定グッズ

◎CDショップのみの初回予約特典:B2告知ポスター
・対象商品は初回限定盤、または通常盤のみとなります。
・特典は先着となり数に限りがありますので、早期のご予約をお奨めいたします。
・2形態のうちどちらをご予約されても同じB2告知ポスターとなり、CD1枚ご予約につき1枚プレゼントとなります。
・「We are D.I OFFICIAL CD/DVD SHOP」「LDH official mobile CD/DVD SHOP」「UNIVERSAL MUSIC STORE」でのご予約は対象になりません。
・ほか一部取扱いのない店舗・オンランインショップもございます。詳しくは各CDショップにてご確認ください。



【関連リンク】
SWAY、アルバム『UNCHAINED』にAK-69、HIROOMI TOSAKAら豪華参戦
SWAYまとめ
DOBERMAN INFINITYまとめ
AK-69まとめ
HIROOMI TOSAKAまとめ

【関連アーティスト】
SWAY, DOBERMAN INFINITY, AK-69, HIROOMI TOSAKA, EXILE SHOKICHI, SALU
【ジャンル】
J-POP, ニュース, LDH, アルバム, リリース

Crispy Camera Club、デビューミニアルバム『SWAG』をKOGA RECORDSよりリリース!
Tue, 07 Aug 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

京都発のガールズギターポップバンド・Crispy Camera Club(クリスピー・カメラ・クラブ)の6曲入りデビューミニアルバム『SWAG』が、10月10日にKOGA RECORDSよりリリースされることが発表された。

“そこに鳴る”に続くKOGA RECORDSの3年ぶりのニューカマー・Crispy Camera Clubは、90\'s UKインディギターサウンドに影響を受けた、エッジの効いたギターサウンドと独特のグルーヴ、そしてキャッチーメロディが絡み合い、ノスタルジックで爽やかなサウンドの楽曲群に仕上がっている。さらにヴォーカルであるミサトの音抜けの良い歌声に、しっかりと多彩なコーラスワークも相まって絶妙なハーモニーを実現。リアリティーのある日本語歌詞は洋楽フォロワー以外のJ-ROCK & POPファンにも響くような大衆性を秘めている。

また、リード曲「雨があがったら」のMVも制作中とのこと。こちらは8月15日にYOUTUBEにて解禁予定であり、同時に同曲の先行配信も主要配信サイトにてスタートすることが決定! CDショップ各店でのインストアライブや、全国15カ所以上でのリリースツアーなども予定しているので、続報も要チェックだ。

ミニアルバム『SWAG』

2018年10月10日発売



KOGA-212/?1,500(税込)
<収録曲>
1. favorite train
2. 雨があがったら
3. good morning sunshine
4. She\'s so cute
5. タンザナイト
6. アナザーデイ

【ライブ情報】

8月7日(火) 東京・下北沢BASEMENT BAR
8月8日(水) 東京・下北沢SHELTER
9月6日(木) 東京・渋谷LUSH



【関連リンク】
Crispy Camera Club、デビューミニアルバム『SWAG』をKOGA RECORDSよりリリース!
Crispy Camera Clubまとめ
夜の本気ダンス、LINE LIVE番組にて新曲のMVメイキングを初公開

【関連アーティスト】
Crispy Camera Club
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ガールズバンド, MV, 発表, リリース, 発売, ミニアルバム

夜の本気ダンス、LINE LIVE番組にて新曲のMVメイキングを初公開
Tue, 07 Aug 2018 20:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

夜の本気ダンスが8月8日(水)にリリースするニューシングル「Magical Feelin\'」の発売を記念したLINE LIVE番組『Magical Feelin\' 発売記念 de ラララライン』が同日21:00より生配信することが決定した。

今回もメンバー全員でお送りする『ラララライン』では、好評の新曲「Magical Feelin\'」のMVメイキング映像が初公開されるほか、ここでしか聞けないようなトークも出てくるかも!? 事前にTwitter上で募っているメンバーへの質問にも時間が許す限り答えていく予定なので、“#マジフィー”を付けてTwitterで質問内容をツイートして欲しい。

なお、LINE LIVEは事前にお目当ての番組を視聴予約することが出来るので、予め設定をして放送を楽しみに待とう!

LINE LIVE『Magical Feelin\' 発売記念 de ラララライン』

8月8日(水)21:00〜放送開始
■視聴URL https://linliv.ee/5PD3luF/co/ot/sh/ue
※メンバーへの質問は“#マジフィー”を付けてTwitterで投稿してください。

シングル「Magical Feelin’」

2018年8月8日発売



【完全限定生産】(CD+スペシャルブックレット)
VICL-37420/¥1,500+税
※全国ツアー『マジカル頭脳ツアー!!』チケット先行抽選予約シリアルナンバー封入
<収録曲>
■CD
1.Magical Feelin\'
2.Music For Life
3.KIKI
-Bonus Track- ※完全限定生産盤のみ
Crazy Dancer (POLYSICS 午後の本気TOISU Mix)



Medium【通常盤】(CD)
VICL-37421/¥1,200+税
※全国ツアー『マジカル頭脳ツアー!!』チケット先行抽選予約シリアルナンバー封入



【関連リンク】
夜の本気ダンス、LINE LIVE番組にて新曲のMVメイキングを初公開
夜の本気ダンスまとめ
DracoVirgo、東名阪ツアーで魅せた劇的進化と新境地

【関連アーティスト】
夜の本気ダンス
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, シングル, 発表, リリース, 配信

DracoVirgo、東名阪ツアーで魅せた劇的進化と新境地
Tue, 07 Aug 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年2月26日 渋谷WWWを皮切りに、待望のファーストコンタクトとなるライヴツアーをスタートさせ、待ち焦がれた多くのファンたちを唸らせたDracoVirgo(ドラコヴァーゴ)。

そんな彼らが、7月29日、東京の渋谷に在るduo MUSIC EXCHANGEで2ndツアーの幕を開けた。

天井から無国籍なランタンが吊るされ、DracoVirgoを象徴するイラストが施された幻想世界と現実世界が交差する異空間に誘い込むとても不思議なその場所は、ライヴ会場というよりは、“ここにしかない特別な居場所”である。

客席の後ろから、MAAKIIIのソロプロジェクト作『兎に角、ジェネシス!!!!!』のLP盤を持った案内人は、オーディエンスをDracoVirgoの世界に誘うが如く、フロアからステージに上がると、オーガンジーに包まれたSASSY、mACKAz、MAAKIIIのベールを取り、MAAKIIIが手に持っていたDracoVirgoのLP盤と合せてDJ Massの元へと届けた。まさしく、この演出はDracoVirgo誕生を意味するものである。

【DracoVirgoは、DJ Massの参加と、mACKAz、SASSYとの奇跡の再会、そして参加により、MAAKIIIがソロプロジェクトとして届けてきた音が劇的進化を遂げたバンドプロジェクトであること】を証明するものなのだ。 
 
切なげなピアノイントロで静かに始まる「清簾なるHeretics」を1曲目にMAAKIIIが声を伸ばした。引き込まれる瞬間。言葉を失うほどに美しい時。mACKAzとSASSYが音を加えると、3人は完全に息を吹き返したように音を奏で、声を張った。迫り来る躍動が満ち溢れる中、オーディエンスは右手を高く掲げながら、その音に身を委ねた。

MAAKIIIが上に羽織っていた黒い着物の様な衣裳を脱ぎ捨て「超感覚的知覚」へと繋げると、さらにライヴは勢いを増していった。
  
重厚かつ派手なドラミングが魅力のSASSYと、人並みはずれたリズム感とスキルの持ち主でもあるmACKAzのアタック感の強いベースプレイの応酬は圧巻。そんな轟音の中でも打ち消されることのないパワーを持つMAAKIIIの歌唱も実に素晴しい。

印象的だったのは、軽やかに跳ねるサウンド感と、言葉遊びが特徴的な「DASH!脱出!奪取!」で魅せたMAAKIIIのキュートかつ、脱力感のある艶っぽいボーカルセンス。様々な声色を操り、いくつもの表情があるサウンドの中で歌い躍るMAAKIIIの存在感は絶対的であり、MAAKIIIだからこその華やかさを生み出せる、唯一無二なエンターテインメントを感じさせた。

ディープなサウンド感がリードする「kIRA◯kIRA」では、声質まで変化させ、ダークさと抜けのある爽快なサビを見事に歌いこなしていたMAAKIII。そんなMAAKIIIを突き動かすのは、mACKAzとSASSYが放つ息の合ったサウンドである。そう思わせるのは、阿吽の呼吸を感じさせる3人のフィット感だろう。

この日のライヴは2回のINSTRUMENTAL(インスト)コーナーが設けられ、ライヴの構成に動きを付けていたのだが、そこで魅せたmACKAzとSASSYの、それぞれのロックルーツを感じさせるパワフルなプレイにも、オーディエンスは多いに盛り上がっていた。MAAKIIIという存在がステージからはけた状態で行われるINSTRUMENTALコーナーでは、まったく違った景色が挟み込まれることから、ライヴのフックにもなっている様にも思えた。

MAAKIIIのオリジナル楽曲では、キュートさが全面に押し出されていたダンス曲「××××」は、見事にDracoVirgoの“顔”というべきリード曲になっていた印象を受けた。一聴したときから、耳に残り、日常生活の中でも、無意識に口ずさんでしまうこの曲の中毒性は、かなり強力である。

ライヴ後半戦で届けられたインダストリアルなスチームパンク「hanaichimonme」では、光と影、陰と陽といった相反する世界を融合させたDracoVirgoの新境地を見せつけた彼ら。“花一匁”という日本的な遊びを歌詞の中に用い、オーディエンスとの掛け合いでライヴを盛り上げていく。ノスタルジックながらも、“ひとりではない”“ひとりにはしない”という聴き手への深いメッセージ性を宿して描かれている歌詞にはMAAKIIIがDracoVirgoを通して伝えていきたい“想い”が込められている気がしてならなかった。

ライヴ終盤には、ラストに向けて「ココニオイデヨ」「いーじゃんっ!」といったサンバ、レゲエテイストが香る夏らしいナンバーで盛り上げ、「SPAAAAAAAAAARK!!!」でオーディエンスと一体になってジャンプし、この日の最後に選んでいたスリリングなハードロックナンバー「阿弥陀の糸」で締めくくったのだった。

“狙い定めた標的のど真ん中 ギラリ研ぎたての矢印が光る 逃げはしないさ 打ち抜かれて 仰け反る”

人生の選択を迫られた瞬間、それがたとえ定めとは異なる選択だとしても、ひたすら前を向いて突進んでいきたい。そんな強い想いを感じさせる「阿弥陀の糸」の歌詞も、まさしく、今、何処にも無い、まだ誰も足を踏み入れたことのない新たな地を突進んでいるDracoVirgoというバンドの人生そのものの強い叫びであったように感じた。

音楽だけではなく、そのサウンドと声が響く空間演出も含め、彼らは、まだそれを何と呼ぶのかも決まっていない、まだこの世の何処にも無いジャンルを“DracoVirgo”という個性にしていくことになるだろう。
  
そんな彼らに期待したい。

撮影:Yu Kubo/取材・文:武市尚子

【リリース情報】
2nd LIVE TOUR会場のみで限定販売されていたCDに収録されている「hanaichimonme」と「阿弥陀の糸」のリミックス版が、好評につき8月23日(木)に配信リリースされることが決定。ニューヨーク在住のエンジニアBrian Sperberがリミックスを行なった今作は、よりドラマティックでスケールの大きな“スチームパンク”の世界を堪能できる内容に。ぜひ原曲との違いを聴き比べてお楽しみください!

配信楽曲「hanaichimonme ? Bri-Bri-Boo MIX -」

2018年8月23日(木)配信開始

配信楽曲「阿弥陀の糸 ? Bri-Bri-Boo MIX -」

2018年8月23日(木)配信開始



【関連リンク】
DracoVirgo、東名阪ツアーで魅せた劇的進化と新境地
DracoVirgoまとめ
KANA-BOON、亀田誠治による和アレンジ曲を含むB面集『KBB vol.2』リリース

【関連アーティスト】
DracoVirgo
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, ライブレポ

KANA-BOON、亀田誠治による和アレンジ曲を含むB面集『KBB vol.2』リリース
Tue, 07 Aug 2018 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

2018年でメジャーデビュー5周年を迎え、5シーズンにわたり、5リリース・5イベントを企画しているKANA-BOON。そのシーズン3の“リリース”としてB面集第2弾『KBB vol.2』の発売が発表された。同時に新たなアーティスト写真とジャケット写真も公開!

『KBB vol.2』は、デビューからこれまでにリリースしてきた12枚のシングルに収められてきたカップリング曲(B面曲)全23曲のうち、2018年3月リリースの『KBB vol.1』に収録されていない11曲を収録。加えて新曲1曲と、彼らのメジャーデビューシングル「盛者必衰の理、お断り」の新録バージョンを収録している。

新曲「夜の窓辺から」は、9月24日(月・休)に地元大阪・堺にて開催される野外ワンマン『ヨイサヨイサのただいまつり!2018 in 堺』や、その後10月から55公演にわたり開催されるKANA-BOON初の47都道府県ワンマンツアー『Let\'s go 55 ONE-MAAN!!』で一体感を持って届けたい想いを綴った、強い決意が感じられるミドルナンバー。一方、デビューシングルの新録となる「盛者必衰の理、お断り (和和和 version)」は、プロデューサーに亀田誠治を迎え、和楽器を大胆にフィーチャーした“おまつり”仕様に仕上がっている。

初回生産限定盤に付属の特典DVDには、シーズン2の“イベント”として開催された東名阪対バンツアー『Let\'s go TAI-BAAN!!』から東京公演の模様を収録。バンド結成時からの憧れの存在でもあり、今や同じレーベルに所属する先輩バンドでもあるASIAN KUNG-FU GENERATIONを迎えて行なわれた本公演では、アンコールでASIAN KUNG-FU GENERATIONのフロントマン後藤正文を迎えて「君という花」も演奏。その「君という花」も含めボリュームたっぷり全10曲のライブ映像が収録された、贅沢な内容の特典DVDとなっている。

また、シーズン3の野外ワンマン『ヨイサヨイサのただいまつり!2018 in 堺』や、シーズン4の47都道府県ワンマンツアー『Let\'s go 55 ONE-MAAN!!』では、憧れの先輩バンドとの対バンを終え、成長した彼らの姿をぜひ観て欲しい。チケットは現在発売中なので、お早めにチェックを!

■KANA-BOON 5周年イヤー特設サイト
http://kanaboon.jp/feature/5th_anniversary

アルバム『KBB vol.2』

2018年9月19日発売



【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-3087〜3088/¥3,600+税
※どうでもいいオマケ019封入
【通常盤】(CD)
KSCL-3089/¥2,500+税
※初回仕様:どうでもいいオマケ019封入
<収録曲>
■CD
01.Weekend
02.ミミック
03.watch!!
04.ワカラズヤ
05.ワンダーソング
06.君を浮かべて
07.街色
08.日は落ち、また繰り返す
09.レピドシレン
10.かけぬけて
11.ぬけがら
12.夜の窓辺から
13.盛者必衰の理、お断り (和和和 version)
■DVD ※初回生産限定盤のみ
『KANA-BOONのGO!GO!5周年!シーズン2 東名阪対バンツアー「Let\'s go TAI-BAAN!!」』LIVE映像
01.- Introduction -
02.シルエット
03.ディストラクションビートミュージック
04.アスター
05.涙
06.Wake up
07.夏蝉の音
08.盛者必衰の理、お断り
09.フルドライブ
10.君という花
11.バトンロード

【ライブ情報】

■KANA-BOONのGO!GO!5周年!シーズン3野外ワンマン『ヨイサヨイサのただいまつり!2018 in 堺』
9月24日(月・休) 大阪・大浜公園
・特設サイト http://kanaboon.jp/feature/tadaimatsuri2018
■KANA-BOONのGO!GO!5周年!シーズン4ワンマンツアー『Let\'s go 55 ONE-MAAN!!』
10月01日(月) 千葉・LOOK
10月03日(水) 東京・Zepp Tokyo
10月04日(木) 東京・Zepp Tokyo
10月07日(日) 山梨・甲府 CONVICTION
10月10日(水) 茨城・水戸 LIGHT HOUSE
10月13日(土) 北海道・帯広 MEGA STONE
10月14日(日) 北海道・北見 ONION HOLL
10月20日(土) 高知・CARAVAN SARY
10月21日(日) 香川・高松 festhalle
10月25日(木) 愛知・Zepp Nagoya
10月26日(金) 静岡・LIVE ROXY
10月28日(日) 群馬・高崎Club FLEEZ
11月02日(金) 北海道・Zepp Sapporo
11月04日(日) 北海道・函館 club COCOA
11月10日(土) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
11月11日(日) 広島・BLUE LIVE
11月15日(木) 長野・CLUB JUNK BOX
11月17日(土) 福井・響のホール
11月18日(日) 富山・MAIRO
11月22日(木) 岩手・盛岡 CLUB CHANGE WAVE
11月24日(土) 秋田・Club SWINDLE
11月25日(日) 青森・Quarter
12月01日(土) 島根・出雲 APOLLO
12月02日(日) 鳥取・米子 AZTiC laughs
12月04日(火) 兵庫・神戸 VARIT.
12月06日(木) 京都・KYOTO MUSE
12月08日(土) 愛媛・松山SALONKITTY
12月09日(日) 徳島・club GRINDHOUSE
12月13日(木) 埼玉・HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
12月15日(土) 神奈川・Yokohama Bay Hall
12月18日(火) 大阪・梅田 Shangri-La
12月19日(水) 大阪・Zepp Osaka Bayside
1月10日(木) 山口・RISING HALL
1月12日(土) 福岡・DRUM LOGOS
1月13日(日) 福岡・小倉 LIVE SPOT WOW!
1月17日(木) 栃木・HEAVEN\'S ROCK 宇都宮 VJ-2
1月19日(土) 新潟・LOTS
1月20日(日) 石川・金沢 EIGHT HALL
1月26日(土) 鹿児島・CAPARVO HALL
1月27日(日) 宮崎・WEATHER KING
1月29日(火) 大分・DRUM Be-0
1月31日(木) 長崎・DRUM Be-7
2月02日(土) 佐賀・GEILS
2月03日(日) 熊本・B.9 V1
2月08日(金) 山形・ミュージック昭和 Session
2月09日(土) 宮城・SENDAI GIGS
2月11日(月・祝) 福島・郡山 HIPSHOT JAPAN
2月14日(木) 静岡・LiveHouse 浜松 窓枠
2月16日(土) 岐阜・club-G
2月17日(日) 三重・松阪 M\'AXA
2月21日(木) 奈良・NEVERLAND
2月23日(土) 和歌山・SHELTER
2月24日(日) 滋賀・U☆STONE
3月02日(土) 沖縄・ナムラホール
3月09日(土) 台湾・THE WALL
※台湾公演のみ、詳細は後日発表。



【関連リンク】
KANA-BOON、亀田誠治による和アレンジ曲を含むB面集『KBB vol.2』リリース
KANA-BOONまとめ
SKY-HI、ミニアルバム『FREE TOKYO』無料配信&いとうせいこうとの対談公開

【関連アーティスト】
KANA-BOON
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, アルバム, 発表, リリース, 発売

SKY-HI、ミニアルバム『FREE TOKYO』無料配信&いとうせいこうとの対談公開
Tue, 07 Aug 2018 16:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SKY-HIの6曲入りミニアルバム『FREE TOKYO』の無料配信が、自身のメジャーデビュー5周年を迎える8月7日(火)から8月20日(月)までの期間限定でスタートした。この作品は完全セルフプロデュースとなっており、自身のスタジオ“THE LAB -OVERTURE-”で全曲のトラックメイキング、レコーディングを行なっている。

そして今作には、これまでも数多くのコラボレーションをおこなって来た盟友・SALU、韓国出身・大阪在住で自らの経験を落とし込んだ現代社会が向き合うべきリアルが込められた楽曲が話題のMoment Joon、Weny DacilloやNormcore Boyzなどが所属し注目が集まるクルー“Tokyo Young Vision”のラッパーHideyoshi、長い沈黙を破り新たな形でシーンに姿を現したNovel Core、韓国で確固たるPROPSを集めシーンを代表するレーベル“Hi-Lite Records”で今もっともHOTなラッパー・Reddyといった、自身の活動を通してリンクしていった国内外のアーティストが客演として参加。まさにSKY-HIがこれまでの経験によって培われたラッパー/プロデューサーとしてのスキルが詰まった作品だ。なお、無料配信期間後となる8月21日(火)以降は各種配信とサブスクリプションサービスでの配信も予定している。

また、本作品のティザー映像『Free Tokyo -Teaser Movie-』も同時に公開された。「Free Tokyo」は自身がラッパーとして歩んで来た道のりと、この先の未来に向かって行く強い意志が込められた楽曲で、映像は東京の夜景を背景に前半をアカペラ、後半を自作のBEATに乗せて力強く放つパフォーマンスシーンをワンカメで撮影したシンプルながらもエモい仕上がりだ。

さらに、MIX TAPEの発表に合わせて、日本語RAPのオリジネーターで今もシーンの重要な役割を担う、いとうせいこうとの対談も特設ホームページに公開された。こちらは6月29日にテレビ東京『流派-R since 2001』で放送されたものの完全版となる内容。日本のHIP HOPシーンの中心に位置しながらも、独自のスタンスでRAPを新たな表現手段へと昇華させるオンリーワンな存在の二人が、現在そして過去と未来を見据え、改めてHIP HOP/RAPとは何か、時代や社会にHIP HOPが持つ可能性について世代を超えて語る貴重な対談となっている。こちらも『FREE TOKYO』と併せて要チェック!

■『FREE TOKYO』リリース記念対談 SKY-HIといとうせいこうが語る“ヒップホップ”
https://avex.jp/skyhi/special2.php

■【SKY-HI コメント】

「ビートを打ってラップする、それをフリーであげて名前を売る、18,9からやっていた事と何も変わらない事ですけど、このタイミングで改めてもう一度やりたい事でもありました。半ば死に体と言われる日本のメジャーシーンの中で、これを面白がってくれるスタッフが周りにいるのは本当に有難い限り。くだらない既成概念や凝り固まった偏見に囚われるなよ。FREE TOKYO」

ミニアルバム『FREE TOKYO』

2018年8月7日〜8月20日まで期間限定配信中



<収録曲>
1.Free Tokyo
2.Name Tag feat. SALU & Moment Joon
3.What are you talking about? feat. Hideyoshi & Novel Core
4.I Think, I Sing, I Say feat. Reddy
5.Dystopia
6.The Story Of “J”

■フリーダウンロードはこちらから
https://soundcloud.com/freetokyo20180807/



【関連リンク】
SKY-HI、ミニアルバム『FREE TOKYO』無料配信&いとうせいこうとの対談公開
SKY-HIまとめ
いとうせいこうまとめ
糸奇はな、1stアルバム『PRAY』発売&収録曲「74」MV公開

【関連アーティスト】
SKY-HI, いとうせいこう
【ジャンル】
J-POP, ニュース, 新曲, リリース, ミニアルバム, 配信, ヒップホップ, ラップ, 音楽配信

糸奇はな、1stアルバム『PRAY』発売&収録曲「74」MV公開
Tue, 07 Aug 2018 14:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

糸奇はなの1stアルハ?ム『PRAY』か?8月7日(火)にリリースされた。糸奇はなは、声楽を消化したウ?ォーカルハ?フォーマンスと作詞作曲編曲た?けて?なく、打ち込みや楽器演奏といった音楽にまつわる全てのことをひとりて?こなし、イラスト、動画、漫画、版画、刺繍なと?様々な手法て?独自の創作を展開するマルチアーティスト。1枚1枚手刷りの版画をシ?ャケットにした“手つ?くりCD”か?話題になったり、8bitの楽曲に合わせてアフ?リをリリースする等、そのオリシ?ナリティあふれる活動て?注目を浴ひ?ている。

今回リリースされたアルハ?ムには、すて?にソールト?アウトにより入手て?きなくなっている“手つ?くりCD”のシンク?ル曲「ROLE PLAY」「四角い世界」のほか、初めてのフィシ?カル作品として2016年にリリースされた「体内時計」はもちろん、2017年にTVアニメ『魔法使いの嫁』のエンテ?ィンク?テーマに大抜擢され大きな話題を呼んた?楽曲「環 -cycle-」、他にも「74」「A love suicide」「きみて?ないのなら」など、個性あふれる12曲が収録されている。

時に美しく時に哀しく躍動する旋律、キラキラと儚く脆い少女性を描く歌詞、ある場面て?は独りホ?ツネンと、またある場面て?は幾重にも重なる多重録音て?柔らかくも鋭くも深く届いてくる歌声。そして全編を通して貫かれる内に秘めた意志の強さ、ひと筋の想いの強さは、現代に生きる我々のと?こか歪んた?心の奥底に響きわたり感動をもたらしてくれるだろう。

同時に、本アルハ?ムに収録されている「74」のMVも公開! 本楽曲は人気ケ?ーム『UNDERTALE』の作者て?あるトヒ?ー・フォックスか?はし?めて書き下ろし提供した楽曲で、自ら歌唱て?も参加している。MVは、塔の上に幽閉されているフ?リンセスをめく?るストーリーか?、繊細かつ大胆に描かれた圧倒的な迫力のイラストを用いたリリックヒ?テ?オのような作り。イラスト提供は気鋭のクリエイター・Bani-chan。せ?ひその濃厚な世界観をし?っくり堪能してほしい。なお、ケ?ーム『UNDERTALE』に関しては9月15日(土)にNintendo Switchて?発売されることか?先日アナウンスされたは?かり。こちらも話題になること間違いないだろう。

アルバム『PRAY』

発売中



【初回生産分限定盤】
PLCD-1187/¥3,870+税
※特製スリーブケース&本人作特製立体ペーパーシアター付き
【通常盤】
PLCD-0003/¥2,600+税
<収録曲>
■CD
01.きみでないのなら
02.ROLE PLAY
03.74 ※Toby Fox 提供曲
04.Pillowman
05.A love suicide
06. 環 -cycle-
07.不眠症ロンリーガール
08.忘却舞踏
09.四角い世界
10. Wither
11.体内時計
12. あこがれ



【関連リンク】
糸奇はな、1stアルバム『PRAY』発売&収録曲「74」MV公開
糸奇はなまとめ
コレサワ、BGMを歌唱した『ホットペッパービューティー』ウェブ動画が300万回再生を突破!

【関連アーティスト】
糸奇はな
【ジャンル】
J-POP, ニュース, ミュージックビデオ, MV, アルバム, 発表, リリース, 発売, ゲーム

コレサワ、BGMを歌唱した『ホットペッパービューティー』ウェブ動画が300万回再生を突破!
Tue, 07 Aug 2018 12:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

国内最大級のヘアサロン・リラク&ビューティーサロンの検索・予約サービス『ホットペッパービューティー』が7月20日 (金)に公開した特別ウェブ動画『夏休みどうしようガール』が、公開から2週間後となる8月3日(金)15時30分時点で、Twitterの投稿単体で動画再生数が170万回再生を超え、YouTubeでは140万回以上の再生回数となり、総計で300万回再生を突破した。

『ホットペッパービューティー』が278名の女子大学生2年生以上、大学院生を対象に、大学1年生の夏休みに最も 思い出に残っている出来事を聞いたところ、多かった回答の1位が「花火大会」で、2位には「特にない」という回答が続いた。大学1年生は、新生活や勉学に忙しく、夏休みの予定を立てる余裕が少ないのかもしれないと、『ホットペッパービューティー』では夏休みの楽しい思い出作りを応援するため、本ウェブ動画が制作された。待ち遠しかった夏休みだけどいざ始まってみると「何も決めてない!やばい!どうしよう!」という焦る女子大学生の心情を、リアルな歌詞とユニークなポーズで表現している。髪を切る だけで、気分が軽やかになり、夏休みが楽しみになる女の子の繊細な気持ちが描かれている。

主演に山田愛奈を迎え、無表情でユニークなポーズの多い演出だったが、存在感のある演技で印象付けている。歌は、コレサワが本ウェブ動画オリジナル曲である「夏休みどうしようガール」を歌唱。「本当は、夏休みこんなことしたいけど、どうしよう」と悩む学生のリアルな気持ちが表現されている。また、コレサワはこっそり動画にも登場しているので、探しながら見てほしい。

アルバム『コレでしょ』

2018年9月19日発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
CRCP-40558/¥3,333+税
<収録曲>
■CD
01.彼氏はいません今夜だけ
02.いたいいたい
03.泣く門には福きたる
04.パープル
05.夜にして
06.君と満員電車
07.友達だからかな
08.東京コロッケ
09.悪いユメ
10.プラネタリウムに憧れた
11.君とぬいぐるみ
12.最後の有給
■DVD
・彼氏はいません今夜だけ MUSIC VIDEO
・いたいいたい MUSIC VIDEO
・君とぬいぐるみ MUSIC VIDEO
・死ぬこと以外かすり傷 MUSIC VIDEO
・SSW (LIVE)(2018年5月12日 コレサワ ワンマンショー「コレシアター04」LIQUIDROOMにて収録)
・阪急電車と2DK (LIVE)(2018年5月12日 コレサワ ワンマンショー「コレシアター04」LIQUIDROOMにて収録)
・コレサワの超難関ジェスチャークイズ Vol.2



【通常盤】(CD)
CRCP-40559/¥2,778+税
<収録曲>
01.彼氏はいません今夜だけ
02.いたいいたい
03.泣く門には福きたる
04.パープル
05.夜にして
06.君と満員電車
07.友達だからかな
08.東京コロッケ
09.悪いユメ
10.プラネタリウムに憧れた
11.君とぬいぐるみ
12.最後の有給



【関連リンク】
コレサワ、BGMを歌唱した『ホットペッパービューティー』ウェブ動画が300万回再生を突破!
コレサワまとめ
SPICY CHOCOLATE、新曲「平成フルスイング」MV公開&『レゲエ祭』全出演者発表

【関連アーティスト】
コレサワ
【ジャンル】
J-POP, ニュース, コラボレーション, CMソング

SPICY CHOCOLATE、新曲「平成フルスイング」MV公開&『レゲエ祭』全出演者発表
Tue, 07 Aug 2018 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

SPICY CHOCOLATEの新プロジェクト“SPICY CHOCOLATE&THE MONSTER CREW”による、8月15日(水)発売の初ミニアルバム『THE JUNGLE MIX UP』から「平成フルスイングfeat. APOLLO&ACE」のミュージックビデオが公開された。

アルバムリード曲となる同楽曲は、レゲエ界のAPOLLOとHIP HOP界のACEがジャンルの垣根を超え、今の世の中やクラブフロアに対して喝をいれた楽曲となっており、ミュージックビデオはAPOLLOの高速ラップとフリースタイルダンジョン2代目モンスターとして活躍するACEのリリックにも注目して欲しい。また、APOLLOとACEはミュージックビデオの撮影を終えて“大阪の某所で撮影を行いましたが、真夏に長袖のパーカーを着て暑い撮影現場でしたが、絶対かっこいいミュージックビデオができたと思います。見て下さい”とミュージックビデオの撮影裏話を踏まえてメッセージを語ってくれた。

また、今作はCD予約が開始されている他、8月8日(水)0時よりiTunes Storeでミニアルバム『THE JUNGLE MIX UP』の予約販売と「平成フルスイングfeat. APOLLO&ACE」が全音楽ストアで配信されるので、乞うご期待いただきたい。

そして、SPICY CHOCOLATEが主催するフェス『渋谷レゲエ祭〜レゲエ歌謡祭2018〜』の最終出演アーティストが発表となった。今回発表となったのは、SOUNDとしてRED SPIDERとINFINITY16。ARTISTには、現在全国アリーナツアー中の湘南乃風から、HAN-KUNとSHOCK EYE。そして、フリースタイルダンジョンのラスボスでもある般若。更には、渋谷レゲエ祭には初出演となるBENIに加え、常連組のTEEとKEN-Uもラインナップされた。今回の発表で全出演者が出揃い、オールラインナップが確定。SPICY CHOCOLATEにしか実現できないジャンルを超えた超豪華アーティストが、新木場STUDIO COASTに一堂に集結する。

この発表にあわせ、チケットの最終オフィシャル先着先行の受付も開始。開催まで2ヶ月を切った渋谷レゲエ祭。今後もフードエリアなどの情報も発表されていくとのことなので要注目だ。

『渋谷レゲエ祭〜レゲエ歌謡祭2018〜』

9月22日(土) 東京・新木場STUDIO COAST
<出演者>
■SOUND
SPICY CHOCOLATE
RED SPIDER, INFINITY16
■ARTIST
般若, HAN-KUN, SHOCK EYE, BENI, TEE, KEN-U, RYO the SKYWALKER, MUNEHIRO, DOZAN11, CHEHON, FUKI, Baby Kiy, J-REXXX, ACE, CHOP STICK, 當山みれい, HIDE春, 大城美友, 寿君, RAY, TAK-Z, KENTY GROSS, APOLLO, NATURAL WEAPON, BES, RUEED, WATARU, KYO虎
<チケット>
スタンディング¥6,500(税込)
■最終オフィシャル先着先行受付URL:https://l-tike.com/st1/srs-official2018

ミニアルバム『THE JUNGLE MIX UP』

2018年8月15日発売



【通常盤】
¥2,160(税込)
<収録曲>
■CD
1.平成フルスイング feat. APOLLO&ACE
2.ジャンプUP feat. J-REXXX
3. Shall We Dance!? feat. 大城美友&HIDE春
4.キカセテホシイ feat. 寿君&當山みれい
5.わっしょい☆パラダイス feat. CHOP STICK
6.愛スルモノ feat. SHOCK EYE, lecca&SIMON(SC Remix)
7.信ジルモノ feat.YU-A,AK-69&HAN‐KUN from 湘南乃風(SC Remix)
8.Tun up!! feat.MUNEHIRO&卍LINE (SC Remix)



【関連リンク】
SPICY CHOCOLATE、新曲「平成フルスイング」MV公開&『レゲエ祭』全出演者発表
SPICY CHOCOLATEまとめ
THE MONSTER CREWまとめ
Red Spiderまとめ
INFINITY16まとめ

【関連アーティスト】
SPICY CHOCOLATE, THE MONSTER CREW, Red Spider, INFINITY16, HAN-KUN , SHOCK EYE, 般若, BENI, TEE, KEN-U
【ジャンル】
J-POP, ライブ・フェス, ニュース, ミュージックビデオ, MV, 発表, 新曲, レゲエ, 出演

L\'Arc〜en〜Ciel、クリスマスライブ『LIVE 2018 L\'ArChristmas』開催決定!
Tue, 07 Aug 2018 11:30:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

30周年を目前に控えたL\'Arc〜en〜Cielからの一足早いクリスマスプレゼントとして、12月に東京ドーム2Days公演『LIVE 2018 L’ArChristmas』 の開催が発表された。

2017年4月にバンド結成25周年を記念し、東京ドーム2Days公演『25th L\'Anniversary LIVE』を開催したL\'Arc〜en〜Ciel。同公演では11万人を動員し、チケットの申込み総数は60万を超えプラチナチケットとなった。噂ではここ数年演奏されていないマニアックな曲も聴けそうだ。毎回度胆をぬく演出でオーディエンスを驚かせてきた彼らだが、今回の東京ドーム公演ではどんなライブを見せてくれるのか今から楽しみだ!また、今回のチケット受付は全席電子チケットを利用するとのこと。2018年12月はL\'Arc〜en〜Cielと過ごしてみてはどうだろう。

『LIVE 2018 L’ArChristmas』

12月19日(水) 東京ドーム
12月20日(木) 東京ドーム
<チケット>
全席指定¥11,000(tax in)※L\'edバンド(リストバンド)付



【関連リンク】
L\'Arc〜en〜Ciel、クリスマスライブ『LIVE 2018 L\'ArChristmas』開催決定!
L’Arc〜en〜Cielまとめ
安藤裕子 feat. TOKU、話題のCM曲「これでいいんだよ」を配信限定リリース決定

【関連アーティスト】
L’Arc〜en〜Ciel
【ジャンル】
J-ROCK, ライブ・フェス, ニュース, 発表

安藤裕子 feat. TOKU、話題のCM曲「これでいいんだよ」を配信限定リリース決定
Tue, 07 Aug 2018 13:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

東京の魅力を伝えるキャンペーンとして2016年にスタートした東京メトロ『Find my Tokyo.』CMシリーズ。現在オンエア中の本CMで流れる安藤裕子 feat. TOKUの「これでいいんだよ」が、配信限定シングルとしてリリースされることが決定した。

本楽曲のマスタリングには、エルトンジョン、ユーリズミックス、ローリングストーンズ、マッシヴアタックなどを手がけたTony Cousins(Metropolis Mastering London)が参画。連日のうだる暑さも涼やかになる様な、美しくつややかな安藤の声にTOKUのフリューゲルホーンが効いたジャジーな夏を演出する大人のアーバン・ソウルに仕上がっている。配信は8月8日よりスタートとなるので、是非チェックしてほしい。

配信限定シングル「これでいいんだよ」

2018年8月8日より配信スタート



※2018年度『Find my Tokyo.』CM楽曲



【関連リンク】
安藤裕子 feat. TOKU、話題のCM曲「これでいいんだよ」を配信限定リリース決定
安藤裕子まとめ
TOKUまとめ
back number、映画『銀魂』最新作の主題歌「大不正解」MVを解禁

【関連アーティスト】
安藤裕子, TOKU
【ジャンル】
J-POP, ニュース, コラボ, 新曲, リリース, 配信, TVCM, CMソング, 音楽配信

back number、映画『銀魂』最新作の主題歌「大不正解」MVを解禁
Tue, 07 Aug 2018 11:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

8月22日(水)にリリースとなるback numberの18枚目のシングル「大不正解」のMVが、YouTubeのオフィシャルチャンネルで公開となった。

新曲「大不正解」は8月17日(金)に公開となる映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』の主題歌として書き下ろされたアップ・チューンで、MVは丹修一監督と初めてタッグを組んだ作品。丹監督は“環境を極めてシンプルにし、彼らの体温や情熱をより近くで感じられるモノにする。それをメンバー・スタッフの方々と話し合い、今回のテーマにしています。デジタルな空気も介在するこの楽曲、キーワードとして"スモーク"という要素も提案を受けました。目の前で歌っている!すぐそこで演奏している!というリアリティ、ポップスとロックの絶妙なバランス、彼らでしかできない唯一無二の世界観、それらを感じて頂けたら嬉しいです”とコメントを寄せている。

またメンバーの清水依与吏(Vo&Gu)も、今回のMV撮影について“歌詞や曲や、映像のなんとなくのイメージを監督が見事に理解してくれて撮影ができたので、楽しみながら、そして結果的にいいものができるなって言う確信をもらいながらやれた気がします”とコメント。リリースに先行して8月7日(火)AM11時よりUta-Netにて歌詞も公開されるとのことなので、ぜひMVと併せてチェックしてみてほしい。

back numberは初のドームツアー『stay with you』が7月29日(日)のナゴヤドーム公演を皮切りにスタートしており、「大不正解」もその公演中に初披露された。そして8月11日(土)12日(日)には初の東京ドームでのコンサート、翌週8月18日(土)には『SUMMER SONIC』への出演が控えている。映画の公開はもちろん、back numberの今夏の活動も楽しみにしておこう。

■映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』公式HP
http://wwws.warnerbros.co.jp/gintama-film/

(c)空知英秋/集英社
(c)2018 映画「銀魂2」製作委員会

シングル「大不正解」

2018年8月22日(水)発売



【初回限定盤】(CD+DVD)
UMCK-9959/¥1,800+税
※三方背BOX箔押し仕様
<収録曲>
■CD
1.大不正解 
2.強化書  
3ロンリネス
4〜6.各instrumental
■DVD
「大不正解」music video
「大不正解」making of studio recording & music video& photo session
back number exclusive video



【通常盤】(CD)
UMCK-5656/¥1,000+税
<収録曲>
1.大不正解 
2.強化書  
3ロンリネス
4〜6.各instrumental



【関連リンク】
back number、映画『銀魂』最新作の主題歌「大不正解」MVを解禁
back numberまとめ
超特急、遊び心満載の新曲「超越マイウェイ」MVを公開

【関連アーティスト】
back number
【ジャンル】
J-ROCK, ニュース, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表, 新曲, 主題歌, 映画

超特急、遊び心満載の新曲「超越マイウェイ」MVを公開
Tue, 07 Aug 2018 08:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

超特急が8号車(=ファンの愛称)の日である8月8日にリリースする最新シングル「Jesus」のカップリング曲「超越マイウェイ」のMVを公開した。

ディスコミュージック調でダサさ全開に仕上がった8号車参加型の同曲は、円形のカメラレールの中で定点カメラや移動カメラをメンバーが自由に使い、お互いを撮り合っていく様子が後ろのスクリーンにリアルタイムで映し出される遊び心満載の作品となっている。

なお、フルサイズはファンクラブサイト限定で公開! それぞれがカメラを持ち、スタジオから街に繰り出したり、タカシが水中で歌ったりと超特急らしさが詰まったコミカルなMVになっているので、8号車の方はぜひフルバージョンもチェックしてほしい。

■ファンクラブサイト『夢の青春8きっぷ』
http://fc.bullettrain.jp

シングル「Jesus」

2018年8月8日発売



【通常盤】
ZXRC-1156/¥1,111+税
<収録曲>
M-1「Jesus」
M-2「up to you」
M-3「Fashion」

【FC盤】
ZXRC-1157/¥1,111+税
※FC会員限定販売
<収録曲>
M-1「Jesus」
M-2「up to you」
M-3「超越マイウェイ」

【超超フェス盤】
品番:ZXRC-1158
CDのみ価格:¥1,111+税
チケットセット価格:¥8,200(税込)
※2018年8月8日・9日『“超”超フェス』@東京国際フォーラム ホールAのチケット(2公演のうち1公演)セットで同時発売
<収録曲>
M-1「Jesus」
M-2「up to you」
M-3「SAIKOU KOUSHIN」("超"超フェス・テーマソング)

『BULLET TRAIN Arena Tour 2018 GOLDEN EPOCH』

12月07日(金) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
12月26日(水) 大阪・大阪城ホール
12月27日(木) 大阪・大阪城ホール



【関連リンク】
超特急、遊び心満載の新曲「超越マイウェイ」MVを公開
超特急まとめ

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, ニュース, EBiDAN, ミュージックビデオ, MV, シングル, 発表, 新曲, リリース, 発売













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1